« 明石 | トップページ | スッポンのつぶやき »

2008年9月26日 (金)

積荷 VS 想い

一昨年、艇で日本列島を一周した際、積み荷が多すぎて艇の基準喫水線が水面下にドボッと沈んでしまった、エンジン排気口が水面下に完全に没してしまって、コリャいかんと、出航前に急きょ積荷をひとつずつ選び降ろし、排気口をなんとか水面上に顔出しさせた、艇は200キロ積み込むごとに喫水線が約1センチ下がる、
 最大2週間の遭難・漂流に耐える準備をしたこと、
 どのような魚釣りにも即応する準備をしたこと、
これが積みすぎの原因である、

旅からなんとか無事に帰り着き、積み込んでいた荷の大半を降ろした、
が、まだまだ積みすぎ状態であったようだ、
で、それ以後も、二次、三次と、徐々に積荷を減らし降ろしている、
が、が、まだまだ、そう…まだまだ積荷は多すぎるようである、
アレコレ“想うこと”が多すぎる、“想い”を全部積み込んでおきたいわけである、

昨日もまた積荷を減らし降ろしたのだった、
これからも、荷降ろしは続くと思う、
だって、未だにカツオ釣りのケンケン仕掛(曳き釣り具)一式は積み込んだままの状態である、来年の春までは、まず絶対に使うことはあり得ないのに…、

艇は、今、マリーナに陸上げ状態である、
マリーナ水路へ艇を浮かべたら、艇は、風船みたいに軽くなっとるのではあるまいか、

昨日、艇から降ろした荷は、軽四の後部座席を倒して積み込んだが満杯であった、
自宅へ持ち帰りわが家のパソコン前のマイ・スペースに積み上げている、
で、今、その積み上げた荷の隙間に座り悦に入っているが、ゴチャゴチャした釣具の隙間に座るってのはまことに気持ちの良いものだ、
次回は、思い切ってカツオ仕掛けも艇から降ろし、身の回りに積み上げようかと思う、
アッハッハ(大笑い)、播磨灘高砂沖をウオウロするだけだのに、なんで対馬や隠岐周辺海図を積んでおくのや?昨日持ち帰りました、

|
|

« 明石 | トップページ | スッポンのつぶやき »

コメント

200キロ積み込んで1センチ下がると言う事は、5センチで1000キロ、
いったい荷物の総重量は幾らになるんですか・・・?
確かに、2週間分の食糧・釣り具・その他もろもろ
小生の船なら食糧だけで沈没です。

「はまちどり」軽量になり燃費良好・スピードUPに繫がりますね~

投稿: ドリーム3 | 2008年9月26日 (金) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石 | トップページ | スッポンのつぶやき »