« 隠居読み | トップページ | 6回裏の尺八 »

2008年9月12日 (金)

見世物集団

 大麻取締法違反容疑のロシア出身力士若ノ鵬(20)が解雇不服訴訟を起こしましたね。解雇は権利の乱用だと言っているようだ,
これに対し、協会は記者団に「訴状を見ていないのでコメントできない」と応じたとか、

高校野球で、選手の一部がタバコを吸ったとして、チームの出場取り消しがあったりしますね、このやりかたからだと、部屋所属の力士全員が次の場所の出場停止になるってことだが、今回それはないらしい、が、部屋の存続が云々され始めた、

わたしは、部屋所属力士全員をしばらく出場停止にしても、部屋をつぶす決定をしても、相撲道に仮託された美学の上からは文句は言えないと思いますがどうでしょうね、
大相撲の価値は、その内に秘めた美にあると思うからなぁ~、

善悪のことじゃないですよ、清いかどうかが問題です、
瞬時の立会いに真正面から挑む潔さが命なのだ、違いましたか?
清いか、汚いか、これが問題、
汚れには、禊が必要だ、
土俵の上は一番ごとに塩で清めるじゃないですか、部屋の土俵が汚れていたのだ、徹底的に清めなければアカンでしょう、そういう清らかさが相撲の命の原点でしょう、これはある種神道的な価値観でもありますよね、
法律上の問題じゃないですよ、この美学が理解できない者は去るしかないと思うなぁ~、

それにしても、「訴状を見ていないのでコメントできない」との協会の態度は汚いですねぇ~、みっともないです、瞬時の立会いに命を掛ける力士らを取り仕切る胴元がとるべき態度じゃない、
「大麻に汚れた力士は大相撲にふさわしくない」と、なぜ言い切れませんかねぇ~、
協会役員にもその疑惑がある者が居るのじゃないの?
もし、こんな疑惑が出てきたら、もう大相撲は存続できないでしょうよ、単なる見世物集団でしかなくなるわな、

|

« 隠居読み | トップページ | 6回裏の尺八 »

コメント

相撲協会幹部は、北の海を筆頭に、臆病者集団になったみたいですね。
ほんと何か弱みでもあるんでしょうか。
自分の判断で言い切る勇気を持つ事は、時に大切だと思うんですが。

投稿: 50号 | 2008年9月12日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隠居読み | トップページ | 6回裏の尺八 »