« 辞任学講座 3 | トップページ | 晴れ晴れ気分 »

2008年9月 5日 (金)

辞任学講座 4 -夢の話ー

夢の話である、

わたしはまだ若く、中学生か?高校生か?
教室で何かを教わっているが、ナニを習っているのかわからない、
夢の中に、将来のことを漠然と考えている自分が漂っている、

フト思い当たる、
わたしはもう40歳になっている、生徒じゃなかった!っと、
エッ? と、思う、
違う!もう68歳や!!!
もうどうしようもない、アカン、時間切れや、
同時に、スーと、夢から覚める、

いつごろからだっかた、時々この夢を見るようになった、
見る頻度が増えている、
目が覚めて、暫時なんともいえぬ気持ちの中に漂い、大概またウトウト寝込む、

正直言って、もう、将来の夢は描いていない、描かない、
今の生活を、いつまで続けることが出来るか不安なだけだ、

深層心理的にだが、自分を3段階に意識しているようだ、
未成年の自分、
40歳頃の自分、
68歳の今の自分、

今は、確かに目覚め起きていて、昨夜の夢を思いつつこれを書いている、
いわば第4段階目の自分だと思う、
ホント、いまさら、もうどうしようもない自分である、

かろうじて、
五線譜読みに少しずつ目を慣らしつつあることと、古典本曲を吹くこと、そして若い頃からの魚釣り趣味に、裏打ちされた日々が続いている、
実は、
掛かりつけ医に、いつもの薬を買受(?)に行ったが、混んでいて待ちくたびれ、もうそろそろ順番かと思ったが、待つのがイヤになり順番をポイし、ふてくされて帰ってきた、
わたしは、ものすごく短気になっている、
もうどうでもエエわいとすぐ投げ捨てる、
辞任のことは、まさに今のわたしにこそそぐわしいように思われる、

|
|

« 辞任学講座 3 | トップページ | 晴れ晴れ気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辞任学講座 3 | トップページ | 晴れ晴れ気分 »