« “辞任学”講座 | トップページ | 辞任学講座 3 »

2008年9月 3日 (水)

辞任学講座 2

「辞任」を広辞苑で引きますと、
「任務を辞退すること、今まで従っていた職務を自分の意志でやめること」とある、
おなじ“ジニン”の読みで、「自任」ってのもあり、こちらは、
「自ら或ることを自分の任務とすること、自ら自己を立派なもの、または適任者と思いこむこと」とある、

辞任⇔自任
否、
辞任=自任

この二つの言葉に共通するのは、“自らが(自分で)”ってことでしょうね、
A・オレガ・オレガと、出てきて、→ そのあげくが、B・わしゃもうヤ~メタ、

好んで首相になったわけじゃない、推されてどうしようもなくなったまでのこと、
ご苦労でしたねぇ~、申し訳なかった、

わたしがこの座に居るより、他の人がやったほうがうまく行くだろうと思った、
そうでしょう、そうでしょう、それは正解、
やる気がなくなったらしゃぁ~ない、

辞任ってのは、ものすごく重大な犯罪だと思いますがどうなのでしょう、
交戦中の脱走ってことですよね、裏切りってことだよね、

総理大臣に就任するときには、宣誓に類することはナァ~ンもなかったのかな、ただ漠然と総理になったのかな?“身命をとして職務にまい進します”って言わなかったのかな?
責任を投げ出し、あぁ清々したって、今後気楽にのうのうと生きるのかな?

わたし、極論吐いているのかな?
ズズイは黙っているべきなのかな?

そうですよねぇ、わたしはどこかがおかしい、尖りすぎている、
でもねぇ、彼は総理大臣でしょう、
いろいろ考えて、これが最適との判断は、彼個人じゃなく、総理大臣としての判断だったわけですよね、
わたし、よくわかりません、どう考えていいのか、わたしの考えが及ぶ域を超えている、
が、やはり、彼は間違ったと思う、

|
|

« “辞任学”講座 | トップページ | 辞任学講座 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “辞任学”講座 | トップページ | 辞任学講座 3 »