« アメひと粒 | トップページ | “辞任学”講座 »

2008年9月 2日 (火)

ひとごと

新聞朝刊で福田首相の辞任会見の全文を読みましたがね、
記者から「…『ひとごと』のような印象がある」と言われて、首相は、
「『ひとごとのように』と言われたが私は自分自身を客観的に見ることができる。あなたとは違う」と応じている、

“あなた”の位置には、国民って言葉も入るのでしょうか?
“自分自身を客観的に見ることができる”と思っておられる。
そうでしょうか?
今後も、
議員であり続けるのでしょうね、OB気分で、外郭団体役員への横滑り感覚で、
オリンピックがありましたが、これって試合中の試合放棄、脱走ですよね、

今後いろいろ言われると思うなぁ、
…と、擁護論、理解デケル論が、けっこう出てくるのですよね、
その筆頭は政権禅譲を受ける人(麻生氏?)かな、
麻○氏の第1声は、キット「○○を引き継ぐ」でしょうね、
「…○○」には、福田首相がやり残した偉業(?)を列挙することになる、福田氏の“真摯な人間性”をことさらに語り強調する…ような気がするなぁ、

アッハッハ(大笑い)
だって、わたし波平も、これくらいは“客観的に見通す”ことがデケル、
これ“岡目八目(おかめ八もく)”ともいう、


国内動乱?内戦勃発?非常事態宣言?日米同盟解消?ロシア来襲?テポドン打ちまくり?首都圏大地震発生?エイリアンと宇宙戦?不可解伝染病大発生?
もう、ナニがあっても驚かんですわ、

|
|

« アメひと粒 | トップページ | “辞任学”講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメひと粒 | トップページ | “辞任学”講座 »