« グローバル? | トップページ | 幽霊の正体 »

2008年11月 9日 (日)

芸の本質

わたし、芸の本質ってのが分かりました、
芸ってのは、早い話が偽者になるってことじゃないか、
たとえば、俳優が映画やテレビのなかで古今の英雄を演ずるようなものじゃないか、
ソレらしく演じられられれば名優だってことになる、コレが芸、

音楽奏者の場合は、勇壮な音楽を勇壮に吹奏できたら、ラッパの名人になり、あるいは尺八の名人になる、

たよりない臆病なジクジクした男だけれど、尺八吹いたら、いかにも勇壮な吹き方がデケルってことは芸の力だってこと、

わたし、尺八稽古してはいるけれど、もっぱら自分に適した音を探していて、自分が納得できる音しか眼中に無くて、これじゃぁ芸を磨くことにはならんようだ、
わたしは臆病でジクジクした男だから、それに一番フイットした音が、わたしの音だ、…ろうと思う、

尺八をプウプウ吹いて、やっとこのことに突き当たった、
下手は下手でかまわん、と、本気でそう思う、
だが、やはり自分で納得デケル音に、これが自分の音だってその音に、なんとしても到達したいと思う、
臆病でジクジクした自分の音で、勇壮な曲を、あるいは情けある曲など等を吹こう、
味があるよなぁ~、
あぁ、
素人であることはすばらしい、芸に溺れずに、尺八が吹ける、

|
|

« グローバル? | トップページ | 幽霊の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グローバル? | トップページ | 幽霊の正体 »