« 今日は断念 | トップページ | 「残り葉」 »

2008年11月25日 (火)

進歩

真剣にというか、ヒマつぶしにというか、日々尺八をピーポーピーポー吹いてすごしているわけだけれど、ほんまのところ、上手になりつつあるのか、下手になってきたのか、客観的にはどうなのでしょうね????

自分では、毎日けっこう真剣に稽古していて、上手になってきたようにも思っているのだが、客観的には、これって、ひょっとしたら捻じ曲がったヅヅイの錯覚かも、ひとりよがりかも、
いや、そうに違いない…と、思いますなぁ~、

毎日、少しずつではありますが、新たな発見があって、確実に進歩しているような気がしているわけですよ、少しずつですがね、非常に微々たる感じですがね、
が、それにしては、一向に上手にならんです、以前とたいして変わらない、
なんでや???

一生懸命足踏みしながら、徐々に後ろへ下がって行きつつあるのじゃあるまいか、そんな気がするわけですよ、
動く歩道がある、ホラ空港などにあるじゃないですか、平坦に動くエスカレターが、
あのエスカレータの上で、わたしは確実に前へ向かって歩いていますよ、
が、動く歩道・エスカレターは後ろ方向へ動いている、乗っているわたしは後ろへ下がっている、

進歩ってどういうこと?

海で、ボートでカツオ釣りをしたり、サワラ釣りしたりするときは、艇を3~7ノットで走らせて疑似餌を流します、いわゆる曳き釣りをしますがね、この艇速3~7ノットですが、対地速度じゃない、潮に対しての速度ですわ、
潮が西から東へ仮に3~7ノットで動いていれば、艇を潮に逆らって仮に東から西へ3~7ノットで走らせても、対岸の景色はぜんぜん動きません、艇はその位置に留まったままです、
紀伊半島・潮岬沖へ出ますとね、黒潮は約5ノット前後で西から東へ流れている、ここで、カツオを釣る、釣れます、わたし、こうしてだいぶ以前になるが50本ほど一気に釣り上げたことがある、

比喩が適当でないかもしれませんが、進歩ってのは、客観的には後ろへ下がる場合も含めてのことじゃないでしょうかねぇ、そう思わないとやってられないですなぁ~、
3歩進んで2歩下がる→進歩です、
2歩進んで3歩下がる→退歩ですか?
イイヤ!わたしはこれも進歩だと思う、2歩は進んだのだ、

わたしは、今日も尺八吹くつもりだ、
2歩程度なら、いや半歩程度なら、なんとか進めるかも、
やはり、自己満足というか、独りよがりだよなぁ~、
まぁ、エエか、どうせヒマなのだ、

あぁ~、言うておきますが、若い衆らは真似したらアカンよ、

|
|

« 今日は断念 | トップページ | 「残り葉」 »

コメント

尺八の、上手い下手って、何を基準で決まるんですか・・?   
音色ですか!?

小生も、昔、弦楽器(ギター)を趣味の範囲でやっていましたが、
音色は、その楽器の良し悪しでも変わってきますよね~?
当然、演奏者の腕前も大事ですが!!

でも、たまにテレビで、数万円のバイオリン、もう一方は、
数億円の名器ストラディバリウスとの比較で、
回答者がそのどちらかを当てる番組です。
目を閉じて聞いていても分らない事がよくあります。

その感覚と同様なんでしょうか・・・?


投稿: ドリーム3 | 2008年11月25日 (火) 14時13分

ドリームどん、

上手下手ねぇ~、基準ねぇ~、難しいですねぇ~、

吹奏楽器は、特にこの尺八ってのは、吹く人ごとに音味が違うわけですよ、ある種個性みたいなものでもある、

澄んだ、広々とした、そして鋭く冴えた音味、わたしの場合だけれど、こういう音を目指しているわけですよ、
細工し飾り立てた音じゃない単純な音でこうありたいと、わたしの場合ですがね、他の人の場合は知らんけど、わたしの場合、ってことですよ、

投稿: 波平 | 2008年11月25日 (火) 17時05分

私の師匠の言葉です「尺八に上手下手は禁句です」
私もその考え方のもと、日々尺八と相対しています。

投稿: 単管丸 | 2008年11月26日 (水) 08時49分

単管丸どん、
禁句にした方がスキットしますね、
実技だけじゃなく、理解度というか、感性というか、生き方っていうか、総合的なものがバカァ~と大きく関係しているからなぁ~、
…と、いうことで、わたしのような者でも、ある種デッカイ顔して恥ずかしげもなく尺八が吹けるわけだ、
下手で悪かったな!!ほっといてくれ!!!
ってわけだ、

投稿: 波平 | 2008年11月26日 (水) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は断念 | トップページ | 「残り葉」 »