« 昨日・今日 | トップページ | 原資 »

2008年11月 7日 (金)

ホンネとたてまえ

「日本の侵略はぬれぎぬ」とした田母神前空幕長の懸賞論文が波紋を広げている、
“トップの人間が立場をわきまえず公に発言した”のは問題だといわれる、

“ホンネとたてまえ”
…の使い分けが、出来ていないのが問題なのか?
それとも、
…そのようなホンネを持つ者がトップに居たことが問題なのか?
それとも、
…考えることそれ自体が、軍の文民統制に反するのか?

昔、第二次世界大戦後、日本人は「菊と刀」に衝撃を受けた、幕末以来超え得たと思っていたアレコレが未だ幼稚なものだったと知った、
以来ますます日本人論が盛んだ、
で、たいがいが“ホンネとたてまえ”の壁に突き当たる、

日本人は、一度は本気で、このテーマに向き合うべきだろう、
壁を突き破るべきだ、越えるべきだ、

“田母神氏のこのホンネを良しとする者等は自衛隊から去れ!”
となったら、
次々に除隊者が出て、組織は崩壊してしまうのではないか、

ひたすら韓国や中国の顔色をうかがって、この問題を処理しましょうか、
“ホンネとたてまえ”は政府存続のキーワードか?

トップは、“たてまえ”をシッカリ脳みそに叩き込んでおかねばならん、
ホンネは出来る限り控えめに、内緒に、しておくべし、

|
|

« 昨日・今日 | トップページ | 原資 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日・今日 | トップページ | 原資 »