« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

力をいただきました、感謝!!!

来春(桜の頃?)、ブログを再開したいと思います、

その節はどうぞよろしくお願いします。

皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします、

なお、それまで、
このページは、尺八稽古の様子(音)を入れつつ、維持しようと思います、
皆様から送られた数々のエールに、力をいただきました、感謝!!!

できましたら、年明け頃、また覗き見てくださいませんか、
年明けにはナニか1曲(古典曲)アップすべく、稽古に励みますので、

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください、

Bon Voyage!!!

| | コメント (4)
|

2008年12月21日 (日)

ご挨拶、感謝感謝、

以下の1文をもって、わたしはこのブログ・ページを閉じようと思う、
任に堪え得なくなったかな…、と、ふと思ったからである、撤退の潮時かもしれない、
わたしは日々ブログルことで、有意義な日々を過ごし得た、
閲覧諸氏には感謝感謝、ほんとうにありがとうございました、

さて、
魚釣り・尺八ジャンルの中で、いろいろお話ししたが、いちばん頻繁に触れたテーマは、
“仕事ってなんだ?”であった、
仕事には2種ある、月給仕事と、月給とは関係ない仕事、
“仕事と遊びは車の両輪”ということもたびたびお話しした、
愚痴とボヤキのなかでしか話し得なかったが…、

ブログ書きは、 月給とは関係ない“本当の意味の仕事”の位置にあったってこと、
そして、これを閉じるのは、その任に堪え得なくなったかな、と、思ったから、

以前、畏友2人と“高齢者予備軍の遊び探しマガジン”を発刊したことがある、
7号まで出し、8号目の別冊「波平波枕」を最後に休刊中だ、
定年退職後の無為な日々が怖かった、その第一歩を踏み出すに足置き場が欲しかった、
その足置き場を造ろうじゃないかと思ったのであった、
これ、金にはならんが、“本当の仕事”かもって思った“Kobe@Random”がそれである、お目通し願えれば嬉しい、

雑誌の発行は7号で終わったけれど、世の隠居らは以後も、日々、未知のヒマと向き合って生きる、やはり足置き場が欲しい、
わたしは自分の日々を書き出し、広く閲覧に供することが、世の爺さんらの仮の足置き場として少しは役立つのでは、と、思った、
大それた思いではある、が、挑戦してみよう、
自分を赤裸々にさらけだす、これならできる、これしかない、ここからはじめる、
ありのままを、飾らず、力まず、読みやすく、わかりやすく書く、

ふと、この足置き場が揺らぐのを感じた、
撤退時期かなと思う、

ブログ開始、…2005年4月
記事数…2013件
いただいたコメント…1209件
閲覧いただいた数…311480件余

元気が戻ったら、できれば、またお目にかかりたいものだと思っている、もう仕事とは離れて…、
みなさん、どうぞお元気で!!!

あぁ、
体調や、環境に変化があったわけじゃない、ふと感じた揺らぎに添いたいだけなので念のため、

| | コメント (14)
|

2008年12月20日 (土)

隠居版CP

わたしも及ばずながらこのたびの日銀政策の応援をしたい、
何をしましょうか?
ガソリンスタンドのプリカを購入する手がある、隠居版CP買い上げである、

以前某店のプリカ買ったことがあって、一度給油したが、二度目に訪れたらそのスタンドに縄が張り巡らせてあった、つぶれていた、
あぁ~馬鹿馬鹿しい!!
…と、
ひと月ほど後に新装開店した、が、どうやら別系列のスタンドらしかった、
プリカの機械は以前のままのを使用している、で、試しに以前のプリカ・カードを突っ込んだ、…と、「カードが読み取れません」と、機械が言った、
やはりプリカ購入は止めておこう、

神姫バスは、以前は割引セット乗車券で乗っていたが、カード化されて、いまは“ニコパ”って名の磁気カードになった、専用機械を通してだが任意の額を随時このカードに入金する仕組みだ、
神姫バスは今のところつぶれそうにもない、隠居版CP対象に取り上げてよかろうかと思う、いつもはカツカツ金額しかチャージしないが、この際だ、2~3千円くらいなら日銀協力してもかまわない、

わたし、日銀の白川総裁が好きである、なんとなくボヤ~としているのが好感もてる、
このたび遅まきながら利下げを決めたわけだが、彼は、短期金融市場のあり方にこだわったようだ、古武士然だよなぁ~、エライ!!
ただし、国債購入増額はもっと積極的姿勢であった方が良いように思う、
方や、ニューデール政策ボケした政府が金のばら撒き用に新規国債を増発し、日銀が買い取る、ようわからんが、日銀の購入も、政府の増発も、タイムラグ利用の札束ビンタで市場にカツを入れよう趣旨だと思うが、短期的な対処療法ですよね、庶民を札束見せて騙すに似たことだと思うがなぁ~、
やはりここは、派遣社員打ち切り、正規社員のリストラ、じゃなくて賃金カットで我慢我慢が本筋じゃなかろうか、

なにせ、激動が続いている、
ナニがなんだかわからんが、要するにポケ~としていたら、会社はつぶれており、住む家も家族も失ってしまうかも、
おたおたするばかりの政府にはもう期待デケン、
せめて、正しいニュースが欲しいですなぁ、方向性をシッカリ見極めた解説に接したい、
朝日・読売・日経・産経・毎日…、そしてTVなど等、
今、全国紙の中では、日経新聞を読むものが増えているのではあるまいか?
わが家は日経新聞1紙しか購読していない、
が、しかし、隠居のヒマを生かし、パソコンで朝日新聞と読売新聞には目を通す、
そのパソコン版(「あらたにす」)の日経欄に、
「金融危機は続いています。今後もつくられつつある歴史を詳しく解説していきます」と、日経新聞編集局のコメントがある、日経記者らの意気込みがうかがえておもしろい、


| | コメント (0)
|

2008年12月19日 (金)

当たり順

最近、ガソリンや軽油の価格も下がってきた、
円相場が急激に高くなっている、この際外車を買いましょうか、
わたしは、自動車はいらん、欲しくない、今持っている中古軽四で充分だ、
が、“プレジャーボート・アルビン・コマンドブリッジ35Ft艇”が欲しい、
自宅トイレのドアー裏にこの艇の写真を貼り付けている、年末ジャンボでこれを買うつもり、これがあれば以下の単独航海に挑戦できる、
…ここ数年、年末ジャンボの都度このパターンの卓上航海をする、今年あたりはねらい目かもと、

<Aのコース>
能登半島の北北西約300キロメートル沖合(日本海ど真ん中)に“大和堆”って巨大な日本有数の漁場がある、日本の排他的経済水域内である、
周囲水深3千メートルの深さの中から海嶺が立ち上がっており、広大な海盆をなしている、最も浅いところで水深236メートル、ほとんど九州くらいの広さがある、
ここへ愛艇「はまちどり」を走らせて真上から釣り糸を垂らしてみたい、

<Bのコース>
先年の日本列島周航で巡り残した海域がある、伊豆小笠原諸島と九州南西諸島だ、
<B-1>
沖ノ鳥島へは、伊豆半島先端から伊豆諸島・小笠原諸島沿いに南下する、距離は片道2000キロ、途中給油は極めて困難だが不可能ではない、
<B-2>
波照間島は琉球諸島最南端だ、ほとんど台湾にくっついた位置、距離は九州南端佐多岬から1000キロ、奄美・沖縄で給油可能、

現有の愛艇「はまちどり」ではこの航海は無理、500㍑しか燃料を積み込めない、
Aのコース、片道300キロ…燃料軽油約800㍑、
B-1コース、片道2000キロ…約2700㍑、
B-2コース、片道1000キロ…約1350㍑、…ただし途中給油可能、

なお、ボートはヨットとは異なり荒天時の耐航性能が大きく劣る、
周航中もし台風に巻き込まれれば、生還はおぼつかない、
フグを丸ごと食うよりまだヤバイ、

年末ジャンボ宝くじはすでに買い込んである、
が、大当たりすると、“アルビン・コマンドブリッジ35Ft艇”を買って、航海へ出て、わたしは帰らぬ人となる、…予定、
なんぼなんでも、もうそろそろ、わたしの当たり順かも、計画を煮詰めなければ、
あぁ、皆さん、さようなら…、

| | コメント (2)
|

2008年12月18日 (木)

ニセモノ

円が87円台にまで沸騰したそうだ、米国がゼロ金利になった、

株価が下がると儲かる株取引があるって話を聴いたことがある、
高値の株を借り受けて、販売し、後日一定期間を経た後、借り受けた株数を返却するそうだ、返却の際、その株価が下がっておれば、高値で売ったその差額が儲けとなるとか、

上がるであろう株を買い、下がるであろう今は高値の株を借り受けて売りさばき、下がってから同数の株を返却する、俺はどっちへ転んでも儲けるばっかしで損は無い、働かんでも遊んで暮らせる、と、豪語していたかつての職場同僚の話である、
が、彼の退職金は当時すでに前借で消えており、日々はサラ金との付き合いだった、

でも、彼はスキッとした身なりだった、ワイシャツに皺があったのを見たこと無いし、腕時計も、靴も、超高級品だった、
わたし、あれは偽ブランド商品だろうと思っていた、本当は本物だったらしいが…、
否、本物だって、実はわたし知っていた、が、彼は間違いなくニセモノだった、
妙に、まわりにはニセモノが多い職場だった、

疑心暗鬼の中で、円相場や株価が変動している、
ファッズ・ファッションの移り代わり…、
付和雷同の娑婆社会…、

澄んだ竹音を得るべくピーポーピーポーの隠居日である、
もうニセモノは嫌だ、

| | コメント (0)
|

どうなる?

請負・委託・派遣の区別は難しい、実態がどうであれ、結局は弱者にしわ寄せされる、従業員・労働者がシンドイ立場になる、

経団連は雇用安定に努力すると言ったようだが、その実は“努力”したがダメだったの布石であり、実態は首切りしますの意であろう、

販売不振→生産調整→賃金カット→業務縮小→請負契約・委託契約廃棄延期・派遣従業員切捨て→正規社員首切り→企業倒産

突然解雇通知を受けた派遣社員の声がTVニュースで流れている、
「正規社員と同じ仕事をしていたのに…、寮からすぐ立ち退くよう言われた…」
未だニュース価値があるから報じられるのだ、
だが、追って、報じられなくなり、代わって、正規社員らの首切り、が、会社倒産が報じられるようになるのでは…、

政府は、
給付金撒き散らし方法議論の域を出ない、
3年先の消費税の話でモツレている、
野党は、
獲らぬ狸の皮算用(大同連立政権?)、

最近、ダレかさんの失言報道が少なくなった、
自民党は総力挙げて報道管制を行っているのではなかろうか?
大本営発表はウソ八百の国民ダマシであった、当時のマスコミはこれを報じてきた、

| | コメント (0)
|

2008年12月17日 (水)

フグ食わそう

ジャン友のモーさんは食品衛生の専門家である、もう歳で隠居身ながら未だに娑婆世界から引導が出ず、請われてその道の影武者やっとるが、現役の頃はフグ調理士免許を出す側のおエライお人だった、
そのモーさんが言うことには、わたしの腰痛もフグ毒のせいだそうな、“フグを捌くときは腰を暖めろ”って言われているとか、理由は、フグを捌く際はついつい前かがみになりやすく、これが腰に来るからだという、暖めて防御すべきだっていう、
モーさんが笑いながら言うことだ、信用ならん、が、あるいは本当かもと思ったりする、

で、重ねてモーさんは、フグの素人料理は危険だと言う、
で、で、波平氏がショウサイフグの料理をさも簡単げに書き出し、加えて、どこそこの部位は特に危険だなんて書くと、ついついその部位を試食してみたくなるのが人情で、ホイデ、試し食って、すでに何人かが死んどるに違いないという、
“試食してみたくのが人情だ”ってところまでは特に反論は無い、が、だから、“すでに死人が出ておるはずだ”ってのには、疑問がある、

つい先ほど、竹友のUが2尺管・地なし新作尺八を持ってきた、
「Oが、これ吹いてみいと言うとる」といって置いていった、
竹友・Oどんが最近造ったものらしい、やるもんだなぁ~、呆れた!
それはそれとして、
Uにわたしが釣り溜めたフグを食わす絶好の機会だと思ったから、さぁこれから一緒にフグを食おうと言うが、彼は乗ってこなかった、
「俺、今まで、フグ食って美味いと思ったことが無い」という、
「あんなもんどこが美味いねん」という、
「刺身はゴムみたいやし、鍋はスカスカで味なんか無いやないか」という、
わたしが、いくら勧めても、食いたがらなかった、
彼はひょっとしたら命拾いしたのかもしれない、
…なら、
2尺管の礼にOどんにフグを食わそうかしらん、彼はフグが好きだろうか?
彼、最近体調が不安定でいまいち元気が出ないようだ、
フグ食えば元気が出ると思う、要は気合の問題だ、

冒頭のモーさんだが、淡路島の山奥に住まっていて、淡路島にもこんな山奥があるのかと思うところだが、先日、山らか下りて、島南端の福良港へ行き、ショウサイフグ2尾買ってきて食ったら、かみさんと二人、元気が出たとか言っていた、1尾300円だったそうな、アッハッハ(笑い)、モーさんは、なんやかや言いながら安いフグを買ってきて食っとるのだ、
トラフグが1尾300円であるはずない、天然ショウサイフグを買ったのだ、
言うまでもないことながら、前々から、モーさんにも「フグ食いに来いや」って誘っている、彼はその都度ゲラゲラ笑ってごまかし、わたしの誘いに乗ってこない、なんでや??
食ってみたいくせに…、


あぁ、波平氏の真似したらアカンよ、
冗談まじりでアレコレ書きますが、わたし、本当はとっても用心深いのですよ、

| | コメント (0)
|

神戸電鉄頑張れ!!

地元の電車・神戸電鉄の話をする、
神戸の後背地を走る電車で、神戸の新開地駅~鈴蘭台~三木・小野~栗生の線と、鈴蘭台~有馬~三田の2路線がある、わたしは栗生線に乗る、

昔勤め人だった頃は志染駅から始発電車に乗ったが、駅ホームから零れ落んばかりの勤め人だった、始発の空電車がホームに入ると席を奪い合った、
それ以来、沿線住人の数は倍近く増加していると思う、
が、しかし、電車の乗客は徐々に減少し、今やカラッポ電車になった、
駅舎から駅員が消え自動改札機になった、車両から車掌が消え、今や運転手だけで動いている、何両編成もの電車がカラッポで走る図はある種悲哀を感じさせる、

<バス便の充実>
神戸・三宮へ出るには電車で1時間半、これがバスでは50分、
高速バス仕様だ、乗客は全員快適な座席に座れる、料金は電車便より安いし、便数も多い、住宅街の真ん中に停車場がある、電車の駅舎は不便な位置だ、

「このままでは路線維持が困難になります云々」の乗客勧誘のチラシが神戸電鉄から先日、沿線家庭に配送された、

<経営方針?>
神戸電鉄の線路幅は狭軌(阪急・阪神電車は広軌・JRは狭軌路線)、路線は六甲山越えで勾配がきつい、で、電車は山岳電車に似た造りになっていて、実にゆっくり走る、乗り心地が悪い、夏は暑く、冬は寒い、ガタンガタン揺れて気持ちが悪い、大雨が降ったりすると線路に土砂が流れ込み脱線することがある、単線区間が多くダイヤル改正の余地が無い、

せめて全線複線化ができていたら高速化が可能になったかも、
だが、複線化工事を途中で断念した、
なぜ、自社系列のバス部門の活用を、充実を考えなかったのだろう??
なぜ、事業の多角化に意を向けなかったのだろう???
キット考えたのだよね、でも、数十年前からずっとこの体制である、

今、乗客を横取りしたバス便は他会社の「神姫バス」である、
ほぼ神戸電鉄路線に沿って運行し、高速道路網を活用し、一気に乗客を神戸の中心地・三宮へ運ぶ、

「神戸電鉄(電車)」 VS 「神姫バス(高速バス)」

なんだかドラマを観ているような気がするわけですよ、
内心ですけれど、「神戸電鉄」に頑張って欲しいです、
最近は、バスばかり利用して、不義理しているようでスキッ!としませんよ、


| | コメント (2)
|

2008年12月16日 (火)

馬鹿馬鹿しいが本当の話

麻生内閣が崩壊し突如衆院解散になったら、株価はどう反応するのだろう、円の対ドル相場はどう動くのだろう、
こんな簡単な事さえわたしには予想できないですわ、

北朝鮮のあの親分に変事が生じたら、株価・円相場はどう動きますかねぇ~、
米国の次期大統領に変事が生じたら、株価・円相場はどう動きますかねぇ~、

東南海大地震が発生し、中部・関東海岸に巨大津波が押し寄せ、首都圏が炎上したらどうなりましょうかねぇ~、株価・円相場はどう動きますか?

わたしには、こんなことすらわからんですわ、

エイズ特効薬が発見されたり、癌細胞を消し去る薬が開発されたりしたら、どうなりますか?
逆に、正体不明の疫病が突如発生し、死者うなぎのぼりになったらどうなりますか?

確実に今のわたしにわかるのは、わたしにとっては難儀の極みの“腰痛”ですが、これって株価にも円相場にも影響しないってことですわ、
馬鹿馬鹿しいが、実にこれ、本当の話です、いやまったく!!!

| | コメント (0)
|

ヒゲ

ヒゲをたくわえるキッカケは不精だと思う、
が、なかには目的があっての人もあるかも、
釣友b氏は大企業の社長さんだが、威厳を保つにヒゲに頼っていると思えなくもない、
あのヒゲをそったら、人のよい童顔が顕れるのではなかろうか、頼りなげに見る人があっては困る、

義弟は今春定年退職し、その後ズルズル不精を重ね、そのままヒゲをたくわえるようになった、たくわえてみると、これが実に堂々たる武将の趣がある、中身はカラッポだのに…、
「そのヒゲ剃ったらどう」と、実姉にあたるわたしのかみさんが進言したが彼は剃らない、
わたしが言うと嫌味になるから黙っているが、ヒゲに食われたズズイはみっともなくていけない、

竹友の内田も不精が高じてヒゲ面になった、アゴに黄門様の白ヒゲを付けている、
彼は、眼光鋭い面容である、頭も鋭く周囲を圧する趣がある、この食えない感じを黄門様の白ヒゲが緩和し、その実は優しい彼の本性を助けている、

播磨マリーナ営業マンのヨシ○氏も今年からヒゲ面党に参入した、
彼はすでに五十を超えたが、見た目は30過ぎの童顔である、根っからの営業マン、話し振りにもそつがなく、ヨイショ!の名人だ、…だった!
が、このヨイショも、堂々たる風格備えたヒゲ面おっさんのヨイショとなると、今や、かつての童顔ヨイショと比べるべくもない価値がある、豪華艇販売用にドレスアップ・昇格したように思われる、
冒頭ヒゲ面社長氏とこのヒゲ参入ヨシ○氏を並べたら、どちらが社長か判定不能だ、

わたしもヒゲが生えやすい体質である、3・4日も剃らないと穢いヒゲ面になる、貧乏くさい面になる、白黒のまだらヒゲで汚れたような感じばっかし、伸ばすに耐えないヒゲだ、
とてもじゃないが観賞用には向かない…だろう、と、思うから、伸ばさないのである、
頭の髪は歳取ると薄れる、
が、ヒゲは薄れない、不思議だ、実に不思議だ、

腰が痛くて立ち居が不自由である、ヒゲ剃りにはある種のへっぴり腰構えが必要だ、
すでに今日で4日間剃っていないヒゲではある、
が、このまま週末まで剃らずに保養し、散髪屋を楽しませてやろうと思う、

| | コメント (0)
|

2008年12月15日 (月)

最後のカレイ

今日は凪いでいるようだ、
これから、高砂・天川河口西の赤門前or伊保30番へ、カレイ狙いで出てみようと思う、

| | コメント (0)
|

2008年12月14日 (日)

首相発表

“生活防衛対策「緊急予備費」に1兆円 事業規模23兆円 首相発表”

世間様に世話になるばかりの隠居の立場で文句言うのもいかがかと思いますが、首相は間違っていると思いますなぁ~、
今必要なのは、今一度各自の生活を見直すことですよね、
早い話が、自分の稼ぎにみあった生活をすること、
もっと早い話が、安く安くなった給与を受け入れること、何とか会社をつぶさず皆で耐えること、
生活保護費他福祉関連も例外じゃない、世間の経済状況に応じて、相応に減額が必要かも、

が、不況脱出には、“ニューディール政策”だってんで、
金の無駄使いが奨励されるような感じになってきた、
給付金を出すから、すぐ使いなさいとか、
23兆円をばら撒きましょうとか、
ホイデ、消費税を上げるだと!!!!

呆れた愚策だと、隠居なりに思うのだよなぁ~、
わたしが、こんなことブログっても、麻生氏は痛くも痒くもないだろうけれど…、

| | コメント (0)
|

2008年12月13日 (土)

フグ毒は風邪に効くか?

30尾は釣ったと思っていたが、数えたら25しか居なかった、フグの話である、
今日釣ったフグの数だ(朝7時半~10時半・播磨灘鹿ノ瀬)、
フグはトラフグじゃない、ナゴヤだ、正しくはショウサイフグ、

ショウサイフグと非常に良く似た種があり、見かけはショウサイフグながら腹部に棘があり撫ぜるとザラザラしたのが居る、コモンフグだと思う、釣仲間らはキタマクラ(北枕)と呼んでいる、これを食うと死ぬかも、

釣ったフグは、沖でサバキ、危険部位はすべて海へ戻し、食える部位の身だけを持ち帰る、
ショウサイフグは、実は、身の部分にも微毒がある、身だけなら大丈夫と腹いっぱい食べるのは良くないらしい、1キロ以上も食ったらってこと、

なにせ徹底的に危険部位を除くから、通人からは、馬鹿にされる、おいしい所を捨てていると笑われる、
で、今日は、頭部も少し料理して持ち帰った、薄皮もはぎ捨て、目玉も除き、純粋に危険部位を除き去った頭部である、料理に手間がかかりめんどくさかった、

自慢じゃないが、わたしは実に見事な手際で料理する、1尾サバクに30秒とは掛からない素早さである、ただし、安全な部位の切り分けだけだよ、頭部より下の身だけを切り離す料理ってこと、キモや白子などはゼッタイに取り込まないし、薄皮も可能な限り除いて、この短時間だ、

が、今日は、25尾と、数尾だけだが頭部の料理もしたから30分ほども掛かった、揺れる艇内で中腰になって出刃を使ったから腰が痛くなった、
腰がヤラレタと思って、難儀やナァ~と、思って、それがダンダン本格的に痛くなってきて、今はもう立つ姿は「く」の字になってしまった、

尺八は、最近は立って吹くことにしているが、「く」の字に立って尺八を吹くのはまことに吹き辛く、アゴをいくら突き出しても、いつもの吹奏体形がつくれない、
馬鹿馬鹿しいから、今日は、もう尺八吹くのはやめようと思う、

これから、今日釣ったフグでテッサ・テッチリする、
腰がかったるく痛い、なんだか風邪気のような感じもある、フグ毒は風邪撃退に効くだろうか?
焼酎でウガイしたろかしらん、

| | コメント (1)
|

2008年12月12日 (金)

益川語録

ノーベル物理学賞を受賞された益川敏英氏(68)ですが、ご自分の名を英語で書く際は「Masukawa」ではなく、「Maskawa」とされるそうですね、
でも、ファーストネームの敏英はTosihide ではなくToshihideとされるようだ、記載方がこんがらがっていておもしろいです、
比べるのは失礼すぎますが、わたしの波平はペンネームで本名はシゲアキです、ローマ字式ではsigeakiと書く、shigeaki とは書かないなぁ、いや、月とスッポン、あぁ恥ずかしい!!

「たいして、うれしくない」「来いというから、行ってきます」などなど、
実にストレートで、ありのままで、堂々として、古武士の風格があります、こういうお方が居られたのですね、
氏のこのスタンスというか風格・人格に、報道機関が反応したわけだ、
氏の話し振りは、報ずるに値打ちがあるってんで、飛びついた、
で、今や、氏のこのキャクターは、「グー」のエド・はるみを超えている、

氏の、このご人格を見つけ出し抽出した報道各社の力・眼力も、評価してよいと思います、それなりの反応力があったってことですからね、
仮に、NHK単独取材のなかでの氏のこの発言だったら、氏のこの言葉は報じられたでしょうか?「たいして、うれしくない」「来いというから、行ってきます」と氏が応じたなどとNHKは報じたでしょうか?わたしは疑問に思います、

と、また、氏のご人格が、すでにこのキャラ方向へ固定化されつつあるのじゃないかと思ったりする、マスコミ各社は、次なる益川キャラ語録を得ようと氏に群がっている…構図じゃないかと思う、
こうなると、以後の氏の語録は、マスコミによって取捨選択され、狙ったキャラに合った言葉・“ぶっきらぼうで、茶目っ気ある言葉だけ”、が取り上げられる…のではないかと思ったりする、
結果、読者は氏の本当の姿を次第に見失う、

年末切羽詰ってきたが、今日は未だ月半ばにも達していません、まだ来年までには19日もある、
もう、ひとり、二人、話題人が出てくるかも知れませんね、

| | コメント (0)
|

2008年12月11日 (木)

…と、思う

マスコミ報道をよくみると、「内定取り消し」への抗議や、「派遣切り」への抗議が、小規模ながら団体交渉の形を取り始めましたね、
やがて“全国の労働者よ団結せよ!”って大規模な動きが出てきて、これにニートやフリーターや失業者らが加わると、頃は総選挙前のことでもあるから世情は急展開するのじゃないだろうか、…と、思うがどうでしょうね、

わたし、今、68だけれど、で、自分で隠居だって言っていますがね、本当の気持ちは“失業者”でっせ、だって、わたしにはまだ働く気力はほんの少しだが残っていて…、だのに娑婆社会からはほったらかされるし、受け入れてくれないし、疎ましいですなぁ~、

いわゆる前期高齢者と言われる者らの多くは、わたし同様、程度の差はあっても、“オラァ~失業者だ”って思っているのではないか、
前期高齢者へも団体交渉権を与えるってことがあってもよいと思う、こういう方向へ誰ぞコーディネートしてくれませんかねぇ、

でもなぁ~、年寄りが出張りすぎるってのはよくないですよね、若い衆らの元気が無くなるとどうしようもない、わたし、18歳選挙権に賛成です、

と、逆に、…論旨が混乱してきたぞ!
高齢になるにつれて高齢者の1票評価を、徐々に低減させたらええ、…と、思う、
言っちゃぁお終いだが、痴呆症が進んで、寝たきりになったら、もう選挙権は返上すべきだって思う、で、そこへ近づくにつれて1票の価値を“2分1”とか“3分1”計算にしたらどうでしょう、

と、もうひとつ、
被選挙権にもこの上述の方向は適用されるべきだと思う、麻生氏は68歳だ、もう引っ込んだほうがエエ、彼、もうボケはじめておる! …と、思う、

| | コメント (0)
|

2008年12月10日 (水)

秘伝

昨日は、尺八吹きと、包丁研と、飼い犬ショウタと電柱周り、この三つしかしなかった、

出刃を艇に積んでいて、これで釣ったフグをさばきますが、すぐに出刃が切れなくなる、フグの皮がヤスリ様に硬いからですわ、それと出刃自体が安物だからだと思う、

まずアラ砥で研いで、ナカ砥で研いで、仕上げの砥石で研ぎあげます、
艇の出刃を研ぐついでに、台所の包丁も研ぎ上げます、

昨晩のわが家は野菜中心の水炊き鍋だった、
かみさんが手のひらに豆腐を置いて包丁をあてたら、包丁が切れすぎて、自分の手のひらまで切ってしまった、

<フグのさばき方を書いてみますね>
波平流です、真似しない方がよろしいですよ、
フグは釣ったら、艇でさばいて身だけを持ち帰りますが、
そのさばき方です、
① 釣ったら、そのまま生簀に生かしておいて、
② 取り出し、まな板に載せると、フグは殺気を感じで、イヤイヤする、
③ 引っ掴んで、裏返し、へそ下にある腹ヒレをスパッと切り離す、
④ またひっくり返すと背中が上になるから背中真ん中辺りにある背ビレをつまんで尻の方から包丁を入れ、背ビレを切りますが、背ビレの骨を切るところまでで止めて切り離さず、そのまま背ビレをつまみ上げ、皮を頭の方向へ削いで行く、
⑤ で、背中から白い身が見えますから、
⑥ 人差し指と、親指とを、背中の両脇から、皮と、身の中へ強引に突っ込み、
⑦ そのままエイヤ!と引っ張ると、
⑧ 尻尾の先まで、ズボッと皮がむける、まるでズボンを脱ぐように、
⑨ で、裏返して、臓物をあご下の方向へたぐり上げ、胸上あたりから出刃でドスンと切り離す、と、フグは、皮付臓物付の頭部と、尻尾付の白い身の二つに分かれる、
⑩ フグはわが身に何か不思議なことが生じたと、キョトンとしている、
⑪ まだ生きている、
⑫ で、可哀想だから皮付臓物付の頭部は海へリリースする、
⑬ それを残酷にも、空からカモメが見ていて、急降下し、獲って食ってしまう、
⑭ 白い身の方はそのまま持ち帰り、三枚に卸す、
⑮ 卸した身の中ほどに血合いのような赤身が少しある、ウグイスと呼ばれる部位です、
⑯ このウグイス部位は避けるほうがよろしい、毒がある、で、切り捨てる、
⑰ 白い薄皮にもごく微弱な毒がある、が、食えなくは無い、適度に切り捨てる、
⑱ 後は、まったく大丈夫ですわ、
⑲ “美味いところを捨ててしまうようなもんや”と、言う人が居る、
⑳ 安全第一ですわ、

料理の速度ですけれど、1匹約30秒です、1分と掛かりませんわ、
真似は禁物ですよ!!!
ショウサイフグでも食える種とデッタイ避けなアカンのとがある、
食える種をサバクにも、微細な注意が必要です、
あぁ、
どうしても真似たいなら、ご家族あてに巨額生命保険掛けてからにしてくださいよ、

| | コメント (2)
|

2008年12月 9日 (火)

なぜデモらないのか

なぜ政府に抗議するデモが起きないのでしょう?
デモはまず大学から始まるのが一般的ですよね、
突然の就職難だ、内定取り消しが相次いでいる、が、学生らは甘んじて泣き寝入りか?
派遣職員らに契約取り消し通知が届く、昔の、赤紙を思い出す、赤紙って言っても通じないかな? やはり、甘んじて通知を受ける、年の暮れだ、どう暮らすのだ?
年金が知らぬ間にカットされていて、いまだに政府はけじめをつけない、が、年寄りらは泣き寝入りしたままだ、愚痴りぼやきはするが、立ち上がって抗議しようとする者らが集まったって話は聞かないように思う、

政府抗議の火の手はどこにもあがっていないのだろうか、
なぜ、これほど世間は静かなのだろう?
もしこれが他国なら、大規模デモが生じていても不思議ではなかろうに、

 今の政府を攻撃し、つぶしても、また同じような政府しか出来ないとあきらめたか?
 ほったらかしていても、早晩つぶれる、と、見切ってのことか?
 国民全員腰抜けになっとるのか?
 そのうち何とかなるだろうって、楽観してのことか?
 麻生失言劇をおもしろがって、当座は貯金生活でしのぐつもりなのか?
 社会の高齢化が、デモエネルギーを消してしまったか?
 俺が騒がんでもダレゾが騒ぐだろうって、人任せの、逃げばかりになっとるのか?
 給付金がほしくて、そっとしておきたいのか?

それにしても、支持率が20パーセントぎりぎりの内閣が、大きな顔していて、
その親分が、毎晩はしご酒して、あちこちで失言重ねる、こんななかで、なんでデモのひとつも起きないのか不思議に思う、

デモがあったら、わしゃエブリデーがサンデーだから、参加して暇つぶしするけど、無いから暇がつぶせない、で、今日も尺八日、

| | コメント (0)
|

2008年12月 8日 (月)

年賀状

わたしの世界はすごく狭い、自宅周辺と、いつもの海での魚釣りと、尺八の独り稽古、たったこれだけ、
他には、尺八師匠のもとへ通うのが月に2回、悪友とのマージャンが月に数度、
で、ブログに書き付けることも、魚釣りと、尺八の話がほとんどだ、
お人にお聞かせするような話題があるわけじゃない、

書き綴るに、いくつか心に留め置いていることがある、
 大仰には書いてもウソは書かない、
 なにごとも、ありのままが一番、
 他の人を不用意に傷つけない、

それにしても静かな年の暮れだ、
でも、しあわせを煮詰めたら、今のわたしの状態になるのかも…、
ストレスは無いこと無い、賀状書きがおっくうだ、正月を“めでたがる”のはいかがかと思う気持ちが重たい、年々この傾向が強まる、

友人に夫婦別居し、それぞれの親の介護に苦戦中の者が居る、
実兄が亡くなり兄嫁が実父介護に倒れ、見かねて彼(次男)は実父を引き取り、アパートを別に借りて実父と二人住まいを始めた、彼の自宅では、彼の妻が彼女の実母を介護中、
夫婦別居しそれぞれの親の介護に苦戦中ってこと、きつい年の暮れになっている、
先日、彼は言っていた、
「なんで正月がめでたいねん!オレ、年賀状出す気になれんわ!!」
彼に、賀状を出したものかどうか…、

もう、“めでたがる”のは、止めようかと思う、
友人・知人の多くは老々介護のなかにある、自身闘病中の者もある、
加えて不穏な不景気風…、
年賀状はすでに買い込んでいる、
義理人情と年の暮れ、
ストレスは年賀状、


| | コメント (0)
|

2008年12月 7日 (日)

忘れている

子供の頃から魚釣りが好きだった、そのころの釣具屋はすべてつぶれ、もう跡形もない、

最近の釣具屋も、次から次に、出来ては潰れ、出来ては潰れでめまぐるしいことだ、

昨日、フグ釣り仕掛けを二組自作したが、少し足らない用品があって、行きつけの三木市街の釣具屋(国道175号線沿い)へ出かけた、
が、求めたい品物がなく、なぁ~んも買わずに帰った、

正確に言うと、ないことはない、在る、が、貧乏客のわたしには無い、
並ぶ商品が、高級化・高額商品化しすぎていて、廉価な商品が無い、

魚釣りは、元々が、お金の無駄遣いである、
道具にケチリ、餌にケチっていては、遊び心は放たれたものにはならん、オモロナイ!
が、しかし、分にあまる贅沢は、身を滅ぼす、
あぁ、
昔、街の、釣具屋には、竹竿が無造作に軒下に束ねてあった、子供の小遣いでも買えた、

わたしは、いつも言っている、究極の魚釣りは「めだか釣り」だと、
「めだか釣り」の餌はボウフラの幼虫赤虫である、釣り竿は竹箒の先っちょ20センチほどでよろしい、

釣具屋も、釣り人も、本当の釣り心を、釣りの面白さを忘れている、

自分だけが知っているようなことを言って、なんじゃそれ!!!
アッホ~!!!!!

| | コメント (2)
|

2008年12月 6日 (土)

神戸ルミナリエ

誤解、錯覚、ごまかし、張りぼて、上っ面、みえっぱり、偽善、だまし、薄情、にせもの、無責任、ごみ、露店、交通規制、空虚…など等、
これらの言葉を集めかき混ぜたら、“神戸ルミナリエ”になると思うが、ゆがんだ見方だろうか、

“神戸ルミナリエ”は光の祭典だ、“震災復興神戸に明かりを灯そう”がスタートだったと聞くが、それは、夜、暗くなって電球を点して後、始めて見えてくるウソの世界、錯覚世界、
昼間にここを訪れてごらんよ、映画のオープンセットを裏側から見るに同じく実体のないこと甚だしい、だまし・ウソを闇に浮かばせ錯覚と知りつつ鑑賞するが哀しくないか?

今年で14回目になるそうだ、期間中は毎日20~50万人が訪れ、その数毎年400万人、来訪者たちはビックリ顔で、呆れ顔で、光の祭典会場のゾロゾロ歩きを楽しむ(?)、

わたしはこんなのは嫌いだ、

<反論>
映画も、芝居も、小説も、絵画だって描かれた花や風景は、実物じゃない写したものですよね、言わばウソの世界、
と、いう意味では、“神戸ルミナリエ”もひとつの文化と言ってよいのではないか?
これを観て感動することに、やれウソの世界だとか、空虚だ、ダマシだってケチつけるのはいかがか!!
だがなぁ~、
実際のところ、“神戸ルミナリエ”を訪れて感動はしたが、帰路の寂しさは何なのだろう??
わたしは、文化ってのは、帰路もホカホカとあたたかいものでありたいと思うだよなぁ、

| | コメント (0)
|

2008年12月 5日 (金)

ボート押し

昨日は、妹の旦那を、引っ張りだして、一緒にフグ釣りに出た、
「フグでっか、フグはなぁ~」と、二の足を踏んでいたが、彼がフグ料理は大好きなのは知っていた、

彼は、宝塚市の山中に夫婦二人で住んでいる、自宅縁側から外を見ると霞が下側にたなびいている、高い山へ登山し頂上から下界を観る趣がある、昨日、彼はその高台から浮かない顔で海へやってきたわけだ、

我が家で車を乗り換え一緒にマリーナへ向かう、
車中、彼は、
「○○さん(わたしの名)、太陽はどっちへ動きますか?」と問うた、
「エッ!どういうこと?」
「地球が動くのはわかっとる、で、太陽はどう動きますか??」
「なんのこと???」
「北半球と南と違うらしい…」
「それって、コリオリの力のこと?」
「ダンテの『神曲』にそんなことが書いてある」
呆れたヅヅイだダンテの「神曲」がおもしろくてかなわんと言う、

で、二人で沖へ出て、フグを目指した、
海苔網ブイへ“カギ形の引っ掛け具”をひっかっけて艇をもやう、
わたしが操船し、わたしがその作業をする、
彼が、わたしの横に居て、わたしと一緒に力んでくれる、船べりを懸命に押していた、
「△△さん、ナニしとるの?」
「気持ちの問題や、ボートを押してます」
ブイの側へ艇を押して、わたしが“引っ掛け具”をひっかけ易くしていたつもり、
二人でゲラゲラ笑いながら、

| | コメント (1)
|

2008年12月 4日 (木)

北東角

今日はフグ釣りに出ましたが、釣果はかんばしくありません、
でも、テッサで一杯やったところです、
明日からは潮も悪いし、天候も時化て魚釣りはダメですよね、
次回は、来週末か再来週にならんと沖へは出られないでしょうよ、

フグって、しあわせぇ~な、味ですなぁ~、

鹿の瀬の、海苔網の、北東角で釣りました、

| | コメント (4)
|

2008年12月 3日 (水)

ストイック

隠居業にまい進(?)していますとね、することなすことストイックになるようですわ、
昨日も一日中、尺八独り稽古と、小説読みで過ごしましたが、この中で得た“ストイック”を以下書き出してみましょうか、

<尺八稽古から得たストイック>
ロングトーンをボーボー吹いていますがね、吹きに吹いて、夕方にもなるとさすがに音が決まってきて、“着たぞ!!”って感じるわけですよ、
…と、突然ボーボーと大きな広がりある生きた音が出てくる、朝方の音とはまったく違った本当の音になっている、
どういう音か言葉ではなかなか説明し難いが、こういう説明ではどうでしょう、
尺八を吹くのをやめて、尺八の歌口(吹き口)を口にじゃなく耳にあてがい、指先で尺八の穴を軽く打ちますと、耳に軽やかなポン!という音が響きます、打つ穴ごとに音色の違う音が聴こえる、これって尺八本来の音だと思う、これを脳みそに入れてしまおうと思って、ロングトーン吹きの合間合間にわたし試みています、
で、夕方までこれを繰り返しますとね、突然、ポンの音がロングトーンで響くわけだ、快感だ!!快感だ!!!
なんと、ストイックな尺八稽古であることか!!!!

<小説読みから得たストイック>
本を読むってのは、元来はあまり知的なことではないと思います、テレビ前にごろりと寝そべり、だらだらとドラマ観ているようなものだと思う、特に小説を読む場合は…、
「本」も、考えながらでないと理解できない種類の「本」の場合は、多少は、知的な作業になっているだろうが、それでも独り沈思黙考するのとは根底が違う、活字に拘泥し釣り糸のモツレを解く作業に似ている、それは無から有をヒネリ出す純粋な知的作業とは別種のものだ、
比較が適当かどうかわからんが、経典を読む作業と、座禅の只管打座(しかんたざ)との差、あるいは、前者は譜を見て吹く、後者は暗譜で吹くとの差かな、
 小説を読みつかれ、トイレの便座に座り、しばしボヤ~と想いにふける、そして気付く、
“ウン、この方が生きている心地があるなぁ~”と、
なんとまぁ、ストイックな、想いであることか!!!!!
それにしても、
小説を読む楽しさは失いたくないですなぁ~、ストイックが度を越しますとね、読めなくなるよ、わたし、危ういところで立ち止まり、小説読んでいますですわ、若い頃とは違って、努力せな読みたくならんのだよなぁ~、危ういですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2008年12月 2日 (火)

東の空

潮の動き(潮汐・潮の干潮流、満潮流)は月の位置で決まる、
わたしは釣り好きだから、潮の動きに敏感だ、
で、どうしてもお月様のありようが常に頭にあって空を仰ぎ見る習慣がある、明石海峡では満ち潮は東から西へ潮が走り、引き潮(干潮時)には潮は西から東へ走る、
昨日わたしは明石沖の播磨灘・鹿ノ瀬でフグ釣りをしたが、日中常にお月様が空にあって楽しかった、竿先高くに三日月が見えていた、

今日も沖へ出てフグ釣りしようかと思っていたが、だら~とした時間を楽しむ方を選ぼうと思う、で、こうして朝の一時をボンヤリ過ごす、
書斎の窓は東へ向いて開いている、今、夜明けを迎える、東地平線かすかにあかね色、その上空は薄く澄んだ青、

今日(12月2日)は三日月の翌日ってことで、四日月なわけだが、まだ東地平線下にあって顔を出していない、午前10時過ぎになると、やや太った三日月が東の空に浮かび出るだろう、

| | コメント (0)
|

2008年12月 1日 (月)

初冬のこの時期

初冬のこの時期、毎年、播磨灘の海苔網敷設海域周辺(二見~明石)で、1メートル近いブリが突然釣れ始め、これが10日間前後続く、これをブリ祭りと称し、プレジャーボート族らは、仕事をホッポリ出してこの間、ブリ釣りに狂乱する、

20センチ大のコノシロの群れを追ってブリが群がる、
で、まず、釣り人らは、生餌のコノシロ獲りをする、漁探でコノシロの群れを探し回り、群れの中へボラ掛け様の引っ掛け具を放り込みシャクリあげてコノシロを引っ掛け獲り、数匹採るとブリ海域へ艇を走らせ、採ったコノシロにハリを背負わせて放ち、ブリを釣る、

祭り最盛期には狭いポイントにプレジャーボートが50~百艇近くも集る、互いに艇をこすり合わせて釣るかのような感じになる、
今年は、ポイントが、海苔網海域の真っ只中だった、正確には海苔網敷設海域の中に設けられた水路がポイントであった(海苔網の中へは入れない、入るとたちまちペラが海苔網を巻き込み身動きできなくなる、漁船の助けを得なければ脱出できないが、海苔網損傷の損害を求められこれが数十万円必要)、

込み合った狭い海苔網敷設中の水路での釣りだ、操船性能に優れた艇でなければ一人で艇を操りながら釣るのは難しい、

わたしは、今年は祭りに参加しなかった、わたしの艇「はまちどり」ではこの海域での釣りは危険である、
でも、意識は、常に祭りと共にあった、
その祭りが先週末で終わったようだ、

今日は凪ぎ、
わたしは、これからしたくして、心穏やかに、フグ釣りに出かける、
ショウサイフグが釣れ始めたとの情報を得ている、
帰宅後、また、釣果をここにアップしてみようと思っている、
ただし、フグ毒でおっ死んでいなければの話…、

| | コメント (2)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »