« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

先が読めない

政治主導が形骸化しないでしょうか、
天下りが悪とされ、相次ぎ取りやめの方向らしいですね、天下りが目には見えなくなってくるってことですよね、実態はデンデン変わらないのに…、

かつてお隣の中国では“科挙(かきょ)”という官僚登用の試験制度があった、
文科挙と武科挙の二種があり、水滸伝や楊令伝を読むと、武科挙から出たスゴイ軍人が活躍する、ごっついおもろい、

問題は“文科挙”です、
官僚はほぼ全て科挙合格者で占められるようになった、
すっごい優秀な頭脳の持ち主らで作る政府です、とっても難しい試験を突破した者たちの集団が中国・国家を牛耳った、
が、西欧列強や日本などの侵攻を防げなかった、今はもうこの制度はありません、

文学者・歴史学者・経済学者…これらを一身に統合し、かつ古今の経書に明るい者らが→国家を経営したはずだった、
が、結果は思わしくなく清代(1905年)に、科挙精度は廃止、

今のわが国日本ですけれど、上級国家公務員になるには、甲種試験と乙種試験とがある、
いや、あった、今は呼び名が変わって、1種・2種・3種という、
甲種(1種)に合格するとキャリア制度に組み込まれ、高級官僚へと超スピードで出世する、…ことになっとる、各省次官は全てこのキャリア出世組でその頂点の方々、
すなわち、いわば、むかしの中国の科挙制度が日本に生きているってこと、…きっと、言いすぎですよ、

1種試験ですけれど、ほとんどが東大卒で占められます、これがキャリア組ですわ、
東大・京大以外の国公立大学卒は、普通は2種を受験して国家公務員になる、
1種のキャリア組ですけど、スッゴイ頭脳の持ち主らみたいですよ、こういう方々が霞ヶ関を牛耳っていて国民を実質的に動かしている、
だから、
われわれ普通の国民らは、安心して頭脳集団に任せておけばよろしいです、
国会議員の先生らも同様だ、彼らキャリアに任せておけばよろしいのです、
先生方は、彼らのリードで国会答弁し、予算編成し、外遊しておればよろしいです、

今回の民主党政権ですけれど、
オ~!!、なんとなんと!!東大卒の方々が多いですね、
キャリア組顔負けの頭脳の方々かもよ、

キャリア組+政権キャリア与党、の出現だ、
皆の衆、もうデッタイ安心していて、よろしいです、大船に乗っております、
あぁ~エカッタ!!!!
ほんまかいな?????

天下りの禁止ですけれど、
深く静かに潜行するのでしょうね、頭の超良い方々のなされることだ、わたしには先が読めないですわ、

| | コメント (0)
|

午前5時半

昨日は次艇「はまちどり」の整備に1日費やしました、

ロッドホルダーを取り付けました、アウトリガー用のホルダーも作った、
ほぼ理想的な形になった、総計13箇所、
漁探の作動調整をしました、漁探は独立2系統を用意、ひとつは三次元表示ができる優れものです、

数日前からブリが釣れている、コノシロを捕って、コレを生餌に釣るのだが、昨日はこのための一連の仕掛けを作りました、

ゲージをみると燃料(ガソリン)がタンクに3分1以下の状態だった、
2時間も走ったらガス欠で遭難だよ、
あぁ、艇の燃料タンクは2百リットルで満杯です、
ヤバイですナァ~、
今日これから初の出漁とするつもりだが、昨日はマリーナは休業日で給油が受けられなかった、
今朝マリーナへ行く途中、街のガソリンスタンドから給油缶に20リットルばかり買って出ましょう、給油缶は本格的なのを持っている、ブリが釣れているポイントはすぐ近くだ、大丈夫でしょう、

艇の掃除に、だいぶ時間を割かれました、
艇の引渡しを受けるに際し、艇“外面”はそれなりに磨き上げられた状態になっとる、が、“内面”はそうでも無い、外面にも気になる箇所が残っている、中古艇然とした感じが気になる、しゃ~ないことではあるけれど…、文句は言わない、独り、黙ってコツコツ掃除です、

さぁ!!
これから、初出漁に出かけるぞ!!!
午前5時半、

追記・
出漁中止、雨が止みそうにない、
体調もいまいちだから無理はしません、
実は、
さぁ~出漁するぞ!!と、勢い良く布団から起き上がったとき、
頭がクラッ!!として、そのままドテッ!!!と、ひっくり返った、
軽いノウーシントーだったと思うが、こんな日は心静かに(?)用心しましょう、
ヤバイ、ヤバイ、

| | コメント (2)
|

2009年9月29日 (火)

時化(しけ)あり、凪あり、

一緒に生き、生活してきた愛艇「はまちどり」艇が経年劣化で傷み、とうとう処分せざるを得なくなって、ほとんどタダ同然で下取りに出しました、
昨日、マリーナから下取り業者に引き取られて行きました、
彼女とのお別れは充分に済ませていたけれど…、
愛艇の処分は車の乗り換えなどとは又違った感傷がある、万感胸に迫りました、この艇で、わたし日本列島を大きく1周したのでした、日本を取り巻く海は全て知り尽くしている艇でした、

愛艇が去ると、ほとんど同時に乗り換える次艇の進水式を行いました、
名前は、“はまちどり”です、引き継がせました、
進水式はしないつもりだった、
このたびは、単に「はまちどり」艇の化粧直しだと思い定めることにしていた、そういうことで、前艇の処分で揺らぐ気持ちを支えきろうと思っていた、

ワンカップ(日本酒)をスーパーで買って行った、艇を水路へ下ろす際、コレを艇に振りかけよう、
が、マリーナが、シャンペンを用意していてくれて、かみさんと二人でこれをポンポンと抜いて、艇に注ぎかけました、

中古艇でしてね、一応必要な更新修復は済ませましたが、前艇に比すとだいぶ規模縮小になる、戦艦から駆逐艦へ、あるいはハーレーからゲンチャリへ程度の規格差があります、
前艇は、日本列島1周航海の夢へ向けて購入した艇でした、
今回は、地元・播磨灘近場での沖釣りが目的です、
もう外洋へ出ることは無いです、と、言うより、この艇で外洋を走ることは出来ません、危険すぎます、
前艇では、レーダーや自動操船装置も装備していましたが、今回はそれら大仰な装備はしていません、不必要だ、
代わって、小物釣り用の用意をアレコレ楽しもうと思う、たとえば竿受けを、艇手すりに、おいらんのかんざしみたいに付けまくろうと思う、
前艇のイケスは強制式(電動ポンプ)だった、が、今回は直接式(船底穴直結)です、これは小物釣りには必需装備だ、イケスのフタに小窓を開けるなどの工夫を加えました、

今、69歳、が、体力が許す限り今後最低でも10年は沖釣りを楽しみたい、体力が尽きたら、「めだか釣り」です、
艇に、大仰な手すりを増設しました、足腰の弱りをカバーしたい、
魚釣り人生です、
人生の荒波には翻弄され続けてきました、が、ここに至って、凪を得ております、

| | コメント (2)
|

2009年9月28日 (月)

はまちどり Ⅳ

002


装いを改めた「はまちどり」です、
24フィート・船外機(150Hp)・GPSプロター・ハミングウエイ魚探・無線・マリンVHS、

既にマリーナ・ポンツーン(浮き桟橋)に係留中、
明日から、各種魚釣り装備の装着、その他様々な臨戦準備を始めようと思う、
お魚様らとの対面は、数日後からになります、

| | コメント (2)
|

献奏「虎嘯虚空」


今日は気合が入っているのだ!!
神聖「はまちどり」誕生の日である、

進水式などはしない、
先の「はまちどり」の愛を丸々受け継がせた艇である、他の艇になったという実感がまるで無い、ちょっとした装い替えをしたに過ぎない、

が、ひとつの踏ん切りではある、
この曲を、永遠の名艇「はまちどり」捧げる!!!
気持ちいっぱいに吹いたのである、

| | コメント (0)
|

徳政令

人間以外の生き物の世界では、“自然淘汰”がごく自然に行われていますよね、
多くは食料の全体量に応じて生存できる数が決まる、
多すぎたメズミが群れを作って自殺行動をとったりすることが知られている、
食い物が足りなければ生きてゆけない、
が、人間は違う、…と、いつの間にか錯覚している、

少子化は、巨視的にみればごく自然なことだとする考えがあるようですね、
ほったらかしていたら、そのうちなんとかなるようになる、

政権交代も、実は、あったりまえの成り行きのなかで生じたことで、いまさら自民党が慌てたってどうにもならんでしょう、しばらくは成り行きをみるしかないでしょう、
民主も、あわててマニフェ実行へ走らなくても、やがてなるようになるのだから、ゆっくり実態にそった流れを見極めることが上策でしょうね、

この意味では、
亀井のオッサンだけが、突出してオタオタ慌てているような印象がありますなぁ~、
彼は、資本主義社会の基本を理解しておらん、と、わたしには見えますがのぉ~、
借金返済を利子も含めて3年猶予するてぇのは、弱者救済に見えて実はとんでもない愚策ですぜ、資本主義社会の根底を崩すものです、

あぁ、イスラム世界でなら、あるいは受け入れられやすい施策かも、教義的に言って、利子など取るのは悪行そのものだってことになっとるからなぁ~、富める者が貧しき者を助けるのはあったりまえだと、そういうことになっとる、
が、しかし、イスラム以外の社会では、だいたいが、競争が正義の根底にある、競争だけでは人間社会はネズミ社会になってしまうから、社会主義・共産主義的施策も併用する、
が、亀井のオッサンの徳政令は、社会主義・共産主義の施策にも値しない愚策でしかない、

そのうち彼は、国内での手形決済は3年間猶予するってなことを言い出しますよ、
皆さん、スーパーで買い物する際は手形切りましょう、利子なんか気にすること無いです、空手形でよろしいです、返済期が来る頃には債務免除法令が出来ているでしょうからね、
“カード会社は暫時利用者からの元金振込み無しで対応せよ”
消費者保護が必要だから…、
って、彼は、言い出しますよ、嬉しいですネェ~、

| | コメント (0)
|

2009年9月27日 (日)

落ち目

自民党員って全国に約百万人少々居るらしい、年々減少気味だとか、
今回も投票率は低いようだね、
年会費ですけれど、4千円払えば党員になれるそうな、党員の家族なら2千円でOK、
わたし、某尺八同好会の会員ですが、月々会費500円で、年にすると6千円だよ、
自民党年会費の4千円は安いですよねぇ~、

4千円で済むなら会員になっておいたらエエ、ナニか余得があるかもしれない…、
でも、今は落ち目だから、ダメか、
会員権は証券化されていて、いまなら2百円ほどで党員になれます、…ウソ、ですよ!!!
破産寸前で、金融機関からも見放され不渡り手形乱発の状態…ウソ、ですよ!!!!

再生・復活前に、分裂劇が見られるかも…、
分裂分子が、民主の方へ流れるかも…、
裏献金・ヤミ献金が途絶えることだけは確かでしょうね、

世間がグネ~グネ~と、不気味に動いているような印象がありますなぁ~、
ウカウカしていたら、足元すくわれるのとちゃうか、と、思ったり、
だからといって、ナニをどうしたらエエのかさっぱりわからんし、
どないしょ、どないしょ????

あぁ、なんとなくわかることもあるよ、
わたし、落ち目になるのは慣れとるからなぁ~、自民の衆の今のお気持ち、なんとなくわかりますです、
ヤケッパチにならず、いましばらく頑張ってください、

| | コメント (0)
|

生まれ変わり

普通なら、船の場合は最初に進水式ってのがあって、シャンペン抜いて、艇に注ぎかけますがね、今回はどうしましょうかねぇ~、
先の愛艇「はまちどり」が未だわたしの心の中を占領していましてね、
彼女との別れの悼みに耐えがたく思う日々ですのでね…、

こんな気持ちが、“ババア艇”だ、“ババアの身請けだ”、て、言わせるのかな?

昨日、艇友のバレッタどんが、マリーナで補修中のその艇を見て、
「波平さん、彼女の肌けっこう艶々してますやん、ババアだなんてかわいそうとちゃうか」
って言った、
そうですよねぇ~、かわいそうですよねェ~、わたしもそう思うのですよ、

かぁちゃんに、浮気がバレて、
「気にするな、あいつよりお前の方がよほど綺麗や、魅力的や!!」
って、変な言い訳をする、
と、そんな感じがあるなぁ~、

で、次艇の進水式ですけれど、
昨日マリーナから、「明後日(月曜)午後には最後の洗いも済ませます」って聞いて、
わたし、
「ほうか、さっそく艇を下ろしといてくれ、そのまますぐ沖へ出るから~」
と、言ってしまった、進水式のこと思いもよらんだった、
マリーナ関係者らも、呆れたみたい、

艇名は「はまちどり」をそのまま引き継がせます、
ババア艇じゃないよね、「はまちどり」ジュニアだ、生まれ変わった「はまちどり」、

さぁ、気持ちがね、吹っ切れるでしょうか、
痛々しい姿で、先の「はまちどり」が泣いております、
未だ、そのまま、マリーナに上架されている状態ですわ、

進水式なんぞ、とてもとても……、

| | コメント (2)
|

2009年9月26日 (土)

イロイロ

なにごとでも同じだと思いますが、イロイロなやり方、取り組み方がありますよね、
イロイロな考え方があって、イロイロな手段がある、

たとえば“考える”ですけれど、
言葉を介して組み立てるのだから、英語・日本語・中国・ロシア・ドイツなど等…、と、
言語が違えば→思考経路も違っているだろうし→得た結論も全く同じとはならんだろう、
同じ日本語で考えても、自民党・民主党・共産党…と、イロイロありますし、

考える前の、本能的にナニかを感じたり、言葉にはならんことをフト思ったりもある、
これを
“上手に”言葉にすると→詩になるのかな??
“上手に”音符に並べると→音楽になり、
“上手に”紙に描きつけると→絵画ってことか、

上手があれば下手があるわけで、
下手は、上手になりたいわけで、
わたし、たまたま尺八吹いたりするのだけれど…、
一生懸命稽古するがなかなか上手になれないわけで…、
手っ取り早く上手になろうと、→上手な人に教えを請うのですわ、
が、なんぼ教えられても、なかなか理解できず、→教えられたことが身につきませんわ、

どうしましょう???

今日は、釣友に誘われて、これからマリーナへ出かけます、沖へ出ます、

| | コメント (1)
|

2009年9月25日 (金)

御用とお急ぎで無い方

先日の岡田外相とクリントン米国務長官との会談のなかで、岡田外相は、
「30年、50年たっても持続可能な、深みのある日米関係を構築したい」
と話したそうな、
「…30年、50年……」???
この年数の刻み方は、あまり普通じゃない、ナニか意味があるのだろうか???

鳩山総理の論文「私の政治哲学」のなかに似た言葉がありますわ、
こう書いてある、
「…アメリカは今後影響力を低下させていくが、今後二、三〇年は、その軍事的経済的な実力は世界の第一人者のままだろう…」

岡田外相は、
“今後二、三〇年”を→→“30年、50年”
に格上げして話したのだね、キットそうだよ、…と、思う、

鳩山総理と会談する各国首脳は、皆さん、総理の人物像が気になって、総理の論文「私の政治哲学」を読んで会談に臨むのじゃないかな、岡田外相と会談したクリントン米国務長官もキット読んでいると思うよ、

一方の、わが国の、報道関係者はどうでしょうね???読んでいますかね???
抜粋を読むだけではダメですよ、熟読しないとダメ、でないと、各国の深読みに負けてしまう、

抜粋文を読んでアメリカ側に誤解が生じ、最近これが解けたようだが、
そのような報道がなされているが…、
わたしが読む限りでは、
この論文はアメリカにとっては実に痛い論文ですよ、コリャ手強いヤツが出てきたぞ!!!って感じだと思います、単に誤解が解けたで済まされることじゃない、

論文はコレです、
“御用とお急ぎで無い方”は、いまいちど、ゆっくりとお目を通してほしいです、
“”は、ガマの油売りの口上ですわ、

| | コメント (0)
|

2009年9月24日 (木)

“波平流ネジレ吹き”

新政権が頑張っとる、
隠居だとて、ここはひとつ頑張ってみる、
彼岸を境に、新たな尺八奏法に挑戦中だ、名付けて“波平流ネジレ吹き”、

尺八歌口を、クチビルの右半分側に当てます、
クチビルの左半分は完全に閉じ、残る右半分をかすかに開けて、ここから尺八中へ息をこぼし出す、
尺八は、反時計回りにかすかにネジり構え、眠り狂四郎の下段円月殺法に構える、
クチビルからコボシ出すのは、竹友じなしどんを真似たモレ息のつもりだ、

「長崎は今日も雨だった」

| | コメント (2)
|

お上のご威光

わたしら下々の者らには、お上のなされようは、さっぱりわからん…、
が、しかし、お上のご威光に逆らったらアカン、
ありがたく思うのが、分相応の下々のあり方でっせ、
ってのが、→わが国の、秩序の根幹をなしている、…ような気がする、

“お上のなされよう”は、今ふうに言うと、→“政治的判断”かな??

民主主義は多数決、
徹底的に議論して、その後、賛否を多数決で決める、
が、二つのことがある、
A) 首相は、国連でいきなり温暖化ガス25㌫削減を表明した、
B) 前原国土交通相は、就任早々、八ツ場ダム中止を公言した、

マニフェには出ていたのかもしれない、
が、選挙洗礼を経たっからってことで、
現実化OKとなったわけじゃない、
民主主義は、そう短絡な手続きじゃない、

が、が、しかし、“政治的判断”ってことがある、
“政治的判断”だけは、民主主義の外にあるのじゃないか、…と、思う、
人間の資質の内の、優れて高度な想像力が生み出す産物かも、東大卒の頭で…、

A・Bの、“政治的判断”は、あるいは間違っているかもしれない、
が、
これによって、今後、徹底議論が深まり、
→結果、民主主義的解決が得られるとすれば、これはこれでよろしいのではなかろうか、…と、思う、
時間が掛かるかも知れないが、しゃぁ~なかろう、…と、思う、

わたし、下々の者、
お上のご威光には逆らい難く洗脳されている者、

| | コメント (0)
|

2009年9月23日 (水)

誠意を示せ!!!

八ッ場ダム(やんばダム)の位置は、
北緯36度33分25秒、
東経138度42分51秒、

Googleマップ(日本地図)上に落としてみた、
日本海まで直線距離で約100キロ、東京湾まで約150キロ、
なんと、日本海の方が近いのだね、

治山治水は国を治める土台、
治水は、水害防止の面と、利水の面とがある、そして“誠意”、

ナニか“こと”があると、
お金がからむと、
…と、“誠意”が生まれる、誠意=お金、
「誠意を示せ!!!!」

治水は、水害防止の面と、利水の面とがある、そして“誠意”、
さらにひとこと、
自然環境保護の観点もある、
さて、
誠意は、ダレがダレに示せばよかろうか??
真の原告(団)はダレか?????

| | コメント (2)
|

2009年9月22日 (火)

様子見しましょう

数日前にもここでボヤキ・愚痴ったように思うが、

大臣になって、有頂天になって、勇み足気味に、アレやります!コレやります!!マニフェスト、マニフェスト!!!!
って言ったのはエエけんど…、

ホンマかいな、もう少し考え直した方がええのとちゃうか…
“君子は豹変す”
って言いますぜ!!!

ってな、感じの足引っ張り論調が、あちこちで、バラエティ番組なんぞで、
密かに、かつ大仰に、ささやき・声高に、なってきたような印象がありますが…、

わたし、もう少し、このままほったらかして、様子見に徹した方がエエかもと思うがどんなもんでしょうね、
“やる気”ってのは、これはそれなりに貴重だと思いますがねぇ、
特に、
大手報道機関が、早々と、君子豹変側に組し、豹変を督励するのは止めた方がエエ、

反対勢力は、霞ヶ関官僚じゃなくて、その実は、マスコミ報道だったりして、
なにせ、マスコミは、事件がらみが好きだからなぁ、
今、彼らマスコミが一番欲しいのは、新大臣らの失言か、ゴシップネタでしょうね、
イヤッ!!
その実、一番欲しいのは、君子豹変の匂いかな???
ソレッ見たことか!!!
って、言いたいのじゃないか、

| | コメント (0)
|

2009年9月20日 (日)

師匠の手作り竹(尺八)を吹ける幸せ、




江夏白龍師の指導を受けている、
師は、自分で竹薮から竹を切り出し、尺八造りも楽しまれる、
内、1本を頂戴した、歌口もただ斜めに切っただけの正真正銘の自然のままの尺八だ、もちろん地無し・延べ竹、
今年2月、自宅近くの竹薮で採った竹だそうな、
わたし、先日来この新竹を吹いていて、最近ようやく吹きなれてきた、
本来は、古典尺八本曲を吹く尺八であるが、閲覧諸氏にもわかって欲しいから、聴きなれた曲をこの竹で吹いてここにアップする、
なお、ほんの少々、調律に竹友・栗栖如堂氏の手を煩わしたほか、わたし自身の手で、歌口のアゴ辺りをかすかに調整した、

「時の流れに身をかませ」「北の蛍」「みだれ髪」

近々、この管に愛称を付けようと思っている、なんと名付けようか、

| | コメント (2)
|

ポケェ~

公共事業が先か、子育て支援が先か、
A) かつての与党自民は、ニワトリが先だと言った、
B) 今与党の民主は、タマゴが先だという、

タマゴが先となりつつある、…ような気がする、
世の中は方向転換のキシミのなかにある、…ような気がする、

やる気が前面に出て、障害を粉砕し、突破しようとしている、
報道から受ける印象では、ケンカがらみような雰囲気さえも感じられる、
ヤバイことになる、…ような気がする、

一般市民は、投票というカードをもう使い切ってしまった、
どうなることか、と、ポケェ~としている、


空を仰ぐ、まばらに浮かぶ黒雲が千切れ走っている、北東の空から南西の空へと、
口をあんぐり開けて、空を仰ぎみている、
黒雲はあんがい低い位置にあるようだ、更に更に高い空には箒で履いたような薄い白雲が浮かんでいる、静かだ、隙間から秋の青空も見える、
台風14号が接近している、

| | コメント (0)
|

2009年9月19日 (土)

脱官僚政治

「政府は18日の閣議で、2009年度補正予算の一部執行停止を決定した…」
新聞でもTVでも報じていますが…、

予算ってのは、収入・支出の見積もりのことですが…、
二面性がありますです、
A=そのことに、これだけに額のお金を使ってよろしいってこと、
と、
B=そのことを、たったこれだけのお金で、やりつくさなアカンって義務、

“A”にばかり視点が向いて、“B”を忘れているぞ、

予算は、議会(立法)の議決でもって、
ナニナニのことを→カクカクの金額で→やりつくせ
と、なったのだ、そういう意味も含んでいるってこと、
が、それを、
政府(行政)側(大臣)の勝手の判断で、執行停止にするのは変だ、アカンのとちゃうか?
執行停止にするなら、今一度議会の議決を経る必要があると思うがどうか、

以下は余談です、

公務員は月給で雇われています、
仕事をサボって(※)、月給だけ貰うことができたら幸せかも、
ところが、
予算で縛られ、働かされる、
→アレコレのことを→カクカクの金額内で→いついつまでにやりつくせ
となる、

仕事に使う金額は、多すぎたらダメ、少なすぎてもダメ、ドンピシャリの額であることが求められる、

大きな政府、小さな政府、って話をしばしば聞きますよね、
小さな政府であるべきだ、民間活力を使うのだっていわれる、
そうでしょうか??どういうこっちゃ????

予算で仕事と金額が決まると、談合など必要な手続きを経て、
→政府は仕事を民間へマル投げします、工事発注をする、業務委託をする、マル投げ先の大手民間業者には政府職員OBが居座っていて、請け負った仕事を、
→子会社へ投げる、
→子会社は孫会社へ投げる、

民間って範疇には、政府の外郭団体も含まれる、当然民間一般より上位に置かれる、
優先して、あるいは排他的に、政府から仕事を請け負う、丸委託を受ける、
たとえば運転免許証書き換えの際、
市民は、免許証発行窓口で“交通安伝協会”への会費支払いを勧誘される、
財団法人全日本交通安伝協会への入会費です、
なんじゃそれ??
国家公安委員会・警察庁の外郭団体です、
その外郭団体賛助の会に入ってお金を払いなさいってこと、
交通安伝協会は、各府県に細かく設置されていて、警察官の天下り先、
あぁ、なんと、ドデカイ政府だこと、

“脱官僚政治”ですけれど、
言うは易く、行なうは難しでっせ、
なにせ、現在の娑婆社会は、どこもかしこも頭のてっぺんから、つま先まで、マル投げ連鎖のなかにあるからなぁ、社会秩序と正義の皮をかぶって…、

| | コメント (0)
|

2009年9月18日 (金)

フグ、と、ナム~

今朝、下関・南風泊市場で、フグの初袋競りが行われたようですね、
天然物と養殖物あわせて9トン弱のセリだったらしい、
ここで、フグの初競りが始まると、いよいよ“フグ釣りシーズン”です、
われわれ釣り族としては身が引き締まる思いですわ、
だが、艇がねぇ~、

あぁ、初競り情報は、今日の日経夕刊で知ったのですが…、
この記事の隣に、鳩山首相の愛犬「アルフィー」が、首相誕生の16日夕刻亡くなったとの記事があった、
首相は一緒に官邸へ引っ越すのを楽しみにしていたそうな、
わたしも犬を飼っていますのでね、何代かを見送っていますのでね、愛犬の死は、いやまったく堪らなく哀しいですからねぇ~、
おくやみ申し上げたいです、
ナム~、

| | コメント (1)
|

彼は間違っている、

ニワトリは卵から産まれる、が、しかし、卵はニワトリが産む、
福祉充実が先か、経済成長が先か、

今朝の日本経済新聞1面、
日経本社主幹・岡部直明氏は、ニワトリが先だと言う、
経済成長が先じゃないか、成長戦略こそが国家戦略であるべきだ、と、主張する、

このニワトリ先行型思考は、
もう、選挙は終わったのだから、選挙向け“マニフェスト”にはこだわらず、この際、
→現実修正をせよ、との論調につながる、
曰く、インド洋給油廃止、拙速な高速道路無料化…などなど、それでエエのか、と、
♂♀ 世間では、コレを“足をひっぱる”という ♂♀

あぁ、余談になるが、
自民の敗戦ゴタゴタ劇をことさらに茶化したような報道をするのも、
“首吊りの足をひっぱる(首縊りの足をひく)”おもむきがある、
が、言葉の用法には気をつけねばならんぞ、
“首吊りの足をひっぱる”意は、本来、手伝ってやろうの意だ、
詳しく言うと、
→首を縊(くくる)なら、足でも引っ張って手伝ってさしあげよう、だ、
茶化し報道が、正しい意味で使われてるとは、思いたくないが…、

さて、本題に戻って、
岡部直明氏は間違っている!!!
政権は発足したばかりだ、今、スタートするに、
“マニフェスト”の旗を掲げることのどこが悪いのや!!!
それを言って票を集めたのだ、
今は“マニフェスト”こそが正義であろう、…と、思う、

わたし、正直言って、民主マミフェは、少し言い過ぎだったと思うのだが、
それはそれ、
もう、今となっては、そのことやらなしゃぁ~ないのとちゃうか、…と、思う、
繰り返す、
岡部直明氏は間違っている、…と、思う、

| | コメント (0)
|

2009年9月17日 (木)

キャリア世界???

小林稔侍演ずる国税庁の陰の税務調査官・窓際太郎ですけれど、彼は、元は国税庁のキャリア組だったって設定ではなかったかな、
ハードボイルド小説家・大沢在昌の描く新宿署の鮫島警部も元キャリア組だったと思う、
水谷豊の「相棒」だけど、演ずる警視庁特命係の杉下右京も元キャリアって設定、
要するに、キャリアは悪者だけど、脱キャリアはスバラシイ人情味ある凄腕ですわ、

あぁ、藤田まことが演ずるドラマ、これは違う、たたき上げの活躍です、
はぐれ刑事純情派も、必殺も、キャリアとは無縁の凡人が活躍します、

こんど大臣になった亀井静香議員だけど、警察キャリアで官僚だった人らしい、
今後どんな活躍をするのかな、合気道の達人らしいですよ、油絵も上手だって…、
わたし、郵便局の人かと思っておった、…ウソですよ、

今朝の新聞ですけれど、
「脱官僚政治」って大きな見出しです、
ところで、
キャリアが→出世したら閣僚っていうのだよね、
で、みなさん悪者なのですよね、どうもそうらしい、
国民からあまい汁を吸うやから…、
ホンマかいな??

東大生や東大卒は、最近テレビ受けが良いようですね、
へぇ~東大の秀才!!!
アレマァ~、すごいですねぇ~、
で、視聴率アップで、人気上昇、タレント・タレント、

鳩山一族も、みなさん東大卒なのですよね、すごいですなぁ~!!!!
ヒガミ・ヒガミ……、

| | コメント (0)
|

2009年9月16日 (水)

ハトポッポ

鳩山総理は蝶がお好きらしいですね、
蝶は、卵 → 幼虫→ 蛹(サナギ)→ 成虫(蝶)ですよね、
幼虫は、イモムシorケムシです、
蝶に似たものに蛾(ガ)が居る、
わたし先々週でしたが、チャドクガの幼虫(ケムシ)に刺されてとっても痛かった、ほぼ1週間赤く腫れていた、治りかけがこれまた痒くて往生した、

サナギで思い出すのは、カイコかな、口から糸を吐き出して繭(マユ)を作る、桑の葉を食います、
わたし、子供のころ田舎で育ったので養蚕農家がカイコを飼っていたところを見たことがある、イモムシがウジャウジャ動いていた、
カイコは要するにサナギですから、ここから成虫が生まれる、カイコガですわ、蝶じゃなく蛾です、この蛾はメタボでしてね羽はあるが飛べません、蛾のニワトリですわ、大昔から人工飼育され続けた結果、退化して飛べない蛾になった、這い回ってタマゴ生んだらすぐ死にます、

釣り糸のテグスのことを話したくなった、
若い人は知らんと思うが、わたしが未だ子供だった頃は、コレ(テグス)が釣り糸だった、
カイコを薄い酢に付けて、身体を千切り引っ張ると、はらわたの中のマユになる成分が、ヅ~と酢のなかで引っ張られながら糸になってテグスがデケルらしい、
言うと簡単だが、実際はなかなか難しいらしいが、わたしはこの段取は知らんですわ、
幼虫(カイコ・いもむし)の体中に“絹糸腺”って部位があって、これを上手に酢液のなかで引っ張り延ばすらしいですよ、
カイコですけれど、上等のテグスは中国産のテグスサンと呼ばれる蛾の幼虫の“絹糸腺”を引っ張り延ばしたものだったようで、で、中国産のこのテグスサン・カイコを日本国内で養殖生産したいが、テグスサンを日本に連れてきて、日本の桑の葉を食わすと死んでしまって育たなかったようだ、このあたりの話はなかなかオモロイですよ、わたし、むかし、少し調べたことがあって、もう忘れたがその時のウロ覚えでは、大阪の薬問屋が中国から漢方薬を輸入する際、中国側はその荷造り糸にこのテグス糸を使っていたらしい、で、輸入した側の日本の薬問屋がこの糸を上手に解き延ばして釣り好きらに売ったらしい、
ウロ覚えですわ、関連事で、テグスサンの日本国内での養殖のことなどなどがあったと思うが忘れた、
レレッ!、わたし、ナニ話しているのかな、
あぁ、鳩山総理の蝶の収集のことだった、

サナギ粉ってご存知ですか?
カイコからマユを採った後のサナギを粉にしたら、これがサナギ粉ですわ、魚釣りの餌に使ったのですよ、もちろん人間も食ったですわ、粉にする前のサナギも油であげて食い物になった、ゲテモノ食いの一種かな、

鳩山総理の人となりをアレコレ報道していますね、このなかで蝶の趣味のことを知ったわけですが、他にも、森進一の物真似や、ハトポッポを歌う姿がなかなかおもろい、
これから、どうなりますかね????

| | コメント (0)
|

2009年9月15日 (火)

ババァ~の身請け(下品な言葉だ!!)

下関・南風泊(はえどまり)市場の袋競り(ふくろせり)が始まると、フグ釣りのシーズン開始です、その季節が到来したってこと、
今年の袋競り開始日は何日なのでしょうね、毎年9月下旬です、今年は来週連休明けだと思う、始まったら新聞報道があるが…、
あぁ、フグは寒い冬のものだと思われているが、かれらは丸裸じゃないですか、寒いのは苦手ですよ、水温が下がりすぎるとダメ、動きが鈍って釣れません、

わたしら釣り族は競り(せり)なんぞ関係ない、もうフグ釣り季節は始まっている、
が、わたし未だ乗り換え艇の納艇を待つイライラ状況下にありますのでね…、
あれこれ思うがなかなか意にまかせないです、
このままの状態(納艇遅れ)で、9月が過ぎるようなことになったら、わたし泡吹いてひっくり返るかもよ、


フグ釣りには、餌釣りと、引っ掛け釣りがあります、

引っ掛け釣りはカットウ釣りと言ったりする、
関東・東京湾内や外房周辺ではこの釣りらしいですね、ショウサイフグを引っ掛け釣るらしい、
が、瀬戸内海・鹿の瀬での釣りは、餌釣りが中心です、食わせ釣りとも言います、
鹿の瀬で採れる小エビを餌にする、やはり狙いはショウサイフグ、

が、しかし、フグといえばやはり、トラフグが王様ですよね、トラ公を逮捕したい、
トラは引っ掛けで逮捕だ、引っ掛け釣りです、
美味そうな餌をちらつかせ、ヨダレヨダレでやって来たトラ公を、気合もろとも『エイヤッ!!』と引っ掛け逮捕する、

フグ釣りはまずこのトラ公の引っ掛け釣りから始めます、
で、秋が深まるにしたがい→ショウサイフグの餌釣りへと進む、

フグの皮は堅いですよ、鋭い針先でもなかなか刺さらないです、よほど強く押し込まないと針先は通らない、
トラ公が来たな!!!てぇ~と、その都度、エイヤッ!!!と、力任せに竿を煽ります、

わたし、既に、トラ公の引っ掛け具を用意している、
が、艇の乗り換えで、次艇の納入待ちの状態が続いている…、


実は、
昨日、その艇が、マリーナに回航されてきた、
小さな船外機仕様のかわいい艇(?)です…、
中古艇ですわ、身請け額が安い分、艇が傷んでいますわ、
可愛い艇?
ウソだよ!!欲目だ、もうババァ~ですよ!!
中古艇然とした姿だったですわ、
破れ、ちぎれたキャビン内のシート・イス、他の部位も…、
身請け先に、つついっぱい見栄を張ろうとするその姿…、
あぁ~、

傷みを治療し、手すりを補強し、あれこれの器具を取り付け、艇名を描き込み、波平艇へ変身するには、今しばらく時間が必要です、

通りかかったマリーナのメカに言葉をかける、
「○○君よぉー、超スピードで、仕上げてくれよなぁ~」
「はぁ~~~」
いつになりますかねぇ~~~~~
湿疹まみれでひっくりかえる前に、なんとかして欲しいですわ、

| | コメント (0)
|

2009年9月14日 (月)

仕事

屋根に降る雨水を下水へそのまま流すのはもったいないと、屋根樋の下にバケツを置いて雨水を採取する、
そのバケツがいっぱいになると、
→大きな水がめに移し入れ、
→空バケツを樋の下へもどす、

庭の排水口にもバケツを置いている、
車のガレージ屋根から滴り落ちる位置にもバケツを置いている、

雨が降るとそれなりに忙しく油断が出来ならない、
すぐに各所のバケツがいっぱいなって、水がめに移しいれなければならん、

水がめは三つ、合計で約200㍑の雨水を溜め置くことが出来る、
畑用の水にしたり、メダカを飼っているがそのメダカ水にしたりする、
ひと雨で約100リットル採れる、豪雨なら150リットルはかたい、

水がめが空になることはあまりない、
夏、水がめに水が溜まりっぱなしになると、時にボウフラがわく、
自然の水だそういうこともあって当然だ、
“蚊が多いなっ”と、感じたら、水がめを覗き見る、
と、ボウフラが居る、

 朝の選別ゴミ出し作業、
 新聞受けからの新聞取り出し、
 近くのローソンへの牛乳パック買出し、
 飼い犬ショウタと朝・昼・晩の散歩、
 朝晩の雨戸開け閉め、
 早朝の湯沸かし(朝7までは深夜電気料金)、
 雨天時のバケツ作業、
 その他諸々
わたしは、日々、こういう仕事をしている、
魚釣りや尺八にばかりウツツを抜かしていると誤解されては業腹だから、少し言うてみたのである、

| | コメント (0)
|

2009年9月13日 (日)

新竹 デビュー

今日から、新たにこの竹が仲間に加わりました、
小手調べに、民謡を唄わせてみた、

| | コメント (0)
|

次の手

「麻生太郎」と書くか書かぬかでもめて、「若林正俊」と書くことになったですよね、
両院議員総会の席でした、モメにモメて、
で、駒が揃って、細田幹事長が立ち上がり宣言した、
「若林正俊氏で、よろしゅございますか、よろしゅうございますね、それでは…」
と、なった、

まるで、ヤクザのバクチ場だな、
そんな印象を与える口調だった、まさにあれは、さらしを巻いた上半身刺青ヤクザのセリフじゃないですか、
“壷振り”が、左右を見渡して宣言します、
「ようござんすか!ようござんすね!!駒が揃いました!!!」

丁と出るか、半と出るか、
→「若林正俊」としか出ませんわ、
ひょっとしたら、駒を張らんおっさんも出るかもわからん、

ひょっと、ひょっと、したら…、
石原伸晃議員が立って総裁になるかも、
で、いずれ政権奪回で→功績を買われ→首相に…
と、なると、
親父は東京都知事で、息子は首相ですよ、

と、なると…、
ロシアから、鳩山ジュニアが帰国し→政界入りで…、

次の手ですが、どう打ちますかね、

| | コメント (0)
|

2009年9月12日 (土)

方便その2

“核密約で調査チーム設置”の文字が新聞紙面に躍っていますね、
調査するまでもなく、もうダレでも、そういうことがあったろうと思っているのに、ことさらな感じがありますなぁ~、

問題は、昔のことじゃないですよ、“今現在はどういうことになっとるか”だよ、
“今日以後はもうデッタイに核密約なんぞしません、持ち込ませません”
って言いましょう、
だぁ~れも信用しまんせんがね、まぁ、こう言っておかないとおさまらんでしょうから、そこはそれ“ウソも方便”ってことですよ、

“方便”は、仏教用語です、岩波の「仏教辞典」を見てみましょう、
“方便”の欄です、
「接近する、到達する、という意味の動詞から派生したウーパーヤ(UPAYA)が対応サンスクリット語であり、衆生を導くための優れた“教化方法”、巧みな手段を意味する、方便は“真実と対になる概念で衆生に真実を明かすまでの暫定的な手段”を意味する…」
とある、

早い話が、あの世のことですが、
“悪いことをすると疑獄に落とされるぞ、エエこと積み重ねたら極楽へ行けるぞ”
って、言いますよね、これが“ウソも方便”ってことですわ、

法華経ってお経があるのをご存知ですよね、
現代語訳もあって実におもしろいですよ、要するに“方便”ばっかし書き連ねてある、
見方によってはですが、
A) これほど真実に迫った言葉はなかろう、と、評価されたりするが、
B) ウソばっかしの絵空事を書いてあるだけって評価もある、

かつて、“核密約なんかありません”と、ウソをついていましたが…、
その当時はこうでも言っておかないと皆が納得しなかったが…、
が、そのうち、やがて、この密約のありがたさがわかるようになるだろう、
と、それまでの暫定的な手段としての方便だった、

だがね、
方便は、やはり方便です、ウソはウソだよ、
それは真実を理解してもらうまでの暫定的な手段だったのだよ、
⇒ だから、一定の時期が来れば、あれはウソだった、ごめんなさい、
って、ことにならんといけない、なにごとにもケジメってことがあるよ、

わたし、この意味で、徹底的な密約事実の調査が必要な時期が来ていると思いますです、

で、問題は、又、冒頭に戻りますが、
それなら…、
“今現在は、核持込はどうなっとるか??”
ですよ、

で、あらためて、ここで新たな“方便その2”を作りましょうよ、
A) “核持込は絶対に認めない”
B) “わが国は他国の核の傘には頼らず、自前核で護る”
C) “攻めて来たければ攻めて来い、わが国は神様仏様が護ってくれる”
D)
E)

どのような、新手“方便その2”を作りましょうかねぇ~、

| | コメント (0)
|

2009年9月11日 (金)

操船技術新開発

中古の小さな船外機仕様のプレジャーボート(24Ft)を買って、その艇の納入を待っているのですが、今月末か来月上旬になりそう、
未だに先のオーナーが使っておられて、そのオーナー氏が「もうイラン、もってケ!」と言わないと、艇に触れることができないです、

「…もってケ!」となっても、
傷み部分の修復に加え、艇を老人向きに改造することが必要です、
それと魚釣りに特化したインフラも整備したい、
具体的には、手すりの増設です、車椅子対応にする…ウソですよ、でも、手すり増設はホント、
足腰フラフラのズズイが波に揺られて海へドボンは嫌だからなぁ~、
又、魚釣り用の竿受け取り付もある、漁探や無線は先の艇から移設する、

艇の納入を待つ間、マリーナのレンタル・ボート(23Ft)で時々沖へ出ていますが、真っ直ぐ走らないですね、ちいさいからガッポンガッポンが激しい、
わたし、右手の使い痛みが延々と治らなくて、力が入らんのですよ、
で、ガッポンガッポン艇の操船は辛いですわ、

前回、ヨシ○と試乗艇に乗ったとき、
彼は、疲れてくると、手を休めて、艇を足で器用にあやつり(操船)ます、
右足でエンジン回転制御、左足で舵操作、
余った両手は休めている、
その他もろもろに使ったりする、携帯電話したり、無線したり、持ち込んだビール呑むのに使ったり、握り飯もっていたり…、
彼は、大型艇の長距離外洋航行をなんなく請負ますがね、それもひとり操船でやっつけますが、この両足操船を併用しとるのだね、

で、わたし、昨日はヨシ○のマネを試みました、
やってみて、
この操船法は、マスターする必要があると思ったなぁ~、
海技試験に取り入れるべきでしょうね、

| | コメント (2)
|

2009年9月10日 (木)

豆アジ

沖へ出ていました、
ハマチが1本、豆アジぎょうさん、

豆アジは、真アジのリトルですわ、
アオアジのリトルは美味くないですが、真アジのリトルは美味しいのですよ、
豆といっても、アズキのようなのではないよ、もう随分大きくなっている、太っていてホ~ラ美味しい、

50~60cmほどのエソが度々釣れましてね、この魚は食えません、食う人も居るようだけれど、わたしは食わん、

| | コメント (0)
|

2009年9月 9日 (水)

昼寝体調

午前1時過ぎにはもう起き出していて、
冷蔵庫から牛乳を取り出し、水道水で薄め、ゴックンゴックン飲んで、
暫時ボヤァ~が→そのままズルズル続いている、
朝刊が配達されるのは午前3時半過ぎ、それまではナァ~ンもすることが無い、
暇つぶしにこの“ブログ”を書いている、

で、このままだと、
明け方5時前後には、又、自然と眠くなり床へ入りなおすことになる、
で、寝て、再度置き出すのが8時前、
以後、日中もこの調子だ、寝たり起きたりだ、これで不思議と体調が維持されている、
…と、自分では思っているが、その実は、不摂生極まりない日常であるに違いない、

午前8時半~午後日が沈むまでの間、随時だらだらと尺八を吹いている、
体調が悪いと尺八の音が冴えない、で、→ 昼寝する、
少し体調が悪いとすぐに音色に出る、昼寝の回数が、時間が増えるばかりである、
わたしは、本当はとても体調が悪いのかも知れない、
かみさんが「しゃ~ないよ、歳のせいですよ」って言う、


愚痴とボヤキと無責任、これが、当ブログのスタンスだ、
ソレ、やってみよう、
民主政権と東京地検特捜部の関係を思う、
“国策捜査だ”って、西松事件の時、小沢氏は言ったのだった、
その小沢氏が、こんどは国策側へまわることになる、
このあたりのこと、あまり新聞などでは話題にしないようだ、
もう既にもみ消されたってことだろうか、
隠居が気にすることでもないのかな…、

| | コメント (4)
|

2009年9月 8日 (火)

必然の命

朝日新聞が報ずるところによると、
○○党が新代表選出にからむ会合で、□○連立政権十年間の総括を巡り議論が紛糾した…、
と、ある、

総括(そうかつ)、
鋭く、汚い言葉だ、人間性を破壊しかねない言葉、
かつて連合赤軍はこの言葉のもとで、仲間に対し、リンチ・粛清をおこなった、
ものごとが良い方向へ展開しているときは、総括は不要、
が、悪い方へ展開しはじめると仲間内で、、
スケープゴートが指名され、贖罪(しょくざい・罪をつぐなう)が強要される、

一方の、□□党では、
やがて総括劇に供されるであろうスケープゴートの群れが、未だに一定の力を持っていて、贖罪の矢から逃げ回っているかに見える、

総括からは本当の新鮮な芽は出てこないのではないか、

平家物語の世界、
祗園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり  娑羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらはす  おごれる人も久しからず  唯春の夜の夢のごとし

方丈記に言う
ゆく河の流れは絶えずして しかも もとの水にあらず よどみに浮かぶうたかたは かつ消え かつ結びて 久しくとどまりたる試しなし 世の中にある 人と栖(すみか)と またかくのごとし

時の流れやぞ、しゃぁ~ない、ことは、しゃぁ~ない、
新たな芽は、時の流れの中、すでに必然の命を宿しているに違いないですぜ、

| | コメント (0)
|

2009年9月 7日 (月)

緊張感ある人生

相も変わらず家で独り尺八を吹いて遊んでいます、
こんな吹き方でエエのかいな?
正しい音律で吹けているのやろか??

あれこれの迷いや不安のなかではあるけれど、毎日吹いているのでなんとなく上手になってきたような気がしないでもない、
で、給付金で買った自慢のIC録音機に自分の吹奏を録って、
→自分のパソコン音源サイトに送り込み、
→以前にアップのと聴き比べる、
→残念だナァ~、以前の方が上手に思えたりする、概ねこの傾向ですわ、

が、以前に録音アップしたのは、ウソの音のような気がする、
今の自分はこの音じゃないと思う、
で、以前の録音アップを消し、
→たったいま収録したのを上書きする、
こんなことを四六時中やっとる、
昨日は、「調子」「鉢返し」「三谷」を上書き更新した、
今日は、「滝落し」を吹き直して上書き更新を試みようと思う、

もう少し夜が明けて、尺八音が野外へ洩れ出ても世間の雑音にマギレ消えるだろう頃になったらってこと、概ね8時半過ぎ以降がめどですわ、
今朝は、午前2時起きですわ、目が覚めたら迷わず起き出します、
これ書いている今は午前5時、夜明けが遅くなりましたね、
夜明けを待っていますです、

ネッ!!
けっこう緊張感ある人生でしょう…、
生き生きした音色で「瀧落し」曲を吹いてやろうって思っとるのだよ、

| | コメント (0)
|

2009年9月 6日 (日)

しくみアレコレ

良くも悪しくもこの世の中はお金であろう、すべての秩序の中心にお金がある、
…のだろうと思う、

お金持ちが貧乏人より、正しくて、いつも美味いものを食い、楽チンな日々を送る、
…のだろうと思う、

道を歩く時だってそうだ、
お金持ちは、道のど真ん中を歩く、他の者らに道を空けさせて、
ゲートが開き、空いた道がズドーンとある、速く走れる、気分がよろしい、
…のだろうと思う、

ゴルフするに自家用ヘリコプターで、グリーンまで行く人があるようだね、
順番が近付いたら、会社ビルの屋上からフ~ンと飛び立ってグリーに行く、和歌山から淡路島のゴルフ場までなら15分らしいよ、

病院受診の際などにも、受診急行券・受診特急券を発行したらどうか、
無論、病院側は利益率の高い患者を優先治療する、これを明言する、
地獄の沙汰も金である、娑婆社会においておや、

が、なんてこった!!!!
高速道路を無料化するって主張の政党へ政権移譲、

僕かぁ~、真正の貧乏人だし高速道路を走る用事もナァ~ンもない、

| | コメント (0)
|

2009年9月 5日 (土)

わたしとしては

政府がこんな状態にある今、もし、大規模災害が起きたらどうなるのでしょう、

政権移譲に供える法制度がなかったそうだが、知らんかったですなぁ~、
引継ぎ大丈夫かいな?
まだ10日以上もありますが、証拠隠滅のおそれが…、保釈金を…、
こんなこと考えるのはあまりにも失礼です、

AがBになっても、Bが→CDEF…になっても、
そうたいした変化は無い、…だろうとは思いますが、

2週間に1度、掛かり付け医院へ薬を買いに行きます、
都度都度に3千円弱支払います、
数回処方が変わりましたが、あまり長期に同じクスリはヤバイってことであるらしい、42歳の時から、ずっとこの調子ですわ、
当初は、もうアカンかも、短命かも、と、思った、
食後に服用しますが、ときに忘れることがある、
と、体調に狂いが生じ、気分が悪くなる、
で、しゃぁ~ないから、クスリを飲み続け、買い続ける…、
2週間があっという間に過ぎて、
「あぁ~、また2週間生きていた…」って思う、

投票には行きました、これ、わたしとしてはめずらしいことだ、
友人が、このブログを時々覗き見するらしい、
わたしのことを、糸を吐き続ける毒蜘蛛だって言う、
毒蜘蛛かぁ~、

9月になりましたね、秋の彼岸が近付いた、
彼岸過ぎに小型の中古艇が手に入る、
艇は古い安物です、エンジンも全時代の2サイクル船外機、
が、わたしとしては超豪華艇だ、
楽しみにしている、

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2009年9月 4日 (金)

汚点

日本経済新聞は9月2日朝刊社説に、「鳩山政権は対米政策で『君子豹変』せよ」の、一文を掲げた、
わたしは、これは、日本経済新聞の大きな汚点になるかもと思う、非常に残念だ、

オバマ大統領から電話があったそうな、
米国内では、鳩山民主党の反米度(?)に注目するものらが居て、
しばらく辛抱して鳩山民主の動向を見定めようとのことがあるらしい、

“鳩山論文”が云々されている、
へぇ~、どんなことが書いてあるの??
わたし、知らんですわ、で、読んでみました、
簡単ですよ、鳩山氏のホームページにアクセスしたら読めますわ、コレです、

読んでみたけれど、“米国離れ”だって騒ぐようなことは書かれていないですよ、

米国務次官補は2日、「民主主義の政権移行は難しい。我々は忍耐しなければならない」と語った、と、報道〔読売〕がある、
「日本が自信と主体性を感じることは不可欠だ。米国は支持する」と言ったとある、
“日本が自信と主体性を感じることは不可欠…”
この言葉の裏は、“今までの日本はそうじゃなかった”ってことだよね、
そのとおりでしょうね、シャクだけれど…、
で、日本経済新聞さんは、
“親分の機嫌損ねたらヤバイから、早く尻尾を振りなさい”って言うのだよね、
なんじゃこりゃ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年9月 3日 (木)

毛虫の朝

毛虫に刺されました、庭の梅ノ木に巣食う不埒な毛虫にやられた、
木にキャタツを立てかけて、登って、毛虫を小枝ごと切り落としてやっつける作業をしていた、
と、言うとかっこエエが、
わたし、キャタツに登りはしますが、中途までしかよう上がらん、だって、キャタツが勝手にガタガタ揺れ出して、バランスが崩れる、危なくてしょうがないよ、

無用心だったですわ、素足に半ズボン、素手にTシャツ、

いっぱい毛虫の付いた小枝を庭ハサミで切って下へ投げ落としていた、

と、左腕に激痛が走った、
毛虫だ!!!
やられた!!!!

実は、刺されたのは4日前です、もう傷みはありません、が、痒みが半端じゃないですよ、二箇所やられていて、その部位が赤く腫れている、

わたしがやられて撤退した後、かみさんがキャタツにあがって、徹底的に退治しました、
かみさんは平気でキャタツの最上段にあがります、

梅ノ木は玄関脇にありましてね、気になってしょうがない、
Photo
今朝見ますとね、未だ居たですわ、コレです、
茶色の櫛状に並んでいるのが居るでしょう、
調べました、詳しくはコレ
ガの仲間の、ドクガ科、をクリックです、

チャドクガ(茶毒蛾)の幼虫です、
この種の生物の保身毒は、二回目三回目の方がよく効くのですわ、ダメージが大きいのです、海の毒海月(クラゲ)や、蜂(ハチ)なども同じですよ、
「お前、なんべん刺されたら気が済むのや、コレデモ懲りないカッ!!!」
ってことなのですよね、2度目以降は強烈なアレルギー反応を引き起こすことがあるそうです、

みなさん、わが家の庭はヤバイでっせ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2009年9月 2日 (水)

針の穴から

縫い針の頭に糸を通す穴が開いていますでしょう、小さい穴ですよね、
でも、この針の穴からでも、大空を仰ぎ見ることがデケル!!!
…と、知って、
ハッタ!!と、膝を打ち、悟りを開いた坊さんが居たそうな、
曰く、“針の穴から天覗く”

わたし、小魚釣りと、尺八のことしか知らんですわ、
ここから、世間様を覗き見している、

また、見えました、

今までどうしても鳴らすことが出来んだった1尺9寸管を、わたし、とうとう鳴らせることが出来た、もうほとんど自在に鳴らせますですわ、
なんで、今まで鳴らなかった竹が突然鳴りはじめたのか????
不思議ですなぁ~、不思議で、不思議で、自分でも呆れていますがね、
で、
この不思議な1尺9寸管(「天雷」と名付けた)を下に置いて、
代わりに今まで普通に鳴らしていた1尺8寸管や2尺1寸管を手にとり、
今までの普通の要領で吹きますとね、
アララ?????
鳴らないですわ、鳴りませんです、息が外れてスカスカしてしまう、鳴らない、
で、で、今までの普通の要領をやめて、
1尺9寸管「天雷」を鳴らしたあの息で吹きますとね、
鳴りました!!!

今までとはデンデン異なった音で鳴りました、
以前の音より、このたびの音の方が澄んでいてシャープだ、優れている、
今までの普通の要領、息遣いはナニだったのでしょう???

わたし、急に前が開けたような気がする、針の穴から大空が見えた!!!
1尺9寸管「天雷」がまさに針の穴だった!!
こんなところに、穴があった!!!

この“天雷奏法”により、
吹く際の息こぼれによる雑音がほとんど無くなりました、
息遣いが随分楽になりました、

聴いて欲しいです、2尺1寸一城管を、“天雷奏法”で試し吹きます、
秋の曲です、「赤とんぼ」「夕焼け小焼け」「紅葉」、

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

判官

パソコンの作動が極端に悪くなり、ハードディスクと、メモリーを増設交換したのだった、中央演算装置(CPU)も取り替えたかったが、汎用機ではこれは不可能だった、
が、やはり作動が遅い、気に入らない、重たい、
イライラし、近々我慢しできなくなりそうだ、新機に買い換えたい、
が、お金が…、生活補償金が…

…と、思ったのであろうか、
選挙があった、
自民パソを廃棄し、民主パソに買い換えたのである、
ダレが?
国民がですよ、

今、民主パソコンの立ち上げ中、配線を繋ぎ合わせている最中だ、
ハードが立ち上がったら、後はソフトの整備ですよね、
必要なデーターを、自民パソ→民主パソへ、急げ!急げ!!

鳩山パソの、ハード・ソフトは、今、フル回転中なのでしょうね、
すごいなぁ~、
鳩山氏の顔つき目付きが、変わってきましたね、
気合が入ってきた、明るくなってきた、…ような気がする、

あったりまえのことだが、
暗い方へ、ふぬけの…、あぁ、もう言わないことにしましょう、

いつまでもちますかね、

どうなるのでしょうね、

酒井法子の話がかすみボヤケてきましたね、
天下国家の話の方が、今は、でったいオモロイ、
“判官ヒイキ”って心情ですが…、
日本人はダレでもこの心情はあると思う…、が、あのテレビ写りの顔は、とても判官様には見えんですなぁ~、残念です、

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年9月 1日 (火)

アンバクバクメイソワカ

昨日、神奈川大学院歴史民族資料学研究科から、「渋江公昭家文書目録(三)」が郵送されてきて、これ、カッパ(河童)の研究書でしてね、ブットイ大判(A4)書物ですわ、
神奈川大学人間科学部人間科学科・小馬徹教授を中止とするグループの活動成果です、スッゴイ研究ですよ、
わたし、こんな研究書を送っていただいて恐縮恐縮ですわ、
申し訳なくて…、以下、少しカッパの紹介をしますね、

カッパ(河童)は今も生きていて、在野の河童研究家も多いのですが、
小馬徹(こんまとおる)先生の研究は純学問的な研究でしてね、河童の元祖をとうとう突き止められました、
カッパは水神信仰と深く関わっているのだけれど、そのこととは別にカッパには“夢”の部分がありますよね、情緒的な部分がある、
この情緒部分が人間とカッパの出会いの場だ、この部分が昔から今に至る間、どのような変遷を経てきたか、今の世にどのようなかたちで生きているか、このソフト部分を先生は見逃さない、ここがスゴイ!!!
未だ、古文書の整理が一段落しただけの段階で、研究書はその文書目録で、これから逐一読み解いてゆくとある、

余談ですが、
この目録文書のみだしに先生の挨拶をかねた一文があり、なかに“河童楽(筑紫楽の一部)”の文字がある、
筑紫楽は筝曲・九州流の元祖ですよね、久留米です、
が、少し離れた大分・耶馬溪に雲八幡社ってのがあって、ここで河童楽が今も奉納されているとある、どんな音楽なのでしょうね、
尺八は使われていないようだが、音楽的感覚は古典尺八本曲にも通じるものがあるに違いない、興味がありますなぁ~、

わたし、不勉強で、せっかく送っていただいた研究書ですけれど、充分に読みこなすことがデケン、なさけないですなぁ~、
でも、なんとか少しは読んでみたい、
オモロイですなぁ~、
金縛秘法ってのがある、
解説があって、呪文がある、
アンバクバクメイソワカ (三度)
アンバンバンメイソワカ (三度)
アンキチンキチンカラカラソワカ (三度)
わたし、金縛り秘法を遣いますからね、諸兄ら用心してくださいよ!!!
アンバクバクメイソワカ アンバクバクメイソワカ アンバクバクメイソワカ

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »