« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

帰省

先の阪神淡路大震災の時、三木市の我が家も被害を受けて家が少しネジレ、ふすまの開け閉めなどに不具合が出来ました、床に傾が出て焼肉の鉄板油が片流れするようになった、
で、修復工事したのだが、その際、居間を、他の部屋と合体させ、間仕切りを取っ払ってズドーンのした間仕切りのない大部屋に造り替えました、

室内犬が居ましたのでね、ボイルゾイって名の犬種で超大型犬ですわ、ソレが部屋内をはしゃぎ走るから部屋の間仕切りが邪魔だったのですわ、
花子って名だった、もう亡くなりましたがね、
で、今はシーズー犬のショウタが居る、
やはり部屋内をスリッパなど咥えて走り回る、
遊ぼう遊ぼうと玄関のスリッパ咥えてくるから、スリッパを向こうへ放ってやる、と、彼はダッシュして咥えて戻って来る、で、ソレをまた向こうへ放る、

ワンワンとか、フ~ンとか、なんぞかんぞの声を出しますが、大略ナニを言いたいのか、わたしには分かる、実にシッカリした意思を持って語りかけてきます、

子供が居て、孫があったりすると、この時期は、じいちゃん、ばぁちゃん宅へ帰省して来るじゃないですか、
が、わが家は、だぁ~も居ませんから、だぁ~れも帰省してきませんわ、
アチコチで、孫らが帰省してくる話を聞くにつけ、想いが走って、わたし、なんとなく歴代の飼い犬らのことを思い出しましてね、胸が痛い、
茂介・平介・ガー介・ゲェー介・大地・花子・省太(ショウタ)、
結婚以来わが家にはいつも犬が居ました、どのワンも不思議と同じ目付きになりますね、もちろん気性はワンごとに違いますが、どのワンも目付きは同じだ、どういうわけか息遣いまでも皆わたしに似てくる、…ように思う、

フト、花子のことを思い出した、と、つられて他のワンらもゾロゾロ帰省してきた、
わたしの想いの中に…、どのワンも皆同じ目をしている、
大晦日、今朝も又々早起きしていますが、なんと、歴代のワンらが帰省してきおった、やるせないですなぁ~、
今の飼い犬・ショウタですが、未だかみさんの布団にもぐりこんで寝ていますわ、
朝5時半になったですわ、

| | コメント (0)
|

2009年12月30日 (水)

テロの変質

テロといえば自爆テロ、イスラムのジハード(聖戦)、
アフガンがこの本拠地ってことで、米軍が大規模進駐している、
が、難儀があって、
米軍兵士にイスラム教信者がけっこう居るみたい、
内心、ジハードはすばらしい!!ッて、思っている米軍兵士がいる、
と、その米軍兵士が突如寝返って、心の祖国イスラムに目覚め、自らがジハードする、爆弾テロする、銃を突然乱射する、
これ、米軍が自分で自分の首を絞めている構図、

米国は移民の国ですからね、イスラム圏からの移住者の子弟はけっこう多い、

イスラム圏に進駐の際は、イスラムに関わりある兵士は除外したらええ、
キリスト圏に進駐の際は、イスラム教の兵士を選らべばええ、

兵士を赤組・白組に分ける、
キリスト教兵士と、イスラム教兵士にわけて、模擬戦やらせ戦力向上に努めたらええ、けっこう気合が入ると思う、

ロシア軍ですが、ここも傾向は米軍と同じらしいですね、
さらに、具合が悪い、ロシアは徴兵制ですからネ、なお具合が悪い、上流・中流家庭の子弟らはほぼ完全に徴兵忌避、徴兵されるのは貧しい家庭の子弟らばかり、
と、なんでかしらんがイスラム教の信者兵が増えるらしい、
徴兵された兵士らですけれど、
“15%がほとんど文盲で、25%がアルコール中毒か麻薬中毒、70%が過去に補導、又は犯罪の前科を持ち、30%が栄養や体重不足などで医療措置が必要となる”
って、ここWikiに書いてある、

日本の自衛隊ではどうでしょうね??
どこかに○○傾向があるって書いてあったような気がするが、いまいち判然しないから敢えてここにはふれない、今日の話のテーマには関係ない、

要は、
“宗教的信条による純個人的テロ”が、今後のテロ活動の中心になるかもってこと、
米軍にしても、ロシア軍にしても、その他の国の軍にしても、この潜在的テロ戦士を知らず知らずの間に自軍内でテロ訓練し育成しているってこと、
アフガンなんて、もう問題じゃ無いのでは?ってこと、
テロを組織だって訓練するその訓練地を叩きつぶす、なんてことは、今後のテロ対策の本道からは外れるだろうってこと、

タイムス紙に、上述の意味のようなこと(上は、わたしの脚色がだいぶ入っていますよ)が書かれていた、…と、二郎ちゃんが昨日言うとった、
なんとなく、そうかもと思うから、ことさらな感じもあるがダラダラ書きしてみた、

| | コメント (2)
|

大晦日1日前

明日は大晦日、
自分の1年を振り返りますとね、
愛艇「はまちどり(アルビン28ft)」が故障し、修理困難で廃船処分せざるを得なかったことが大きかった、
この艇は中古艇でわたしは3代目のオーナーでした、
廃船処分にあたり、ゴミとしての処分費用(出費)が必要かもと心配したが、幸いにも未だ残余価値が少し残っていて(50万円)、ゴミ処分の出費は無しで済まし得た、

エンジンは修理すれば未だ使えるだろうとの判定だった、
が、日本国内にはこの種の需要はなく、エンジン部分だけロシアへ輸出するとのことだった、その他の船殻部分などは全くのゴミ判定(既に船体検査期限を越えている)、

初代オーナーはマッサラのピッカピカを買ったのだと思う…あったりまえ!!
その際の初代オーナーの出費は、追加装備費も加算すると1600万円は超えたと思う、
が、わたしはその半額で購入た、随分傷んでいた、
さらにその半値400万円が妥当価格かもと思った、が、あの時は、どうしてもこの型の艇(アルビン28ft)が欲しかった、で、無理買いした、日本列島1周航海をしたかったからなぁ~、

修理をあきらめ廃船処分を決めたのは6月だった、
海から離れて、寂しくて、さびしくて…、
わたし、思い込みがはげしい単細胞だから、こうなるとすぐに体調にも悪影響が出る、
全身に湿疹がでる、腹具合が悪くなる、機嫌はますます悪くなる、
…血圧上昇、生き甲斐喪失…、
辛抱が出来ず、またまた次の中古艇を求めるべく探しまくった、
で、見つかって入手したのが9月末、
これもまたまた3代目オーナーである、24Ftの2サイクル船外機仕様の艇、普通の並仕様の乗用車ほどの値だった、
最近は2サイクル船外機は使わない、これは性能が悪いからなぁ~、今は4サイクル船外機の時代になっています、…4サイクルの新品エンジンが欲しいや、

が、ともかく、艇が入手できて超嬉しい、
入手以来、またまた潮の香の中に身をおくことがでけて体調が戻った、明日は凪ぎかもと思うと体の動きがシャープになるみたい、阿吽の呼吸でわたしの明日への意気込みがかみさんにはわかるみたい、
昨日は、この艇で、沖へ出て、フグ釣りを楽しみました、
デッケェ~のが仰山連れてこれまた超しあわせ!!!


艇のことと、さらに今ひとつは尺八稽古のことである、

二十歳代のころ、いっとき尺八に凝って稽古したことがあったが、その後定年退職に至るまで全く尺八から離れていた、
が、定年退職後は仲間に誘われ、月に数度尺八を手にするようになっていた、
と、定年後の脱力期間が過ぎ、
3年間にフッと思い立つことがあって、虚無僧曲(古典尺八本曲)をマスターしてみようとなり、京都・明暗寺へ入門したのだった、
今年はその3年目、ますます古典尺八本曲への想いが強まって、稽古稽古に明け暮れた1年であった、

竹友に優れた人たちが多い、すべて、この方達のリードによるものだ、
人生真の幸せは尺八1音のなかにあるかのような気持ちで稽古するのである、
また、
艇友にフルート吹きのお方が居られた、この人半端じゃない、このお方から教わったことが実に大きい、
もちろん、毎月お宅へ伺って指導を受ける白龍師匠にはもう感謝感謝、
今、使用している尺八は、師匠が今年作られた尺八である、
竹は、未だ生えてから間もない若い竹だと思う、
“若い竹”、と、師匠の竹名・白龍の1文字「龍」、とを合わせ、尺八の名前を「若龍」とした、

ブログ書きは隠居の冷や水、
もう、止めようかと思ったが、かくはダラダラ書き続ける、
全身から力を抜き、ダラダラ書きに徹する、
ますます、“愚痴・ボヤキ・無責任”を追求することになる、

今日は、大晦日1日前である、

| | コメント (0)
|

2009年12月29日 (火)

マザコン論

“マザコン”って言葉がありますね、
A) 母親離れしない息子だったのでしょうか? 鳩山首相は、
B) 子供離れしない母親だったのでしょうか? おかぁ様のことだけれど、

マザコンって言葉は、いい意味では使わないようですね、
が、しかし、
親孝行な息子は、不幸な息子より優れている、
何歳になっても子供は子供、子供を愛する母親がダメだってことはない、

鳩山首相はマザコンでしょうか?
A型?
B型??

決断力不足が言われていますが、
首相ともなれば普通より高レベルでの決断力が求められるが…、
A型のマザコン症候群かな??

息子の知らない間に、大金をこっそり補充してやっとった、としたら、
息子離れしない母親が見えますね、
B型マザコン???

“親孝行したい時には親は無し、さりとて墓に布団は掛けられず”
わたし、すでに両親は他界し、墓の中ですが、墓に布団かけようなんて、デ~ンデンそんな気持ちにはならんなぁ、

“親の物は子の物、子の物は親の物”
これもオモロイ言葉ですね、
わたしの両親は、なんでもかでも口出しして、わずらわしくてしかたがなかった、
“親の物は親の物、子の物は親の物”って思っていたふしがある、
いや、間違いない、絶対そうだったと思う、
両親は二人とも、幼い頃にそれぞれ両親と死別していましてね、ナニやかや苦労して育ったようだ、
で、息子が結婚し、息子宅が出来て、あたかも自分の里(実家)が出来たような錯覚になってしもうたみたい、
わたし・息子宅へ月に10日はへたり込んでいたですよ、
あったりまえの顔で、それも1銭も出さずに…、
難儀だったですよ、

長期ローン組んで今の戸建ちを造ったけれど、親からの金は1銭も入っとらんのだ、シンドかったなぁ~、

ほんと、鳩山家がうらやましいや!!!

あぁ、マザコンかどうかの判定ですが、ハトポッポのあのある種ドングリ目玉ですが、わが家の愛犬ショウタ(シーズー犬)の目玉に似ていましてね、
ショウタは、これはもう200%完全完璧なマザコンですわ、

今日は凪ぎ日、フグ釣ってきましょうかねぇ、正月用に、

| | コメント (0)
|

2009年12月28日 (月)

タダで聴ける「残月」

おもしろがって聴いてくださる方がおられたら、と、思って、地歌「残月」、

佐々木静枝師のCDバックに、「残月」吹いてアップしたろうと思って頑張った、
が、手持のCDプレイヤーの調子が悪くて変な音しか出ないのですわ、
わたしの尺八の音だって変ですからね、
これじゃ擬似合奏で味噌が腐るかも、
で、尺八だけの素吹き、やはり腐るかな???
22分30秒もの長い曲ですわ、発酵してしまいそう、

容量オーバー、一気にアップはでけんのでね、半分に千切り分けました、

言い訳ですが、
わたしは、一応は、本曲吹きですからね、
地歌は余技ですわ、で、好き勝手に吹きます、
基本は都山譜、気分によってわたし勝手に譜をいじっている、

さぁ~て、
おもしろがる、お方はおられるかな????
ダァ~レ、も、居ませんか、
アッ、ソォー、

聴いたら感動するかもよ、聴かないと損だよ、
聴いてもタダです、料金は不要、
ヒマで、タイクツな人は寄ってらっしゃい!!!!


| | コメント (0)
|

雑想3題

<カナダ・バンクーバー五輪>

フィギュアスケートのカナダ・バンクーバー五輪代表が決まりましたね、
想像もつかない巨大なストレス、
代表らは、この難関に果敢に立ち向かい乗り越えた、

A) オリンピックの代表を目指す、目標はコレだったのでしょうか?
B) オリンピックに出て、優勝を目指す、が、目標なのでしょうか??
C) 今を努力する、の、結果が、オリンピックの代表になった、だったのでしょうか???

本番は来年の2月中下旬、
体調にも、気持ちにも、波がある、波の無い日々は無い、
上述の、A・B・C、
わたしは、Cであってほしい、と願う、


<善玉・悪玉>

藤田まこと、や、水谷豊や、小林念持は、ヒーローに見えますです、
「必殺物」や「はぐれ刑事純情派」などなど、わたし、大好きですわ、
「相棒」これも大好き、
窓辺税務官大活躍のドラマ、大好き、
ひょっとしたら、
世の隠居人らに共通かも、と、思うがどうでしょうね、

でも、この善玉・悪玉を並べ、悪玉をバッサリやっつける筋書きには問題があるように思う、
あまりにも単純すぎる、まるで童話だよな、
高齢社会、
ヅヅイやババァ用の童話が創られ、繰り返し繰り返し再放送されている、
悪玉だと決め付けて殺す、バッサリ殺してスカッとする、

童話の世界、この見方が、現実社会をも差配しはじめている、
ダレを悪玉にしましょうかねぇ~、
つい先頃までは麻生総理が悪玉にされ、さんざ叩かれた、
最近では、鳩山首相が、偽装献金や指導力不足で、悪玉よばわりされつつある、
小沢氏も、出る釘打たれるの見本みたいな、ことになっとる、
単純な日本人達だこと、
あぁ、
贈与税6億円は既に納付し終えたようですね、
お金に印はついていない、そのお金、まわりまわってジャンボ籤の財源になるかもよ、
謝って、払ったのだ、もう許してやりますか、……単細胞な脳味噌だこと、


<デフレとは>

今朝の日経新聞読んでいたら、
カシオ計算機が、アジアなど海外市場専用の女性向け腕時計を、日本市場へも投入するとある、
3万円~4万円の商品らしいですよ、
世の中は、デフレって聞いていたけれど、
へぇ~、こんな高価なのがアジアで売れ筋になっとって、で、日本へ逆上陸だってさ、なんじゃこれ???
わたしさっぱりわからんですわ、
わたし、常用の腕時計が壊れて動かなくなって、
で、先月、近隣のホームセンターで980円で腕時計買ったですわ、
今もなお間違いなく動いていますですよ、
中国製だ、安い!!
きちんと動いている、
デフレってのは、この時計のことかと思っておったのだよ、

| | コメント (0)
|

2009年12月27日 (日)

だまし続けて欲しかった

血液型で人物評価するのは、ある種当たっているようにわたしは思っていますわ、
でも、断じきってしまうことはないなぁ~、
と、同様に、あの人はクリスチャンだからとか、天理信者だとかのことについても、わたし、ある種の偏見をもっていますです、ましてや、宗教もどきの○○会とか△△家トカトカについても、確かにこだわる自分がある、
その人が、どういう環境のなかにあるかは、やはり看過できないですからね、その人となりを知る上で参考にせざるを得ないですわ、
が、しかし、断じてしまうと、これまた大きな過ちを犯すことになる、
断じない、断じない、

ちなみに、わたしですが、
B型ですわ、RHはプラスかマイナスか知らないなぁ~、
宗教心は薄いです、いわゆる日本教なのかも、でも自分では仏教徒だろうと思っている、
ほとんど隠し事はないけど、赤裸々に自分をさらすって性癖もない、けっこう隠していることは多いですよ、

隠すってことだけれど、
年末ジャンボが大当たりしたら、わたし、そのこと隠しおおせるかどうか???
きっとダメだと思う、
ナニセ、すぐに豪華な大型艇(プレジャーボート)を買うことになる…だろうと思う、
自他共に許す貧乏なわたしが、いきなり3億円のボート買ったりしては、もう宝くじ当選のことは隠しようが無いと思う、
でもなぁ~、
毎年年末ジャンボを買う都度、もし当たったら…、と、イロイロ夢を捏ね上げて楽しんでいたのだが、
今年などは、10枚連番を3組も買ってあるが、例年のような“当たった夢”のこねあげ特権(?)は放ったらかしです、
当たるわけもないのに、馬鹿馬鹿しくて、夢なんぞこねあげるのはもうシンドイ、
とか、言いながら10枚連番を3組買ったのだけれど…、

核密約文書が見つかったようですね、
大平外相(当時)が関わったようだ、彼は確かカトリック信者だったですよね、
カトリック教会には懺悔の風習(?)がある、懺悔室で司祭には白状したのでしょうか??

昔のことはもう済んでしまったことだから、どうでもよろしいが、
このままでは、今後もなおこの密約下にあるってことですよね、
今も、この約束は生きている、契約社会ですからね、
で、今後のことですが、
“今後、核持ち込みは断固拒否する”って米国に宣言することになるのかな?
これって“宣戦布告”みたいな印象がありますですよ、

“隠し事”ですけれど、
浮気のことなどは、隠すのが常識ですよ、
隠し続けて欲しかった…
たしか、そんな意味の歌がありましたね、

♪♪ あなただけはと 信じつつ 恋におぼれて しまったの
     こころ変わりか せつなくて つのる想いの しのび泣き
    どうせ私を だますなら だまし続けて 欲しかった
     酔って入る夜は 痛まぬが さめてなおます 胸の傷  ♪♪♪


凪いでいるようなので、短時間、沖へ出てみます、
少し沖を走ってきます、

| | コメント (0)
|

2009年12月26日 (土)

二つ「残月」

既にお二人ともご他界されておられる、
佐々川静枝師、藤井久仁江師、
三弦地歌の世界では超有名なお二人、
このお二人の芸風のことを、わたしごときが云々するのは、とんでもないことだ、
が、そのとんでもないことに敢えてふれてみたい、

…と、大上段に振りかぶってみても、
言わんとするところは、ドチラの方がわたし好みかってレベルの話ですからね、
素人の言うことだから、どうか大目に見逃して欲しい、

わたし、佐々川静枝師の方に魅かれます、
このお方のCD聴いていると、以前わたしが未だ二十歳代だった頃に三弦地歌合奏の手ほどきを受けた山崎美也師のバチさばきを思い出す、
で、佐々川静枝師のCDなら、ごく自然に合わせて尺八吹くことが出来ます、
「残月」をCDにあわせて吹いてみたです、これ後刻アップのつもりです、

同じように、藤井久仁江師のCDを聴きます、
と、どこか違うのです、わたしの気持ちにフイットしない、合わせられない、
テンポですが少し速い、
気合がつまずいて、師の気合に添って行けない、
三弦の棹のすり音(?)が聴こえないって感じ、師の阿吽の呼吸がわたしには読み辛い、

実は、わたし、先日、仲間らが集まって三曲の研究会をしているなかへ突然入り込んで、いきなり「残月」を吹いたのです、
研究会では、各自が好みの糸方CDを持ち込んで、そのCDに合わせて吹くって趣向の会ですわ、
が、わたしは、CDはナ~ンも持っていない、
が、が、
佐々川静枝師の音は、わたし自分のパソコンに入れていて、「残月」はこんなだって思っていて、時に聴いては、30数年前盛んに稽古していた頃を思い出したりして納得していた、
あぁ、わたし、若い頃30数年前、いやもう40年も前になるなぁ~、地歌を稽古したのだったが、そのころはCDなんぞなかった、テープやレコードは少し聴いたりしたが、それらはもう手元に残っておらんのですわ、中途半端な尺八吹きだこと…、

で、仲間らの三曲研究会へ出かけるにつき、前日に、素で、独り尺八「残月」吹いてみて、これだこれだ!!ッて自分なりに合わせ得ると思って、研究会へ出かけたですわ、
仲間のCD借りて、いきなり吹いたデス、
それが藤井久仁江師の三弦替手・藤井泰和師の同本手のCDだった、
馬鹿だネェ~わたしは、身の程知らずにも度がすぎる、ビックリですわ、
気合が取れないです、呼吸が外れます、頭に描いていた三弦音が聴こえなかった、
ポイント・ポイントは判りますです、
で、外れ外れしながら、なんとか吹き終えましたが、ゲタとスリッパ片脚ずつ履いて長道中したような気分でした、長い曲だよ20数分、

衝撃を受けてしまって、どうしようもなくて…、
なんとか佐々川静枝師、藤井久仁江師の、それぞれのCDを得ることが出来ましたから、で、今も、そのお二人のCDを聴き比べています、
随分違います、だいぶ違います、お二人の音楽性は別物のように聴こえます、
わたし、神経がとんがりすぎているのでしょうか???
自分ではボンヤリはしていても、とんがっているなんて自覚はデンデンないのだけれど…、

びっくりしながら聴き比べています、

| | コメント (2)
|

2009年12月25日 (金)

牡蠣と勝負

だいぶ以前のことになるが、かみさんが泊りがけでお出かけして、
わたし、近所のスーパーへ、何か晩酌の肴に買ってこうよと出かけて、
フレッシ・フイッシュのコーナーに行ったら、牡蠣の売れ残りパックが半額値下げの札をつけていたから、コレ幸いと買い込みました、生牡蠣は大の好物ですわ、

で、2パックほど、焼酎呑みながら醤油とお酢掛けてズルズル食いました、
ご機嫌でした、
と、翌日になってダンダン腹の具合が悪くなってきて、上げ下げが始まった、
牡蠣中毒にやられた、
あのときほど苦しい思いをした経験はないなぁ~、水を飲むことすらデケンかった、
あんな思いは、アレ以前にもアレ以後にもありませんわ、

一度牡蠣中毒にやられると、この毒はクセになるそうですね、
それ以来、生牡蠣は食うことがデケンのです、
が、あれからだいぶ年数も経ちましたから、最近は又少しずつ食い始めていますが…、
もう値下げパックは買わないことにしていることもあって、平穏を保っていますわ、

で、で、だんだん欲が出てきて、
このたびは、赤穂の近くの相生の、室津漁港の某業者に殻付き生牡蠣3キロの宅配を依頼しました、キロ8百円+宅配料金、
今年の年越しは思いっくそ、生牡蠣を食ってやろうと思っている、
ひょっとして、正月を牡蠣中毒でノタウッことになったらどうしましょう、

大きな鍋の底に落としフタ敷いて、日本酒を浅く入れて、
牡蠣を殻ごと入れて蓋をします、そして蒸します、
純粋の生牡蠣は、わたしには未だ危険なのですわ、
で、蒸しますが、
牡蠣らは、最初はトルコ風呂気分でエエ気持ちだってよろこぶが、
だんだん熱くなってきて、苦し紛れに蓋を少し開けますから、
頃合を観て取り出して、殻をこじ開けて、週油と柚子を少し掛けて食う、絶品ですぜ、
中毒を完璧に避ける意で蒸しすぎると、身が縮んでしまってオモロナイ、美味くない、
中毒覚悟で限りなく生に近いのを食います、
この危険を合わせ食うってことで、又一段と美味いように思う、

牡蠣は好き嫌いが極端だからダレ・カレに勧めるわけにはいかんのですが…、
独りで、極楽食いするのはもったいないなぁ~、
かみさん?
彼女は、シッカリ蒸し揚げたのしか食わんです、
半生を食うわたしを、フグ食う時とおなじような軽蔑的目付きで見るのだよな、
気にしない、気にしない、

| | コメント (0)
|

隠居の資質

あれほどの大金をオッカァから貰っていながら、まったく知らなかったとは…、
そんなオッサンが日本国の首相になっとる、
大丈夫かいな!!!!

オザーリン(小沢氏の豪腕を揶揄する造語、小沢とスターリンをあわせた)も西松献金問題があるし…、
あの仰々しい600人の訪中団、な、な、なんですかアレは、
ヒットラーと合わせて、オザ―トラとでも言いたくなるよなぁ~、北鮮のキム・ジョンイル氏も真っ青かもよ、

でも、
本業の政治家業の方は、シッカリやっとるような印象が無いこと無い、在りますですよ、
以前の自民政権の、麻生氏や、福田氏や、美しい国の安倍氏よりは、エエような気がする、彼らは、本気で日本の世直しに頑張っているような感じがありますですよ、
対米関係ですけれど、いつまでも敗戦国気分の、イジケた国ではありたくないって思っているみたいだし、これって間違っていないと思う、国の存亡を他国に握られているのはオモロナイ、

政治家の資質ってなんなのでしょうね、
初代総理大臣の伊藤 博文ですが、稀代の女好きだったようですネ、だからといって政治家としての資質はダレも疑わなかった、
6代目首相の松方正義にいたっては子供が24人もいて、明治天皇から子供の数を問われたが、咄嗟には思い出せなかったとwikiにありますわ、彼は国葬になっていますし、私的な財産もすごかったのでしょうね、松方コレクションはその後国立西洋美術館になっていますわ、

政治家の資質がどうであれ、それ論じたって、わたしの隠居生活にあまり関係ないですわ、
論じるなら、隠居の資質であるべきだ、隠居はどうあるべきかってことだよ、
で、考えます、
考えれば考えるほど落ち込みますです、
つまるところは世間様の邪魔にならんこと、存在感をデケルだけ薄くすること、
これが最も好ましい隠居資質、
中曽根元総理のようなヅヅイは最も否定さるべき隠居でしょうね、

あぁ、結局の結論ですが、
政治家の、それも首相の資質なんて、どうでもよろしいのです、
結果、国内の治安が保たれて、他国との間に戦争なんぞのことにならんかったら、とりあえずはソレで充分、
貧乏人のひがみ根性と、マスコミ報道に煽られての洗脳頭とで、アレコレ言いたくなるのだけれど、ほんなもん、ナァ~ンも関係ないですわ、

今日もまた、一日、尺八独り稽古します、わたし、隠居としては表彰状ものかも…、
厭世気分って、隠居に必要な最大の資質かもな…、

| | コメント (0)
|

2009年12月24日 (木)

フグ鍋地歌

いわゆる虚無僧が吹いていたといわれる分野の尺八曲は、“古典尺八本曲”というのだけれど、これって西欧的な“音楽”という感覚からは外れた位置にあります、リズムもメロディも拍子も、音程すらもアレもコレも変ですよ、
メジャーじゃないですなぁ~、

いわば、ごく限られた変人らしかわからん音楽(?)でしょうね、
でも、やっとる者らは、これは音楽じゃないなどと言いながら、けっこう自分は音楽やっとるような気がしていますわ、

こんな尺八ですが、
少し間口を広げて、“三曲(地歌)”って分野がありましてね、
この分野は、本来は三弦(しゃみせん)中心の音楽でしてね、
三弦の次に箏が位置していて、尺八は、この二つの楽器の邪魔にならぬように、お邪魔虫的に控えめに吹かせてもらうのです
三弦・箏・尺八の三つで合奏するから三曲って呼びます、
こういうジャンルの尺八音楽があるってことです、

この“三曲(地歌)”は元々三弦用に作曲された曲です、
これに、後から、箏や尺八で譜付けし、三弦に合わせて箏・尺八は随伴(?)的に控えめ、遠慮気味に演奏するわけだ、でもね、三弦の音楽性に引っぱられて、尺八もけっこう音楽的になってきてはいるのですよ、

が、しかし、ここからが問題なのだが、
幾種類かの異なった尺八譜が尺八流派ごとに各種用意されていますです、
都山流・上田流・琴古流などで、それぞれ異なった地歌譜がある、
わたしは、元々は都山流でした、
が、わたしの感覚からが、都山流の地歌譜はどうもスッキリしないのです、
本来の三弦地歌の趣にそえ得ていないと思う、本来の曲趣からは、邪魔になる嫌味な譜付けだと思う、
で、上田流や琴古流の地歌譜ならどうかだけれど、都山流の地歌譜に比べると本来の三弦曲の曲趣に近い、と、思う、
が、が、しかし、ヤッパ変な感じがあるよ、

で、今、わたしは、都山流・上田流・琴古流のどれにも属していなくて、
外へ飛び出てしまった、
けっきょく一番音楽性の低い“古典尺八本曲(虚無僧)”の世界に入ってしまった、

実は、尺八仲間らに、、都山流・上田流・琴古流の面々が居るわけですよ、
“古典尺八本曲(虚無僧)”の世界ですが、この分野も一様じゃないですよ、そういう古典仲間も居ますですよ、

今日は、午前10時頃から、こういう年金ズズイの、地歌中心の仲間らが三々五々集まって、自分勝手に属する流派の譜を、順番に吹きまくろうってことになっとるわけだよ、
各自、自分好みの三弦音源のCD持参です、
これに合わせて勝手に1人吹きする趣向ですわ、
吹きに吹いて、晩はそのままフグ鍋で忘年会ですわ、

わたしの釣ったフグ?
イヤ、わたしが釣って、わたしがサバイた天然フグは、皆が嫌がって食わんと思う、
今日は、専門料理店のお任せフグ鍋ですわ、

料金がやけに安いですよ、
本物の天然トラフグじゃない、フグはフグでも別の種ですわ、…と、思う、
わたしどの種のフグか見当つきます、
が、強いて皆に説明する必要ないと思う、黙っていましょう、

吹きまくる曲は、三曲(地歌)が中心です、
これ、上に延々お話ししたように、
わたしから言わせば、“まがい物の随伴地歌もどき”ですわ、
そして食うフグも、これまた“まがい物(?)”

わたし、いつも自分で釣った本物フグ食っとるからなぁ~、釣り師の特権だね!!

あぁ、わたし、「残月」を吹こうとおもっとる、自分で一部改ざんした都山譜を使います、
「お前は、地歌が嫌いやったら、なんぞ本曲吹いたらどうや」
って、仲間が言うが、本曲吹いたって、仲間らはそっぽを向いていて聴いてはくれんのだ、馬鹿馬鹿しいから、今日は、古典本曲は吹きませんわ、
CD?
わたしCD持っていない、誰かのCD借りて“モドキ残月”しようと思う、


| | コメント (0)
|

2009年12月23日 (水)

ナニがどうなっているのでしょうね???

普天間基地移設先はやはり沖縄県内でなければならんそうですね、
理由は「(海兵隊)ヘリコプターの航続距離の関係」らしい、

沖縄の海兵隊は日本防衛用ではなく「台湾防衛用」だと論じるブログがある、
沖縄からならヘリコプターで駆けつけられるのだってさ、

納得なっとく、

| | コメント (0)
|

ヅヅイ手当て?そげな悪銭イランわい!!!!

子供手当ての話ですが、

1万3千円:1千5百万=1:1154  
…なんと1154倍の差、
“雲泥の差”ですよね、

多いほうは、鳩山家の話ですよ、
由紀夫氏 ・邦夫氏・姉が居られる、
それぞれに年齢制限も無しの月々1千5百万円、

“雲泥の差”と、つい口をついて出た言葉だが、
空の雲と、地の泥との対比は見事ですね、
似た言葉に、“味噌もクソも一緒”ってのがある、
“月とスッポン”これも同類ではあるが、上品すぎて今は使いたくないや!!!

タバコ税ですが、
麻生氏は喫煙家、鳩山首相は吸わないようですね、
わたし?
吸いませんです、タバコの煙(ケムリ)の代わりに、霞(カスミ)食って生きている、

あぁ、
核機密文書を自宅に隠し持っていた佐藤元首相は確かノーベル平和賞受賞者だったですよ、
あの世で、閻魔さんに舌抜かれていると思うよ、

| | コメント (0)
|

2009年12月22日 (火)

謝る

キリスト教会には「告解室(?)」とかいう小部屋があって、向こう側に神父様がおられる小窓に向かい、アレコレの罪を白状すると、神様は、例外無しに犯した罪を許してくれて、サバサバした気持ちになれるそうですね、…エッ?そう簡単なものじゃないの???
で、で、その小窓の前を離れると、またぞろアレコレ悪さをする???

普通の日本人ですけれど、悪さをしたらジット自分の内に犯した罪の意識を溜め込む、
が、が、しかし、ちょっと突付かれると、これまた潔いですなぁ~、すぐに謝る、
「わたし、悪いことしましたごめんなさい」

折りたたみの長机の前で、「…皆様をお騒がせして申し訳ありませんでした」と言って頭を下げる、
と、いわゆる謝られた皆様方の方は、
あいつは謝ったのだから、もう許してやってよろしいとなる、それで一件落着です、

が、政治家の場合ですけれど、彼らはなかなか謝らない、シブトイ、
「わたしはナ~ンも知らんかった、秘書が勝手にやったようだ」なんて言う、

ところが、ハトポッポは、昨夜どうやら、ガソリン税などの暫定税率について、
「マニフェストに沿えなかったことは率直におわびを申し上げなければならないが…」と、曲がりくねった容ながら謝ったようですね、

謝ったのだから、もう許しましょうか、
どうしましょう???

A) 謝る=罪を認める=罰を甘受する、
B) 謝る=既に自分はその誤りを正した位置に居る=みなさんわたしを信頼しておくれ、
C) 謝る=みなさんも早く間違いに気付いておくれ=一緒に正しい道を進みましょう、
D) …

| | コメント (2)
|

2009年12月21日 (月)

ストラテジー

ブログ冒頭のサブタイトル末尾に“隠居ストラテジー(生き方?)”の一文字を追加した、

ここには思い付きをダラダラ書きするのだ、ゴミみたいな記事ばっかしだよ、
が、このゴミ書きは、わたしの“隠居生活ストラテジー”
書き込み記事はますますダラダラ書きになるよって意味ですよ、

さてそのだらだらですが…、
最近、“子供手当”が、マニフェがらみで話題になっとるが、
ダァ~レも“年金生活者への給付金”のことは言わないですね、
が、しかし、
老人ホームへも入らず、未だしデイサービスの世話にもならず、頑張っている年金生活ヅヅイらに、褒美として、年2回でよろしいから、盆・正月にはボーナス型のガンバリご褒美給付金を出してくれたら、ワシャとても嬉しい、

昔、学童らに、皆勤賞なんてのがありましたが、若い衆らは知らないかな、
あぁそうだ!!自動車免許証にだってゴールド免許があるよ、あれとおなじですわ、

ご褒美給付金に、表彰状を添えればエエ、
「貴殿は、日々健康に留意し、世間の邪魔にならずお過ごしである、よってここにご褒美を差し上げる」
わたし、もらったら即座に使いましょう、経済活性化に役立つかも、

あぁ、馬鹿馬鹿しい!!!

馬鹿馬鹿しいついでに、もうひとこと、
内閣支持率が下がったのは、ハトポッポの優柔不断というか指導力を疑問視するからだそうだが、これって、見方が違うのじゃないか、
ハトポッポは、マニフェ実現を終始掲げていて、
この意味では、頑固すぎるという評価は当たっていても優柔不断とは言えないだろう、
指導力が強すぎるとは言えても弱いと言えないよ、あのオザーリンにも立ち向うのは、今は、もうこの人しか居ないと思うがナァ、
日本中が、洗脳的に米国追従病に侵されていて、その病識欠如の中、この政権交代期を絶好機ととらえて、ある種の治療を加えようと頑張っているのはダレでしょうね???

| | コメント (0)
|

2009年12月19日 (土)

どうしましょう 8

今日はブログ書き込む気はなかったのだが、ひとことだけ、

<どうしましょう 8>

COP15で、ハトポッポ氏は、主導的な役割を果たそうとされたのだと思う、
が、友愛精神は有効だったのでしょうか???
そうでもなさそうですね、思ったようにはいかんかった、

で、帰国して、
オザ-リン(小沢氏)から要望書貰って、またまたオタオタ、
ハトポッポは考える、
“マニフェストを実行したい、これを投げ出したら国民にウソをついたことになる”
だのに、小沢氏は、
マニフェストに反するウソを、オレに強要するのはどういうこっちゃ!!!

“ウソ”って、なんでしょうね、
政治的判断てのは、ウソの代名詞じゃなかったの????

| | コメント (0)
|

2009年12月18日 (金)

どうしましょう 1~7 <普天間を論ず>

今朝は早々と午前1時半起床、
ボンヤリと以下暇つぶし、ダラダラ論でよろしければお目通しください、
  
 ♪♪ツツリ~ハ~♪♪♪
琴古古典尺八本曲「三谷管垣」を「若龍」で真似吹きアップ、

<どうしましょう 1>

日本は戦争放棄を憲法で決めていて、
世界中の国々はそのことを知っとると思うが、
それでも、
今後、日本国を軍事的に侵略しようとする勢力が、在り得るでしょうか?
A) 戦争は在り得ると考える人、
B) もう、戦争は無いだろうと考える人、

A)負けるに決まった戦争はやらないですよ、万が一にでも勝てるかもと思うから戦いを挑む、
“戦争を放棄し、軍隊を持たぬ国”になら戦争しかけても負けることはない、…と、思うだろうか???
また、
B)受身的に考えると、“戦争を放棄し、軍隊を持たぬ国”から軍事的に侵略される恐れは無いから、危険な国じゃない、退治しなくて大丈夫…と、思うだろうか???

だが、実態はエエかげんなんだよなぁ~、
戦争放棄といっても侵略戦争を放棄しているだけで、専守防衛なら良かろうってんで自衛隊がある、これも世界中の国が知っている、
日米安保条約の下で、米軍が日本国内に常駐していること、これも世界中が知っている、
日本は、米国の僕のような国だってこと、世界中がヨ~ク知っている、

このなかで、今、鳩山政権は日米安保の見直しを試みている、

今後の戦争はどんな戦争???
第一次・第二次世界大戦のような戦争でしょうか、
それとも、大規模テロのこと?
それともそれとも、それらとは別種のもの???

ヨーロッパがEU共同体社会を創りつつある、
真似て、
イスラム社会も共同体社会を創りますか???
鳩山首相の旗振りで、アジア共同体社会を創りますか???

EU VS イスラム VS アジア共同体、
生存を掛け戦争しましょうか、

SF戦争みたいなことが、ひょっとしたら生じるかもしれない、
核戦争が生じるかもしれない、

どうしましょう???


<どうしましょう 2>

沖縄の米軍基地が撤収したら、
東シナ海が、ほぼ完全に中国軍の制圧下に入ります、
と、
東シナ海のガス油田は、もう中国(軍)のなすがままですわ、

そうこうする間、
沖縄を含む九州南西諸島の歴史が見直され、本来は中国に併合される方が正しかった、となるかも、

韓国も黙っては居ないでしょうよ、
竹島はもう当然韓国領土になる、
対馬も韓国化され、日韓共同統治になるかも、これは事実上韓国になるってことだよ、
わたし4年前だったが、対馬の最北端比田勝港に20日ばかり滞在したが、韓国人が対馬は自分の国のような感覚で観ていることがショックだった、

日本の専管漁業水域なんて、今でも建前だけですぜ、やがて周辺諸国の勝手気ままになることはもう見え見えですわ、
日本の旅客機は周辺諸国の戦闘機の制空権のなかで、安心して空を飛ぶことがデケルかな?
石油タンカーは日本へ安全に石油を運ぶことがデケルのでしょうか??

北方領土??
宗男さんにでも聞いておくれ、彼、確か衆議院外務委員長だったですよ、

鉄砲撃つだけが戦争じゃない、
鉄砲を撃つ構えの中にこそ静かな生活があるのだってこと、コレ、古今の碩学らの共通した認識ですぜ、
信仰ですら力がなければ広められないです、
神の力は神ご自身に神罰を与える力があってはじめて、その神は尊ばれる、
ホトケの力は仏罰によって担保され、地獄へ落とすぞ!!ッて人々を脅して、で、人々は仏様を拝むのだよ、
神も仏も、賽銭差し出して、拝みに拝んで、お願いしなければ助けてはくれませんです、
南無観世音菩薩って唱えなければ観世音菩薩様は難儀をを観てもそしらぬ顔でっせ、決して率先して助けてやろうなんてお思いにはならん、ましてや米国においておや、

またぞろ北朝鮮が拉致再開しはじめたらどうしますか??
他国の財産・資源をかっぱらうことは、大昔から、国にとっては最大の正義でっせ、
キャップテンクックの時代は、海賊はイギリスの国策だったじゃないですか、イギリスの女王陛下は海賊を奨励しフランスの商船を襲撃略奪させたのだ、
他国民を拉致し、軍隊に使ったり、奴隷に使ったりは大昔から延々とあったことだ、中世ヨーロッパの、イスラム世界:キリスト教世界は、まさにこの略奪・拉致の時代だった、
近代に入って後も、黒人奴隷のアフリカからの大規模拉致があった、これらは犯罪だなんて意識無しに行われていたのだよな、

今の日本だって、
東南アジアからの出稼ぎ人らを安い賃金で使い倒している、
これ、巨視的に観ればある種の拉致ですよ、
日本人より、不当に安い賃金で、他国民を使い倒すのだ、拉致以外の何ものでもないよ、

それはそうとして、
もし、どこかの国が、日本人をみかけ合法的に拉致し始めるかもよ、
北朝鮮が、米軍の後ろ盾の無くなった日本の自衛隊を見くびり、堂々と鉄砲積んだ船でやってきて、本格的に拉致しはじめるかもよ、

どうしましょう???

<どうしましょう 3>

日米安保は50年の節目にきた、
条約締結の50年前の日米の力関係は、今とはだいぶ違った力関係だった、
日本はすっかり敗戦から復活した、で、ここらで、一度見直した方がエエかも、

この見方は正しいと思う、…もし、正しく見直せるなら、

でも大丈夫かな???
せぇ~でもエエ、ことさらな見直し作業じゃあるまいか???

F-22 ラプターは世界最強戦闘機らしい、
日本の航空自衛隊はそのF22を次期主力戦闘機の有力候補として選択してきたが、米側は拒否した、
エッ!!なんでや???
このあたりから、日本の米国離れが顕在化し始めたような気がする…、

アメリカ政府から→日本政府へ、
毎年秋に「年次改革要望書」が示されていたようですね、
歴代の日本政府はその線に沿って日本の政治を動かしていたらしい、
ほんまかいな!!!
で、だんだん政権交代が必要だッて、本気で思い始めた…のかも、

先の太平洋戦争で徹底的にやっつけられて、
マッカーサーがコーンパイプ咥えて日本に進駐してきた、
彼は米国上院で日本人のことを「like a boy of twelve」と言った、
“日本人の精神年齢は12歳の子供のようだ”、って言った、

米国は敗戦確実な日本に、残酷にも、駄目押しに原爆2発をみまったのだった、
戦争だったから許されるのか?
あれはもうルール違反じゃなかったか???兵士じゃなく、一般市民を虐殺したのだゾ!!
日本人は未だにひとことも米国からそのワビの言葉を聴いていない、

日米安保は50年の節目、
どうしましょう、

<どうしましょう 4>

“60年安保騒動”をご記憶だろうか??
岸総理⇔アイゼンハワー、
の間で、日米安全保障条約(安保条約)の改定が行われた、
大規模な反対運動が起こった、全学連が総力を挙げて反安保闘争に取り組んだ、

個人的なことで恐縮だが、
わたし、当時は大学生だった、で、デモに参加したりした、
おもしろそうだから、参加したのだった、
当時、わたしは、条約改定は妥当だと考えていて、デモへの参加は単なる興味本位からだった、
デモ(?)途中抜けだすのが常だった、
当時、国鉄三宮駅側のガード下飲み屋で、サントリー・ハイボールが1杯80円だった、

が、が、今、世間のこのシラケムードは、なんなのだろう???
ケセラセラが過ぎるのではないか、

日本の病根は、政府官僚だけか???

日本を論じる哲学が欠けている、

どうしましょう、

<どうしましょう 5>

マハトマ・ガンジーの非暴力主義が、ネジレ誤解されている、
無抵抗主義=憲法9条
これ、とんでもない間違い!!!

バカも休み休み言うてもらいたい、
ガンジーほど、権力に徹底不服従抵抗したオッサンはおらんのだ、
彼は聖人なんかじゃない、徹底した凡人でもあった人だ、ある種色狂い的なお人でもあったようだよ、
ダレかさんのように、友愛精神で話し合えばダレとでも、どの国とでも、理解し合える、なんて、彼・ガンジーは1度だって思ったこと無いのじゃないか、

国内でならまだしも、他の国へ出かけてまでも、友愛・友愛だなんて言わない方がよろしいのじゃないか、ゲイと間違われるぞ!!!

が、しかし、
この時期、徹底(?)して国政改革に取り組もうとの首相の姿勢(?)は評価すべきだ、頑張って欲しいです、
が、が、彼に頼っていて、すがっていて、大丈夫かな???

どうしましょう、

<どうしましょう 6>

平和とは、戦争の小休止、戦争と戦争の間の閑散期、の意、
次の戦争を起す原因が醸成されつつある不平不満の鬱積・成長の期間、
が、戦争休止期間は、なるべく長期間保ちたい、戦争はやはり無い方が好ましい、
さて、どうするか、

祈るか、
祈るだけではダメだろう、
戦争の多くは、根っこに甲神様と乙神様の争いがある、丙神・丁神…、
特に、甲(キリスト)乙(マホメット)神様の場合には、ナンボ祈ったってダメだわさ、
甲神も乙神も、アッチの神をやっつけろ!!って言うに決まっとる、
甲・乙の神々はとても嫉妬深く、自分以外の神の存在は許さないおっそろしい性根の神様ですぜ、

祈るに代えてなんとしょ??
脅す、これが最良手段、
俺のメンツをつぶしたら、俺は黙ってはいないぞ!!!
と、こういう大親分が居て、現に大親分がメンツをつぶした者をシゴキに掛ける、
で、一応の見かけ平和が保たれる、
米軍は、
まさにそのような大親分的位置にある、
米軍が居て、結果的に、現在の平和(?)がある、
残念ながら今の日本の親分はアメリカだ、
そして今の世界の平和は、アメリカの突出した軍事力があってのこと、しゃくだけれど…、

米国は太平洋戦争の戦勝国、日本国内の米軍駐留は占領の延長、
平和は、不平不満の鬱積に耐えること、
日本国内に米軍が大きな顔で駐留するが、ひたすら我慢我慢、これが平和ってこと、
あぁ~シャクだ、残念だ!!!
米軍の大規模な日本国内駐留は、見かけ平和維持の必要悪、…ケッタクソわるいけれど、

鳩山首相は、昨日の新聞報道によると、持論の「常時駐留なき日米安保構想」を、
『今は、封印しなければならない』
と、記者団に語ったそうですね、
“持論は変えないが今は封印”
宙ぶらりんな感じがあるなぁ~、なんかヤバイよなぁ~、
彼は首相の器じゃないのかも、

この記事掲載紙面の下隅に、
小沢氏が、Ⅰ昨日16日、お忍びで新潟の田中角栄氏の墓参りをした記事がある、16日は田中角栄氏の17回忌にあたるらしい、

その小沢氏が、同日、全国から党本部に寄せられた陳情に基づき、政府に要望書を提出したと、これは朝刊1面(日経)の大見出し記事、

やはり本当の首相は…、
どうしましょうかねぇ~、

<どうしましょう 7>

社民党は米軍駐留を追い出したいのでしょうね、
社民党は、戦争放棄を徹底したい立場だ、自衛隊も縮小したい、出来ることなら無くしたい、

国民新党も米軍駐留を追い出したい、
が、その米軍の穴埋めは自衛隊の強化で補いたい、
(郵政民営化反対目的で結成された党)

駐留米軍を国外へ移転させたいのは社民党も国民新党も両者共通だが、
その後は180度逆じゃないかな、考え方はまるで正反対だと思いますよ、

で、民主党はどうしたいのだろう、
鳩山首相の持論は常時駐留無き安保だったですよね、エエとこ取りしたい、
ってことは、それなりに自衛隊を強化する必要がある、

ところで、自民党はどうか、
日米安保堅持の考えだ、アメリカから毎年秋に「年次改革要望書」を頂戴し、コレの実現に邁進する立場、

今後、世界はどのような展開になるのでしょうね、
日本国内の米軍駐留は、米国防衛の前線基地の意味が最大の意味だってのはダレだって承知だ、だから60年安保騒動の際、米軍の動きに日本が巻き込まれ、戦争に引きずり込まれるかもと騒いだのだった、

“幽霊の正体見たり枯れ尾花”
近隣他国から見ると米軍駐留はどのようにみえるのでしょうね、本気で日本を護っていると観ているのかな??
日本人の我々は自分達を護っていてくれている、と、思っている、思おうとしている、
が、日本国内の駐留米軍は、その実“枯れ尾花”じゃないか???
こんなのは、もう追い出して、周辺諸国との緊張感の中に身をさらし、憲法を改正し自衛隊を正規の日本国の国防軍として育て、一定の戦力を保持すべき…だって、思いたくなってきている、もう思いやり予算は出すの止めたい、と、思いはじめている、

それにしても、鳩山首相の国防意識はどうなっているのだろう、
政権交代後のこの新政権を我々国民はどう評価すべきなのか、
わたし、いまいちようわからんが、どうしましょう、


<最後に>
かつての太平洋戦争ですけれど、戦争勃発の動機はイロイロあって特定できないが、少なくとも直接のきっかけは、米国主導による日本封じ込めの“ABCD包囲陣(徹底した日本への経済制裁、日本は孤立)”が敷かれたことだった、
そして、先端を開く第1撃(真珠湾攻撃)を日本に故意(?)に撃たせて、米国は見かけ受身からのやむを得ぬ戦争を演出したのだった、今や、このシナリオは周知の事実だ、
今の、北朝鮮の立場が、なんとなく往時のわが国に似ている、
次なる真珠湾はどこだろう???
まさか…、


| | コメント (0)
|

2009年12月17日 (木)

「三谷管垣」

琴古流・古典本曲の研究をしたい、
とりあえず真似吹きから、
が、しかし、クサビ吹きのクセが出ますです、
わたしは、京都明暗寺対山派の末徒だからしょうがないよなぁ~、
以下は、山口五郎氏の、わたしなりの真似吹き、
<音源削除・最新は次の記事中>
江夏白龍師匠の手づくり地無し1尺8寸を使用、

青木鈴慕師がお一人で八寸管と二尺管で多重録音された音源を聴く機会が得られました、
聴いて感動し、身体の芯がシビレ震えるのを感じます、
しばらくこの鈴慕師音源をわたしの体中に取り込む工夫をしてみます、
だいぶ元気が出てきたぞ!!!
バイオリズム低下などとは言ってられなくなってきた、

| | コメント (0)
|

2009年12月16日 (水)

もうしばらく休むつもりですが、

<音源削除・「三谷管垣」を勉強(?)していますが、勉強が進み新たなアップが出来次第、以前のアップ分は削除しております、未熟すぎるのを残してはみっともなさすぎるので>


琴古流・古典本曲「三谷管垣」のつもりです、
ダレからも教わっていません、譜面見て勝手に吹いてみただけ、でも結構おもろい、
琴古流のお方でどなたか、本曲全曲アップしてもらえませんかねぇ~、
聴いて真似吹きしたいが、ドコにも音源アップのサイトが無い、
貧乏だからCDは買いたくない、

わたし、お粗末ながら、ここに京都対山譜32曲アップしていて、常に稽古重ねて上書きしなおしている、
どうせ完全には吹けないですよ、稽古過程こそが曲そのものなんじゃないでしょうかネェ~、

あぁ、
本来の、記事書き込みですが、いまいち気が乗らないのですよ、
バイオリズムの低下ですわ、
上向いたら、又、ボヤキ、愚痴ろうかと思う、

| | コメント (2)
|

2009年12月14日 (月)

ちょっと休憩

しばらくの間、記事掲載を休みます、

一朝軒所傳・「サシ」…のつもりです、江夏白龍師手作りの地無し管「若龍」で吹いています、

…音源削除・未熟な勝手吹きをいつまでもアップするのは、曲のボウトクになるような気がしますので…

| | コメント (0)
|

2009年12月13日 (日)

またまた思い出している、

苫小牧東港の沖防波堤に魚釣りに出ていた自衛隊の方々が、渡船に使った15FTほどのチッチャナ艇に7名も乗って転覆し、死者が出ましたね、
事故の起きた12月11日午前10時過ぎは、凪ですよ、風も弱かった、が、転覆した、
小さな艇に仰山乗りすぎですわ、せいぜい3名まででしょうよ、が、7名も乗ったみたい、
そら転覆しますですわ、

ナニを釣りに出ていたのでしょうね、クロガシラじゃないか、カレイ釣りでしょうよ、このカレイは北海道ならどこでも仰山釣れますわ、わたし、オホーツク海に面したサロマ湖やその沖で嫌というほど釣ったことがある、寒海性カレイです、

あぁ、わたし列島周行の際、苫小牧には立ち寄ってエンジンオイルの交換をしようとしたが、苫小牧のマリーナがこの日は休日だったので、襟裳岬回って東静内までは行ったけれど、この東静内から一気に恵山岬(津軽海峡の北海道側東端を目指したのだった、
で、内浦湾や、陸奥湾へは入らなかった、今となってはこれが残念、

列島周航と言っても、概ね陸地を視野に入れて沿岸沿いに走ったのだったが(3マイル~7マイル沖を走った)、内浦湾の遥か東沖を東静内~恵山岬は、およそ70マイルあるよ、
途中、艇に装備の無線は通じなくなるし、もちろん携帯電話も圏外ですわ、

列島周航では、陸地から遥か沖合いを一気に走る長距離航行箇所が何箇所かありました、
若狭湾沖を突っ切ったとき、能登半島沖の舳倉島(へくらじま)~佐渡島、津軽海峡西側を奥尻島へと走った時などですわ、その中でも東静内~恵山岬は長距離だった、
途中大型延縄漁船が幾隻も操業していたのに出会った、キンメ漁じゃなかったかな、こういう海域は難儀ですよ、油断していると、海面を漂う漁具をペラに巻き込む危険性がある、

あぁ、また日本列島をグルグル大回りしたいですなぁ~、もう今の艇では無理だけれど、

| | コメント (0)
|

ネズミ1匹

年間110万円以上、タダで貰うと贈与税がかかるそうですね、
“タダで貰う”って言い方は変だけれど、他に適当な言い方がわからんよ、
110万円÷12ケ月=9.166666…万円 割り切れません、

月々9万2千円以上を、親から小遣にもらっていたら税金払わないと脱税になる、偽装献金で逮捕されるかもよ、

が、しかし、
 夫婦や親子兄弟姉妹など扶養義務者間で生活費や教育費に充てた金は関係ない、
 他にも贈与税の対象にならん場合はいろいろある、
 宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に使われることが確実なものも関係ないなど…、
あれっ!!政治家の活動って公益目的でしたか??

裕福な家庭に育って金銭感覚がルーズになっていた、ってなことを首相はテレビ前で話していたですよね、

結局、元公設第1秘書を政治資金規正法の虚偽記載で起訴する方針だとか、
トカゲの尻尾が見えました、

コレ以後は、贈与税対象額を幾らと認定するか、贈与税を払うのかどうか…、
エエ方法がありますよ、
おっかぁ~から返済期限100年、限りなくゼロに近い利子で、必要額を借り出せばよろしいです、借用書1枚書けば済む、

こういうのを、“泰山鳴動してネズミ1匹”って言います、
意味?
前触れや騒ぎばかりが大きく、結果はささいでつまらんことだったってこと、
原典は古代ローマの詩だそうな、
「山々が陣痛を起し、生まれてきたのは、小ネズミ1匹だった」

裕福な家庭に生まれたかったなぁ~、今頃、反省したってどうにもならんけれど、
ただね、安心ですわ、
わたし、子供も居ないし、贈与すべき財産は尺八数本以外ナァ~ンも持っておらん、

| | コメント (0)
|

2009年12月12日 (土)

デフレ対応生活

日本社会はデフレ・スパイラルのなかにあって困った困ったとなっていますよね、
で、思うのですが、
究極のデフレ対応ってのは、魚釣りじゃないかと思う、
それと、畑に種(タネ)撒いて野菜作ったりすることじゃないか、

お金はほとんど使わずに、自分のふだんの労働で食い物を得る、
究極のデフレ対応生活はこれだと思いますよ、

わたしはたくさんタチウオ釣ってくるじゃないですか(餌は生イワシ・パック198円)、
と、わが家の夫婦二人用の家庭用冷蔵庫には収納しきれんから、かみさんはタチウオを、付き合いの在るご近所へおすそ分けする、
三木の山里ですのでね、周辺には畑が多いですわ、
タチウオをおすそ分けした先から畑の産物があれこれ届きます、クリや柿やタケノコや芋やそして米や…、
海と山との物々交換です、

以前は、築地や各地の中央卸売市場に、農協や漁協から魚や野菜などを持ち込んで、専門仲買業者らが競って、競り落とされたアレコレがぐるぐる回ってやっと消費者へ届いた、
が、最近では、できるだけ仲買業者などの中間を省き、
生産者→スーパー→消費者
と、産地直結に近い流れですよね、
これって、極論すれば、だんだん消費生活が物々交換的になってきたってことじゃないか、
最近「道の駅」ってのがあるじゃないですか、幹線道路沿いに在って、周辺農家の方々が自主的に自分の畑の産物を並べている、採れ採れですわ、なんとなく安いような気がする、

デフレは恐ろしくないと思いますよ、
わが家なんぞは年金生活ですから、お金はほんの少ししかありません、ケチケチの物々交換生活ですわ、電気代がもったいないから暗くなったら電灯点すのもったいない、で、すぐ寝てしまいますわ、と、いいながら未だ真っ暗な真夜中にもう目覚めてしまって、今はたまたま(毎日毎日早起き)、早くから電気点してパソコン触っているけれど…、

でも、観念的には、物々交換的というか贈与関係のなかで、人情濃く生活したらデフレなんぞは怖くないような気がする、

大型公共工事を赤字国債発行してドンドンやれ!!!
インフレ起せ!!!
って論があるじゃないですか、これってメチャクチャですよ、
そんなことせず、年金生活者へ給付金配ったらエエのや、わたし、もらったらすぐ使いますからね、実に即効性にすぐれている、アレもコレも欲しいから、何度でも給付金もらってもかまいません、
でもなぁ~、この場合、わたしは給付金貰うだけで、ナニを物々交換に差し上げましょうか、市役所へタチウオや小魚持って行くしかないが、この物納、受け取ってくれかどうか…、

| | コメント (0)
|

2009年12月11日 (金)

「若龍」管

楽器の性能のことを考えています、わたしの場合は尺八ですがね、

今わたしは師匠手作りの尺八を常用しています、
コレ、今年の2月に、師匠が自分で竹薮から採ってきて尺八に仕上げたものでしてね、できたてのホヤホヤです、
タケノコからほんの数年の未成年竹だと思う、竹質が柔らかい、
尺八に仕上げる竹は数年かけて自然乾燥させたものを使うと聞いている、が、この竹はほとんどデンデンその乾燥過程を踏んでいない、

師匠が尺八造りの稽古に試し造ってみたのだね、
師匠は、一応仕上げたこの後も、あちこちを試しに削って削って、削りつぶすつもりであったようだ、研究材料だったわけだ、
と、知って、わたし、師匠が削りつぶす前にもらってきたのだった、

使ってみて、正直なところ不満があります、
で、少し、触りました、わたしの吹きクセにあわせて…、
毎日毎日、何時間も何時間も吹いていますのでね、ダンダン慣れてきた、

慣れってのは恐ろしいですよね、知らぬ間に、楽器の性能に合わせている自分が居る、
優れた楽器なら、稽古するほどに楽器が力を与えてくれる、楽器がひっ張り上げてくれる、
が、逆の場合、悪い楽器に馴染むと、これが大変なことになる、

わたし、師匠の吹く竹音に惚れて弟子入りしました、
その師匠が手作りした竹を頂戴し、その竹で稽古するのだから、これ以上の稽古はないと思う、
が、しかし、この竹はあまりにも若すぎるのやおまへんか????
こんな竹に馴染んでしまってエエのかいな????

で、
今まで使っていた、竹隠銘の地無し管「美仙」や、虚霧洞(先代)地無し管「錆落し」や、小林一城管と、吹き比べてみます、この比較作業を四六時中やっている、
と、
やはり音質的には、これらの先輩竹の方が数段優っている、…ように思われる、
が、が、しかし…、ダンダンわかってきたのは、
先輩竹らは頑固だってこと、彼らは彼らなりの主義主張があって、わたしは彼らに合わせて吹かせていただくって感じになっとるよ、
師匠竹にはこの頑固さがデンデン無いのだよなぁ~、
わたしが彼を調教するような感じですだ、
わたし、今、必死になってこの竹(「若龍」と命名)を調教中でしてね、1昨日アップの演歌の滅茶滅茶吹きも、その調教過程の中でのことですわ、あれは「若龍」で吹いとるのですわ、

実は昨日は、童謡唱歌を、“虚霧洞(先代)地無し管「錆落し」”で、1昨日のような滅茶吹きしてみたのだけれど、
録音し、再生し、聴き比べてみたのですけれど…、
ヘコミましたねぇ~、
まるで別人が吹いているような感じです、
わたしの吹奏力に、別の力が加わっている、
コレ、竹の持つ力でしょうね、楽器は生きています、「錆落し」はオレの音を思い知ったか!!って言っている、
虚霧洞(先代)地無し管「錆落し」は確かに優れた名管です、わたし思い知りました、
そして、さらにさらに、
いま1本、わたしの宝物は“竹隠銘の地無し管「美仙」”です、
この竹は実に典雅な音がしますですよ、上品で清く雅びた音味だ、もう何十年も使い込んでいますしね、確かめるまでもないですわ、

が、わたしは、今は、師匠から頂戴した竹「若龍」といっしょに、尺八人生やってみようと持っとります、
師匠の前で、この「若龍」で師匠と吹き合わせると、実にすんなり違和感無しに馴染むのですよね、不思議ですわ…、
これが、「錆落し」や「美仙」ではどうもうまくいかんのですわ、

明暗流では尺八は法器として扱います、法器としてあがめ大切にする、
わたし、白状しますが、そんなに信心深くないですから法器などとは大仰だナァ~と思う、
が、しかし、楽器は単なる道具じゃない、このことは心底そう思います、
竹友ろめい氏は、毎晩愛用の尺八を抱いて寝るそうな、わたし、氏の気持ちヨ~クわかります、

今日は、またまた、「若龍」調教をしようと思っとります、

追記・
8時半過ぎから、またプカプカ・ピーピー吹いていますが、どうも調子が出ません、
絶不調です、録音して聴きなおしたら、ナンジャコレ!!!
今日はもう吹きません、無茶苦茶になりそう、こんな日は静かに休んだ方がええのだ、
追記・2
思いなおして、また吹いている、
少し無理吹きです、こんな感じ、「若龍」管で「朧月夜・花かげ」


| | コメント (0)
|

2009年12月10日 (木)

朝三暮四

“朝三暮四”というコトワザがあって、
サル(猿)に、ドングリの実を朝に三つ、暮れに四つよろうと言ったら、猿が怒ったので、朝に四つ暮れに三つにすると言ったら喜んだてぇ~話、

今はデフレで、物価下落が続いていて、なんでもかでも値下がりで安く買えて嬉しいじゃありませんか、
が、しかし、月給までもが下落し、ボーナスが出ないなんて…、
でもなぁ~、やっぱ、物が安く買えるってのは嬉しいですよネェ~、
わたしはお猿さんの気持ちわかります、“朝三暮四”大賛成!!!

野球選手の契約更改ですけれど、
今年活躍した選手は来期の契約金が大幅アップだ、
が、期待が予想外だった選手は減額ですだ、
ここでの考え方は、後払いの考え方ですよね、

だって、実績に応じて、契約金があとから追いかけて決まる、
この選手は、来期はキット大活躍するだろうから、今年の実績はアカンかったが、契約金アップで更改してやろうってのは聞かないように思う、
新人選手は期待を買うから先払いかな??
いいや、アマチュア時代の実績に値を付けたのだ、やはり後払い方式でしょうよ、

国の予算ですけれど、本当は、先払いの考え方も必要なのですよね、
後払いの考え方バッカだと、スーパーコンピューター開発なんぞはでけんですよ、
教育行政に金を使うなんぞはただもったいなく思えるだけでしょうよ、
デフレからの脱却なんてのは、これまた後払い方式ではダメかもネ、

可能性を大切に思うこと、1番可能性が高いのはナニ???
実は、魚釣りの要諦を頭に描きながら話していますがね、

“釣れ盛っている魚を釣る”
コレが釣り師に最も必要な心がけですわ、
この心がけがシッカリしていたら、
→次に釣れ盛るであろう魚はナニかが自ずとわかります、
→で、結果的に時期に遅れるってことはなくなる、
要するに、
海にべったり張り付いていて、いつも海を見ていて、四六時中沖へ出ていて…、
と、こういう普段の緊張感の維持が釣り師には求められる、ここから大漁が生まれる、

“釣れ盛っている魚を釣る”ですけれど、
“朝三暮四”と同じじゃないかな、
朝に四つドングリを食う、この心意気じゃないかと思う、
朝に三つ暮れに四つ、も、朝に四つ暮れに三つ、も、合計は同じ七つだよ、
が、しかし、ナニかが違う、
叶うことから先に取り組む、わたし、かなうことなら朝に七つの方がさらに優れていると思う、
朝に七つドングリ食って頑張ったら、暮れにはもう食うドングリが無い、
無いはずなのに、どこからかドングリの差し入れがあるかもわからんじゃないですか、
どうせ先のことはわからんのだ、まんず現にあるものは先に食ってまった方がエエ、

先が短くなってきますとね、隠居はイライラするのだわさ、

わたし、ナニを話しているのだろう???
フグ毒が回ってきたかな、昨日はテッサで焼酎したからなぁ~、

| | コメント (0)
|

2009年12月 9日 (水)

きっと生きている、…と、思う、

あぁ、波平ヅヅイは未だ生きていますですよ、
毒食わばフグ(河豚)、
シブトイですなぁ~、

昨日のフグ釣りへは、妹のダンナ氏とふたりで出たのでした、
加古川の西約1マイルに天川って名の、清らかな川が流れていて…、
ウソですよ、リャンメン張り(両岸がコンクリート)のドブモドキの川ですだ、
(天川河口から1マイルほどさかのぼった所に播磨マリーナがある)

で、そのマリーナから、
スローで天川を下って河口に出て、水深が海らしくなってきたあたりに来ると、
カタ口イワシの集団と思える漁影がウワ~と出ます、魚探画面にですがね、
で、その周辺を魚探でさぐりますとね、タチウオのニコニコ顔が画面に映り出る、

本物のカタナ(刀)みたいなので太刀魚っていうのだけれど、彼らは海中に水平にジャなく垂直に立っていますですわ、正確には斜めに立ち泳ぎしている、で、立ち魚(?)って説もありますわ、

ハリに掛かりますとね、その斜め泳ぎ態勢から一気に突き上げるような感じで水面へ向かって突進したりする、と、勢い余って空中へ飛び出すことがある、
器用にバック泳ぎしたりもしますよ、身体全体をくねらせて、バック泳ぎする、
マグロやブリがバック泳ぎしますか?しませんよねぇ~、体型の似ているアナゴやハモはどうだろう??

とにかく、妹のダンナとふたりで、朝の未だ充分に明けやらぬ海でタチウオ釣りしたってこと、随分大きなのが15本ほど釣れた、
で、この後、鹿ノ瀬へ走り、フグ釣りした、
ふたりで25尾釣った、

釣ったフグは、艇内でわたしがデンブ捌きます、1尾約30秒で丸裸に仕上げてしまう、
オッソロしく速いでしょう、危険部位はサッサと切り捨てるのですわ、だから速い、

昨晩は、わたしタチウオの塩焼き食べました、フグは食っていない、だから今朝も生きていますです、
ダンナ氏は、その後、妹からわたしのかみさんへ掛かってきた電話では、テッサに造って飼い猫のタラとふたり(?)、ニタニタしながら食ったということだった、
今朝のダンナ氏?
あぁ、キット未だ生きていると思いますよ、

| | コメント (0)
|

2009年12月 8日 (火)

ナゴヤフグ

ふぐ食わぬ奴にはみせな 富士の山  一茶
あら何ともなや昨日は過ぎて河豚汁  芭蕉

今日はこれから瀬戸内海・播磨灘の鹿ノ瀬へ、フグ釣りに参ります、
ナゴヤフグ(正式名・ショウサイフグ)釣りです、
このフグは毒性が極めて強く、“尾張名古屋”の尾張を→命の終(オワリ)とシャレ読みし、ひねって、通称をナゴヤフグという、

釣ったら、自分で捌き、テッサ・テッチリで焼酎の肴に食ってしまう、
明日、ブログアップがなければ、あるいはってこと、

尺八をフグに聴かせん瀬戸の海  波平

| | コメント (2)
|

2009年12月 7日 (月)

演歌など外曲遊び

午前中は真面目に古典本曲の稽古をしていましたが、午後からは、気が他へそれてしまって、しかたなく演歌など吹き散らして遊んだ、コレだけ、一気吹きです、
恥ずかしいから、明日中には全曲削除いたしますがね、
ある種、無茶苦茶吹きですわ、
あぁ、「ウソ」は尺八では出しにくい高音があって難儀でした、
かなしい酒
なみだ川
ふたり酒
ラバウル小唄
ラブイズオーバー
亜麻色の髪の乙女
影法師

他人舟
津軽海峡冬景色
珍島物語
氷雨
風雪流れ旅
別れの予感
北の宿
霧にむせぶ夜
矢切の渡
舟唄
昔の名前で出ています
夢追い酒
ウソ

12月13日(月)、上のアップ曲の音源削除いたしました、お耳を汚しまして申し訳ない、

| | コメント (0)
|

隠居症候群

天気図変化を観てフグ釣りに出る日を選んでいる、
7日(今日)はやめて明日(8日)にしましたが正解ですわ、
今(7日午前5時現在)フグ海域には西北から5メートルの風が吹いている、
フグ海域は水深が浅く潮行きが激しい、今日この時刻、潮は北東→南西へ、風は西北西からで、潮と風がぶつかる構造だ、キット尖った波があるでしょうよ、
明日なら、マンズべた凪ぎですだ、

朝5時、飼い犬ショウタも起き出してきたから、二人(?)で外へオシッコ散歩してきました、電信柱巡りですわ、オシッコはショウタだけだよ、
夜空、朝5時の空は未だお星様の世界、ほぼ半分になったお月様がおられた、
メガネを外すと、お月様が太って二つになる、お星様らはお隠れになる、

今朝の新聞読んでの感想ですが、
岡田外相はお痩せになりましたねぇ~、紙面には顔写真だけですが、TVでは歴然です、
他の閣僚らも、大臣就任以来太ったお方は居ないのじゃないか、みなさん一生懸命、岡田外相は必死の形相になってきた、
あぁ~ブットイ顔になってきた人がある、亀井氏と、福島氏、
お二人は別の意味で一生懸命みたい、窮鼠猫を噛むの気合かな、ケッタクソが見える、
それにしても、
亀井氏の、あの人を小バカにした物言いはなんとかならんでしょうか、
自分は賢いと思っている人はあぁ言われてもなんともないと思うけれど、
自分はバカだって思っている人は、ことさらにお前はバカだって念押しされてひどく落ち込みます、ズドーンと応えます、

ゴルフの石川選手、すごいですね、
比較してよいかどうか判然しないけれど、フィギュアスケートの浅田真央さんの不調が、背中合わせにあるような気がする、真央ちゃん復活してほしいです、
あぁ、 安藤美姫さんはその復活を果した人ですよね、すごい力ですね、スゴイとしか言葉がない、
とは言いじょう、
いますこし落ち着いて新聞を読みますと、あれもこれも他所事(よそごと)ばっかしで、空虚な感じがしますです、

隠居症候群に罹患中、

| | コメント (0)
|

2009年12月 6日 (日)

夢を語りましょう

年末のこの時期になると、決まってある夢を見ますがね、
宝くじが当たった夢、

いつの頃からか、当たった際の使い道に“貯金して…”の、選択肢がなくなったですわ、
今年も当たった3億円は気前よく使ってしまおうと思います、…夢の中の想いですよ、

3億円で足らなければ、もう1組10枚連番のクジ券買って、3億円×2=6億円、とすればマンズこれで大丈夫です、
で、今年は、連番10枚組を2組買ってあります、

わたし来年は古希を迎えますが、夢も歳取るにつれだんだん単純になってきた、
<A案>
豪華客船によるロング・クルーズを楽しみたい、
豪華客船の豪華船室を終の棲家にして人生を終えるってのは最高だと思う、
<B案>
コレ(A)が果せないなら、大型ボートを購入し、クルー数名を雇って、艇内で美味しい酒やご馳走食いながら南太平洋辺りをうろつきたい、あぁ、もうヅヅイだから色気の方はめんどくさい、
<C案>
はたまたコレ(B)が果せないなら、30数フィート程度のプレジャーボート買って、自分で操船し日本列島をグルグル周って波に余生を浮かべたい、

C案で我慢するのが妥当でしょうね、3~6億円程度ならこのレベルでしょう、
なら、
まず、1億円で、35FT程度の新品ボートを買って、アレコレ装備を完璧にする、
艇も35Ft以上にもなると、自分ひとりでの操船は難儀だから艇の大きさはコレくらいで充分です、
で、目下、パソコンを屈指して候補艇を物色中です、この艇にしようかと思う、
スターンドライブ2機掛け仕様にしましょう、ペラに浮遊ロープや廃網が絡んだりした時、その除去に船底へ潜るのはもうシンドイ、

あぁ、C案が果せないなら、D案があるよ、
上等の釣り竿と上等のリールが欲しい、
この希望はなんとか果したい、あぁ、尺八は今持っているのだけで充分です、
が、
D案がダメなら、釣り竿はあきらめて、リールだけでもなんとか手に入れたい、コレE案、
タチウオ釣る際にも軽々取り込めるような力の強いリールがほしいです、
実は既にそういうタックルを1組持っているのだが、ダレかをお誘いして沖へ出た際、その1組だけしか無いのでは楽しくないからなァ~、
リール購入だけなら10万円以下で間に合う、
ジャンボクジに当たらなくても、1枚2百円のコスリクジで間に合います、当たれば50~100万円、
不思議でかなわんのは、
あのコスリクジですけれど、コスッタラ、すぐにその場でアタリか、スカかがすぐに分かるのだよね、
クジ券に厚めの塗料を塗布した箇所があって、そこを擦って塗料を剥がすと、下に印刷してある当否のマークが見える仕組です、
これって、こすらなくても、裏から強い光を当てれば判るのじゃないか?…と、思います、
宝くじ売り場のおばさんらは、そうして当たりくじを透かし探して、インサイダー購入しとるのとちゃうかって、いつも思うのだよね、
ゲスの勘ぐりでしょうかねぇ~、
なにせ、幾度コスリクジ買っても当たらないのですよ、もうそろそろアタリ順がきているはずなのに…、
スカ券買わされとるのだと思う、

夢って、見るほどに小さく小さくなるようですね、
イジケずに、せめて話だけでも、デカイ話をしましょう、
それって簡単です、新聞読んだらすぐに国政のありようを論じたくなる、国の金融施策はこうあるべきだって大言壮語したくなる、
すぐ気が他へそれますけどね…、
あまりにも関係なさすぎるからなぁ~、

わたしって余程ヒマなのだねぇ~、グダグダとつまらんことを書きますなぁ~、

| | コメント (0)
|

2009年12月 5日 (土)

国破山河在

エッ、政権交代、まだたった三ケ月しか経ってないの!!!

ハトポッポが大きなどんぐり目で、口すぼめてボソボソ話しますね、
思うがママにボソボソしゃべっている、
彼って大物だと思いますよ、平常心をシッカリもっている、…ように見えますわ、
で、そうこうする間に、
周りがやたら張り切ってアレコレやっとる、

こまかく見たら、なんじゃコレ、無茶苦茶や!!
ってなことがけっこうありますなぁ~、大丈夫かいなって不安にもなるよ、
ホント、大丈夫でしょうかねぇ~、

母親からの献金問題、
ここを取り上げてやっつけようとする野党・自民党、
が、黒い方のハトポッポも、オッカァ~から同額献金受けていたってわかった、
そもそもが、代議士やっていて、ややこしい献金なしに過ごし得たオッサンなんぞ1人も居ないことは、ダレでも知っとるよ、
オッカァ~から、お小遣いもらったってことらしいじゃないか、言わば真っ白なお金ですわ、これをグヅグヅ言うたって、国民の大半はアホちゃうかて思うのじゃないか、
「へぇ~、スッゴイお金持ちなんやなぁ~、おれも欲しいなぁ~」だけでっせ、

それにしても、スゴイですなぁ~、
間違いなく白黒ハトポッポ氏の金銭感覚は庶民からは離れていますよね、
彼らは、いわば帝王学のなかで育った殿様なのですよね、
日本人の政治感覚は、ひとことで言い切るとですね、
“お上のなさることは、下々にはわからん”ってことですよ、
立派な殿様が、下々のことを思って執りはかってくださるのだから、
ありがたくお受けするのが下々の努め、あれもこれもありがたいことですだ、

常識+学識+政治感覚=自民総裁・谷垣氏、
と、思っておったが、
彼って、最近は、口角泡飛ばし、額に汗してしゃべるじゃないですか、
切羽詰った感じがある、が、ナニがどう切羽詰ったのか、判然しないですなぁ~、
どないしたらエエのかわからんのじゃないかな、
で、国会は欠席欠席、議場の空席がテレビに映る、
絵になるのですよね、あそが自民の席なのですわ、
あそこに坐ることがデケン、どうないしたらエエのかわからんのじゃしょうがないよ、

普天間基地ですけれど、わたしは釣り師の1人ですからね、アノ海を埋め立てるのは初手から大反対ですわ、

「国破れて山河在り、城春にして草木深し…」って言うじゃないか、
さんご礁の海だって同じでっせ、戦争に負けてもう何十年にもなるのに、またまた山河(さんご礁)までつぶして敵軍(?)にお追従するのかよ!!
ってなことを感覚的にですけれど思ってしまうのだよなぁ~、

わたし、未だご幼少のころ、神戸の須磨に住んでいたが、
空に大きな飛行機が飛んでいて、その後を小さな日の丸飛行機が追いかけて、大きな飛行機の尻尾から機関銃が撃たれ、小さな飛行機が落ちたのを見た記憶が未だに鮮明に残っていましてね、あのときわたし大喜びして手をたたいのだった、親父がものすごく怒ってわたしをドツキ倒した、
終戦後の空は、胴体が翼の真ん中にぶら下がったように変な格好の大きな飛行機がいつも飛んでいましたし、神戸駅の前の広場には蒲鉾型の米軍兵舎が随分久しく並んでいました、
ジープが格好よく見えたですなぁ~、
須磨の隣が塩屋ってところで、ここに通称ジェイムス山と呼ばれた外人らの事実上の居留地があった、米軍将校らが大きな顔して贅沢三昧のなかで暮らしていましたですわ、

あの米軍が、普天間のサンゴ礁に居座るのかよ!!!
日米安保の大事さは知っとるけれど…、思ってしまうのだよなぁ~、

関空や神戸空港に海兵隊連れてきたらエエやんか、
沖縄に居座るのはもうこらえタレ!!
神戸には米兵らが好きなジャズがあるよ、
綾戸智恵は神戸の人だぞ、ライブが聴けるよ!!!
わたし、もうしばらく、神戸の街に米兵らがホッツキ歩くのを我慢して観ていてやるからよ、

以上は、グチ・ボヤキ、無責任でっせ、
最近は、冗談と本気の区別がわらん輩が多いから、難儀ですだ、


| | コメント (0)
|

2009年12月 4日 (金)

朝になったけれど、

今、朝の7時12分前ですけど、隣家のウコッケイが目覚めたみたい、
♪♪コケコッコォ~オ~オ~♪♪♪

東の空が白みはじめたと思ったら、急速に夜が明け始めました、
雨戸を開けましょうかネェ~、
ヒンヤリした朝の空気を部屋に取り込みましょう、

昨日は、昔の職場仲間ら2名とJR三宮の某本屋で待ちあわせ、JR駅舎のビルの中にあるレストランで軽く一杯やりました、
なんと言う名のレストランだったかもう忘れた、
メッタに出会わない仲間らとの会食だから、軽くじゃなく重く一杯やりたかったが、内1人はアルコールがまったくダメなおっさんですわ、もう1人は先年幾度も胃腸ガン手術して現在経過観察中のおっさんだよ、

話題があって打ち合わせに出会ったってことじゃない、今年もまた12月になったなぁ~ってことで、ただそれだけで出会って会食ですわ、
話題ですが、
出会った二人は、そこらじゅうの老人大学や、郷土史研究や、古寺を訪ね歩いたり、古文書解読に凝ったりしとるようで、その話しですわ、
わたしは、魚釣りと、尺八だけしかしとらんですよ、なんだか置いてきぼりされたような感じだったナァ~、

だれそれのウワサ話も当然出ますがね、エエ話はないですなぁ~、
入院中のT氏は、後4ケ月しかもたないらしいってことだった、
で、「その4ケ月の話はいつ聴いたの?」
「あぁ、あれは7月だったかな…」
指繰って、7・8・9・10・11・12、
「おいおい、もう居らんのとちゃうか???」

わたし、昨晩はウナサレてよく眠れませんでした、今、うっとうしい気分のなかですわ、

補記・
せっかく閲覧くださったのにくだらんボヤキでごめんね、
もしよろしかったら、気分なおしに、ならんかと思って、
コレたった今(午前11時55分)吹いたもの「爽竹桃」「津軽海峡冬景色」「天城越え」

| | コメント (0)
|

2009年12月 3日 (木)

時間つぶし

朝刊読んで“時間つぶし”していますがね、新聞に1ページの全面広告出したらナンボほど経費が掛かるのでしょう?
NECのコンピュータ広告、腕時計の広告、パナソニックのディスクレコーダーの広告、この他、皮靴、投資勧誘、ジャケットとシャツ、アウトレット屋、焼酎、化粧品、そして新聞社の企画広告だと思うが不動産屋の広告に至っては実に6面も使われている、
要するに全44頁中の15面が全面広告ですわ、
もちろん、この他にも各ページに細切れの小さな広告スペースがあるよ、
あわせると、全紙面の半分以上は広告スペースですわ、なんじゃこれ!!

広告ってのにはある種の悪意が潜んでいる、悪しざまに言えば詐欺、ゴマカシだよ、
消費者を、市民を、だまくらかして金儲けしようって魂胆だ!!!
だが、わたしは、貧乏だから、よほどでないとナ~ンも買わんのだ、
広告なんぞ関係ないのだ、

“時間つぶし”ですけれど、
テレビドラマ観ますがね、エエ場面になったらコマーシャルが入ります、ドラマ進行の邪魔になる、わたしなんぞはこのコマーシャルの間に話の筋を忘れてしまう、頭が混乱する、
コマーシャルが終わった、またドラマが再開されたと思って観ていたらどうも変だ、なぁ~んだ未だコマーシャルが続いていたってなことが度々ある、最近はドラマの続きっぽいコマーシャルが増えましたね、まことにケシカラン、責任者出てこい!!!
でも、わたし、つい先日ブルーレイ買ったから、ドラマはほとんど全てブルーレイ録画しておいて、再生して観るのだ、再生だと、コマーシャルになったらソコをカットできる、コマーシャル部分をポイポイ千切り捨ててドラマだけ観ることがデケル、

あぁ、話を新聞の方に戻しますが、
新聞は、玄関の新聞受けから取り出しますが、これがドスンと重たいですわ、大量の広告チラシが新聞に包み込まれていますからね、
このチラシは、わたしはまったく無駄です、デンデン確かめ見たりしませんわ、

隠居ですからね、
日中はたいがい自宅に居て、尺八を吹いたり、テレビを観たりしているわけですが…、
電話番、玄関番、でもありましてね、
オレオレまがいのダマシや誘い込みの電話が四六時中あります、
コノ種の電話だな!!と、思ったら即座にガッチャンします、切ってしまう、
以前は、「ハイ、せっかくですが、わが家はご遠慮します」などと軽く会釈してから電話を切っていた、が、最近は、この断りを言いかけたら、向こうから先にガッチャンされることがあるのですよね、腹が立つよ、メッチャ気分悪い、
で、ガッチャンの競争ですわ、寸秒を入れずガッチャンする、これって自己防衛の一種ですよね、

冒頭で、今朝の新聞広告に、腕時計と靴の広告があった話ししましたよね、
今朝は、実は、ここに目が止まったのですわ、シャクだけれど…、
嫌味な広告ですなぁ~、
広告商品のすばらしい写真が載っている、が、値段が書かれていない、
故意に値段を伏せているとしか思えない、
値段が気になるような貧乏なオッサンやヅヅイらは、この広告は見なくてよろしいって窓口拒否の感じがある、

シャクだから言いますけどね、
わたしの今の腕時計は、某近隣ホームセンターで、先日千円で買った優れものです、
あれからもうだいぶ日数経つけれど、シッカリ動いています、
靴の方ですけど、両足分揃って570円だった、これまた優れものです、
どちらもメイドイン・チャイナ、
昨日はスーパーで205円の生イワシ・パック買って、ソレを餌にタチウオを11本釣った、
イワシはメイドイン千葉県産と産地表示があった、十数匹入っていた、餌に4匹使ったがまだ仰山残っている、イワシのフライはわたしの好物、あぁ楽しみだ、

馬鹿馬鹿しい、とりとめの無い話でゴメンネ、
“時間つぶし”のお話しでした、

| | コメント (0)
|

2009年12月 2日 (水)

変態ヅヅイ

仏間のテーブルの上に、常時8本の尺八を並べ置いていて、
その日、その時、の、気分によって、とっかえひっかえ、吹いて遊んでいる、
で、フト思ったのだが、
これってひょっとしたらいわゆる女遊びの変形かもわからんですな、
わたし、ひょっとしたら変態ヅヅイかもよ、

A) 気分によって、気まぐれに取り上げる1本の尺八、
B) 今日はどの女のところへ通うことにしようか…、
A=B
心情的にはってことですけれど…、

尺八には1本ごとに、その竹だけにしかない持味がありましてね、
姿かたち・音色・手に持った際の感触など等、ですがね、
どうしても、今吹くのは、この竹でなけりゃ納まりがつかねぇ~、と、なるわけだよ、

本物の女遊びはしたことないから、上に言う真偽のほどは責任が持てんけれど、ほぼ間違ってはいないと思いますよ、
と、いうより、もっともっと幅が広いかもな、
ある竹はウバ桜のようでもあるし、別の竹はある種オカマの雰囲気がありますわ、
またまた、感覚を逆さにすると、
8本の竹は全て男性で、今日はどの殿方に寄り添おうか、なんて変な気分になったりする、
いやぁ~、変態の極みですな、

要は、テーブル上の個々の尺八が、生きているって感覚だよ、
コレらとの対話です、
こういう感覚って、あまりしゃべると、波平はとうとう気が狂ったって言われるかも、
ソレ、正解でしょうね、
わたし、確かに、気が狂ってきたような気がする、
尺八に息を吹き込んで、ほいで→ボォ~って音がでたら、なんと言いましょうか、鏡に映る自分を眺め直したような気持ちがしたりする、
出る音ってのは、自分の息の音ですからね、自分以外のナニものでもないですよ、
ええかげんな安物の自分がそこに出てしまいます、馬鹿馬鹿しいほど赤裸々に出る、
このアホに付き合ってくれるのは、どの竹だろう???
で、とっかえひっかえ、浮気の迷いだ、

今、吹き込んだ音を繰り返し繰り返し再生して聴きながらコレ書いていますがね、2尺管「涼風」の音ですわ、
今、午前6時前、外は未だ暗い、
しっかり夜が明けて、9時になったら、今日は「涼風」相手に遊ぼうと思う、
気に入らん、ウソが聴こえる、吹き替えたいですわ、
以下が聴いているこの竹で吹く「調子」です、昨日の録音です、

| | コメント (0)
|

2009年12月 1日 (火)

無茶苦茶正論

軍隊は国を護るためにあるのだけれど、一応そういうことになっとるけれど…、
沖縄戦でも実際に見せたように、軍隊は最終的には軍そのものを護るために動くようだ、護るべき国民を盾にしたりするわけだ、
また、軍隊はヤバイとなると平気でトカゲの尻尾切りをして逃げ出したりする、
肉を切らして骨を絶つと言ったり、オトリを犠牲にして闘うじゃないですか、コレが作戦の実態・本体ですよね、

要するに、軍隊は軍隊の中枢を護ることに一生懸命なわけだ、そういう組織ですわ、
ってことは、軍隊の組織の中枢を、すなわち実戦部隊の中心を、国の首都のど真ん中において置くと、軍隊は必然的に首都を護らねば自分自身を護れないってことになる、
この理屈があって、軍隊配置を見直せば、自衛隊が首都中心に実戦配備されているのがわかります、パトリオットミサイルはそういう配備になっとる、

それにしても、沖縄の米軍基地は首都から随分離れていますよね、軍隊配備の基本からすると、東京から離れすぎている、
なんでや?
ほんなもん考えるまでもないよ、東南アジアを睨んでいるのだよ、中国を、朝鮮半島を、ベトナムやアフガンなどなどを睨んでいるのだよ、

米国はね、未だ日本に進駐しているわけですよ、日本って国を、自衛隊を、イザとなったら盾にする気だと思うなぁ~、思わなくても、結局そういう結末になるような気がする、
朝鮮戦争の際、解体した日本帝国軍隊の残骸で保安隊作らせて、朝鮮海域の魚雷掃海などをさせたのだったですよ、それが海上自衛隊になった、

橋下知事がおもしろいこと言いましたね、
“関空や神戸空港に応分の基地機能を移設したらどうや”って意味のことを、
良い案だと思いますネェ~、
関西圏の軍事的防衛が期せずしてまっとうデケル、
利用頻度が低い空港の有効利用につながる、
そうだそうだ、神戸空港を海兵隊基地に使えばエエのや、
米軍将兵が神戸や大阪にドヤドヤやってきたら、ある種の観光客誘致効果にもなる、
関西圏の内需が拡大し地域経済活性化につながる、
神戸空港は海上に造った人工島にある、ここを現代の軍艦島にしたらええ、
長崎の出島的に整備し、ここを経済特区にしたらええ、
ナニやっとるかわからんスパコンなんぞは要らんのだ、
大規模カジノを併設し内外からの観光客をヘリコプターで運び込め、どうせ海兵隊はぎょうさんヘリコプター持っているのだ、
そうだそうだ、神戸の街には昔・外人居留地があったのだった、文化的にも、なじみがあるじゃないですか、開国だ、開国だ、

あのね、大阪湾は水深が意外と深いですわ、
が、淡路島の西側・播磨灘は浅い内海でね、鹿ノ瀬って名の巨大な瀬がありましてね、丁度空港に埋め立てるにピッタシカンカンの広さですわ、
播磨灘のちょうどど真ん中にあって、全体が砂地で水深が浅いところは昔は人が立てたのだよ、バブル時期などに砂を建設用に採ってしまって今ではだいぶ深くなったが、それでも簡単に埋め立てが可能だと思いますわ、埋め立て土砂はすぐ近くの島を削ればええのや、家島や小豆島など手頃な島がありますです、
ここ鹿ノ瀬空港なら、周辺陸地までは四方八方見渡しても10キロは離れていますわ、離陸時の騒音は消えはしまいが、だいぶ軽くなるでしょうよ、
ね、いっそのこと、ここに海兵隊基地造ったらどうや!!

瀬戸内海から魚が消えるけれど…、
それって隠居波平が墓石になってからにして欲しいけれど…、

無茶苦茶言うたがドツカないでね、
内心、言い過ぎたかナァ~って思っとるのだから…、
でも、造りはしたが、ぺんぺん草の空港って、探せばアチコチにあるのじゃないのかな、
基地造れる程度の島だって、けっこうあると思うがなぁ~、
先年、マイボートで日本列島を小島伝いに1周しましたが、この感覚で言うとってことですわ、

| | コメント (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »