« 隠居の資質 | トップページ | 二つ「残月」 »

2009年12月25日 (金)

牡蠣と勝負

だいぶ以前のことになるが、かみさんが泊りがけでお出かけして、
わたし、近所のスーパーへ、何か晩酌の肴に買ってこうよと出かけて、
フレッシ・フイッシュのコーナーに行ったら、牡蠣の売れ残りパックが半額値下げの札をつけていたから、コレ幸いと買い込みました、生牡蠣は大の好物ですわ、

で、2パックほど、焼酎呑みながら醤油とお酢掛けてズルズル食いました、
ご機嫌でした、
と、翌日になってダンダン腹の具合が悪くなってきて、上げ下げが始まった、
牡蠣中毒にやられた、
あのときほど苦しい思いをした経験はないなぁ~、水を飲むことすらデケンかった、
あんな思いは、アレ以前にもアレ以後にもありませんわ、

一度牡蠣中毒にやられると、この毒はクセになるそうですね、
それ以来、生牡蠣は食うことがデケンのです、
が、あれからだいぶ年数も経ちましたから、最近は又少しずつ食い始めていますが…、
もう値下げパックは買わないことにしていることもあって、平穏を保っていますわ、

で、で、だんだん欲が出てきて、
このたびは、赤穂の近くの相生の、室津漁港の某業者に殻付き生牡蠣3キロの宅配を依頼しました、キロ8百円+宅配料金、
今年の年越しは思いっくそ、生牡蠣を食ってやろうと思っている、
ひょっとして、正月を牡蠣中毒でノタウッことになったらどうしましょう、

大きな鍋の底に落としフタ敷いて、日本酒を浅く入れて、
牡蠣を殻ごと入れて蓋をします、そして蒸します、
純粋の生牡蠣は、わたしには未だ危険なのですわ、
で、蒸しますが、
牡蠣らは、最初はトルコ風呂気分でエエ気持ちだってよろこぶが、
だんだん熱くなってきて、苦し紛れに蓋を少し開けますから、
頃合を観て取り出して、殻をこじ開けて、週油と柚子を少し掛けて食う、絶品ですぜ、
中毒を完璧に避ける意で蒸しすぎると、身が縮んでしまってオモロナイ、美味くない、
中毒覚悟で限りなく生に近いのを食います、
この危険を合わせ食うってことで、又一段と美味いように思う、

牡蠣は好き嫌いが極端だからダレ・カレに勧めるわけにはいかんのですが…、
独りで、極楽食いするのはもったいないなぁ~、
かみさん?
彼女は、シッカリ蒸し揚げたのしか食わんです、
半生を食うわたしを、フグ食う時とおなじような軽蔑的目付きで見るのだよな、
気にしない、気にしない、

|

« 隠居の資質 | トップページ | 二つ「残月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隠居の資質 | トップページ | 二つ「残月」 »