« 「三谷管垣」 | トップページ | どうしましょう 8 »

2009年12月18日 (金)

どうしましょう 1~7 <普天間を論ず>

今朝は早々と午前1時半起床、
ボンヤリと以下暇つぶし、ダラダラ論でよろしければお目通しください、
  
 ♪♪ツツリ~ハ~♪♪♪
琴古古典尺八本曲「三谷管垣」を「若龍」で真似吹きアップ、
三谷管垣 若龍 20091220.mp3

<どうしましょう 1>

日本は戦争放棄を憲法で決めていて、
世界中の国々はそのことを知っとると思うが、
それでも、
今後、日本国を軍事的に侵略しようとする勢力が、在り得るでしょうか?
A) 戦争は在り得ると考える人、
B) もう、戦争は無いだろうと考える人、

A)負けるに決まった戦争はやらないですよ、万が一にでも勝てるかもと思うから戦いを挑む、
“戦争を放棄し、軍隊を持たぬ国”になら戦争しかけても負けることはない、…と、思うだろうか???
また、
B)受身的に考えると、“戦争を放棄し、軍隊を持たぬ国”から軍事的に侵略される恐れは無いから、危険な国じゃない、退治しなくて大丈夫…と、思うだろうか???

だが、実態はエエかげんなんだよなぁ~、
戦争放棄といっても侵略戦争を放棄しているだけで、専守防衛なら良かろうってんで自衛隊がある、これも世界中の国が知っている、
日米安保条約の下で、米軍が日本国内に常駐していること、これも世界中が知っている、
日本は、米国の僕のような国だってこと、世界中がヨ~ク知っている、

このなかで、今、鳩山政権は日米安保の見直しを試みている、

今後の戦争はどんな戦争???
第一次・第二次世界大戦のような戦争でしょうか、
それとも、大規模テロのこと?
それともそれとも、それらとは別種のもの???

ヨーロッパがEU共同体社会を創りつつある、
真似て、
イスラム社会も共同体社会を創りますか???
鳩山首相の旗振りで、アジア共同体社会を創りますか???

EU VS イスラム VS アジア共同体、
生存を掛け戦争しましょうか、

SF戦争みたいなことが、ひょっとしたら生じるかもしれない、
核戦争が生じるかもしれない、

どうしましょう???


<どうしましょう 2>

沖縄の米軍基地が撤収したら、
東シナ海が、ほぼ完全に中国軍の制圧下に入ります、
と、
東シナ海のガス油田は、もう中国(軍)のなすがままですわ、

そうこうする間、
沖縄を含む九州南西諸島の歴史が見直され、本来は中国に併合される方が正しかった、となるかも、

韓国も黙っては居ないでしょうよ、
竹島はもう当然韓国領土になる、
対馬も韓国化され、日韓共同統治になるかも、これは事実上韓国になるってことだよ、
わたし4年前だったが、対馬の最北端比田勝港に20日ばかり滞在したが、韓国人が対馬は自分の国のような感覚で観ていることがショックだった、

日本の専管漁業水域なんて、今でも建前だけですぜ、やがて周辺諸国の勝手気ままになることはもう見え見えですわ、
日本の旅客機は周辺諸国の戦闘機の制空権のなかで、安心して空を飛ぶことがデケルかな?
石油タンカーは日本へ安全に石油を運ぶことがデケルのでしょうか??

北方領土??
宗男さんにでも聞いておくれ、彼、確か衆議院外務委員長だったですよ、

鉄砲撃つだけが戦争じゃない、
鉄砲を撃つ構えの中にこそ静かな生活があるのだってこと、コレ、古今の碩学らの共通した認識ですぜ、
信仰ですら力がなければ広められないです、
神の力は神ご自身に神罰を与える力があってはじめて、その神は尊ばれる、
ホトケの力は仏罰によって担保され、地獄へ落とすぞ!!ッて人々を脅して、で、人々は仏様を拝むのだよ、
神も仏も、賽銭差し出して、拝みに拝んで、お願いしなければ助けてはくれませんです、
南無観世音菩薩って唱えなければ観世音菩薩様は難儀をを観てもそしらぬ顔でっせ、決して率先して助けてやろうなんてお思いにはならん、ましてや米国においておや、

またぞろ北朝鮮が拉致再開しはじめたらどうしますか??
他国の財産・資源をかっぱらうことは、大昔から、国にとっては最大の正義でっせ、
キャップテンクックの時代は、海賊はイギリスの国策だったじゃないですか、イギリスの女王陛下は海賊を奨励しフランスの商船を襲撃略奪させたのだ、
他国民を拉致し、軍隊に使ったり、奴隷に使ったりは大昔から延々とあったことだ、中世ヨーロッパの、イスラム世界:キリスト教世界は、まさにこの略奪・拉致の時代だった、
近代に入って後も、黒人奴隷のアフリカからの大規模拉致があった、これらは犯罪だなんて意識無しに行われていたのだよな、

今の日本だって、
東南アジアからの出稼ぎ人らを安い賃金で使い倒している、
これ、巨視的に観ればある種の拉致ですよ、
日本人より、不当に安い賃金で、他国民を使い倒すのだ、拉致以外の何ものでもないよ、

それはそうとして、
もし、どこかの国が、日本人をみかけ合法的に拉致し始めるかもよ、
北朝鮮が、米軍の後ろ盾の無くなった日本の自衛隊を見くびり、堂々と鉄砲積んだ船でやってきて、本格的に拉致しはじめるかもよ、

どうしましょう???

<どうしましょう 3>

日米安保は50年の節目にきた、
条約締結の50年前の日米の力関係は、今とはだいぶ違った力関係だった、
日本はすっかり敗戦から復活した、で、ここらで、一度見直した方がエエかも、

この見方は正しいと思う、…もし、正しく見直せるなら、

でも大丈夫かな???
せぇ~でもエエ、ことさらな見直し作業じゃあるまいか???

F-22 ラプターは世界最強戦闘機らしい、
日本の航空自衛隊はそのF22を次期主力戦闘機の有力候補として選択してきたが、米側は拒否した、
エッ!!なんでや???
このあたりから、日本の米国離れが顕在化し始めたような気がする…、

アメリカ政府から→日本政府へ、
毎年秋に「年次改革要望書」が示されていたようですね、
歴代の日本政府はその線に沿って日本の政治を動かしていたらしい、
ほんまかいな!!!
で、だんだん政権交代が必要だッて、本気で思い始めた…のかも、

先の太平洋戦争で徹底的にやっつけられて、
マッカーサーがコーンパイプ咥えて日本に進駐してきた、
彼は米国上院で日本人のことを「like a boy of twelve」と言った、
“日本人の精神年齢は12歳の子供のようだ”、って言った、

米国は敗戦確実な日本に、残酷にも、駄目押しに原爆2発をみまったのだった、
戦争だったから許されるのか?
あれはもうルール違反じゃなかったか???兵士じゃなく、一般市民を虐殺したのだゾ!!
日本人は未だにひとことも米国からそのワビの言葉を聴いていない、

日米安保は50年の節目、
どうしましょう、

<どうしましょう 4>

“60年安保騒動”をご記憶だろうか??
岸総理⇔アイゼンハワー、
の間で、日米安全保障条約(安保条約)の改定が行われた、
大規模な反対運動が起こった、全学連が総力を挙げて反安保闘争に取り組んだ、

個人的なことで恐縮だが、
わたし、当時は大学生だった、で、デモに参加したりした、
おもしろそうだから、参加したのだった、
当時、わたしは、条約改定は妥当だと考えていて、デモへの参加は単なる興味本位からだった、
デモ(?)途中抜けだすのが常だった、
当時、国鉄三宮駅側のガード下飲み屋で、サントリー・ハイボールが1杯80円だった、

が、が、今、世間のこのシラケムードは、なんなのだろう???
ケセラセラが過ぎるのではないか、

日本の病根は、政府官僚だけか???

日本を論じる哲学が欠けている、

どうしましょう、

<どうしましょう 5>

マハトマ・ガンジーの非暴力主義が、ネジレ誤解されている、
無抵抗主義=憲法9条
これ、とんでもない間違い!!!

バカも休み休み言うてもらいたい、
ガンジーほど、権力に徹底不服従抵抗したオッサンはおらんのだ、
彼は聖人なんかじゃない、徹底した凡人でもあった人だ、ある種色狂い的なお人でもあったようだよ、
ダレかさんのように、友愛精神で話し合えばダレとでも、どの国とでも、理解し合える、なんて、彼・ガンジーは1度だって思ったこと無いのじゃないか、

国内でならまだしも、他の国へ出かけてまでも、友愛・友愛だなんて言わない方がよろしいのじゃないか、ゲイと間違われるぞ!!!

が、しかし、
この時期、徹底(?)して国政改革に取り組もうとの首相の姿勢(?)は評価すべきだ、頑張って欲しいです、
が、が、彼に頼っていて、すがっていて、大丈夫かな???

どうしましょう、

<どうしましょう 6>

平和とは、戦争の小休止、戦争と戦争の間の閑散期、の意、
次の戦争を起す原因が醸成されつつある不平不満の鬱積・成長の期間、
が、戦争休止期間は、なるべく長期間保ちたい、戦争はやはり無い方が好ましい、
さて、どうするか、

祈るか、
祈るだけではダメだろう、
戦争の多くは、根っこに甲神様と乙神様の争いがある、丙神・丁神…、
特に、甲(キリスト)乙(マホメット)神様の場合には、ナンボ祈ったってダメだわさ、
甲神も乙神も、アッチの神をやっつけろ!!って言うに決まっとる、
甲・乙の神々はとても嫉妬深く、自分以外の神の存在は許さないおっそろしい性根の神様ですぜ、

祈るに代えてなんとしょ??
脅す、これが最良手段、
俺のメンツをつぶしたら、俺は黙ってはいないぞ!!!
と、こういう大親分が居て、現に大親分がメンツをつぶした者をシゴキに掛ける、
で、一応の見かけ平和が保たれる、
米軍は、
まさにそのような大親分的位置にある、
米軍が居て、結果的に、現在の平和(?)がある、
残念ながら今の日本の親分はアメリカだ、
そして今の世界の平和は、アメリカの突出した軍事力があってのこと、しゃくだけれど…、

米国は太平洋戦争の戦勝国、日本国内の米軍駐留は占領の延長、
平和は、不平不満の鬱積に耐えること、
日本国内に米軍が大きな顔で駐留するが、ひたすら我慢我慢、これが平和ってこと、
あぁ~シャクだ、残念だ!!!
米軍の大規模な日本国内駐留は、見かけ平和維持の必要悪、…ケッタクソわるいけれど、

鳩山首相は、昨日の新聞報道によると、持論の「常時駐留なき日米安保構想」を、
『今は、封印しなければならない』
と、記者団に語ったそうですね、
“持論は変えないが今は封印”
宙ぶらりんな感じがあるなぁ~、なんかヤバイよなぁ~、
彼は首相の器じゃないのかも、

この記事掲載紙面の下隅に、
小沢氏が、Ⅰ昨日16日、お忍びで新潟の田中角栄氏の墓参りをした記事がある、16日は田中角栄氏の17回忌にあたるらしい、

その小沢氏が、同日、全国から党本部に寄せられた陳情に基づき、政府に要望書を提出したと、これは朝刊1面(日経)の大見出し記事、

やはり本当の首相は…、
どうしましょうかねぇ~、

<どうしましょう 7>

社民党は米軍駐留を追い出したいのでしょうね、
社民党は、戦争放棄を徹底したい立場だ、自衛隊も縮小したい、出来ることなら無くしたい、

国民新党も米軍駐留を追い出したい、
が、その米軍の穴埋めは自衛隊の強化で補いたい、
(郵政民営化反対目的で結成された党)

駐留米軍を国外へ移転させたいのは社民党も国民新党も両者共通だが、
その後は180度逆じゃないかな、考え方はまるで正反対だと思いますよ、

で、民主党はどうしたいのだろう、
鳩山首相の持論は常時駐留無き安保だったですよね、エエとこ取りしたい、
ってことは、それなりに自衛隊を強化する必要がある、

ところで、自民党はどうか、
日米安保堅持の考えだ、アメリカから毎年秋に「年次改革要望書」を頂戴し、コレの実現に邁進する立場、

今後、世界はどのような展開になるのでしょうね、
日本国内の米軍駐留は、米国防衛の前線基地の意味が最大の意味だってのはダレだって承知だ、だから60年安保騒動の際、米軍の動きに日本が巻き込まれ、戦争に引きずり込まれるかもと騒いだのだった、

“幽霊の正体見たり枯れ尾花”
近隣他国から見ると米軍駐留はどのようにみえるのでしょうね、本気で日本を護っていると観ているのかな??
日本人の我々は自分達を護っていてくれている、と、思っている、思おうとしている、
が、日本国内の駐留米軍は、その実“枯れ尾花”じゃないか???
こんなのは、もう追い出して、周辺諸国との緊張感の中に身をさらし、憲法を改正し自衛隊を正規の日本国の国防軍として育て、一定の戦力を保持すべき…だって、思いたくなってきている、もう思いやり予算は出すの止めたい、と、思いはじめている、

それにしても、鳩山首相の国防意識はどうなっているのだろう、
政権交代後のこの新政権を我々国民はどう評価すべきなのか、
わたし、いまいちようわからんが、どうしましょう、


<最後に>
かつての太平洋戦争ですけれど、戦争勃発の動機はイロイロあって特定できないが、少なくとも直接のきっかけは、米国主導による日本封じ込めの“ABCD包囲陣(徹底した日本への経済制裁、日本は孤立)”が敷かれたことだった、
そして、先端を開く第1撃(真珠湾攻撃)を日本に故意(?)に撃たせて、米国は見かけ受身からのやむを得ぬ戦争を演出したのだった、今や、このシナリオは周知の事実だ、
今の、北朝鮮の立場が、なんとなく往時のわが国に似ている、
次なる真珠湾はどこだろう???
まさか…、


|

« 「三谷管垣」 | トップページ | どうしましょう 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三谷管垣」 | トップページ | どうしましょう 8 »