« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

どのコースを

中国・韓国と日本との間には大昔から大きなミゾ(溝)がありますわ、
が、この溝を超えて文化交流があった、
しかし、中国・韓国の文化は、どれひとつとってもそのままの姿で日本化したものは無い、
やはり、文化交流の面でも、大きく深いミゾ(溝)があったし、現に今もなおこのミゾは深りこそすれ浅くはなっとらん、

このたびの尖閣諸島沖の漁船衝突事件は、
中国の共産党1党支配からくる中国国内不満分子の目を国外へ逸らせ、
直截的に、危機管理意識を中国国民に煽り立て、
軍備増強を掲げての多民族国家経営に方向性を与えたのではなかろうか、
これこそが事件を大仰に扱った真の目的ではなかったろうか、

矛と盾の話である、
他民族からなる自国民にひとつの目的意識をあたえ、政府の安定を図ろうとするあまり、隣国を必要以上に突っつきすぎてしまったのだった、
と、
相手国(日本)にも危機意識を喚起させるところとなった、
日本の同盟国・アメリカの、危機意識すらも動き出しそうな気配が見えた、
で、
急きょ強固な態度をおさめる必要性が生じた、大国ぶった態度で、大人ぶった態度で、

中国は、かつてアヘン戦争当時、世界各国から“眠る獅子”と言われたのだった、
が、大二次世界大戦(太平洋戦争)以後、ことに近年は、すっかり目覚め大躍進中である、
中国に代わって眠りについたのは、日本だった、
日本は、
すっかり戦意を失い、国土保全の力も、その意識も萎え衰え、他国(アメリカ)の言うがままに国土内に進駐軍を招き招待し、その陰に隠れ惰眠をむさぼっている、
平和憲法・戦争放棄、…全面的な無条件降伏が未だに続いている、
この眠り、実に快適、…と、思っていたのだよな、

が、が、しかし、
小さな針が尻に刺さった、
イタタ!!!
と、惰眠をむさぼっていたのが眠りから覚めた、

中国が故意(?)に起こした(?)尖閣列島とその周辺海域の分捕り工作、
ヤクザまがいの脅しの数々、

さすがに無気力な日本も、自国防衛の必要性を感じ始めた、
眠りから覚めつつある日本、
急速に右傾化するであろう日本、

未だ自衛隊関連予算の緊急増額の話は聞かない、
まず、海上保安庁の対外巡視体制の強化が言われ始めるのでは、
と、同時に防衛省の予算が膨らみをみせるだろう、
就職難の時代である、自衛管の増員が若者らの就職難を吸収する、
若者らを介護業界へ就かせるなんぞは、亡国のふぬけ策だって思うようになるだろうよ、

次期主力戦闘機問題は、一気に解決すると思うよ、
F35の導入が探られているようだが、そんなことじゃ間に合わない、F22のことがまたぞろ浮上し、一気に決定で、数十機が航空自衛隊に配備の運びのとなる…だろうと思う、

イージス艦が増強され、潜水艦建造が急務となり、敵・航空母艦の外洋進出を牽制するようになる、

九州南西諸島や五島列島・対馬・壱岐・隠岐には、陸上自衛隊が常駐だわさ、
まさに万葉時代の防人ですな、

残念だなぁ~、
日本国内のあちこちに、アメリカ軍の前線基地が大きな顔して居座る、当然ながら思いやり予算を食いながら、
まぁ、進駐米軍は日本の傭兵だって思っていましょうかね、

北のあの国の家族独裁体制が崩壊するのと、
中国の1党支配が崩れ中国国内で民族抗争が勃発し始めると、
日本が腰砕けになって、中国やロシアに一部吸収されるのと、
あるいは、本気の戦争で鉄砲玉が飛び交うのと、
どのコースを選ぼうかな…、

あぁ、
隠居波平の惚けが進み、ボログ打ち遊びがデケンようになる、このコースがいちばん早いでしょうよ、


| | コメント (0)
|

2010年9月29日 (水)

地検特捜部は改編すべし

政府をケナシたりするのって、罪(つみ)がなくてよろしいな、オモロイじゃないですか、
…ただし、
世捨て人同様の波平隠居が呆け半分にしゃべくるだけならってことですぜ、
社会的に一定の地位にある者の場合は、そう好き勝手に他を批判したり攻撃したりはまずいですよ、

大阪地検特捜部はごっそりと部長までが近々逮捕されるそうですね、
きゃつらは、社会的地位をもてあそんだからなぁ~、
社会的地位ってことでは、これ以上の高い方々は居ないでしょう、

ところで、
東京地検特捜部の方は大丈夫でしょうか??
キット近々何らかの告発があると思いますよ、内部告発が…、

歴史がありますよねぇ~、
 田中角栄…ロッキード事件、コレで角栄どんは潰された、
 ホリエモン…あのときは世紀の大悪人かと思ったが案外そうでもなさそう、
 佐藤優・鈴木宗男コンビ…彼らの失職で対ロシア外交は頓挫したのでは、
 オザーリン小沢…悪の烙印を押したのは東京地検ですよね、が、不起訴、

今度の船長釈放ですが、
那覇地検が独自で政治判断したってのは、あるいは本当かもしれないですよ、
上の東京地検特捜部の大活躍を見てごらんよ、政治的活動そのものじゃないか、
真似たのですわ、
那覇地検がこの東京地検特捜部体質の外にあったとは思えないのだよなぁ~、

そもそも東京地検特捜部は、
第二次世界大戦で日本が負けて、米軍が日本に進駐した際、旧日本軍の隠匿物資を速やかに進駐軍(GHQの管轄下)へ引き渡すべく、米軍の指示で検察内部に設けられた部署だそうですよ、
事実上米軍の直接的管轄下にあったってことみたいだよ、
そのせいでしょうか今現在も特捜部エリートには在アメリカ大使館・1等書記官経験者が多いとある、未だにアメリカに操作されて活動している、とのうがった(?)見方があるようだ、
なんてこった!!!

要するに、地検特捜部(東京・大阪・名古屋)は、日本国のそれじゃなく、外国の目を持っていて、設立当初から政治的な動きをするになんら躊躇しなかった、むしろ彼らには、日本の最終的政治判断は我々が行うって気概があるのだよね、

この意味で、大阪地検特捜部だけじゃなく、東京地検特捜部も名古屋地検特捜部も、この際いったん解散し、組織を真に検察業務に限定すべく改編するべきでしょうね、
捜査権を、検察から削除し、警察にすべてを移したらどうでしょう、
というか、検察の捜査権は、対警察へのみに向けて警察の監察業務にしてしまったらエエと思う、

アッハッハ(苦笑)、またまた波平隠居が好き勝手にホザイとる、呆けヅヅイの独り言ってのは、罪(つみ)がなくてよろしいな、

| | コメント (0)
|

2010年9月28日 (火)

近未来の日本

日本政府の目から、中国政権内の権力構造や、主義主張の矛盾や、アレコレのことは見えているのでしょうか???
見えていない、疎いのではないか、
中国の国内事情などは、サッパリ読めていないのではないか、

が、しかし、
中国政府の目からは、日本政府の陣容や能力やアレコレのことがスケスケに見通せているのでしょうよ、

中国へ進出している企業から、情報を収集したらどうかと思うが、これすら充分じゃないのではないか、

“ドロナワ(泥縄)”って言葉がありますよね、
今の日本政府の状況は、これ以下のような印象がある、

政府は即刻崩壊しても不思議じゃない状況にあると思うが、議員離党の動きはどうなっているのだろう???
党崩壊の仕掛け人はやはりオザーリンでしょうか…、

やはり旧自民党の血を“エエとこ取りする”必要がありそうに思うがどうなのだろう、

国会に内閣不信任案が緊急上程され、民主党議員らからも賛同者が続出し、不信任案が一気に可決され、衆院解散で、総選挙で、ダレかさんらを中心にした新たな政党が急激な勢いでまとまりを見せ、極右的な色彩を帯びた政府がデケル、…かも、

北のあの国もビックリの先軍主義が採用され、国産戦闘機や原子力潜水艦や空母建造が急がれ、核爆弾製造が始まる、

自衛隊が改編され、奇襲攻撃の海兵隊が創設され、即時反撃体制が構築される、

で、ある日、周辺諸国から集中攻撃を受け、翌日中には、日本列島は消えて無くなる、

責任者出てこい!!!!

日本の力は、今、砕け散らばってしまったかに見える、
が、そうでないだろう、
…と、思うがなぁ~、




テレサテンの歌が大好きですわ、
彼女は中国人(台湾)ですよね、中国語・日本語・英語・フランス語が話せたらしい、

<時の流れに身をまかせ>
もしもあなたと逢えずにいたら、わたしは何をしてたでしょうか
平凡だけど誰かを愛し、普通の暮らししてたでしょうか
時の流れに身をまかせ、あなたの色に染められ
一度の人生それさえ、捨てることもかまわない
だからお願いそばに置いてね、いまはあなたしか愛せない

住む国が異なっても、人種が違っても、信条が、考え方が異なっても、
親子の情愛や、男女間の想いは変わらぬようだ、

| | コメント (0)
|

2010年9月27日 (月)

冗談で吹くわけじゃない、それなりに真剣である、

隠居の暇つぶし、
一昨日竹友の還暦記念独奏会を聴きに行ってきた、
非常に学ぶところが多かった、
その成果が出ているかどうかだが、自分では少しは出てきたと思っている、
浪速恋しぐれ

なみだ川

船頭小唄

命くれない 

なお、誤解があるといけない、
竹友の独奏会は、演歌なんかじゃない、本格的な古典尺八本曲を中心とした稀有な演奏会、
わたしは、この竹友には遠く及ばないが、ひそかに氏のアレコレを盗み学んび、演歌にも応用するってわけですだ、
ごめんね○ナシどん、
でもなんとなく貴兄の息遣いと似てきただろう、

| | コメント (0)
|

管総理には荷が重すぎる

ハトポッポが、
「わたしなら温家宝首相と腹を割って話し合えた」って言ったらしい、
自身が首相だったときに温首相との間にホットライン(直通電話)を構築していたことを明かし、
「ホットラインは菅(直人)首相にも引き継がれている」と述べて、
事件後、菅首相が温首相と直接対話を怠ったのではないかとの見方を示唆したらしい、(共同通信9月25日)

沖縄住民とは、腹を割って話せなかったくせにナニほざいているのや!!!

ハトポッポは、話し合えば妥協し合える、って、思っているのだね、
それなら、世の中には、戦争なんて生じ得ないでしょうよ、
殺人事件なんて生じ得ないし、脅迫も収賄もコソ泥も居ないパラダイスでしょうよ、
当然、警察も不要だし、海上保安庁も要らんし、検察機構なんて不要だ、
ハトポッポが出てきて、ホットラインとやらで、呪文唱えればすべて解決する、

こんなオッサンが日本の首相だったなんて今さらながらびっくりです、
わしゃ呆れ果てて、口から泡吹いてでんぐり返しにひっくり返りそうだよ、

“腹を割って話す”ですけれど、
これを中国語に翻訳すると、どうなるのでしょうね、まさかそのまま“腹を割る”とは訳さないだろう、この意味するところを中国のコトワザか、たとえ話に変換して訳すことになるのでしょうね、

日本の“腹を割って話す”に相当する、中国の言い方が在るのか無いのか、
まったくそっくりな、言い方は、中国には無いと思いますよ、
確かなことはわからんけれどワタスはそう思います、

本音と建て前
腹にいちもつ背に荷物
腹にはナニもない人と真っ黒な人…、

腹は立ったり座ったりします、
頭で考えずに腹で考えろ!!!

尺八を吹く際の呼吸法ですが、
胸で息をするな、腹で息を吸え、…コレ腹式呼吸と言いますよね、
胃や腸に空気を吸いましょう、
と、出るのはゲップと屁でしょうな、尺八は吹けませんですよねぇ~、

日本での腹の位置(精神的)は、切腹の対象ですわ、腹にこんな位置づけしている民族は他にないのじゃないか??
ってことは、われわれ日本人が“腹を割って話そう”と持かけて、この意味が、中国人に正しく通ずるとは、とてもじゃないが思えませんですわ、

以前にも少しこのブログで書き出したことがあったですが、
中国人の一般的な思考順位は、先ず全体像を観て、次に個々の状況を観る、考える、
日本人は、先ず個々を先に観てソレにこだわります、アッチ観たりコッチ観たりでその都度都度、それらにこだわる、で、徐々に共通項を探し、やっと全体像を観るに至る、

このたびの尖閣諸島をめぐる事件もまさしく日本的な把握でした、
巨視的に見てこれがどういう意味を持つかの全体像が描けていない、描くに至るに時間が足らんかったのですよね、
船長ひとり釈放するに、そんな大したことにはならんだろうと思った、
が、中国は、船長なんぞどうでもエエのだよ、即刻死刑執行してもらった方が、国際世論を中国側へひきつけるに好都合だったのかもよ、
が、船長は生きたまま帰国してしまった、

船長の無事な帰国は、中国政府にとって外交交渉の成功でもなんでもない、むしろ失敗でしょうね、
で、謝罪と賠償金を要求した、なるべく問題を長引かせたいですからね、尖閣諸島を賠償金として得るまでは引き下がらないつもりですよ、このこと管総理はわかっとるのかな???

総力を挙げて中国は日本を脅している、
が、日本は、基本的には中国の興奮はそのうち静まるだろうって思っている、
これも、日本的思考の最たるものですわ、間違っていますです、

数十年先の日本領海はずいぶん窮屈なものになっとるでしょうね、
尖閣諸島はもちろん、沖縄(琉球)は中国に割譲されていると思いますよ、

なんでこんなことが分からんのか、わたし、不思議でかなわんですよ、
日本人の物忘れはひどすぎますですよ、
たった115年前のことじゃないですか、この歳生まれの人で未だ生存している者もあるかもよ、

<日清戦争>
今から115年前に、日清戦争ってのがあったのだよ、
日本と中国が、朝鮮半島の分捕りを狙って戦争した、
日本が勝って、この時に、琉球(沖縄)が日本領土だって確定した、
琉球(沖縄)は昔から日本領土だったなんて言いますけれど、あんがいそうでもないのですぜ、琉球は徳川日本の幕府の薩摩藩にもエエ顔していたし、大昔から中国の明王朝や清王朝へもエエ顔見せていた、どっちつかずの立場を維持していたのが本当のところらしいよ、これが、日清戦争でケリが付いたってことですわ、清王朝はシャクだったでしょうね、
で、なんと台湾をまるごと日本は分捕って、広島・長崎の原爆でとうとう降参するまで日本は台湾を日本領土として支配したのですよね、第二次世界大戦ですわ、あぁ、尖閣諸島ってのは台湾のすぐ近くです、日本本土からは辺境のかなたですわ、
わたし、中国が、尖閣諸島のことを中国古来の領土だっていう気持ちわかりますですよ、ついでながら、沖縄を返還せよ!!!って声が中国に起こっても不思議じゃないと思いますよ、

もう少し、話しておきましょうね、
日清戦争で日本は台湾を中国から分捕っただけじゃなく、中国黄海のさらに奥の渤海に突き出た遼東半島も日本は分捕ったのですよ、戦勝に酔う日本国民は興奮の極みにあって、このような戦時賠償を中国に押し付けたわけですわ、
が、さすがに世界諸国がビックリした、ロシア・フランス・ドイツが日本のこの欲どしさにしさに文句をi言った、
ひょっとしたら、日本ばかりがエエ目するのはけしからん、うまい汁は我々にも吸わせろ、って魂胆があったのかな、
で、結果日本は遼東半島を中国に返還せざるを得なかった、
コレ“三国干渉”って言いましてね、日本人ならダレでも知っていると思っていたが、案外そうでもないようですね、尖閣諸島問題を論ずる際にはこれくらいのことは承知して方がエエでっせ!!!


ところで、日本政府ですが、
尖閣諸島がらみのあの事件で、事実関係が正しく中側に伝わっていない恐れがある、なんてノ~テンキなことを言っている、
“事実関係が正しく云々”を言うのだったら、政府は、歴史的事実を、あの、日清戦争のことを、今一度検証し、日本国民の視野が世界に通用するよう、育てる工夫をするべきでしょうね、

でもなぁ~管総理には、荷が重すぎるように思う、
こんな時期に、国連で拉致問題に触れた演説したのだってさ!!!
呆れて物が言えんですわ、


あぁ、
艇友に5963(ごくろうさん)って名のプレジャーボート・オーナーが居ましてね、
もう隠居なのだが、歳で退職するようになってもダァ~レもご苦労様でしたって言ってくれんだったそうな、
で、自分で、退職金で、ボート買って、艇の名に5963と名付けたらしい、
冗談でおっしゃっているのはわかりますよ、が、オモロイおっさんだ、ふところが大きい、
氏とは、よく同じ場所へボートを走らせますがね、昨日出会った際、
「最近の波平さんのブログおもしろいね、毎日読んどるよ」って声をかけられた、
で、氏に退屈させてはアカンと思って、書き出したら、こんな長いダラダラ文になってしもうたってわけだよ、
少し、しゃべりすぎたかな、

| | コメント (1)
|

2010年9月26日 (日)

情報

今、26日・日曜日の朝4時、飼い犬ショウタとの朝の散歩を済ませたところです、
これから、特製即席味噌ラーメン湯がき食って、魚釣りに出ようと思っとる、

17日に出て以来今日まで沖へは出ていない、
ほぼ10日間近くも海から離れると、もう魚釣り師としては現役資格が消えていますです、海の現状から疎くなっていて、今、ナニが釣れるかがわからんようにナットる、

本物の漁師は、漁から帰ると、すぐにまた漁港のいつもの溜り場へでかけ、仲間との雑談の時間を持ちます、
ホラ、見かけませんか、
漁村へ行くとあちこちで頭に鉢巻のオッサンらがたむろしているのを…、
手に手に缶ビールを持ったりして、猥談をやっていたりするのを、

情報交換しているのですわ、互いの漁を確かめ合う、どこでどのようにして漁をしたか、今、ナニを狙って沖へ出るべきか、などなどですわ、
どこそこの畑にユリが咲いたなどの何気ない話に、漁師は超鋭い感性を働かせます、
そうか、その季節が来たのか、それなら、どこそこの海域でアレが釣れるはずだ、なんて判断する、

現代社会は情報社会だって言いますけれど、
漁師や専業農家の方々ほど、生きた情報に密接した生活をしている、都会の“雇われサラリーマン”なんていないと思いますよ、

ナニが言いたいのか、
やはり尖閣諸島がらみの政府の対応のまずさです、
情報に疎いのだと思う、議員の先生方のことです、
選挙戦で街頭に立って自分の名前を連呼する、で、街の声を聴けたって思ってしまう、
象牙の塔にこもる方々も同じようなものかも、
六法全書に掛かれている文言は覚えている、必死に忘れまいとしてしている、
が、生きた情報には弱い、自分が何をなすべきかを見失ってしまう、

漁師や農家に学ぶべきです、

と、思いながら、ワタス、今日はこれから沖へ魚釣りに出る、
久しぶりに沖へ、
はや海の生きた情報から離れていて、ナニ狙いで出たらええのか不安ですわ、

どうしましょう、

あぁ、もう4時半だ、急がなくては…、

| | コメント (0)
|

2010年9月25日 (土)

那覇地検に詰め腹???

船長の釈放ですけれど、
もうわたしごときがブログ・ネタにするような状況じゃなくなってきたですね、
で、一応今回でひと段落にしようと思いますが、
最後にひとこと、

中国からの恫喝に、管総理の慌てふためいた姿がどうしてもぬぐい切れませんです、
アメリカにひとこと言われたのだと思いますよ、

クリントン氏から言われたのじゃないか???
「“尖閣諸島は安保の適用範囲”、って私が言ったって発表してもよろしいから、即刻中国の言うように、釈放してしまいなさい、あとは面倒みた~げるから」
ってね、

管・前原・岡田・仙石各氏らの談合で、那覇地検に詰め腹切らせたのだと思ますなぁ~、

どうしますかねぇ~、

| | コメント (0)
|

処分保留で釈放、こんなのありかよ!!!

尖閣諸島周辺へはもう恐ろしくて海上保安庁の巡視船は航行できませんね、
行ったら、中国漁船に追い掛け回されますよ、「衝突したろか!!!」ってね、

鉄砲撃ちあっての戦争があったわけじゃない、
その意味で、これ(処分保留で釈放)は平和的解決だっていうのでしょうか???

もう中国は、自由に日本の領海内で操業が可能になった、
韓国やロシアの漁船も、日本の領海内で違法操業しても構いません、
保安庁の巡視船は、ビビッテしまって、取締りはしないでしょうよ、

仮に、目に余る操業を阻止し、漁船を拿捕しようとしても、衝突がらみで逃げまわる漁船をどうしますか、銃撃しますか???
銃撃されることがあっても、反撃はせず、巡視船は逃げる方を選ぶのでは???

仮に仮に拿捕し得ても、
相手国は、日本政府を、事件管轄の地区地検を脅し、収賄し、“処分保留で釈放”を得ることが可能だ、

瀬戸内海・播磨灘、ここで、小さなボート(愛艇「はまちどり」)で魚釣りするのが、わたしの生き甲斐なのですがね、
海上保安庁の巡視船(艇)が時に接近してきます、
救命胴衣を着用しているかどうか、小型艇操船の免許を所持しているかどうか、定期的船体検査を受けているかどうかなどなどを、保安官がボートに移乗してきて、臨検する、
「船長さん、あなたのお名前は?住所はどこ?部屋の間取りは??」って、問われたことがありますよ、違法入国者じゃないかって調べたのだね、

警察官が、コソ泥みたいに、道路際の植え込みの陰に速度検知器を隠し構えて速度違反者を検挙する、
沖で魚釣りを楽しむボート釣りの艇を、大仰に臨検する、

わたし、沖で魚釣り中に、再々、巡視艇の臨検を受けるに耐えかねて、
「わたし、この巡視船を覚えていますよ、ついこないだも臨検されたからな、が、そちらはわたしの艇を覚えていない、わたしの顔を覚えていない…、魚釣りの邪魔をしないでほしい」って、抗議したことがありますです、
コレが効いたのかな、その後、ここしばらく巡視艇は「はまちどり」を見ても、ごく近くまでは接近してきますが、接舷し臨検に及ぶことは控えているみたいだ、
わたし、ごくろうさんって感じで、手を振ったりしますがね、

あぁ、
中国から、漁船の衝突事故の修理費や違法逮捕に対する賠償金の請求があるかもよ、
支払うべきでしょうね、
支払わないと、また、ナニされるかわからんですよ、怖いよ、
一度払うとつけあがって二度三度、
もうこらえてぇ~な、
仙石官房長官は中国へ頭下げに行ったらどうや!!!!
あぁ~ナサケナイ!!!!

| | コメント (2)
|

2010年9月24日 (金)

亡国の政府・検察

尖閣諸島沖漁船衝突事件ですが、
那覇地検は今日(24日)、中国人船長を処分保留で釈放すると発表した、
処分保留理由について、
「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた、
仙石官房長官は、これをヨシとし、粛々と対応した結果だと記者会見した、

中国の脅しに負けたのですよね、
結果、日本の三権分立が崩れた、

検察の独自判断??
政府官邸の事前了解が、ひょっと積極的な指示があったのかも、どうもそうらしい
いずれにしてもわが国の、国としての独立は見事なまでに崩れました、

管政権は、急激に国民の支持率を落とすでしょうね、
内閣は崩壊するだろうと思う、
なるべく早く、管内閣は崩壊する方が良いと思う、

エッ、そうでもないかも、って、ですか???
日本はそういう国柄だってですか???
もう救いようがありませんな、


わたし、
この漁船衝突事件の展開を、アレコレ想像し、不遜なことながらゲーム感覚でオモロがって観ていたのですが、事実はまさしく小説より奇なりでした、
こんな展開になるとは、さすがに想像だにしていなかった、

管内閣もですけれど、検察機構の腐敗・堕落はもう末期現象、
社会保険庁のズサン・ダラケの比じゃないよなぁ~、
日本国は、もうここまで乱れていたのですよね、

どうしようもない、
どこまで堕落してゆくのかなぁ、想像するのが難しいですわ、
あぁ~なさけない、


| | コメント (0)
|

早い者勝ち

前原外務大臣とクリントン国務長官がニューヨークで会談し、
国務長官が、
“尖閣諸島は日米安保の適用範囲内だ”って言明したそうですね、
やれやれですね、前原外務大臣はホットしたのじゃないか、

クリントン国務長官は、日本に肩入れしたのでしょうか???
そうじゃないと思うよ、

もし、尖閣諸島は中国領土だってことになったら、米軍艦艇はこの海域を自由に航行できないですよ、
東シナ海のこの海域を中国に抑えられたら、軍事的行動がとんでもなく制限されます、
尖閣諸島を地図上で観ますとね、もう歴然としている、
海軍艦艇だけじゃない、米軍戦闘機も上空を飛べなくなる、
台湾が丸裸身なりますわ、台湾海峡の入り口をふさがれることにもなる、

竹島は、韓国と日本との問題ですよ、米軍の行動にとってはどちらになっても構わんですよ、が、尖閣諸島は戦略・戦術両面からみてホットケない、、
“中国軍VS米軍”の天王山ですわ、

米軍に、思いやり予算を大奮発し、尖閣諸島に大規模海兵隊基地を設けてもらったらエエと思うがなぁ~、その支援基地が辺野古ってのはどうかいな??

あぁ、
アサヒビールが、中国に大規模出資することに決めたようですね、こんな時期に…、
中国へ、塩じゃなくてお金を贈ります、ビールを、清涼飲料水を贈りますってさ、
わたし、“あさひスーパードライ”が好きなのだけれど…、
日本の水で造ったのを飲みたいや!!!

メイドイン・チャイナは割安ですけれど、すぐ壊れますよね、
偽物・マガイモノばっかしやないか!!!
これって、実感、実感です、間違いないです、
なにせ、わたし自身の生の経験から言うのですからね、

地検特捜部のアレ(証拠隠蔽事件)ですが、
喜んだ人の順位をつけましょう、
1. ホリエモン・堀江貴文氏
2. 村木厚子さん
3. 佐藤優元外務省分析官
4. 鈴木宗雄元議員
5. 小沢一郎議員
……、

とっつかまったら、とにかく早く警察や検察の言うままになって、裁判へ持ち込む、
で、「オレは無実だ、検察官の証拠ねつ造だ!!」と声を揚げましょう、
今なら、ホボ間違いなく大手メディアが後押ししてくれる…、かも、
早い者勝ちでっせ、

| | コメント (0)
|

2010年9月23日 (木)

予想

数十年後の日本は、
A) 中国に併合されている、
B) アメリカ合衆国第51番目の州になっとる、
C) ロシアの国旗がひるがえっている、
D) 朝鮮の国旗になっとる、
E) 水爆攻撃を受け徹底破壊で死の無人島になっとる、

Z)平和で美しい国になっとる、

可能性のいちばん高いのは、
➝E)死の無人島、
いちばん低いのは、
➝Z)美しい国、

もし運がよろしければ、
➝A)かもな、

歴史的にみて、大昔からずっと、日本は中国領土の一部だったのですわ、
“中華思想”からはそうなるですよ、
あぁ、
尖閣諸島などは、中華思想からすれば、これはもう明らかに中国領土です、
与那国島も、石垣島も、沖縄も奄美も…、そして九州・四国…北海道までも、

| | コメント (0)
|

大粒の雨、すごい勢い、

尖閣沖衝突だけれど、わたし、ゲーム感覚で観ていますがね、
だって、大相撲や、阪神タイガースの野球なんぞより、数等倍オモロイ、
さて、
今朝の日経新聞から一部抜粋です、
「中国政府の最大の懸念は批判の矛先が日本政府から中国政府に移ることだ。18日の北京での街頭デモでは途中から政府の弾圧に対する不服を訴える陳情者らも加わった云々」
とある、

わたしこのブログに「独裁国家」って題で、先に駄文を綴ったのでしたが、
日経の今朝の記事は、まさにその読みになっとる、
おもろいですなぁ~、

で、今日は“岡目八目”ってことで、もう少し遊んでみる、

街頭デモの矛先が中国共産党への不満傾向を帯び始めたら、中国政府は必死になってデモの抑え込みをはかるでしょうよ、政府批判首謀者を次々逮捕し死刑ですわ、
もう尖閣沖衝突のこなぞにかまっておれんですよ、

そうなると、日本政府は俄然自信を持つようになる、管政権の支持率は否が応でもアップですよ、社民党は政権に参加し、アメリカなんぞに依存しなくても独立は保てるのだって世論を煽り立てるに決まっとる、

アメリカ政府はどうしますかねぇ~、
管氏を応援するのじゃなかった、小沢の方がむしろエカッタかも…、と、なって、

あぁ、これから先はもう読み切れませんわ、

ひとつ間違いなさそうなのは、
米国原子力空母が用ありげに東シナ海や黄海を四六時中遊弋するようになるのじゃないか、
応じて、中国海軍が出張ってくる、
と、日本国内では、
ヤッパシ米軍が居らんと日本はヤバイと思うようになる、
って構図かな、

それと、もうひとつ、
中国への日本企業の工場移転などが小康状態になるでしょうよ、
中国に造った工場へ日本人社員を派遣したくても、ビザの発給が受けがたくなり、どうにもならんようになるかもよ、

中国は、人権無視の巨大人口の国ですよ、他民族の国だよ、
共産党の1党独裁体制が、漢民族中心が、そういつまでも続くわけがない、
中国への安易な投資はリスクが大きいってことかな、
あぁ、
北朝鮮と仲が良いような印象があるけれど、中国政府は、北のことを辺境の1自治区って感じでとらえているのかもよ、間違いないと思うがなぁ~、

先のオザーリンのあの中国大訪問団ですけれど、朝貢外交のつもりだったのでしょか、遣隋使・遣唐使のつもりだったのかな、

ピカッツ!!!
ゴロゴロ・ドスーン!!!!

にわかに空が暗くなりましてね、稲光、稲光、
大粒の雨、すごい勢い、
わが家の愛犬ショウタは雷が大嫌いですわ、
エライコッチャ!!!!

| | コメント (0)
|

2010年9月22日 (水)

ヘソ噛んで死ね!!!!

尖閣諸島の漁船拿捕事件ですが、“トンビに油揚げ”が、アレコレ思われて、
で、今朝、前述のブログ(「あの鳶はナニを」)を掲出したりしたのですが、
読み取ってもらえたでしょうか???

アッハッハ(苦笑い)、わたしの思い込みの先走りでしかなかったかな…、

韓国との間に竹島問題がありますよね、
ロシアとの間には北方領土がある、
北朝鮮の潜水艇はいつだってほとんど自由に日本国沿岸を犯している、
米国は既に日本へ進駐し、日本の空を、海を、陸を、自由に横行している、

昔、日本は鎖国の国だった、
開国し、自由主義の国になり、世界諸国とのつながりの中でしか生きられない国になった、
ゴメンネ・スイマセンネ、ドウゾヨロシク、
ペコペコ、ペコペコ、
クジラ食べさせてぇ~な、
すっかりお情け頂戴の国になっとる、

こんなことなら、日本は、もっともっと、国境を開放し、出入りを自由にし、各種規制を撤廃し、なんでもありの国になった方がエエ、
いっそのこと、日本列島の管理は国連に丸ごとゆだねたらどうでしょうね、
各国の好き勝手に日本列島を使ってもらいましょう、

今の日本政府ですけれど、今の日本の態様ですけれど、そういう方向へ傾きつつあるような気がしますが、どうなのでしょう、押されるままにナヨナヨだよ、
骨のあるヤツなんぞ居らんじゃないですか、
播磨灘のタコの方がシッカリ立っとるぞ!!!

めんどくさくなったら、ワタス、あの世へ旅立ちますです、
もう、古来稀なほど長生きしましたし…、
でも、若い衆らが、どうなりますかねぇ~、
ほんの少し、気がかりですわ、

検察庁は組織グルミの証拠隠滅・ねつ造の工場だったのですってねぇ~、
オモシロイですなぁ~、
いつぞやの社会保険庁も顔負けだね!!!

「責任者出てこい!!!」
…と、ゾロゾロ・ゾロゾロ際限なく出てきたりして…、
で、「もう、出てくるな!!!」

「バカたれ、ヘソ噛んで死ね!!!!

ナニが法治国家なんぞであるものか!!!!!!!!!!

| | コメント (0)
|

あの鳶(トビ)はナニを、

先週4日続けて沖へ出て、さすがに疲れてしまって、いま少し、今週いっぱいは休養のつもりです、次回は、来週26・27頃から秋の釣りにエントリのつもり、

が、秋の彼岸だ、墓参りやアレコレがあり、ジット寝転んでばかりにはいかん、
昨日は、伸び放題の庭木をノコギリしたり、脚立に登ったりした、
で、陸疲れが加わってしもうた、
ノコギリするのは釣り竿振るのとは別だ、おもしろくないし、非常にシンドイ、
切れが悪い錆びたノコギリだしねぇ~、これで、ザクロの木に挑みました、ケチョン・ケチョンに切った、

疲れがあると尺八が吹けん、
以前はこんなことはなかったのに…、

どの程度疲れているかは、尺八吹いてみるとすぐ分かる、
コリャダメダと思うと、午前中でも午後のいつでも、すぐ横になって昼寝する、
三つも数えぬ間に、スヤスヤ寝てしまう、
で、自然に目が覚めると、元気が戻っていて尺八吹きます、
吹き終わったら、小説読んで、TVドラマで、湯割り梅干し入り焼酎で…、
今日は徹底してこのスケジュールのつもりです、

ユーチューブに“嵐の中の巨大客船”ってのがあったから、今、観ていました、
こんな客船には乗ったことないからようわからんが、おもしろそうだなぁ~、

仙石官房長官が、尖閣諸島の問題で撮影ビデオの公開を渋っているとか、おっさんナニ考えているのかな、日本人はコセコセしすぎるのだ、隠したりするから、ねつ造を疑われる、機を逸する、国を傾ける、
事実そのままを議論の場に出し、もし、巡視船の側に落ち度があれば、それなりの対応すべきだし、そうでないなら、頑張ればよろしいじゃないか、隠すなよなぁ~、イジイジしないでほしい、

検察庁が証拠隠滅・ねつ造だってねぇ~、
事実を正確に捉えるためには、こうした方がわかりやすいだろうってことで、ねつ造したのでしょうか、ねじまがった正義感ですなぁ~、
東京地検にも、捜査の目を向けるべきかも…、

それにしても、村木厚子元局長って化粧気のないお方ですなぁ~、
復職なさるのですよね、
障害児をもつ親御さんらの熱い視線を感じます、頑張ってほしいお方の筆頭ですだ、

あぁ、昨日のことですが、
すぐそばの電柱にネ、大きな鳶(トビ)がとまっていて、猛禽類ですなぁ~、迫力あるなぁ~!!!
それがネ、いつの間にか空へ舞いあがって、高い高い空に輪を描いていた、
あのトビ、今朝はどこでナニ思っていますかねぇ~、

| | コメント (0)
|

2010年9月21日 (火)

独裁国家

尖閣諸島のことで中国政府がわが国に抗議していますね、
だんだんヒートアップしつつある、対して、わが国は冷静な対応を求めているが、先行きどうなるのでしょうね、
中国へ進出している企業は気が気でないのでは、
今や日本は、メイドイン・チャイナ無しでは立ち行かなくなっている、
わたしの釣り竿、リール、そしてリニア録音機…、わたしの持ち物はどれもこれも…、なんてこった!!!

中国政府(中華人民共和国)は共産党による1党独裁の政府ですからね、
国民に対する政治的締め付けはやたら強いですよ、
政府に反発したり批判したりしたら、たちまち逮捕で死刑、死刑も即刻執行されてしまうみたいだよ、
中国の人権問題を語り出したらキリがないですよ、チベット問題ではダライラマが頑張っていますが、どうにもならんのですよね、

三権分立の国ではありません、言論の自由は認められていない、

領土問題ですが、中国から見れば、尖閣諸島なんて些細なことかもよ、
なんてたって一番は台湾でしょうね、台湾は中国領土です、そういっている、
領土問題は、インド・パキスタン・韓国・北朝鮮・フィリピン・ベトナム・マレーシア・そして日本との間に、イロイロある、
モンゴルやロシアとの間ではどうなのでしょうね、

沖縄周辺を中国海軍艦艇が大きな顔して周遊する、潜水艦がこれ見よがしに浮上する、海上自衛艦に中国軍ヘリコプターが異常接近し挑発する、
これらは、日本との間に、一定の緊張関係をもたらそうとの故意的なことなのじゃないかな、
こういう中で、願ってもない事件が日本側からもたらされた、中国漁船を海上保安庁の巡視船が拿捕した、
で、ソレッ!!てんで、これを問題視し、抗議し、国内大衆の目を外へ向けさせようとしている、国内の人権無視や、国内の各種の混乱から、国民の目を外へそらせようとしている、
日本政府は、スケーフ・ゴートにされているのではないかいな、
なんぼイジメても、日本の政府も国民も反発する気力がない、そこをすっかり見透かされている、

中国製毒餃子事件がありましたね、
オザーリン(小沢一郎氏)が民主党議員を大挙引き連れて中国を訪問し、胡錦濤国家主席など中国要人と会見したのはつい先日のことだった、
オザーリンに今一度訪中してもらって、鉾を納めてもらうよう交渉してもらったらどうや!!
コレ、冗談でっせ!!!!
ツケが怖いや、


<追記>

独裁国家の政府にとって一番ヤバク恐ろしいのは、一般民衆の大規模蜂起でしょうね、
一般民衆(国民)の不満が、政府に向けられないように気を付けねばならん、
で、不満エネルギーは、政府にではなく、近隣他国へ向かうように誘導する、
不満は、日本への抗議、反発に向けさせて、中国共産党への不満エネルギーをガス抜きする、
これが、尖閣諸島漁船拿捕への中国政府の方針ではないかいな???

が、しかし、中国一般民衆らが、
この事件は、ホントは中国側漁船の無茶操業にあったのかもと思い始めたら、
いったん構築された民衆の抗議・反発システムは、そのまま一定の塊となって、反発先を抗議先を自国政府へ方向転換する恐れが生じる、

独裁国家は、なんと言ったって、自国の一般民衆の蜂起がいちばん恐ろしいのですからね、
とにかく民衆が集団化するのが怖い、集団になって議論が始まるのはデッタイ禁止です、

今の中国民衆の日本へ向けての反発デモは、一定の規模にまでなったら、デッタイに中国共産党は抑えにかかるでしょうよ、…と、思いますがねぇ~、

日本政府は、中国語で、漁船事件の実態を広く強くキャンペーンしたらエエのだ、
調査過程を隠さず明朗に公開する、これが、中国共産党にとって一番応えることじゃないかいな、

| | コメント (0)
|

2010年9月20日 (月)

形而上学

わが国・日本には“形而上学的”な音楽は無いのかな???
古典尺八本曲には、「虚鈴」とか「虚空」とか、一見“形而上学的”な趣を思わせる曲がありますけれど…、
で、その気(形而上学的気分を求めて)になって、いつも吹こう、吹こうとしていますが、うまくいかんです、

「鹿の遠音」「鶴の巣篭り」、これも古典尺八本曲なのだけれど、題名からもわかるように極めて形而下的な趣の曲ですわ、
こんなのをどう吹いたって、鹿や鶴の気分以上には昇れんような気がする、
言いすぎましたか???

箏・三弦曲に地歌って分野があり、ここへ尺八が加わって“箏・三弦・尺八”の三つで通称を“三曲”と呼ぶ邦楽の1分野がある、
これもですね、極めて現実的な情念の世界ですわ、男と女の情の絡み合いが主題です、
遊郭の雰囲気が濃厚でしてね、綿々とした男女間のもつれが、恋が、曲になっとる、
およそ形而上学的な雰囲気には遠いです、

バッハや、べートーベンや、モーツアルトなどの曲には、壮大な、神を歌い上げるような感じの曲があるじゃないですか、
が、わが国・日本にはこの種の曲は無いですなぁ~、

西欧社会では音楽は宗教音楽から発展してきた、
が、日本の宗教音楽はお経ですよ、
坊さんが変な節つけてお経を読む、あれですわ、声明と言ったりする、アレだよ、
あぁ~哀しい!!!

お経ですけれど、何を言うているのか聞いていてもさっぱりわからん、が、アレを現代日本語に訳し、現在の話し言葉でウナッてみるとよろしいのだ、
実にオモロイことになると思いますよ、ひょっとしたら笑っちゃうかも、
およそ形而上学的な気分とは程遠いでしょうね、

だれかバッハなどを、尺八譜にしてくれませんかねぇ~、
西洋音楽を、パソコンで自在に尺八譜に翻訳するソフトが欲しいですねぇ~、
このソフトの開発、そう難しいことじゃないと思うがなぁ~、

今日は、敬老の日、
歳食うと、多少はあの世のことなども、思ったりするのだよなぁ~、

日本人は、あまり本気で、神・仏のことを想うことがないみたい、
この点で、西欧社会に住む方々とは、思考レベルが劣っているように思いますわ、

そして、
尖閣諸島での中国漁船のアノ事件、
中国政府の対応と、わが国政府の対応の違い、
これって、“ボタンの掛け違い”ですよね、
どちらの国がボタンを掛け違えているの????

中国社会は、どちらかと言うと、先ず全体を観てその後に、個々の状況を眺める、
日本社会は、全体を観る前に、個々の状況に目を奪われ、個々の積み上げの中で全体を判断しようとする、
ホレ、管政府が言うているじゃないですか、
「まず事件の実態をよく調査し、わが国の法律に照らし、粛々と行ってゆくしかない」
中国政府は、きっと、イライラしとるに違いないですよ、
「重箱の隅を突っつくようなことばっかしとれ!!!このアホ!!!」
って思っとるかもよ、

なんでこうなるのか???
日本人は、形而上学的思考に、欠陥がありすぎる、ここが最大の原因じゃないかって、ワタス思いますわ、


| | コメント (0)
|

2010年9月19日 (日)

迷いつつ

このブログの書き方のことですが…、
 段落を取らない、句点(。)を打たず読点(、)だけ、
 文と文との間にどんどん行間をもうけ、つなぎの言葉を書かない、
 主語を可能な限り書かない、特に1人称(わたし)、はできるだけ避ける、
 いきなり結論から話す、具体的に箇条書きする、

最近は、必要な説明文もカットの傾向です、
と、いうより、いったん書いた文章の中から、センテンスをまるごとバサッとカットすることを試行中です、
なんとなく意味が分かったら、それでエエ、その方がおもしろい、

数字ですが、一、ニ、三、じゃなく1、2、3、の方が読みやすい、
漢字より➝ひらがな、
ひらがなより➝カタカナの方が目立つ、
➝、…、“”、 を多用する、

写真を大いに使いたいが、デジカメのエエのを持っておらん、残念!!

書く内容(テーマ)ですが、
魚釣りと、尺八が好きなヅヅイの、“日々の生きざま”です、タダそれだけ、
閲覧して下る方々が、
「へぇ~70の爺さんって、こんなことを日々思ってすごしているのか…」
って、気楽に見てくださることを願っている、
気楽に、気楽に、…が、大切かと思う、

以前、仲間と“高齢者予備軍の「遊び探し」マガジン”を、遊びで発刊していたことがありましてね、
サラリーマンを定年退職した後の、ある種空虚な気分のなかのことでした、
キット、定年前・定年直後は、ダレでもこんな気分やろかって思ったのですよね、
で、同期の仲間3名で、同じような境遇にある者らに今の想いをアレコレ原稿に書き出してもらって、束ねてマガジンに組み立てて遊んだのですわ、
想いを書きだしたらストレス発散デケルかな、と、思ったのだね、

マガジンは、既に廃刊です、
が、あの時のマガジン創った趣旨は、未だにわたしの気持ち中にあって書き続けているのですよね、これが、このブログの正体ですわ、

あのとき、いっしょにつるんで遊んだ仲間が、
「お前、もうダラダラ書くのをやめろ、みっともない」って言う、
正直言って、自分でもそう思うことが度々ですわ、
どうしましょうかねぇ~、


| | コメント (0)
|

秋の彼岸

大手スーパーのイオンが、葬儀事業を行っているようですね、
で、これに僧侶らが「仏教本来の精神を踏みにじった」と異議を唱えているらしい、
昨日の毎日新聞にそう書いてあった、

坊さんらの異議ですけれど、
ナニか変ですよね、ごまかしだよな、
要するに、大規模店舗が中小企業をいじめる構図、寺々の商売がし辛いってことだよ、

変な理屈で、文句付けてもダメでしょうよ、
有効な対抗手段は、個々の寺々・葬儀社の自主的な請負(葬儀)価格の値下げでしょうよ、

<以下はご参考のために>

たとえば神戸市の場合、
市役所と個々の葬儀店との契約で、神戸市・規格葬儀ってのが取り決められています、
神戸市民だったら、規格葬儀取扱店に「規格葬儀でお願いします」と言うと、その取扱いで葬儀をおこなうことができる仕組みです、
葬儀店の不当なボッタクリを避けられるし、お布施なども家庭のサイフ状況に応じ格安でお願いすることも可能だ、
が、わたしは、神戸市民じゃない、神戸市に隣接の三木市民ですから、この神戸市規格葬儀は当てはまらない、が、が、お願い先が神戸市規格葬儀の取扱店なら、
「神戸市の規格葬儀の準じてお願いできませんか」と申し出てみることは可能だ、
ボッタくり型の葬儀店以外なら、それなりに応じてもらえるのじゃないでしょうか、…と思いますがねぇ~、

あぁ、ご存じでしょうけれど、
“戒名(法名)”ってのは、仏門に入った証し、“戒律”を守るしるしとして与えられる名前だそうです、
その“戒律”ですけど、
➝ウソをついてはならん、殺してはならん、犯(淫)してはならん、酒を飲んではならん、などなどのことですわ、

なにせもう死んでしまっとるのだ、
なんぼアレコレしたらアカンゾ!!!って言われても、ハイハイと聞き流していたらよろしいのだ、
デッタイに、もうこの世では授けられた戒律を破ることは無いでしょうよ、
でもなぁ~、あの世でのことはわからん、
あの世へ旅立つ亡者へ、あの世でのお前さんは
➝“アレしたらアカン、コレしたらアカン”
と、荷物背負わせて送り出すのって、わたし感心しませんです、
わたし自身のことですけれど…、
戒名なんて付けて欲しくないですわ、あの世でも自由で居たい、波平のままで充分ですわ、

秋のお彼岸ですよねぇ~、
ナム~、

| | コメント (0)
|

2010年9月18日 (土)

隠居症候群

これからまたマリーナへ出かけ、真夏の陽射しを避けるために工作していた簡易日覆い(屋根)を取り外してこようと思う、
で、代わりに、
アウトリガーを取り付けようと思う、すぐに設置デケルように工作する、
で、で、
“ブリ祭り”が始まる前に、サワラを数本捕ってやろうかと思う、

が、今日は沖へは出ない、デッタイに出ない、
再来週までは出ない、

来週は、彼岸法会や、墓参りや、ジナシどんの尺八独奏会を覗き聴きする等などで忙しいから…、
ってのは、沖へ出たくても出られない言い訳にすぎませんがね、
燃料代がねぇ~…、

秋の海、沖へ出たいが出られない 隠居の袖は振るに短し   波平
本歌 
茜さす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る   万葉集・額田王の歌

| | コメント (0)
|

バランス感覚???

A氏「お前は、しばらくダマッとれ!!!」
B氏「いやや!!あんたの方こそ引っ込んだらどうや」
で、戦になった、選挙戦になった、

A氏が勝った、
B氏はもう立つ瀬が無くなった、B氏の子分らは冷や飯食わされるはめになった、

さぁ、組閣です、
“バランス感覚”が必要ですよね、挙党体制はバランス感覚を欠いては成り立たない、

が、しかし、
“バランス感覚”はあくまで“手段”、それ自体は“目的”じゃない、目標じゃない、

閣僚に任命した、Cさん、Dさん、E・F・Gさんらに…、
“ニコニコ顔”を振り撒きます、皆さんに機嫌よく働いてもらいたいから…、
すこし“怖い顔”見せておく、これからはオレの言うとおりに動いてもらいたい…、
相手の気持ちの早読みし、ニコニコ顔と怖い顔を使い分けする、
コレが“バランス感覚”…で、しょうか???

“バランス感覚”とは、
➝“信念の人”より、“酸(す)いも甘いも噛(か)み分ける得る人”の方に分があるのかな、

“バランス感覚”は満点でも、リーダーシップが欠けていたらどうしましょう、
そんなオッサンが、社長や総理だったら、あぁ、どうしましょう???

皆が皆、オレがオレが、の、業突く張りですだ、一皮むけば皆が皆、間違いなく自分中心のジコチューですぜ、
政治的感覚だって全く同じ人は居らんよ、
自分の思いを通すにはゴチャ言う者を、どこかへ押し込めてしまうしかないのだよ、
軍配を思うがままに自在にするチカラ、これがリーダーシップ、

信念の良し悪しはもう関係ない、
権力を縦横に使って、独裁的に周囲を、国民を支配する、
この意気込みこそが、短期的にはでしょうけれど、まさに今、求められているのじゃないかな、
…と、思ったりする、
で、
この蛮勇に絶え得るのはA氏よりB氏の方かなって、わたし思っていたが、
さぁて、この後、どうなるのでしょうね、

| | コメント (0)
|

2010年9月17日 (金)

飯3杯

魚釣りから帰って、今、シャワーしたところです、

タチウオは釣れなかった、サゴシも釣れない、
で、アパート※で、豆アジをザル2杯分ほど捕って帰った、この時、たまたま大アジが1尾釣れた、それだけ、
※ アパート…釣り人らに”魚のアパート”と呼ばれる播磨灘の釣りポイント、

艇友のラプタどんが、全長140㎝ほどの巨大なタチウオを釣った、
頭からお尻の穴までの寸法が49㎝あったげな、
わたし「はまりどり」艇の釣った、40.7㎝の記録を抜かれてしまった、

今日は潮が悪いのですわ、長潮日です、
で、貧果は覚悟の上だったが、釣る人は釣るってこと、
あぁ、クヤシイ!!!

わたし、室津の瀬でタチウオ狙っていたわけだが、周囲の船も釣れていないし、今日はダメだとあきらめて、アパートの徹底調査をしやろうと、団地(?)周辺の海底状況を探索しまくりました、
その海域には、賃貸や分譲や、県住や市住や、イロイロな住宅(アパート)が、あるいは団子になって、あるいは散らばって、要するに魚魚らからすると、そのあたり一帯は魚のアパート・団地みたいになっとるのですわ、
GPSに要所要所のポイントをマーキング(打ち込み)しました、これが今日の釣り行きの成果かな、

明日は若潮日、日・月は中潮日、ここらあたりまでは釣り辛いです、
火・水・木・金は大潮日で、凪なら潮汐変化をアレコレ読んで、出撃すると釣れますです、
が、艇はガソリン食わさないと走らない、これがキツイのだよなぁ~、
今日1日でなんと90㍑は使ったと思う、ドラム缶のほぼ半分ですぜ、
わたし、しばらく自宅謹慎いたします、

尺八ヅヅイになりましょう、

尺八も気合入れて吹くと腹が減ります、
が、波平の腹は、お茶漬けサラサラで満足する、
お茶漬け海苔ひと袋あれば飯3杯は食える、
安上がりでありがたいや!!!

| | コメント (0)
|

日本列島にくくりつけ

Maguro

コレ、釣友が先日(9月13日)福島県小名浜沖で釣ったクロマグロです、120キロとか聞いた、
釣り上げるのに1時間半ほど掛かったらしい、
人物も込めて全体写真をご紹介したいが、被写体ご本人の許可を得ていない、

カジキ(ブルーマーリン)を狙っていて、コレが掛かったとか、
即日、仲間らで食ってしまったみたいだ、食い尽くせたかどうかまでは聞いていない、

この釣り人は、日本国内は言うに及ばす、世界中釣りまくっている豪傑でいらっしゃる、
プロじゃないですよ、趣味の釣り人、関西人、

氏が釣りのアレコレを著したら、現代版“釣魚大全(釣り聖典)”ができると思うが、
余暇は、すべて釣り竿握る方へ特化中、実社会でも現役バリバリの実業家なのでっせ、

わたし、
今日も沖へ出てみようと思う、
沖へと言ったって、氏は太平洋、わたしは瀬戸内海、
あぁ、上の黒マグロは水深千メートルの沖で掛かったらしいよ、
わたしが出るポイントは水深30~40メートル、氏と比べたら、月とスッポン、
だけど、浅いと言っても海は海、海に浮かんで竿を握るこの道楽、死ぬまで治りそうにない、バカは死ななきゃ治らない、なんと今日で4日間連日の魚釣りだ、

がんばって、がんばって、束にして背負うほどドラゴン・タチウオ釣ったるのだ!!!
釣ったタチウオつないで、なが~いロープに編み込んで、日本列島にくくりつけ、この隠居波平がふらつく日本国を引っぱってさしあげましょう、

| | コメント (0)
|

2010年9月16日 (木)

人それぞれ

人それぞれに個性がありますよね、
能力差もある、バカも居れば秀才・天才も居る、このごろは痴呆症もぎょうさん居る、

かようにバラバラな者らが、団子になって住んでいるからは、
調整がうまくいかず、イサカイになったりがしょっちゅうだよ、

思想や、信念が似た者らが集まって、政党を創ったのだね、
右寄りの者らは、産経新聞や読売新聞読んで、自民党、
左寄りの者らは、朝日新聞読んで、民社党、
赤旗読んで、共産党、
聖教新聞読んで、公明党、
毎日新聞や、日経新聞、そして各地の地方紙…ナニ党にしようかな、

でもね、こういう決めつけはダメだよ、
政党なんてのは、欲得がらみが差配する世界、むしろそれが中心みたいだ、
俺が、俺がの世界、違いましたか、

思想・信念・国家観云々などは、
➝オレガ、オレガの権利欲・金銭欲にさいなまれ、
➝➝もうとっくに、お亡くなりになっておられます、
ナム~の彼岸におわします、

せっかく掴んだ国家権力、その実質中心になる幹事長にダレを当てましょうか??
「どうや、あんた幹事長やってくれへんか??」
「イヤヤ!!もそっと楽なポストにしてくれろ」

今のところ、「ハイやりましょう」の人が居ないらしい、
管総理は、幹事長を兼任したらええやんか、
この際、権力の集中ですわ、好き勝手にしたらええ、

人それぞれに個性がありますからね、
日和見主義者かもの管総理に、阿吽の呼吸で追従デケル者は少ないのじゃないか、
まわりの者らは管総理が転げるのを危うがるのじゃないか、
“俺に命を預けてくれろ”
“イヤヤ、命まではよう預けん”
で、幹事長がなかなか決まらない、

総理・幹事長の兼任がシンドイなら、オザーリンに幹事長を預けたらええ、
ウン、名案だ!!!

そんなことデケルはずがない、
と、思うのが素人の浅はかさ、政治家ってのは、ドス黒い玄人でっせ、はらわたは真っ黒、
デンデン信用でけんでよ、

わたし事で恐縮だが、ワタスは、愛犬ショウタと、かみさんとの二人(?)を信用するだけで充分ですだ、この幸せがありさえしたら、あとは、どっちゃでもええ、

あぁ、某所で、釣り仲間のひとりが、
「かみさんに逃げられましてね、あいつナニ考えとるのや腹立つなぁ~、ボク、ナニもわるいことしとらんのに…」
と、ボヤいてた、
そりゃおおごとや、ってんで、仲間らこぞって、
「お前が悪いにきまっとる、早く詫び入れろ!!」
「とにかく、今日、今からすぐに迎えに行け!!!」
などと、笑い半分、真剣半分で、酒の肴にしましたがね、
あれから、あの社長(オッサン)どうしたのやろ????
わたしは、かみさんの方が、ダンナのことを見誤っているように思えたがなぁ~、

わたし、ナニの話しをしていたのかな…、
あぁ~そうだ、人それぞれに個性があるって話だった、

わたし自身の個性ですか??
うす平たくて、スカスカ味の、そのくせ噛んだらやたら硬く歯が欠けるかもの、
煮ても焼いても食えん種のものかも、

あのな、“フィッシング・ウイドー(魚釣り未亡人)”って言葉知っとるか、
ダンナは魚釣り、かみさんは独り寂しくお留守番、って意味なんや、
みなはん、気ィ~つけなあかんでよ、
…これ、わたし自身のことでしてね、
自己反省しながら、が、ごく隠居話的に、みなはんにお話ししましたがね、

あぁ、
カミナリが去って、また、ひと眠りしたですわ、だいぶ元気を取り戻しました、
今日も、マリーナへ遊びに行こうと思う、

大丈夫かいな????

| | コメント (0)
|

ステイタス・シンボルは昼寝

A)
豪邸・高級車・ブランド品…、
これらって、ステイタス・シンボルって言われるのですよね、

B)
もう少し性能の良いボート(プレジャーボート)が欲しい、
釣り竿や釣り具一式積んで走れる車が欲しい、
拡大してもボヤケない写真が撮れるデジカメ、どんなのでもエエから腕時計が欲しい、

わたし、明らかに、B)型人間ですわ、

一般的に言って、
A型は年配者に、B型は若い衆らに多いでしょうね、
が、しかし、わたしはB型、

もし、わたしが大金持ちなら、A型になっとるでしょうか???
なっとると思います、

で、問題は、
B型止まりで、A型になれないことに不満があるかどうか、…ですよね、
不満、…わたし、どうもこの不満意識に欠けるところがあるみたいだ、案外Bのままで平気です、

B型だって言いましたが、ホントはそうじゃないかもよ、その実はC型D型…、だと思うよ、
Bにまでにも至らないレベルって意味でね、
Cや、Dに、留まってしまっているてぇのは、これは残念ですわ、不満だよなぁ~、
欲しい物がぎょうさんある、やりたいことがまだまだ仰山ある、
前途洋々ですな、いやまったく…、


二日続けて沖へ出て、少し疲れました、
今日は、もうなぁ~んも欲しくありません、ボヤァ~と昼寝したりして休んでいようと思う、
Aも、Bも、C・D・E…、なぁ~んも要らん、
ステイタス・シンボルの突き当りは昼寝、

| | コメント (0)
|

2010年9月15日 (水)

サワラ

昨日の沖ですけれど、兎がピョンピョン嬉しげに飛び跳ねていました、
あぁ、白波が立っていることを、兎が飛ぶ、跳ねる、って言うのですわ、

が、風向きから判断し、明石海峡を東へ抜け出たら、大阪湾は凪いでいるだろうと読んで、海峡を突っ切ったですよ、
と、大阪湾は凪いでいた、
が、艇が風に押されて流されてしまって、とても釣り辛かった、
が、そこはイロイロ工夫し、けっこうたくさんタチウオを釣りましたよ、

昨日の気象庁の海況予報は外れだったです、
最近にはない予想外れ、

さて、
今日(9月15日水曜日)の沖はどうかな???
凪いでいるでしょうか????

気持ちがね、あの思わぬ波・風で、中ぶらりんになっとるわけですよ、
で、その片付かぬ気持ちを、今日、片付けてしまおうかと思っとる、
が、今朝の今の体調ですが、昨日の疲れが残っていて、身体全体が重たい、
シマッタ!!!
ワイは、もう年だったのに、そのことを忘れとった!!!!
連日の魚釣り計画は少し無理だった、どうしましょう…、

“見当識(けんとうしき)”って言葉がある、
今の自分がおかれた状況をシッカリ掴めているかどうかだけれど…、
自分の歳のことを忘れ、いまだに40・50の頃のような気持ちなっとる、
バカだねぇ~、

あぁ、あの人・オザーリン氏も、無茶な代表選挙だったってことになるのかな…、
氏はわたしより2歳年下だ、“最後のご奉公”だと叫んでいた、
言いたいことを言い尽くしたのじゃないか、
最後のケッタクソ、1発勝負???
桶狭間の決戦、ドラマチックだなぁ~、

わたしの今日は???
やっぱ、沖へ出てみましょう、サワラ狙いです、

| | コメント (2)
|

2010年9月14日 (火)

明日はサワラ

釣行結果

タチウオ釣りに的を絞り頑張りました、

と、なんと、
タチウオ・テンヤにサゴシが掛かった、
※サゴシ…サワラの小さいのをサゴシと呼びます、

タチウオですけど、けっこうたくさん釣れましたよ、
が、
やはり、サワラも釣りたいのですよね、
で、明日は、サワラに的を絞って沖へ出てみようと思う、

よく遊びますなぁ~、大丈夫かいな…、
大丈夫なのですよ、釣友・エロッタどんの艇に乗っけてもらうのだ、
大名釣りじゃなくて、ヅヅイ釣りですわ、
ボートに乗って沖に浮かんで居りさえしたら、わたし、嬉しいのですわ、
あぁ~幸せ!!!!

| | コメント (0)
|

2兎とアブ・ハチ

「2兎を追うものは1兎をも得ず」ってのがありますね、
どれかに的を絞らないとアカンってことですよね、

今日、これから魚釣りに出ますが、タチウオを釣ろうか、サワラを狙い釣ろうかの迷いがありましてね、
この両者は、釣り方がデンデン違うのですわ、両方に通じる釣り方ってのは無い、

タチウオは、タチウオ・テンヤにスーパーで買ってきた生イワシをくくりつけて、艇からその仕掛け具を海中に垂らし落として釣ります、
サワラは、艇を低速で走らせ、疑似餌・具を曳きつつ釣るトローリング釣りですわ、

艇を止めて、シャクリ釣り(ジギング釣り)していて、時に釣れることがありますが、シャクリ釣りは若い衆の釣でしてね、ヅヅイには無理ですからね、

タチウオを釣ろうか、サワラを釣ろうか、…どちらも釣りたいのですよね、
さぁ、どうする、どうする!!!!

「アブ・ハチ捕らず」って言葉もある、
「2兎を追うものは…」と同じ意ですが、なんか感じが違いますな、
アブか、ハチか、どちらかに狙いを定めないと、両方に逃げられる…って意味だと思うが、
そんなもの捕ったって、どうしようもないですよ、
エッ! この解釈は間違っていますか???
昔は、ハチや、アブを食べる習慣があったのかな????
わたし、考えました、
アブやハチを狙っとるのは、鳥だと思う、野鳥ですよ、ツバメとかスズメとかじゃないでしょうか、
蜘蛛なら、蜘蛛の糸に掛かるのを待っているだけだから、アブもハチも、両狙いが可能ですしね、

ところで今日は民主党の代表選挙も日でしたね、
未だにドッチにするか決めかねている議員が居るそうですね、管にしようか、小沢にしようか、両狙いしたいが、どうしたものか…、

未だに決めかねているなんて、そんな議員は、議員の資格なんぞ無いのじゃないか、
そんな迷い迷いのオッサンに、国をリードし、官僚を使いこなすことなんぞデケンでしょうよ、
未だ態度を保留し、キャスティング・ボートを掴んでいる気になっとるなんて、コソドロにも劣る卑劣な根性の持ち主だと思うがなぁ~、

わたしですか???
わたしは、アァータ、どっちでも構わんですだ、キャスティング・ボートとは遠く離れた無関係のヅヅイですだ、
オザーリンの方がドラマチックで面白そうって気はするけれど…、

問題は、タチウオにするか、サワラにするかだよ、
あぁ~悩ましい!!!!

| | コメント (0)
|

2010年9月13日 (月)

過程の検証

”師匠からおさらいを”受けた直後の「三谷曲」を、3日前にアップしたのでしたが、どうにも気に入りません、
で、その後も繰り返し繰り返し吹き直しを試みているわけですが、未だに”コレだった”ってのが吹けないですわ、
が、この過程をベテランにお聴きいただくのもオモロイかもと思って、たった今、吹き直したのを以下にアップです、
あぁ、3日前のは、みっともないから削除しました、

| | コメント (0)
|

血液型検証

わたしはB型ですわ、かみさんもB、血縁関係にある者らの大半がBでO型がほんの少し、AやABは居ませんです、

血液型による性格判断は、わたし、信用していませんが、
魚釣り族には、B型が多いような気がしますがねぇ~、
どうなのでしょう???

が、魚釣りの神様・幸田露伴はA型、
ヘミングウエイはAB型、
あぁ、モーパッサンはB型だ、魚釣りのことを書いた秀逸な短編がありますよ、

関係ないけれど、
管氏はO型、小沢氏はB型、
O vs B
AやABは関係ないのだよ、蚊帳の外だよ、
ホンマかいな????

あぁ管氏は血液製剤のプロでしたね、

沖縄・名護市の稲嶺市長はB型、
沖縄・中井知事はA型、卵かけご飯がお好きらしい、

鳩山由紀夫氏はO型…関係ないですよね、おとなしく引っ込んどれ!!!
福島瑞穂おばちゃんはA型…論評をひかえますわ、だって、大嫌いだもの、
鈴木宗男??…わたし彼のこと好きですよ、アッハッハ、わたしと同じB型だ、
彼・鈴木氏と悪(?)の相棒・佐藤優氏はナニ型?
➝O型だよ、ウン、B型とO型は相性がエエらしい、鈴木氏がボケ、佐藤氏が突っ込み、
お二人ですが、漫才コンビ組んで、国政物漫才ジャンルを開発するとオモロイかも、

またまた、誤解・錯覚・無責任放談でした、

| | コメント (2)
|

2010年9月12日 (日)

機嫌の悪い日

中国に尖閣諸島をもぎとられ、韓国に竹島をとられ、ロシアに北方領土を押さえられ、
アメリカに沖縄をそして日本各地を好きに勝手にされ、

クジラを、マグロを、石油を、あれやこれやを押さえられ…、
日本製品へケチつけることが流行り、自動車はリーコールの声に翻弄され、
次第、次第に日本製品は三流品の位置づけに…、

辛抱強く耐えるだけしか能がなくて…、
だって、ケッタクソで掴みかかる勇気も武力もないからは、
ただ、押されるままに逃げまわる間、ますます周辺諸国からのイジメは激しさを増し、
気が付けば、弱気な国№1だよ、
もう世界中から虐げられる国に、アホ・バカな国になっとるのだ、

が、なんで“円”だけが強いの???

こりゃたまらんと有意な企業はとっくに日本を離れ、
中国・韓国・インドなどなどへ本拠を移し、それぞれの国へ埋没し血肉となり、もうすっかり日本の企業であったことを忘れていて、ジャパンバッシングの先頭に居るでしょうよ、

日本政府は、衆院解散ばかりひっきりなしにやっとるから、
首相の椅子は温まる間がなく、月に2~3度も交代があり、国民のダ~レも時の首相を正確に言い当てられないですよ、
地検特捜部はやたら張り切って、好き放題にシャクなやつらを血祭りにあげ、生皮を剥いだり、火あぶりにしたり、拷問拷問に現(ウツツ)をぬかすばかり、その資金源はどの国から出ているのだい??

都道府県知事の職ははタレントの登竜門化し、若いベッピン女性は特に選挙に強いですよ、
政治団体化した吉本興業は、知事・大都市市長のメーカーですよ、この子を売り出すにはどの県の知事にするのがエエのやろ…てな具合だよ、

テレビドラマは、
殺人事件の刑事物か、必殺ものドラマばっかしで、
隠密裏にダレかを抹殺することこそが正義だって風潮になっていて、
爆弾抱えての自爆型とは違った形の、インケツ暗殺専門のプロが続出し、この分野ばかりは、国際的にみても日本は評価される国になっとるのじゃないか、…と、思う、

あぁ~、どうしましょう、

愛艇のエンジン不調で、わたし極めて機嫌が悪いようですわ、
タチウオを釣りあげますとね、
ソヤツの首根っこを掴んで逆さに折り曲げ、グキッ!と音が出るまで逆曲しへし折るのですよ、そういう〆をするのですよ、で、クーラー・ボックスへ入れますです、
これって、精神的に、良くないですなぁ~、

昨日は、妹のダンナと二人でこのタチウオ釣りに出ましたがね、
ダンナ氏はゆっくりゆっくり動くタイプの大物ですよ、
で、わたし、氏がボサ~としとって、タチウオに噛みつかれはせぬかと心配だった、
あんのじょう、ひと口、噛みつかれたみたい、
ペーパーナイフのようなチッチャナのに噛まれた、

「やられた!!」って言う、
手のひらに痛そうな歯形がついていた、
どうしたらあんな位置を噛まれるのか見当がつかんですよ、
まいったなぁ~、

| | コメント (0)
|

2010年9月11日 (土)

W131_tatiuo

今日のタチウオ釣りの場所です、
オレンジで色付けしたところがそれ、

今日は、艇のエンジンの調子が思わしくなくて、10時過ぎに早々と引き上げました、
20本は釣ったと思うが、小さいのが多かった、
指4本はホンの数本だけ、

オレンジのポイントは、通称・室津沖っていうところです、
毎年、この時期にはこの辺りで太刀魚(タチウオ)が釣れます、
プレジャーボートや、遊漁船(乗合船)がウワ~と集まって約50数隻居ましたわ、

艇のエンジンですが、キャブレター回りのナニかが不具合みたい、
急きょ修理に出しました、

治るまで、沖へは出られません、
どうしましょう、
池波正太郎全集を読んで過ごしますわ、

| | コメント (0)
|

鹿ノ瀬 1 タチウオ釣り

今日はタチウオ釣りに出ようと思う、
友艇も数艇出撃するが、キット大阪湾の横瀬or沖の瀬を狙うのではないか、
わたしの愛艇は2サイクル船外機仕様の小型艇だから遠出は不可能、近場へ出る、
近場とは言っても片道15マイルはある、播磨灘・鹿ノ瀬の淡路島に近い方のポイントを狙う、

沖へ出さえしたら魚が釣れるわけじゃない、おのずと釣れるポイントがある、アジロとか瀬とよぶ場所(海域)がそれだ、
で、そのアジロ・瀬へ行けば釣れるかというと、これがまたまたそうではない、
その場所に行って、時合を待つ、時合になると釣れる、

時合だが、潮時のことだ、
海の水は、常に動いていて、これが干満を生む、潮汐とよぶのがそれ、
潮汐はお月様の引力がなす技、
お月さんは毎日地球の周りを回っていて、お月様がちょうど空の真上にあるとき、月の引力で、海の水が月の側へ引っ張られる、と、その海の海域がすこし水位が高くなる、満潮ってこと、潮汐により潮が動いたってこと、

この潮汐による海水の動きは、場所場所で特徴があり、激しい海域、穏やかな海域の差があるが、わたしの魚釣りの播磨灘は比較的潮汐の影響を受けやすい海域だ、
で、で、この潮汐による海水(潮)の動きが、直に、魚の食欲に関係するみたい、
この、魚の食欲が旺盛になった時を、釣り人らは“時合”と呼ぶ、

時合が来ますとね、それまで魚探反応のなかった場所で、ウワ~と魚探反応が出ますです、
そらへんのアチコチの散らばっていた魚魚らが、食卓へ集まってくるわけだ、
“食卓”それが、“アジロや瀬”ってわけですわ、

“アジロや瀬”はね、ダラ~とした海底にできた凸凹の箇所のことです、へべたいばかりの変化のない海底には魚は集まりません、魚魚らは凸凹が好きでしてね、何らかの海底状況に変化のある場所に住んでいますです、

今日は、わたし、播磨灘の中央部の“鹿ノ瀬”と呼ばれる海域へタチウオ釣りに出ます、
“鹿ノ瀬”のことを、もっとお話ししたいが、話し始めると長くなるよ、
今回の話は、ここまでにしますね、
だって、今から出撃準備に掛からんとならん、

| | コメント (2)
|

2010年9月10日 (金)

普通のヅヅイ???

わたしは自分のことを、ごく“普通のヅヅイ”だと思っているがどうなのだろう???
変わり者あつかいする友人・知人が多いので、このあたりがよくわからんですわ、

で、わたし、なんとか普通のヅヅイだと思ってもらおうと、努力もし、振りをし、話をあわせたりするが、
そのような普通ブルわたしを観て、
奇異な目つきでわたしを見る“目玉”に出会ったりすることがある、
その目玉、わたしは嬉しくもあり、哀しくもある、

あぁ~、
わたしのことを、師匠!!とか、先生!!とか、呼んでオモロがる人が結構ある、
ご隠居!!などと呼びかける人もある、
波平さん!!って、呼びかけがいちばん多い、すんなり「ハイハイ」とお返事する、

妹の主人・正明氏の場合は「あんたさん…」と、わたしを呼ぶ、
「あんたさん、どうもどうも、それでどうねんの???」
って言う、
「ここしばらく魚釣りの誘いがおまへんが、最近はナニが釣れてまっか??そろそろ誘ってくれてもエエ頃とちゃうか??」
の意である、

で、昨晩は、氏からの電話を先取りし、「明後日、ご一緒に沖へいかが?」と、お誘いした、
氏は、「あぁ~どうもどうも、ホンナラ、朝4時前にはそちらへ…」と言った、

氏は、非常にゆっくりゆっくり動くタイプの人だが、思いは、常にずいぶん先を走っているようである、
朝4時間になんて約束したら、氏は夜中3時過ぎか、2時半頃に駆けつけるだろう、

わたしから観る妹のダンナ・正明氏は相当突出した変わり者だ、
が、正明氏から観るわたしは、さらに倍した変わり者らしい、
意外なことに、
妹や、わたしのかみさんから観ても、(二人は)そういうこと(?)になるようだ…、
普通のヅヅイってのはどんな人のことか、わたしらにはサッパリわからない、

今日は、尺八師匠のお宅へ稽古に伺う日、2尺管で「三谷曲」をおさらいする、

| | コメント (0)
|

2010年9月 9日 (木)

…の話でした、

マスメディア界では管氏が優位、ネット界では小沢氏が優位、
…と、言うか、ネット界では小沢氏待望論がこのところ目立ちますね、

と、もうひとつ、ネット界では、
➝“マスメディア界の偏見的報道批判”に言及する傾向が、小沢陣側に強い、

が、管陣の側には、
➝マスメディアの偏見的報道を批判する声は少ない、聴こえない、

…と、この見かた、実は、わたし隠居波平のものでもありましてね、
だって、もし、管氏に決まってしまったら、
「なんじゃ、またジリ貧の繰り返しか…」ってなるじゃないですか、

あぁ、
鈴木宗男氏の昨日の記者会見、ある種、見ごたえがありましたね、
収監されるようだ、で、刑期を終えた後も5年間は議員立候補デケンそうな、
でも、彼は有名人ですからね、
かつての相棒・佐藤優氏と共に、持論の「国策捜査批判」をあちこちでブチ上げたり、手記を書きまくったりすれば、5年なんぞアッという間でしょうよ、
“人のうわさも75日”、判決やアレコレに文句つけるなら、忘れられないように、絶えず文句を言い続けること、コレが肝要だね、

要するに、要するに、
“政治と金”ですよね、➝“金を得るために政治を私物化する”
これが、アカンというわけだ、

わたし、思うのですが、
“金を得るために”ってことですが、
➝単なる“手段”じゃないかな、これを直に目的だと決めつけるのいかがなものか、
権力を得るための金でしょうよ…、それをバラ撒き使って権力を得たい…、
➝➝で、自分の信ずる施策を実行したい…、
と、と、これが本当の目的(?)、
だったら、裁く必要があるのは、その最終目的たる“実施したい施策”でしょう、それがエエか悪いかでしょう、
が、検察は、司法は、“金”で思考停止、
不当利得・詐欺・強奪・贈収賄…、どれをあてはめましょう、
裁かれていちばん影響を受けるのは、施策の対象たる国民だよ、金がどうだこうだは端っこの問題かもよ、
日本って国は、施政者の小金をアレコレ言うて、牛を殺す(※)国かいな、

※牛を殺す➝角(つの)を矯(た)めて牛を殺す、欠点を直そうとして全体を駄目にする、枝葉の事に関わって本体をそこなう、の意、


お坊さんが、托鉢する、
仏法を追求する修業は、この托鉢で得る食いものや施しの金で支えられている、
政治家が政治資金と称する必要経費を集める、なんか似たところがある、
虚無僧が、家々の門に立ち尺八を吹く、で、お金を受ける、これもナンカ似ている、

政治ってのは、元来、どす黒いものだ、バサラ(婆娑羅)なものだ、下克上だ、
七人の侍、
丹精して収穫したコメや麦を、刈り入れが済んだ頃を見計らって野武士の群れ(A)が襲い掛かり、村々から奪い去るのだった、
対抗するに、
村々では、別の放浪野武士(B)を雇い、飼いならし、野武士集団を撃退したのだった、
映画はここで終わっている、
が、が、しかし、実際には後篇があるのですよね、
雇い飼いならしたはずの(B)が、いつのまにか、逆に村人らを支配し始め、
税金と称し村人らから金品を強奪し、徴兵と称し、兵隊に駆り立てるようになる、

要するに、政府ってのは上述の(B)だ、
政府とは、強盗団が自立したものだってこと、

この強盗団の親玉が、全くの善人であり得るはずがない、勤まるとは思えない、
では、どうしますか、
伊賀・甲賀の忍者をお庭番に配し、政敵抹殺を謀殺し、あるいは島流しする、
国民を徹底洗脳し、権力維持に都合の良い社会構成をつくる、
あのネ、
思想・宗教ってのも、実は、そのための物(?)だと思いますよ、
それ、
オザーリンにやらせたら、オモロイかも、…どうなりますかねぇ~、

誤解・錯覚・無責任の話でした、

| | コメント (0)
|

2010年9月 8日 (水)

ごめんなさい、

ごめんなさい、
いったんアップした「40に生きる」ってのを削除しました、
あまりにも赤裸々過ぎた、
反省、反省、

| | コメント (0)
|

義弟チカどんの連れ合いのオッカァが亡くなって、昨日、その葬儀があった、
田舎の葬儀だ、うやうやしく執り行われた、

オッカァ(失礼)は、ずいぶんなお歳であったけれど…、未だ可愛い感じもあって、大和撫子の鑑のようなお方だった、

草深い田舎の農家、つい最近まで畑仕事をやっておられた、
爺さん(既に亡くなっている)がお元気なころは、牛なども飼っておられた、

衣・食・住、の、三つが生きるにためには必要だといわれる、
爺さんが亡くなって以来のひとり住まい、
娘(義弟チカどんの連れ合い)が、毎日、車で様子を観に通っていたようだ、
が、衣食住もかくありなん、最後までシッカリ生きられた、

ふいの体調変化があったようだ、
たまたま遠くに住む長男が様子見に訪れ、声をかけたら、返事がなかった、
大往生である、
葬儀の際、ご長男が参列者に簡単なあいさつをなさったが、このことに触れ、途中、声を詰まらせた、70近い爺さんのむせび声である、
わたし、おもわず祭壇の写真を見上げた、
あの可愛らしいオッカァ(失礼)が、長男や参列者らに笑いかけているような気がした、

ひ孫のむづかり泣く声が、坊さんの読経のなか時折聴こえ、命のつながりを想わせた、

チカどんは次男、エンタティナ(亡者)の娘の夫、情にもろい男、
(彼は、わたし波平のかみさんの弟)
過去数度、わたしはチカドンが彼の娘のことで大泣きしたのに付き合った、
この日は顔をしかめて耐える彼をみた、
わたし、オッカァの独り住まいを、チカどんが実質支えていたのを知っている、

合掌

数日前、竹友T氏が、2連の本式数珠を持ってきてくれた、
「コレ、差し上げよう」
虚無僧姿で竹を吹く際は、手に数珠をかけて吹く習わしである、
竹友T氏は、かねてより、わたしの貧弱な数珠をみかねていたようだ、
ありがたく頂戴した、
で、昨日は、この大数珠を手に参列した、
姪の子らが、大数珠を珍しがって触りまくった、
子らがやたら可愛ゆく思われる、これも縁ってことだろうか、

| | コメント (0)
|

2010年9月 7日 (火)

カンダタ

「小沢氏はしばらく静かにした方が…」
の、“しばらく”が済んだのだね、今回の代表選どうなるのでしょうね、

報じられるところによると、管氏は、今回は、
氏(小沢氏)を、氏が得意な選挙関係の要職につけてもよい、などと言っているらしい、どうなりますかねぇ~、“捕らぬ狸の皮算用”にならねばよろしいが…、

俗にいう“村八分”ですが、
葬式と火事を除き、他の付き合いはしない、ポンヤ(除け者)にする、…ですよね、
現代風に言うと➝イジメ、破門、しばらく静かにしとれ!!…、
要するに、心は、
時の権力者の保身、政敵の粛清、邪魔者の生きる道を断とうとするものだ、 

生きる道を断つ手段としては、暗殺ってのがある、
古代社会の一大政変“大化の改新”以来、政敵の暗殺・謀殺を試みなかった施政者は居なかったのではないか、
どうなのでしょうね、目の上のタンコブは取り除きたい、ダレにでもこの気持ちはあるよ、
あぁ、東京地検は頑張っているのですよね、
コレ、合法的暗殺だと、思っている向きがけっこう多いよ、

考えすぎかもしれませんが、最近のわが国は不気味でっせ、
北の方の某国のお世継ぎ騒ぎの比じゃないですよ、
わが国は、今、闇の中に沈んでいる、

地獄の血の池にあえぎ苦し亡者・カンダタ、
お釈迦様はカンダタが生前に行ったただひとつの善行を思い出した、
カンダタは小さな蜘蛛を踏み殺そうとしたが思いとどまり、命を助けてやったことがある、それをお釈迦様は思い出した、
で、一筋の蜘蛛の糸を、地獄の池に溺れるカンダタの頭の上に垂らしたのだった、
カンダタはこの蜘蛛の糸をつかみ、地獄の池からの脱出をはかる…、

今のわが国の喘ぎを救う“蜘蛛の糸”が欲しいですなぁ~、
強欲な者らがワンサとこれに取りすがるでしょうな、

| | コメント (0)
|

2010年9月 6日 (月)

日曜夕刊

新聞ですけど、日曜夕刊がないですよね、
世間は日々激しく変動しているのだが、日曜の夕刊は無い、無いから世間は変動しない、
ホンマかいな???
日曜の夕刊時期(?)にだって世間様は動いているのだろう、
で、月曜になったら、
日曜夕刊の分まで新聞に掲せなアカンから、記事の前後関係がややこしいや!!

今(月曜日午前4時半)現在、わたし、未だ月曜朝刊読んでいませんから、
ってことは、日曜朝刊以来、新聞読んでないので、
幾分活字中毒気味なわたしとしては、生きているような気がしないのだよね、
なんとオーバーな!!!

ヘミングウエイの「老人と海」(小説)のなかで、老人と少年が話をしている、
「そうしよう、きのうの新聞があったっけ、野球の記事でも読んでいよう」と、老人、
(少年は、その新聞がずいぶん前の新聞なのを知っているが、それには触れないで老人の用事を済ませに出かける、)
「…帰ってきたら野球の話をきかせておくれ」と、少年
「ヤンキースの勝ちにきまっているさ」と、老人、

時系列がこんがらがっているのだが、少年はその混濁を充分承知していて、生き生きと老人の“今”に付き合っている、

このくだりが、わたし好きでしてね、大好きですわ、
ここですけれど、コレが魚釣りだって感じがありますですよ、
老人が、例の巨大な魚と格闘するのはこの話のずっと後のことですがね、

わたし、年取るごとに、この老人のようになってくるような気がする、
が、しかし、
今のところは、日曜日にも夕刊が欲しいなぁ~、と、いつも思っている、

| | コメント (0)
|

2010年9月 5日 (日)

「調子」

古典尺八本曲の基本曲です、
迷いがあっても、なくても、常にこの曲から離れない、
ましてや、今、わたしは迷いのさなかにある、

すべては、この1曲のなかに、

| | コメント (0)
|

脳中の魚

次回の釣り行きは明後日を予定していたが台風の影響が出そうだ、1日繰り上げ明日6日に出ようと思う、台風通過後まで延期してもよいが、それはそれで次々回の釣り計画、

タチウオ釣りだ、餌釣り用に、生イワシのパックを6つ用意してある、
と、今回は、ジギング釣りも試そうと思う、

四六時中エッサ・エッサと激しく竿をシャクリ続けるジギング釣りは、70にもなった老釣り師向きの釣りじゃない、
で、ほんのしばらくの間の真似ごと的な釣りになる、
が、やってみたい、

100グラムの赤色メタルジグと、相応の上ハリ下ハリ(戻りなし)を用意した、
ジグのすぐ上にはワイヤーをと思っていたが、30号程度のテグスの方が食いがエエと教わった、試してみよう、

7・8年も、いや、もっと以前のことかな、わたしもそれなりにジギング釣りをやったことがある、あのころはハオリ型メタルジグが定番だった、
で、今だに、わたしはハオリ型にこだわりがある、が、今回は素直なヘラ型にする、この方が釣れるそうだし、シャクリ操作が楽だろう、

と、言いながら、実は、電動リールの点検を重ねている、
最新式のがひとつ、ずいぶん昔の旧型がひとつ、の2組持っている、
“シャクリの自動操作”もデケル機種があるそうだが、わたしのはそれじゃない、ただ単に巻き上げるだけの機種、


<釣りに出る前は、いつものことだが、アレコレの準備に忙しい>
釣り方を各種想定し、釣法に応じた具の用意をする、
 餌釣り、➝手釣り、電動釣り、
 ジグ釣り、➝ジグの選定…ジグの大きさ形・色に凝り始めたら切がないのだよ、
 使用リールと釣り竿の選定、使用する釣り糸の選定などなど、
 そして、釣り場をどこにしたらよかろうかの迷い、迷い、迷い、
加えて、今回は台風の影響をどう読むかがある、

今日は義母の忌明け(49日)法要の日だ、
1時間超にもおよぶ長ったらしいお経ですよ…、
ひょっとしたら、お布施が多すぎるのじゃないか???
この間、シビレ切らせて、数珠握って耐えますですよ、
神妙なパフォーマンス、
お坊さんは、わたしの脳みそ中に太刀魚が泳いでいるなんてご存じないはずだ、
タチウオ釣りのイメージトレーニングですわ、

義母は彼岸へ往生(極楽往生)、
わたしは此岸で往生(長いお経に閉口)だっちゃ、

| | コメント (2)
|

2010年9月 4日 (土)

隠居の反省

一昨日(9月2日木曜日)、予定外で急に沖へ出た、
艇を浮かべたのが10時前、遅すぎるスタート、

ごく近場で少し遊んで戻るつもりが、沖へ出ると我を忘れる、
タガが外れてしまって…、
艇をやみくもに走らせ、マリーナへ戻ったのは午後の4時過ぎ、
6時間も、カンカン照りの海に、ひとり浮かんでいたってこと、

長時間沖へ出ているつもりはなかったから、飲料水や、昼飯の用意が中途半端だった、
体調も、そのつもりになっていなかった、…のだと思う、

午後4時前にマリーナへ向け無線を発した際、自分の声がボワ~とぼやけて聞こえた、拡声器に頭を突っ込んだような感じだった、フゥ~とした、
ヤバイ!!!
気を失いかけている!!!

で、海へ垂らした具を、なんとか巻き上げ、残り少なくなったポカリスェットを全部飲み、一目散にマリーナへ駆け戻った、

あわてて具を収納した際、海底に根掛かりしたようだ、
一気に力任せに引っ張ったら急に軽くなった(PE道糸が千切れた)、
自慢のジギング・タックルですわ、竿もリールもソルテイガだよ、リールは4500番、PEは2号、

今朝(4日土曜日)、落ち着いて、あらためてそのタックルを点検しますとね、
千切れ残ったPEは使用が激し過ぎたのだね、ササクレだっていて、ずいぶん短くなっとる、もちろん、リーダー部分は千切れた際に失っている、40ポンド糸をつないでいたのだが…、ハオリ型ジグも失っていた、

早急に補修し、PE道糸を新しく巻き込んでおかねばならん、
と、ついでに、
大昔(15年以上~)使っていた電動リールを、未だ使用可能かどうか点検した、
ほぉ~、動きますわ、
が、バッテリーがダメですね、三途の川の向こう側へ渡ってしまったようだ、充電しようとしても、それすらもデケンかった、
バッテリーを新たに買いなおせば、使用可能ってことみたい、

で、で、
いつもの釣り具屋へ行ってきた、
PE道糸200㍍を巻き直し、40ポンドテスト糸をリーダに結んだ、
大昔の電動リール(原初のスーパータナコン・モデル)用のバッテリーを買おうとしたが高価であきらめた、で、これ(リール)を使用の際は、艇のバッテリーから直に電源を引くことになる、
その他、アレコレ小物を補充、合計¥6000、で、チョイお釣り、

あぁ~、
“釣して遊ぶは財を費やすのことなり…”  幸田露伴の言葉

拾った命だ、大切に使おう、  隠居の反省

| | コメント (0)
|

残念!!

JR三宮駅のガード下には飲み屋が連なっていて、50数年来このあたりをウロウロしてきたが、最近はトントご無沙汰だ、
ジャン友たちへ、麻雀(マージャン)引退を宣言したのをキッカケに、三宮へ出かける用が無くなった、

昨日、尺八の集まりがあって、JR三宮駅経由でポートアイランドへ出掛けた、
そして、竹友らと少し飲んだ、

帰路はJR三宮駅構内隣接のバス停から➝三木方面行きの高速バスに乗るが、
その前に、ガード下のあの立飲み屋を覗いてみようと思っっていた、
が、結局、そういうこともなく、すんなりバスに乗ってしまった、
真面目にご帰宅、

今朝になって…、
ナニかやり残したことがあったような宙ぶらりんな気持がぬぐいきれない、

立飲み屋には、会話がある、
のれんを払って半歩入れば、立ち込めば…、
カウンタ向こうから「らっしゃい!!」の声がかかる、
間髪を入れず、
「熱燗、ゲソ、貝柱、チューリップ」と伝える、

コップ酒は受皿代わりの木製1合升に立てられていて、
ツルツル一杯に注がれた酒は勢い余って受皿(升)にこぼれ出ている、
コップはすぐに空になる、と、升を手に持ちこぼれ酒をすする、これが超美味い、

「ヘイ、どうぞ!!」で、串が差し出される、
「お代わり!!」と、2杯目を注文、
これといった話はしない、が、充分に雑談を楽しむの感がある、

が、が、昨夜のことだが…、
こういうこともなく、すんなりバスに乗ってしまった、
返す返す残念なことをした、頑張ってあそこへ行ってみるべきだった、

今朝起きぬけにスイカを食った、
甘味少なく、やたらみずっほいスイカ、
…と、急に、昨夜の残念が膨らむのを覚えた、


| | コメント (0)
|

2010年9月 3日 (金)

波平は仏敵か

浄土宗の成立には平安時代末期の末法思想があった、乱れに乱れた世の中だった、
人々らは、上も下も、「あぁ~世も末じゃ」って、思ったのだね、
救われるにはどうしたらエエのだろう??? って、ことになった、

南無阿弥陀仏(ナミアミダブツ)と、唱えれば、それだけで、極楽へ行けると聞いてホッとした、
で、ここに、浄土宗が広がった、

ぶっちゃけた話、
ナミアミダブツと唱えただけで極楽往生デケルなんて、安易にすぎますよねぇ~、
ホンマカイナ???
ウソとちゃうか???

当時の庶民は、救われ難いどん底生活だったようですよ、
仏法修行なんてそんなことするヒマ(?)なんぞなかった、とにかく日々生きるだけで精いっぱいだった、
コレ、
今の、北の方のどこかの国と似ていますです、
かの国施政者にとって、一番ヤバイのは、
庶民・国民のなかに、この末法思想による宗教的救いが芽生えることじゃないでしょうか、
キット、かの国では、その芽生えを強権的に押さえつけているのでしょうね、

北の某国の現状と、当時の我が国との違いは、
わが国では、末法思想が意外とスムーズに支配者階級にも浸透したってことじゃないかな、
と、いうより、末法思想と上手に折り合うことが、支配者にとって得策だったのだね、
一向宗と真正面から対立したりしたが、石山本願寺を叩き潰しはしたが、しょせん根を絶やしきることはデケンかった、

平成の今の時代、
お東さん、お西さん、という強大な真宗組織があって、人々はこれに帰依すること無茶苦茶に多い、
が、しかし、今の世の中は、末法思想に打ちひしがれた状態じゃない、
豊かとはいえないまでも、ダレでも数度は海旅行をたのしみ、日に3度の食事にも不安はない、
今の世に必要なのは、末法思想じゃない、終末思想でもない、
生き甲斐を説く思想、互いに人権を尊重し合う思想じゃなかろうか、

宗教は、神と個々人との関係である、仏と個々人との関係だ、
言うなれば、真理と個々人との関係、

が、かつて、ニーチェは「神は死んだ」と言った、
言い換えれば、真理は死んだってこと、
真理ってのは、一つじゃないってことか???

これからの宗教は、
人と人との関係を中心に据えて、波動にも、凸凹にも耐えられる動的な関係マユアルでなけりゃならない、
神や仏に頼らず、人間相互間の関係を説くものでなければならん…のではないか、

ところで、
真宗に「正信偈」ってお経がある、
親鸞の著作(教行信証)の一部を抜粋したものだ、ソレ、第18願を成就された仏の想いを信じ、かつこれに頼ろうとするものである、
般若心経の世界じゃない、自力で、無を空を悟ろうってことじゃない、
「正信偈」は、仏の想いに頼ろうとのこと、帰依の心情を吐露するもの、
よってこれを他力と言うわけだが、やっぱ、これは人と人との関係をど真ん中に据えたものじゃない、個々人が、己が、どう救われるかが中心にある、

義母が逝って近々49日を迎える、
また、縁者らが、打ち揃い「正信偈」を読誦する、
ナニが書かれているのか、記述内容を知る者、知らぬ者、

“第18願”ってなんじゃらホイ????
白状しますとね、
わたし、「正信偈」を読誦するのはとても苦痛、

| | コメント (0)
|

2010年9月 2日 (木)

忍者跋扈中(ばっこ・のさばり、はびこる意)

このところ池波正太郎全集にはまり込んでいて、
コレ読むか、尺八吹くか、魚釣りに出るか、TVドラマ観るかの日々でしてね、
隠居業も忙しいですよ、間隙縫って昼寝もせなならんし…、

全集のなかの「忍者物」ですけれど、今の世相とある種似ている感じがあって、いろいろ思うことがあるのだよなぁ~、

小説読んだり、絵を観たり、音楽聴いたり、TVドラマ観たりで、オモロイなぁと思ったり、感動したりするのは…、
➝それらのなかに自分を観るからだと思いますがどうでしょうね、
自分をいつのまにか、筋書きのなかの主人公に当てはめていたりするわけだ、
主人公と同じ気持ちになっとるよ、

「忍者物」小説ですが、
伊賀・甲賀の忍者が、それぞれの雇い主の指図で、相手方陣営に探りを入れる、
敵方の床下へ忍び込んだり、天井裏に潜り込んだりする、
で、重要な情報を得て、自分の雇い主の元へ駆け戻る、
忍びの術が、次から次へ繰り出され、危機一髪の危ういなかで物語は展開する、

今現在、天下分け目の戦が、真っ最中ですよね、
管 VS 小沢
たがいに相手方陣営の動きを探りあっているのでしょうね、

盗聴器がいたるところに設置されているかも、
最新の盗聴器でしょうね、探索されにくいステルス機能付きの、
遥か遠いビルの窓には、望遠レンズ付きの超高性能カメラが設置されている、常時敵方陣営の動きを観察、

器具のことより、忍者はダレかってことですよ、
敵方陣営に潜り込んで、敵方側の結束を破壊したり、内情を盗み取って味方陣営に告げ口します、

抱き込み料ですが、新人議員ひとり当たりナンボの相場でしょう、
相手側陣営で提示している金額はナンボ???

“コッチの水は甘いよ、アッチの水は辛いよ”
これが投票結果を左右するんですよね、
要するに敵方陣営の様子を探らないと負けますわ、

“寄らば大樹の陰(よらばたいじゅのかげ)”
わかりやすくは➝“ながいものには巻かれろ”

メディアの論調ですが、この判断が大切でしょうね、
誤解したらダメですよ、
“大樹・ながい物”ですが、管氏や小沢氏のことじゃない、
新聞で言うと読者層のこと、TVでは視聴者のこと視聴率のこと、
両者の政策論争なんぞ関係ないですよ、
読者や視聴者らは、どういう報道を好んでいるかが問題です、
そして、それに迎合する報道であるべきだってこと、

だから、管氏や小沢氏は、
隠れたところで懸命になって、メディア抱き込みを謀っているいるのじゃないかな、
ホラ、タレントを陣営に引き入れたり、ベッピン女性議員を擁立したりはすべてこの流れのなかですよね、
この意味で、蓮舫氏を抱え込んでいる管陣営は有利かもな、
彼女に太刀打ちデケル花(女性議員)ってダレだい??
まさか福島 瑞穂??? こんなのは、むしろマイナスでしょう、

現代版、伊賀集団・甲賀集団もきっとあると思いますよ、
水面下で、彼らは激しい殺し合いをしているのじゃないか????

キット、小説の読み過ぎですよねぇ~、
イヤ!!
“事実は小説より奇なり”って言いますよ、


| | コメント (0)
|

2010年9月 1日 (水)

「手向け」

お盆の季節が終わりました、
わたしの父も母も、かみさんの親たちも、あの世へ戻った、

精霊たちに「手向け」をしよう、

コレ聴き直すと、アンバランスでけったいな感じだ、
自分を殺しききれていない、

ナニ事も、我流はいけませんや!!!
わたし波平の我流吹きだよ、あの世で、親たちが泣いているかも…、

一旦アップの後、みっともない出来だったので、吹き改めたが、たいして変わり映えしない、

| | コメント (0)
|

ニュース

ナニ事があると、NHKはニュースを流しますよね、
その録音を、その後、1日中飽きもせず繰り返す、
1度は視聴しますがね、続報はないよ、で、もうNHKにはチャンネルしない、

ニュースには客観性が求められる、
が、続報もニュースだよ、二次反応の状況が知りたい、

…と、このあたりから、ニュースはゆがみだすのだよね、

初発のナニ事が生じたかは報じました、
が、下手に続報を流すと、読み間違えるかも、公平性を欠くかも、
で、物事が落ち着くまでは、黙っていましょう、となる、

が、が、生じた事実はもうどうしようもないよ、その後の状況・進展が知りたいのだ、

たとえば、
円高・株安のニュースがある、これが事実、
で、どうしたらよかろうか???
が、全力でもって、自説を展開するメディアはない、無い、ナイ、
誰かの後ろに隠れ、ダレソレはこう言っている、とか、日銀や、政府は、無能・無策である、とか、とか、しか言わない、続報もない、対策もない、先行きもわからない、

民主党代表選挙に既に突入ですよね、
選挙の予想を、日本の先行きを、自信を持って解説しきるメディアはない、
われわれ国民は、それが知りたいのに…、

予測報道が、結果、間違っていても、視聴者はそのことを非難したり笑ったりはしないですよ、
当たるも八卦、当たらぬも八卦、外れるだろうことは充分承知だよ、
問題は、肝の座ったメディアが無いってことだよ、

ナニが言論の自由なものか!!!
ヘナチョコ・メディアめ!!!

半身隠れて、アレコレ言うのだね、
“皆が、小沢になると、おそろしいよ”って、いっているよ、など、こそこそと、

それにしても、ハトポッポは伝書バトの本領発揮だね、

わしゃ、
うつむいて、グジグジと小穴に玉を転がし落とすあのゲームは好かん、
竿先が、ブルブルの、いきなりスパッツと海中へ舞い込むの、魚釣りが好みだ、

| | コメント (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »