« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

久しぶりにボヤイテみる

ふたつのことを話してみたい、
A) 儒教的な考え方・生き方
B) デッタイに正しい言葉

A) 儒教的な考え方・生き方
元祖はあの孔子さんだ、孔子は紀元前500年の中国に生きた人、
この頃インドに釈迦も生きていた、孔子の方がだいぶ年上だが、
ちなみにキリストは彼らより500年後の人で要するに紀元ゼロ年の人、
なお、マホメットはキリスト没後500年後の人、

孔子さんは、仁、義、礼、智、信、を、説いたのだった、
わかりやすくは、修身、斉家、治国、平天下、を、説いた、

まず各々が自分の行いを正し
➝家庭内をいざこざの無い長幼の序を整えたものにし
➝その者らが天下を治めれば
➝天下に平和が来るだろう、

要するに、国の政治を牛耳るトップの立場から観て、
下々の者らのありかたは、このようであってほしいということをいうたもの、
経世済民(けいせいさいみん・世を經(おさ)め、民を濟(すく)うの意)の考え方、

要するに要するに、この考え方は、
国を治める側からすると、たいへん都合の良い考え方だったのだね、
で、江戸幕府は大変この考え方を重用したのだった、
江戸幕府の頃には、さらにさらに封建制度に添った考え方に成長していて、朱子学とか陽明学とかになっていて、コレが幕府の根幹を支えることになったのだった、
仁、義、礼、智、信は➝父子、君臣、夫婦、長幼、朋友
の関係において特に強く説かれ、
“君君たらずとも 臣臣たれ”
とされた、

どういうこと???
暴君でもバカ殿でも“君臣”の関係は守られるべきだということですよ、
「葉隠」が著された、
「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」で有名な「本」ですわ、
これって、さきの第二次大戦で、若者らが特攻機で敵艦に突入したあの無茶苦茶攻撃を生んだ根底の考え方でもありますよ、

話は、すでに本題に入っています、
儒教は、未だに、現代日本の精神的根幹をなしている洗脳(?)思想ですわ、
どういうこっちゃ???
それはネ、
日本国民らは、各人気付かね間に、この儒教の考え方が正しいと思ってしまっていて、
“お上のなさりようには、下々の者らは、黙って従うべきだ”
だって、
“これを間違いだって言ってしまったら、世の中は大混乱するかも”
と、思い込んでしまっているのとチャウか????

俺らは、
自分の身のまわりのことを、先ず自分自身が身を律して生活し、
各人が家庭を護って正しく生活すること、
コレに徹するべきだ…と、思っているのとチャウか???
お上が、無茶苦茶やっとるのに、
それはそれで、お上のなさることだ…って思ってしまっとるのとチャウか???
更に云うとデスネ、
“隠居は隠居の身の程をわきまえて、娑婆社会のアレコレには黙っておるべきだ”
って、思っているのとチャウか???
いやまったく、そのとおりですよ、わしゃ現にそう思っていますですよ、

余談ですがね、
不信任案への同調を誘われて、「どうしょっかなぁ~??」と、迷っている与党議員らの気持ちもまたしかりってことですぜ、
管総理はダメだ、が、しかし、緊急時であるからは、“君君たらずとも 臣臣たれ”が正しい、と、思い込んでしまっているのじゃないか???
言い過ぎたかな???


B) デッタイに正しい言葉
この言葉が問題になるのはネ、この言葉が、得てして政治家の演説に多用され、
皆が、なるほど、そうだ、そうだって、納得していると、
その心の油断を見澄まして、別の算段を仕組んだゴマカシを聴衆の頭に刷り込む、
ココがまさに問題なのですわ、

例を揚げましょうか、
今朝、玄関の新聞受けに朝刊を取り出しに出ましてね、ナニゲに1面を観たら、
「内閣不信任案・小沢元代表が同調示唆」と大きな見出しがあった、
ついつい中に目を通したら、
氏は「…決断する時は決断する」と語った、と、あった、

そらそうだろう、“決断する時は決断する” あまりにもアッタリマエのことだ、
この言葉のどこにも間違いはありません、まったく正しい言葉ですわ、
その時に、決断しなかったら、非難されるのでしょうか???
そりゃないですよね、その時は、未だ決断すべき時でなかっただけのことですわ、
この言葉にはウソが無い、実に正しい言葉だってことですよ、
問題は、
「…決断する時は決断する」の前部分の「……」ですよ、
ここでアレコレを語った後に
➝「決断する時は決断する」と締めくくったのだ、
まったく正しい間違いのない言葉で締めくくった、と、聴いている者らは、そらそうだろう、彼は正しい、と、先ずは思ってしまう、
頭の中には、いつの間にか彼の思惑が刷り込まれてしまっているのに気付かない、
あぁ、
彼は人を説く際には、実にニコヤカな顔で話されますよね、
この人の説くところには間違いがあるなんて、とても考えられない魔力があるよなぁ~、

イイヤ、氏の説くところは、真実、正しいのかも…


| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

重なって観える

アメリカの南北戦争(1861~1865)は、日本で言うと、江戸城・桜田門外で大老・井伊直弼が暗殺された頃の話ですわ、
アメリカでは、リンカーンが大統領だった頃です、

彼は、「人民の人民による人民のための政治」と、演説したのでしたよね、
この名文句があまりにもよく知られ過ぎていて、
彼は、すばらしい民主主義政治(デモクラシイ)の体現者・指導者だと一般には思われている、
が、どうもこれはそう単純なことではないようですよ、

以下、話がネジレルかもと思うから、論旨をまず要約しておきますが、
A) 原発の、“廃止VS維持”
B) 奴隷制度の、“廃止VS維持”
C) リンカーンVS菅直人
です、

アメリカの南北戦争ですが、アメリカ合衆国が、南部と北部に分かれて戦争をした、殺し合いをしたのでした、
が、が、
この戦争のきっかけを作ったのは、リンカーンその人だったことが、わが国ではあんがい見過ごされている、
リンカーンは確かに奴隷制度を撤廃したが、それは南部地域の奴隷を解放したのであって、北部地域ではおおむねホッタラカシの状態であったようだ、
加えて、リンカーンは、アメリカ原住民であるインデアンを徹底して弾圧し、アメリカ史上最も多くインデアンを殺害した指導者でもあった、

「人民の人民による人民のための政治」
は、民主主義を最も端的に言い表した言葉だとされるが、民主主義は衆愚政治とも言われていて、その実は、そう綺麗ごとだけでは済まされないことはもうダレでも知っている、

最近のアメリカ社会では、
あの“南北戦争”は、なんだったのだろうか???
なぜ、あのような殺し合いをしたのだったか???
その後のアメリカ社会にどのような影響を与えたのか???
を、論じる者らが出てきたようだ、

南北戦争の真っ最中でも、なぜ、こんな殺し合いをしなければならんのか、の疑問は常に兵士の気持ちのなかにあったらしい、
が、当時の現実は、互いに必死になって向き合い、殺し合った、
奴隷制度のことが戦争の原因だったとされるが、奴隷制度が最も有効に使われていたのは北部の都市に置いてであったようだ、南部の奴隷は解放しよう、が、北部の奴隷はこのままでよろしい、と、結果的にはこんな感じであったらしい、
この指導者のリンカーンは、インデアン徹底排除に、皆殺しに、まったく疑問を抱かなかった人だ、歴史家によれば、いろいろな見方があるようだが、彼はアメリカ史上最大の暴君であった、

どこがどうだとは指摘し辛いですが、管総理と重なって観えませんか???
奴隷制度と原発が、重なって観えませんか???

内閣不信任案が上程されそうな気配ですね、

わたし隠居波平、明暗虚無僧尺八のヅヅイ、
ホントはウソか判然としないメディア報道とは縁を切りたい、
が、これって、なかなか難しい、

ボンヤリと、上のようなことを想いながらの今日この頃、

| | コメント (0)

2011年5月29日 (日)

自閉症気味

自分で言うのもおかしいですが、変な遊びを見つけてしまった、
現実性のない、架空劇場に、エンタテイナー(出演)する遊びです、

“隠居波平「はまちどり」尺八カラオケ・コンサート”

問題は、
客席にどのような方々をお招きするかです、

まず、
播磨マリーナのクラブ室に艇友らを引っぱり込んで、無理やりお聴かせることを想定し、
これを➝A企画とした、
シナリオを創り、シナリオに沿って演奏曲を選び、演奏順を考え、カラオケ音の音響機器環境を作りました、
で、昨日、
現場(マリーナのクラブ室)へ出掛け、ダァ~レも居ないクラブ室で、実際に吹いてみた、
本番前のゲネプロ・リハーサルですわ、約2時間半です、
万雷の拍手だった!!!
アッハッハ(大笑い)、これも架空のことですがね

で、今朝からは、企画Bに移ります、
企画B
➝老人ホームへの尺八ボランティアを想定する、

選曲が違ってくる、
「暁に祈る」「憧れのハワイ航路」「異国の丘」「旅の夜風」
そして童謡唱歌の数々…たとえば「故郷」とか「花」とかとか

今日は、この架空コンサートの架空実現へ向けて、アレコレの準備をして遊ぼうと思う、
先ず、カラオケ音源を用意し、音源を手持ちの尺八にあうキーに調整し、老人用に演奏テンポを遅らせ、またまた、ICレコーダーへ企画Bとして取り込み、独りでゲネプロして遊びます、

さらには
企画C、企画D、企画E…と進もうと思う、

ワンドリンク付きでライブ演奏を聴かせる喫茶店が近くにありますわ、
未だ入ってみたこと無いですが、どんな具合に、どんな仕組みになっとるのだろう、
ココへも企画Cを引っ提げて出掛けてみたいです、
もちろん架空のことですよ、実際には出演するつもりはありません、
あぁいう店では、出演するには出演料を取られるのじゃないかと思うが、どうなのでしょうね??

全て架空の隠居遊びですぜ、
が、隠居にとっては、ある種非常に現実的な遊びでもある

馬鹿にしちゃ~なんねぇ!!!
本物の遊びってのはこういうものかもよ!!!!
それにしても
わしゃ、だいぶ自閉症気味だと思う、
生きているのか死んでいるのか…なんだか判然しないことだ、

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

タイム誌の記事

片田舎の世間狭い隠居ごときが時流のことをあれこれ言うのはおこがましいことかも、
と、反省・反省で、
新聞やテレビのニュースに接したり、インタネットサーフィンするのを、故意に封じた今日この頃なのです、

“愚痴とボヤキと無責任”標榜のなかですら、想いを語れない狭苦しい世間、

退屈はしません、
尺八を吹いて遊んでいますからね、

かみさんが呆れています、
ナニセ、日中四六時中尺八をイジッテいますのでね、
頭のなかに劇場をこしらえました、コンサート・ホールを建設した、
脚本を書き上げました、

“隠居波平「はまちどり」尺八カラオケ・コンサート”

内容ですが、
わたしが、好き放題に、勝手気ままに、アレコレの好みの曲を吹きまくるコンサートです、
タップリと2時間分はある30曲吹きっぱなしの出血大サービス・コンサート、

戦前~戦後しばらくの間のド演歌、
「夕焼け小焼け」や「故郷」などなどの、童謡唱歌、
そして、ダァ~レもわからんかもの、虚無僧曲、

ホトトギスは夜も鳴きますね、日中はあまり鳴かないが、朝方はよく鳴いている、
ウグイスや、その他の野鳥の鳴き声が四六時中聴こえている、
と、そういう里山の一角にデケタ団地の端っこがわが家ですわ、
小鳥たちの鳴き声に混じって尺八の音ですわ、
たいくつなんぞしませんわ、

こんな生活のなかで、年取って朽ちてゆきましょうかねぇ~
と、思っていたら、
わたしの尊敬する先輩が、これ読んでみろって、タイム誌に載った記事を翻訳して、メール送信してくれた、
先輩の言葉には従うのです、で、読んでみた、
読んでいると、いろいろな想いが頭のなかを駆け巡る、
またまた、なんぞ、いわずもがなのことを書き散らしたくなってきたが、
どうしょっかなぁ~

先輩が送ってくれたタイム誌の記事(先輩が翻訳)、お目通しなさいますか、
長文ですぜ、
コレです➝「time_april_18.doc」をダウンロード

先輩ですからわたしより年長です、外歩きがシンドクなったようだ、脚が痛いのでって言うておられた、が、まだまだ呆けてはおらんですな、

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

“隠居波平「はまちどり」歌謡コンサート”

また台風が接近中みたいですね、沖はダンダン時化てくる、

昨日は午前10頃から午後4時前まで沖で魚釣りしていた、
沖と言ってもすぐ近くのポイントでガシラやキスを釣っただけ、タコも釣れたゾ、
,
,
マリーナのクラブハウスにピアノが置いてあって、側に音響機器も設置されている、
が、あまり利用されていない、
で、わたし、これを活用し、
“隠居波平「はまちどり」歌謡コンサート”
を、やってみようかと思う、

IC録音機に、尺八用に調整していたカラオケ音源を移し、
クラブハウスの音響機器に接続したらどうなるだろう???

で、今日は、これを実験してみようかと思う、

簡易なシナリオを作った、
シナリオ順に選曲をインプットした、

もし、聴いてくれる人が居たら、
日本古来の虚無僧曲と、日本の童謡唱歌・演歌と、西洋のそれらとの間を、
あっちへ行ったり、こっちへ戻ったりして、遊べるかもと思う、
日本の音階・旋律と、西欧のそれとは、基本的に違いますのでね…

日本と、西欧とでは、音楽に対する基本的な姿勢もだいぶ違うように想う、
要は、
ウグイスや、ホトトギスが、ドレミハで歌っているわけじゃない、
雑木林や、岸辺に打ち寄せる波音に、ドレミハがあるわけじゃない、
これらを、どう聴きとるか、じゃないかと思う…

今日の沖は釣り日和じゃない、クラブハウスは空いているだろうと思う、
準備が出来たら、尺八携えて、出かけてみようと思う、

もう幾日も新聞や、テレビニュースを気を入れて観ていない、故意に観るのを避けている、
が、ダンダン、悪い方へ転がっているような気持ちがあって落ち着かない、
台風が攻めあがって来る、

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

大成功!!!

調整した尺八カラオケの音源を、
パソコン➝百円ライター大のIC録音機へコピー➝イヤホン穴に外付けスピーカーに接続
➝結果デッカイ音で高音質でバック演奏が始まるから
➝得意顔で尺八を吹く

試したら、コレ、実にうまい具合に行くのですわ、

外付けのスピーカーにつながないで、
イヤホンで聞きながら、ひとり静かに、尺八吹くことも可能だ、
百円ライター大のIC録音機、と、尺八、そして楽譜が、あったらどこでも吹けますわ、

で、今日は、これもって沖へ出て、ダァ~レも居ないだだっ広い海に「はまちどり」艇を浮かべ、
キス釣りしながら、
尺八カラオケ吹いて遊ぼうと思う、
魚魚らがあらそって艇のまわりに集まって来るだろうから、
ほ~ら、ぎょうさん釣れると思う、

IC録音機ですが、
いつだったか、配布金2万円が配られたことがあったじゃないですか、
あれで買ったのですわ、
非常に高性能で、いつもこれで自分の尺八を録音し、パソコン・アップして遊んでいたですが、最近は聴き直して下手さを実感し、ほとんど99%削除したのだった、
が、今回は、尺八カラオケ音源持ち回りに使用ですわ、
容量もタップリです、2・3時間吹きまくっても大丈夫なほどの曲数が収録可能だ、

科学の力ですなぁ~、
菅総理の人災が、
原発も、日本国の将来もダメにする中で、
なんと、IC録音機が、こんなにもガンバっとるのだぜ!!!

| | コメント (0)

2011年5月25日 (水)

ホトトギス

ホトトギス.mp3

今朝6時半、飼い犬ショウタと朝の散歩の際、IC録音機を高感度設定にしてわが家の玄関前の音を採ってみた、
少し離れたところ、約百㍍ほどにバス停があって車の暗騒音が入るので、雑音まじりなってしもたが、聴きとれなくもない、

♪♪特許許可局♪♪  ♪♪特許許可局♪♪

ホトトギスの鳴き声ですよ、
三日前から盛んに鳴いている、
少し、ウグイスの声も混じっているのだが分かりますか???

わたしの方の、尺八の鳴き声ですが、こちらの方は世間にもっと雑音が出回る8時半以降でないと鳴かないことにしています、

童謡唱歌と、演歌とで、約250曲ほどを、
わたし専用(如堂菅・地無し延べ1尺八寸)のカラオケ音源に調整しました、
音の調整は、楽譜とセットの作業ですのでね、実はコチラが大変なのですわ、

今日は、実際の使い勝手はいかがなものかを、CDに写したりして試してもみようと思っている、

どうです、
わたし、世間のしがらみ音とは少し違った生き方をしとるでしょう、

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

腹いっぱいに尺八で歌ったりしている

“魚釣りと、尺八趣味の爺さんブログ、愚痴とボヤキと無責任、隠居ストラテジー”
を、標榜しブログっていたのだが、少し変えてみようかと思っている、

日々ヒマをもて余す年金隠居の視線に、何らかの価値があるのか無いのか???
これが、問題だ、ここが難しい、
迷って迷って…
だって、
年金隠居が大勢居ること自体が世間迷惑そのものだと思うから、

「年金隠居は黙っとれ!!!」

でもなぁ~、
高齢者はほんとに邪魔者でしょうか???

ひょっとしたら、そうでもないのじゃないか
“岡目八目”という言葉がある、
渦中から離れた位置から見ると、アレコレのことが、あんがいスケスケに見てとれるのですよね、
欲得抜きでまっすぐに見る隠居の目玉は、それなりに宝石的価値があるのじゃないかと思ったりする、

どうしましょうかねぇ~、
おとなしくしていましょうか、それとも、またまた少し喋ってみましょうか、
,
,
尺八専用のカラオケ音源つくりですが、
けっこうオモロイですわ、
童謡唱歌、そしてド演歌の数々、
どれをとっても、みな人の心ですわ、詩と音で綴る人間の心の動きです、

カラオケ音源の取り込はパソコンにイヤホン突き刺して聴いています、
その音を聴きながら、
愛用の尺八(如堂菅・地無し延べ1尺八寸)を小さく吹いて、音程・律・テンポなど等を補正し、その補正したのをパソコンの別ファイルへ移します、
この作業をやりながら、並行して、他の音源探しをする、カラオケ音源に使えそうな無料のを探している、

ときどき立ち上がって、イヤホンのカラオケバックを聴きながら、腹いっぱいに尺八で歌ったりしている、

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

ムカデ釣り

ここ数日、穏やかな隠居に変身しようと努力中でしてね、
で、出来るだけニュースを観ないようにしているのです、
天気予報も…
で、で、
今朝起きたら雨が降っていた、魚釣りに出ようと思っていたのに、
こりゃダメダ!!!
天気予報くらいは観ておかないとなぁ~
,
,
あぁ、“百足”と書いてどう読むかご存知ですか??
ムカデって読みます、オッソロシ~イ!!!

昨日、パソコン前で尺八専用カラオケ音源を取り込む作業に夢中になっていたら、
左腕に変な痛みを感じて、フッと見たら、
半そでシャツから➝二の腕へ、
百足が身を半分乗り出して這っていた、

この世のなかでいちばん怖いのが蜘蛛(くも)、
二番目に怖いのが百足(むかで)、
もうビックリして夢中で鉛筆で払い除けた、

その時の腰をひねったみたいで…、
変な具合に筋が伸びてしもうた、難儀だ、難儀・難儀
ナヌッ!!!
ムカデに腰があるわけないじゃないか!!!
わたしの腰!!!!、

噛まれたようでもないのに、彼が這った二の腕部分が赤く腫れて痛い、

あれは2週間ほど前だった、
かみさんが1匹のでっかいムカデを発見し、やっつけたのだった、
ムカデは、実に夫婦仲がエエらしいのだ、必ず夫婦一対で暮らしている、
で、必ずもう1匹どこかに潜んでいる違いないと警戒はしていたのだが、
これが、まさか自分の背中を這って、腕に歩んで来ようなどとは思ってもみなかった、

夢中で払い除けたのですよ、
とにかく夢中でその場を離れて、かみさんを呼んだ、
あぁ、わが家もけっこう夫婦仲はエエ方です、で、わが家の方のかみさんですが、
わたしと違って極めて蜘蛛や百足らには強いのだ、決してたじろがない、
で、かみさんを呼んだ、
「タスケテェ~!!!!!」

何処へ彼は逃げたのでしょうネ、探しても、探しても見つからない、

何時飛び出してくるかわからんムカデを脳裏に描きながら、周囲にあるアレコレをそっと動かして探しまくった、
が、彼は、どこに潜んだのか出てこない、

ムカデは実に身動きが素早い動物だ、脚が多い分、身動きが変幻自在だ、
アヤツは決して後ろへさがらない、とにかく、人間に徹底的な敵愾心を持っていて、実に鋭い攻撃を掛けてくる、
ムカデを始末する方法ですが、熱湯を浴びせ欠けるのが最も有効です、
で、現れたら、ポットのお湯をぶっかけてやろうと、ポットを手に構え持って探すが出てこない、

と、その内に部屋中のアレコレを動かすことになってしまって…、
特に、現れた現場(げんじょう)であるわたしの書斎(?)スペースは全部探しまくるから、結果的に全部アレコレを移動させることになって、ムカデは出てこないのに、積年の溜り溜まったゴミやホコリがぎょうさん出てきた、
大掃除ですよ、真剣な切羽詰まった大掃除、

今朝はまだその大掃除の後始末が終わっていないゴッタゴッタした中に座って居ますがね、
ムカデはどこへ逃げたのでしょうね、

充実した1日だったなぁ~、昨日は…
今日も未だ充実は続いていて…、ムカデ釣りだね、

ムカデの歌があるのだね、
聴いてみたが、ナンジャコレ???さっぱりわからん

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

お金のチカラ(力)

お金の力はスゴイですね、いやまったく、
どうにもならんことがお金を出すと一瞬にして叶うのだから…、
が、しかし、
お金を出してその力の恩恵を受けてしまったら、
もうお金のスゴサは、本当の意味では理解できないでしょうよ、
あったりまえのことがアッタリマエになっただけだから、

その力を知るには、
その力に屈し続ける、これこそが必要です、

被災し、お金も何もかも無くした人たちが居られるとき、これ以上お話しするのはいかがかと思うのだが…
わたし、今、百円の前に屈しています、…誤解しないでね、百円が無いわけじゃない

今、自分の尺八専用のカラオケを編纂しつつあるわけですが、
いちばんの難儀はタダでカラオケ音源を取り込むことですわ、
探しまくるが、タダでは得られないカラオケ教が結構多いのです、
たとえば、
昔、三浦幸一という歌手が居て「落ち葉しぐれ」って曲を歌った、が、この曲のタダのカラオケ音源は探しまくってもないのですわ、

ほんの百円も出せば、好みの曲がダウンロードできる、このとはよく知っている、
カラオケCDをレンタル店で借り受ければ、ぎょうさんなカラオケ音源が一気に得られる、これも知っている、
でも、そうしてしまったのでは、
➝隠居の矜持が許さない、年金隠居の基本はタダでヒマを潰すこと、

あれは7年ほども以前のことになるなぁ~、
愛艇「はまちどり」で西日本列島(四国・九州・奄美・屋久島・トカラ・こしき島・五島列島・壱岐・対馬)を単独周航していた途上のことだった、
唐津港に入って数泊したことがある、
上陸し唐津城などを巡り歩いたり、この地のヨットマンらとの出会いを楽しんだりしたのだった、
こんななかで、わたしと同年代で雰囲気がよく似たひとりの旅行者に出会った、
いっしょに昼食を摂った、
わたしはごく普通の昼食です、
が、その人は、店で最も豪華な夕食のフルコースをあらかじめ予約注文していたようでした、ご馳走が次々とテーブル一杯にならんだのだった、

ビックリして、失礼かと思ったがご馳走のわけ(理由)をおたずねした、
と、
既に奥さんもご家族も亡くなって、独り暮らしなのだった、
お金に苦労してきたのだとか、
で、こうして旅行して、持てるお金を全部ご馳走にしてしまうことにした、と、ボソボソ話された、
昼食ですよ、テーブルに並べられたご馳走の数々にはほとんど手が付けられないご様子だった、向かいあってわたし座っていましたが、難儀でしたなぁ~、

わたしの場合は、お金はご馳走食べるには使わず、外洋航行が可能な中古ボートを有り金はたいて買い込んで、かねてよりの念願だった、日本列島単独周航の旅に出たのだった、
ご馳走を食う旅の隠居と、中古艇で日本列島周航中の隠居が、こうして向かい合い昼食を摂ったってことですわ、ただそれだけのことですがね、はぁ、お金の力のことですわ、

わたし、列島周航でソレ使ってしまったから、もう、使うのは止めにしたのだ、
早い話が、無くなってしもうた、
で、早い話が、…別に早くも無いけれど…
タダで、尺八用のカラオケ音源探しまくっとるのだ、
これって、けっこうオモロイですぜ、

馬鹿馬鹿しい作業だけれど…

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

尺八カラオケ研究中

三木市は山間の小さな市ですがカラオケ屋がけっこう多いです、
未だ1度も入ったこと無いけれど…、

あの穴倉(?)の中はどうなっとりますか???
まさか女の子が居て、ヅヅイを食ってやろうと待ち構えていたりはせんでしょうな、
オドロオドロしくて入る決心がつかん、

わたしの明暗尺八の師匠は、カラオケがお好きで月に数度はでかけるとか言うておられた、
勇気がありますなぁ~、
「尺八持って行きますか??」
「いいや」
「へぇ~、歌うの??ほんとうに???」

わたし昭和15年生まれ、自分一人で大声あげて歌うなんぞはしない、
日常生活のなかで、自分で声出して歌うって習慣がデンデン無い、
ダレかと飲み屋で酔っぱらって、で、歌う順番が来てしまって、しかたなくストレスがらみで歌うくらいかな、
“酒は静かに飲むべかりけり”

が、歌ってみたい気持ちが無いわけじゃない、
で、尺八で歌って遊ぼうと思って、
今、盛んにカラオケ音源をパソコンに取り込み、尺八で吹ける(歌える)律に、速度に調整を始めている、だいぶ出来ました、

パソコンの画面に楽譜を映し出し、
調整したカラオケ音源を外付けのスピーカにつなぐ、
が、パソコン譜は読み辛い、で、A4用紙に譜だけプリントアウトします、
パソコン画面は横長でしょう、が、が、尺八楽譜は縦書き譜でしてね、コレが難儀なのだ、
なんで、縦長ディスプレイのパソコンを作らないのだろう???
電子出版が云々されていますよね、
が、日本の「本」は基本的に縦書きになっとって、縦長画面でないとページが映し出し難いじゃないか、尺八譜が映し出せないじゃないか!!!

で、しかたがないから、画面には海の風景なんぞを取り込んで、それ見ながら吹くことも考えたが、そんなのを観ながらでは楽譜読みがデケンじゃないか、
で、で、指揮者を画面に登場させて、楽譜を読みながらさりげなく画面の指揮者をチラチラ意識するってことが理想だって思い当たった、

こんな尺八吹き用のカラオケセットがあったら、きっと爆発的ヒット商品になりますぜ、
ご存知なかったでしょうけれど、全国に約3万人も居るらしいですぜ、尺八吹きが…、

<余談ですが>
ここ数日は、故意に時局の話題を避けています、
アカン首相に付き合うのがシンドクなった、
と、云うより
世情をアテコレ嘆くのは古来隠居の陥る最も悪い悪癖だ、
で、少し、自重しとるってこと

ところで
どんなお方らが、このブログ閲覧くださっているのでしょうね、
まさか、ここから新たな情報を得ようなどが目的ではないですよね、
わたし、隠居のヒマヒマ、興味半分ですからね、新たな斬新な情報なんて皆無ですわ、
このブログのスタンスは、
魚釣りと、尺八趣味の爺さんブログ、愚痴とボヤキと無責任、隠居ストラテジー
ですよ、
あまり真面目読みしたらアカンよ!!!

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

隠居の住み場

朝っぱらから、またまた、尺八カラオケ音源造りして遊んでいますがね、
これって、
誤解・錯覚・愚痴・ボヤキの生活スタンスにピッタシですね、
いろいろな想いを、ココに放って、
➝自分を偽った時間を過ごします、要するにヒマつぶしにはもってこいだってこと、

偽った時間…、
逃げ場…、
自虐的に過ごす隠居時間…

隠居の慰めにはピッタシかと思う、
わたしは、歌うかわりに尺八で歌詞部分を吹いて遊びますがね、

なんぼカラオケ歌ったって歌が本格的になるわけじゃない、…と、思う
決して本物にはなれんような気がする、…歌上手にはなるだろうが
が、
今の歌手は、カラオケで育った人が多いのでしょうね、そういう時代なのですよね、
ニセモノの時代????

最近の若い女性の顔って見分けるのが難儀です、
みなさん同じような顔をしている、目付きすらもナニかに似せようとしているように思える、

歌は、ほんとうは“心”そのものなのですよね、
が、カラオケ文化のなかで“その心”を
➝誤魔化し、ちゃかし、心を中心から逸らせる方便に使ってきた…のじゃないかと思えてならんのです、

日本の精神文化はカラオケで空洞化しつつある、

が、しかし、
隠居には、このカラオケは実にピッタシの暇つぶし場になります、
あれこれの想いをカラオケに放ちながら、今日も1日過ごそうと思います、

新聞や、パソコンサーフィンや、アレコレ余分な情報検索などなどしたら、
またまた義憤もどきの癇癪が起きる、
これって、余計なことですよね、

ナヌ!!
“菅首相視察前、官邸に予測図=放射性物質の流れ確認”ですと!!!
首相は情報をひとり自分のために使い、住民のためには使わなかった、
なんと、すばらしい!!!

怒ったらアカン、じっと我慢しましょう、
隠居の住み場は、カラオケ・カラオケ、 

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

釣り師の視野

今週は、月・火・水の3日続けて魚釣りをしとった、
内、火・水は南紀沖へカツオ釣に仲間らと出掛けたがボーズ、
あぁ、
今日は自宅で尺八を吹く、カラオケ音源整備の日、

ところで
魚釣り趣味のオッサン等に共通の悩みがありますわ、
年々、自然が壊れて行くのを感じてしまうのです、これが悩みだ、
年々、釣果は落ちる一方、急角度で釣れなくなる、

閉鎖海域・瀬戸内海の漁場の荒れは、もう止めることが難しいのではないでしょうか、
政治も、民情も、誤魔化しやウソや怠惰のなかだ、
が、
南紀沖の太平洋・黒潮の中での釣りは、どうでしょう???
これが、またまたビックリですよ、
ダメ・ダメ・ダメ、

カツオが年々少なくなるばかりだと、年々・年々嘆くのはもう挨拶代わりになってしまった、
それにしても今年の状況は一段とひどいのです、
周参見の知り合いのカツオ漁師と少し話をしましたが、岸さんってお方だが、
「乱獲が原因だと思うしかない…」
と、苦虫かみつぶしていた、

水曜の早朝、出漁直前の漁船に近寄って、漁船のモヤイ綱を解くオッサンに
「どないです今日は捕れそうですか???」
と、話しかけたら
「油がなぁ~、高い、高い、高い…」
と、ぼやいていた、

漁(カツオ・ケンケン漁)で、燃料代を稼ぎ出せたオッサンは居らんのじゃないかってことだった、
そんなバカなことはあり得ないってことはわかっとる、
魚釣りの世界は、ダァ~レも釣っていない不漁時でも、必ず誰かが、すっごい大漁した者が居る、これが釣りの世界だ、
が、そんな超ベテランは極々少なくて、ほとんど全員が燃料代も稼げていないってこと、これもまた確かなようだ、

南紀白浜温泉の沖を紀伊半島沿いに東南へ走り、白浜温泉の高層旅館群が山陰に隠れると、山の中腹に高級別荘が山肌を虫喰うような感じではりついているのが望見できます、これって異様な感じですぜ、
さらに東南東へ走り周参見漁港沖を更に少し東へ走ると、またまたリッチランド(山肌を蝕む高級別荘群)が見えてくる、この真ん前の海が絶好の磯釣り場にナットって、“三つ石”って名が付く超1級の磯釣り場です、それを後ろの山の別荘から眺め下すのだね、別荘人らがシャンペンなんぞ飲みながら…、

この“三つ石”の沖合の2キロ~10数キロ、時には沖合80キロまでも遥か沖合へ漁船は南下してカツオの群れを探します、

火曜水曜の二日間、わたしも仲間の大型艇に乗せてもらって、これに挑戦した、
多数の漁船が必死でカツオの群れを探し走りまくるなかにマギレ入って、カツオを釣ってやろうと頑張った、
あぁ、4人で出かけたのだが、わたしはもっぱら操船の役です、他の3名は未だ若くて力がある、掛かった魚の取り込み役だ、
沖合ほぼ15キロまで南下して探ったです、が、カツオの群れには遭遇しなかった、
漁船群も同様のようだった、漁船の動きを遠くから望見していたら、漁船がカツオの群れを見つけたかどうかがわかるのです、漁船の動きが急に鋭く変化するからなぁ~、

1隻がカツオの群れを発見すると、半径10キロほどの間に散らばっていた他の漁船が、ほんの15分ほどの間に、察知して集まってくる、
カツオの群れを発見したら、それこそアッという間に、太平洋が漁船の群がる混雑した繁華街だよ、ビックリですよ、

我々素人のプレジャーボートは、この漁船群の殺気立った漁場へは入れませです、
気迫が違う、カツオの群れに挑む際の漁船の動きには付いて行けません、
が、が、火曜・水曜は、漁船らは気の抜けた走りだった、
ボーズの漁船バッカシだったのじゃないでしょうか、

でも、コレが超不思議なのだが、
漁協の競り場にはカツオの水揚げがあって競っとるのだ、
仲間が、土産に、競り落とした仲買からカツオを釣り上げました、買ったってこと、小ぶりな可愛いカツオが1本2千円ほどだった、
わたしは、買いません、わたしは釣り師ですからね、魚市場で釣ったりはしないのです、
釣り師の矜持が許さない、お小遣いが許さない、

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

記事削除のおわび・義援金のこと

“義援金のことで、日赤は、必要経費を差し引いた後に配分云々”
と、わたし、先日ここでブログったのでした、

と、と、
某氏から、エエかげんなデマを信用したらダメですぞ!!!
って、お叱りのコメントを頂戴した、

で、わたし、この種の話題には触れるべきではなかったと、まず反省し、
とりあえずは削除が妥当と判断した、
で、記事を削除クリックしたら、
どうしたわけか頂戴していたコメントまでもを、一緒に削除することになってしまった、
手違いです、コメントまでも削除してしまう気持はなかったのです、ホントです、
コメント頂戴しながら誠に申し訳ない、
で、お詫び申し上げたい、ほんとうにごめんなさい、

さて、
義援金配分が遅いってことが今盛んに話題にナットる、
が、このことと、
日赤が、集まった義援金から、ナニガシかの必要経費を差し引いた後に配分するって、仕組みとは話が別ですよね、
で、そのウワサを、わたしなりに調べたのだった、
権威ある筋と思われるあたりを探ってみて、
そらそうだわな、どうしても必要な経費は、集まった義援金からまかなうことにならざるを得なかろうな、って思ったのだった、
だって、義援金のお世話に掛かる経費のすべてを日赤に押し付けるのはかえって不自然ですよね、

が、が、どういうことなのかよくわからんのですが、
わたしが先に参考にした記事(準公的な記事だったのですが)が、
“コレコレを参考にしたのでした”と、コメント氏へお返事しようとして、再度見直しますと、なんと、既にその記事が書き直され修正されていて、ビックリです、
わたしハシゴを外されてしまったみたい、

わたし、またまたお叱りを受けるかもわからんが、すこし言葉を足しておきます、

義援金の世話を日赤が行なうにつき、ナニガシかの必要経費が生ずるのは当たりまえです、
で、その経費は、わたしは政府が負担すべきだと思っている、
削除したブログ記事にも、“憲法25条 生存権、国の社会的使命”のことを書いたのだった、国の基本的な責任です、
そして、このことこそが、わたしの一番いいたいことだったのですわ、
日赤が、義援金から必要経費を差し引かざるを得ないようなことが生じているなら、そりゃ変ですぜ!!!ってことが言いたいわけですよ、
そのような経費は国が全額負担すべきだと思うから、
実際の配分事務にあったってはキット自治体事務職員なんどの手を煩わせるのでしょうね、この意味では公的経費が義援金配分事務に使われることになる、
が、日赤内部で生じる必要経費はどうしますか、
わたし、日赤の内部事情までは知らないですわ、が、気になりますわ、

いずれにしても、
わたし、先の義援金に関する記事削除のこと、申し訳ないがお許しいただきたいのです、
少しでも早く、被災者の方々へ、義援金が届きますように願っておりますです、


| | コメント (0)

カツオ釣り釣果など

午後4時半帰宅、釣果ゼロ、
凪いでいたので、それほど疲れてはいない、

久しぶりに黒潮の中を走ってきた、

4人のメンバーで出た、
艇を6ノット程度の速度で走らせ、カツオ釣り専用のルア~を曳っぱる、
ルア~は6本出す、
  大外2本は飛行機
  中2本はラビット、
  内側2本は潜行版
なんのことかを説明すると長くなるので、しない、

大きなシイラが掛かり、1本は取り込んで、昨夕、民宿のおばさんにお願いして、サシミとフライにして食べた、が、あとはすべてリリース、

ソウダガツオが1本捕れた、マルソウダだった、安物の鰹節に化ける魚だ、
ヒラソウダならサシミにするとマグロのトロの味だが、マルソウダはサシミでは危険で食べられない、中毒する、

4人の役割分担は、いちばん年長のわたしが身体の楽な操船係り、
あとの3名は、掛かった魚の捕り込む係り、
大きなシイラを取り込む際、シイラが暴れて1名がけがをした、
大したこと無くてホッとした、
シイラの尾で張り飛ばされて大怪我をした者は多い、わたしのような70過ぎのヅヅイには無理な仕事だ、

トビウオが艇に驚いて度々空を飛んだ、
が、カツオ鳥が非常に少なかった、
今年は、専業漁師のみなさんも、あまりの不漁に泣いている、
変な話だが、漁師も高齢化し、食うだけなら年金でなんとかなるのだとか、
で、漁に続けられるのだそうな、
出漁前の漁船に声掛けしたら、アブラ代が高いとこぼしていた
なにせ若い漁師をほとんど見かけない、

知り合いの漁師は昨日ボーヅだったらしい、かれもヅヅイである、
あまりの不漁続きにしょげてしまって、今日は沖へは出て来なかった、
午前8時半ころ、彼から携帯電話が入って、
「今起きたところだ」って愚痴っぽく言った、
我々からの返事は
「シイラしか捕れん、さっぱりアカン」
だった、

紀伊半島南端から真南へ7マイル半(14キロ)まで沖だしして頑張ったのだった、
黄砂のなか紀伊半島の山並みがボンヤリかすんでいた、

| | コメント (0)

椿沖
漁船多数
カツオ不在

| | コメント (0)

朝5時から黒潮ど真ん中、
大きなシイラと格闘し1名負傷、


周参見沖7マイル、奮闘中、

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

周参見民宿チェックイン、

カツオはボーズ、
漁港漁協で釣り上げた、明日は沖で釣るつもり、

| | コメント (0)

メンバー、
ルミ、ロンリーウルフ、ヨシ○、波平、

すでに全員ベロベロ、

| | コメント (0)

周参見沖をトローリング中、

ソーダカツオ、シイラ、だけ、

| | コメント (0)

水温21度3分、カツオ鳥が飛んでいる、
印南沖5マイル、
東南へ21ノットで航行中、

| | コメント (0)

紀伊水道を南下中です、

カツオ釣り、

結構波があって七転八倒中、

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

明日・明後日はカツオ

紀伊半島最南端沖でケンケン・カツオに挑戦です、
友艇・ルミに乗せてもらって、楽ちんだぁ~、

わたしの役目は、キャビンで、少しチュウ呑んで昼寝、これが仕事、
大名釣り???
イイヤ、隠居釣り、

あぁ、今日の釣果は、30㎝足らずの真鯛が3枚、29㎝のガシラ、そしてメバル、
大きなスズキをタモ寸前で取り逃がした、糸切れです、

もうだいぶお酒をいただいていて、目がチロチロします、
明日も早出ですので、もう休みます、

| | コメント (0)

今日は魚釣り

昨日は終日“尺八カラオケ音源”造り(整備)に費やした、

わたしは音感の良い性質じゃない、
手持ち尺八(如堂菅)にピッタシのピッチというかセントというかにカラオケ音源の音程を調整しようとしている、音感の鈍さを痛感する、

例えば1時間この作業を続けたとする、
と、内50分間は、狂った音程を聴いていた計算になると思う、
もう気が狂いそう、
ピッタシの音程を得るまで探るのだが、あまり神経を尖がらせすぎるとかえってわからなくなる、
少しボヤ~としていた方が、ピッタシになったら、ココヤッ!!!って、わかる、

で、思うのですが、
相手はユーチューブやあれこれから無料で集めた音源だ、幾度にもわたって収録し直され、その都度都度に使用された機械性能の影響を受け狂いが生じているみたい、
また、コレはおこがましい推測だが、プロ歌手でも初手からピッチ狂いで歌っている人があるような気がする、で、釣られてカラオケ音源音程にも狂いが生じているように思ったりする、
だって、まるでピッチが狂っているとしか思えない伴奏があったりするのです、

要するに、どのカラオケ音源も、ピッチやセント上下の必要がある、
が、コレは、わたしの如堂菅の方にも大きな責任があるみたい、
如堂菅の特性かな???
ピッチは合っていても、音源セットを+2ばかり高くセント調整した方がピッタシになる、
が、が、コレは、わたし個人の吹きクセかもしれない、

わたしは指遣いが不器用だ、
で、聴く人には判らぬ程度に、ほんの少しテンポを遅くして音程調整を行っている、
音程には影響が出ないようにして律調整をおこなう、

1本の尺八で、すべての曲に対応しようとするのには無理がある、
が、調律に耐える菅(尺八)がこの如堂菅1本しかないのだから、しかたがない、

これから魚釣りに出るので、今日はこのカラオケ調整はお休みだ、

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

パソコンで…

ユーチューブなど等から、カラオケ音源をダウンロードし、
パソコンで尺八伴奏用に改作し、歌の部分を尺八で吹いて遊ぶのだ、
テンポを変えたり、音程を変えたりだ、

歌手が歌っているその歌の部分だけをカットし、伴奏だけを取り出したりもするが、これは難しい、未だ満足できるのができない、

パソコンのイヤホン穴に、別に用意した大型(?)スピーカーの線を押し込み、適度な大きさの綺麗な音にする、
パソコン・ディスプレイに、そのカラオケ曲の尺八譜を映し出す、
で、その生々しい(?)伴奏のもとで、画面の譜を見ながら尺八を吹いて悦に入る、
と、こういう段取りを夢見て、今、盛んにやっとるわけだ、

竹友に、この種の段取りの先駆者が居て、既に彼なりには完成域にあるようだ、
実は、その段取り果実をそのまま、わたし、頂戴している、
が、
わたし的には、なかなか思うように使いこなせなくて、
で、で、上のような作業に、今、夢中になっとるってこと、

わたし的には使えないその訳は、手持ち尺八の貧弱さにある、
わたしが持っている尺八は、楽器としては不調律にすぎる不完全な物ばっかしだ、
これで、五線譜音楽を吹こうとしても律がアンバランスすぎて曲にならん、
加えて、すべての曲に対応するためには幾本もの長さが違う尺八を用意する必要があるが、わたしにはそれって経済的に不可能だ、

が、つい先日、
竹友・如堂どんから譲り受けた“1尺8寸・地無し延べ竹”が、五線譜吹きにも耐えられそうな性能菅だった、この1本だけが地無し菅ながら調律がそこそこである、
で、この1本を利用し、本格的にカラオケ尺八に挑戦の気持ちになった、

幾本もの調律菅を用意できないってことなかでの、カラオケ挑戦だ、
で、すべての曲を、手持ちの如堂菅(“1尺8寸・地無し延べ竹”)でまかなえるように、曲のピッチを、セントを、テンポを、変換してしまおうとしている、
あぁ、セント(微細な音程調整)のことだが、
使う如堂菅は地無し菅だから、厳格には未だ調律に不安がムンムンだ、それを下手な波平が吹くとなおさら律が外れる、そこを、波平用に、気持ちセント処理してみようってこと、
で、
全ての音源をMP3に変換し、それをこれから加工することになる、

福島原発の低温冷却が早いか、わたし波平のカラオケ音源整備が早いか、
わたしの方がデッタイ早いと思う、

試験的に出来たものから順に、(当ブログで)お披露目して遊びたいが、ひとつ気になることがある、このような遊びでも著作権が云々なのだろうか???
ユーチューブに著作権についての注意書きがあるが読み切るのが面倒だ、わからん、

少し、理屈っぽかったかな、なんのことか分からんお方もおいでかも、
ごめんね、

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

スンバラスイ

津波の直撃がキッカケだったが、天災じゃなく人災だということらしい、
首相の原発視察で、ベント作業が遅れたって原子力委員会が参院で証言しましたね、

浜岡原発を止めたのだった、
が、
人災の東京電力は日本海側・新潟県にも柏崎刈羽原発を持っとる、
大丈夫かいな???

管どんよぉ~、新潟サ視察して原発ぶっ壊してこい!!
,
,
少しほかの話、

総務相は昨日の閣議後の記者会見で、
国家公務員給与10%削減で労働組合と交渉に入ると発言した、

まず相手(労働組合)の横っ面を張り飛ばしておいて、
その後に話し合おうってことか、

わが国の公務員(※)には、団体行動権(ストライキ)が認められていません、
そのかわりに人事院制度がある、これが団体行動権に代わる働きをしている、

人事院の独立性は裁判所や会計検査院と同じなのですぜ、
これを、管政府は、
マニュウアル(公務員給与減額)を盾に無視しようとしている、

ただ事では済まないでしょうよ、
国は乱れるでしょうよ、
ダラダラ崩れてやがてメルトダウン、この方向性に太鼓判、

今の日本は、人災作りの人材には不足しませんな、スバラシイ!!!
革命だ、革命だ!!!
メッチャクチャ、スンバラスイ


警察・消防・防衛・海上保安庁・監獄の職員らには、団結権、団体交渉権、団体行動権のすべてが禁じられている、

| | コメント (1)

2011年5月13日 (金)

楽器性能

このたびわたしの吹料になった栗栖如堂師作・地無し如堂菅の試し吹きです、
1尺八寸・完全地無しの延べ竹です、
この種の自然のままの竹で、これだけ吹ければエエとしましょうよ、
わたしの吹奏技量のことじゃないですよ、
調律・音色など、尺八自体の“楽器性能”のことですよ、

「故郷の人々」
故郷の人々 如堂 20110513.mp3
「ケンタッキーのわが家」
ケンタッキーのわが家 如堂 20110513.mp3
「駅馬車」
駅馬車 如堂 20110513.mp3
「なつかしのヴァージニア」
なつかしのヴァージニア 如堂 20110513.mp3
「ブンガワンソロ」
ブンガワンソロ 如堂 20110513.mp3

「北の宿から」 ド演歌も試してみる
北の宿から 如堂 20110513.mp3


| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

カツオ釣り発電

電力不足(特に夏場は)社会への対応に二つの方策があって、
1) 省エネ社会にする
2) 不足の電力を、原発以外で増産する、

原発の管理体制を強化し、原発を増やす方がエエとの見方もあるが、
先の将来はキットそうなると思うが…
たった今、原発管理で失敗したばかりで、その後始末もままならぬのだ、
原発を増やす案は使えないだろう、

で、ナニで電力を造り出すかだが

A) 火力発電(石炭・石油・天然ガス)
B) 水力発電
C) 風力発電
D) 太陽光発電
E) 地熱発電
F) 海洋発電(潮汐・海流・波などによる)
G) メタンハイドレート(海底資源・火力発電の類になるが)

E・地熱発電、F・海洋発電、G・メタンハイドレート、の三つを考えようか、
技術的にすでに完成しているのが
➝E・地熱発電、F・海洋発電、の二つ、
G・メタンハイドレートは
➝未だ、採掘・利用技術が未完成だと聞いている、

E・地熱発電は、
大規模な発電施設を造ると、近くの温泉街の灯が消えるかもらしい、ヤバイ、やばい、

だったら、残るのは、
➝G・海洋発電(潮汐・海流・波などによる)ですよ!!!

紀伊半島南端潮岬に黒潮がほぼ接岸して流れている、
すごい流れですよ、超強大なエネルギーです、
ココに適度の大きさの水車を造ったら、たちまち原発の10や20の発電量はまかなえる、
水車を海に建設する工夫をしたらエエのですよ、

水車を固定する鉄塔を海に建設する、巨大なダム様のものを、
と、考えるから、難しいのだ、

ほんなもん、もっと簡単にデケルのではなかろうかと思う、

ぶっといロープに巨大なイカリ(錨・アンカー)を結わえて海底に投げ込み、固定し、
そのロープの端にスクリュウ式の水車を付けて頃合いの深さの海中に漂わせればエエ、
コレで充分、発電が可能だと思うが…、
黒潮の流れの軸流変化に合わせて、錨固定位置を移動させればよい、

手っ取り早い話が、
巨大な百万トンクラスの船を、黒潮の中にアンカーリングさせて、ペラを黒潮の流れに任せて回転させ、それで発電させるってことと同じですよ、
その状態で発電した発電量は、
アンカーを揚げて、エンジンを回し、船をその位置に止める、そのエンジン力に比すものじゃないかと思うが、この計算は間違っとるのかな???

その巨大な船体を黒潮軸流ど真ん中に横向き固定して、船体の中心に巨大な水車を備え付け、黒潮の流れのままに回転させ、発電しましょう、
危険なんぞナァ~ンも無い、船から釣り竿出して、カツオなんぞ釣りながら発電デケル、

| | コメント (0)

世も末

電力不足が危惧されているわけだけれど、小手先だけの対処療法バッカシが論議されていて、わしゃオモロナイ、
小手先・対処療法にもほどがある、
縮こまって節電節電なんてナニいうとるのや!!!!

無駄遣いした方がエエというわけじゃない、
が、縮こまっ生活を賛美するのはいただけない、

足らない電力なら、足りる程に増産(?)すればエエやないか、
要は、規制のことじゃないか、
地域独占の電力業界を、競争形態の市場原理へと閉じた道をあければそれで解決すると思うよ、
電気事業法ですよ、
この運用を市場原理に沿った方向へ導けばエエだけのことだと思うがなぁ~、

簡単に言うと、経済産業省の行政指導ですよ、
コレを電力事業参入を誘導する方向へ転換するのだよ、
「オレ発電所造りたい!!!」
っていう、事業者が出やすいようにアレコレを誘導する、
大手の会社が自社工場の電力不足を、自社内の発電設備で賄おうとしているのですよね、
この際に、少し大きめの発電設備をこしらえてもらって、そこから出てくる余剰電力を、出来るだけ高値で東京電力が買い上げるような方策を工夫する、

わかりやすくは、
“東京電力が市中に販売している電力料金と同じ額で、東京電力がその余剰電力を買い上げて、東京電力の配電網で市中に流す”
けっして、東京電力はサヤを取ったりしてはいけない!!!!
それくらいのことはこの際、道義的にも、やらなあかんだろう!!!
と、こういう行政指導を行う、これで万事解決かもよ、
コレ
海江田万里経済産業大臣の器量ひとつで可能な方策なのだが、器量不足が残念ですなぁ~、

なんなら、
この種の対応が可能な大手企業に、東電所有の発電所を売却したらどうか、
売却で得た金は原発事故補償費に回せるじゃないか、
買取った某大手企業はその発電所を稼働させ、電力を東京電力と同じ価格で売ればよろしいのだ、
ナンデこういうことがデケンのだ!!!

いきなり東京電力を公的管理の元でリストラし、イジメあげるなんぞは、愚の骨頂だぞ、
東京電力の管理運営に役人が入り込むなんどは、天下りの最たるものだ、ナニ考えているのや!!!

あぁ~世も末だ!!!

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

ひっくり返ってはいませんか

A) 責任を追及され、辞任を求められたら、
B) 「…急ぎ原因を追究し正常に戻すこと、これが今のわたしの採るべき責任…」

C) 起訴され、そのことで記者団が押しかけると、
D) 「まだ訴状を読んでいませんのでコメントはできません」

問う方も、応じる方も、この応答でOK,
テレビも、新聞も、決まりきった言葉を報じて終わり、

なんか変だなぁ~

責任ってなんだ???
責任者が責任を果たさなかったから、事故が生じたのだ、
事故を生じさせないこと、これが責任の意味だぞ!!!
わかりやすくは、
お前が居たから事故が生じたのだってことだぞ!!!!
だのに、まだ居座るのか!!!!!
またまた、事故を起こすつもりかよ!!!!!

B)の、屁理屈応答があった際、なぜ、
「お前が居たから事故が生じたのだってことだぞ、だのに、まだ居座るのか!!」
って、メディアはなぜ追及しないのだ!!!

C)の、言い逃れに対し、
「お前は未だに、自分のやったことの意味が、善悪が、わかっていないのか!!!」
って、なぜ攻め込まないのだ??
あるいは、
「お前は、責めれているのに、なぜ今、報道機関を通じて反論しようとしないのか???」
って、問わないのだ??


東電の会長・社長・取締役ら重役陣は、役員報酬を返上あるいは減額で、事故責任当事者の“責任”を逃れようとしている、…ように思われる、
“彼らが居たから(彼らの責任体制下で)、原発事故が生じた”
この事実は、彼らの“役員報酬を返上”で消えますか???
彼らには、“役員報酬を返上”なんぞ、
痛くも痒くもない小銭に違いないよ、
容易に他手段で補えると思うよ、

みっともないですなぁ~、
菅総理が真似て「首相給与」を6月から返上するそうだ、
首相給与を得るに値しないと自覚するなら、辞任するべきだろう、
俺はタダ働きで、ボランテェアで、国民に奉仕するってことか、
ナニ考えているのや、

東電の重役陣も、管総理と取り巻きも、
今、その席に在ること、コレこそが間違いなのですわ、
総入れ替えが必要ってこと、

東電のことに限って言えば、とことん体制を入れ替えなければ補償負担に耐えられないでしょうね、
今の重役人らは、政府に補償負担の援助を申し出ている、コレは、今の態勢を堅持するための、要するに、いずれまたどこかで今同様の事故発生につながる態勢を維持継続するための手法でしかないですよ、ダメですよ、
今必要なのは、態勢の総入れ替えですよ、
自立して、補償に耐え、今後を生き得る態勢を造ることですよ、

これだけ大きな事故を起こしたのですからね、焼け太りはダメだよ、巨額補償に応じたらその分貧乏になるのは理の当然ですぜ、身の回りのアレコレを売り払って補償費に当てないと、どうにもならんのはアッタリまえだ、
会社所有の動産・不動産を売却し、会社がその分小さくなる、これも理の当然でしょう、
ナニを売却しますか???
持てる資産の最大の物は、発電所でしょう、電力配送の送電網でしょう、
考えるまでもないじゃないか、これらの切り売りが必要にナットるのだ、

東京都心を電力需要地に持つ発電所や配電網だ、売りに出したら、きっと買い手はありますぜ!!!

が、しかし、今の東電重役人らは、政府に向かって、
“東電が、発電所や送電網の現状維持にあたるには、政府の援助が必要だ”って言っている、
なんじゃこれ!!!
考えが、ひっくり返ってはいませんか???
こんな考えだから、原発事故が生じたのですぜ、
わしゃ、そう思うがなぁ~、


追記・ 本日の日経朝刊第1面みだしは東電を公的管理
     もっとも悪い方向へ進みつつある、
     これでは向後に事故体質を引きずることになる、
     責任者不在を演出、
     想定外だったで終えるつもりのやりかただ、
     

| | コメント (1)

2011年5月10日 (火)

音色 2

如堂菅の音色です
「あざみの歌」唱歌
あざみの歌 如堂 20110510.mp3
「鉢返し」古典本曲
鉢返し 如堂 20110510.mp3

| | コメント (1)

音色

絶対確かなことではあるけれど、どうにも表現がむつかしいことがありますよね、
そんな中に、音色(ねいろ・おんしょく)のことがある、

楽器を触る人にはお解りいただけると思うが…

声の場合も、同様のことはありますよね、
甘い声、シブイ声、透きとおった声・重み深みのある声・…

ピアノはスタインウェイ、ヴァイオリンはストラディバリウス、
和楽器、琵琶・笛・鼓・箏・三弦・そして尺八…、それぞれに名器とされるものがある、
おおらかで豊かな音色…
おおらか???
豊か???
わかったようでよくわからん、

音色を云うに、ナニナニのような音色、カクカクを思わす音味、などと云いますが、はがゆいですなぁ~、どのような表現を試みても、まだナニか言い尽くせない気持ちが残る、

そもそも音楽ってのはナニでしょうね???
つまるところは“音”じゃないかな、
いいや、そうじゃない、
リズム、メロディー、ハーモニーだって、ですか!!!

むつかしいですなぁ~、
リズムとるのは下手だし、メロディーもいまいちだし、音感が悪いからハーモニーなんか難しいですわ、難しい、難しい、
わたしの場合は、リズム、メロディー、ハーモニーは関係ないと思う、
要するに、要するに、わたしには、手にする尺八から出てくる音色が、音味こそが問題なのですわ、

息を整えて、腹式呼吸を意識して、喉元を大きく広げる気分でプウ~プウ~プウ~
♪♪プウ~プウ~プウ~プウ~プウ~プウ~プウ~プウ~プウ~♪♪

その日の体調や気分によって、出てくる音の色合いが違う、
と、もうひとつある、
“安物の不出来な楽器ではどうあがいてもエエ音は出せない”
が、
“名器ならエエ音に出会うことがデケル…かも”

“名器を得たい!!!”
音楽をやる人に共通の望みはまさにココでしょうね、

尺八仲間らを見渡すと、皆が皆、この名器を得たい症候群の患者です、
自分の演奏技量を磨くことが先だろうと思うが、ソレとコレとは別です、

わたし、昨日名器を得ました、
で、こんなことをダラダラ得意げにお話ししているわけだ、

如堂菅です、
竹友・栗栖如堂どん自作の1尺8寸地無し延べ竹を昨日譲り受けました、
召し上げたって言う方が正しいかな、
“あいつがこれほど恋い焦がれるなら、嫁入りさせよう”
と、なったのだと思う、

スカッと開いた明るい音色だ、音が勝手に出てくる感じ、
少し息を入れたらナァ~ンもしないのにエエ音が出る、名器だ、名器だ、

製菅師・如堂どんいわく、
「これは鳴りすぎます、鳴りすぎて面白みに欠けるきらいがある…」
「飾っておくだけではもったいないから持ってきた、あんた吹いてみますか???」
で、
「吹きます、吹きます!!!!」
って、ことになった、

吹きまくって、吹きまくって、少し吹き慣れたら、
なんぞ吹いてその音をアップしようと思う、

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

そりゃsengokuだ!!!

原発に向き合う基本姿勢ですが、
管政権は、浜岡原発だけ止めて、あとは大丈夫、って方針にするらしいですね、
さらに言葉をついで、「日本海側、瀬戸内にある原発はまず心配ない…」とか言うている、

瀬戸内海の原発について少し話しさせてください、
九州と四国との境の海域を豊後水道と呼びましてね、コレを通って北上すると瀬戸内海へ入ります、入った東側海域は伊予灘、西側海域は周防灘だ、
海域で“灘”の文字が付く箇所は海が荒れる海域です、玄界灘の荒れ海が知られていますよね、鹿島灘も荒れますよ、千葉の外房東側海域ですがね、

で、瀬戸内海の原発ですが、
この豊後水道を北上し、そのまま本州へ突き当たった位置に長島という小島がある、
この小島の東側は伊予灘、西側は周防灘です、
今、この小島に、新たな原発・上関原子力発電所が建設中だ、
プルサーマル発電です、ウラン燃料による発電じゃなく、より危険なプルトニウム燃料による発電が計画されている、
昨日の、あの仙谷(sengoku)氏の
「日本海側、瀬戸内にある原発はまず心配ない…」
の、言葉裏には、この上関原発の建設推進を後押しする意味があったとわたしは思う、

実は、既に、瀬戸内海には伊方原発が稼働中です、
豊後水道を瀬戸内径へ入り込み、東へ、佐田岬半島沿いに進むと半島の根っこ辺りに伊方原発がある、
原発は凄い量の温排水を出すのです、この影響が既に瀬戸内海一帯に広がっています、

そもそも、瀬戸内海ってのは、大きな閉鎖水域で、瀬戸内海の中心辺りの海水は外海と入れ替わることなく滞留している、
潮汐によって東西に動くが中ほどの海域の海水はほとんど外洋水とは関係無いような状態にナットる、
豊後水道から瀬戸内海へ入り込む外洋水は、東側は小豆島の東辺りまで流れ込む、
逆に、東は紀伊水道から瀬戸内海へ流れ込む外洋水は、西の豊後水道からの流入に比して圧力がちいさいようだ、せいぜい備讃瀬戸の西側辺りまでかなと思うが、コノ辺りのことはいまいち定かでない、わたしは趣味の釣り人にすぎませんのでね、

要するに、
今、稼働中の伊方原発の瀬戸内海に与える影響は四国・高松の西側までかと思う、
本州側から言うと塩飽諸島周辺海域まで届いているってこと、
このことは、この海域の潮の流れは潮汐流が主ですから、伊予原発の出した温排水は潮汐差が大きい時には約6時間後にはほぼ塩飽諸島へ届くってことを意味します、
で、
ココにさらに、上関原子力発電所が稼働するようになったら、間違いなく瀬戸内海の水温は数度上昇するだろうってことでもある、
水温上昇だけなら我慢してもええ、
が、しかし、
放射能汚染された温排水がでたら、もう完全に瀬戸内海が死海になりますわ、
コレ、でったいに間違いありません!!!

わたし、自分の愛艇「はまちどり(大中古の28ft艇・既に故障で廃船)」で、瀬戸内海を端から端まで幾度も走りまくっていて、長島にも立ち寄って給油したことがあるし、土地勘というか海感がありますのでね、気になってしょうがないのですよ、
瀬戸内海の原発は大丈夫だなんて、とんでもないよ、
阪神淡路大震災は瀬戸内海で生じたのだよ、想定外だったのだよ、津波はなかったけれど…、
“原発は想定外を想定せなアカン”ってことは、
つい先日知ったばかりじゃないか!!!
瀬戸内海に原発を造るなんぞは、とんでもないことなのですよ、気違い沙汰だよ、
差別用語だったかな???
エッ!!
センゴク(sengoku)ってのは、未だ差別用語じゃないよね、

瀬戸内海に原発作るなんぞはセンゴクですよ、アカンですよ、


| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

投げやりと同じだ

「盲亀浮木(もうきふぼく)」の喩(たとえ)がある、
大海に住む盲のカメが、百年に1度海中から浮かび上がり首を出すのだが、
その際、たまたま穴の開いた流木が1本漂っていて、カメが浮かび上がり首を出したのはまさにその流木の穴だったという偶然事、奇跡をいう話、
人間がこの世に生を受ける奇跡・偶然を言うたもの、

東日本大震災ですが、盲亀浮木でしたか???
違います、想定可能な、生じ得るだろう確率の高い事だった、
浜岡原発を襲うかもの地震・津波も、想定の中だ、

あの菅どんはヤバイと言う、
保安院は大丈夫だと言う、
中部電力も必要な対策はとれている、…と、思っている、

世論は、三つに分かれている
A) ヤバイ
B) ひょっとしたらヤバイ
C) 大丈夫

わたし隠居波平は(A)を採ります、

ヤバイを中心に据えて、対策を採るべきです、方策はやはり三つかと、
(ア) 君子危うきに近寄らず
(イ) 堀をめぐらし、城郭に籠り、各種強力高性能武器でガードする
(ウ) 攻撃は最大の防御、反対派を押さえ込む

波平は(ア)を採ります、

菅どんのことは、大キライだ、総理大臣に彼は不適任だと思う、
が、しかし、
浜岡原発の停止は、(A)で(あ)だ、

問題は、(A)で(あ)であるからこそ、
政治して、調整力を発揮して、この実現へ向け努力しないといけないのに、
やっとるのは、逆の思いつき発言まがいだ、投げやりと同じだ!!!
ナットらんとはこのことだ!!!

| | コメント (0)

製作費寄付金を募ります

浜岡原発停止要請を夜の臨時ニュースでTV放映したのだった、
全国民が観た、知った、
そして、
世界中が成り行きを見守っている

が、
この総理大臣の覚悟というか、メッセージは、
今、宙に浮いていて、どうなるのかわからん状態だ、

国の総理大臣が覚悟の元で発した言動が、
これほどまでに軽視されるとは、どういうこっちゃ???

閣議にかけられた様子はない、単なる首相個人の思いつき要請です、
軽視されても仕方がないということかな、
軽視じゃないよ、
バッカじゃないか、って、周囲から軽蔑の視線を浴びているのだよ、

あの枝野君だって、
「こんなバカ、めんどうみきれんなぁ~」
って、思っとるのではないか

宙に舞う言葉、
ダァ~レも、本気で聞こうとしない

情報の共有化を言いながら、することは会議・会議の乱造、
が、自分だけの思いつきで、会議にも掛けず、周囲へなんらの根回しもせず、
コレがわたしの覚悟だって臨時ニュースで発した浜岡原発停止要請、

今、日本国は、事実上無政府状態、

あのビン・ラディン殺害で報復テロの脅威が増すなか、
わが国の原発に、テロに備える準備は在るのか無いのか、
そんなこと、総理の脳裏にはカケラも無いのでは…

♂♀ テロ団がわが国の某原発を襲い立て籠もったとする ♂♀
♪♪ 立ち退き料に10兆円を要求してきたとする ♪♪
と、
政府は、第一義的責任者は、襲撃された原発管理の電力会社だといいつのる、
アレコレあって、
10兆円支払いの財源が議論され、消費税アップが云々されはじめる、
いつ結論がでるのやら…
と、と、
原発に立て籠もっていたテロ団が呆れ果てて、
カメラ前で、わが国の対応を、あざけり笑った後、大手を振って立ち去って行く、

どうです、こんなドラマ立て番組を制作してみませんか???
製作費の寄付金を募ります、
脚本・制作・監督などなど…、総責任者・隠居波平、

ひょっとして、ホンマに寄付金が殺到したらどないしょ!!!!

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

どうなっとるのや、コレ、

菅首相は昨夜突然緊急記者会見し、
静岡にある浜岡原発停止を中部電力に要請した旨を自身の決断として報じたのでした、
NHKのTV画面でわたし視聴しました、

で、今朝起きて後、
もう運転停止したのかな???
と、思って関連情報をパソコンクリックしたら、NHKのニュースのページに、

「管総理大臣は浜岡原発の運転を停止するよう要請しましたが、経済産業省の原子力安全・保安院は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、電力各社が電源喪失に備えて実施した緊急の対策について、いずれの原発でも「適切に実施されている」と判断し、運転の停止を求めないとしています」

?????
どうなっとるのや、コレ、今朝4時13分発のニュースですわ、

で、当の中部電力はどうなっとるのかというと、
「菅総理大臣が中部電力の浜岡原子力発電所の運転を停止するよう要請したのを受けて、中部電力は7日にも取締役会を開いて対応を検討することにしています。中部電力では要請を受け入れざるを得ないという意見が強まっていますが、電力を安定的に供給できるかなどを見極めたうえで判断することにしています」

????????
あぁ~そォ~、
国の総理大臣が、全国国民へ向けて臨時ニュースで報じた国の方針でしたが、ダァレ~も、そのまま従おうとはしないのだ、
彼、菅総理は「わたしの決断だ」って言っていたが…

<今、5月7日の午前6時すぎですわ>

6時のNHKニュースを聞き洩らした、飼い犬ショウタと朝の散歩していた、
7時のニュースではナニを言うのだろう????

鼎(かなえ)の軽重が問われているのですよねぇ~、

正義のふりして、政権浮上の支持率アップが狙いですね、
で、なければ、もうすこし地に足のついた、根回しがあってしかるべきだ!!!
管総理の政権調整力は、まるでナットランってこと、暴露、暴露だね、
.
.
秀吉の墨俣(すのまた)一夜城の位置から~浜岡原発の間は、
約200キロですよ、
真似ましょう、真似ましょう、

防潮堤建設に2年は長すぎる、
ここは中をとって、突貫工事でしのぐしかないと思うがどうだろう、
ナマコンが乾いて固まる間はどれくらいなのだろう???
何日あればよろしいか???
電力需要があがってくる真夏までの間に防潮堤を造ってしまったらどうや!!!
1か月もあれば、なんとかなるのとちゃうか????
その1カ月だけ、原発をとりあえず停止してはどうかいな…
.
.
<7時のNHKニュース視聴しました>
.
事態は、その後変化していない、
ただ、自民党の石原幹事長が、
電力需要のことなども考えているのだろうか、などと、諸外国の視線からすれば少し危機感から疑問視されかねないことをブツブツいう画面が出た、

“原発危うし”の世論動向(?)に乗っかって、自身の支持率アップの狙う魂胆が見え見えである、
“溺れる者ワラをも掴む”の感がある、
電力不足??
知ったことか!!!

いろいろあろうが、停止の方向にならざるを得まい、
東京電力への助っ人送電は不可能になる、
芋づる式に、他の原発も停止の方向にならざる得ないかも、
だいじょうぶだろうか????

私事だが、
今日は正午から、神戸市元町県庁舎裏の相楽園で、神戸市邦楽倶楽部の定期演奏会が開催される、わたしメンバーのひとりだ、これから出かけようと思う、
が、わたしは実は大変なアガリ性でしてね、うまく吹けないに決まっとる、

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

NHKなどはナニしとるのだ!!!

遺族や、入院患者らからの補償金請求をどうしのごうか、
営業損失と補償金のゼニ勘定しながら土下座し、

「ほんとうに申し訳ございませんでした」……なんで、今、過去形で話すのや

連呼、連呼の、オ~バァ~なお詫びパフォ~マンス、
今が、誠意あるふりのみせどころ、誠意、誠意、誠意、

日本語は不思議な特性を持っていて、主語を省いても通じる言語なのですわ、
主語を省いた方が、奥ゆかしくて、幅が出て、通じがよろしいのだ、

「ほんとうに申し訳ございませんでした」
謝罪し、詫びているのだが、
ダレに謝罪し、ナニに詫びているの????

目の前にカメラ構えて取材中のカメラマンや報道記者らへ、謝罪し、詫びているのだよ、
それって、
食中毒を発症した、そして死んだ人らへ、謝罪し、詫びているのではないですよ!!!
取材に来た報道関係へ向けてのパフォーマンスであって、
罪の意識とは別物だよ、
報道関係者らはなんでコレに気が付かんのだ!!!

入院し、生死の境にさまようお客さんがたくさん居られるのだ、
このお方たちに申し訳ないとの気持ちが在れば、
必死になって入院中の患者の元へ駆けつける時でしょうが、
そして
腸管から出血を伴う病気だから、輸血が必要なのじゃないか、
だったら、献血協力へ向けて必死に動きまくる時でしょうが、
背広着て、ネクタイ締めて、本社へのこのこ出勤してくるなんぞは間違っとるよ、
社員・従業員らが一丸となって、繁華街などへ飛出し、道行く方々へ必要な血液の献血協力を叫ぶこと、患者救命に向けて必死になることが今なすべきことでしょうが!!!

詫びの言葉を叫びたければ、天へ向かってひとり叫べばよろしいのだ、
「あぁ、神様、仏様、わたしは大変な間違いをしてしまった、ゆるしてくれ!!!患者さんらを助けてくれ!!!」って叫ぶがよろしいのだ、

わしゃ、報道記者等も許し難い気持ちでいっぱいだよ、
こんな変てこなオッサン(社長さん)をカメラ前で土下座せて、満足かよ!!!
なんで、生死をさまよう方たちの救済に向けて、今まさに必要な情報を報じないのだ!!!
輸血用の血液は足りているのか!!!!

| | コメント (0)

コレは上策

東電の避難所へのお詫び行脚は超見辛いですねぇ~、
罵声を浴びながら、土下座だ、
ヅラ~と並んでいっせいに頭を下げる、
で、
土下座したその頭でナニ思う???
 あぁ、ばかばかしい、避難所へなんぞ来るのではなかった…
 すぐ頭あげたら値打ちが下がる、が、もうそろそろ頭起こしてもええやろか??
 避難所へ来る段取りした係員はケシカラン、後で思いっきり懲らしめたる!!
 デカイ声出して、補償金目当てだろうが、ダレガ大金なんぞ出すものか!!!!
 あんたらには以前から原発交付金を充分にやっとるやないか、忘れたのか、
 まさかあんたらの中に東電勤務の者や身寄りの者らは居らんやろな!!


東電は、原発事故の賠償範囲を検討する原子力損害賠償紛争審査会に対して、要望書を提出していたようですね、
どのような要望???
賠償範囲を十二分に広げて欲しいと????
そんなバカな!!!
逆に決まっとる、
“賠償範囲を、小さく、小さくできるような査定基準にしておくれ”ですよ、
言外に、
そしたら、審査会の皆々様方には、後刻、充分なお礼を差し上げますから…ですよ、

賠償範囲を検討する審査会に要望書を提出するなんぞ、東電の時代錯誤、事態認識はどうなっとるのや!!!

先のJR福知山の脱線事故で、事故原因究明の第三者機関に、
JR側が、その報告内容を、公表以前に教えてくれろって依頼したことが判明し、
何たることか!!!って、大問題になったじゃないか、
が、が、
この度は、検討中に、“手心加えろ”って要望書を出したのだ、
東電の思い上がりメ、許せんぞ!!!

こんな東電なんぞ、つぶした方がエエ、
東電にこの体質があるかぎり、事態収拾は不可能だ!!!

つぶすたって難しいだろう、
要は、経営陣の総入れ替えが必要ってことですよ、
ソフトバンク(株)の孫社長に仕切ってもらったらどうか、
ゴルフの石川遼選手に社長を頼む手もあるよ、
ウン、我ながら、コレは上策だと思う、
みなさん、どうでしょうね、ナニかご異議おありですか???

| | コメント (0)

1ッ歩半

宝くじを延々と買い続けてきたのだった、
このバクチ的気分が、如何に己の人生を蝕んできたことか、
が、
今さら…と、思うようになった、
ジャンボ・クジが大当たりしても、もう使い切れないだろうと思う、
静かな暮らしが欲しいのであって、それだけで充分だとの思いがある、
今のままの生活が続けられることが、最大の望み、

が、が、しかし、
もう少し、なんとかならんかと思うことはたくさんある、
尺八を稽古しているが、もうすこし上手になれんものか、と、思う、
魚釣りに出て、なんでこうも釣れないのだろうって思う、

知らなくてもよいことが多いようにも思う、
知ってしまって、気付いてしまって、これらに誤解・錯覚がからまり、疑問が生じ、悩みが生まれ、結果、愚痴が生じ、ボヤキたくなる、
で、こうしてブログッたり、ミクシッたりする、

アレコレ書き散らすことになるわけだが、
しょせん、こういうヅヅイがすることであるから、若い衆らには毒になりこそすれ、ゼッタイ役には立たんと思う、

甥の友人だという若い衆から、「読んでいますよ…」とのメールをいただいて、
ドキッ!!!

50代後半~60前半の方たちを想定して書き散らすのである、
“高齢者予備軍”へ向けてのメッセージのつもりがある、
定年前の寂しさや、老後への漠々たる不安へ向けて、ある種のメッセージを発することが、今の、わたしの仕事かもの思がある、
わたしが、この年代のころ、まさにそうであったから…

要するに、
若い衆ら(二十代、三十代)には、有毒なブログになっとる、と、思っている、
“実社会から1ッ歩半彼岸へ退いた老人ブログ”である、
無茶苦茶言うても、そこは笑って見過ごして欲しいと思っている、

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

平和????

ビンラディンを急襲し殺害したことで、北の某国のあのお方は、さぞゾッとしたことでしょうね、
こりゃよほど用心しないと、ヤバイ、
武装ヘリが飛んでくるかも…と、思ったろうよ、

カダフィどんも、まさにひとごとじゃないよなぁ~、ヤバイ、ヤバイ、
とにかく居場所を隠しまくり、
常に同じ場所には居ないようにして、穴から穴へ逃げまくりで忙しいことだろう、

もしもですよ、
アメリカが本気で日本の菅政権を嫌ったら、
アメリカは、やる(殺る)でしょうね、

これって、すごく簡単に実行可能なのではないか、
菅総理の急死が突然報じられたら、
その実は、米兵特殊部隊の暗殺隊の仕事だったらするかもよ、

アッと言う間に、自衛隊は武装解除され、日本はアメリカ合衆国に併合され、第51番目の州に登録される、

で、どうなるかというと、
ぜんぜん今までと大差のない日々でしょうね、
日本人は歓迎ムードで、あぁ~エカッタ、歓喜の声だ、
憲法も法律も別に変えなくてもかまわん、
ただ一つだけ、変化がある、円が廃止され、ドルになる、
これ以外はなぁ~んも変わらなくて大丈夫、
アレコレのことが風通し良くなり、民主主義は徹底し、民の暮しは豊かになる、

自衛隊はその後米軍に吸収されて精鋭化し、周辺諸国に本気で向き合うようになる、
総理の座が、州知事の座になる、

こんな日が来るような気がする、

なんのことはない、
先の太平洋戦争の際、米国は、そのまま日本列島を支配下に置いておくべきだった、
ただそれだけのこと、
これって、別段大仰なことでもない、
今現在の状況だって、実態はアメリカ合衆国のひとつの州以下の位置だもの、

以上、波平ケッタクソ論、

他国へ、無断で武装ヘリを飛ばし、人をぶっ殺したのだ、
コレが平和だとはダレが思いますか???
9.11(アメリカ同時多発テロ事件)と、まるでそっくりだ、
ビンラディンの名が、オバマに書き換えられた、
と、されても、そう不思議ではないような感じがある、

| | コメント (0)

フラフラ記事

新聞はもう読んでしまった、
今日は株式欄の掲載が無かったが、あっても、株式欄には目を通さない、
東京電力の株なんぞ持っとらん、
他のは持っとるのか???
持っとらん!!!

“ビンラディン後の世界”って欄を読む、この他にも関連記事が掲載されている、
逮捕じゃなく、殺しだったのだ、

犯罪捜査じゃない、戦争したのだ、
刑事事件か、戦争か、この間には大きな差がある、
殺しは、悪か??正義か???

先の太平洋戦争の際、戦争末期の頃、
 米軍戦闘機は自由に日本上空を飛び廻り、道行く民間人を的に機銃掃射したりした、
 硫黄島や沖縄などなどで、不必要なまでに徹底的に日本兵を殺害(?)した、
 東京大空襲を始め、全国各都市に無差別ジュウタン爆撃した、
 あげくが広島・長崎へ原爆を投下した、
で、今回は、
 ビンラディンを急襲し、有無を言わさず射殺した、

テロには断固たる処置で臨むべきだ、
と…これは、もう反論できない価値観(?)かも、
が、しかし、
テロを生んだ因果関係はどうなるのだ、

イスラム社会は怒っているようだ、
日本のメディアはどういう姿勢で、向き合うのだろう、

記事の基調がフラフラするのはあえて責めないでおこう、
が、しかし、軽薄な理解の中でのフラフラでは困る、
深く深く理解しようとするが、いくら理解を深めても深めても、なお、なお、在るべき姿が浮かび上がってこない、
と、そういう、深味があるフラフラ記事であってほしい、と、思う、
が、が、残念ながら…

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

穏やかな心 2

穏やかな心を取り戻しましょう、
5曲、一気に吹きました、

「春の小川」
春の小川 錆落し 20110504.mp3
「荒城の月」
荒城の月 錆落し 20110504.mp3
「花」
花 錆落し 20110504.mp3
「紅葉」
紅葉 錆落し 20110504.mp3
「ふるさと」
ふるさと 錆落し 20110504.mp3

| | コメント (0)

穏やかに、心やすらかに暮らしたい

“守秘義務”
なんじゃそれ!!!!

公に開示すべき情報を、公開すべき議論の経過を、なぜ守秘義務名目で隠すのや???

 ウソをついていたことがバレルからだ、
 間違った結論・施策だったことがバレルからだ、
 役職者が、責任を果たしていないことがバレルからだ、
 菅総理の無知がバレルからだ、
 管総理が、ひたすら自己保身に走っていることがバレルからだ、
 人間より組織維持の方が大切だなんて錯覚しとるからだ、
 公金横領や、収賄がバレルからだ
もっと言いましょうか???

守秘義務違反が取り沙汰されるときは、必ず、不正行為がらみだ、
たいがい
◎ ばらした方が正義で、
✖ 守秘義務違反を言いつのる方が悪

地震や津波に弱い原発施設をこしらえたのは、その実態公表を、脆弱さ公表を妨げたのは、
 組織内の職制にもとづく権力関係です、
 守秘義務強要の縛りです、

「政府が掴んでいる情報はすべてお知らせしています、もう隠しているものはナニもありません」
って、ダレかが言っていましたね、
と、こういう布石を打っておくのが効果的なのだよね、

デッカイ顔して、
「隠していません」
「ウソは言っていません、」
って、
“隠し”、“ウソを言う”
これ、大昔からの古典的隠しの手法、ウソつきの手法、

ダレが信じたりするものか!!!

あぁ~、穏やかに、心やすらかに暮らしたい…
おねげぇ~ですだ、キツイこと言わさないでくだされ…

| | コメント (0)

これが真実

内閣官房参与を辞任したあの東大教授が、報道関係者への説明会を取りやめたとか、
官邸から守秘義務の脅しを受けたからだとか、

わたし、努めて尖った話題から離れようとしているのだが…

科学者が時の政府に脅されている、
で、東大教授はビビッテ屈した???
で、で、これを報道関係者も容認するの??????

もしこれが本当なら、
日本って国は、政府も、報道も、科学者も、真実から離れたニセ者バッカシだ!!!

原子力専門の学者が真実を語るに政府におもねるってことが、
どのような意味を持つのか、
報道関係者らはどう思っているのでしょうね、

今の原発事故は、
政府の、そして大企業の、“守秘義務の壁”のなかでバイキン(ゴマカシ隠し)が増殖し、
結果、事故につながったのでしょうが!!!
“守秘義務の壁”が問題なのですぜ、
そして、
この壁を破れなかった報道機関の“真実追及の義務違反”だよ、

あぁ、わたし、話さない、話さない、またまた尖ってしまった…
.
.

昨日のわたし・隠居波平の、魚釣りの真実をお話ししましょう、

大きなフグが2尾、小さなチャリコ(ハガキ大の真鯛)が1尾、20㎝ほどのガシラ(あらかぶ)が1尾、です、

フグはコモンフグでした、
わたしはショウサイフグは自分で料理して食べますが、コモンフグはショウサイフグに比して毒の在り様がややこしい、で、食べません、残念ですがすぐに海へ戻っていただいた、
チャリコですが、
こんな幼い真鯛をいじめるなんてわしゃ嫌だ、親もとへ戻しました、
ガシラですが、
ゴウツクな面相ですわ、わたしのことをアホ・バカ呼ばわりする面だ、コヤツだけは許せんから、昨夕煮付けて食ってしまった、

午前8時~午後3時の7時間もの間、沖で、がんばってこの釣果です、
これが、真実です、

仲間らの釣果もだいたい同じでした、
昨日の瀬戸内海・播磨灘は、視界が極めて悪かった、黄砂の影響です、
海は凪いでいました、魚魚らの機嫌がなんで悪かったのか、こうも釣果が伸びなかったのかワシャわからん、
が、コレが真実です、

ひょっとしたら、海底に異変が????

イヤ、それは無いと思う、
先の阪神淡路大震災の際は、明らかに釣果にも異変があって、もっと、もっと、変だった、
そうだなぁ~、昨日の海とある種感じは似ていたかなぁ~、

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

隠居の関心事

釣竿は釣り人の命ですからね、 
……なんと大仰な、

あぁ、命の、次の、次の、次くらいには大切な物ですからね、
…それなら判らんでもない、

釣り竿は大切に大切にするのです、

中通しの竿というのがあって、
釣り竿の中がズ~と穴にナットって、竿先先端の穴から釣り糸がヅルヅル出るようにナットる竿ですわ、
釣り糸は竿先先端から➝竿の中を通って➝竿の手元の小さな穴か出て来て➝リール(糸巻)に繋がっとる、

で、その中通しの竿は繰り出し式にナットって、振り出し竿とも言いますが、
手元の太い竿の中に幾本もの順々に細作りされた竿が仕込まれていて、
竿を使う際は、それを順番に伸ばし出して、長くして使いますがね、

で、で、その繰り出し式の、…振り出し竿とも言うわけだが、
竿中に釣り糸が通っているじゃないですか、
と、と、釣り糸が繰り出し竿・竿の間に挟まってしまって、どうにもならんようになった、
真っ青ですわ、

今日も沖へ魚釣りに出ていたのですが、そういうことですわ、

中通しの竿をね、伸ばす際に釣り糸を噛んでしまったのだネ、
どうにもならんようになって、癇癪玉を破裂させたら、竿を傷めてしまった、

落ち込んでしまって、今日はエエ釣りがでけんかった、

釣果???
ほんなもん関係ない!!!

隠居の関心事ってのは、白状しますとね、せいぜいこの程度のことですわ、
ブンラディンも原発も“中通し竿”には敵わんのだ!!!

| | コメント (0)

時合(じあい)

ビンラディンが殺されましたね、
いろいろ思うところがありますが、あまり鋭角な話題には触れないようにしょうと思う、

大きくて深いことが、他にたくさんある、もっと、もっと…
ボンヤリでもエエ、自由に自在に想いを散らかしながら暮らしたい、

“時合(じあい)”の話をしよう、

魚釣りでいう“時合(じあい)”は、魚が良く釣れる時間帯のことです、
経済(証券)用語にも“時合(じあい)”があって、これは経済活動の活性が盛り上がった時、取引が上昇する雰囲気のことをいうらしい、

要は、“時と気分”のことかと思う、
“時合になれば ⇔ その気になる”
そういう関係、

毎年、4月が近づくと桜がいっせいに咲き始める、
気象庁が開花を決めるわけじゃない、
彼ら・桜らが皆一様にナニかを感じていっせいに咲き始める、
開花の時合到来ってことかな、
その時期になれば、時合になれば、彼らは見事に気合をそろえて開花する、

鯰(ナマズ)には地震予知能力がある、
鮭(サケ)は、大人になると一斉にその気になって生まれ故郷の川へ戻って子供を作る、

わたしは昨日、海へ出て魚釣りしたのだった、
釣り竿を船べりに並べ、釣り仕掛けに魚が喰いつくのを待った、待った、待った、
ポイントについて具を海へ垂らし入れたのは、午前5時半過ぎ、
待っても、待っても、竿先はピクリともしなかった、
竿先に初めてピクリと漁信(あたり)が出たのが➝昼の12時過ぎでした、
“時合”が来たのですわ、

魚魚らが餌を食いたいと思い始めたのだね、
なんでか知らんが、魚魚らは一斉に気持ちをそろえて急にそういう気持ちになるみたいだ、
以後、約1時間足らずの間が地合いだった、大漁でした、

魚魚らが、「シマッタ、騙された、釣られてしもうた!!!」
って悔しそうだった、
わたしは出刃包丁で〆ますよ、なんと残酷な!!!

時合が過ぎると、またまた、竿先はピクリともしなくなる、

長い時間、ただじっと時合の到来を待つのです、
コレが魚釣りですわ、

ビンラディンは殺されたのですよね、彼の時合が尽きた
襲撃の際、逮捕拘束などは初手から考えていなかったらしい、
殺しです、釣った魚を出刃で〆た、
それにしても
子分(?)らに自爆テロをさせ、自身は要塞みたいな豪邸に住んでいたとは、

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

5月2日の釣果報告

午後1時まで釣って、家島諸島・男鹿島の民宿・中村荘の桟橋へ艇を付け、パンダ艇とオデンなど突きながら雑談し、帰路途中予約を入れてあった歯医者へ立ち寄り、たった今、午後6時過ぎ帰宅、

45㎝、40㎝の真鯛を各1尾、スズキ(フッコ?)を1本、アイナメ1尾、大きなガシラを10ほど、と、その他諸々、
釣果としては、まぁまぁってところかな、
メバルと、カレイが釣れていない、コレが不満だけれど、

歯医者の予約が気になって、艇の後始末をホッポリだして帰宅している、
明日は艇の後始末をしがてら、カレイでも釣ってこようかな、
余裕ですわ、

マリーナのヤードのヨシ○が写真を撮ってくれた、
20110502

201105022

| | コメント (0)

隠居業の特異性

瀬戸内海・播磨灘の水温は例年比約半月遅れで上昇中って感じですね、
海水温が1度も低いとたちまち釣果に影響します、

今年は花見カレイをシッカリ釣らないままその時期が過ぎてしまった感があるが、ひょっとしたら、これからがその時期かも、水温的にはってことですがね、

今日は凪ぎですわ、
明日は今日より更に凪になりそうだ、
が、隠居は連休中のなかの唯一のウイークデーたる今日、沖へ出ます、
“現役世代に”休日の釣り場を明け渡すために…、

花見カレイは、釣れるでしょうか???

“現役世代の邪魔をしない”ってこと、
隠居鵜は常にこれを忘れたらアカンのだ、

自分では、まだまだ若いもんらには負けないのだ、って思っている、
が、しかし、デッタイに、これは間違っている、
だって、
自分の生き方は自分で決める、自分で責任を持つ、
このことを中心に考える限り、
現役世代の生き方に隠居は口出ししたりしたらアカンのだ、

隠居業の、職種の特異性は、“不作為”にある、
ジットしていること、コレが仕事、
が、言葉通りジットばかりしていたら、
いわゆる老人性退行疾患になってしまうから適度に身体も頭も動かさないといけない、
で、魚釣りにしたり、尺八吹いたりするわけだが、
そして、ブログったり、ミクシッたりもするわけだが…、
要するに、文句言いのクソ・ヅヅイに、自分で気づかぬ間にナットるのだよなぁ~

かねてから原発の放射能汚染については、特に高速増殖炉や、経年劣化の原子炉使ったプルサーマル発電には、大きな危惧の念を抱いていたものだから、
このところ文句言いが隠居に許される範囲を超えてしまったようだ、
反省・反省です、

で、少し、静かにしていようかと思う…
静かにデケルやろか????
とりあえず、今日は、黙って、魚釣りに行くことにしますがね、
釣れるやろか????
今夕か、明日になると思いますが、釣果報告しようと思っていますがね…
どうなるやら…

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

ケンカイソウイ

幼い頃、山陰・日本海の柴山漁港で育ちました、夜、枕辺に波打ち際の波音が聴こえていた、

船付場(桟橋)から落ちておぼれ死にましたが、母の必死の救助があって蘇りました、

村はずれに海を向いて立っているお地蔵さんがあって、わたし、抱き着いてゴットンゴットン揺り動かして遊んでいて、はずみでお地蔵さんが倒れたが、わたしが抱きつく反対側だった、で、わたしは圧死から免れた、

これ以後も、幾度も死んでは、また蘇るの不思議な人生の中で、既に齢・70、あと2か月で71です、
つい今年2月にも、
払暁(ふつぎょう)の海(氷張る水路)に落水し、こりゃヤバイと思ったのだった、
が、なんとか彼岸じゃなく此岸へよじりあがれた、

日本列島を、愛艇(ボート)で単独1周したのでしたが、不思議と“不幸中の幸い”ばっかしで、こうして未だに生き延び得ている、

結果、わたし“我慢”がし辛いアキラメ性分になったみたい、
すぐに、“もうこのあたりで終えてもエエかも”と、すぐにアキラメてしまう、
…と、言いながら、イザになったら騒ぐくせに…
どうにも、はしたない生きざまですなぁ~、
反省・反省の毎日ですわ

あぁ、“反省だけならサルでもする”って、ご存知ですよね、
ホラ、“反省サル(猿)”ってのが居るじゃないですか、
片手を台の上において、うなだれたパホーマンス芸をするサルが…、

菅総理ですが、サルにも劣りますな、
「見解の相違…」で済まし、蛙の面にションベンだ、
蛙がネ、
「おらぁ~ゲロゲロは言うが、ケンカイソウイは言わん」
って、怒っとるよ、

♪♪ケンカイソウイ・ケンカイソウイ♪♪
って鳴くものはナァ~ニ???

アカン鳥でぇ~す

ピンポ~ン♪♪

| | コメント (2)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »