« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

愛艇「はまちどり」に日除け屋根を付けた

P2011_0629_115209_2

九州は土砂降り雨が上がった途端に梅雨明けだそうですね、
ここらあたり(瀬戸内海最東端・播磨灘)も同じようなものだろう

カンカン照りの中でしたが、がんばって、艇に日除けの屋根を取り付けました、
ホームセンターで塩ビ管など買ってきて、自分で組み上げた、
どうです、立派なものでしょう!!!

かみさんは安物の小さなデジカメ持っているけれど、わたしは持ってなくて、携帯電話機のカメラしかないのですわ、写真がピンボケですね、

シッカリ写っていたら、キャビン屋根からバウへ向かって伸びた特製の手すり(落水防止用)が分かるのだが…

明日は、沖へ出ようと思っています、

| | コメント (0)
|

釣り

「1本釣りするのはケシカラン!!!」
浜田は2本目、与謝野が1本目だった、餌は➝大臣の席

魚を釣るのは➝“魚釣り”
人を釣るのは➝?????

昔(紀元前11世紀頃)、太公望が、中国・黄河の上流で魚釣りし、魚じゃなく、周って国の王様を釣り上げた、見初められて抜擢された、

太公望が出世したので、昔、彼の元から逃げ出した昔の妻が彼の元へ戻ってきた、
が、太公望は
「覆水(ふくすい・こぼれた水の意)盆に返らず」といって追い返した、
薄情なおっさんだ、

そのまんま氏は、出世し政界の大物(?)になったが、別れたかみさんは覆水のマンマ、

浜田氏は、今後、自民党へ帰ろうとしたら、
石破茂が「覆水盆に返らず」って言うのかな、
言わないと思うよ、
「説得して連れ戻した…」なんて言うかも
政治家の言葉はダマクラカシの道具でしかないからなぁ~、

あぁ、わたし石破茂ってお方は大好きですよ、
「あの人(石破氏)の嫌らしい目付きはパッパ(わたし波平)の目とそっくり」
と、かみさんが言う、ひょっとしたらDNAが一緒かも

餌のなかに“釣りハリ”が仕込んである、
餌に似せた“ルァ-(疑似餌)”釣りもある
釣りとは➝ダマシ・ダマシ・ダマシ…

海釣り・川釣り・池釣り・波止釣り・磯釣り…
陸釣(おかつり)ってのもある、
フッシング詐欺って物騒なのもある、
イロイロな商売があって客を捕まえることを➝客を釣ると言ったりする、
釣られた客はたいがい➝五臓六腑を食い荒らされる、

だまくらかす、たらしこむ、
エビで鯛を釣る、
撒き餌(小銭ばらまき)で集まって来た者らを籠絡するのは、選挙の際の票集め、モチ撒き買収、民主主義政治の根幹だ、そして「市民・県民・国民のために、この身を捧げ、なげうつ覚悟…」だ、と言う、

“釣りすれども網(あみ)せず”といって、
網で魚を捉えたりするのは成人君主のすることじゃないと言うたお方がある、例の孔子様だ、

明日、わたし波平は、“魚”を釣りに海へ出ようと思っとる、
釣果<餌代
ひょっとしたら、魚に釣られているのかも…

| | コメント (0)
|

2011年6月28日 (火)

太陽の夏

ギンラギンラ太陽の夏ですね、
いよいよ真夏の釣りのスタートです、

日陰のナァ~ンもない海のど真ん中で、ポケェ~と漁信を待つのって、これは体力的に非常に厳しい釣りになるのですよ、
なにせ海面がすべて太陽の反射でギンラギンラだ、
凪の日の釣りですからそよ風なんぞも吹いていない状態です、

昨年、ホームセンターからブルーシートと塩ビ菅を買ってきて、自分で艇に特製の日除け屋根をこしらえました、
塩ビの接続部分はガムテープで補強します、その他はヒモでキツク縛りあげる方式、

完成具合ですが、まぁまぁの出来ってこと、なにせ経費が超安い、
同じようなものを、特注したら20万円は下らないでしょうよ、
マリーナのメカが、わたしのこの手作業を観て
「俺らの仕事が無くなる…」とボヤイていましたがね、

ナニセ分解収納が可能なのがまたまた超スバラシイじゃないですか、
陽射しが欲しい季節は、この日除け屋根は取り外しておきます、
今は、取り外した状態ですのでね、
で、今日・明日にかけて、再設置工事(大仰な)しようと思う、

東電福島原発の循環水の工事、超下手ですね、水漏れがしょっちゅうみたいだ、
なにやっとるのだ!!!

現場作業員らの奮闘のことが再々報じられますが、
そうだろうなぁ~とは思いますが
ナニやっとるのだ!!!
って、想いが捨てきれません、

| | コメント (0)
|

2011年6月27日 (月)

四国巡礼(遍路)

尺八仲間らはもうほとんどが隠居のヒマヒマになっとる、
未だ歩く元気がある間に四国巡礼(遍路)に出ようじゃないかという話になってきた、
5名が名乗りをあげた、
初回である、日程も2泊3日と決まった、
上首尾となら、今後、西国巡礼までをも計画したい、

作法にそってお寺を訪れ読経してきたいと思っている、
門前で、古典尺八の献奏をもさせてもらおうと思う、
お寺の内で吹くとご迷惑になるかもだから、
アレッ門前の方が、民家の邪魔になりますか???
下手5名の連菅だ、「調子」「さし」を予定、

わが家の檀家寺は真言宗だ、
で、昔から、真言や般若心経は聴き慣れている、
が、お坊さんの読経は聴き慣れているということであって、自分一人で読経デケルかとなると、これがあんがいそうでもない、
この際、陀羅尼のひとつふたつと、般若心経をそらんじてしまおうと先日来稽古しているが、これがさっぱり覚えられない、
なにせ、昼ごはんにナニ食べたかを昼3時頃には忘れていて、腹が減ったが、ワシャ昼ごはんを未だ食べていなかったのかな…
と、ほぼ毎日がこの状態である
この状態では、腹に、いや、頭に入るわけがない、

装束をどうしようか、
作法の白衣一式を新調する余裕はない、既に持っている作務衣姿でと思っている、
尺八を持参だ、で、昨日行き付けの釣り具屋から、軽い釣竿収納用のケースを買ってきた、60㎝のケース、尺八は1尺八寸だ、55㎝弱の長さ、ちょうどよろしい、

5名の内、ひとりは癌術後、アレコレあって酒を断った者、糖尿身分の者、なぁ~んも苦労の無さそうな者、わたしはヒザが痛くて歩き辛いし…
で、車使用の巡礼マガイとなる、
まっこと色気のないことはなはだしい
色即是空だ、

| | コメント (0)
|

2011年6月26日 (日)

各自、難儀のなか

知人・友人・縁戚関係者…

まず多いのが、糖尿に苦しんでいる話
そして次に多いのが、癌手術や、その術後経過中にある話
ホスピス(終末ケア)病院入所中だったお方は、すでに棲み場所をアチラへ移された

昨日、義母の一周忌法要があって、義兄らと久しぶりに出会った
義兄が
「俺は近々癌で入院する…」
という、

どうじゃビックリしたか!!!
深刻げな顔を故意に造って彼はそう言った、

「アァ~ソォ~」と、わたし
またまた、癌の話ですか、あぁそうですか…
驚くべきところかなとは思うが、あぁ~そうですかと思っただけ…

ナニかひとことあってしかるべきだろって目で、義兄がわたしを見る
で、つい正直に口に出たのが
「腹黒の黒い塊を取り出すのやね、エエことですよ…」
と、わたし

義兄の、あっけにとられた顔、
ナニを驚くのや、と、変な方へわたしの気持ちが動く
「この世の中にデッタイ間違いのないことがひとつある、人は年取ったら必ず死ぬ」
と、わたし、
「アレッ、もう俺を殺してしまいよった!!!」
と、義兄、

「みなさんは、癌保険に入ってはるの???」
と、嫁の義姉、
「ワイは1日癌入院したら3万円もうかる」
と次男のチカどん、
「あたしのところはナァ~ンも入ってません」
と、わが屋のかみさん、
「ホントォ~、みなさん癌保険に入っているのかと思っとった…」
と、義姉の深刻顔、

義兄は、イロイロな術前検査を受けたらしい、
内臓検査の際の内視鏡写真を取出してきて、観ろ観ろと言う、
「ほんなもん観たくない、こらえてぇ~な」
と、わたし、

知人・友人・縁戚関係者…
各自、難儀のなか、

| | コメント (3)
|

2011年6月24日 (金)

「冬椿」上・下

「fuyutubaki_1docx.pdf」をダウンロード

「fuyutubaki_2docx.pdf」をダウンロード

明日、義母の1周忌法要を予定しています、
この機会に、
義母の俳句遺稿集をアップさせていただきます、
コレ編集したのは百箇日法要の直後だった、

先ほど墓参りをしてきたところです、
.
.
ひとことだけ、

義母の俳句のことは、彼女生前中、周囲のダレも気付きませんでした、
俳句をダレに見せるわけでもなく、どこへ投稿するでもなく、
ただひたすら、自分の血肉と同様、俳句と共に生きて来たようです、

葬儀を済ませ、百か日法要も済ませ、不要な遺品を処分する時になって、
ナンヤコレ???
と、出てきた紙クズでした、これが、この遺稿集の姿でありました、

もし、お時間がございましたら、
数ページなりともお目通しお願いできませんか、
.
.
追記(6月25日記載)


「乱調 浜千鳥」
拍子遅れで吹いている、吹いていて気分が乗りすぎたみたい、
が、コレでエエ、伴奏なんてものは気分を盛り立てるに使えばええのだ、違ったかな???
下手の言い訳だよ、


「一二三」
今日はこれから義母の一周忌法要に出席いたします、

| | コメント (2)
|

2011年6月23日 (木)

昨日の頑張り

無事に生還しています、

危惧していた天候急変(雷公襲来)もなく、
沖で魚釣りの間、終始穏やかな天候だった、
カンカン照りでもなく薄曇りですごし易かった、

餌は、本ゴカイ500円、青ゴカイ(朝鮮ゴカイ)1500円の計2千円、
タッパーにご飯を詰め、好物のミカンを二つと、駄菓子少々、空のペットボトル3本に水道水、

<釣果>
50㎝ほどの大型真鯛は1尾だけだったが
30~35㎝ほどの真鯛が結構数釣れました
25㎝ほどの大型ガシラが6尾
30数㎝のアイナメも釣れた
ハガキ大のチャリコ(真鯛の子)がぎょうさん
ナニかデッカイのが居たようで、数回、瞬時にハリを引きちぎったヤツが居た、スズキじゃないかと思う

朝方は、周囲に9隻ほど釣り船がいたが、釣れないとあきらめたようで、
気が付いたら、わたしだけが居残っていた、
わたしは、他の船の様子を見ている暇のない忙しい釣りだった、
艇のイケスにウジャウジャ泳いでいる、
そこへ、またまた釣れるので、次から次へ、ドボン・ドボンと追加しました、

この日(昨日)はマリナー休業日だった、
が、艇友がひとりたまたま来ていて、わたしのクーラボックスみて呆れた様子だった、
問われるままに、ポイントのことや、釣り方のアレコレをお話ししました、
隠し事はナァ~ンもしません、ありのままをお話しします、
が、話のとおり、もし真似て釣られても、ダメだと思いますよ、
根掛かりバッカシの荒い瀬のど真ん中にアンカー打ち込んでの投げ釣りです、
言葉で言えば簡単ですが、実際に行うとなると超難しいのです、

周囲に目印もナァ~ンも無い広い広い海のなかのピンポイントです、
わたし、その周辺にGPS機能使って、GPS画像上にポイントマークを多数打ち込んでいる、
そのマークの周辺海底がどのような状況なのかを、3次元の高性能魚探で探りまくっていて、だいたいの様子が頭の中に入っとる、
で、で、その中のピンポイントへ潮や風向きを読んでアンカーを打ちます、
で、で、で、
所定の思惑の辺りに具が届くように、注意深くアンカーロープを延ばします、40~60メートルほどもです

言っちゃぁ~悪いが、わたしのこの釣法は、ちょっと真似がし辛いと思いますぜ、
真似ない方が安全だと思います、
真似ると怪我をするかも、

まず、このポイントに行き着けないと思う、
なんぼ精緻なGPS魚探があっても、それだけではダメですわ、

わたしは現場の潮の動きを何度も何度も確かめているし、ポイントマークを打ちまくって探りに探りまくっとる、

盛期には、ここは3・40艇が群がり集まってくる1級釣り場です、
群がる釣り船、これらは全艇流し釣りなのです、
が、わたしは、この中でアンカーを打ちます、
普通なら、こんな中では危険すぎて、アンカー打ちなんぞデケンのです、

他艇がぎょうさん流し釣りする中で、
どの艇も近寄って来ない、はずれ瀬のピンポイントを探し当てて、
ここに、わたしはアンカーを打つわけです、
そういうピンポイントをいくつも用意していて、
潮や風向きに応じ、頻繁にアンカーを打ち直しながら釣るのです、
要は、この技術があるかどうかです、

真似ない方がエエと思いますよ、

まずほとんどデッタイニ、アンカーを根掛かりで失うだろうと思う
投げ込んだ仕掛け、これも根掛かりで、99%あがって来ないだろうと思う、

今日は、昨日の頑張り過ぎで、身体じゅうに疲れが残っている、
足腰が痛くて動き辛い、

| | コメント (0)
|

2011年6月22日 (水)

雷公と勝負

今日はかみさんを訪ねて来客がある、
わたしは邪魔だから沖へ避難する、
午後からはひょっとしたら雷まじりの雨かもだそうな、
難儀だ、

岸から約15キロも沖へ出て、
周囲にナァ~ンも無いところへアンカー打っての魚釣りです、
釣竿を艇からオイランの簪(かんんざし)みたいに立て並べて漁信を待つ釣り方だ、
釣竿が避雷針になるのですわ、
雷公が怒りはじめると、ホ~ラおっそろしいですよ、

無事帰れるかどうか、
では、出掛けてきま~す、

| | コメント (0)
|

2011年6月21日 (火)

迎合???

正義ってなんでしょうね、幸せってどういうこと
責任・義務ってナニ???

管総理に問いかけましょう
ハトポッポ氏や、オザーリン氏や、ロボコップ氏らにも問いかけましょう

てんでバラバラな返事だろうよ

オーケストラですが
大規模なのは交響楽団っていうのでしたか??
小人数なのは室内管弦楽団と云ったりしますね、

小規模な室内管弦楽団には、指揮者が居たり居なかったりする、
あぁ、
わが国古来の“雅楽”には、指揮者は居ませんね、
わが国の昔の音楽で、演奏時に指揮者が居るのはナニがありますか???
ナァ~ンも無いですなぁ~、指揮者は不在だ、

わが国では、演奏者らが互いに気合をはかりつつ演奏します、
“気合は合う”
これが前提にあるわけだ、

おもねりあって、様子を見計り合いながら、互いに少しずつ遅れ気味に…
後だしジャンケン方式で…

でも、そこには、おのずと中心になるべき先導者が居るのですよね、
謡曲の場合は、この者を
➝地頭(じがしら)と呼ぶ、

地頭は、いっしょに演ずる者らの前に立って、指揮棒を振りますか???
イイヤ、
皆の一番後ろに座ります、
この位置が、皆を制するにいちばん都合がよろしい、
ここで、最初に発声する、
と、
皆がコレに応じて唱和する、

邦楽(箏・三弦など等)の世界では、
客席にいちばん近い最前列に一番下手な初心者が位置し、最も後ろに指導者(中心者・実質的な指揮者)が座ることが多いです、
謡曲場合の真似だ、

日本社会は、どの分野でも、だいたいがこの方式・構図ですわ、
ほんとうの大物は後ろに隠れていて、皆をたくみに操る構図、

菅をあやつる大物は、後ろ方に控えているのでしょうか???
見えませんなぁ~、
.
.
.
ド演歌などのカラオケ聴いて、尺八吹く遊びに凝っているわけだけど、
カラオケに牛耳られる自分に馬鹿馬鹿しさも感じていて、
やっぱし、単独吹奏が本来の古典尺八本曲の方がエエかなぁ~って思ったりする

“カラオケ音源”は、要するに伴奏ですわ、
伴奏(ある種の指揮者??)に引きずられるのは、なにか変だ、
シャクな気持ちがある、

カラオケ伴奏を聴いたら、元気が出てきて、
さぁ~歌うぞ!!! 
さぁ尺八吹くぞ!!!
って、感じにならんとアカンのだと思うが、どうもそこまでは迎合デケン、

なんだか、とりとめもない話になりましたね、


| | コメント (2)
|

2011年6月20日 (月)

なんや、なんや

この歳になっても自分のことはわからんのですよね、
わたし、自分ではスッゴク飽きっぽい性質だと思っているのですが
が、他の人たちからは凝り性だと思われることが再々です、

が、が、
長年いっしょに暮しているかみさんは、さすがにわたしの本性を見抜いていて
「パッパは、コレと思ったらそれっばかし、すぐに放り出すくせに…」
「そやのに、なんでアタシとずっと一緒に居るの???」
って言う、

こんな質問は困ります、返事のしようがない…
実に含みのあるというかタクラミを秘めた質問ですよ、
弱みをシッカリ掴んでいる側が、弱者へ向けて放ち打つ言葉ですわ、
要するに、
「アタシのご機嫌をそこねたら、アンタなんぞ放り出しますよ…」
の含意があると思う、

わたし最近、尺八で吹く演歌カラオケに集中しているじゃないですか…

昨日は、とうとう自宅では吹きがたい雰囲気になってしまって
ご機嫌を損ねてしまって
で、ショルダーバックに一式詰め込んで、野外稽古に出かけました

歳相応の故障があって、歩くと右ヒザが痛いのですわ
長距離は辛い、長い時間は辛い、

片道40分のコースを行くと、無人の山中(散歩コース)です、
ベンチも置いてある、雰囲気のエエ箇所がある、ほとんど散歩に来る人も無いところ、

ショルダーバックに詰め込んだ一式ですが、
尺八の束➝1尺7寸菅・同8寸・2尺・2尺1寸・2尺7寸
諸道具➝譜面・同立奏用譜面立て・カラオケ音源収録してあるICレコーダー・同イヤホン・喉が渇くから水筒も持参・おやつ少々
ケッコウな量でしょう、重たいです、
これ背負って、介護用品店で買った軽ァ~るいツエ(杖)持って出かけた、

山のなかで3時間ばかり吹き散らしたら、なんだか馬鹿馬鹿しくなって戻ってきた、
ぜんぜん上手になったような気がしない、
馬鹿馬鹿しさだけだ、

でも、気が付いたことがある、
尺八カラオケ用の音源整備をICレコーダーに入れて、イヤホンで聴きながら山のなかで独り吹きに吹き、悦に入り損ねて初めてわかった、
これって、“非常に馬鹿馬鹿しい”ことみたいだなって…

もう、わたしヒマヒマ隠居のなってしまっとるからエエようなものの、
こんなことを、未だ現役の人がやっとたら日本の国は廃れ亡びるだろうなって…

錯覚のなか(演歌世界)へ逃げ出して、
ボヤ~とバッカシしていたら、どうなりますか???
よくないよなぁ~

自分が逃げ出すのは良くありません、
演歌尺八カラオケするなら、
“仕掛ける側に回るべきかも、

自分が尺八で歌ってしまうのではなくて、カラオケ伴奏の中へ入り込む方がエエ
どなたかに、尺八まじりの伴奏のもとで歌ってもらいたい、
尺八は完全に伴奏側でありたい

が、今やっとるのは、
歌の部分を、尺八でそのまま吹奏してしまうので、ダレかが実際に声出して歌う際に興をそいでしまうように思う
だって、さして上手な尺八ではない、尺八なんぞ無い方がエエのかも

要するに、
カラオケに生の尺八吹奏を加えることで、
➝半生のカラオケに仕上げ、これを聴きながら他の人に歌ってもらって、
で、
➝➝共同で生の音楽を作って遊びたい、
これならデンデン馬鹿馬鹿しくない、

即興で、アドリブ伴奏したりする力は、わたし持ち合わせておらん、
やっぱし、伴奏用の譜面がないと吹けません、

和音ってなんや??
コード進行ってなんや???

| | コメント (0)
|

2011年6月19日 (日)

藪蚊もビックリ

尺八の束(1尺7寸・8寸・2尺・2尺1寸・2尺7寸)と譜面・譜面立て、
そして、
カラオケ音源を入れたICレコーダとイヤホン、
そして、そして、
空のペットボトルに、水道水汲みいれて
で、
ショルダ―バンクへ突っ込み、介護用品店で買った軽ぁ~るいアルミ杖ついて修業に出掛けました、
40分ほど歩くと、ちょっとした無人の山の中に入れます、

荷をおろし、
尺八一式を取り出し、好き放題に吹き散らかします、遠慮は不要だ、

藪蚊が襲ってくる、
でも、それは先刻承知です、
虫除けのスプレーを全身に吹きかけて、で、出かけてきた、

疲れてしまって、くったくたですわ、
随分長時間やっとったからなぁ~

| | コメント (0)
|

2011年6月18日 (土)

地無し竹の味

A) パソコン・キーを打ち込むと➝画面に文字が浮かび出て➝連なって➝文章になる
B)  〃  ・キーを打ち込むと➝ 〃に音符  〃   ➝ 〃  ➝ 音楽になる

Aは、ワード、
Bは、Finale…という名の音楽作成ソフト、

無料カラオケ音源を探してパソへ取り込み➝手元の尺八に合うキーに変化し
➝尺八で合わせ吹いて遊びます、
と…、この、無料音源を探す過程でオモロイお方と出会った、
パソコン・サーフィンしていて偶然に出会った、

そのお方は、上述Bのソフトで、
アレコレ知られた曲を編曲して遊んでおられるようだった、
きっとご隠居さんだね
おもしろそうやなぁ~
パソコン上の五線譜に、音符記号などを好き放題に打ち込んで使用楽器を指定すれば
➝その楽器で音楽になって聴こえてくるらしい

わたし、恐る恐るこのお方にメール接触を試みました、
「この曲あの曲(童謡唱歌)のカラオケ用の伴奏が欲しいのですが、作っていただけないでしょうか、失礼ながら無償で…、尺八で歌って遊びたい…」と、
うれしいですなぁ~、了解をいただきました、

次々と出来あがって、パソコン経由で送られてきます、
それ受け取って➝手持ち尺八に合うように微調整を行い➝尺八と合わせ吹きます、

著作権???

随分昔の曲です、こんな遊びだ、きっとお許しいただけるのじゃないか、

お聴きいただけますか、こんな感じですわ、
「赤とんぼ」

下手だなぁ~、呆れた!!!
2尺地無し延べですわ、
でも、地無し竹の味はあるよね、
(間奏を吹いて、残った部分を後奏に使ったのだ、Sさんごめんね)
.
.
.

<ついでながら、著作権のことですが>

正直に言って、邪魔ですなぁ~、無い方がエエ、
コレが関所になって、聴きたい歌を自由に聴くことが出来ない、

お金持ちだったらナンボでも自由に聴ける、
が、年金ヅヅイは貧乏だから聴かせてもらえない、

“情報”には貨幣価値があるのですよね、
お金があれば自由に手に入れることがでける、
が、お金が無いと情報から取り残される、

が、が、しかし、
情報がすべての人たちにとって本当に有益なものであるならば、
コレをあえて金持ちにだけにしか自由にさせないというのはナニカ変じゃないでしょうか、
ナニか間違っていませんか??????

特許庁は、著作権は、
情報を使わせない側に加担するのじゃなく、
➝強制的に公開させるのを“仕事”にすべきだと思いますがねぇ~、
わたし、間違っていますか???

頭の良い恵まれた才能の者らだけを、金持ちにして保護するのもエエかげんにしてもらいたいよ、
なんたって、世の中にはバカの者らの方が仰山いるのですぜ、
で、
バカらは概ね貧乏なのだ、やっとれんよなぁ~、

| | コメント (0)
|

2011年6月17日 (金)

孤高な和音

ブログタイトルを
釣り日誌から➝尺八日誌へ、変えた方がよろしいのではないか
と、思ったりするが
やっぱし、尺八より、魚釣りの方が好きなのだから、このままにしておきましょう、

尺八カラオケ用のカラオケ音源を➝手持ちの尺八キーへキー調整
このことに苦労しているわけですが、
一連の作業のなかで、イロイロ想うことがありましてね、

そもそもわたしのやっとる虚無僧尺八(古典尺八本曲)には、
合奏の観念が気薄なのだね、孤高気分の独りよがりかい???
で、どうだってことだが
A) “和音”の考えが、あまりありません
B) “キーを整える”ことにも無頓着 単に尺八の長さを言うだけで済ませてしまう

三曲と言って、箏・三弦・尺八の三つの楽器で合わせて遊ぶ分野がありますが、
この分野でも尺八はある種よそ者でしてね、尺八は加えない方がエエとする者らが結構多いのです、尺八は合奏には馴染みにくいのですよね、
尺八の手付(合奏用譜面)は和音重視じゃないからなぁ、
箏・三弦の音を、そのまま真似吹きするのが常ですからね、
まぁいわば完全無欠の和音合奏でもあるけれど、少し律狂い気味で大仰に吹く同音は、聴いていてそう楽しい感じのものじゃない、

と、まぁ、そんなわけで、
尺八隠居の波平(わたし)には和音知識が欠けていて、
で、このたび、そのなかでの尺八カラオケの音源整備だよ、
尺八のなかでも特に超不調律な地無し尺八で吹奏するつもりのカラオケ音源整備ですよ、
バカだねぇ~、
なんで、調律のシッカリした、吹きやすい“塩ビ尺八”を使わないのや!!!

でもなぁ~、
わたし、塩ビ管を吹こうとは思わんのだ、
そりゃア~タ、“釣り堀”の釣りみたいなもんだ、

海にも、“海の釣り堀”ってのがありましてね、
海の中に大きな網で囲ったイケスなのですが、
釣り客が来たら、
客の目の前で、養殖魚運搬用の船(漁船)がその網に横付けし、釣り客の人数分に見合う養殖魚を網の中へ放ち入れます、
その放ち入れる養殖魚ですが、
あらかじめ釣り客らが釣りやすいように、数日間餌絶ちしてあるそうですよ、
腹が減っていて、すぐに餌に喰いつくのだね、よく釣れます、

ネッ!!
良く鳴る“塩ビ尺八”と似ているでしょう、

わしゃ魚釣りに出てボーズの時がたびたびだよ、
が、
釣り堀の釣りは好かんのだ、

| | コメント (2)
|

2011年6月16日 (木)

大本営発表はもう聴きたくない

“政治的”という言葉は、究極の正義を意味することもあるし…
と、いうより
その腹つもりでナニかを語る際に使うのですよね、

なぜそのような判断になるのかをキチンを論理だっては語らない、
が、
とにかく、
政策的には、戦略的には、
要するに➝政治的判断としては、カクカクであるべきだ、などと云うわけだ、

お上のなされようには、だまって従うのが、下々の心得だって、なんとなく我々はそう思っているのではないでしょうか、
なんでそうなるのか、さっぱりわからんが、従うしかないのかなぁ~
って、思ってしまう、

だって、NHKテレビも、民放も、新聞も…
“もう、こうなるしかしかたがないのだよ”
としか、報道しないじゃないですか、
追っかけ記事ですよ、お追従記事だ、
それをあたかも先見の明のもとに書いているふりをしているだけ
権勢の中心側から疎外されたら、追っかけ記事のネタが取れなくなる、これが怖いのか???

岡田幹事長のお姿がだんだん小さく観えてきましたね、
枝野氏の姿も縮んできた、
小沢元幹事長なんてもう見えなくなりつつある、
どなたの姿も縮む方向のなかで未だダァ~レモ大きくなってこない、

わが国・日本は、どうなって行くのでしょうね、

もしわが国が大統領制の国であったりしたら
小泉進次郎氏30歳が一気に大統領になったりするのじゃないか、
いいや、
近々大連立の際には、このカードもある様に思うがなぁ~、
腐りきった政治的判断なんぞは、もうダメですよ、
大本営発表はもう聴きたくないですよ、

| | コメント (0)
|

2011年6月15日 (水)

高齢者居眠り釣法

タッパーにご飯を1膳分押し込んで、
空のペットボトル3本に水道蛇口から水道水を入れ、
家庭用冷蔵庫の冷凍室から水道水を凍らせた氷の塊りをクーラボックスに移し、
で、釣り竿2本持って出かけます、
他の安物竿やアレコレ釣り具一式は艇に積んである、

昨日は、さらに釣り餌(青ゴカイ)を1500円買った、
これで、真鯛を釣ってやろうと思って

で、釣果はコレ、
T02200165_0560042011290387377_2

マリーナのヨシ○が撮ってくれた、
彼いわく
「上島沖、5マイルポイントにアンカーを打ち、カレイ仕掛けのサオを、4本出して船尾方向に投入。更に、艇左右にアジ仕掛けを2本ぶら下げて、あとは寝てるだけ。サオ先の鈴が、チリチリと鳴ったら引き上げる高齢者居眠り釣法」

| | コメント (0)
|

2011年6月14日 (火)

ゴッチャ・ゴッチャ

沖へ出ていました、
まぁまぁの漁でした、
50㎝ちょっとの真鯛を筆頭にアレコレが釣れた、
今季初めてのアジが5本も、
その他真鯛中小サイズ仰山・メバル・巨ガシラ、カレイ、アナゴなどゴッチャ・ゴッチャ、

今年は、例年と比べ、釣期が約1か月遅れている、
あとひと潮で夏の釣りになると思う、

年金財布での釣りだ、
月に2回~3回の釣り行きが限度、

あぁ、尺八カラオケの方だが、
DVD画像を
➝壁or白板に投影できる投影機(フロジェクター)が欲しい、

探ってみたら、安くて5万円ちょっとした性能のは10万円はしますね、
これがあると、カラオケの歌詞を拡大投影デケルから、皆で一緒に歌えてオモロイのだが、
ココにも年人会計の影が映りましてね、そんな贅沢な機械は買えませんわ、
でも、
最近はどこのテレビも大型にナットる、
で、
この大型テレビに歌詞をDVDから映し出せるように、歌詞を整理しDVDに押し込める仕事に掛かろうかと思う、
二三日はかかるかな、

| | コメント (0)
|

2011年6月13日 (月)

はまちどりカラオケ

Img022


1尺7寸白龍菅 …… 3曲
〃 8寸如堂菅 ……62曲
2尺 静童菅  ……15曲
2尺1寸一城菅 …… 3曲
2尺7寸静童菅 …… 1曲……「夕焼け小焼け」をアカペラで
合 計      84曲   

一城菅に少し塗りが入っているが、他の竹は全て地無し延べの完全な虚無僧竹、
それぞれに固有の音味があり、わたしの大切な愛蔵品、
が、このたび五線譜と向き合ってみて、
“竹音”のなんたるかに関し、深い意味で得るところがあった、

童謡唱歌もド演歌も人の心を歌ったものだ、
隠居仕事に尺八カラオケに喰いついてみて、わが人生を振り返らざるを得なかった、

かみさんの健康上、これ以上は、家のなかで吹きまくるのは危険でヤバイ、
かみさんが、ひっくり返りそうになっとる、
耳鳴りがひどくなったようだ、夜休んでいても、寝言でうなされている、
まさか尺八で吹き殺すようなことにでもなったらオオゴトである、
わたしは思う存分吹きに吹いて、いたって健康、ストレス空ッポなのだが…

さて
何処へ出掛けて尺八カラオケの稽古をしたらよかろうか
DVDには譜面画像と音源を整理し取り込んである、
CDへは音源を整理して取り込んである、
IDレコーダにも全曲入力してあって…
で、どこへ出掛けても、胸のポケットに入れたICレコーダーからイヤホンでカラオケ音源を取り出し、好きなだけ合わせ吹くことがでける、

近所の里山に分け入って修行がらみの籠り吹きしましょうか???
プリントアウトした譜面綴りを持参せなあかんのだが…

カラスやタヌキらが喜ぶかも…
そんなわけないよなぁ~ 彼らもひっくり返ったりして

| | コメント (0)
|

2011年6月12日 (日)

ドヨ~ンとした空模様

北海道遥か東方洋上に低気圧の中心がある、
(気象庁発表今朝6時の天気図)
この低気圧の中心から~駿河湾沖約100キロの洋上にかけて、寒冷前線がダラリと綱を垂らしたような感じでのびている、
その駿河湾約百キロの寒冷前線は次第に停滞し、停滞前線となって、そのまま紀伊半島潮岬へ連なっている、
停滞前線は、潮岬から四国洋上を通り九州ど真ん中を横断し、東シナ海を渡り、上海辺りまでのびている、
九州は今大雨だ、停滞前線は居座り、雨はますます強まりそうだ、

菅総理も居座っている、
梅雨の停滞前線の居座りと、管総理の居座り、
ドチラが長引くのだろう

わが国は、自由な民主主主義だ、資本主義国家だ、
“自由”これが、国の中心だ、
が、
自由には
A) 個人的(社会的)自由
B) 経済的自由
がある、

強制的に徴兵されることはない、
が、
税金は強制的に取り立てられる、

憲法で基本的人権は守られ、基本的には自由ではある、
が、
公序良俗に反しないこと、の、枠の中へ押し込められている、

つまるところ、政府の在り方だが
大きな政府か、小さな政府か、の話になる

経済活動になんらの規制をもうけず、ほったらかしの状態にしていたら、
強者には都合がよいが、弱には生きにくい社会になる、
ここで弱者保護となら➝社会福祉の整備が必要だ
“負の税金※”が必要になるかもってこと、
(※ 強者から累進課税を取り立て➝弱者へその金を配分)

初手から政府が経済活動に関与し、
これにより、
➝国民の皆が平等に自由を得られるようにしようとなら
“個人的(社会的)な自由”は得られても、
“経済的自由”は、政府の規制の中ってことになる、他国の経済活動に遅れを取るだろう

“まったくの自由”
と、
“他者との調和のとれた自由”

“他者との調和のとれた自由”をどう見るかについて、
左と右との見方がある、視点が違う、ぜんぜん別の観方になっとる

民主党には、左と右とがごっちゃになっていて、右往左往している、
目玉が、ウロウロ キョロキョロ
疑心暗鬼、情報隠匿、その場その場の思いつき…

ドヨ~ンとした空模様、

| | コメント (0)
|

2011年6月11日 (土)

虚無僧竹でカラオケ挑戦

Dscn1119


1尺7寸(江夏白龍師匠手作り)、1尺8寸(竹友・如堂氏作)、2尺(竹友静童氏作)、2尺1寸(一城師作)
一城師作2尺1寸はほんの少し塗ってある、
が、他の3本は素っ裸の自然竹、虚無僧曲専用竹


手持ちの長短の竹(尺八)を取り出して、五線譜の無理吹きに挑戦をし始めています、

77曲を1尺八寸の手持ち竹に合わせるべく、音源の方をいイジッテ、音源のキーを調整したのですが、
いったん、この音源のキー調整を捨てて、歌う側の人のキーを主体にキー調整しようと思う、
吹く尺八の長短をとっかえひっかえすることで、対応しようと思う、
不調律な尺八を吹く際、わたしの技がどこまで通用するかですわ、
自信はデンデンありません、

何本も長短尺八持っとるのですがね、デンブ虚無僧竹なのですよ、
五線譜に適応でける一般の尺八じゃない、
が、これらを吹きこなせなければ、やはり本来のカラオケ遊びはできませんわ、
とりあえず、なんとか挑戦デケそうな写真の4本を取り出したわけです、

1尺6寸と、1尺9寸で使用に耐え得るのが無いのが断念だ、
あるにはあるのだが、どう吹いてもけったいな律だ、

と、
吹奏速度を、ゆっくり合わせ歌える速度まで落そうと思う、
これは、吹きやすくなるから問題は無い、

| | コメント (0)
|

2011年6月10日 (金)

色々です

Dscn1117

自家菜園で少し野菜をつくっているのですが
サラダ用の赤タマネギに、真っ白けのタマネギがひとつデケタ、
突然変異ですよね
世の中は色々ですなぁ~、いやまったく

今日も朝から、
尺八カラオケの音源整備にかかりっきりなのだが~
こういうことでも、集中してやっとると、おもしろいことに気が付きますわ

77曲整備しました
童謡唱歌~から、ド演歌まで
歌はまさに人生の縮図ですね、
集中して取り付いている間、ジワ~と、自分の人生のことを想うのですわ、
わたし、随分世間様に不義理してきたのだなぁ~て思う、
今さら、反省してもどうにもならんですが

いったんは全曲を手持ちの尺八で吹けるようにキー調整したのでした

これでは、尺八では吹けても、声出して歌うとなると、高すぎたり低すぎたりですわ、
ってことは…、
もし、どなたかが尺八について一緒に口ずさんでみようと思われても、ついて歌えないってことになる、

で、で、
出来る限り、尺八に付いて歌えるような工夫を思い立ち、キー操作を見直しています
音源のキーをいじる代わりに、尺八譜自体を歌えるキーの音に書き換えるなども少しやっとる、実にメンドクサイけれど

昨日、実は尺八ボランティアのベテランの竹友を訪ね、調整したのを一緒に吹いたりしたのでした、
で、やはり、尺八中心のキー調整は基本的に間違っていると悟らざるを得なかった、

「おまえなぁ~、俺ら素人が人に聴かせてやろうなんぞ思ったらアカンぞ!!」
「聴く人らがいっしょに歌うてくれなあかん」
「年寄りらは尺八聴きたいなんぞ思っとらん、声出して歌うきっかけが欲しいだけや」
「歌える曲はそんなにギョウサンはない、だいたい決まっとる、演歌は好くきらいがある、童謡唱歌はそれがない」

この竹友ですが、毎週・毎月、アチコチへ定期的に尺八ボランティアしていましてね、その延べ回数は千回を優に超えている、
いろいろ教わることが多い、
わたしホント恥ずかしいです、

| | コメント (0)
|

2011年6月 9日 (木)

今日は忙しい

午前3時半起床、
で、ズ~ト、江差追分や道南口説きに、聴き入っている、

陽が昇り、尺八を吹いてもエエ時刻になったら、 “道南口説き”の尺八吹きに挑戦してみようと思っている、

江差追分には潮の匂いがある、道南口説き節には野の山の匂いがある、
歌詞は海がらみだのに…

♪♪オイヤ~わたしゃこの地の荒浜育ち…♪♪

江差追分には尺八伴奏が似合う、
が、
道南口説き節には津軽三味線だけで充分、尺八の入る余地が無い

と、思っていた、
尺八で、コレが吹けるなんて思ってもみなかった、
が、が、
コレに尺八の譜付をした人が居る、

サイトから、わたし勝手にダウロードした、
本日から(9時前あたりから)試吹きに取り掛かるつもり*、
譜の拝借のこと、未だ了解をいただいていない、
吹いてみて納得できたら、採譜されたお方へご挨拶がてら譜面使用のお願いをしようと思う、

なお、今日は作成した尺八八寸キーのカラオケCDを竹友宅へ持ち込み、二人して大いに試吹きして見ようと思っている、
けっこう忙しい1日になる、

| | コメント (0)
|

2011年6月 8日 (水)

従兄弟らの隠居旅

わたしより少し年長になる従兄弟が、フト思い立って、
“瀬戸内海の小島へ行ってみたい”
と、思ったみたい、
仲間らと計3名でソッチへ1泊旅行をしたいと言ってきた、

ソッチって、ドッチ???

“案”を立ててくれって言う、
で、家島本島への旅行を提案した、

もっと小さな島はないかという、

小さい島はぎょうさんある、
が、ヅヅイら3名が泊まるには、それなりの民宿が必要だ、
で、男鹿島を提案した、
この島には艇が着け得る桟橋を持つ民宿が2軒ある、
中村荘に決まった、

中村荘には、わたし(隠居波平)大きな借りがある、
数年前の台風の最中、エンジン故障で漂流し、中村荘の大型艇に救難曳航してもらった恩義がある、
あれは、
九州南西諸島のひとつトカラ列島へ単独望見周航をした帰路途上のことだった、

台風が発生していて、
台風に追いかけられる形で、大急ぎで駆け戻ってきたのだが、
外洋から瀬戸内海に逃げ帰ったところで台風に捕まってしまった、
大しけの中を播磨灘までは帰り来たのだが、
突如、エンジン故障で動けなくなった、

大シケのなかでのエンジン故障は、小さなプレジャーボートにとって大変危険なのだ、
スローでもエンジンが回っていたら転覆を免れる、
が、艇を止めてしまったら、波に煽られてごく簡単に転覆します、
ココがボートとヨットとの大きな違いです、

シーアンカーを打ちました、
艇に横波を受けぬようにする緊急時の対応です、艇首を風上に向ける工夫です、

洋上のど真ん中で付近に打ち上げられる岩礁や島はなかった、コレが幸いした、
が、長時間漂っていたら、やがて艇は、どこかの島や陸地に打ちつけられられるだろう、

で、救難要請をBAN(小型船舶救難機構)へ向け発信した、
と、
「台風通過中で第二次災害の危険性がありますので、すぐの救難は不可能です…」
思ってもみなかった返信だった、
で、で、海上保安庁へ救難要請を考えた、
あぁ、陸上の救難要請は119番ですよね、海の場合のそれは118番です、

所属の播磨マリーナはこの日は運悪く休業日でした、営業日なら救難要請が可能なのに…
で、アレコレ考えて、
海上保安庁へ救難要請する前になんとか自力で帰還したいとエンジンルームを点検するが大揺れの中では故障個所がわからんかった、
艇仲間の誰に助けを求めようかなどなど、アレコレアレコレ思う間…
フト、家島諸島の男鹿島の民宿・中村荘に大型艇があったのを思い出した、
で、救難曳航を要請すると即座に応じてくれて、大シケのなか駆けつけてくれた、

大シケの波の中、曳航ロープを受け渡しし、曳航を始めたら、太いロープがいとも簡単に千切れてしまった、二度三度試みても、あっという間に千切れる、
で、で、最も太いロープを長がぁ~くのばして2艇をつなぎ曳航され得た、

中村荘とわたしは、こんな関係だと従兄弟に使えた、
従兄弟は、中村荘に宿泊申し込みの際、この話をしたらしい、この民宿の船に助けてもらったことのある「はまちどり」の紹介だと言ったらしい、
中村荘は、これを覚えていて、“あぁ、わたしがあの時曳航した”とのことだったみたい、

来週、従兄弟らはやって来ることにナットる、
凪いでいたら、愛艇「はまちどり」で迎えてやろうと待ち構えている、

あぁ、ここに、あの時の「トカラ周航記」がある、
長文ですが、もしよろしければお目通しいただきたい、すでに9年前のこと、時期はちょうど6月の今頃だった、

http://homepage1.nifty.com/hamatidori/140602tokara.htm
(右サイドバー・姉妹サイトにも「トカラ周航記」掲出しています)

| | コメント (0)
|

2011年6月 7日 (火)

投げ釣り真鯛

「もう、アタシ、耳鳴りがして、耳鳴りがして…」
と、かみさんが言う、

「病院へ行った方がエエのとちゃうか???」

「ナニよ!! 尺八の変な音が耳について離れないのよ!!!」

で、昨日は、沖で一日過ごし、自宅では尺八鳴らさなかった、

「耳鳴りは治ったか???」
「治りません!!! まだ、いつも、ず~と、鳴ってます!!!」


あぁ、昨日、釣りからの帰路途中、行き付けの釣り具屋に立ち寄ったら…
店の兄ちゃんが、
「オッ!!お久しぶり!! ブログ見とるけど尺八ばっかしや」
って、言った、

「イイヤ、沖へも出とる、今、沖からの帰りや、疲れてへとへと…」
「ウヌッ、アカンかったのかな??」
「真鯛3尾、メバル・ガシラ・アナゴが少し」
「なんでアナゴなんや?? 最近、イカがよう釣れとるらしいやないですか」


釣り具屋では、L型テンビンを5セット買った、
1セットに3ツL型テンビンが入っていて、1セット189円、

マイポイントでは、
このL型テンビンに25~30号のオモリを付け、投げ釣りの要領で瀬際を釣ります、
餌は青虫(アオゴカイ)、昨日は餌代1500円
あぁ、投げ釣りの仕掛けは自作です、
ハリス2号にハリは東京袖11号を2本付ける、
これで真鯛を釣る、結構釣れますぜ、先月2日にはこれで50センチ弱の真鯛を釣ったよ、昨日は小ブリなB5版大のが3尾だけだったけれど…

(余談ですが)
使用ハリは、わたし波平専用の特注ハリでしてね、赤い色に仕上げてある、
20年ほど前に生涯の予想使用本数を計算し、1万本、まとめて一気に発注した、
が、計算が狂っていたようで既に残りが少なくなってしまった、
生涯の予想使用本数ですが、
釣り行き1回ごとに10本のハリを使用し、毎月4回の釣行で、20年間分として
➝ 10本×4回×12ケ月×20年=9600本
値段は忘れましたが、やたら安かったのを覚えています、
釣り針なんてものは、釣り具屋で少しずつ買うと結構な値段だ、が
同じ針を、思い切って製造メーカーにまとめて大量発注すると、メッチャクチャ1本当たりの単価が安くなるのですわ、

あぁ、マイポイントでの、投げ釣りの真鯛釣りですが、
瀬際も瀬際、むしろ瀬の中に、この投げ釣り仕掛けを投げ込む、
で、やたら根掛かりが多い、L型テンビンごと、根掛かりで失ってしまう、
で、で、L型テンビンを常に買い足し補充しなければならん、

不思議ですよねぇ~、
瀬の中に投げ込んだ投げ釣り仕掛けですが、魚が掛かると、根掛かりせずに上がってくる、竿先に漁信を見たら、すかさず一気に取り込む、少しでもモタッとしたらもうダメ、根掛かりする、

あぁ、またまた余談ですが、
釣り仕掛け(L型テンビン仕掛け)を、根掛かりで失うのはアキラメ得ても、アンカーの根掛かりは辛い、
この釣りは、瀬際にアンカーを打ちこんでの釣りですから、下手すると、アンカーをも根掛かりで失いかねない危険があるわけだよ、
アンカーを失わない秘訣は二つ、
1、 根掛かりしそうな場所へはアンカー打ち込まない、
2、 もし根掛かりしてしまったら、引きちぎるしか方法はないのだが、引きちぎった際に、逆さアンカーになるように仕組んだ予備綱だけが引き千切れて、本綱はつながったままシッカリとカンカーを保持するようにしておくこと、

アンカー打ちの魚釣りには、あれこれと技術の束があるのだよなぁ~
これはこれで、けっこう難しい釣かもよ、

| | コメント (0)
|

2011年6月 6日 (月)

釣果

今日の播磨灘はベタ凪でした、
未だ、先日の大雨の影響がある、河川から流れ出た浮遊ゴミが流れている、

家島諸島最東端の上島の南約5マイルの瀬まで走って、アンカーを打った、
ココでは不思議と虫エサで真鯛が釣れる、
大きなあたりがあって、真鯛の引きだった、
が、惜しくも取り逃がした、
大きな強い引きがあり、応じきれず、又逃げられた、スズキだったと思う、

取り込めたのは小ぶりな真鯛が3枚、メバル・ガシラ、そしてアナゴ、が、少しずつ、
テテカミ(手々噛み)というあだ名の小魚が再々餌をかすめ取る、わたし油断していて、ソヤツに指を噛まれた、
さして痛くも無いが、コヤツには再々指を噛まれる、

こんばんは、アナゴをウナギのように蒲焼して一杯飲む、

| | コメント (0)
|

沖へ

カラオケ尺八で一番の難儀は裏拍子の呼吸ですね、
ひと息、ひと息を、真正面から大切にする尺八古典曲とはこの呼吸が違うのですわ、
と、もうひとつ、リズム感ですね、

このリズム感というのは、すべての生活様式に沿っていて…
だんだん距離感を感じるようになっていて…
ド演歌や童謡唱歌しか吹かないのだが、それでも、コレやっとるおかげでなんとか最近に付いて行けているような気がする、
今朝もね、午前3時過ぎから、パソコンにイヤホン差し込んで、画面に映し出した尺八譜見ながら拍子取りの稽古していた、

あぁ、4時半になった、

今日の沖はベタ凪みたいだ、
思い切って、沖へ出てみよう、

釣果は、また、後刻アップして遊ぼうと思う、

パソコン上に整理し終えた“カラオケ音源と尺八譜”ですが、
結構容量が大きいようで、竹友らにメールで送って批評を得たいのだが、メールがパンクしてしまって、送付不可能だ、
ほんの数曲ずつなら送れますがこれって面倒でかなわん、
なにかよい方法はありませんかねぇ~、
魚釣りから帰って来てから、また、考えますわ、

| | コメント (0)
|

2011年6月 5日 (日)

泥沼への道

自分のことを実にクダラン男だと思っていて…
そんな自分が世間のアレコレに批判が増しいことを云うのはおこがましいことだと思う、
が、隠居のヒマが災いし、知らないなら知らないですむ種のニュースを見聞きしてしまう、
と、
なんぞかんぞ想ってしまって…愚痴ったり、ボヤイたり、と、なる、
生きているってのは、厄介ですね、どうしてもこうなる、

強いて強弁する気はないのだが、
なんぼなんでも、と、思うにつけ、
➝またまた愚痴ボヤキ症候群の患者になってまう、

姑息なダマシのなかで国が漂っている、
われわれは、日本人らは、心が干からびてしまったのだろうか???
生きることの意味を、本気で考えないと…
そして、死の意味も、必死で考えないと…

通常の場合、生死のことは、宗教心が助けてくれる、
が、日本人の多くが、この宗教心から遠ざかってしまっていて、心のよりどころがない状態になっとりゃせんか???
宗教とは言い難いが、いわゆる仁義の道もすたれてしまった、
仁、義、礼、智、信、…なんのこっちゃ???
修身、斉家、治国、平天下、…なんのこっちゃ???


ひどいですなぁ~、永田町の政争は…
無茶苦茶だ

どうせ私をだますなら
だまし続けて欲しかった
心変わりがせつなくて
つのる思いのしのび泣き

“心変わり”が、どうだ、こうだじゃない、アヤツは初手からダマスつもりだった、
ハトポッポの目玉は節穴です、こんなのダマスくらいは屁でもないってこと???
詐欺だ、ペテンだ、国家背任罪だ、
国民と言う名の株主の利益を害し自分だけが儲ける魂胆、
ホリエモンも真っ青だ!!!
とっ捕まえて収監せなあかんぞ!!!
死刑だ、死刑だ……ひょっとしたら、言い過ぎかな????

あぁ、
ただ、ここにひとつだけ、希望の星がないことない、
“大道廃れて仁義あり”
コレだ、まさに今がこの時だってこと!!!

仁義の道がまっすぐの時は、
あんがい、宇宙の大道からすると、間違った道に居ることが多いらしいのですぜ、
仁義だ、礼、智、信、だって言ったって、
所詮は、欲得づくのセコイ人間どもが、見かけ上の利益を漁らんがための算段だ、
ちっちゃい、ちっちゃい、現世利益のせこい道、
宇宙の大道からすると、
すなわち、長~い目で、人間の生きるべき“愛”の道からすると、
➝むしろ、“仁義の道が廃れてしまた”っと騒ぎ立てる時こそが、本道(大道)への道へ進まんとしている時かもって思ったりする、

コノ逆説論法わかってもらえるかな?
もう一度言いますよ、

“大道廃れて仁義あり(老子の言葉)”のことですが、
宇宙のまったく正しい大道が廃れ(すたれ)ている時は、
それって、
➝世の中に仁義の道が行なわれている時だってことですわ、

今の日本の特に永田町では、仁義の道がすたれていますよね、
だったら、
今は、ひょっとしたら、本道への道へ向かいつつあるのかも、

そんなこたぁ~ない、
ますます、道は間違った邪悪の方へ、泥沼の方へ、落ち下っている、

| | コメント (0)
|

2011年6月 4日 (土)

山下洋輔氏

世の中には約束事がイロイロある、
五線譜上の約束事もそのひとつ、

が、しかし、
五線譜のなかに、自然の森羅万象を、すべての人間の心の動きを、押し込めることなんぞデケルはずがない、

が、が、
拍子にも音程にもある種自由な尺八(本曲)においては、五線譜では不可能な表現もある程度はデケそうに思える、
尺八カラオケ音源を、いろいろイジッテいて、反射的に、このことを強く想う、

って、ことは
五線譜物を➝尺八譜に書き改めて吹く際に
いまひとつまたぎ越えねばならない“溝”があることに気が付いたってことでもある、

尺八譜に書きなおした譜面に向かうに、意識して、尺八では許された自由度を捨てねばならない、捨てて、捨てて、その中でナニかを表現すべく吹いてみる…

ナニなのだろう、この“差”は??? この“溝”は???

6月に入ってから、日経新聞朝刊の最終面左肩のコラムに、山下洋輔氏の自伝(私の履歴書)の連載が始まった、
“異種格闘技セッション”という言葉で、氏は、ご自分の音楽の性向を書かれている、
今後の連載期間を通して、キット氏はこのことを言い続けるのではあるまいか、

以前、氏の生演奏を幾度も側で聴く機会を得たことがある、
スタインウエイの完全調律ピアノを、あの鍵盤ヒザ打ちでぶっ壊しかねない勢いで叩いていた、
ヒザ打ち奏法(演奏)にはホント仰天したのだった、
氏もまた“溝”に向き合い、これを越えるにあの演奏になったのだろうか???

月とスッポンだ、
わたしと氏との力の差は、溝なんてものじゃない大河の差だ、
が、氏が、自然の森羅万象や、人の心の動きのアレコレに、あの鍵盤ヒザ打ちで挑んでいるのだろうことは、わたしにもなんとなくわかる、

山下洋輔氏は極めて能筆家でいらっしゃる、ご著書も多い、
内、幾冊か読んでいるが、氏の音楽が響くような迫真の気迫がある、
氏の日経朝刊コラム(「わたしの履歴書」)を読むのが楽しみだ、

あぁ、
管政権のこと、関連記事のアレコレ、馬鹿馬鹿しくて読む気がしなくなって久しい、

| | コメント (0)
|

楽ちん釣り

遊びだが、それに“はまって”いると、いつの間にか思わぬ時間が過ぎている、
魚釣りなどは、この典型的な例で、
朝早く沖へ出て、ふと気が付くと午後1時か2時になっている、
で、又々竿先を眺め暮し、
再度、フト時間が気になるのは日暮れが迫る頃だ、

未だ明けやらぬ早朝に家を出てきたのだった、
で、
魚釣りを終えて自宅へ戻るのは、陽が落ちて後である、

6月上旬の最近の朝は4時半には夜が明ける、
夕方は7時半を過ぎてもまだ明るい、
たっぷり遊べる、
自宅へ帰り着く頃には、遊び過ぎでフラフラにナットる、

昨日は、友艇ルミに同乗し、オーナーのルミ氏とわたしの二人、小豆島の南の1番ブイ海域まで遠出し、アジ・サバを狙った、
狙いの海域に到達し、大仕掛けのサビキを下ろした途端にアタリが来た、
サバが1度に4尾釣れた、
が、が、それっきり、これっきり、
デンデン後が続かなかった、その後はナァ~ンも釣れなかった、

忙しくて、忙しくて、
ナ~ンも釣れない時間帯は、猛烈に忙しい時間帯でもある、
今釣れるか、今釣れるかと、竿先を見つめる心うちは、常に爆発寸前の状態、寸秒も休まない、休めない、
用意した昼弁当すらも食うことができない、その余裕が無い、

艇の母港・播磨マリーナから、この小豆島1番ブイ海域までは約30マイルある、
約55キロ、往復で100キロになる、
23ノットで走って往復4時間半、これが昨日ではサバ4尾の距離、

32Ft(ヤマハFR32)の大型艇だ、340Hpのエンジンは出港~帰港までの間一度も休まず回しっぱなしだった、
常にGPSで艇の位置を確かめながら、魚探で魚群を探りながら、そして昨日は濃霧に中での釣りだったので、艇に警告灯を点灯したままの魚釣りだった、
使用した燃料はドラム缶約1本分、これがサバ4尾の対価、

恥ずかしいことだ、
わたしには、この負担は不可能、
わたしの所有艇は小さな艇で、いつもごく近場でウロウロするだけ、
で、最近は、もっぱら遠出の友艇に便乗し、楽ちん釣りで遊ばせてもらっている、

| | コメント (0)
|

2011年6月 3日 (金)

ハトポッポの目玉

昨日の内閣不信任案採決は傑作でしたね、ますます政治不信が増しますね、
国民から永田町不信任案を上程したい気持ちだ、

ハトらの小鳥の目玉は顔の両側側面に付いていて、両横側を観るには都合がエエが、まっすぐの前を見るには不都合な位置にある、で、前の様子を際は顔を左右に振るわけです、
コレによって、仲間らと群れ飛ぶ際は互いにぶつかりあわなくて済みます、

人間の場合ですが、ハトポッポ氏のことですが、
周囲をいつもキョロキョロして、周囲の子飼いに、親からもらったお小遣いを撒き散らしているのだね、

永田町では、前を向いていたのでは、やっとれんってことだね、

今のわが国で、ナニが機能していないかですが、行政・司法・立法の基本が機能していない、なかでも、立法は、でんでんダメ、ナァ~ンもしていない、

反動が怖いです、


今日は、尺八カラオケはお休休みすです、
魚釣りに出ることにします、
もうそろそろサバが釣れはじめてもエエ頃だ、

| | コメント (0)
|

2011年6月 2日 (木)

心境は「海ゆかば」

新聞を玄関の新聞受けから取り出しはしますが、最近はデンデン読んでいません、
新聞受けから取り出す際、なんとなく1面大見出しに目が走るだけ、

「新聞くらいは読まなあかんよ…」
って、かみさんが云うが…

そんな日々だが、
今日、菅内閣不信任案の採決がなされることは知っている、

ひょっとしたら、
小沢氏を中心に、新党が立ち上がり、
アレコレの末に彼が今後の日本の中心を担うことになるのかもと思ったりもする、

そりゃないだろうとも思う、

不信任案が否決となら、枝野氏が出てくるのだろうか???
通ったなら、谷垣氏???
これも無いと思う、

サッパリわからん、

今日も、独り尺八を吹いて過ごすつもりだ、
気持ちは「海ゆかば」の心境、

メル友の某氏が編曲した「海ゆかば」をカラオケ代わりに使わせてもらって、尺八を合わせ吹いてみようと思っている、
後刻、ココへアップしたりして遊ぼうと思っている、

| | コメント (0)
|

2011年6月 1日 (水)

恨み節

理由なく排斥されたと思っていて(ほんとうは利権がらみの因果関係のなかでなのだが…)、
こんなことで挫けてたまるか!!!
ってんで、頑張るが、
しょせんは既に出番を失っていて、周囲からは冷めた視線が注がれるだけ、

注がれている間は未だ捨てた物じゃない、
周囲から関係を迷惑がられるようになっても、今だし自分のかつてのスタンスから足を洗うことができず、
周囲の視線にもいつの間にか鈍感になって、今一度の浮上を夢見る、

ドコカに掴み浮かぶに頼りるワラは浮かんでおまへんか???

オザーリン(小沢氏?)が、ほんとうに、心底からの政治家なら、
身命をなげうって日本の国をおもう政治家なら、
この際は、
自分が政治の世界から綺麗に退き、子飼いの者らを解き放って、日本の今後の展望をゆだねること、
コレが、アカン総理打倒の最も鋭い“剣・矢”となるだろうに、

子飼いの者らの多くは、ながらく親分・オザーインの影響にあったからは、
アカン総理を、おろした方が日本のためになると思っているのだろう、

が、しかし、
もう、オザーリンの子分としてではなく、いっちょまえの衆議院議員として活動したい、
アイツは元代表に近い議員だ、子分だ、とは思われたくない、
今ここでオザーリンの尻にくっ付いて行動したら、
ひょっとしたら、ゴミ同然に掃き捨てられるかも…

オザーリンは、小沢氏は、この際、
乾坤一擲、視野を大きく広げ、自分中心に菅政権批判に動くのはやめるべきだ、綺麗に身を引くべきだ、

まさに、今が、その時かも、

もし、内閣不信任案が否決されたら、
その原因の大きなひとつは、小沢氏の存在そのことだぞ!!
これこそが災いのおおもとかもよ、

小沢氏が、黙って身を引いていたら、反勢力は団結できていたのに…

あぁ~恨み節♪♪♪

♪♪ 海ゆかば ♪♪
ユーチューブから採譜し、ニニーロッソの後吹きを真似てくっつけた、

海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね)
山行かば 草生(くさむ)す屍
大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ
かへりみはせじ
(長閑(のど)には死なじ)

| | コメント (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »