« 律合わせの遊び | トップページ | 丸アジ4尾 »

2011年7月11日 (月)

少しは飲めるの??

義兄が癌手術で入院中でしてね、今日、見舞ってきましたがね、完全空調の避暑地でした、病院の中は…

が、病室でしばらく話し込んだりしましたのでね、
慣れない完全空調の涼しさに、私の身体が順応デケンかったみたいだ、
わたしの方の体調が狂ってしまって、具合が悪いですわ、身体じゅうがかったるいです、空調病になってしもうたみたい、
病院ってところは極めて不健康なところだと思いますよ、デッタイにアソコは変ですわ、

わたしのかみさんの兄貴なのですがね、71だ、わたしより数か月年寄りになる、
私と同じで、怠け怠けの隠居ですわ、
もうなぁ~んもしておらん、ナマケ・ナマケの日々ですのでね、入院生活はむしろ規律正しい生活が出来て、ある種の生き甲斐ある生活ってことでもある、

現役の人や、未だ学業途中の入院じゃないですよ、
種類が違いますですよ、責任感ホッタラカシの湯湯治みたいなもんだ、
病気が治って退院したって、なぁ~んもすることが無いのだよなぁ~
今は、むしろ病気と向き合ていて、なんかこう目的ある生き方がデケテ生き生きしとる、
が、治ってしまったら、どうしますか…

わたし、つい先日、若い現役の釣友をあの世へ見送ったばかりなので…
なんと申しましょうか、神様も無茶苦茶だなぁ~て思いますわ
義兄の癌治療が、手術の成功が、不満だってことじゃないですよ、
先日亡くなった釣友が、只々、惜しくてならんのですわ、

「まぁ、ナマケナマケ養生したらエエですよ、そのうちに治るでしょうよ」
って、見舞いの言葉を残してきましたがね、

何本もの点滴管に繋がれていましたが、義兄はさほど難儀そうでもなかったなぁ~、
巡回見回りに来た若い看護婦さんとの会話が楽しげに観えました、
点滴管がホレ外れかかっている、とか、話を継いだりしていた、

入院前は、自宅で、ほぼ、バァ~サン(彼のおくさん)とだけ向き合う日々だったのだ、
こういう非日常も、たまにはエエかもな、

羨ましいのかってですか、

癌手術ですよ、ホンナモンが羨ましいはずないですよ、
「少しくらいなら飲めるの??」
って問うたら、付き添っているバァサンが目玉を剥きよった、
クワバラ・クワバラ

|

« 律合わせの遊び | トップページ | 丸アジ4尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 律合わせの遊び | トップページ | 丸アジ4尾 »