« ガス抜き程度 | トップページ | 社会還元 »

2011年7月 9日 (土)

梅雨は明けたらしいが

つい先日、わたしの大切な釣友が癌で亡くなって、このところ寂しくてしょうがない、
彼はまだ若かった、56歳だった、癌が見つかって1年足らずであの世へ
まさかわたしより先にあの世へ逝くなんて…

葬儀の際、彼の娘さんが赤ちゃんを抱いて親族側の席の前の方に居られた、赤ちゃんは彼のお孫さんだ、
わたしはマリーナ従業員ヨシ○ドンと並んで、友人知人らの側の席に居たのだが、ヨシ○も、わたし波平も子が無く、孫なんて夢のまた夢、

ヨシ○もわたしも涙もろくなっていて、ハンカチが手放せなかった、
ヨシ○と彼とは同じ年齢、

しみじみとした寂しさがこみ上げる、
父や母が亡くなった際にも経験したことのない寂しさだ、
愛犬が亡くなった際も涙が止まらなかったが、この時とも違った深い悲しみ、
.
.
相変わらず尺八カラオケに凝っていて、
カラオケ音源をイヤホンで聴き、それに合わせて尺八を吹くのだが、曲種が身に沁みて沁みて耐えがたくなったりする、
わたし昔から森昌子のファンである、大昔は、コロンビア・ローヅのファンだった、
三浦 洸一の「落ち葉しぐれ」が最も好きな歌、

先月、竹友某氏のお宅へ伺った際、
氏のパソコンに森昌子の歌が多数収録されているのを知った、
問うと、彼もまた彼女のファンらしかった、
彼は既に奥さんを亡くし独り住まいである、
部屋にお嬢さんと子供の写真があった、宮参りの際に撮ったものだろう、
「この写真の子も、もう大きくなってこんな感じじゃないのだが、新しい写真を持ってこないのだ…」とか言うていた、
ペットボトルの茶を買い溜めてあるらしかった、2本取り出してきて
「こんなのしか無いが…」
ペットボトルの茶を飲みながら尺八吹いて遊んだが、自由気ままもここまでくると、ある種の悟りに近いのかも、氏とは近々四国遍路へ出掛けることになっとる、氏はわたしの先生格、
あぁ、四国遍路じゃなく、西国巡礼になるかもわからん、巡礼にもイロイロある、

昨日、手持ち尺八に合わせてカラオケ調整したド演歌曲は以下のもの、

「いい日旅立ち」…2尺1寸
「亜麻色の髪の乙女」…1尺8寸
「つぐない」…2尺1寸
「別れの予感」…2尺
「なみだ恋」…1尺8寸
「みだれ髪」…1尺7寸
「愛人」…1尺8寸
「恋歌綴り」…2尺

あぁ、わたしはテレサテンのファンでもある、
使用する尺八の長さを併記したが、小声で歌ってみて歌いやすいキーにしたのだ、

義兄が癌で入院中、手術成功だとか…

|

« ガス抜き程度 | トップページ | 社会還元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガス抜き程度 | トップページ | 社会還元 »