« 社会還元 | トップページ | 六なこと »

2011年7月10日 (日)

共感覚

ミュージックシーケンサーのことはご存知でしょうか???
簡単に言えば、パソコンに組み込まれたオルゴールです、

パソコン画面の五線譜に楽譜を書き込むと、そして,使用楽器を指定する
と、音(曲)が出てくる、自動演奏ですわ、
実に上手、名人級の腕前です、心がこもっているような演奏、

パソコン前で口ずさむ、と、たちまち楽譜に変換され、
…名人級の腕で演奏し始める式のソフトもあるようだな、

楽しいってことは、楽譜に書くと、どういう譜付になるのでしょうか、
かなしいってことは、どういう譜付になりますか
やさしいとは
勇ましいとは
故郷を想う気持ちとは…

もう数年もしたら、
詩をパソコンへ書き込むと、たちどころに、楽譜に変換され、
➝それなりの音楽になって聴こえてきたりするのじゃないか
小説をダウンロードすると、
➝オーケストラ演奏が始まったりとか…

赤色にはドレミハの、どの音が似合いなのでしょう、
黄色には…
青には…
あぁ、わが国古来のドレミハに、黄鐘(おうしき)というのがある、ドレミ式で言うと「ラ」の音に当たります、
そうだなぁ~、「ラ」の音には、黄色が似合うような気がする
ちなみに、わたしの尺八(1尺八寸菅)の「チ」がこの「ラ」の音に相当していて、ピッチ440ですわ、
(※わが国古来のドレミハ…壱越 断金 平 調 勝 絶 下無 双調 黄鐘 鸞鐘 盤渉 神仙 上無 壱越)

ドには黒、レのは青、ミには緑、ファは、ソは…、ラは黄色だよな、シは、ド(オウターブ高い)は黒より赤が似合いかな…
色と音との間には、人それぞれに“共感覚”があるようですよ、
「ド」には黒or赤を、「レ」には多くの人が黄色を想うそうだが、ホンマかいな??? 

わたし、尺八カラオケで遊んでいるわけですが、
実は、このデジタル作(ミュージックシーケンで創った演奏)のがだいぶありましてね、いわばロボット演奏ですよ、このロボット演奏のカラオケを相手にしているってこと、
考えると、むなしいことですわ、

感情も感覚も、愛も憎しみも、パソコン化されて…
マニュアルで操作される世の中だ

情報も、夢も、希望も…完全に管理された状態にナットって…

あぁ、“共感覚”でいうと、管総理の目玉にはナニ色を想いますか????
狂気の赤色が似合うように思えますが、諸兄らはどうでしょう???

|

« 社会還元 | トップページ | 六なこと »

コメント

私がお付き合いをしている筝曲の家元が、シーケンサーで作曲をしていますよ。
パソコンの画面をみて、音符の位置を操作して、スピーカーで演奏状態を確認して、プリンターで紙の楽譜にして
弟子たちに売っています。

河童爺は、その五線譜を渡されて、ロツレチ楽譜を書かされる訳ですが、もうそろそろ五線譜から自動的に
尺八譜に変換出来る様なソフトが出て来ないモンでしょうかねー?

そうなれば、河童爺はお払い箱になりますけど・・・・

投稿: 河童爺 | 2011年7月10日 (日) 09時41分

あります、あります、
アッと言う間に即座変換が可能です、
あっけないものですよ、
http://www-b.uec.tmu.ac.jp/shakuhachi/MuseScore_Shakuhachi/
です、

投稿: 隠居波平 | 2011年7月10日 (日) 10時44分

これ、見たことが有ります。

チラと見ただけで、ダウンロードして使ってみた訳では
有りませんが、五線譜にロツレチを書き足して居るだけで、尺八だけの縦書きのロツレチになる訳じゃ無さそうなので、導入しませんでした。

五線譜に、ロツレチを書きくわえるのは、このソフトの様に瞬時には出来ませんが、何時もやって居ることで、此処から尺八だけの縦譜に書き直したり、五線譜から直接縦譜に採譜したりしています。

ロツレチを、よこに並べてみるのは苦手です。

投稿: 河童爺 | 2011年7月10日 (日) 18時48分

やはりご存知でしたが、

縦書きのもありますよ、

尺八・篠笛楽譜ソフト Version 1.09

が、わたし、
無料ダウンロード主義ですから、最終までは試し得ていませんがね、


あぁ
今日たまたま「夏は来ぬ」をキー合わせして吹いたのですが、
「ハ」からスタートするのと、
「レ」からのと
「ロ」からのと、を用意したが、
実は、「ツ」からだったら、カラオケ原音にいちばん近かったように思えた、
自由自在に、即刻基音を交換でけるソフトも欲しいですわ、

で、「夏は来ぬ」ですけれど、
結局「レ」からのを使って、2尺管で、原音をセント20ダウンして合わせましたです、
 

投稿: 隠居波平 | 2011年7月10日 (日) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会還元 | トップページ | 六なこと »