« レベル5 | トップページ | バリバリバリバリ!!!! »

2011年7月23日 (土)

潮の初歩

記憶では数日前に“魚釣りと潮”についてアレコレ書いたような気がしている、
ナニをどう書いたのだったか、確かめてみようとするが、その記事が出てこない、
で、今一度、要点だけを書いてみる、

潮汐表の見方についての話をしたのだった、
干満のこと、
干潮のどん底、満潮のテッペン、ですが…
この時刻は、潮汐表で観ると、なんだか潮の動きが止まっている時のような気がする
が、しかし、たとえば明石海峡のど真ん中辺りでは、この“どん底・テッペン”の時間には、潮は結構勢いよく流れていて、干潮満潮の時間と潮の動きとは同じじゃないってことが実感できますわ、

また、潮汐グラフを見て、干満差があまりないと、潮の動きがあまり無いような気がするのですが、これがまた案外そうでもなく、シッカリ潮は動いていたりする、

魚釣りですが、
魚は潮が動いていないと釣れないです、
魚が良く釣れる時間帯のことを時合って言いますけれど、潮の動きと、この時合とは連動していて、海域毎に魚々毎に、これが微妙に違うのですわ、が、要するに潮の動きと連動していて、それは、潮の流れのことで、潮の流れの勢いと転流の際の魚魚の気分転換との関係ですわ、

コレ観てください、潮の動きの在り様が、転流時刻などが、勢いなどが、感覚的にわかるじゃないですか、この表と、自分の魚釣りのテリトリーと、経験とをつなぎますとね、
あるていど、釣果予測がでけるように思うのですわ、

と、こんなことを書いたのだった、

あぁ、タライのことも書いた、
昔はタライで行水したのだった、
最近、タライなんぞは見かけませんね、デッカイ洗面器と思ってください、
これに水を入れて左右に揺らしてみる、
と、水がガッポンガッポン動いて右縁からコボレ出そうになったり、それが左側になったりする、潮の干満の仕組みがコレですよね、
が、洗面器の真ん中あたりの水位はあまり変化しませんわ、が、実はこの真ん中あたりの水が一番激しく動いて、右側へ走ったり左側へ走ったりしとるのだ、
干満差の無い海域でも潮の流れは強い海域があるってことだよ、潮汐グラフがダラ~と平たいようでも結構潮が走っている海域がありますですわ、
コレが、上述のサイトの矢印で、おおよその判断が付くわけですわ、
わたしの、経験では、この表が結構よく当たっていましてね、オモロイのだ、

大漁だったときは、我が腕前のなすところ、
貧果、ボーズだったときは潮が悪かったから、
逃げた魚はデッカくて、その大きさに両手を広げる、
コレ、釣り師の心得なり、

|

« レベル5 | トップページ | バリバリバリバリ!!!! »

コメント

Goddess Wedding Dresses In Sugerland

投稿: Dark Blue Evening Tea Party Dress | 2012年3月18日 (日) 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レベル5 | トップページ | バリバリバリバリ!!!! »