« パソコン・デジタル時代 | トップページ | 豪勢な魚釣り »

2011年7月 1日 (金)

果てしなき戦い

いつの間にこんなになってしまったのだろう???
昨日の魚釣りで、ひょっとしたら疲れたのかも、あれくらいのことで疲れるはずはないのだが…
いつの間に、いつの間に、こんなに疲れるようになってしもうたのやろ???
いつの間に、って言ったって、もう歳だからしょうがないのかも…

昨日は午後8時前に休んだ、
で、今朝、起きたら午前6時だった、
朝ご飯を食べて
眠たくなって9時~10半まで寝なおした
お昼ご飯食べて、
またまた眠くなって、午後1時~同3時の間ぐっすり昼寝、
起きても未だ身体がかったるくてしょうがない、

起きている間は、収録してあるテレビドラマ観て、で、飽きて尺八を吹きます、

相変わらず尺八カラオケですが、曲を稽古するのじゃない、カラオケ音源のキー調整のやり変えです、
いつまでたってもこの調整が終わりません、

以前はセント10ほども狂っていても平気で吹いていた、
キーは合っていると思っていた、
が、
だんだん鋭敏になってきたみたいで、セント3~5も狂うと、もう気になって吹けなくなった、
ほぼ全曲のキーがなんとなく気に入らない、
キー調整しても、キー調整しても、これで合格ってことが無くなった、

なにせ手にしている楽器が、音律不調性の地無し尺八だ、
曲を吹いていても、曲中どこかで変な感じの音を出しているような気がする、
必ずこういう気持ちに落ち込む箇所が生じてしまう、
で、その箇所を中心にキー調整すると、
→コレがまた全体のキーを大きく狂わせることに繋がったりする、
わしゃもう気が狂いそう、

身体は真夏の魚釣りで疲れがとれん、
ドタマ(頭)は尺八カラオケ音源キーの再再再…調整で、パンク気味、

変な話ですが、
今日は少し寒いですか???

わたし、
腰の左右にホカホカ貼るカイロを2枚貼り付けて身体の冷えを防いでいます、
それでも防ぎきれなくて冬の防寒中着を着込んでいる、
ほいで、音が外へ出ないように部屋を閉め切って…、
ヤッパシ暑いのかな、ダラダラ冷や汗(?)流しながらキー調整に挑んでいる、

あぁ~、果てしなき戦い…

|

« パソコン・デジタル時代 | トップページ | 豪勢な魚釣り »

コメント

何だか「疲れの素」を送ってしまったようで、スミマセン。

河童爺が、出入りしている箏の家元は、まるで全身がチューナーの様な人でして、合奏練習中に、4~5セント違っても、「そりゃ違うぞっ!」って言う人です。

又、宮城の流れを組むS﨑T子先生は、事30面の音合わせを、最初に基準の音を聞いただけで、全部合せて廻ります。

そんな人達と合奏するのなら兎も角、我々と同じレベルの
尺八吹きと合わせる時や、お年寄りの歌の伴奏の時などは
セントの違いなんて、無視すりゃいいんですョ。

又。尺八独奏の場合は、セントなんて全く気にセント、
音と音との音程差とかバランスで吹けば良い筈です。

只、自分自身の音感が鋭い人は、自分の出す音がずれていたら気分が悪いのは事実ですネ。

合奏を楽しもうと言うのなら、クルーザーを叩き売ってでも、完全調律管を買うべきなのかも?

又、余計な「疲れの素」になったかなー?

投稿: 河童爺 | 2011年7月 2日 (土) 21時48分

いやぁ~お恥ずかしい

が、実は、この苦労、快楽を求めてのことでもありましてね、
わかっていただけると思いますが、
ピタッ!!!
と、合った際の気持ちの広がりは快楽そのものですわ、

で、で、ほんの少し欲が出る、
このピタッ!!からさらに1~2セント音源キーを挙げて吹いた方が気分が高揚する、
逆に、曲趣によっては音源キーの方を下げ気味に調整した方がオモロイこともある、

ピタッ!!の曲、上下に故意の差を設けた曲、

わたしの場合は、人前でボランするわけじゃないから、自分の気分本位でイジクリまくる、

変なことですね、ナニやってんだ!!!って感じかな

投稿: 隠居波平 | 2011年7月 3日 (日) 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコン・デジタル時代 | トップページ | 豪勢な魚釣り »