« アキどん、走りすぎだよ!!! | トップページ | ドキッ »

2011年7月 6日 (水)

無さすぎる

竹友・Uの指導力というか、統率力というかには並外れたものがあって…
彼が言うことに関しては、仲間らはダァ~レも反対しない、
いつの間にか彼の言うとおりに従ってしまう、
彼の勝手気ままが大手を振ってまかり通るが、周りに不満の声の出たことが無い、

四国遍路に出掛けようと言い出したのはUだった、
来月初旬、二泊三日の日程、総勢5名で出かけることになっとるが、従う四名はUの後ろにくっ付いて、Uの決めたコースをUに従って歩くまでのことである、
Uに、遍路計画の詳細をこまかく問いただす者はだぁれ~も居ない、

「お前なぁ~、車出せ、お前の車なら5人乗れる」
彼・Uから、わたし、そのように言い渡されている、
ヅヅイらの遍路だ、病持ちの者も居て、車利用の四国遍路、
わたしは遍路の間はもっぱらアッシー君になるのだろうと思う、

彼は時に横柄な言葉遣いをする、
が、ピタッと決まっていて、そのことで感情を損なう者の出たことが無い、
彼は、何でもかでも自分が中心であろうとはしない、なんでもかでも皆に相談を持ちかけるが、その時はすでに方向性は決まっていて、で、相談を受けた者はもっぱらその方向性を探し当てることに興味をもち、満足するような塩梅である、
で、で、彼の思惑が、いつのまにか周囲の仲間らの思惑になってくる、
これでは彼に向けた不満なんぞ生じる事などあり得ない、

彼は会長を名乗ったことは無い、
が、彼は名実ともに、会長であって、仲間らの集まりのオーナーは彼・Uである、
この事は、集う仲間らは全員承知のことだ、
彼が主催する集まりは、大小アチコチにあるが、上述のことは概ね
“神戸市邦楽倶楽部”を念頭において述べたもの、

“神戸市邦楽倶楽部”(神戸市及びこの周辺の尺八・箏の同好者らの集まり)
会員数47名、会友11名(神戸市内の主な箏・三弦社中)
毎年1回、大演奏会を開いている、今年は先々月第17回目をやった、
ってことは、会発足以来すでに17年ってこと、この定例演奏会のほかにアレコレ幅広い活動をしている、

参加者らの流派にはこだわらない、もちろん男女も年齢も関係なし、会長・副会長・書記・会計・監査・幹事の役割分担がある、書記2名の内の1名がUだ、
が、実は、Uこそがこの会のオーナーであって、Uを中心に活動する会になっとる、
ちなみに、わたし波平は、この会の中ではただ一人の明暗流、未だ会が発足して間もない頃、彼が勝手にわたしに会長名を背負わせたことがあったりした、わたし、「あぁ~ソォ~」て彼の言うままに従った、今の会長は、未だ現役世代の伸び盛りのオッサンが務めている、

被災地での暴言で辞任の復興担当大臣を想う、
周囲の信頼を失い、孤立し意固地になっとるあのヒトを想う、
一方で
巷(ちまた・まちなかの意)には、Uみたいなオッサンが居る、
Uがもし総理だったら、復興担当大臣だったなら…
もうとっくに震災の混乱から抜け出ている、と、思う、

Uは最近103歳の実父を見送った、
もうUの髪は真っ白になっとる、オモシロがってあごひげ(白)も伸びるにまかせている、
が、目玉はシッカリしている
菅の狂気の目、曇り目を想う…

政界には人材が無さすぎる


あぁ、今日葬儀のアキどんも、ある種のUのおっさんだった、
昨夜通夜に参列したがベッヒンの奥さんが泣いていた、
わたしも彼女のクシャクシャ泣き顔を観たら、たまらんようになって涙がわき出た、
エエお方を失った、56歳だった

|

« アキどん、走りすぎだよ!!! | トップページ | ドキッ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキどん、走りすぎだよ!!! | トップページ | ドキッ »