« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

話をふたつ

<ひとつ目の話>

あの橋下市長が、関電の株主総会で原発がらみの発言をし、素絹(そけん・しょうもない発言だと蹴っ飛ばされての意)にされて、で、
「…上の世代はもういい」
と、言うているげな
コレ、今朝の日経朝刊2面最下段の迫真と題するコラム欄からの抜粋である、

最近彼は「僕らの世代」って言葉をよく使うらしい、彼は昨日43歳になったようだ、


<ふたつ目の話>

海でのミニボート(ゴムボートなどの船外機付き超小型艇)での事故が増えているそうだ、
免許制度などの規制を緩めたら、たちまちこんなことに…との論調で記事は書かれている、
同上日経朝刊社会面、
ココに、今の日本社会の脆弱さを観る思いがした、

お上に頼り切る善良(?)な庶民たち、
お上のなさることにはナニ事でも畏れ入って従うのが当然です、
ゴムボートに乗ることについても、政府は、キチット見解を示し、
➝法的規制を設けるべきだ!!!……あぁ、冗談ですよ、


追記・

<みっつ目の話を追加します>

池田信夫氏がご自分のブログで、昨夜の官邸前での反原発デモを
➝“愚者の行進”と言い切っています、

彼・池田氏の発言は影響力がスゴイですからね、数十万人規模のデモに匹敵します、
昨夜のデモはこの池田氏のブログひとつにも負けていますです、


| | コメント (0)
|

“日除け屋根”

艇友アキどんが亡くなったのは、昨年の7月初旬だった……
「もうジタバタしてもあきまへん…」
と、さばさばしたいつもの顔がいまだに目に浮かぶ、
癌の転移が急だった

正確には7月の何日だったのだろう???
昨年7月のブログ記事を調べると、7月4日のことだった、

ついでに前後の打ち込み(ブログ)を読む、

すべて、日付は1年前になっとる、
そらそうだ、1年前のブログを読んでいるのだ、
日付と、アキどんがもう居ないこと以外、今となんら変わらない、

昨年の昨日(20110629)、艇に、“日除け屋根”を取り付けている、
脱着可能なように一昨年自分で制作したもので、昨年は2年目の取り付けであった、
今年は、コレは、未だに分解したままの状態で自宅物置のなかにある、

フッと、思う、
ひょっとしたら、尺八の音色だが、少しは変化しているかも…
ナニせ、毎日毎日飽きもせず四六時中吹いている、
奏法のことで、気になることが、工夫したいことが常にあって、
で、試し吹く、
デケタ!!!
と、思うことが時にあり、錯覚かもだが、これが今のわたしの楽しみである、

昨年のブログにも、アレコレ曲の音源アップがある、
聴き改めてみようか、今との違いに気付くかも…
いや止めておこう、過去は過去、今は今、

艇の、真夏・カンカン照り防御用“日除け屋根”、
この再々度の取り付け(組み立て)はできるだろうか???
メンドクサイのだよなぁ~、

| | コメント (4)
|

2012年6月29日 (金)

“夏の大三角”

今朝も早起きで今午前2時ですが、
そうだっ!!
今日は天気予報では夏のカンカン照りのはずだった!!!

って、メガネをかけて深夜の外へ出ましてね、
で、身体を真南へ向けて立ちます、
そしてアグッと上向きに顔を上げて➝天頂(真上)を観ます、

観えました!!!
“夏の大三角”です!!!

夜空のテッペンに輝く三つの星☆、
三つの☆が長△の形を作っていて、長△の先端位置に輝くのが七夕で有名な牽牛星☆です、長△の底辺のひとつに明るく輝いているのが織姫星☆だ、

この二つの星の間には天川があるのだが、わたしの目では観測でけん、
が、牽牛星☆と織姫星☆はシッカリ観えます、
二つとも1等星で他の星と比べたら断然明るいですからね、

わたしの家は兵庫県三木市の昔は丘陵地だった田舎の住宅街端っこです、夜空観測がかろうじて可能です、
明るい星だといっても、都会の夜空では見つけるのがシンドイかもネ…

牽牛星ですけれど、別名がアルタイルです、
「ワシ座」のα~(アルファ~)☆だ、ワシ座のなかで一番明るい☆ってこと、
調べますとね、太陽よりだいぶ大きな恒星だとありました、
織姫星ですが、「こと座」のα~☆です、別名ベガ、
ちなみに三角形のもうひとつの星はデネブという名で、「はくちょう座」のα星、
デネブは、牽牛星や織姫星に比べるとそれほどは明るくない、が、しっかり観えます、わたしの老人視力で観えるのだから、きっと普通の視力の人なら確実に観えると思う、

実は、来月の7月7日(土)に、某デイケア施設に“今虚無僧”するのですが、
“七夕祭り”のなかでの“今虚無僧”になるわけですわ、
で、このことがあって、牽牛・織姫の夜空を久しぶりに観上げたわけだよ、

星座観測は、かつて独りで愛艇「はまちどり」を駈って日本列島1周航海に出た際に、周航途上、星座観測が可能かと思い、事前にその用意をしたのでした、
星座表やらアレコレの観測用器具まで艇に積み込んでいました、

が、小型ボートでの単独周航だ、夜間は洋上じゃなく、どこかの港(漁港)へ入り艇を港内のどこかにくくりつけて休みます、
孤島のチッチャナ漁港でも、夜中の港内には強力な街燈設備があった、明るかった、
で、で、港内停泊の艇側からは夜空観測が不可能でした、

以下は余分の話ですが、
小型ボートはヨットに比して、外洋航行の危険度は限りなくヤバイのですわ、
特に夜間の外洋航行は危険です、
漁船の場合はなんぼ小さくても夜間航行可能ですが、実は、なんぼ小さな漁船だといっても、わたしの愛艇(プレジャーボート)に比すとだいぶ大きいし、構造上、漁船は夜間航行が可能な船型に造られています、

ヨットや、漁船は、船を波に向かってたてることが可能です、船首を波が来る方向へ常に向けて横転を防ぐことがデケル、そういう船体構造に造られています、真っ暗な夜の海でもそういう操船がデケル、が、小型プレジャーボートはこれがデケン、波が見えなければ、横波喰らって横転の危険がある、
進路保持性能が小型プレジャーボートは徹底的に欠けています、ひと波ごとに艇首が“アッチ向いてホイ” “コッチ向いてホイ”です、常に舵をまわしながら進路を保持するのです、
で、夜間の外洋航行は、小型ボートの場合はやめた方がええ、どんな小さな港でも、入り込んで停泊した方がええ、が、そこには照度の強い街燈が在ったってこと、

話を戻しましょう、星の話です、七夕祭りの話でした、
7月7日ってことですが、ホントは旧暦の7月7日ことですよ、それって今の新暦では調べると8月24日ですわ、いまは梅雨空じゃないですか、今朝は晴れていますけれど…
と、
旧暦の7日ってのは、15日がマンマル満月も十五夜お月さんですから、7日のお月さんは半分の半月ですわ、

以下、少し話がメンドクサクなりますが…
まんまるの十五夜お月さんは、
夕方6時頃に東地平線から昇って来て➝夜中空に浮かんでいて➝朝方6時頃西日地平線に沈みます、
で、旧暦7月7日の半月ですけれど、
真昼間の12時に東地平線から出てきて➝真夜中零時ころ西地平線に沈みます、
って、ことは、
七夕祭りの主役の牽牛・織姫のお星さまは、
お月様が西へ傾き西地平線に沈みかけた夜遅くから~明け方までの空に、コレでもかって感じで目立って空真上に輝くお星さまになっとるってこと、
だって、お月さんがデカイ顔で空にあったら、側のお星さまは見辛いじゃないですか、

今年のホントの七夕は8月24日です、この日が旧暦の7月7日にあたります、
が、老人ホームでの七夕祭りは来月の7月7日、
この日は旧暦では5月18日で満月の十五夜様から3日後のほとんどマンマルのお月様、下がほんの少し凹んだ下弦の月ですわ、

魚釣りも、“釣りキチ”レベルになりますとね、
潮読みに月齢がからんできて、四六時中お月さんのお顔の様子を窺っていますのでね、こんな話になるのです、
十五夜お月さんの日は大潮です、
七夕祭りの月例7日は小潮です、

あぁ、今日は月例9.5日、旧暦5月10日、長潮日です、
牽牛・織姫を観察したしたのは午前2時過ぎでした、
お月様はすでに西の地平線下に没し、空にはお星さましか居られなかった、
その夜空の天頂に三つ輝く星、それが牽牛・織姫・デネブの三つ星、
三つを結ぶと大きな三角形になる、コレを“夏の大三角”という、

| | コメント (0)
|

2012年6月28日 (木)

「あぁ~」とか「う~」

昨日のことでした、
「ツウィターやフェイスブックを、楽しんでいるのだけれど、 同じ人が、幾通も連続してあるいは四六時中発していて、場を占めてしまって、他の人のが読み辛いですよ」
と、ついつい、わたし、つぶやいたのでした、
Twitterの場にツウィートしたってことですよ、

と、
わたしの、パソコンTwitter画面上でのことですが、
このわたしの「…他の人のが読み辛いですよ」の、打ち込みが、
橋下市長の猛烈ツウィートの隙間に入り込んで、ポコッと画面中に現れ出た、

隠居のヒマヒマの間に、
幾人かのツウィートは可能な限り閲覧することにしていましてね、
で、橋下市長のツウィートも読んでいます、出来るだけってことですがね
でもなぁ~、よくもまぁ、これだけ猛烈に書き込めるのものだ、
ただただあきれ返ります、

彼に議論を吹っ掛けようなら、少なくとも、この猛烈Twitter記事を完読しておく必要があるだろうと思いますが、どうなのでしょう、
日中常にタブレット・パソを持ち回り、寸暇を裂いて閲覧し続けなければ彼・橋下氏の頭の回転に追いつけないですよ、
追いついて追い越して、そしてなお反論があれば議論を吹っ掛ける、と、こんなシンドイことはやめた方がエエ、
と、なると、
➝すべてが彼の思い通りの展開のなかへ片付けられることになる、

昔の政治家は、持って回した言動になかにコソッと真意を秘めた発言を紛れ込ませ、まわりをタブラカしたり、相手を錯覚のなか勝手に泳がせたりした、
これが政治的発言ってことで、大目にみられ、ことが済んでいた、
たとえば小沢元代表のように、

「あぁ~」とか「う~」とか、とか、を、言うている時間の方が、本題語る時間より長いのではないかい???

「あぁ~、う~~~、近い内にィ~、う~、結論ォ~ォ~、出さなければ、あァ~~、…と、思います」

もし、このあたりのことを橋下市長に言わせたら、たちまち高性能速射砲が火を噴いて、そこらじゅうに猛烈ツウィートだと思うよ、
きっと、並みの覚悟では読み切れないでしょうよ、

彼・小沢元代表ですが、パソコンは触れるのかな???
インターネット閲覧はデケルのかな???
ダメなのじゃないか、
小沢元代表を名乗るTwitterがぎょうさん居るらしいですね、
成りすましです、
本人は「あぁ~」とか「う~」だけじゃないのかな、

輿石氏はどうなのだろう???

今日は、ふたりで顔見合わせて、
「あぁ~」
「う~」
なのかい????

| | コメント (0)
|

2012年6月27日 (水)

講習会の予行演習

老人施設での“今虚無僧”ですが、たいがい午後2時~同3時の間です、
長くて3時半までかな、

午後2時の15分前には施設へ入ります、やはり準備がありますからね、
と、すでに、部屋内ではカラオケが鳴っている、老人らが歌っている、
職員さんが簡単な運動をリードしていたりもあるが、たいがいはカラオケが鳴っている、

カラオケの中を訪れて、カラオケを止めてもらって、
で、尺八吹いて、皆さんと歌って遊ぼうってのだから、それなりに大変なのですよ、

“尺八なんぞ要らんわい、カラオケで遊ぶ方がオモロイ”
と、思われたら、もう、お終いです、
無理やり吹いたりしたら、
「カラオケやっとるのや、ナニ考えとるのや、アッチへ行ってくれるか!!!」
って、言われますわ、

部屋へ入る際に、コソッと入ったらダメ、でったいダメ!!!
そんなことしたら、たちまち、ジロ!!!と、白い視線にさらされて、
で、間髪入れず、イケズ老人から声が掛かります、
「ナニしに来た!!」
「あんたダレヤ!!!」
と、もうこの時点でダメですわ、

老人らが数人居られたら、必ず、なかにイケズがおられます、
老人らは我慢がし辛くなっている、勘に触るとそのまま言葉になって出てしまう、
「ナニしに来た!!」
「あんたダレヤ!!!」
ですわ、

で、部屋に入る際は、出来るだけ大仰に、老人らに目立つように入ります、
声を出しつつ入ります、
「こんにちは、こんにちは、みなさんこんにちは、また来させてもらったよ、あるがとうね、ありがとう、ありがとう」
なんでもエエから、挨拶の声を出しながら部屋へ入ります、
大仰にお辞儀をします、大仰にです、目線が合ったお方には必ず会釈を返します、
パソコンや、プロジェクターの接続や、準備のアレコレは、周囲に話しかけながら行います、
デッタイに老人らに
「ナニしに来た!!」
「あんたダレヤ!!!」
を、言わさないこと、これが最も大切です、

最近では、老人らの方から気楽にわたしにアレコレ話しかけてくれるようになっとって、わたしだいぶ楽になった、が、負けていてはどうにもならん、しゃべくりに大変です、
シャベリながら準備し、尺八を取り出します、

開始の挨拶なんぞデンデンなしでいきなり本番です、
本番中もシャベっていましてね、わがやのかみさんが、もし、この場を観たらビックリしてひっくり返ると思いますよ、わたしは家ではほとんどナァ~ンもしゃべりません、かみさんだけがひとりでヤイノヤイノ言うている、わが家では、わたしが老人役でかみさんが尺八吹きの波平役だってことかな、

丁寧語はデンデン使っていません、友達同士のことばに徹しています、
が、老人らを持ち上げる言葉遣い、後輩の立場をわきまえた言葉遣い、このスタンスはゼッタイ厳守です、

このあたりのことも、“今虚無僧”講習会の課題にしたいと思っていましてね、
どのようにこれを伝えたものかと、今、思案中です、
目の前に、実際に、じんさんや、ばぁさんらが居ると、意外とシャベリが回るのですが、講習会の予行演習のつもりで、仏間に籠って独りでしゃべってみるのって意外と難しいや、ダメだコリャ!!!

| | コメント (0)
|

第一幕、おもしろかった

原発再稼働や消費税増税などで分かったことが、ひとつ、ふたつ、ある、

A) 電力不足が現に生じ得るのだなぁ~、ってこと
B) 贅沢な、甘え、甘え、の生活になっとったのだなぁ~、ってこと

わたしは終戦後の四六時中停電があった頃のことを覚えていますのでね、
なんとなく懐かしい気持ちがあります、
あの頃の石油ランプは未だに残してある、今でも使用可能だ、
コールマンランプも持っています、
コレは明るい、が、照明だけで煮炊きには使えない、

わたし医療費1割負担ですわ、コレが3割となら、生活はだいぶ様変わりする、
わたしのせいで(おおぎょうな!!)世間様に消費税増税のご迷惑をおかけする、
野田総理のせいじゃない!!わたしのせいだ!!!!

わたしは、見掛け上は健康です、
が、常に高額な薬の世話になっとる、
申し訳ないです、1割しか支払っていません、
全額となら、服薬する薬代は月に片手万円を超えるかもなのに…

ナニか世間様のお役にたてることはないか???
って、ことで、好きな魚釣り時間を割いて、“今虚無僧”へシフトしつつありますが、
思ったほど、来演依頼はありませんな、気持ちは空回り気味です、
売込みしても、即座に来演要請がいただけるとは限らない、
時に、うさん臭そうな目つきで応じられ、自己嫌悪に陥ったりすることがある、

入居に億円規模の巨費がかかる某有料老人ホームへ“今虚無僧”の売込み(?)を掛けましたが…、
どのような仕組みにナットるの? 
や、どういう方々が、こういう超高級施設で老後をどう過ごしておられるの??
など等も知りたくて…
で、“今虚無僧”の売込みをかけたのですが、
動機に、うさん臭さを感じとられたかな、来演要請がありません、
それとも、“今虚無僧”などと、マヤカシじみた標榜が嫌われたかな???
要するに、ココは、わたしら細々した年金生活者が住む世界とは次元違いの別世界ってことでしょうかねぇ~、

昨日の衆議院での採決の後、夕方のTVに映った野田総理ですが、
記者団を前にして「(造反者には)厳正に対応…云々」のコメントを発しておられたが、今にも目から涙がコボレ落ちそうな感じだったですねぇ~、

でも、彼は、間違いなく勝ったです、
凄いおっさんですなぁ~、ハトポッポや、アカンらとは、明らかに出来が違うおっさんだ、
土俵際で徳俵に足を埋め込んで踏ん張った、
いまどき、この頑張りがデケルおっさんが、他に居ますかね???

消費税は、程度のことはイロイロあるだろうが、いずれ必要程度は上げざるを得ないでしょうよ、だって、少子高齢化の社会ですからね、
この軸を自分の政権でとにもかくにも貫いた、あぁ、未だ参院があったか、で、貫こうとしている、と、コレは評価してよいように思うなぁ~、
ひょっとしたら、“国乱れて忠臣現る”かもよ、
ひょっとしたら、ひょっとしたら、政権は盤石基盤を得たかもよ、
次の総選挙では、デッタイ多数を占めるかも、
が、そうは問屋が卸さない、の、ですよね…

小沢どんも、ガンバッタですなぁ~、
もうこのあたりで、隠居したらどうじゃろか、と、思うがなぁ~、
彼・小沢氏こそが➝“国乱れて忠臣現る”その人だって言うお方もあるよね、
でも、もうノタウチまくっても、シンドイだけだと思うがなぁ~
彼は囲碁がお好きらしいじゃないですか、

| | コメント (0)
|

2012年6月26日 (火)

清い心で

今日は6月26日、
例の採決の日、
造反はどれくらいだろうか…

週間文春に掲載された小沢氏奥さんの手記があたえた影響は計り知れない、
が、その信ぴょう性がいまいちはっきりしない、
日本の報道機関はナニをしているのだろう、
ますます疑念は強まるばかりだ、
真実の追及を放棄し、メディアはナニを報じようとするのだろう、
何名造反かの憶測ばっかしじゃないか!!!

3日前の6月23日は、先の太平洋戦争の沖縄戦慰霊の日だった、
テレビでも大仰に式場の様子を報じていた、
野田総理も出席していた、
亡くなった犠牲者の名を刻んだ記念碑を撫ぜながら供養する年寄りの姿が映されていた、こういう報道は得意なのですよね、わが国のメディアは…

式場に多くの米国軍人の姿が映っていた、
神妙な顔で椅子に座っていた、
戦勝気分を味わっていたのだろうか、
まさかとは思うが…
が、遺族らの気持ちとは別のものであろうことは想像に難くない、
わたしは、少なくとも軍服での出席は許すべきではないと思う、

戦争だったのだ、
で、殺しあった、
相互に戦死者が出た、
が、実態は虐殺的な米軍の圧勝であった、

今もなお、世界各地で紛争がある、
多くの場で米軍が介入している、
が、紛争は、米軍介入にもかかわらず続く、
なぜか???
米軍に立ち向かい屈しない者らが居るからだ、
が、わが国では、
米軍にすっかり肝っ玉を抜かれてしまい、
無条件降伏し、
反抗する気力なんかすっかり無くなっている、

世界中を探しても、わが国ほど従順に飼いならされた国はない、
米軍は沖縄慰霊の日の式典に、大きな顔して駐留米軍高官が軍服姿で出席し、総理大臣らを睥睨する、

6月23日は、わたし「クニ林」という小規模デイケア施設へ出向き“今虚無僧”活動をしたのだった、
部屋へ入ると、あるジイチャンがシベリア抑留時代のことを大きな声で話していた、
16歳で陸軍に入り、シベリアに抑留された経験があるとのことだった、

ご自身は耳が超遠くほとんど聞こえない、
で、話す際は大きな、大きな声になる、
“今虚無僧”の際は、一番前にお座りになり、ほんの2㍍ほどの近さから尺八に耳を傾けられるお方である、
部屋は小部屋だ、で、スピーカーは不要なのだが、このお方が居られるので、いつもマイク・スピーカーの用意をする、

わたしは童謡唱歌の用意をしていた、そのつもりで吹く曲の心つもりをしていた、
が、場の雰囲気が許さなかった、
♪ここはお国の何百里 離れて遠き満州の…♪♪「戦友」
と、ついつい、この方向へ…
「異国の丘」「麦と兵隊」「暁に祈る」「愛国行進曲」…そして「歩兵の本領」…

老人らは、皆さん本気だった、みなさん声を出して歌っておられた、
わたし、なんだかとても懐かしい思いのなかに居た、

1時間半少し吹いた、吹くほどに尺八の音が冴えるのを覚えた、

戦争はしない方がエエ、これは充分判っている、
が、今もなお、国の為を信じて戦ってきた老人らが、まさにココに生きておられる、
この老人は、肝っ玉を抜かれているだろうか???
そうとは思えないのだよなぁ~、

国会の諸先生方には、肝っ玉据えた議論をし、方向を誤らないでほしいですなぁ~、
どちらに決まっても、わしゃ文句言わないからさぁ~、清い心で、本気で頑張ってくれさえしたらそれに従うからさぁ~、

| | コメント (0)
|

2012年6月25日 (月)

鹿の瀬のこと

“魚釣り”と“尺八吹き”で、日々を過ごす隠居波平、
6月もあと1週間を切ってしまった、で、来月は72歳のおじいちゃん、

上の二つの他に、もうひとつ遊びがあって、パソコンいじりです、
アチコチに思いつきを書き散らします、
書き散らすなかに、魚釣りの場所に絡むことが多い、
で、この際、それを図にして見ました、
もしよろしければご覧くださいませんか???

Img352
図は、神戸新聞社刊「明石さかなの海峡」12頁掲載図に、わたし・波平が少し書き加えたものです、距離表示もわたしの挿入だ、エエかげんな表示ですから念のため、

播磨灘は、瀬戸内海の東端に位置します、
この図の下側は四国です、淡路島と四国との境は鳴門海峡だ、
図の左がわ少し下に小豆島です、「はまちどり」繋留地から約26マイル、
あぁ、ホボ鳴門海峡までの距離と一緒です、

昨日のブログに書いたカンタマは、図の中央高蔵瀬の少し右上にありますよね、
“瀬”とは、海底が凸凹していて魚が寄り付き易い漁礁ってことです、
クサビに似た線で囲ったのが中央にドカッと在りますね、鹿の瀬です、
ほんとうの鹿の瀬は線囲いの中の左端っこです、が、線囲い全体の総称としてもその名が使われています、鹿の瀬という時には、この全体をさす意味で使われます、

鹿の瀬は、広大は天然漁礁でしてね、世界的にもこれに比する漁礁は無いって聞いたことがあります、
点線は、同じ水深線を示しています、
セメント瀬の下に148と在りますね、水深148メートルです、局所的には更にドン深な所がありますよ、
今瀬の肩あたりに4.4とありますね、水深4㍍40㌢です、水深は最も潮が引いた干潮時の水深です、ここを大型船が航行するとヤバいです、

狭義の鹿の瀬(線描き区画の左端)あたりは、本州(明石側)からも、淡路島側からも約10キロ以上沖になっていて、イザの時危険かもってことで、小型ボートには航行上一定の規制が掛かっています、ちなみに、わたしの艇「はまちどり」は航行可能な位置づけです、

艇の繋留地は、ちいさな漁港内に造られたマリーナです、快適な環境なのですが、繋留費用が半端じゃない、生活費を切り詰めてなんとかココヘ中古24Ft船外機艇を維持しとるってことです、


| | コメント (0)
|

平成の“天一坊”

今朝の日経朝刊に
➝“小沢系造反の動き 「理解できず」53%”とある、

「理解できず」じゃなく、
➝“間違いだ”って、“理解”している者が53%、ってことじゃないのか

小沢系チルドレンの尻尾振りが嫌われていて、
小沢系以外の者の民主執行部への造反、コレは別ですわ、

さらには、
造反の“動き”そのものが嫌われていて、
造反してしまったのは、これは潔よろしいって感じかな、

が、更に、更に…
週刊文春に載った、彼の奥さんの手記ですよ、
彼に叩きつけた三行半(みくだりはん・離縁状)だよ、

手記に書かれた内容が半端じゃない、
これ読んだら、もうこのオッサンについて行くものナンゾ居なくなる…
と、思うのに、未だについて行こうって議員らが居るらしい、
コレがわからん➝さっぱり理解デケン

“小沢系造反の動き 「理解できず」53%”
は、➝➝なんで、こんなオッサンに…ですよネ、

マニフェスト違反は、国民への約束違反、
それはそうだ、約束違反だ、
が、正しくは、
あのマニフェストを掲げた、志向した政党を選んだのであって、
マニフェストそのものが、デンブそのまま実行デケルなんて思って投票した人なんぞ皆無だと思いますよ、
が、彼は、約束違反を言いたてて、政権を揺さぶっている、

“我こそは、民主党の本流だ”
“我こそは、党首・そして総理、われこそは世継ぎであるぞ!!!”

8代将軍吉宗に隠し子があって、“天一坊”
似ている
彼、小沢一郎氏は、平成の“天一坊”だよ、
“天一坊”を、ニセモノと見破ったのは、あの名奉行、大岡越前守忠相、
大岡様の役は、ダレがやることになるの???

ハトポッポ氏が、法案反対側へ転じたようだ、
未だにポッポ・ポッポの出番があるなんて許せんなぁ~、
あのアカン氏が、小沢の呪縛から脱するべきだ、って、遠吠え、
ジャカマシイ!!!

大岡さまぁ~、出番ですよォ~~、
未だ、役者が、出そろはない、

説得合戦
説得???
ナンボ???
なんのこっちゃ?????
要するにゼニっこの話ですよね、
だって消費税でしょう、で、ナンボの説得話になっとるの???
冗談ですよ!!!
アメとムチ、ムチの話はあれこれしているようだ、が、アメの話は内緒かい???
冗談、冗談!!!

ドジョウ氏が、もう煮詰まった状況だって言うているそうな、
ドジョウ汁も煮詰まったか、
あぁ、昨日ですが、仕掛けたカニ籠に大きなアナゴが4つも入っとったよ、
うれしかったなぁ~、

| | コメント (2)
|

2012年6月23日 (土)

たぶん、また、ボーズかも

一昨日は夏至だった、
今日は沖縄戦鎮魂の日、
梅雨の気配がそろそろ真夏気分へ場を開け渡しそうな感じ、
夏が来た!!
夏が来た!!!

明日は、沖へ出てみようかと思う、

このところ爆釣のつもりがボーズ・ボーズでなさけなくてしょうがない、
明日は徹底的に海に喰らいついてやろうと思う、ワイルドなフィッシングをしてやろうと思う、独りで試釣がてらのワイルド・ブッチギリ釣りを決行のつもり、

早朝出港➝カンタマを目指す、

(ワンステージ)
浅場にチエーンアンカー入れて五目釣りしながら、高倉・横瀬・マツオを遠望し、他艇が青物釣りの動きを見せていたら、仲間らの無線を傍受し、そちらへ駆けつけようと思う、その動きがなかったら、そのまま五目釣りを続ける、

(ツーステージ)
夜が明けきり、午前7過ぎになると潮はゆるみ、8時には止まる、10時までは潮はほとんど動かない、が、次第に西へ動きだす、で、7時過ぎからはチエーンアンカーを揚げて、艇を流しながらタコを狙う、艇のだらだら流しを繰り返しながら午後2時までジット我慢で次の潮を待つ、
実に7時間のジット我慢だぜ、ワイルドだろう!!!
はぁ~我慢にも限度がある
釣れない時間帯は尺八持参で艇で吹いて稽古しようか…、
が、これがなかなかその気にならんのだよなぁ~、
ナァ~ンも釣れないのに、躍起になって、竿を上げたり下ろしたりするだけだよ、
これだけで時間はすぐに経ってしまう、

(スリーステージ)
午後2時過ぎになると潮は東へ動きはじめる、
午後4時頃が時合になる、午後5時チョイまで魚魚らと向き合うつもり、

(納竿)
午後6時、ヘトヘトになって帰港、

なんぞ、釣れているだろうか????
その自信は???
そんなもん、デェ~ンデンござらん!!!
たぶん、また、ボーズかも、
播磨の魚魚は、波平ヅヅイよりだいぶ賢い!!!!

| | コメント (1)
|

蛍(ほたる)

こんなサイトを見つけた

小沢一郎氏は賛同者らに離党届の提出を迫っているらしいが、幾人分集まりましたかねぇ~、
54人は集めたい、が、未だ赤穂浪士の四十七には及ばないのじゃないか、

が、が、既に、70人は堅いと観るお方もあるらしい、

かみさんに臆病者呼ばわりされ、天下に離縁状(週刊文春)をさらした男にしては、よくやるよなぁ~
こんなオッサンに心髄し、離党届を託す議員らが結構あるってこと、コレがまた不思議でかなわん、

彼のホントの姿を知らないから、こんな気持ちになるのかなぁ~、
ストップ・ストップの気分というか、印象というか…ふん切りわるいモヤモヤがあるよ、ダレかこの辺りのこと教えておくれよ、

オームの先日捕まった高○容疑者は、未だに教祖・麻原に心髄しとるらしいとか、
未だに(失礼)小沢に心髄しとる先生方らも、オームの比じゃなく…
この二つは似ているように思うなぁ~、
離党連判状で、新党で討ち入って、で、で、切腹(落選)???

赤穂浪士の討ち入り事件は、赤穂の殿様の松の廊下の刃傷沙汰が発端だった、
殿様はすぐに切腹させられた、
小沢氏は政治資金が云々で切腹並みの仕打ちをされた、
なんとなく似ている、
が、
切腹しないで未だ生きている分、話しがこじれ、彼は大石内蔵助になった、
ひとり、二役だ、
で、今、連判状を集約し、これから、討ち入る構え、
ヤッパ似ている、まるでそっくりだ、

後世の歴史が、彼の価値を決めるのでしょうね、
赤穂浪士の事件は、忠臣蔵になった、正式名は「假名手本忠臣藏」
小沢氏の頑張りは、後世、どんな芝居になるのだろう、

要するに
勝てば官軍、負ければ賊、
日本人の判官びいき、
火事と喧嘩は永田町の花(江戸の花)

♪♪
ほう ほう 蛍(ほたる) こい
あっちのみずは にがいぞ
こっちのみずは あまいぞ
ほう ほう 蛍(ほたる) こい ♪♪

こんな気楽なこと言うっとってエエのかな???

| | コメント (1)
|

2012年6月22日 (金)

ワイルドだろう!!!

ドシャドシャ降っていた雨がフト降り止んだような気がして、気象庁の雨雲動画サイト※を開き観たら、わが家上空からは雨雲が去っていた、
(※レーダー・ナウキャスト・レーダー観測による雨雲の存在状況を刻々と動画アップ)
気象庁のこの動画サイトは、上述雨雲実測画面の他に、天気図変化も動画に仕立てられていて、等高線がウネリ、梅雨前線のノタウツ様が観れておもしろい、
が、
停滞前線は未だ近くに居座ったままだ、依然として梅雨の真っただ中ってことか、

昨日は、“今虚無僧”を終えた後、マリーナへ出掛けた、
あぁ、“今虚無僧”ですが、追っかけバァチャンもお越しにナットられたですよ、

艇繋留脇に仕掛けたカニ籠にアナゴがひとつ入っていた、
夕飯のご馳走・天ぷらになった、
非常に、とろけるように、極めて、極めて、うまかった!!!

マリーナまでは片道20キロ、往復で40キロ、
燃費の悪い中古軽四だ、約4㍑ー弱の距離、4×140円=560円
560円で、アナゴの天ぷらご馳走、
最高の贅沢、

“今虚無僧”では約1時間半吹いた、が、施設からはお茶いっぱいの提供もなかった、
喉が渇き、自宅戻って、水道水をガブ飲みした後に、マリーナへ走った、

でも、昨日などは、むしろ気を使ってくれた方だよ、
わたしからお願いしなくても、“今虚無僧”本番直前に館内BGMを落してくれた、いつもなら、わたしから申し出なければ落としていただけないのに…
この申し出って、意外とわたしのストレスにナットるのだぜ、
アレッ!! 杉ちゃん???

歌詞投影スクリーン真上の明かり…ですが、
これは、いつものように、わたしから事務所へ申し出て落としてもらった、
「スクリーの歌詞が読み難いからスクリーン真上の明かりを落してくださいませんか」と、毎回毎回丁寧に事務所へ申し出て落していただく、コレいつものことだ…、
大仰で恐縮だが、コレって、やはり本番前のストレスだゼ!!! ワイルドだろう!!!

終演後の、お茶のサービスですが、
実は、事前に、わたしの方からご遠慮申し上げているのですわ、
介護職員さんらの行動をみていると、ボランティアへのお茶の提供などは、明らかに余分の仕事になっているように思われるのですよね、で、茶菓サービスを受けるのが心苦しいのです、
で、で、わたしはどの施設へ伺っても茶菓の提供などはご遠慮申し上げています、
自宅から空ペットボトルに水道水を入れて持参するのだが、昨日はその持参を忘れた…、

<以下、話は変わります>
「みき音頭」の楽譜が手に入りました、
既に正規の音源や楽譜は無くなっているようでしてね、
が、三木市の教育委員会が、それらしき音源(わたしは未確認)と、その音源を好事家が採譜したという手書き楽譜を持っているとのことで、お願いしてその手書き譜を見せてもらったです、
ト長調の曲でした、

これから、この五線譜を➝尺八譜に移し替えて、吹いてみようかと思っています、
どんな曲が飛び出すか楽しみだ、

で、歌詞の方なのですが、
例の年金基金が造った大規模年金保養基地・“グリンピア三木”が市内丘陵地にあるのだが、それが歌のなかに読み込まれていました、

♪♪…すすむじだいのふれあいづくり こころいきいきグリンピア みきはふるさとトンテンカン あいのつちおとヨイショむねがなる…♪♪

それほど昔に造った歌じゃないですよね、民謡じゃなく、町興しの、ヤラセ歌の類ですわ、
作ったが評価されなかったのかも…
それほど昔の曲でもないのに、正規の音源も楽譜も既に無くなっているなんて、どういうコッチャ???

あぁ、余談ですが、
歌詞中に“ふれあいづくり”って言葉がありますね、
わたし、この言葉(ふれあいづくり)は嫌いです、
苦しいことは自分だけで苦しまないで、悩まないで、皆で助け合いましょう、
とか、
ふれあいましょう
とか、とか、とか…
綺麗な言葉ではあるけれど、わしゃ、逃げの、逃げの、生ぬるい姿勢に思えてならん、
わしゃ、いまいち「みき音頭」への興味が薄らいでしもうた、
一応は、尺八譜に移し替えてはみますがね…

皆で、皆で…
♪♪みんなで渡ればァ~怖くわァ~ないのだァ~~♪♪
みなで離党するなら…って、様子見の議員さんたち、
 あわてる乞食は貰いが少ない
 調子にのって、ハシゴ外されたらどないしょ
 だれもエエからふれあってくださいな…
わしゃ、こんなのは好かん!!!
「みき音頭」かぁ~
なんだか気がアッチ向いてしもうたゼ!!!

| | コメント (0)
|

2012年6月21日 (木)

追っかけ

“天網恢恢、疎ニシテ漏ラサズ(てんもうかいかい、そにしてもらざず)”
という、
天が張りめぐらせた網の目は粗いが、悪人は決して捕り逃さない、の、意だ、

昨日未明、大飯原発でトラブルが生じた、
第1報発表が、何時間も遅れた、陳謝・陳謝
内部で、公表を義務付けた法令上の異常事象がどうかの検討会をやっとったらしい、

昨日、原子力規制委員会設置法が可決成立、
天の網の修復だ、
が、実態は、
トラブルは絶え間なく発生し➝隠しに必死になり➝隠せなくなり➝、陳謝・陳謝

もうすっかり慣れてしまって、どうしようもなくなった印象があるよなぁ~、

“社会保障と税の1体改革”の掛け声が、むなしく聴こえる、
そらそうだろう、老人が多すぎるのだ、
人口構造が逆転しているかぎり、抜本的解決策なんてあり得ない、

昔、二十歳になったら徴兵検査を行い、名誉の戦死を与えたのだった、
この際、国は、安楽死法を作り、定年を迎えた老人を安楽死施設へ任意収容し、各人の意に沿った安楽死援助をおこなうことに、福祉の中心を置いたらどうか、

あくまで任意の、本人の意に沿ったことでなければならんが、けっこう希望者は多いような気がする、
本人の希望(安楽死)確認を巡っての議論が生じるかもだが、死者に口なしだ、その希望があったとデッチあげたって構わんじゃないか、

今日、わたし、“今虚無僧”の日ですわ、
上述のようなことを想いながら
“三木市市社協のデイケアサービス・センターひまわり”
へ尺八吹奏ボランティア(“今虚無僧”)に出掛けますがね、
間違っても、上述のようなことは言わないように気を付けねばなりませんね、

決まって、前列に座っているバァサンが居られましてね、他の施設でも度々出会うので
「どうなさったの???またお会いしましたね」と、問いました、
「尺八の日をおたずねし、この時間だけ施設へお願いし、来させてもらっています」
とのことだった、
なんと、わたしの尺八の追っかけバァサンだった!!!
嬉しいじゃないですか、わしゃ最近こんなに嬉しかったこと他にはないですよ!!!
今日も、あのバァサンは来ておられるかな????


| | コメント (2)
|

2012年6月20日 (水)

これは許したくない

大阪維新の会が、生活保護のことで現物支給を検討しているそうですね、
現物と交換できるクーポン券を発行するそうな、
考えたですなぁ~、

金銭ショップで、あつかい証券が増えるってことでしょうね、

あぁ、阪神淡路大震災の際は、わたし避難所数か所のお世話を担当させられていて、こき使われた経験があります、あのころは市の事務職員でしたのでね、
あの時は、食事はホカベンの現物支給だった、瞬間的にこの事を思い出した、

全国から支援物資がアレコレ送られてきて、現物支給でした、
悪徳業者が居て、被災者の顔して支援物資の集積場に車を乗り付け、盗み去る者らも居たですな、
このことも思い出した、思い出したくないが脳裏から離れない、

支援物資ですが、“古着”が多かったです、
被災直後はコレが大助かりでした、
が、すぐに、古着はもうたくさんだってことになった、
本気で支援してやろうの気持ちがあるなら、安物でエエから新品を贈ってあげて欲しかった、古着を着る被災者の気持ちは、どのようなものか考えて欲しかった、
安物でエエのです新品を送るべきです!!!

実は、阪神圏の某被災自治体の助役をなさっているお方と、わたし親交がありましてね、随分親しくお付き合いしていました、
が、この古着のことで、彼は平気で被災民に接していることに気付きましてね、わたし激怒して、彼を攻撃したのです、
「助役の重責にある者が、被災者らの心を知らぬにも程がある!!!」

彼は、わたしが、ナニを怒っているのがわからなかった、
わたし、「貴方とはもう絶交だ!!!」って宣言しました、
以来、交友は絶っています、

大阪維新の会が生活保護者に現物支給を検討しているそうな、
これって、ヤメテほしいです、
人間の尊厳に関することだ、
わたし許せないです、

追記
切羽詰まった気持ちのなかでの日々だった、過労でぶっ倒れ1週間戦線離脱した、持病(狭心症)の悪化と、突発性難聴を発症した為だった、業務中突然ナァ~ンも聴こえなくなり、困って受診したら絶対安静を命ぜられた、
上述の某氏は穏やかなお方だった、わたしの短気が災いした、恥ずかしいことだ、
が、が、再度同じような場に出合ったら、わたしはきっとまた激昂すると思う、

| | コメント (2)
|

“ピクッ” ヤッ!! 

台風4号ですけれど、わが家も、アレコレ迎え撃つ用意をしたのですが、アッチの方へ逸れてしまって気が抜けました、
“なぁ~んだ、また、オオカミ少年だった!!”

逸れたアッチの方では、キット難儀なことだった思う、
実被害が出たかも…
が、コッチ側では、スカ喰らったような気分、

5号が来るらしいが、また、オオカミ少年でしょうか???
南シナ海からはるばるやってくる台風なんて超珍しい、そんなことってあったのかな???
新ルート開拓ってことか???
中国名も背負っていて「タリム」というらしい、
中国軍が攻めてきたような印象がありますなぁ~、

修正合意について前原誠司政調会長が「一任」を取り付けたと宣言し、議論を打ち切った、
とある、
怒号が飛び交ったとある、
怒号って、負け犬のナントカの類???
どうなることやらサッパリわからん、

が、しかし、
はやりのTVドラマですが、超優秀な刑事や検事や鑑識がいるのですよね、
どのような難事件でも1時間~1時間半で、犯人逮捕です、
このテンポに、進捗にわたし慣れているから、実政界の進行がまだるっこく感じられてメンドクサくてしょうがない、消費税を上げたいなら、サッサと上げればエエやないか、と、思ったりする、
と、このような世情のなかで、グダグタ・グダグダやって、で、嫌気を助長し、結果、
前原氏の、一任取り付け宣言となったってこと、
呼吸でしょうよ、
まさか、前原氏が、通り魔事件の犯人の言う常套句「カッとしてやった、よく覚えていない」の類で➝“一任取り付け”を宣言したわけじゃなかろう、怒号は反対者のガス抜きに放ったヤラセかも…
で、法案は通過します…

通過するのでしょうねぇ~、小沢氏のかみさんの爆弾告白もボデイブローで効いている違いないよ、もう、彼には影しか残っておらんよ、

変な話、5号が、「タリム」が、待ち遠しいですなぁ~、
国会採決のことも、原発稼働も、サッサとやればエエさ、どれもこれも待ち遠しい、
そのうちに超優秀な刑事か検事か鑑識が出張ってきて、一気に解決してくれるだろうから、
あぁ、
魚釣り趣味の者は、総じて短気者ってことになっとる、
イライラしながら竿先に漁信が出るのを待つのですわ、
瞬間、瞬間を、竿先のピクリ!!
を、待っている、
“ピクッ”としたら、
ヤッ!! てんで竿を煽ります、

| | コメント (0)
|

2012年6月19日 (火)

音楽資金規制法???

音楽家の佐久間正英さんの「音楽家が音楽を諦める時」「昨夜の投稿の追加文」が、話題にナットるようですね、

わたしは尺八を吹きますが、今ここでいう音楽家ってレベルじゃない、
ド素人の尺八趣味のへたくそヅヅイだよ、
で、生意気言うのは控えた方がエエ、
が、ひとこと本音を言うと…

わたし、タダで、アレコレの音楽をダウンロードしたい!!!
音源も、譜面も、歌詞も、すべてをタダで録り込みたい、
が、著作権が云々で、ダウンロードがデケン、阻止されていて得ることがデケン、

わたしが得たいと思うような音楽は、すでに、市中に出回った音楽であって、それってもう個人が著作権で換金する権利は消滅しとるのでは…と、思ったりする、

この思いは、明らかに、間違っているとは思うが、
ダウンロード拒否に出合う都度、釈然としない気持ちになる、
聴かせたくない、歌わせたくない、ってことなら、そんな音楽なんか作るな!!!
っと、すら思う、

作曲する際は、作曲許可料を当局へ納めて後の事にすべきかもって、眞反対のことを想ったりする、
“これから、この曲で世間様をお騒がせることになりますが、カクカクのお金を納めますので、どうか作曲・公演などのご許可をください”
が、ひょっとしたら、正しいのかも、

と、なると、ダァ~レも作曲したりする人は居なくなるだろう、
ホント、なくなりますかね???
なくならんと思いますよ、
金を払ってでも、作曲許可権(?)を得たい人は出ると思う、
金を払ってでも、CDやDVDを自己経費で制作し、市中への無料配布権を当局へ支払う者らは出ると思う、

これって、衆議院・参議院、その他の市長や知事や、諸々の政治家らの自己主張を市中に敷衍したい者らの生き方と同じじゃないかと思う、
政治家らは選挙資金を自分でどこからか都合してきて、選挙に臨み、当選し、自分の思い込みを実現させるべく政治活動するのですよね、

で、彼ら政治家は歳費を当局から得ている、
で、音楽家らも、当局から歳費を得るように仕組みが考えられないだろうかと、思う、
もちろん、支援者らから、政治資金モドキの音楽資金を得る仕組みがあってしかるべきだ、
もちろん、もちろん、音楽資金規制法も作って、毎年監査監査で締め付けることになる、何事も不正があってはならない、

そしたら、結果。エエ音楽がでける…だろうか???

以上、無茶苦茶を言いましたが、解読願えましたか???
解読し得たお方は、頭が狂っておられますですよ!!!


| | コメント (4)
|

動乱の様相

天下動乱の様相になってきましたね、

民主党は内部了承が得られない、自民党内にも不満が多い、虎視眈眈とトンビの油揚げを狙う者達、

現代版・関ヶ原戦合戦、

同じような内乱(?)は、わが国はいくつも経験していますよ、
 源平の合戦、
 楠正成が活躍した、南北朝のせめぎ合い、
 明治維新につながった、官軍vs賊軍、

こういう時は、ダレが、どちらへ組するか、敵味方の判別が難しいのだね、
小早川の寝返りが、関ヶ原の戦の勝敗を決めたのだった、

一昨日、わたし、奈良県「奈良万葉文化館」へ日本画・院展画家松村公嗣氏の個展・講演に行ってきた、かみさんのアッシー君で行ったのですがね、
館内展示に万葉時代のアレコレがあった、
壬申の乱(じんしんのらん)の展示説明もあった…わが国最古の大型内乱ですわ、
この前に、大化の改新、ってのもあった…暗殺ですよこれは…

おりしも台風4号がわが国を狙って北上中、不穏な雰囲気は増すばかり

壊れた福島の原発残骸は、ガレキは、そこらじゅうに撒き散らさることになる、
…のでは、と、思うが、
このアタリのこと、TVはナァ~ンも報じない、報じられているかもだが、わたしは未だ観ていない、大津波のガレキも心配だ、が、どうなっとるのだろう、
まさかブルーシートで覆っていたり…

で、大きな被害が出たら、
国が、対策を取らなかっただってワイワイ云うて、
で、で、事前にこの被害が予想できたのに、そのことをダレソレは専門家らからの情報も得ていたのに、握りつぶしていたとかとかになって、やがてはウニャムニャだよ、

“大飯原発からの被害情報はありません”
は、わざとらしく、たびたびあるような気がする、

| | コメント (0)
|

10年遅すぎたかも

昨日の魚釣りでは、ちいさなガシラを同行のD氏と二人で5尾釣ったです、

早朝4時半から沖へ出て、明石海峡周辺を走り回り、かなう限りの釣技を屈指し、魚たちと向き合ったが、ちいさなガシラがたったの5尾、

疲れました、
以前とは一味違う、嫌な疲れです、
もうナニをするのもめんどくさい、

今日19日は、民謡教室の先生と、“尺八伴奏か可能かどうかの、すり合わせ”をしてみるつもりの日なのですが…
こう、気力が萎えてしまってはどうしようもないなぁ~、

伴奏ですが、伴奏ってことは
➝歌い手さんが中心ですよね、

好き勝手に尺八だけ吹いていたらエエってことじゃない、
他の楽器、たとえば箏・三弦との合奏ともまた別だ、
あくまで民謡の歌い手さんが中心、

これって、気力がこんなに萎えてしまっては、ダメだと思う、
だって、自分のことすらめんどくさいのだ、
民謡合奏の分野に挑戦のこと、10年遅すぎたかも、
撤退した方がよさそう、

| | コメント (5)
|

2012年6月18日 (月)

完敗

仲間らの艇も超貧果だったようだ、
ただ、めずらしく大きなイサギを釣った艇があった、
アジもデンデン居ないわけじゃなく極少数だが釣った人がいた、

タコでもと思ったが、これもダメ、

ホボ1㍍ほどの大きなサワラ(シッカリ見えました)が水面に跳ねるのを見て、管(クダ)針仕掛け(曳き釣り)を出したがこれもダメ、

艇の繋留場所から、カニ籠を垂らし込んていたのだが、ナァ~ンも入っていなかった、

走り周って、ガソリン約40リットルチョイの浪費、

釣するは財を費やすのことなり!!!  幸田露伴

貧果だと、ガクッdownと疲れる、

| | コメント (2)
|

敗戦、完敗、
ガシラが五つ、小さい、

| | コメント (0)
|

ポイントに入ると漁師が追い立てられる、
なぁんも釣れません、

| | コメント (0)
|

a明石海峡

午前3時10分、
これからマリーナへ向かいます、
明石海峡で真鯛を釣るつもり、
潮の変化にしたがって、釣り場を選び、アジ・サバ・サワラにも挑戦のつもり
同行者は、尺八の友人・大厳どん、

海上から、携帯電話を介し、様子をブログアップして遊ぼうと思う、

では、また、後刻、

| | コメント (0)
|

2012年6月17日 (日)

「北国の春」

なかなか満足でける録音がデケン、
ヘタクソ、これが最大の原因なのは言うまでもないことだ、
が、録音技術、これも、とんでもなくエエかげんなのだ、
カスレ音が気になる、

地無し延べ竹である、お許しいただければありがたい、


「北国の春」

| | コメント (0)
|

決断

原発再稼働となった、総理の決断だという、
消費税増税が事実上決まった、総理の政治生命かけた決断だという、

決断???
決断じゃないだろう!!!

<原発再稼働>

また、原発事故は生じるかもしれない、が、ほぼデッタイ大丈夫、
これって、安全神話って言うのでしたね、

A) 「国民生活を護る上では、電力はデッタイ必要」
B) エネルギー源を持たぬわが国は、原発電力に頼るしかない…

Aは、正しいとされている、まずこれに疑問を言う者は居ない、
が、ここにこそ、疑問を持つべきだ、

Bは、ひょっとしたら必ずしもそうとは言えないかも、と、多くの人が思っている、
が、産業界の要望、地元自治体の物欲しさ(失礼)、が、再稼働に押し切った、
なし崩しのナダレが起きつつある、
堰が切れ、大津波が襲い来つつあるが、ダレモ気付かない、


<消費税増税>

国家は、
民から財を強奪し、国民を拉致し酷使し、戦場へかりだす、ヤクザの親玉であるようだ、

国家は、
民が疲弊し、餓死し、他国へ拉致され、奴隷にされても、国土が他国に侵され他国民らの浸蝕のままにされても…なお存在し続けるものであるようだ、


| | コメント (1)
|

2012年6月16日 (土)

聖なる国々

シリア情勢の混乱と比べると、今の日本国の混乱は、平穏そのものですよね、

シリアの混乱は、 “アサド大統領 VS 野党”でしょう、
鉄砲や、爆弾や、毒ガス兵器…
殺しあっている、
なんかオモシロソウ…冗談ですよ!!!

あぁ、シリアにも発電所があるらしいが、火力発電所だよね、原発はござらん、
あれば再稼働騒ぎが起きるからヤバイ、

今の日本はどうですか???
原発がある、再稼働させる、ヤバくはない、デッタイ安全です!!!
日本国民らは皆金持ちだ、消費税増税でも平気です、
消費税率100%でも大丈夫、
10%なんて屁でもないよ、
なぁ~野党ドン、そうだよなぁ~
与党は野党にすり寄った、与党=野党、近々野党の誰かが総理大臣になります、
大連立!!!
それって都知事の息子カナ???
で、親父は尖閣諸島に別荘を建てる、この島に新型輸送機「オスプレイ」を配備させる

与党・野党は話し合った、理解しあった、なれ合った、
➝たがいにもうしばらくは国会議員であり続けたい、と、話し合った、
了解、了解、合意、合意!!!!!

アホラシ、なんじゃソレ!!!
馬鹿馬鹿しくて見ておれん!!!!

で、で、野田総理は得意顔で外国へご出張、
ご馳走食べたりして余暇を楽しむつもり、
メキシコのロスガボスってところは、高級リゾート地、ご馳走がいっぱいあるらしい、

最近の世情は無茶苦茶だから、コレくらい書き散らしたって、どうってことないのだ、

| | コメント (1)
|

“今虚無僧”の、在宅老人版

民謡伴奏で尺八吹いた経験は今までデンデン無いのです、
知識もほとんど皆無に近い状態です、

手元にある尺八だけで大丈夫かどうか、まず、これが問題、
1尺6寸~2尺1寸までの6本しかないのです、

キー(本数➝歌い手の声の高さ・民謡世界の専門用語)が3本~8本の歌い手には対応デケルかも、
で、10本・11本の歌い手には、譜を7律上げに改ざんし、本来本数の尺八より5寸長い尺八で裏吹きする、
が、9本の歌い手には、対応し得る尺八がわたしの手元には無い、

民謡ってのは、どうして、あのように無茶苦茶な拍子で歌いますかね、
延ばしたり、縮めたり、個人個人の好き勝手で歌っとるように聴こえる、
ゴメンナサイね、今のわたしには、このように聴こえるのですわ、

今、手渡されたテープを聴いていますがね
…難儀だなぁ~って思いながら

あぁ~、ニワトリの首を〆たような声…のように聴こえたりする、

テープは民謡の先生から手渡されたのですが、
先生は、まったくのアナログさんみたいだ、
わたし、テープ式の古い録音機を押入れ探してやっと見つけ出した、
で、電池を入れ直して聴いていますがね、
既に幾度も幾度も使われたテープらしくて、雑音が、それも引っか掛かったような感じで随所にある再生音ですわ、

民謡は、調べると、歌詞部分ですが、やたらイロイロ替歌があるようですね、
伴奏の依頼を受けたのですが、そのお方は、どの歌詞を歌うおつもりなかさっぱりわからん、

実は、わが家から直線距離では5百㍍ほどの位置に、民謡教室の先生がお住まいだったのがわかったのです、
その先生から、この“8月のゆかた会”での尺八伴奏を依頼されました、
今までの伴奏尺八のお方が体調を崩されて吹けなくなったらしい
で、代役というか、できたら、今後ご一緒にどうでしょうってことですわ、

「淡海節(馬子唄入)」「秋田船方節」など等です、全部で29曲もある、
トテモじゃないが無理です、
ナニセ、今、即応デケルのは1曲もない!!!

歌い手さんの本数(声のキー)がさっぱりわからん、歌い癖があるに違いないが、さっぱりわからん、
もし、歌い手さんが、けったいな、音痴モドキのお方だったら、わしゃ降参したいですわ、

民謡尺八の勉強はしたいのです、
が、この社中さんと、お付き合いして大丈夫かどうか????
どうせ、社中の皆さん方は、ジイチャン・バァチャン、ばっかしだろうと思う、
老人(福祉)施設での“今虚無僧”の、在宅老人版ってことかな、

| | コメント (2)
|

2012年6月15日 (金)

小沢氏、週刊文春

小沢氏が三行半された、の、今話題の週刊文春報道ですが、
奇々怪々ですね、

大手メディアは完全黙殺しているようだ、
政治家でコレに触れる発言する者もほぼ皆無の状態、
ただネットで、コソコソ流布、

日本の報道の暗部ですねぇ~、
真実をどう隠そうか…と、
どう脚色し、どう報じたらエエか、
対応を現在模索中、周辺キョロキョロで様子見中…

芸能スクープ、暴露記事の類、…だとして捨て置きましょうか

それにしても、
あの大震災・原発ダウン時の、小沢氏の行動は不可解でした、
ナニしていたのか、何処にいたのか、未だにさっぱりわからない、

こんな闇を背負ったオッサンに、日本の政治を云々されたくないなぁ~、

ひつこくマニフェストの約束にこだわる姿には、ある種骨太な政治家かもの印象がある、
米国追従一辺倒からの脱出を、この男に託してみたいの気持ちはある、
が、彼は、ナニかとんでもない闇を背負っている、
この印象が、検察審査会の控訴控訴につながっている
週刊文春の報道によれば、奥さんの手記によれば、彼は逃げ出したのだ、岩手を捨てて、国民を捨てて、
これがホントかもと思う、
ホントだとは、ワシャ思いたくないのだが…

あの座礁事故で逃げ出した大型客船の船長よりヒドイよなぁ~、

文藝春秋さんよォ~、文集扱いじゃなく、本誌・文藝春秋で特集記事組んでくださいな!!!

| | コメント (1)
|

2012年6月14日 (木)

尺八デジタル

60歳以上の人でフエイスブックしている人は、ごく少数で珍しいそうですね、
わたし、来月72歳になりますが、
フエイスブックも、ツウィッターも、ミクシイも、毎日楽しんでいますよ、
ブログ書きも毎日だし…
もちろん、メールも携帯電話も…

残念だけれど、スマートフォンはやっとりません、
携帯電話が故障で壊れ、で、その時、スマートしようかと思ったですが、月々の通信費が高いようなので手が出なかった、手を引っ込めた、

尺八吹く際も、パソコン画面に映出の尺八譜見て吹くのだよ、
尺八譜は縦書きになっとって、で、縦長デスプレイが欲しいのです…
と、タブレットってのが出てきた、ソレ・ソレ、ソレが欲しい、
B5版縦型のが欲しい、が、これも“年金ヅヅイ”には高価すぎる、手が出ません、

以前、政府が給付金を配ってくれたことがあった、
あの時、給付金でソニーのICレコーダを買いましてね、コレは重宝しています、

このブログで何度も紹介したことですが、
尺八吹奏ボランテァをしていて、“今虚無僧”を標榜していますが
で、実際の態様ですが…
パソコンにプロジェクターをつなぎ、歌詞をスクリーンに投影し、パソコン画面の尺八譜見て吹奏します、
パソコンには、童謡唱歌や演歌のカラオケ音源を、尺八のキーに、老人らが歌えるテンポに、パソコン処理し、収納してあって、ソレを外付けスピーカで出して合奏もデケル、

で、この手法を、尺八仲間へも普及させようと計画中でしてね、
が、わたしの尺八仲間らは、難儀なことに、みなさん高齢者ですわ、
フエイスブック???
なんじゃソレ???
の、ヅヅイらばっかしだヨ!!!
目はしょぼしょぼ、耳は遠い、物忘れ、物忘れ、立ったり座ったりの都度都度にドッコイショ、の、…パソコン画面見たら気分が悪くなる方々バッカシですわ、
でも、
そこをなんとかリードしたい、と、画策中で、
で、ジイチャンらの欲を煽り立てたいと思って、仲間のジイチャンらが歌いたい、吹きたい、と、思うだろう曲をアレコレ網羅し、DVDに仕込む用意を既に大半なし終えました、

「20120614.doc」をダウンロード
コレがそのDVDに即ダウンロード可能な今日現在・整理済曲の一覧表です、
各曲ごとに、歌詞・尺八譜・カラオケ音源、の、三つをセットにして、アイウエオ順に並べました、総計約5百曲です、

もちろんすべて、実際に吹き確かめてあります、
と、いうより、どれでも即座に吹奏可能なように、毎日、毎日、吹きまくっていましてね、
稽古、稽古の積み重ねの産物です、
生意気言いますが、稽古ってのは➝“我流からの脱出”これがホントの稽古だよ、
日々新たな稽古ってこと、頭のなかは、これらでイッパイだ、
で、で、実は未だにDVDへはダウンを控えている、だって、日々進化の途上にありますのでね、

もっと、もっと、他の曲も整備したいのですが、能力が足らなくて残念だよなぁ~、
つくづく若い頃の不勉強を悔やんでいます、音楽の基礎勉強がデケていない、

あぁ、DVDですが、欲しいってご注文があっても差し上げることはかないません、
応じ得ません、
わたしの勝手な注釈が付けてあるし、例の“著作権云々”のことがある、
基礎資料の多くは某竹友から得ていて、わたしの勝手な拡散使用が禁じられていることもある、
あくまで、コレは、老人(福祉)施設での“今虚無僧”用の基礎資料ってこと、
でも、ホンキで、“今虚無僧”活動に参加しようって覚悟のお方なら、差し上げたい、お使いいただきたい、と、思っとる、パソコン操作の手引きを添えて…

あぁ、わが家から歩いてすぐのところに、民謡教室の先生がお住まいにナットることがわかった、
先生から尺八伴奏を打診されました、
今までの尺八奏者が心臓病の悪化で吹けなくなられたとか…
民謡伴奏や、詩吟伴奏は、わたし未だ経験が無く、だいぶ勉強しなければ使いものにならんと思う、
初対面の際「淡海節」を少し合わせてみましたが、ダメだった、
まず、わたしが歌を聞き覚えることが必要みたい、
8月に民謡の大会があるそうだ、それに間に合うかどうか???
河童爺どん、またまた、貴兄から教わることが増えそうです!!!

| | コメント (1)
|

2012年6月13日 (水)

目玉

内田樹先生と、池田信夫氏が、ブログで真っ向から向き合いましたね、
お二人が向き合えば、こういうことになるだろうと思っていたが、まさにそうなった、

内田樹先生は、原発再稼働に疑問をお持ちだ、
池田信夫氏は、再稼働以外あり得ないだろうとの最先端論者、

わたし“今虚無僧”波平は、中途半端でしてね、
総論では内田樹先生、
各論では池田信夫氏、
と、アッチ向いたり、コッチ向いたり、

再稼働が危険だって認識からは、
再稼働を最も嫌がってしかるべき地元自治体が、物欲しさが先に立ってか、再稼働容認をというか、再稼働はやむを得ないってところに世論が傾くのを待っている、
コレに反し、原発から遠く離れれば離れる程、ダンダン危険論は強くなる…感じだよな

さて、上記お二人の論争(?)ですが、折り合うことがデケルでしょうか???
と、いうより、論争は継続するでしょうか???
論争継続しないのでは…

お二人は、同じ話題に向き合っているようで、
実は、互いに別の次元の話をなさっている、
いわゆる論点の土俵が違います、
論争は発展しないと思いますよ、
内田樹先生は反論なさらんだろうと思う、
反論が無いのに、池田信夫氏も、さらに突っかかることもデケンだろう…
が、池田信夫氏はシャドウ・ボクシング的に、遮二無二、腕を振りまわすかも…
と、これはこれでオモロイ!!!

わたし“今虚無僧”波平ですが、
一昨日、某グループホームでの慰問演奏で、「美しき天然」を吹いたとき、
「この歌だけれど…(原発事故の)福島の人らはコレ歌えるかな…♪大波小波とうとうと♪♪…ですよ、津波を想ってしまうよなぁ~」
「♪そらにさえずる鳥の声♪♪ですよ… 原発付近の鳥はさえずっているのかなぁ~」
と、思わず独りごちたのだった、
が、が、老人らにはなんの反応もなかった、まったく無反応、

わたし、老人らの無反応に、思わずゾッとした、
“認知症の老人たちだった!!!”

わたし、スクリーンに投影した「美しき天然」の歌詞を大きな声で読み上げて気持ちを押さえつつ老人らに向き合いました、
と、老人らの目はウツロじゃなかった、やさしい目でわたしを観ておられた、
おもわず胸にこみ上げるものがあった、

内田樹先生と池田信夫氏ですが、お互いにシッカリと観ておられる、
お二人の目玉は節穴なんかではない、
目ですけれど…
優しい目でしょうか???
コワイ目でしょうか???

| | コメント (0)
|

2012年6月12日 (火)

「りんご追分」

午前中に散髪し、午後はマリーナへ行って、仕掛けたカニ籠・アナゴ筒の様子を点検してこようと思っていたが、散髪を済ますと雨が降り始めた、
ヤァ~メタ!!!

ぐだぐだ昼寝の後、尺八の稽古、
久しぶりに「りんご追分」を吹いてみた、

| | コメント (0)
|

「美しき天然」

昨日の“今虚無僧”は、特養とグループホームの2ステージだった、
1回が1時間のが2回ってこと、
どちらも童謡唱歌中心です、
その日の様子によって昔の流行歌・演歌を少し加える、

リクエスト方式じゃない、曲はわたしが事前に季節の曲を独断で選んでいます、
リクエスト方式だと、どうしても歌好きな特定のお方からの注文に偏るのでわたしが適当に選んでいる、

ちなみに昨日の曲は
雨降りお月さん・青い目の人形・城ケ島の雨・みかんの花咲く丘・茶摘み・夏は来ぬ・美しき天然・花かげ、など等でした、

訪問した施設は、住宅街から少し離れた位置で、周辺は自然豊かな田んぼや森です、
小鳥らの鳴き声が四六時中聴こえている、
ウグイス・ヒヨドリ・ムクドリ、そしてホトトギスなど等

「夏は来ぬ」の歌詞(1番)に、
♪卯の花の匂う垣根に、時鳥(ホトトギス)早も来鳴きて、忍び音もらす夏は来ぬ♪♪
と、あるが、まさにこのとおりの場所です、

これを5番まで歌います、歌詞は80インチのスクリーンに映し出してある、

歌詞の2番は
♪さみだれの、そそぐ山田に、早乙女が裳裾ぬらして、弾苗植うる、夏は来ぬ♪♪
3番には
♪窓近く蛍飛び交い…♪♪
4番・5番には
♪水鶏(クイナ)声して…♪♪

今、周辺のタンボでは田植えが真っ最中ですわ、
最近の田植えは、耕耘機がギャチャコ・ギャチャコと、ぶっそうな、無粋な音を立てて早苗を植えてゆきます、おっさんが乗っていて、どうみてもジイチャンとしか見えないが…きっと兼業農家の隠居だと思う、

あぁ~時鳥(ホトトギス)ですが、この辺りではよく鳴いていましてね、夜明け前に風情満点の鳴き声だよ、「テッペンカケタカ」とか「特許許可局」とか言うている、
♪ケッケッケッ、ケッケッケッケ♪♪
です、「テッペンカケタカ」って聴こえます、

「先生、ホトトギスがよく鳴いていますね、♪ホーホケキョ・ホーホケキョ♪」
っと、語りかけてきた、
「あれれ!!ホーホケキョはウグイスだよ!!!」
と、応じた、すこしお話しする
不思議なことに、ホトトギスとウグイスを混同している人が多いようですね、ホトトギスはウグイスの別名だと勘違いなさっとる、
ホトトギスはウグイスの巣に托卵することが知られていますよね、ウグイスよりだいぶ大きな鳥ですよ、ハトとヒヨドリの中間ほどの大きさの鳥です、

あぁ、4番5番の水鶏(クイナ)は水鳥だと思う、わたし見たこと無い、観ても判らん、

この施設はわが家から5百㍍ほどの位置にあるのですが、野鳥がホント多いですよ、
やかましいほど鳴いていますわ、
「ギャ!!ギャ!!!」と、突然大声を出すのは雉(キジ)ですわ、
すぐ近くで鳴かれたらビックリだ、そして低空飛行でバタバタバタと飛び立ちますがね、大きいですからね、ほんとひっくり返るほどビックリします、

あぁ、ナニの話をしようとしていたのかな???
施設でも、尺八吹きながら、この調子で、あれこれの雑談をしていましてね…
あぁ~そうだ、思い出した!!!
「美しき天然」の話をしようと思っていたのだった!!!

施設で吹く曲は、事前に少しは稽古して出掛けますがね、
で、この「美しき天然」も自宅で幾度も稽古しましたが…
稽古しながら
フト、福島原発の周辺は、どうナットるのだろうと思ったのでした、
あの辺りで、この曲を吹いたら、住民だった避難民らは胸をかきむしられるような気がするのじゃないか、と…

で、昨日の “今虚無僧”でも、このようなことを老人らに語ったのだった、
が、が、特養レベルの老人らだ、グループホームに入居の認知症老人らだ、
反応がほとんど無かった
わたし、哀しかった、
この老人らの前で「美しき天然」を吹きながら涙が出そうだった、

| | コメント (2)
|

2012年6月11日 (月)

ボラン活

“魚釣り”と“尺八”ですが、強いて言えばやはり“魚釣り”がメインですわ、
趣味の話ですがね…
あぁ“今虚無僧”は、いまだし趣味の延長線上にあります、これが高じた形です、
ですから、絶好の釣り日和が、“今虚無僧”の予約日だったりすると…

でも、このようなことでは、ボランティア活動なんてできませんよね、

で、向後は“魚釣り”を押さえて、“今虚無僧”活動を中心にしようかと思う、
趣味の世界から、本気で➝聖なる仕事の域へ踏み込もうかと
徐々にですけれど…

でも、勝手に押しかけて尺八吹くわけにもいかん、おのずと受け皿ってものが必要です、
で、受け皿を物色しとるのです、

今は、“特養”・“グループホーム”・“(公私)通所デイケアサービス”・“通所リハビリ”
の各施設で“今虚無僧”していますが、
ここに新たな受け皿として“有料入所型の先端老人施設”を加えたいと思っとるのです、
で、某施設へ既に“今虚無僧”の売込みをかけました、先端的高級老人施設の様子も勉強してみたいじゃないですか、
ひょっとしたら、受けていただけそうな気もするが、難しいかも、
これって、ある種の就活???
“ボラン活”???

8月5日に、“今虚無僧”の要領を尺八仲間らへ伝える場を設定してあるのですが、気が抜ける程先の話になってしまうので、
で、7月早々にも、類似の場を用意することにした、
竹友の河童爺どんは「そんな場を設けてもダメじゃろう!!」って、言うかもだが、
わたしも内心はそう思うが、どうせヒマなのだから、付録の“今虚無僧”活動だと思ってやってみましょう、
あぁ、6月も既に半ばですね、梅雨だって???
今日はエエ天気だよ、

| | コメント (1)
|

2012年6月10日 (日)

仕込みました

9時前に家を出て沖へ出たのが10時ですわ、
愛艇「はまちどり」の繋留区画に、カニ籠と、アナゴ筒を仕掛けるのが目的だった、
ついでに短時間沖へ出てタコ釣に挑戦したってこと、
ナァ~ンも釣れなかった、
今日のタコは賢かった、

カニ籠と、アナゴ筒ですけれど、生イワシを3百円で買って仕込んでおいた、

明日は“今虚無僧”ですから、マリーナへは様子見に行けません、
明後日・明々後日はシケ模様で沖へ出るつもりはない、
その次の日はまた“今虚無僧”だ、
で、仕掛けたカニ籠・アナゴ筒の様子を見に行くのは、今日から5日後の金曜日になる、

もし、カニ籠・アナゴ筒にナニかが入ったらですが
今はタップリと餌の生イワシが仕込んでありますが、ソレを籠に入って食ってしまったら、金曜日まではナァ~ンも餌が摂れませんわ、
可哀そうだなぁ~、

ナニが入るでしょうね、
ナマコ・カニ・タコ・アナゴ・ウナギ等だと思う、

あぁ~楽しみだ!!!

沖で餌釣りして、餌が余ることがある、
で、沖であまり餌をリリースするのですが…
今後は、このあまり餌も“カニ籠・アナゴ筒”に仕込んでおこうと思っとる、

マリーナですが、浮き桟橋から下を窺いますとね、大きなボラが、ボヤァ~としていますわ、目が合うとノサァ~と逃げてゆく、
ヤスを打ち込んで、獲って食ってやろうかなども思ったりするが、
ヅヅイのすることでもなさそうだから、コレはヤメテおこうと思う、

| | コメント (0)
|

タコの方が賢かった、

| | コメント (0)
|

沖でタコと知恵比べ中です、

| | コメント (0)
|

2012年6月 9日 (土)

蹴っ飛ばされそう

概ね自宅に閉じ籠っていましてね、
外出は、尺八吹奏ボランティア(“今虚無僧”)の際と、魚釣りで播磨灘へ出る、ただそれだけです、あぁ、散歩と、掛かり付け医の受診はある、

毎朝、決まって内田樹先生のブログを拝見します、
先生は、最近ブログ更改をサボっておられて、これが非常に残念、
つぎに、アレコレの好みのブログをハシゴします、

ツウィター・フエイスブックも観ています、
もちろんメールも確認する、

今朝も、まず内田樹先生のブログを開いた、が、ブログは更新されとらん、
既に読み終えた記事ですが、またまた読み返した、
例のお笑い芸人の生活保護がらみの話が書かれている記事だ、

今朝は、深読みしてみようと思いましてね、
で、関連の、片山さつき氏のブログをコレも深読みしました、
彼女のツウィッターも深読みした、
…と、気の向くままに、あれこれ探り閲覧しましてネ、

で、結局は、“シンドイ話やなぁ~”と、思った、

どうもワシャ、美人ブッタ、賢さを前面に出した女性には、蹴っ飛ばされそうな気がして好かんです、
彼女は、既に離婚した前の夫・舛添元厚労大臣の姉の保護費受給をあげつらっていますね、

わたし、生活保護制度の不正受給の実例をギョウサン知っとる、

シンドイ話ですなぁ~、

福祉の充実カァ~、諸費税増税して…
なんか変ですなぁ~

| | コメント (0)
|

2012年6月 8日 (金)

タコものがたり

昨日は大きなタコを1杯捕りました、
タコは、“1杯(パイ)2ハイ…”と数えます、
なんでか知らんがそういうことになっとる、

で、“捕(と)りました”ですけれど、
取りました、採りました、獲りました、穫りました、盗りました、捕りました、摂りました、録りました、撮りました、執りました…
どれにしますか???

タコの場合は、わたしは、“捕りました”がピッタシだと思う、

捕りますとね、
ヤッタ!!! 
逮捕だ!!逮捕だ!!! 
って、そういう気持ちだよ、

で、で、逮捕したデッカイ・タコ(蛸)だけれど…
家に持ち帰って、かみさんが、湯がこうとして悲鳴を上げました、
「まだ生きてる、ウワァ~!!!!」
生きているのを掴んだら、吸盤で吸いつきます、コレが超デカ・タコだと半端な力じゃないのです、

タコは寒さに弱い、真水に弱い、
で、
大鍋に水道水+冷蔵庫の氷+超デカ・タコ

やっと成仏させて、
で、湯がこうとして…
「ウワァ~、脚が無い!!!」

なんと、脚が2本足りませんでした、6本しかなかった、
タコ人生(?)のなかで何らかの事故があったのですよね、

タコの天敵はウツボです、
が、播磨灘のタコ釣海域では、わたし未だウツボを見たことがないよ、居ないのじゃないかと思う、
が、が、紀伊半島南部の海域ではデッカイのが居ますです、

さて、
タコの足を2本も食いちぎった(?)のはダレか、ですが、
今朝は、ずっとこの事を考えていますが、未だ犯人特定できません、
が、コレが原因か、の、推測はある、
以下この話をしようと思う、

<タコものがたり>

タコの天敵はウツボですが、ウツボだけじゃない、真鯛もタコに襲い掛かることがある、
明石鯛は天下に知られたご馳走だ、
明石タコもまた鯛に劣らぬブランド品、
また、
ウツボじゃないけれど感じがウツボに似た魚にゴンズイが居る、
こやつなら、幼い鯛を襲うかも

ウツボが陸上ではヘビだとすると、ゴンヅイは永田町の総理大臣ですわ、
体型がナマズに非情によく似ています、このゴンヅイなら、明石のマダコ海域に居ますですわ、毒の棘を持っていましてね、トボケタ顔して人を刺します、ナニガなんでも消費税を上げてやろうとたくらんでいる、
あのお方は、確か、わたしはドジョウですって言ったのですよね、
ウソだ!!!
そんなエエもんじゃない、彼は毒棘もったゴンズイだ!!!

さてさて、冗談はこのあたりで止めて、
昨日の6本脚超デカ・マダコの人生(?)はどのようなものだったのか考えましょう、

ここで、もうひとつビックリのことをお話ししておきます、
食いちぎられた3本の足は、既に治癒(?)していました、だいぶ昔の傷であったと推測が可能です、
なんと、食いちぎられた脚の先端をヨ~ク観察したら、小さな足(脚)が生えかかっていました、1センチ足らずの幼い感じの可愛い足でした、
かみさんがね、またまた、台所で
「ウワァ~!!!ナニこれ!!!!」って叫び
スワ1大事と駆けつけ
で、「コレ観て!!!」ってのけぞるかみさんの指さすのを見たら、
➝食いちぎられた2本の足の先に、チッチャな2本の足が生えていました、

以上のことから、このマダコの過去をアレコレ推測し以下の、結論に達しました、
わたし、まずこれに間違いないと自信がある、


マダコは寒さに弱いのです、海水温が5℃以下になったら、もう生きてはゆけません、
で、少しでも水温の高い海域へ移動します、
明石海峡を、東➝西、へ抜け出ると播磨灘だ、
播磨灘の冬季は水温がぐっと下がります、大阪湾より低い水温です、
明石海峡の東側・大阪湾は、かすかではあるけれど黒潮がらみの温かい外洋海水が、大阪湾の干潮・満潮の潮位変化の際に入り込んでいる、で、少し、播磨灘より水温が高い、

で、昨年暮れに播磨灘(昨日捕ったマダコの海域)で寒い冬を迎えたタコは、海水温が生きるにヤバイほど低下し始めたと感じて、
「こりゃやっとれん、寒む~うてかなわん…」
と、明石海峡を越えて大阪湾へ避難した、
が、大阪湾の海水温も下がり過ぎると…
と、と、またぞろ、友が島水道を南下し、さらに温かい紀伊水道・海域へ避難したのだよ
実際に、過去に、同様のことがあったことが実証されています、

紀伊水道を南へ下がると田辺ってエエ所がある
田辺湾は冬季のタコの避難場所としては最高の海ですわ、
昔、ここで、真冬に、マダコがやたら捕れたことがあった、異変的な大漁が続いた、
で、翌年、初夏を迎え、夏を迎えた播磨灘海域では、
なんと、マダコがどこかへ消えていた、居なくなっていた、
どう考えても、明石タコ(蛸)らは、田辺沖へ集団避難し、田辺の漁師らに想わぬタコ大漁をもたらしたと判ずるしかなかった、

明石タコですけれど、この異常に海水温が下がった年にほぼ全滅したのですわ、
で、今の明石タコですけれど、この後、九州の確か有明海から導入し放流した有明タコらの子孫だと思いますよ、これって確率高いホントの話ですぜ、
そんな古い話じゃない、昭和38年の寒波の時の話です、

で、で、ここからが、失った脚2本の本題です、
実は、わたしの記憶では、
昨年の播磨灘・マダコ海域の海水温は例年に比し約1度チョイ低かったのです、
高砂沖の天川河口付近では6度台直前まで下がったです、
マダコは5℃になったら死にますよ、ヤバかったってことだよ、
で、体力ある大タコらは、旅に出たのだと思う、
紀伊水道の温かい海へ~

と、
ここには、天敵・ウツボが居たわけだ、
格闘し、2本も脚を喰われてしまった、

で、で、春になり、夏が来て、
こんなヤバイ所は嫌だ、明石へ帰ろうと帰ってきたら、
ウツボより怖い波平どんが釣り糸を垂れていたってことだよ、

でっかいマダコだ、
昨日、夕食、サシミにしたが、二人所帯だ、1本の脚が食い切れんかった、
あぁ~
わしゃ、タコ釣は苦手ですわ、ドラマがありすぎて少しシンドイのだ、

余談・
つい今しがた、かみさんがボソッと問いかけました
「パッパ、昨日はなんの日だっか知ってた???」
????
オォ~!!
結婚記念日だった、

| | コメント (2)
|

2012年6月 7日 (木)

ヒマヒマのやり場

気が付くと閲覧カウンターが60万件を超えていました、
スタートしたのが2005年4月20日だった、
幾度か、もうブログ書くのから離れようと思って、短期間更新しなかったことがありましたが、隠居のヒマヒマ潰しの必要上➝また再開、

「お前は同じことばっかし書いている、俺はもう見ないことにした」
と、古くからの親友は言い放ちます、で、もう開き見ることもしていない、と、思う、

が、どなたかは分からんですが、また別の誰かさんが、オモロがって覗き見なさるみたいだ、
およそ日に200件前後の閲覧数が積み上がり、60万件を超えた、

思わぬお方が開き見してくださっていて、戸惑うことがあります、
初にお目にかかるお方で、わたしとしては、窮屈な気持ちでお出会いしているのに、ナニをお話ししても、それは先刻承知していますってことで、戸惑い戸惑いだ、
先日も、愛艇「はまちどり」を繋留している播磨フィシャリーナで、この事がございました、
「はまちどり」のすぐ横の区画がひとつ空いていましてね、
で、先日、ココヘ新たな艇が繋留されることになった、なんと綺麗なスバラシイ艇ですわ、
が、オーナーさんとは出会う機会が無いまま日が過ぎていた、
つい先の日曜日だったですが初にお出会いすることが出来ました、
なんと、当ブログを以前から閲覧くださっていたお方でした、
コッパヅカシイことだ、恥ずかしいですなぁ~、穴が在ったら逃げ込みたいと思った、

“戸惑いは”、実は、ただ事じゃない“意味深”な一面を持っていましてね、
わたしが、ぎょうさん居るってことなのですわ、
生身のわたし、と、ブログのわたし、です、
で、ブログのわたしは、閲覧いただくお方ごとに、違ったイメージで存在している、
わたしは、閲覧いただいているお方と出会う時、そのお方と、もう一人のそのお方のイメージのなかに生きるわたしと向き合うことになる、
戸惑うのですよねぇ~、生身のわたしがです…、

閲覧いただいているお方は、生身のわたしと会話する間、常に、脳中のイメージのわたしと、生身のわたしとを比較しなさっている、比較しながら生身のわたしと向き合っておられる、と、このことを、わたし感じざるを得ない…、

わたし、ブログには創作というかウソというか、そういうことは書かないです、可能な限りアリテイに書いている、で、どなたに出合っても、この面では戸惑うことはない、ありのまま、ありのまま…です、

が、が、歳こそ喰っていますが…軽ぁ~るいヅヅイです、
それほどアレコレ新ネタがあるわけじゃない、
で、同じことを、繰り返し、繰り返し、ボヤキ・つぶやく、
しかたがないですよねぇ~、
もう止めようと思うが、隠居のヒマヒマのやり場がココにしかないのだよなぁ~

60万だよ、ビックリです、
1銭にもならんけれど、気晴らしにはなっとるかも、戸惑いはあるけれど…

| | コメント (0)
|

2012年6月 6日 (水)

ひたすら工夫中だ

「美しき天然」

「長崎の鐘」

ただひたすら稽古あるのみ、
次回の“今虚無僧”は来週月曜日に2ステージ(特養とグループホーム)、

| | コメント (0)
|

3題

<指揮権>
検察審査会は、やり過ぎた…かもになってきましたね、
元秘書石川知裕衆院議員を取り調べた特捜部の田代政弘検事が、市民団体から虚偽有印公文書作成・同行使容疑で告発されたようだ、
で、検察当局は田代検事を嫌疑不十分で不起訴とするらしい、
が、これがまた、今回の内閣改造で法務大臣が交代ってことから、変な方向が見えてきた、
検事総長への指揮権発動が探られ、この発動を、総理が止めた(了承しなかった)ってことが明るみに出た、
首になった前法務大臣が、指揮権を発動し、田代検事の起訴を検事総長に指示しようとしたが総理が嫌がったってことだよ、

もし、この指揮権が実際に発動されていたら、小沢裁判はややこしくなるよな、
法務大臣が、俺は指揮権発動を覚悟したが、総理が了承しなかった、と、退任会見で最後屁を放った、
汚い臭い屁だ、
“立つ鳥跡に屁を放つ”

メディアは、今後どう動くでしょうね、
ほったらかしにするような気がする、
すくなくとも、総理はそうなるよう願っているに違いない、
変なことを書くと、記者団控室から追い出すぞ!!! かな


<邪宗>
オーム真理教の幹部がまた捕まって、またまた、あのいまわしい邪宗(?)のことを思い出しました、
指名手配されたのは凶悪犯らであったわけだが…
彼らは、教団内部では、優れた指導者らであったのですよね、
多くの信者らが教義に殉じるべく彼らに指導され修業に励んだのですよね、
ソレを、社会的な目からは、無茶苦茶だって判じられて、アレコレあって、結果、あのような成り行きで、テロ教団のレッテルが貼られることになった、
が、未だに、くすぶり続けているのですよね、
教団の名前もオームじゃなくなっているし、宗教法人格も失っているようだが…

宗教は怖いよなぁ~、心の救済を求めたつもりが、滅茶苦茶にされてしまったりする、
オームに似た教団が、アレコレあるようですね、
名前を挙げると怖いから書き出しませんが、すぐ身近にウロウロしていて、玄関のインタホンをピンポーンだよ、入信の勧誘です、
「お話しをお聴きにこられませんか、気持ちが楽になりますよ…」
と、ニコニコ顔、
こんな優しげな誘いは眉ツバでっせ、乗らない方がエエです、
でったい儲かるから、とか、しあわせを得られるから、とか、とか…
そんな話はデッタイ➝ウソですわ、わしゃそう思う、

次回の国政選挙で、またまたイロイロな教団が、怪しげな動きをするのでしょうね、

煩悩を捨てなさい、欲望を捨てなさい、
持っているお金は潔く捨ててしまいなさい、
あぁ~捨てる際は、教団がお手伝いしましょう➝教団へ持っていらっしゃい!!!
で、集まった金で国政(衆議院・参議院)立候補????
なんじゃそれ!!!!

<大自然>
台風がアッチ向いたみたいだ、明日の沖は凪ですな、
サバが、明石海峡を越えて播磨灘へ入り込んできつつあるようだ、
艇動かすガソリン代が無いよ、
が、ほんのチョットだけ近場に出て、竿を振りたい、
釣れなくてもかまわん、サバを想って竿を振るだけでもエエからさ!!!

| | コメント (0)
|

2012年6月 5日 (火)

弘法筆を選ばず

神戸市邦楽倶楽部の世話役というか、優れたリーダー・竹友・内田から携帯電話がありました、昨日、沖で魚釣りしている時だった、

「あぁ~もしもし、俺や内田や、再来月8月5日の日曜日やけどな、お前、都合どうや、空いとるかぁ~、もしよかったら、お前が前から言うとった“尺八ボランティアの講習会”するかァ~、この日に総会開いくことになった、で、その後でどうや?? 日は空いとるかぁ~???」

「わかった、何とでも都合つける、今、魚釣り中や、竿にアタリが出とる、忙しい」
で、ガチャン(携帯電話はガチャンじゃないよな)、


嬉しいです、講習会が開ける!!!
わたしは人望がいまいちだから、“今虚無僧”のノウハウを仲間らにも広げたいが、わたしからの呼びかけだけでは、仲間らは集まらないだろう、
で、内田君に、「“今虚無僧”ノウハウの講習会の場」の設定をゆだねていたのだった、

当ブログ「“今虚無僧”波平ナニを吹く」の看板は、
昨年の8月いっぱい、それまで毎日更新を重ねてきたブログを休止し、アレコレ考えた末、同月末(8月31日)に、それまでの「隠居波平釣り日誌」から➝「“今虚無僧”波平ナニを吹く」に変更したものだ、

8月5日かぁ~、
“今虚無僧”を始めてから1年が過ぎるのかぁ~、

“今虚無僧”を、三つに分けて考えています、
1. 自分のため
2. 社会のため(福祉活動に貢献??)
3. 尺八仲間のため(尺八仲間といっしょに尺八の新たな可能性をさぐりたい)

尺八は“自己満足”の世界かな??? って、思います、
自分勝手の世界だ、汎用性に欠けますです、著しく欠けている、と、思います、

竹友・河童爺どんのブログに、氏が、竹の先輩からの教わったこととして…
「(施設慰問の際は)誰も知らない本曲だけ吹いて居れば良い、誰でも知っているような、童謡や懐メロは吹くな、誰でも知っている曲を吹いたら、下手なのが直ぐにバレル」
って、書かれていた、
まったく至言ですな、格言です、ドンズバリ正解です、

で、童謡や懐メロは、自分だけでコソコソ吹きます、
吹いて、たちまち自分の下手さを自覚したり、その下手さに自覚も無くマァマァかなって思ったり、が、時に録音して聴き直すと、さすがに下手さに気が付いてゲンナリします、
で、多くの者らは、上述の格言(?)「…ダレでも知っている曲は吹くな、吹くと下手がバレル」に、行き着く、

“今虚無僧”の講習会ですけれど、
 パソコン画面に尺八譜を映出し、コレ観ての吹奏
 カラオケ音源と、尺八(各寸)とのフイットの方法(移調要領を含む)
 プロジェクターを利用して歌詞をスクリーン投影の方法
 広い会場での音響設営の方法
 これらの操作を、すべてパソコン1台で行うなうが、そのパソコン操作の方法
が、中心になります、

が、が、実は、もう皆さんお気付きだと思いますが、コレ以前の問題があるのですよね、
「…ダレでも知っている曲は吹くな、吹くと下手がバレル」
と、これこそが大問題なのですわ、

ここを、どうクリヤーしましょうか???
箏や三弦に合わせる(拍子を合わせる)ことだけに汲々とし、音そのものの質の勉強がデンデン足りていないお方らが多いのですわ、と、いうより、ほとんどすべての方々といっても言い過ぎじゃないよな、
加えて、歌詞は言葉ですからね、続けるべきは続ける、言葉を区切るべきところは区切らなくては意味がめちゃくちゃになる、要するに息継ぎ箇所には注意が必要です、が、この訓練もデケテおらん、

“歌うように吹く”“音をシッカリ支える”
コレに至っては、全く考えても居ない、ってお方がほとんどですわ、

講習会は、実は、
この上述後半の、音への新たな挑戦に、スタートラインになることを、わたし願っているのですわ、
わたし、自身のことを反省していうのですが、
“今虚無僧”を始めて後、やっと、わたしは、この“音への関心が高まった”のです、
ココヘ仲間らも、引き入れたいと思っとるのです、

仲間らは90%以上が隠居ですわ、
退職金もらって、大金はたいて高価な尺八を購入した者らが幾人も居ます、
高価な尺八は音味がエエからですわ、“エエ音”をお金で買ったつもりですわ、
が、間違っていますわ、
エエ音は➝自分で吹き出す
コレだよなぁ~、
タダですぜ、基本的には弘法筆を選ばずだよ!!!

| | コメント (2)
|

2012年6月 4日 (月)

地合解説

午前5時、同10時のそれぞれ前後30分間、コレが今日の明石海峡真鯛釣りポイントの時合ですわ、
で、この時合の他の時間帯は、須磨沖へ向かってサバ釣り、
淡路側へポイント移してアジの試釣ってこと…かな、

が、コレだと、
艇の繋留地からは片道15マイルの位置をエンジン懸けっぱなしで長時間ウロウロすることになる、
レギュラーガソリン60リットルのコースだよ、

で、このコースはヤ~メタ、

で、で、
5時出港~10時半、は、艇繋留地から2マイルの海域でマダコ釣り、
10時半~15時、は、上島の沖の例の瀬まで突っ走って、アンカー打って、青虫餌の5目釣り、
と、しようかと思う、
この瀬の今日の地合いは11時~15時の下り潮だと読んでいる、
のんびり釣りってわけだ、

あぁ、
5目釣りといっても、狙いはデカイよ、
真鯛・スズキ・メバル・ガシラ・アイナメ・カレイ

でも、こだわらない、
沖へ出て、他艇の動きを眺めたり、無線傍受したりして、気の向くままにうろつくつもり、
後、30分したら、家を出て、艇へ向かいます、

| | コメント (0)
|

2012年6月 3日 (日)

ギャップ

魚は “情報”で釣るのですわ、
 どこへ行けば魚が群れているか
 どような仕掛けが必要か
 餌はナニがよいか
 ナニを狙ったらエエのか
など等の情報です、

情報収集の方法ですが、
毎日毎日、とにかく自分が海へ出て、アレコレ探り釣ってみること、
これが一番確実です、

が、わたしなどは、自宅から~艇の繋留地(播磨フィシャリーナ)まで、
車で35分も掛かります、毎日毎日艇を出すのは無理ですわ、経費的にも無理、

で、釣り仲間の持つ情報を集めまくります、
が、これがなかなか難儀です、

釣り仲間ですが、
A) 隠居ヅヅイ
B) 現役釣りキチ
の、2種あります、が、AとBとでは、でんでん趣が違う、
Aは、成り行き任せの暇つぶしで魚釣りを楽しんでいる…だけ、
B、この方たちの情報が欲しい、

が、ここが最大の難儀、
みなさん方は40歳台、50歳台です、
わたしはもうすぐ72歳、
ギャップですわ、20~30歳もの歳の差がある、
わたしは、彼らの雑談のなかへ入れないですよォ~、
で、外側から、彼らの会話を盗み聴きます、無線傍受です

沖へ出ますとネ、
Bの現役釣りキチらが、相互に無線で交信しあいながらワイワイ言うている、
「○○さん!!!今、どこで釣っとるの???」
「はぁ~△△ですわ、ボチボチ釣れとりまっせ!!!」
「リョウカァ~イ!!! コッチはさっぱりアカン、今からそっちへ走りますわ」
「地合いはもう終わりやでぇ~!!!」
などの、会話が飛び交っている、

問題は、○○や△△のことです、ある種の暗号になっとって、それを知らないとなんのことか判らん、
たとえば、
△△ですが、「いつものところ…」だって交信の声を傍受しても、わたしにはわからんですよ、普段から付き合いのある仲間同士の間のしか通じない符合で場所を言われたって、さっぱり理解できません、

が、が、しかし、わたしだって長年播磨灘で魚釣りしてきたのだ、暗号・符合ですが、ほとんど判るわけですよ、
「はぁ~赤ボンです」
と、交信の声、
と、“ははぁ~ん、あそこに居るのだな”
って、わたし、すぐにわかります、

「海峡ですよぉ~」
“ははぁ~ん、明石海峡のどこそこ付近でナニナニを狙っとるのだな”

「5番に来たけどあかんわ~」
“そうかぁ~、わたしこれからソコを目指そうと思っていたが、もうやめておこう”

強力な無線機を艇に据え付けていましてね、魚釣りの最大の武器がこの無線機ですわ、
この次が、魚探かな、
仕掛けや、釣り餌は、二の次、三の次です、

無線交信の周波数ですが、仲間らで固定周波数を決めてあって、常時傍受の態勢で沖へ出て居ます、釣り状況の相互連絡もですが、万一沖でのトラブルの際には即時連絡し合います、沖では携帯電話では通じがたいことがある、が、強力無線機なら大丈夫です、
仲間らですが、ABCD…と、イロイロなサークルがあるじゃないですか、それぞれ仲間ごとに違った固有の周波数を約束し合っていて、そうだなぁ~播磨灘と大阪湾一帯で約5周波数かな、わたしが傍受し得るのはってことですよ、

あぁ、無線交信ですが、たいがい相手艇は視認出来ていない状況下で使うことになります、
海上では相互に3マイル程度まで接近しあわないと視認不可能です、
そうです、5キロ少しまで接近しあわないと、互いに地球の丸みの下に隠れてしまって見つけることはデケンです、
沖でのボート釣りは、無線機がデッタイ必要ってことですな、
釣果を得るためにも安全確保のためにもです、

あぁ、Aの隠居ヅヅイ艇には、無線機積まない艇が多いなぁ~、こまったもんだ、
魚探は積んでいても、読み方に疎い艇があるしなぁ~、
ギャップですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2012年6月 2日 (土)

「籠の鳥」

時の流れを、過去・現在・未来、の、三つに分けると、
A) 老人らは過去の人
B) 現役世代は現在の人
C) 子供らは将来の人

わたしは➝A、
もう古希を過ぎていますのでね
このA(わたし・波平)が、時々老人福祉施設へ出向き、尺八吹奏ボランテイアしとるわけですが、ここで展開するのは
➝Cの(疑似)世界です、
(Bの世界は関係ない…やっても通じません、昔のことは覚えていても、最近の事になるほど老人らは忘れている傾向がある)

Cの(疑似)世界とは➝童謡唱歌を中心にした尺八吹奏です、
カラオケ伴奏なしで、ただ尺八1本だけで、童謡唱歌を吹きます、昔に還って…

“昔”に還ると、なんと、そこは子供の世界だ、
上述の“過去・現在・未来”の三区分からすると、未来の世界じゃないですか!!!
昔=未来
循環ですよねぇ~、グルグルまわりです、輪廻って言葉がある、

歌詞を80インチのスクリーンへ投影された歌詞を読む老人らは
…Cの世界の人にナットる!!!

で、この童謡唱歌遊びを堪能しますとね、
元気が出てきて、Bの世界へも今一度戻ってみたくなったりする、
そうだよ、“演歌”も歌ってみようかって気持ちになる、

演歌のことを、すこし専門的な話になりますが、以下、お話ししますね、

昔からの日本の音楽は、いわゆる邦楽と言われる世界は、箏・三弦(三味線)・尺八などの世界はってことですが、
西洋音楽の7音階から第4音と第7音を外した“五音音階”で出来ていましてね、
通称を4と7を抜くヨナ抜き音階と呼ばれる音階法になっとるのです、
 ドレミファハソラシド、が、7音階の西洋音楽(最後のドは1オクターブ上の音)
 ドレミ(ファ)ソラ(シ)ド、が、5音階の日本音楽、( )内が欠けた音階ってこと、

日本音楽は5音階で出来ていて、
で、実に、演歌がこの世界なのですわ、
西洋音楽から、ファ、と、シ、を抜いた音階です、
で、この足らずを、わたしの理解では
➝コブシやアヤシを効かせることでカバーするわけだ、

で、で、言ってしまえば、尺八はこのコブシやアヤシに対応しやすい楽器なのですわ、

“コブシやアヤシ”の部分ですけれど、譜面に書き出しますとね、非常に細かい譜面になりましてね、速度の速い連続譜になってしまって、とてもじゃないが譜面の通りには吹けないですわ、
“首ふり3年、コロ8年”って言葉をお聞きになったことないかな、
尺八奏法の難しさを言うた言葉ですが、この首ふり技法等がありますのでね、コブシに対応が可能ってわけだ、
味というか、面白みというか、ここが演歌の演歌たるゆえんでもあるわけですよね、

すこし話は横へ逸れますが、
自然界の音は5音階ではおさまりきらないですよ、7音階でもダメです、8・9・10…音階でも未だ足らないです、
海の波打ち際の音、森の暗騒音、風や雨の音…
小鳥や虫の鳴き声も、どう工夫したって5音階や7音階では納めきれないです、
が、が、演歌奏法でならある程度は印象を真似吹くことが可能です、
コブシやナエシで音から音へのつなぎを自在に歌い上げるってことです、
♪♪ハァ~~ア~ア~♪♪
と、歌いあげる際、高い声、低い声を、なだらかに自在に操っています、
ここの所のことをお話ししとるですよ、

なんと、尺八はね、こういう声に付き合うことデケル楽器でしてね、
演歌吹きにはピッタシの楽器ですわ、
わたし、
原則的には、施設で演歌を吹く際には、カラオケ音源に合わせ吹くことはいたしません、
尺八1本です、尺八1本だけで老人らの歌声に付き合います、
老人らの歌声と云うても、
老人らはほとんどの場合つぶやくような感じで口ずさむ程度ですわ、
大きな声で唄う爺さんもバァサンをいらっしゃるが、ごく少数です、
老人らが現役だった頃は、未だカラオケは流行っておらんだったのだ、
尺八1本の方が老人らの気持ちに添いやすい、

演歌にも、童謡唱歌的な位置を占める曲がありますよ、
まず筆頭は「籠の鳥」かな、
この曲なら、認知症が相当すすんだ老人でも歌えると思います、現に歌えます、
これが歌えたら「おんな船頭唄」も大丈夫だな、

「籠の鳥」「おんな船頭唄」
若い衆らには縁のない曲だよなぁ~、
施設の介護職員の方々には、ほとんどなじみが無い曲だと思うよ、

あいたさ みたさに こわさをわすれ~♪♪

| | コメント (1)
|

2012年6月 1日 (金)

文楽の火(灯)

“橋下市長 文楽協会予算に否定的”
らしいですねぇ、
彼は、先にも、市音楽団分限免職を打ち出していますよね、

ちなみに、
わたしは神戸市邦楽倶楽部(尺八・箏・三弦同好者の会)の会員ですが、会運営に必要なお金は全て会員の負担ですわ、
ああ、会の名称ですが、発会当初は神戸市職員のなかの邦楽同好者の親睦会だったのですわ、で、その後、門を大きく広げ,だれでも参加okになっとります、

大阪市の音楽団や、文楽協会は甘すぎると思いますよ、
市民の税金で食っていたのだね、食い過ぎじゃないでしょうか、
ひょっとして、みなさんメタボ体型にナットるのかな???
こりゃまた失礼down
でもな
文化・芸術は、好む人らが観劇料負担や、あるいは作品を購入することで支えるのですわ、
好まない人らの分の税金まで勝手使いしたらアカンだろう!!!

お上から、生活費貰って、芸を磨こうなんて、
そりゃア~タ勘違いもエエとこでっせ!!!
と、思うがなぁ~

<以上はタテマエ>

<以下はホンネ>

宮廷であれ、教会であれ、タニマチであれ、パトロンが芸術家を、芸能家を支えるのは、これは勝手であっていっこうにかまわん、
地方自治体が、住民の要望で同様のことをするについても、よろしかろうって、容認したい気持ちはある、

今、その、“住民の要望”はどうなっとるのだろう????
大阪市民の多くが
「わしゃ、文楽ナンゾ観たこともないわい」
「ソレッテ、なんじゃ????」
なら…もうどうにもならんだろう、

橋下市長が文楽好きかどうかもスッゴク影響が大きい、

それにしても、厄介なオッサンが市長になりましたね、

できれば文楽の火は消したくないなぁ~、
どなたか、お金持ちのダレかさんヨォ~、
スポンサーに名乗出てくれませんか???

ハトポッポさんよう~、
貴兄がオッカァ~からもらう月々のお小遣いからほんの少し
→こちらへ回してあげたらどうかね!!!
小沢さんよぉ~、
変な土地買いナンカせずに、こちらへ回したら、大阪市民や文楽好きらは、貴兄ファンになるかもよ!!!
あぁ、お金だけ黙って出してくれたら、どこでもかまわん、ダレだってかまわん、
文楽を援助してあげれませんかねぇ~、
あの、太竿三味線の音は消したくないのだよなぁ~

あぁ、ちなみに、ちなみに、
わたし、未だに、いちども本物文楽を観劇したことありません、
テレビでや、地方巡回公演の半端な興行なら、チョビット観たことはあるけれど…

| | コメント (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »