« やめておいた方がエエ | トップページ | 臭味 »

2012年8月 7日 (火)

危険な海

午前中だけの釣りでした、午前6時半~同10時半、

この間にアクエリアス2㍑が1本空になった、

耳がツ~ンとしてきて、血圧に異常が生じ、これはもうヤバイ状態だって思い、竿を納めた、
大きな丸アジが16、ハマチが1、大きなメバル1、タラちゃん小魚を洗面器に1杯分、

ハリス2号がプッチン・プッチン切れて、3号ハリスに替えドラッグを効かせて捕り込むが、逮捕し損ねてたびたび逃げられた、

サビキ釣りだ、魚探にベイト(小魚・カタクチイワシなどのこと)反応が鮮明に出た時に素早く具を垂らし込む、
オモリは30号、出来るだけ早く海底すれすれに落す、
が、所定位置へ達するまでにカタクチ・イワシが鈴なりに付く、
少し激しく竿を振り、付いたカタクチ・イワシを外す、
と、サボッ!!!と竿先が海中へ引き込まれる、
大きな丸アジが掛かったのだ!!!

瞬時に、ナニが掛かったか判る、ハマチor丸アジorスズキor or or…
豆アジ(マアジの子)も、大きいのが連で掛かったりすると、竿先は騒々しい雰囲気になる、
大きなメバルが、偶然1尾掛かったが、コレは姿を見るまでナニが釣れたか判らんかった、

途中から、4号ハリスのサビキに替えたが、魚探反応が鮮明に出る中だ、食いつきが悪くなることはなかった、
やはり、たびたび極大型のナニかがひったくるようにハリスを引き千切った、
メジロのせいじゃないかと思う、一気に走られ止めようがない、

漁船が2隻、左右から徐々に迫ってきて、盛んに網を引き回し上げ下ろしする、ベイトごと、ごっそり盗ってしまう、

熱中症寸前になったと思ったから竿を納めたのだったが、実は、漁船の網漁のせいでベイトが散ってしまったこともある、魚探反応がまばらになり、釣り辛くなっていた、明らかに漁船の網漁のせいだ、

サビキ釣りは、わざとベイトをサビキ針に乗せ、ソレを喰いに来る大物の追い喰いを待つ釣り方もあるが、
丸アジ釣りの場合は、針にベイトが付いてしまうとダメなようだ、丸アジの喰いつくサビキ針が残っている方がエエ、
また、サビキ針にベイト(今日はカタクチイワシだった)が付くと、ハリスがクチャクチャになり、本命(大きな丸アジ)の喰いが悪くなる、
で、たびたび具(サビキ仕掛け)を巻き上げ、付いたカタクチイワシを外す、
外したカタクチイワシは、通常はポイ捨てなのだが、タラちゃんのことがある、今日は面倒だったが、すべて取り込んで持ち帰った、
タラちゃん、宝塚の山奥に住む妹夫婦が飼う化け猫(16歳の老♀ネコ)の名だ、
老いて弱ってきたようだ、
食品スーパーで買う魚には見向きもしないが、わたしが釣った魚にはヨダレ・タラ・タラらしい、
大きなカタクチイワシだった、美味しそうだ、豆アジもけっこう捕れた、
セッセと捕り溜めたら風呂場の洗面器1杯分くらいになった、

手間だよなぁ~、ウロコやハラワタなど、それなりにサバイてからタラちゃんの御膳に供するのだ、
わが家のかみさんが、げんなり顔だ、サバイてやろうと思っとるらしい、

帰宅後シャワーし、汗だくの上下を着替えた後、バタンと倒れるように3時間近く昼寝した、
つい先ほど起きて、アイスキャンデェーをしゃぶり食い、で、意識が戻った、
で、で、今日の顛末以上の通り記したのである、

わたし独りの釣行だった、真夏のカンカン照り中の釣りだ、いうても、わたしはこの環境に慣れている、大丈夫だ、
が、慣れぬ老人には超ヤバイ環境・危険な海だと思う、
しばらく、どなたへも魚釣り誘いは控えるつもりだ、ぶっ倒れられたらワシャかなわんからなぁ~、


|
|

« やめておいた方がエエ | トップページ | 臭味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やめておいた方がエエ | トップページ | 臭味 »