« 秋の気配 | トップページ | 自己練磨 »

2012年8月29日 (水)

“話し合う”

“話し合う”ですけれど、むつかしいですねぇ~、

A)話し合って合意点を見つける、探る、これならわかる、
が、
B)話し合っても、しょせん理解しあえない、が、話し合わねばならん、これはシンドイ、

話し合いの、多くの場合は、B)ですよね、
これって、
互いの考えの違いを見つけあう為に、話し合う関係だよ、
話し合って、互いの考えの違いの大きさに、あぁこれはもうダメだって、ウンザリする関係、
で、最終的には、ドツキあう、国と国なら戦争ですわ、

国内でなら、民主主義のルールに則って、当選と落選、多数決の原則だよな、
要するに弱肉強食、少数の考えは抹殺がルールだ、
が、が、
多数決のルールに、少数意見の尊重ってのがありますよね、
多数決の、すなわち民主主義のルールがほんとうの意味で生きるのは、少数意見の生かし方にある、
少数意見を抹殺したりしないこと、少数意見をしっかり認識しながら、多数意見の方向で進むこと、
…ですよね、
言うだけなら簡単だ、が、こんなこと実際には不可能じゃないか、

が、が、実際は、あんがい少数意見の尊重は生きて居て、これが混乱の原因になっとる!!!
アヤフヤな結論が、中途半端な施策が、三方一両損の大岡裁きが、美しいような気がする日本人気質、
これが結果的には大きな災いを生む、

少数意見の者らが、大きな顔で自己主張をする、かたくなに、かたくなに…
ダレのことを言うているか、そうです、あの党、あの人…
これらの声を聴く素振りをすることが、多数者側に求められる、

毅然とした態度???

C)ところで“多数意見”は、権力と金力とで醸成デケルのですよね、
中国や、北のあの国の、政治集会(議会?)での、主席者全員そろって拍手拍手を思い出します、

D)危険な交差点の赤信号、でも、いっしょに多人数で渡れば赤信号なんぞ怖くない、…のですよね、
韓国の反日教育を想います、
黒を白と言う、反日感情の“刷り込み”だ、赤信号無視だ、
わが国・日本は赤信号で止まっていても、あの国は無視して渡ってくる、…ような気がする、
事実、韓国内での交通ルールはナットランようですね、平気で信号無視するとか聴いている、タクシーなんぞも無茶走りするそうじゃないですか、

E)自民・公明は昨夜参院に野田首相の問責決議案を提出しましたね、他の野党らも既に問責決議案を提出している、コレッテ、エエかげんな、中途半端な文句言いの典型ですな、
賛成多数で可決されても、野田総理は「あぁ~そうかいな」で済ませ得る、「わしらはアンタが嫌いですわ」って言うたにすぎない、議会解散につながる内閣不信任決議じゃない、そこまでの気合は野党・野合には無い、

E)“好き嫌い”の感情は、男女間の決定的重要事ですよね、
これも、話し合って、嫌いが➝好き、になったりはしないと思う、

“話し合う”って、むつかしいですね、


|

« 秋の気配 | トップページ | 自己練磨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の気配 | トップページ | 自己練磨 »