« 自己練磨 | トップページ | 万札が束に »

2012年8月30日 (木)

ふたつ思った

<その1>

>問責決議案を提出したことを受けて、民主党の前原政調会長は野田総理が「近いうちに」とした解散時期をめぐる発言は反故になったという認識を示しました。

この考え方というか、認識というかは、わが国特有のものかもね、
“相手を信頼デケンようになった、で、もう過去の約束はなかったことにする”
この屁理屈(?)は
西欧のキリスト教的契約社会においては、およそ理解できない考え方だと思いますよ、

とにもかくにも約束したのですよね、
“約束は守る”
なにがなんでも守る!!!
コレが基本で、社会は成り立っている、

憲法がある、法律がある、これら各種の約束事のなかで社会は動いている、
このことを、相手側への信頼が無くなったから反故にする、こんなことが平然と通るわが国は、超ケッタイナ国ですぜ!!!!

やんぬるかな、
日本という国は、約束を守らない国だってことを、政界中に晒し出してしまった、
前原政調会長は、あるいは総理の座もうかがえる立場のお方だと世界中が観ていると思う、
そのお方が、契約(約束)をこのように浅くとらえている、
そして、“反故になった”と言い放ったことに、日本社会には本気で反論する者が誰も居ない、
なんて国だ!!!
約束事をこんなに軽々しく反故にする国とは、本気で、交渉事などでけん!!!!

あぁ、思い出した
浜岡原発を、管総理は、自分の思い込だけで停止させたのだった、法律に添った決定じゃない、
ヤバそうだから、即座に運転停止すべきだって言った、
で、周囲が、それもそうかも、と、止めたのだった、
(総理に煽られて世間が騒ぎ、それに耐えかねて原発側が自主停止のやむなきに至った)

時の総理が、竹島は、実力で取り返すべきだって気色ばんで国民を煽ったら、
自衛隊は、世論に押されて、見境なく、やみくもに韓国に突っかかるかも、
北方4島にしても同じことだよね、
日本てのは、本質的に、そういう国柄みたいですね、

昔は、武士の一言ってのがあった、懐かしいですなぁ~

<その2>

民主党の総裁選挙に田中真紀子氏が押されて立候補するカモになってきたようですね、
彼女は、ご自分を、国のサッチャー首相や、今の米国クリントン国務長官に、なぞらえておられるのでしょうか???
はたして彼女は、その器でしょうか???
ひどすぎると思いますがねぇ~、

“なでしこ”流行(はやり)ですよねぇ~、
とにかく女性を担ぎ出せ、で、白羽の矢が、真紀子嬢に…

|

« 自己練磨 | トップページ | 万札が束に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己練磨 | トップページ | 万札が束に »