« 直感で抜いた | トップページ | 近所のオッサンら »

2012年8月 3日 (金)

握り飯

特に異変というほどのことでもない、が、時にフト以前とは違うなぁ~と気付く、
まず気力、
以前ほど沖へ魚釣りに出たいと思わなくなった、
自分を励まし、沖へ向かおうとする自分(?)が居ることに気付いている、
尺八吹くだけでは身体が鈍る、と、叱咤する自分が居る、

台風が来るから沖は荒れ気味と思い、ゆったりした気分になっていた、
が、どうやら、沖は凪いできたようである、
で、頑張らねば、と、自分を叱咤し、昨日の昼頃、かみさんに
「パッパは、明日は頑張って沖へでるぞ、ナニか釣ってくる!!!」
と宣言した、

励ます意味でか、昼食用の握り飯を用意してくれるようになっている、
以前は、ほったらかしにされていたのだが…

今朝もいつものように早起きだ、
が、沖へ魚釣りにでるのが億劫に思えて、シンドイ気分、
が、握り飯がある、

ツバス(ハマチの若魚・関東ではワカシと呼ぶ)が釣れると思う、
釣味(釣る際のおもしろさ)は良いのだが、脂が無く食味としてはよろしくない魚だ、
が、ひょっとしたらもっと大きな60㎝70㎝80㎝が釣れるかも、

昨日、ジャン友のモーさんから携帯電話があった、
「船長さん(彼はわたしのことを「船長さん」と呼ぶ)、互いに、もう無理したらあきまへんでぇ~、ワシもなぁ、少し畑仕事したら気分が悪くなって、ヤバイと思って家に入り、2階で休もうと階段上ったのは覚えとる、が、そのまま気を失って…で、気が戻ったら夕方やった、寝とったのやない、気を失っとったのや、おカァちゃんはワシが昼寝しとると思っとったらしい…、階段あがったそこで倒れていたのや、そんなところで昼寝するか!!!なぁ~、自分で気を付けるしかないデェ~」
彼、わたしより数歳若かったはずだ、最近は全く出会うこともないが、交流を断ったわけじゃない、
ちょっとした連絡事があって、こうして電話を介し消息の交換があった、

今年初盆を迎える釣友・アキどんへ、お供えを送った、
奥さんからお礼の電話があった、
彼はまだ若かった、50台だった、奥さんとは幼なじみだと聞いたような気がする、

世間とのつながりが、すこしずつ切れてゆくような気がする、
その分、彼岸の世間(?)とのつながりが増す、

わが家の仏壇のお花はいつも新鮮だ、全て自家栽培である、
仏前の花を替えるかみさんに
「また盆が来る…」とわたし、
「みなさんココヘお還りになる」とかみさん、
「ワン(犬)らもか???」
「ワンらは天国の入り口で待っているらしいですよ…」とかみさん、
わが家は子供が出来なかった、が、いつも飼い犬が側に居る、今のショウタ(シーズー犬)を含め、代替わりはするが皆同じような目付きの犬になる、
ショウタも老いた、寝てばかりしているような気がする、何歳になったのだろう???

握り飯がある、
頑張ってこれから沖へ出てみようと思う、

|
|

« 直感で抜いた | トップページ | 近所のオッサンら »

コメント

乗合船にお金を払って乗るなら楽チンですが、
自分の艇で出かけるのは、はっきり言って重労働です。

最近では、釣り友に誘われても、何とかして断ろうとしています。

何時かは、止めなきゃならんことは解りきっているのですが、艇の処分と言うのは下手すると大変な費用が掛かります。

出来れば、未だ幾ばくかの値打ちがあるうちに、売り払うか、無償で誰かに譲り渡すのが得策ですが、
未練とふんぎりをどうつけるかが問題ですね。

投稿: 河童爺 | 2012年8月 3日 (金) 11時35分

そうなんですよねぇ~、

が、艇を処分したら、途端に生気を失って、あっという間にあの世へ行っちまいそうな気がする、

今日は少し釣れましたよ、3号ハリスをたびたびブチ切られました、
柔い竿で、ドラッグ利かせて釣ろうとするのだが、一気に走られてブチ切られる、
スズキとメジロですわ、スズキは1本捕った、メジロは8号ハリスでないと無理ですわ、、

投稿: “今虚無僧”波平 | 2012年8月 3日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直感で抜いた | トップページ | 近所のオッサンら »