« SNSから~童謡唱歌まで | トップページ | 同ぎょうしゃ »

2012年9月 6日 (木)

目つき、と、リハビリ

石原裕次郎のファンでしてね、彼の歌はわたしのカラオケ持ち歌です、当然尺八でも吹きます、
が、老人ホームでは吹かないなぁ~、いままで“今虚無僧”施設で吹いたことはないです、
彼・裕次郎は今生きて居たら78歳だと思う、わたしは6歳年下の72歳、

「太陽の季節」「狂った果実」…、コレ、石原慎太郎氏の書いた小説ですよね、もちろん読みました、
わたしはまだ高校1年生の頃だったと思う、父の書棚にあったのを盗み読みした、
父がこんな本を読んでいるのを知ってビックリしたのを覚えています、

で、これ以後、父の書棚を盗み読むことを覚え、片端から漁り読みましてね、
結果、人間性がネジレテしまった、
父は、亡くなるまで、わたしが片端から読んでいるのを知らなかったと思いますよ、

実は、石原伸晃氏のことをボンヤリ想像しているのですわ、
氏の親父は石原慎太郎・都知事ですよね、
おじさんには裕次郎が居たのだった、裕次郎が酔っぱらって伸晃氏に殴り掛かったことがあったらしい、が、伸晃氏は少林寺の有段者ですからね、ごく簡単に裕次郎をダウンさせたらしいですよ、
慎太郎氏が、弟・裕次郎はある種喧嘩のプロだった、強かったって話すなかで、このようなこと言うているのをどこかで読んだ記憶がある、

伸晃氏のすぐ下の弟・良純さんは俳優で、その下の弟・宏高さんは今落選中の政治家だ、きっと次回の衆院選で出てくるのでしょうね、想像ですけれど…、
で、その下の弟さんは確か画家だったと思う、どんな絵を描かれるのだろう???親父の慎太郎氏がこの画家息子さんを無理やり都の仕事に登用し公私混同だって非難されたことがあったですな、ナニの時だったか忘れけれど、

尖閣購入問題で、都知事のおとっつぁんが、息子・幹事長の政府に油揚げさらわれた、…のですよね、
「卑怯だ、ペテンだ!!」って、おとっつあんは怒っている、
わたし、ヤラセのパホーマンスじゃないかと思うのですがねぇ~、
だって、実の息子の正念場なのですよね、総理大臣になるかもの…、
息子の総裁選立候補の後押しに尖閣を持たせたのかなってね、うがったゲスの勘繰りですわ、

でもなぁ~、親父が日本の首都の東京都知事だよ、息子が日本の総理大事になったりしたら、ドエライことになるかもよ、さらにもう一人の息子が防衛大臣になったりして…
北の某国が震え上がるかも…

あぁ、韓国の統一教会の文鮮明氏が亡くなったようですね、
で、北の金正恩氏が弔電を送り哀悼の意を表したと報じられている、文鮮明氏と金家とは金日成主席以来20年に及ぶ交流があったとか、とか、

宗教と政治かぁ~、
すぐにナントカ学会の公○党が頭に浮かびます、
ナントカ実現党が、またぞろ国政進出を狙い大人数の立候補者を立てるのかな、
わたしの知人にも、コレにとりこまれて夢中にナットる人があって、わたしにも勧誘の手が伸びていますわ、
が、わたしは、尺八吹きの虚無僧だよ、マヤカシの教団(?)、栄えある普化宗(ふけしゅう)の端くれですだ、

わたしとしては、石破茂氏を推したいのだよなぁ~、
彼の目付きがね、わが家のかみさん曰く「パッパとそっくりや!!」らしいです、
彼って、キツイ目付きしていますよね、人を小馬鹿にしたような、見据えるような、ヤクザ目っていうのかな、
でもね、ナニかの拍子に、相好を崩した(そうごうをくずした)とき、なんとも涼やかなやさしい目付きになっとる、
彼が、総理大臣にピッタシだと思うがなぁ~、
あの目付きって、ある種外交目玉に有効のような気もするし…、
あぁ、大相撲に曙って横綱が居ましたな、彼奴の取組前の目付きって、実に嫌らしかった、
石破目付きですが、少しキャツに似ていなくもない、


<余談です>

昨日、通所リハビリ施設へ“今虚無僧”したのですが、最前列に座っていたお方が超音痴のバァサンだった、
音程も、調子もムッチャクチャ、おまけに低いダミゴエだった、
ボヨヨン・ボヨヨン~~と、不思議な調子ッパずれの声です、
が、尺八吹きながら、大丈夫かいな?? 
と、様子を窺うと…
このバァサン、いちばん気持ち良げに歌われている(??)のですよね、
難儀と言えば難儀、感情発露の極みと言えばまさにそのようでもある、
不思議ですなぁ~、
約50名集った場でしたが、この音痴・ダミゴエがチッとも邪魔にならなかった、
他の皆さんはゼンゼン平気でした、
わたし、実に不思議な経験をしました、
ひょっとしたら、声帯に異常があっての“リハビリ中だった”のでしょうか???

|
|

« SNSから~童謡唱歌まで | トップページ | 同ぎょうしゃ »

コメント

ふとした偶然から、「平成の虚無僧」を名乗っている
名古屋在住の尺八吹きの記事や、ブログを見つけました。

50歳で早期退職して、その後10数年を虚無僧で食っているプロだそうで、政治の話にも突っ込むところが、波平さんと何となくダブります。

今の国会議員を見ていると、今まで無関心だった河童でも、本当に危機感を覚えざるを得ませんね。

投稿: 河童爺 | 2012年9月 6日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SNSから~童謡唱歌まで | トップページ | 同ぎょうしゃ »