« 思い入れが強すぎたみたい | トップページ | 和尚さんに負けるな  »

2012年9月23日 (日)

夢を釣ろうとした夢のない話

昨日の魚釣り貧果は、ある種の整合性のなかにあるような気がしてならない、
老化です、歳相応の経年劣化、
あったりまえのことですよね、けっして嘆くようなことじゃない…

魚釣りにもイロイロあって、渓流釣りとか、海釣りとか、池釣りとか、とか…
更には、海釣の場合は、船釣り、磯釣り、浜辺からの投げ釣り…
わたしは、船釣りで、マイボート(プレジャーボート)釣りだ

けっこう体力が必要でしてね、それと気力です、
気力、それも前向きの…
わたし、コレが足らんようになってきたかも

昨日は、事前に大物釣り用の仕掛けをアレコレ工夫し、万全の用意で出撃したのだった、
が、今から思えば、
魚釣りは卓上でするものじゃない、現場で、海で、するのですわ、
事前の仕掛け用意は、現場での即座対応の不安からです、そう思う、

事前の準備が完璧であればあるほど、それにこだわって、現場での最適対応にブレーキがかかる、
ホントの意味での完璧準備であったなら、アクセル踏み込みになる、が、希望的というか、夢追い的というかの、やらずもがなの準備万全は現場対応の手足を縛る、

反省だ、反省だ、
自由自在の対応こそが、プレジャーボート釣りのオモロさなのだったのに、

が、が、夢を捨てて、とにかく現場に即した釣りに徹するだけなら、
“釣果”はたしかに上がりましょうが、遊漁の本道たる“夢を釣る”を捨てることになるのでは???

昨日は、釣果だけなら、タチウオ釣りに転ずるべきだったのです、
充分に釣果は上がっていた…に違いない、
が、艇燃料タンクにガソリンが半分しか残っていなかった、
タチウオ釣りの海域は遠かった、
で、自重した、

気持ちがね、タチウオ釣りの方へ行ってしまっていて、
からっぽになった気持ちで、終日釣っていたのだね、
近場釣りです、それも、見当違いの大物仕掛けにこだわって、
“この仕掛けに喰らいつくのは大物だぞ!!!”って、思って竿先を観ていた、
結果は、ナァ~ンも釣れなかった、

が、いちど確かに大物が掛かったのです、
8号ハリスだった、これをブチ切るのはメジロ級以上の大物だと思っていた、

締め込んだドラッグがキシミ音を立てた、道糸がヅルヅル引きずり出され、大物は瞬時も止まらず、そのまま道糸をブチ切って逃げた、8号ハリスじゃなく道糸の方が切れた、

道糸はPE2号なのだが、傷んでいるのですよね、
傷んでいる部分は切り捨てて使っているつもりなのだが、巻き込んだ残りPEがダンダン少なくなっていて、もったいなくて、で、結果、傷んだ部分が充分に切り捨て得ていなかったってことかな、

逃げられて残念って気持ちは無いですわ、
アレは大物ではあるけれどエイです、間違いなくエイの引きだったです、
畳(タタミ)半畳ほどもある大きなエイが居るのですわ、道糸が途中で切れて、その方が良かったのです、

未だ、浅場で遊べるほどは、PE残糸は残っています、
この際伸びきった部分のPE糸は完全に捨てて、ホントに傷んでいない部分だけに縮めて、浅場専用に使おうと思う来月からのブリ祭りで使うに、これで充分足りると思う、

カラッポのクーラボックスは軽かったなぁ~、

が、夢を釣ろうとしたのは、確かだったような気もする、

あのネ
艇にガソリンを半分しか入れていないのは、わざと、そのようにしているのですわ、
わたし、沖へ出ると我を忘れますのでね、夢中になってしまう、
で、入れたガソリン分は駈けずりまくってしまう、
これでは家計がもたんのだ、
で、わざと燃料タンクには半分だけしかガソリンを入れない、
足らないガソリンでは走り回れない、➝ 結果、家計破たんが防げる、
あぁ~、夢のない話ですなぁ~、


|
|

« 思い入れが強すぎたみたい | トップページ | 和尚さんに負けるな  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い入れが強すぎたみたい | トップページ | 和尚さんに負けるな  »