« バランスなど 2 (日本の人民諸氏) | トップページ | バランスなど 4 (妙なバランス) »

2012年9月27日 (木)

バランスなど 3 (沈黙の春)

「沈黙の春(Silent Spring)」(レイチェル・カーソン著)・新潮文庫、という「本」がある、
DDTや各種農薬(殺虫剤)の有害性を訴える環境問題告発の書、
すこし抜粋してみよう、
「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。…春が来たが、沈黙の春だった。いつもだったら、コマツグミ、ネコマネドリ、ハト、カケス、ミソサザイも鳴き声で春の夜は明ける、その他いろんな鳥の鳴き声がひびきわたる。だが、いまはもの音ひとつしない。野原、森、沼地、みな黙りこくっている」

DDTを始め幾種もの殺虫剤・雑草駆除剤が散布され、昆虫が死に絶え、数種の雑草が枯れた、
で、食物連鎖を通し生態系に異常が生じ、小鳥たちの餌が無くなって、春が来たのに小鳥たちはもう死に絶えたのか鳴かなくなった…との書き出しから始まる強烈な環境問題啓発の書、

日本語に訳されたのは1964年、以後、延々と版を重ねている、
内容には、必ずしも正確だとは言い難い部分があるようだ、が、しかし、論ずる趣旨は一貫し、ここにいささかも疑問を挟む余地はない、

蚤・蚊・ダニ・シラミ…
作物を食い荒らす昆虫たち…
バクテリア・ウイルス…
米栽培に邪魔な雑草…

人間は、これらの邪魔もの駆除の為に化学薬品を散布したのだった、
そして生態系を崩してきた、
“自然のバランスを崩してきた”

地球上の生態系“バランス”、
これこそが“究極のバランス”でしょうね

国と国との国際関係上でいうバランスとは意味するところが違いますが、人間社会の傲慢さってことでは、意味するところは何ら変わらないですよ、
自分らだけが住みよい社会を目指すに、他をやっつけたいのですよね、
他をやっつける、と、これが順繰りに回り周って、やがて自分にそのツケが回ってくる、

蚤や、ダニや、シラミ、蚊などは、やっつけるのだ、
・中国から見る日本って国は、蚤や蚊なのでしょうか???
・日本からみる中国は、ダニやシラミなのかな???

「領土、領海が侵されようとしている!!!」
自民党の新たに選出された安倍総裁がこぶしを突き上げて就任の挨拶をしている、
安倍総裁の“バランス感覚”が気になります、
そして、
中国の習近平氏の“バランス感覚”も、

このお二人の、
保身欲・権力欲、VS 正義感・義務感、
どう展開しますかね、
どうモツレますかね、
ヤバイような気がしますなぁ~

野田ドジョウ???
そんなお方、未だどこかに居ましたっけ???
あぁ、
ドジョウの天敵はナマズですよ、そしてナマズの天敵は言うまでもなく地震です、


|
|

« バランスなど 2 (日本の人民諸氏) | トップページ | バランスなど 4 (妙なバランス) »

コメント

免疫力をつけて身体がウイルスに感染することを何とか避けたい。
同時にパソコンがウイルスに感染することも避けたい。
gooブログにアクセスすると、ウイルスに感染することがあるから、近寄らないことが望ましい。
URLがblog.gooで始まっている。また角の中にgが入った赤いマークが付いている。
ウイルス対策ソフトがパソコンに入っておれば問題ないと思われるが、念のため。
君子危うきに近寄らず。

投稿: 危険goo | 2012年9月27日 (木) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バランスなど 2 (日本の人民諸氏) | トップページ | バランスなど 4 (妙なバランス) »