« 初秋3話 | トップページ | 終の棲家の歌 »

2012年9月 3日 (月)

気持に乱れ

今日は、これから(午前4時)沖へ魚釣りに出るつもりだ、が、情報は好ましくない、
漁師が大きな網を曳きまくり、ゴッソリ獲ってしまったらしい、
漁船の無茶苦茶操業にはいつものことながら呆れ果てて言葉もない、

魚群を見つけるのは、いつもプレジャーボート族が先だ、
で、プレジャーボートが群がり釣るようになると、漁船がやってきて巨大な網を2隻の間に広げ、すべてを獲り尽くす、
と、その後には、ナァ~ンも居なくなる、

メチャクチャに巨大な網だ、大きなビル群を丸ごと囲い込むような具合で、すべてを獲り尽くす、徹底的に、

あぁ~あ、

同行予定の竹友に、昨夜、この状況を伝え、今回は釣り行きを中止しよう、と、伝えたのだった、
が、
沖へ出て、様子をみるだけでもエエから出ましょうよ、って返事だった、
で、出ることにしたのですが…

瀬に喰らいつく自慢の技術で、魚探反応を見極めるビックリ技術で、数尾は釣り揚げ得るかもと思ったりするが…

なんだかサミシイ気持ちですわ、釣り行き前の高揚した気分がどこかへ行ってしまった、

今日の釣果については、夕刻前には、またここに書き込んでみようと思っていますよ、
気持ちに乱れが無ければですがね…

|
|

« 初秋3話 | トップページ | 終の棲家の歌 »

コメント

本日の釣果です、

まず漁船の乱獲状況から、
“魚のアパート”と呼ばれる瀬だが、漁船軍団が繰り返し繰り返し、二艘曳きで、徹底的に獲ってしまったようだ、瀬が丸裸のようになってしまって、ベイト反応がすっかり消えていた、

マツオの瀬で、カンパチ1本、サバ4本、超大のコノシロ4枚、
室津の瀬に、遊漁船軍団が集まっていたが、タモを観なかった、昼過ぎからの潮だと思ったが、わたしは待ちきれず退散した、

シャクだから、帰路アパート通過の際、豆アジを、晩酌肴用に10ほどダマシ釣って帰った、
瀬際を攻めると、豆アジなら釣れる、ただそれだけ、

漁船の無茶苦茶操業には今更ながら畏れ入る、
朝6時半~午前11時までの釣りだった、

エンジンオイルの交換を急かす警告ランプ(百時間)が点灯した、


投稿: 波平 | 2012年9月 3日 (月) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋3話 | トップページ | 終の棲家の歌 »