« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

今日はサボル

ほぼ十日ぶりになる、
これから魚釣りに出てみようと思います、

豆アジが採れれば、コレを生き餌にハマチの飲ませ釣、
コノシロが採れればメジロ釣ですだ、
が、ナァ~ンも生き餌が採れなかったら、エギ使ってアオリイカをねらってみようと思う、

久しぶりに管バリ仕掛けを曳っぱってみる手もあるかも、
フグ釣り仕掛けも用意済だが、特効餌のカワツエビをもう少し買い込んでからにしたい、

今年はタチウオ釣りが出来なかった、
で、用意していた“アジの半生干し”が不要になり、先日、酒の肴にあぶり食ってしまった、

魚釣り後、疲れた身体で尺八稽古してもダメだ、かえって逆効果になる、
が、釣果が良ければそうでもない、要は気持ちの問題かも、

今日は未だ10月だ、
が、昨日早々と12月クリスマス会に来てほしいと、依頼を受けた、
“今虚無僧”プログラムを、晩秋用に、さらに冬用にと進ませねばならん時期に来たようだ、
が、今は、来月中下旬の伽耶院野外ライブの準備に没頭中、

伽耶院野外ライブの準備だが、
歌詞集(※)を4・50冊用意し、オモロがって、尺八聴きに来た“モミジ狩り客”の皆さんにコレを配布し、できたら一緒に歌っていただくことを考えていたのだが、
(※神戸市邦楽倶楽部編纂の冊子「思い出」)
某通所デイケアで、実演試験してみたら、老人らは、冊子にこだわってしまって上手く行かなかった、

で、いっしょに歌っていただくことはアキラメ、
コレを➝カラオケバックに吹く“竹1本のBGM(演奏)”方式にしようかと試行中だ、

“BGM(演奏)”のつもりで、稽古を初めて気が付いたのだが、
この方式は、実は、非常に難しい演奏方式であるような気がする、

<吹奏に合わせて一緒に歌っていただく方式>では、
音色よりむしろ演奏テンポに重きを置いて、とにかく“合わせる”ことに気を遣う、
声に合わせることが大切、
で、
 音程(キー)を少し下げ、
 吹奏テンポもすこし落し、
 要所要所を強調して吹くことになる、

が、しかし、
<BGM演奏方式>では、
純粋に音楽として自立していなければならん、
“モミジ狩り”を楽しむ遊客らが、“生きた音楽”として聴いてくれるかどうか…
 吹奏キーは曲趣に応じてむしろ少し高めが良いように思う、
 テンポは軽快にそして静かに…
 音色にニゴリは禁物、おおらかに、澄んだ音でありたい…

出来るでしょうか????
わたし、百点満点中の20点なら自信がある、
が、なんとかコレを60点近くまでスキルアップしたい!!!

要は呼吸法だと思う、
とにかく腹で吹くこと、気張らずに、ただ淡々と吹く、これに徹して稽古中ってこと
今日は、魚釣りで尺八稽古はサボるけれど…


<釣果報告>

アオリイカ 1杯、
マダコ 1杯、
コノシロ十数尾

ブリもどきの大きなメジロが掛かったが、針が伸びて、逃げられた、
まさか針が伸びるなんて思ってもみなかった、
コノシロは、すべて3枚におろし、塩をし、コブと酢とに漬けた、あす夕方には美味しくなる、
今晩はアオリイカのサシミだ、

風がけっこう強く、波もあって、沖へは出辛かった、
次回は11月4日(日曜日)に出漁の予定、
釣友・ユリタロウ君が、魚釣り界に復帰の構え、
久しぶりに彼と二人で出るが、フグ釣りにした方が良さそうに思う、

| | コメント (1)
|

2012年10月30日 (火)

今朝起き抜けに

“「キャリア官僚だって人間」―30歳元キャリア官僚の語る霞ヶ関の実態”を読みました、
コレ(http://blogos.com/article/49085/)です、

昨日(11月29日・衆院本会議)の、“野田総理の所信表明演説全文”を読みました、
コレ(http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement2/20121029syosin.html)です、


今朝起き抜けに読んで、暗~い、気持ちになりました、
上述の二つとも、さびれ行く日本を見事に語っています、

日本は…
A) 立法・行政・司法の三つで統治されているのですよね
B) 政治家・官僚・経団連、の、三つで統治かも
C) メディア・吉本興業・米軍、の、三つかな???

C)コレが、いちばん正しいような気がしないでもないですなぁ~、
この観方には、市民が深く関与しているって感じがある、

B)これが実態だろうって、ですか???
いわゆる勝ち組の者らが大きな顔をしている社会が観えますね、

A)たてまえ上では、この三つですよね、
が、ダァ~レも、本気で信じてはいない、

現役の働き手だったら、こんなのはお読みにならんでしょうよ、
ヒマヒマの隠居だけかな、
もしもですよ、この波平ブログから、上述二つの閲覧をされ、完全に読み切るお方が居られたりしたら、
ワシャ逆立ちして国会議事堂3周し、「ワン!!!」って言う、

さて、以下は、昨日のアレコレ

昨日は、さんざ尺八を吹き散らした後、わが家の渋柿の木にとりつき、実をたくさんモギリ採りました、
脚立を立てかけて、高い位置の実を採りますが、怖くて、怖くて…高いところは嫌いだ
採った渋柿は皮を剥いて干し柿にします、実に甘くておいしい、

で、渋柿採りの後、アオリイカ釣りの仕掛、と、フグ釣り仕掛を作りました、
“アオリイカ釣り”は、“胴突き仕掛”方式です、
“フグ釣り仕掛(ショウサイフグ)”は、わたし特有の“4本針胴突きタルマセ仕掛”です、

作った仕掛はさっそく艇に積み込みました、
艇には、アレコレの工夫した仕掛けがぎょうさん積み込んであって…
さて、どこへ引っ掛けておこうかな、と、思う間もなく、自分のヅボンに針をひっ掛けてしまって、またまたズボンの方を少しハサミで切って針を外した、
艇まで片道ホボ1時間、早朝と違い、日中は車が混んでいて走り辛い、帰宅後すぐに日が暮れた、

今日ですか???
今日もだいたい昨日と同じようなことですわ、
あぁ、図書館から小説を4冊借り出してある、

| | コメント (0)
|

2012年10月29日 (月)

スキル・アップしたい

年寄りは涙もろくなっているのですよね、
泣ける人は幸せです、
涙が出る人は幸せだ、

もう涙が枯れてしまったお方もある、
涙じゃない、心が枯れてしまったお方だってある、

老人が、歌の途中で、フット声を詰まらせてしまうことがある、
突然感極まって声が出なくなったのだね、
何ともいえない眼で、潤んだ目で、宙を観て居られたりする、

ハンカチを出して顔をおおったりするお方は意外と少ない、
涙が出そうになっても人前では涙は見せないのだ、
生きてきた時代のせいだと思う、
身内の戦死が伝えられても、人前で泣くのは憚れた時代に生きてきた、

逆もまた多いですなぁ~、
男性に多い、
歌声が突然大きくなります、声が押さえがたくなって破裂する、
瞬時大声になり、すぐまた元に戻る、
某施設の、某ジイサンの場合は、感情がそのまま声の大きさに顕れる、
このお方の場合は破裂じゃない、朗々たる歌声になる、

先日は、某某施設で「軍艦マーチ」が聴きたいってリクエストがあった、
で、勇ましく吹きました、
と、吹き終わった後、座の後ろの方から別の軍歌のツブヤキが聴こえてきた、
つぶやくような歌い方だ、他の人に聴かせようって歌い方ではない、
ついつい口をついて出てしまったみたい、
少年兵で出征し、シベリア抑留の経験をもつジイサンだ、
この方、耳が遠いのだ、自分の小声ツブヤキは他には聴こえない、と、思われたのでは、

場に、老人らの感情が渦巻きます、
この渦巻場を、わたし、故意に壊します、
ほったらかしていたら、場がガヤガヤしてきて、で、横道へそれてしまう、
ダマレ!!!などと叱責の声の老人が出たりする、

で、わたし、その前に馬鹿馬鹿しいことじゃべったりして、
で、で、又、次の歌を吹きます、

数小節吹いたら、もうその歌の雰囲気の世界にナットる、
わたしが上手なのではない、歌自体が持つ潜在的な力でこうなる、
わたしは、歌の力を、むしろ邪魔気味にしか吹け得ていない、
なんとか、歌の力を邪魔しないで吹きたいですわ、

自分を生かす吹き方なら、わたしにでもデケルような気がします、
そうじゃなくて、歌を生かす吹き方です、
歌は、個々に命を持っています、その命は、わたしが勝手にイジクッテはならん、
わたしの勝手は許されない、

どうしますか、

可能な限り“淡々と”吹きます、音は揺らしません、飾らない音がエエ、
尺八家は、得てして首を過剰に振りたがるのですよね、

息継ぎを自分勝手な場所で行うなどはもっての他だ、
……が、苦し紛れに変な箇所で息継ぎしてしまう、

音程を狂わせるなどは下の下でしかない、
……が、このレベルから未だ脱しきれません、

曲中の強弱を故意に強調するなども避けます、
感情が高揚する部分に来たら、むしろ音を押さえます、
吹きあげたらダメだ、感情の高揚は老人らの心の中でのことです、
下手な尺八音を張り上げて、老人の心の動きを邪魔するのは、邪道そのものだと思う、

アレコレ思うのですよね、
思うとおりには、吹けないですわ、なさけないですねぇ~、

いちばん難しいのは、“音の支え”でしょうね、
小さく吹くのではなく、押さえて吹く、コレッテ、吹奏音を完全に支えきらねばデケンのです、
音は腹で支えます、気持ちは捨てて、諸々の技術はすてて、ただ単に“腹に”任せます、
わたし、未だに3分4分程度しかデケておらん、
せめて6分程度までスキル・アップしたいですなぁ~、

| | コメント (4)
|

2012年10月28日 (日)

野外用“特別プログラム”研究中

来月中旬になると、伽耶院境内は見事に紅葉しましてね、
で、境内に“地元商店街・食の会”の方々が、お弁当や飲み物サービスのテント店を出すのですわ、

で、で、このところ毎年、わたし、邦楽仲間を募って、テント店の横の芝生に簡易舞台を設け、ここでモミジ祭り協賛の野外ライブをやっとったのです、
三曲合奏したり、童謡唱歌を吹いたりしていていたのです、
簡易舞台設営は地元(三木市)商工会議所にお願い出来ていましたし、
仲間の中に、本格的音響装置を持つ者が居て、自前で装置を持ち込むことが出来ていました、

が、仲間らは全員ジイサン・バァサンじゃないですか、
音響装置設営担当の仲間も入院してしまったし、年々体調を崩す者が増えて、
なかには亡くなった者も…、
もちろん未だ元気な者らの方が多いのですが、前向きな気持ちがね、コレが緩んでしまった、

今年は、残る力を結集し、余技のこのような試みじゃなく➝本舞台(三曲合奏)をやろうとなった、
神戸市内中心部の相楽園会館で実施の運びです、
が、が、わたしは、
もうだいぶ前から三曲合奏の世界から離れていましてね、“今虚無僧”活動バッカシですわ、
わたし、独り、落ちこぼれてしもうたってことですよ、

わたし単独で、野外ライブができるかどうかです、
仲間から、協力を惜しまない旨の申し出もありますが、中途半端な気持ちでの協力では困ります、
わたし、童謡唱歌だとはいえ、毎日毎日、稽古に稽古を重ねている、工夫工夫です、
仲間らは、そうじゃない、三曲合奏の稽古の方にその勢力を使っている、童謡唱歌などは吹いておらん、

で、わたし単独で“野外“今虚無僧”ライブ”を試みるつもりです、

“今虚無僧”とは、
今の社会にそぐわしい“今風の虚無僧活動”を追求してみたい、の、意でしてね、
この気持ちは捨てたくない、

虚無僧吹きは、元来、野外の“生吹き”じゃないですか!!!
でもなぁ~、やっぱ、出来れば音響設備の応援が欲しいや!!!
でも、応援が得られない、
で、で、パソコンのイヤホン接続穴に、二股コンセントを突っ込み、デスクトップ・スピーカーを計4機鳴らす工夫をしました、内2機は竹友が持ち込んだものだ、が、コレ、音響装置だなんでレベルじゃない、でもなぁ~ここまでですわ、

昨日は某所(通所デイサービス施設)へ“今虚無僧”したのですが、ココは比較的達者なお年寄りが多い施設ですのでね、皆さんに簡単に事情をお話しし、野外用“特別プログラム”を実演させていただいた、
で、まだまだ改善が必要、と、判った、

と、老人らがね、口々に、施設長さんに、
「その日は伽耶院へ連れて行ってほしい…」って言う、
「そうね、皆で行きましょう…」と、施設長、
嬉しいですなぁ~、ものすごく、わたし力を得たような気がする、

| | コメント (4)
|

2012年10月27日 (土)

音程のこと

キーを変えると(演奏音程を上下すると)音楽は変化しますかね???
音楽に詳しいお方なら、すでに周知のことかも…
が、わたしには、このあたりのことがわからんのです、いつも、いつも、不安に思っているのです、

ユーチューブで童謡唱歌やカラオケを聴きましてね、コレに合わせて尺八を吹いて遊びます、
わたしは、自分が歌うに代えて、尺八を吹きますのでね…

ユーチューブの演奏に合わせて吹こうとしますが、1尺8寸管より短めの尺八でないと合わし得ない曲がヤタラ多いのです、

あぁ、尺八は長さが1寸違うと、音程では1律違ってきます、
三味線で言うと1本違ってくる、ドレミでいうと半音の差が生じます、

常の尺八(1尺8寸管)の音穴を全部塞いで吹きますと、
➝Dの音です、これはドレミでいうと、レの音ですわ、
1尺7寸管に持ち替え、同様に音穴を全部塞いで吹きますと、
➝D♯の音が出る、ドレミでいうと、レとミの中間音ですわ、ピアノ鍵盤ではレとミの中間の黒鍵かな、

仮に、ユーチューブ曲の音程を、パソコン処理で➝5・6律も上げますとね、
歌っている歌手が男性の場合だと➝女性の歌声になってきます、
更に、音程をあげると、だんだん幼い女の子の声になります、
笑ってしまいますよねぇ~

が、可愛い少女の声のユーチューブ曲を、同様にパソコン操作で演奏音程を下げて、
で、常の(1尺8寸管)で吹けるように修正すると、
と、と、可愛い少女の声が➝オッサンの声になって来るのだ、
これって笑えないですよ、超気持ちが悪いです、

ユーチューブ演奏の曲や、プロ歌手の歌声は、基本音程が高いのですわ、
ド素人が、プロが歌うカラオケの調子そのままで、歌うには無理がある、
カラオケのキー(音程)を少し下げて歌うと歌いやすいってこと、

が、カラオケの音程を下げてしまうと、音楽の趣が、それが女性の感情を歌った歌だとしたら、
音程を下げる程に➝男性の声になって、要するに男の感情に変化してくる…のでは???
と、わたし、このことがよくわからんのです、

で、カラオケに合わせ吹く際は、可能な限り、音程に合う長さの尺八を使うべきだ、と、と、なりますよね、
来月(11月)の地元天台寺院・伽耶院のモミジ祭りで、わたし野外ライブを試みてやろうと、今、アレコレを研究中でしてね、で、カラオケバックに吹き散らかしてやろうと思っとるのだ、
カラオケのキーを可能な限りイジラズに、尺八を“とっかえひっかえ”しながら吹く稽古ですだ、
難儀なのですぜ、なにせ、わたしの持っている尺八は地無し尺八(不調律)じゃないですか、尺八ごとに癖が強いですからね、これらをトッサに吹き分けるのは超難しいわけですよ、
錯覚するのです、この竹は「チ」の音がヤタラ高いのだって咄嗟に逆判断したりがある、

あぁ、わたしが、ナニを言おうとしているかですが、お分かりいただけたかな???
わたし、尺八の話をしているわけじゃないですよ、

あのような右傾度の強い、それも癖の強い地無し尺八じゃなかった、ヂヂイが、80にもナットるのに…
まわりの人々を小馬鹿にしたような態度で…
こんな爺さんに国政を託してエエのかいな???
あまりにも音程が狂うことになり過ぎはしませんか???

石原氏は超秀才で、超優れたお方だと思いますです、氏の小説はわたし大好きだ、
が、氏はもうご高齢だ、ボケが来る年齢だ、
次期衆院選に出馬???
ソレこそが、もう惚け症状かもよ、
小説の力をもっと信じて、文学の力をもっと信じて、頑張ってほしいのだよなぁ~、


| | コメント (1)
|

2012年10月26日 (金)

反省、反省、大反省、

“平成の虚無僧一路”を名乗る尺八奏者が居られてましてね、
わたし、時々氏のブログを拝見していますが、拝見する都度、自分自身を反省することになります、
気後れ、気後れで、自分が小さく思えてならなくなる、
で、逃げ出します、
と、シバラクして、また、コソット覗き見したくなる、

プロとアマの違いと言ってしまえばそれまででしょうが、ヤッパ気構えが違うのですよね、
完全に負けています、
わたし、今さら、どう頑張っても“一路”氏にはかなわないです、
素質も、芸域も…

この感覚は、岡山の河童爺どんに対しても同様のものでしてね、
どうがんばっても、河童どんの真似はデケンです、
生来の音感が違います、氏は、ひょっとしたら絶対音感のお方ではないのかな???
曲もテンポの把握がヤタラ鋭いですよ、ソレを即座に譜面化なさる、
この感覚はもう天性のものでしかないと思う、

恥ずかしながら、わたしだってひょっとしたらデケルかもって思って、五線譜曲の何曲かを聴いて聴いて、で、尺八譜に採ってみたのですがね、時間が掛かって、時間が掛かって、どうしようもないですわ、
めっちゃ頑張れば採れないことはないってことだけは判った、
が、それだけですわ、否、それだけじゃない!!!
“自分は河童どんの能力にはかなわない”ってこと、コレがシッカリわかりました、

河童ドンは、詩吟や民謡の伴奏もなさるようだ、
コレッテ、歌い手の声の調子に即座の対応がデケンとダメですわ、♪音符吹きがなんぼ上手でも、それだけではダメ、氏は何寸物の竹を持っても、即座に自分の身体の一部にしてしまう、

世のなかには、こういうビックリの方々が仰山おられるのですよねぇ~、

油断したら、とんでもないことになります、
老人ホームでの、尺八吹奏ボランティアですが…
“耳の遠い、半ボケ老人相手に吹くだけだから…”
なんて思っていると、とんでもない間違いですわ!!!

経験豊かな、あらゆる面で…、経験豊かな方々バッカシ、
が、このように思って臨むと、縮んでしまって、あがってしまって、で、吹けなくなるし…

稽古を重ね重ねすると、自分でも少し上手になったような気がしましてね、
が、その都度、またまた、慢心をいさめる思いが込み上げて来て、
で、録音を聴き直すと、やっぱダメだ、
ドタッと気持ちが下へ落ち込みますです、
ダメだ、アカン、なっとらん!!!

実は、“平成の虚無僧一路”氏から、ちょっとしたお言葉が届きましてね、今は、恐縮し震え上がっているのですわ、
世のなかには凄いお方が居られますなぁ~、

| | コメント (2)
|

2012年10月25日 (木)

アレコレ工夫中

野外で“今虚無僧”が可能かどうか???
来月、伽耶院・モミジ祭りで試してみよう、
目下、アレコレ工夫中だ、

野外で使える音響設備が欲しい、が、叶わない、
パソコンのイヤホン穴へ家庭用小型スピーカーを計4台接続して実施のつもり、

通常、室内で実施の“今虚無僧”では、原則としてカラオケは使わない、1尺八寸1本の生吹きだ、
が、
この度の伽耶院・モミジ祭り(野外)では、カラオケをも使用し、持てる尺八を総動員して臨もうと思う、
1尺6寸・7寸・8寸・9寸・2尺・2尺1寸の6本だ、

歌詞・スクリーン投影方式は、野外の陽射しの中では使えない、
で、神戸市邦楽倶楽部編集の歌詞集(冊子)・「思い出の歌」を50部ほど用意した、
紅葉狩り客らが、随時手に取って閲覧デケルようにする、
冊子は、お持ち帰りじゃなく、場を去る際は、戻していただくことになる、
電源は、50メートル巻きのコードを持参する、以前艇で使用していた物が役に立つ、

11月17・18と、同月23日・24日・25日の通算5日間、
このうち、天気が良い日に、実施のつもりだ、わたし独りのことになるけれど…

今日も、つい先ほどまで、尺八をとっかえ引っ掛えしながら遮二無二稽古をしていた、
童謡唱歌を中心に約40曲あまりを、スタンバイ状態にまで仕上げるつもり、

稽古が6・7分通り仕上がったら、現場に出て、臨場リハ(稽古)を重ねてみようと思っとる、
伽耶院境内は広大だ、が、常は閑散としていて、ほとんどダァ~レも居ない、
もちろんお寺の許可を得ての稽古になるが、お許しいただけるだろうと思う、


| | コメント (0)
|

物忘れ

手帳を紛失し➝探しまくり➝見つけて➝またどこかへ置き忘れ➝探しまくる…の毎日だ、

手帳にメモル、…と、それだけで安心し、ポイとどこかへ置き忘れる、
Tシャツ・半パンツの真夏は特に難儀だった、ポケットが無いからなぁ~
で、
だんだんポケット付の被服着用の季節になってきたが、いつの間にか、手帳・財布などは持ち歩かぬ隠居生活に慣れてしまって…やっぱ、ポイと置き忘れる、

少し年下のかみさんも、最近たびたびナニやカヤ四六時中探し物しているように思う、
「オイ、ナニ探しているのや???」
「○○が無い…」
財布であったり、帽子であったり、アレコレの申込書であったり…

料理途中、用意した食材を中途半端なままほったらかすことがあるようでしてね、
「あたし、ナニするつもりだったの???」
とか、
オカズは造ったが、ご飯を炊くのを忘れていたとか、とか…

わたし、自分自身の物忘れには慣れていますが、諸事、かみさんに頼りきりの生活に慣れてしまっていて、
で、かみさんの物忘れには大きな不安を感じます、

あぁ、
いつ頃からか、わたしも、かみさんも、互いの物忘れを咎めることはしなくなっていましてね、
で、ナニかが無くなっても、ほったらかしていたら、必ずどこかからか出て来るって思うようになっとって
現に、これが、ほぼ必ず出てくるのだよなぁ~、実に不思議ですなぁ~、

物忘れは、歳のせいですよね、
脳みそ劣化のなすところだと思う、体力的に緊張維持が衰えてきたのだ、
が、が、もうひとつ、別の原因があるようにも思う、

かみさんの物忘れは、絵の制作中に最も激しくなる、寝ても覚めても絵の制作に夢中にナットる、
絵の展覧会中も、自宅に居ても、心はソッチへお出掛けになっとって、ダンナのご飯の世話なんぞは忘れておる、
料理していても、心はマナイタ上には無い、展覧会場に出掛けている、

わたしも、“今虚無僧”や“魚釣り”の方に、気を取られていて、この傾向は年々強まるばかりだ、
今月の“今虚無僧”は今週末・土曜日の1回を残すのみだが、どのようなプログラムを組もうかと、ずっと思案し続けている、

加えて28日(日曜日)には苦学の釣り師・ユリタロウといっしょに、“凱旋(?)魚釣り”に出る予定にナットって、これがずっと気になっている、(彼は、今年こそは弁理士試験に合格しそうだ)
さて、どんな釣り仕掛けの準備をしておこうか???
そもそもナニ狙いで出漁すべきか???
天候は大丈夫か???
メジロ・ハマチ・サワラの曳き釣り・タチウオ・少し時期は早いかもだがフグ狙いって選択肢もある、
既に全対象魚への釣り仕掛け準備完了のつもりだ、が、もう手抜かりはないか、
艇の整備は大丈夫か、燃料は先日20㍑携行缶でセッセと運び積み込んだが足りるか、

で、で、結果、他のことから注意がそれる、
物忘れ、物忘れ、が、頻発している、

| | コメント (0)
|

2012年10月24日 (水)

ビックリ・シーベルト

愛媛県佐田岬半島の付け根にある伊方原発は、瀬戸内海・伊予灘に面した位置にあって、豊後水道から伊予灘へ入ってきた潮流は最強時約3ノット強で瀬戸内海を東進し小豆島付近まで到達します、
潮流は東進したり西進したりを日に2度繰り返す、

ってことは、
原発事故で漏れ出た汚染水は、あっという間に瀬戸内海の伊方以東~小豆島一帯を汚染するってこと、
で、その後数日を経ずして大阪湾一帯にも汚染は広がる、

また、豊後水道を経て外海へ出た汚染水は、
その日の内に、足摺岬を経て土佐湾沖を東進し、潮岬に接岸しながら黒潮流の影響を受け東進するのではなかろうか、
事故発生後二日も経てば、
房総半島・野島崎で放射能値が急上昇するかもだと思います、伊豆諸島はどっぶりと放射能の海の中かもです、

あぁ、わたしは潮流測定の専門家なんかじゃない、が、潮の流れはだいぶ知っています、
日本列島を小型ボートで単独一周航海したことがある、この航海に先立って何度も遠出航海の練習をした、
伊方原発から約7マイル西の三机港へも、数回入港し周辺の潮流のあらましは知っている、
伊方原発沖を航行の際、あまりに不可解な潮流に出くわし、海上から海上保安庁にこの時刻・この海域の潮流情報提供を求めたこともある、あの時は、ひょっとしたら急激な気象変化が生じたのかと疑ったりしたのだった、
豊後水道も数回航行したことがある、ここで遭難しかけたこともある、怖さは知っている、

昨日(10月23日)伊方原発から30キロ圏内の住民らによる避難訓練が行われたようですね、
13万人が住んでいるそうだ、で、この方々の避難訓練だ、
が、陸の訓練だけだ、

海洋汚染水はどうナットるのだ!!!!
すくなくとも、瀬戸内海漁業は瞬時に全滅しますぜ!!!
きっと、瀬戸内海沿岸はビックリ・シーベルトになりますわ、
あぁ~楽しみだ、

あぁ、“楽しみだ”ってのは、悪い冗談ですぜ、
伊方原発はプルサーマル発電だ、こやつがハジッタリしたら、もうお終いですわ、
いまさら避難訓練なんぞしても始まらんです、…と、思います、


放射線の呼び方はシーベルトって言うのでしたね、アレコレ難しいですなぁ~、
魚の数え方だって、匹・尾・枚・本・杯…と、あるからなぁ~、

| | コメント (0)
|

なかよくあそんで やっとくれ

国と国との間の感情的な対立が、これほど簡単に、一定方向を向いてしまうなんてビックリですね、
が、周知の、個人:個人、の関係に戻ると、それほど変化してしまったわけでもない…
が、が、国:国、の、対立関係はすでに互いの国のマクロ経済をダウンの方向に動かし始めていて、すでに相互の国民生活に影響を及ぼしている、

円安方向に傾いてきましたね、
わたし、経済的な知識がほとんど皆無の状態です、
が、円安ってのは、日本国の価値が下がってきたら、円安方向になるのですよね、
違っていますか???

言葉の逆理解がありますわな、
円安だと79円が80円に、さらに81・82・83…と数値は高くなる、200円くらいまでは一気かも
とにかく、高くなるのに円安だなんて…頭がこんがらがります、

79円出せば、アメリカで1ドル相当の商品が買えた、
が、円安になって、
今は80円出さなければ、アメリカで1ドル相当の商品が買えなくなった、

円安とか円高とか言うから分かりにくいのであって、円弱・円強と言うた方が判り易い、
円安=円弱=日本円の価値低下=日本国の弱体化=日本沈没
違っていますか???

今の日本は、国の予算執行すらまともにデケン国になりつつある、
国土を隣国に侵されつつあっても有効な手立てをこうじることもデケン、
米軍の進駐を得てなんとか国体を維持し得ている国だ、米軍兵が日本女性を犯す事件が又々生じたが、日本政府は駐留米軍司令官に兵士の綱紀粛正徹底をお願いし得ただけ、

いっそのこと、日銀を米国の中央銀行に売却し、円を廃止し、ドル圏に入ったらどうか、
日米安保体制の完結かもよ、

あぁ、冗談ですよ、
馬鹿馬鹿しいが、あり得ない話でもないのがシャクだよなぁ~

…米欧経済の過度な悲観的観方の後退が円安に働いた、との観方もあるようだが…

♪♪
  青い目をした お人形は
  アメリカ生まれの セルロイド
  日本のみなとへ ついたとき
  いっぱい涙を うかべてた
  わたしは言葉が わからない
  まいごになったら なんとしょう
  やさしい日本の 嬢(じょう)ちゃんよ
  なかよくあそんで やっとくれ
  なかよくあそんで やっとくれ ♪♪

| | コメント (0)
|

2012年10月23日 (火)

今回は市長を応援する

週刊朝日に掲載された差別記事ですが、橋下市長は矛先を納めていませんね、
これはそう簡単にはおさめ得ないでしょうよ、

わたし、差別記事って言い切りましたが、
で、許せん!!!と、思うのですが、
が、が、報道の自由の見地からして、これくらいの記事は、公人としては耐えるべきだ、とか、とかの
批判があるようですね、
批判記事を読みますと、なるほど、そういう考え方、観方もあるかなぁ~、と、思わなくもない、

が、しかし、これも橋下市長の場合に限っての、ことなのですよね、
公人としては、あるいは耐えるべき範疇の、言論の自由・報道の自由かも、かもです、
が、が、しかし、しかし…
橋下市長を攻める(??差別視する)言論は、そのまま、いわゆる被差別地区とされる地区に住む住民を直撃していることを忘れているのではないですか!!!
いつまで同和差別を温存しようとするでしょう???
と、いうより、差別を顕在化させようとする意図がなければ、書けない記事ではなかったのか!!!
このことを忘れて、
これくらいの記事で喧嘩を売るのは間違っているなどの批判は、いかがなものかと思いますがねぇ~、

それともうひとつ気になることがある、
いわゆる橋下市長同様の、あるいは似た境遇にある方々からの、生の被害発言が聴こえてきませんね、
俺らのことをそれほどまでに差別視するなんぞ許せん!!!
の、声が聴こえて来ない、
コレ言うと、今の社会ではヤバイと、いうことではないのかな、

こんな差別風潮は断じて断つべきです、デッタイに乗り越えねばならんことだ、

わたし、ほんとうは老人差別について、すこし語りたいのだが、
その前に、このような大きな差別の壁がある、

わが国は、ますます高齢社会になる、老人蔑視の国になる、
そんな気がする、
差別は、一番弱い立場の者らが標的になる、
わが国は、真正面から老人らを見なければならん時に来ているのに、
前時代的な同和差別なんぞに、いつまでこだわっているのだろう、

| | コメント (0)
|

あたりそうであたらない

わたしが出合うのは老人バッカシですわ、
わが家周辺も老人所帯バッカシだし…
わたしの妹も、かみさんの兄弟らも、全員老人になってしもうたし…

ご近所ですが、時に3・40の現役世代を見かけますが、たいがい単身者ですわ、
いったん結婚して巣立ったのだが、離婚し、又、親元(老いた両親の元)へ帰って来たのだね…

老人だけのお宅から、子供の声がしたりすると、アレレと思う、ヤバイですよ、
アソコも、子供連れて親元へ帰ってきたのかな???
離婚してしまったのかな????

わが家の前の路が老人らの散歩道になっとって、で、トボトボ歩くのは皆さんご老人です、
連れ歩く飼い犬も応分に老いていてトボトボ歩きしとる、

わたしが出掛ける先は、デイサービスセンターとかとか老人(福祉)施設バッカシじゃないですか…
魚釣りに出ても、出合って話しするのは、現役引退のズズイらバッカシ、
いったん退職後の嘱託扱いでときどき出社のお方らもありますがね、
あきらかに現役世代と思えるお方もおられます、が、向き合うと、わたしナニ話ししてよいのか戸惑う、

老人はインフルエンザ予防接種はタダですよ、で、医院へ出掛けたら、老人バッカシだった、

わたしには子供は居ない、で、当然ながら孫も居ません、

老人(福祉)施設へボランティアして、童謡唱歌や演歌などを尺八で吹いているわけだけれど…
決して音楽事情にに詳しいわけではない、
白状しますが、わたし、若者らが、最近どんな歌を歌っているのか全く知りません、
AKB48が可愛いから、時にチラット観たりもする、が、5分と観続けることがデケン、動きが激しくて疲れる、
彼女らは、センターポジションを争っているのだそうですね、
エエ大人が、幼い少女らをあんなふうに躍らせてオモロがっているのかと思うと、むしろ嫌な感じです、

狭い菜園を持っていましてね、
実のなる果樹をあれこれ植えていたのが、年数経って、それぞれ実を付け始めています、
桃栗三年柿八年って言いますよね、
柿がぎょうさんなって、色つき始めました、ミカンも…、あぁ、栗も実りましてね、大粒ですよわが家のは、栗ごはんして食べました、
柿は、甘柿は少ししか実らなかった、概ねヒヨドリが群がって食べちまった、
渋柿も色つき始めました、大粒です、コレは干し柿にします、
キュウイも大粒のが仰山なっている、
アケビもありますぜ、もうハジケテしまったですがね、
春には梅もなりますが、もう老樹になってしもうて、今年はあまり実を付けなかったなぁ~、

ミカンをモギリ採って食ったり、渋柿が熟すのを待って野鳥らに突き食われる寸前に採って食います、が、たいがい野鳥らの方が早く、コヤツらが先に食ってしまう、あぁ~残念!!!

先日、稲美町に住む友人宅へ釣果のハマチを届けたら、今年オレが作ったコシヒカリだって、新米をぎょうさん頂戴した、
大きなタンボをもつ農家でしてね、郷土史家でもある彼は古文書読みが得意ですわ、で、米作りも上手だ、野菜作りにも長けていてナニやかや、ぎょうさん頂戴してしまった、
わたしは釣り師ですからね、釣果で野菜を釣ったりもするのかな???
あぁ、彼はわたしと同年です、

ひさしく、子供らを見ておらんような気がする、

子供代わりに飼っている犬・ショウタ(シーズー犬)も既に9歳を超え所作がズズイ然としてきました、
四六時中眠そうな目をしています、
ひとしきり玄関先で、怪しげな老人散歩を見つけて、ワンワン吠え掛けると、もうドタッと疲れるようだ、

10月も、もうあとわずかになりましたね、
11月に入ったら、フグ釣りに出ようと思う、
今は、これだけが楽しみで、希望で、大仰に言えば生き甲斐ってことにもなるのかな…
釣ったフグは自分でサバイて食いますが、当たりそうで当たらないですな…

| | コメント (0)
|

2012年10月22日 (月)

車と原発

<車の話>

わたしとかみさんの老人二人所帯ですよ、だのに、中古の軽四と、ホンダCR-V(8年前に新車購入)と、2台も車を持っていましてね、贅沢ですよねぇ~、

実は、一昨日、ホンダCR-Vを1年点検に出したのですが、その際に代車を与えられましてね、新たに発売されたハイブリッド車でした、

で、代車を返還の際、この代車の乗り心地についてのアンケートを求められた、
「乗り換え検討中の車はありますか」の欄に、バカ正直に「スズキの軽四」と書き込みました、
と、デイラー営業マンが、すっ飛んできた、

わたし、ナニか悪いことしましたか???

もし、ボート販売業者が「乗り換え検討中のボートはありますか」ってアンケート用紙差し出せば、
わたし「ミノア29オスカー」って書きますよ、北欧・フインランド製のボートです、
ほんの2・3千万あれば、これに完全装備ほどこして、で、今一度日本列島ぐるぐる回りがデケル…
フインランドから営業マンが飛んできたりして…
フインランド語でしゃべられても、ワシャさっぱりわからんがよォ~!!!

“ほんの2・3千万”
ほんなもん、あるわけないやろ!!!

<原発の話>

政府と、原子力規制委員会が、“原発再稼働の最終判断”をめぐって、責任のなすりつけ合いをしているのですよね、
政府は、原発再稼働の最終判断をする機関として、原子力規制委員会を作ったつもりだった、
が、作られた原子力規制委員会は独り歩きを始めた途端に、
➝科学的な安全検証はするが、“原発再稼働の最終判断”はしない、と、言明した、

どうしますか???

これ、別に考え込むような難しい問題でもないですよ、
もうひとつ“原発再稼働の最終判断委員会”を作ればエエだけの話でしょうが!!!

と、“原発再稼働の最終判断委員会”がデケタとする、
と、と、独り歩きを始めた途端に、
“再稼働の是非決定はする”
➝が、“地元への説明や、稼働時の常時管理”は、政府の責任下で行うべきだって言明する、

なら、さらに
“地元への説明や、稼働時の常時管理”のための「委員会」を作ればエエだけの話だ、

あのね、
アッチの委員会、コッチの委員会、と、アチコチ掛け持ちのお方が多いのですぜ、
名刺の裏に、数えきれない所属委員会の名が刷り込まれていて、それへ出席する都度、報酬を頂戴する仕組みなのではないのかな???
頼まれれば即座に名前を貸す“名板貸し商売”の、通称知識人とよばれる方々かもよ???
間違っていたらゴメンサイ、

そもそもが、委員会ってのは、責任分化(逃れ)を重用したごまかし組織です、マヤカシだってこと、
赤信号、みんなで渡れば怖くない、

原発が、委員会・委員会・委員会…で、こねくり作られる構図、
民主主義ですなぁ~、立派だ!!!

| | コメント (0)
|

2012年10月21日 (日)

明るい吹き方

大昔の流行歌(演歌)に「無情の夢」ってのがある、

あきらめましょと 別れてみたが
なんで忘りょう 忘らりょうか
命をかけた 恋じゃもの
燃えて身を妬く 恋ごころ

喜び去りて 残るは涙
なんで生きよう 生きらりょうか
身も世も捨てた 恋じゃもの
花にそむいて 男泣き

これを尺八でどう吹きましょうかねぇ~、
二つの吹き方があると思う、
暗い吹き方

明るい吹き方

わたし、明るい吹き方でありたい、と、思う、

“男泣き”し終えたら、
前に向かって進んでゆく人生でありたい、

今日は、また、老人らの前で“今虚無僧”する日なのですがね、
コレも吹いてみようと思う、
“明るく”です、

自分独りではすでに生活し難くなって、老人施設のお世話でやっと生きている方々だ、
コレを皆で歌ったら、気持ちに張が出てきて、元気になるような、そんな尺八伴奏(吹奏)でありたいと思う、
難しいですよ!!!

が、コレ、元気を想いだし、気持ちに張を出すに非常に適した歌だと思う、
逃げちゃならんのだ、

七五長の歌、尺八吹奏に適したヨナ抜き旋律、
陰にこもらず、明るく単純明快に、サラリと吹奏するのだ!!!

さぁ、稽古するぞォ~

| | コメント (0)
|

今現在の中国大使はダレ???

木寺昌人氏が新中国大使に決まったのですよね、コレ報じられたのは今月(10月)6日でした、
今日は既に10月21日ですよ、

が、“在中国日本大使館”のホームページを開くと、大使紹介は未だに丹羽宇一朗氏のままだ、氏は、不適切な発言があったとして野党から更迭を要求され、西宮真一氏にバトンタッチしたのだった、

が、が、西宮真一氏が急逝し、後任が空席のままになっていたが、今月6日やっと木寺昌人氏が中国大使に決まった…のだと、わたし、思っていた、

今朝の日経新聞2面に、
A) “日中対立今までと別次元”と題する囲み記事が載っていて、これの副題が“丹羽中国大使が講演”とある、
B) 同じ2面に“風見鶏”と言う名のコラムがあって、“木寺新中国大使の浪花節”と主題の文字が大書されている、

わたし、よくわかりません、
今現在の中国大使は、丹羽宇一朗氏???
それとも、木寺昌人氏???

上述したように、現在の“在中国日本大使館”のホームページでは、
➝“今現在の中国大使は、丹羽宇一朗氏”

どうナットるのでしょうね???

| | コメント (0)
|

2012年10月20日 (土)

狂ったかな???

<「週刊朝日」の差別記事掲載ですが>

記載された八尾のドコソコですが、その地区は、部落差別を助長されたことになりますよね、
橋下氏のご家族も差別に苦しむことになった、お子さんが多いのですよね、

とにかく、橋下氏が関わるアレコレへの差別です、

日本維新の会を、ある種、その眼で見ることを促しているのですよね、
と、まさにココこそが、今回の差別報道の目的ではないのかな???

「週刊朝日」は、日本国民に、日本維新の会を、部落差別の目で見るように促したのかな????

「週刊朝日」は…
って、ことは、“朝日新聞”はってことと同じだ!!!
っと、橋下氏は言うているのですよね、

氏の言うように、朝日新聞こそが糾弾されるべき張本人でしょうか???
ひょっとしたら、そうかもしれない…ような気がする

日本社会をぶっ壊すに足るこのように悪質な記事を、よくもまぁ掲載したりしたものだ!!!
わたし、殺人にも匹敵する、超悪の犯罪だと思いますよ、


<野田総理の政権延命ですが>

例に挙げるのは不適当かもわからんが…
仮にわが国が核兵器を保持していたとしましょうか、
隣国からわが国が我慢のならない侮辱を受け、国民の多くが怒り狂い、
“彼の国をやっつけてしまえ!!!”
と、なり、総理に核弾頭の先制攻撃をするよう迫った、…と、しましょうか、

国民の多くと、国会の野党らは、そろって総理に早く核ミサイル発射ボタンを押せ、押せと迫る、
が、が、総理はグジグジしているばかりで、なかなかボタンを押さないのだ(野田)、
すなわち、衆院解散を行なわない、

核ミサイル発射ボタン、と、衆院解散権行使、
コレッテ、同列の話でしょうか???
が、少なくとも、今の総理の想いの中では同列になっとるような気がする、

| | コメント (0)
|

2012年10月19日 (金)

強化練習に突入す!!!

伽耶院・モミジ祭りに、“今虚無僧”を仕掛けるつもりで準備中だ、

昨年までは、尺八仲間らの協力が得られて、総勢10名程で対応したのだった、
が、ナニセ年寄りらばっかしであって、入院してしまった者、亡くなってしまった者、もうほとんどあちら側へ渡っている者などで今年は場が立ち難くなった、

もちろん未だ元気な者らの方が多い、
が、元気すぎて、彼らは、神戸市内中心部・相楽園で本格的演奏会を企画してしまって、
で、伽耶院の童謡唱歌吹きが彼らにとっては二の次になってしもうた、

が、が、わたしは、三曲演奏会よりも、こちらの童謡唱歌などのモミジ祭り方に重きを置きたい、
で、今年は、彼らを頼らず、わたし独りで“今虚無僧”の野外・モミジ祭り版を、やってみようかと思っている、
パソコン外付けの小型スピーカーを4機用意した、

つい先日、現地で実験した、
“今虚無僧”仕掛けが、モミジ祭りの野外広場でどの程度使えそうかを試した、
常は室内で使う“今虚無僧”用のスピーカー2機の効果を試し吹いてみた、
哀しいなぁ~、
室内では充分な音響が、広大な寺院芝生に持ち出すと、音が散らばり消えてしまい、はかない感じだった、
で、やはり小型ではあるがさらに2機のスピーカーを追加し、前述のとおりスピーカー計4機の構えとした、

モミジ祭りは➝11月17・18日、と、同月23・24・25日の通算5日間である、
わたし独りで野外戦争に挑む暴挙になる、

イロイロ考えて、プログラムを作った、
吹きっぱなしで、休みなく吹いて1時間のプログラムを作り、
後は、現地でアレンジし、適当に吹き繋ごうと思う、

で、これくらいでどうじゃやろ、と、31曲を抽出し、セットした、
たった今、この31曲の試し吹きを終えたところである、休憩無の吹きっぱなしだ、
なんと59分40秒で全曲を吹き終えた、
吹きっぱなし1時間の予定で用意したプログラムだ、あまりの正確さに自分でもビックリだ、

11月中旬過ぎの本番までの間、毎日、コレを毎日稽古することになる、
デケルやろか????

| | コメント (2)
|

ア~ラ、エッサァ~サァ~~、ヤス~ギィ~~~~

週刊朝日の橋下市長に関わる記事、わたし読んでいませんが、とんでもない記事みたいですね、
差別問題は、可能な限り細心の注意を持ってあたるべきです、
不用意な発言して、ソレが、差別につながっていることを知らんかったでは済まされないです、
イジメが、どうだ、こうだって言いますけれど、それとは次元が違います、
人間としての本質にかかわることだ、

書かれた内容を知らずしてアレコレ言うのはよくないですね、
で、週刊朝日のHPを閲覧しようとしました、記事を読んでみようと思いました、
が、閲覧デケンかった、

閲覧は有料になっとって、350円とあった、
が、ホントにこれで記事閲覧がデケルのかどうか???
デケルなら、これはこれで、差別記事をいつまでも公開しておくのは問題だ、
が、探ってみると、
➝この記事の閲覧は止めてあるようだ、

「350円払って閲覧しようとしたら、橋下氏の関連記事は出ていないじゃないか!!!」
「振りこんだ購読料返せ!!!」
って、抗議の投稿が載っていました、

ワシャ、まだ購入の所をクリックしておらんだった、
あぁ~、エカッタ!!!
が、腹立つなぁ~、

こんなことで、またまた、週刊朝日の販売数が増えるのでしょうか????
許せんなぁ~!!!
社会悪そのものですよ、犯罪だ、逮捕してやっつけるべきだ!!!

朝日新聞との関係ですが、
朝日新聞側は、週刊朝日の編集には関わっていない…とか、言うているようですね、
盗人猛々しいです、
即座に平身低頭し、週刊朝日(朝日新聞出版)から即刻出資金を引き揚げ、蹴っ飛ばすべきだ、
冊子編集を全面的に閉じさせるべきです、
市長は、朝日新聞と、朝日新聞出版を告訴すべきだと思いますよ、

フッと気になって、
パソコン検索窓に“朝日新聞出版 オバマ”と、打ち込んでクリックしてみました、
と、
「大統領オバマは、こうしてつくられた」
を、朝日新聞出版は出版していますね、

翻訳本です、原著はタイム誌の人らしい、
わたし、読んではいませんのでね、これが低次元のバクロ本かどうかはわからん、
ひょっとしたら、人種偏見を乗り越えた一見の価値ある本かもわからん、
が、朝日新聞出版には、人種偏見を売り物にする意図があったに違いない、そういう会社だろうと思う、
ケシカランですなぁ~!!!
ナヌ!!!
朝日新聞は関わって居らんのか???
ウソだろう、後ろでケツ引っ叩いてやらせているのだろう!!!!
けしからんですなぁ~

あぁ、わたし、朝日新聞には、余程の時にしか目を通さないですわ、
価値のない新聞です、
だいぶ以前のことになりますが、わたし、随分この新聞の世話になったことがありますけれど…
あれは「めだか釣り」のことだったなぁ~

あぁ、余談ながら、“差別用語”の行き過ぎた設定には、わたし疑問を抱いていますよ、

それと、もうひとつ、腹立ちついでに申しますがね、
あぁ言えばこう言う、こう言えばあぁ言う、なんだかんだ、なんだかんだ、と、次から次へ屁理屈並べ、ずるずる引き延ばすバッカシのやっとれん国があるじゃないですか、
北の某国のことかってですか???
違いますよ!!!
わが国ですよ、わが国の総理ですよ、ドジョウですよ、

総理官邸前で♪安来節♪吹いてみようかな、
総理大臣侮辱罪で逮捕・逮捕だったりして…


| | コメント (0)
|

2012年10月18日 (木)

スキあり!!!

姿勢を正し、喉を大きく開け、腹膨らせて、そこらじゅうの空気を取りこむのだ、
尺八吹き散らかしの稽古開始、

なんぼやっても、スキがデケル、凡人には決して超え得ぬ壁、コレはこれでしかたがない、
が、確かにこの壁がわたしには見得ているような気がする、コレが嬉しい、

隙だらけの吹奏だが、例によって“…つもり吹き”

「帰ろかな」のつもり

「島のブルース」のつもり

| | コメント (0)
|

あえて過去形

レームダック(lame duck)ってナニ???
ダックはアヒルのことだよね、で、レームは???
レームはパソコンのMP3のソフトのことらしい、
で、で、結局なんのこっちゃ????

ウィキペディアによると、
レームダックは➝“役立たずの政治家を差す政治用語”だとある、

落ち目の政治家先生のことを➝レームダックっと呼ぶらしい、

落ち目になると、ワルアガキするのですよねぇ~、
毒を出します、周囲のことを考えなくなる、ケッタクソに走る、
“溺れる者は藁をも掴む”になる、

溺れる者は➝野田総理
藁は➝ハトポッポ

どっちも、どっち、ですよねぇ~、
とうとう、藁をもつかんでしまった、
選挙民らは呆れ果てています、

ハトポッポの離反は止め得たかも、が、新たな離反をうながすだろう、

野田総理は悪人でしょうか???
野田総理はバカでしょうか???
⇒善人だと思いますよ、
⇒賢人だと思います、
むしろ統率力ある政治家だと思う、シブトイこと他に類を見ないですよね、

が、が、しかし、悪あがきが過ぎて、
で、本来の民主党の良いところまで、その芽まで、完全に枯らしてしまうようなことはするべきじゃない、
ここまできたら“芽”の保全に掛かるべきだ、

芽を体する者らの、自主避難が望まれますなぁ~、
いっそのこと、
自民党の中へ紛れ入って、民主党のエエ所の保全を謀ってはどうか、
維新の会に潜り込んでも構わんのではないか、
とにかく、
自民党の旧来の政治に全面的に戻ってしまうのを、どうしたら止め得るかだと思う、

野田総理がホンモノの政治家だったかどうか、鼎(カナエ)の軽重が問われていますですよ、
あえて過去形で書きましたがね…

昨日の雨、降り出したときは、秋雨そのものだった、
が、ヤッパ、ゲリラになった、
天変地変が常態の世の中ですかぁ~、

| | コメント (0)
|

2012年10月17日 (水)

「アカシアの雨が止む時」

つい先ごろまでは蒸し暑い日が続いたのだった、
雨が降ったら降ったでゲリラ豪雨だった、
が、今日は、冷たい雨が静かぁ~に、降っています、

午前中に、かみさんと二人でインフルエンザの予防接種を受けてきました、
昨年から予防接種を受けるようになった、
なにせ、老人ホームなどに出入りするようになりましたからね、義務でしょうね、

冷たい静かな雨ってのは、ボソボソ降るだけで音楽になりますね、

「アカシアの雨が止む時」のつもりです、
戸を閉め切った部屋で吹きますのでね、雨音は入っていない、

| | コメント (0)
|

科学的検証

毎日毎日ダラダラ文を綴りつけて何年になるのだろう???

書きチラシだけじゃない、尺八吹きまくり症候群もあるし…

魚釣りも麻薬中毒的症状なわけだし…

ボートは船外機仕様の艇なのですが、やたらガソリンを喰いましてね、これが悩みですわ、

あぁ、大和戦艦はスッゴク燃料喰う軍艦だったようですね、
15万馬力・最高速度27ノットです、
で、燃費ですけれど、百㍍走ったら1トンほども重油食ったようですよ、ドラム缶なら5本分だ、

あぁ、わたしの艇ですが、22ノットで走ると、1マイル走るにガソリン1、6リットルですわ、
計算上ガソリン1㍑で1162㍍走る、
百㍍なら⇒ガソリン約86cc、
ガソリン1㍑145円として、百㍍分の86cc⇒12円47銭、
百㍍走るに約9秒弱、この間に12円47銭

居間の壁に小さな白板をぶら下げている、
メモ書き用なのだが、いつの頃からか、かみさんが漫画を書いたり消したりして遊んでいます、
描き替え頻度は、わたしへのあてつけ・嫌味もあってか結構たびたびだよ、、
コレですわ、

Dsc00138


| | コメント (2)
|

2012年10月16日 (火)

一発、吹き飛ばし

1日魚釣りに出ると次の日、次の次の日くらいまで、疲れが残るようになっとる、
日曜日に魚釣りに出たのだった、で、月曜日、今日が火曜日、明日あたりからまた気力体力の回復かな、

ダラダラした火曜日が、夕方になってきたぞ!!!
一発、吹き飛ばしてみようか、

「ラブ・イズ・オーバー」

「人を恋うる歌」

| | コメント (0)
|

ヘビーローテーション

AKB48の歌をユーチューブでアレコレ聴いていますがね、
たとえば「ヘビーローテーション」、「あいたかった」などなど

これらを尺八で吹いてみようかってことなのだけれど、譜面とおり彼女らの声に合わせて吹くのは難しいですわ、
「ヘビーローテーション」などは、♯記号が4つもあるホ長調の曲だ、尺八で吹くには難儀ですわ、

尺八には5つの音穴が穿ってあって、コレを指先でふさいだり開けたりして12音階を並べ吹奏するのだけれど、
ナニセ音穴が5つしか無いですから、穴を開け閉めするだけでは12音階にはとても対応デケン、
で、穴を半分だけ開けたり、穴の上に指先をフワッとかざしたり、首ふりの技などを屈指して、で、音作りするのです、
で、で、「ヘビーローテーション」ですけれど、この音穴の半分閉じや音穴の上に指先ファや、首ふりで作りだす音階が仰山・仰山あって、吹き辛いったらありゃしない、
五線譜の通りに吹くのはまず無理だと言うしかないなぁ~、

で、で、で、どうするかですけれど
移調して、音穴操作が少しでも楽な譜に書き換えます、で、書き換えた後に、本来の五線譜の音程に合わすべく、それを吹ける尺八を選びます、尺八の長短を選ぶってこと、
エッ、だんだん判らんようになってきたってですか???
そらそうだ、書いている本人が中途半端にしかわかっとらん、

要するに、尺八で、移調した譜面を吹きますとね、
本来の音程より高くなったり、低くなったりの曲になっとるってことですわ、
仮に、低い調子に移調したとしましょうか、…と、曲の趣はどう変化するでしょうね、
パソコン検索窓に「AKB48 音程」と打ち込み、クリックします、
と、「AKB音程下げてみたシリーズ」「…上げてみたシリーズ」などのニコニコ動画が視聴デケルようになっとる、
AKBの女の子らの可愛い声が、
➝音程を下げると同年代の男子の歌声になり、
➝音程をあげると小学生の女の子の声になる、
って、ことは、適度に下げ続けると、
➝ヅヅイの声になり、ババァの声にもなるってこと、

わたし、老人ホームなどに“今虚無僧”しているじゃないですか、
そこで、「ヘビーローテーション」吹いて、ジイサン・バァサンらと歌うようにコレ吹く際は、どれくらいの音程で吹くのがよろしいのかってことですわ、

「ヘビーローテーション」ですが、本来は「よく聴く音楽」を意味する言葉だそうですね、
が、この歌では恋人を思い続けるって意味で歌われてる、

♪♪…I want you! I need you! I love you!  ♪♪
ですよね、

「あいたかった」の場合は
♪♪会いたかった 会いたかった 会いたかった Yes! 君に…♪♪
ですよね、

老人ホームで歌いたいですなぁ~、

昔の恋人のことを思い出して歌うもよし、
あちら側、彼岸へ行ってしまった連れ合いを想いながら歌うもよし、

あのネ、老人をバカにしたらダメでっせ、
老人らの気持ちですが、ビックリするほど若々しいのですぜ!!!
身体はくたびれて、ヘナヘナになっとる、
が、死ぬまで心は新鮮なのですぜ、これを若い衆らに知ってほしいですわ!!!

尺八譜にしたいですなぁ~、
いつの日にか…
河童どん、待ってますよォ~

こんなの吹いたら、
じんさん、ばなぁさん等は、ビックリ仰天、ヒックリ返って、
そのままあの世へ行ったりして…
まぁそれでもエエか

| | コメント (2)
|

2012年10月15日 (月)

今の季節の肴

釣友・○○どんは、尺八蒐集家(しゅうしゅうか・趣味研究のため特定の品物を集めるの意)であって、実に多くの尺八を所蔵している、
琴古流尺八の古参奏者だが最近は人前で吹くことも無く、静かに自宅で尺八を楽しむ隠居さん、
浮世ではそうとうヤンチャな実業マンであったろうとは思う、が、今はその気配もない好々爺、

実は、わたし、氏から数本尺八を頂戴していて、これが皆・個性豊かな尺八ばかり、
“個性豊か”とは、言葉を変えれば➝“使いものにならん”の、意でもあって、
言葉は悪いが “邪魔な物”って感じもないことない、

が、氏が、これらの竹をわたしに与えてくれたには、それなりの理由がある、
わたしは感謝・感謝なのだ、

わたしが明暗流尺八を研究しているのを知って、氏は、わたしに素朴な尺八を与えてくれたのだった、
ただ竹に音穴を穿っただけに近い尺八、
わたしは、コレを貴重な物として受け取り、シバラクはこの竹で明暗流を吹いていた、
これが、わたしにはとても勉強になった、

氏はこの後も、次々と竹を持ち込んだ、
ぶっとい古びた1尺9寸管がある、
氏いわく
「乙音(低音の意)「ロ」(D♭の音の意)だけしか鳴らんけど、吹きますか??」
試し吹くと、なるほど、乙の「ろ」だけしか鳴らない竹だった、
いつの日にか自在に吹いてみようの“目標竹”になった、
(最近、わたし、この竹をほぼ自在に吹くことがでけるようになっています)

古管然(超古い時代に使われた尺八の意)とした細い延べ・1尺8寸管がある、
虚霧洞の銘があり、氏の鑑定では初代虚霧洞の作風がしのばれる由、
が、どなたかがこの竹を完全調律菅に仕上げようとした形跡があり、音穴の位置を大きく動かした跡がうかがえるイジクリ竹、
試し吹くと、縮こまった音色だった、竹をイジクリ、無理やり調律の音、
この竹も頂戴し、調律笛の代役にした、

ちなみに “今虚無僧”活動の際に持ちまわるのは、竹友・□□どんが作った尺八だ、
ネダリにネダッて、□□どんから強奪した竹だ、
実によくできた尺八で、この尺八を得て初めてわたしは“今虚無僧”活動を始める覚悟を得たのだった、

昨日は、○○どんとふたりで沖へ出た、ふたりで2本ずつハマチを釣った、
釣るのは時間的にはホンの一瞬のことである、早朝5時半に出航し、帰港したのは午後3時、
9時間半の間、ただ海に浮かんで竿先に漁信を待つのみ、この中でホンの数分間がハマチとの格闘だ、
って、ことは、艇に乗って、ただ黙って艇に揺られているだけ…

「最近、貴兄から来た虚霧洞管を吹いとるのや…」と、わたしがつぶやく、
「アレは音色が良うないやろ、が、録音するとあんがいエエ音に代わる…」と、○○どん
わたし、少しビックリした、○○どんの音色鑑定の確かさを、かいま観た思いがした、
そうだった!!!
彼は、尺八の蒐集家だった、尺八音色の専門家ってことだ!!!

「“今虚無僧”で、音響装置使って軽く吹く時などには、うってつけの竹だと思う…」と、○厳どん、

竹友・□□どん作の地無し竹は、自然で、かつ格調高い音色の秀逸竹だ、
が、わたしの“今虚無僧”での音響は、
パソコンのイヤホン穴に家庭用の簡易スピーカをつないだだけの安物仕掛け、
□□どん(尺八)管の持ち味がデンデン生かしきれない!!!

が、これが不思議なことながら、
虚霧洞管はこの簡易音響装置をくぐらせると、かえって音色が冴えるような気がする、
冴えるから➝気持ちが楽になり➝易々と長時間吹き続けることがデケル、

わたし、1時間半ほど吹き続けても、この間、露吹きしないことが度々です、
ほん少しの軽い息で吹いているからだと思う、この傾向は虚霧洞管ではさらに強まるのです、使い易いのです、

艇に揺られながら、○○どんは、こともなげにアレコレ言い当てるのだった…、

わたし、このオッサンの尺八蒐集はホンモノかもって思った、

高価な由緒ある尺八を収集(蒐集)するなんて、貧乏人にはとてもデケンことじゃない、
が、お金だけあっても、デケル遊びでもない、
マイッタ!!!!

あぁ、昨日は生きコノシロを餌に、メジロを釣るつもりだった、
コノシロは獲った、が、メジロの気配が全く無く、ハマチ釣りになった、
余ったコノシロは三枚に卸し、塩をし、昆布と酢で〆て二日経つと、ビックリの味になる、
今の季節これに勝る肴は無い、

| | コメント (0)
|

2012年10月14日 (日)

現実で、非現実の世界

グーグルのストリート・ビューってご存知ですか、
グーグルの地図検索サイトで目的地を検索し、画面隅の人形をクリックし、目的地へドラッグします、
と、その位置から見る周辺の360度を画面で観ることがデケル、
まるで自分がその位置に立って周囲を見渡しているような具合にです、

わが家をグーグル地図で検索表示し、この“ストリート・ビュー”を作動させようとしましたが、これはダメだった、
片田舎のわが家付近は、当ソフトの適用外になっとるようだ、
が、片田舎とはいえ、それなりの場所は、すでに、➝“ストリート・ビュー”化されていますですよ、

わが家も、上空から観た写真なら検索表示デケますわ、
どのような仕組みにナットるのでしょうね、飛行機からか、あるいは人口衛星からか撮ったのだと思いますが、
わが家のわき腹が凹んだ軽四が映っています、そばに人らしきものも写っていて、わたしだと思いますよ、

瀬戸内海は播磨灘をグーグル検索表示で拡大表示しますとね、船が白波曳いて航行している様子が映り出ます、
海苔網が映っている、灯台やブイ、浮標が確認できる、時化ているか凪いだ状態かもわかる、

ひょっとしたら、近い将来、海もストリート・ビュー化されて、ナンデも表示が可能になるのではないでしょうか、
それが間もなくのことなら、わたし、もう少しの間、がんばって生きていたいです、
年取って寝たきり状態になっても、タブレット画面に播磨灘を映しだし、魚探探査し、魚影を見つけて仮想のサビキ仕掛けを垂らし込んで、魚釣りして遊ぶことにしようかと思う、

タブレット画面で無人の特殊艇を現実に出航させ、魚探でさぐり、釣り針を垂れ、魚を釣ったりしたい、
釣った魚をサバキ料理し、サシミに造るが、わたしは点滴で生きるだけになっとって、サシミが食えなかったりして、

ナニ考えているのでしょうね、
なにがなんだかわけがわからんようになってきたぞ!!!
今、午前2時前ですわ、もう目覚めていましてね、ボヤァ~とパソコンと向かい合っている、
変な夢を観ましてね、気分が宙に浮いています、
久しぶりに亡き父と碁を打ちました、
父は囲碁4段でした、が、碁風はどちらかというと暗い感じだったなぁ~、晩年はわたしが囲碁の相手だった、
息子(わたし)の家で、寝たきりになっとって、ダァ~レも囲碁の相手をする者がなく、わたしが時々相手をした、

碁盤を出すと無理やり上体を起こして盤と向き合います、手を動かす、これがだけが父の運動でした、
もう随分囲碁も弱くなっていて、わたしがたびたび勝ったのですが、その都度、今一番となって、父は頑張った、
父に遺言らしきものがありましてね、わたしが居ない時に、わたしのかみさんを枕辺に呼んで、真剣な顔で、かみさんに囲碁を習うように頼んだらしい、で、「○○(息子のわたし)をやっつけて欲しい」と言うたらしい、

夢見は、この父と、生死を掛けた戦い(囲碁・盤面上の生死)をしている夢だった、わたしは窮地に立っており、父の得意げな顔がシャクだった、気分ワル~イ夢だ、

この夢と、グーグルのストリート・ビューとの関係ですか???
わたしわからん、が、なんか関係がありそうにも思う、
どちらも現実のことなのですよね、
が、非現実のことでもある、

なぁ~んも釣れないと思うが、今日は、魚釣りに出てみようかと思う、そんな気分になっとる、
ここも、現実で、非現実の世界ですわ、

| | コメント (2)
|

2012年10月13日 (土)

また、つもり吹き

精神状態がそのまま竹音になるのですよね、
昨日1日ゆっくりすごし、体調も良いように思う、
はぁ、一昨日は、久しぶりに三宮へ出て呑みすぎ、気持ちが興奮気味だったのでこの振り戻しかも、

「愛のロマンス」のつもりです、

「涙そうそう」のつもりです、…つもりです、って、ことわり言うのってなさけないよなぁ~

| | コメント (0)
|

わたしもそのひとり

チャイナリスクで中国進出企業の足踏み・縮小がウワサのなか、イオンが頑張っているようですね、
「お客様を原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」
“お客様第一”の姿勢だそうな、
立派ですなぁ~、シッカリ頑張ってほしいです、

が、しかし、
 いかにも日本的な…というか、
 善意ブッタ…というか、
 本心隠した建前論…というか、
もっと、本音を発信すべきじゃないでしょうかねぇ~、

もしわたしが社長なら、こう言います、
「デモ被害で商品略奪され多大の損害を出しましたが、その後、中国人従業員らはほぼ全員居残って普及作業にあたっております、被害額にもかろうじて耐え得ることでもあり、撤退などは考えることなく、これからも以前同様がんばります」
と、したうえで
「しかし、また、商品略奪などがあれば、店を閉じざるを得ないかもです」
かな、

「お客様を原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」“お客様第一の姿勢”
の、“お客様”を
➝“大阪市民”に置き換えますと、いかにも橋下市長が言いそうな言葉になりますね、
➝“日本国民”に置き換えると、国会開会をサボる議員さんらの言葉になる、

復興予算をケッタイナ所へ回したりも、この姿勢の中からだし、
原発事故の再発よりも、夏場の電力に原発作動も、この姿勢の中だし、
国債特例法をホッタラかしたり、隣国間との対立・社会不安を、自党の損得勘定にあげたりするのも、この姿勢のナカだよね、

EUがノーベル平和賞だそうな、
と、なると、わが国には、ナニ賞が適当なのだろう、
9条を掲げるわが国ですよ、
なんで、平和賞もらわれへんのや???

衆院選で、またぞろマニフェストですか???
だれが本気で?????
イオンしたらええやないか!!!
わが党は
「国民様を原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」“国民様第一の姿勢”
だって言えばよろしい、

いいや、そうじゃなくて
➝「美しい国・日本」でしたか???
いいや、いいや、
「以前は、総理辞任でご迷惑をおかけしてごめんなさい…」でしたね、
で、で、
「総理は、近い内に解散する…」と約束したやないか、と、言を続けるのだったかな、

むなしいですなぁ~、

“イタチの最後屁”って臭いそうですね、
“立つ鳥は跡を濁す”のですよね、

♪♪こんなお国に~ダァレがしたぁ~~~♪♪  「星の流れに」

役立たずの年寄りばっかしが、ぎょうさんの国ですよねぇ~、
申し訳ないですなぁ~、わたしもそのひとりです、
愚痴って、ボヤイテ、尺八吹くだけだよなぁ~

| | コメント (0)
|

2012年10月12日 (金)

酒のフラフラ

今朝は8時過ぎまで寝ていた、こんなに遅くまで寝ていたなんて何年ぶりだろう、
昨日は三宮で知人と久々に会って呑みすぎたです、最終高速バスが出てしまっていて、地下鉄最終には間に合ったが、西神中央駅までだ、ここからわが家まではまだ車で20数分はかかる、かみさんに車で迎えに来てもらって、で、帰宅したのは日が変わってからの午前様、

毎日、自宅では晩酌していますがね、酔っぱらうほどは飲まない、
で、知らぬ間に酒に弱くなっていたようだ、あのくらいの酒で酔うなどとは思っていなかった、
今朝もなお酔いが残っているようだ、二日酔いというほどではないがフラフラする、

知人に2種あって、
A) わたしブログを時に覗き見する人、
B) まったくパソコン触らない人、

わたしのブログ打ちのスタンスは、
 日々の想いをただ単にありのまま映しだすこと、
 決して飾らないこと、

上述のA型知人は、久々に出会っても、既にわたしの日々をあらかたご存知であって、そのことを踏まえた上でのお付き合いになる、
これって、実は難儀なのですよ、
(ア) 批判的に見ているお方、
(イ) 賛同的に見ているお方、
の、2種ありますのでね、

ア)イ)以外にも(ウ)型もありましてね、
(ウ)やたら感心し“勉強になります”って言うお方です、
これが、いちばん難儀度高い種のお方だ、

(ウ) “勉強になります”型のお方の目に映っているわたしは、わたしじゃないですわ、
そのお方が造り出した、想像上の、架空の、人物です、
わたしは、身がすくんでしまう、ドギマギします、
恥ずかしいというか、照れくさいというか、穴があったら逃げ込みたい気分になる、

昨日出合っていたお方は、上段・(B)の、“まったくパソコンを触らない人”だったです、
わたしと同い年のお方です、72歳ってこと、
この歳ですとね、約半数は全くパソコンを触っとらんですよ、
触らなくても世間が渡れたのですわ、
パソコンなんてものは、部下に触わらせておけば用が足りたのです、出世したお方であればあるほど、この傾向が強いです、
昨日出合っていたお方は、社長さんですわ、いまだに社長さんをやっとる、さっさと隠居すればエエのに、
部下(複数)を引き連れてやって来ましてね、一緒に会食したのですが、わたし、部下の方々の視線が気になって酒が変な所へ入ってしまった、
氏は、部下のお方らにわたしを紹介するのだが、ものスッゴク持ち上げた形で紹介してくれるのですわ、
難儀です、最大の難儀だ、

ハシゴしましてね、途中で部下のお方らは、頃合いをみてお帰りになった、
で、ある種、ホットしたのだが、が、が、今度はハシゴ先の店のママさんや専属ピアノ弾きなどに、またまたわたしのことを誇大紹介です、わたしは酒の肴なっとる、それもやたら濃い味付けされた肴ですわ、

ハシゴ店に忘れ物して帰宅したのです、
で、ソレを今日昼過ぎにお届けくださるとのことだ、あの部下(?)的なお方の運転する車で…
出世した社長さんは、パソコンは部下に触らせるのだ、車の運転も部下の役、自分は後部座席、
友人・知人にこの種のオッサンが数名いますが、出合う都度、卑屈になる自分があって、酒の味が変わりますわ、
あぁ、少し、酒のフラフラが治ってきたみたい、
お茶でも飲もうかな…

| | コメント (0)
|

2012年10月11日 (木)

寄付してほしい

京都大学山中教授がノーベル賞受賞、
で、さらに研究を進めて欲しいと願う方たちからの寄付金(京都大学基金「iPS細胞研究基金」)が急激に増えつつあるようだ、
ここへ寄付すると所得控除措置があって税制上の優遇措置が約束されている、

もうけた金を税に吸い上げられるよりも、コチラへ寄付した方がエエかもと思う方々が増えつつあるってこと、
が、
寄付金が増えれば、税控除措置の反作用として、税収が減少することになるのだよなぁ~、

って、ことは、
国や、自治体の、税金の使い方を見ていると、こういう研究にはあまり税金を使われてはいないようだって思いがあって、で…
“ワシャ税金払う代わりに、直接この研究の方へお金を寄附させてもらいまっさ”
かな???

これって、単純に喜んでいてエエのでしょうかねぇ~???

ナニか事業をしていて、儲けが出ると、すなわち利潤が出ると、それに対して税金が課せられる、
で、儲けが出ていても、外聞的には、対税務署的には、儲けが出ていないような会計操作をする、
と、税金は取られずに済む、

IPS細胞の研究に、寄付金すると、応分に税控除されて、
エエことしたような気分になるし、社会的名誉すらも得られそうに思う、
と、だれが、税金などへ儲け金をゆだねたりするものか、
わたしが社長さんなら、許される限度ギリギリまで、寄付金するかもよ、

が、が、問題は、こういう寄付金へ使うのではなく、ナンゾカンゾの手法で、税金逃れの会計操作が蔓延していることだよなぁ~、
あまり大きな声では言えませんが、ヨットハーバーや、高級大規模マリーナに行きますと、超々豪華なヨットやボートが上架され、係留されていて、年間ずっとそのまま置いてあって、海を走ったような気配もない、
コレ税金ですよ、ほぼ間違いなく税金逃れの姿です、

会社従業員の福利厚生のために合法的に支出した果実かもです、
ひょっとしたら、定款に海洋調査研究項目を入れて置いて、で、ヨット・ボート買って、設備投資扱いにでもしましたか???
会計的にはこのほかにも実に様々な税金逃れの手法が在るようですね、
合法的スレスレの仕組みがです、
で、本来は税金にナットるはずのお金が
➝会社所有の超々豪華なヨットやボートに変身している…のですよね、

他にも、変身先はイロイロあると思うよ
社長さんの豪邸になっとったり、二号さん、三号さんの豪華マンションになっとったり、社員らが出張時に利用するのだってことで温泉宿になっとったり、まさに東京電力・東京電力だよな、東京電力に教えてもらったらエエのだ、

ほとんど使うことも無い、海を走らせることもない、ヨット・ボートなどに税金納付該当金を変身させるくらいなら、
IPS細胞研究基金へ寄付すことにしてほしいですなぁ~、

で、この基金の使用ですが…
お金は魔物ですよねぇ~目に前に積まれたりすると目がクラクラする
ダレぞ、不埒な輩がポッポナイナイするカモの危険があるように思いますがどうなのでしょうね、
だって、あまり余って、で、捨てるような感じで寄付されてきた金だって見方もあるからなぁ~、
そういう金なら、
ほんとうに金に困っているオレがすこし拝借してもかまわんのじゃないか、
と、思う輩が出ても変じゃない、じゅうぶんにあり得る話だ、
さぁ~て、拝借するに知恵を絞ろうじゃ♪アァ~♪♪りませんか!!!

IPS細胞の研究には、凄いお金が必要なのですよね、
アレを買ったり、コレを買ったりせなならん、
それなりの特異な機器・用具なども特注せなならん、
なによりも頭のエエ人材を集めるには、高給で処遇する必要がある、
お金の動きが、なんでそのような物を買い込む必要があるのか、普通の頭では理解デケンようなことだと思う、
世間的には評価されていないある種の変人を常識外の高給で迎えたりがあるかもしれない、
寄付金で集まった金の適切な管理、これって超難しい、
で、で、隙間に不逞の輩が入り込む、

他人の懐(フトコロ)勘定しても始まらんですな、
もう考えるのヤ~メタ!!!

ダレぞ、“今虚無僧”活動に寄付してくれませんか???
ぎょうさん集まったら…
わしゃ、そのお金、愛艇「はまちどり」のガソリン代に少し回して思う存分走り回りたい!!!!
もういちど日本列島周航の旅をしたい!!!!

| | コメント (0)
|

2012年10月10日 (水)

遠隔操作型ウイルス

「脅迫メール発信の犯人はオヌシだ!!」
って、決めつけられて、逮捕され、迷惑をこうむったお方があったようですね、
遠隔操作型ウイルス使った、悪質なものだったらしい

わたし、最近、しつこく、フワァ~と浮かび出る広告画面に難儀していましてね、
画面右下から名刺大ほどの広告が出てきますがね、どうにかならんものだろうか、
この種の、迷惑広告は犯罪だと思いますよ、
削除する無料ソフトもあるようだが、なんだかヤバそうな気がしてダウンロードをひかえていますがね、
ナントカ始末したいのですがねぇ~

迷惑メールにも難儀・難儀です、受信拒否設定してもかいくぐって入って来る、
わたし、デッタイ間違いのないメール以外は即座に削除します、
で、本命メールも、ついでに削除してしまう、コレが実に難儀、

お気に入りに設定したサイトを閲覧すると、相乗りで広告画面が映り出る、それがパチクリ・パチクリ動いて邪魔で邪魔で、

さらに、シャクなのは、わたしが興味を持ちそうな内容が選ばれて配信されているような気がすることだ、

ライブドアのBLOGOS(http://blogos.com/)を度々閲覧しますが、
画面ど真ん中に“兵庫の老人ホーム”というサイト紹介が映出する、
おっさんは「こんなのを知りたいのとちゃうか???」って、ことみたい、
今後さらにライブドアのサイト閲覧者の足跡分析が進化したら、わたしの画面には“三木市内の老人ホーム”になるのだろうと思う、
A) “わたしの嗜好を、気持を、自動的に推しはかるソフト”が、いわゆる“遠隔操作型ウイルス”が、わたしのパソコンに侵入しているのだろうか???
B) ライブドアが、わたしのサイト閲覧をチエックし、遠隔的に足跡調査し、嗜好にあわせて、わたしのパソコンへ広告配信しているのだろうか・??

AもBも、実は同じことですよね、
そして、この度の脅迫・犯罪予告メールも、A・Bと同じだと思う、

実に悪質な広告だと思います、
単なる広告記事だけなら我慢もします、だって、わざわざ嗜好に合わせて送ってくれた広告記事だ、ありがたいと思ったってエエかも、
が、しかし、
わたし見るライブドアのこの情報画面は、これもまたわたしの嗜好に合わせて選択された情報かもわからん、
わたしは、一般的なダレでも閲覧可能な情報だって思ってみていますが、そうじゃなくて、わたしが喜ぶように選択配信された偏った情報である可能性がある、非常にヤバイ!!!
わたしが右翼人なら右翼記事を、左翼なら左翼記事を配信てことになるじゃないですか!!!

配信画面は全て足跡調査された後の嗜好に合わせた画面構造になりつつあるとわたし思っていましてね、
人権損害というか、刷り込みというか、非常にヤバイことになりつつありますよ、

中国の尖閣デモの拡大が、あっと言う間に沈静化しましたよね、
アレは、政府当局が、携帯電話でデモ参加を止めるメールしたのから止まったのですよね、
当局は、中国人全員の携帯電話全部に、デモ禁止のメールを送ったのでしょうか???
そうじゃなく、デモに参加しそうな者らをチエックしていて、その者らへメール配信したのじゃないか??
アッ!!!俺は、監視されてる!!!
ですよね、

参加するなって言ったじゃないか!!!
政府にタテツイテ、ソレで済むと思っとるのか!!!
逮捕だ!!!
死刑だ!!!!!
中国は、やることが早いですから、判決が出たらすぐに刑執行だよ、
それでもデモ参加したりしますか???

今朝の日経朝刊によると、中国政府はインターネット上の検索制限を強化したようですね、
政府トップの10名ほどの氏名が検索不能に設定されているようだ、
「背中の傷」も検索不能、
コレ何のことかわかりますよね、ナヌわからん???
あのお方の雲隠れのことですよ、大物が居られるでしょう、大物が…

| | コメント (2)
|

2012年10月 9日 (火)

チャイナリスク

大昔のことはさておいて、少し過去を振り返ると…
 ソビエト連邦が崩壊し➝世界中の力のバランスが変化したのだった…
 9.11が生じ➝テロと向き合うことが戦争そのものになったのだった…

ずっと先のことはさておき、明日・明後日的なことだが…
 中国が内部崩壊し➝民族間対立が生じ、国内バラバラになって収拾がつかなくなったりするかも…

多民族国家ですからね、中国は…

とにかく、体制はどんな体制でもエエ、治安維持こそが肝要、
が、しかし、
中国リスクの顕在化は、中国経済の減速を招いた、これが超ヤバイ、
コレ、ひと口に言うと
➝中国人の行儀の悪さが原因かもよ、

中国観光団の行儀の悪さは程度を越していますな、
彼ら団体が行きすぎた後のトイレなんどはメッチャ汚い、メッチャクチャだ、
道一杯に広がってダラダラ歩きなさるし、
わしゃどうにも馴染めないですわ、

中国国内の交通事情も凄いらしいじゃないですか、ルール無視・無視・無視の自分勝手がルールなのかな、

福島の原発事故が、もし、中国国内で生じたものだったりしたら、どうなっていたでしょうね、
今、中国での原発稼働は、建設は、計画は、どうなっとるのだろう???
彼らに原発の安全管理を期待するのは無理なような気がしませんか???
もし、原発が事故ったりしたら、関係者らは互いに責任をなすり付けあって、とにかく自分だけは先に安全地帯へ逃げ出すのでは???
日本でもある種そんな感じだったけれど…

たまたま、尖閣のことがあって、竹島のことがあって、隣国の無茶苦茶が、オットロシク思えてきた、
ヤバイぞこれはって本気で思い始めるようになって、
関わらない方がエエとなって、
しっかりとチャイナリスクとしてマイナス計上され、
で、で、で、中国経済はヘコミ・ヘコミになるのじゃないか、

あぁ、あまり長生きしない方がエエみたい、
暗らぁ~ィ世の中、

社会不安が顕在化しはじると、外へ、外へ、外国へ逃げ出すのですよね、
わが国にはアチコチに中華街があるじゃないですか、だんだん賑わってくるのかな、
朱に交われば赤くなるわけで、日本もだんだん赤くなる、

日本人も、自己主張が、自分だけが良ければエエの方向になってくる、
既に、そうなりつつある、自分勝手が板についてきた、
長生きする親は荷物だ、老人施設へ押し込めろ!!!
子供はジャマだ、保育園におしこめろ、ブッ叩けば泣き叫ぶ、ジャカマシイ!!!
アレッ!!!
静かになったと思ったら死んだみたい…

どうしますか???
あまり長生きしない方が、嫌なことを見ずに済んでエエのかもと思ったり…

今日は、わしゃ、機嫌が悪いのかな???

| | コメント (0)
|

2012年10月 8日 (月)

怪しげなことバッカシ

軍隊は国を護る以前に、まず自分自身(軍隊組織)を護るだろう、と、昨日書いた、
今の民主党の姿にダブる、と、書いた、

問題は、“だからどうなんだ”ってこと、
“まず自分を護る”の、どこが悪いのだ!!!
自分すら護れなくてどうしますか!!!!

要するに“程度問題”なのですよね、

“日本維新の会”って組織がデケタ、
ウワ~、と、集まってきたのは、
この組織に入り込んでいたら、ナンゾ得なことがあるどろうと思ってか???
橋下ファンであるのは間違いないとは思うが…
これから、ココも、“組織維持”に、だいぶ力を削がれることになると思うよ、

それにしても“橋下漫談”はオモロイ、
わたし大ファンです、

けっして揶揄(やゆ・嘲笑する意)して言うのじゃないですよ、
橋下氏は凄いお方です、国の政治に関わってほしいです、
が、中心には、今しばらくはなってほしくない、なんだか恐ろしい、

投票できるのは、たったの1票なのですよね、
1票の3分1ほどは、維新の会に回したいのですが、票を千切り分けて使うわけにはいかんのだ、
で、維新の会には投票しないことになるが…
が、が、1票を丸ごと、どこかへ、たとえば自民党へ託す気にもなれん、
どうしましょうかねぇ~、

彼・橋下氏は、ORANGE RANGE(日本の5人組ロックバンド)の「花」という曲がお好きだそうな(ウィキペディアによると、)、
ユーチューブで聴いてみた、それなりに感動する曲だった、純愛の曲でした、
あらためて、橋下氏との世代の違いを実感しました、彼、わたしとは29歳違いです、
今は、まさに彼らの時代なのですよね、
あぁ~、少なくとも文楽の時代じゃないよな、聴き比べてごらんよ、すぐにわかりますぜ、

<余談です>
播磨灘・二見沖の“ブリ祭り(釣り)”は、始まって4日目(昨日が4日目)にして、すっかり釣り荒れてしまったようだ、
昨日は日曜日でもあったから、凄い数のプレジャーボーが押しかけてきたらしいが、風が出て時化てきたこともあってか、ボーズ艇ばっかしだったみたい、
が、ここが不思議なのだが、上手はなぜだかシッカリ釣っておられましたがね、
わたし??
わたしは、情報収集に港までは行きましたが、沖へは出ませんでした、
日曜日、それも時化気味の海だ、老人はやめておいた方がエエ、

気象変化ですが、怪しげなそぶりバッカみせますな、黒い雲が気味悪くてかなわん、
天・地・人、周辺諸国、アレモコレも、怪しげなことバッカシ、

| | コメント (0)
|

2012年10月 7日 (日)

お気付きでないようなら

日本国民の多くの想いですけれど…
中国や韓国や北朝鮮やロシアなど等から、そして何処よりもアメリカから最も激しくバカにされている、
…と、思っている、

武力が無い、だから周辺諸国からバカにされても泣き寝入りし続けるしかない、
…と、思っている、

国の真の独立を勝ち取るためには、やはりそれなりの軍事力を持つべきだ、
…と、多くの日本国民らは思い始めたようでもある、

が、軍隊ですが、古今の例を見てみると、
軍隊は、国を護る前に、まず、軍隊自体を護るのです、
国は滅びてもよろしい、まず己(軍隊)が生き残ること、これが最大の目的になる

誤解を承知で言いますが、
先の太平洋戦争で、軍隊は帝国陸海軍大本営発表で、ウソの情報を国民に流し続けた、
未だ立派な軍隊が在るようなウソをついて、軍隊の存在を誇示し続けた、
なぜか???
国は滅びても日本帝国陸海軍は滅びないのだ!!!
なんという転倒か、狂っている、滅茶苦茶だ、
が、これが実態だったのですよね、

少し目を中国に向けましょうか、
蒋介石は自分の軍隊が、毛沢東が率いる中国共産党軍に敗れ、自軍を率いて中国を捨て、台湾へのがれた、
中国全土の掌握をいったん放棄し、軍隊の保全の方をとった、
言い過ぎですよ、コレは、あまりにも短絡過ぎる言い方です、
が、軍隊はまず自分自身を護る集団であるってこと、この事の一例ではあると思うよ、

帝政ロシア軍隊は、かつてナポレオンと戦った際、
攻め込んできたナポレオン軍に、いったん国土を明け渡し国民の後ろへ逃げた、
軍隊を護るために???
来るべき決戦に備えて、国土をいったん敵に明け渡し、国民の後ろへ逃げた???
で、冬将軍に悩み弱体化したナポレオンを、
国民の後ろから、出てきて、復活攻撃し、ナポレオンをやっつけた、
要するに、軍隊は、軍隊自身の存続こそが大切だということ、

余談になりますが…
ロシア軍の、いったん逃げるこの戦い方は、日露戦争でも採用されたのだった、
帝政ロシア軍の将軍ステッセルは日本軍と対峙した際、いったん逃げて、日本軍の補給線を引き延ばさせた、
朝鮮半島に上陸し攻め上がってくる日本軍を中国奥地(ハルビン)まで引き寄せ日本軍の補給線がのびきった所をやっつけようと作戦だった、
対峙した戦場はロシア本土じゃない、中国大陸でしたからね、自国領土をいったん敵軍に明け渡すのとは違います、戦いやすかったのでしょうね、

さぁ~て、
どうしましょうかねぇ~、
自衛隊を強化しましょうか???
中国や韓国と、最低でも対峙デケル程度までには、
それとも、オスプレイをもっと仰山配備していただくなどを米国へお願いし、日本をシッカリ護ってくださいって米国にオベッカしましょうか???
いっそのこと、米国の第51番目の州になりましょう、この方が話が早い、
冗談ですよ、冗談、冗談、

米国は大統領の選挙で盛り上がっていますよね、
が、論戦の中で、日米安保の話は出ていましたか???
米国は、日本のこと、忘れているのかな?????

わたしの本心ですか???
そんなこと質問してナニしますのや???
が、お気付きでないようなら、あえて申しましょう、

軍隊のことにかまけて、民主党のことを言うたつもりなのです、
民主党は、今や、国をわすれ、党の存続だけになったような気がするってこと、
間違っていますか???

| | コメント (0)
|

2012年10月 6日 (土)

クエの幼魚かも

一昨日、播磨フシシャリーナ(阿閇漁港)で、知り合いの艇から、
「今まで見たこともない魚を釣ったが、なんという名の魚でしょう??」って問われた、
見せてもらったが、わたしも、始めてみる魚で、判らなかった、

その後、気になって、あれこれ考えて、ひょっとしたらコレかもって思う魚がある、
クエの幼魚じゃなかったかと思う、
成魚のクエは、それなりの面構えで、鍋の王者にふさわしい貫禄が在る、
クエ鍋は半端な値段じゃない、高級品だ、下々の口にはほぼデッタイ入らない、畏れ入りましたって感じ、
この気持ちがあって、わたし、クエかもって気が付くのが遅れた、
アレはまず間違いなくクエだったと思う、

幼い雰囲気のある顔だった、
成魚は下あごが少し突き出て、周辺をにらむ図太い面構えだ、
が、一昨日見たのは、口元辺りにはまるこい感じがあって、愛らしかった、
が、が、シマ模様は既にクエのものだったと思う、

あぁ、魚の身体の模様ですが、
頭を上にしてブラ下げた際に、模様が縦か横かで、縦シマ模様とか、横シマ模様とか決めるのですわ、
で、クエですが、
マダラ模様です、横模様が主ですが、少し縦の部分もある、太い筆でドボッと描いたような感じ、

艇名を明かしたいが、許可を得ていない、○○艇の釣果です、艇長さんが「コレ食べてもエエ魚やろか???」って心配げなお顔だった、
「体型はグチみたいだけれど…」って言っておられた、捨てたりされていなければよろしいが…

残念ながら、艇長さんの電話番号は存じ上げていない、
で、ここのマリーナの管理事務所・山本氏へ、上述のことを連絡させていただいた、

ついでながら…
“ブリ祭り”の必殺特効餌・生きコノシロですが、ぎょうさん獲って、余ったので、
このマリーナ管理事務所の山本氏から料理法を教わって、
三枚に卸し、塩をし、酢に浸し、一昼夜置いて、皮の薄皮を獲った後、サシミ状に短冊切りし、
➝今晩の酒の肴にいたしました、
酢に漬け込む際、昆布や、砂糖や、ミリンや、レモン輪切りなどを加えるなどの工夫もしましたが…
山本氏のお勧めとおり、秀逸な肴です、まさに絶品だ!!!
腹骨はそぎ取っておきましたが、コノシロ特有の小骨はそのままです、
が、酢でしめたせいか、デンデン骨が気にならない、
いやぁ~美味しい!!!

昨日は、わたし、メジロもサワラも釣っている、
ご馳走、ご馳走で、酒がすすみます、
市役所から住民診断の通知が届いたが、食い過ぎ、飲みすぎが気になるのだよなぁ~、

| | コメント (0)
|

メジロ獲ったぁ~

関西では、ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ、と、出世する、
関東では、ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリだ、
寒ブリの本場・富山県では、
ツバイソ → コズクラ → フクラギ → ハマチ → ガンド → ブリ
本場だけあって格付けが半端じゃないな、

で、わたし、昨日は、メジロ(関東ではワラサ)を1本釣りました、
80㎝はあると思って計ったら、65㎝しか無かった、
が、わたしの気持ちでは立派なブリだ、

2本目は、焦って逃がしていまった、残念無念!!!

昨日は、サワラ(75㎝あった)も1本獲った、
「…獲った」ってのは、正しい言い方かどうか???
「釣った」が正しいのは判っとる、が、釣り師の弾んだ気持ちが許さない、
「獲った」か「捕った」か、でしょうね、
やっつけた!!!
逮捕したぞ!!!!
だよな、

メジロは、生きたコノシロに釣り針背負わせて放ち、これを襲い喰らおうとする悪漢(???)と戦って、やっつけ“獲る”のです、
小さな艇で、老人独りで向き合うのは少し危険だ、
メジロに逆にやっつけられる???
イイヤ、そうじゃなくて、
メジロ釣りに夢中になる他の艇に接触したり、衝突したりの危険があるってこと、

昨日はウイークデーで、ボートの数が少なく余裕があったから、わたしでも挑戦でけた、
今日明日の土日は混雑が半端じゃない、老人の出番は無い、

たとえばオシッコです、老人は頻繁に尿意がある、チビチビ用を足す、この間が危うい、
老は腰を下ろしたがる、360度・周囲への目配りがデケン、あわてて腰をあげても間に合わん、

コノシロの魚群を魚探で探し回り、群れを発見したら、艇を急停止させ、群の真上から引っ掛けの具を投入します、で、引っ掛け獲る、
と、この様子を周囲の艇が鋭く観ていて、エンジン吹かせて場に突っ込んでくる、
と、と、もう、周囲は数十艇が接触ギリギリまで固まり集まった状態になっとる、

コノシロの群れは、メジロなどから追いかけられ、群れをつくり塊りになって逃げ回っているわけで…、
群れの動きは速いのです、同じ場所に寸時も止まらないで動き回る、
群れの上で、具を投入し1尾か2尾獲る、と、もう群れは他へ去っています、
この間は15秒か20秒程度、

わたしは14尾ゲットした、自慢してよい数んですよこれは、
苦労して確保したコノシロです、使い残しを持ち帰り、三枚におろし、塩をし、酢漬けにしてあります、
昆布・砂糖・みりん・レモン輪切り、の、工夫がしてある、
1日半後の明日朝には、あの細い骨骨も柔くなり、脂ののった風味豊かなコノシロ寿司種になる、…はずだ、

あぁ、サワラについても書こうかと思ったが、話しが長すぎる、ここまでにしましょう、

最後にひとこと、
わたし、コノシロ獲りはほとんど百発百中です、コレってなかなかデケンことなのですぜ!!!

今日ですか???
民謡三味線のお師匠さんと稽古の約束がある、
不完全(不調律)な尺八だが、6本、担いで行こうと思う、

| | コメント (0)
|

2012年10月 5日 (金)

酒で湯がいた即席味噌ラーメン

遠い縁者が亡くなって今日が葬儀、お世話になったお方でもあって列席の心つもりだった、
が、どうも最近の風習(?)には老人は理解がおよばない、かみさん側の縁者であって、わたしまでが列席するとナニかとバランス上の不都合があるらしい、
で、かみさんが出掛けるが、わたしには、新幹線の駅までアッシー君という役柄が与えられた、

が、が、昨日午後、艇の掃除に出掛けたら、
なんと、なんと、ブリ祭りが爆発的に始まったらしく、沖から帰ってくる艇から降りる者らの目の色が変わっていた、上手はメジロ級を10数本も上げていた、

まず、コノシロを生け捕りにする、イケスに泳がせておく、
ポイントはごく近場でマリーナを出たすぐの海域、
ハリスは8号~12号をヒトヒロ弱、コノシロを鼻掛け、泳がせの1本胴突き仕掛けだ、

あぁ~、なんと不幸なことか…
“ブリ祭り”が始まったというのに、わしゃ沖へではなく、かみさんのアッシー君をせなならん…、

お亡くなりなった縁者に合掌の澄んだ心構えが、すっかり濁ってしまった、

帰宅し、ボソっとつぶやいた、
「今日、ブリ祭りが始まったみたいだ…」

キット、わたしの苦衷(?)がまるごと態度に出たのだと思う、

「わざわざ駅まで送ってもらわなくても大丈夫よ、釣りに出たいのでしょう」と、かみさん、
「いいや、ぜったい車で新幹線まで…」と誠意(?)を見せる、
が、見破られてしまう、
人世、生き続けるってのは、葛藤・葛藤ですな、
追悼・追悼の気持ちと、釣りたい、釣りたい、の、気持ちの葛藤です、

“ブリ祭り”は、ここ数年、10月中旬~12月中下旬、の期間、断続的に続きます、
天然ブリの群れが、海域に回ってくると、瞬間的に釣り人が反応し、夢中になって釣りまくる、
それほど大きな魚群が回遊してくるわけじゃない、
数日間で釣りつくす、2日、3日で、デンデン釣れなくなる、
で、次の魚群の回遊を待って…
釣り人らは、無為な釣り糸を垂れ、ボーヅ・ボーズで次の群れを待ち焦がれる、

今回は初回のブリ群回遊だ、
昨日始まった“ブリ祭り”、
既にだいぶ釣られたに違いない、ぎょうさん釣って、エエ思いした連中(釣り人)が居る、
で、二日目の今日(金)、三日目の明日(土)、4日目の明後日(日)、
の、3日間で、初回・回遊ブリ群は釣り尽くされるのではないかと思う、

土・日は、キット、凄い数の釣り人が、
それこそ魚の数の何倍ものプレジャーボートが駆けつけるに決まっている、
わたしのような老人のスローな操船では危険だ、土・日は、ブリ海域には近寄れないと思う、
で、明けて月曜日には、
もうブリは居らんようになって、第1ステージは終わっている、と、思う、

わたしは、本日は、アッシークンを開放してもらい、
ってことは、人生の不義理を背負ってだが、
→沖へ出てみようと思う、

わたしに、ブリが釣れるとは思えない、が、ひょっとしたら釣れるかもわからん、
ボーズ覚悟で出漁する、
釣れたら、ビックリ仰天の幸せだ、

昨夜は、久しぶりの胸ワクワクでよく眠れなかった、

これから、酒で湯がいた、即席味噌ラーメンをすすり食って、
気合一発、マリーナ目指しすっ飛んで行く、

※酒で湯がく…最近はほんの少し味付けに垂らし入れるだけ、酒気帯びなんかじゃあぁ~りませんよ、

| | コメント (0)
|

2012年10月 4日 (木)

「6本」吹きです、

尺八で吹く民謡ですが、ゴタクを並べるだけではおもしろくない、下手を承知でアップしてみますね、
お聴き苦しいかもですよ、
すべて、「6本」、1尺八寸管です、

「貝殻節」のつもりです、

「仮干し切り唄」のつもりです

「江差追分」のつもりです

| | コメント (3)
|

小声でホンネ

少し専門的な話になります、

尺八と三味線のコラボのことですが、

三味線は、糸(弦)の張りを強めたり緩めたりで調弦します、
尺八は、尺八を長短持ち替えることで、調弦(調菅?)します、
コレが基本です、

具体的には
三味線は、糸の張を、竿の先端(天神という)にある三本のネジで、ねじりこんだり、緩めたりする、
尺八は、1尺3寸管~2尺3寸管まで1寸キザミに11本を揃える、十二律対応です

が、しかし、
わたしは、1尺8寸管・2尺1寸管だけしか持っておらん、内、本番使用が可能なのは1尺8寸管の1本だけ、
11本必要なのに、たった1本だけだ(調律不完全なのはぎょうさん持っているが…)
どうしますか???

民謡の場合ですが、歌い手さんは、各自、自分勝手に自分の声の高さで歌います
この歌はこの調子でとは決まっておらんのです、民謡は五線譜では歌わないってことだよ、

ドレミファで言いますと、
歌い出しが、ドの人、レの人、ミの人…もっと高くファ、ソ、の高さから歌い出すお方もあるってこと、
いわゆる個々人の声の高さで自由に歌われますわ、
伴奏する側からすればメチャクチャだ、難儀です、
救いは、民謡の歌い手さんは、それぞれ自分の声の高さを知って居られて、
歌う前に伴奏者に、自分の声の高さを申告する習わしにナットるってことかな、

たとえば、歌い手さんは、歌う前に、次のように伴奏者に申告します、
「6本でお願いします」とか言う、
“6本”とは、ドレミファでいうと、「レ」の音のことです、…わたしの声の調子はこの高さですってこと
尺八で言うと1尺八寸管で吹く「ロ」(全部の音穴を閉じた音)にあたります、

「4本でお願します」なら、
ドレミファでいうと、それって「ド」の音のことだ、
尺八で言うと2尺管で吹く「ロ」(全部の音穴を閉じた音)です、

逆に本数をあげて「9本でお願いします」なら、
それはドレミファでいうと、「ファ」の音のことで
尺八で言うと1尺5寸管で吹く「ロ」です、

で、歌い手さんの声の高さの申告を聞いて、吹く尺八の長短どれを使うか決めるわけです、
が、が、わたしは、長短選べない、1尺八寸管の1本しか持っとらん!!!

どうしましょう???
邪道ですが、どうしても尺八伴奏を付けてほしいとなら、いつもは「ド」の高さから歌い始めるのだが、キーをあげて「レ」の高さから歌ってもらう、と、
➝1尺八寸管で伴奏が可能になります、
なお、三味線も、この場合は「6本」の調子に合わせていただくことになります、

以上の他に、民謡伴奏の際には、地歌吹きとは違ったアレコレの難儀がありましてね、
民謡の伴奏で、気楽そうに吹いているように見える尺八さんですけれど、気楽そうに見える分、吹き手は凄い練達の尺八奏者だってこと、

わたし、この分野はまだまだヒヨッコでしてね、とてもじゃないが、歌い手さんのお相手デケル段階じゃないですわ、
でも…、
11本全部、完全調律の尺八を揃えたいですなぁ~、
5百万円ほど投げ出せば揃え得るかもです、
冗談で言うのじゃないですぜ、
ほんと、まぁまぁのレベルのを11本だよ、足りるかな???
わたしに合った別調の地無し音色の11本を探すとなったら、5百万ではデンデン足らない、さらにさらに大台を超えるでしょうよ、
貧乏は辛いです、不可能です、
わしゃ、ナポレオンになりたい!!!!

余分なお金が、今仮に3千万円あったら…、
あぁ、以前なら、高性能なプレジャーボートを買っただろうと思う、
が、歳食って、今は気持ちが少し変化してきて…
今なら、尺八を11本買うことにする…

イヤイヤ、やっば、ボートかな、
どうしましょうかねぇ~、迷いますなぁ~、

5千円くらいでなんとかならんですかねぇ~(小声でホンネ)

| | コメント (1)
|

2012年10月 3日 (水)

「6本」

民謡三味線のお師匠さんと、わたしの尺八とを合わせていて、で、気が付いたが、
お師匠さんが、前引きから、歌へ差し掛かりる際に、「ハッ!!」と気合を発するのですよね、
実に、機微を得た気合です、
が、が、某曲の場合、その気合の半拍子前に、尺八は既に唄気分で吹き始めています、
お師匠さんからすれば、この半拍子前の尺八吹き出しは、
➝唄気分盛り上げの為に気合を発しようとした寸前を、尺八に邪魔されたような気分になる、

が、が、が…
わたし・尺八側からすれば、三味線気合の、この半拍子前の吹き始めは実に気分がよろしい、

お師匠さんは、尺八の譜面は間違っていると主張する、
わたし(尺八)は、間違っていませんって言う、
半拍子は掛け合いの気合で、すぐにこの後、ピッタシ合ってコラボコラボじゃないですかって言う、

互いに譲らず、互いに頑固に各自の譜面とおりに“弾き・吹き”を繰り返しましたがね…
その内、だんだん、わかってきた、
曲趣のとらえ方が複数ありそうだって分かってきた、
要するに、三味線も生き、尺八も生きる、そういう合奏に聴こえてきたってこと、
実に有意義な合わせ稽古でした、

ふたりで、合った!!!あった!!!!
って、大喜びですすわ、

三味線お師匠さんは、わたしよりは少しお若いと思うがバァサン年代だ、
が、パジェロ・ミニに乗って走り回る、
が、が、ヒザが痛くて通院中で三味線弾くに正座がデケン、
で、椅子に腰かけヒザ延ばして弾かれる、

わたしは、ソケイヘルニア(脱腸)症があって、立奏だが、長時間の立ちっぱなしは辛い、プレジャーボートで走りまくる、…ガソリン代が気になってその実はビビンチョな走りしかデケンのだが

ナニセ、二人とも嬉しくなって、
で、もう少しこれからも本格的に合わせてみようかって話になった、

難儀がありましてね、
合奏にするには、三味線キーと、尺八キーとを合わせる必要がありますが、それぞれにキーの在り様が違うのですわ、
三味線のキーは本数で言います、弦(糸)の張り具合程度を本数で言うってこと、
尺八のキーは、1尺8寸管とか、1尺6寸管とかの尺八の長さそのものがキーですわ、
合奏していて互いに、それぞれの専門用語で語りかけると、互いにナニがなんだが判らなくなります、
三味線の譜面はわたしには読めません、
尺八の譜面は三味線師匠には読めません、
互いに少しくらいなら五線譜が読めますが、すぐの翻訳解読は困難だ、

ちなみに尺八1尺8寸管で吹く「ロ」の音は、三味線では「6本」の音に当たります、
「ロ」を基音とする曲を弾く際の三味線調律は「6本」って言うのです、
三味線のお師匠さんが「6本でおねがいします」と言うたら、1尺八寸管で吹くのです、
基音が半音上がると、本数が1本あがります、半音下がると1本さがる、
が、が、これも尺八譜面が初手から尺八特性を考慮に入れた移調後の譜面だったりしたら、またまた話は別になります、

今週末の6日(土)は朝から合わせてみようってことになった、
膝が痛いのに、脱腸がシンドイのに…

あぁ、いわずもがなのことですが…
民謡は“唄”が中心です、
三味線も、尺八も、唄を生かすのが役目、
が、タダで付き合ってくれる上手な歌い手さんを存じ上げていないのだから、この際はしょうがない、

| | コメント (2)
|

ひとつある日

かみさんが、「パッパは最近ホント変よ、大丈夫???」って心配してくれます、
実は、自分でも、なんだか変だなぁ~って思います、

注意力が、デンデン薄くなってしまって…、
髪の毛じゃなく注意力がです…

呑みかけた酒を忘れてまたまたホッタラかしにして
朝起きて、テーブルに座ると、気の抜けた焼酎がある…
今朝も、その、気の抜けた焼酎を飲みましたがね、哀しい味でした、

釣り行きの際、釣り具やアレコレをわすれるのですよねぇ~、

マリーナの出入り口には鍵が掛かっていて、暗証番号打ち込み方式になっとるのですが、
フッと、なんだったかな???
って迷う、
で、駐車場の開門センサー(携帯電話のような形状)の裏側にマジックで書き込んでいますがね、
たびたび確かめ見ますです、

昨日は、車のキーを車中に残したまま全扉を閉めるようなヘマをやってしまった、
マリーナ駐車場でのことでした、
予備キーを自宅からかみさんに持ってこさせたのですが、かみさんは、未だマリーナに来たことが無くて、位置をデンデン知らんのですわ、自宅から20キロあります、携帯電話で場所を教えるにホント往生した、
かみさんは、わたしよりシッカリしていますが、やはり70チョイ前のバァサンだよ、難儀ですわ、

“今虚無僧”を週2回レベルでやっとるのですが、
訪問約束を忘れたら大変です、手帳・部屋のカレンダー2か所に、赤印で書き込んでいる、
が、書き込むのを、忘れる、
約束したら、すぐに書き込むことにしていますが、“すぐに書き込まねば”と、強く思ったら、その段階で書き込んだ気になってしまって、実は、未だ書き込まぬままになる、
で、シッカリ者のかみさんに、わたしの秘書を命じていますが、
予約日になって、予約時間が近づいて、わたしが出掛ける用意をし始めると…
かみさんが不思議そうな顔で、
「ナニしとるの???どこかへ行くの???」って尋ねます、
夫婦お互いに無関心が円満のコツらしいですが、毎回毎回この調子です、

未だ1回だけの失敗ですが、“今虚無僧”に出掛けて、持ち込んだ器具の設定を終え、さぁ~尺八演奏をしようとして、尺八持参を忘れていたことに気が付いた、心臓が止まるほどビックリした、
これも、未だ1回だけですが、パソコンから➝外付けスピーカへつなぐ専用ケーブルの持参を忘れたことがある、ちいさな会場だったから、スピーカ無でがんばった、

A施設へ出掛けるべきを、B施設へ行ってしまって、勝手にいつものホールへ入り尺八吹奏の準備を始めたら、職員さんらが変な顔だ、で、ハット!!とした、予約の施設を間違えたかも…、
が、この時は施設の方が尺八の日であることを、職員さんらに徹底していなかったことがわかって、ホッとした、

定年制度があって、で、職場を離れて12年になります、
で、隠居になって、日々ボンヤリ暮らしているかというと、案外そうでもないのです、
外目にはボンヤリ・ボンヤリの日々のようにみえても、その実態は緊張・緊張です、
いくら緊張していても抜け落ちる、緊張しなければナンボでも抜け落ちる…

あぁ、今日は、なぁ~んも予定のない日です、
シッカリ緊張して過ごさねばならんぞ!!!
未だ明日も、明後日もありそうだからなぁ~

図書館から小説を借り出してある、百田尚樹著「永遠のゼロ」、
講談社文庫の588頁、分厚さ2㎝6ミリ、
わたし、こういうのを読むのってヤタラ速読でしてね、
が、この分厚さなら今日1日は大丈夫楽しめるかも、
あぁ、既に読んでいたのを忘れていて、途中まで読んで、そのことに気が付くことがある、
今回は???

アッ!!!
ひとつ、思い出した!!!!
アレがあった!!!!
今日は用事がひとつある日でした、


追記
午後3時、「永遠のゼロ」読了、
今の時代を生きるに、必読の書かも、

| | コメント (2)
|

2012年10月 2日 (火)

ヘトヘトです

今日は釣りに出るつもりは無かった、が、気象情報から判断して急に出ようと思い立ち、あわてて港へ走った、
艇は、播磨フイッシャリーナに繋留している、播磨町(阿閇(あえ)漁港)内に整備された施設です、

ココヘ着いたのが午前7時20分、

駐車場べ入り、車を止め、エンジン・キーを抜き取り、車を降りた、
車の後ろ座席の扉を開け、座席に置いてあったナンデも入れの袋にキーを入れた、
キーをズボン・ポケットに入れておくと邪魔になってしかたがないからなぁ~、

で、その袋を車から取り出すこともなく、バタンと車の後ろドァ~を閉じた、
で、で、車のバック・扉を開こうとしたが、開かなかった、

ナンデや???

運転席からキーを持って降りてすぐ、運転席扉に施錠したのですわ、
で、その施錠に使ったエンジンキーを後部座席の袋に入れた、
で、で、その袋を取り出せすこともなく、後部座席の扉を閉めたのだった、

わたしは車の外に出ていますよ、
が、エンジン・キーも、アレモコレも全部未だ車に積んだママですよ、
が、が、車には全部鍵が掛かった状態になっていますですよ、
どうしましょう???

車を降りて以後の作業動線を短縮しようとしたのですわ、
本来の正しい動線は、車から降りたら、
まず、車のバック扉(上開き)を開けるのです、
で、釣り道具のアレコレを取り出す前に、
下り立ったばかりで未だ開いたままの運転席扉を閉じ、
直ぐに運転席扉に施錠するのです、

車の後部から釣り具ノアレコレを取り出し終えたら、跳ね上げたバック扉をバタンと閉めますが、
既に運転席扉に施錠してある状態だと、後部の跳ね上げ扉を閉めた途端に、
➝車の全部に施錠した状態になるのです、
改めて運転席扉に施錠する必要が無くなるわけだ、

釣り具をガラガラ引っ張るキャスター(台車)に乗せて艇まで運ぶのですが、けっこう荷がかさばって、両手がふさがった状態になるのです、で、この状態なって以後に運転席ドァ~に施錠する手間を先に済ませておく算段だったのです、
が、ほんの少し、手順に狂いが生じてしまったってこと、
ナンデモ入れの袋をいつもは車の最後部に積んでいて、車のバック扉を開かないと取り出せないのだが、今日は、運転席横の助手席に積んだのだった、これがすべての手順狂いの原因です、

ゴチャゴチャ言いましたが、
要は、マリーナ駐車場までは行けたが、車のキーを車中の置いたまま、自分だけ外へ出た状態になってしもうたってこと、

釣果ですか???
冗談でしょう!!!!
こんな状態で、魚が釣れたりしますか???

今日はもうヘトヘトです、

あぁ、クイズみたいなこと書きましたが、ご理解いただけましたか???

| | コメント (0)
|

2012年10月 1日 (月)

ヅヅイの時間 (ヒマな話でごめんなさい)

次々と台風がやってきますね、既に今日明日にも台風に格上げされそうな熱低がサイパン・グァムあたりに居るじゃないですか、コレ10日足らずで日本列島へやってきますよ、早ければ今週末頃から沖釣りはヤバクなるかもです、
が、瀬戸内海・播磨灘は、ほぼ完全な閉鎖海域だ、台風外縁の丸みを帯びた等高線が、北緯30度線に掛かるまでは凪ですわ、嵐の前の静けさだ、潮満も悪くないしネ、

今日(10月1日)の播磨灘ですが、まだ時化模様がすこし残っていると思う、
出て出られないことは無いけれど釣り辛いと思う、わたしは自重です、
で、近所の民謡三味線のお師匠さんと遊ぼうと思う、
お師匠さんは、バァサン年代ではあるけれど、わたしよりだいぶお若い…と、思う、
貝殻節や竹田節や黒田節など、手ごろな節々を試し合わせてみようと思っとる、

もし、上手く行きそうだったら、今後、さらに稽古を重ねて、
➝11月の地元・天台寺院・伽耶院のモミジ祭りで野外演奏ライブをやろうってお話ししている、
ただ、少し難儀がありましてね、
野外演奏になりますのでね、マイク・スピーカーの設備が欲しいのです、
昨年までは尺八仲間に音響設備に堪能なジイサンが居たので、大丈夫だったのです、
が、ズズイ仲間ですのでね、次から次へ体調を崩す者が続出だ、今年は彼が入院しちまった、

わたし“今虚無僧”の際は、
自分のパソコン持ち出して、イヤホン穴に、家庭用の小型スピーカーの端子を突っ込んで音響やっとります、
が、“今虚無僧”は施設の室内で行いますのでね、まぁなんとかなっとるわけで、野外ではダメですわ、
三味線のお師匠さんはお座敷芸です、マイク・スピーカは使っとらん、その用意が無い、
困った、困った、

今日、三木市役所や、商工会議所へ出掛けて、機材の貸し出しがお願いできるかどうか聞いてみるつもりです、

あぁ、伽耶院・モミジ祭りには、若い女性グループのライブもあるようだ、
が、モミジ祭り(延べ5日間)期間中の1日だけのライブだと聞いている、
で、他の日に、尺八・三味線の民謡・童謡ライブを考えているわけですが、
デケルかどうかは、上のような状況ですから、今はまだわからんのです、

あぁ、もしこの企画がデケテも、尺八はわたし独りになりますです、
尺八仲間らですが、わたしと違って、みなさん地歌吹きの本格派なのですわ、
秋の芸術時期ですよね、で、仲間らは神戸市内の相楽園で本格的な演奏会を構えていて、わたしの遊びに手が回らんようなのですわ、
難儀ですなぁ~、

愚痴を言うわけじゃないですが、地歌吹きもエエですが、もっと童謡唱歌や演歌など吹いた方が、民謡なども吹いた方がオモロイと思うのだが、本格派の仲間らからすると、わたしは邪道に見えるらしい、
が、が、わたしからすると、わたしの方がホントは古典派なのですぜ、
だって、わたしは、明暗寺・對山派の古典尺八を吹く虚無僧尺八が本業です、この余技に童謡唱歌や演歌・民謡ってことですぜ、
尺八仲間らのなかで、明暗流はわたしたった独りです、さびしいなぁ~、

あぁ、ボヤキついでに、
本格派の彼らですが、童謡唱歌くらいなら、初見譜面で易々と吹きますわ、
演歌も同様です、けっこう初見で上手に吹きます、
が、が、ドッコイ、初見は初見です、こなれていない、

最低でも、数回はその気で稽古してほしいが、それなしでほとんど即興で吹きますのでね、
曲に向き合う気持ちがね…四六時中これらの曲を真剣に稽古しているわたしからすると、油断だらけに聴こえたりするわけだ、

決して、仲間らの技量をクサしているのではないですよ、
彼らの地歌曲に向き合う姿勢は実に半端じゃないのです、
あれだけ真剣に取り組んだら、とてもじゃないがわたしの童謡唱歌吹きや演歌吹きには付き合う時間がとれませんわ、
彼らの手帳の書き込みけれど、稽古、稽古で真っ黒です、空き日がありません、

各人、それぞれ、数社の“箏・三弦の社中”とお付き合いがあって、加えて、各人、それなりの弟子をもって、尺八教室を開いたりもしていますのでね、秋のこの時期はホ~ラ忙しいのです、デンデン時間が足りません、

余分な話になりますが、
出演料とか、謝礼とか、お祝いとか、月謝とか、とか、とか…で、コレ半端なお小遣いじゃ足りませんよ、
この点で、はや、わたしは落ちこぼれです、
内情を明かしますと、童謡唱歌や演歌を、タダで吹いて遊ぶことしかデケン状況でもあるわけだ、
貧乏って辛いですね、

| | コメント (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »