« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ボヤキ語

わたし11月16日のTwitterを、この場で、訂正したいと思います、
場が違いはしますが…、すこし長話になりますので…

<11月16日のTwitter内容>
「池田信夫ブログが吠えていますね、自民党にはボディブーローになるですよ、だんだん効いてきて、政権奪還ははかなき夢に消え去るかもです…」でした、

が、今日(11月30日)の池田信夫ブログで、
氏は間違った情報をもとに論じていた、と、訂正されました、
合点が行きました、なんか変だなぁ~って、わたしも思っていたのでした、

“「建設国債を日銀に引き受けさせる」と、安倍総裁は言った”
との、誤情報をもとに、池田氏はこの政策は大間違いだって論じられたのだった、
が、「日銀引き受け」発言は誤報であって、
➝正しくは「買いオペ」と言ったらしい、
それなら、なんてことない普通の話だ、そう力んで云々することでもない、
で、わたしも、先のTwitterしたのを訂正したいと思いますってこと、
申し訳ないですdown

それにしても、情報ってのは、まったく恐ろしい、
わたし、本気で、池田氏の16日のブログは、自民党にとってボディブーローになると思ったのです、
建設国債を乱発し日銀に引き受けさせる、と、こんなことを大見切って演説するようなオッサンは、ヤバすぎるって思った、
が、なぁ~んだ「買いオペ」と言っただけだったのか!!!
が、が、なんで、“買いオペ”(介入)のことを、そう力んで論じますかねぇ~、
わしゃ、ここがいまいちわからんなぁ~

安倍氏が口先とがらせペチャペチャしゃべるのを聴くと、大切なことを軽々しく扱うような気がして不安になるのです、
橋下氏はガンガンしゃべりますよね、座っているイスを蹴っ飛ばされるに似た気分になったりだよ、
野田氏はドジョウ語でしゃべるし、要するに捕まえたつもりでもヅルヅルと逃げるのだよね、
小沢氏はマヤカシ語だし、化け物的生命力と言いましょうか、タフって言いましょうか…
石原氏は寝言語、…事実は小説より奇なり、を、越えてやろうってことかい??
カメ氏はスッポンの噛みつき語で、ゴメンネ、が、この感じがピッタシだよ
嘉田氏は琵琶湖語、和製クリントンか、ジャンヌダルクか…
河村氏はオエリャ~セン語、
福島氏は妄語、
渡辺氏は逆髪目玉語、
山口氏は、エッ未だ60歳???もっと上かと思っとった、学会語、

どれもこれも、波平に読める尺八譜に直すのは難儀だよなぁ~、

あぁ、上述は、どれもこれも冗談でっせ、
ボケ老人のボヤキ語です、

| | コメント (0)
|

2012年11月29日 (木)

追っかけています

竹友・河童どんを追っかけていましてね、で、こんな曲を無理やり吹くことになる、
両曲とも、自分が聴いても聴き辛いのですがね、もしよろしかったら、わたしの努力を聴いてみてくださいな、
今日の体調がそのまま音色に出ますなぁ~、
「空港」

「そして神戸」

河童どん、
「弟よ」は超難しいですわ、尺八で吹くのは無理、サジ投げた方が無難だ、
ナンジャコレって感じの曲ですなぁ~、

| | コメント (2)
|

ダルク登場

今からおよそ600年前、フランスが王位継承がらみの政争の中、イングランドに併合されそうになったとき、ひとりの少女・ジャンヌダルクが神の啓示を受けて出現し、フランスを救ったのだった、

つい昨日、ひとりの前期高齢者の女性が、ナニ様の啓示を受けてか、国を救うべく立ち上がった、
嘉田(かだ)由紀子滋賀県知事が「日本未来の党」を結党、

韓国・中国から領土を脅かされ、大地震・原発ダウンで国は危機の真っただ中だ、
なんとかせにゃならんぞ!!!
「仲良くする者よっといで このゆびと~まれ!!」
よってきましたねぇ~
ゆびがへし折れなければよろしいが…

それにしても、野田氏は演説がお上手ですなぁ~、
もうすっかり芸の域に達しておられる、落選しても舞台で充分食ってゆけると思いますよ、
できれば“トリオ漫才”にするとエエかも、グループ名は“1極2極3極”にしましょう、
「マニュアルが云々」と言うと、客席がウワ~と盛り上がるって構図カナ???

あぁ、内田樹先生が「菊と刀」をブログっておられる、
懐かしいなぁ~、コレ読んでビックリしたのはいつのことだったのだろう???
わたし、42の男の厄年の時、書棚のアレコレをいったん全部捨ててしまいましたのでね、この「本」もです
人世の転換期って言うのかな、以後、六なこともないままダラダラと生き、古希を越えてしもうた、

バカだよなぁ~、わたしは…

昨日、フグ釣りに出ましてね、竹友と二人でしたが約50尾ほども釣りましたがね、
愛艇「はまちどり」(24Ft中古船外機艇)で播磨灘沖へ出ての釣りです、
播磨灘のど真ん中に広大な海苔網が敷設してあって、その海苔網の周辺に“浮き浮標(ブイ)”が設置してありますが、艇をその浮標にモヤイ着けてフグを釣ります、餌釣りです、餌はこの海域で獲れるカワツエビ、
で、釣ったフグは、この場(艇内)でサバキ、たべれる部位の身だけにして持ち帰ります、

フグのサバキですが、1尾あたり数十秒の速さですぜ、アッというまにパッパッとさばいてしまう、
わたし・波平流のフグ・サバキは、安物のハサミ1丁で充分、チョキン・チョキンでお終いだ、
サバキのコツは、危険部位を惜しげもなく捨て去ること、これに尽きます、危険なブイはあっさり切り捨てる、だから、サバキが速い、
アッハッハ、だから、だから、バカだっていうのですわ、
“河豚食う馬鹿 河豚食わぬ馬鹿”って言いますよね、

が、わたしが馬鹿だっていうのは、少し意味が違っていて、
フグをサバク際にあっさり捨てるその部位が、フグの美味しい部位なのです…が、それを捨てている
で、わたしは、フグを喰っている…つもり、であって、本来のフグは食っていないってことになる、

わたしは、要するにナニ者にあたるのでしょうネ???
“河豚食う馬鹿”でもなく、“河豚食わぬ馬鹿”でもない、
➝第三極のフグ・バカって位置???
(注・ショウサイフグです、この種のフグは身だけにしても未だ微毒がありますので、わたしの真似はしないでくださいネ、特にこのフグの美味しい部位なんか食ったりしたら、ほぼ確実にあの世ですぜ!!!)

あぁ、冒頭のジャンヌダルクですが、
後年裁判にかけられ、この”大ウソつき”め!!!ってことで、火あぶりの刑に処せられています、
神の啓示を受けた、ってことが、疑われたのだね、
が、後年の後年…、復権し英雄だってことになっとる、
刑死したのは19歳の時、
痛々しいですなぁ~、啓示をお与えになった神様はナニをお考えになっとったのかな…
酷なお方ですよねぇ~

わたし、今日は老人施設へ“今虚無僧”しますがネ、エエかいなって気持ちもありますなぁ~、

| | コメント (0)
|

2012年11月28日 (水)

♪♪ケ・セラ・セラ~♪♪

1極・2極があって、第3極がデケテ、…と、その第3極がふいに➝二つになった、
が、流れから超然としているゲに観えるのもある、公明・共産・社民…

もめごとは、消費税・TPP・原発、に集約されてきた、
集約付録に、尖閣・拉致…など等かな

ふたつ目の第3極の名は“日本未来の党”って名だ、
未来ねぇ~

時系列を、過去・現在・未来、の、三つにわけて論じると非常に論理的な感じになるのだけれど…
これにはある種のマヤカシが潜んでいるのだよな、

だって、過去も、未来も、アレコレ思うのはすべて、今現在の時点で思っとることなのだ、
要するに、過去も未来もありゃしない、あるのは現在だけだってこと、

で、なら、現在ってのは在るのか???
…と、これがまた、あるようで掴みがたいですなぁ~、
だって、
“今”こそがその“現在”だって、思った瞬間、すでに、それは過去になっとる、
要するに、過去・現在・未来、の、三つまとめて、そんなものはあり得ない、と、考える、
これ、わたしの主張じゃないですぜ、仏法の“無”の考え方がコレだと思いますよ、

ぎょうさんの政党がデケテ、で、これからの日本って国のありかた…云々ですが、
要するに、政治家らの論ずる“これからの…”は、
➝衆院選開票日の当落のこと…ですよね

今までの政治は、どうだ・こうだっていいますが、で、これから先はアァダ・コウダって言いますが
“今まで”ってのは、せいぜいここ3・4年のアレコレのことしだけしか頭にないのでしょう、
名前だけは、明治維新の維新を勝手に借用の党もあるけれど…
“これから先”は、再度申しますが、選挙開票日の当落のことだし…

話は飛躍しますが…
わたし“今虚無僧”波平ですが、このところ童謡唱歌や昔の流行歌・演歌に凝っているじゃないですか、
って、ことは、
波平どんは、今を生きているようで、その実は、未だ幼かった頃の童謡唱歌を歌っていた幼い頃の気持ちが、今、吹く尺八の音色をかたち作っているってことでしてね、また、昔の流行歌・演歌ですけれど、それぞれの曲が流行っていた頃の気持ちを、吹く都度に思い出していましてね、
なんと、なんと、波平どんは、現今の政治家先生らよりも格段に昔の気持ちに添っているってことですわ、

で、それで、どうなんや??? 

はぁ~、別に、それでどうだってことないですよ、
スカみたいなものだ、バッカじゃないかってことだ、
なんか、むなしいですなぁ~、非常にムナシイ…
無・無・無・虚・虚・虚…
あぁ、♪♪ケ・セラ・セラ~♪♪って歌があったですな、
なんて名の曲だったかな???

バイオリズム低下・低下…
今日は、これから魚釣りに出るつもりですが、デンデン釣れそうな気がしないや、
海へドボンにならんよう、気を付けなきゃ…

追記(11月29日、05:50)
この日(28日)、同行の竹友と二人でフグ約50尾の釣果、

| | コメント (4)
|

2012年11月27日 (火)

時代の流れと航海記

“かだ便り”(嘉田由紀子・滋賀県知事の公的サイト)を閲覧しました、
コレです、

11月分を完読、わたし早読みには自信がある、一気読みです、
昨日来、彼女中心の新党立ち上げが報じられ始めた、で、どのようなお方なのか気になったってこと、
琵琶湖研究の京大農学部出身の科学者でいらっしゃるようだ、若狭湾の原発群を見据えたただしい認識を持っておられるのだと思う、この時期まさに適任だと思いますなぁ~、滋賀県をそして国を正しい方向へリードして欲しいです、

読んだのは滋賀県の公的サイトです、嘉田知事が自ら書かれたものかどうかを知りたいですなぁ~、ナニセ滋賀県の公的サイトですからねぇ~、
嘉田氏が、県の公的サイトを、嘉田由紀子個人のサイトとして好き放題書くことができるわけない、
キット、それなりの検閲モドキの網をくぐっているに違いない、
ひょっとしたら県職員、それも有能な女性ライターの手になる作文かもと思ったり…
だって、凄い量の書き込みですよ、コレほどのことを毎日書き続けるには、専門家か、あるいは変な話、隠居業のヒマヒマでもないとデケンと思いますがねぇ~、

女性特有の柔らかな物言いです、好感が持てます、やさしさや愛のようなものさえ感じます、
少し違和感を覚える箇所もあります、が、純粋さを感じます、すばらしいと思う、

問題は、
A) まさにこの“純粋さ”でしょうね、
B) 知事ご自身が書かれているような体裁になっとること…このゴマカシでしょうね、

B)ですけれど
“知事の動向”とでも題し、末尾に“文責・秘書室ダレソレ”とでもしてあったら、
わしゃそれなりに信じて読みますがね、ダマシはダメですぜ、
ひょっとしたら、知事ご自身が書かれているのかもの想いも捨て切れませんがね、
わたし、読んだ限りでは、それはないと思うのだよなぁ~、

A)ですけれど
 原発がすっごく危険だってことは、わかった、
 原発を全部止めたら、産業が成り立たん、国がヘシャルかも、も、わかった、
が、彼女は、
 ➝真正面から原発ゼロ言う、
…社民党の空論と似ていますなぁ~、
が、この時期、原発ゼロを叫ぶのは、政治的に意味があるのですよね、

衆院選の公示日が迫る中、今後、どのような展開になるのでしょう???
まだ幕は開いたばかり、

<余談です>
「リュトゥラー海案内記」ってのが、中公文庫から出ていましてね、三木市図書館へ借り出し予約を入れていたら、用意が出来たって電話があった、
リュトゥラー海は、正確には紅海のことで、ここをエジプトの船が航行した航海記らしい、が、その実はインド洋までも含めた海洋航海記だとか、とにかく古い古い航海記(A.D.1世紀)、ゆっくり読もうと思っとる、

| | コメント (0)
|

2012年11月26日 (月)

つもり吹き


「そして神戸」って曲のつもりです、

この曲、意外と吹き辛い曲ですぜ、尺八向きの曲じゃないな、
律の調整を確かる目的でふいているのです、出だしすぐの「レ」が微妙に低すぎる、
実は「チ」を気持ち高めに吹いたのです、曲趣を想って
最後の息継ぎがまちがったネ、不細工なことだっちゃ、

| | コメント (0)
|

余韻のなか

伽耶院・野外モミジ祭りライブを終えて、ある種ホッとしたというか、空虚なっていうか、の、気分の中に居ますがね、ホント、人前で、それも野外ライブで吹くってのは、サラリーマンOBヅヅイにはある種の覚悟が必要だったのですよ、
ナニカのお店をやっていやお方なら、あるいはあまり抵抗がなかったかも、
通りに面して店を開き、お客さんがやって来られるのを待つ…
これって、ある種のライブ演奏ですよね、

伽耶院は大きな寺院ですが一巡するに15分もあれば充分です、
テント店でナニか買って芝生広場の特設テーブルでご馳走食べたりしても30分も掛からんと思う、
わたし昨日は午前10時から略1時間吹いては15分休むの繰り返しで、午後2時過ぎまで吹きました、
この間、常に、芝生広場には4・50人居られた、
で、勝手な計算ですが、昨日だけでも略500名の紅葉狩り客の前で吹いたことになるのかも…
天候の悪い日もありましたが、通算5日間の催しでしたから…ひょっとしたらですが凄い人数になっとるかも
ライブってのは恐ろしいですね、油断デケンです、

山里の寺院で、このお寺から奥は少し田んぼがあるだけで、もう人家はありません、
常は、和尚さんご家族だけで、他にはだぁ~れも居ない山寺、静かなものです、
で、わたし、幾度も、幾度も、ココヘ来て場を本番同様に設定し、野外ライブの実験・稽古をさせていただきました、
これがデケル環境だった、
で、わたしのような者にでも、本番・紅葉狩りで、吹き得たのだよね、
田んぼに通うお百姓さんが、たちどまってわたしをみやり「熱心なもんやなぁ~」って言うとった、

三木市商工会議所の“食の会”がテント店を数店出していて、その店々の特設テーブルが芝生に設けられていて、で、わたしは、その奥脇に場を設けて吹いていましたが、テント店の店主が、
「来年は尺八演奏中とかの掲示板出すようにしましょう!!!」って、言うた、
この店主さん、わたしが吹く都度聞き耳を立てて居られて、時に拍手をくださった、
と、周辺の紅葉狩り客らから拍手が起きたりした、
わたし、施設で老人らと遊ぶ際は、けっこうダジャレなど言うたりしながら吹いていますが、この度は、ただ会釈するだけで特に話はしなかった、
が、けっこう気持ちが通っているような気がして楽しかった、

作務衣を着け、雪駄を履き、小袈裟・数珠の出で立ちだ、頭を伽耶院特製の山伏模様の和手拭で覆っていた、
芝生を離れ帰るお方らが、少し会釈をなさる、なかに大仰なお方が居られて、わたしの真ん前に来て両手を合わせ拝むしぐさをなさったりする、これには参ってしまいます、が、慣れてしもうた、いちいち返礼していたら尺八が吹けないからなぁ~、

あぁ~オモロかった
思い出しつつの余韻のなかですわ…

今日は雨だ、が、明後日・28日は上々の釣り日和だと思う、
で、魚魚の殺生日、フグをやっつけようかと思っとる、

| | コメント (2)
|

2012年11月25日 (日)

寂しくなるかも…

尺八趣味が高じて、地元・天台寺院のモミジ祭りに参加し、境内で野外尺八ライブをやっとるわけですが…
今日がこの“モミジ祭り”の最終日でしてね、わたしには、よい修業の場になりました、

あぁ、気が付けば紅葉も既に終盤の趣ですわ、
境内の芝生広場で吹いていますが、芝生は赤や黄色のモミジ葉で覆われている、

8月、お盆が過ぎ、9月秋のお彼岸が過ぎ、そしてモミジ祭りです、

わたし、お盆過ぎの頃から、本格的に伽耶院・モミジ祭りの準備に入りました、

お盆に、毎年、伽耶院では万灯会を催しますが、この時、古典尺八の仲間らと多宝塔にあがって尺八本曲を献笛させていただいています、
で、この時、ついでに、仲間らと晩秋の“モミジ祭り”への対応を話し合う例です、
が、最高齢75歳になる者らの集まりだ、最高齢者は持病悪化で既に視力を失っていますし、他の者らも歳相応になっとって、なかには棲み所を彼岸へ移した者もある、
話し合って、仲間らは、秋の連休には本舞台(三曲合奏)の方をやりたい、と、なった、
わたしは、もう三曲合奏からは離れていて、“今虚無僧”活動にドップリ浸っている、
必然的にわたしだけが仲間らからはみ出すこととなった、
結果、今年の伽耶院・モミジ祭りは、わたし独りの野外ライブになったってこと、

当初、わたし独りでは、5日間にわたるモミジ祭りの野外ライブは無理だと思った、
が、やってみよう!!!
で、お盆の万灯会以降、これへ向けての準備をしてきた、

5日間にわたって、長時間、単独での野外ライブ、
今日が最終日だ、

やってみるものですなぁ~、
すこしスキルアップしたような気がする、他の人から観てどうかは別にして…
すくなくとも、お盆から~今日まで、シッカリした目標を持った隠居生活がデケタ、

野外ライブの稽古ですから、自宅での稽古も、仏間を閉め切った中ではありますが、音響装置稼働させてのことでした、音量を上げないまでもスピーカー鳴らしての稽古だ、
家の中はガンガン鳴っている、外へも音は漏れ出ます、
隣家の奥さんが玄関先へ自治会の回覧板を持ってきて…
「綺麗なフルートの音が聴こえますねぇ~」と言われた、
隣家とは40数年来隣り合って住んでいるのでっせ、
が、わたしが尺八を吹いていることをご存知なかったみたいだ、
が、が、さすがに今回は、「ごめんなさい主人が尺八吹いています…」と、かみさんがバラシタ、

今日は体調に異変を感じなければ、午後2時半頃までは頑張ろうかと思う、
昨日は、午後1時チョイ前に、すこしフツとしたのだった、コリャ・ヤバイかな…
で、吹くのを止めて椅子に座り休んだが、ヤッパ、ヤバイかも、…で、荷をたたんで引きあげた、
3時間ほどぶっ続けで吹いていましたのでね、無茶ですよね、
今日は、休み休み吹こうかと思っとります、

吹き終わったら、寂しくなるかも…

追記
午後2時過ぎまで吹いていました、
午後3時半自宅へ帰った、これから独りだけで打ち上げ会のつもり、
昨日、竹友・大厳どんが伽耶院ライブ覗きに来てくれて、「コレ飲みながら吹くとよろしい」って、焼酎を差し入れてくれた、さすがに飲みながらは吹けませんわ、これから飲みましょう、肴は、コノシロの酢漬けです、

よく頑張った、ヤッタァ~って感じだよ、
さるグループホームの老人らが引率されて来ていて、
で、“今虚無僧”の問い合わせがあった、
我が家から車で20分もの遠距離のホームだ、どうしたものか悩むなぁ~、


| | コメント (0)
|

2012年11月24日 (土)

秋の空

今日は少し風があって、野外尺八ライブですが、吹き辛いかも…
が、雨はあがったようだから、頑張ってはみますがね…

明後日は、風も弱くなって、尺八日和になるかなぁ~、

秋の天気は変わり易いです、
伽耶院の“モミジ祭り”は、今月17・18日の土日と、23・24・25日の連休ってことになっとりますが、
地元三木市の商工会議所参加の“食の会”の皆さん方が境内にテント店を用意する日が、この日だってことだけでしてね、この日が過ぎたらお寺の門を閉めますってことじゃない、
和尚さんは、“参観料、草ひき十本”と書き出したちいさな標識を門前や境内に幾つか立てておられます、
和尚さんも、モミジも、いつだってどうぞって歓迎してくださいます、
わたしもね、このモミジ祭り以外の日でも、尺八日和の日は、気が向いたらですが、境内で独り吹きしたりしようと思っていますよ、

あぁ、“尺八日和”ですけれど、“釣り日和”とのバッティングが難儀です、

が、“釣り日和”の方は、天候具合が穏やかであるだけではダメで、潮満も大切でしてね、
たとえば今日・明日は、釣りの方からは、若潮日・中潮日ってことになっとって、すこし釣り辛い日に当たります、いくら晴れで風のない上々の日和でも、魚釣りする上からはイマイチだってことですわ、
あぁ、この潮満ですけれど、地域差が大きいですから、全国どこでも通用する話じゃないですよ、
が、今、わたしの頭には、
播磨灘でのフグ釣りのことがあって、この釣りの日としては今日明日の若潮日・中潮日はいまいちだってことですわ、
デンデン釣れなくはないのですよ、夜明けからほんの2時間ばかりだけしか釣れないです、
が、釣るポイントは沖合7マイル程も沖でしてね、未だ夜が明けぬ暗い間に、夜間航行灯を灯して沖へ向けて海苔網敷設海域を縫って突っ走らねば、釣れる時間に間に合わないです、ソレって危険ですよねぇ~、
フグ食って死ぬならまだ我慢デケル、
が、フグ釣る前に、事故って死んだりしたら、釣り師の面目が立たん、

今の時点で気象状況を読む限り、28日(水曜)29日(木曜日)が、天候も良く、大潮日で潮満がよろしい日です、フグがバカ釣れかもの日です、
が、上述に言いましたように、尺八日和とバッティングのことがある、
どうしましょうかねぇ~、

特に29日は、施設へ“今虚無僧”の予約が入っていましてね、魚釣りはアキラメの日です、

4日後の“28日”
これを楽しみに、本日の伽耶院・野外ライブをお勤めしましょうかねぇ~、
なんと、オーバーな物言いだこと、

アァ~、女心と秋の空…、
4日先のことなんぞ、どうなっとるかわかったものじゃない…

♪♪どうせわたしをダマスなら~ ダマシ続けてほしかったぁ~~♪♪
てな、ことになるかもな

余分な話ですけれど…
衆院選を前に政治家らの変心・変心には、秋の空も呆れビックリしとるのでは…

| | コメント (0)
|

2012年11月23日 (金)

鶴田浩二の左・てのひら

秋雨の中の紅葉も風情があって美しいです、
小雨ですが降ったり止んだり…

今日の伽耶院は、吉川太鼓や大正箏の演奏もあって、
で、わたしの野外“今虚無僧”ライブは午前中10時45分で店じまいしました、

店じまいし終えた頃に、いつも訪問している某通所デイケア施設の老人らが、介護職員に引率されてヨボヨボやって来られました、
“波平さんが吹いとるらしい…”と、

残念だったなぁ~、非常に残念!!!
ジイチャン・バァ~チャンらが、真ん前に陣取って、一緒に歌ってくれたかもだったのに…

明日・明後日ですが、
様子を観ながら、午前10時前から~午後3時前辺りまで、休み休みしつつ吹こうかと思っています、


さて、
今日も、やってみての感想ですが、
やっぱ、いかに簡単な音響設備だとはいえ、スピーカーを使うからは、スピーカからどのような感じで音が出ていのるかをしっかり知っておきたいです、この気持ちが押さえがたい、
が、ひとりで全部やっとりますのでね、吹きながら場を離れて、スピーカーの向こう側へ行けるわけがない、
もし可能なら、イヤホンででも自分の吹奏音を確かめつつ、シッカリ聴きながら吹きたい、
が、が、これが又かなわない、

野外吹きですのでね、
吹いていて、自分の音が散らばってしまって、室内で吹くに比べ、なんとなく頼りなく感じるのですわ、
で、少しですが、いつの間にか気張り気味に吹いてしまっている、これがダメなのです、
この野外吹きの難儀を、イヤホンを使ってでも、吹奏音を自分の耳へバックさせつつ吹くことで、気張り吹きになりがちなのを防ぎたいです、

神経質なことを言いますが、イヤホンで聴く音は、スピーカーからは出る音から、ほんの少しタイミングがズレ遅れるのです、
スピーカー音は、マイクから直結です、
が、イヤホンからの音は、
マイクから➝音をパソコンへいったん録り込み➝適当な音量に変更し➝で、イヤホンから取り出しで聴く、
この手間が微細なタイミングのズレ後れを生む、
信じがたいことですが、事実遅れますです、吹いていて、気持ちがネ、悪いのです、

若いお方はご存知ないと思いますが、むかし、鶴田浩二が舞台で歌を歌う際、
「傷だらけの人生」などを歌う際、
右手にマイクを持ち、左手は自分の左耳にかざして自分の歌声を確かめつつ歌っていたです、
まさに、このことを、わたし、やりたいわけですよ、
どなたか、左・てのひらをお貸し願えませんかねぇ~、
参考です、コレ

| | コメント (2)
|

幸せになれると思う

キリストも、故郷・ナザレでは奇跡をおこし得なかったらしい、
「あの男は大工のセガレではないか…」などと言われたらしい、
出自が足をひっぱった、

お釈迦様は、産まれた途端に七歩歩いて天と地を指し「天上天下唯我独尊」と言うたらしい、
釈迦族の王子に生まれ、とたんから敬われた、

キリストも、釈迦も、多くの者らから敬愛を受け、仰がれ、弟子を従え、
政党モドキ(?)を創った、

コレを、いまどきの政党乱立話に結び付けるのは不遜にすぎる、
が、
“神は敬うによりて威を増す”
“神は自ら助くる者を助くる”
などなどの言葉がある、

御念仏を唱えます
「南無観世音菩薩」
と、たちどころに、観世音菩薩が顕れ出でてお助けくださる…と、いうことにナットる、
が、わたし、試したりは不遜だって思うから試し唱えたりはしませんわ、イザの時のために残してある

人間って弱いですよね、

あのカメ公も独りになったら弱気になったのだね、同じような者らを見つけて新党作りだ、
TPP反対、原発反対、増税反対、と、わめいていたら、寄ってくる者らも居るだろう…ですよね、
寄り固まってみれば、お三人には共通のナニかがありますなぁ~、
雰囲気というか、印象というか、悪の匂いというか、神様モドキのオ~ラというか、周辺の者らを小馬鹿視した物言いというか…
わしゃ好かんですなぁ~、この種の豪傑らは…

オレ等を信じろ!!!

わしゃ、TPP賛成、原発チョット反対、増税大反対、
チビットだけの年金からナンボほど税金盗ったら気が済むのや!!!

川でバァサンが洗濯していたら、上流から桃が流れてきた、
ドンブラコ・ドンブラコ…
バァサンは桃に大声で叫びました
「あっちの水は辛い(苦い)ぞ!!!こっちの水は甘いぞォ!!!!」
で、桃は、こっちへ流れてきた、
桃太郎は、バァサンに、美味しい水で買収されたのか???

これから各政党は“美味しい水”のバラマキ合戦ですよね、

あぁ、
先ほどまで雨音がしていたが、いつの間にか降り止んだようだ、
今日の伽耶院での野外“今虚無僧”ライブ、どうしょっかなぁ~

昨日は、魚釣りに出ていましたがね、
アメが降るって予報だったから難儀だなぁ~って思っていたが、降らなかった、
が、釣れもしなかった、
コノシロだけ40尾近く引っ掛け捕らえた、
酢漬けにしてあるが、今朝は未だ漬けが浅い、夕食に試し食うつもりだ、
キット、幸せになれると思う、

| | コメント (0)
|

2012年11月22日 (木)

逃げ帰ることになるかも…

時代の流れについて行くのは、わたしにはもう無理ですわ、このことをシッカリ自覚しておくこと、コレが最後の砦になるような気がする、
家電量販店で、灯油暖房器を買いましたがね、もう昔のマニュアル機じゃないですな、デジタル型になっとる、
マニュアル読まなきゃ使い方が判らんかった、マゴマゴシテ、かみさんがイライラし、かみさんが解読して火を付けました、

白状しますとね、わたし、未だいちどもスマートフオンに触ったことありません、
いわゆるゲーム機なるものにも、未だ、一度も触ったことありません、

尺八でアレコレの曲を吹く関係で、わかりもしないのに、最近の若者らはどんな曲を聴くのだろうの研究はします、
が、ほんとうの研究にはナットランです、
だって、聴いたって、楽しい曲だって思わない、要するに理解できていないってことだよね、

今日の沖は凪のように思えるから、これから豆アジでも捕りに行こうかと思っていますがね、最近の若い衆らは豆アジ釣り(捕り)などしませんわ、メタルジグでジギング釣りが主で、これでハマチやサワラなど等を獲ります、
もう、わたしのような高齢者には、このジギング釣りは無理でしてね、体力が持たないのです、

昨日、なんとか音味のきいた童謡唱歌を吹きたいものだって思って、自然の真竹の節を抜き、これにタダ音穴を開けただけの要するに天然そのままの尺八(地無し延べ竹)で「女心の唄」を吹いて録音し、で、聴き直して、
で、で、ガクッdownと落ち込んでしもうた、
これもまた時代の流れに掉さす行為だったのだね、
いまどき音味に凝りたいような気持にこだわるなんぞは老人症候群の最たるものかもネ、

あぁ~あ

沖へは出ますが、小雨のおそれがある、逃げ帰ることになるかも…

| | コメント (0)
|

2012年11月21日 (水)

五線譜用の尺八

昨日アップのなかに「女心の唄」をアップしたのですが、音色が特に気に入らなくて…
で、今日、竹を地無し竹に替えて吹き直したのですがね
昨日アップのものに並べてアップしておきましたので、聴き比べてくだいませんか、

調律を主に改作した尺八と、完全地無しの虚無僧竹と、の、違いです、
ほんの少し聴いただけで、違いがわかりますよ、
わたし、ホント、頭が痛いです、
五線譜音楽はなぁ~、ヤッパ、地無し竹では無理があるよなぁ~、
残念だ!!!

| | コメント (0)
|

万冊の図柄

天気変化が予想外の速さです、
翌日の天気すら当てが外れる、
特にド素人には、前線の位置が予想し難い、
明日22日は、風弱く絶好の釣り日和だと読んでいたが、温暖前線接近の影響で雨かも、が、わからん、
早朝から雨に打たれながらの魚釣りは老人にはキツイよなぁ~
あぁ~あ

わたしは、真正・隠居業だから“今虚無僧”の予約日以外は好き勝手でける
が、同年代の知人・友人らの多くは、二股隠居業で、勝手気ままは難しいようだ、
魚釣りを誘うにも“明日どうです”ナンゾは無理、
2週間前、最低でも1週間前には、お誘い連絡が必要です、
が、が、この秋空の元では、ソリャ無理、
で、3日前ならどうか???
が、が、が、3日後の秋空の予想は難しい、


さて、衆院選の予想遊びのこと、

わたし、コレ、遊び感覚で書き散らしますのでね、決して本気にしないでくださいよ、
“そんなこと思っているズズイが居るのかぁ~”
の、感度でお願いしますね、
いわば、独りごとです、仮想のダレかとの雑談気分で書き散らすのですよ、

先ほど5時のTVニュースで、安倍総裁がアレコレ話しているのが流れていた、
いろいろ言うておられたが、なかに、
「中国・韓国との関係改善を目指します…」などのことがあった、
A国とB国とC国とがあって、
A国からみて良好な関係とは➝B国・C国を安定的に抑えつけ得ている関係ですよね、
今の日本・C国は、A国(中国)とB国(韓国)とに脅され抑え付けられている、
で、安倍総裁は“関係改善を目指します”という
中国と韓国を抑え付ける側に回りましょうってこと…ですよね、


また、彼、安倍総裁は、国債を日銀に買い取らせ、日本経済を活性化させようとも言うていましたよ、
が、わが家に国債なんぞ無いですわ、だから関係ない話です、
が、が、お金持ちは、ひょっとしたら国債をお持ちかも知れない、
それを日銀へ買い上げてもらえば即➝現ナマが手に入る、
で、セッセとアレコレ買って、で、コレが消費拡大になるでしょうよ、って話かな???

が、が、そもそも、お金持ちは、有り余るお金があるから国債を買っていたのだよね、
なにも今さら国債を処分しなくても、現ナマは既に手元にぎょうさんある、
で、やっぱ、関係ない話のような気がする、

国債ってのは、そもそもが国の借金証書ですよね、
国(政府)は市中に国債券(?)を売って、現ナマを作り、ソレを予算として使ってアレコレのことを行うのですよね、赤字国債特例法はそういうことなのですよね、
その国債(国の借金証書)を日銀に買い上げさせて、ってことは、
➝支払用のお札を日銀に刷らせて買い上げさせるってことかい???
で、で、政府は知らぬがホトケかい???

なんだか手品話のように思いますが、わしゃ頭が変なのかな???
あぁ、確認しますが、日銀ってのは、万円札を印刷しているところなのですよね、
ダレの許可を得て印刷しとるのや!!!!

白川総裁です、
あぁ、そうですか…
ホンマかいな?????

久しく手にしないから、図柄忘れてしもた…

| | コメント (0)
|

2012年11月20日 (火)

だますなら (音源追加版)

ひと昔前、“ハナ肇とクレージーキャッツ”ってグループが居た、
「学生節」を飛び跳ねながらふざけた振りで歌っていたのを覚えている、

調べますとね1962年にデケタ歌だね、
堀江さんが太平洋単独横断した年だ、大鵬・巨人・目玉焼きの時代、
♪はいそれまでよォ~♪が歌われ、
映画は椿三十郎で、裕次郎は♪赤いハンカチ♪を歌っていた、 
ベトナム戦争の拡大期、池田首相だった、ケネディが居た…


♪学生節♪♪

一言文句を云う前に
ホリャ親父さん ホリャ親父さん
(わたしの党を)あんたの息子を信じなさい
ホリャ信じなさい ホリャ信じなさい
柳は緑 花くれない
風が吹いたら ナンマイダ
あんたの知らない明日がある
ホリャ明日がある ホリャ明日がある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
(わたしの党を)あんたの息子を信じなさい
ホリャ信じなさい ホリャ信じなさい

一言文句を云う前に
ホレおふくろさん ホレおふくろさん
(わたしの党を)あんたの娘を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい
色即是空アミダくじ
色即是空アホダラ経
あんたの知らない明日もある
ホレ明日もある ホレ明日もある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
(わたしの党を)あんたの娘を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい

一言文句を云う前に
ホレ先生よ ホレ先生よ
(わたしの党を)あんたの生徒を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい
道徳教育 こんにちは
おしつけ道徳 さようなら
あんたの知らない明日がある
ホレ明日がある ホレ明日がある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
(わたしの党を)あんたの生徒を信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい

一言文句を云う前に
ホレ恋人よ ホレ恋人よ
(わたしの党を)あんたのハートを信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい
男と女はうらおもて
雨か天気か下駄に聞け
あんたの知らない明日もある
ホレ明日もある ホレ明日もある
どっこいここは通せんぼ
ここには入れぬわけがある
(わたしの党を)あんたのハートを信じなさい
ホレ信じなさい ホレ信じなさい


強いて替歌にしなくても、元歌そのままを選挙カーで流しながら走ったらエエ、
大受けすることデッタイ間違いない、

ものごとには、ナニ事でも、表と裏がある、
行き着く先はひとつでも、至る道は幾筋もある、
世の中は回り周っていて、因果・因果の繰り返し、
この世での不幸は、次の世での幸せ、
夜の明けぬ日は無く、お天様が昇り来ぬ朝は無い、

要するに、時の政治なんぞ、どっちへ転んでも、騒ぐようなことじゃない!!!

野田総理は、ウソつき呼ばわりされるのを大変嫌ったそうだ、
で、約束を守るてんで、解散した、
ウヌ!!
“消費税は上げません”のマニフェスト約束は破ったのだよね、
それも、ふてぶてしいデッカイ顔(ツラ)して破ったじゃないか!!!
どこが正直者なんや!!!

本命のウソはついたけれど、解散約束は守った、
おしこまれただけやないか!!!
大見得切れた柄かよ!!!
解散約束は守った、だからやっぱしウソつきではなかった…
この逆さ言い訳の大ウソつきメ!!!

が、が、しかし
“ウソも方便”って言葉がある、

あの、お釈迦様だってウソをついた、
お釈迦様は極めてウソのお上手なお方だった
お釈迦様はバカな衆生らを導くにあたり、バカ者らでも理解し得るたとえ話をして、バカな国民(?)を導いた、

ある日、突然長者の家が火事になった、
が、中に居るバカ息子らは遊びに夢中で火事に気付いていない、
ヤバイ!!!
で、長者は、家に中へ向かって叫んだ、
お前たちの車を買ってきたぞォ~(日ごろから子供らが欲しがっていた)、玄関にあるぞォ~!!!って、叫んだ、
と、子供らは家の外へすっ飛んででて、結果、子供らは火事で焼け死なずに済んだ、
長者は、実は、お釈迦様の仮の姿だっていうわけですよ、

コレ、今様に言いますとね、
長者は➝野田総理だって言うわけだ、
野田総理は、お釈迦様の仮の姿ですぜ!!!
ホンマかいな?????

これもまた、極めてウソっぽい話ですなぁ~、
“ウソっぽい”じゃない、真っ直ぐ、の、ウソです、
野田総理がお釈迦様の仮の姿だったなんてデッタイニあり得ない!!!
が、あるいはそうかも、て、思う方々もおいでかも…

上述は“三車火宅の喩”っていう“ありがたい”仏教上の話ですがね、
仏教以外でも、たとえばキリスト教でも、神様らは、常にこの喩話(たとえばなし)の手法でバカ者らを導かれるのですよね、

その手法を真似て、紛れ入って…、
政治家らがウソ八百言うわけだ、

神様らは衆生を御導きになる、
が、
政治家らは衆生を食い物にする、
国民は➝ダマしてナンボの物でしかない、

でもね、

♪女心の唄♪♪

あなただけはと 信じつつ
恋におぼれて しまったの
心変わりが せつなくて
つのる思いの しのび泣き

どうせ私を だますなら
だまし続けて ほしかった
酔っている夜は 痛まぬが
さめてなおます 胸の傷

うわべばかりと つい知らず
ほれてすがった 薄情け
酒がいわせた ことばだと
なんでいまさら 逃げるのよ

女ですもの 人並みに
夢を見たのが なぜ悪い
今夜しみじみ 知らされた
男心の うらおもて

逃げた人なぞ 追うものか
追えばなおさら つらくなる
遠いあの夜の 思い出を
そっと抱くたび ついほろり

散って砕けた 夢の数
つなぎあわせて 生きてゆく
いつか来る春 幸福(しあわせ)を
のぞみすてずに ひとり待つ

あぁ~
わたしの尺八でお聴きになりますか???
が、
今は、まだ朝7時を過ぎたばかりです、早すぎる、

朝っぱらから、こんなのを吹いたら、
とうとうパッパは気が狂った!!!
って、かみさんがウロタエルかも

9時過ぎになったら、吹いて、録ってアップしてみようかな


それにしても、ヒマなヅヅイですなぁ~、
そして、
こんなのを、最後まで読むお方も…
コリャまた、失礼、言い過ぎた

吹いてみました、

地塗述べ管・虚霧洞管(改作竹)で「女心の唄」 (2012./11/20/10時)

完全地無し述べ管・竹友如堂氏作で「女心の唄」(2012/11/21/16時)

地無し管で、「女心の唄」の吹き直しに挑戦していますが、やはり地無し管では、律がとり難くとても吹き辛いです、律を調整し切れません、
完全地無しの延べ管です、地無し竹としては稀に見る調子正確な竹ですがね、

両管の、律の正確度を比較して聴いてみて欲しいです、
これだけ律に狂いがあれば、もう、音色とか、音味とかは言うておれませんわ、

| | コメント (1)
|

2012年11月19日 (月)

<4時半かぁ~>

<お詫びアレコレ>

その1
当ブログへコメント頂戴の際、なんらの規制も設けていませんでしたが、エッチがらみのコメントや、わけのわからぬコメントがたびたびありまして困っています、
で、まことに申し訳ないですが、コメント打ち込みの際は、お名前とメールアドレスの打ち込みを今後は必須条件にさせていただきますので、お許しください、

その2
尺八同好諸氏へお願い、
伽耶院「モミジ祭り」で、わたし“今虚無僧”の野外バージョンやっとるわけですが…
(次回は23・24・25(日)の天候の良い日のお昼中心に前後計3時間余りのつもりです)
申し訳ないですが、尺八をご持参になっての飛び入り吹奏はご遠慮させてください、
機器の用意も出来ていませんし、場の主催者(伽耶院及び三木市商工会議所・食の会)のお許しも得られませんし、
わたしもアレコレ対応し切れなくて、で、キット、ご機嫌を損じることになると思いますので、


<さて、“今虚無僧”野外・伽耶院バージョンのこと>

“…バージョン”だなんて、大仰な物言いでごめんなさい、
昨日が初日興行だったわけですが、報告がてら、想いを少し記しておきます、

早朝、短時間でしたがザァザァ雨がありましてね、その後も雲行怪しく、雨粒パラパラの秋の空“オンナ心”の日でした、風が尺八歌口を襲いましてね、午後2時チョイ前に、風に負けて撤収です、
素人尺八吹きの弱点がモロに出たわけだ、少しくらいの風に負けて、野外吹奏だなんて恥ずかしいですなぁ~、

カラオケ伴奏で吹くつもりが、直前になって、古刹寺院の紅葉祭りの雰囲気を考えて、尺八1本の素吹きになったです、
静かに、澄んだ竹音で、淡々と吹く、に徹しようとしました、
デケタかな???
デケなかったです、アレコレのことがあったですわ…

“静かに、澄んだ竹音で、淡々と吹く”ですが、
超難しいですぜ!!!
“山里古刹寺院の紅葉への献笛”です、
カラオケ伴奏で吹くのを止めたのも、この気持ちで吹こうとしたからですが…
やっぱ超難しかった、
吹きますとね、どうしても曲趣にとらわれ過ぎるのです、
簡単に言うと“得意げに”吹きたくなるってこと、
ド素人の、いちばんの弱点がコレですわ!!!

音楽会ならば、曲趣に添った、というより、むしろ曲趣を盛り上げた吹奏が好ましいのですよね、
が、“古刹寺院の紅葉刈の場”のムードミュジックとしては、曲趣はむしろ抑えた吹奏の方がエエ、
このことを昨日は強く感じました、
ド素人の尺八吹きには、すこし狙う次元が高すぎるかもな、

“静かに、澄んだ竹音で、淡々と吹く”
流行歌や、演歌を、このように吹くことってデケますか???
難しいですわ、で、このジャンルは避けた方がエエ、
童謡唱歌の類に絞った方がエエ、

長短尺八を揃え持って場に臨みましたが、ほとんど1尺8寸で済ませました、
が、どうしても、6寸、7寸が好ましい曲もある、少し使いました、9寸から上は使わなかった、

昨日の疲れで気力ダウンのなかだけれど、今日は沖へ出てフグと少し遊んでこようかと思う、
が、やめて、静かに昼寝しようかな…と、思ったり
どうしょかなぁ~、
イマイチ沖へ出る気力がなぁ~、シンドイのだ、
4時半かぁ~

| | コメント (2)
|

2012年11月18日 (日)

佛縁

ここ2か月ほど、伽耶院での野外“今虚無僧”バージョン確立に取り組んできた、
本日が、そのお披露目・初日になった、

童謡唱歌を中心にしたカラオケバックの尺初吹奏を、古刹寺院・野外吹奏にふさわしいものにしたいと、取り組んできたのだった、
数えていない、現地での試行回数、幾度試みたのだったのかな???

試行を重ねる都度、新たな課題に突き当たった、
最終的にコレでゆこう、と、思ったのは、直前のi一昨日のことだった、
寺院の大黒さん(奥さんの意)が「尺八だけの方が…」と、つぶやかれた
で、カラオケ伴奏で吹くのは止め、尺八1本の素吹きに決めた、

わたしの、このブログをごらんになっていた名古屋は豊田市の某尺八吹きが、
どんなお気持ちからだろう、“そちらへ伺います”と、連絡を寄越された、
1泊2日で伽耶院尺八バージョン見学に行くとのこと、
お出掛け願うような価値あるものではないと、中止されたい旨お返事したが、お聞き入れされなかった、

昨日、お越しになり、つい先ほど、1泊2日の予定を終えられて…
氏は、今、高速道路をご自宅へ向け走っておられるところだ、

初対面のお方だった、出逢っている間、互いに何の詮索もしなかった、
ただの尺八好きの老人二人、出逢って、で、つい今しがた、別れたってこと、

尺八を持参されていて、暗譜で、イロイロな童謡唱歌や、演歌などを吹かれた、
わたし、言葉を飾らずに申しますが、
テンポは滅茶苦茶、律違いを平気でお吹きになる、息継ぎ箇所がまるでなっていなかった、
が、古典本曲をお吹きになって、
わたし、氏の竹音にビックリした、スバラシイ!!!!
このお方は、わたしのとても及ばぬ高みにおいでのお方だ!!!
この深い味わいのある竹音は、十年、二十年で決して得られるものじゃない!!!!

昨日、伽耶院の庫裡・大広間ですこし竹を吹きかわし、上述の印象を得たのだった、
昨日は激しい雨で、野外ライブは成し得ず、庫裡・畳の大広間をお借りし、で、吹きあったのだった、
で、で、
今日18日・天気が持ち直し、野外ライブ本番を行なった、
氏には、場の準備などに、イロイロお手助けをいただき大変助けられた、

わたしが吹く、で、わたしが暫時休憩の際、
氏はご自分の番だとして、アレコレの童謡唱歌や演歌などをお吹きになった、
氏は、お気付きではなかった、
ご自分が聞くに堪えない下手だってことを…、
テンポは滅茶苦茶、律違い、息継ぎはブツブツのちょん切り吹き
…まるで歌にナットラン!!!

わたし、氏へ、もう吹くのを止めてもらいたい旨、遠回しにそれとなくお願いした、
が、お気付きではない、
わたし言葉を強めました、直截に言葉を飾らず申し上げた、
「あなたは下手過ぎます、童謡唱歌・演歌は、もうここでは吹かないでください」と、申し上げた、
「…が、古典尺八本曲は実にすばらしい、どうか本曲をお聴かせいただきたい」と、申し上げた、
「わたしは一生懸命童謡唱歌を稽古し工夫を重ねて吹いています、が、貴兄はデンデン稽古されておらん、みなさんに失礼だ」
って、申し上げた、
氏は、合点された、

氏は、すなおに、真っ直ぐにわたしのキツイ言葉をお聞きなさった、
わたしは覚悟して申し上げた、キット、氏は、顔色を変えて、ご機嫌を悪くされると思った、
が、氏は、平然として、むしろ目からウロコが落ちたようなお顔をされた、
「わかりました、あなたのを聴いてわかりました!!!」
わたし、氏の目から光が出たたような、ある種強烈な印象を得ました、

氏に、本曲をお聴かせください、と、重ねて、重ねてお願した、
「調子」「虚鈴」「虚空」などを吹かれた、氏はすべて暗譜吹きだ、
何とも言えぬ冴えた竹音が境内の紅葉に染み入った、
このような竹音は、わたしには到底吹き得ぬものであった、

名古屋からわざわざお越しいただいた遠来の初対面の竹友、
随分鍛えられた人格者であられると拝察した、
佛縁だと思う、
それにしても、わたし、ずいぶん失礼なことを申し上げた、冷や汗を拭いつつ記すのである、

| | コメント (2)
|

「もみじ」

1. 秋の夕日に 照る山紅葉(もみじ)
濃いも薄いも 数ある中に
松をいろどる 楓や蔦は
山のふもとの 裾模様

2. 渓(たに)の流れに 散り浮く紅葉
波に揺られて 離れて寄って
赤や黄色の 色さまざまに
水の上にも 織る錦

秋は天候変化が急だ、昨日は終日大雨だった、が、今日は上々の秋空か、
三木市山里・山伏寺院・伽耶院のモミジも見事に照り映え、まさに上述の歌詞そのままの趣、

境内に屋台店が出る、モミジの中で甘酒やお弁当などをいただくなどがデケル、
“渓(たに)の流れ”がある、山田の間を流れ来た小川、綺麗な水だ、

わたし、屋台店の出る芝生の隅で、尺八ライブをやらせてもらうつもり、
アレコレ工夫し稽古を重ねてきた、
カラオケバックに童謡唱歌を吹くつもりだったが、尺八1本の素吹きにしようと思う、

伽耶院ホームページの中に、夏、お盆の万灯会の写真が載っている、
http://gayain.exblog.jp/
多宝塔で尺八献笛する4名のズズイの写真がある、いちばん右端がわたし・波平だ、
左隣のジイサンは栗栖氏、あごひげズズイは内田氏、いちばん端は長田氏、
あぁ、わたしが吹く尺八は栗栖氏の作品です、
この4名は今年西国三十三か所を巡ってきた仲間、それぞれ尺八を手に老いを重ねる、


さて、もう少し他の話もしてみたい、
太陽と維新の話、

80歳と43歳とが、国政を論じ合って合体し、衆院選に挑もうとしている、
80歳はいわゆる豊かな家庭に生まれ、常に上流社会に生きてきた、
43歳は貧しい環境に生まれ、で、才覚を磨き、今の位置に上がってきた、

国政を二人は論じ合った、
が、二人が思う“国”ってのは、同じ形をしていたのだろうか???
“国”そのものの認識が異なっていたのではなかったか、
が、が、上流と下流とをつなぎあわせ、国を観ようとした…ってことか???

論じるべき“国”を共有しあえて、土俵を同じくし得たとしよう、
で、その土俵でどのような相撲を取るかが問題だよな、

押し相撲に徹するべきか、もっと多彩な技を磨くべきか…
アレコレ政策のすり合わせに挑戦

すり合わせは、妥協のなかで生まれるのですよね、
論じ合って、論議に負けた方が、意見を譲り妥協する、

が、(論議に)“負ける”ですけれど、
➝相手の論ずるところを十分に理解し得たればこそ到達し得る境地なのだよね、
極論しますとね、
議論に勝った方は、未だ議論相手を十二分に理解し得ていない段階だ、と、云えなくもないわけだ、
が、議論に負けた方は、
➝自論に加え、議論相手の意見をも、自分の自論に成し得たってこと、

わたしは、この老人と若者(失礼)の合体を、野合だなんて思いたくないですわ、
世代も価値観もアレモコレモ違った二人が…
と、思うと、胸が熱くなるのですわ、

わしゃ、もう老人だ、が、時には、胸も熱くなるのだぞ!!!
で、
尺八でも吹いて、邪気を払い、正気を探そうかなってことですだ、

| | コメント (0)
|

2012年11月17日 (土)

ダメだこりゃ

判官贔屓(はんがんびいき・弱いもに同情し肩を持つ意)の情は、今回はどう働くのでしょうね、

あんがい小沢氏へだったりして…
裁判で、裁判で、苦しめられたのだった、それでも彼は頑張っている、

もし彼がイケメンで、か弱い雰囲気があって、もう少し若ければ、票はドット彼へ流れ込むかも…
が、なんとなくこのまま忘れられてしまいそうな感じがあるなぁ~、
彼に関わろうとする者がなぁ~、
関わるとヤバイような感じがなぁ~、
裁判のことよりも、例のミクダリハンや、大震災時の雲隠れがなぁ~、

石原氏が、“自分は義経に惚れた弁慶みたいなもんだ…”とか、マイクの前で言うていましたよ、
彼特有の美学ですね、小説の世界みたいだ
“贔屓の引き倒し”にならなければよろしいが…

それにしても、橋下氏には、なんとなく義経オ~ラがありますね、
このまま激戦突破の可能性がある、
一ノ谷での逆落とし奇襲、屋島での那須与一の弓、壇ノ浦での軍船三段跳び…
牛若丸当時の鞍馬山での苦労・修業も、彼の生い立ちに関わる努力・頑張りに重なってくる、
が、落ち目になって…、
で、安宅の関で弁慶は義経を金剛杖で打ち据え、勧進帳を読み上げる、
今朝の新聞では“維新・太陽合流へ”となっとる、
ドラマだねぇ~、

天気予報では今日は雨だ、今、夜明け前の5時10分ですが、雨音がだんだん強まりつつあります、
豪雨になるかもらしい、
今日から、地元寺院伽耶院では、“紅葉狩り”客らへ向けてお弁当などの売店・テント店も出て、秋満喫の予定にナットるのに残念ですわ、昨日の内にテントはもう設定されとるのですよ、
わたし、気合を入れて、伽耶院・野外尺八ライブをするつもりだった、
が、今日は、ダメだね、

実は、昨日の午前中、最後の予行演習(ライブ演奏・本番直前の通し稽古の意)をやってきました、
本堂や塔頭などがある上の段の、下の芝生広場に、テントが幾張も用意してあって、
そこが“今虚無僧”伽耶院バージョン実施の場なのですがね、
昨日は絶好の秋日和で三々五々紅葉狩りにお越しの方があったですわ、
で、そのなかで約1時間強ライブやってきたってわけだ、
音響装置の稼働具合の最終チエックです、
やってみて、予定の方針を変えた方がエエかもの気持ちになった、

予定では、全曲カラオケ伴奏で吹くつもりだった、
が、尺八だけの素吹きにしようかと思うに至ったってこと、

午前中は尺八だけの素吹きにして、午後からはカラオケバックに吹いてもオモロイかも…
どうしょっかなぁ~

とにかく今日は雨降りでそれも荒れ模様みたいだ、
ダメだこりゃ、

| | コメント (0)
|

2012年11月16日 (金)

趣味欄が欲しい

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加云々ですけれど…
第一次産業の視点から観れば➝反対
第二次・三次産業から観れば➝賛成

国の視点をどこへ置きましょうかねぇ~、
衆院選の結果ですよね

上述の産業別視点は、言い換えると、
田舎に住む人たちは概ね➝反対
都会に住む人たちは概ね➝賛成

“ゼロ増5減”は、
有権者数の少ない選挙区の定員を減らし、その逆の選挙区定員を増やすってこと、
山梨県、福井県、徳島県、高知県、佐賀県の5県でそれぞれ1議席ずつ減らすことになる、
あぁ、民主党はTPP賛成の方向へ旗印を掲げましたね、いわば都会派だ、“ゼロ増5減”は算数的には民主党に有利に働きます、

TPPへの視点を、老人の僻目で観てみると…
➝年金や、福祉や、老人施設の充実が好ましい
➝TPP賛成、
が、が、息子や娘や孫らが、ナニしとるかによって、親心がはたらくかも…
正しい判断をしたいです、
あぁ、呆け切った年寄りは投票をご辞退した方がエエと思う、

で、わたし自身のボケですけれど…
どうじゃろか???
投票させてもらっってもエエでしょうか???

衆院選がある都度思うのだが、
立候補者の掲示ポスターに、趣味の欄が欲しいです、
趣味欄に、尺八、魚釣り、と、書いてあったら、わしゃ、デッタイそのお方へ票を投じますがねぇ~、


<参考>
第一次産業とは➝農業、林業、漁業、鉱業
第二次産業とは➝製造業、建設業、電気・ガス業など、採石業、砂利採取業もこの範疇
第三次産業とは➝小売業やサービス業などで、電気・ガス・熱供給・水道 運輸業、郵便業 金融業、保険業 医療、福祉など

追記
今日は天気が良さそうだ、
午前中は伽耶院で最終ゲネプロをやってみようと思う、
で、午後は伽耶院近くの市社協施設・デイサービスセンター志染で“今虚無僧”、
明日は天気が悪いようですね、明日の“モミジ祭り”初日は難儀かもよ、

| | コメント (0)
|

2012年11月15日 (木)

ますます混乱???

約150年前に“万国の労働者、団結せよ”と叫んだ者が居る、

「共産党宣言」は、わが国では長らく発禁本だった、

橋下氏や、渡辺氏や、河村氏や、石原氏らが、第三極とやらを目指し団結を模索している、
団結・団結と叫んでいる、
「太陽党宣言」がデケルのだろうか???

「共産党宣言」の核は、“ブルジョワとプロレタリア”だった、
プロレタリアの団結を呼びかけたのだった、
「太陽党宣言」がデケルとすれば、その核はナニ???

“太陽の党”が結成され石原氏と平沼氏が共同代表に就任した、
減税日本の河村氏が呼応したようだが、彼もまた共同代表のひとりになるのだろうか、
“船頭多くして船山へ上る”
どうしましょう???

団結、団結、団結…、
“既成政党には任せておけないから、まずは団結”
共通項は今のところただひとつ
“第三極”って言葉だけ、
選挙区の調整でもして、とりあえずつぶし合うのはやめましょうか
コレッテ、選挙民ダマシだよね、

小沢氏ひきいる“国民の生活云々党”は第何極になるのだろう???
ゴチャゴチャとぎょうさん政党がありますなぁ~、
カメちゃんや、そのまんま氏らは、どこへもぐりこむのかな???

ナニ党へ票を投じましょう???
あの党には、アカンや、ハトポッポや、忍者モドキの輩や、田中ご夫婦らがおられる、
尊敬デケンですなぁ~、もう引っ込んで欲しい、偉いお方も多いように思いはしますが、あの輩らの空威張り顔はもう見たくない、

スカッ!!! と、せんですなぁ~

残念だが、結果、ますます混乱するような気がしてならん、

| | コメント (0)
|

2012年11月14日 (水)

深酒

11月14日だ、霜月・11月も半分過ぎた、
年賀状の時期が来たようだ、昨日、早々と“喪中につき…”のハガキが舞い込んだ、
幼なじみが亡くなった!!!

わたしは5歳~9歳まで疎開先ですごした、父の郷里・山陰海岸某村だ、
(※疎開➝そかい・戦争惨禍を避け都会から田舎へ避難するの意)
半農半漁の小さな村だった、湾を囲んで三つの集落があった、わたしは真ん中の上計(あげ)村、
小さな小学校があった、3年生の春まで通った、
同級生は3村合わせて30名だったようだ、
当時は都会からの疎開者が多く、この多人数になったのだと思う、

亡くなった幼なじみは、わたし同様疎開者の子供であった、
船小屋の空き部屋が彼の家族の住まいだった、まさに波打ち際、
わたしの家族は、太いロープや漁網などの物置部屋跡へ入り込んで住んでいた、
(わたしの父はこの村の漁師のせがれだったが、船酔い症がひどく、村を出て神戸で教職についていた)

彼とはいつも一緒だった、
が、9歳で別れ、その後は一度も出合っていない、

数年前、わたしが「めだか釣り」のことでテレビ出演したことがあり、それを彼が観ていて、あの時の○○ちゃんではないかと思ったようだ、以後、電話口で幾度か話す機会があった、いつも長電話だった、
出会う機会をたがいに探っていた、
わたしから、電話し、彼が不在で、奥さんが電話口に出られたことがある、
奥さんの口から、わたしが彼に対していだく懐かしさが、そのまま彼のもでもあることを知らされた、
この度の喪中ハガキに、奥さんからの簡単な添え書きがあった、
深々と胸に迫るものがある、

あぁ、年賀状かな!!!
年賀状の本当の姿を見た思いがする、

欧米の習慣に、クリスマスカードの交換があるようだ、
亡くなった際、どのようなカードになるのだろう???

年末までは、まだすこし間がある、
喪中ハガキがポツリ・ポツリ舞い込むのだろうか…

昨夜は思わず深酒をした、


合掌 

| | コメント (0)
|

2012年11月13日 (火)

負けた

雨は降らないようだ、が、天気図を観ると渦巻がある、これから先数日は渦巻・渦巻みたいだ、
沖へ魚釣りには出難い天気、
10マイルも沖出しするフグ釣りは無理だと思う、

難儀は、17(土)・18日(日)の天気、伽耶院では「紅葉祭り」が始まるのに…
特に17(土)は風が強い大荒れ天気かも…
風がありますとね、尺八は吹き辛いのです、
ソヨソヨ風でも難しい、ほとんど無風状態でないと、シッカリ吹くのは難しい、

今日も風がありそうですよ、
ソヨソヨ風より、もう少し強めの風がある予報です、
野外ライブの稽古は無理だと思う、


昨日は、午後1時半~同4時10分頃まで、ほとんどぶっ続けに2ステージ吹きました、
さすがに疲れました、
でも、疲れ方が以前とは少し違います、
音響環境が、伽耶院バージョン開発効果で、で、格段に吹奏し易くなった、
音量を室内用にグッと絞って使いましたが、自宅で吹くような感じで吹くことが可能になった、
改めて軽く吹くことの大切さに気付きました、

“軽く吹く”ですが、気持ちのこと、心のこと、でもあるのですよね、
おだやかな、ゆったりした、こだわりのない、澄んだ…、そういうなかで吹くことです、

第1ステージは特養施設の大きなホールでの“今虚無僧”でした、
介護度の高い老人が対象です、約40名ほど
全員車イス、この約半数は既に顔の表情を失っておられる、
尺八に合わせて唱和しようとする老人はホンノ数名だ、
が、よォ~く、観ると、ほとんどすべての老人は歌っておられる、
無表情の中ではあるが一緒に歌っておられるのに気づきます、指先が調子をとっていたりする
と、そういった中での“今虚無僧”でした、

手拍子うちながらツブヤキ唄う老人がおられる、いつものことです、
難儀ですよ、手拍子がしっかり打てなくて、歌に合わないのです、
が、出来れば合わして吹きたい、が、コレを気にすると吹き損じる、
わたし、吹きながら全神経を老人らの様子把握に向けていて、
で、時に譜面を見損じたりします、

若い介護職員らが、老人らの席の横後ろに集まっていて、で、会話しておられました、
老人に介助の必要が生じたら対応、と、その為の付き添い態勢です、
が、彼らは、彼女らは、横を向いて雑談し、輪になって、ガヤガヤ雑談している、

その話し声が、わたしに届く、全神経を老人たちへ向けているわたしの神経に引っ掛かる!!!
とても、尺八が吹きにくい、

(わたし、職員さんらが、老人らの歌を故意にリードしようと一緒に歌ったり拍子をとったりするのを禁じていましてね、で、職員さん等は、ある種手持無沙汰になるわけですよ、と、このなかでの出来事です)

とうとう我慢がデケンようになりましてね、
わたし、予定時間より少しはやかったが吹奏を切り上げました、
尺八を置いて、老人らに挨拶の後、彼らの方へ歩み寄り、
「あんたらの話し声で、とても吹き辛かった、仕事の話をしていたのだよね!!」
っと、言わずもがなのことを言うてしもうた、
で、ドッと疲れました、

この後、同施設内別棟の、グループホームへ向かい、第2ステージ目をこなしました、
第1ステージで、言わずもがなの苦情言うてしもうたことが、わたしを責めるなかでのステージになりました、
嫌な気持ちを忘れて“今虚無僧”に徹しようとした、
が、ワシャ未熟ですなぁ~、
こだわりが残っていて、つとめ難かった、
吹き損じや、アレコレの失敗があった、

“今虚無僧”です、
どのような場でも、虚心になって吹く修行です、
コレッテ、まさに、わたし個人の心の修行だ、
が、昨日は、わたしは介護職員(※研修中の実習生ら)の雑談に負けてしもうた、

とても疲れました!!!

| | コメント (2)
|

2012年11月12日 (月)

音が聴こえる

音響機器の魅力に取りこまれないようにしたいと思う、
既に亡くなった友人に、超大型バイクと音響機器にメッチャ凝ったのがいて、特に音響機器については自宅全体をスピーカーにしてしまったのだが、なお不満があったようだった、

「ナニを聴いているのだ??」
って、問うと
「ひばりだ、美空ひばり、これに限る!!!」

わしゃ、西洋の本格的クラッシック音楽にでも凝っているとばかり思っていたから、ビックリした、
彼、亡くなってひさしいなぁ~、
歳を取ると、アレコレ思い出し、フッと寂しくなる、

さて“今虚無僧”伽耶院バージョンだが、
パソコン2台と、小型スピーカを使って、パソコンの演算速度が原因と思える音のズレに突き当たったのだった、

と、昨日、竹友大厳どんが、
この難儀を何とかしてやろうと、知恵と現物を届けてくれた、

ギター用の小型アンプの中古製品をネット通販でゲットし、背負って持ってきてくれた、
ショルダーバックに入れて背負ってきた、
ショルダーバックは韓国軍の払い下げ品らしい、これもネット通販ゲット品、
薄い化学繊維布製のバックで、軍需用品特有の模様があり、透かし見ると前所有者の名前があった、
既にホコロビ始めた品、韓国漢字で“○○勤部○需装○研究所‬”と所属部隊(?)の表記、 
韓国や中国の漢字は、崩し方が、韓国的・中国的で、日本人的じゃない、読めません、

ショルダーバックの中身は、E-GA-150EQという韓国製のアンプ付小型スピーカー中古品だった、
マニュウアルが付いていない、で、ネットで探るが、製品の詳しい情報が出ていない、
すでに製造中止の品らしい、

で、さっそくふたりで性能試験をしました、
竹友・大厳どんは、あんがいこういう機器の扱いにも通じていたのだね、
わしゃ大助かりだ、

大厳どんは、
マイクはパソコンを経由せず、直に、E-GA-150EQへ繋ぐとよろしかろうと言う、
そのままテープ入力の穴に突っ込み入れよ、と、言う、
で、カラオケ音源はパソコンのイヤホン穴から出して、これも直にE-GA-150EQへ繋ぎます、
入力穴があった、ここがマイク端子を押し込む穴だね、

で、で、カラオケに合わせ尺八吹く際には、
カラオケだけを予備のスピーカーで鳴らし、ソレを自分の方へ向けて聴いたらエエやんかって言う、
試してみますとね上々の出来だ、音のズレもハオリ音も無い、

ネット・ゲットのマイクも付いていた、明らかにわたしのマイクより高性能品、
が、が、残念ながらボーカルマイク、
昨日、施設で“今虚無僧”の際、施設の大部屋でこのマイクを試してみた、
が、ボーカルマイクでは集音力が不足、スピーカーを最大音量にしてもカラオケ音量に届かなかった、
やはり、ICレコーダーのマイク機能転用の方が勝るかも、が、野外で試してみないと確かなことは判らん、
ひょっとしたらICレコーダーのマイク機能転用では、野外騒音が入り過ぎるかも、

彼・大厳どんは、宝塚市内に住んでいる、わたしは三木市、
往復の高速道路通行料金とガソリン代(A) VS  ネット通販ゲット総額(B)
まさか、
A > B
って、ことはあるまいとは思う、
が、ナンボほど掛かったのだろう???

今日も施設の“今虚無僧”だ、
場は、昨日の大部屋よりだいぶ広いホールになる、
また“伽耶院バージョン”を試してみようと思う、

かみさんが、わたしのことを、「マイクとスピーカーみたい!!!」って言う、
わたしから、ピイピイ・ピイピイ音が聴こえるって言う、


| | コメント (0)
|

2012年11月11日 (日)

昨日の釣果

昨日の釣果です、
ベラ3尾、チャッコイ・フグ2尾、チャリコ(稚真鯛)2尾、豆アジぎょうさん(バケツ8分目)、コノシロ約50尾、

朝、エサ屋の店主どんが「ハゲが釣れとりまっせ!!!」と、言うた、
で、ハゲを狙ってみたが、ダメだった、
やたら小フグが群がってきて、仕掛けを食い千切る、降参、降参だ、

で、メジロ釣りに転向し、メジロ場で、かねてより見つけておいた瀬にアンカーをブッコミ、コノシロにデカイ針を背負わせて放ち、メジロの来襲を待った、
が、メジロは来なかった、ダァレも来なかった、

メジロ場でのメジロ釣りは、本来は流し釣りなのだが、北風があって、潮も早く、流し釣りでは、すぐに海苔網敷設区域へ艇が流される恐れがあり、アンカーをブッコンでの釣りとなった、

周辺に約20艇が同様の構えでアンカー釣していたが、ダレモ釣ったような気配が無かった、
が、終盤、午後2時過ぎに、1艇が大きく竿を曲げスズキを釣ったのを現認した、

潮は悪い日ではなかった、が、終日不穏な天候で、水中の魚魚らも、気分がすぐれず食欲もなかったのであるまいか、

さて、豆アジと、コノシロだが、
豆アジは赤アジだ、
食べごろのサイズで13・4㎝のが多かった、大きいのは15㎝はあった、
やたら釣れて、アッという間にバケツ8分目程も釣った、同行のユリタロウとわたし二人合わせてのこと、
コノシロは、
朝方は気が急いて、20尾ほどあわて釣っただけで、イケスに生かした状態で、次なる狙い魚・ハゲ場へ向かった、
が、上述の小フグ来襲で、
で、で、メジロ場などアチコチ転戦の後、午後2半過ぎにいったん納竿、

帰路、あぁ~あ、狙い魚も、メジロもダメだったと思いながら、コノシロの様子をナニゲに確かめたらウワ~と居た、
で、またぞろ竿を出し、即座に30尾ほどやっつけ捕った、
で、朝晩合計約50尾、正確には数えていない、
すべて艇内で、二人がかりで三枚に卸し、中骨は捨て両身を二等分し持ち帰った、
調理だが、
これに塩をし、約2時間足らず置いた後、酢で塩を洗い落し、別に用意の酢を満たした容器に浸し入れ、翌日以降、コレを取り出して食べる、
酢に浸す際、酢に適度な味付けをする、ミリンと砂糖をやや多めに加え、昆布を一緒に浸し入れる、さらにレモンの輪切りをも加えるのが我が屋の味だ、
翌日以降少しづつ取り出して食べるが、その際、皮の表皮の薄い皮を脱がすとよい、指先でつまんで簡単に剥がせる、

酢から揚げて、薄皮を剥ぎ、サシミ状に短冊切りして食べる、
ホォ~ラ美味いのだ!!!
これさえあれば、メシが三杯食える!!!
わたしは、アツアツご飯に、コレをトッピングして食うのが大好きだ!!!

例によって、クッタクタに疲れて帰宅、
焼酎飲んで直ちにダウン、

| | コメント (0)
|

木枯らし紋次郎

事業仕訳で蓮舫さんが「なぜ、1番なんですか?2番じゃいけないんですか?」と言ったことがありましたね、
あれはコンピューターの演算速度のことだった、
1秒間にビックリ回数の演算が可能ってこと、
計算式を打ち込むと、待つまもなく瞬時に答えが出る、その速度の競争、

“待つまでもなく”は、
計算するに確かに時間は掛かっているのだが、人間の感覚からはもう認識し得ない短時間だってこと、

が、わたし、“今虚無僧・伽耶院バージョン”の作成にアタリ、
パソコン2台をつかって、カラオケ音源と、わたしが吹く尺八とを、マッチングさせようとして、
で、タイミングにズレをみました、

カラオケ音源は、
1台目のパソコンから、直に➝会場へ向けたスピーカを送ります、
が、
わたしは尺八を吹くに、
カラオケ音源をいったん2台目のパソコンへ送り、イヤホンで聴けるように音量調整した後、わたしの耳へ送り、
これを聴いて吹きあわせたのです、
わたしは、2台のパソコンを経由したカラオケ音源を聴きながら、尺八を吹いたってこと、

と、と、パソコン2台を経由したイヤホンから出るカラオケ音と、
パソコン1台を経ただけで出たスピーカ音との間に、
極微妙なタイミングのズレが生じたのです、

ズレは、パソコンの演算速度の問題だとしか言いようがないです、

通信速度は電波ですから光の速度です、
が、しかし、パソコンが演算するには時間が必要なのですよね、

わたしは、ド素人の尺八吹きです、
が、この古希過ぎのヅヅイの耳でもわかるタイミングのズレです、
ヅレた音に合わせ吹くのは気分が悪いや、ダメだこりゃ!!!

それにしても、ビックリは脳ミソの演算速度です、
ズレが分かるってのは、これは脳ミソの演算がなせる技だ、

さらにビックリは、
わたしがカラオケをバックに尺八を吹くのを、モミジ狩りにお越しになった方々がお聴きになって、
で、それぞれにイロイロ想起される…だろうことです、

なかには、ジャカマシイ!!! …って、思われるお方もあるに違いない、キットありますよ、
オヤッ!!! …と、思って、思わず聞き耳を立てるお方もある、と、思う、
いきなり心で聴いてしまって、で、…昔を思い出し、気持ちがドボッと昔に還ってしまうお方もあるかも
要するに千差万別だと思う、

“今虚無僧の伽耶院野外バージョン”
どうなりますかねぇ~

今日は、ひさしぶりに施設訪問、有料入所施設へ訪問です、

多くの通所デイサービス施設は、土日祝は休業日、
入所施設でも、土日祝は事務方の職員は休日、

有料入所老人施設でも、事情は、ほぼ同様なのですが、
が、ここは入所者の方々の達者度合いが、他に比べ未だ達者・達者ですわ、そういう方々が多いってこと、

で、ここのご老人らは、資力に任せ、ウイークデーは、近所の通所デイケア施設へ散歩がらみでお出かけになるなどで日々をお過ごしです、
が、今日は日曜日、出かける先が無い、デイサービスやっとらん、
で、暇つぶしに、わたしのようなボランティアを呼ばれる、

お金持ちの前で、貧乏ズズイが、なんで無料ボランなんかするの???
ある種、馬鹿馬鹿しいような気がしないでもないですなぁ~、

“武士は食わねど高楊枝”
わしゃ、高楊枝の代わりに、尺八咥えていますだに…

「あっしには関わりのねぇこって」
あぁ、コッチの方が似合いかな、木枯らし紋次郎だったですね、

補記
昨日は若き釣友・ユリタロウと沖へ出ました、
釣果のことなど、後刻別稿アップのつもり、

| | コメント (2)
|

2012年11月10日 (土)

TPP

TPPのことですが、古希過ぎた年金生活ズズイが口出すことでもないように思いますが…
が、わたし・波平は、賛成派の方へ組したいです、

傍目八目(おかめはちもく・当事者よりも第三者の方が大局を正しく観ているの意)って言葉がある、
“古希過ぎた年金生活ズズイ”は、まさにこの位置にあると思う!!!

反対派の中心は、農産物生産農家でしょうね、
賛成派の中心は、輸出業界でしょうか、

日本は江戸時代に鎖国を経験している、
鎖国は、逆TPP、徹底的なTPP反対状態ですよね、

で、鎖国していたから世界の荒波に翻弄されずに済んだ、
が、世界の潮流から後れを取り、これが、結果的には太平洋戦争の引き金になった、
が、が、戦いに敗れ、今は、つき物が落ち、生まれ変わった状態だ、

が、が、が、気が付くと、
ひょっとしたら今のわが国は、またぞろ鎖国状態になっとるようだ、
周辺諸国が徹底的に関税撤廃しつつあるなかで、わが国は、かたくなに関税世界にこだわっている、

巨視的に見れば、社会はグローバル化しつつあるのですよね、
この方向は間違いないですよね、
なら、方向性としてはTPPでしょう、

で、問題は、
ボチボチのTPPでありたい派 VS 一気にTPP派

わたしは、“一気にTPP派”へ組したい

ボチボチ派は、
➝“世界中に通用するナニかを生産でけるようになるまで”待ってくれろ!!!
なのですよね、
オレ等は、失業してしまうのではないか、と、思っている、

TPPすると、安い月給で働く人材を周辺諸国から調達になるわけで、
で、日本人の失業者が生じるかもです、
現に企業は安い人件費を求めて生産拠点を周辺諸国へ移転させつつあるじゃないですか、
その分、日本国内での雇用機会は減っているわけだ、
すでにTPPの方向にあるってことかな、

民主党中枢はTPPを争点化し、解散総選挙を戦うつもりらしい
…と、報じられ始めた、
この方向は、民主党にしてはエエことを言うとる、と、わしゃ思う、
争点化がホントならの話ですがね、

以下は冗談ですよ、
TPPは農産物だけが目玉じゃない、知的財産なども対象になるわけだ、
“今虚無僧”を知的財産と言ってよいかどうかは別にして
尺八の、それも“古典尺八本曲”は、コレ、間違いなく“日本の知的財産”ですぜ!!!
欧米諸国では“古典尺八本曲”を研究する音楽家が増えていますわ、
ますます増える傾向にあります、
肝心の我が国内では、年寄りの“ケッタイナ趣味”だって評価レベルのように思えますけどね、
TPPで浮かび出るでしょうか???

わたしの“今虚無僧”は、童謡唱歌や流行歌・演歌の世界ですが、
“芯は古典尺八本曲”ですぜ!!!
プロローグ・エピローグには、京都明暗時對山派の古典本曲「調子」を謹んで吹奏しています、
当然ながら、“今虚無僧”伽耶院バージョンでも同様だよ、

| | コメント (0)
|

2012年11月 9日 (金)

しごと 4

本日の野外稽古で “今虚無僧”の“伽耶院バージョン”はひと段落ってことにする、
最終仕上げは、来週の金曜日(16日)に行うつもり、
17日(土)から本番だ、なんとか間に合わせ得たかも、
が、
どうあがいても自分で吹きながらでは、、遊客側でどのように聴こえていかがわからん、
で、とうとう、コレだけは竹友に助っ人をお願いした、
竹友に遊客側から聴いてもらって、“伽耶院バージョン”仕上げるつもり、

あぁ、今日の稽古では、
カラオケ音源をイヤホンで聞き採って、合わせ吹く段取りを確かめたのだが、これが思わぬ障害があって現実には使えないことが判明した、

イヤホンからの音が大きすぎて、耳の穴へイヤホン機を押し込め得ない、で、2代目のノートパソコンを持ち出し、このパソコンでイヤホン出力音を適度に減衰させたのちコレを聴こうとしたのだが、
減衰はOKだったが、微妙に、音の出が遅れるのだ、
イヤホンから出る音の出方です、これが、気持ち遅れる、
なぜ遅れるのだろう????
で、結局、スピーカのひとつを我が方へ向け直し、これを聞きながら吹くことにしました、
アレコレ思わぬ障害がありますなぁ~、不思議でかなわん、

伽耶院は里山の中に在る寺院でしてね、すでに木々は紅葉し始めています、
もう1週間も経てば、みごとな紅葉になるでしょうよ、


| | コメント (0)
|

回転寿司

アメリカでは大統領選が終わり、オバマ氏が再選された、
激しい政策論争・選挙戦の中で、アメリカの姿があからさまに全世界にさらされた、
と、アレレ!!!
“キツネ”が、虎のご機嫌をうかがいつつ、側でキョロキョロしているのが観えますよ、
“虎の威を借るキツネ”です、
ダレのこと??? 
何処の国?????

中国では、昨日8日、中国共産党大会が開幕した、7日間の日程らしい、
汚職、汚職の官僚腐敗、
“今後5年間の態勢が誇示”される大イベント、
“誇示”されるといっても、闇のなかで選出(?)された後の人の顔だけ、
この他のことはナァ~ンも判らん、
あぁ、
この度の大会は共産党の大会なのですよね、
1党独裁の国です、共産党の権力維持こそが最大の目的、
この大会に似た大会で“全人代”ってのがある、が、これは二の次の大会、

韓国では大統領選挙がスタートを切った、投票は来月下旬、
任期5年で再選禁止だとか、
不幸なことに任期を終える頃には、人気も落ちて、で、司直の手にかかる例が多いようだ、
北との関係、日本との関係、慰安婦・慰安婦、そして竹島…

あぁ、北の某国のトップの交代ですが、上述グループの中では、いちばん早かったですね、

が、いちばん早くなりそうで、未だに、泥の中をのたうっている国がある、
日本ですよね、
ぎょうさんの政党が乱立だ、

観える観える、回転寿司皿が観える!!!!
グルグル周りしている寿司皿、ひとさら百円、様々なトッピング、
時に、美味そうなのが回って来たぞ!!!
と、思う間もなく、過ぎ去ってゆく、
と、と、又、シバラクして、同じ皿が回って来る
が、客々らの目にさらされた中を通過した分、新鮮味も失せ、干からびた感じになっとって…、
でも、値段は同じひとさら百円だよ、もうダレモ手を伸ばしません、
あぁ、儚き(はかなき)は寿司皿の命かな

「どこそこの回転寿司はホンモノで、とても美味しい!!!」
…と、かみさんが聞きこんできましてね、
で、先日ふたりで出掛けました、
が、喉が詰まって、食べた気がしなかった、
喉から手が出るって言うじゃないですか、が、実際は、喉が詰まって手が出なかった、
ひとさら3百円、5百円…
手が出ないですわ、早々に逃げ出しました、店を出たら解放感でホッとした、

わたし、ナニの話をしていたのかな???

| | コメント (0)
|

2012年11月 8日 (木)

気楽なヅヅイでごめんね

iTunesで西野カナちゃんの歌を次々試聴しているのですがね、
おもろいし、楽しいですなぁ~、
アッハッハ、気楽なヅヅイでしょう、

尺八でも吹いてみたいのですが、譜面の調整がなぁ~、
竹のブログ友・河童どんにお願いしても、取り合ってくれそうにないし…

が、が、聴き続ける程に引き込まれます

こんなのを、ムードミュージックとして、老人ホームに流しておくのがエエと思う
若い介護士の方は、きっと大喜びなさいますぜ、
介護士のみなさんが元気に働けば、世話になる年寄りらも幸せですよね、

わたし、“今虚無僧”で、童謡唱歌や、古ル~イ流行歌・演歌ばっかし吹いていますが、
あぁ~、反省だ、反省だ、

澄んだエエ声ですなぁ~
可愛い声だ
歌詞のストレートさも、すんなりしてしてエエと思う、好ましいです、

昔は、上手に歌うことを“コブシを利かせて歌う”などと言ったりしたが、
最近はこの“コブシ”の扱いがひと工夫されて➝独特の律下げアクセントにナットりますよね、
アナログ歌唱から➝デジタル歌唱
って、感じだね、

このデジタル歌唱(?)に慣れさえしたら、年寄りでも充分楽しめると思う、
“今虚無僧”でも採り上げてみたいですなぁ~、


| | コメント (0)
|

しごと 3

常勤医が着任してもすぐに辞めてしまう村があるそうな、
秋田の方に…上小○○村だとか、

激務であること、そして、村役場や、村人らからのイジメもどきがあるのかな、
ウィキペディアで探ると、
人間関係が原因で常勤医がすぐに去ってしまうようなことが書いてあった、

秋田県内でも最も高齢化、過疎化、空洞化が進んでいる村だとか、自殺者も多いようだ、

わたし、これ知って、胸にズッシッとナニか異物を飲み込んだような気がしました、

なんだか、わがことのような気がしてならんです、
わが村(市ですが)、油断していたらたちまち同じようなことになるかも、
今現在は、わが村(三木市)はとても住みよいところですけれど…

が、紙一枚の差だと思います、
三木市とこの秋田の某村とは…
わたし、わかります、

秋田のこの村ですが、笑い声が少ないのではないかな…
歌声はどうなのだろう

こういう村になってしまったのはいつ頃からなのでしょう???

この村に“今虚無僧”は居らんのかいな!!!

ゼニを稼ぐだけが仕事じゃない!!!!
わしゃ年金生活のなかから、微銭を振り絞って、自前で“今虚無僧”活動に挑戦している、
今、自分に出来る“仕事”として、頑張っている、
これが本来のわたしの仕事かもって、自分を励ましている、

秋田のこの某村ですが、わしゃ資力が在ったら旅費や滞在費が用意デケタラ
“今虚無僧”で出掛けたいですわ、
村の中に立って、伽耶院野外ライブで磨き上げた“今虚無僧”をご披歴したいですわ!!!
役場の真ん前で吹いてみましょうか
村中あちこちで、もちろん福祉施設中心にですが、童謡唱歌を吹いて廻りたい!!!


法華経の中に常不軽菩薩の話がある、
彼は、出合う人毎に、
「あなたは尊いお方です」と敬い礼拝したという、

わたし、いつの頃からか、ひそかに彼を真似たいと思うようになっていて、
が、思うだけで、その実は、不満不満のなか、愚痴・ボヤキばっか並べ立てるのだが…
が、が、真似たい思いは忘れていなくて
で、“今虚無僧”のようなことを仕事だって言ったりするわけだ、

あぁ、なんということだ、こんな村が現にあるのかぁ~


| | コメント (0)
|

2012年11月 7日 (水)

しごと 2

野外で、カラオケに合わせて尺八を吹くには、イヤホンでカラオケをシッカリ聴きとらないとダメですわ、
遊客側へ向けたスピーカーから流れるカラオケを、かすめ聴いて、で、コレに合わせ吹くのはヤッパ無理です、

で、イヤホンでカラオケの音取りをしようとしましたが…
イヤホンから流れ出る音はスピーカ出力レベルの音にナットるから、音が大きすぎて耳穴へ押し込めません、
で、耳の穴からイヤホンを外し、耳の外の適当な位置にぶら下げると、
と、ココから漏れ出る音で、ハオリ音が生じてしまいます、
なにせ、マイクを胸前に据えていますのでね、

で、で、
今日は、イヤホンは接続せず、遊客側へ向けたスピーカーから流れるカラオケをかすめ聴いて吹いたわけだ、
これって、見当で吹くことになってしもうて、カラオケのテンポから外れやすいのですわ、
外れているかもと思うと、ビビってしまってシッカリ吹くことが出来なくなります、

なんとかして、イヤホンの音量を適度に小さくし、シッカリ耳の穴へ押し込んで聴きたい!!!

イヤホンからの音を減衰させる音量調整可能なイヤホンを探しましょう、
が、が、実に不思議なことながら、
音量を上げる装置の付いた音量調整機能付きのイヤホンは発売されていますが、
音量の減衰装置付きイヤホンはありませんです、無いのです、

どうしても音量を減衰させたいなら、“音響ミキサー”を購入しなけばならんってこと、

さて、どうしたものか…

イロイロ考えましてね、で、妙案を思いつきました、

わたし、ノートハソコンを2台持っています、XPとセブン(7)の2機です、
“今虚無僧”ではXPを持ちまわっています、
が、書斎専用のセブン(7)機があります、
コレを応援に使いましょう、パソコン2台でなんとかしましょう、

新たに応援に使うセブン(7)パソコンへ、いったんイヤホンからの音を録り込んで、この機で音量調整し、ソレをイヤホンで取り出す方式です、
具体的には、
XPパソのイヤホン穴へステレオ・オーデイオコードを突っ込みます、
そのコードの逆端をセブン(7)機のマイク穴へ突っ込む、
で、セブン(7)機で、音量を調整し、
で、で、同セブン(7)機のイヤホン穴へイヤホンを突っ込み、コレを耳穴へ誘うってこと、
やってみますとこれでOKです、

が、
遊客側へ向けたスピーカーから出るカラオケ音の大きさ………A
カラオケに合わせ吹く尺八音のスピーカーから出る大きさ……B
イヤホンから聴こえるカラオケ音の大きさ………C
同上イヤホンから聴こえる尺八音の大きさ………D

このABCDのバランス調整ですが、やっかいですなぁ~、実にやっかいだ!!!
が、これらが、ピタッといかないと、現地ライブはデケンですわ、

明日は、野暮用があって野外ゲネプロがデケン、
実検調整は明後日以降のことになる、
本番は17・18日と、23・24・25日、の、計5日間、
間に合うでしょうか???

まいったなぁ~
こんなことになるとは思てもみなかった!!!

かみさんが云います、
「1銭にもならんのに、そんなこと、もう止めたらどう!!!」って、

お小遣いも無いのに、家電量販店でアレコレ買ってきて、繋ぎまくって…
いやまったく、馬鹿馬鹿しいようなことですぜ!!!!
が、頑張るのだ、
これは今のわたしの仕事だ!!!

| | コメント (2)
|

しごと

野田総理はASEM首脳会議の場で、尖閣を巡る話を持ち出し、中国を直接非難攻撃する演説をしたのですよね、
が、彼の認識では中国の名は出さず、話しの基調は“一般論”としての話し方だった、

内心は、中国を直接攻撃する内容なのに…です、
相手を怒らせるかもと感じていながら…です、

あんのじょう中国は大反発だ、

この話は、ASEM首脳会議の場では、封じるべきだったのでは???
野田総理は、支持率低下のなか、解散寸前に追い込まれた中、中国の逆鱗を逆撫ぜし、起死回生を謀ろうとした、
国の危機を、自身の起死回生の為、ナニガシかの役に立てようとした、
彼は、もう洞察力ナンゾ失っておられる…ような気がする、

本気で中国は(尖閣列島有効支配を目指し)上陸作戦に打って出るかも…の、恐れが出てきた、
と、思いますがねぇ~、
ヤバイですなぁ~、

歴史的にも云々の話になったら、
中国から観れば、日本列島なんぞは、大昔から中国領土の一角だったのですわ、
これって、それこそアッタリマエすぎる話です、

秦の始皇帝が紀元前2百数十年前に、不老不死の薬を求めて、探索の役人を東方へ派遣しています、
どうやら日本列島がそれらしいのですよね、
で、探索を命じられた役人“徐福”は、東の海に伝説の蓬莱山などを目指し大探索隊を率いて出発した、
彼はそのまま探索先から帰らなかった、
が、この徐福がたどり着き住みついたところが“日本”で、彼ら探索隊はそこに定住したのではないか、と、いうことらしいですよ、
今の日本人は、この探索隊が率いていた探索隊の子孫が基にナットる…かも、の観方もあるってこと、
頃は、紀元前2百数十年前の日本列島が未だ石器時代の頃の話ですぜ、
当時の日本列島は、縄文時代から、ようやく弥生時代へ移行しかけた頃で、そこには尻に尻尾がない日本猿(日本人??)しか居なかった頃だよ、

あのね、中国に向かって“歴史的に…云々”の話を持ち出す際は、よほど肝据えてかからんとバカにされますぜ、
日本で言う明治時代や大正・昭和は、彼らからするとまさに今のことであって、歴史認識の対象じゃないのでは、と、思いますよ、

頼りにする米国は、大統領選挙真っただ中だ、
もし、こんな時に事が生じたらどうするのや、
オスプレイや、米軍兵士が云々などなどで、駐留米軍の士気は萎えているのと違うのか!!!
ダァ~レも助けに来ませんぜ、

“立つ鳥跡を濁さず”って言いますが、彼は、濁しまくっとる!!!
汚れ、汚れだ、もう去った方がエエ、

中国進出企業のことなんかまるで念頭にないのではないか、
消費税あげて年金云々だけで日本が生きて行けるわけがない、


あぁ、今日も、尺八野外ライブのゲネプロ続行です、
アレコレの障害をやっつけるのは、もう、ゲネプロ・ゲネプロを重ねるしかない、

本番では、作務衣姿に小袈裟・数珠を身に着け尺八を吹くつもりです、
極小規模でエエ、古刹寺院のモミジ祭りにふさわしいライブをやりたい、
コレ、わたしなりの仕事のつもりだよ、
わしゃ“今虚無僧”なのだ、


追記 (11:55)

野外ゲネプロやってきました、

爺さんがやってきて
「わたし、この先の畑のもんやが、熱心なもんですなぁ~」
って、感心しとられた、
「ずっと聴かせてもらっとる…」
と言うておられた、

吉川から園のバスで幼稚園児らが野外学習にやってきた、
童謡唱歌を盛んに吹いているときだった、
普段はナァ~ンもないのに、今日は音楽が鳴っているって思っていたそうだ、
わたしを見つけて、若い引率の先生が「楽器はナニですか???」って問われた、
「尺八です」と、わたし、
「エエッツ!!!」と、仰天のしぐさ、
ひょっとしたら、尺八なんぞ聴いたことも見たこともなかったのかも…、
境内散策に来た見かけ偉いサンだったような老人が、
「完璧です、スバラシイ!!!」
って言ってくれた、

あぁ~うれしい!!!!

本番まではもう十日ある、
もうしばらくゲネプロ気分で稽古を続けたいと思っている、
モミジ祭りを終えたら…
少しはスキルアップしたかなぁ~って、思いたいじゃないですか、


| | コメント (0)
|

2012年11月 6日 (火)

この方法が採れたら

“電気”ってのは、どうもよくわからん!!!
“音”ってのも、わからん!!!!

音をマイクで拾って、で、スピーカーでデカイ音にする、

カラオケ(A)に合わせて尺八(B)を吹く、
AとBとを程よく混ぜ込んだ状態で、
➝スピーカーしたい、

可能な限り安値で、やっつけたい!!!
で、アレコレ安物を買い込んで、
➝どうにも目的が達せられず
➝➝“安物買いのゼニ失い”

音源には自信がある…と、この際、こういうことにしておきましょう、
音源???
尺八のことですよ!!!

尺八が下手なのに、上手なようにスピーカーしたいわけじゃない、
下手ままのスピーカーでワシャ我慢する、

プラグインパワー方式(マイクの接続端子がパソコン穴に突っ込める方式のもの)のもので、
コンデンサー型で、単一指向性の、高音質ステレオマイクが欲しい、
もちろん、可能な限り安値で、
今日は、夜が明けたら、10時を回ったら、家電量販店をハシゴして周ろうかと思う、


大発見!!!
♪♪あるいはコレが使えるかも♪♪♪♪

♂♀♂♀♂♀♂♀♨♨♨♡♥♨♨♨♂♀♂♀♂♀♂♀

わたし、ICレコーダーを持っていますが、ヒョットシタラ、これマイクに転用可能かも…

① レコーダーのイヤホン穴にオーディオ・コードを突っ込みます、
② このコードの反対側をパソコンのマイク穴へ突っ込みます、
③ パソコンのイヤホン穴へイヤホン端子を突っ込みます、で、イヤホンを耳へ押し込みます、
④ レコーダーを録音モードに設定します、
⑤ レコーダーへ向かってしゃべります、
⑥ オォ~~~~!!!!
⑦ イヤホンから、シャベリ声が聴こえてきたぞ!!!!

わたし、既に、このICレコーダーのマイク機能を、独立したマイクとして転用デケンかどうかを検討済だったのです、さんざ考えて、ヤッパ転用はデケンと結論付けていました、
が、真正面から、考え過ぎていた、
何のことはない、イヤホン穴から録音中の音をかすめ聴く要領でなら、音が採りだせたのだった!!!
問題が残っています、
音量調整で、カラオケとのマッチングが可能かどうかです、
今のこの時間は未だ夜時間です、スピーカー鳴らして確かめることはデケン、
夜がすっかり明けたら試します、

もし、この方法が採れたら、ICレコーダーを胸のポケットに入れて吹いたらエエだけの話になる、
試してみる値打ちは在りますよね!!!!


追記 (AM8:40)

室内で試行しました、
絶妙のバランスで極上のマイク入出力が可能でした、
SONYのICーSX900です、

この機のマイク機能はスバラシイ、今まで1800円のボーカルマイクとはけた違いの上質音です、
立奏用譜面立のジェバラを広げずスボメたままの先端に、コレを輪ゴムでくっつけ、パソコン脇から音を拾わせます、
あとは、野外ゲネプロで試すのみ、
が、遊客側で聴き確かめてくれる助っ人が欲しいや!!!
助っ人代わりに使用するつもりのICレコーダーをマイクに転用してしまったからなぁ~、


追記 2 (BM17:00)

現地・野外で試行しました、

ハオリのレベルが室内のそれとはけた違いにゆるい、音が散らかるからだと思う、

マイク(ICレコーダーをマイクに転用)のレベルを上げても、
尺八音量がカラオケ音源に比すと小さい、
小さい音量の尺八音に、カラオケ音源音をバランスさせると、全体的に音量が小さくなりすぎる、

マイクの位置を検討し、尺八音を大きく拾う工夫が必要だ、

頭に挟んでマイクを鼻先へカザシ据えたいが、小型だとはいえICレコーダをマイクに転用しているのだ、それなりに、大きさ、重さがあって、ヒタイの前から鼻先前へカザし据える方式は断念せざるを得ない、
で、
虚無僧行化の際に着ける小袈裟の胸前裏側に、小袋を付け、ココへ“カンガルー赤ちゃん首だし方式”でICレコーダを据え入れることにした、

難義なのは、
1.音量を上げると、スピーカーが駄々をこねることだ、ざあざあがぁがぁ言う、
2.カラオケに合わせ吹くには、ヤッパ、カラオケ音を直にイヤホンで聞きながらにしたいが、イヤホン音量が大きくなりすぎていて耳に押込め得ない、耳の外にぶら下げると、ハオリングの原因になる、
3.やはり、遊客側から聴いてみないと、カラオケと尺八音とのホントウのバランスは判断しがたい、

あぁ~、ムツカシイ!!!

| | コメント (2)
|

2012年11月 5日 (月)

ダメだ!!!

要するに、自宅で、素吹きしているように、軽々と、雑音なく、“いつ・どこででも”吹けたら、
マンズ合格点が得られるのでは、
と、思うわけですよ、

が、録音設定した途端に、あるいは、マイクを持ち出したり、スピカーに繋いだりした途端に、
軽々態勢が崩れてしまう、実力が殺がれてしまう、
これが悔しくてならん、
なんでや????

天才でも何でもない一般人であるからは、ただ、稽古・稽古で乗り切って、
自宅素吹きの段階を➝マッコット、自分の実力としてなんとか確定したい、

もし仮にこの確定がデケタラですが…
…そういうことはあり得ないと思うけれど…
すぐに、次なる欲が出て、
で、で、悔しい思いがまたぞろ募るような気がする、

あぁ~疲れた、
今日一日、他にすることも無いので、尺八ばっかし吹いていた、
が、上手にナンカなりゃしない、
吹くほどに下品な芸になるような気がする、
暇つぶしに吹いたって、デッタイに上達したりしませんわ、

稽古の狙いはただ一つ、
自宅で素吹きの“心地”を、シッカリと我がものにしてしまいたいがための稽古です、
上手になりたいのじゃない、自分を掴みたいってこと、
自宅で吹く際の“心地”、コレを常態として、シッカリ把握したい、
が、どうにも掴みどころが無くて、掴み得ない、

技量じゃない、コレは心の問題ですわ、人間がデケとらんのだよなぁ~
あぁ~~~~ダメだ!!!

| | コメント (3)
|

“弘法筆を選ばず” = “無い袖は振れない”


ナニ事も試してみるってのは大切ですね、
まったく予想外のことに気が付きます、

以下、ダラダラ書きになりますが、よろしければどうぞ、


今月に入って以来、天候が良くて時間余裕がある限り、伽耶院・モミジ祭りの野外ゲネプロをやっとります、
昨日も約3時間弱も独りで野外ゲネプロやりました、
で、課題がイロイロ発見デケタ、課題課題は積み上がるばっかし、

<課題のアレコレ>
A) 野外吹きは、室内吹きに比し、息が強くなりがちだ、如何にして静かな息で吹くかです、
B) 野外吹きでは、音が向こう側へ散らかってしまって反響音がなくなる、自分の吹奏音が判り難くなる、
C) すこし風が吹くと、これが歌口へそそぐ息の邪魔になる、どう対応したらエエのか、
D) 吹奏音とバックのカラオケ音は、ステレオ音にしたい、が、出力接続端子を複数(3つ)用意する必要があり、内2つがモノラル出力にならざるを得ない、ステレオ出力端子は値が高い、
E) 所有しているマイクは千八百円で買ったボーカルマイクだが、楽器演奏の際の集音性能が極めて劣悪だってことがあらためて判った、ボーカルの場合はマイクを口に近接して歌えばエエ、が、楽器吹奏の際は、特に尺八の場合は、ある程度マイクから離れて吹奏するわけで、少し離れただけで、このマイクは音を採れなくなる、

《さて、今回は、最後のEについて、もう少し深く考えます》

そもそも、尺八から出る“音の出どころ”ですが、尺八のどこから吹奏音は出てくるのだろう???
A・マイクを歌口に近づけたとき、
B・マイクを管尻に近づけたとき、
わたしの場合は、Bの時の方が、音がシッカリ採れると分かった、

が、しかし、
① 音穴をすべて塞いだときの吹奏音(尺八のロの音)、
② 音穴の上ふたつを開放して吹いた音(「ハ」)、
この①と②とでは、ヒョットシタラ、音の出どころが、位置替えになっとるのではないだろうか、

② の「ハ」吹きの時、音穴の方からも音が出て居るとすれば、管尻に据えたマイクでは音が拾い難いのでは、
だって「ロ」吹きの場合は、尺八の管尻はマイクからホボ数センチ(10㎝未満)にある、
が、「ハ」吹きの場合は、解放した音穴は、管尻から約40㌢も離れている、
使っていたのは千八百円の安物ボーカルマイクです、
ちょっとした尺八位置の変化で、集音量が極端に増減する、少し離れると集音デケン状態になる、

要するに、集音デケル範囲が狭すぎて、尺八吹奏時のマイクには使えないってこと、コレが判明した!!!
これが、野外ライブの試し吹きでシッカリと解ったってこと、

実は、先日、のゲネプロの際
境内で絵の写生会をやっとる年よりグループがありましてね、みなさんに、スピーカーから聴こえてくる音のことを質問してみたのですわ、
と、ご返事が、バックのカラオケは良く聞こえるが尺八音はほとんど聞こえないってことだったのです、
わたしは、尺八音はシッカリとカラオケに混じり込み得ていると思っていたのに…です、

ナヌ!!!
尺八音がスピーカーから聴こえてこない!!!!
ホンマカイナ!!!!

半信半疑だったのですが、
実は、マイクが尺八音を拾い得てい無いようだって、やっと判ったわけですよ、

対策ですが、簡単です、尺八音を拾い得るマイクを買えばエエわけだ、
指向性能が緩やかで、集音性能が楽器演奏に適したマイクに買い換えるとよろしいってことですよ、
が、難儀ですなぁ~、
その種のマイク(楽器演奏専用)は、最低でもぼぼ1万円です、

悩みましてね、わたし、またまた、千金物に挑戦です、
贅沢は言いません、集音性能に焦点を絞ります、
elecom ms-stm55という超安値(メーカー価格千百五十五円)のコンデンサマイクを購入しました、
完全な無指向性マイクだ、嬉しいのは集音性能が抜群なことです、
音質???
わたしの耳で聴く限りそう捨てたものじゃないですぜ、

が、難儀があります、
集音効果と、完全な無指向性が災いしてか、すぐにハオッテしまうことです、
で、マイク出力を出来るだけ絞って使いますが、絞ってしまって、バックのカラオケとの音量ミキシングが上手く行くかどうかです、

まず、ハオリ音のことですが、
室内で使う場合は反響音がマイクに入り易い、が、野外の場合は反響音が無い、反響音はハオリの大きな原因ですよね、で、野外では使用し易いだろうと思う、が、が、試さねばわからん、
次に、バックのカラオケとの音量ミキシングですが、これも、野外現場で試さないとわからん、
が、が、が…
わたし独りでやっとりますのでね、自分で吹きながら、遊客側へわたしの分身を派遣して聴いてみないことには、ミキシング具合がわからん!!!
わが身を二つに千切って使い分けるなんぞは不可能だ、
またまた、どうしましょうだよ、

で、こうしましょう、
ソニーのICレコーダーを、遊客側の適当な位置に置いてコレに聴かせようかと思う、これをわたしの千切り分けた分身にしましょう、
先年、生活給付金とかで国民全員に一律2万円の支給がありましたよね、で、ソレで、購入したICレコーダーです、非常に重宝しています、

このICレコーダーに備わっているマイク機能ですが、非常に高性能でしてね、
このマイク機能をマイクとして独立して使用出来たら万事解決なのです、
が、これがどう工夫してもダメでしてね、
あぁ~シンド、これ調べるだけで疲れてしもうた、

あぁ、
気象庁の雨雲探索レーダーをパソコン閲覧すると、昼過ぎまでは雨は降らないと思うがどうでしょうね、
風があるなぁ~、尺八が吹き辛いような風だと思う、
が、が、今日も、頑張って、野外ゲネプロに挑戦したいです、
野外で実験してみないとナァ~ンもわからん、

それにしても…
エエ音響設備一式が欲しいですなぁ~、
が、贅沢ってもんだ、
千金物のガラクタ集めての野外ライブ、使用する尺八も音律譜調整のマヤカシ物???

“弘法筆を選ばず”です、“無い袖は振れない”です、
昔の人はエエことを言うたですなぁ~

最後までお目通されたお方ってあるやろか???
よほどヒマなヅヅイだよな、

雨が降ってきたみたい
あぁ~あ

| | コメント (3)
|

2012年11月 4日 (日)

「竹田の子守唄」

わが家の畑の隣に、耳鼻咽喉科と、その薬局がデケルらしく、今日は畑のすぐ隣の空地でその院外薬局の地鎮祭が行なわれた、

わが家で仏間を閉め切って尺八稽古していても、ココはわが家の直ぐ前の土地でもあり、尺八音が漏れ聞こえるかもの怖れがある、
地鎮祭挙行中は尺八稽古を自重した、

「竹田の子守唄」の稽古中だった、

地鎮祭では、「…かしこみ、かしこみ、まおさく…」とか言って、
神主氏さんが、柏手を打っては四角いお辞儀を繰り返している、
土地の神様に、この土地を使うに先立ってのご挨拶だと聞いている、

御祓いをしていた、
切り紙で作ったふさふさした束を棒にくくりつけたのを、
神主様が、バサコ・バサコと大仰に左右に振る、
“悪魔よ、穢れよ、立ち去れ、この土地に入ってはならんぞ!!!”

と、これが、隣地のわたしから観ると、悪魔や穢れなどを、
➝わたしの土地(畑)の方へ掃き出しているような印象になる、

”清める”ってのは、けがらわしいものを、外へ掃きだすのだよね、
内にある穢れや悪を、自浄作用で自分の努力で清めるのじゃない、ただ、外へ掃きだすだけ、
あの御祓いを観ていましてね、神様って勝手なお方だって思いましたですわ、

院外薬局が出来るらしい、これ未だ噂の段階です、
未だ、ダァレもご挨拶に来ない、

が、薬屋さんがデケルことはほぼ間違いなさそうだ、
その薬局さんが、
病気などは入るな!!!
ケガレは入るな!!!
と、お祓いしている、

来店する者らは、薬を求める病人らバッカシだろうに…
なんか変ですよね
クスリを買いに来る病人をケガレだって言うわけじゃない、
が、神社的に、要するに、昔的に言うと、悪い霊にとりつかれて、で、病んでいるのですよね、

神主様も商売ですから、穢れは祓います、悪霊は祓いましょうだよね、
が、隣地の者からすると、オモロナイ、
神主さんは、祓うのじゃなくて、ケガレや悪をひっとらえて自分の神社へ持ち帰り、パンドラの箱の中に閉じ込めるってことに、した方がエエように思いますがどうなのでしょうね、

だいぶベテラン神主さんだったようだ、隣地から観ていて、オ~ラ・ムンムンだった、
が、式が済むと、祭壇はあっという間に撤去され、オラーラは消え、もうダレモ居ない、

<余談です>
稽古していた「竹田の子守唄」のことです、
この歌を伽耶院ライブで使うてもエエかどうかを考えていたのですわ、
差別を歌った歌だとの、観方があるようでしてね、
わたし、軍歌や、差別がらみの歌は、原則的に使用しないのです、
が、「竹田の子守唄」は実にすばらしい歌だ、わたし大好きです、
と、イロイロ思いめぐらしつつ稽古していて、こんな時に、隣地で地鎮祭が始まったのだ、

| | コメント (2)
|

最高の幸せかも

野田総理が国会答弁の際、お疲れの為か“口が回らなくなった”ようですね、
ご自分のほっぺたを手で叩いたりなさったようだ、

この症状ですが、わたしもだいぶ前から自覚しています、
だんだん頻発・頻発になっとって…
言葉が口に出てこないことがたびたびです、

かみさんとナニゲない話しをしていても、わたし、なかなか言葉が出てこない、
で、かみさんがイライラして、わたしの言いたいことを先取りし、
「○○だって言いたいのでしょう、あぁ~イライラする!!!」
って、言う、
それが実にピッタシそのとおり、
わたしはアッハッハ、で、お終いですわ、

お疲れなのでしょうなぁ~、
報道の中に、“野田総理年内解散を模索中”の記事があった、
あぁ
“早く解散し、国民に信を問うべきだ”
って、責め立てますが…
これって、野田総理の立場からは
➝潔く罪を認めて腹を切れ!!!
ですよね、
➝無条件降伏せよ!!!
だよね、

だって、衆院を解散し、選挙したら、まず確実に政権の座から落ちてしまう、
泡沫政党にナットるかも、
でも、たちまち逮捕されアレコレの罪背負わされて、ヤバイことになるようなことはないでしょうよ、
元総理として厚く処遇され、ゆっくりした生活が得られるでしょうよ、
わが国ってまだまだこの余裕があるのですよね、


あぁ、わたし、昨日、魚釣りに出ていましたが
「…ブリが釣れたら、わしゃ淡路島を逆立ち泳ぎで三周します」
って、ブログ上で約束していました…で、その、釣果報告ですがね、
でっぷり肥った美味しそうなハマチが1本捕れました、
が、ブリは釣れませんでした、
ですから、わたしは“近い内”も、これから先も、“淡路島を逆立ち泳ぎで三周”は、いたしません、
が、が、
ヒョットしたら…あり得ない話じゃない
まだまだわたしは頻回に魚釣りに出るつもりですよ、

今日は、また、伽耶院境内に出向き、
“モミジ祭り・野外尺八ライブ演奏”の、ゲネプロ稽古を楽しむつもりです、
静かな山里の古刹寺院境内で好きな尺八の独り稽古、
これって、最高の幸せかも!!!

| | コメント (0)
|

2012年11月 3日 (土)

出勤する

とにかく生きていて、今の状況でデケルことをやる、
コレッて、“本当の意味での仕事”かもって思いますがどうでしょうね、

で、今日もこれから仕事にご出勤です、
播磨灘へ魚釣りに出ます、
コレ、わたしの聖なる仕事、

なんか大物が釣れそうな気がする!!!
魚釣りに出る前の高揚気分は健康でないと味わえない、
若ければ若いほど新鮮な高揚気分だと思う、
わたしのは、今、かろうじて海へ出られるほどの体調の中、歳相応の高揚感、

今日は釣友・ユリタロウと同船する、
彼はわたしより約二十歳若い、
その分の高揚感を少し頂いている、

| | コメント (0)
|

2012年11月 2日 (金)

淡路島を逆立ち泳ぎで三周します

本日からゲネプロ※を開始しました、
(※本番直前の通し稽古の意)

伽耶院・モミジ祭りでの野外ライブ・現場(げんじょう)稽古です、
“げんじょう”でゲネプロです、
“げんじょう”だなんて、刑事ドラマっぽくって臨場感がグンと増すじゃないですか、

アリバイですけれど、今月の17・18日、と、23・24・25日は、波平はモミジ狩りの場・伽耶院で尺八吹いていますから、これ以外のどこかで殺人事件なんかがあっても、波平のアリバイは在るってこと、
が、雨だったり、風が強かったりはダメだ、吹きには出かけません、波平逮捕???そんな馬鹿な!!!

今日以後は、これからはホボ毎日、ゲネプロ・ゲネプロのつもりだよ、

さて、ゲネプロ初日で気が付いたことは…
尺八を吹きながらカラオケを聴くのは難しかった、吹き辛くてかなわんかった、
やっぱ、イヤホンでカラオケを直に聴かないと、野外で合わせ吹くのは難儀ですわ、
次回からはイヤホン対策を採りましょう、

境内で絵画教室の写生会が行なわれていましてね、
で、お絵かきのジイサン・バァサンらに、野外ゲネプロの感想を問いかけました、
「スバラシイ!!!」でした、
で、
「尺八と、カラオケ伴奏とのバランスはどうでした???」と、わたし、
「エッ!!!尺八???そんなの聴こえませんでした」
「????」
「尺八は、ぜんぜん聴こえませんでしたか???」
「時々、少し、聴こえたかなぁ~」
「??????」

カラオケに合わせて尺八を吹いていたのです、二つの音は混ざり合ってスピーカから出ていたはずです、
だのに、尺八音は聴こえていなかったとはどういうコッチャ???
わたし、サッパリわかりません、
ひょっとしたら、あり得ないとは思うけれど…
カラオケと尺八が一体になってしまって、尺八が鳴っているような気がしなかったのでしょうか??
まさか、が、あり得ない、あり得ない…
なら、なんで、尺八が聴こえなかったの????

帰宅後、配線接続などのミスがあったのだろうかと、いろいろ考えるのですが、
あり得ないのですわ、
キツネ・タヌキに化かされたような気分です、


明日は釣友・ユリタロウと、ブリ釣りに出ます、
ブリ釣りの“つもり釣り”です、
野田総理の“あぁしたい、こうしたい”の所信表明みたいなもんです、
所信表明演説なんてマニフェほども価値はないですよね、希望的ダジャレって位置づけだよね、
が、わしゃ真面目だ、
ホントにブリが釣れたら、わしゃ淡路島を逆立ち泳ぎで三周します、
もちろん、万一そうなったらのことで、それも、“近い内に”ってことですよ、


| | コメント (0)
|

この判断

ナニが正しいの??
ナニが間違いなの????

神様や仏様の言うことはいつも正しいのでしょうか???
信じていてよろしいのでしょうか???

戦争は、関係国が、それぞれの“正義”を実現しようとて起こす衝突ですよね、
勝ったら➝正義
負ければ➝賊、

当選者は正しい、
落選者はダマッとれ、

上司は正しく、部下は正しくない、
上司の、上司の、上司の…要するにトップ上司が一番正しい、
が、
A組織・B組織・C組織と、組織もイロイロだ、
パナソニック・シャープ・ソニー・オリンパス…
トップ上司は下手撃ったのだよね、先行き判断を誤ったみたい、
カタカナ文字の会社バッカだね、意味不明のマヤカシ語が社名になっとる、

ひと昔前、ニーチエが「神は死んだ」って言ったとか、
大戦争があった、
兵士らは神を信じて戦ったのか???
神とは、たいがいキリスト様だったように思うが…
キリスト様は守ってくれたか???
兵士らは鉄砲の力の方をより信じて戦ったのでは、
未だに鉄砲の力の方が、神より信じ易いように思うが…

「神は死んだ」のでしょうか???
なら、新たな神を誕生させましょう、新たなホトケ様を誕生させればエエやないですか、
新興宗教だよ、
が、多くはマヤカシですよね、

先日、わたし、滋賀県甲賀市の山中にあるミホ・ミュージアムの土偶展を観に行きましたが、このミュージアムの母体は某宗教法人のようですよ、どうやらミュージアム運営も教義に添ったことらしい、
あぁ、ここの教義のなんたるかはわたしサッパリ知らないですがね、ソレ知らなくても、展示内容には感動しました、

人の心は、なんぞに感動したりしたら、そっちの方へ傾くのですよね、
で、ダンダン深入りし、やがてその神様の僕(しもべ)になる、
洗礼とか、得度とか、入信とか、折伏されたとか、とか…
わたし、感動が浅かったのかな、デンデンそっちの方へ傾きそうにない、

あぁ、ホンダ・デイラーがたびたびやって来て、新発売になる軽四購入を勧めてくれます、やたら燃費がエエ、ビックリ性能の新車らしい
前回来宅の際、帰り際に営業マン氏がひとりごちていました、
「もうチョットやな…」
「エッ、今、ナニ言うたの??」と、わたし
「はぁ、もうひと押しで買ってもらえるかな…」と、
わたし気の毒になって、
「わしゃ貧乏だよ、(今のが)まだ動くのに、デッタイ買いません!!!」
感動云々以前にサイフのことがある、ここを営業マン氏は読み違えておる、

オレの考えは、デッタイ間違ってはおらん!!!
オレは、いつも正しい方向を観ている、ソレに向ってひたすら邁進するのみ!!!

誤謬(ごびゅう)って言葉がありますわ、
“デッタイ間違いのないこと”を言う言葉ですがね、
内田樹先生はこの言葉を石原慎太郎氏へ向けて発しておられる、
が、野田総理も誤謬の人では???

わたし???
間違いだらけです、
デッタイに誤謬の人なんかじゃない!!!
この判断、まったく正しい!!!!


あぁ、カニ籠の中ですけれど、ナァ~ンも入っていなかった、

| | コメント (2)
|

2012年11月 1日 (木)

♪♪ナニが入っているでしょう????♪♪

日ごろのアレコレの不満をデンブ国政のせいにして大言壮語し…、
だんだん自分があたかも大人物になったようなエエ気分になってきたのだ、
浮世離れしてきた半惚けヅヅイであるに過ぎないのに…
未だに子離れしないヅヅイであるだけなのに…

世間様を騒がすのが大好き!!!
好き放題言い放って、世間様をお騒がせする、
国をひっくり返してみたいなぁ~なんて思っとるのだよね、

ダレのことを言うているの???
まさか波平のことじゃないですよね、

なら、ダレのこと???
さぁ~、ダレのことでしょうね???

それはそうと…
石原元都知事ですが、橋下新党から、袖にされそうな気配になってきましたね、
アンタが号令する第三極とやらには入りたくない!!!
と、言うたとか、とか、の、報道がチラホラ、

それにしても、それにしても…
オレが号令かけたら、 “イザ鎌倉”てんで、たちどころにアイツもコイツも駆けつけるだろう
と、本気で、ジイサンは思っていたのかな???
“オレは総理大臣になる玉だ”
と、本気で、ジイサンは思っているのかな???

もう都庁へ出勤するのがシンドクなったのだろう、歳だもんな…
ときおり都庁へ出勤し、そっくり返ってお茶飲んでいたらエエやんか、
と、思いますがねぇ~

でも、こうなったからは頑張ってほしいですなぁ~、
彼は、“老人らの希望の星”!!!
年寄りをバカにしたらヤケドするどォ~~!!!

あぁ、この写真観てくださいな、
Dsc00145

昨日、魚釣りに出ましてね、
生き餌にするコノシロをぎょうさん捕りました、
メジロに追われて集団つくって固まって泳いでいるのですがね、そのノコノシロの群れを魚探で探り、引っ掛け針を落し込む、で、引っ掛け捕らえます、全長約25㎝程の大きさです、
このコノシロの鼻にメジロを釣る本針を引っ掛けて放つわけだ、写真の要領です、

と、メジロが「ご馳走だ!!!」ってんで喰らいつく、

写真のは、上述の段取りで、メジロの食いつくのをボンヤリ待っていたのですが…
竿先にメジロのアタリが出ない、
出ない、出ない、
で、時間だけがズルズル過ぎた
「未だ生き餌のコノシロは元気にしとるのやろか??」
と、気になって、仕掛けを揚げてみたら、
➝ホレこのとおりですだ、

ダレガ、このように見事な食い方をしたのでしょうね???
わたし、アオリイカの仕業だと思います、
波が結構あって、竿先の微妙な変化が読み取り難かった、
で、アオリイカがコノシロを襲ったのに気付かなかった、

この後、わたし、“アオリイカ釣り”の仕掛けを用意し、かたき討ちを狙った、
で、みごと1杯、アオリイカをゲットです、
美味しかったなぁ~、昨夜の晩酌のサシミになった、

今日は、また、艇へ行って、昨日の魚釣りの後片づけをしようと思う、
クタクタに疲れて、後始末もせずに昨日は帰宅しましたのでね、
と、もうひとつ、のっぴきならぬ仕事がある、
実は、ぎょうさん捕れたコノシロを艇内で3枚におろし、身だけを持ち帰ったのですが、
身だけで鍋にイッパイ分もあったのです、
三枚におろした際のアラですが、これもまたバケツに半分以上もあった、
で、で、このコノシロ三枚おろしのアラを、
➝カニ籠二つに仕込み入れて、艇脇から海中へ垂らし込んでありましてね、
今日、このカニ籠を引き揚げてみるわけですがね、

♪♪ナニが入っているでしょう????♪♪

| | コメント (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »