« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

「抱擁」のつもり

○○爺どんが採取する尺八譜は、出来上がり次第、即時に吹いてみるのである、
稽古を重ね練り上げるのは、後日のこと、今日は年末大つごもり、即時吹きの挑戦だ、○○爺どんが途中まで仕上げた譜を観て吹いている、

もちろんつもり吹きである、
“つもり吹き”だなんて、言い訳がましいことを言うのはもうエエ寡言止めたいが、こう下手ではどうしようもない、

「抱擁」のつもり…
竹は、地無し継管・竹隠管・「美仙」1尺八寸

| | コメント (0)
|

竹隠管・「美仙」

使用竹を変えました、
その竹で、吹いた「花はさく」(下段にアップ)です、

山崎竹隠師作の地無し継管です、本来は弟子用の稽古竹として製管されたものだと思います、
まったくの地無しで、中穴には節が一部そのまま残っています、節足らずです、
わたしはこの竹に「美仙」という名を付けています、

わたし、若い頃、竹隠師の奥様の山崎美也師に三曲・地歌の合奏指導を受けていましたが、美也先生が、わたしの都山流の地塗り竹の音色を嫌われて、「これをお使いなさい」と、既に亡くなっておられたご主人・竹隠師の遺品の中から取り出し、お与えくださったものです、
わたしが確か23歳の頃だったと思う、この頃、毎週1回必ずご自宅へ伺って個人指導を受けていたのでした、

が、美也先生が既にご高齢で、で、わたしも竹から30数年も離れ…、定年退職後になってまた少しずつ竹に戻り、今に至っています、
が、竹に戻った後は明暗流へ傾き、純粋な虚無僧竹を吹くことになり、また尺八吹奏ボランティアで老人ホームを巡回し、童謡唱歌や演歌を吹く際には、不調律な虚無僧竹では吹き辛いことから、竹友が持ち込んでくれた律本位に修整を重ねた竹を使ってきました、

年の暮れが近づき、つい先ごろ、パソコン上の竹友・○○爺氏から「花はさく」の尺八譜を頂戴しました、
コレを幾度も吹く間に、律本位に修整を重ねた常用管では音色に不満があり、我慢できなくなり、久しく触ることが無くなっていた竹隠管・「美仙」を取り出しました、

琴古の竹で地歌用の稽古竹です、五線譜物を吹くにはイマイチ調律が甘く、とても正律管とは申せない竹です、
が、典雅な豊かな音色だ、

来年からは、“今虚無僧”の際にも、この竹を使用することにしようと思います、
律狂いのことは気にはなりますが、やはり自分の音色を大切にしようかと思うわけです、

やはり“つもり吹き”の域を出ませんが、中途半端ながら少しアップしてみます、
「花はさく」(震災復興歌)のつもりです、

| | コメント (2)
|

棒じゃなく

“今年1年を振り返ると…云々”の話・パターンがある、
で、わたしも真似てみる、
が、数え上げるような出来事はナァ~ンもなかった、

強いて挙げれば二年がかりではあったが西国三十三か所巡礼を成し遂げたことかな、
“成し遂げた”だなんて…
尺八仲間の運転する車に乗っていただけですわ、
4人で周ったが、引っ張り回されただけで、どこをどう巡ったのか未だに判然としない、
ただ、お寺の門前で降りて、少し石段などを上り下りしたが、これが運動不足のわたしには結構きつかった、
“成し遂げ”て、得たものは、日ごろの運動不足の実感だけ、

“今虚無僧”は結構頑張った、数えると80回もやったようだ、
が、別に達成感などナァ~ンもない、
むしろ怠け怠けのヅルヅル継続で、数えたら80回にナットった、

魚釣り回数は激減だ、釣果にもめぼしき物はなかった、
魚釣りといえるかどうかわからんが、11月中下旬以降、艇停留の桟橋から海底を覗き見てはナマコを探し捕らえて食ってきた、今年ほどナマコを食い続けた年は過去には無なかった、

さて、で、来年の抱負だが…
正月元旦はベタ凪近い釣り日和かも、で、少し沖出ししてみようかと思っている、
って、ことは、
今日・大晦日はいつものとおり早寝し、明日の元旦は沖で初日の出を拝むことになる、
かみさんとの二人所帯だ、
元旦の朝は、かみさんは独りで雑煮を食うのだろうか????

あぁ、昨日、わが家では、恒例の餅つきをした、
稲美町で定年後百姓をしている友人・RAから彼自慢の自家作新米“もち米”を頂戴していて、これで餅(もち)を造った、炊飯器様のモチコネ器で造る、
餡餅に造ったのを二つ食ってこれが昨夜の夕飯になった、極めて美味かった、

元旦の釣行は、若い釣友・ユリタロウが同行の予定だ、
「オイ、正月早々、自分だけ沖へ魚釣りに出て、家の方は大丈夫か???」
って、彼に念を押してある、
大丈夫らしい、
が、つい先日、彼は逆流性食道炎でのたうったのだった、
で、ソレが治って、二日前からは風邪で休んでいるらしい、
が、が、明日は治ることにナットとか
…大丈夫なのだろうか???

大晦日のNHK紅白だが、わたし、少なくともここ二十数年は観ていない、
“今虚無僧”でたびたび老人施設を訪問するが、あの老人らが、NHK紅白を楽しむようには思えない、

去年今年貫く棒の如きもの  虚子(78歳の時の句)

わたしの場合は、棒じゃなく“竿(釣竿)”にした方がエエかも、“竹(尺八)”でもエエ、

| | コメント (0)
|

2012年12月30日 (日)

馴染み辛いリズム

わが家前の医院新築工事も年末年始の休みに入ったらしい、
否、雨で休止かな???

久しぶりに静だ、震災復興歌「花はさく」を稽古しようと思う、
昨日のアップは今朝削除、
もうすこし上手く吹きたい、
わたしら老人には馴染み辛いリズムだが、なんとかこなしたい、

| | コメント (0)
|

ベタ凪の日だったら

風さえなければ海上はあんがい暖かいのですよ、
海水温ですが今日(12月30日)の播磨灘は12℃くらいかな、
陸上では10度を切っているじゃないですか、特に朝晩冷え込みでは0℃カツカツですよね、
が、海水温度は12℃を少し上回っている、
極端な言い方をすればですが…
小さなボートで凪の日に沖へるってことは、なまぬるい温泉にタライを浮かべるような感じなわけだ、

鳴門海峡を越えて紀伊水道に出ると水温は更にあがりますよ、
紀伊水道は暖かい黒潮の影響を受けていて未だに水温は20度以上ある、
播磨灘でも鳴門に近い海域は少し暖かいです、大阪湾も同様で友が島水道に近い辺りは少し暖かい、

が、わたし・波平が魚釣りに出る播磨灘北部一帯は、すでに12℃ポチポチまで水温は下がっていて、これから更に下がってくる、年明け後も、どんどん下がって最終的には7℃、6℃台まで下がる、
5℃以下にもなると、もう魚魚の生態系にも影響が生じます、たとえばタコなどはもう生きては行けない、
ひょっとしたら、今年あたりはヤバイ状態まで下がるかも…
今年の水温低下を観ていると、例年より水温の下がり方が急でしてね、昨年より既に1℃ほども水温が低いのです、

播磨灘での12月の釣り物は、なんといってもフグ釣りですわ、
ショウサイフグを釣ります、
餌釣りです、餌は、播磨灘特産のカワツエビ、
このエビの漁期は11月中ごろまででしてね、12月に入ってから、カワツエビを買おうとしても既に食品スーパーには出てきませんわ、で、明石の魚の棚へ走りますが、それでも手に入り難い、
で、で、わたしの場合は、11月中ごろまでに買い溜めし、わが家の家庭用冷蔵庫に冷凍保存しますが、保存デケル量が限られる、充分な量のストックがデケン、今年は12月中旬に使い切ってしまって、以後はフグ釣り不可能、で、もっぱらナマコ探しってこと、

ショウサイフグ以外の釣り物ですが、真鯛が中心かな、
正月用の睨み鯛が釣りたい、が、これはもうあきらめた、
週間天気予報の予想天気図を睨んでいましてね、正月元旦と翌日の2日間は凪のような気がするわけですよ、
が、最近の情報ではデンデン釣れていませんです、釣れてもハガキ大以下のチャリコ級らしい、
が、が、わたしは、0.4~0.6号のハリスで、この難儀な情報を釣り破ってやろうと思っていて、超胴調子のフニャフニャ竿を用意した、リールのドラッグもユルユルに調整します、
この他にも、あれこれを工夫していて、で、正月が来るのを待っています、

とにかく肝要なのは体調のことですわ、体力の維持管理です、シケの海に耐え得る体力です、
ソケイヘルニア症のなか、このところ無理ギリギリの散歩・散歩に努めて足腰の萎えを防いでいましてね、
あれこれヤバいのですが、ベタ凪の日だったら、まぁ大丈夫かと…


| | コメント (2)
|

2012年12月29日 (土)

ナマコの味

海鼠(ナマコ)の味のことですが、どう表現しましょうかねぇ~、難しいですなぁ~、

既にお気付きのお方もあると思いますが、
わたしのこのブログですが、チョットした気持ちの動きを、“言葉に書き出してオモシロガル遊び”でもありましてね、
で、なんとかこのナマコの味わいを
➝“文章にしてみたい”と、思っているのですが
難しいですなぁ~、筆力不足というか、脳ミソの貧困というか…

いわゆるゲテモノを食っている、の、気持ちのことかも…
もう“味”の話ではないですよね、

日本の三大珍味ってご存知ですか???
ウニ・カラスミ・コノワタ、の、三つです、
コノワタ、これがナマコのハラワタの塩辛ですわ、

正規の塩辛・コノワタは未だ食べたことがありませんので、当然その味わいのことは書きようがないわけですが、
塩辛じゃなく、生のままのナマコのハラワタなら、幾度も食べてみたです、
が、変な物を食ったなぁ~と、ケッタイな食後感が残っただけで、決して美味しかったなんてことはない、
単に気味が悪かっただけの“ゲテモノ食い”です、

“ゲテモノ食い”の横綱級かも???
が、その元の姿を知らなければ、小鉢に入ったコノワタは上品で、ある種綺麗で、さっぱりとした食感です、
他の物からは得られない“味わい”だといって差し支えないと思う、

が、が、わたしは、元のナマコの醜態(??)をヨオ~ク知っているし…
ナマコの腹を裂いてハラワタを自分で取りだしたのだし…
そのハラワタから泥を扱き取って気持ちが悪いなぁ~と思いつつ料理したのですからね、
研究心以外では決して食ってみようなんて気にならんゲテモノ以外のなにものでもない、
わたしには、コノワタの味わいを語る資格は無いですわ、

が、ナマコなら、語る資格はあると思う、
だって、好んで食べているのだもの…
が、が、これがまたどう表現したらエエのか、ようわからん、
…と、そういう、味だってこと、

これでは、ナマコの味を語ったことにはなりませんよねぇ~、
昨夜で、捕り溜めたナマコはあらかた食ってしまった、
正月用に青ナマコがほんの少し残してあるだけ、

| | コメント (0)
|

2012年12月28日 (金)

ナマコの気合

年内の予定は昨夜で全て終了、
昨夜は神戸・三宮で知人と会食、22時頃帰宅、

三木市わが家から~神戸・三宮まで、高速急行バスに乗って約1時間、
コレッテ頻尿気味のわたしにはとても苦痛、
バス便で出掛ける際は、朝から水分摂取を出来るだけ控えます、

往路はヨイヨイ、が、帰りが怖い、
とてもじゃないが飲み会でビールなんぞ飲むなんぞはデケン、
皆と別れて後も、バス停内で少し休みオシッコを充分に済ませてから乗車です、

沖へ魚釣り、これは大丈夫、
そこらじゅうが水洗トイレですからなぁ~、いつなんどきでも艇を止めて用が足せる、

今年は、カレイやタチウオをデンデン釣らなかった、
沖出し回数激減だ、こんなことは今まで魚釣り人生の中ではなかったことだ、
最近では、艇繋留の付近でナマコを見つけ、磯タモで掬い捕って来るだけ、


今後の予定がデンデン無くなったわけじゃない、
黙っていても正月はやってくる、やってきたらそれなりの気分になるだろうと思う、
これもある種・予定の類か、
“今虚無僧”は今後も続けるつもりだ、すでに来春分の予約も入っている、

昨日の会食で釣友ユリタロウ君から元旦の釣り行き提案があった、
元旦は“ベタ凪”だぞって彼は言う、
もし、そうなら、来年は元旦からの釣りになる、
彼はわたしより二十歳も若い、今年彼は5年がかりで挑戦した弁理士試験に合格した、
彼と話すとわたしもなんだか気合が入る、

元旦の早朝は干潮時刻でもある、
干潮時はナマコを探しやすい、逮捕も簡単だ、
あぁ、ナマコは普段は海底でデレェ~と油断油断の間延びした姿をしている、
わたし、海底をチラッと覗き見ればすぐにナマコを見つけ得る、

タモで掬い捕りますがね、
ナマコはビックリして身を縮める、硬く固まってネズミの背中になる、

昨日の飲み会で肴にナマコの小鉢があった、珍味扱いでほんの少しだけ入って600円、
酒飲みの肴としては珍味中の珍味、

来春早々、元旦の釣り行きはまずナマコ逮捕から…、
ウン、気合が入って来たぞ!!!

| | コメント (2)
|

2012年12月27日 (木)

“つもり吹き” 2曲

いずれも“つもり吹き”ですが、
試し吹きです、初見譜でいきなり吹いた、

この2曲、わたしの好みじゃないのだけれど…
譜面を確かに拝見していますよって意味がありましてね、吹いてみたのです、

特に「孫」ですけれど、わたし、孫がありませんのでね、気持ちがなんとなく避けるのですわ…

「孫」1尺八寸延べ竹・虚霧洞管

「加賀の女」2尺1寸・一城管

| | コメント (2)
|

どこへ、どこまで…

安倍政権が誕生した、
“強い経済を回復”の見出しが、今朝の新聞トップに踊っている、
が、衣の下に鎧がチラチラ見える、

憲法改正!!!????

このままでは日本国土は護れない、

韓国、中国、ロシア…、
敵はやっつけなければ…かな???

日本領土を護る…
が、
世の中はグローバル化へ…
TPPへの方向は避け得ない…

年金や福祉などなど以前に、まずは
➝“強い経済を回復”

ドラマだなぁ~、
来年の参院選でネジレが取れたら、あとは一気に…ドッチへ行くの???

アレッ、麻生太郎氏は、わたし波平と同い年だったカァ~、
内閣官房参与になった飯島勲氏は67歳、あの風貌だからもっとお歳かと思っとった、
やはり参与になったお方に浜田宏一氏がおられる、76歳で最高齢だね、
って、ことは、高齢化社会の中での内閣としては、けっこう若い面々らの内閣だってことかな、
が、40台は二人だけ、30代は居ない、

あぁ、橋下徹氏は43歳だ、
小泉進次郎氏は31歳、

橋下氏は野党だが、小泉進次郎氏は与党のヤリテだ、閣僚に登用されても良かったのでは…

閣僚になられた方々の趣味が知りたいなぁ~、
パソコン検索をしてみようと思う、
まさか尺八を吹くお方があるとは思わんが、魚釣り趣味ならあり得るかも…

危機突破内閣だとか、
この意識が、先の内閣には薄かったのかも…
が、あまり切羽詰まった危機意識のなかでの国政はヤバいような気もするし

ドラマだなぁ~、
円安はどこまで進みますかねぇ~、株価上昇気味ですなぁ~、どこまで???

| | コメント (0)
|

2012年12月26日 (水)

正月は辛い

正月は施設利用の老人らにとって、とても辛い時期なのですわ、
人生の悲哀をもっとも強く感じる時期です、
若い衆らにはこのこと判っておいてほしいです、
おねげぇ~しますだに…downdown

老人福祉施設に入居中の老人らで、未だ自宅があって家族がおありのお方らは、ひょっとしたら、そのご家族の方が、施設へおバァ~ちゃんを迎えに来られるかも…
“正月くらいはおバァ~ちゃんを家で世話しましょう”って、気持ちになったりするのですよね、

当然ながら、“おバァチャンは大喜び”だ、

が、かつての自宅へ連れ戻されてみると…
いままで自分が使っていた部屋は嫁が使っていたりするし、
おバァチャンはすっかりお客様扱いにナットるのだよね、

認知症があったりすると、もう嫁の顔なんぞ忘れていますですよ、
孫の顔ですが、子供らは日々成長しますからね、しばらく出会わないと、おバァ~ちゃんにはまったく知らない子供にナットるです、

“自分が他人扱いされている”
おバァ~ちゃんは、コレはしっかり判るのですよね、
で、寂しくなる、

おバァ~ちゃんは、
「もう帰りたい…」って言うでしょうよ、

「ココはおバァ~ちゃんのお家よ、帰ってきているのよ!!!」
と、嫁さんらがなだめる、
が、おバァ~ちゃんは、施設へ戻りたい(帰りたい)のですわ、

わたし・波平ですけれど、正月期間中の施設への“今虚無僧”機会を増やしたかった、
が、受け手の施設では、ボランティア訪問を受け入れること、この事がはや余分な仕事になりますのでね、
訪問要請を受けることがデケませんでした、
初“今虚無僧”は正月10日以降になりますです、

キツイことを申しますが、
老人福祉施設は、“福祉施設”であるには違いないですが、“商売でやっとる”商店です、会社です、
老人らの世話をするのは仕事だからです、
安月給ですよ、とても安い、少ない…びっくりするほどの安月給だよ

かつての自宅で家族らと過ごした老人らが施設へ戻りますとね、
施設では、老人らの気持ちの在りどころがそれなりにわかっていますから、見掛けあたたかく迎え入れます、
が、これは仕事上のことなのですよね、
ナンボ認知症が進んでいても、老人の心はシッカリ生きていましてね、すべて判っていますです、

正月や、盆は、老人らに辛い時期なのだよなぁ~、

クリスマスも過ぎた、
あとは、老人らには辛い正月を待つばかり、
なにがメデタイことなんかであるものか!!!
わしゃ、しばし“今虚無僧”のことを忘れ、
古典尺八本曲(虚無僧曲)でも独り稽古し直そうかと思っとる、
わしゃ、未だ元気で自宅住まいだが、それなりにサビシィ~イ!!!

| | コメント (3)
|

2012年12月25日 (火)

ひと筋縄ではくくれない

陶磁器の世界で、ときおり大昔の、今は途絶えた陶磁器制作技術を復活し得た云々の話を聞くことがある、
が、これらは、新たな文化の復刻版だ、新たな文化そのものだ…と、思う、

わたし、竹友(草ちゃん)が吹く尺八古典本曲「産安」を聴いて感動した、
が、これもまた、尺八新曲の「産安」であろうと思う、

竹友は先人が吹く「産安」録音を聴きに聴いて、で、あらたな自分の「産安」を創り上げた、
竹友は既に宗家の位置に立って居ると言ってよかろうと思う、
ある種すでに元の録音音源の域を越えている、
今後は、氏・自身が、到達した“域”の伝承を、後続の者らに伝承する立場に立つことになる、
と、ココからあらたな“古典”が始まる、

およそ明暗尺八の古典本曲ほど“伝承”の難しい物は無い、
明暗尺八古典本曲は、広い意味での“音楽”であるには違いない、
が、五線譜では書き切れない種のものだ、
紙に譜を記すことがあるが、曲がりくねった文様や、シルシや、気合の在りどころを示す特殊記号を紙になすりつけただけで、それって、だれでも読み取れるものじゃない、譜面と呼べるものじゃない、
書きつけた本人にしかわからんし、その本人も、書きつけたその時の気分をいつまでも保ち得るわけじゃない、

幾度も幾度も吹いている間に➝暗譜で吹くようになり、
もう暗譜デケているからは➝紙に書きつける必要も感じなくなり、
またまた、➝余人には真似し辛い域で吹き遊ぶことになる、

古典尺八本曲吹きの名人にお亡くなりになって久しいが、海童道租(わたづみどうそ)がおられる、
凡そ古典尺八を愛する者で、海童道租を知らぬ者は無く、
はたまた海童道租の域に達し得るかもと思った者も、これまた過去も現在も居たとは聞いていない、
が、海童道租に連なる者らは自分らこそが伝承者だと固く信じている、
不思議な世界ですなぁ~、

音楽は、…尺八古典本曲が音楽だってことに同意するならの話ですけれど…
吹く(演奏)ものでしょうか?
聴くものでしょうか??
想いの中に漂わせるものかな???

話は少し横へ逸れますが
わたし、尺八吹奏ボランティアをしているわけですけれど、
老人(福祉)施設などへ伺って尺八を吹きますが、
尺八に合わせて、会場にお集まりの方々に、いっしょに歌っていただく、コレを基本にしています、
で、会場のダレかさんから、
「わたし○○曲を歌いたい…」とリクエストがあっても、応じたりはしません、
そのお方が歌われるだけの個人伴奏はしません、
特定個人が自分だけ得意がって歌うのは、他の老人らからすればあまり嬉しくないのでは…と、思うから、
個人伴奏にお付き合いしますとね、歌う人は、だいたい決まってくるのですわ、

“音楽は、皆でいっしょに歌うもの”
これが、わたしの“尺八吹奏ボランティア”の基本です、

さて、音楽は、
弾じる、聴く、歌う、の、どれが基本でしょう???

あぁ、昨日、親しい友人から、おもしろい問い合わせがありました、
「町内の年寄りらが毎週集会所に集まって遊んでいるのやが、歌の上手な年寄りらが多いのやが…、あんた、古賀メロディーでけるか???」と、彼、
「大丈夫やでぇ~、やったるでぇ~」と、わたし、

“個人ごとの付き合い伴奏なら嫌だ、皆でいっしょに歌うのなら…”
って、念押ししようかと思った、
が、この念押しはしなかった、しておきたかったが言葉を呑み込んだ、
その場に入ったら、わたし、自在にリードする自信がある、

が、が、尺八古典本曲ですけれど…、コレは複雑だよなぁ~、
とてもじゃないが、ひと筋縄ではくくれないですわ、

| | コメント (0)
|

2012年12月24日 (月)

今日もまた工事の音

Dsc00151

わが家の真南隣地に木造の薬局と鉄骨の耳鼻咽喉科が新築工事中、
わが家から撮った写真ですわ、

今日は振替休日・クリスマスイブだ、工事は休みかも、
未だクレーン車の腕の伸びてこないし、作業員の影もない、
あぁ、完成したら建物の影がわが家にかぶさる、

ヤヤッ!!!
やって来た、やって来た、ヘルメットかぶった作業員が十数名も、
只今午前8時、
オオッ!!!
大きなクレーンの腕が空に伸びてきたぞ!!!
今日もまた工事の音で悩ましいことになりそう、難儀だぁ~

| | コメント (0)
|

「産安」

尺八の明暗古典本曲に「産安」という名の曲があって、別名を「神保三谷」とか「奥州鈴慕」とか言われる曲なのだが、まさに尺八でしか吹き得ない変化自在の曲でしてね、わたしの最も好きな曲のひとつなのですがね、
なんとも不思議極まる曲になっとって、吹く人ごとに、変化自在ブリが際立って個性個性の、ほとんど無茶苦茶に別曲になっとるのですわ、

曲趣もオドロオドロしくもあり、穏やかでもあり、メリハリ幅が超大きくもあり、超小さくも感じられたり…

これって音楽でしょうかねぇ~、
もし、オタマジャクシ譜に採ろうとするなら、あぁ~わたしのネット上での竹友に河童爺って採譜に超越的才能をお持ちのお方がおられますが、このお方でも、この曲(産安)を五線譜に採ることはまず不可能ではないかな、…と、思います、
が、わたし(波平)が吹く「産安」なら採譜可能だ、
明暗流・對山派ではこの曲を「奥州鈴慕」とよんで、曲の芯だけをある種ぶっきらぼうに吹きますのでね、これなら五線譜に移し得るかもってこと、
が、が、海童道(わだつみどう)の流れをくむ方々の吹かれる「産安」は、コレはもう五線譜の対象とは程遠いです、
正しく採譜し尽くのは不可能だと思います、

ひとつご紹介させていただきますね、
コレです、氏(草ちゃん)のホームページにリンクです、
リンク紹介のこと、吹奏者ご本人には未だ了解が取れていませんが、キットお許しくださると思う、ナニセ、すばらしく吹きこなされている秀逸な吹奏です、紹介しないではもったいない、
あぁ、この氏の吹奏はむしろ簡単な吹き振りなのですよ、
でも、ひょっとしたら、お聴きいただくなかで、別の聴き方をなさる向きもあるかもと思う、
わたしは、氏の吹奏は好きですからね、凄いなぁ~って聴くのですが…

誤解が無いようにひとこと申しておきますが、
わたしは、このように吹くことはまったくできません、
わたしの属する對山派では、吹き方も違うし、なによりもわたしはまだまだ下手ですわ、
童謡唱歌を吹くのとはわけが違うからなぁ~


| | コメント (2)
|

2012年12月23日 (日)

横文字曲ベスト10???

池田信夫氏がご自身のブログで「今年の音楽ベスト10」を書いておられる、
で、ユーチューブに順次引っ張り込んで聴いてみた、
Return to Foreverがいちばん気に入りました、

音楽は、ヤッパ“音”が肝心ですよね、それと雰囲気かな、テーマとかドラマとか以前の雰囲気です、これがエエ音で奏でられたらそれだけでもう充分な気がする、
なんだか、これからココ(Return to Forever)にハマってしまいそう、

氏のあげたベスト10はすべて横文字曲ですわ、和製曲には聴くべきものが無かったのだね、
が、わたしの音楽脳ミソは、なにせ古~い虚無僧尺八です、
そもそもオタマジャクシ譜にはなっとらん、
この古典尺八本曲に傾き切った古い脳ミソで、氏の掲げた横文字曲ベスト10を聴きますのでね、偏見と誤解と無理解をコネ合わせて聴くようなもんだ、とてもじゃないが正しくは聴き得ないです、

が、好き嫌いのことなら、言うても構わんですよね、
ボーカルの入ったのは、わからん、わからん、に、輪が掛かってさっぱりわからんから初手から除けますです、
曲を聴いていて声が入ったとたんに即座にカットでスイッチOF、

アレコレ聴いて、Arturo Sandovalの"a mi manera"(通称マイウエイ)のトランペット曲がいちばん気に入りました、
アレレ、いちばんの気に入り曲が二つになったかな、
Return to ForeverとArturo Sandoval、

前者は、尺八1本ではとてもじゃないが吹けませんです、
吹きたいけれど…
雰囲気を吹くのだから、不可能でもないと思ったり…
が、後者のトランペットの真似ならあるいは吹き得るかも、
が、が、尺八譜面が無い、残念、

譜面を無料でダウンロードでけたら、なんとか尺八譜に移し採れるかもなのですが、探しましたが無料では無理みたい、またまた残念、残念、

美空ひばりが、和製の声で、この曲を歌っていますよね、
聴いてみました、ダラ~とした曲になっとる、ほとんどまったく別の曲になってしまっとる、
アカン、スイッチOF、

日本の音楽ってナンでしょうね???
Return to ForeverやArturo Sandovalを聴くと、日本のケッタイナというか貧弱な音楽が、なさけなくてしょうがない、

年が明けたら、またまた「春の海」があちこちで聴かれるのですよね、
コレはエエ曲には違いないですがね、
わたし、この曲はもう聞き飽きる程聴いていて、自分でも嫌というほど吹いたりしていて、ほとんど暗譜で吹けるのではと思うほどですから…、その分、曲中の嫌味部分もわたしなりに感じていたりするわけで…、
はたまた、放送中の奏者の実力ですが、聴いた途端に判ってしまうのですよね、
採点しながら聴いたって楽しくないですわ、

新春は「春の海」以外にもっと他の曲は無いのかいな…って思ってしまう、
あぁ、
わたし、人前で「春の海」を吹いたことは1度もありません、
きっと吹けないと思います、癖のあるアクの強い吹き方のナットる…と、思うから人前では無理ですわ、

わたし、ボート釣りが趣味ですのでね、瀬戸内海の“春の海”の様子は良く知っています、
新春の瀬戸内海・播磨灘では、ハマシギ(チドリ科の小鳥・冬鳥)が群れ飛びます、
鵜が一列になって飛んでいたり、ユリカモメが網揚げ作業中の漁船のまわりに群れ飛んだりするのを四六時中観ています、
ホンの少しですけれど、「春の海」の曲中に、脚色された無理筋があるのを感じるのですよね、
思い切って言ってしまえば
➝Return to Foreverに負けているってこと、
➝「春の海」の現在の尺八吹きで、Arturo Sandovalのトランペットに比する吹き手は居るのやろか、と、思ったり、

| | コメント (2)
|

2012年12月22日 (土)

それなりに軽減

昨日は“人類滅亡の日”だったそうですが…
でも、冗談じゃなく、そういう日がいつか突然にやってくる、と、思いますよ、

我々高年齢者には、その日って、もう間近のことなのですよね、

間近じゃないよ、もうその日が来ていたのだな…
喪中につき云々のハガキですよ、
“いつか突然”が、
既に、あの人、この人らを襲っていたようですなぁ~、
喪中ハガキを頂戴してビックリ・ビックリです、

家族葬で済ませ、年末の喪中ハガキでお知らせする、このやりかた…
流行っているのかなぁ~
年賀状はもうどうでもエエ、
年末の“喪中ハガキ”にこそ、意味がある

“お年玉”は(わたしら夫婦には子も無く孫も居ませんので)もっぱら配るだけの立場なのですが、
見渡してみると、まわりの子供や孫等は、もうアラカタお年玉年齢を卒業ですわ、かろうじて数名が引っ掛かる程度です、
が、これに代わって、喪中ハガキを得ての香典(仏前お供え)の配送(??)だ、

わたしらの年代の者は、先の太平洋戦争時、一様に、父母の郷里へ疎開しましたのでね、
従兄弟関係にあたる者らが、父母の郷里でいっしょに過ごす機会があったってことで
今年はこの関係のいわば幼馴染でもある者が二人も他界しました、

喪中ハガキ、これってある種の赤紙でしょうか???
戦時中の赤紙、召集令状、
赤じゃなく、黒紙ってことになるかな

黒紙を整理しつつ、年賀状の準備、気が滅入りますなぁ~、

今年は、年賀状を用意するのはもう止めようかと思います、
責められることになるかも…
が、もう、卒業しようかと…
既に例年の枚数分は買ってあるのですがね、未だ年賀状の包装紙を破っていません、
このままにしておこうかと思っています、

今日は、今年最後の“今虚無僧”日です、
自分でも、良く頑張っているなぁ~って思います、
来年も続けて頑張るつもりですがね、1日に2ステージはもう無理だ、それと1時間半の本番はキツイ、
それなりに軽減しようかと思っています、

| | コメント (3)
|

2012年12月21日 (金)

話ふたつ

<2ちゃんねる>

グーグルでも、ヤフーでもかまいません、検索窓に“2ちゃんねる全文検索”と打ち込みます、
で、展開した窓に、観たいテーマを書き込む、たとえば“尺八”と、
と、と、2ちゃんねるのアレコレが出てくる
出てきたアレコレのなかで、
➝「日本伝統音楽が廃れたのは尺八のせい」ってのを、クリックしてみたら…

ヤヤヤッ!!!
どぎつい言葉で、あること無いこと、めちゃめちゃ書き込まれていますなぁ~、
が、が、そこまで言わなくてもエエやんかと…

誹謗・中傷・差別・ダマシ・脅し・イジメ…
2ちゃんねる(掲示板)は、無法地帯か????
暗号化された犯罪命令や、麻薬取引指示や…も、あるらしいじゃないですか

“覚醒剤の売買をもちかける書き込みを放置したとして、警視庁は20日、2ちゃんねるの創設者で元管理人の男性(36)を麻薬特例法違反(あおり、唆し)ほう助の疑いで書類送検”と、報じられている、
が、送検されても
➝“司法によって違法と判断されない限りは合法”と、当人はお考えらしい、

大手メディアは、“2ちゃんねる(掲示板)”を情報源のひとつにしていることが知られている、
政治家らも(本人や秘書ら)同様らしい、
麻生氏などは、ご自分でココに打ち込んだりすることもあるそうじゃないですか、
ひとの名をかたって打ち込んだり、
偽情報が平気で飛び交わされていますから、
攻撃対象になった政治家の諸先生らなどは、常時、この2チャンネルを観ておかねばならんってことみたい、

悪の温床・2チャンネル????
いいや、そうじゃない!!!!
ホントのことを語れる場、それが➝2チャンネル
????
これからの社会の展開を占うナニがある????

裏側社会ですわ、
隠れてコソコソの社会、
ケッタクソ、うっぷん晴らし、ちゃぶ台ヒックリ返しの世界、不満ガス抜きの場…

“2チャンネル”の利用者・閲覧者ですけれど、
内向的な、ビビンチョで卑怯な者らが多いと思いますよ、犯罪者寸前の不満分子らかも、

今の日本社会には、この2チャンネルと、パチンコ店は、不要だと思います、
わたし、時々覗き見したりしますが、その都度嫌な気分になります、
書き込んだりしたこと無いです、
わしゃ四六時中、愚痴ったりボヤイタリしますが、2チャンネルに関わるのは嫌だ、

わたし、来年は73歳、悟りに遠いヅヅイだよなぁ~、


<昨日の釣り>

あぁ、昨日の釣り行きですけれど、
朝方はほとんどベタ凪でしたが、10時過ぎ頃から急に風が強くなり、
凄い波になって…
艇がひっくり返りそうなほどの波になって…
命からがら逃げかえりました、

艇の燃料ですが、シケの時は、凪の時に比し何倍もの燃料を食うのです、
艇には200㍑の燃料タンクを積んでいて、出航時には推定で約90㍑入っていた、
が、マリーナへ帰り着いた時点では、既に残量40リッターを下回っていた、

200㍑の燃料タンクは底が平らな長四角型でしてね、この中に40リッターってことは、タンク底に繋いだ燃料取り出しホースに常時空気が混じりこむ状態だったってこと、
だって、
海は大荒れで艇は大きく大きく前後左右に煽られ傾きしつつ、ヨタヨタと航行しているのですからね、
燃料タンクの底に設置のホースの口がガソリン面から出てしまって宙を噛む状態に、エンジンが空気を噛むことになとったってことですよ、

幸い、エンジンは4サイクルのガソリンエンジンです、で、助かったのです、
これが、ディゼル・エンジンだと、燃料ホースが空気を吸った途端にエンジンが止まります、
これを再始動させるにはエンジン室に入って、“エア抜き”せなならん、
が、シケの海でそんなことをする余裕は無い、

小型ボートは、エンジンが回っていたら、まず、よほどのことが無いと横転の危険はないです、
が、エンジンが止まったら、意外と簡単に横転します、

いささか専門的になりますが、
艇の燃料タンクですが、ここに取り付けられている燃料ホースですが、タンクの底にではなく、底から少し高い位置にその吸い込み口は設置されています、通常はそうなっとるってことですよ、
長年使っていますとね、燃料が空に近くなる都度都度にタンクには空気が入りますよね、
で、入った空気は夜になって温度が下がると水滴を生ずる、水滴はガソリンより重いからガソリンタンクの底に溜まる、長年、長年、水滴は積み重なってガソリンタンクの底に水の層ができる、
で、艇の燃料タンクに残量40リットルの状態は、実は、タンクの底の水の量も加えたことにナットるわけだ、
ヤバイですよねぇ~、
わたしの艇は大中古艇です、未だ燃料タンクからの水抜き作業はしたことが無いのです、
だいぶ水の層がデケテいると思いますよ、
ヤバイですよねぇ~、

今年は、もう釣りに出るのは止めようと思います、艇を沖へ出すのは止めるってこと、
動かすには、約150㍑のガソリンを積み込まなければならんからなぁ~、ガソリン値上げ傾向ですよね、

年末に、命拾いかぁ~
命を捨てるのは、来年以降のことでエエかも、…と
あぁ、釣果ですが、
大アジ1尾、20センチ大の豆アジ仰山、チャリコ4尾、ガシラ1尾、ナマコ赤・青各1俵、命(波平の)ひとつ、

| | コメント (0)
|

2012年12月20日 (木)

検査アレコレ

楽器は、弾けばドレミハ…の音が出てくる…ようになっとるのですよね、
が、尺八は“首ふり3年”です、音そのものが出し難いし、たまたま出て来る“その音”も音程が吹き方によって極端に上下する、とてもじゃないが“弾(吹)けばドレミハ…の音が出てくる”なんてものじゃない、

たとえばピアノ弾きが、トンネルの天井板取り付け金具に取り付き、金鎚(かなづち)でコンコンと打音検査したとする、
そのコンコン音、ドレミハ…の音じゃないですよね、音楽で聴き慣れた音じゃない、いわば聴きたくない音かな??
が、尺八吹きが、同様に天井板取り付け金具に取り付き、コンコンやったとする、
尺八吹きは、ドレミハ…以外の雑音的アレコレの音に常から付き合っていますのでね
で、少しは違和感なしに、コンコンの音と付き合えるような気がしますがどうなのでしょうね???

打音検査時のキッチリした音が聴きたいのですがね、
で、わたしにでも不具合音の判定がデケルようならですが…
わたし、ボランティアで、トンネルの天井へあがって、そこらじゅう“コンコンの打音検査”してもエエですよ、
世のため人のためですから、わたし、頑張りますがどうでしょうね???
が、が、メヂィア報道ですが、こういうことには無関心みたいだなぁ~、
未だにキッチリしたコンコン音を聴かせてくれないですなぁ~、

打音検査に要する検査器具はカナヅチだけですよね、
で、音の聴き方、不具合時の音の特色を教えてくれたら、ダレでもすぐに検査官になれるわけだ、
なんでこのことに注目しないのでしょうね???

わざわざ大きなトンネルに入って天井に昇らなくても、各家庭で、わが家の建て付け検査ってことで、壁や柱をコンコンやってみたら、なんぞヤバイところが判ったりするかもですぜ、地震対策を立てたらエエじゃないですか、

実は、わが家の居間の1か所に雨漏り箇所がありましてね、横殴りの激しい雨があるとポタポタ雨漏りするのですわ、
大きな修復工事をしましてね、で、雨漏りが止まったと思ったのだが、そうじゃなかった、ヤッパ横殴りの激しい雨があるとポタポタ雨漏です、
で、ホームセンターから、工事用のシリコン充填剤を買ってきて、わたし、あるいはこの隙間から雨が沁み込むのか、と、思えるあたりを徹底的にシリコン充填した、
が、ヤッパ、雨漏りは止まらない、横殴りの雨が降ると、居間の床に洗面器が座ることになる、

わが家は、鉄骨プレハブ住宅です、建ててから40年チョイ経っている、アチコチの原発と似たような歳だ、
雨漏り箇所発見に打音検査は効果的じゃない、
わたしは音には、尺八的に鍛えられとるけれど、雨漏りには弱い、
わたしは尺八吹きだ、打音検査は少し稽古すればデケルと思う、
ボランティアでもエエけれど、だれか自給800円でエエから雇ってくれませんかねぇ~、
少し、いや、だいぶ耳は遠くなっとるけれど、未だ充分に打音検査で不具合音の感知は可能だと思うから、

あぁ、今日は、これから釣り竿の先ピクピクの検査に出掛けます、
わたし、実にこの感度は鋭いのですよ、

| | コメント (0)
|

2012年12月19日 (水)

自分勝手なお願いだけれど…

民主党は力を失った、自民党は力を得た、

落選議員や秘書さんは失職なさった、収入の道を断たれた、

当選のお方らは、めでたく就職、収入、収入、

失職したり、失職したり、
ヤバイ仕事ですよねぇ~、それも短期間に、ヤクザな仕事だ、

職に就けている間に、デケルだけ溜めこんでおかないと生きて行けません、
利権・利権!!!

トンネル天井崩落や、震災復興や、あれやこれやで公共事業が増える、
利権がらみの温床が増える、
うまく立ち回れるか否か…???

国土交通省は、従来のシキタリ(?)で➝連立の公明党が大臣席かな???
公共事業拡大の中だ、常とは違う重要ポストですよ???

大型巡視船や漁業取締船の新規建造が急務、
海上保安庁は国土交通省の外局、
水産庁は農林水産省の外局、

農林水産省はTPPをどうするかの難題を抱えている、

防衛省も、自衛力(戦力)強化を計らないと日本領土が護れない、
いっそのこと、オスプレイを自衛隊に導入したらどうか、
オスプレイ専用空母を建造し、外洋へ出て、各種訓練をしたらどうか、
尖閣島に訓練基地を設けたらどうか、…思いつきの悪い冗談ですよ
思いつきついでに言いますが、竹島に、ミサイル防衛(MD)基地を造れば…あり得ないよなぁ~

原発などの電力にかかわる所轄官庁は経済産業省ですね、
早急に、原発に代わるナニかを見つけてなんとかしなければならん、
瀬戸内海・豊後水道に浮かぶ島・長島に新規原発建設などはもっての外だよ!!!

あれやこれやイロイロあると思いますが…
年金減額だけはなんとしてもやめてもらいたい、できれば増やしてもらいたい、
自分勝手なお願いだけれど…
おねげぇ~だ!!!!

| | コメント (0)
|

2012年12月18日 (火)

ABCD…

A) 小選挙区とか比例とかですが…多数決原理が正しく反映されているのでしょうか??? 選挙制度の特色を研究し、盲点を、と、いうか、急所を突き得た方が勝つのですよね、
B) 勝つには、とにかく、シャベリがジョウな方がエエ、下手だと難儀ですわ、だが、管前総理のような“アジ演説上手”に騙されたりしたらアカン!!!
C) 容姿、清潔感、信頼デケそうな感じのお方かどうか、怪しげな目付きをしておらんかどうか…あぁ、石破氏は怪しげな目付きだよなぁ~、が、けっこう、これってある種のオ~ラ~になっとる、
D) 政治家は洞察力がないとなぁ~、これから先のことが読めないと…

以上のABCD…ですが、
政治の世界・選挙対応のことなのですが、コレッテ、他の世界にもすべて当てはまるように思ったり
趣味の魚釣りの世界と、まるでそっくりだなぁ~、って思ったり

<まずは情報>
➝どこでナニが釣れているか、どんな仕掛けで釣られているか、潮満・潮時(時間帯)はどうか、
<釣り具を揃えないと>
➝具のあつかいが上手かどうか、
<魚の気持ち>
➝コレが読めるかどうかが一番大切、これがダメだと疑似餌を操って魚を釣るなんてデケン、

“今虚無僧”の世界も、また、まったく同じ
➝尺八や譜面などなどの整備、
➝吹奏技術の鍛錬・稽古・稽古
➝訪問先(老人施設)で、様々な老人らに楽しく接し得るかどうか、

わたし、ブログを延々と書き散らし続けていますがね、
わたしの視点は、すべて、“魚釣りと、尺八”が基盤にナットるわけでしてね、
なんでもかでも、魚釣り的に、尺八的に、観たり考えたりしているわけですよ、
書き散らすテーマがナンデアレ、すべての基盤は“魚釣りと尺八”
で、どうなるかと言いますとね、
➝よく釣れた日もあれば、ボーズの日もあるってこと、
➝尺八も、良く鳴る日もあれば、鳴りの悪い日もありますわ、


あぁ~
先日、古い友人らと忘年会やった際、彼らがこぞって、わたしを責めた
「お前なぁ~、もう書き散らすのは止めたらどうや、キツイことを書いたりは止めろ!!!」

が、そうでしょうかねぇ~、
わたしは、単に、魚釣りして、尺八吹いているだけのつもりなのですがねぇ~、

| | コメント (0)
|

2012年12月17日 (月)

目覚めるか、日本!!!

いつも早起きで午前3時には起きるのですが、
で、早朝からの釣り行きにも充分間に合うのですが、
が、釣り行きの日は、必ず目覚まし時計をセットしてから寝ます、
セットしておくと、これで大丈夫って気持ちなって熟睡デケル、
が、目覚まし時計が鳴って目覚めるってことはまず無い、目覚まし時計が鳴る前に自然に目を覚ます、
熟睡するための睡眠薬代わりかな、、
釣り行き前は、気分が活性化で、興奮気味で、寝つきが悪いことがあるからなぁ~

問題は、自然に起きると、目覚まし時計をセットしていたのを忘れてしまうってこと、
セット時刻に目覚ましがピィー・ピィー鳴るじゃないですか、
かみさんを叩き起こすようなことになってしまう、
かみさんは遅寝、遅起きだ、わたしとは生活時間に約6時間のタイムラグがある、
彼女は通常午前9時前後の起床です、わたしが午前3時だから、その差約6時間、
当然、前夜床へはいる時間も、彼女は深夜の日替わり時刻、わたしは午後7時前後には寝る、時間差6時間、

わが家には、もうひとり同居人(?)が居る、ショウタって名のシーズー犬、
彼は忙しいですわ、寝る間が無い、
わたしと、かみさんと、両にらみの生活ですからねぇ~、寝る間が無い、
で、日中、いつもウトウトしている、

昨日、二十歳ほど年下の釣友ユリタロウ氏と早朝からフグ釣りに出ましてね、
そこそこ釣ったのですが、波が高かった、
ユリタロウ氏は、デスクワーク専門の弁理士さん、ヘトヘトに疲れたようだ、
わたしだって、それなりに疲れた、
で、今朝は前夜セットした目覚まし時計が鳴り始めるまで寝ていた、
久しぶりに目覚まし時計の音を聴いた、

かみさんも、ショウタも、目覚ましが鳴っているのに平気でスヤスヤ寝ていますわ、
日々の生活に疲れているのかなぁ~、ショウタも老犬だ
なんだか可哀そう…

衆院選挙、大勢が判明しましたね、自民の大勝利らしい
あぁ~、維新の会ってのがありましたね、
“維新の会”がどうこうってことではなく、今回の衆院選は、日本の国体を変えてしまうほどの大変革をもたらしそうな気がするじゃないですか、この意味で“維新”の選挙だったかも、

むかし、経済白書で「もやは戦後ではない…」との記述がなされ、ある種の流行語になったことがあった、
…調べました、1956年(昭和31年)の経済白書ですわ、56年前だ、

が、戦後体制はその後もずっと続いていたのですよね、日本は未だにかつての敵国・米軍の進駐下にある、
政府も、国民も、未だに戦後で、で、米軍の進駐下で、…自力で国を護るにすべ(術)を知らない、
どうしたらエエの??
どうしたらエエの?????
迷いに迷う状態が続いている、
外交に…、原発…に、自然災害に…、高齢社会に…

衆院選は終わった、が、今後、どう展開するのだろう…
目覚まし時計が鳴っている…
目覚めるか、日本!!!

| | コメント (2)
|

2012年12月16日 (日)

もうしばらく生きていても、よろしいでしょうか???

フグ釣りに出ます、
午後帰宅後、釣果などを、アップしたいと思っています、

既に期日前投票を済ませています、

あぁ~
ナニが正しくて、ナニが正しくないのかですが、時代と共にあるのですよね、

なんぼ自分は正しい、と、自信があっても…
周囲の者らの多くが、それは間違いだと考えるなら、
自分は間違っている、と、しなければならん、

正義は➝多数に従わざるを得ない

今日は国政の在り方が問われる衆院選挙日、
明日未明には、今後、正義だとすべきアレコレの基盤が判明する、

が、この新たな正義の基盤は、わが国内のことだけであって、
早い話が、
隣国の韓国や中国から観れば、とてもじゃないが正義だとは認め得ないものだと思う、

国防意識が高まっていますよね、
竹島や尖閣は、その最先端にあって、コレを侵されたら、もう後はなし崩しに滅茶苦茶になるような気がしますが、
そうじゃなく、もうすこし分厚く考えたいですね、分厚い正義に添っていたい、
決して竹島や尖閣を軽んじるってことではないですよ、
が、が、コレを侵されたら、もう両手を挙げてギプアップでは情けないじゃないですか、
要は日本の文化を守ること、これが一番大切だと思いますがねぇ~、

14日に“尖閣は日米安保の対象だよ”と、米国国務省の報道官が中国に直接伝えたとか、
今は、このひと言が、日本を護っているような気がしないでもない、
なさけないですなぁ~、

米国、言いたくはないが、かつて日本本土を、都会を、無差別爆撃し、原子爆弾を2発も一般市民の頭上に投下した国ですわ…

日本の文化も、時代の流れと共にある、
グローバルな時代だ、
どの方向へ動こうとしているのでしょうね、

これから、どうしたらエエの???
もうしばらく生きていても、よろしいでしょうか???

| | コメント (2)
|

2012年12月15日 (土)

ナマコ 2

“海鼠”と書いてナマコ、海のネズミ、
顔もお尻もわからんが、口と肛門はある、
海底にゴロリと寝そべっている、油断、油断で…、
が、普通の人には、ナンボ注意深く海底を見たって見つけられないと思う、一応保護色をしていますしね、
泳ぐじゃなく這うのだと思うが、意外と移動速度は速い、
見つけたら、柄のなが~い磯タモで掬い捕ります、

赤・青・黒の3種がある、赤ナマコが最上等、黒が次、青は次の次の順、
冬至の頃が一番おいしい、あぁ、夏は冬眠じゃなく夏眠するらしい、

煮たり、蒸したり、焼いたり、刻んで二杯酢に漬けたり、
わたしは、刻んで二杯酢に漬けます、酢を多めにしてほんの少し塩を加える、酒の肴にピッタシです、

ナマコの数え方ですが、俵(たわら)って言うらしいです、
昨日5俵捕った、3俵が赤、と、青・黒でした、
刻んで、ごちゃ混ぜにして、二杯酢に漬けてある、

明日はまた捕ろうと思っていますがね、昨日捕りそこなった2俵が、あそこを動いて居なければ捕れると思う、
が、上述しましたように、あんがい移動速度が速いのだ、どの辺りまで移動していますかねぇ~、

わたしは、雰囲気で“あぁ~この辺りに居るな”ってわかるから、その辺り居たらほとんど瞬間的に見つけますよ、が、普通の人にはデッタイ発見は無理だと思う、

日か短くなりましたね、しょぼしょぼ雨が降っています、
未だ午後4時ですが、すっかり夕方気分、
これから、ナマコを肴に焼酎でも舐めようかと思う、
ナニセ今日もわたしは午前3時前の起床ですからね、
体調は、普通のお方の夕刻10時前後になっとるのだ、

| | コメント (0)
|

ナマコ

“初めてナマコを食べた人の胆力には…”
の、言葉の原典は
➝夏目漱石の小説『吾輩は猫である』にあるらしい、
で、そのくだりを探しました、

(この作業、なかなか大変だったのですよ、なにせ『吾輩は猫である』は大作ですからねぇ~、でも、なんとか見つけ得ました、以下のとおりです)

教師の苦沙弥(くしゃみ)先生のところに猫が1匹居候していて、“コレが吾輩は猫である”の猫で、この猫がこの小説を綴っているって趣向にナットる作品ですがね、夏目漱石の処女作でもあるようですよ、
漱石は言うています、
「趣向もなく、構造もなく、尾頭の心もとなき海鼠(なまこ)のような文章であるから、たといこの1巻で消えてなくなったところで、いっこうに差支えない」と、

ハハァ~ン、『吾輩は猫である』の著述にとりかかった当初から、漱石の頭にはナマコがあったのだな!!!

ウヌッ!!!
ヒョットシタラ、このスタンスは、まさにこの波平ブログの寄って立つところそのものじゃないのかい!!!!
…ってな気持ちになって、

で、“初めてナマコを食べた人物の…”のくだりを探そうと思ったのですわ、

必死に再読です、
ありました、ありました、後半を少し過ぎたところに、あった、

苦沙弥先生へ郵便が届きましてね、その郵便のなかにこのクダリが書かれていた、
郵便の差出人は、巣鴨に収容されている天道公平(精神病)からのものだった、
抜粋しますね、
「…始めて海鼠(なまこ)を食い出せる人は其胆力に於いて敬すべく、始めて河豚(ふぐ)を喫(きつ)せる漢(おとこ)は其勇気に於いて重んずべし、海鼠を食らえるものは親鸞の再来にして、河豚を喫せるものは日蓮の分身なり、苦沙弥先生の如きに至っては只干瓢の酢味噌を知るのみ、干瓢の酢味噌を食って天下の士たるものは、われ未だ之を見ず…」

ようやく、原典へたどり着いたわけですが、弾みってことがありますから、さらに再読を進めましたらね、またまた、狂人・天道公平のことに触れたくだりが出てきた、
ついつい釣られて読み進みます、
あぁ~、この作品『吾輩は猫である』は明治37年(百八年前)に書かれた小説ですぜ、
が、まさに今現在の世相がそのまま当てはまりますからビックリです、

この自称・天道公平のことを、苦沙弥先生と先生宅に訪れた来た友人・迷亭氏とが話している
「…世人が迷っているからぜひ救ってやりたいというので、むやみに友人や何かへ手紙をだすんだね…」
中略
「…気狂いになっても食意地だけは依然として存しているものと見えて、毎回必ず食物の事が書いてあるから奇妙だ、君の所へも何とか云ってきたろう」
「うん、海鼠のことが書いてある」
おお!!またまたナマコが出て来たぞ!!!!

実は、昨日、マリーナへ愛艇の整備(明日16日のフグ釣り準備)に出掛け、偶然、水路にナマコを発見しましてね、捕って帰りました、ナマコは大好物です、
ナマコは、まさに今が旬でしてね、冬至の頃のナマコは絶品なのですわ、

ナマコの話でした、

| | コメント (0)
|

2012年12月14日 (金)

あぁ~あぁ~~~

わが家周辺はどんどん開けて、もう山里の雰囲気は無くなったですが、やっぱここ(三木市)は田舎なのだなぁ~って思いました、
昨日、ホントひさしぶりに神戸の中心・三宮へ出掛けましてね、人の多さに圧倒された、びっくりした、

光の祭典・“こうべルミナリエ”が真っ最中ですのでね、やたら見物客が押しかけて来ているのだね、
“人ゴミ”ってのは、田舎者には苦手ですわ、

どういうたらええのかな、とにかく疲れます、
常ではない神経がわたしを振りまわす、
あぁ、ボートで沖へ出て何時間波に揺れていても平気ですが、三宮の“人ゴミ波”(雑踏)には負けます、
人の多さにわたし酔ってしまった、

わたしを加えて5名のヅヅイらの忘年会だったのですが、わたし以外の者らはいつもの顔だったです、
全員同年代のズズイなのだが、皆さん、時々は三宮へ出てきたりしているのだと思う、
中のひとりは、住まいが三宮の街の中なのだし…

場末の雰囲気ムンムンの、JPガード下の某飲み屋での忘年会でした、
スッゴク賑やかな店で、四六時中大声が飛び交っていた、
ナニかを注文すると、注文受けた若い衆がその場から厨房へ大声で“○○・5名様ぁ~”って、注文を叫ぶ、
と、向こう側から復唱の叫び声が還ってくる、
怒涛の中での忘年会、

わたし、常は、静かな環境に住まっていますから、この活性・活性の、怒鳴り声の中での酒はかなわん、
出来るだけ飲まないようにしましたが、それでも仲間らの間ではいちばんたくさん飲んだのかも
気が立って、気が立って…
で、帰宅後、先日獲ってきたナマコを肴に改めて飲み直し、気分を鎮めましたがね、
が、が、今朝起きて、未だ、昨夜の雑踏の傷が癒えていなくて、あぁ~しんどですわ、

中のひとりが、4・5年前から尺八を稽古し始めていましてね、
どうやら近所に尺八を吹くお方が居られて、教わっているらしい、
童謡唱歌がなんとか吹けるレベルにあるらしい、どの程度の力かなぁ~、

そこらじゅうを歩き回ることが趣味にナットる者が居て、
彼の万歩計は集まった時点で既に2万3千歩を示していた、
帰宅時点でキット3万歩くらいにはなるのだと思う、
この彼から、酒の席ではありましたが、わたしはボロクソに言われてしもうた、

歳をとると、どうしても我が強くなるのですよね、
どうやら、その筆頭がわたし・波平らしい、
コレ、どうやらこの日集まった者らの共通認識だったですわ、で、攻撃、攻撃です、
みなさん、わたしには耳に痛いことをズケズケ言うていたですなぁ~、
言われたことは、いちいち納得のことでもありますのでね、わたし、とても応戦不可能ですわ、
ふんわりした気分にはデンデンなれんかった、
とてもシンドかった、

わたしは、もう、街には出ないで、三木の田舎に引っ込んでいた方がエエのだと思う、
ときどき、沖へ魚釣りに出ながら…
自宅仏間で、尺八を独りでボソボソ吹いているだけにした方がエエみたい、
あぁ~、

面と向かって、小言を言うてくれる友がある、本気で叱りつけてくれる友がある、
嬉しいですがね…
やっぱ、耳には痛くて、痛くて…耐え難くもある、
あぁ~あぁ~~~

| | コメント (4)
|

2012年12月13日 (木)

老人らの心

年末用クリスマスバージョン・プログラムを創っていましてね、
全24曲をひとつのファイルに納め、そのまま順に吹いてゆけば“今虚無僧”がデケルようにしてあります、
が、この特別プログラムも、22日(土)の某小規模通所デイサービス訪問でお終いだ、

「冬の夜」「雪の降る町を」「ゆりがごの唄」「雪」…「貝殻節」「草津節」「黒田節」…「ああ人生に涙あり」…
そして「ジングルベル」「きよしこの夜」ですわ、
全・1時間半の興行(??)になります、
が、施設ごとに個性がありますのでね、
この曲群のなかから適宜取捨選択し、正味約1時間の組み合わせにして吹いていますです、

パソコンファイルに納めたこの上述曲群にはそれぞれに、
尺八譜・歌詞・カラオケ音源の三つがセットになって入れてあって、
プロジェクターからスクリーンへの歌詞投影、と、音響機器を経てのカラオケ音源に合わせての吹奏が可能です、
が、わたしは、カラオケ音源をこの度も使わなかった、
尺八1本だけの素吹きでの対応です、

老人らの様子をうかがいながらですが、
数か所で、明暗古典本曲を、上述曲群の中へ紛れこませました、
「調子」「吾妻獅子」「紫鈴慕」です、この三つをすべて吹くわけじゃない、ひとつだけが、多くて二つまで、

古典本曲を吹くのは、老人たちを、子供還りしたオイボレあつかいしたくない気持ちが強いからですわ、
真正面から老人と向き合う時、童謡唱歌ばっかし吹くことに、“逃げ”を感じてしまうのです、

が、上述の年末用クリスマスバージョンには、明暗古典本曲は入れていません、
コレ(明暗古典本曲)を吹きますとね、童謡唱歌でフワ~とした感じが、雰囲気が、ズドーンと深くなります、
老人らの目の色が変わるのを感じます、いきなり別次元の世界になる、
“ヤッパ吹くのは止めておくべきだった…”って、思ったりする、
が、極まれにですが、もうこれで今日の尺八は終えましょう、の、時になって…
「あの昔の曲も聴かせて…」の、リクエストがあったりする
が、が、このリクエストは、残念ながら介護職員の方達からバッカシだ、
未だ、老人から明暗古典本曲のリクエスト貰ったことが無いのですよねぇ~

なぜなのでしょう???
吹いていて、印象としては、“老人らの心に入り得たのかなって”ことが確かにあるのだが…

老人らの心には、“触ったり、覗きこんだりしたらダメ”って部分があるってことかなぁ~、
と、思ったり

わたし???
ぜんぶ、さらけ出してしまっているじゃないですか、
変なヅヅイですなぁ~

今日は、昔の仲間らとの忘年会ですわ、
ダァ~レも、わたしの尺八なんぞ聴いてくれませんわ、
聴いてほしい気持ちもデンデン無いしね…

| | コメント (0)
|

2012年12月12日 (水)

鳴らしまへんのや

あっという間に12月も半ばに差し掛かった、残り半分をどう過ごしましょうかねぇ~、
“今虚無僧”も、あと1回(22日)を残すだけ、

昨日は、認知症専門の小規模通所デイケアへ伺ったのですが、訪れたのは5か月ぶりだった、
みなさん、この5か月の間に、だいぶ認知症が進んでおられるような印象を受けました、
見覚えのある方々ばっかしなのだが、どなたもわたしを初対面だと思っておられる、

尺八を吹きつつ、アレコレのお話をします、
わたしから話しかけることもありますが、概ね、老人らからの話し掛けに応じることになる、
今、話したばかりのことを、話した瞬間にもうお忘れにナットって、同じ話の繰り返しバッカシですがね、幾度も、幾度もです、
話し掛けられたら、その都度都度に、はじめて話を聞いたような感じで応対します、幾度も、幾度も…

「家の前に尺八が置いてあって、むつかしい、むつかしい、鳴らしまへんのや、ぜんぜん鳴りまへん、尺八はむつかしいですなぁ~」
と、90過ぎのジイサン、
未だ足腰はシッカリしていて、世話好きなお方で、わたしの“今虚無僧”用に持ち込む諸道具の運搬をお手伝いしてくださいます、
介護職員へ向かって
「先生(わたしのこと)のお手伝いして差し上げないと…」と、指導(?)なさったりする、
と、職員が、“そうだった…”って感じでお手伝いしてくださる…、
とてもボケ老人って感じない、極々普通の愛想良い老人だ、
が、「家の前に尺八が置いてあって、むつかしい、むつかしい、鳴らしまへんのや…」の繰り返し、
幾度、この話に尽きあったことか…
話の内容も、まるで脈絡が取れていなくて…、
思うに、昔、住んでおられたご近所に尺八を吹くお方が居られたようでしてね、そのお家へ伺った際、居間にでも尺八が置いてあったのだね、で、触らせてもらって吹いたことがあって…
と、この辺りを、グシャット縮めた話になっとるのかな

が、が、童謡唱歌や、あれこれの昔の流行歌は、コレがまた不思議に覚えておられて、
あぁ~、人生ですなぁ~、

昨日は、充分休養し、昼寝もした後に、伺いましたのでね、竹の調子もまぁまぁの上出来だった、
今年の“今虚無僧”も、あと1回を残すのみですわ、

あぁ、今日はこれから、妹のダンナと、フグ釣りに出ます、

| | コメント (0)
|

2012年12月11日 (火)

そら行けホイホイ

寒くなりましたねぇ~、
今、朝・5時15分、3時頃から灯油暖房器を点けていますが、室温は12℃、

昨日訪れた老人施設2か所(特養・グループホーム)の室温は24℃でした、
4時間も“今虚無僧”したが、後半体調が崩れて難儀だった、
室温がわたしには高すぎた!!!

老人施設の室温管理基準はどうナットるのでしょう???
一般病院なら、若い人から~年寄りまで居ますよね、
が、老人施設は老人バッカシ、若い衆らよりほんの少し室温は高い方がエエかも、
が、それって何度くらいのことになるのかな???

ネット検索してみたら、施設ごとに、考えがマチマチのようですな、
概ね、24~28℃ってところかな、
わたし、これって高すぎると思いますわ、
せいぜい22℃程度までにしておいた方がエエように思う、

今日も老人施設へ出掛けますがね、暑過ぎないか心配です、

長年の習性で、老人らは冬のこの時期には➝コレ着るのだってことで、冬用の綿入り丹前を着込んだりするじゃないですか、
が、施設では、やたら室温が高いよ、カァ~の温度だよ、
で、冬の厚着で➝ダウン・ダウン
あの世へ、あの世へ、そら行けホイホイだ

“老人福祉施設”って言いますよね、
特養施設や、デイケアサービスセンターや、グループホームなど等のことですがね、
が、コレは産業なのですわ、成長が見込まれる、商売になる産業、商売、商売、商売…、
回転率をあげろ!!!
野田氏が盛んに言うているじゃないですか、ここに商機があると、雇用も増やせるし…って、

ナニが福祉なんぞであるものか!!!

わたし、ナニに腹立てているのかな???
あぁ~、暖房の効き過ぎに腹を、立てているのだった、

| | コメント (2)
|

2012年12月10日 (月)

柄でもないと思うが…

今風の虚無僧活動だという意で“今虚無僧”を名乗って
➝老人(福祉)施設へ“尺八吹奏ボランティア”に出掛けているわけですが、
想いが、いまだに右往左往するのですよね、
“今虚無僧”の心構えのことです、

ひと口に“老人(福祉)施設へ”と言うても、人生の荒波を乗り切ってきた“海千山千の者ら”が集う場所です、
ひっくるめて、こうだ、あぁだって、ことにはならん、
ジイチャンも、バァチャンも、色気から離れ、枯れ切っているのか???
とんでもない!!!
枯れ切ってなんぞいないです、

若い頃の衝動的なというか、身体の方が先走りし、互いに求め合うって感じはさすがに無くなっている、
が、感情はむしろ深まっていて、コレが、“生きている”ってことかなって思ったりします、
が、あまり深刻に考えるとスカを喰らう、
老人は、呆けて、忘れ、忘れ、の、なかでもある、

昨日もそうでした、
今日も、明日も、“今虚無僧”の予定です、

あぁ、
昨日は未だシッカリした老人が多い有料の入居型施設だった、
明暗の古典本曲を少し吹いたりしたが、やっぱ好まれないなぁ~、
遊び感覚で集ってきたなかで古典の線香臭いのを吹いてもダメだ、やめましょう、

顔なじみのバァサンが、帰り際に
「ジングルベルが聴きたかった…」
と、言うた、柄でもないと思うが、そんなものでしょうかねぇ~
今日・明日は、ソレやアレやを、吹いてみようかと思っとる…

夜明けが遅くなりましたなぁ~、
今、朝の5時40分、外は未だ闇の中、
飼い犬・ショウタと朝の散歩済ませたところですが、メッチャ寒かった、

| | コメント (0)
|

2012年12月 9日 (日)

ドンブリ鉢に一杯

昨日は某デイサービスセンターへ“今虚無僧”に出掛ける前の朝9時前に散髪屋へ行きましてね、ウトウトしてこようと思ったのでした、
わたしはいつも早起きで午前3時には起床していますのでね、午前9時前は、世間様の午後2時3時の気分なのです、
で、この散髪屋さんは早朝8時開店だって知っていたのだ、で、で、いちばん客のつもりで出掛けたのでした、

ビックリです、散髪台はデンブ先客で詰まっていました、
年末なのだね、早朝から散髪客がドッと押しかけ、既に順番待ちにナットって、
で、順番が来たら猛スピードでやっつけられちゃった、
散髪されてしもうたって感じ、

散髪代(頭洗い込み)1700円、
お客さんは散髪台に腰掛けているだけですが、散髪職人さんらは専業制にナットって、
バリカン担当・ハサミでカット担当、顔そり担当、襟まわり剃り担当、頭洗い担当…
など等で、次から次へ頭にとりつく職人が交代・交代
散髪台に座ってから店を出るまでの間がナントたったの15分でした、
ウトウトしてこようとの思惑が見事に外れた、

で、帰宅後、釣友のブログを情報取集目的で開き見たら、
“船上荒らしが多発しているぞ!!!”
“艇内にはナニも置かないようにしておかないと、ドロボウにデンブ持って行かれるぞ!!!”
と、書き込んであった、

またまたビックリ仰天、
軽四走らせて、艇・繋留マリーナへ走った、
いつもは、未だ明けやらぬ極早朝時間に走りますからね、早ければ30分ちょいで到着です、
が、昼間は倍の時間が掛かった、
我が艇「はまちどり」は無事でした、
ドロボウだって、安物釣り具は難儀だと思う、ドロボウ気分が盛り上がらんに違いない、
艇内を覗き見ればわかるよ、どれもこれも安物の使い倒し具バッカシだ、
が、問題は、別にあるのですよね、
➝それらの具はわたしにとっては宝物だってこと、
めんどくさいなあぁ~、と、思いつつ、お宝を艇から軽四へ運びだし、自宅へ持ち帰りました、

で、そうだ、そうだ、ついでにナマコも捕ってやろう!!!
艇内に、柄の長が~い磯タモを用意していましてね、ナマコ捕り目的でかねてから用意のタモだよ、
で、ポンツーン(浮桟橋)から、海底を眺め探した、
ナマコは居ないか???
ナマコは居ないか??????

油断ですなぁ~
油断だらけで、海底にゴロロンしている大物を3人発見、
ナマコを何人って呼ぶのは間違いですよね、
ほんとうは、俵(たわら)とか、粒(つぶ)とか、言うらしいですよ、
で、ナマコを、わたし3俵捕りました、逮捕・逮捕
コレがね、偶然にも、青ナマコ・黒ナマコ・赤ナマコだった、

船上荒らしを警戒し、わたし、ナマコ荒らしをしたってことになりますよね、

<余談です>
そんなこんなで、朝っぱらから走り回り、ナマコと格闘し、“今虚無僧”時間に遅れそうになって自宅へ駆け戻り、昼食も摂る時間が無くて、そのままデイサービスセンターへ駆けつけました、
いつもなら“今虚無僧”前は静養に静養を重ね、体調管理万全で出向きます、
が、昨日はコレが狂った、

で、で、プログラムを咄嗟に変更しましてね、
いちばん得意の明暗古典本曲から始めました、
一休さんの作曲と伝えられている「紫乃曲」を吹いた、
吹く前に、一休さんの講釈をさも知った風に講釈した、
ハイハイ、尺八同業者(?)にこのパホーマンスに長けたお方があるのです、このお方の真似ですわ、
ついで、アレコレの耳慣れた民謡を取り上げた、炭坑節とかソーラン節とか、とか、とか…
非常に大うけでした、ビックリです

こんなあとで、
これをもらってやってほしいと尺八らしきものを包んだものを差し出された老人(バァサン)が居られましてね、
連れ合いが長年吹いていた尺八だが、どうかもらってやって欲しい、と…
シッカリした目です、痴呆老人じゃない、
じゃ、とにかく拝見しましょうと言うと、
「お家へお帰りになってから開けて欲しい」と、懇願なさる、
で、仕方なく、持ち帰りました、
当然ながら施設の責任者へ一声かけ、了解を得たうえで持ち帰ったのですよ、
開けて、またまたビックリですわ、この日はビックリダラケだ、
都山流の1尺8寸と同6寸の2本でした、
失礼だけれど上等品じゃない、2本とも大きく割れていて、もう修復デケル段階じゃない、
まったくのゴミですわ、

難儀ですなぁ~、
わたしの目には、ゴミ以外のナニモノデモない、
が、あのバァサンにとっては、ご主人愛用の尺八で、大切に保管していた宝物なのだ、

わたし、少し時間を置いて、あの老人が、施設からご自宅へお戻りになったろうの時間をはかり、
この尺八を持って施設へ行きました、
責任者へお見せした、で、「どうしたものでしょうね???」って相談した、
「ご迷惑をおかけして申し訳ない、こちらで処分させていただきます」ってことだった、
ヤレヤレですわ、
でも、
あの老人に次回出合った際には、なんとお話ししたものでしょうね???
難儀ですなぁ~

「拝見しました、あの尺八も成仏させてあげましょう、ご主人の元へお届けさせてもらいましたよ」
と、でも、お話ししようかな、
まわりくどいかな???

あぁ、捕ったナマコですけれど、サバイて二杯酢に浸してありますが、ドンブリ鉢に一杯ありますわ、
これだけあれば、当分の間、酒の肴に困ることない、

| | コメント (0)
|

2012年12月 8日 (土)

崖っぷち

“AT-MA2”、これ、マイク・アンプの商品名なのですが…、
ネットの安値でも約5千円もします、
これがあると、プラグイン・パワー方式のコンデンサーマイク(プラグイン・パワーのことを無理解のまま既に購入済・3760円)が、使用デケルようになるそうです、
でも、もうあきらめました、
いままでのやり方(ソニーのICレコーダーの内臓マイク機能を、マイクに代用)で、我慢しようと思います、

師走も半ばになりつつある、
今年は辰年だったのですよね、わたし、昭和15年生まれの辰年ヅヅイです、
アレコレアレコレの薬まみれのなか、尺八吹いて、魚釣りして、ボヤキ・愚痴りまくって、
で、年の暮れですわ…
ときどき崖っぷちだなぁ~、って、自覚、自覚です

老人施設へ“今虚無僧”するようになって、反射的利益とでもいうのでしょうか、自分で体調管理に随分気を遣うようになりました、風邪気味にでもなったら咳が出たりしてもう施設へ尺八吹きに出かけることがデケンですからネ、
飲みすぎたり、沖で魚釣りに夢中になり過ぎたりしたら、身体が疲れて、尺八がシッカリとは吹けなくなる、
尺八ってのは、実に体調がそのまま音に出るのですわ、
で、再々、自分の老化具合を➝自覚・自覚になる、

バッチィイ話で恐縮ですが、オシッコに困っていましてね、突然フイに尿意が沸騰し我慢デケンようになる、
バスに1時間乗ることが既に苦痛です、
“今虚無僧”で1時間半吹き続けることがもう無理になりつつある、
来年は、老人専用のオモラシ対応下着をつけて、“今虚無僧”に挑戦ってことになりそうな気がする、

喉が渇くと、尺八が吹けません、で、充分に水分摂って出かけると➝オシッコ頻繁で困る、
適度、適度、の水分摂取が難しく、今は、水分はむしろ控えめにし“スーパーミント喉飴”をしゃぶりながら吹いたりしている、

立奏です、長時間直立していると、持病に応える、
非常につらいのです、ソケイヘルニア(脱腸)ですわ、立って居るだけでメッチャ疲れます、

視力の衰え、コレ、いかんともし難いですな、自宅のパソコン脇に大きな拡大鏡を置いています、
パソコン文字はソフト拡大して読みますが、画面に映出させた尺八譜面もソフト拡大したら読めますが、
が、尺八吹きながらの譜面の拡大操作は不可能、
“今虚無僧”では、パソコンに譜面を出して吹きますがね…ダンダン譜面が見えなくなってきた、

聴力ですがね、以前わたし突発性難聴で、なぁ~んも聴こえなくなったことがありましてね、
治ったのですが、元にまでは回復しなかった、
コレへくわえて歳相応の劣化だ、自分では自覚ないのだが、相当に耳が遠いようですよ、
“今虚無僧”では、マイクやスピーカーも使うわけですが、会場にどの程度の音になって流れているのか、実はわたしよくわかってはいないのです、

幸い、気力だけは未だ少し残っていますのでね、来年も頑張るつもりですよ、
が、崖っぷちだなぁ~、って、思うのですよね、


今日は約50分間の“今虚無僧”です、
これくらいなら、そう構えて掛からんでもデェ~ジョウブですだ!!!
その前に、散髪屋ですこし休んでから出掛けようと思う、
散髪屋ってのは、頭や顔をいじくり回されるのだが、が、妙に心地よくウトウトでけたりしますよね、

| | コメント (0)
|

2012年12月 7日 (金)

泣けて、く~る~~~♪♪♪~~~~

あぁ~なんということだ!!!
大失敗です!!!!

わたし、ノートパソコンを2台持っていて、
書斎(居間の片隅)で使うのは➝ウインドーズ7
“今虚無僧”で持ち歩くのは ➝ウインドーズXP

書斎の、ウインドーズ7のマイク突っ込み穴は➝プラグイン・パワーに対応です
が、
“今虚無僧”で持ち歩くウインドーズXPのマイク穴は、✕✕✕プラグイン・パワーに対応していなかった、
そして、
BOSE(自慢の高性能アンプ付小型スピーカー)も、✕✕✕プラグイン・パワー否対応、

商品が届いて、で、セットしてから、以上のことがわかりました、

わたし、二つのことをコンガラガッテ理解していた、
1、 ダイナミック型マイクは電源なしに作動しますのでね、このダイナミックマイクが使える(を受け付ける)端子(マイク突っ込み穴)は、すなわちプラグイン・パワーになっとるのだ、と、早合点していた、
2、 ハソコンのマイク穴は、皆、プラグイン・パワーになっとるのだ、と、早合点していた、

ネット購入品です、不良商品じゃない、“プラグイン・パワー”の理解が足らんかったのはわたしの責任、
で、返品不可能、
もし、コレを無理やり使用するとなら、➝電源を送れるアンプを購入せなならん、となら、更に6・7千円が必要、
あぁ~やんぬるかな!!!

対策ですが、
書斎で使っている“ウインドーズ7”を“今虚無僧”で持ち歩くようにすれば、ほぼ万事OKです、
が、やっぱ、ダメだ、
実は、旧式のウインドーズXPの方が、デスプレイ画面が縦長で、で、映出譜面が読み易いのだ、
と、さらに難儀は、
ハソコンに収めてあるカラオケ音源を鳴らし聴きながら、コレに合わせて尺八吹く際、パソコン内部での音源処理に要する時間が、カラオケ音と、マイクからの尺八音では違うようで、タイミングにズレが生じるのですわ、

で、今までは、このタイミングのズレを避けるため、
➝尺八音は、パソコンを経由させず、ダイレクトにBOSE(スピーカー)へ送っていた、
が、が、上に述べましたように、BOSEはプラグイン・パワーのマイクに否対応だ、受け付けない!!!
これじゃ、どうにもならん!!!!

撤退です、
今までの方式を続けるしかない、
最後の手段として、今、マイクとして代用使用しているICレコーダーは、プラグイン・パワーで、外付けマイクを受け付ける機能を持っていますのでね、
で、ICレコーダーに、今回新規購入のマイクを噛ませ、ICレコーダーのイヤホン穴から➝BOSEへステレオコードで引っぱることが可能です、で、試しました、
が、今回購入のマイクより、ICレコーダー内臓マイクの方が高性能な音でした、なら、わざわざ、別のマイクを噛ませる価値が無い、
あぁ~あ

<ご参考までに、今までの方式とは…>
ソニーのICレコーダーを録音モードに設定し➝コレへ尺八を吹きかけ➝ICレコーダーのイヤホン穴から➝BOSEへステレオコードで尺八音を誘導していました、
パソコン内にあるカラオケ音源は、パソコンのイヤホン穴から上述とは別ルートでBOSEへつないでいました、BOSEは2系統のステレオ端子受け入れがデケルようになっとったのでね、
で、で、タイミングのヅレから逃れていました、

いままでのこの方式で難儀だったのは、
ICレコーダーをずっと録音モードにしておかねばならんことです、
ICレコーダーにはめ込んだ電池の電池切れがありましてね、コレが意外と早い、と、時々録音を消去しつつの使用になる、コレがやたら面倒だ、
と、と、他にもイロイロな不都合がありましてね…
あぁ~~難儀だ、難儀だ、

泣けて、く~る~~~♪♪♪~~~~

| | コメント (0)
|

かも、かも、かも…

ネットでの選挙運動を禁じるのは間違っている、と、橋下氏が盛んにツイッターしておられる、

わたし、橋下氏の主張は正しいと思います、
確かに、ネットでの選挙運動を禁じるのは間違っている、
…と、わたし(波平)も思います、

が、が、しかし、そう思うのは、わたしもまたある種・ネット派だからなのですよね、

が、が、が…、
議員先生方は、特に高齢議員先生らは、ひょっとしたら、パソコン音痴かも、
一方、橋下氏は、ツイッターの大ベテラン、
不公平ですよね、
橋下氏の主張は正しい、が、その主張を通すと、不公平が生じるかもね、

氏はまた、
“ネットでの選挙運動を禁じておきながら、政策論も何もない政党のテレビCM を税金で流しているじゃないか”
政党交付金をもらっている政党のテレビCMは、
➝禁じたらどうや、税金使ってこんなことを許すは間違いだろう、って言う、
コレも、わたしは正しいと思う、

が、が、しかし…
政党のテレビCMが、税金(政党交付金)で支払われたかどうかは、お札に色が付けられて入るわけじゃないからわからないし、仮に、このような用途には使ってはならんとしたところで、やっぱ“政党のテレビCM”は実施されるだろうし、で、それへ充てた代金の穴埋めに政党交付金が使われたりしたら、“ナニやっとるのや”ってことになる、

要は、橋下氏の主張は、いちいち正しいのだが、
が、が、それは氏の論法上の、氏の土俵上のことだけであって、
ほんの少し視野を他へ広げると、馬鹿馬鹿しいようなことを大仰に言いたてているだけのように思えなくもないってこと、
…かもなぁ~、と、思うのだよなぁ~、

この観方、わたしあまり自信が無いですがね、
“かも、かも、印象記”ってレベルですがね
氏に任せたら、
ひょっとしたらヤバイかも、かも、かも…の、気持ちが捨てきれないってこと

それにしても、氏の、頭の回転は超高速ですね、
事業仕訳で、スパコン開発にからんで蓮舫氏が、
「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」
と、言うたのを思い出します、

蓮舫氏は間違ったことを言ってはいない、
まさに、事業仕訳にたずさわる者として真正面から物を申された、
が、世間は、ナンカ変だって思った、
ヤッパ、どこかが間違っている、

野田氏の、命がけの消費税アップは正しい、
が、世間は、ナンカ変だって思った、
ヤッパ、どこかが間違っている、

維新だ、維新だ、ってことで、
ソレ!!第三極だってことで、
また、また、ナンカ変なことが始まっているのかも、かも、かも…


<余談>
ネット発注していたコンデンサー・マイクですけれど、
今朝、受信メールを確認したら、昨夜(23・14)に「…商品を出荷いたしました」を受信していました、
顧客との間の、発注以来時々刻々の、この緻密なコンタクト、これが生きてあるかぎり、我が国は大丈夫なような気がする、

| | コメント (0)
|

2012年12月 6日 (木)

あぁ~~~

一昨日ネット発注した小型コンデンサーマイクですけれど、今週末にはわが家に届くかもらしい、

受注後10日以内にお届けデレルとの当初案内の中だから、今週末に届くとなら、ありがたい、楽しみにして待っている、
このネット業者は、発注を受け付けてから➝商品を手配し➝自社へ納品後➝顧客への発送手続きをとるらしい、
特に店舗を構えなくても、商売デケル方式ですよね、
で、顧客へはメールで、今現在どの状況下にあるかの連絡を入れてくる、
けっこうこれがうれしいじゃないですか、なんとなく安心するし…

ネット業者のなかには、商品は、原則翌日中に届けるとしているのもある、
商品価格が少し高くなっとるし、配送代金が別に請求される仕組みがほとんどだ、
信頼度からすると、価格が高くなる分、こちらの方が上のような気がする、

が、わたしは、ひたすら“安く購入”の上段業者を選んだ、
大丈夫やろか????
3,760円の賭けだ
高々3千円ポチポチで…、なんと、大仰な物言いだこと

実は、近隣の家電スーパーをめぐり歩き、同等商品をアレコレを調べまわったのだが…
大型店には、隣接して宝クジ売り場があるのですよね、
で、わたし、たびたび200円でコスリクジ1枚買って、あわよくば当ててやろうと、
で、それで…狙いのマイクを手に入れようと…

あぁ~、スカばっかしだよ!!!
元金デンブすってしまうかもかも…じゃないですか、
ヤバイ!!!
で、今回のネット購入実行へとなった、

ネッ、ホントは随分高い物についとるのでっせ、

あぁ~難儀だ!!!!
ついついムキになるからなぁ~、もう1枚、もう1枚なんて
あぁ~、あぁ~~~

| | コメント (2)
|

2012年12月 5日 (水)

元気に越年

監視カメラを取り付けようかと思っています、嫌な世の中になりましたね、

玄関前の道を隔てたわが家の小さな畑に、大きな古タイヤを12本も積み上げ捨てた不埒な者が居ましてね、
夜中のことですわ、まったく気が付かなかった、
朝起きてビックリですわ!!!
110番し、警察のお世話になった、
「コレは悪質だ!!」って、警察官が言うていた、

大きな古タイヤの処分は経費が掛かるようですね、
で、ポイ捨てしたのだね、選りにもよってわが家の小さな畑に…
市役所へ泣きついてなんとか処分し終えることが出来ました、
市役所の窓口の担当者が、今回ばかりは頼もしく観えました、助けてもらって嬉しかった、
でもね、最初は、「貴方の方の手で処分してください」だったのですよ、

が、わたしを観たら、タイヤを持ち運びデケルような歳には観えなかったようでしてね
「はぁ~、ご高齢のお方でもあるし…、ご自分では無理ですよね…」
と、なった、

古タイヤを不法投棄されてショックだった、
が、ヨボついたズズイだとハンコ押されたようで、これまた大ショック、

つい3日前、老人施設で“今虚無僧”しましたが、職員の方が、わたしのことを、
「お元気ですねぇ~」って、感心したのだよ!!!
で、わたし、職員の方に言うてやりました
「ハイハイ、ココへ来る前の日は必ず静かに自宅で静かァ~に静養し、当日午前中はしばらく横になって、で、とにかく体調を整えるのですよ、たったの1~2時間の本番に丸2日掛かっとるのだよ!!!」って
職員の方がビックリ顔なさっていたなぁ~、
本番終わって、コップに水を1パイ飲ませてもらっただけですがね…

ホント言うと、せめて、軽四から運びだし、運び込む、荷物の運搬だけでも手伝ってほしいのだよなぁ~、
あぁ、この日は、職員の方があきれ顔で手伝ってくださったですがね、

今年もなんとか元気で“今虚無僧”デケタってことだ、
あと年内に5回の予約が入っていますがね、

あぁ~“今虚無僧”専用マイクのネット購入手続きをしました、
3,760円、
プラグインパワー方式の、シッカリした指向性能のある、高音質コンデンサーマイクです、
10日以内に届くそうな、

三木市内にも大型の家電スーパーが3店舗(ジョーシン・ヤマダ電機・ミドリ電化)あるのですが、やはり三木は田舎なのだなぁ~、この種の製品の展示は超少ない、
店回りを幾度もしていたら、もう我慢がデケンようになってしもうた、
新年からは、高音質マイクで、心機一転がんばろうってことですだ、
早く届けば、ジングルベルが高音質マイクの前で吹けるかなぁ~って、思っとる、


| | コメント (2)
|

2012年12月 4日 (火)

暗いトンネル

昔風に言うと“ボタンの掛け違え”でしょうかねぇ~、
中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故ですが…

 設計がまずかった??
 工事がずさん????
 経年劣化に対応の点検・改修に手抜かり?????

イロイロな要因が積み重なってのことだと思いますが、が、
“安全対策に万全を期す”の気構え、これが当初から欠けていた、足らんかったのでは…

足らん気構えの中で、
設計し、工事し、点検・修理してきた…
足らんかったのは
 当初設計の段階からだったのか、
 工事の段階だったのか、
 その後の保守・点検・修理の段階だったのか、
 すべての工程でのことだったのか…

今、わが家の前の広い空き地に耳鼻咽喉科の医院建設工事が始まっていましてね、とても流行っている医院のようで、とてもとても大規模な工事にナットります、
穴を掘って鉄筋を組み上げて、コンクリートを流し込み、…の、段階まで来ています、
わが家から工事の様子が丸見えにナットって、作業員の方々が、考え考えやっとる様子がよくわかります、
最近のこの種の工事は、事前に必要部材をどこかで造り上げ、工程に合わせ順次現場へ搬入し、場所場所へはめ込むようだな、現場に運び込まれた部材を➝間違いなく“ソコへはめ込む”ことが大切、

ある時、現場監督らしき人が、作業員の手を止めさせ、盛んに巻尺で鉄筋の寸法を計り直していた、
“ハハ~ン、ひょっとしたら、はめ込み場所を間違えたかな???”
基礎工事の段階ですわ、ゆっくり、ゆっくり
怠けているわけじゃなさそうだ、確かめ、確かめしつつ、非常にゆっくりゆっくりの工事、
真剣さが伝わります、エエ業者のようだなって思って観ていますがね…

この医院の建設工事に、隣接し、院外薬局の建設工事も始まっていて、
これがわが家のホボ真ん前にあたるのですが…、
この院外薬局は医院建設業者とは別の業者で、こちらは木造家屋になるようだ、
おもしろいですねぇ~、作業員の動きが、雰囲気が違います、ふと目が合うと軽く会釈したりなさる、
掘り過ぎた基礎穴を、少し埋め戻したりしている、勘働きも工程の中に生きているのだろうか…
隣地のわが家の土地では少し野菜などを植えていますがネ、工事で出た畑に使えそうな土がナニゲニわが家の畑の畝に運び込まれていた、隣の畑の様子を見る余裕がある作業員が居るみたいだな、

さて、上段のトンネル天井崩落事故ですが、
今後、又、同様の事故が生じたりしたら大変ですよねぇ~、
全国各地で、同じ形式のトンネルは総点検しているのでしょうね、
が、しかし、キット、どこかで、又、同様の事故は起きるのだろうと思う、
なにせデッタイ安全の原発ですらダウンする、そして、これからだってダウンするかも、…だもんね、

竹友が、今年の春先だったと思うが、トンネル内を車で走行中にパニクリ気分になってしまって、で、トンネル内で車を止めたことがあったようだ、
わたしも、トンネル内ではないが、陽が落ちてライトつけて走行中にナニヤラ変な気分になって瞬時どこを走っているのやらわからんようになったことがある、
以来、車には枯葉マークを付け、ソロソロしか走らないようになったですがね、

要するに、トンネルがなんぼ安全保守に徹しても、
枯葉マークの年寄りが目をシバタタキながら、おっかなビックリ気分で走ったりがありますからね、ヤッパ、事故は起きるでしょうよ、ヤバイですなぁ~、

ワシャ、トンネルに入るのは嫌だ、走り入ったとたんに早く出たい早く出たいと、それバッカで走っとる、
早い話、トンネル内に、お化けモドキのキャラクター人形が置かれていたりしたら、ただそれだけで仰天して、ワシャ事故ると思う、
今後のトンネル内管理には、余程繊細な対策・注意が必要になるでしょうよ、
暗いトンネルが多いからなぁ~、
電気代かぁ~、

| | コメント (0)
|

2012年12月 3日 (月)

姑息な根性

プロフィールの欄をクリックしても正体がわからんお方から友達リクエストいただくのですが…
なぜ自分をお隠しになりますかねぇ~
悪意はないとは思いますが、良くないですなぁ~
わたしビビッテしまって、お友達になり切れないです

ハハァ~ン、お歳を偽っておられるな…とか、女性のふりをしているな…とか、とか、

オレオレ詐欺のまがいを感じることもあったり

エッチがらみの勧誘はもうこらえてほしい、わしゃ、明暗寺の虚無僧ヅヅイでっせ、

超難儀なのは、ごく近隣にお住いのお方かなって思うお方からの友達リクエストです、
同じ町内にお住まいの女性(奥さん)からのような気がする、
どこのバァ~サンなんや???
隠れずに出てこい!!!

と、もう一つの難儀は、出会い系のお方のこと、
お出会いしたいとのお申し出のこと、
わたし隠れたりはしないって言っているわけですけれど…
とは言うても、お出会いしたいとまでは思わんのですよねェ~

散歩がてら車でわが家を探しあててオモロガッテいるお方があってビックリしたがありますわ、
愛艇「はまちどり」の繋留地も、わたし隠すことなく書いたりしますので、こちらもご視察されることがある、
光栄と申しましょうか、こそばゆいと申しましょうか…

過日、伽耶院での野外ライブをやっとった際、四六時中、こそばゆい気持ちに襲われました、
監視されているって感じ、“つけられている”って感じ、
幾度も幾度も伽耶院ライブのことブログったですからね、どんなことやっとるのかって覗き見にお越しになったお方があったのだと思う、

アッハッハ(笑い)けっこうリピーターもあったのでっせ、
吹いていたら、真ん前にお越しになって
「いつもありがとうございます」なんて両手を合わし拝まれてドギマギしたりした、
コレは明らかに度が過ぎますです、
が、あの爺さん田んぼのお方や!!!
って、見覚えのお方が、目が合うと片手をあげて会釈なさったり、こんなのは嬉しですわ、元気が出る、

12月に入って、で、昨日からは、“今虚無僧”を
➝クリスマス・ソング付の“冬季バージョンへ”変更です、
「ホワイトクリスマス」
「ジングルベル」
「きよしこの夜」

あぁ~、
一昨日、ヤフー・オークションに参加の“高音質プラグインパワーの指向性コンデンサーマイク”ですが、
わたし競り負けました、メーカー定価9千円の品物だった、1380円で落せるわけないよなぁ~、
が、なんとか年内にはエエのを新調したいと思っとる、
下手なのは、尺八や音響機器がアカンからだって姑息な根性が、未だに治っておらんのだ、

| | コメント (0)
|

2012年12月 2日 (日)

寒いですなぁ~

寒いです、わたしは朝が超早いからこの寒さは応えます、
電気ヒーターは、今年は未だほんの数回それも短時間しか点けていません、
今朝も点けとらん、電気代が云々だから…
代わりに灯油暖房器を、火力を絞って点火していますがね、寒いですなぁ~、
ふところの話じゃないよ、実際に身体が寒いってことですよ…

あぁ、身体だけじゃない、心も寒い
今朝の冷たぁ~い池田信夫ブログを読んだからかな???
維新の公約・最低賃金制の廃止に絡む話をブログっておられるが、経済学者の傲慢がスケスケだよ、
池田氏ってこんなお方だったのかなぁ~、もうすこし気持ちに温かさが欲しいや、

経済学は四則計算だけの世界かい???
ちょっとした図式を描いて経済動向を予測し➝得意にナットるだけ???
これじゃ、それこそ子供の世界だってことにならないか???

氏は、最低賃金制廃止に噛みついた内田樹氏のブログに牙をむいて攻撃なさっている、
が、内田樹氏の論旨をまるで読み得ておられないような気がする、

それにしても、橋下氏は最低賃金制廃止だなんて、思い切ったことを言いますよね、
彼もまた人間を観る目が傲慢すぎると思う、そこらじゅうの馬鹿どもを殴り倒して、で、子分にしないと気が済まないのかな???
周囲の者らが氏を恐れ、で、で、いつの間にか彼の周囲にはイエスマンだけになって…、

あぁ、北朝鮮がミサイル予告しましたね、
国が疲弊し、国民が餓死するような国らしい、
で、これから酷寒の冬になるわけですが、凍死が怖いよなぁ
このようななかで、どのようにして、残余の力をかき集め、ミサイルに注ぎ込んだのでしょうね、
権力者はホカホカした部屋で御馳走食っているのですよね、
三代目はシッカリ跡目を継いだのだね、
すでに、すでに、4代目も奥様のお腹におめでたらしいじゃないですか、

今朝の日経朝刊に同紙・文化部編集委員松岡氏が明治国家と美術について見開き全2面に論じたのがある、シッカリした検証の元に論じられたもので読みごたえがあった、
が、少しだけ、注文がある、
論旨展開の後に、「…と、ダレソレは分析した」とか「…と、ダレソレは言う」とかのくくりが散見でける、
論旨の普遍さというか、確かさを言うに、この道の専門家の目でもこのようだよってことをそれとなく示すに、この“くくりかた”は非常に効果的だ、
が、わたしは、松岡氏の卓見をそのまま受け入れてもエエと思って読んでいるので、で、この“くくりかた”に不満を覚える、氏の見識は半端じゃない、“くくり方”に工夫が欲しい、


| | コメント (0)
|

2012年12月 1日 (土)

感性に応札、なんのこっちゃ??

高校時代の同級生に林君ってのが居て、カメラに凝っていて、で、とうとう自宅をカメラ博物館にしてしもうた、
次々と新しいカメラが欲しくなって、で、気が付いたら、博物館デケルほどのカメラを買い込んでいたのだね、
彼は突出した優等生だった、わたしは下等生、で、あまり交友がなく薄々しか消息は知らないが、とにかくカメラ・カメラでカメラの「本」などを著したりしている、
買い替えたカメラごとに、そのカメラで写したアレコレを思い出すようだな、未だに新しいカメラを追い掛けているのではないかと思う、デジカメだろうか???

感性の問題なのですよね、生の目で見るのと、写真に写して印画紙に焼き付けて、あるいはデスプレイ画面に映出させて、で、観るのとの違いのことだと思う、
キット、差があるのでしょうね、
感性の上で許せない差があって、なんとか生の目で観たことを写真に撮りたい!!!

すでに亡くなって久しいが、昔、職場の同期に音響設備・機器に超凝った男が居て、とうとう自宅をそのまま音響機器に創り上げたが、それでも我慢ならず、常に真空管をつなぎ合わせたりして、より高性能な音響装置を追い掛けていたのだった、
で、どんな音楽を聴くのかですが、この男は美空ひばりファンで、その音響機器で美空ひばりを聴いて悦に入るのが最大の喜びだった、
幾度も「聴きに来い」って誘われたが、なんかヤバいような気がして、とうとう1度も訪問しないまま、彼はあの世へ行ってしまった、
正義感の強い男だった、その正義感のなかで美空ひばりの歌声を追求し、追求した人生だったのだね、
みごとな人生だったと思いますよ、
感性と、正義感は同種のものじゃないでしょうかねぇ~

わたしは、最近、尺八の音色にこだわっているのですよね、
が、尺八も、音響機器も、そしてナニよりも吹奏技術そのものも…どれもこれも不十分ですわ、
老人施設へ尺八吹奏ボランティアで出掛けて、大広間で、耳の遠くなった老人らの前で吹きますのでね
で、どうしてもマイク・スピーカが必要になって…
それがまた、中途半端な安物機器使用ですのでね
だって、マイクはICレコーダーを録音モードにしてマイク代わりに使用しているのだし
スピーカーはパソコン外付けのデスクトップ型を持ち歩いていて、野外ライブの際は、もう一つ小型スピーカーを追加しますが、音質よりも、音を大きくするが最大の目的での使用です、
が、が、ほんとうは音質のことを大切にしたいのだよなぁ~、

せめてマイクだけでも、ICレコーダーのマイク転用じゃなく、本物のマイクが欲しいなぁ~、
実は、実は、既にマイクは4機持っていましてね、
音をデンデン拾はなくなったのを加えると5機も持って居ますがね、
5機中、3機はボーカルマイクで集音性能が悪くて音楽マイクに適さない、内1機はつぶれている、
4機目は集音性能本位で買ってみた無指向性のコンデンサーマイクで、そこらじゅうの音を拾ってしまって、これまた音楽マイクに適さない、
残りの1機が、上述のICレコーダーで、これをマイクに転用しとるのだ
が、録音モードにしたうえでないとマイク機能が作動しませんのでね、常に録音過剰の状態にナットって、すぐに電池切れになるし、スイッチのオン・オフの際、都度都度に三つものスイッチ操作が必要だ、使い勝手が悪すぎる、

で、たった今、ヤフーオークションに参加です、
“SONY★ECMー719エレクトレット コンデンサーマイクロホン”
に、札を入れました、
応札後、約2時間、未だにわたしが最高値を付けた状態を維持している、応札制限時間は残り17時間、
まずダメだと思う、わたしの付けた安値で落札デケル品物じゃないと思う、
競り合うことになるか???
ダメ、ダメ、競り合ったりしません、ちょっと試しに札入れてみただけ、
わしゃ、マイクロホン買い溜めて、博物館するつもりはない、

| | コメント (2)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »