« さっぱりわからん | トップページ | 久しぶりに音源も、「乙女の祈り」と、「イエスタデイ」も »

2013年2月 3日 (日)

またまた「乙女の祈り」です

「乙女の祈り」の尺八譜、これで完成かと思います、

Img421

ダラダラと尺八譜を見て吹いているだけでは気が付かなかったことが、ピアノ五線譜とにらみ合ってみて、アレコレわかってきました、五線譜の凄さが少しわかってきたってこと、

この「乙女の祈り」の五線譜は、ピアノを弾く際に左右の手を鍵盤上で交差させて弾く譜面にナットるのです、
ト音記号譜から➝へ音記号譜、の譜面に変化する部分があるのです、
へ音記号譜、これは尺八では音域的に吹奏不可能な領域に入ります、
なんとか翻訳して尺八譜にしましたが、これでエエのやろか???…の、思いが残ります、

全曲を完全に尺八譜にすることは、わたしには不可能です、
で、主な部分だけを抽出した譜面でしかありません、
あくまで、わたし波平個人の専用譜面です、
勝手に作譜の箇所が入っていますし、吹奏上の癖を書き込んだりしています、

3連譜・5連譜と、通常の拍子譜との吹き分けが、尺八ではあまり例のないことなので慣れていません、
ぎこちなくてしょうがないです、
ましてやヅヅイの指先では油切れで素早く動かし得ません、加えて、わたしの左手指は生来不自由でしてね、非常に動かし辛いのです、

尺八古典本曲の流れるような吹奏が恋しくて仕方がなくなったです、
洋楽曲と比べると、尺八古典曲は実に無理のない穏やかな流れの曲群だと思います、
オクターブ差の譜が洋楽では多用されている、
が、尺八古典本曲では、洋楽曲ほどの多用は無いように思います、

それにしても、隠居の油断油断の生活は、知らぬ間に注意力を阻害し、ちょっとした事務的な整理ですらデケンようになっていることに、今さらながら気が付きました、
自分でいくら注意しても、注意しても、抜かりが生じています、ビックリです、
ごく簡単な、五線譜➝尺八譜、への採取、これがデケン、不思議と抜かりのルツボにハマってしまう、
隠居の油断の生活ってのは実に恐ろしいですなぁ~、
あぁ、石原慎太郎さんは80歳だそうですね、大丈夫なのかな????

先ずメガネはどこに置いたのか判らんので探しまくる、ここから始めます、
消しゴム、これって四六時中どこかへ散歩にでかけるようだ、
文具類のアレコレ、たとえば定規とか鉛筆とか、とか…、アレコレを探し出すだけですっかり疲れます、

今日は、この曲・「乙女の祈り」を吹いて遊ぼうと思う、
もし、吹き切ることがデケタラ、ここに後刻アップしてみようかと思ったりしています、

今日は日曜日でしたね、節分、豆まきの日だ、
って、ことは、明日は立春、旧暦では正月、
未だ、“見当識”は狂っておらんようだ、

|
|

« さっぱりわからん | トップページ | 久しぶりに音源も、「乙女の祈り」と、「イエスタデイ」も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さっぱりわからん | トップページ | 久しぶりに音源も、「乙女の祈り」と、「イエスタデイ」も »