« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

「花は咲く」「帰れソレントへ」

ひょんなことから、8年前の日本列島周航旅を思い出した、
8年前の今日は八戸から宮古へ三陸海岸沖を走ったのだった、

大震災・大津波がかぶさる、

復興支援歌「花は咲く」を吹いてみた、
もう1曲吹こうと演歌を探すがどれも気に入らない、
イタリアの歌のコレ「帰れソレント」が吹きたくなった、

「花は咲く」

「帰れソレントへ」

| | コメント (0)
|

PM2.5の空???

(昨日の)キス釣りで疲れてしまって、今朝は6時半まで寝ていた、
起きてもエンジンがかからずソファ~にゴロリと寝転んでボヤァ~~~、

7時前に、飼い犬・ショウタを連れてオシッコ散歩、
ショウタの散歩は、玄関出てから、三歩(散歩)、
彼・きわめて内気な性質でしてね、我が家の前を行き来する方たちへ、庭内を駆け回って吠え立てます、
が、庭から外へ出たとたん、急に神妙になり、黙り込みます、足がすくんで歩めなくなる、
数歩は歩く、門の外へ三歩、…わたしの歩幅でってことですがね、
約三歩ほどはトコトコ、で、フリーズ、
「外へ出ると、おとなしいねワンね、可愛いいね、」と、通る方たちから声を掛けられる、
「ハイ、そうなのです、門の外は三歩です、と、わたし、

ショウタを励ましながら、すこし散歩、ほんの数十メートル、
今朝は青空だ、否・くもり空、
ウヌッ、雲があるわけじゃない、ヤッパ青空というべきか…
だのに、太陽がボヤケている、
霧が出ているわけじゃない、コレ、PM2.5の空ではなかろうか???

昨日の沖もこんな感じだった、最初は岸から半マイルほどで釣っていた、が、ガソリン消費を気にしながら3マイルほど沖へ出てみた、と、もう、岸辺がかすんでナァ~ンも見えなくなった、陸地が視界から消えてしまう、
艇を走らせていても、どこを、どちらへ向いて走っているのか、さっぱりわからん、
艇にはGPS連動のプロッターをつけていて不安はない、が、視界がPMで妨げられるのはオモロない、

わたし、数メートル先が濃霧でもうナニも見えないような状況のなかでも、時計と、エンジン回転数と、その時刻の潮流のありようを推し量って、で、ほぼ正確に狙いの場所へピッタリ走行する自信がある、
先年、日本列島1周航海した際は、艇の先端すら見えないような濃霧の中、200マイルほど走った経験がある、このときはGPSと艇に装備のレーダーだけで走った、
濃霧の中初めての港へ入港の際、海図に記載のない外防波堤がいきなりレーダー画面にあらわれてぶち当たる寸前だったことなどがあるが、おおむね自信満々の航海だった、
平成18年だった、記録によると平成18年の6月30日は八戸を立ち宮古マリーナへ着いている、

あぁ、その時の記録を一部抜粋しましょうかねぇ~、
…携帯でブログにライブ発信していた、

<宮古へ・岩手県宮古港06:26>
「6:15分(八戸)出港、晴れ、霧無し、八甲田山が見える、1014Hp(気圧)、水温15度、凪、今日は釣り餌を積んでいる、さぁ行くぞ!、三陸海岸を南下、ノコギリの歯ような海岸線、ギザギザごとに港があるげな」

<三陸沖下る・07:20発信>
「凪、やがて波立ちそうな感じがある、大きなシワ(ウネリ)がある、刺し網ボンテンが多い、右舷(岸)は三陸海岸、朝日の中黒々と見える、左舷前方1マイルに釣り船6席発見、近寄ってみよう」

<リリース釣り09:38>
「ソイやアイナメが釣れる、陸から3マイル沖、水深50メートル、ユリ魚探にかなうものは敵はいない、海底の様子は明明白白、釣っては放し、釣っては放すリリース釣り、アイナメ1尾取り込んで開いて干した、今晩焼いて食う」

あれから、大震災があった、壊滅した、が、復興しつつあるようだ、
また訪れてみたい、が、もう歳だ、どうにもならん、
そうだ、今日の尺八稽古は「花は咲く」を吹こう!!!

| | コメント (0)
|

2014年6月29日 (日)

沖の空気・潮の香り

ほぼ毎日、朝目覚め起きたら、まず沖の状況・ナギ具合を確かめます、
コレです⇒http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/28/6310/28216.html
次いで潮変化状況(転流時刻・潮流の強さ)なども…
で、魚釣りに適した日(海況)だなぁ~となると…
心が騒ぐ、
が、デンデン魚釣りに適した海況ではないとわかると、妙に落ち着く、

今朝の状況ですが、ココロ騒ぎですわ…
沖へ出ても、どうせまたキスを釣るくらいのことだけれど…

明石海峡のど真ん中、そして海峡を少し西側へ出たあたり、は、非常に水深が深くなっとるのです、
急斜面の谷がスド~ンと深く落ち込んでいる、
水深60~8・90mのあたりにマサバが群れているらしい、
頑張れば20尾程度は釣ることが可能だと思う、
が、この水域は潮流が強く、艇をこのマサバの釣れる好ポイントに留めることがデケン、
で、流されてはまた潮上に走り、潮に押されて流されてはまた潮に逆らって潮上ポイントへ駆け上がるり戻り、の、走りまくりの釣りになる、
エンジンぶんぶん回しながら、の、釣りだ、
レギュラー・ガソリンがすごい勢いで減ってゆきます、
わたしの艇は24Ft・140Hp船外機艇だ、船底に牡蠣殻がいっぱいついていて速度が遅い、
もしこの釣り(明石海峡・セメント瀬でのマサバ釣り)をやるなら、ガソリンが約80㍑は必要です
80×165円=13200円
13200÷20尾=660円 …マサバ1尾の値

が、しかし、我が家は、わたしとかみさんの二人だけ、の、年金生活、
こんな釣りがデケルはずがない、
仮に、頑張って、マサバを20尾も捕ったにしても、ソレ、どうしますか!!!

ヤァ~メタ!!!
今日もキス釣りで我慢します、
10尾も釣ればそれで充分、
沖の空気を潮の香りを楽しんできまぁ~す!!!
キス釣りのポイントは港を出たすぐのところだ、安上がりの釣りですだ、
もし、キスらが、わたしをソケンにあつかっても、デンデン釣れなくても、わしゃ別にどうだってことじゃない、
海に浮かんでボヤ~とデケタら、それだけで充分だ、

| | コメント (5)
|

2014年6月28日 (土)

長崎を吹いてみた、

長崎には2度行ったことがある、
最初は中学校の修学旅行、二度目は愛艇「はまちどり」艇で日本一周の際、
二度目の時は、沖から長崎港へくぐり入った、

江戸幕府の鎖国政策でこの港だけがかろうじて外国船を受け入れたのだった、
が、海からこの港を訪れてみると、この港に、帆船で入港するのはとても難しかったろうと思われた、
GPSなど航海器具が無かった時代、どうして港の入口を見つけたのだろう???
ほんと、港へたどり着く航路の難しさは半端じゃなかった、
と、湾が思っていたよりずいぶん小さく感じられ、これまたビックリだった、
港内をウロウロしただけで上陸はしなかった、

長崎を歌った演歌は多い、
どれもこれも、情緒豊かな曲ばかり、わたしはどの曲も大好きだ、

「長崎物語」

「長崎ブルース」

「長崎の鐘」

「長崎は今日も雨だった」

| | コメント (0)
|

会話

施設を訪問し、童謡唱歌中心に尺八吹いてまわっとるわけですが…
曲と曲の間には、けっこういろいろな話をしているのですよね、
話題は特に意識していません、その場その場です、

ボランティア活動を始めたばかりのころは、話しのネタをいろいろ考えました、
が、用意するのが面倒になったのと、何よりもネタにこだわった話は、どうしても不自然になるなぁ~と…
ネタはわたしの場合むしろ無い方がエエ、
とは言いながら、少しは用意しますがね、

ネタ話は「こんなことご存知ですか???」など、の、“教えたろか”式の話になる、
で、話していて、みなさんにわかってもらえたかな???
と、思いつつ話すことになる、
わたし、こう思いつつ話すと、目付きが探るような感じになって、冷たい視線になるのですわ、
ヤバイ!!!
ですよね、

話をすることで“場が盛り上がる”なら話をした方がエエ、
が、変に下手話が長引いたりしたら…
「ゴチャゴチャ言わずに尺八吹かんかい!!!」
と、なります、実際にそうなったことがある、

竹友・河童爺氏の場合は、尺八もお上手なようだ、会話技術が半端じゃなさそうだ、
うらやましいですなぁ~、
昔からの友人(竹友)U氏も話し上手ですわ、
ゆっくり、ホツホツ話すのですが、知らん間に皆を話に引き込んでしまう、
真似がデケンですなぁ~

わたし、最近はボランティアと魚釣り以外は、(付き合いが必要な場へは)どこにも出ないです、
が、ごくまれに呼び出されることがある、
が、集まっても、わたしからアレコレ話すことは無い、みなさんがアレコレ話すのを、しょうもないことバッカよくしゃべるなぁ~、と、思いつつ聴いているだけ、
わたし、話し下手に加えて、聞き下手でもある、コレ自覚しています、
なっとらんですなぁ~、

こんなヅヅイが、尺八持ってボランティア吹奏に出かけ、会場で、いきなり気の利いた話がデケルわけがないよなぁ~、

昨日は、義弟夫婦が我が家に立ち寄った、
長年使っていた普通乗用車を廃車手続きすべく近くへ来たついでだったらしい、
夫婦二人してしゃべりまくって帰って行った、
会話に応じるのは、かみさんだ、わたしは黙っているだけ、

だぁ~れも来ない日がほとんどです、
でも、我が家は結構にぎやかですよ、わたしは空返事だけ、(実のありそうな話は)声は、デンブかみさんの声、
かみさんは、わたしより、飼い犬・ショウタに話しかけている方が、多いと思う、しょっちゅう二人してなんだかんだしゃべっとる、

老後生活、やかましいような、静かなような…

わたしの尺八稽古、スッゴクやかましい…らしい、
が、わたしにはわからん、

| | コメント (3)
|

2014年6月27日 (金)

「美しき天然」「鈴懸の径」「星の流れに」

昨日は、ついついキス釣りに夢中になり疲れたのだと思う、今朝は5時過ぎまで寝ていた、オシッコにも立たずに熟睡でした、
起きて、疲れ取りのためポポンSを1錠服用、

で、グズグズし、あれこれかみさんに言いつかるも、ナマ返事だけでほったらかし…
少し元気が戻ってきたので尺八の稽古、

「美しき天然」

「鈴懸の径」

「星の流れに」

| | コメント (0)
|

活動の場

“今虚無僧”を標榜し、老人(福祉)施設への“尺八吹奏ボランティア”活動をさせてもらっとるわけですが…
未だ自宅で、あるいは地域自治会・老人会などで、自力で頑張る方々へも、対象を広げたいと思っていましてね、で、地域自治会からお声を掛けてもらいたいなぁ~、と、思っとるのです、

が、
A) わたしや、かみさんの通院日は除きたい、検査受診の日も…
B) 場の設営に結構手間取る、諸道具を軽四で運びます、ガソリン代等のことがある、我が家周辺だけに限りたい、

と、なると、あたらな出動要請を受ける余力はほとんど無い、残念だけれど…

介護付きマンションが各所にありますよね、未だ、空き室があって、入居者募集中で、で、すでに入居している方たちからの口コミで、新たな入居者を勧誘でけたら…の、マンションが
“今虚無僧”が、この入居者勧誘の無料広告(PR)に使われとるの???
その某施設、入居の方々は、食事はみなさん食堂でなさるのですが、わたしの出番は食事前の1時間だった、
仲の悪い方々が口喧嘩なさる、きつい言葉で…、
仲裁の声もあって、「先生(わたし)の前で失礼でしょう!!」
などの声もする、
わたしの、尺八吹奏にアレコレの注文や説教がありましてね、
「そんな曲はココでは吹くべきではない」とか、
「ナニナニの曲を吹け」とか、
小銭でやっとった芸人だと、下に見下しておられるのかな、わたしは、1銭も頂戴しておらんよ、
「先生に失礼でしょう!!」の声がだんだんきつくなる…
職員は仲裁には入らない、下手な仲裁はしない方がエエ、
結果、わたしが、原因で、喧嘩、

最近、その施設からの訪問要請はなくなった、
ホッとしています、

よほどのことが無い限り、わたし、訪問要請は受けようと思っている、
が、どこも、それぞれ、いろいろですわ、

○△◇ハイツ・ナニナニ(概ね地名表示)って名のマンションがアチコチにありますよね、
ある人を介して、そのハイツへの訪問要請が届きました、お受けしました、
大丈夫かいな???
実は、ココ、先の施設(上述)のごく近くにあるのですわ、

| | コメント (4)
|

2014年6月26日 (木)

「旅の夜風」「いい日旅立ち」「酒は涙か溜息か」

キス釣りなんてめんどくさいような気がする、勇んで出かけるような釣りじゃない、
が、ぎょうさん釣ったものだ、数えたら80尾釣っていた、

シャワーで汗を流し、ついでに髭も剃り…
焼酎をスポーツ飲料で薄めて飲むとこれがまた美味い、呑みすぎたかな…
ほどほどの酔いに任せて吹いてみた、

「酒は涙か溜息か」は2尺、
「旅の…」「いい日…」は1尺八寸、
どちらも、スッポコポンの地無し延べ竹、

「旅の夜風」

「いい日旅立ち」

「酒は涙か溜息か」

| | コメント (0)
|

ダレに向かって

今、午前4時50分、すでに釣り行きの準備完了、5時には家を出ようと思う、

すぐに出発しようとして、
“そうだ、今朝は未だブログ書いていなかった”と、コレが妙に気になって、パソコン前に座った、
で、コレ書いているわけですが…
わたし、ナニやっとるのだろう???
誰に向かってナニ言おうとしておるのだろう???

ブログを毎日書いていますが…

ダレが読んでくださっているのかサッパリわからんかなで、毎日書いていて、ときにワシャナニやっとるのだろう…と、思うことがある、今日がその気持ちの日、

わたしは、わたしに向かって書いているのだよな、
そう思うことにして、その都度やるせなぁ~い気持ちの中、自分に言い聞かせ、
バカバカしいことだなぁ~と…
でも、こういう毎日なのですよね、わたしの日々は…

これから、釣りに出てみようと思いますが、すぐに帰ってくるかも、
ホントに沖へ出ることになるかどうかも、わからんです、

行きつけのエサ屋のオッサンに(オッサンは客が少なくなってしょげているように思う)、
我が家で採れた野菜・サラダ菜とかジャガイモとか、を、持って行って差し上げたい、と、これが、今朝の釣り行きの目的ですわ、
おっさん、オモロがって、喜んでくれくる、これが、わたし嬉しい、
で、おっさんと、「最近、さっぱりナァ~ンも釣れんのはなんでやろ…」などのバカ話して、で、なお沖へ出てみようの気持ちがあったら、沖へ出るかも、かも、ってこと、

あぁ~5時に5分前になった、
外がしっかりしてきた、夜が明けたようだ、
出かけますわ、

ワシャ、ダレに向かってコレ書いているのやろ???


| | コメント (5)
|

2014年6月25日 (水)

「赤とんぼ」「愛の賛歌」

あいかわらず尺八吹いて遊んでいます、
朝から盛んにホトトギスが鳴いている、幼鳥の巣立ちだろうか、せわしげな鳴き方だ、

播磨灘は凪だと思う、二見人口島付け根にあるエサ屋に電話してみた、
「あぁ、波平や、ナニかエエ情報はないか???」
「無いなぁ~、キスかタコやろ、他のもんはアカン…」
「ほう~かぁ~~、おもろないなぁ~」

どうしましょうかねぇ~
明日の朝、起きた時の気分しだいかな、

「赤とんぼ」

「愛の賛歌」 2尺地無し延べです、あぁ~「ハ」の甲音が不安定だ!!!

| | コメント (0)
|

イタチの最後ッ屁

向後、詭弁を弄する社会になってゆくのかな、だましだましの詐欺社会に…??
ダマしと、ウソ、いいわけの社会…
憲法も都合にあわせて解釈を変えてしまうのだから…

法律も、自治体の条例も、社会の約束事のあれこれも…
これからは、解釈のしかたがたびたび問われることになる、

グリンピースなんぞは、近寄ってきたら、やっつけるのだ、わしゃ、コレは大賛成、
我が国の存続を侵す不逞のやからだ、許せん!!!

我が国領海内で乱獲漁を行う韓国漁船、コレもやっつけたい、
滅茶苦茶な漁をやっとるのは許せん!!!

明らかに我が国領土を侵している国がある、ロシアだ、
隙を見てやっつけたい!!!

これからは、スカッとした反撃がデケテ、気持ちがよろしい、
“攻撃は最良の防御”かっこエエなぁ~、

だいじょうぶかいな???
ヤバイのとちゃうか!!!!!

憲法改正は「総議員の3分の2」の発議により、国民投票に付せられるべきものだ、
が、すべてを、自民と公明だけで、実質憲法改正、
そんなもん、どうにでも解釈変更し、適当に都合つけたる!!!

この世は“契約社会”
まずは神様との契約、キリスト教社会・イスラム社会がコレ、
我が国には、この神様が居ない、我が国は解釈社会、
政権与党に某宗教団体を支持母体にする某党がある、アベチャン神様、神様にヨイショ!!!
ウヌッ、もうひとり確かこの党には神様がいらしたと思うが…

国体維持のため苦し紛れにひねり出した、このたびの政治手法、
コレ、切羽詰まった、イタチの最後ッ屁、
臭いですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2014年6月24日 (火)

「コロラドの月」

仏間を締め切って密室状態にします、尺八稽古音が通りに漏れ出ないように、
シャツ一、下もパンツ1枚で、
アレ吹いたり、コレ吹いたり…
暑いのですよね、どうにかならんでしょうか、

空調???
おっそろしい!!!
そんな贅沢はデケン、アベチャンが年金まだまだ減らせるかも、と、睨んでおる!!!

“ゲェ~国”の歌を吹きました、「コロラドの月」

| | コメント (0)
|

オッサンのヤジ

都議会でのヤジ騒動、ヤジったオッサンが出てきて、謝罪、

石原慎太郎氏の長男・伸晃氏の「最後は金め…」発言、心にもないお詫び行脚、

心のなかでは、“あぁ~バカバカしい”

見え見えだ!!!

ヤケ酒でも呑みますか、

酒飲んで、ボヤキ・愚痴りまくっとるのを、追っかけ取材記者に見つかったりして…

ボロは必ず出ますよ、

自分自身が、ホンキで謝罪していないことを一番よく知っている、
A) 自分はナニも間違ったこと言うとらん、と、思っとる、
B) 世間の方が物事を真正面から観るのを避けている…と、思っとる、

白状しますとね、わたし波平にも、多少この気がありますわ、
特に“最後は金め”のこと
これ以上、この世の中で芯をついた言葉は無いですよね、

アレコレの事情の中、婚期を脱した娘や息子をもつ友人・知人のことを想います、
若者らが結婚し辛い社会になっとる、コレ、間違いないです、
救いは、当の本人らが、意外と平気のようだってことだが…
が、が、親の目はごまかせない、
娘や息子のことで悩む年寄りがホント多いのだ、
娘や息子の行く末が気になって、死にきれない…って、言うとるのだ、

ヤジったオッサンは、女性議員に謝ったそうですね、
謝って、一段落と思っとるのか???
親御さんのお気持ちはどうなのだろう???
ヤジられた女性議員の親御さん、ヤジったオッサンの親御さん、の、両方の親御さんのお気持ちのことですぜ、
どんなお気持ちでことの成り行きを観ておられるのだろう???
やりきれんですなぁ~、

都議会はこの際、解散し、総選挙した方がよくはないか???

今日は、どんな曲を吹いて遊ぼうかなぁ~、
古今東西、愛を、恋を、歌う曲は数知れない、
親は、子らが、愛や恋のなかにくるまれて過ごすことを、心の底から願っておるのだ、
この1事をもってしても、オッサンのヤジは許し難い!!!

| | コメント (0)
|

2014年6月23日 (月)

「りんご追分」

リンゴの花は、5月ゴールデンウイーク頃が見ごろらしい、
ってことは、6月下旬になった今頃は小粒な実が見れるのだろうか、

コレ、吹き終えて、これから夕食を摂る、

今日は、アルゼンチン赤エビを少し買ってきた、
このエビは、東京湾のショウサイ・フグ釣りの餌に使ったりするそうですな、

「りんご追分」

| | コメント (0)
|

「飛鳥鈴慕」「男の純情」

この二曲、古典尺八本曲「飛鳥鈴慕」、と、演歌「男の純情」は、わたしの大好きな曲、
以前は娑婆の雑念・邪念の中で吹いた、最近は、それらのこと忘れつつある、
それじゃダメだ!!!
こんな曲は邪念・雑念のなかでこそ映える曲だよな、
昔を想いつつ吹いたが、どうじゃろか???

「飛鳥鈴慕」

「男の純情」

| | コメント (2)
|

予感 “心のスタップ細胞”

フッとナニか思いつく、
で、“ソレ、やってみようかな”と、想う、
“初心”ですわ、

この“初心”、おおむねすぐ消えてしまう、
が、消えずに残り、結果、人生を差配したりする、

“次心” “次々心” “次々々心” “次々々々心”…もある、
心変わりだ、
が、心の成長かも…

“好き”“嫌い”のことがある、
“初心”云々なんぞより、むしろこちらが大切かも、

70も半ばになって…
わしゃ、ようやく、尺八と魚釣りが好きなのだなぁ~ってわかった、

昨日は、京都・冷泉家28代目当主冷泉為人氏の講演を聴きに出かけた、
聴きたくて出かけたのだが、シンドかった、アレコレの気疲れでとても疲れた、
帰宅後しばらく横になった、

今日からしばらくの間、ナァ~ンも予定の無い日が続く、
幸せだなぁ~、と、思う、

雨も上がって、海は凪ぎ模様に違いない、
が、今日は魚釣りに出るつもりはない、
が、が、キット数日中には魚釣りに出る気力が整い、がんばることになりそうな予感がある、

“予感”、コレ、ある種の“心のスタップ細胞”みたいなものかなって思う、

スタップ細胞は万能で、身体のどの部分にでも変化成長でけるのでしたか???
心(こころ)にも???

| | コメント (0)
|

2014年6月22日 (日)

「吾妻獅子」「千の風になって」

今日は、隣町・稲美町役場コミュニティセンターで、京都冷泉池家当代当主の後援会があって参加させていただいた、
極めて面白かった、気分が少し和風になったような気がする、

帰宅し、お茶飲んで少し休み、
なんとなく、古典尺八本曲吹くに都合がエエような気分があって吹いてみた、
と、似たような感じの五線譜曲も、吹き比べようかと想って…

「吾妻獅子」

「千の風になって」

| | コメント (0)
|

すごい!!!

野球でもサッカーでも、歌手でも、ファンになったり応援したくなったりは、選手のどこかに自分と同じようなところが感じられるからだと思いますがどうなのでしょう???

わたし、ゴルフはデンデンやったことないので、ルールも知らない
で、テレビで、誰それが優勝した、などと大仰に報じられても、ナンジャソレってな感じでデンデン嬉しくも悲しくもない、
選手のみなさん、スカットした感じで芝生を歩いている、わたしとはデンデン共通点が感じられない、

サッカーも、わたし、デンデン興味が無い、
選手のみなさんのなかに、自分と似た感じのお方が居られたら、少しは応援する気にもなるように思うが、わたしとは全く無関係な感じのお方らばっかしだ、
負けて、負けて…、あぁ、負けじゃなく引き分けでしたか…
で、テレビで「もう死ぬ気で頑張るしかない…」などと言うとった、思いつめた目しとった、
なんだか変だ、変な感じ、なにかが狂っとる、こんなことでは勝てんような気がする、
“死ぬ気で頑張る”ですか…、なら、そうしなさいよ、今まではどんな気だったの???

サポーターっていうのですか、やたら騒ぐパホーマンス、ワシャ、デンデンわからん!!!
サポーターってのは、手足のどこかが痛いときに、巻きつけるゴム入り包帯のことですよね、
ピッチ???
ナンジャソレ!!!
チームの名前がこれまたワシャ好かん、

サッカーは球を足で蹴る、バスケットはギクシャク走って敗れ袋に球を投げ込む、と、底の抜けた網だ、球が落ちる、あったりまえだ、あの、球が破れ網から落ちる際にエクスタシイなの???

ワシャ、パチンコも好かん、まるこい物はみな好かん、
大きな球を転がして向こう側に並べた牛乳瓶をひっくり返すボーリング、バカバカしいの突き当りだ、昔、数度やったことがある、自己嫌悪に陥ってしもうた、

それにしても、イチロウはすごい、マー君もすごい、なでしこもすごい、
デンデンわたしとは共通項が無いが、すごいお方はみなさんすごい、
が、ワールドカップの日本のサッカーはすごくない、あの監督は特にすごくない、すげ替えた方がエエと思う、
ゲーム見ていてイライラする、監督の顔が映ったら、TV消したくなる、

わしゃ、サッカーは好かん!!!
切羽詰まって、芝生(ピッチ)で逃げ走るさまだ、オモロイことなんかあるものか!!!
三戦目、観たくもない、負けると思う、選手らは泣きべそかくとおもう、
そうなって初めて、サポーターらは、“アぁ~バカバカしいことやった”と、反省するにきまっとる、わしゃそう想う、
きちっとゴミ拾いして会場を去ってほしい、
この後始末が自然にデケル日本国はすごい!!!
これ、わしゃ、ホンキでそう思う、

| | コメント (2)
|

2014年6月21日 (土)

浜千鳥

A) 「塩の山 さしでの磯にすむ千鳥 君が御代をば八千代とぞ鳴く」
B) 「淡路島 通ふ千鳥の鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守」
この二つA・Bは、箏の名曲「千鳥の曲」の歌詞でもある、

チドリといえば海の浜千鳥、が、上の歌では単に千鳥とだけだ、
A)を今一度読み直すと、“さしでの磯にすむ千鳥”とある、
うぬ、“さしでの磯???”
それ、どこにあるの???
海からはるか離れた山梨県山梨市のほぼど真ん中辺りにあります、ココに流れている川辺が海の磯辺の風情に似ているらしい、コチドリってのが居るらしい、
B)は、瀬戸内海は大阪湾・須磨の海岸の千鳥ですな、歌にそう書いてある、

浜千鳥???
浜千鳥って種の小鳥が居るわけじゃない、水辺・浜辺などにぎょうさん(千羽も…)群れている小鳥ってことで“千鳥”、それが浜にいて浜千鳥、

“はまちどり”は、わたしの愛艇(24Ft中古プレジャーボート)の艇名、
アッハッハ、実はコレが言いたい、

浜千鳥(はまちどり)をうたった歌はぎょうさんあるようですな、
わたしは、愛艇に名をつけるにあたり、紀貫之の「土佐日記」からコレ採りました、出だし冒頭に浜千鳥が酔っぱらって砂浜を千鳥足で踊り歩いている様が書かれている、
(船子らが出立前の祝い酒によって浜辺をふらつくさまを、千鳥が千鳥足で浜辺に遊ぶに見立てた)
で、わしゃ、自分もこのようでありたい、と、想い、艇の名を“はまちどり”にした、

浜千鳥を歌に詠みこんだ和歌はぎょうさんある、
実は、「十六夜日記」(鎌倉時代の紀行文・阿仏尼が書いた)にも、浜千鳥を読み込んだ歌があります、
a) 「あなかしこ 横波かくな浜千鳥 ひとかたならぬ跡を思わば」母・阿仏尼
b) 「迷わまじ 教えざりせば浜千鳥 ひとかたならぬ跡をそれとも」息子・為相(ためすけ)

話せば長くなりますから、はしょりますが…
(「十六夜日記」は三木市・細川町がその昔、藤原道長時代から延々と藤原家の所有地であったのです、すなわち冷泉家の所有地だったってこと、で、この土地の相続争いにからむ話が「十六夜日記」なのですわ)
で、で、ここで言う浜千鳥は息子・藤原為相のことでしてね、
a) b)の意味は
a) “横波かくな浜千鳥”は⇒横道にそれるでないぞ!!!
b) “ひとかたならぬ跡”は⇒お前は(この国の)歌道の家を継ぐべき者であるぞ!!!

藤原道長の子孫です、藤原定家の流れだ、そしてこの為相(ためすけ)こそが、京都冷泉家の始祖なのです、
そして、そして、この子孫、今の世の京都冷泉家の当主氏が、明日、稲美町へお越しになり「冷泉家の歴史と文化」のご講演をされます、冷泉為人氏、
(稲美町は三木市の隣町で、三木市の“細川の荘”があって、この“細川の荘”こそが、冷泉家を財政の面から支え続けた扇の要だったのだ!!!…と、ワシャ思う)

今、NHK大河ドラマで黒田官兵衛が大活躍だ、秀吉の三木城攻めだ、この戦の時、細川の荘は秀吉側だった、で、別所氏(三木城)に攻められで落ちた、細川の荘は藤原惺窩が生まれた館だ、惺窩は藤原性を名乗ったが冷泉の流れです、京都に逃れて我が国の江戸幕府の精神的基礎(儒学)を築いたお方、
冷泉為人氏はこの惺窩の子孫でもある、

明日の氏の講演、わしゃ楽しみにしとるって話ですわ、
話を、ハショリ過ぎたかな???
ナニ言うとるのか、わかっていただけたでしょうか???

| | コメント (0)
|

うめぼし拍子??

ネットで調べました、ごく短い時間を言うに、“瞬時”がある、“刹那”も、
そして、指をはじく間には65刹那あるのだそうな、
了解だ、了解だ!!!

昔のパチンコ台は、ひとつずつ球を台の小穴に押し込め、バーを指で弾いたのだった、
軍艦マーチが鳴っとった、
コレ、ナニか関係あったかな???

「寸刻を争う」という言い方もある、
1寸は約3.03センチ、尺八は1尺8寸、
感じとしてですが、1尺は10分、1寸は1分かな???
なら30分は3尺だ、
ナニの話をしとるのや???

朝から、庭の梅ノ木にとりつき、梅の実採りをしました、
ついでに、伸びすぎた枝を剪定、
“サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカ”って、言いますよね、

約3キロの大粒が採れた、
今年は生りが悪い、いつもならこの5倍は採れるのですぜ…
すべて梅干しになります、姪の子に梅干し大好きな女の子がいる、
我が家自家製の梅干しは超美味いのですぜ!!!

P6210016


| | コメント (0)
|

4拍子半の時間感覚

“拍子”のことを考えています、
4分4、とか、4分3、とかの…ホラ、五線譜の最初のところに書き込まれているいるアレですよ、

音楽の三要素は⇒リズム・メロディ・ハーモニー、
で、昨日は、この三つについて、わたしなりの位置づけをお話しした、

要するに、わたしには、リズム感覚が足らんなぁ~ってこと、
リズム感覚を童謡唱歌や、演歌歌える程度には磨きたい、
しっかり尺八を吹き合わせ得るようになりたい!!!

自分の“ピンボケ・リズム感”を棚に上げて言うのも変ですが…
わたし程度の“リズム・ピンボケ”は、
わたし程度の、前期・後期高齢者にはぎょうさん居られるような気がする、

そもそも…以下少しダラダラした話になりますよ

そもそも、五線譜音楽が日本社会に入ってくるまでの、我が国古来の拍子(リズム)はどうやったんや???
そもそも、我が国には、“秒”感覚があったのか、無かったのか???

“秒”感覚は、無かったようですなぁ~、
2時間が1刻、1時間が半刻、30分が四半時、これでお終い、
コレより細かい分刻みは、原則的には無かったのではないか、
お坊さんが経を読むに、ロウソクがだんだん短くなるのを見計らったり、線香が短くなてくるのを観たりした…

と、こんな感じの中で、神社の神楽や、太鼓や、お囃子や、謡曲や、箏や三味線などなどがあった、
拍子をとるにそれぞれに似合った掛け声などがあった、
「ソレ、チントンシャン…」とか、「テーン・トーン・シャン、シャシャテン・シャシャテン…」とか、
あぁ~、能楽の小鼓、大鼓などは、切羽詰まったような感じで「イヤ~~」とかの黄色い声を出しますよね、これって、西洋人らにはどのように聴こえるのかな???

この能楽、ですが、大体が8調子で進行するようですぜ、
このせいかな、デイサービス・センターでもアレコレが8拍子だ、
老人らに軽い運動を誘導するに、
「ハイ、みなさん、手足を動かしましょう、イチ・ニイ・サン・シ・ゴウ・ロク・シチ・ハチ…」
と、必ず、イチ~ハチの、8拍子です、
日本人は、8拍子には馴染みが深いってこと、

大相撲の太鼓なんぞは日本人のリズムだよなぁ~、神社やお寺の太鼓や笛のリズム、仏前で唱える「ご和讃」のリズム、7・5調で延々と…

ゴチャ・ゴチャ言いましたが…
わしゃ、リズムに乗るのが下手だぁ~、
気短のせいかな、4拍子半の時間感覚が、特に苦手です、

| | コメント (0)
|

2014年6月20日 (金)

芸談???

リズム、メロディー、ハーモニーの音楽三要素ですけれど、2要素で足りるような気がする、
尺八は、二つの音を同時に吹くことはデケン、ハーモニーするなんてデケン、
リズム、メロディー、だけでやっとる、

メロディーより、リズムの方が、より大切だと思う、
リズム > メロディー

が、わしゃ、この“リズム感”に超弱い、
ズルーと間延びしたり、はしょってしまったりする、
カラオケに合わせて、尺八吹きますとね、いつの間にかどこかで狂ってしまう、
脱輪・脱線だ、

わたし、足の親指をシコシコ動かして拍子をとる癖がある、
が、いつ頃からか、足が、特に足の裏が、常時軽くしびれている、いつもナニか踏みつけているような妙な違和感がある、

で、足・親指で拍子とるのはやめて、頭で、脳みそ中で拍子とったろ、と、思う、
が、難儀や!!!
その、脳みそも、だんだんシビレ気味の方向性、

あぁ~、“余談”ですが…
この“方向性”っていう言い方、オモロイね、
“…の、絵を描いてみる”と、似たような言い方もある、
なんだか、妙に音楽的な言葉の遣い方だと思う、

リズムに乗りきる!!!
コレ、波平尺八の前に立ちはだかる巨大な壁!!!

あぁ、余談ながら…余談・その2
某尺八流派の皆さんは、拍子をとるに、尺八を左右にゆすったりなさいますな、尺八に代えて、自分の身体を左右に振りゆするお方もある、

余談はさておき、わたしには、もう一つ、乗り越えるべき、と、いうか、渡りきるべき、と、言うかの難題がある、
“吹き尻”です、波平独特の癖吹きです、かすかに各音の“吹き尻を跳ね上げるクセ”、

上述・左右ゆすりの某流派では、吹き尻のことを音仕舞(おとじまい)などと言って、ある種独特の技法をお使いだ、
わたしの場合とは逆で、音尻をサァ~カス技法(?)で下げおさめられる、
この吹き尻(おさめ吹き)の箇所に差し掛かると、
ヤッタルゼ!!!
って、気分におなりのようだ、それとも垂涎たる心地になるのかな、聴いていて妙に楽しげだ、

か、と、いうて…、わたし、自分の吹き尻の跳ね上げを、吹き下げに、変えたいとは思わん、まっすぐの吹き納めにしたいと思っとる、

昨日、デイサービスセンターで、施設の上級(?)職員さんだと思うが、
「これだけ吹くには、毎日練習が大変でしょ!!!」
と、あきれ顔で話しかけられた、
「(ウヌッ)イヤ、それはナイ、わたしは好きでやっとるから、毎日四六時中吹いてはいますがデンデン大変じゃない」

が、実際は、
リズム、と、吹き尻、が、いつも頭にあってシンドイ、

昨日は、“今虚無僧”の帰路、図書館へ立ち寄って、またまた分厚い文庫本(小説)を借り出してきた、
眼鏡を買い替えた方がエエと思う、

| | コメント (0)
|

2014年6月19日 (木)

「十六夜日記」

今朝はいろいろな想いの中、書棚から茶色く変色した「十六夜日記(學燈文庫)」を取り出し、ゆっくりゆっくり読んでいます、

わたし、40厄歳の時、頻発する狭心痛に悩まされヤバかったことがある、
もうダメかも、と、覚悟し、身辺整理の意味で書棚の「本」を一気に処分し捨てた、
が、ほんの数冊、捨てがたく残ったのがあった、この文庫本「十六夜日記」もそのひとつ、
高校2年の時、とぼしい小遣いで買った「本」、

鎌倉時代中期に元寇(げんこう)の乱ってのがあった、蒙古が2度にわたり日本に襲来した、
「十六夜日記」は、ちょうどこの頃、書かれた紀行文、
京都・冷泉家の始祖・藤原為相の母・阿仏尼がその著者、
息子の為相(ためすけ)へ、為家(阿仏尼の夫)の遺産・播磨の国は細川の荘を相続させようと、夫の先妻の子が横取りするのに異議唱え、鎌倉幕府へ訴え出る旅に出たが、この旅の紀行文が「十六夜日記」、

ながったらしい、前書きでごめんね、
実は、今日は、わしゃ、この細川の荘のデイサービスセンターへ“今虚無僧”するのです、

つい最近できたばかりの施設でしてね、施設運営の職員さんも、利用者のご老人らも、未だ互いに手探り状態の初々しさがうかがえる施設、
わたしの方から、訪問させてください、と、願い出たのです、で、今日は2度目の訪問だ、

想い入れがありましてね、
上に記した「十六夜日記」のことは別にして…
実は今から約60年も昔のことになりますが、父が、この土地の細川中学校の校長で単身赴任していたことあるのです、母とわたし・妹は神戸に住んで、父だけが週1回、神戸自宅帰宅の単身赴任だった、

父は、ここへ赴任の前は
県立航空工業専門学校の公民(当時の社会科?)教師だった、
戦時中は生徒を引率し、明石の川崎重工へ戦闘機のエンジン部品製造に駆り出されていた、
終戦になり、生徒らと学校へ戻り、父は公民授業の教壇に立った、
当時の生徒にわたしの先輩が居られましてね、その方がわたしに言うのです、
「お前のお父ちゃんは、黒板前で、何も話さず泣いとった…」と、
お国のために、天皇陛下のために、お前らは死んで来い!!!」
とでも、言うていたのでしょうか、
ソレが、終戦勅語の一夜を経て、考え方がひっくり返った、

父は、悶々とした気持ちの中、新たな社会科授業に向けて頑張ったようだ、
わたしの先輩が思い出してはアレコレ語ってくれたのです、
憲法の話、民法の話、個人主義の話、考え方などアレコレの話…

細川中学校校長で細川の荘へ単身赴任し、父は、呪縛から解かれたような気分になったのではないかとわたしは思っていましてね、
父は、この細川の旧民家の土蔵めぐりを始めたのです、儒学は父の専門分野だった、
細川の荘は、江戸幕府初期の朱子学者(儒学)藤原惺窩(ふじわらせいか)生誕の地でもあるのです、
藤原道長の流れです、令泉性は名乗らず本姓の藤原を名乗ったが、
藤原惺窩は豊臣秀吉や徳川家康にも儒学を講じたお方、林羅山は彼・藤原惺窩の弟子だ、
父は、藤原惺窩生誕の地へ赴任し、民家の土蔵をめぐり、儒学者・藤原惺窩にかかわる古文書を探し出し、薄い調査資料集をガリ版の手刷りでごく少数部発行しました、
父死亡後、わたし・息子波平の手で、残部を三木市立図書館へ納めさせていただいた、

死亡前、未だ意識があったころ、
「頑張って生きなあかんぞ、まだヤラナなあかんことがあるやろ!!」
と、わたし、この父のガリ版刷の薄い資料集を探し出し、父の枕辺にかざし見せた、
「ほぉ~~、いろんなことをやっとったのやなぁ~」
と、父はつぶやいた、
父とのまともな話はこれが最後になった、

わたし、今日は、“細川の荘(三木市細川町豊地)”のデイサービスセンターで“今虚無僧”します、
施設利用のご老人らに受け入れてほしい!!!
童謡唱歌中心にアレコレ吹きますが、なかに「美しき天然」も吹こうと思っとる、

| | コメント (2)
|

2014年6月18日 (水)

ランキング

この“波平ブログ”ですけれど、毎日けっこう多くのお方にお目通しいただいているようで、ビックリです!!!

“人気ブログランキング”ってのがあって、コレにあてはめると、“波平ブログ”は、なんと全国百位以内に、それも結構高位ランクに入り得るようなのです、
が、閲覧なさったお方が、閲覧後に、ランキング・ボタンをクリックしないとランキング計算しない仕組みになっとる、
なぁ~んだ、またまたくだらんことをホザイテおるわい、と、なら、クリックしないですよね、
まさに、この波平ブログがそれでしょうよ、
お尋ねしますが…
お読みいただいた後、“アぁ~バカバカしい”って気持ちにならんかったこと、ありましたか???

実はね、今朝、この“人気ブログランキング”にエントリー手続きを打ち込んだのですわ、
が、ランキング・ボタンの設置、これがむつかしく途中で嫌になって…、ボタンを設けるのは止めました、
読後の皆さんの印象“アぁ~バカバカしい”が、わたしにはわかっとるからなぁ~、

ついでに、ランキング高位のブログを数編読みました、
どんなことが書いてあるのやろう???

韓国のこと、我が国の政治情勢のこと、が、高位には多い、
集団的自衛権にからむ最近の公明党について、宗教学者がアレコレ書いとるのがあった、これがいちばんオモロかった、
創価学会や、公明党ファンのお方には嫌味な話だとは思いますが…

我が家のご近所にも、創価学会のお方が多いですよ、公明党のポスターがあちこちに貼ってある、
みなさん穏やかなエエ人ばっかしです、お年を召したお方らばっかしだけれど…
四六時中、宗教勧誘の訪問があって、玄関のピンポーンが鳴ります、昨日も鳴ったです、が、キリスト教の勧誘が多い、創価学会からの勧誘なんて1度もない、が、が、周辺はなんだか創価学会だらけみたいな感じがする、どうなっとるのやろ??? みなさん高齢になっていわゆる折伏にまわるのがしんどくなったかな、

ウソかほんとか、わたし、ようわからんが…
創価学会が創(?)った老人(福祉)施設は無いみたいですね、
が、公明党は福祉政策のことでアレコレ言うている…
ようわからんなぁ~~~

アレレ…話が、変な方向に走ってしまったですね、

もう、これ以上言うのは止めましょう、
今日は、“今虚無僧”の日ですわ、

| | コメント (0)
|

2014年6月17日 (火)

「紬の女」「流転」

持病の“ソケイヘルニア(脱調)”の具合がよくないのですわ、立っていると、妙に疲れます、立っているだけで…立って、重たいものを腹に力入れて持ったりはヤバイです、
かかりつけ医に手術治療を願い出たら、
「我慢デケンほど痛いですか??」と、Dr、
「痛くはない、が、疲れやすい、妙に疲れる…」と、わたし、
「ホォ~~、痛くなったら手術しましょう、なるべく手術しない方がよろしい」だった、

で、今日も、散歩で歩き回ることもデケンので、相変わらず尺八吹いている、
「紬の女」の不出来が気になる、吹きなおした、
ついでに「流転」も、この曲の尺八譜・竹友・河童爺どんの最近作、

「紬の女」

「流転」

| | コメント (0)
|

“今虚無僧”用“パソコン補機”完成

ヤレヤレ、ようやく“今虚無僧(※)”用の“パソコン補機”がデケタ、
(※今風の虚無僧活動の意・わたし波平の造語・尺八吹奏ボランティア活動のこと)

(尺八)譜面・歌詞・カラオケ、の、三つを、曲ごとにセットし、ノートパソコン管理しています、
で、このノートパソコンをアチコチ持ち歩く、
使用可能な曲がすでに2千曲を超えている、

持ち歩くのはノートパソコンだけじゃない、
プロジェクター・簡易スクリーン・マイクおよびスピーカー・そのほか場作りに必要な諸諸、

A) パソコンに、プロジェクターを接続し、18インチの簡易移動式スクリーンへ歌詞を映し出す、
B) パソコンに、ボッシュ・ステレオ・スピーカを接続し、パソコン内のカラオケを鳴らす、
C) パソコンとは別系統の配線で、マイクとボッシュ・スピーカを接続する、
D) パソコンデスプレイには、尺八譜・歌詞のサム版・カラオケ音源調整画面・総合管理画面を出している、
で、わしゃ、ひとりですべてを操作しながら、アレコレだべりながら、尺八を吹く、

パワーポイントという、プレゼンテイション用に特化したソフトがある、
これを使って、“今虚無僧”しようかと、当初は思った、
が、このソフトは、独り芝居の“今虚無僧”向きじゃない、
で、“今虚無僧”に特化した、やり方を組み上げたのが、上に簡単に紹介したやり方だ、

施設へはこれらのセットを軽四に積み込んで運び込みます、組み上げるに、約10分ほど掛かるかな、
施設来所の老人らの前での設営です、黙々と組み上げたりは、デッタイダメ!!!
老人らとナニやカヤじゃべくりまくりながらの設営です、このしゃべくりが吹奏にもまして大切だと思っとるからなぁ~、

さて、冒頭に書き出した“パソコン補機”ですが、
つい先日購入した、小型ノートパソのことです、ウインドウズ8.1、小型だが高性能機ですぜ、

この新機に、“今虚無僧”対応の仕組みを埋め込む、これが、思っていたより難儀だった、
なんでや????
恥ずかしながら、“昔組み上げた今虚無僧ソフト”の微細なところを忘れてしまっていて、ソレ思い出すのが超難儀だった、

パソコン1台で、簡易スクリーンへ映出の画面操作もしているのです、2画面操作です、
本体のパソコン・デスプレイにはサム版の歌詞を画面右上に出している、
で、サム版歌詞の右下隅をチョイとクリックすると、その歌詞が、スクリーンへフルスクリーン・モードで映出だ、
カラオケは、曲ごとに、瞬時に、律とテンポが調整デケるようにしてある、
1尺8寸菅では高すぎて歌えないようなら、瞬時にカラオケ音源の律を2律下げ2尺菅に持ち替えて吹いたりする、
次にどの曲を吹くかはパソコン左端に出している総合管理画面を観ながら選んだり探したりします、
わかってもらえるかな???
パソコンには小さな画面が4つ映っているのです、
右側から、総合管理画面・尺八譜面・歌詞・音源管理画面

言うてしまえば、たったこれだけのことですが、事前にこれだけの仕組みを組み込んでおくには、それなりのソフトが必要です、無料のを探してダウンロードするのです、
PDFソフトが中心的な役を担います、通常のソフトに加えて、PDF―XchangeViowerってソフト必要、さらにAcrobat・Readerも…
これらをダウンロードし、それぞれに必要な環境設定を打ち込んで、で、ようやく、スタート台に擦り寄れるってこと、

あぁ、ボッシュのアンプ付スピーカーですが、コレとパソコンとマイク、この関係は非常に難しいです、
マイクで取った尺八吹奏音をパソコンヘ送り込み、パソコン内に収めたカラオケと混ぜて、スピーカへ送りますとね、スピーカーから出る尺八音と、カラオケ音に、微妙な時差が顕れるのです、
で、尺八音はパソコン経由ではなく、別配線でスピーカに繋ぎます、スピーカから出るカラオケを聴きながら直に吹くわけだ、
また、マイクのことですが、わしゃ安物マイクしか持っとらん、
安物マイクでは、尺八音は拾えないですなぁ~、デンデンダメです、高音・低音ですっごい差がデケル、
地無し尺八音には倍音が多い、これが雑音になって入ってしまう、
マイクにはホント苦労します、
今は、ソニーのICレコーダにネットで買ったデジタルステレオマイク(プラグインパワー)を接続し、これに女性のストッキングの敗れ端をかぶせてアン騒音対策とし、で、使っとる、けっこうエエ値だった、


余分なことながら

“童謡唱歌・演歌”は、竹友・河童爺しから到来の物がほとんどです、コレに、わたしが五線譜から採ったのが少しあるって感じかな、
“世界の叙情歌”ジャンルにもわたし興味があって、しゃにむに五線譜から採取の曲が数百ある、が、滅茶苦茶な採譜もあり使えそうなのは2百曲足らず、

常に持ち歩いているのは10年ほど前に買ったXPの分厚いノートパソでしてね、やたら重たいのです、
かさ高くて、重たい、難儀でかなわん、
が、今日設定でけた“今虚無僧”用“パソコン補機”(小型ノートパソ・新機)は、かさが低く嘘みたいに軽い、が、画面が小さい、アァ~、コレも又難儀だぁ~~~、

| | コメント (2)
|

2014年6月16日 (月)

いいね!

誰かさんと向き合って直に話しするのはワシャ苦手だ、途中で言いよどんでしまったりする、
話したいことが、頭の中で出番を争ってコンガラガル、
が、仰山のお方を前に、自分勝手なことをしゃべるのは、これは意外と苦にならん、
と、同様に、書き散らすのもマイペースでデケルから苦にならん、

要するに“ふれあい下手”なヅヅイなのですなぁ~、わたし波平のことですよ、

“ふれあい”のない生活だ、
A) 二週目ごとの医者通い、時たま図書館、理髪店へ、
B) 月に4・5回尺八吹奏ボランティア(近隣の福祉施設)
C) 時に海へ魚釣り、
最近は、かみさんのスーパー買い出しに荷物持ちで付き添う、
たったこれだけ…

かみさんがナニか言うつど、はぁはぁ、ふんふん、の、空返事、
「ナニを言われたのかわかってるの!!!」と、かみさん、
と、又、はぁはぁ、ふんふん、

パソコン前と、尺八稽古、で、日が暮れる、

つい先日から“フェイスブック”に再エントリーした、
窓口はだいぶ以前に開けたのだった、が、使っていなかった、
当ブログを“フェイスブック”に繋いでみようと、ブログ書いた都度つどに、そのことをブログ・アドレス併記でフィスアップすることにした、
“いいね!”が嬉しいですなぁ~、どなたがクリックしてくださったかがわかる、これって究極の“ふれあい”かも、

“フェイスブック”ってナニ??? って、お方、おられますか????
高齢者の遊びにはうってつけですぜ、いっしょにやりましょうや!!!!

あぁ~、昨日いきなり吹いた「紬の女」は出来が悪すぎる、
今日は少し稽古しなおし、吹き改め、アップ音源を入れ替えようと思う、

6月も中旬に入った、

気が付いたら7月になっとってワシャ誕生日が来て…、
オオォ~~と思ったら、もう、8月・9月がトントンと来て、去って…
アレレで、来年になっとって…
中国か韓国かが攻めてきて…アメリカがそっぽ向いて…ナンジャコレとなって…
ロシアがどさくさに紛れて⇒北海道を実力制圧し、中国が沖縄を、韓国が対馬や五島列島を、北朝鮮が隠岐を…
南海大地震や富士山噴火や原発ダウンが重なって、メチャメチャになって…、年金制度なんかつぶれてしもうて、ナニが老人(福祉)施設で尺八吹奏ボランなんかであるものか!!!

今朝は、やたら、おもろくない気分ですなぁ~downdown

| | コメント (2)
|

2014年6月15日 (日)

「紬(ツムギ)の女」

「紬(ツムギ)の女」 唄・竜鉄也
<歌詞>
草木の紬に 身をつつみ
踊った姿が 忘られぬ
一夜限りの 恋ならば
花火のように 咲きたいと
あの夜泣いてた 紬の女よ

竹友・河童爺氏が採譜の最新尺八譜を試し吹きました、
なんと、初見でいきなりの録音ですぜ、ス~と素読して、いきなり吹いた、
ワシャ、知らん間に、こんなことがデケルようになっとった、

音源・0616日7:53分入れ替えました、8:33分また入れ替えました、

| | コメント (2)
|

マルアジ釣り

昨日の“鹿ノ瀬への釣り行き(マルアジへの異常接近)”は失敗に終わりました、
釣れたのは15㎝ほどをのが3尾だけだった、
瀬戸内海・播磨灘には広大な天然漁礁があって、この時期のマルアジ釣りは、ココ、通称・“鹿の瀬の西※”なのです、
※明石海峡の西側から南西方向に延びる東西20㌔南北約5㌔の範囲で、明石海峡から吹き上げられた砂が堆積した天然の浅瀬(兵庫県・水産課資料から一部抜粋)

この広大な天然漁礁のピンポイントにその時期・時期の釣り物(魚)が群がり泳ぐ、
魚魚らは常に移動し、前日そのポイントでバカ釣りデケタからといって、翌日も、そのポイントで仰山釣れるかというと、そらわからん!!!カラスの勝手…じゃなかった、魚魚らの勝手、

先週、ココ“鹿ノ瀬西”で大きなマルアジがバカ釣れ(ぎょうさん釣れたの意)したらしいのです、
昨日は大潮日のベタ凪、
わたしは、潮汐表や潮流を読み切り、絶好の好機だと信じ、マルアジ狙って突撃出漁したってこと、
尖閣諸島上空に迫りくる某国戦闘機の異常接近のあの攻撃精神で…

が、マルアジらは、どこへ行ってしまったのだろう???
おらんかった、
そのうちどこかから現れるはずだ、と、待ちもし、周辺一帯をくまなく探しまくった、
が、おらんかった、

艇係留のマリーナから~ポイントまでは約8マイルあります、往復すると16マイル(海里)、
流し釣りだ、ほぼエンジンは掛けっぱなしの状態になる、艇はベタ凪状態でガソリン1㍑に付き約1200メートル走る、

計算します、
マリーナ~ポイント間の往復に要する燃料(ガソリン)の量、
往復16海里×1852m÷1200=24.69㍑、…片道約40分×往復
1マイル(海里)は1852m

が、ここからがややこしい、
艇底にはこの時期ぎょうさん貝が付着し、これが艇の燃費を極端に悪くする、
大潮日の潮流が強い中での流し釣りだ、ほぼ半日間、釣り場(ポイント位置)に艇を保持するにエンジン回しっぱなしで走り続ける、昨日は、海上になんと約10時間もとどまった、
燃料計ゲージでは判ずると、昨日は約60㍑使ったかも、

艇燃料は出港前ゲージ表示約80㍑、60㍑使った、で、残量20㍑、
(燃料タンクの容量は200㍑、が、薄いサイフだ、久しく満タンになし得ていない)
危険ですなぁ~、残量20㍑はもう空同然ってことです、
万一のことを考えて、20㍑ガソリン携行缶をひとつ積んで出ましたがね、

で、釣果です、
15㎝のマルアジ3尾
キス、大小合わせて約30尾、

わしゃ、もう、クッタクタ、身体も気力も…
帰港後、せめてナマコでも逮捕してやろうと、マリーナ水路を目を凝らして探したが、どこへ隠れたのか彼らも居らんかった、逃げ足の速い奴らだこと…


| | コメント (0)
|

2014年6月14日 (土)

マルアジに異常接近

1昨日の釣り行きでは、何となく逃げかえった印象が残ってしまい釈然としません、

大自然の天候のありように文句をつけたり、歯向かったりの気持ちがあるわけではなく、自分の天候読みのまずさに腹立たしいだけなのですが…
とか、言うても、ヤッパお天道様に尻をひっぱたかれた印象がやたら強いよなぁ~、

ごちゃごちゃ言わずに、歯向かうべきは歯向かいましょう、
昨今の我が国では何事につけても“歯向かう”根性が求められているような気がする、
これって、メジャーな生き方かもしれない、

スポーツ世界の挑戦根性でしょう、科学の世界の原発再稼働でしょう、小保方さんでしょう、
そして、政治の世界の集団的自衛権云々でしょう…
それにしても中国戦闘機の自衛隊機への異常接近はどういう魂胆からでしょうなぁ~、
自衛隊機もエエ根性しとるのですよね、おっそろしい想いを押し殺し、飛んでいるのでしょうなぁ~、

わたし今、T・クランシー著「レッド・オクトーバーを追え」って小説(文春文庫)を図書館から借り出し読んでいますが、おもろいですなぁ~、
こちらは中国ではなくロシアの最新鋭超大型原潜が丸ごと米国へ亡命しようとする筋立ての海の小説ですわ、歯向かいの小説、

歯向かいましょう、
これから、わしゃ、海へ出て、瀬戸内海は。播磨灘でブイブイいわしたる!!!
わしゃ、“播磨灘の驚き”・“鹿ノ瀬のビックリ”になったる!!!

これから即席ラーメンで腹ごしらえし、愛艇「はまちどり」で播磨灘をそこらじゅう走り回ったる!!!
とか、言うても、そりゃ無理だ、燃料が持たん、タンクに半分ほどしかガソリン積んどらん、
シミッタレた走りしかでけん、
悔しいじゃアァ~りませんか、

わしゃ“ヤル気”はある、
が、身体とサイフがついてこん、
悔しいじゃアァ~りませんか!!!

わしゃ、今日は、マルアジに異常接近したる!!!

| | コメント (2)
|

2014年6月13日 (金)

「愛燦燦」「愛のロマンス」

13日の金曜日、演技がエエのか悪いのか…

とにかく、わしゃ、今日(今日だけに限ったことじゃない)は、尺八吹く以外、他にナァ~ンも用が無い、

「愛燦燦」

「愛のロマンス」

| | コメント (0)
|

「さくら貝の唄」「惜別の唄」

大仰なことを言うようだが、今日は気持ちが落ち着いてるような気がする、
尺八を手にしたとたんに、その時の自分の体調・心のありようが自覚デケル、
で、2曲、静かな曲を吹いた、

「さくら貝の唄」

「惜別の唄」

<昨日の釣り行きのこと、前稿に、すこしここで捕捉です>、

昨日の魚釣りで思わぬ三角波に襲われたのだった、
突風が吹いて艇が翻弄され、バウ(艇先端)でアンカー揚げ作業宇宙だったので振り落とされそうになった、アンカーを揚げキリたかったがデケンかった、

アンカーが艇の激しい揺れに振り回され、直に艇先端にぶち当たる、
と、⇒艇は瞬時に破損し、船殻が破れ、浸水し沈没する、
ヤバイ!!!
わたしは、艇スターンから操縦席へなんとか舞い戻り、急ぎエンジン後進を掛けた、
中途まで揚げたままのアンカーを艇・船首殻に当てぬように…
凄い三角波の中だった、が、ほんのすぐ近く(数十メートル離れたところ)は凪いでいた、
艇尾を凪海域へ向けて後進させようとしたができなかった、なんとか後進を維持するのみ、
と、風向きが安定し、凪いだ方の海へ艇は流れ、難を脱した、
アンカーを揚げきった、

5分間ほどの出来事だったかも、イイヤ、10数分間のことだったかも…
だから、今日は、なんとなく落ち着いているのかな???
それにしても、なんでや????

| | コメント (0)
|

竜巻注意報

昨日の播磨灘は不安定でクルクル変わる天候だった、
予報では安定した穏やかな釣り日和のはずだったのだが…

同行約束の妹の旦那氏・正明氏は、いつものとおり約束時間の30数分前に、「どう~も~~」と精彩のないボヤキ声でやってきた、
未だ早朝の5時前、約束は5時半に我が家着だった、

が、わたしもすでに、氏の(早い)来宅に備えスタンバイしとった、
で、わたしの軽四に乗り換えてもらい、いっしょにマリーナへ、

「いつの頃からか、不整脈が出て、立ちくらみするようになった…」
と、旦那氏、
「エッ!!! そんなことで釣りに出て大丈夫???」
と、わたし、
「フンなもん大丈夫…医者に診てもらっとる…」
と、旦那氏、
「ボク、1割負担…」(後期高齢者・▽△歳)

“雨は降らない”の天気予報だったが、結構降っていて、軽四ワイパーをカッタン・カッタン動かしながら走った、
南(海側)の空が明るいような気がする…
「海は、降っとらんみたいですね、通り雨かな…」
と、わたし、
「フンなもん大丈夫…」
と、旦那氏、

狙いのポイントでキス釣りを始めたが、全くアタリすらなかった、雨は上がっていた、
ナァ~ンも釣れなくて業を煮やし、鹿ノ瀬の西側(遥か8マイル沖合)へ向かった、
マルアジ釣りのポイントだ、
無風、鏡に油を流したようなベタ凪、
キス釣りしながらマルアジ仕掛けを垂らす、
キスを約30、マルアジ5尾、たったこれだけ、

マルアジが数度来た、が、その都度、旦那氏は具(サビキ仕掛け)をごちゃごちゃにモツラセてしまう、
わたしの竿にもアジが掛かっているのだが、ソレ揚げる間がない、
と、このわたしの具も、氏の具のもつれを解いている間に、縺れてしまう、アジは無事逃げる、
モルれが解けたころは、アジの群れはどこかへ去っている、

大潮日だ、やがて潮が勢いを増し始め、益々勢いを増し、とてもじゃないがヤットレン、
で、我々も逃げ帰った、

岸辺近く(朝一番にキス釣り挑戦した場所・港の防波堤を西側へ回り出たすぐの周辺がキス釣りのポイント)へ戻つた、
潮の勢いは沖合ほどではないが、ココも流れがけっこう速く、流し釣りは不可能だ、
で、アンカーを投入し、キス釣りを試みた、
が、やはり潮が強すぎて走錨(アンカーが効かない)してしまった、
で、で、アンカーを揚げて、さらに潮行きの弱い場所へ移ろうとしたが、引上げ作業中に、一転・天候が急変し、凄い三角波が立った、
アンカーを艇際まで引き上げた時だった、
二見人口島の西側で、神戸製鋼所沖合約3・4百メートルでのことだ、

見事な三角波だった、突風だった、
艇が激しくあおられ、瞬時危険を感じた、
未だ艇のバウ(艇の先端)でアンカー引上げ作業中だ、振り落とされそうになった、
が、が、そこはベテランに毛が生えたようなボート乗りですわ、でぇ~じょうぶです、

が、不正脈で立ちくらみの爺さんが約1名居る!!!
旦那氏は、スターン(艇尾)レイル(手すり・柵※)握ってへたり込んでいた、
だいじょうぶだ、安心した、

帰港し、艇を所定場所へモヤイつけたら携帯電話が鳴った、
かみさんからだった、
「兵庫県南部に竜巻注意報が出ましたよォ!!!」
ひょっとしたら、アレやったのとちゃうか???

なお、参考までに、
氏は、ベタなぎの海で救命道具をつけるのを嫌がり、「フンなもん、着とれん…」と脱いでしまっていた、
わたし???
帰港後、艇をモヤイ付け、艇を降りるまでは必ず着用しています、
わたし数度落水した経験がある、が、ソレ、港で艇をモヤイつけるときバッカシだった、
どんくさいのだよなぁ~、
なにが、ベテランに毛が生えたボート乗りなんかであるものか!!!


| | コメント (2)
|

2014年6月12日 (木)

キス釣りへ

Dsc00093

釣り行きの日は、目覚めが一段と早くなる、
今日は“朝5時半”に妹の旦那が我が家にやってきて、で、いっしょに海へ向かうことになっとる、
が、この約束”は、デッタイ守られることはない、
旦那氏も釣り行きの朝は目覚めが早い、約束時間の30分~1時間ほど前にやってくる、
わたしも心得て4時半にはスタンバイ、

昨日は、もう我慢がならず、尺八ボランで頂戴した“お車代”を握り、釣り具屋へ走った、
スピニング・リール(投げ釣りに使う釣糸を巻く具)を買った、
ピンから~キリまである、10万円~2・3千円、
キリ手前の安物を買った、が、超嬉しい、リールの新調は何年振りだろ、

退職記念に超上等を竿とセットで買ったが13・4年前のことだ、
向後の人生を、安物釣り具を握って過ごすのは嫌だった、
が、上等の釣り具はこれひとつで、あとはナァ~ンも無い、

いつだったか、艇をもやっているマリーナに泥棒が入り、各艇大変な被害にあった、
が、わが艇は無傷だった、安物釣り具の壊れかけしか積まれていないのに呆れたのだと思う、
“ゲンコツも(わが身だけ)避けて通れば腹が立つ”って感じかな、

“鹿ノ瀬・赤ボン~5番”まで足を延ばせば、マサバ、マルアジ、が、そこそこ釣れるはずだ、
が、そこまで足をのばすとレギュラーガソリン60リットルでは間に合わん、
年金釣り師には荷が重い、
港を出たすぐ近場でキス釣りのつもり、
キス釣りだけで我慢でけるかな???

デジカメの充電もなし終えた、


| | コメント (2)
|

2014年6月11日 (水)

「ブルーハワイ」「ラストワルツ」

今日は沖へ魚釣りに出ようと思っていたのです、
が、昨夜確かめた天気予報が雨だって言った、
で、釣り行きを取りやめた、
が、雨は降らんですなぁ~、こんなことなら、当初予定のとおり釣りに出ればエかった!!!

確かめました、今のところ明日は大丈夫出られそうです、

先日、某“今虚無僧”先から、“お車代”を少し頂戴したのだった、
嬉しいですなぁ~、
先ほど、コレ持って釣り具店へ走り、スピニング・リールをひとつ買ってきた、
お車代が⇒釣り具のリールに変身、

もう夏ですからな、それらしい曲を吹きましょうかネx~、
リールも買ったことだし、
爺くさい感じでしか吹けませんが、自分では結構気分出して吹いているつもりなのだ、

「ブルーハワイ」

「ラストワルツ」

| | コメント (1)
|

今日の天気

今日の天気は読めんかったなぁ~、
今日は隙間日になっとって、で、天気がよければキス釣りに出ようと思っとった、
楽しみにして、10日以上も前から気象状況の変化を注意深く観察しておった、
ずっと、好ましい状況(6月11日は絶好の釣り日和)のように報じられていた、
が、
3日前に台湾と沖縄の中間付近に低気圧が発生し、梅雨前線を刺激、
レレレ!!!
2日前の9日(月)、こりゃヤバイかも…
1日前の昨日・午前中、ウンニャ、でぇ~じょうぶかも、弱い霧状の雨がひょっとしたらあるかもくらいだ!!!
同上・昼過ぎ、いいや案外ザァザァ雨になるかも、
同上・夕刻、午前3時頃から昼にかけて弱い雨が降り続くかも、

で、釣り行きはアキラメました、
キス釣りは豪雨の際でも、けっこうよく釣れるのです、
わたし、気合は未だ在ると思っとる、
が、体力がダウン、これはシッカリ自覚がある、
加えて、わしゃ臆病なのです、カミナリ様がやたら怖い性質でしてね、わたしを真似てか飼い犬のショウタも大のカミナリ大嫌いだ、
で、釣り行きをあきらめました、

釣り行き時の昼弁当用に、昨日生協スーパーでパンを2ケ買った、
今から朝飯代わりにコレ食べようと思う、

我が家は播磨灘海辺から車で40分(20キ)離れた位置、
今、外をガラス戸越しに見る限り、まったくの無風、小雨も降っとらん、
先ほどから、またまた、いつものホトトギスが、盛んに特許許可局がどうだこうだとか、テッペンがカケタカとか、とか、言うて騒いでおる、

これから雨が降りそうでもあるし、逆にだんだん晴れそうでもある、

今日の天気はむつかしいよなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2014年6月10日 (火)

輪廻(りんね)

書斎(居間の隅っこ)前の庭先に、大小二羽のスズメが居た、
幼い子スズメとその親らしい、
子スズメは極めてちいさく、未だ飛べない様子、盛んに親スズメがさえずっている、
わが他のどこかに巣があって、そこから不注意で転げ落ちたみたい、
親スズメが子スズメの周りを、盛ん鳴き(泣き?)ながらクルクル回っている、

「オイ!!ソロッとこっちへ来てくれ、あそこを観ろ!!!」
と、わたし、
かみさんとふたり、ガラス戸越しにスズメの親子を観た、

親子二人(?)を囲むように、庭木や電線にさらに二羽ノスズメが居てこちらも常になく大仰に騒いでいる、

と、猫が忍び足で近寄ってきた、
かみさんが血相変えて飛び出した、
間に合った、
猫は、追い出した、
が、きっとまだ近くに潜んでいるに違いない、

どうなるのかわからない、
どうしようもない、

フト気が付いたのだが、ガラス戸前の網戸に、糸くずほども小さなカマキリが居た、
だからどうだってことではない、
が、こやつは、あのスズメの親子の餌になるのかな???

集団的自衛権かぁ~、

輪廻だなぁ~


| | コメント (0)
|

人間の出来 その2

以前から、かねがね思っているのだが、人間の質というか、出来具合というかのものは、
勉強したから、とか、苦労を重ねてきたから、とか、とか、とは、関係ないのではなかろうか???
A) 出来たお方は“オギャ~”と生まれた途端から、すでに“出来あがっている
B) 出来の悪い波平のようなのは、ナンボのたうちまくってもダメ、
哀しいがそう思う、

この思いは、悪くすれば差別思想につながりますよね、
人種差別にもつながる、きわめて危険な思想だと思う、

が、人は、生まれた途端から、神様には終生あらがえない罪深い生き物だってこの思いは、
⇒静かな信仰心につながり、豊かな人間性をはぐくむことになる、

神様だけは上向きに差別し⇒“わしゃダメだ”は許される、
が、
わしゃあの人にはかなわんとか、あのオッサンよりは優れとるは⇒許されない、

わたし・波平は、
神様はホントに居られるのか、否、居られないのか、未だにわからん未熟者、
が、シカシ、賢い奴は賢い、バカはバカ、と、これならわかる、
そして、自分はバカだってことも…

めっちゃ整理下手なのですわ、
やみくもに五線譜漁って尺八譜に採るじゃないですか…
尺八譜に採れたら数度試し吹いて、で、採った譜面はそのままそこらあたりにホッタラカス、
と、次に、またソレ出して吹いてみようと思っても、どこへホッタラカシタのかワッカラン!!!
数百曲すでに尺八譜に採ったのです、が、整理下手がたたって、ゴッチャゴチャ、

竹友のK氏(??氏)ですが、きっとオギャァ~と生まれた時から、エクセル表作ってアレコレ整理なさっとったに違いない、K氏の譜面などの整理能力は半端じゃない、
極めて出来のエエお方だな~と思う、

あぁ、わたし、未だにエクセルは使えないのです、
以前、マニュウアル見て、少し触ったことがあった、
が、あの狭苦しい枠の中に自分を押し込めるにつながる気がして、馴染めず、ほっぱらかしてしもうた、

今、フェスブックにとりついていて、なんとか使いこなしてやろうと思っていますが、
が、ダメなものはダメ、バカはバカ、
わしゃ、もうしばらくしたら、又、投げ出しそうな気がする、

| | コメント (2)
|

2014年6月 9日 (月)

人間がデケテきたみたい

フエイスブックと格闘中です、
と、言っても、フエイスブックの入口のところでのたうち回っとる、

フエスブッックにログインして、で、最初に映り出るはずの初期画面がマニュウアルとは違った画面なのだ、
なんでや???

一旦ログアウトし、cookieを削除し、ログインのやり直しをするなども試みるがダメだ、
アレコレ考えるが、どうにもならん、

パソコン操作は、考えてわかるものじゃない、約束事の積み上げでしかない、
フエイスブックにメールで「なんでや???」の問い合わせをしたが、返事はない、

最終的には、パソコン抱えて、パソコン工房(専門店)へ出かけるしかない、
きっと、5分とはかからず修復・修理してくれると思う、
が、それなりの代償が必要、
あぁ~、難儀だ!!!

今日は某グループホームで“今虚無僧”してきた、
少しご褒美を頂戴した、めっちゃうれしい!!!

明日もまた某・某デイサービスセンタへ“今虚無僧”する、
が、ココは、デッタイご褒美なんぞくれない、
お茶1ッ杯のサービスも無い、
が、利用者の皆さんの唄声は大きい、尺八が吹きやすく気分がエエ、

が、が、終えて、アレコレ道具を独りで片づけて施設を去りますが…
なんだか悪いことしたよう後味の悪さがある、
これってヤッパ変ですよね、
事務室の前を、アレコレ道具を幾度にも分けて手に下げ持って通るが、事務室の方らは見向きもなさらん、

が、わしゃ、頑張る!!!

事務室のネェチャンらが聴いてくれんでも、来所のバァチャン・ジイチャンらが喜んでくれたらワシャそれでエエ、
尺八を吹かせてもらっとるのだ、と、ありがたく思わないとバチがあたる、
わしゃ、だんだん、人間がデケテきたみたい、

| | コメント (0)
|

雉の鳴き声と百合の花

今朝は雉(キジ)の鳴き声がします、必ず二声鳴く、主語述語???
あまりきれいな声じゃない、
ケーン・ケーンなんて言わない、ゲェー・ゲェー、濁った声、

鶯の声が聴こえる、ホトトギスの声はしない、ホトトギスは真夜中に鳴いたりするが、概して目覚めが遅いように思う、朝9時ころになると鳴き声が聴こえてくる、

今は夏時間だから尺八吹き始めるのは午前8時頃からだ、冬時間では午前9時以降、
我が家周辺の小鳥らは、あそこの家にはどんな鳥が居るのやろ???
だと、思う、
まさか、ヅヅイの尺八だとは知らんだろう、

アッハッハ、“はまちどり”が住んどるのですわ

つい先日来“フェスブック”をイジッとる、
昨日は、このブログを“フェスブック”にシェア(何のことか未だに釈然としないが)とかするのを試みた、が、そのシェア画面は見苦しかった、で、もうシェアとかは止め、直にブログを“フェスブック”とつなぐ工夫を試みようと思う、(と、今日は、この初回・試験ブログ)

“フェスブック”の仕組みがようわからん、いろいろなお方の記事があるが、関係者に尺八関係者がやたら多い、魚釣り族は“フェスブック”の外なのかな???

外国人の尺八吹きがやたら多いですな、日本人よりみなさんお上手みたい、
なんか変な感じ、

今日は、かみさんのアッシー君、と、グループホームへの“今虚無僧”(尺八吹奏ボラン)、
今虚無僧”(ボラン出勤?)の際は、前日から体調管理に気を使う、
昨夜は、酒は1滴も飲まなかった、
今夜も断酒のつもりだ、明日も出勤日だから…
今週、来週は、断酒日が連続して何回もある、
断酒日が続きすぎると、これまた体調が変になる、で、チビット焼酎を舐めたりする、

ユリが咲き始めた、
わしゃ、写真は下手だから撮らない、中風の気があるわけじゃないが、いつも手振れ画面になってオモロない、
カメラにユリを観させてナニがおもろい、わしゃ、自分の目玉で観た方がよほどおもろい、
写真を見せられて「きれいですな」という人は多い、
が、生の実物を目の前にしてその美しさに気づくものは少ない、

| | コメント (0)
|

2014年6月 8日 (日)

とにかく前へ、「アニーローリ」ほか

気持ちがナニかにこだわり過ぎている、
こいつをかたずけなければ、尺八は吹けませんわ、
で、まず昼寝をし、起きて、散髪へ行ってきた、
散髪後、頭を洗ってもらうコースで、1728円です、20分足らずの間に終了、

帰宅し、次の4曲を、立て続けに一気吹き、
気を整えるに、まず「アニーローリー」を吹いた、
ウン、やってみよう!!!
間違っても構わん、とにかく集中して一気吹き、
(やっつけ仕事だ、近日中に、吹きなおそうと思うが、とにかく前へ進んでみる)

「アニーローリー」

「スコットランド・ザ・ブレイブ」

「セントルイス・ブルース」

「大脱走のマーチ」

「アニーローリー」は、今から約150年前の“クリミア戦争”で、スコットランド軍が黒海・クリミア半島で南下政策をとる当時のロシア軍と対戦した際に、夜間、兵舎でスコットランド兵士らが故郷を思い出して輪になって歌ったというスコットランドの唄、アニーローリーは貴族の娘で、若者らの憧れの的だったそうな、
やはり、バグパイプの音の中隊列組んで進軍したのかなぁ~、

| | コメント (0)
|

集団的自衛権

「スコットランド・ザ・ブレイブ(勇敢なるスコットランド)」という曲がある、
昨日、テレビ録画で観た映画「史上最大の作戦」の中で、銃弾飛び交う最前線でスコットランドの陸軍兵士らが、バグパイプ奏者が隊列の先頭に立ってこの曲を奏する中を整然と隊列を組みながら歩調を添えて進軍する場面があった、あの隊列に機関銃の乱射が襲い掛かればひとたまりもなかろうに…
映画の中の1場面だ、実際の戦場でも、あのような進撃があったのだろうか???
わたし、あったに違いない、と、思うのですよね、
バクパイプで奏でられていたこの曲「スコットランド・ザ・ブレイブ」を尺八で吹いてみましょうかねぇ~、

「セントルイスブルース」は米国・映画『グレン・ミラー物語』のテーマ曲、
出兵前の閲兵式典で、長身の若い米軍兵らが、軍楽隊が奏でるこの曲を聴きながら観閲台に起立する将軍の前を歩調を合わせ歩んで行く、余裕のオーラーがムワ~とある.
映画での単なる1場面に過ぎないが、ワシャ、思ったなぁ~、我が国は、こんなすごい国と戦火を交えたのか、って、
この場面見ただけでも、こんな国に勝てるはずなかったのだ、と、すぐにわかりますわ、
この曲も、尺八で吹いてみましょうかねぇ~、

「大脱走」って映画がある、ドイツ軍の捕虜収容所から捕虜になっとった米軍兵士らが大脱走するって映画、
テーマ曲は「大脱走のマーチ」
この曲も尺八で吹いてみましょうかねぇ~、

想うのですよね、
この3曲、我が国の自衛隊にも馴染み得るでしょうか???
これらの曲の中で、平然と余裕をもって歩むことがデケルでしょうか???
無理ちゃうか???
が、
赤穂浪士の討ち入りは、山鹿流の陣太鼓のトントコトントコだったのですよね、
大相撲の景気付けのふれ太鼓もどこかゆとりがあってそのまま心に染み入る音だ、

あれやこれやを想いつつ、なんとか上の3曲を吹いて録音しアップしたいとやっとるのですが…
想いがコンガラガッテ、どうにもうまく吹けません、録音までたどり着けない、

わしゃ、気が小さなズズイですわ、
ダメだ、こりゃ、
今日は、ナニ吹いてもダメ、古典本曲なんぞも当然ダメ、
わしゃ…ダメだなぁ~~~~

集団的自衛権かぁ~

| | コメント (0)
|

視線のもつれ

ツウィッターってのがありますよね、
フェイスブックってのもある、
ミクシーもある、
そして、ブログも…

わたし・波平ですが、自慢じゃないけれどヒマヒマだけは掃いて捨てるほどある、
で、そのヒマヒマをアチコチに掃き捨てまくっとる、

ブログに掃き捨てること、これが一番多い、
次いで、以前は、ミクシーにもぎょうさん掃き捨てていた、
が、最近ココへはあまり近づかない、

ツウィッター、フェイスブックへも、もうずいぶん以前から窓を開けていて、
既に、ちょこっと触ってみたことはある、
が、これらの仕組みがやたらヅヅイにはわかり辛く、遠のいたままになっとる、
が、が、ヒマヒマは益々増える一方だ…
どうしょっかなぁ~

で、フェイスブックに今一度触りなおしてみようかと思う、

今朝から、ソレ、触り始めたのですが…
ヤッパ、仕組みがわからんのだよなぁ~~~

このブログご覧いただいている方々には、ジイチャン・バァチャンが多いと思っていますが…
(想定読者氏には、若いお方はまったく入っていません)
が、が、ヅヅイ(わたし波平)の想いを、すこし若い衆にも観てもらおうかな…
と、思うのですよね、
だって、今は若い衆だとしても、いずれはデッタイに⇒ジジ・ババになるのだから、

で、フェイスブックですわ、
フェイスブックへ、この、わたしが毎日楽しんでアップしとるブログをリンク・アップしたいのですよね、繋げてみようかと思っとるってこと、

ナニせ、仕組みが解っていないまま、アレコレ触るものだから、いよいよサッパリわからんようになってしもうたゾイ!!!
だいじょうぶかいな???

若い衆らは、若い目で、世間を観ていたらそれでエエ、
若い衆らに、ジジ・ババの視線を持たせるのは、コレ大間違い!!!
だ、とは、想うが…

ジジ・ババに、若い衆らの視線が、わかっとるわけないが…

実は、昨日6月7日は、かみさんと、わたしの記念日だった、
アレは45年も前のことだった…

| | コメント (2)
|

2014年6月 7日 (土)

「史上最大の作戦」他3曲

昼食後、午後4時まで昼寝していました、
ナンボでも寝られる、
脳軟化症の症状かも???

今日はもう古典本曲を吹くのを止めとるのですが、
脳軟化症気味の頭の中でなんだかコレ(古典本曲)のことばっか考えているみたい、
疲れてしまって…
バッカみたい!!!

やけくそで、こんなのを吹いてみた、
実は、昼寝から覚めて、気分転換に録画していた映画「史上最大の作戦」を観たのです、
この映画のテーマ曲はすでにわたし、五線譜から採ってある、
コレ吹くついでに二三のアレコレも吹いた、

「史上最大の作戦」

「コンドルは飛んで行く」

「リンゴの唄」

「旅の夜風」

ついでながら、すこしご案内、
“波平竹音”サイト(別のブログ)に、音源アップ曲を整理してゆこうかと思っとります、


| | コメント (1)
|

「忘れな草をあなたに」「浜千鳥」「ゴンドラの唄」

静かな雨だ、霧じゃない、細やかなやさしい雨、降っとる…
時々、はるか遠くからホトトギスの声が聴こえる、

ホトトギスと勝負しているつもりはない、
勝てるはずがない、
わしゃドキタナイ世間で踏んずけられ、泥まみれにされてしもうたズズイ、
自分を隠し殺してエエ音出そうなんておこがましすぎる、

ナンボがんばって「志図曲」吹こうとしてもダメなのですわ、
ダメなものはダメ、頑張るほどに苦しげな音が出てくるだけ、

今日も古典本曲は吹けそうにありません、

心を鎮める意味で、童謡唱歌を少し吹いてみた、

「忘れな草をあなたに」

「浜千鳥」

「ゴンドラの唄」

| | コメント (5)
|

ホトトギス その2

午前4時25分、空がうっすら白んできました、小鳥らが目覚めたようだ、

我が家から約3百メートルほどから先は田んぼになっとりましてね、
すでに植え付けが終わった田もある、先日来カエルの声がかまびすしい、

昨日、我が家のすぐ近くでホトトギスが鳴き、思わず外へ出てICレコーダーで鳴き声を採ったのだった、
尺八・古典本曲のひとり稽古していたのですが、あまりにも近いところで鳴いたので…
あぁ~午前9時過ぎ頃だったと思う…

脅さぬよう、ソロ~~と庭へ出たが、気づかれてしまった、逃げられてしもうた、
アタフタ飛んで行った、
不思議な鳥だ、すぐ近くで鳴いていても姿を見せないです、未だどこか小枝などにとまっているのを観たことがない、
が、飛んでいるのは時々見る、鳴きながら飛ぶから、すぐにわかる、
アタフタ・アタフタ飛んでますわ、結構大きな鳥ですな、

おう~~夜が明けてきた!!!

未だホトトギスの声は聴こえない、
が、ウグイスがさえずりはじめた、
5時前です、

もうしばらくすると、暗騒音が入ってくる、自動車の走行音が邪魔をする、

昨日は、ホトトギスの鳴き声に気を取られ、尺八吹く気持ちがプッツンしたのだった、
古典本曲「志図曲」を吹いていた、
出だしが、甲(高)音の「ハ」から始まる曲です、

♪♪「エ」「ハ」~/「チ」~「チ」…♪♪

単なる高音の「ハ」ではなく、前にはずみの導入音・「エ」がくっついた「ハ」から始まります、
「ハ」を充分吹いたのち”/”で、息を継ぎ、続いて、高音で「チ」~「チ」…

これが、ホトトギスの声に気を取られたのちは、吹けなくなってもうた!!!
音ってものは、こんなもんじゃなかろうが!!!
と、自分で吹いていて、思ってしまうのですよね、
変にこだわった、自分の吹き方が、不自然極まりない下品なものに思えてならん…

アッツ!!!
ホトトギスが鳴き始めたぞ!!!!
だいぶ遠いところから声が聞こえてくる!!!
気になって仕方がないや!!!
もう、負けそうですわ、
ですわ、じゃないよ!!!
完全にノックダウンされてしもうとる波平爺さんだよ、

コレ書きながら、実は、途中、飼い犬ショウタと早朝散歩してきました、
電気代が夜間時間帯の安い料金の間に、ご飯のスイッチ入れたり、今日一日分のお湯を沸かせてポットへ入れたり、雨戸を繰ったり、あれやこれやしながら書いとるのです、

もうすっかり夜が明けました、5時半です、
朝刊でも読みましょうかねぇ~、尺八吹くには未だ早すぎる、

ホトトギスになんぞ負けてたまるか!!!

| | コメント (0)
|

2014年6月 6日 (金)

「六日朝のホトギス他」


六日朝のホトギス1.wav

今日も頑張って古典本曲アップに挑戦はしているのです、
が、部屋の外から、小鳥の鳴き声が聴こえてきて、
で、尺八吹くのを中断し外へ出てみました、ICレコーダーを手に持って…

ネ!!!
いろいろな小鳥の鳴き声が聴こえますでしょう、

一番大きく聞こえるのはホトトギスの鳴き声ですぜ!!!

で、また、部屋へ戻って、尺八吹き始めたのだけれど、なんだか嫌になってしもうた、

今日は、もう、本曲吹きは止めますわ、
やっとれんですわ、

| | コメント (0)
|

韓国の歌

友人(竹友)に韓国通が居て、ただそれだけで韓国が近しいような気がしているのですが、その実はさっぱりわからん、

釣友にも在日韓国人の方が居られて、親しくさせてもらっとるが、最近はお会いする機会がない、
このお方は本格的なフルート奏者でもあって、尺八と共通するところが多く、教わることが多い、

だのに…
わたし、“韓国の歌”はナァ~ンも知りませんわ、

韓国のことは、偏った(?)印象のなかにあって、これが、最近ますます、だんだん、嫌ぁ~な方向へ傾いてゆく、韓国はいやだなぁ~、の、避けたい気持ちバッカシが膨張してくる…
これって、よくないですなぁ~、

フト、韓国歌謡ってどんなのや???
と、思った、
で、今朝は起き抜けからずっとユーチューブで韓国歌謡を探り聴いていましてね、エエ曲がありますなぁ~、
動画見ながらソレ聴いているわけだけれど…
ダンスの身ごなしなどに、我が国とは少し異なった感じがある、
言っちゃァ失礼だが、何となく下品な感じに見えてしまう、偏見というしかないですなぁ~、
で、耳から聴く音楽(韓国歌謡)も、マイナ~な感じが強すぎて、エエ曲だなぁ~とは思うが、すぐにはなじみ切れない、

が、「朝露」って曲、コレ、気に入りました、
尺八譜に採って吹いてみたいが、五線譜が無いですわ、

気持ちを落ち着かせて聴くと、韓国と我が国は、音楽(歌謡)の面では、ほとんどそっくりみたいですね、
知らんかったなぁ~、
心の動きの方も、キット、ほとんど一緒で、差なんて無いってのがホントのところだろう、…と、思いますよ、
こんなこと、ことさらに言うまでもないことだとは思いますが…

竹友に、韓国へ単身赴任し、この間に韓国でテグム(韓国楽器・横笛)を稽古なさったロメイさんってお方がおられる、
出会って、幾度か本場仕込みのテグムを聴かせてもらったですが、凄いですなぁ~、
“凄い”だけではさっぱりわからん、
ナニが“凄い”のか???
なんだかわからんが、とにかく“凄い”
テグムを聴くと、韓国と日本は徹底的に(感性が)違うような気がしたりする、
それじゃ、ダメじゃん!!!

今日も、頑張って、ナニか古典本曲を吹いてみようかな、
(古典本曲)モドキを、って、ことですぜ、

「朝露」が吹きたいなぁ~、採りたいなぁ~、
あぁ、韓国の曲の「朝露」のことだよ、

播磨灘の情報をひとつ、
サバが釣れはじめたようですぜ、ゴマではなくマサバだそうな、
マルアジもチラホラ

| | コメント (0)
|

2014年6月 5日 (木)

「手向け」

重鎮・楽翁師に勧められて、気軽な気持ちで尺八古典本曲のアップを始めたら…
(アッハッハ、重いと軽い、の、対比がオモロイ)

なんか変、どうなっとるのや???
ブログ・アクセス数が急に多くなってきたみたいです、
なんでや???
昨日などは、ほとんど3百件に近い数値ですぜ!!!

録音・アップの後、自分で聴きなおすのって苦痛ですよね、
吹きそこないの箇所や、幼稚な力が自分なりに丸見えでわかる、恥ずかしくて、なさけなくて…
で、今朝は、ヤッパ、こんなことは止めよう、童謡唱歌や演歌だけのオモロ吹きにとどめよう、
と、昨日のアクセス数を管理者画面で確かめたら、ナント、3百件に近い数値ですわ、

みなさん、ナニを思って閲覧なさるのだろう???
こんなド素人の癖吹きなんぞ、ナニ思ってお聴きなさるのだろう???
わしゃ、さっぱりわからん、

わたしは、尺八古典本曲は、⇒“本人の好き勝手吹き”に行き着くしかなかろうと思っていて、
が、しかし、コレモ、自分のひがみ根性から出たある種のアキラメだってこともわかっとる、

わたしはもう歳だし…
師の元へ稽古に通うことも、このところすっかり怠けているし…
導師も辞退し、向上心ダウンなのだし…
正直なところ、もうどうでもエエや、って気持ちなのですよね、

今日も吹いてみますが
どうしょっかなぁ~、もう、古典本曲のアップは、やめようかなぁ~~~~
の、気持ちの中で吹くことですのでね、

“これが本物の尺八古典本曲か”なんてデッタイ思わんでくださいよ、
本物からはだいぶ離れた安直な真似吹きの類ですぜ、
ごめんね、

本物吹きの先生方には合わす顔がないですなぁ~、
申し訳ないですなぁ~、
ごめんなさいね、


ごちゃごちゃ言うて…これぞ、“波平流好き勝手吹き”の代表曲
「手向け」


| | コメント (2)
|

2014年6月 4日 (水)

「奥州鈴慕」

この曲は吹奏技法の上では特異な曲でしてね、結構難しいです、
特殊な吹き方をするってことですが、下手すると技法にこだわって音色を殺してしまう、
これでは元も子もない、角を矯めて牛を殺す類だ、

竹音が宙に舞っているような感じで聴こえる箇所があったりするでしょう、
宙に舞わせているのですわ、
「ウ」の扱いがイロイロです、
「ウ」の曲だといっても言い過ぎはならんだろう、

コレ吹きすぎると、ウナサレテ夜眠れなくなるよ、
遊びで吹くのだって突き放しも必要かも、

| | コメント (2)
|

バイオリズムdown

典型的な隠居生活かなぁ~って思っています、
日々ジリ貧モードの生活に不満を感じない、自分の老いを自然に受け入れている、

前向きなことに思いをはせるのはシンドイ、
3億円の宝くじが当たったらナニ買おうか、なんて、夢見たくもない、シンドイ、

慣れたアレコレの思いの中のグルグル回りだけで充分、
吹きなれた童謡唱歌を飽きもせず吹いて、
と、いつもの感傷が湧き出てきて、
で、ボヤァ~とした気分に浸るだけ、

パソコンを買い替えたら、あれこれおすすめプログラムやサイトが用意されていた、

「音楽・エンタメ」項目に、⇒“欲しい曲がみつかる”のファイル、
クリックしたら、有料の購入案内だ、お金出して買え!!!
ダレガ買ったりするものか!!!

“無料!最近の曲が聴き放題…”のファイルもあった、
クリック、
と、ズンドコ・ズンドコのラップ・リズムが勝手に鳴り始めた、
あぁ、いやだ!!
“無料”に魅かれてあちこちクリック、が、どれもこれも、曲購入案内の画面へ早変わり、
ナンジヤコレ!!!


今日も、又、童謡唱歌や、古典本曲吹いて遊びましょうかねぇ~、

あぁ~、午後2時からは、我が家近隣のデイサービスセンターへ出かけます、
今(午前5時半)は雨は降っていない、
が、午後からは雨らしい、

なんだか、アレコレ、デンブ、メンドクサイ感じがする、
バイオリズムdown

| | コメント (0)
|

2014年6月 3日 (火)

「恋慕流し」「飛鳥鈴慕」

今朝は古典本曲をいきなり2曲吹いてアップの後、かみさんのアッシー君で通院介助、
ふたりとも、長時間の待ち時間にすっかり疲れて帰宅し、質素な昼食摂って後すぐ、ぐったり眠り込んでしまった、
目覚めて、飼い犬・ショウタの散歩、
散歩途中、大粒の雨が降り出した、散歩といっても自宅周辺をほんの少し歩くだけ、

帰宅し、そうだ、もう少し本曲を吹いてみようと、吹いてみたのがコレです、

「恋慕流し」

「飛鳥鈴慕」

白状しますが、最近は、ほとんど本曲を吹いていません、
が、不思議ですなぁ~、尺八咥えたら、勝手に尺八が謳い始めた、
わたしが吹いたのじゃない、わたしは、尺八を咥えていただけ、あとは、尺八が好き勝手に謳ったのですわ、
出来が良かろうと悪かろうと、わしゃ関係ない、まったくかかわりのないことでござんす、

| | コメント (0)
|

「滝落し」「紫乃曲」

「滝落し」

「紫乃曲」

古典本曲は、このところ正直言って稽古不足だ、童謡唱歌や演歌などを吹く機会の方ばっかしに時間が取られている、

で、突然、古典本曲に向き合うと、気持ちが静まってホットする、
そらそうだよなぁ~、童謡唱歌にしても演歌にしても、ナニガシカの心の騒ぎというか動きというかの、情愛の世界をことさらに歌いあげるのだ、ことさらに…
が、古典本曲の世界は、刹那的な心の動きを超えた向こう側の世界、情念が昇華した世界、

車の両輪かもなぁ~、
演歌と古典本曲は、
上質の叙情歌(世界各国の叙情歌も含めて)や優れた童謡唱歌は、演歌と古典本曲の間にあって、アッチ向いたり、コッチ向いたりかも、
アッチ、コッチ、の関係は、幼い子供が歌う童謡唱歌と、高齢者が歌うソレとは、同じであって同じでないってこと、

| | コメント (4)
|

尺八譜を国費整備???

一昨日だったかな、竹友が、自身のブログで“尺八ボランティアのあり方”を、すこし語っていた、
共感するところ大だ、が、わたしの思いとは少し違うところもある、

そもそも、
A) “ボランティア”の何たるかを語りだしたら、延々の長話になる、
B) “音楽の位置”づけについて語り始めたら、ほんなもん、死ぬまで語っても語りつくせん!!!

A+B=“音楽(尺八も音楽)ボランティア”
の、話となると、さらに話は長く長くなるぞ!!!

が、上述、竹友が語っているのは、内、ほんのチョットしたことだった、
老人施設へ出かけて、尺八を吹くのだが、
a) 老人らに尺八をお聴かせする
b) 老人らに尺八伴奏で歌っていただく
の、どちらがエエか???
だった、

氏も、わたし・波平も、b)の方式ですわ、
が、
老人らに歌っていただくには、ア)とイ)の、考え方がある、
(ア) 歌ぴったしのメロディを、そのまま吹くのがエエ、…河童爺氏
(イ) メロディ部分は老人らの唄に譲り、尺八はメロディ避け盛り上げ伴奏譜を吹く方がエエ、…波平爺

 河童爺氏は、カラオケをスピーカーから流し、コレに合わせて尺八を吹かれる、
 わたし波平は、カラオケは使わず、尺八1本だけで歌のメロディを吹いている、
(※河童氏はカラオケを自在に使いこなされる、が、ワシャ、カラオケにふりまわされてしまう)

わたし、ホントは、メロディ部分は老人らに完全に譲り、尺八ではメロディ盛り上げの伴奏に徹したい、
が、“それぞれの歌(唄)の尺八専用盛り上げ伴奏譜”これの用意がない、
もし、わたしに音楽的センスがたっぷりで、自在に“コード進行”が可能なら…、
が、その素養がない、そのような音楽勉強したことない、

ナニガ言いたいのか
音楽教育の在り方を言いたい!!!
義務教育期間中に、コード進行の何たるかの域にまで音楽教育をなすべきだ、
と、このことが言いたい、

わしゃ、実に情けないことながら、五線譜が読めない、
五線譜観たら、四苦八苦して⇒尺八譜へ移すことはデケる、
考え、考え、なんとかここまではデケる、
が、こんなことは、五線譜を読めるってことにはならん!!!

老人施設のジイチャン・バァチャンらも、わたしと同じような方々だと思う、
が、時に、お年寄りの中に音楽に堪能なお方がおられて、実にきれいに歌われる、
聴いたとたんに、カラオケ好きでお上手なのか、音楽的素養・知識があって、で、お上手なのかがすぐにわかる、

今日出かける某デイサービスセンターには、昔は音楽教師だったバァチャンが居られる、
控え目ながら、実に上品にしっかり、生き生きと、歌われる、
わたし、メロディ部分をおこがましく下手吹きするわけだが…
これしかデケンから、こうするしかないわけだが、恥ずかしくてしょうがない、

童謡唱歌や演歌など、個々の曲ごとの、尺八専用伴奏譜が欲しい!!!
これだけ、老人らが増えて、で、カラオケばやりの世の中なのだ、
ここはひとつ、アベチャン政府の肝いりで、
尺八吹奏ボランティア専用の尺八譜を国費整備してもらえんだろうか???


| | コメント (4)
|

2014年6月 2日 (月)

古典本曲「三谷曲」

時々、四六時中、アレコレ吹いてアップしているわけですが…
で、いつも思うのですが…
実際の尺八音が録音し得ていないのですよね、

このことは、古典本曲を吹いた際に、特に気になります、
で、古典物は、アップする気にならん、

吹奏が下手なのは如何ともし難い、
が、マイク性能が劣っているがための不満足収録は許せん!!!
安物のマイクはダメだ!!!

今は、ソニーのICレコーダーをマイク代わりに使っていますが、
どうにも、不満が溜まってしまって、どうにかしたいとつくづく思う、
古典本曲吹くと、特に高音の集音が劣る、低音・高音の集音機能に、差がありすぎる!!!

本格的な楽器用マイクはべら棒の高値だ、手が届かない、
で、少し高かったが、高性能のデジタルマイクを購入し、これをソニーのICレコーダーの外部マイク接続端子へ押し込み、試し吹きしてみた、
と、少し、思いがけなく少し改善し得たように思う、

地無し延べ竹(※)の冴えた音が採れるかどうか、ココが、問題です、

「三谷曲」を試し吹きしました、
まぁまぁの集音かなと思います、
これで、今後、古典本曲のアップ挑戦にも挑戦デケそうな気がしてきた!!!
わしゃ、ほんとは、古典本曲が吹きたいのですわ、

「三谷曲」

| | コメント (0)
|

“今虚無僧”も夏バージョン

今月から“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア活動)も夏バージョンに切り替えです、
(使用曲を春から⇒夏向きの曲へ)

内、少しご紹介、が、童謡唱歌ばっかしです、
地区自治会主催の催しなどでは、古典本曲や演歌なども吹くことがあります、

老人施設では、テンポ、ゆっくりゆっくり吹きます、
ゆっくりテンポでも、曲を支えきって吹く、これが意外と難しい、
お聴きいただくと、ダラ~とした印象を持たれるかもしれない、
が、わしゃ、力いっぱい真剣に吹いている、


「夏は来ぬ」

「夜明のうた」

「忘れな草をあなたに」

「通りゃんせ」

「月がとっても青いから」

「サクラ貝の歌」

「ゴンドラの唄」

| | コメント (2)
|

播磨灘のタコ兄弟

P60200122


P60200123


| | コメント (0)
|

後生、あの世でなんとしょ!!!

“力による現状変更は認められない”
の、言い方が、独り歩きし始めましたね、

ロシアによる北方領土の実効支配は、デッタイ容認しない、
韓国による竹島支配も認めない
中国の尖閣諸島狙い、断固許さん!!!

で、シンガポールで開かれた会議に出かけて、ベトナムやフイリッピンの方らと会談し、
“力による現状変更は認められない”って、ぶち上げてきた、

そうだ!!そうだ!!!
中国の滅茶苦茶はデッタイ許さん!!!!!

かっこエエですな!!!
どないになるのやろ???

なってから、心配することにしたらええ、
そのころには、集団的自衛権発動が認められていて、
で、力には力で、対抗だ!!!

“力による現状取り返しは認められる”
って、な、ことに、なってくるのかな???

どうなってくるにしても…
アッシら世捨て隠居には関係のないことのような気がする…
関係のあるのは、ごく身近な個人的なこと、日々の移ろいのこと…

昨日は、ひとりでチビットだけ餌買って、キス釣りをしてきた、
艇をもやっている港をほんの少し沖へ出たところが“キス釣りのポイント”
艇エンジンのガソリンもほんの少しで行き着ける近場、

カタクチイワシの大群がスズキに追われてか、水面あちこちにナブラ(小魚が海水面に逃げ惑う様)をつくっていた、
で、カタクチイワシを狙っている大物スズキを釣ってやろうと頑張ったが、釣れるのはカタクチイワシばっかしだった、
小鍋1つ分ほど、カタクチイワシを持ち帰りましたがね、コレのフライは絶品ですぜ!!!

と、もちろん、キスも釣りました、
約30尾ほど、
キスに混じってベラが10尾ほど、
と、タコが2ハイ釣れた、

タコですが、わしゃこんな可愛いタコ釣ったのは初めてだ、怖くなんかなかった、可愛すぎて…
昨夜生まれたばかりかと思えるほどの幼いタコ、小さな貝の中にへばり付いた状態で、たまたまひっかかったのだった、
すぐに、リリースしようかと思った、
が、この世は暴力支配の世の中なのだ、ワシャ、こ奴を茹でて酒杯のなかに座らせ、可愛さを愛でながら食ってやろうと思って持ち帰った、
お釈迦様は、どんなお気持ちで波平ヅヅイをご覧になっとったのだろう???

“力による現状変更は認められない”
かぁ~、

わしゃ、昨日は、無茶苦茶な殺生沙汰をしでかした、
あぁ、後生、あの世でなんとしょ!!!

| | コメント (0)
|

2014年6月 1日 (日)

Tシャツと半ズボン

今日は、6月朔日・日曜日、海はベタ凪ぎ、

大物を釣るつもりなら、瀬戸内海・播磨灘は、この時期はコレといった釣り物がない、
強いて探せば⇒タコくらいなものかな、
タコが魚の一種だとしたら…ですよ、
が、タコは、お化けの類だと思う、

蜘蛛(クモ)が海へ入ると⇒タコに変身する、
タコが手足を縮めると⇒ナマコに化ける、
ナマコが怠けふやけると⇒クラゲになる、

が、今週末ころから急速に“タコの気配”が出てくるかも、今は、少し時期が早い、
と、思います、

毎月5回程度の“今虚無僧”です、
と、通院予約日が数回ある、最近はかみさん通院のアッシー君もしていますので回数が増えた、
これ以外、わしゃ、まったく自由自在の身、
要するにヒマがぎょうさん在るってこと、

タコは、わしゃ大の苦手です、非常に気持ちが悪い、
が、他に適当な釣り物がないから、コレも釣るしかない、
今日、これから沖へ出て、ひとつふたつ逮捕してこようかと思う、

と、ついでに、キスを少し釣ってこようかな、
わしゃ、こういう小物釣りさせたら名人ですぜ、20尾・30尾釣るにそう時間はかからん、
あくび数回の間にこれくらいは釣ってしまう、
ホンマかいな???
冗談に決まっとる!!!

キス釣りのエエところは、銭があまり掛からん釣りだってことかな、他の釣りからくらべると…
沖へは出ます、が、岸辺からチョイ沖へ出たらそこらじゅうがキス釣り場、
ボート釣りは、艇の燃料が半端じゃない、
レギュラーガソリンで、船外機を回しますが、艇はガソリン1リッターあたり千2百~4百メートル程度しか走りません、
で、ほんの少し沖へ出たら、50リットル前後は軽く使ってしまう、
が、タコ・キスの場合は、半分の20リットルもあれば充分だ、

これから、ガソリン携行缶(20㍑)をひとつ持って、チビット餌買って、で、キス釣ってきます、
タコも、ひょっとしたら釣れてしまうかも…
タコが釣れたらどないしょ!!!
あぁ~、きもちがわるい!!!

帰宅後、山口百恵さんの「ひと夏の経験」を稽古しようと思う、
今日から夏のような気がする、
Tシャツと半ズボンの身支度で出かけます、

| | コメント (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »