« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

心底、心配している

もう政治問題はブログ・ネタにしたくないのだが…
石破氏と、安倍氏の、集団的自衛権をめぐる考え方の違いにはとても興味がありますわ、

わたしは、石破氏の考え方が順当だと思う、正しいと思う、
で、来月当初に行われるという内閣改造ですが、石破氏は入閣しないだろうと思っとった、
が、経済閣僚として入閣されるようですね、

でも、入閣したら、閣議では集団的自衛権関係の法整備に関することにも関わらねばならん、
が、ココでは、オラ関係ねぇ~って目をつぶるつもりなのかな???

石破氏は、集団的自衛権は、今の憲法下でも実行可能だって論者なのですよね、
が、実際に自衛隊を動かす際には、様々な国内法整備が必要だ、
で、必要な法整備を論議する中で、集団的自衛権発動の在り方を検討しよう、の、考えみたい、
が、安倍氏は、国内法整備は後回しにして、真正面から集団的自衛権容認に踏み込んだ、
卵が先か、ニワトリが先か…
どちらもどっちかな、
ひょっとしたら不毛の論議???

でも、無いような気がするのですよね…

安倍氏は、アメリカ追従、米軍の動きと一体になって動ける体制造り、を、急いでいる、
石破氏は、あくまで我が国のことだとして自衛隊が動きやすい国内法整備を考えている、

早い話が、韓国と、中国とにどう向き合うか、で、しょうな、

韓国が、我が国に直接攻め込んだりするのは考えにくい、
が、韓国が中国に呑み込まれるのは、大いにあり得る、現にその方向みたいだ、
その中国は、我が国へ攻め込む意思を隠そうとはしていない、
九州南西諸島は、古来からの中国領土だったって侵攻してくるかも、

 アメリカが動けば、安倍氏は動く、
 アメリカが動かなければ、安倍氏は個別的自衛権の範囲で動く、

石破氏ならどうか
 石破氏なら、即刻、個別的自衛権を発動する、アメリカがどう動くかは二次的なこととして…
 集団的自衛権云々の話じゃないとして…
 アメリカが安保発動で動けば、いっしょに対応だ、
が、アメリカは韓国とも同盟関係にあるぞ、
アメリカと中国の関係は、必ずしも我が国と中国の関係とは同じじゃないですぞ、

国際的に観たら、
安倍氏の方が、国際的な理解が得られやすいかも、なにせ米軍と同調している、
石破氏のやりかたでは、まず、アメリカから圧力がかかるかも…

それにしても、小沢さんの名を久しく聴きませんなぁ~、

それにしても、それにしても、
韓国って国はどうなっとるのでしょうなぁ~、
国の体をなしていないような気がしますが…
韓国の政治家らのせいですよね、特に大統領ですが…
国民に、隣国への嫌悪の情を扇動するなんぞは、当の隣国からすればたまったものじゃない、
50年60年も昔の“あることないこと”持ち出して、
国が国へ「サァ~謝れ!!」と言うている、
その“あることないこと”ですが、
最近の報道では、朝日新聞記者のねつ造記事だった可能性が極めて強いらしいじゃないですか、
仮にねつ造ではなかったにしても、大統領が口にして、隣国首相に謝罪を求めるなんぞはいかがなものかと思いますなぁ~、

「註韓論」って本が発売されていて、話題になっとるようですな、
この話題、これからますます話題・話題になるような気がする、
ヤバイですなぁ~、

わたしですか???
「註韓論」未だ読んでいませんが、図書館へ貸し出し申請するつもりです、
言うておきますが、オモロがっとるわけじゃない、心底、心配しているのです、

尺八なんか呑気に吹いている場合じゃない、
吹きますけどね…


| | コメント (2)
|

2014年8月30日 (土)

“高砂ぺんぎん舎ライブ”昼の部

“高砂ぺんぎん舎ライブ”昼の部を聴いてきました、
隅田さんと、タニシ君の二人組コンサート、

楽しそうに演奏されるのがとても好ましかった、息が合っている、
隅田さんの伴奏役(?)のタニシ君の支え(?)が素晴らしかった、感ずるところがあった、

帰宅し、
そうだ、河童爺氏も盛んに勧めてくれることだし、すこしわたしも合奏の稽古してみようか、と、思った、

「風の盆恋唄」を吹いてみた、

やはり、気持ちテンポがズレ気味ですね、
コレ、わたしの耳の難聴のせいかもです、
イヤホンを耳に突っ込んで合わせ吹くと、実はピッタシに吹けるのです、
が、イヤホン無しで、カラオケ聴きながらは、聴こう聴こうとすることに随分労力がとられる、
で、気持ちテンポが遅れ気味になる、

ボラン先で、まさかイヤホンを耳に突っ込んで独りよがりのカラオケ合奏は、デケンですよね、
イヤホン無しので合奏の稽古にしようと思います、
あまり、積極的には、カラオケ合奏はしたくない、
が、少しは、試みてみましょうかねぇ~、
と、思った次第、

「風の盆恋唄」


| | コメント (3)
|

タコの祟り

昨日のタコ釣りで、またまたダウンですわ、
背筋の筋違いだと思うのだが、筋違いというより、使い痛みかなと思ったりするが…
とにかく妙な痛さで、ヘナッとなって、瞬時どうにも動きがとれなくなる、
が、再発です、…だいぶ治って居たのに

軽四運転席への乗り降りの際などは、普段に無い腰屈めをしますよね、
と、もうダメ、ヘナってしまいます、
軽四後部ドァが跳ね上げ式になっとって、コレ閉める際は腕を上にあげて、跳ね上げた後部ドアを下へ引っ張り降ろします、
と、もうダメ、腰がヘナってしまいます、

アカン、もうダメだ!!!
って、自分の布団へ寝転がろうとすると…
この際も、寝転がる寸前の体勢は普段の立居に無い体型になるでしょう、
と、もうダメ、“ウ~ン”のウナリ声出して、へなり痛みに耐えるだけ、
そのままゴロリ寝転がることもデケン、
そろりそろりと、寸刻みに身体を動かし、ナミクジの動きで横になります、
エッ!!!
H体型???
なんの話????

が、起きて、いつもの体勢ですごす段には、何ともないのです、全くダイジョウブ、
が、が、背筋に普段に無いストレス与えると、もうダメ、
大あくびや、ハクション、デッタイダメ!!!

だいじょうぶかなぁ~、
実は、今日は午後から、最近知り合った、S嬢(2児のおかぁさん)の有料コンサート(ご自宅近くのアトリエを借り上げて開催)を聴きに行こうと既に予約しています、
場所は、愛艇「はまちどり」をもやっている播磨フィシャリーナのすぐ近くなのだ、加古川河口右岸です、
(※河川の左岸右岸は河口へ向かって、すなわち下流へ向かって左右を言います)

こんな近場に精力的に活動なさる街の音楽家が居られたのを、つい最近まで知らんかった、
応援したいのですわ、
1500円出して聴きに行きます、コレくらいなら年金ヅヅイにでも大丈夫、

今日は昼の部と、夜の部、の2回公演らしいです、が、わたしは、昼の部だけだ、

今日のわたしは、車イスが使いたい状態ですが…
時々“ヘナリ痛み”はあるが、ソロソロ移動なら、普段と変わりなくすごせます、
充分時間の余裕をもって、ソロソロと…出かけてこようと思う、

タコの祟り(タタリ)かも…

| | コメント (2)
|

2014年8月29日 (金)

播磨灘の水位

気象庁雨雲レーダーでは、怪しげな雲が覆っている、
が、昨日のようではない、降らないだろう、
もう秋だとはいえカンカン照りの中の魚釣りは疲れる、今日は釣り日和というべきか、
が、潮的には小潮直前の中潮日、播磨灘での魚釣りには最適日とは言い難い日、
が、が、ユル~イ潮行きのなか、ボヤ~とタコ釣り、これならエエかも、
竹友Dどんと2人で出てきます、

いつも、デジカメは持参している、が、あまり釣果を撮ったことがない、
息をつめてシャッター押しますが、推す瞬間ブレてしまう、
ハクションしながら押すような感じになる、
今日はあくびしながらの心地でシャッター押しを試みてみようかと思う、

「情熱大陸」から暫時離れて⇒“情熱の海”へ出撃です!!!

タコやブリをドッサリ釣り上げて…
で、瀬戸内海・播磨灘の海の水位が下がってしもうたりしたら、
どないしょ!!!


<釣果報告など>

気象庁は、今朝の予報で”風速2㍍~1㍍でしょう”と、言うた、
が、4~5㍍でした、
タコ釣りにはシンドイ風だ、
写真に撮りたいようなのは釣れんかった、でも5つ釣った、

メジロを釣るつもりで生餌用に豆アジを釣ったが、コレ、青じゃなく、赤アジばっかし、
数釣って、これが今日の夕飯に化けて出る、
おいしいのですぜ、

今日もまた大きなサメを見た、1メートル半ほどの大きさだった、

| | コメント (0)
|

2014年8月28日 (木)

テンポ・リズム、と、タコ

尺八で童謡唱歌や演歌などを吹いて、生意気にも、福祉施設などを訪問・ボランしていますが…
自分でも自覚してはいますが…
下手なのですよねぇ~~~
特に、テンポ・リズムに乗ることが下手だ、

カラオケと合わせ吹くと、なんだか知らない間に、カラオケのテンポに遅れてしまう、ズレてしまう、
コリャヤバイ、と、はしょって吹くと、ますますナニガなんだがわからんようになる、

だから、施設訪問でボラン吹奏の際は、いつも尺八1本だけでカラオケを使うことはしていません、

言い訳するのです、
老人の皆さんらは、中にはカラオケ上手なお方も居られるが、カラオケとは縁のないお方の方が多い、
この不慣れな方々が、いきなりカラオケに合わせて歌うのは無理だ、
で、わたしは、老人らのテンポに合わせて、リズム感にあわせて、尺八1本で自在に吹くのです…と、

が、ホントのことを言うと、
わたし自身が、カラオケに合わせピタッと合奏すること、コレ、下手で外れてしまって、上手くいかんのですわ、
カラオケに合わせることバッカシに気を採られてシンドウてかなわんのです、
だから、本番ボランではカラオケは使わない、

こんなわたしが、今、テンポ・リズムが無茶苦茶速く複雑な曲・「情熱大陸」と向き合っている、
正気の沙汰とは思えない、
もし、わたしにコレが吹きこなせるようになったら、それはスタッフ細胞再生以上のエッポクメイキングなことだと思いますよ、

足の親指がネェ~、トロクサイのですよねぇ~、
腰椎の圧迫骨折をしたことがある、58歳の時だった、しばらくデッタイ安静で、その後は松葉杖で約半年、今はスタスタ歩いていますが、ナンボ段差の低い個所でも、飛び降りたりはデッタイ禁止です、
の、事故以来、両足は常時少し変でしてね、足の裏なんぞはいつもシビレていて、ナニか踏みつけてもわからんのです、
の、この状態で、わたし曲の譜面を読む際は昔から足の親指でテンポをとって居る、拍子を数えつつ吹いている、
口と両手は、尺八を咥えたり、音孔を開けたり閉めたりでいそがしい、無役で空いているのは足の指しかないからなぁ~、

エッ!!!
頭で、脳ミソで、テンポ・リズムせぇってですか???
そりゃ駄目だ、そこが、いちばん弱い個所だ!!!


追記

今日はタコ釣りに出ようと思っていたが、急に気象状況が変わったようで、今、雨が降っています、
気象庁の雨雲レーダーを閲覧すると、この雨、半端じゃなさそう、
が、播磨灘は、明け方には雨は上がるような雨雲の動きに思える、
カンカン照りでの釣りは辛い、風さえ出なければ、抜群のタコ釣り日和といえるかも、
天気図上には前線は見当たらない、我が家の気圧計では1014Hp,
出漁しようか、中止しようか、の、迷いど真ん中、

午前3時50分、本日はタコの勝ち、天候急変のため釣行中止、

| | コメント (5)
|

2014年8月27日 (水)

バイオリンごときに遅れを取っては

葉加瀬太郎作曲「情熱大陸」の五線譜に真正面から向き合っています、なんとかコレを尺八譜に採って吹いてやろうと…
この曲は、オープニング曲と、本番曲の二つセットの構成だ、
なんと、手の混んだ造りになっとりますな、
エエ加減にしてほしい…難儀極まりない難曲、尺八ヅヅイにとってはってことですぜ…

でも、呆れたもんだ、
なんと、ワシャ、本番曲の方は既に尺八譜に採ってしまったよ、
問題は、コレが吹きこなせるかどうかだ、
が、この吹奏稽古は後回しにして…
今から、オープニング・テーマ曲の採譜に取り掛かります、

ウヒャァ~~~、このオタマジャクシの混み具合はビックリだ、
ウヌ!!
♪=72ですと…
なら、吹けなくもないかな???
否、やっぱダメだ、よく見たら16分1の音符がズラ~~だ、、
ヨッシャ!!!
このメチャ混みの部分は、メチャクチャに吹いたる!!!
ウヌ!!ウヌ!!
途中から、♪=128だとよ、もう冗談はやめにして欲しいですなぁ~、


バイオリンのタダで閲覧可能な譜面を見ているのです、

天下の尺八吹き・明暗虚無僧が、バイオリンごときに遅れを取っては仏様に申し訳が立たん、
とにかく尺八譜に採ってみる、

“今虚無僧”は天下に隠れも無い年金ヅヅイ、
お小遣いは無いけれど、ヒマヒマ時間なら腐るほど持っとる!!!

ヤッタルぜ、ベイビー!!!

ヅヅイがベイビーだなんて、なんかオッカシイですな、

変な世の中になっとるのだ、気にしない、気にしない…


追記(午後4時半)

なんとか同曲・オープニング・テーマの採譜完了したですわ、
正直言うて、尺八で吹けるような譜じゃないなぁ~、
が、曲を丸ごと覚えてしまって、気合で吹けばある程度は吹けるかも、
かなわぬまでも一矢むくいること叶うかも、
でも、何度聴いたら覚えられるか、それが次に問題ですな、
ワシャ、テンポとるのが一番の苦手だからな、
聴き続けている間に、嫌になるかも、かも…

ナニやっとるのか、呆れたもんだ、

ダレか、キッタナイ手書き譜見たい人あるかな???
アップしたら著作云々になるのかな???
言うておきますが、五線譜そのままを正確に尺八譜へ移すのは困難です、
少し、波平流に租借して移し採りますから、あまりお見せすること気が進みません、
アップは差し控えますわ、
数日後、もし、吹けるようになったら、その様子をアップしてみようかな、
いつのことになるやら???

| | コメント (0)
|

決まった!!!

さわやかな秋晴れだ、ほぼ無風、播磨灘はベタ凪だと思う、
が、今日は、沖へは出ない、ヒマだけれど…
もし、これから徐々に気持ちがアップしたら、明日は出るかもわからん、

友人・大厳どんに、いっしょに出て“タコ対面”なさいませんかの連絡をしてみようと思う、
彼が、出てみようとなら、ソレで決まりだ、

実は、タコ釣り最盛期は既に過ぎている、
変な天候が続き、豪雨たびたびで、今年の播磨灘の釣りは気持ち満たされぬまま秋のシーズンを迎えた、
が、タコ等が居なくなったわけじゃない、
タコ等だって、あの気まま雷雨でゆっくりっすることがデケンかったに違いない、
海水も河川からの濁り水で透明度がた落ちだ、
が、今日1日ゆっくり休んで、明日あたりからタコ等も気力上向きで、食い気上昇で、で、ぎょうさん釣れるかもわからん、

実は、先日釣って帰ったタコが冷蔵庫に大きな顔して幅コイテ座っとる、
かみさんが「タコはもう要らんよ」って言う、
どうしたものか…

昨日、不意にポロッと抜け落ちた右下アゴのサシ歯治療をした、
在った歯が突然抜けて、大きな穴かポカァ~だったが、また元の位置へ、歯は治まったのだった、
タコ食っても大丈夫だってこと、

☎したら、彼はOKだ、
決まった!!!

飲料水2㍑以上持参のこと、
可能な限りの軽装でやってくるように、パジャマ姿が最適ですぞ!! って、伝えた、

「情熱大陸」かぁ~~~
あぁ~、若かった時の情熱なんか、もう忘れてしもうた、
そもそも、わしゃ、若いころから、情熱らしきもの持っていたことないからなぁ~、
あぁ~そうだった、
日本列島1周航海してやろうの情熱があったような気がするが、やり終えてしもて、ソレ消えてしもうた、
わしゃ、“情熱の海”なら少しはわからんでもないのだった、

| | コメント (0)
|

2014年8月26日 (火)

オッ、エエ曲じゃのぉ~~

FB(フエイスブック)閲覧を楽しんでいたら、近々“「情熱大陸」を演奏します”のことが書いてあるのがあった、

わたしヒマでしてね、今日はナニして遊ぼうかって、思っとった、

ヨッシャ、決めた“「情熱大陸」だ、
これ、毎日TVの深夜番組テーマ曲らしい、知らんかった、
わたし、午後9時以降はダメ、でったいダメ、最近は7時過ぎにはもう寝ています、

“「情熱大陸」”ユーチューブしたら、オッ、エエ曲じゃのぉ~~
無料閲覧譜面ゲット成功、
これから、尺八譜へ採って吹いて遊びます、今日の仕事がデケタ!!!


つい先ほどのことですが…
飼い犬ショウタのオシッコ散歩に付き合ったのですが…
わが家玄関前の路上にバッタがひとり(?)座り込んでいましてね、危なく踏み潰すところだった、
つまんで、草むらへ移し放ってやろうとしたが、下手すると長い足がとれてしまいそう、
で、数メートル先の畑の草をもぎ取り、バッタのところへもどったら、車にひかれてもうペチャンコになっとった、
わたしが、路を横切るとしたとき、車が1台走りました、
なんと、ソレに轢かれてしもうたみたい、
ナム~~~

なんか、むなしいですなぁ~、

落ち込んだらあかん、
がんばって、“「情熱大陸」”に取り組みますわ、
尺八で吹くには無理な曲かもですがね、

追記(午後5時50分)

葉加瀬太郎作曲の「情熱大陸」を、ナントカシテ、尺八で吹いてやろうと挑戦中、
オカリナ譜の無料閲覧サイト見つけ、で、ソレと向き合っていますが、こんなヤヤコシイ譜面はわしゃ生まれて初めて見た、
尺八譜の記載技法には、この譜を記載し得る手法がない、無いことないが、現実的ではない、
で、四半拍子の休止符を×印とすることで、対処中、

テンポがやたら速い、それをこのけったいな尺八譜で吹くのは難儀を超えている、
ダメだこりゃ、

が、本物を聴くと、エエ曲じゃのオ~~、
投げ出したくないなぁ~~~
数日間、この譜、睨んでいたら、どうじゃろか???
少しはこなせるようになるじゃろか???
望み薄ですなぁ~、
が、が、投げ出したくないなぁ~~~

葉加瀬太郎???
何者じゃ?????

追記(27日午前4時45分)

四半拍子の休止符を×印から→●印に替えました、すこし対応しやすくなった、
休止符のところは音は出さない、が、怠けて休むわけじゃない、グッとこらえて曲を生かすの役、
瞬時のカット技が必要、だが、ワシャ、肝心の頭の回転がおっつかない…
また、「情熱大陸」の情熱の意ですが、燃え上がる興奮・やる気のこと???
それって、若者の心にしか宿らんのとちゃうか???
わしゃ、この曲をエエ曲じゃのォ~~と、聴くことはデケル、
が、心を真に同調させて聴き得ているのかには、自信が無いですわ、
なんか、少し、バカバカしいような気持ちがね、あるわけです、
投げ出す寸前に来ております、

が、が、が…
尺八で見事に吹いているユーチューブ発見!!!
音源採取しました、
真似たいですなぁ~、
なんとかして、この尺八奏者の吹かれるのを譜面に採りたい!!!
が、わたしの力では3年掛かってもダメだろうと思う、
寿命との勝負、やってみましょうかねぇ~~~
やめておいた方がエエような気がするが…


| | コメント (1)
|

2014年8月25日 (月)

コレで1日遊べそう 「北海盆唄」

昨日の断続的大雨がウソみたいだ、

ひょっとしたら、自分も、いつ何時天災にあうかもわからん、
阪神淡路大震災の時も、わが家は潰れずに済んだ、
が、そういつまでも、エエ方バッカシとは限らんだろう、

あぁ~、先の太平洋戦争時、B29の焼夷弾でわが家は焼失したが、既に疎開していて命に別状はなかった、
小さな事故は何度も経験した、が、未だに生きながら得ている、

また、さし歯がポロっとはずれた、
釣ってきたタコを、タコ飯にして食っていたが、とたんに食い難くなった、

予定していた伽耶院・万燈会での尺八献奏が大雨で中止になり残念だった、
所在なくて、ロシア民謡「黒い瞳」を採譜し吹いてみたが、単調で簡単なメロデイだ、吹いた気にならん、
と、今朝、SさんのFBに掲載の写真に「北海盆唄」の三弦譜らしきものが映っているのに気が付いた、
で、この曲の無料閲覧五線譜をネットで探し得たので、コレを尺八譜に採ってみようと思う、

河童爺氏が採譜されたのがあるから、比べてみたら…
ナンジャコレ???
どうなっとるのや????

わたしが見つけた無料閲覧五線譜では、曲の出だしの最初の音が、♯・♭記号ナ~ンも無しの五線譜のさらに下第1線にあった、1尺八寸管では「ロ」の大メリ音になる音、
http://www.mu-tech.co.jp/FirstSongWeb/print_score2.asp
が、
河童爺氏の採られた尺八譜では、「レ」の音に採ってある、五線譜へ当てはめると、五線譜の第2線の音だ、
どちらが正しいのだろう???
ユーチューブで聴き確かめると、河童爺氏の方が正しそうだ、というか、「レ」とした方が耳には心地よい、
本当はどうなのだろう???

他にもアチコチ面白い差が見つかった、
今日は、コレで1日遊べそうだ、

| | コメント (6)
|

2014年8月24日 (日)

伽耶院・万燈会、大雨につき中止

残念ながら、今夜(8月24日)の伽耶院・万燈会は大雨のため中止になりました、

みなさん、大雨には、十分な警戒をいたしましょう、

わたし、拙宅で、「調子」「虚鈴」を献奏させていただきます、


俗界の 雨に負けるな  蓮華花  波平

| | コメント (0)
|

伽耶院・万燈会

昨日ですが、日差しがきついなぁ~と思っとったら、カミナリが鳴って、いきなりの豪雨だ、
ナンジャコレ!!!
どうなっとるのや???
が、が、これまた不思議、ほんの数秒間に、ピタッと止んだ、

数度、この繰り返しがあって、降りやんだ後の蒸し暑さ、これがまた難儀だった、

毎年、8月の地蔵盆では、三木市内の天台寺院・伽耶院・万燈会で古典尺八を吹かせていただいていましてね、野外の催しですから、雨のことが心配で…

23・24の両日にわたり、計6千本のお蝋燭に点火し、盆帰参のご先祖様の霊などをあちらの方へお送り申します、
この、送り火ロウソクに点火の間、多宝塔の縁に上がらせてもらって、ここで古典尺八「調子」「虚鈴」を献奏します、

陽が落ちた後の、寺院・多宝塔前の広場が会場でしてね、周囲はヒノキや杉の大木です、広い境内アチコチの灯篭(700其)に蝋燭明かり入っていますが、会場は薄ぼんやりの暗さです、
が、多宝塔前のロウソク3千本に火が付けられると、ボワ~~と周辺が明るくなる、
その明りのなかで多宝塔の縁に上がっている尺八連の姿が浮かび上がる、
頃合を見計らって、「そろそろ始めましょうか…」と小声で合図しあって、で、尺八連の尺八が尺八を吹く、

3千本の蝋燭を灯すにそれほど時間はかからない、皆さん大勢で一斉に灯しますから、約20分ほどです、
で、この約20分間、ゆっくりと吹奏します、バックミュージックって感じかな、
「調子」「虚鈴」そして、いまいちど「調子」で、ほぼ20分、
あぁ、吹奏は明暗流・對山派での献奏です、

様子はコレですわ、今年の写真ではないけれど、いつも同じようなことですわ、
ネ、薄ぼんやりですが、尺八吹いているのが映っているでしょう!!!

今日(24日)もやっとりますよ、


| | コメント (2)
|

2014年8月23日 (土)

女の気持ち

“女の気持ち”は、わからん、年取ったらますますわからんようになった、
“バァさんの気持ち”は、わからん、

わからんままに吹いてみる、

「女の気持ち」

「流転」

「紬(つむぎ)の女」

| | コメント (1)
|

”措置”する

同業(尺八吹奏ボランティア)のK氏が、某ボラン先で、わがまま爺さんのTVに往生されたらしい、
会場の後ろで、独り、TVを大きく鳴らしていた爺さんが居たらしい、
「…あの老人は、ホントはやさしいお方なのです…、気にしないでください」と、職員、

実は、わたしも、同じような経験があります、
会場の後ろで、ラジオを大きく鳴らしている爺さんが居られて、実に困った、
で、職員さんに、なんとかなりませんか、と、助けを求めた、
と、「あのお方は、いつもあの席でラジオを聴かれるのです、他の方ら(老人)も慣れとられますから、どうぞ気にせず進めて(尺八吹奏ボランティア)ください」
だった、

ラジオに負けまいと頑張って吹きますとね、爺さんも対抗してラジオを大きくする、
もう、どうにもならん、
が、ふしぎと、他の老人らはラジオの音に耐えておられた、
わたしを食い入るような感じで観ておられる、
どうなっとるのや??? なんでや???
わたし、時間内はとにかく頑張りました、

で、事後、施設責任者に、すこし話をさせてもらった、
が、話すほどに、こりゃダメだ、と、思った、
「申し訳ないですが、次回からのボラン訪問は辞退させてください、わたしには、今日のような場には耐える力がありません」と、申し出ました、

翌日、謝罪の電話がありました、上司から、お詫びしてくるように命ぜられた…とのことでした、

あの老人が居られないときならボラン訪問しても大丈夫ですよ…
が、そんなことを言うのは恥ずかしかった、
以来、その施設からは訪問依頼は来ませんし、わたしから接触もしていません、

未だに、胸が痛いのですよ、どうしようもなくつらい、
その一方で、
現場責任者が、老人の人間性を無視した処遇をしていること、コレ、許せないです、
老人を各家庭から一時的に引き離す、コレだけの認識で職務についていること、これって許せない、


<余談です>

福祉政策のありようは、昔と、今、とでは大きく様変わりしているように思います、
犬、猫の場合、「犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置について云々」の省令がある、
犬、猫の場合には、いわゆる“収容措置”が採られます、
人間の場合ならどうか???
行路病者(行き倒れの者)の場合は、⇒救護施設へ収容措置したりいたします、
最近は、収容保護するかな???

”(収容)措置”、嫌な言葉ですなぁ~、
使うなら、犬・猫などの場合だけに限定してもらいたいですなぁ~、
が、以前は確か…老人を特別養護老人ホームへ、“収容措置”すると、いうたりしました、
が、が、最近は、どうなのだろう、
老人を介護度に応じて福祉施設に“受け入れ保護”するとでもいうのかな???

 老人は、社会からじゃま扱いされ、
 職場から追い出され(定年)、
 自宅でも居場所を失い、
で、デイサービス施設などへ、自分では行きたくもないのに半ば強制的に送り出される、
送り出された老人側からすると、⇒”(収容or分離)措置”されたって気持ちかな、
姥捨て山へ捨てられた…の、気持ち、

姥捨て山、これすなわち⇒デイサービス施設などの老人福祉施設、
そんなことないですよね、
が、その施設の職員の意識はどうなのだろう???
“老人らを、各家庭から引き離し、預かる”
コレが仕事と心得ているのかな???
コレって、いわゆる、収容措置ですよね、

わたしの母は、自分の方から(興味半分)面白がって、老人ホームに入りたがった、
父の場合は、わたしが「…どうする??」と言うたとたん、真っ青になって、“この親不孝者め!!”て、睨みつけた、老人ホーム連れて行ったりしたら、その場で死んでしまったろうと思いますよ、

独りだけ離れてテレビにしがみつく老人、ラジオに聴き入る老人、どう処遇しましょうかネェ~、
ほったらかすしかないのでしょうか???
あまりにも寂しすぎませんか???
老人を責めるわけにもいかん、
やっぱ、施設側で、何とか工夫してほしいです、
工夫でけるはずだ、と、わたし思いますよ、放置するのはデッタイ止めて欲しいです、


あぁ、今夜は伽耶院・万燈会の日だ、雨は大丈夫だろうか???


| | コメント (5)
|

2014年8月22日 (金)

「あの素晴らしい愛をもういちど」

甲子園での夏の高校野球、わたしはさほど興味がないのですが、かみさんが気合入れて観ていて、で、ついついわたしも見入ってしまったりする、

応援席で女子生徒が、既に大人になりきった身体で、アレコレ趣向を凝らした応援をしている、
清新な印象があって美しいですなぁ~、

が、この高校生の時期は、どうなのだろう、
男子生徒と女子生徒とでは、精神発達レベルに段差があるのでは???
女性は既に成熟だ、が、男性は未だ未熟なのでは、
男子生徒は彼女の気持ちがわからんのでは??? 振り回されてしまうのでは???

「あの素晴らしい愛をもういちど」
この歌は、男子高校生の心の叫び声のような気がする、

前奏部分・間奏部分、は、尺八では吹奏不可能ですわ、歌詞部分だけをヅヅイ吹きしてみました、
古希も半ばのヅヅイが、大昔・高校生だった頃を思い出して吹くのだ、ピントはずれの感があるなよなぁ~、

「あの素晴らしい愛をもういちど」


| | コメント (0)
|

空気読み・潮読み

妹がひとり居ますが、主人が学校の教師だった、で、結婚以来ずっと朝日新聞を購読、
かみさんの実家は産経新聞、兄弟が3名いるが、全員・産経新聞、

気を付けなならんですぜ、購読紙に、知らん間に、考え方を刷り込まれてしまっとる、
脳ミソを差配されてしまっとる、
右や左に傾いていることにまるで気が付かない、

わたし???
日経新聞だけを購読、
やっぱ。擦りこまれてしまっとる、と、思いますよ、
加えて、わたしは、“あいつは変人だ”って大きな烙印を背負わされとる、
が、内心では、わしゃスッゴク常識的な、中道派だって思っとる、
いやまったく、笑っちゃうよね、

“空気を読む”このことの大切さを強調したいです、
脳ミソへ刷り込まれた偏よった思考経路、
…の、なかで“空気読み”だ、
オイオイ大丈夫かい???

回りくどい話は止めましょう、
釣り師にとって、必要なのか、空気読みじゃない⇒“潮の読み”だ、
昨日、沖へ魚釣りの出たのですがね、
“潮の読み”を誤ったみたい、

タコらは、スッゴク腹を空かせていて、餌を漁り食いたい気分であろうと、読んでいた、
が、案外そうでもなかった、
ハマチらは、サビキ仕掛けに、見境も無く食らいつくであろう、と、読んでいた、
が、彼らはサビキ仕掛けに見向きもせんだった、

マダコを6ハイ逮捕しました、ドデカイのが居て我が家の鍋で湯がくに往生した、

空気を読まないとダメ、潮を読まないとダメ、

世の中のアレコレに嫌気を覚え、あぁ~メンドクセェ~~、の、年寄りたち、
無理やり拉致誘拐で連れ来られたデイサービス施設、
オイオイ、言葉遣いが穏当じゃないぞ!!!
風采の上がらぬ、半分ヅヅイが出てきて下手尺八を吹く、…ウン、これは正しい言い方だ
で、老人らに、尺八聴きたいの気持ちがあるのか、無いのか???
そんなものあるはずない、
が、ここで、
この場の空気を、“尺八聴いてみよう”の空気に入れ替える、
コレッテ、上手に尺八吹く以上に大切なのですわ、

今日は、
この“空気造りの学習”に出かけてみようと思っとる、
某所で開催の老人対象の某演奏会へ忍者するつもり、忍び込むつもりです、
わたしはお呼びじゃない、が、対象老人らの中に紛れ込んでタダ聴きしてこようと思う、
ひょっとしたら、関係者以外は入場お断りかも、が、そうなっても、ワシャ、ねじり込む自信がある、

| | コメント (3)
|

2014年8月21日 (木)

真夏のカンカン照りのなか

魚釣り的に言うと、明日以降の数日間は野暮用があって魚魚らと遊べない、
今日は、潮的には、ブリ潮とは言い難いが、タコと楽しい話するにはエエ日だと思う、

NHK的に言うと今日の播磨灘は波が1メートルらしい、
コレは信じてよいのだろうか、故意の大げさ波予報なのではないか、
どうもわたしには後者のような気がする、
“いわゆる遅すぎた避難勧告”の非難を受けぬよう、NHKは大げさに、あらかじめ危険を報じておこう式の報道をしているのでは???

が、天下のNHKが、いったん、波の高さ1メートルと報じたら、波だって、ボンヤリはデケンだろう、
頑張って1メートルにならんとも限らん、

あぁ、瀬戸内海・播磨灘の波・1メートルは、プレジャーボートで沖へ出て魚釣りデケル状況じゃない、この海域は水深が2・30mしかなく、浅い海だ、浅い海での波は波長が短い、波長が短い中での波高1メートルは、いわゆる寸詰まりの波だってことで、ガッボン・ガッポンにギザギザ波だってこと、魚釣り気分じゃないってこと、

わたしは、この海域で、50年以上も魚釣りしていて、自分でも気づかぬ間にこの海域の波の揺れに体調があうようになっとる、
時期時期のお天道様の照り具合にも…真夏のカンカン照りのなかでも意外と平気なのですわ、
愛艇「はまちどり」は24Ftのプレジャーボートですが、真夏の海で、日除けも無いカンカン照りの中で、ワシャ帽子もかぶらず、上下1枚だけの軽装で、ほぼ平気で10時間ほど浮かんでいて、で、これがわたしの健康管理になっとる、
が、が、時に、友人知人をお招きし同船すると、ゲスト氏らは、わたしの気づかぬ間にダウン状態になっておられる、わたし、ハッと気づいてコリャ・ヤバイと、艇を戻すが、おおむね遅すぎたってことが再々だ、

今日は、わが家に、かみさんの来客がある、わしゃ、これを口実に、今日はタップリ・ゆっくり沖で遊んで来ようと思う、家へは夕刻帰宅すればエエと思っとる、

かみさんが、タコばっかし仰山持って帰らないでね、と、言うている、

| | コメント (0)
|

2014年8月20日 (水)

「長崎の鐘」

「熱き心に」って歌、小林旭が歌って流行った歌、
わしゃ小林旭は好かん、
どこか投げやり的な身振りで歌うオッサンに「熱き心に」は似合わん、

甲子園・高校野球も好んで観たいとは思わん、
が、かみさんは観ていて、いつも、やっつけられている方のチームを応援しながら、
「それいけ!!!」とか、「打て!!!」とか、独りでワイワイいいながら観戦しとる、

わしゃ、ベンチで応援の、その他大勢の野球部員らが気になってしょうがない、
彼らに鬱屈した気持ちが無いはずないと思うからなぁ~、
選ばれたレギュラー選手たち、
ベンチ入りにとどまった者、
そして、観客席でメガホン応援の者ら、

わしゃ、間違っても彼らの監督ナンカになれませんわ、気が弱すぎる、
彼らを上手下手に分けて、差別、否、区別し、観客席へ追いやることなんかデケンですなぁ~、

わたし、何事によらず、いつもその他大勢のなかの、それも常時下っ端だった、
この位置のシンドさはよう解る、
わかりすぎてヨヨイノヨイ…なんじゃそれ!!!

…だのに、自分より下手とは合奏したりするの嫌ですわ、
合奏途中、けったいな音程狂いの音出されたら、もう勘弁してほしいと思う、
あんたもう吹くのは弾くのは止めろ!!
…と、思うし、実際に口に出してしまうことあるよ、

わたしは合唱団へはデッタイは入れないと思う、
わたし自身が下手のこともある、が、それ以上に、わたしの隣で歌う人が、調子狂いで歌ったりしたら、もうダメ、わたし「あんた、あっちへ行け!!」って言いかねない、

この気性,、自分でシッカリ自覚していますがね…
だのに、どうしたことでしょう???
老人ホームで、老人らの歌声に合わせて尺八吹いているのですよね、

わたし、けっこう、この時、嬉しいのです、自然とニコニコしてしまう、
ヘタクソな老人らの歌声が、妙にきれいに聴こえてくるのはどうしたことでしょう????

老人らに楽しく歌ってほしいと思い、四六時中、自宅で稽古しています、頭の中では下手なジイサン・バァサンらが歌っとるのです、
ウヌッ、歌いにくいようだな、って、思うことがある、
で、老人らが歌いやすいように気くばりしながら吹きます、
テンポがなんぼか遅くなる、
全体の演奏速度は遅くなるわけだけれど、休止符のところや、四分音符・八分音符の箇所は、逆に寸詰まり気味で吹きます、老人らの歌声に合わす際はこの調整が妙に生きてくる、

さらにコツらしきこと言いましょうか、
曲中には盛り上がって歌声が大きくなる部分、と、小さな声で唄う部分がありますよね、
尺八伴奏の場合は、ここを、逆吹きするです、
老人らが気分出して声を張り上げたら、そこは尺八の出番じゃない、きもち小さく吹きます、
老人らがやさしい声で小さく歌ったら、そこでは尺八を充分吹いて老人らの気分を持ち支えます、
要するに逆吹きですわ、

もう少し、喜びというか、嬉しさ、のことを言いましょうか、

一生懸命吹いていて、目の前の席の老人がウトウト昼寝し始めることがある、
コレッテ、実にうれしいのです、
デイサービスに連れてこられて、老人は緊張していた、
が、しばらく、尺八の音を聴いていたら気持ちがほどけて、ねむくなったのだね、
介護職員の方が、老人を起こそうとなさる、
わたし、「そのまま、そのまま、起こさないでください」と、お願いする、

わたしが吹く曲を邪魔するように、必ず、別の曲を口ずさみ、他の老人らの気分を害する老人、これも、よくあることです、が、これもわたし嬉しい、これって老人からのリクエストですわ、
アンコール要請もあるよ、今、吹いたばかりの曲を、いつまでの口ずさんでおられる、アンコールのサインですよね、わたし、応じますよ、と、ほかの老人らも、前にまして大きな声で唄われますわ、なかなか次の曲へ移れないですなぁ~、

さぁ、今日も、稽古しようかな、

「長崎の鐘」

| | コメント (0)
|

2014年8月19日 (火)

「熱き心に」

五線譜とコレ見て歌うのとの関係ですが…、
流行歌・演歌の場合についてですが…
A) 五線譜が正しいのか、
B) コレ歌って流行らせた歌手の歌い方が正しいのか、

五線譜を、アジつけて歌ってはやらせた、歌手の手柄をどう評価すべきか???

小林旭が歌って流行った「熱き心に」って歌がある、
この歌は彼が歌って、で、命を得た、流行った、
が、彼は、彼なりに曲を租借し彼様に歌ったのだった、
と、なると…どう考えたらエエの???

わたしは、小林旭の方へ軍配を揚げてみたいのですよね、

イ) 竹友・河童爺氏が、彼・小林旭の歌を聴いて採譜しました、
ロ) わたし、波平は五線譜を見て尺八譜に変換しました、採りました、
二つの譜面・イ・ロ、は、(上述の理由で)微妙に違うのですわ、

イ) を、中心に置いて、少し、ロ)で修正し、混ぜて二つに割ってひとつにしました、
ナンジャソレ???
吹いてみましょう、
(注・わたしの吹き間違いが、さらにコレに加わっとるのだよ)

「熱き心に」

ダメだこりゃ!!!
コンナ曲を、老人ホームで歌ったりするのかい???
ウソだろう!!!
音程や、テンポ・リズムに、超鋭いか、逆に、べら棒に音痴なお方か、で、ないとこの曲は歌い得ないと思いますよ、
わしゃ、降参だ!!!

| | コメント (3)
|

現場判断

今までに経験したことのない大雨が降って、河川氾濫、山崩れなどなど…
救助隊が出る、が、二次災害を恐れ、本格的な救助作業は夜が明けてから、雨が上がってから…
の、間に、被災者は亡くなってしまう…
やりきれんですな、

いったん救助に向かいながら、二次災害の危険を感じて救助作業を中断の救助隊、
その後の隊員の心の重荷はどうしましょう???

亡くなった方は無残だ、残念だ、
あの時、もう少し自分らが頑張ったら救助し得たかも、
…この重荷をどうしましょう、

波にさらわれた人を見て、とっさに救助に飛び込み、自分もおぼれて死亡のニュース、
コレ、多いですなぁ~、
思わず救助に飛び込むのですよね、

わたし、艇で沖へ魚釣りに出ますが…
艇に乗り込んだら、まず最初に救命胴衣を身に付けます、
ホントは、艇に乗る前に付けた方がエエ、
が、最近は乗り込んでから着るようになった、
油断だね、救命胴衣は艇内に置いていますのでね、艇に乗り込まないと着られない、

が、以前は、艇に乗る前に付けていた、
付けていましてね、で、命拾いしたことが2度あります、
1度は、冬2月の超寒い時だった、マリーナ水路が薄氷に覆われていた、
艇に乗り込もうとして、氷に滑り転倒し、そのまま水路にドボン、
未だ夜明け前の5時頃のこと、周辺にはダァレも居ない、
桟橋にしがみつこうとしたが、桟橋の上にはナニも掴み得る物がなかった、あるにあった、が、それ掴み得てもどうにもならんかった、ナニセ厳寒期の身支度です、重くて自分の身体を引き揚げ得ない、水温5度の海中だ、5分以上は生き得ない、
が、浮いていた、救命胴衣を既に着込んでいた、
艇と、桟橋の隙間へ身を移動させ、何とかモヤイロープを掴み得て、必死の思いで這い上がりました、

2度目の命拾いは、艇から桟橋へ降りる際のことだった、
艇から桟橋へ余裕を持って降り得ると思った、が、フウ~と艇が桟橋から離れ桟橋へ渡りきれずにドボン、
未だ、救命胴衣を着けたままだった、
詳細は省きます、同船者が居たけれど頼りならんかった、同船者はビックリして眺めていただけだったなぁ~
わたし、ドボンのなかから、大声で「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と大声で叫んだですわ、

艇内には、常に、万一のことを考えて、ドボン時の着替えを一式積んでいます、

まず、救命胴衣を着けます、
同船者にも勧めます、が、どうしも着けるのをいやがる人がある、無理強いはしません、
が、自分は常につけます、
とっさの場合に投げる救命ブイを、常に、手に採ればすぐに投げ得る位置に置いている、

艇友にはユニークなお方が居られましてね、
ゲストを艇にお招きしたさい、まず、因果を含めた若い衆に、ゲスト前で、ドボンと落水演技させるお方がありました、
招かれたゲストはビックリ仰天です、乗船後嫌がらずに必ず救命胴衣をお付けになる、
艇友氏「あいつは上手く落ちる」と上機嫌だった、

テレビで、遭難者救助で、いったん救助打ち切りのニュースが流れる、
やりきれん思いで見るのです、
オイ、オイ、ココはあの国じゃないぞ、日本だぞ!!!
夜になったから、雨風が強く危険だから…救助中断するのか!!!

現場判断に、ゴチャ言うのはよくないです、
みなさんホント御苦労なさっとるに違いない、
のんきな隠居で申し訳ないですなぁ~~、

| | コメント (0)
|

2014年8月18日 (月)

時代の流れ

わたし、昔から、時々、老人ホームなどへ、ボラン吹奏に出かけていました、
が、定期的に、本気で始めたのは約7・8年ほど前からですわ、
月に20回も施設訪問したりしたことがあるよ、が、さすがにコレは長続きしなかった、
最近は月に4~5回です、今月は7回、来月は6回ですが、この程度がもう限界かも…

いわゆる演奏会形式は採りません、
尺八で、老人らの歌の伴奏をする、の、スタンス、

老人らからのリクエストは、原則、応じていません、どうしてものことなら、適当に応じたりしますがね、
が、コレやると、カラオケボックスになってしまう、
カラオケ好きなお方へ偏り過ぎて、一般のジイチャン・バァチャンがポカ~ンとする、
で、選曲は、わたしの誤解と偏見で勝手に決めている、

プログラムは、老人施設の地理的環境に沿って、適当に随時変更します、
たとえば…
 A)都会的に開発されたマンション団地の中にある老人ホームの場合、
 B)昔からの農村地区の地縁的つながりの強い田舎社会の中の老人ホームの場合、

介護度の高い特別養護施設、
要支援レべルの施設、
あるいは認知症レベル、
などなどによって、それなりのプログラムを考えます、

が、最近、更に思わぬことに気が付きました、
プログラム編成に、根本的な修正の必要を感じるようになりました、
尺八吹奏ボランティアを始めたのは、上述したように、7・8年も前です、
そのころに初期のプログラムを作ったのだった、で、その後も、常に適宜修正を加えてきたのだった、
が、が、8年の歴史(?)のなかで、知らん間に使用曲が古くなり過ぎていることをウッカリしていた、
わたしは、常時曲・曲に親しんでいて、曲が年代的に古くなり過ぎていることに気が付かんかった、
が、が、老人施設を利用なさる老人らは8年間を経て、随分、新旧の交代があったのですよね、

具体的に言いますとね、
先の大戦・敗戦時の混乱期のはやり歌が、最近のデイサービスでは、通じ難くなってきたのです、
歌手で言いますと、コロンビアローズとか、宮城まり子とか、藤山一郎とかが、もうだんだん昔になりつつある、
軍歌を知らない、老人らが老人顔して施設をご利用なさっとる、「海ゆかば」をご存知ないお年寄りが居られたりします、

使用曲を10年ばかり、今現在の方へ引っ張り上げる必要を感じるわけです、
終戦前の昔の曲、及び、終戦時の混乱期の曲からの脱却です、
原則、未だ歌手が生存中の歌への大転換が必要になってきたってこと、
わたし、実は、すこし途方に暮れているのです、
わたしはびっくりの古臭いヅヅイだったみたい、
使用曲を今様のものへ引っ張り上げるのに、苦痛を感じるのです、

竹友の河童爺しが、小林旭の「熱き心に」に挑戦し、尺八譜を調整なさろうと頑張っておられる、
8年前には、こんな曲は、老人ホームでは使わなかった、
が、いまどきのホームでは、コレが必要になりつつある、河童氏もこの変化にお気づきなのだと思う、
わたしも、河童氏にくっ付いてこの難関を突破してみようと思っていて、
で、最近、村田英雄や森昌子などなどに挑戦しているのです、
が、この小林旭の「熱き心に」は難しいですな、

時代の流れかぁ~、
この際白状してしまいますが…
ひょんなことから、最近、わたしの住まいの隣町で、それも愛艇を係留している漁港のすぐ近くで、若いピアニストが、ピアノ教室する傍ら、精力的に、あちこちでライブ演奏しとられるのを知ったのです、
未だ、お会いしたこと無いけれど、その様子を、彼女の老人施設でのライブを、参観してみようと思っとるのです、

参観したら、キット、わたし、自分の古さに気づいて落ち込むことになると思う、
ひょっとしたら、ドッスン落ち込んで、立ち上がれないかもしれない、
もしそういうことになったら、“今虚無僧”活動の幕引きにしよう、と、思う、
参観日が迫ってきました、今週の金曜日です、

このお方です、
http://penguinsha.jimdo.com/プロフィール/

| | コメント (0)
|

アモーレ アモーレ

思い切って10万円も出せば、いちおうわたしの欲しい楽譜集は揃え得るように思う、日本の唄・曲、世界各国の歌・曲を…
軽四を中古で買っても、この倍・三倍・四倍するじゃないですか…
調律尺八1本の買うより余程安いですよね、
が、年金生活の細々生活です、楽譜に10¥万円は無理、
今までに購入していたのを、繰り返し、繰り返し観ていましてね、もう、見飽きてしまった、

図書館から、見たい楽譜本を借り出す手段がある、
が、2週間したら還本せなならん、自分用の書き込みは厳禁、つらいですなぁ~、

「Sinno' me moro」(アモーレ アモーレ アモーレ…)の曲を尺八譜に採ってみたいのですわ、
が、五線譜が手に入らん、

なにかの拍子に“コレを採りたい”と、フッと思うわけですよ、
と、もう、どうにもならん、
コレを尺八譜に採って吹かなければ、世の中がひっくり返るような気がする、
世のなかに、これほど大切な緊急事は他には無いような気がする、

いろいろ考えますが…
世の中に、著作権法ほど人間性に害をなす悪法は無いと思う、
これさえなければ、人類の音楽生活は、際限なく豊かに幸せになり得るのに…
好き勝手に、どんな曲でも尺八譜に採って遊べるのに…

なんでもかでも、お金で売買、嫌な世の中だ、

あぁ、夏場の魚釣りには、水分補給がデッタイ必要です、
わたしは、最低でも2㍑のスポーツ飲料を持参します、タダの真水では身が持たん、岩塩の塊を買ってきて、ソレを舐め舐めしながら水道水飲んでみたことがあったが、岩塩にも結構味が付いていて、コレが癖の強いアジで、舐めすぎると吐き気がする、やはりここはスポーツ飲料が最適です、

が、ローソンやセブンイレブンなど、24時間OKのコンビニ店で買うと、これが結構エエ値になっとる、なんと3百円台だぜ、廉価食品スーパーだと、139円台の商品が、なんでか倍以上の値になっとる、許せんなぁ~、

実は、今日も、沖へタコ釣りに出てやろうかと思っとったのです、
が、昨日の疲れで、今朝は遅くまで寝ていました、朝起きて後もダラ~としていたら、時間がズルズルすぎて、あっという間に釣り行き時刻が去っていた、
で、結果、上述の“アモーレ アモーレ”だ、
なんのこっちゃ???
調べました、イタリア語で“愛”のことらしい、


| | コメント (0)
|

2014年8月17日 (日)

「夫婦春秋」「花と竜」

わたし、自分では結構パソコンを使いこなしているつもりでいるのですがね、
が、ホントは、とても使いこなしているといえレベルでは無いみたい、
ごく初歩の未だ入門し得ていないレベルみたい、
落ち込み、落ち込み、ですわ、

タブレットパソコンは、つい先日、かみさんの末の弟の嫁はんが持っていたのを、生まれて初めて触らせてもらった、触っただけで、使ってみたわけじゃない、使い方をワシャ知らない、

今日は、魚釣りの弟子(?)ユリタロウと、いっしょに沖へ出でタコなど釣って遊んだが、
「波平さん、携帯電話がドライイブ・モードになったままになっとりますよ」と、言った、

「ドライイブ・モード??、それナニ???」
「ほら、“自動車運転中で電話に出られない”の、設定になっとる」と、ユリ、
「そんな設定なんぞしとらん」と、わたし、
「でも、その設定になっとる、だから…誰からも☎掛かって来ないでしょう」と、ユリ、

魚釣りで忙しかった、
彼が、「あとでわたしがキチンと、直してあげる、と、言い、
アッソー、と、わたしが言い、
タコ釣りなどに夢中になって、二人とも(携帯電話の設定直しを)すっかり忘れてしまっていた、

釣りから帰宅し、今、このこと思いだし、かみさんに
「オイ、そっちからパッパの携帯電話に☎通じるかどうか掛けてみてごらん」
「電話に出られません」と言うているよ、と、かみさん、
アリャァ~~~、

いつから、わたしの携帯電話はこんなことになっとったの???

ドライブモードになっとるのを、解除したい、と、アレコレ・アレコレ試しますが、さっぱりわからん、
業を煮やして、天眼鏡を持ち出し、携帯電話の文字盤を拡大し、克明に調べてみました…
オォ!!!これだ!!!
携帯電話文字盤の最下段「7」の下のキーに、小さな小さな自動車の絵が付けられているのを発見、
思い切って、このキーを押しました、
と、「ドライイブ・モードが解除デケタ!!!

いつから、わたしの携帯電話は、ドライブし続けていたのだろう???

魚釣りから帰宅し、シャワー、冷たいビール、そして、尺八に挑戦です、
今日の魚釣りは、ユリタロウが力作業を一手に引き受けてくれたので、わたしは、デンデン疲れていない、
尺八吹く元気が残っとるのだ、

村田英雄の2曲に挑戦、音域幅が広く、尺八向きでないが吹いてみよう、
「夫婦春秋」

「花と竜」

| | コメント (1)
|

波は凪いで静かな方がエエ

関門海峡を愛艇「はまちどり」で単身何度か走り通った経験がある、
海峡を東から西へ抜け出ると玄界灘になるのだが、玄界灘海域へ入る直前の未だ鳴門海峡出口すぐを左へ転舵し、水路を入るとそこが洞海湾、湾全体が狭い水路だ、湾口も狭い、レーダーとGPS画像を確認しながらの航行でないと、初めてここを走る際は水路入口の確認すら難しい、
わたしは、危険だと思い、初手からココへ艇を進めることは考えなかった、

が、今、思うと、惜しいことをした、
やはり洞海湾へは走り込んでみるべきだった、

竹友・河童爺氏が、村田英雄の「花と竜」の尺八譜を採られた、
ソレ見せてもらって、あれこれ想いを散らかし、ボンヤリしている、
今、8月17日午前1時、
実は、16日午後11時半過ぎには既に起床し、それからずっと「花と竜」と向き合っている、

こんな深夜に、尺八を吹くことはデケン、
で、イヤホン耳に突っ込んで、ユーチューブ音源を聴いている、
村田英雄の歌を片端から聴き続けている、

浪曲声だ、が、その気になって聴くと、実に音程しっかりした見事な歌唱である、
鍛え上げた喉、すばらしい!!!
音域幅の広さも半端じゃない、裏声を使うわけじゃなく地声で苦も無く歌い上げる低音・高音、
みごとだ、すばらしい、

夜が明けたら、さっそく、河童爺氏採譜の「花と竜」を吹きたいが、今日は、朝5時になると釣友・ユリタロウがやってきて、二人で雨のなか沖へ出てみることになっとる、
雨の中の釣りになると思う、
わたしは隠居身でヒマヒマ時間たっぷりだから、なにも雨の日に魚釣りに出なくても、天気良い日に出ればエエのだが、(明日18日には天気が回復し凪の釣り日和になるのはほぼ間違いないのだが…)彼:ユリタロウは勤め人だから日曜日しか遊べないわけだ、付き合うしかないよなぁ~、雨、あがって欲しいなぁ~、

あぁ、「花と竜」の歌詞はご存知ですか???

♪♪ 波も荒けりゃ 心も荒い 度胸ひとつの 玄海男…♪♪

わしゃ、波は凪いで静かな方がエエ、心はナヨナヨで度胸なんぞ無いですわ、
玄海男じゃない、播磨灘のクソヅヅイ、

あぁ、「花と竜」は洞海湾の歌ですぜ、

| | コメント (0)
|

2014年8月16日 (土)

何度吹いても、このわたし自身が気に入らん

尺八吹きは、拍子とるのも、リズムとるのも、メロディに乗るのも、デンブ下手なのですよね、
中には上手なお方も居られるけれど…

わたしは、ごく並のというか、むしろ我流のドベタ尺八吹きだからなぁ~、

拍子、コレが一番の苦手です、
リズムにも、メロデイにも、自分勝手なかかわり方しかデケン、

このプレッシャー(?)の中で一生懸命吹きますが、
が、何度吹いても、このわたし自身が気に入らんのです、
どうしましょう、

「愛傷歌」

「涙の連絡船」

| | コメント (2)
|

あした天気になぁ~れ!!!

気象庁の天気図観ると、やたら長い停滞前線(凸凹印の付いた嫌らしい線)が描かれている、
九州北部・瀬戸内海・東海地区を覆い、そのまま延々と太平洋沖へんながれ続いている、

梅雨時期はコレを梅雨前線という、が、今のは秋雨前線かな、
コレ(停滞前線)さえなけれは、絶好の釣り日和なのに…
小雨が降ったり止んだり、風も…
沖へ魚釣りに出たいのに…

明日17日はどうでしょう~、
今日に比べると、停滞前線も幾分か気合が抜けてナヨナヨ線になっとるような気がする、
が、わからん、

とにかく、今日のことだ、さて、ナニして遊ぼうかなぁ~、
考えるまでも無いですわ、テレビドラマ観て、尺八吹いて、で、今日の1日です、

あぁ、テレビドラマですけれど、韓ドラは未だに1度も観たことない、観たくない!!!
観るのは⇒必殺番組・相棒・京都地検・浅見光彦・おばはん刑事・そして西部劇などなど

夏の甲子園高校野球、わたし観ていません、
“人生これっきり”の切羽詰まった、ヒステリック寸前の若い衆の顔見るのはワシャ好かん、

それにしても、犯罪ドラマ・刑事ドラマが多いですなぁ~
筋立てですが、なぜ、犯罪に走ったのか、の、必然性がオモロイ、
ナゾ解きも、あまりにもわざとらしいのは、興ざめだ、

今朝の内田樹先生のブログにおもろいことが書いてあった、
先の大戦後の、極東国際軍事裁判(東京裁判)のキーナン検察官の最終論告の話、
「…被告25名(戦犯?)らは、皆一応に、戦争を惹起することを欲しなかったというのであります、彼等は他に択ぶべき途は開かれていなかったと、平然と主張致します…」
と、キーナン検察官、

刑事物テレビドラマですが、最後には必ず犯人が見つかって、で、逮捕される、
で、犯人は言います、
「もう殺すしかなかった、悪いのはアイツの方だ、わたしはナァ~ンも悪くない!!!」

高校球児らですが…、「僕らは全力を尽くした、だが試合に負けた…」と、クヤシ涙をながす…
周囲はそれを見て、
「ようやった、頑張った、あそこまでやったのだ、見事だった!!!」
と、変に褒め言葉を与える、
周囲から変に褒められ続けて…で、球児らは、やがて高ぶった自己評価の落とし穴へ落ち込むかも、かも…
と、コレがコワイですなぁ~、

幸いと言うべきでしょうか、
わしゃ、今まで、いちども、自分を高ぶった自己評価の穴へ運び得たことない、
命からがら逃げ得たことがあっただけ、これは、数度も、数度も、何回もあったけれど…
これも、又、ナサケナイの極みですなぁ~、

あした天気になぁ~れ!!!

| | コメント (0)
|

2014年8月15日 (金)

「愛傷歌」 吹き直し版です

整った尺八譜を得たので吹きなおしてみた、

楽譜は完全だと思う、が、どうしても完全には吹き得ません、ほんのチョイですが、吹き誤りがあります、

お盆にピッタシの歌ですな、
老いて、年々お盆をアホゲタ顔で迎えるのが、なんだか妙に申し訳なくなってきた!!!

| | コメント (3)
|

「悲しき口笛」「悲しき竹笛」「真っ赤な太陽」

今日は和尚さんが棚経あげに来てくださる日でしてね、お待ちしているのです、
毎度のことですが、午前中にor午後おそくに、の、来てくださる時刻がさっぱりわからん、
で、終日、ボヤァ~と、お待ちしますがね、
で、で、お越しいただいて、仏壇前で、2・3分のお経です、それで終わりだ、
ありがたいですなぁ~、お経が始まったら、もう終わっている、
まるでウタカタの人生みたい、はかなくて、無そのものですわ、

ボヤァ~ばっかしでお待ちするのも芸がない、
口笛・竹笛・そして太陽です、

「悲しき口笛」

「悲しき竹笛」

「真っ赤な太陽」

| | コメント (0)
|

ナンボにしましょうか??

世の隠居ジジイらは、日々、どのような過ごし方をしているのでしょうなぁ~、

我が家でのわたしの仕事ですけれど…
 飼い犬の散歩
 分別ゴミの運びだし(ゴミ出し場へ運び出す)
 電気料金が安い夜間時間帯に、ご飯炊くスイッチON、ポットに湯を沸かし入れて置く、
ダケですわ、

で、思うのですが…
分別ゴミの仕分けってけっこうムツカシイですな、
ゴミの種類ごとに排出日が決まっていて、これって、不都合なことが再々あるよ、

産業排出物のことはべつにして、いわゆる家庭ゴミの類は、今、難儀なことになっとるように思うがどうなのだろう、
家庭ごみ専門に扱う会社を立ち上げ、いわゆるベンチャービジネスに育て上げたらどうでしょうね、

“魚釣りのゴミ”のことですけれど…
釣り針や、釣り糸、飲料水の空きペットボトル、そしてエサの余りなどなどのことですが…
コレ捨てるに、いつも往生するのです、
で、思い出しましたが…
以前、対馬へ行っていたとき、あそこは韓国からくる釣り人がとても多いのですが…
彼らが釣った後の磯一帯は、スッゲェ~ゴミの山だそうですわ、
韓国・中国からの観光客はお金もばらまく、が、ゴミもばらまく、まったくなっとらんですな、

釣り具店ですけれど、
なんで、“魚釣り後のゴミは我が店へ捨てに来てください”のPRしないのだろう???

“釣り場のゴミ捨て客歓迎”のPRに踏み切ったら、
ほぼ間違いなく、来客数が増えると思いますよ、激増かもよ、
売り上げはデッタイに急拡大すること間違いないですわ、


もう梅雨前線とは言わないのですよね、天気図観ると、停滞前線が山陰沖にベタァ~と寝そべっている、
不安定な天気だ、
明日も、明後日もおなじような状況らしい、
沖へ魚釣りに出たいのに…

あぁ、今日はナニごみの分別収集日だったかな???
確かめました、
なぁ~んも、ゴミ出したらアカン日でした、

<以下は余談です>
捨てた方がエエ老人らって、実に多いと思いません???
老人排出日ができたりして…
“ご高齢ご老人の葬儀は、格安にて承ります”
の、PRしたら、その葬儀店、間違いなく大繁盛すると思いますよ、
釣場ゴミ捨客歓迎の、(釣り具店商法の)応用編ですわ、

年齢別葬儀代金表を貼り出しましょう、
 百歳以上…タダ、付録に紅白まんじゅうお供えします
 90~99…1万円
 80~89…2万円
 70~79…ナンボにしましょうか??
わしゃ、今、74だけれど…

| | コメント (0)
|

2014年8月14日 (木)

興行(?)

今月の尺八吹奏ボランティアは、7回を予定しています、
昨日はそのうちの4回目だった、今日は5回目をやります、
ちなみに、来月(9月)は、既に6回の予定が決まっています、

このボラン活動は、今や、わたしの生活に溶け込んでしまっていて…
で、出かける際は、昔・サラリーマンだったころの出勤気分そのものです、
「行ってきまぁ~す」
と、かみさんに声をかけ、道具一式軽四に積み込んで出かけます、
終えて帰宅したら
「ただいまぁ~」です、

が、1興行(?)やったら、ゲンナリ疲れます、
身体の疲れというより、心の、気持ちの、疲れではないでしょうか…

だって、わたし自身、すでに老人ホームで厄介になりたい年齢になっとるからなぁ~、
ブログなど書き散らしはするけれど、自宅に引っこんだままの世間狭いヅヅイ、

ボランティア活動、いつまでデケルかなぁ~、って、不安が頭をよぎります、

要は、わたしも、面倒をみて欲しいのですわ、
訪れた先の施設でのことですが、訪れた際は、わたしも、施設で面倒見てもらっとる老人のひとりとして数えて欲しい気持ちが少しある、

わたしと同年齢のお方が結構施設利用なさとられますよ、会場に、お客様然としてお座りになっとられる、
だのに、なんで、わたしはいつも自費でボランティア・サービスする側に居らんとならんのや???

尺八吹奏ボランの道具立てですが、けっこうアレコレの荷がありましてね、コレの搬入搬出、設営撤去が、苦労なのです、が、すべてを、全部を、わたし独りでやっとりましてね、コレッテ大変なのです、
が、施設職員の方々は、ほとんどナァ~ンも手伝ってくださらん、

モタモタした手伝いはかえって邪魔なので、それが、わたしのそぶりに直に出ているのだと思う、
わたしは気持ちがすぐに顔色に出てしまう性質ですわ、
で、施設職員さんらからすると…
波平ボランティアさんの時は、ホッパカシておいた方がエエ、…に、なったみたい、
が、が、ワシャやっぱサビシイ、

今日の興行(?)を終えたら、来週末まではフリ~、
で、また沖へタコ釣りなどに出てみようと思う、
こう思うと、元気が出る、
大きなハマチも釣るつもりだ、
と、ますます元気が出る、

| | コメント (4)
|

2014年8月13日 (水)

「カラス女房」「愛傷歌」「逢わずに愛して」「あずさ2号」

お盆の番の週は、どうしても気分が沈みがちになりますなぁ~、

尺八吹奏上では、すこし吹き辛い曲ばっかですが、気分沈みのついでに沈下吹きしてみました、

「カラス女房」

「愛傷歌」

「逢わずに愛して」

「あずさ2号」

あぁ、河童ドン、友限定とうとうたどり着きましたよ、

| | コメント (2)
|

沖へ出たい

播磨灘北部一帯の海況が知りたいですなぁ~、
台風11号の大雨で海は濁っていると思う、
ゴミがたくさん漂っていて、で、艇のペラに絡まったりの恐れがあるのでは???

浮遊物が、たとえばロープの切れ端とか、ドンゴロス(麻袋など)とか、ビニール袋とかとか…
これらが、ペラ(スクリュウー)に絡まりますとね、たちまちエンジン・トラブルです、

わたしの現有艇は140Hpの船外機(エンジン)仕様艇ですが、
もうエンジンを破損させたりは嫌です、

このエンジンは、以前のエンジンが高速走行中に浮遊ロープを巻き付けて急停止し、破損してしまったために新たに買い替えたエンジンなのです、
破損させたのは150Hpのエンジンだった、
エンジン価格ですけれど、メーカーにもよりますが、だいたい1Hp(1馬力)あたり1万円です、150Hpだと150万円ってこと、コレが一瞬にしてパァ~だ、

以前、日本列島を愛艇で1周航海した際は現有の艇ではなく、さらに大型の船内機使用のアルビン28って艇を使ったのだった、中古艇を買ったのです、
購入後間もなくエンジン(315Hp9)を破損しましてね、で、新機(375Hp)エンジンに買い替えました、コレは高かったなぁ~、本格的な大型艇のターボ仕様船内機ですからね、500万円チョイだった、
実は、コレも、破損させてしまった、この艇は故障頻発で修理代が半端じゃなかったなぁ~、

で、その後、今使用している24Ft艇に替えたのですが…
上に述べたようにコレも浮遊ロープ噛んで破損です、ペラのシャフトがネジ曲がってしまった、
で、で、今は、その後にサイフ逆さに振って購入した140Hp4サイクル船外機を使っているってこと、
もし、これも、沖を走っていて、浮遊物がペラに巻き付いて、で、破損させたりしたら…
もう、もう、ダメ、もうサイフは空っぽ、逆さに振ってもゴミも出ない、どうにもならん、

そもそもが、メチャクチャ人生なのです、
海へ出たい、の、気持ち、これを押さえきることがどうしてもでけん、

手漕ぎのゴムボートを買って、沖へ漕ぎ出したのが、24・5歳の時だった、
すぐに物足りなくなって、FRP製のチッチャナ艇を買って、軽四の屋根に積み、コレに5馬力船外機エンジン載せて沖を走った、軽四で走りまわり、アチコチの海へ出たよ、面白かったなぁ~、
が、チッチャナ艇で、艇内で立つと、安定を崩しひっくり返る恐れがあった、
せめて、艇内で立ってオシッコでける艇が欲しいと思った、艇内に座ったままでオシッコするのって、気分良くないじゃないですか、
ってことで、17Ftの艇を買った、50Hp船外機艇だった、これも中古だった、
が、少し波が高くなるとヤバかった、
で、で、また、また、少し大きな艇に乗り換えた、乗り換え、乗り換えを繰り返し、とうとう上述の愛艇で単独日本列島1周航海をやり遂げた、
で、今に至っているのですわ、

台風11号の大雨で瀬戸内海・播磨灘には大きな危険な浮遊物が漂っているのです、危険です、
もう、艇を破損させたりは止めにしたい、ペラにゴミを巻き付かせたりは避けたい、
が、沖へ出たい、
沖の、様子が気になってしかたがない、

念のために言うておきますが、プレジャボートの遊びは身の破滅です、ある種の麻薬です、
コレで家庭を壊したり、会社つぶして破産したりのお方が幾人もある、
だんだんと大きなそして豪華な艇が欲しくなる、際限がなくなる、
実はわたしもそのひとりかも、もうダメ、ダメ、ダメ

が、わしゃ、尺八が好きで、で、なんとか助かった、
自宅にすっこみ、イジイジと、ひとりで尺八吹くだけで、わしゃ充分に楽しい、
…が、ヤッパ、沖へは出たい、
あぁ~どうしましょう…

| | コメント (0)
|

2014年8月12日 (火)

捨てても、捨てても…

小雨模様ですが今日は午前中にお盆の墓参りをしてこようと思います、

わたしは長男なので、自宅で仏壇のお守もしていますが…
甲・乙つけるつもりはないけれど…
お墓と、お仏壇と、どちらがどうなのでしょう???

お墓には遺骨が納めてある、
お仏壇には位牌が祭ってある、

お墓は、檀家寺の墓苑じゃなく、墓苑業者が山を削り造成した墓地内の一区画にあります、
先祖代々の墓は田舎(本籍地)にあったのだが、30年数年前、今の住まいに近い墓苑に移設しました、
移設して、なんだか“ありがたみ”が少し減じたような気がしてならんですなぁ~、
古い墓にはぎょうさん墓石があった、石に刻んだ文字もはや読めないのが多かった、

仏壇内ですけれど、先祖の位牌が雑多に大小あった、窮屈だった、
で、先祖代々の霊位ってことで、ひとつに取りまとめてスッキリさせ、仏壇内を整理した、
と、この時も、なんだか“ありがたみ”が減じたような気がした、

墓地移設の際、仏壇内を整理した際は、未だ父も母も健在だった、
が、今は、位牌になって先祖代々の霊位(位牌)の横に並べてある、
いずれはわたしも位牌になってここへ並び座ることになるのだと思う、
が、実感がなぁ~、
わしゃ、未だ迷いの中で悟りとはデンデン縁がないからなぁ~、未だ実感がわかんなぁ~、
なのに…仏壇に向かうと、やたら自分の位牌の置き所が気になる…

が、わたし(の位牌)は、もうここ仏壇内には座らないかもよ、わたしには子供が居ませんのでね、
かみさんが言うのです、
「あたしだけになったら、お仏壇は片づけてお寺へ納めますよ」って、
「あたしが死んで後、お守りする人が無くなって、お仏壇が放り出されるのって嫌でしょう」って、
わたしには妹が居ますが、長男宅へ嫁いでいますのでね、我が家のお仏壇は行く先が無いわけだ、

墓地はどうしましょう???
コレもとりつぶしましょうかねぇ~、
これらは、わたしが未だボケきっていない間に、片づけておくべきことのような気がしていますが…
いつ、手をつけましょうかねぇ~、

あぁ、こんなこと、考えるようになったのですなぁ~、

本気度が…、
このところ寿命のことが身近に感じられますが、四六時中老人ホームなど訪問するせいでしょうか???
気楽に童謡唱歌や演歌など吹いていてエエのでしょうか???

午後からはまた“今虚無僧”ですわ、
未だこの世にお住まいの、生き仏様の皆々さまのご機嫌取り(?)です、

「憎まれっ子世にはばかる」ってことわざがありますな、
老人らの前に立って、フッと、このことを想うことがあります、その都度、あわてて想いを払い捨てますがね、
捨てても、捨てても…

“老醜のはばかり”すでに度を越してひさしいですなぁ~、

終活かぁ~

| | コメント (0)
|

2014年8月11日 (月)

空襲警報

略奪強盗団がいきなり来襲し、略奪・破壊し、去ってゆきましたね、

……… ……… ………

真空管ラジオが「中部軍管区情報 警戒警報発令 只今敵数大編隊 紀伊水道を北上中」などと臨時ニュース
と、街に空襲警報のサイレンが鳴り響き、B29の大編隊が空を覆い、焼夷弾をばらまいた…

あの当時、わたしは5歳でした、神戸市須磨区戸政町に住んでいた、
防空頭巾をかぶらされ、庭に掘った小さな防空壕に母や妹と共に逃げ込んだのをうつろに覚えています、
灯火管制も覚えている、菜種油のランプのホヤをきれいに拭くのがわたしの仕事だった、
敵機が去ると、東の空(長田区・兵庫区方面)が綺麗だった、空襲で焼ける民家の火災だったのですよね、
(この後、わが家にも焼夷弾が落ち丸焼けになった、焼け跡から父は焼夷弾の殻を拾い保管していたが、数度の引っ越しの間に消失)

以前にも、このブログで話したことがある、
須磨区の上空で、日本の戦闘機が敵爆撃機の尾翼根っこの機銃で撃ち落とされたのを見た鮮明な記憶がある、
どこかに、この空戦記録があったら詳細が知りたいです、

いよいよヤバクなったのだと思う、
ほどなく、わが家は、父だけを勤務地・神戸に残し、父の故郷の山陰の漁村・柴山へ疎開した、わたしそこで幼児期をすごしました、
わたし、このところ老人福祉施設をボラン訪問しては「ふるさと」をたびたび吹きますが、この曲はエエですな、わたしの故郷(ふるさと)は、疎開先の柴山港ですわ、

わが家は、もともと、この小さな漁村の漁師でしてね、が、父はひどい船酔い症で漁へ出られなかった、で、やむを得ず漁師をアキラメ、郷里を去って街へ出たのだった、
残念ですなぁ~、ために、息子のわたしは漁師になり損ねた、漁師になりたかったのに…

ナニをお話ししていたのだったかな…

そうだった、台風11号が来襲し、大風・大雨が列島襲い、去って行ったって話をしていた、

あぁ~、あの時(敵機来襲の時)も、なすことなく、防空壕の穴から空を仰ぐしかなかった、
今回も、自宅で息をひそめて台風の去りゆくのを待つしかなかった、

NHKテレビが、台風状況を、わざとらしい興奮口調でバカバカしく丁寧に報じるのが、子供心に沁みついた大昔の空襲警報のサイレンと重なる、虚・虚・虚…

台風が去って、庭の皇帝ダリアが根っこから倒れてしまっていたのを、添え木をして植え直したが生き返るだろうか???
大きく育った芙蓉の木がねじ曲がってしまった、
軒下に立てかけていた脚立が、とんでもないところに転がっていた、

北朝鮮が核ミサイルを持っていて、ひょっとしたら、撃ってくかも…
他の国も(どこのことや??)、我が国を憎んでいて、で、攻めてくかも…

避難勧告がでますよね、
で、指定避難所の小学校などへ逃げますか???

原発のメルトダウン???
どこへ、どう避難しましょうかねぇ~、

それにしても、電気代、高くなりましたなぁ~、
ガソリン価格もいったいナンボまで値上がりするの???

集団的自衛権かぁ~、わたし、基本的には賛成です、
が、守れることと、守れないことがある、
早い話が、人の寿命には限りがある、年取ったらあの世へ行くのが習わしだ、

台風来襲で、大昔・幼児期の空襲警報が脳裏をよぎった、


| | コメント (0)
|

2014年8月10日 (日)

「サマータイム」

さて今日も“つもり吹き”(ナニナニ曲を吹いているつもりの意)、
「サマータイム」(ガーシュインのジャズ曲)のつもりだよ、

聴いてみたい???
そうですか、どうしても聴いてみたいのですね、
わかりました、

「サマータイム」

_20140810_2


今(8月10日午前10時25分)、
台風11号、我が家を直撃中、
気合の入った風と雨勢である、妙にこの台風・曲趣にピッタシの感がある、

今(午後1時50分)
静かになりました、台風が通り過ぎたみたい、

注・
午前10時25分のアップした音源と譜面ですが、没にしました、
で、新たにやり代えたのと、入れ替えました、
聴きなおすと、”のり”がいまいちですな、
まぁエエか、気分良く吹いているのだから、

| | コメント (2)
|

台風情報

NHKテレビですけれど…
時時刻刻の生のライブ(台風)情報を流し続けるなら意味があるけれど…
同じ画面が、幾度も幾度も使われていますなぁ~、
しゃべる内容も、同じことばっかしじゃないか!!!
見飽きてしまう、聴きあきてしまう、

アナウンサーの話し方も、やたら切羽詰まったような口調で、大げさすぎる、
「落ち着いて行動してください…」
などと、落ち着かない口調で、繰り返しますが…
本心では、あわてさせようの魂胆なのだよね???

…と、いうわけで、
台風来襲に関わる情報が知りたければ、NHKではダメですわ、

でもなぁ~、だからと言って、どのテレビ局のニュースがエエのか、わからん、
どの社の映像見ても、ヤラセかなって思う、
“ホラこんなに強い風だ”って、街路に出て風の中に立ちヨロケテ見せたり…
撮られている市民のライブ映像もヤラセっぽい、

「すでにどこかで甚大な災害が生じているかもの危険があります…」
などと、コレッテ、情報発信が遅れたために災害が広がった、の、非難をかわすためでしょうな、
オモシロイ情報発信の言葉(?)を考えましたな、

ところで、朝日新聞が従軍慰安婦報道のことで謝っていますね、
報道が間違っていました云々、とか、とか…
が、わが家は、日経新聞しか購読しとらん、朝日新聞なんぞ知ったことか!!!
が、が、朝日新聞購読のご家庭では、どうなのだろう???
責任者出てこい!!! かな???
購読料金かえせ!!! かな???
慰謝料もよこせ!!! かな???

要は、“デッタイ信じない心”、これが必要かも、

台風は、今、どのあたりで、どんな悪さしとるのでしょうなぁ~、
ダレが、ナニ言うても“デッタイ信じない心”なのだけれど…

この世は、情報社会、
正しい情報を掴み得たら、早い話が、沖へ魚釣りに出ても、デカイ魚々をドッサリ釣り得る、
 ドコでナニが釣れているかの“情報”を釣ること、
 どんな釣り仕掛けで挑むのが最適か、効果的か、で、釣り具屋に釣られる羽目に、

アぁ、台風情報報道の話だった、

提案があります、
TVで商品案内を甲高いキンキン声で、さぁ買え!!さぁ買え!!!と、叫ぶオッサンが居るじゃないですか、
NHKテレビは、あのオッサン雇って台風情報叫ばせたらどうか、
バカバカしさ(こんな言い方はよくない)も堂に入って、視聴者らはオモロがるかもよ、
と、思いますがねぇ~、

| | コメント (0)
|

2014年8月 9日 (土)

飽きないですなぁ~

台風の渦巻き雨雲の真っ赤なのが、今、我が家の真上に来ましたわ、
もう夜が明けていつもならカンカン照りの真夏の太陽なのに、今日は、未だ夜明前の雰囲気です、

蝉の声がデンデンしません、鳥たちも飛んでいない、早朝散歩のジジババも居らん、

屋外に置いたメダカ鉢が雨水でツルツル一杯になってしもうて、で、メダカらがこぼれ出たら可哀そうなので、
少し鉢の水を柄杓で掬い取り水位を下げました、

すべてが息をひそめて台風が通り過ぎるのを待っているなか、干からびかけていた木々の葉っぱや草などが、今スッゴク元気になっとるみたい、濃い緑がみずみずしいですなぁ~、

今日は午後、竹友T氏宅を訪れる約束がありますが、氏のお住まいは1級河川・加古川の土手裏にあるのですわ、
大丈夫かな???
ネット検索で加古川のライブ水位が分かりますのでね、調べました、
大丈夫だと思います、余程の想定外がないかぎり…

あぁ、「六甲おろし」の尺八譜ですが、昨日アップのは今朝まだ深夜時刻に差し替えました、
確かに、今、アップの譜の方が吹きやすい、が、音が高すぎて、この譜で吹く際はできるだけ長尺管で吹く必要がある、
わたしとしては、1尺八寸で吹きたいから、やっぱ、差し替え前の譜面の方で我慢したほうがよさそうだ、
再度、差し替え前の譜をアップしてもエエのだけれど、ダァレも興味がおありでないような気がする、止めておきましょう、

タコらはどうしているのでしょうなぁ~、
明石タコですよ、播磨灘のタコ達らは海水が豪雨の真水で薄まって、身体がかったるくシンドくナットのではないのかな、
タコは真水が嫌いなのですわ、釣ったのを真水の中へ入れますとね、すぐにお陀仏します、ソレが真水の熱湯だと、赤くなる、グニャグニャに気合が入ってシャンとする、湯がきすぎはいけません、軽く湯がく、刺身にして食う、わたし、ここ数日毎日タコの刺身と向き合っている、

もう夜明け前からわたし何曲も五線譜から⇒尺八譜採りしたのですぜ、
飽きないですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2014年8月 8日 (金)

「六甲おろし」 (修正版)

NHKラジオ「昼のいこい」のテーマ曲ですが、
わたしコレを、“虚無僧”活動(尺八吹奏ボランティア)のプロローグ曲に使おうと思っていましてね、
で、つい先日、某施設訪問の際に試してみたのです、
が、ご老人らは、ポケ~となさっとる、
ご存知ないようなのです、
なんでや????

認知症対象者の施設でした、
だから、お忘れになっとるのかな???

が、施設長さんもご存じなかった、
介護職員の方々も「ナンの曲ですか??」でした、

で、我が家のカミさんに、聴かせてみたのですが
「わたし大概知っとるけどわからん…」
と、いう、
カミさんの実家は、NHKラジオ昼の番組「昼のいこい」を聴く類の家庭じゃなかったみたい、
が、わたしと結婚して後は、幾度か一緒に、このNHKラジオ番組聴いたと思うが…
あぁ~そうかぁ~、カミさんも認知症????
まさか!!!

って、ことで、老人施設での“虚無僧”プロローグ曲には別の曲にしようと思います、
「昼のいこい」の作曲者は古関裕而さん、
で、この方のダレでも周知の曲で他の曲にはどんなのがあるか???
「六甲おろし」ですよねぇ~、

タイガース・ファンでない人が居たらどうしましょう???
わたし、確信しています、三木市内の老人はデッタイ全員阪神・タイガースのフアンです!!!
この曲の譜面もたった今採ったばかりですが、お目にかけますね、間違っとるかもしれんからそのつもりでご覧くださいね、

「六甲おろし」

_20140809


河童爺どんの提言を受け入れ、再度移調を検討し譜面を入れ替えました、
やっぱ、コチラの方がよさそう、
白状しますがね、わたし、「ハ」の半音が苦手なので、要所要所に「ハ」の半音が入る移調は故意に避けていたのです、が、この曲はこれにこだわらない方がエエみたい、
今、9日深夜2時、未だ試し吹いていませんがね、だって、なんぼなんでも深夜には吹けんです、
夜が明けたら、吹いて、音源の方も入れ替えるつもりです、


| | コメント (5)
|

天高く…

普段の運動(散歩など)ですが、最近はソケイヘルニアの具合が難儀で怠けていましてね、
室内での屈伸運動などもデンデンやっとらん、
てきめんですな、体力ダウンですわ、

昨日、沖へ魚釣りに出ましてね、朝6時~午後1時間まで沖に居ました、
帰宅したのが午後4時半、
倒れる寸前の疲れです、
マリーナから~我が家までの間は、20㌔・軽四で40分、

疲れがひどくヤバイと思いましてね、帰宅途中マックスバリュ(食品廉価量販店)へ入り、ひとつ78円の丸かじりアイスクリームを買って気付け薬の代わりに食べましてね、で、そろそろ運転・時速40キロで帰宅しました、
あぁ、この氷菓、セブンイレブンやローソンで買うと、随分値が高いよ、百数十円しますぜ、24時間オープン・コンビニ店は、総じて値が高いですな、余計なことだけれど…

昨夜は、7時前には床へ倒れ込み~~今朝5時まで1度もオシッコにも立たず爆睡です、
爆睡というより気絶だったのかな???
起きてすぐのオシッコも少しだけだった、真茶色だった、
水分だけはシッカリとって居たのですよ、魚釣り中も、帰宅後も…、
脱水症状なんかではなかったと思う、
が、10時間の気絶的爆睡後、ほんの少しの真茶色オシッコだったは、どう考えても脱水で熱中症だったとしか思えんですな、耳もツーンとして聴こえ難かったのだし…

身体でいちばんのダメージは“胸から~ヘソ”の間の身体の中身全体です、
腹筋と、背筋と、背骨だと思う、
普段もっとも怠けている身体の部分です、コレが伸びきってしまったみたい、
なんともはや情けない状態です、
立ったり、座ったり、寝転んだり、軽四に乗り込んだり、降りたり、の、動作の度々に何とも言えぬ痛苦しい違和感があって、バカバカしいほどスロ~・スロ~の動きしかデケンのです、

昨日はタコを6ハイ逮捕しましたが、釣り上げる途中で逃げられたのが同数以上あった、
タコが掛かっても、ヤッコラサ・ウントコショです、
間延びした動作で途切れ途切れの糸手繰りだよ、
タコだって、必死ですからな、そら逃げますですよ、
ツバスを2本釣ったのですが、何本も釣り上げ途中で逃げられました、

しばらくの間、静かに休養し、この間、少しずつ軽い“魚釣り体操”を続けてみようと思います、
立ったり座ったりの運動と、一番軽いダンベルを両手に持って、釣り竿をあおる要領で上げたり下げたりするの運動です、コレが大切なのだよなぁ~、

さて、古関裕而作曲の「六甲おろし」を⇒尺八譜に採ってあるのですが、五線譜そのままを移し採っただけなので、尺八では吹き辛くてどうにもならん、
今朝は、これから移調譜をアレコレ試してみようと思います、
“魚釣り体操”は、今日は身体がへばり過ぎていて無理、
今日は尺八体操だけにしときますわ、

天高く 隠居ヘバッテ 腰たたず   波平

| | コメント (0)
|

2014年8月 7日 (木)

早すぎた

最近少し日が短くなりましたか???
昨夜は7時半過ぎに寝たのです、と、11時半に、未だ今日だのに、もう目覚めてしもうた、
そのまま起き出していますが、なんぼなんでも、早すぎますよね、

尺八譜に採ってみたい曲はぎょうさん在る、図書館から借り出した譜面集に付箋を受けてある、
が、今は、五線譜⇒尺八譜、の、変換作業する気にならん、
なぁ~んもする気になれん、

ねむくなる薬(?)・焼酎も飲む気になれん、
すこし、偏頭痛、
これって、うわさの老人の室内熱中症???
まさか…

そうだ!!!
葛根湯(かっこんとう・風邪の漢方薬)飲んでみよう、そのうちに眠くなるかも…

あぁ、今、8月7日になった、午前0時だ、

とにかく、横になってみましょう、
静かですわ、未だ虫の声もしない、蝉も眠っとる、
愛犬・ショウタのイビキ、これ、不思議とうるさくない、むしろ静かを実感の効果がある、

5時になったら、家を出て⇒港へ向かうつもり、
今日は、ハマチを釣ってやろうと思っとる、
台風来襲直前、嵐の前のちょっとした凪だと思う、長年の勘が凪だと言うている、
もし、ヤバそうだったら、即刻撤退の構え、

アッハッハ、今日は沖へ出てみようの気持ちがあるから、気持ちに興奮があって、早起きしてしまったのかも、
それにしても、早すぎた、


追記・釣果報告
 
 マダコ6ハイ、ツバス2本、
 頑張ったが、大きなハマチは釣れなかった、
 今日も、大きなサメが悠々と艇の側を泳ぐのを見た、
 豆アジつけたフカセ釣りしていたので、このマメアジを食うくのではと思い、身構えたが、サメ公は悠々と泳ぎ去った、
 


| | コメント (0)
|

2014年8月 6日 (水)

恥も外聞も忘れてしまって…
ダラダラと書き散らす、毎日だ…

たいがい午前中に、それも朝早い時間にブログリますが…
午後、フト、今日はナニ書いたのだったかな、と、思う
で、ブログを開き確かめます、
読むと、へぇ~こんなことダレが書いたのや、と、思ったりする、

変な話になりますが…
ナニか気になることがあって、パソコン検索します、
と、関連サイトが出てくる、
読みます、
なるほど、そういうことか!!!
と、納得、納得、
で、ついつい、そのページを深読みする、
ウヌッ!!! なんか変だ!!!!
愕然とします、我に返る、
ナント、その記事、わたしが以前書き散らしたのだった、自分が書いた記事ですわ、
アァ~おっそろしい!!!!

終末期医療・延命治療を望むかどうか…、
キチンと書き留めておこうと思います、
もちろん、わがカミさんへも伝えておきます、
わたし、“延命治療は望みません”
ボケがひどくなったら、ごく自然なかたちで、あちらの方へ、彼岸へ、住まいを移したい、
そこは、地獄じゃなく、極楽であってほしい、

どこかで聞いた話ですが、
あの世の入り口では、かつて飼っていた愛犬らが並んで出迎えてくれているそうですね、
嬉しいですなぁ~、会いたいですなぁ~、

今朝はこれから石本美由紀作詞・三木隆たかし作曲・森昌子歌の「愛傷歌」を、尺八譜採りしようと思う、
吹ける譜面になるかどうか…

妙に、シッポリした、落ち込み気分の朝だなぁ~
蝉がやたらうるさい、

P8060020

わがやの玄関すぐ裏側の植え込み、狭いです、
が、ここで地中7年を過ごし孵化した蝉がいる、幾つも蝉ガラが写っていますでしょう、
今、盛んに鳴いている蝉が彼らだと思う、


採れたように思うので吹いてみた、「愛傷歌」のつもりです、

| | コメント (0)
|

2014年8月 5日 (火)

拍子が無茶苦茶

二十歳代の頃、流行歌など等の音楽が、すべて尺八譜で聴こえて困ったことがある、
コレは大変だと必死に頭に浮かぶ尺八譜面を消したことを覚えている、

三曲に「八重衣」って曲がある、
ずいぶん長い曲だ、25・6歳のころだったと思うが、生田・九州系のお方の元で三曲指導を受けていたが、この師匠がなかなか次の曲へ進ませてくれなかった、
半年以上も、10か月ほどだったかな、毎週1度の稽古だったが「八重衣」ばっか吹いていた、
とうとう暗譜してしまったらしい、
ある時、省線(JR)で、神戸から大阪へ行く電車内で、フト頭に「八重衣」のひと節が浮かんだ、
浮かんだ「八重衣」は途切れることなく脳内で自動的に鳴り続け、いくら断ち切ろうとしても断ち切れず、自分でどうなってしまったのだろうと思った、…と、この不安な思いがフット途絶えると、その間の時間帯にも「八重衣」は脳内で鳴り続けていたのだね、またまた脳内で大きな顔して続きがなり始めるのだった、
大阪駅に付いて曲が終わったのを未だに覚えている、
「八重衣」を暗譜しようと努力したことは1度も無い、無いから、暗譜は出来ていない、が、勝手に曲は脳内で鳴り始める、わたし、当時は自分なりにコレがとても不安だった、勤め先の職場でも時にこういうことがあったのだった、

話が長くなるが、この当時、この三弦師匠のお供で、師の三弦を抱え持って、アチコチの社中を訪問したりした、
やはりJR電車内での話だが、師匠(既に高齢のバァさんだった)が座席にお座りになると、わたしは、師匠の前につり革持って立つのが常だった、横の席が空いていても…
師匠は「さぁ稽古しましょう」と言った、
「お願いします」と、わたし、
師匠が小声で口三味線をお弾きになった、
わたしは、真似て、尺八譜を小声でぶつぶつ、
曲に没頭すると声が大きくなる、周囲の乗客がビックリ顔なさったことがあった、

師は晩年老人施設へ入られた、お見舞いに行くと、もうベッドからは出ることもなく寝たままの状態だったが、
「好きなだけ稽古ができてうれしい」
と、楽しげだった、
「ひきだしから、あまり使うことも無かったのを(曲を)稽古できるから…」と、
師は、頭の中の引き出しから、次々と曲を取り出しては、暗譜おさらいをしておられるようだった、
わたしの側に立つかみさん(妻)を観て、
「あなたも、はやくお嫁さんをお貰いなさい」と、言うたりなさった、
わたしのかみさんは、ごく短期間だったが、わたしとの結婚が決まって後、師から箏の特訓を受けたのだった、
が、師は、そのことはお忘れだった、
師は、既に痴呆が進んでおられるようだった、

わたしは、師が未だ見かけ上おたっしゃであった頃に、稽古を中断し、そのままになった、
自制の効かない深みにハマルのが怖かった、この想いが、中断につながった、

今になって思う、あのまま、続けていたらどうなっていたのだろうと…

当時、師のもとに、わたしと同年齢の内弟子同様の娘さんが居られた、
師のお宅からさほど離れた位置ではない米屋の娘さんだった、幼いころから師のもとで修行されていて、箏・三弦すべての曲を暗譜で弾いていた、師の手がそのまま彼女の手になっていた、
三曲に呑み込まれてしまったのかも…自分で若い命を絶たれた、

師はホント凄かった、師から受けた指導のこと未だに思い出す、これは終生消えることは無いと思う、演奏実技じゃなく単なる思い出だけなのだが…
あぁ、習った曲の譜面には当時の書き込みが残っている、懐かしいなあ~、
が、この書き込みに沿って吹いても、もう、師の三弦音は聴けない、師と同様の三弦弾きには出会えない、
で、わたし、もう三曲を吹く気がなくなってしまった、
未だに「八重衣」のひとふし・ふたふしが突如脳中浮かび出ることがある、短いなぁ~、すぐに消える、

それにしても、どうなったのだろう、
あのころは、どんな曲でも、いきなり尺八譜に聴こえて困ったのだった、
が、あれからほぼ30年後、隠居のヒマヒマに再開した尺八趣味だが…
簡単な曲を聴いても尺八に採ることが出来なくなっている、
曲調に乗りきれなくなっていて、拍子が無茶苦茶になる、
ごく簡単な短い曲が暗譜できない、

ただ、尺八音が好きで、このことは変わらない、
このところ毎日吹くようになって、音色が昔に戻ってきたような気がしている、
これでエエと思っていて、べつだんの不満は無いこの頃だ、

合掌 
山崎美也先生です、きっとあの世でも稽古なさっておられるに違いない、
お会いしたいなぁ~、


<追記>
「道頓堀人情」ですが、竹友・河童爺どんに気合入れられて、5日朝8時半吹き直し、昨日アップの音源と入れ替えました、どうじゃろか???

| | コメント (4)
|

2014年8月 4日 (月)

「道頓堀人情」「惜別の唄」

雨が止んだら蝉が鳴き始めた、
網戸にすると少し風が入ってすごしやすいが、完璧に部屋を閉め切った状態で吹くから蒸し暑くてかなわん、

「道頓堀人情」

「惜別の唄」

完璧に吹くなんて夢のまた夢、テンポだけでもシッカリと思うがこれもダメ、
洗面所で顔を洗い直して吹いたが、ダメなものはダメ、
変な話、だんだん下手になるような気がする、
どうなっとるのや???

これから、図書館へ譜面集を借り出しに行ってきます、


注・
「道頓堀人情」ですが、竹友河童ドンに気合入れられて、今朝(5日午前8時半)吹きなおし、入れ替えました、
残念ながら、今少し、間違えた箇所があります、拍子もダメだが、まぁボチボチって感じかな、

| | コメント (4)
|

未採譜のオモロイ曲

よく降りますなぁ~、

明後日6日は、“今虚無僧(尺八吹奏ボランティア)”の日、
今月は、これが7回ありますわ、

この7回(日)以外の日は、海の凪いだ薄曇りの日であってほしい、カンカン照りは疲れすぎる、

が、今日は雨、沖は時化模様だし、“今虚無僧”の要請も無い日、
ナニして過ごしたものか???

河童爺氏が「道頓堀人情」って“天童よしみ”の演歌尺八譜を見せてくれた、
コレを吹いてみようと思う、
と、他に1・2曲挑戦したいが、それナニにしたらエエのかわからん、

昨日夕刻前に図書館から先日貸し出し要請していた「本」が用意できましたよ、と、連絡があった、
譜面集・4冊だ、
さっそく受け取りに出かけたいが、図書館は朝10時にならんと開館しない、

「本」借り出したら、忙しくなるぞ!!!
4冊から何曲尺八譜に採れるかな???
ついつい夢中になるから、アッという間に、今日は終わると思う、

まず、オタマジャクシの散らばり具合を観察します、
なるべくマバラに散らばっとる方がエエ、
♯記号の付いた曲は総じて難儀、♭記号なら大丈夫、
オタマジャクシが五線譜から上下に巾広くはみ出した曲、音域が広すぎて尺八対応がデケン、

で、選び出したのをユーチューブで聴いてみましてね、
で、で、気に入ったら尺八譜に採るのですわ、
主な曲は、既にだいぶ採れていますのでね、未採譜のオモロイ曲を探す、コレがまた楽しい、

| | コメント (0)
|

2014年8月 3日 (日)

「ちいさな妖精のワルツ」

ピアノの初級者発表会にピッタシの曲があるようでしてね、
今回はソレに挑戦です、
ごく幼い赤ちゃんみたいな幼児が発表会で弾く曲です、
これを、先月74歳の波平が挑戦し、吹いてみます、

「ちいさな妖精のワルツ」

吹いてみたが、とても難しいです、
感覚がどうにもこの曲に合うようにとりつくろえない、
もどかしいですなぁ~、

| | コメント (0)
|

アホカイナ・アホカイナ…♪♪ 

話そうと思っていたことは、内へ留めない方がエエ、
たいしたことを話すわけじゃない、内に留め置く必要はない、
…と、いうより、ボログで話すことを、ボケ防止に使っとるのです…

フッとナニか想ったりするじゃないですか、
で、すぐに忘れます、
フッと想っては忘れ、想っては忘れ、想っては忘れ…
で、いつの間にか、想うことすら忘れ無くなってしまう…
ような、気がするのですわ…

で、フッとナニか想ったら、
いちおうはつじつま合わせしてみるのです、
話の筋が通るように、書き出してみる、
と、これが、わたし・波平のボログになるってこと、…です、

で、今朝いちばんにナニ思ったか、
“なんだか最近しゃにむに五線譜から⇒尺八譜変換のことやっとるのやなぁ~”と、思った、
で、尺八譜に採った曲を数えてみました、
35曲になっとった、
7月中に、わしゃ、35曲もの童謡唱歌や昔の流行歌を尺八譜へ採っていました、

すべて“今虚無僧”で使えるように整備しますから、プロジェクターから歌詞投影もデケるよう整えるのです、
解っていただけるかどうか…
五線譜⇒尺八譜、は、移調の工夫が大変なのです、
移調してもダメな曲がある、メロディが複雑すぎるのは吹奏不可能だ、単純メロディになっとる五線譜を探さないとどうにもならん、
で、アレコレあって、どうにもこうにもならん曲がある、
と、途中で投げ出します、

解っていただけるかどうか…
やっつけた35曲以外にもぎょうさん挑戦した曲があったってこと、
この、無駄な時間があって、やっと35曲が採譜デケタってこと、
あぁ、他から助けてもらうことが再々ですわ、とくに河童氏からは多いなぁ~、

さて、今日はどうするか???
昨日、図書館へ他のオモロそうな楽譜集の貸し出しを依頼してきました、
これが届くまでは、ポカ~ンと待つしかない、

沖へ魚釣り???
台風がらみで沖は荒れている、
ひょっとしたら7日(水)あたり、台風と台風の隙間を突いた凪日があるかも…

朝早くから蝉が鳴いている、
蝉らにはポカ~ンの時間が無いみたい、せからしい鳴き方ですなぁ~、
セミの鳴き声採譜しようかな、
その気になって聴き込むと…
♪♪アホカイナ・アホカイナ…♪♪ 
と、聴こえるのですが…
どうしましょう

| | コメント (0)
|

話がそれた

わたし、フエイスブックにも時折顔出しするのですが…
で、今朝、フエイスブックを開いてみると…
釣友Bドンが、カジキの224キロをゲットしたことが出ていた、
やるもんですなぁ~!!!

呆れた!!!

魚釣りもここまで来ると戦争です、
無聊をかこつ(ぶりょうをかこつ…気晴らしの意)日本古来の魚釣りとは別種のもの、

わたし・波平の得意は、“めだか釣り”ですからねぇ~、
わたしは、“めだか釣り”こそが日本古来の究極の釣りだと思っとるのです、

真逆の釣りですわ、
“メダカ釣り”と対極にあるのが“カジキ釣り”です、

日本列島は列島全体がほぼ完全に黒潮の流れの中にありましてね、
そうだなぁ~、北からの親潮の強い北海道の太平洋側くらいかな、黒潮影響がないのは…
津軽海峡にも、対馬海峡から入り込んだ黒潮分流が日本海を北上し、この分流の分流が津軽海峡を西から東へ流れている、
ってことは、津軽海峡を太平洋側へ抜け出た東北海岸沖合一帯は、カジキマグロの遊弋海域でもあるってこと、

Bドンが釣ったのは、銚子沖だと思う、潮の流れの状況にもよりますが、この一帯はカジキマグロの海域です、
東京湾を出て房総半島を北側へ出る、
九十九里浜ソイに北上し、犬吠埼沖合をすこし北側へ回り出た海域一帯、ここは黒潮のあたりがよろしいですわ、
カジキマグロは、水深約200m程度の大陸棚沿いに棲息しとる、
大陸棚沿いに、ギジ針(ルアー)を引っ張って終日艇を低速で走らせる、
と、カジキが、いきなり食らいつく、

戦争に最も近い格闘、これがカジキ釣りの実態かな、
猟銃で猛獣狩り以上の迫力、
カジキ釣りは、猛獣狩りの、鉄砲撃ってズドンと命中したらソレでおしまい、ってことではない、
カジキを疑似餌に掛けてからが、勝負です、
Bどんが今回ゲットした224キロもの大物カジキとなると、それこそ、釣り人とカジキは、死にもの狂いの格闘になる、

わたしはビンナガ(ビンチョウマグロ)やメバチマグロの小型は何度か釣ったことがある、
が、未だ、カジキだけは釣ったことが無い、
これから先のわたしの魚釣り人生で、コレだけはあり得ないって釣り、カジキ釣り、

今朝は、久々に、黒潮の中での釣りを思い出した、
Bドン、おめでとう!!!
バグース艇、おめでとう!!!!


例によって、尺八のことをボログろうと思っていたのに、話がそれてしまった…

| | コメント (0)
|

2014年8月 2日 (土)

中骨センベイ

昔、サラリーマンだった頃は、日中の時間帯は概ね勤務先の机と向かい合っていた、
退職し、隠居になって、平日の街を歩いたりするようになった、

最近は、生協ストアやトーホーやイオンなどなど食品スーパーへも、かみさんに付いて出かけるようになった、

魚釣り道具なら、昔から、値のありようは承知デケている、
食品スーパーの食品アレコレの値はわからんかった、
が、だんだん判るようになってきた、

同じ商品なのに、A・B・C…店で値に差がある、
オモロイ!!!
パンなどは、店ごとにアジも違うことがわかった、
生鮮食品や果物などの品選びのコツも学習した、
オモロイ!!!

老人所帯が多くなっているのがヒシヒシとわかる、
年寄り夫婦が二人で買い出しに来ている、これ、我が家と同じだ、

なるべくそのまま食べられるものを買う傾向が強まりつつあるのが、ヨォ~~くわかる、
寿司、カップ麺…、

最近、スーパーの“寿司”に食傷気味になってしもうて難儀だ、
我慢して食べようと思うが、ひとくち食べて、もう嫌だ、と、思った、
「もうこんな寿司買ってくるのは止めよう!!!」と、わたし、
「慣れてほしいのに…パッパは、わかってくれない」と、かみさん、
かみさんは、食事の用意をするのに疲れてしまったようだ、
「米を炊くだけでエエ、ご飯だけ食べる方が、こんな寿司食うより余程美味しい」と、わたし、

三日前の水曜日に一緒に魚釣りに出たDドンが、
「…中骨センベイを食べた云々」のメールをよこした、

60㎝ほどの良く肥ったハマチが釣れて、喜んで持ち帰ったのだが、
なんと、来客が二組来て、半身ずつ持ち帰ったらしい、で、中骨が残った、

岸から7キロほど沖へ出たポイントで釣ったのだった、
「来た!!!」
Dドンが叫んだ。氏の竿が、グギギギっと、大きく曲がっていた、
艇の周辺にはナブラが立っており、雰囲気抜群の中だった、

と、この釣り談義を、彼はやってきた二組の来客にしたのだね、
で、話を聞いていただいたお礼に、このハマチの半身ずつを進呈したってことらしい、

中骨センベイをDドン夫婦がシャブリ食っている様が目に見えるようで、実に、オモロイ!!!」

Dドンも、かみさんにくっ付いて食品スーパーへ出かけたりするのだろうか???
氏は、わたしより、数歳お若いのだが…

| | コメント (2)
|

2014年8月 1日 (金)

五目中手

何年ぶりになるだろう、ホント、久しぶりに父と囲碁を囲んだ、
囲碁が好きな父だった、
父が亡くなって既に20年が経つ…、

夢の中で出会った父はやっぱ碁盤と向き合っており、その相手は息子のわたしだった、
わたしは、大石を採られミジメな負け碁を打っていた、父は上機嫌だった、

父は、息子(わたし)に負けることを徹底的に嫌がった、
徹底的にわたし・息子をやっつけては満面の笑みを浮かべた、

対戦中、わたしの手番になって…
父はわたしが盤面をみつめる視線を追い、その位置を自分の指先でチョイと押さえて、わたしをからかうのが常だった、
そうしてからかうと、わたしが反発し、別の位置に石を打つだろう、の、魂胆が透けて見えた、
わたしは、父の指さしたところへはデッタイ打たなかった、そこへ打つのが好手だとわかっていても打たなかった、で、常に負けた、いつもいつも負けていた、

父は亡くなる直前まで囲碁を楽しんだ、碁盤を持ち出すと、ベッドから半身を起こし、盤面と向き合った、
わたしは、相変わらず、負け碁を打ち、父は上機嫌になった、
寝たきり状態になった父は、だんだん、打ち手が乱れ、うっかりミスが多くなった、
わたしは、あまり手を抜いて向き合うと、父がそれを悟って嫌がるだろうと思った、
で、数度、父の打ち手のミスを突いた、
わたしは、ほんの数度父に勝った、
わたしの勝ちが盤面上で明らかになると、父は、いらだって勝手に盤面の石を壊し片づけた、
で、最後まで打って、白黒の目数を数えたことが無いまま父は逝った、

父没後、49日の法要も済ませ、何日か経ったある日、わたしのかみさんがフト思い出したように語った、
「おとうさんは、あたしに『碁を覚え!!』ってなんども言われたのよ、『○○(わたしのこと)をやっつけてほしい』って、あたし頼まれたのよ」と、

昨晩の、父は、上機嫌だった、
わたしは大石を“五目中手”の父の妙手に敗れ、無残な負けだった、
目覚めて、フッと思った、
あぁ、今日から盆の月、親孝行したのかな…って

父の戒名中には、お寺さんにお願いし、囲碁の“碁”の字を入れていただいている、
碁盤は物置の奥、もう石を置き並べることも無い、

| | コメント (2)
|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »