« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

究極の肝要事

民謡尺八を志して…(ナント大仰な!!)
初めて気が付いたのですよね、
“唄に添い吹き”することが、如何に大切な心得だったかに…

老人ホームへ尺八ボランティアに度々出かけていたのですが、この時は、どちらかというと、老人らをリードする気持ちがありました、
老人らに、元気出して歌ってもらいたかった、
が、ほんとは、それじゃダメだったのだね、
老人らが歌うのを、後ろからそっと支えるように吹くべきだった、

唄に、さげなく添って吹くこと、

これって、民謡に限らず、奏者が心得るべきもっとも大切な心得かも…

そもそも、民謡は、元来、“唄”だけだったのだと思う、
それに、まず、パーカッション(手拍子や太鼓や桶叩き等)が加わった、
笛が加わり、そして三味線が、尺八が…
この位置を忘れたらアカン!!

わたし、オモロイおっさんと友達でしてね、このお方、田端義夫の猛烈ファンで、田端義夫の唄はすべて暗譜でギター弾きながら唄われる、
そのオッサンが、
「波平はん!! いっしょに流しまひょうや!!!」(歓楽街を、の、意ですで!!)
「三宮駅前で、二人ライブやろうや!!!」

今にして、彼の偉大さが解るのですよね、
わたしが尺八で田端義夫を吹きますとね、とっさに彼はキーを合わせて添い弾きなさる、
わたし、彼のこと、“達者なオッサンやなぁ~”と、だけ思っとった、
が、彼は、どんな民謡にでも、即座にギターで添い弾きすると思いますよ、
次回会った際は、わたし、彼に、尺八で“追分を吹きかけてやろう”と思っとるのです、

さて、さて、その“添い吹き”のこと、
どんな唄にでも、添い吹きデケルようになるためには、自分を鍛えねばならん、
で、まず、これからはじめてやろうと、食いついたのが、民謡モドキの演歌ですわ、
作詞・作曲・歌手、すべて“藤田まこと”の曲で「十三の夜」、
十三夜(じゅさんや)じゃないよ、⇒大阪の歓楽街の“じゅうそう”の夜、の唄です、

今年の春先でしたか、阪急十三駅前で大きな火事がありましたね、まさにこの「十三の夜」に唄われたあたりでの火事でした、復興の様子はどうなのだろう???

この唄を課題曲に取り上げて、わたし、今、民謡尺八の原点を観てやろうと、奮闘努力の真最中ですがね、
気になりますなぁ~、

“奮闘努力”だなんて大仰なことを言いますが…
その実は、この曲を尺八譜へ移し採って、添い吹き曲の譜面を仕上げたいと思っとるのです、
たまたま、どこを探しても、この曲の五線譜が見つからない、もう、自力で耳コピーから譜を起こすしかない、
何度も、何度も、聴き返しましてね、未だに未完成です、いつまでかかることやら…
が、聴くほどに、
この曲はエエ曲だなぁ~~、藤田まことはスンバラシイ!!!
と、思う、

楽器演奏のもっとも大切な心得は“唄に添った演奏”だ、
が、これ以前に、
⇒その“唄”に、ソレを唄う“歌手”にホレル(惚れる)こと、コレこそが究極の肝要事かも、
それなら、でぇ~じょうぶ、
わしゃ、この曲に呑み込まれてしもうとる!!!

<為・御参考>
「十三の夜」

| | コメント (0)
|

2014年9月29日 (月)

やめておいた方がエエかも

自宅階段をゆっくり上がり下りするリハビリ(運動)に挑戦しています、
思っていた以上に足腰が萎えていて…
ここまま静かに養生していたら、ホント、真っ直ぐ寝たきりへ直行しそうな気がするから、

ヤバイですなぁ~、

だのに、魚釣りに出て、やたら頑張ったのが、今回ダウンのそもそもの原因です

このリハビリ運動の成果ですが…
外を少し歩いてわかったのですが、家の外では通用しませんな、
片道400mほどの位置に整形外科医院がある、
ゆっくり・ゆっくりなら歩けそうだ、
と、歩いてみたのですが、無理ですわ、ヤバイです、
今は、自宅の中をウロウロし、二階への階段上下に挑戦、コレに命を懸けるしかない、

さて、昨日アップの「十三の夜」(じゅうそう…)」と「十三夜(じゅうさん…)」ですが、
前者は30点、後者は75点、
(後者の減点は吹き間違いがあるからで、譜自体はプロ作で満点)

「十三の夜」30点、は、なんとかせにゃならん、
今日も、また、頑張ってみようと思う、

唄声(藤田まことの)が生々と聴こえてくるような、そんなバック(尺八譜)でありたい、
 前奏・間奏・後奏
 喧嘩しないで、唄声を生かす伴奏でありたい
 そもそも、こんな不具合な採譜ではどうしようもない!!!
やり終える自信はまったくありません、が、やってみましょう、

想うのですよねぇ~、
 体力の衰えも知らずに魚釣りで馬鹿力出して⇒腰椎を傷めた、
 ボケ始めた頭で採譜に夢中になって⇒脳溢血???
やめておいた方がエエかもですよねぇ~~~、

| | コメント (1)
|

2014年9月28日 (日)

脳ミソ配線 <十三と十三>

最近、民謡尺八に凝り始めている、
が、なにもかも無茶苦茶で、迷路迷路へ迷い込むばかり…

民謡は、譜面そのものが多種多様で、どれが正しいのかわからん、

北海道江差町の“江差追分会”へ“本物の江差追分はコレダ!!!”って譜面があったら欲しいのだが…
と、問い合わせた、ら、ありがたいことに、郵便で譜面をお届けくださった、
さっそくお礼の電話をしましたらね、
「譜面にはこだわらないでください、唄に添って吹くことが肝要ですよ」
とのことだった、

で、イロイロ考えて…
⇒藤田まことの「十三の夜」(じゅうそうのよる)をユーチューブ聴いて、
コレへの添い吹きを試みることにした、
民謡に…、“唄に添い吹き”する能力が、わたしに在るか無いかのテスト試験です、

「十三の夜」は以前から尺八譜に採りたいと思っていた曲です、
が、五線譜を探していますが見つからなかったので、もう、この曲を、尺八で吹くのはもうアキラメていたのだった、
が、こんなことになって…
藤田まことの唄声に、“添い吹き”デケルか否か、この際、試してみようと思ったわけだ、

昨日は、朝から晩まで、ユーチューブで「十三の夜(じゅうそうのよる)」を聴いていました、
耳で聴いて、尺八譜を起こす作業をやっとった、ってこと、
で、結論です、
わたしには、音楽を耳で聴いて、採譜する能力は“ほぼ零点”!!!

曲に添って声出して唄うことはデケル、
が、
尺八譜に書き出す、コレがデケン、

脳ミソと、喉の声帯とは配線がつながっとる、
が、
脳ミソと、尺八譜とは、断線状態、つながっとらん!!!
(脳ミソと、尺八の音孔操作する指先とは、配線されとらん!!!)

幾度も幾度も、唄を聴いて尺八を探り吹きますが、音を探り当て得ない!!!

こんなことで、わたしに、民謡尺八が吹けるでしょうか????
稽古云々以前の問題だと思うのですよね、

我が家から路をまたいだほぼ真向かいに名医の評判高い耳鼻咽喉科医院があります、
が、これは耳の問題じゃない、脳ミソ配線の問題です、

この種の変換なら、探せば既にパソコンソフトにあるかもしれませんね、
なら、民謡の尺八伴奏は、すべてパソコンに任せればエエわけだ、
なんだか、寂しいですなぁ~、

下に、二日がかりで採ったのを試し吹いてみますが、
言い訳を先に聞いてくれますか、
 唄そのままを尺八譜に採る必要はない、唄の伴奏になるように譜作りすればエエ
 歌いやすい伴奏譜であれば、エエかげんな譜でもかまわん


探り採った譜を書き出し、それを見て吹いとるのです、
“譜を観て吹く”ということでは、既に、添い吹きの原点からは外れていますよね、

「十三の夜」

あぁ~しんど、
河童爺ドンなら、15分もあれば完璧に採譜可能だと思う、
が、ワシャ、丸1日半かかってナントカこれくらいですわ、

もうひとつついでに
「十三夜」 コレは五線譜から採った、

| | コメント (2)
|

2014年9月27日 (土)

朝日新聞

“従軍慰安婦”や“歴史認識”が云々と言いたてて日本を責めまくる隣国大統領は、今の我が国の朝日新聞の窮状をどう観ているのでしょうね、

これから朝日新聞はどうなってゆくのでしょう???

わたし、久しく“朝日新聞”読んだことないですわ、
最近は、ナニが書いてあるのだろう???

こういう時、パソコンって便利ですな、
まずパソコンで“ウイキぺディア”を開き閲覧します、
パソコン検索窓に“朝日新聞”と打ち込んで“ロン”、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E

ほ~~~ら、すごく詳しく、“あることないこと”網羅して書き出してある、
朝っぱらから一生懸命読みました、
“あることないこと”が書いてある…
が、が、要は
⇒ “記事のねつ造、ウソ、偽り…を書いていた”ってことに焦点が当たった解説だ、

小説を読むつもりで朝日新聞購読している人なら、書いてあることは“ウソ八百”だったってわかっても、
⇒平気ですよね、
が、全く正しいことバッカだ、まぎれもない真実だ、って、信じていた人は、
⇒どうなのだろう???

先月・盆法会で妹が我が家にやって来た際、わたし、妹に問いかけてみた、妹宅は朝日新聞を購読しているのを知っていましたのでね、夫婦そろってカチンコの朝日新聞ファンです、子供ら二人(もう結婚しそれぞれ独立している)はどうだかわからんが…
が、が、妹とダンナは筋金がはいっとって…
⇒戦争大反対、日章旗反対、「君が代」デッタイ・デッタイ反対、大反対!!!

「オイ、最近、朝日新聞がウソ記事を書いていたって、お詫び会見しとるの、知っとるか???」
「なにそれ???」
「知らんかぁ、右や左は解るか??? 朝日新聞はどちらかというと左側だって知っとった方がエエぞ」
「ナニ言うてるの!!! スッゴク右側よ!!!」
妹は、朝日新聞を信じきっていましてね、で、心底から日本の国を大切に思う新聞だと思っとる、

かみさんの実家ですか、コレは産経新聞愛読家庭だ、右側的だってこと、
兄弟が3名居て、兄・かみさん・弟・弟、なのだが、兄弟らに混じってわたし酒飲んだりすると、ソォ~ラ義兄弟らの元気に圧倒される、
韓国なんぞ、やっつけろ!!!
中国なんぞ、ナンボのもんじゃい!!!!
あぁ、わたし、図書館から「誅韓論」って最近話題の本借り出して読んだってお話ししましたよね、まさにこの世界ですわ、
問題はですね、この義兄ら義弟らですが、“産経新聞は真実正しい新聞だ”って思い込んでいるってこと、
産経新聞は右側思考の新聞だ、なんて、この席でわたしが言うたりしたら、たちまち座がドッシラケになる、
で、わたし、「そうだ、そうだ!!!」って調子合わせて酒飲みますがね…
不思議ですなぁ~、最近、わたし、本気で「そうだ、そうだ!!!」って思ったりしますぜ、

アぁ、わが家は「日経新聞」です、
この新聞、文化欄がけっこう充実していてオモロイからです、株式欄は数字バッカでデンデンおもろくない、
円相場ですが、今は108・9円ですよね、これはTVニュウースからだ、
それがどうした、って、ですか???
ガソリン代ですよ、ナンボでも高くなって難儀ですなぁ~、
円が値下がり傾向なのに、なんでか最近2円ほど値下がりしましたね、
どうなっとるのや???


| | コメント (0)
|

2014年9月26日 (金)

江差追分・尺八譜

北海道・江差追分会館(江差追分会)から、ホンマモンノの江差追分・尺八譜が届きました、
公開の許可を得ましたのでご覧になってください、

_20140926


少し注釈をさせてもらいます、誤解の無いように…

一応・琴古譜になっとるのですが、譜のとおり吹けばソレが正しいってことではありません、
唄い手の声に合わせて添い吹きする、コレが基本です、
どなたが唄っても、まずこの譜のとおりに唄うお方は居られないと思う、

と、もう一つ、
江差追分会のHPに“正調・江差追分伴奏(1尺8寸)”の音源がアップされている、
が、コレモ、みごとに今回ココにアップの譜面とは違っています、
前奏部分はまぁあぁ合っている、が、2節以降は、わたしの聴くところ松前追分節のように思う、
が、電話で江差追分会に問うてみましたが、松前追分ではないようなお返事だった、

と、と、もうひとこと、
今年も、「江差追分」の全国大会があったようですが、第51回の優勝のお方がお唄いなのを(ユーチューブで)聴きますと、今ココにアップの譜面の通りでした、全く同じだってことではないですよ、基本はコレになっとるってこと、

で、わたし、これから当分の間、今年の優勝者のお方の唄に合わせて尺八吹く稽古をしてみようかと思う、
音源には尺八も入っとるし、教材にはピッタシですわ、

江差追分会に感謝、感謝、
ありがたいことです、

| | コメント (4)
|

「喫茶店の片隅で」

録音音質の試験をしていましてね、マイク代わりに使っているソニーのICレコーダの設定をイロイロ替えて探っとるのです、

聴きなおすと、音が少しキンキンしていますね、もう少しなんとかならんかなぁ~、
でも、まさか、腰砕けの腰椎圧迫骨折ヅヅイが吹いているとは思わんでしょう、
それなりに気分出して吹いとるからなぁ~、

| | コメント (0)
|

収録音質のこと

尺八吹奏をブログアップして思うのですが、低音と高音とで(収録音量の)差が大きいのです、低音が大きな音で録音されてしまう、高音がきれいに録れません、

尺八音には倍音(?)が多いからかな??? 
収録時に低音倍音が不自然に大きく入るので、高音が汚れて聴こえる結果になるみたい、

使っているマイクですが、ソニーのICレコーダー(ICD-SX800)をマイク代わりに使っとるのです、
このICレコーダーには外部マイクがプラグインパワー方式で接続デケルようになっとる、で、ココへ通販で買った小さなデジタルステレオマイクを突っ込んで使います、

どうも気に入らんのですわ、
下手な吹奏を→上手に吹いているように収録したい、と、いうことかな???
イイヤ、そうじゃない!!!
自分ではもう少しまともに吹いているのに、なんで???
と、思ってしまうってこと、

このICレコーダーの使用マニュウアル書を今丹念に読み返しましてね、ひとつ発見しました、
いつも“MP3の192kbps”モードで使っていたのです、
コレだと収録可能時間が23時間もある、
が、が、モードを→“LPCM44/16”に設定すると、と、収録時間がたったの3時間だ、
で、CD相当の高音質になるとある、
たのしみですなぁ~、夜が明けたら、(尺八吹いてもよい時間になったら)さっそく試してみます、

そうだなぁ~、「喫茶店の片隅で」ってのを吹いてみよう、

この曲は松島詩子が60年ほど前に歌った歌でしてね、当時わたしは高校1年生だった、
あぁ、この歌手の代表曲は「マロニエの木蔭」だそうな、
ナヌ!!ご存知ない???
わたしもコレは知らんです、わたしが未だこの世に未生の頃(昭和12年)の曲ですわ、
が、今、探して聴きますとなかなかオモロイ曲ですなぁ~、
そして妙に聞き覚えがあるような気がする、

もう昔の曲の採譜は止めようと思っていますが、採ってみましょうかねぇ~、
他にすることもないことだし…
ヤッパ採譜中毒かな???

| | コメント (5)
|

2014年9月25日 (木)

「愛傷歌」

約30年前(1985年)、NHK紅白歌合戦の紅組司会は森昌子さんだった、
トリで彼女が歌ったのがこの曲「愛傷歌」、

テンポもゆっくりで吹きやすそうな曲なのですが、五線譜のとおりに吹こうとするとコレが又超難しい曲だったです、
歌に入ってから17小節目です、「…ときをしる」の「……しる」の箇所です、
裏拍子から出る情緒に満ちた半音のアヤが、わたしにはどうしても吹きこなせなかった、
で、河童爺氏の採譜を頂戴し、簡略化して対処したのがアップの音です、
わかっていただけるかなあ~、が、そういうことでしたってことです、

問題の、その個所の五線譜の抜粋です、
20140925_3
“あきがきて”から~2行目の第2小節の“これが”の間のコトですわ、

白状しますがね、この個所に食らいついて、ココを十日間ほど毎日・毎日吹いとったのです、腰椎圧迫骨折の痛みの中でもです、吹いて吹いて吹きまくったのです、2百回は吹いたと思いますよ、
この際、曲のテンポに対するわたしの感覚を徹底して修正しようと思ったのです、
が、修正し切れなかった、で、少し譜付を変え、簡略化して吹き納めたのです、
趣が違うのだよなぁ~、
残念だ!!!

今更、テンポのDNAを鍛えようってのは遅すぎる、無理だってことかな、

あぁ、図書館から借り出した「誅韓論」読み終えました、
“誅”ってのは、罪を咎めて抹殺する、の、意味ですよ、
ベストセラ~になりそうな勢いの本ですよ、

読んだ感想ですか???
言いましょうか、言わないでおきましょうか…
韓国をぶっ潰せ!!!
ですからね、
韓国も、ここまで隣国を怒らせたらヤバいよなぁ~、

| | コメント (2)
|

うなされ夢

<国際連合憲章第7章・第51条>

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。
(下線は波平が付けました)

米国連大使は、米軍のシリア国内の“イスラム国”空爆の正当性を言うに、この条文を持ち出したようですね、

そういうことでしょうなぁ~、

戦争とはそういうことでしょうなぁ~、

当事者(国)は、互いに正義は自分の方にあると主張し、自分の意見に従わない者(国)を敵とし決めつける、
敵を殺せ!!!
抹殺せよ!!! 
殺さねば殺される!!!

神の名を語って、互いに叫びあい、殺しあう、

神様こそエエ迷惑だと思う、
が、やっぱ、責任は神様にある…ような気がする、
否、
神は、悪同士が互いに殺し合い、結果悪が死に絶えてしまうのをお望みで、そのように仕向けておられるのかも…

疲れますなぁ~~

わたし、今朝は悪夢にうなされて目覚めました、
腰が痛くて歩くことができなくて…
だのに、どうしても急ぎ行かねばならん用があった、
で、車いすを借りたが、自分で漕ぎ行くことがデケン、側に居た人に押してもらったのだが、ドコへ急ぎ行くのか行き場所がわからなくなって、ビルのエレベータの前までとにかく押してもらおうとしたが、そのエレベータの位置がまたわからん、そもそも自分は今何階に居るのだろう??
とにかく急がねば大変なことになるのは分かっとって…
で、目覚めて、トイレへ立って、また布団へ戻って寝たのですが、ら、なんと、先ほどの夢の続きが始まった…
で、とうとう、ホントに起き出しましてね、パソコン前に座り開いたら、上述のニュースがあったってことですわ、

昨日は我が家の彼岸法会、坊さんがやってこられて、お経でした、
わが家は、今話題の神戸は長田区の西隣の須磨区内にある某真言宗の寺の檀家ってことになっとるが、時も時だけに、お経が済んで、坊さんと「たいへんなことになっとるようですなぁ~」の話になった、
事件現場にごく近いところにも何軒か檀家かあるようで、付近の様子を坊さんは坊さんなりに観察されていて、いろいろと現地の様子を話された、
が、さすがに坊さんは偉い!!! 
飾り気なく観たそのままを話されるのだが、すべて見事な法話になっとった、わしゃ久しぶりに気持ちの底からホンワカありがたいような心地になった、

が、夜になって寝たら、上述のうなされ夢ですわ、夢から逃げ出してパソコン開いたら国連憲章51条だ、

あぁ、悪夢は、ひょっとしたら昨日図書館から借り出した「本」の影響もあったのかも、
「誅韓論」って「本」を借り出してきたのだった、
「本」の内容は“誅”の字からわかりますよね、そういう「本」ですわ、
なにせ滅茶苦茶ばっか言う隣国だ、読んでおいた方がエエような気がして借り出してきたのだった、

今晩もまたキツイかも、うなされ夢を見るかも…
なんぎだぁ~~~

こんなダラダラ・ブログ、わしゃ、バカだ!!!
あぁ~悩ましい、

| | コメント (0)
|

2014年9月24日 (水)

ショパン・エチュード

神戸・長田の女子小学生が無残な姿で発見されたそうな、
どうにも耐えがたニュースです、
痛々しいことだ、どうにもたまらん気持ちだ、

ショパンのエチュードを吹きました、この子の魂を癒したい、

こんな曲は、稽古して吹くような曲じゃない、尺八掴んでいっき吹き、


| | コメント (0)
|

早業経

腰椎圧迫骨折・老人にとって、療養というか、養生というか…コレ、難しいですなぁ~、

イヤ、楽ちん・容易というべきか???

仕事で毎日出かけねばならん現役人とは違って、エブリディ・サンデーの中での治療だ、イライラせずにただボヤァ~としとったらエエのだから、こんな優雅な治療環境って他に無いかも、

が、が、この優雅な治療環境、コレが実は大敵なのですわ、
単にボヤ~と真面目に…そう、まじめにボヤ~、と、これが現実には難しい、
昨日などは、ワシャ、こういうことは止めるべきだ!!! 
っと、強く思いながら、ほんのちょっと朝酒(イモ焼酎)を舐めてしもうた、

先日、義弟が見舞いまがいに立ち寄って、置いて言った美味そうなイモ焼酎があったからなぁ~、
昨日は、かみさんが、朝からお出かけで留守だったし…、
わしゃボヤ~とするにもしょざいが無くて、ついつい…

最初のひと舐めは、自制心シッカリのなかだったから、ほんの少しだけだった、
が、あまりにも少なすぎたのが災いの元だった、
テーブルの上には、かみさんが出かける前に、わたしの昼食用に用意してくれた卵焼きやら他数品が、酒の肴然として置いてあった、
酔っぱらってしまって、グデッェ~、

グデェ~でも、腰椎圧迫骨折の“身体を静かに保ち静養する”にはかなっとる、

が、が、既に激痛は無くなっていて、今は、軽く動いて寝たきりやボケにならんように適度なリハビリが必要な時期だ、だのに、朝から焼酎食らってグデェ~~でどうする!!!

反省、反省、猛烈に反省しながらの、グデェ~~、

かみさんは午後4時過ぎに帰宅した、
が、わたしが酒食らってグデェ~~だったなんて気が付いておらん、
わしゃ、グデェ~~の長時間昼寝から覚めてスッキリしとった、

自宅階段を上り下りして、萎えた脚を鍛えようと思っとる、上り下りの行を、最低でも日に2回はやっつけるつもりだった、が、昨日は1回だけになった、1回とは、上り下りを5度続けて1回だ、
今日は、昨日の分も挑戦しようと思う、上り下り5度を3回(クール)やっつけるつもり、
で、後は、静かにボヤァ~~~だ、

あぁ、今日は坊さんがやって来られて、彼岸法要の日、
坊さんの来宅時間は毎回突然だ、いきなり玄関口開けてすたすた入って来られて仏壇前に座るや3分間ほどムニャムニャ経を唱え、お布施掴んでサッとお立ちになる、
毎回あっけにとられるような早業経だが、これだけでも、なんだかありがたいような気持ちになる、

坊さん迎える用意をせねばと、仏壇前に敷いていた布団は片づけた、いわゆる床上げってやつだ、
すぐに寝っ転がれる(療養)布団がなくなって、わしゃなんとなく寂しい、

“極・軽ァるいダンベル”を用意した、
コレ、両手に持って振り回します、
振り回す時の、振り角度、コレ、魚釣り時の竿を持つ角度・感触です、
これは真剣に取り組みつつある、
やり過ぎは禁物、この運動けっこう腰にこたえるからなぁ~、


| | コメント (2)
|

2014年9月23日 (火)

神様をかた(担保)に

イスラム国は声明を出した、
米主導の対イスラム国「有志連合」参加国の市民を殺害せよ!!

日本市民も(殺害)対象でしょうか???
連帯的自衛権のことが頭に浮かびますなぁ~~

オバマ大統領の「イスラム国壊滅宣言」に対抗しての(欧米市民)殺害宣言でしょうが、コレッテ代理戦争なのですよね、
ダレの代理???
次のお二人です

マホメット様と VS キリスト様

イスラムに、スンニ派とシーア派があって、本家争いしている図に、キリスト教が横やりを入れ、わけがわからんようになってしまった、

教義の上では、スンニ派とシーア派は何ら違ったところは無いようですよ、
が、なんでか、互いに主導権争いをする、
なんで???
と、思うが、ココを真剣に解説しようとする報道は、コレマタ不思議なことに見当たらん、
こんなことでは、モツレをほどくに、どうしたらエエのかわからんやんけェ~~!!!

ついでにボヤキますが…
イスラム教と、キリスト教は、これまた非常に似た宗教ですよ、ユダヤ教もです、
この三つの宗教の根幹は旧約聖書です、旧約聖書の宗教です、
旧約聖書ってのは、新約聖書とは違いますぜ、
 新約聖書はキリスト氏の誕生から十字架までの記録書、…と、これがキリスト教、
 キリスト氏誕生の後、約600年ほど経ってムハマンドって人が生まれた、で、いろいろしゃべった、これがコーランですわ、
「アッラーアクバル(神は偉大なり)」って唱えて頭を床に付けてお祈りしとられるが、その神様は実はキリスト教が敬う唯一神でもあって、そのお名は旧約聖書では“ヤハウエ”さんとお呼びするお方、

この旧約聖書ってのは読むと実におもろいですぜ、わたし、むかし不埒なことながら小説読む気分でザットと読んだことがある、おもろかったのは“続編”って部分だった、続編は旧約聖書がデケル以前のさらに古い古い話の集積でしてね、超オモロイ、

オモロがってどうする!!!
殺し合いの大元になっとる話をオモロがってどうする!!!

提案します、
この際、世界中の宗教者は寄り集まって、あらゆる宗教を話し合う場を創り、国際会議を、開きましょう!!!
これ以外に、全面解決は望めないと思いますよ、

いろいろ討議し、多数決で、神様の在りどころを決めましょう、
神を冒涜することになりますか???
なら、席を立って、脱会するしかない、
ヤッパ、殺し合いましょう!!!
しゃぁ~ないことだ、
神様をかた(担保)に、強欲な人間どもが悪だくみする世の中だ、
アァ~ア、

| | コメント (2)
|

2014年9月22日 (月)

今晩(22日)のNHK・TVニュース

 イスラム国掃討 VS 食事にハラル表示して観光客誘致、こんな話題並べてどうする!!!
 日本の老人団体が中国を訪問し軽く扱われた由、経団連の団体さんだった、
 ロシアが国後島に大きな飛行場を造った由、不法占拠されているからどうしようもないと管官房長官談、納得だ納得だ、が、なんか変、
 韓国でのバトミントン競技で韓国に有利な空調作動だった由、日本は大人だから抗議はしないとか、
 沖縄で防衛庁長官が普天間基地やオスプレイのことを語った、沖縄を訪ねたことにしたかっただけ、
 東京で新築家屋の工事現場で連続放火、が、警察関係のニュースは無い、(犯人)泳がし捜査かな???機動隊や自衛隊をそこらじゅうに配備したらどうか!!!
 台風16号、中国・上海あたりに上陸するのかな???台風は平気で国境を超えますな、

今日はステッキ持参で外を少し歩いた、約800mほどをゆっくりと、大丈夫だった、
自宅階段(2階への)上がり降りのリハビリ挑戦を始めた、
“百回上がり降り”がデケルまで頑張るつもり、
が、デケルはずないですよねぇ~~~
疲れて、転げ落ちたらどうしましょう???

| | コメント (2)
|

静かな生活

社会とのつながりは、まず☎(携帯電話含む)かな、そしてパソコン、
電気・水道・ガス・新聞…あぁ、わが家はオール電化だ、ガスはありません、

かみさんも体調が良くなくて、スーパーへの買い出しの際は、荷物持ちにわたし付き添っていましたが、腰椎圧迫骨折では使い物にならん、最近はかみさんがひとりで頑張っとる、

そうだ!!!
この際、“要支援申請(介護保険)”の申請してみようか、と、かみさんに問いかけた、

イヤヤ!!!
と、かみさん、

わたしも、未だ十分自立デケルと思っとる、
が、こんな道もあるぞって、すこし話し掛けてみただけ、

月に数度のことではあったが、老人(福祉)施設への尺八吹奏ボランティアやっとった時は、わが家が、介護対象家庭になることなんぞ考えていなかった、
が、が、思い直せば、まさに我が家も“ホボその位置”にあったのだった、

愛艇「はまちどり」(24Ftの140Hp4サイクル船外機仕様艇)には、しばらく乗れそうにない、
が、できるだけ早く体調を戻し、乗って沖へ出たい、魚釣りをしたい、
が、が、要支援・要介護のダンナが、“ボート駆って沖で魚釣り”はヤバイですよね、

先日、ユリタロウが様子を見に来て、「入院した方がエエのやないですか!!」って言った、
が、それもお断りだ、
自宅であればこそ、天井向いて尺八が吹ける、
病院・病室で尺八吹いたりはデケンだろう、

傷めているのは腰椎であって胃袋ではない、
気合を入れようと思う、
で、ウイスキーを飲むことにした、
安っぽい焼酎は止めて、43°とアルコール度数のシッカリしたウイスキーで気合を入れようと思った、
少し舐め飲んだら、すぐに酔っぱらってしもうた、
で、気合が入ったか???
飲む直前は確かに気合が入った、…ような気がした、
が、が、酔っぱらうと気が抜けてしもうた、
ナンジャソレ!!!

行きつけの内科医診療所は我が家からスタスタ歩きなら5分とは掛からぬ位置、
わたし循環器系の持病持ちで、若いころからずっとこのDrの世話になっとる、
昨日、寝間着姿をよそ行きに着替えて「黒田先生(主治医)のところへ行ってくる」と言うた、
と、かみさんが「今日は日曜日ですよ」と、返事、
「あっそう!!! 散歩に行ってくる」と、わたし、即座に方向転換、
「携帯電話持った???」と、かみさん、
百メートル足らずのところに地区のゴミ集積場がありましてね、そこまで来たら腰がまた砕けそうになった、
持参していた杖を頼りに自力で帰宅、

「家の中をグルグル歩いてたらどう…」と、かみさん、
歩き回れるほどの家ではないですわ、
帰宅後はソファ~に寝転んでテレビドラマ観とった、

早く陽が落ちるようになりましたね、

アぁ、夜明も遅くなったなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2014年9月21日 (日)

“吹き納め(整理)”

今日9月21日の時点では、“今虚無僧”活動復活のめどが立ちません、
不渡り手形出しましたのでね、数か月も経ってからの営業(?)再開は難しいでしょうよ、
もし、復活可能になったとしても、体調のことが在るから、スケールダウンは免れない、
方向転換せざるを得ないと思う、
どっちを向きましょう????
どう変えましょう???

ワッカラン!!!

で、当分の間は、先に少し、つぶやいていたことを始めようと思います、
コレやりながら、ボチボチ考えます、
 童謡唱歌や流行歌・演歌・抒情歌の“吹き納め(整理)”
 日本民謡の研究
を、しようと思う、

童謡唱歌他の“吹き整理”は、散らかしてある尺八譜を「少しづつ吹いて仕舞い込む」作業です、
吹き納めるつもりです、
施設等へのボラン吹奏が無くなれば、もう吹く機会がなくなるだろう曲群ですからなぁ~、きちんとお墓へ納めてやりましょう、
なかには、お墓へ入りるのは嫌じゃ、と、ゴネル者(曲)があるかも、
なら、無理には押し込めません、それはそれ、

日本民謡は、尺八古典本曲の別の姿でもある、これからわたしの生きる縁につながるものだ、
これから気長に付き合います、

って、ことで、
当分の間、このブログの場で“吹き整理”をしてみようと思う、

まずは、この曲から、
「また君に恋してる」
坂本冬美バージョンじゃなく、ビリーバンバン・バージョンのつもりです、

「アフトン川の流れ」
スコットランドの民謡です、詩は「蛍の光」の詩人・ロバートバーンズ、すばらしい詩ですぜ、
ひょっとしたらこの歌は、「蛍の光」位置にあったかもしれないと思うのですよね、小さな川だそうです、

| | コメント (8)
|

秋の気配

昨日は久しぶりに少し外を歩きました、
ほんの百メートルほどをユックリと、と、今朝はナント筋肉痛です、

わずか2週間ほどで、脚の力が見事に無くなった、ビックリです、

このままではダメだ、今日からは自宅で階段を上がったり下がったりのリハビリをしようかと思います、

揺れる小さなボートに乗って、メジロ釣りになんぞ出られる体調ではないですわ、

頭のリハビリ???
コレ難儀ですなぁ~、呆け具合・程度って自分でわかったりしないでしょう、
未だ大丈夫って思いこんでいる、コレ、すなわち呆けが進んできたってことかな???

身体の構造ですが、
首から上の部分と、首から下の部分に分けて、
で、上の部分、
 口腔中はもうガタガタです、歯抜けだ、さし歯があるにはある、が、時にポロッと外れる、と、またはめ込んでもらいますが…、食パンに噛みついて引っぱったら外れたりする歯ですわ、
 耳が遠くなって難聴が進んでいましてね、かみさんにテレビの音が大きすぎるっていつも叱られる、
 視力低下です、眼鏡を替えましたが、ダメ、度数の問題じゃない、
 脳ミソ??? どうなっとるのか、自分ではわからん、が、頭を振ると、頭の中でナニかが(脳ミソ?)転がってカラカラ音を立てます、…ウソですよ、まさか…
首から下のこと???
 もう、話したくないですわ、

別の話をしましょう、○○○国のテロのこと…

我が家の前の藪のどこかにカラスの巣があるようでしてね、
そうです、イスラム国じゃなく、カラス国のはなしです、

この巣にカラスの子が1羽育ったらしい、雛(ヒナ)カラスが居るのです、
雛が、我が家の前の耳鼻科医院の2階ベランダにやってきて、盛んにカァカァ鳴く、
と、親がやってきて、雛カラスに餌を与える、

雛カラスは、もう中学生か高校生になっとると思う、親と並ぶと明らかに親カラスよりは小さい、が、もう巣立ちしてよい頃だと思う、1人っ子のようです、
うるさくてかなわん、
波平爺さんが、部屋内からガラス越しにいつも観ているのを知っとるのかな???

カァカァじゃない、グワァ~グワァ~です、やかましいのです、
このカラス一家とわが家は仲が悪い、彼らは我が家の畑を荒らす不埒らならず者一家なのだ、
トマト・イチジクなど等…、網をかぶせて防御しますがキャツ等はミサイルみたいに飛んできてツツキ食ってしまう、
これからは柿でしょうね、美味く色付き始めたらやってきて襲い掛かる、
大きなカラスですよ、愛犬・ショウタがさらわれかねない大きさだ、ショウタには逃げろ!!!と、教えている、

が、親が子に餌を与えているのって、悪くない図柄ですな、
イヤな奴らだと思いながら観ています、

小さな畑ですが、桃の木を植えていましてね、昨年の冬、葉が落ち木が丸坊主になったら、なんと、この柿の木にカラスの素があったのです、
が、今年春先、狭い畑に木が大きくなり過ぎて、で、巣があった枝を切ってしまった、
カラスがやってくるのはこの巣への郷愁かもなのです、

秋の気配がしてきましたね、

| | コメント (0)
|

2014年9月20日 (土)

世間様を騒がすのは…

仏間を閉め切り、仏壇前に敷いた布団の上に座って、仏壇の方を向いて尺八稽古をしていますけれど…
こうすると、気負いがとれて落ち着いて吹けるのですよね、

そもそも音楽ってなもんは、演奏者が居て、聴く人が居る関係だ、
仏壇の中で亡者らが聴いとるわけだ…

秋のお彼岸です、
まぁエエことにしますか、
こうして供養(?)して、墓参りはパスします、
墓場って急な坂道を上がったり下がったりだ、今のわたしには無理ですわ、

あぁ、北海道の江差町文化会館へ向けて、
正調・江差追分の尺八伴奏譜が得たいが、どうしたらエエかおしえてほしい、と、ファクスを発しました、
返事があるでしょうか???
未だ、無しのツブテですが…
待っとるのですがねぇ~~~

民謡ですからねぇ~、
この手で、民謡発祥の土地土地に問い合わせを発したら…
イヤ、止めておきましょう、
世間様を騒がすようなことはしないでおきましょう、したいけれど…

| | コメント (4)
|

どこが美味しいのやろ

19日(金)は少し起きている時間を持ちました、
が、起きているだけで疲れてしまって、グウグウ昼寝したりした、
で、結局、夜の睡眠が…

今、真夜中・零時10分前ですが、もう起き出しているのです、
これから20日の朝を迎えるまで、延々、長い時間どうして過ごしましょうかねぇ~、

起きているだけで疲れる…でも、それだけではなく腰にも良くないようですなぁ~、
何とも言えないカッタルサがある、
この段階を超えると、また腰砕けになるのは必定だ、

無理して起きるのは、“焦る気持”があるからですよね、
ナニをあせっているのかな???
 このまま寝たきりになるのは嫌だ
 このまま呆けるのは嫌だ
と、この二つ、

尺八吹奏ボランティア活動は、もし可能なら再開したい、
が、デッタイに再開するのだ、って気持ちが、急速に萎んでゆくのを感じます、

魚釣りも…大きな魚を釣りたい、の、気持ちは無い、
海にボートで浮かびたい…は、死ぬまで続くと思う、

スコットランドがどっちらを向こうがワシャ関係ない、と、思いつつニュースを観ていた、
独立反対派が勝って、そらそうだわな、と、1件落着、
 北朝鮮のニュース、やっぱ、我が国政府は手玉にとられとる、
 調査捕鯨…わしゃ遠からクジラなんて食っとらん、今時クジラ食っとる人等ってどんな金持ちなのだろう???
 プーチン氏が日本に来るのか来ないのか…手土産??? 次元の低い話だと思いますなぁ~、
 山崎豊子の潜水艦と遊漁船の衝突事故を題材にした小説{約束の海}を一気読み、朝日新聞・毎日新聞が潜水艦を責める煽り記事を盛んに書いたのを思い出した、わしゃ、遊漁船が悪いと思ったのだった、双方痛み分けの判決だったわけだが、この2新聞の煽り記事はどうするのや??この2新聞は読んでもデンデン信用しません、読みますけどね…、
 円安は更に進むでしょうなぁ~、と、思います、だから、どうしたらエエかそれがわからん、

さて、
久しぶりに、起き上がって尺八を吹きましたが、ウヌッ!!です、
今までとは、竹音が…音色が…少し違っていました、
“リキミ”が何処かへ行ってしまったみたい、気の抜けた音だ、エエのか悪いのかわからん、
が、瞬時、自分の尺八もこのあたりが終点かも、と、思った、

これからは、少しずつ“おさらい吹き”をしてみようかと思う、
吹き終えたら、その曲はそれでお仕舞いにする、
常に吹く曲は、ほんの数曲だけでエエ、漁り吹くのはもう止めにする、
とか、言いながら…民謡に凝りはじめた自分がある、コレ、どうしましょう???

蚊に刺されやすい体質ってあるようですな、
わたしですわ、
かみさんは刺されない、わたしは刺されまくる、
こんなズズイのどこが美味しいのやろ???

| | コメント (0)
|

2014年9月19日 (金)

“寝言”

腰椎圧迫骨折の激痛で動くことかなわず、いわゆる寝たきりになっとった時は、動きたくてしかたなかった、
が、激痛が去り、動けるようになり、今は、布団から起き上がり、さてナニをしたものか???

布団に寝転び天井向きに尺八を構え、民謡の稽古をしていた、
まずは「津軽山唄」そして阿波踊りの「よしこの」

今、起き上がって吹くと、なんだかイマイチ気合がそれて、オモロクない、

寝転んで吹いていた時、民謡のナニかを掴んだような気がした時があった、
アレってナンだったのだろう???

そうだ!!!
ズレのことだ!!!

未だ民謡のことはほとんど知らないから誤解があるかもしれないが…
民謡は独唱が中心ですよね、民謡の合唱ってあったかな???
合唱部分はいわゆる囃子言葉じゃなかったですか???
アラエッサッサ!!!とか、の、

とにかく、唄い手が、自慢の喉で小節をまわし独唱する、
と、コレに合わせて、まわりは囃子ことばを掛けて、同じ世界に没入だ、
笛と太鼓とが調子をとるが、すべては唄が中心で、唄に合わせ盛り立てるのが役目、
尺八が入り、三味線が加わったりするが、すべては唄中心、唄の邪魔はしない、唄をリードするような差出た振る舞いは下の下、
と、ココが、五線譜音楽とは根本的に違うのですよね、

童謡唱歌や演歌の要領で民謡を尺八伴奏は根本的に間違っとるってこと、
唄と同時に吹いたりはダメ、唄を盛り上げることにならん、
唄に気持ち遅れて、唄を支える気持ちで吹く、コレが超大切、
唄に瞬時先んじて吹くこともある、コレ、唄声のキーを唄い手にそれとなく伝える役目、唄い手だけに聴こえればエエ程度に、素早く小さく、瞬時鋭くそれとなく吹くのが肝要かと…

ころがし吹きは、できればやらん方がエエような気がする、
唄の“小節の聴かせどころ”を尺八が取ってしまってはダメだ、
が、小節に邪魔になるようなノッペリ吹きもダメ、
このコロガシ吹きの箇所でも、唄を盛り立てるの立場は護らんと品の無い竹音になる、

唄と、囃子言葉と、添い吹きの竹音と…
立体的にある種の世界を創り出すような民謡の世界、コレ学びたいですなぁ~、

尺八民謡ということで著名なお方が居られる、竹友・ウチダがCDを届けてくれた、
聴いてみると尺八ジャズだった、スッゴク上手だ、わたしごときに真似デケルことじゃない、
だが、民謡だよ、民謡って、下手でもそれなりに唄える唄でないと民謡とは言えんだろう、
“米○尺八”は、わたしには無理だ、また、学びたいとも思わない、

演歌「また君に恋してる」を改めて吹いてみた、
平板な歌だなぁ~、と、思った、…生意気なこと言うてゴメンネ、

あぁ、それからもうひとつ、
歌詞のこと、「津軽山唄」の歌詞、わたし大好き、
「よしこの」の囃子言葉ってメッチャ素晴らしい、と、思う、
演歌の世界はそれなりにすごい、が、民謡の世界は更にすごいような気がする、

以上は、天井向いて尺八吹きながら思ったことのアレコレですわ、
起きたら、忘れてしまいそうなので、いちおう書き出してみた、
言うておきますが、わたしの、誤解錯覚を並べただけですのでね、
いわば布団に寝転びの“寝言”の類ですよ、


パソコンで打ち出しました、
携帯電話機からの打ち込みから、脱しました、

| | コメント (2)
|

なだしお

起き上がってパソコンを触った、
頂戴していたコメント・メールの内、数通に現状報告がてら返信した、
で、ヤッパ横になっておこうと布団のなか、

山崎豊子の小説「約束の海」(約20年数前の東京湾浦賀水道での潜水艦と釣り船の衝突事故を題材にした小説)を借り出してある、
B6版375ページを一気に読む、
※注・表題は当該潜水艦の名前


衝突海域は、わたし、愛艇・「はまちどり」で走ったことがある、
洋上で浮上航行中の潜水艦と遭遇さたこともある、
気がついたら読み終えていた、

コレ、寝転んだままの携帯打ちだ、次回からは、起きてパソコンからの打ち込みにしたい、
試みてダメならまた布団に戻る、床上げはまだ先のこと、彼岸の墓参りも無理はしないつもり、ナニセ、わしゃ今仏壇前に布団敷いて寝ている、
南無〜〜〜

| | コメント (0)
|

2014年9月18日 (木)

退屈しのぎ

寝転んでいると、いろいろな雑念がわきでるかというと、それは当初だけで、すぐにナァ〜ンも考えないようになる、
コレ、隠居老人に特有の症状かも、
あぁ〜油断したらボケてしまう、と、つくづく思う、
パソコンは庭に面した居間片隅の固定座机に有線仕様で置いている、触る際はここまで来て座り込むのだが、操作中の体形は、すぐに腰を壊すようだ、不思議ですなぁ、食卓の椅子に座り番茶をナニげに飲んだりなら、小一時間座っていても大丈夫なのに、

今週中には、常時寝転ろがりから出デケルと思う、

だいぶリハビリが必要だと思う、体力低下のあまりのひどさに我ながら驚いている、
油断していた、まさか腰椎圧迫骨折などとは、そうなって、改めて自分の歳を数えた、

阿波踊りの曲「よしこの」をユ ーチューブから音源ダウンロードしたが、唄い手の新鮮な色艶溢れる声が妙に身体に染み入ることだ、
この声に添え吹きしてみよう、
デケルかな??
これって、年寄りの冷や水って言わなかったかな???

| | コメント (0)
|

「よしこの」

「津軽山唄」が完成したわけではない、
が、カンカンになって噛みついてもダメだと思う、

少し方向を変えてみよう、

「阿波踊り」がオモロイかも、
「よしこの」に噛みついてみよう、
単調な四分二拍子の曲、
が、躍動感抜群、
頑張って起き上がって、パソコンにとりつき、ユ ーチューブから音源頂戴し、尺八譜を起こします、

市販の尺八譜面集や河童譜を参考にしながら、

と、これがなかなか難しいです、
なんで手元の参考譜と音源がこれぼど違うのだろう???

あぁ〜難儀だ、
が、まあエエか、この曲相手にしばらく天井向いて養生しましょう、

| | コメント (0)
|

解除??脱出??
少しずつ起きてみようと挑戦中です、

パソコン前に座ってブログ開いた、ら、こりゃダメだ、
激痛は無い、
が、なんとも言えない辛さがある、また布団へ戻りました、
でも、このまま寝転んでばかりはデッタイ・ダメだと思う、
辛いが数分ずつでも起き上がってみようかと思う、

今は、あぁ〜シンドと布団に寝転ろがっている、
気合いが整ったらまた起き上がってみるが、布団に正座くらいかな、
いやまったく難儀なことだ、歳はとりたくないですなぁ、

起き上がって、世間を見渡したら、浦島太郎になっとって、白い煙りがムワ〜〜〜だったりして…
大丈夫かいな??

| | コメント (0)
|

ダウン一部解除・脱出

久しぶりに、パソコン前に座りました、
が、頂戴していたコメントなどに、落ち着いて目を通すことは未だ無理、

携帯電話でブログ観ればええわけだけれど、
コレやると、通信費がバカ高になるのです、ごめんなさい、

もう数日で常時寝込んでいなくても大丈夫になりそうな気がします、
今は、ここまでとします、
ヤッパ、腰が辛すぎるのです、
五円なさい、
じゅなかった、ごめんなさい、down

| | コメント (0)
|

「詩情」

伊藤桂一氏ですが、氏は戦記物小説作家で知られたお方です、
残酷、無惨、逃げ場のない闇、救いがたい苦悩など等を書き出す人、

だのに、なぜか計算外の詩情がわきでる、

悲哀、神にもほとけにも見放された…
なのに、豊かな詩情がある、

氏の小説をアレコレ読み返す機会がえれたこと、幸いだった、

氏は小説家というより詩人だ、詩集も出しておられる、読みたい、

図書館に貸し出しをお願いしようと思う、


朝が来た、
午前六時十分、
九月何日になるのだったかな??

| | コメント (0)
|

2014年9月17日 (水)

尺八吹奏ボランティア

毎月四・五回、多い月には十回近いボランティア活動をしていました、が、この度の腰椎圧迫骨折で頓挫、すべての関係先に事情を伝え暫時中止をお願いした、
復活できるでしょうか??

わたしだけの単独活動だった、
が、機材運搬設営撤去などに助っ人が得られれば、可能です、
が、が、得られるとは思えない、

わたしと同じような気持を持つ未だ達者な三味線隠居は居ないかな??じいちゃんでも、ばあちゃんでも、
道具だてを減らし、尺八1本の身ひとつでの活動、コレを工夫せなならんですな、

施設で歌詞投影スクリーンやプロジェクタ−や音響機器を備えたところがあれば…
が、それら機材をダレが操作しますか??
わたしが今まで都度都度持ち回っていた機材はすべてわたし1人で尺八吹きながらパソコン操作しとったのです、
自分で言うのも変ですが、けっこう優れたシステムになっとった、と、思いますよ、

まだまだ気力はあるから、復帰したいのですが…
あぁ〜、とにかく早く立って歩けるようにならんことにはどうしようもない、

今日もまた夜が来た、
わしゃ、もう寝飽きた、

| | コメント (2)
|

天井吹き

未だ寝転んで天井向いて吹いている、の、段階ですけれど…
「津軽山唄」ですが、少々クセある唄いかたされても添い吹きする自信がデケテきたですよ、
が、が、本数が難儀、四本〜九本までの限定でなら、
大見得切って大丈夫かな???

全然大丈夫なんかではありません、どうせもうしばらくは、天井向いて静養しとらなならんのや、起きて吹けるようになる頃までには、なんとかなるだろうってこと、

さて、また昼寝しまっさ、
天井向いての尺八稽古、けっこう疲れますぜ、

| | コメント (0)
|

秘曲

朝食を済ませました、
寝転んでいるだけなのになぜ腹が空くのだろう??
結構いつものとおり食べていましてね、これがまた不思議なのだが急激に痩せつつあります、
痩せるのは筋肉部分だけで皮膚は別みたいですな、痩せた分皮がたるみシワシワになる、
さて、もう少し伊藤桂一の話、
秘曲「滝落し」と題する短編がある、
尺八の古典本曲です、「瀧落曲」と書いたり「滝落」と書いたりする、わたしは師匠から「滝落し」と教わった、略してタキチと呼ぶのだと教わった、
古典尺八にも様々な流派があるが「滝落し」とするのは京都明暗寺對山派、コレ、わたし波平が所属の派ですわ、
で、思います、伊藤桂一氏は、古典尺八にも造詣がおありになったに違いない、と、

で、なければ、こんな尺八音が聴こえてくるような小説書けませんわ、
ただこれだけの話ですけどね、

| | コメント (0)
|

魚釣り文学

布団に寝転んで携帯電話で打つブログだ、以下は萎えた頭にかすかに残る詩情心(?)のなすところ、

文学に「魚釣り文学」というジャンルがある、
ホンマかいな??
伊藤桂一氏はこの分野の巨峰、
幸田露半を筆頭とするのが普通だがわたしは伊藤桂一を推したい、

世界的にはイギリスにアイザック・ウオルトンの著・「釣魚大全」があり、これが筆頭、が、この判定、わたし波平には不服がある、むしろ「老人と海」の方がおもろい、

このあたりの話しはとてもじゃないが携帯電話でデケル話ではない、

ようするに、詩情、叙情の世界からは伊藤桂一は、波平的には、世界一の魚釣り文学者だってこと、
そして、今、波平が凝り始めた日本民謡の世界がコレに繋がっているってこと、

そして、そして、腰砕け波平は、天井向いて養生の寝っ転ろがりのなか、未だ読み逃していた伊藤桂一の著の漁り読みをしておるってこと、

これもまたある種・夢世界の隠居業なのかもと思いながら…

あぁ〜朝になったようだ、雨戸の隙間から陽がさしはじめた、
午前7時十五分前

| | コメント (0)
|

眠る都度都度夢を見る、
(起きている時も概ねボヤ〜と半分は夢もどき)
寝ている起きているの境が有るのか無いのか…??


父・母に会ってきた、
遠い親戚を訪ねていっしょに歩いていた、わたしは遅れまいと必死に走っているが追い付かない、
面倒になって空を泳いだ、

妹も歩くのが遅い、難儀だった、

訪ねた先は大きな団地の一角、
玄関先から湖が見えた、これは湖じゃない海だと思った…

と、まだまだ続きがありましてね、退屈しませんなぁ、

枕元に小説や尺八譜面やらを乱雑に散らかしている、
日中はあれこれゴマカシ販売などの電話がある、
その種の電話とワカったら即座にガッチャン切っていたが昨日は退屈しのぎに話し相手になったりした、

今、午前5時、
これから伊藤桂一の小説を読む、
そのうち今日も夜が明けるだろう、なん曜日だったかな??

| | コメント (0)
|

2014年9月16日 (火)

ハリが大きすぎます、

いっしょに釣り行きの機会が多い竹友・大厳どんが、これで釣りの仕掛けつくりでもして静かにしていなさい、と、ぎょうさん釣りバリを送ってくれた、
で、わたし、コレ手にして、落ち込んどる、

ドデカイ鮪(マグロ)でも釣れそうなハリが入っとった、
小さなハリも入っていたが、ハマチ・メジロ用にもいかがの大きさだった、

わたしの、このツブレ腰では、治ったとしても、キス釣り程度かもだよ、
なにせタコのぐにゃぐにゃに負けた腰ですぜ、

これからは、大物が掛かったら、すべて彼に取り込みを委ねることになる、
船縁まで大物を引き寄せても、わしゃタモで掬いとるなんぞの荒技はデケン、

あぁ〜難儀だ、

ありがとうネ、大厳どん〓〓〓〓〓〓

ナマコ逮捕も結構腰に力を入れるのですわ、大丈夫かなぁ〜〓〓〓

| | コメント (0)
|

アブラ汗

我が家から三木市図書館までは軽四で数分だ、ソロ〜と起きてゆっくりゆっくりなら行ける、と、思った、
行けた、
が、着いたがアブラ汗、ヤバイ!! !

どうしても借り出したい「本があった、
無性に伊藤桂一の「本」が読みたい!!!
自分の書棚を確認し、未読のを借り出す、
この確認作業だけですでにアブラ汗だったのだ、図書館まではヤバすぎた、

三冊を命がけで借りだしてきた、うめき声を噛みころしながら…

民謡尺八を吹きたいという気持ちは伊藤桂一の小説の情景が頭に染み込んでいるからだ、
氏の小説を読んだ人ならわかってもらえると思う、
氏の小説には詩情がある、民謡の世界がある、今一度この世界を掴み取りたいと思った、
ヤバかった、
なんとか家に戻り得た、
おのれの容態のこと、自覚が足らんかった!!!

寝床で、「本」を開き、しみじみとした詩情のなか、ページを繰っている、

| | コメント (1)
|

ヒネクリ過ぎるのは良くない

昨日、Uが米谷威和男とその社中のcdを持って来てくれた、
が、ダメだコリャ、
上手すぎる、芸術すぎる、
ナニか間違っとる!!!
これは民謡なんかではない、
わたしはもっと下手な唄が、下手な尺八が聴きたい、本物の民謡が聴きたい!!!

拍子や間合いめちゃくちゃ、音程狂いの民謡が聴きたい、

| | コメント (0)
|

だいぶ楽になったが、ヤバイ…

頑張ってパソコン前に座ってみた、
スイッチオン…なか立ち上がらない、立ち上がりを待っ間に腰が辛くなった、

実は、携帯からの打ち込みが上手くアップできているかどうかも分からんかったから、これだけでも確かめたかった、
大丈夫、

コメントも頂戴していること、確認したが落ち着いて読むことがデケん、スイッチオフ、布団上向き寝転がりへ逃げ戻った、

| | コメント (0)
|

今朝は4時前まで寝ていた

目覚めた後、枕元のcdでまたまた民謡「津軽山唄」を聴いている、 だいぶ聴く耳ができてきた、聴き分けられるようになった、
民謡のコブシまじりの唄声に尺八を連れ吹くには最低コレが出来なければどうにもならん、
で、ようやくスタートラインにたどり着け得た感がある、

四枚のcdから、それぞれ「津軽山唄」を聴くが、それぞれに特色があり拍子も節も少しずつ違う、が、すべて同じ曲で別に編曲されたものではない、
日本の民謡は唄う人それぞれの唄であって、正規の決まった譜面があるわけではない、

昔からおおくの人々に唄われ聴かれ練られてきた、唄の命のこと、今更ながら実感できておもろい、

夜が明けて、尺八吹いてもかまわぬ時刻になったら、布団に寝たまま天井向いて試し吹きするのである、

吹かれる民謡も、「あぁ〜こんな扱いされるなんぞ思わなんだ」と、ビックリかも、

明かり取りの小窓が白らんできた、五時半、
夜明けが遅くなった、

| | コメント (0)
|

2014年9月15日 (月)

だいぶ楽になってきた、

地区老人会催しの今日の分は竹友・uにピンチヒッターを頼んだが、やりおえてくれたようだ、
大きな会だったが、uは肝っ玉が座っとる、大丈夫、
おかげで、わたし、今日もゆっくり療養できた、

ヒゲはノビホウダイ、風呂は久しく入れていない、で、少しずつ動いて湯を使った、恐る恐る体重計に乗ったら、ここ10日ほどで三キロ半も軽くなっとった、あまり厳格な安静は痛みが軽くなった分、避けた方が良さそう、

痩せて、腕や脚がしわくちゃになった、

ダイエットしたいお方は、なぁ〜んもしないで、10日間ほど絶対安静になさるとよろしい、

明日からは、パソコン前に、動けそうに思う、
タブレットパソコンがあれば、と、幾度も思うが、そんな贅沢は捨てよう、

| | コメント (0)
|

転んでも…

十四・十五の二日間、二ヶ所の自治会老人会・老人の日の催しを受けていたのだった、
が、腰椎圧迫骨折で動けなくなった、残念だ、

が、へたってそのまま寝たきりになるつもりはない、今は天井向いて上向きに尺八を吹いている、
かみさんが呆れ「そこまでしなくても…」と言う、

この際、民謡「津軽山唄」をシッカリ稽古してしまいたい、
不思議ですなぁ、自分で言うのも変ですか、少し吹けるようになりました、

テンポというか、間の取り方というか、が、民謡独特で他のジャンルには無いものだ、
音色が大切、同律音でも尺八では運指技でさまざまな色が出せる、この工夫がまたオモロイ、

それにしても、この唄、めっちゃ名曲だと思う、
唄が生きていて、唄い手、吹き手、の、気持ちに添ってくるような気がする、

もうしばらく、この唄に付き合うつもり、身体に染み込むまで、

| | コメント (0)
|

見ていませんので
繰り返しますが、このブログは布団に寝たまま携帯電話で打ち込んでいましてね、パソコンにはまったく触っていません、

携帯電話からでもインターネットデケる、が、わたしは打ち込みだけで、閲覧はしていない、
打ち込むだけならお金はかからん、が、が、携帯電話で閲覧するとビックリの通信費がかかるのです、
で、もしコメントやメール頂戴していても閲覧なし得ていませんのです、ごめんなさい、

| | コメント (0)
|

気になっていた「本」を腰椎圧迫骨折の寝たきり天井向き時間のおかげで読み通すことがデケた、

「9、11以後のイスラム政治」、

年金生活なのに、中古ながらプレジャ−ボートを持っていたりするので「本」を買う余裕がない、で、この本は県立図書館から借り出した、

素読するだけでは難し過ぎる本だ、アレコレ参考文献と照合しながらでないと読み辛い、が、布団に寝たきりではどうにもならん、わからんまま読み終えたら朝になっとった、
昨夜午後11時半起床(?)、今は今日の午前8時、不思議ですなぁ〜寝転んでいるだけなのに腹がへる、

| | コメント (0)
|

2014年9月14日 (日)

尺八宗教論

日本人は宗教に寛容(?)だ、
わたしは仏教徒のつもりだか、そのことにさほどこだわるつもりはない、
わたしは、ひょっとしたら尺八教信者というべきかも、
スンニー派?シーア派?
いいや明暗派です、

明暗派は少数派です、都山流(派?)と琴古流(派)が席巻しとる、
…と、わたしは今まで思っていた、
が、別の観方があった、

民謡尺八派です、ひょっとしたら、これこそが尺八の住む世界かも、

民謡尺八特有の吹奏、コレは一派をなすに足る分野だと思う、

わたし、天井向いて寝転んで、民謡吹きに使うべく、「イ」「ヒ」「タ」の音の扱いを試し吹きしている、
尺八関係者にはなんのことかわかってもらえるかも、
流派横断の運指研究のことですわ、
天井向いて尺八くわえて、ワシャ忙しい、

| | コメント (1)
|

寝たきり見台

昨日、釣り弟子・ユリタロウがやって来て、寝たきり状態で本が楽に読める装置(見台)を造り設置してくれた、
非常に高性能かつ実用的な見台だ、
ユリタロウは、某特許事務所に勤めるれっきとした弁理士、特許申請事務のベテラン、
この装置は、特許品の価値があるが彼は気付いているのだろうか??
造り、設置、使い勝手、いずれも申し分なしだか…

設置してもらって嬉しくて、特許を取っておくよう勧めるのを忘れた、
って、ことで、装置の細かい仕様説明は伏せますが、今日からこの装置を使って、仰向けに寝たまま天井向いて尺八譜面を見て尺八稽古が可能だ、

この際、寝たきり尺八の民謡吹き名人になったろ〓〓〓〓〓〓

まさか、寝転んで天井向いて尺八吹いてどこかの骨がポッキン折れたりはないやろ、
あるかな???

| | コメント (0)
|

逆転だろうか

今日起きた(目覚めた)のは、昨日のことか、今日のことか、
わたしは午前0時チョイ前に目覚め、以後図書館借りだしの本を読んでいたのだった、
で、読み疲れしばらく休もうと思う、と、と、時計をみたら五時半だ、
昼夜逆転だろうか??

布団に横になったまま寝たり起きたりしているのだ、そして、今、本を伏せ、目を閉じるとすぐに眠り込む、そこは夢、起きた世界では安静に布団で寝ているだけだが、夢の中ではアレコレの思い交錯のなか極めて忙しいのだ、
逆転だろうか??
起きていてボヤァ〜とナニかを思うことがある、起きてはいる、が、頭は夢の中、
逆転だろうか???

バカなことばっかしだ、
めんどくさいからしばらく寝てしまおうと思う、
そもそも今は起きているのか、寝ているのか…

| | コメント (0)
|

2014年9月13日 (土)

長い長い

もう目が覚めた、今日(?)もまた長い長い夜昼になる、

| | コメント (1)
|

二度目

五十八の時、愛犬花子とふざけていて、花子が喜んでぶつかって来て、わたし、後ろにでんぐり返った、そのまま動けなかった、腰椎圧迫だった、絶対安静、2ヶ月近く寝ていた、松葉杖で職場復帰、杖つきながら通勤、普通に歩けるようになったのはまる1年後、
車椅子になるかもと医師は言うていた、

今回は、でんぐり返ったりのことはな〜んもない、斜に構えた体型で少しシケ気味のなかタコ釣りしたのが原因だ、超重たいアンカーを身体をはって上げ下げしたら腰椎が少し潰れたみたい、
自分では腹筋背筋の使いすぎによる筋違えの類だと思っていた、
が、だんだん痛みが半端でなくなり受診したら腰椎がつぶれとった、
なんじゃこれ!!!

以前の時は、車椅子生活になるかものことがあったが、意外と平気だった、
が、今回は、人生終盤を感じ難儀やなぁ〜と思うことしきりである、

| | コメント (0)
|

ヤバイ

動けるのに、怠けてゴロゴロ寝転がってばかりで、寝たきりになった人、と、動きたいのに腰痛圧迫骨折などで動けなくて、そのまま寝たきりになった人とがあると思う、

べったり安静の寝たきりになって今日で6日目、
もう起きて動くのが億劫に思える、
ヤバイですなぁ〜、

気力が衰えてきたとは思いたくない、ボラン訪問の約束を片端から取り消したのだった、ありていに、今の体調をお伝えして、で、気落ちしてしまった、これは事実、が、が、だからと言って気力を失ってしまったわけじゃない、

そうじゃなくて、寝たきり六日間に自分でも仰天の体力低下があった、この後更に1週間も10日間も安静にしていたら、そのまま寝たきり老人になりそうな気がする、

ヤバイですよね、
痛み止の座薬を処方してもらっとる、
痛くても少しずつ動いてみようかと思うが、ヤッパ座薬突っ込んでまで頑張るのは面倒だ、

って、ことで、ボヤァ〜〜と、寝転んで天井を見ている、

| | コメント (0)
|

生活必需品

今、わたしに1番ひつような物は逆さま書見台であります、
布団に上向きに寝たまま、本が読める逆さま書見台、
透明な板を、枕辺横から、寝ている顔の真上約50センチにかざし出した寝たきり老人用の本読み台、

この透明板にページ開いた本を伏せ置いて下から読む段取り、

ページめくりが難儀だが、その時は「おい!ページをめくれ!!!」と言えばエエ、誰かが来てめくるかも、だあれも来なくてしょせん自分でめくるしかないにしても、まずひと声かけた方が張りがあってオモロイ、

これで、小説や新聞を読んだりするが、わたしの場合は尺八譜面台に活用したい、
仰向けになって、天井向きに尺八を吹いてみたが、なんら正常立奏時の感触と変わらんだった、

長時間吹くと管内のツバが口へ逆落かもだが、わたしの場合は、長時間吹いていても、ほとんど露拭きは必要ない、

ネット検索で探し緊急入手したいがパソコンの所へ動けない、無理してたどり着いても、ネット閲覧の姿勢がとれない、
あぁ難儀だ、

今日はエエ天気だのに、こんな悩みの中、布団で過ごすことになろうとは思ってもおらんだった、

| | コメント (1)
|

わからん

津軽山唄には、東通り、と、西通り、の2つある、

両方を幾度も聴いているが、差の有り様がわからん、
体系的な研究書が読みたい、
闇雲に聴きまくっても迷路に落ち込むばっかしだ、

パソコン検索したいが、そこまでニジリ動くのが難儀だ、医師が「パソコンを触る姿勢はダメ!!!」と言う、
難儀難儀、

今日は零時過ぎから起きている、
しゃくだから、夜が明けて朝になったら寝てやろうと思う、

津軽山唄に、南通りと北通りを作ってやろうか〓〓〓〓〓

| | コメント (1)
|

仏壇前

1階仏間の仏壇前に布団敷いて休んでいる、
仏壇には常に小さな灯りがある、

ここが、わたしにとって1番休まる場所、
が、未だ仏壇の前であって仏壇の中ではない、

昼間からずっとここで寝ていますから、夜も昼も関係ない、

腹も空かない、

静かに横になっとても痛みがあるので、存在感につながって妙にオモロイ、

別に、生きるに飽きたわけじゃない、
飼い犬ショウタが布団の上でわたしにひっついて寝ている、
寝息がわたしに似ているのが可笑しい、

あぁ〜ヒマだあぁ〜〜〓〓〓

| | コメント (0)
|

2014年9月12日 (金)

ダウン宣言 3

ボヤァ〜と寝ているだけではボケると思う、
で、携帯電話で、短文ブログ打ってボケ防止しようと決めた、

民謡尺八の研究を、寝たまま状態ででもできる範囲内でやってみよう、
わたしは、明暗流、琴古、都山、の譜が読める、
で、これらの民謡譜を観ながらcdやユーチュブ聴いていて、アレコレ思う、コレを整理したい、

津軽山唄を聴いている、

1、尺八は常に唄に遅れて吹いているが、唄いはじめのキ−はしっかりとそれとはなしに吹き示している、2、拍子は自在に唄に添うを大切にしている、
3、尺八譜は様々な形を取っていて、大別すると、粗っぽいもの、と、やたら細かいのとがある、このなかから、編曲まがいの譜を作る必要がある、

で、今は、高橋竹山のアカペラをダウンロードし、これに合わせた譜付けを研究中だ、
数日かかりそう、が、譜がでけても、寝転がっては尺八は吹けん、
あぁ〜難儀だ〓〓〓

| | コメント (0)
|

ダウン宣言 2

今虚無僧臨時休業手配なんとか連絡なし終えました、
自治会老人の日催し2件の内1件は、竹友Uに代役を押し付けました、

残る1件は、自治会の会員さんの自主興行となる旨連絡を受けた、甘えようと思う、

痛み止め薬を処方してもらっとる、
これからしばらくは、ボヤァと寝ているだけです、
急速にボケたらどないしょ、

| | コメント (0)
|

ダウン宣言

腰椎圧迫骨折です、
まさか、そんな〓
軽いレベルだと思っていたが、だんだん動けなくなってしもうた〓

パソコンは無線ではなく、有線で使っていて、で、そこまでニジリ動かないと使えない、ブログ打ち込みも、メール確認もデケン、
しばらくは、この状態になります、今はまさにこの状態で、携帯電話から打ち込んでおります、

無理して、少しずつ動いていたが、とうとうニジリ動くにも痛みがひどくなってしもうた、

ああ残念、今虚無僧活動も暫時休止せざるを得ません、

実は、14*15*の両日、二ヶ所の地区自治会の老人の日の催しを任されていました、
が、投げ出すことになる、
申し訳ないことだ、残念だ、

今虚無僧活動もこれまでかと思わないでもないが、気持ちは未だ意気軒昂、デッタイ復帰するの気合いのなかで、かくは暫時休止の宣言をするしだい、

ああ、と、いうわけで、コメントやメールを頂戴しても直ぐには閲覧できませんし、充分なお返事は困難です、

しばらくは、携帯電話経由の短文アップを生き甲斐に療養のつもりであります、

〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (2)
|

2014年9月11日 (木)

枕辺に

民謡は、
A)尺八伴奏で唄ういわゆる竹物、
と、
B)尺八以外の鳴物(三味線・太鼓など)で唄うのと、
の2種がある、
が、が、A・Bの分類をする前に、ナァ~ンも伴奏無しで唄ういわゆる“アカペラがある”のですよね、

昔のことだ、楽譜なんか無かったし、著作権云々もなかった、
人々は勝手気ままに歌ったのだと思う、土地・土地の方言のなかで…

唄を聴いた笛吹き・尺八吹きらが、唄に合わせて吹いたのだろうか???

三味線弾きが想いのまま弾きながら、ナニか唄ったのだろうか???

村祭りで、太鼓や鉦をたたきながら、思いつきの節付けてナニか物語ったのだろうか???

今、「津軽山唄」をCDやユーチューブで幾度も幾度も繰り返し聴いていましてね、
で、聴くほどに、その難しさに圧倒され、ビックリしているのです、

どんな世界でも、チラッと見ただけでは、“ナァ~ンダつまらん”で終わりだ、
が、その気になって、見極めようとすると…
と、と、これが、なかなかそう簡単には見極めナンカでけるものではない、
見れば見るほど複雑で、奥が深くて、手も足も届かなくて、おぼれそうで、アップアップですわ、

変な話ですが…
小保方さんは、スッタフ細胞を見極めてやろうと、今も頑張っておられるのかな???
おぼれかけて…???
ダレぞ、助けてあげたらどうや!!!
わたし、先進科学のことなんぞナァ~ンもわからん、
が、周囲が寄ってたかって、足引っぱったり、あたま抑え込んだりしとるのはわかる、

それにしても、ワイ(波平)の腰痛は治るのやろか???
こんなヘッポコ腰で、民謡尺八の見極めなんぞ無理チャウか!!!
あぁ、難儀や!!!

ナヌ、魚釣り???
ベタ凪のとき、強力な電動リールを艇に取り付けて、ドデカイのを釣りまくったる!!!
ウソですよ、
そろそろ、枕辺に、“メダカ鉢”でも用意しようかと…

| | コメント (2)
|

2014年9月10日 (水)

人生観をダウンの方向へ

ご閲覧いただいている方々へ、

ご心配おかけして申し訳ございません、
大仰なことを言うて居りますが、症状は、カァ~ルイ程度なのです、
長い時間は無理ですが、短時間ならゆっくり歩けますし、ご飯などは起きて普通にいただいております、
ただ、できるだけ安静にする、が、肝要らしい、
かみさんがヤイノヤイノ言いますので、
で、我慢して、寝転がっとるのです、

寝転がっていては、さすがに尺八稽古がデケン、
これが難儀、


民謡尺八は、譜面さえ整っていたら、吹けると思う、
が、唄うお方ごとに少しずつ譜面調整が必要だ、
って、ことは、唄を聴いて、譜面化する採譜能力がないと、ホントの民謡尺八は吹けないってこと、
この意味で、どうやらわたしには、民謡尺八は無理なようだ、

ここらのこと、起きてシッカリ確認したいが、この腰痛だ、
残念、

それにしても、それにしても、
クソ力出して、おのれの腰椎を傷めるなんぞ、アホげたことだ、
今まで、幾度となく、同様のアホげたクソ力は出している、が、大丈夫だった、
が、が、歳とったことを忘れて、同じようなクソ力はヤバかったわけだ、

人生観を変えねばならんですなぁ~、

| | コメント (6)
|

2014年9月 9日 (火)

あぁ〜、
コレ、携帯電話機からの打ち込みです、

| | コメント (0)
|

ひよっとして、と、思ってのお詫びです、

今朝は短文をブログアップしましたが、
できる限りジット寝転がって居ようと思っています、
コメント、メールにも、失礼をきめこんで、

ごめんなさい〓〓〓〓

| | コメント (0)
|

タコの祟り

腰痛が半端じゃなく、今月いっぱい、デイサービス施設などへの尺八吹奏ボランティア活動は、整形Drの勧めに従い、お休みをいただくことになりました、
わたしの不摂生のなすとこであり、まことに申し訳ございません、

今月はくしくも年に一度の“老人の日(敬老の日)”のある月であります、
2地区自治会・老人部会から、すでにボラン吹奏の要請があり、ありがたく承っております、
なんとかコレには応じきりたいものと、目下療養にまい進中です、

とか、言うても…
その実は、自宅の長いす(ソファー)にゴロリ寝そべっているだけですけどね、
怠け怠けに徹せよ、とは、ありがたいような、なさけないような…

あぁ~タコの祟りは難儀だ、
あのクニャクニャ腰に負けてしもうた、

それにしても…
タコに腰ってありましたか???

| | コメント (1)
|

2014年9月 8日 (月)

歌い合わせ・吹き合わせ

昨日は昼過ぎから某自治会館でY氏ら関係者と“歌い合わせ・吹き合わせ”をした、
実に、午後1時半~同7時半の長時間、

なんと、自治会館には本格的音響設備が整えてあった、地区内に音楽家(U氏)がお住まいだった、そしてそのお方はコンピュータにもお詳しかった、わたしの“今虚無僧”のパソコン・システムをひと目で見抜かれて、わたしはナァ~ンも説明する必要が無かった、

いろいろお話をお聞きする中で、親父さんが邦楽(箏・三弦)家・宮城道雄の高弟で邦楽師匠であったお家でお育ちなったお方だと知った、U氏は箏・三弦や尺八はおやりにならん、が、ギターをなさり、声楽が専門家の域だった、尺八音から瞬時にキーをとって、ギター伴奏なさるのだった、

民謡を尺八の生伴奏で唄ってみたいとお申し出のY氏の歌唱力にも“玉下駄(たまげた)”、氏は9本~11本のお声のようだとわたしは聴きとった、
CDを先生にしている、と、おっしゃったが、基礎はどこかでシッカリ学んで後のひとり稽古に違いない、
CDには、いろいろな人が歌う民謡が収まっていた、当然歌い手によって本数が異なる、必然的に、そのCDを先生に稽古となれば、本数域が9本~11本にまたがることにもなる、
少し合わせ吹いてみた、で、合わせ吹くこと不可能だと改めて納得(?)した、
が、とにかく、CDの1枚をダウンロードさせていただいた、

尺八生伴奏で歌いたいと申し出られた中に「津軽山唄」がある、どうやら“東通り”と呼ばれる類のなかのひとつであるようだった、
「江差追分」は正統派のソレで、竹物独特(?)の唄い癖があるようだった、わたしに半年・1年の根気があれば尺八譜伴奏の譜を起こし得るような気はする、それまで吹き続ける体力があれば…
「南部牛追い唄」これは、ひょっとしたら1ケ月もあれば、わたし吹き合わせ得るようになるかも…と、感じた、
が、が、いずれも来週の自治会老人会本番には間に合わん、

童謡唱歌は、(音楽家)U氏のギター伴奏で吹くことになった、
流行歌は「星の流れに」「旅の夜風」を尺八1本で吹くことにさせていただいた、
わたし、カラオケ伴奏を使うと気持ちがカラオケの方にばっか走ってしまってダメなのです、と、正直に申し出た、 “尺八だけでナニか聴かせてください”とのことだったから、このお申し出に悪乗りしたわけだ、
「いつも、デイサービスなのでこのようにやっとるのです、みなさん一緒に歌ったり聴いたりなさっとる」と、そのままをお伝えした、

思い切って明暗本曲(虚無僧)も使ってみようと申し出て、「調子」を使わせていただくことになった、
「恋慕流し」でも吹いてみようか、と、思ったが、なんぼなんでもやりすぎだろう、

それにしても…
もし、わたしに、河童爺氏の才があれば、たちまちCDから尺八伴奏譜を起こし合わせ吹くことでけるのに…
と、思わざるを得なかった、

| | コメント (2)
|

2014年9月 7日 (日)

神も仏もご覧になっとる

昨日は、かみさんの末の弟の三男の結婚式が浜松であって、新幹線経由で参加してきました、
帰宅したのは今朝(7日)深夜零時半、すっかり疲れました、

“人前結婚式”というのだそうな、
神主も、牧師や神父も無しの、両親族と職場関係者・友人らだけで行う結婚式、

既に区役所で入籍の手続きは済ませてある、
夫婦生活はもう始まっている、
…問いただすのは野暮だと思う、

新郎のお父さんのあいさつで、おとうさん、あがってしまった、
これがまた大うけだった、
彼・お父さんは、挨拶の言葉をそらんじるに、四六時中ポケットから紙切れを取り出し見ていたのだった、
が、「父の○○でございます」と、言うた途端に、頭のなかが真っ白になってしもうた、
とっさに、思い付きの言葉を発したが、これがまた真っ白になった脳ミソに逆作用、
「みなさんお忙しい中…」と、頑張って言葉を続けたが、なにがなんだかわからんようになっていたようで、
で、隣に立つかみさんに向かって
「コレ、もう言うたかな…」と小声で問うた、
と、会場が、ウワ~と盛り上がった、
おとうさんの喜びが会場を丸ごと包み込んだ一瞬だった、

まさか演技であったわけではなかろうと思う、
大うけしたこの瞬間、彼・おとうさんは、会場内が和やかに彼の挨拶を受け止めてくれたことを実感したようだった、
もう落ち着いていた、堂々としたお父さんぶりだった、

神も仏も、すべてご覧になっとられたに相違ない、
百名近い多人数だった、新婦側に80台と思しきお方がおひとり居られた、わたし参会者中・上から三番目の年寄りだったと思う、二番目はわたしのかみさんの兄貴だ、

今日は午後から、某地区自治会の老人会世話役さんY氏と自治会館でお出会いし、氏の民謡に尺八を吹き合わせ得るかどうか試してみようと思う、
自信はデンデン無い、
が、ひょっとしたら…の、12・3%ほどの希望的自信(?)ならないことも無い、
コレもまた、神も仏もご覧になっとるなかでのことか、

| | コメント (0)
|

2014年9月 6日 (土)

不安だらけのタップリ

A) …だから、彼らは必ずまず「私はズブの素人ですが」とか「ものを知らない人間ですけど」という名乗りをしてきます。別に謙遜しているわけではなく「バカでも知っていることを知らない」というレッテルを他人に貼り付けたいだけです…
<その心は>
a) ⇒こんなド素人のバカなわたしでも知っとるのに、あんたはナァ~ンも知らんのか!!!


B) …でも、自分が知らないことをきちんと言語化するのは非常に難しい。自分が「知っていること」と「知らないこと」の境界線を精密に記述するためにはかなりレベルの高い知性が求められる。でも、この「自分のバカさ」を客観的に表象できる能力というのが最も上質な知性だと僕は思います。それが言えれば、自分は誰を必要としているのか、どのような能力とのコラボレーションを求めているのかがわかる。集合知の形成のためには自分が「知っていること」「知らないこと=知りたいこと」を鮮明に表示するというマナーを身につけておかなければならないということです…
<その心は>
b) 究極の知性とはこういうこと、


C) ウクライナと親ロシア派組織とが停戦合意したそうですね、
<その心は>
c) “平和”ってこと、…互いに殺しあって疲れはて暫時休もうの合意、戦争と戦争との間の隙間、


A・Bは、内田樹先生の昨日のブログからの抜粋です、
http://blog.tatsuru.com/
Cは、昨夜から今朝にかけてのウクライナ情勢の報道からです、

A・Bについて、すこし…
実は、わたし、“民謡尺八”を吹いてみたいと思っていましてね、あるお方に次のようなメールを送ったのです、

以下は送ったメールの一部抜粋です
<送信メール文面>
某・ボランテイア活動支援組織から、「…『尺八の伴奏で民謡唄いたい…』って、○○自治会・老人会から注文がありますが、波平さん、お願いできますか???」の、問い合わせがあったのですが、わたし、いきなりでは難しいです、と、返事しました…、が、が、吹いてみたいのですよね、わたし、民謡尺八はホント全くのド素人でしてね、どうしようもない、
…と、

このメールを送信した先のお方は、民謡三味線を教えておられるお方(40台前半?)と交友のある若い音楽家(ピアニスト)でしてね、
で、メール内容は、その民謡三味線教室をいちど参観させてほしいが可能か否かをコソッと教えて欲しい、の、連絡だったのです、

さっそく返事が届きました、三味線のお方に接触してくれての返事でした、
「レッスンは、1回約60分で3000円です。これを一回受講して頂ければ、ということだそうです」
と、あった、

あぁ~残念、世代の違いを実感です、
わたしは、自分で自覚しないまま、上述Aの手法を採っていたようだ…
Bの能力にも、わしゃ欠けていた…

この民謡三味線を弾かれる若いお方は、素晴らしい才能・能力を持ったおだやか(?)なお方です、
わたしの、このお方の稽古場を参観したいの気持ちは、膨らむいっぽうだ、
が、ナニか、が、違う、
1回約60分・3000円で済む種のことじゃない、
10回でもダメだろう、100回受講ならどうか…
が、それほどまでして“ナニか”を得ようとは思わない、
隠居老人にはヒマがタップリある、が、が、実際は、先が短い短い不安だらけのタップリなのだ…
お小遣いも無いのだし…

追記・
○○自治会・老人会さんとは、明日、地区自治会館でお出会いし、すこし民謡と吹き合わせてみることになりました、
本番は来週の日曜日です、
とてもじゃないけれど、それまでに民謡尺八が使い物になったりはないでしょうよ、
が、老人と老人だ、気持ちの交流は楽しめるかも、

「また君に恋してる」

| | コメント (4)
|

2014年9月 5日 (金)

タコに献笛

あぁ~~しんど!!!

なにがどうなっとたのかサッパリわかりません、
突然、わたしのパソコンから、音源ファイルが全部消えてしまったのでした、
が、コレが又不思議なことに…
知人・友人らのパソにはキチンと存在し続けていて、クリックしたら音が出てくるそうな、

わたし、テッキリすべてがパァ~になったと思てしまって、
消えてしもうたファイルはもうどうしようもないとアキラメ、また、新たな音源ファイルを作るしかないと、
その用意を始めたのだった、

が、竹友・tyd_sznどんから、「わたしや、あの人、この人らのパソではなんも異常はないよ」と連絡があって…

で、以来、なんでやろ??? なんでやろ???
と、考えまくり、
アレコレ思いつくままに修復を図ったが治らんだった、

で、最後の手段として、パソコンが過去の正常に作動していた時点まで、システムを逆にさかのぼらせ、過去への復旧を3度試みましたらね、
これが、なんと、音源ファイルが蘇りました、
8月13日まで遡らせたのですわ、

キット、亡くなった亡者らどもが盆に娑婆社会へ一時帰省の際、わたし波平にお灸を据えたのだと思う、
わしゃ、なぁ~~んも、悪いことはしとらんのに…
むしろ、“エエことばっか”しとるやないか!!!
ふとどきな亡者やらメ!!!
けしからん!!!

ウヌッ???
ひょっとしたら、タコの祟りかい???

謹んで献笛しておきましょう、

「タコタコあがれ」

| | コメント (2)
|

2014年9月 4日 (木)

見事に消えてしまいました

アップしていた尺八音源が、すべて見事に消えてしまいました、

Seesaaブログにアップした音源ファイルを、コピーし、それをココログ・ブログにも転用していたのです、
が、マジカルメーカーとかいう仕組みが、全廃になったそうで、
で、すべての音源ファイルが消えてしまった、
アリャリャ~~どうしましょう???

さて、さて、
消えてしまったものはしょうがないとして…
今後、音源アップをどうするか、思案中です、

| | コメント (5)
|

タコの音楽


昨日のタコ釣りの報告です、

タコに負けました、
腰がクニャ・クニャになってしもうた、
思えば、タコはクニャ・クニャに強いのだった、
タコに、腰があったかな???


わたし、ギックリ腰なら何度も経験しています、
が、このたびの腰(?)痛は、艇で瞬時の糞(クソ)力を出したのが原因です、
もうひと月ほども前の話になります、
アンカーが根掛かりし、無理やり、エンジン掛けて艇を動かしアンカーに仕掛けた“逆さ仕掛けの”綱を引きちぎり、逆さになって上がってきたアンカーを→艇内へ捕り込りんだのです、この時にクソ力だして腹筋・背筋を痛めたのが原因、

この作業、以前から幾度も経験している慣れた作業です、
が、いつの間にか、身体が老化していたのだね、
力仕事に耐え得なくなっとった、

身体を斜めにした状態で超重いアンカーを引き揚げたのですが、この時は、体に別段の異変は感じなかった、
(アンカーはウインチで引き揚げます、が、逆さまになって揚がってきたアンカーは手作業で艇内に取りこむ必要があった)

翌日頃から症状が出てきましてね、コレがだんだんと悪化した、
ヤバいなぁ~と思っとったら、そのとおりになってしもうた、
何とも言えん変な痛みが、ちょうど脇腹下からお臍あたりかけて(周辺から腹中一帯)耐えがたいニヤケタ(?)痛みが生じるのです、

昨日は時化た海でした、で、四六時中艇は大揺れだった、
が、頑張って、チエーンアンカーの上げ下げをした、わたし、海に出ると、ついつい夢中になる
(通常アンカーに替えて、昨日はぶっとく長いチエーンを海底に曳きづりながらタコを狙ったのだ)
と、
たちまち本格的に発症しましてね、
手に持ったタコ釣り糸にタコかかかった感触を得て、エイヤッと合わせると、なんと、わたしの腰の方がヘナッテしまった、
タコ糸が手繰れないのです、船べりまで手繰り寄せ得た時もある、が、タモで(タコを)掬い上げることがデケン、新式のタコベイトを使っていましてね、タコの乗りはエエのだけれどタモで掬い上げないと艇内へタコを採り込めないのです、

頑張って居る間に、ますます症状が悪化し、とうとう動きがたくなりましてね、
何とか帰港し得たのですが艇から降りること、これが難儀だった、
艇をモヤイつける、コレが難儀・難儀、

朝5時半出港~、
症状に耐えかねタコ釣りをあきらめたのが8時半頃、
なんとか帰港し得たのは9時半、
と、これからが実は大変でした、
動きがとれなくなってニジリ動きながら下船し、帰宅し得たのが午後2時ですわ、普段なら1時間とは掛からないのに…

こうして、だんだんと自分の身体の老化を知ることになるのかなぁ~、

ある種、感慨深いものがありますなぁ~、

今の体調では、ハマチなどが掛かっても、竿を操ることがデケン、
なにせ、タコにすら負ける腰だもの、

想います、
タコは音楽するのかなぁ~、と、
タコの動きを見ていると、悠久の音楽を感じます、
拍子が有るような無いような…


| | コメント (0)
|

2014年9月 3日 (水)

タコと向き合う

今日は、政権与党の体制組み換えの日なのですよね、
が、野党連中は、ナニやっとるのだろう???
ボヤァ~としとるのかな???

日本が今後どうなってゆくかは、与党の政権運営のありようによるわけだが、それは野党との接点で方向付が決まってくる、が、野党はボヤァ~としとる、

代々木公園は新宿御苑や東宮御所・皇居にも近い、蚊の駆除でスプレーしまくっとるが、都心に残った貴重な自然の破壊につながらなければよろしいが…

この歳(74歳)になって、音楽センスが云々などと反省したりは、自分でも呆れてものが言えん、
要するに、好きだというここと、そのことに能力(センス)が在るか無いか、は、別、

音楽的センスが無いと妙に合点したところだが、だからって、どうしますか???
今更、どうしようもないよなぁ~、
今日は、1日尺八から離れようと思う、
沖へ出て、タコと向き合ってこようかと思う、

タコは魚類の中では、きわだって賢い魚(?)だって聞いている、
瓶のなかにナニか入れて彼らの前に置くと、8本の手足を起用に使って瓶のフタを開けることがデケル、
あぁ、8本の手足だが、どれが手でどれが足かはわかっとらんようだ、研究に値する課題だと思う、
中の1本は愛のオチンチン役もするらしいですな、
スーパーに座っとるゆでタコは赤いエエ色だが、家庭で普通にゆでてもあの色は出ない、
番茶を入れた熱湯で湯がくとあの色が出るらしいが今日きゃつらを逮捕し石川五右衛門する(熱湯でゆがく)際、試みてみようかと思う、熱湯に茶殻でも入れてみようか、

タコに吸い付かれたりしたら、わしゃ身の毛がよだち、心筋梗塞発症の恐れがある、
が、今日は、決死の覚悟で、彼らと対峙してみようと思う、
播磨灘のタコは超賢い、
いまどきのボヤ~としとる野党議員らと比べたら、緊張度が違うような気がする、

| | コメント (3)
|

2014年9月 2日 (火)

音楽センス 追記1 追記2 

カラオケ音源に合わせて尺八を吹くって、こんなに難しいことだったんだ!!!
特に、メロディ・ラインが入っていないカラオケ音源に立ち向かうのは難儀、難儀
…の、話ですがネ、

「情熱大陸」とか「あずさ2号」とか「ウイスキーがお好きでしょ」とか、とか…に挑戦中ですが…
難儀ですなぁ~~~、難しすぎてどうにもならんのです、

音楽的なセンスある方々には、わたしのこの苦労はご理解いただけんでしょうなぁ~、

が、しかし…
カラオケボックスが仰山あって、世の中は老人だらけで、ますますカラオケは大流行りなのですよね、
って、ことは、ぼけ老人らにも音楽センスはある程度あって、で、みなさんカラオケ遊びなさるわけだ、
が、が、わたしには、この遊びが難儀、カラオケに合わせて歌うことが難しい、のだ、
やっぱ、わたしだけ、音楽センスが足らないってことでしょうね、

だのに、おおきな顔して、自宅周辺のデイサービス施設などへ“尺八吹奏ボラン”でうろついている、

竹友・河童爺氏からは、常々
「あんたはテンポが無茶苦茶だ!!! なんとかしたまえ!!!」
の、忠告があったのだった、

が、わしゃ、初手からカラオケに合わせって尺八吹くなんぞは面倒だって思っていたから、忠告はほったらかしていた、
が、が、ナニゲにカラオケに合わせ吹いてみて、自分の音楽センスの貧弱さに改めて気が付いた、

時代がね、すでに、わたしの音楽センスでは太刀打ちデケンようになっとった、
イヤ、そうじゃない、昔から、わしゃ音楽センスが無かったのだった、

例に挙げた上述3曲(「情熱大陸」「あずさ2号」「ウイスキーがお好きでしょ」)にいきなり食らいついたりするから、絶望というか、メチャクチャというか、ぶっ倒されたような気分になってしもうたのかな???

河童爺氏から「月の沙漠」の譜をもらっとる、
氏は、近々某所でコレを吹かれるそうな、氏はカラオケをバックに吹奏なさるはずだ、
ひょっとしたら、なじみが深いこの曲なら、メロデイ・ラインの無いカラオケ音源でも、わたし付いて吹けるかも…
今日は、まず、これに挑戦してみようと思います、

今は、まだ朝7時ですわ、下手な尺八吹きまくったら、
「ジャヤマシイ!!!」って、周辺隣家から叱られる時間だ、

後刻シッカリ夜が明けて、世の中が雑音に満ちてきて、尺八音が紛れ込み得る時間になったら、
これ試み吹いてみて…
で、なんとかなりそうだったら、アップしてみますから試聴してくださいますか???


追記(午前11時10分前)

今日はカンカン照り、仏間を閉め切り上下1枚の半裸、ぶるぶる汗の中、懸命にメロ無しカラオケ「月の沙漠」に挑戦中、
空調機???
冗談は言わんでほしい、そんなもん在るもんか!!!

どうしてもピッタシ感が得られない、ドンピシャにならん、
今日中の試し吹きアップは断念です、
あぁ~しんど…の、ヘナリ節、
ますます、落ち込み中downdowndown


追記 2 (午後5時05分)

取り組んでいたメロ無しの「月の沙漠」カラオケに挑戦するのはアキラメ、メロありの別のカラオケでピッタシ吹奏を試みて、で、改めて、ここで、わたしの不正確なテンポ感覚を再確認する羽目に至りました、

で、ヤケを起こしましてね、ウイスキーと焼酎を飲みましてね、またまた、「月の沙漠」に挑戦、
が、ますます、ダメですわ、そらそうだわな…
今日は、もう、尺八吹くのはやめようと思います、
残念!!!

言い訳を少し、
メロ無しの「月の沙漠」のカラオケですがコレです、
http://www.youtube.com/watch?v=oRoas7TYM3Y
わたし、このカラオケ音源は、あまり良くないと思います、端的に言うと下手だと思う、
が、それが分かった段階でも、なお、ピッタシに合わせてみようと試みました、
が、が、あきらめました、

その後、取り組んでいたのが、コレです、
http://www.youtube.com/watch?v=oRoas7TYM3Y
これは優れたカラオケだと思います、
が、わたしには、これに完全に乗りきる力が無いようだ、
落ち込み、落ち込みです、


| | コメント (1)
|

2014年9月 1日 (月)

脳ミソ細胞組み換え中

カラオケ音源ですが、メロデイがシッカリ“在る”のと、“無い”のと、が、ありますな、
難儀なのは、メロディ・ラインが入っとらん音源ですわ、
カラオケが鳴り始めても、どこらあたりから歌い始めたらエエのかさっぱりわからん、
アレレ、アレレ、と、思っとる間に、どんどんカラオケは進んで勝手に終わってしまう、
が、そこは良くしたもので、
画面に歌詞が出てきて、曲の進み具合に沿って色変わりする、色変わり文字を読んでいたら、おおむね曲に沿って歌えることになっとる、

徹底したカラオケ達者は、平気な顔で、文字読みに徹しますな、
リズム・メロディは関係ない、カラオケは勝手に鳴っとれ!!!
カラオケは、歌詞朗読のバック・ミュージック、
下手に、カラオケのリズム・メロディに合わせようとするから気分が悪いのだ、朗読に徹してしまえば、それなりにオモロイ、

わたし、“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア)本番で、曲名だけではどんな曲だったわからんお方に、「こんな出だしの歌ですぜ…」って、出だしのひと節を口ずさむことが再々ありますわ、
が、わたしの口ずさみを不思議そうな顔で見つめるジイサン・バァサン、
その都度、わたし謝ります、「ゴメンネ、下手で、わたし自分ではよう歌わんのですわ…」と、

実は、今、「あずさ2号」をカラオケ音源に合わせ吹く稽古をしていましてね、
この曲のカラオケには、メロディ・ラインが無い、
上述の、難儀な方のカラオケです、
歌い始めの歯所がわからん、どこらあたりから吹き始めたらええのかわからん、

何度もカラオケ聴きましてね、歌いだしの場所を発見しました、
尺八は歌詞部分を吹くのです、要するに尺八の吹き始めの箇所がわかったってこと、
で、勇んで吹き始めて…
なんか変な感じですわ、カラオケに遅れているような気がする、

最後まで吹きますとね、
だいぶ前にカラオケは終わっていて、ワシャまだまだ吹き続けるのだ、
ナンカ変ですよね、

カラオケを、何度も何度も聴きます、尺八譜面と照合しながら…、
聴いて、聴いて…、何日も、何日も…
が、未だ、合わせ吹き得ません、
わたしの脳ミソ細胞は、カラオケ的にはデケテおらんようです、
これを、カラオケ配列に組み替える作業です、

実は、「情熱大陸」も稽古中です、
コレはカラオケに合わせ吹くの段階じゃない、とにかく尺八だけで、ゆっくりテンポでエエから吹きとおしてみたいの段階です、

追記

隠居老人の昼夜区別は複雑です、最近、睡眠から目覚める都度迷います、昼夜の区別がとっさにはわからんのです、今日も、先ほど目覚めましてね、てっきり朝だと思っとった、
が、未だ9月1日の午後7時半だった、わたし午後2時頃から昼寝をしていたらしい、
起きて、ふに落ちない顔で、目を宙に迷わすわたしをみてカミサンは言うた、
「朝か晩か考えているのでしょう、晩ですよ、晩ご飯食べる???」
食べましたが、変な味でした、

今、1日の午後10時半です、
次回、起きたら、どうなっとるのだろう???


| | コメント (0)
|

タコ釣り

タコは夏の釣り物だが、最盛期は地蔵盆のあたりまでかな、
今日は9月1日、タコ釣り最盛期からすでに10日ほど経っている、
が、釣れなくなったわけじゃない、その気になれば結構釣り上げることがデケル、
凪なら、出てみるのだが、今日は雨模様の時化、


朝、未だ明けきらぬ深夜気分のなか、自宅を出て港へ向かう、
夜明前に愛艇へ乗り込み、暫時夜明けを待つ、出港準備のアレコレ、エンジン始動…
と、やがて夜が明けますわ、

まず、青物釣り用の生餌(豆アジ)を確保します、“朝のいっとき”の勝負です、
“生餌用の豆アジ釣り”に、苦労する釣り人がけっこう多いのですぜ、
各人、“ここぞ”という豆アジ釣りのポイントを持っていて、そこへ直行、
最低でも10尾~20尾を素早く釣り上げ、生簀(イケス)へ放ちます、

で、青物釣りポイントへ直行するか、タコ釣りを先に行うか、判断します、
タコは夜明のころが一番よく釣れます、が、潮行きが早すぎると、タコ釣りの疑似餌の扱いが難しくなって釣り辛い、が、が、タコ釣りし難い潮行きもハマチなど青物釣りには好ましい潮行きなのだ、
で、その日の、潮行き(潮汐)に合わせた釣りになるわけだ、

潮汐…、満潮・干潮のことなのだが、魚釣りの場合は釣り場の水位(干満レベル)が云々じゃなくて、釣り場海域の“潮の流れぐあい”、コレが関係してくるのです、要するに潮の動き方を読んで釣り物を決め、魚魚らと向き合うってこと、

が、難儀がありましてね…
わたし、昔からタコのクニャ・クニャがお化けに見えて、恐ろしくて…触るのが大嫌なのですわ、
タコの手足に吸い付かれたりしたら、全身にゾット怖気が生じ、わたし、顔色が真っ青になりますわ、
心臓に悪いです、タコ釣って吸い付かれて、心臓まひを起こす恐れがある、
で、タコ釣りは原則的に、自分で禁じてきました、

が、ゲスト氏を艇にお招きした際などは、タコ釣りはとにかく面白いのでタコ釣りをしないわけにはいかんじゃないですか、
ホウ~らおもろい釣りなのです、タコがタコテンヤ(タコ釣り専用の疑似餌)ひっかかって上がってきますとね、思わず笑ってします、
タコが「シマッタ!!!騙された!!!」と、悔しそうな顔をします、
「どうじゃ参ったか!!!」
と、言うてやるのです、

釣られたタコはあの8本の手足を振り回して、反撃をしてくる、
…と、わしゃ、もうダメ、
タコを掴むことがデケン、おっそろしくて…
とにかく釣り上げてもタコには触りたくない、

が、しかし、わたし、タコの料理は好きでしてね、
食品スーパーのフレッシュ・フィッシュのコーナーで、明石タコの値段を見ますとね、エエ値がつていますなぁ~、高級魚になっとる、
年金生活釣り師としては、コレ(タコ)を釣ってくるのをイヤがっとるわけにはいかん、

つい先日も、竹友大厳どんと、タコ釣りに出ましたがね、
釣ったタコは〆て持ち帰りますが、わたしは、タコに触るのがヤッパ嫌ですわ、
タコを手で掴み押さえて包丁で刺し殺(〆る)すのだが、が、そんなオッソロシイことわたしにはデケン、
大厳どんに、包丁手渡しましてね、
「わしゃ嫌だ、あんた〆て」と、お願いした、
彼、タコの両目の真ん中に包丁突き刺しました、〆ました、
意外と平気な顔でタコをやっつけた、
わしゃ、彼のこと見直した、なんと雄々しき勇者かな、と、

明石タコは食品スーパーでエエ値がついとる、
なんとか恐怖を克服し、釣ってやろうと思うこのごろ…

| | コメント (0)
|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »