« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

フグ釣り仕掛

むかしは1世代と言えば約30年としたものだが、今は1世代を何年ほどに思っていたらエエのかな???

30年じゃ短すぎる
→50年ほどにしましようか???
30年は長すぎる
→15年ほどに縮めましょうか???

わたしが、時代の流れを直感的にとらえるのは、魚釣り仕掛けの変転に於いて です、
ナニナニに於いて…」という話し方ですが、
安倍総理はしょっちゅう、「…に於いてよく検討し…云々」と言うていますなぁ~、

“フグ釣り仕掛けの変転に於いて”想いを巡らせますと…
毎年、毎年、とどまることなく進歩発展していましてね、
ボヤボヤしとったら、フグらに笑われる羽目になります、

「どうや、この仕掛けの陳腐さは!!!こんなので、ワシ等が騙されるとでも思っとるのかな」
「ほんまや、上のボートのオッサンの顔が観たい、ボヤァ~したおっさんやでなぁ~」
海底のフグらの会話です、

一昨日、ユリタロウと二人で、沖へフグ釣りに出たのですが、ふたりで25尾ほどしか釣れなかった、
5本針の胴突き仕掛けです、特攻餌の川津エビを5つ針に付けて、海底へたらし込みます、竿先に全神経を集中してホンの少しでも変化があれはシャクリ上げようの構えで…
が、竿先にはナァ~ンも変化が顕れない、“変だなぁ~どうなっとるのや???”と、仕掛けを揚げて点検すると、付けた海老餌は綺麗に全部シャブリ食われてカラバリになっとる、
こういうことが度々あって、釣果は伸びなかった、

使っていた仕掛けは昨年工夫に工夫を重ねて作った波平自製の仕掛けでした、
釣った場所は、フグ釣りシーズンになると、決まって出かける波平・ポイント、
彼ら(フグ等)も、年々、思うところがあるのだと思う、
針に掛からず川津エビだけをシャブリ食う工夫をしとるに違いない、

昨日、性能抜群の、超感度の高いフグ釣り仕掛けを制作しました、
1. 針を、フグ針から→タチ魚針に替えた
2. (5本の)枝ハリスに工夫を凝らし、付けた川津エビが如何にも生きているような感じで動くように工夫を凝らした、クルクル・ピンピン動く餌を食う際には、それなりにフグ等も動きながら餌を食わんばならん、で、必然的に絵に食らいついた際の動きが竿先に顕れやすくなるだろうの算段で…
3. フグが、餌に食着いた際、“引いても押ししても”どう動くことになっても、その動きが直接竿先に顕れるよう、特別の工夫をしました、枝ハリスを、細いステンレス棒にしました、道糸をステンレス・ワイヤーにしました、
4. さらに詳細には、まだまだ、ぎょうさんのアレコレがある、たとえばオモリと枝ハリスと位置関係などです、

まぁ、今のところは、この仕掛けに勝るフグ釣り仕掛けはあり得ないと、と、思いますよ、

写真ですが、なんで、ピントが呆けるのかな???
Pa310068


Pa310071


思った釣りの仕掛けが造れて気分がよろしい、
今日は、この気分で、ショパン・ノクターン92を稽古しますわ、
浅田真央さんのスケートで鳴っとるのがいちばんエエような気がする、
コレ繰り返し視聴しとるのです、
http://www.youtube.com/watch?v=TaEklpjUXFw

| | コメント (0)
|

2014年10月30日 (木)

逃げた魚は大きかった

昨日は早朝5時半の家を出て~午後6時半帰宅、
ずっと沖に出ていました、

今の、瀬戸内海。播磨灘の様子を少しお話ししますね、

播磨灘は“海苔養殖網”敷設の時期になりました、
来春5月連休前まで播磨灘には広大な海苔網が播磨灘を覆います、
“鹿の瀬”という世界的にも優れた広大な天然漁礁があるのですが、この“鹿の瀬”のほぼ全域が海苔網で覆われます、

昨日、わたしは、釣弟子・ユリタロウに付き添ってもらって、この“鹿の瀬”の海苔網敷設海域へ“フグ釣り”目的で艇を走らせました、
海苔網敷設海域は、周辺を特設ブイで囲われていて、“ココから先は海苔網が敷設されとるよ”の危険信号ブイが設置されています、

愛艇・「はまりどり(24Ft船外機艇)」を、この海苔網・ブイにモヤイつけてフグ釣りしようってわけです、
潮行きの極めて激しい海域だ、このなかで、ブイに艇をモヤイつける作業、コレが危険なのです、

艇を真っ直ぐブイに向けて走らせ、いったんエンジンを止め、惰性で艇がブイに接近する間に、操縦席を飛び出して、艇先端へ移動し、ブイに艇が衝突する寸前に、尻綱を付けた引っ掛け具をブイの要所へ引っ掛けます、
と、惰性で近づいてきた艇が(ブイに衝突する寸前に)自然停止し、あとはヅルヅルと潮と風に身を任せブイを離れ、で、ブイに引っ掛けられた尻手綱がピーンと張って、艇がブイにつながれた状態になる、

この作業、書けば簡単ですが、実際に艇を潮や風や波に翻弄されつつの作業なると、なかなか簡単なことじゃない、
が、腰椎圧迫骨折の前は、この作業、常にわたし独りでおこなったとった、
どなたが、ゲスト氏をお乗せしていても、手伝ってもらったりしません、それこそが危険なのです、
常に艇は揺れてる、ヘッピリ腰でモタモタするとデングリ返って落水の恐れがある、
が、が、昨日は、ユリタロウと同船でした、彼は操船もベテランの域だ、手伝ってもらっても危険は無い、
わたしは操船に専念し、操縦席を離れることなく操船に専念デケタ、
ユリタロウは艇・バウ(船首)に突っ立ち、ブイを睨みつけ、引っ掛け具を落ち着いて上手に引っ掛けた、

さて、フグ釣りの釣果です、
20㎝~25㎝ほどのショウサイフグ(名古屋河豚ともいう)を釣ります、
20㎝足らずの小物が多いですが、これらはぶつ切りにしてテッチリの具にします、薄く切って唐揚げやフライにしたりするのもよろしい、
大きなのはテッサです、

フグのサシミは、テッサっていうのです、他の魚の刺身とは全く別物ですぜ、トラフグの刺身・テッサと何ら変わらない、わたしは、自分が釣ってきた天然ショウサイフグのテッサの方が余程美味しく思えます、

ふたりで25尾ほど釣りました、
少ないが、まったくの貧果だったってことでもない、

ビックリのことが二つありました、
全長1㍍ほどと思える小さなフカが、ゆっくり・のんびり艇の真後ろすぐ近くを泳いでいて、なんとか掴まえたかったが手が出せなかった、
フカにもいろいろ種類があります、シッカリとは確認し得なかったが、体型ではノソでした、
このノソ・サメは身体の側線に点々の星模様があるのだが、そこまでは視認デケンだった、
こやつは超美味いのです、食べられるサメのなかで頂点にあるのがコヤツです、肝が絶品、アンコウの肝も真っ青の超美味なドデカイ肝を持っとるのです、

と、もうひとつの、ビックリ、
なんと、フグ釣り仕掛けに、ブリが掛かりました、体調1メートルはだいぶ超えていました、
船舷際まで引き寄せたのでした、が、この大物を掬いとらえるタモが無い、大きなタモを艇には用意してあるが、小さすぎる、間に合わん、で、も、なんとか掬い獲ろうとしたのですが、道糸が切れて逃げられてしもうた、
わたしの竿に来たブリでした、わたし、自分の腰のことを忘れて、ブリと引っ張り合いした、
が、もう耐え得なくなって、途中で竿をユリタロウに渡し、代わってもらった、
ふたりで、ヤァヤァア、ワイワイ、オ~オ~言いながらブリと戦った、が、が、逃げられた、

逃げた魚は大きかった、

ビックリでもないがエポックメイキングなことに新たに挑戦、
フグのサバキの新手法を開発しました、
1尾3秒の早業でフグをさばきます、丸裸にしてしまいます、
次のフグ釣りの際には、さらに、この手法を練り上げるつもりです、
今は、理論上は、“1尾3秒”のサバキが可能なのだが、実際は、10秒~30秒かかってしまう、
力技中心のサバキ方です、

オモロイですよ、
が、今のわたしには、リキムと腰に負担がかかり、この手法も実行は無理だ、
昨日は、コレも、ユリタロウに任せ、彼が挑戦したが、彼、今日は、全身の筋肉中で難儀しとるのではなかろうか???

| | コメント (2)
|

2014年10月29日 (水)

フグらもショパン

今日はこれからユリタロウに付き添ってもらって沖へ出ます、
ユリはまた仕事休暇とったのだね、大丈夫かな???
彼の奥さんが、わたしのことを、キット、主人の悪友だって思っとるよ、

昨晩TVで”明朝は寒気がきつい”ようなことを言うとったから、起きて後、すぐに外へ出てみた、
寒い、が、寒気って程じゃない、
が、が、昨日、魚釣り用の防寒着を虫干ししといたから、ソレ着て出ようと思う

防寒性能抜群のメーカー品です、高値だったのだよ、購入後5年ほどになる、
自宅洗濯機に突っ込んで洗ったりしたらダメだ、で、昨シーズン(冬の)終了後は洗わずにそのまま日干しだけでしまいこんでいた、
今着てみたら、ガワガワした着心地になっとった、シンナリしていたエエ着心地だったのに…

黒地の防寒着にお星さまがキラキラしています、潮に濡れたのをそのまま乾かしたので、濡れた海水の塩分が結晶になったのだね、エエ、感じですなぁ~~~

魚釣りに出る朝は、嬉しくて興奮気味で早く目が覚める、午前2時半起床です、
なんぼなんでも時間が早すぎる、
パソコン開いて、ユーチューブ検索し、ショパンのノクターンをアレコレ聴いています、

サラッと、清楚な感じで弾くピアノは素晴らしい、
が、もったいぶった大仰な弾き方は、ワシャ好かん、

いろいろな歌詞を付けて歌われていますね、
が、ピッタシ決まった感じの歌詞はなかなか無いようですな、
合唱にも使われる曲らしいが、どんな歌詞になっとるのか興味津々、日本語歌詞が知りたいです、
実は、伽耶院の大黒さん(住職の奥様の意)が大の合唱好きで、以前、
「あたし、ノクターン92が大好き」
って、言うておられたのを思い出している、

明日か明後日、伽耶院へ出かけて、その合唱曲の楽譜と歌詞を見せてもらってこようかと思う、
和尚さんがお経をウナリ、奥様がショパンのノクターンで唱和される図ってのは、すばらしいじゃないですか!!!
わたし、ぶしつけながら、尺八持ってそこへ押しかけ、コラボってみたいですわ、
冗談ですよ、冗談、冗談、
そんなことしたら、とんでもない仏罰が下るでしょうよ、
仏敵になったりは、わしゃ嫌だ、

未だよくわからんまま、想像でモノを言うていますが…
ショパンのノクターン92は、勝手にアレコレいじくられ(編曲装飾されて??)、演奏されることが多い曲みたいですね、
コレ、研究しているお方がきっと居られるのだと思う、
冗談ですが、ドラムで演奏したショパン。ノクターン92なんぞもありそうな気がする、三味線や、お箏で弾いたりもあってよかろうと思う、
わたし、そもそも、この曲が、西洋の昔の民謡のように思えて、今向き合っとるです、
そうだなぁ~、ノクターンに歌詞つけて唄うなら、日本民謡風に唄い上げるとピッタシかも、

脳ミソ中に、ショパンのノクターン92を鳴らしながら、フグ釣りに出かけてきますわ、
フグらも、ショパン聴かされてビックリかも、

| | コメント (0)
|

2014年10月28日 (火)

ノックダウン

以下、ピアノのことを知っている方にはバカにされそうな気がしますが…
どうなっとるのか、ド素人のわたしにはワッカラン!!!
…ので、赤裸々な現状を書きだしましょう、

さて、
“ショパンのノクターン9-2”ってのを、尺八で吹いてみたいと思って、
無料楽譜をパソコン検索したら、大昔の人の作曲だから著作権云々が無いのかな、無料楽譜の閲覧がデケタ、
で、さっそく、尺八譜に採ったのだが、音域が五線譜のままだととてもじゃないが尺八では吹けません、
移調して採った、
(以前に採ったのもあったって、見直したら随分エエ加減な間違った採譜になっとって、見直し作業ってことですがね)

で、採ったのですが、難儀なことに無料楽譜にA・B・C・D・と、4種類もあって、それぞれ少しずつ譜つくりが違うのですわ、
で、さらに探っていたら、ショパンが書いた初期の譜面ってのがあった、これで計5種のノクターンになってしもうた、
で、今現在は、どの譜が一般に普及しとるのか知りたいが、ワシャさっぱりわからん。

で、なるべく、初期の形に近そうなのを採用することにしたが、どれもこれも尺八で吹くのは難儀ですなぁ~、
わたし、きわめて不器用な性質ですわ、指先がもつれてしもうて、思いっきり間延びした吹き方にしないと、譜に追いつかない、
それと、ユーチューブで聴くと、やたら、緩急変化が多いですな、
ドコで早めてドコで緩めるのか、は、キット決まっとるのだと思うが、それもさっぱりワッカラン、

これから、吹奏の稽古に入りますが、わたし、この曲を西洋の昔の民謡かもと思っとるのです、
その気持ちでのノックダウンじゃなかった、ノクターンを吹きますわ、
デレ~~と、間延びさせて…

音源アップのも挑戦のつもりだけれど、マンズこの曲のアップはダメだと思う、
ノックダウンされたままで終わりそう、

| | コメント (0)
|

葛藤(かっとう)中

明日・明後日あたりの播磨灘はベタ凪だと思う、沖へ出たいなぁ~~~
フグ釣りしたい!!!

沖が凪いで、絶好の釣り日和だったりすると、気もそぞろになってしもうて、他にナニやっても気合が入らん、
尺八稽古にも…
なにせ、気持ちはフグ釣りにでかけて留守になっとるからなぁ~、

昨日思ったのだが、今は、腰椎圧迫骨折の養生中なのだが…
未だに、シクシクと極々軽い痛みがありますわ、痛みというより違和感があるというた方がエエかも、
で、軽ァ~るい、軽ァ~るい、そぞろ歩きなどの運動を、トボトボ歩きしたり…
自宅の二階階段を上がったり下りたりして…
腰の養生と。体力保持に努力していますが…
こんなことバッカシでは、劣化がますます進行するような気がするのですよね、
ヤッパ、果敢な気持ちをもって、沖へ魚釣りに出るべきだと思う、
ヘナヘナ気分で、トボトボ歩きなんぞしとったらダメだと思う、

明日は、出てみようかな、
ユリタロウが同行してくれるとイザの時頼りになるが、彼はいつの間にか、すっかり仕事人間になってしもうて、なかなか一緒に遊んでくれない、特許事務所勤務の現役バリバリ弁理士だ、隠居ズズイの面倒見を強要するわけにもいかんじゃないですか、

が、今日の海は少し波がありますわ、わたしの腰にとってはってことですよ、今日は、わたしの腰の状態では沖へ出るのは止めた方がエエ海況だと思う、
が、が、明日は大丈夫だと思う、

あぁ、こう思い始めたら、もう、止まらない…なんとかせにゃならん、
明日の釣り行きに向かって突進だ、準備に入ります、
フグ釣り用に、電動リールを使いますが、コレ専用のバッテリーを先日購入したのだった、
今一度充電状況を確かめたり、仕舞い込んだままになっとる冬用防寒着などを出して準備したり…
釣ったフグの料理の際のことを思い描きながら、包丁を研いだり…
なんだか急に忙しいような気持ちになってきたぞ!!!

4日前の先週金曜日、ユリタロウは単独でフグ釣りに出たのだった、
凪いでも居たし、潮も良かったのに、小さなフグ2尾だけっだったようだ、
明日、わたしが出たらフグ2尾以降5日目の釣行ってことになるが、何尾釣れますかね???
わたしは、超ドデカイのが30尾は大丈夫だと思う、

釣り行きの前日は、釣果が一番膨らむ時期でしてね、ホォ~ラ、めちゃくちゃぎょうさんドデカイのが釣れるのです、想定上だけの、想いの中だけでのことですがね、デッタイ間違いなく大漁だと思う、

この気持ちは、宝クジと向き合うさいに似ていますよ、
宝くじ売り場に向かって、歩く際、この時がいちばん宝くじの当たる確率が高いのだ、
宝くじなんか何度買ってもスカバッカシだったくせに、今回ばかりは巨額ウン億円があたるような気がしてならん、だから、宝くじ販売の小窓めがけて歩み寄る、

買ってしまうと、当選確率が少しダウンします、当選番号発表日が近づくにつれ、確率は急速にダウンし、発表があると、もう、当選確率は現実的にデロになっとる、せっかく購入した券の番号を確かめ調べるのもおっくうでほったらかしたままだ、

10枚セットで買うと、1枚は最低のが当たっとる、が、ソレもって宝くじ売り場へ換金に行くと、またぞろ、無駄な出費の誘惑に負けることがわかっとる、で、換金にも行かず、ほったらかしのままになった300円当選券が机の引き出しに入ったままになっとる、

ナニをごちゃごちゃ言うとるのや!!!
明日の、釣り行きのこと、どうしょっかなぁ~、

| | コメント (0)
|

2014年10月27日 (月)

準備中です

昨日は、約2千歩は歩いていると思う、ステッキをお供に連れてトボトボ、と…
三木市立文化会館へ市民合唱大会を聴きに行ったりしたが、会館入口の壁面ガラスに背中丸めてトボトボ歩く爺さんが映っていた、よく見たらわたしだった、

腰を傷めて、9月・10月は、“今虚無僧(いまこむそう)・尺八吹奏ボランテァ活動”は休止、
来月・11月から再開のつもりだが未だ全快したわけじゃない、
常時腰にシクシクと軽い痛み・違和感があって、ヤバイ状態が続いている、

今までの“やり方”では体力的に無理がある、
…荷がけっこう多かったのです、独りで持ち運びし、設営・撤去もひとりでやっとった…
…立奏だった、自宅を出てから帰宅まで、約3時間近い労働(?)になっとった…
荷を減らし、設営・撤去の労も極力減らしたい、

A) 訪問先施設で、(職員さんらの)応援を得られるなら、
⇒パソコンや、プロジェクターや、簡易スクリーンなどを持ちこんで、従来のようにやりたい、

B) 応援が得難い施設なら、荷を減らし、労力軽減化を図りたい、
⇒持参する物
1. 尺八1本と、使用予定曲の譜面(約20曲)冊子1冊…パソコン持参は止める、パソコン置台も(立奏用に)持参しとったのだった、
2. 家庭用小型スピーカー(ボーズ)…大きな会場以外はコレも廃止、
3. 配布用歌詞カード約50枚…プロジェクター・簡易スクリーンは止める

XP仕様のノートパソコンは結構重い、プロジェクターや、簡易スクリーンも重い、
機器の設営撤去の際、腰をかがめてイロイロ動く必要がある、コレが辛い、

歌詞ですが、スクリーン投影に代えて、A4用紙2枚に歌詞を15曲分書きだす、コレを配らせてもらおうと思う、
配布には、職員さんの協力がほしい、終演後の回収にも協力してほしい、
百名分を用意したい、
 A4用紙2枚×100名×1枚10円=2000円、…毎回出費は辛い、回収して何度も使いたい、
 毎回同じ曲(15曲)では難儀かも、で、2種類用意した(当面は用意だけでコピー作成はしない)、


さらに、立奏は止めて、椅子に挫奏とする、
歌詞ファイルを見台に置き、見台にソニーのICレコーダーをマイクの代用にガムテープで貼りつける、

回収使用のことながら、コピー1枚あたり10円はきつい、
2・3円なら、枚数を増やし、歌詞文字も大きく読みやすくデケルのだが残念だ、
MSゴシック10.5ポイントにせざるを得ない、

以上書きながら思った、
コレ、も、ある種の”終活”やろか???


| | コメント (2)
|

2014年10月26日 (日)

音楽の原点???

三木市民合唱祭が三木市文化会館で催されて、無料だ、覗いてきた、
で、印象はどうだったか???

1. 小さな市(人口7万8千名、今年8月現在)なのに、14組もの合唱団がエントリー、こんなに音楽好きが多かったとは驚きだ、
2. 合唱曲には、あまり聴きなれない曲が多かった、
3. 小人数の場合でも指揮者が大仰に手を振っていた、曲を聴く以前に指揮者が目に付き困った、
4. 上手できれいな声のグループもあった、が、時々音程外れの声が聴こえた、
5. 音程云々は二の次、グループの“和”こそが大切なのだ、と、思った、
6. 身体を揺すって唄う人、ボソッと突っ立って唄う人、時々手をも感情豊かに動かして唄う人、
7. ヤッパ、肥り過ぎ体型の人が多かった、
8. 出演者は全員、直接客席から舞台へあがり、唄い終えると、舞台から直接客席へ戻った、
9. パラパラ拍手があったが、小さく、すぐに止んだ、
10. わたしには合唱団参加はデッタイ、デッタイ無理だと思った、

出場者の様子をサリゲに眺めていて、目からウロコのことがあった、
“合掌したいという気分”
コレは、音楽の原点かも、と、思った、

ピアノ伴奏で唄っていた、
尺八伴奏の民謡があったら、もっとオモロイかも、と、思った、

最後までは聴いていない、飽きてしまって、途中で抜け出した、

| | コメント (0)
|

オモロない

ホンダのCRVと、日産の中古軽四の2台も車を持っとるのです、
が、もう遠距離を走ることも無くなって、ホンダCRVにはデンデン乗ることが無い、
バッテリーがあがってしまった、
魚釣り用の電動リールの充電機を持ち出して、今、充電中ですが、大丈夫かな???

数か月前も、バッテリーがスッカラカンになっとるのが偶然わかって、この方式で充電したのだった、
この時は、5日間ほど充電器をつなぎっぱなしで、それでも、充電完了にはならず、充電中の赤ランプは消えんかった、
が、試しに動かしたら動いた、だから、あらかた充電はデケテいたはずだ、

今回は、デーラからしつこく定期点検の要請があり、任せることにしたが、サービスマンが車を受け取りに来るというので、バッテリーが心配になり確かめたら喘ぎ喘ぎエンジンが掛かった、もうプッツン寸前だった、

定期点検が終わって車が帰ってきて、
バッテリーは交換したほうがよろしいよ、と、いわれた、
が、断った、
で、今、充電中だってこと、

で、で、充電中なわけだが、充電デケタとしても、それで、どこかへ走ろうってわけじゃない、
さしあたって動かすあてはデンデンない、
車はもう処分したいのだが、退職直後、長年の夢の中で買った車だ、前輪駆動の多目的車が欲しかった、想い入れの強い車、

タイヤですが、デンデン擦り減っとらんかった(過去形)、未だ新品同然だった、
が、よく見るとヒビだらけになっとった、いつの間にか風化したみたい、
いつ破裂するかわからん、超ヤバイですよ、って言われて、今年の春だったが、昨年の冬だった、に、新品に付け替えた、
が、それ以来、乗ることもない、

あぁ、定期点検代ですが、エンジンオイル入れ替代だと、18000円を請求された、
走らなくてもエンジンオイルは劣化するとか、まゆつばだと思う、エンジンオイルが腐った話は未だ聴いたことがない、

盛んに新車への買い替えを勧められる、
頼みもしないのに、今回定期点検車の下取り見積もりを、近日中に持参するという、
下取り価格???
ウソだと思う、
わしゃ、超安下取り価格知らされて、ミジメナ気持ちになるのは嫌だ、
「余計なことせんでもエエ…」と、言うておいたが、
また、彼は、ニコニコ顔でやって来ると思う、


彼・サービスマンも、だいぶ年取った風貌になってきた、苦労が多いのだと思う、
このホンダ・デーラー店(ホンダ車販売店)は、過日ここでトイレ(大)を借りたら、なんと、未だに古典仕様の使い古した尻拭き便器だった、“ウオッシュレット”便器じゃなかったってこと、
ビックリし、言わずもがなかと思ったが、
「旧式トイレだったのでビックリしましたよ」
と、伝えたが、彼ら店員さんらは使い馴れがあるのか、わたしのビックリ感が伝わったようには思えんかった、

なんか、変だなぁ~の感じがヌグエないですなぁ~、

ホンダCRVの下取り価格が出て、新車購入をニコニコ顔で勧められる…この流れが見える、
が、客の気持ちはもうソレてしまっとる、

わが家は、もう2台も車は費用ない、
車を買うくらいなら、もうすこしシッカリした音響機器が欲しい、
昨日、伽耶院境内(野外芝生広場)で、民謡唄いのY爺さんと、ライブ実習したが、屋内では通じるボーズ機(スピーカー)も、野外芝生では蚊の鳴くような音だった、


| | コメント (6)
|

2014年10月25日 (土)

腰椎がナンボのもんじゃい

なにごとも本気でやり始めると、なんぼでも奥があることが分かってきて、下手すると泥沼にはまりこんでしまいます、御用心、御用心、
だから、なにごとも、適当なところで引っ返したほうがデッタイよろしい、
特に、先が無くなってきた老人らは…

“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア活動)は、未だ休憩中だ、が、来月・11月からは再開のつもり、
ボチボチのゆっくりスタンスで再開のつもり、
魚釣りも…

あぁ、昨日は、釣弟子・ユリタロウが独りで「はまちどり」艇を駆って沖へ出た、出漁した、
明け方は少し波があったろうが、陽がすっかり揚がって以降、徐々に凪いできた、と、思う、
昨日の明け方は、陸地と海面との温度差が大きかった、こういう日は、得てして、明け方は少し時化る、
と、コレに加え、ユリ曰く、魚探の調子が良くなかったらしい、
魚群を捉えるのが難しかったようだ、
で、釣果は、小さなフグ2尾、
コレだけ、

朝7時過ぎに出漁して後~午後2時ころまで沖で頑張って、釣果はたったの小フグ2尾、
どうなっとるのや!!!
絶好の釣り日和・晩秋の播磨灘を走りまくって、小フグ2尾、
餌はフグ釣りの特攻餌・川津エビです、わたし、買いだめしとった川津エビ(3パック半)を彼に渡しておいたのだった、
「ぎょうさん釣れたら、お土産に持ってきますね」
と、彼は言うとったが、まぁそのようなことはなかろうと、思ってはいた、
が、小フグがたったの2尾だったとは、呆れてものが言えんですな、

朝7時過ぎの出漁以来、洋上から時時刻刻・状況報告が携帯電話で送られてきた、悪戦苦闘の様子が手に採るように判ってオモロかった、
この報告の最後の言葉がコレ、
「わたしサビシイ!!! 沖で話し相手がダレも居ないのはサビシイ!!!」
だった、
「おぬしは、油断しとるのや!!! 会社で皆さんに良くしてもらって甘えとるな!!!」
「情けないことを言うな!!!」
って、叱ってやった、
彼、50も半ばを過ぎとるばずだよ、昨日は、フグの毒気にやられたようだ、


月が変わったら、わしゃ、デッタイ沖へ出てユリタロウ(不漁)のかたき討ちしたる!!!
フグどもを釣りまくったる!!!

思い出した、
昨年釣ったあのトラフグは巨大だったなぁ~、
昨年11月9日のことだった、50センチの大物だった、
既に、コレが釣れる季節になっとるのだ、
腰の腰椎がナンボのもんじゃい!!!
頑張らねばならんぜよ!!!!
あぁ、
昨年釣ったこの“大物天然虎河豚”の記録写真見たいですか、
お見せしましょう、コレですわ、

Pb080129


| | コメント (0)
|

2014年10月24日 (金)

キツネ・タヌキ等と友達になろう!!!

Pa240058_2

Pa240062_4

Pa240067_2

「江差追分」「津軽山唄」「南部牛追い唄」の3曲は、民謡大好きY爺さんに唄ってもらって、ソニーのICレコーダーに録ってある、コレを、パソコンへ採り込み、幾度も聴いて、尺八伴奏譜をアレコレ参照しながら調整し作成した、だから、Y爺さんが、録音時と同じ調子で唄ったら、なんとか添い吹きがデケルと思う、
明日、二人で“唄い合わせ・吹き合わせ”してみようと約束した、

さて、どこで“ソレ”やりましょうか???

我が家の近所に無人の社があるのを思い出した、
写真のヤシロ(社)です、
待合所みたいなところが撮れているでしょう、ココに勝手に上がり込んで吹きます、
つい先ほど試し吹きしてきました、
難儀なことがひとつあった、
藪蚊ですわ、こやつらをナントかしないと、尺八なんぞ吹いとれん、

距離を計ったら、わが家から2キロだった、鳥居前まで軽四で行けます、
社の前は刈入れが済んだばかりの稲田、
社はなだらかな小山の上り口にあって、奥の方には奥の院もある、
由緒ありげな無人のお社だよ、周囲に人家はありません、

下手な尺八と、絶叫・悲鳴調の民謡唄いとの、稽古場には、あるいはピッタシかも、
明日、蚊取り線香を持って…ここで稽古しょうかな、
Y爺さん、嫌がるかな???

カラス・ヒヨドリ・スズメ・キジ・狐・タヌキ・野兎…の、気配ムンムン、
民謡や尺八稽古には雰囲気的にもエエような気がする、


| | コメント (5)
|

稽古場がほしい

昨日は、兵庫県立三木山森林公園のことをすこし調べました、
現地へ行ってみた、わが家から軽四で10数分の位置、道路交差点の信号に引っ掛からなければ、5・6分のところです、
コレですわ、


ナニを調べたのか、
稽古場に使えそうな場(部屋)が無いか、を、調べた、
広大な施設だ、いろいろな(文化的)建物がある、なかに稽古場に使えそうなところはないか???
これだけ巨大な文化施設だから、音楽愛好家らが稽古場に使える部屋もあるのでは??? 
と、思ったりした、
“音楽ホール”があった、が、半日借りて5千円ほどだ、
尺八稽古の場に使うには高すぎる、
立派な茶室が森の中にありました、無人です、最近使ったことがあるようには思えない、ここなら、大声で民謡うなっても他へは迷惑掛からんだろう、なにせ森の中の一軒家ですわ、

音楽好きの者らが、集って稽古する場が無いのですよねぇ~、
カラオケボックス、カラオケ喫茶店、なら、アチコチにぎょうさん在る、
が、有料で借り受けて、尺八稽古するなんて、年金ヅヅイには無理、
だいいち、あのような、閉じこもった閉塞感満々の中では、尺八吹く気になれん、
地区自治会ごとに自治会館がある、
が、ヅヅイが尺八の稽古場に使ったりしたら、地区内から総スカン食らう恐れがある、
で、ひょっとしたら、
ココ、県立三木山森林公園には、使える施設ないかいな、と、思った、

施設内には立派な文化的建物がぎょうさん在りありました、
が、昨日は、どの建物回ってみても、利用者・利用団体は無かった、どこもすべてガラ~ンとしとった、
空っぽ、あぁ~事務室で留守番の人が、うつむいて「本」読んどッた、

稽古場が欲しいですなぁ~、
超安値で利用デケル稽古場・リハーサル室、練習室って、どこかにありませんか???

明日、民謡好きなY爺さんと、民謡数曲を吹き合わせてみたいのです、
“民謡を唄う”ってのは、半端な声じゃないですぜ、
チカラいっぱい大声張り上げて唄います、それもけっこう高い声です、
軍鶏の首をひねったような声、悲鳴に近い声でもある、
ウナル、悲鳴を上げる、それも実に変な節つけて…
…Y爺さんには内緒だよ!!!

我が家の仏間で稽古したりしたら、
…現に2度ばかり仏間でY爺さんに歌ってもらった…
が、もうこれ以上は、ダメですわ、

仏壇の中のホトケさんらの安眠を妨げる、
彼ら、彼女ら、が、化けて出たらワシャ難儀だ、
我が家の前の道を行く方々が、スワ一大事とビックリし、110したりするかも、

稽古場がほしいですなぁ~~

| | コメント (2)
|

2014年10月23日 (木)

記録吹き「江差追分」

本日までの研究成果…記録の意味でのアップです、

「江差追分」

「江差追分」の歌詞は様々だ、以下の歌詞を念頭に吹きました、

 
波は磯べに寄せてはかえす
沖は荒れたや 船頭さん
こはよい地じゃで 話は尽きぬ
あすの船出は 延ばしゃんせ

泣いたとて 
どうせ行く人は やらねばならぬ
せめて波風 穏やかに
泣くなと言われりゃ、なおせき上げて
泣かずに おらりょか浜千鳥

北海道江差町・江差会館から基本となる尺八譜を頂戴していますが、コレは、囃子部分が最後に来ています、
が、今回わたしが試し吹くのは、なか囃子になっとる、
と、譜付が、上述基本譜とは少し変化しとる、昔、武田天雅師が調整なさった譜を元に、わたし少し触り吹きました、

概ねこの間どりで、添い吹きデケルかと思いますが、まだまだ不十分、
息継ぎ箇所にも大い不満がある、
民謡を吹くには、大息を吸い込み、悠々と軽く吹く、コレが必要、わたし、この基本すらデケとらん、

以下の「南部牛追い唄」「津軽山唄」は、
未だ研究着手も不充分な段階のとりあえずの誤魔化し吹きです、
これも、研究前の記録の意味でのアップ、

「津軽山唄」

「南部牛追い唄」

| | コメント (3)
|

存在感???

明日24日(金)は、久々に沖へ出て”フグ釣り”するつもりだった、
が、一昨日、わが家のチッチャナ畑用の肥料(鶏糞や花用肥料)をホームセンターで買って、かみさんと、エンコラエンコラ運んだら、腰に来てしもうて…
で、明日のフグ釣りは断念です、

が、気にるなぁ~~~
今日23日(木)の沖はキット時化ています、波があってフグ釣りは危険です、
“鹿の瀬”で釣るのですが、この海域はとても時化やすい海域です、
淡路島からも、本土側からも約9キロ離れた播磨灘のど真ん中だ、フグ釣りの際はある種軽業もどきの身体の動きが必要なのです、コレがヤバイ、

が、が、
明日24日(金)の沖は、ベッタベタの凪だと思う、キット鏡に油を流したような静かぁ~な海だと思う、
上手に釣ればフグ大漁は間違いない、上手に釣れば…ってことですよ、下手だったらボーズですぜ、
明日は大潮日で潮行きが超早いからなぁ~、朝7時・8時は特に潮が速い、80号のオモリでも流されてしまうと思う、キット9時前あたりから潮が少し緩みはじめる、で、12時ころまでがフグ地合いってことかな、

余力があれば、12時以降は赤ボン(瀬の名称)へ移動し、豆アジの生餌でメジロ釣りがデケル日だ、
メジロは12以降の下げ潮がエエかもだよ、

ってことは、朝7時頃に出漁し、あの豆アジ・ポイントで豆アジ生餌と、できればコノシロをゲットした後に、フグ釣りに向かうとよろしいと思う、
フグ釣りポイントでは、捨て竿に豆アジつけて遊ばせておくと、きっと、サワラか、メジロが、掛かりますよ、
なにせ、明日は、最近に無い絶好の魚釣り日だと思いますなぁ~~~、


さて、魚釣り断念のわたし波平、今日・明日はナニして遊ぼうかなぁ~、
昨日は、終日「江差追分」をウナッっとったのだった…

今日も、ウナッテもかまわん時間になったらウナルつもりです、
で、できたら、このウナリで得た、民謡感覚を尺八へ移転し、「江差追分」素吹きに如何ほどの効果があるかの検証をしてみようと思う、
大仰な言い方だなぁ~~
尺八吹いて音源アップしてみようかなぁ~~~ですわ、「江差追分」の…

が、まだまだウナリが足らんと思う、唄が、身体に馴染み切っておらん、
コレ、痛切に感じます、
ウナリマクルの日にした方がエエかもと思ったり…

しかしなぁ~~~
時間がタップリあるってのは実にありがたい、
ホンの少しづつですが、なんとなく進歩しているような感じがありましてね、
これが、なんといっても実に嬉しい、
今のわたしの生きがいになっっとるのです、
未だ、この世に居るってこと、存在感っていうのかなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2014年10月22日 (水)

あり得ない話

家事労働、たとえば食事の用意とか、洗濯とか、それを物干し竿に引っ掛けて乾かす作業とか、夜休む布団を夏用から秋そして冬用の布団に代えてゆくとか、とか…コレってけっこう腰を使う作業ですわ、

わが家は二階建ての戸建住居で、狭い庭と、小さな家庭菜園があるのですが、かみさんが、上述家事全般に加え、コレら庭・畑をも独りで管理していましてね、そうです、家事労働と、庭や菜園は、彼女のテレトリー、わたしは立ち入り禁止になっとるのです、すべてをかみさんが仕切っておる、
が、が、時に、わたし、作業を命ぜられます、この特命がやたら腰にコタエル!!!

たとえば、栗の木からイガを落として栗の実を収穫する際とか、柿の実を採ったりとか…
つい先日は伸びすぎた柿の木の枝の剪定作業があった、かみさんが、あの枝を切って先を止めて欲しいなどの指令を出す、わたしは、了解!!!と言って、脚立にへっぴり腰で数段あがり指定の枝を剪定したりする、

あぁ、“桃・栗三年、柿八年”って言いますよね、
で、試しに、これらを狭い庭や菜園に植えたのです、と、確かに“ことわざ”のとおり、桃や栗は3年で実を着け始めました、柿は8年だった、食べたら全部渋柿だった、が、大きな実です、今、二階の物干し場の軒下に皮を剥いて干し柿にしようと吊るしてある、

さて問題は、ココからです、
庭の草花にも、菜園の果樹にも、畑にも、この季節、肥料というものを与えねばならん、
昨日、ホームセンターへ畑用の各種肥料を買いに出かけました、鶏糞とかの…
大きな袋に入っとるのです、
女性が独りで持ち運ぶには、大きすぎる、重たすぎるのだ、
で、これらの作業はわたしの出番でした、以前からそのような習慣になっとった、
腰椎圧迫骨折で未だ腰にコルセットはめている状態です、こんな作業して大丈夫やろか???

以前はわたしが独りで持ち運びしとった、の、だが、昨日は、かみさんと二人で持ち運びしました、
かみさんは、大手術後の抗がん剤服用中で体重激減、副作用アレコレで難儀の最中ですわ、わたしよりむしろヤバイ状態だ、
ヤバイ・ヤバイの、ジイチャン・バァチャンが、二人で、エッサッサ・エッサッサ…

こんなに体力がダウンしていたとは思わんかった、
もうコレ以上頑張ったら、腰砕けになるなぁ~と思った、
作業を終えて、長ソファ~にドテェ~~~と横になった、

ユリタロウに携帯電話メールで連絡した、
「ヤッパ、沖へ釣りに出るのは、今月中は自重する」と、
今週金曜日には、沖へフグ釣りに出るつもりで、ユリタロウは会社へ休暇願を出す段取りになっとったのだ、

ユリタロウから返信メールがあった、
「判るでしょう!! わたし、もうその気になっとる、わたし独りでも出ますからね!!!」と、
「ぎょうさん釣れたら、持って行たァ~げる、けれど…あててにしないでほしい」と、

そらそうだ、“アテ”になんぞするものか、
わたしが付いて行かないで、ぎょうさん釣れたりはあり得ないでしょうよ、…と、思いますなぁ~、


| | コメント (0)
|

2014年10月21日 (火)

チョット待ってくれ!!!

いやぁ~、わたし、未だ“民謡(尺八)吹き”超初心者なのだけれど…
なんとかして民謡好きなY爺さんの唄に尺八を付けようとしていましてね、
Yさんは、すこし音程狂いで唄われます、
とにかく大声で唄われる、

コレがまた実に気持ちよさそうに唄われるのです、

なんとかして、Yさんの唄声に添って吹きたい!!!

ナント「江差追分」です、

Yさんは、三木市立図書館から三橋美智也のCDを借り出して、コレを先生にしてひとり稽古しとったらしい、
ほかの民謡も、アレコレ曲を同様の方法で稽古なさっとって、
ご自分では“だいぶ上手になった”おつもりです、
で、「津軽山唄」「南部牛追い唄」と「江差追分」を尺八伴奏で唄ってみたい、と、住まいの周辺の尺八吹きを探したら、ら、わたし・波平が見つかったってこと、

三木市の図書館にもCD貸し出し制度がありましてね、
で、わたし、ソレ借り出したいが、いつもダレかが借り出しておられて、なかなか、わたし借り出せなかった、
どうやら、このY爺さんが民謡CDを捕り込んでおられたらしい、

CDを先生に稽古なさった、と、なら、
そのCD貸していただいて、譜採りしたら、Yさんの唄に添い吹きデケル!!!
と、わたし、軽々しく考えましてね、
で、お願いしたら、お持ちになられたのが「江差追分」CDでした、
他のCDはもう図書館へ返したのだとか、
いったん返し、しばらく間を置いて後、また、借り出すの要領です、
「波平さん、今なら、借り出せますよ」
と、おっしゃる、
が、わたしが、借り出したら、まちがいなくYさんは、しばらくの間、そのCD借り出しは我慢せなならんことになる、ですよね、

要するに、このような状況の中で、初手から、最も難関といわれる「江差追分」に食らいつくことになったわけですが、が、この三橋美智也の江差CDの尺八奏者が上手すぎて、わたし真似デケンのですわ、

が、が、ここからがオモロイ、
デンデン分からんな、と、ヘコミながら、繰り返し、繰り返し、聴いていたら…ら、ら、ら…
少しずつ、譜面の形に聴こえ初めた…ような気がする、
半月も聴き続けたら、なんとかなるかも、かも…

ネッ!!!
隠居のチカラってスゴイでしょう!!!!!
耳コピーでアレコレの採譜するようになって以来、とにかく我慢我慢で聴き続けていたら、ら…
そのうち、なんとかなる!!!
って、気が付いたのです、

気が付くのが、遅すぎますよね、
年くって残り時間が少なくなっとるのに…
我慢我慢の時間にも後が無くなってきたのに…

突発的なナニかで、
“ハイこれまぁ~でぇ~ヨォ~~!
に、なったりしたら、どないしょ、

イザとなったら、閻魔さまに
「チョット待ってくれ!!!“江差追分”吹くまで待ってくれ!!!」
って、言うつもりだけれど…

| | コメント (3)
|

2014年10月20日 (月)

視野

今、おまえはナニが欲しいか???
って、問われたら…
直径1メートルほどの3D仕様の高性能地球儀が欲しい!!!
凸凹した3Dの立体感あふれる地球儀、

上空には雲などのライブ映像が浮かんどって、季節変化も顕れていて、七つの大洋はみずみずしく、よく見ると海流の動きも感じられる、

国境線も判るようになっとって、日本語で適度な注釈も書きこんであって、更に詳細な説明が読みたければその個所を鉛筆かなんぞで突けば、可愛い女の子の声で応答があり、会話を楽しむこともデケル、

既に、今でも、似たような物がありますよね、
“グーグルアース(画像)”ですわ、

わたし、時々、これイジッテ遊びます、
北朝鮮が人口衛星(?)打ち上げたとか、核弾頭・製造施設塔を破壊したとかのニュウースがあったりすると、その個所をグーグルアース検索し、
ハハ~ン、これだな!!! 
って、思って、おもろがっとる、

御嶽山水蒸気爆発の時も、さっそくグーグルアース検索しましたよ、頂上の山荘がくっきり画像に出ますです、
N35.533437 E137.285074 
頂上山荘のある緯度経度です、
はるか上空の人工衛星から撮影の画像が使われているのだと思いますが、捜査状況など、当局はとんでもなく詳細が画像を視認デケていたのだと思いますなぁ~、
が、TV報道ではこの種の報道は無かった、
報道は、捜索が非常に困難だってことをことさらに報じておった、
あそこへ上って捜索するのは極めて難儀、これはわかる、が、科学を屈指すれば、未だ生存の遭難者がナニかの信号を発していたら上空人工衛星からでも見つけ得ることもデケルのでは、と、思ったりしながら、グーグルアース検索しましたがね、が、が、画像は3年前に撮影したものを元に編集されとる、これでは現実の状況把握はデケン、

ついでながら、福島原発も、詮索でけますぜ、無残に破壊されとるのが、ヨ~クわかります、

ちなみに、我が家の住所を検索窓に打ち込んでロンしますとね、たちどころに、画像があらわれました、
実に、詳細な画像だ、駐車中の車がくっきり、コレも人工衛星からの撮影かい???
いいや、セスナで飛びまくって撮影し、切り貼りでつないだのか???
とにかくびっくり仰天の画像です、もちろん詳細な緯度経度表示もわかる、標高もわかる、わが家は標高107メートルの位置にあるらしい、
ストリートビューもあって…
ナヌ!!
この画像は昨年の1月に撮影したものらしい…
しらんかったなぁ~~~

画像を播磨灘の海上へ向けますとね、コレはキット人工衛星からの画像カナ、走っている小舟がきれいに映っています、米軍などは、釣り人の手元の画像も確認しているのだと思いますよ、「アッ、このオッサン、キスを釣りよったぞ!!」なんておもろがとるのかも、

イスラム国の戦闘員らが機関銃構えている所を観てやろうと検索しますが、これは無理ですわ、
が、斬首・処刑は野外で行われたようですよね、だったら、人工衛星からの撮影確認が可能だったはずだ、
すでに画像把握されとるのだと思うなぁ~、

直径1メートルは少しデカすぎる、が、直径30㎝程度の地球儀が欲しい、
いじくりまわして遊ぶに、退屈はしないと思う、
が、昨日、わしゃ電動リール用のバッテリーを買ったばかりだ、
ずっと以前からかみさんには地球儀が欲しいって上申しとる、が、許可が出ない、

| | コメント (1)
|

2014年10月19日 (日)

バッテリー買った

本日、地区自治会老人会(むつみ会)に入会申請書を提出いたしました、
以後、老人会ではそれなりの手続きがあるようで、正式に認定と決まったら、わが家へ、会則や関係資料が届けられるだろうとのことでした、

会長さんが直接わが家をお訪ねくださったので、たまたま、伽耶院野外ライブ使用曲の再検討をしていた時だったかっら、そのまま稽古場(締切仏間)にお通りいただき、“今虚無僧”の仕組みをご検分いただいた、
会長さんは、わが家の隣家のジイチャンが、老人会でグランドゲートボールを楽しんでおられるので、てっきり、ソレやるたくなったジイチャンだと思っとったようだった、
で、突然、尺八聴かされてビックリだったみたい、
わたしも、ビックリです、なんと、我が家が所属する自治会は実に巨大な自治会で、所帯数が900軒だそうな、わたし無関心もエエとこだったからそんな巨大な組織だったと聞いて仰天した、
わが家は純粋無垢な老人二人所帯でしてね、子供ができなかったので、未だに、かみさんと二人だけのどちらかというと引っ込み型の家庭です、子供を介したPTAなどの交流もないし、なぁーんも無いのです、で、周辺の状況はワッカランまま住んどった、

会長さんがエラク喜ばれて、「あなたの出番はこれからナンボでもある!!!」と、おっしゃった、
で、お尋ねしてみた、
「三木市連合老人会は年に一度催し物大会を開くそうですね、最近知り合った隣町のジイチャンが、それにエントリーしましょうっておっしゃって、で、そのためには老人会に入会していないとダメらしい、で、このたびの入会申請になりました」と、わたし、
続けて…
「でも、エントリーするにはオーデションに合格しないとダメだとか、とても難関だそうですね」と、わたし、
「イヤ、各自治会からっは3組だけって枠があるので、順番があって、飛び込みはやはり…ムニャムナヤ…」

わたし、強いて、その大会に出たいわけじゃない、
老人会に参加申請はしたけれど、なんだか早くも、めんどくさいような気がしてきた、
どうしょっかなぁ~ですわ、
出たいお方を押しのけてまで、出演しようとは思わんです、そんなことしたら、“今虚無僧”の精神に反するからなぁ~~、

さて“フグ釣り”の話です、
特効餌の“川津エビ(瀬戸内海・播磨灘特産の小エビ)”の漁期は、今が最盛期なのです、
底引き網漁だ、真夜中の漁です、“エビ漕ぎ漁”って言いましてね、これ専門の漁師が居るらしい、
昨日6パック買い込みました、、1パック400円ほどです、これ以上買い込んでも家庭用の冷蔵庫の冷凍室には入りきれない、スペースが足りません、限度いっぱいの購入です、

特効餌を買いこんだら、もう我慢がデケンようになってしもうた、
今週24(金)、ユリタロウに勤め先休暇とってもらって、いっしょに付いて出てもらおうと思う、
彼がいっしょなら、わたしは静かに竿先観ているだけで雑用から離れられる、
と、なると…、
電動リール専用バッテリーの問題が浮かび上がる、古くなって使い物ならんようになってしまっとる、
思い切って、本日略8千円で新品を購入しました、
コレがあれば、二人で2台の電動リールを朝から晩まで作動させることが可能だ、

わたし、電動リールは3台もっとる、
これからは、腰に負担を掛けない釣り方を研究せねばならん、
デカイ魚が掛かったら、魚とのやりとりは電動リールに任せて、わしゃ静かに様子を見物する、
この釣技、別名を“大名釣り”と言う、

本日、地区自治会老人会(むつみ会)に入会申請書を提出いたしました、
以後、老人会ではそれなりの手続きがあるようで、正式に認定と決まったら、わが家へ、会則や関係資料が届けられるだろうとのことでした、

会長さんが直接わが家をお訪ねくださったので、たまたま、伽耶院野外ライブ使用曲の再検討をしていた時だったかっら、そのまま稽古場(締切仏間)にお通りいただき、“今虚無僧”の仕組みをご検分いただいた、
会長さんは、わが家の隣家のジイチャンが、老人会でグランドゲートボールを楽しんでおられるので、てっきり、ソレやるたくなったジイチャンだと思っとったようだった、
で、突然、尺八聴かされてビックリだったみたい、
わたしも、ビックリです、なんと、我が家が所属する自治会は実に巨大な自治会で、所帯数が900軒だそうな、わたし、無関心もエエとこだったからそんな巨大な組織だったと聞いて仰天した、
わが家は純粋無垢な老人二人所帯でしてね、子供ができなかったので、未だに、かみさんと二人だけのどちらかというと引っ込み型の家庭です、子供を介したPTAなどの交流もないし、なぁーんも無いのです、で、周辺の状況はワッカランまま住んどった、

会長さんがエラク喜ばれて、「あなたの出番はこれからナンボでもある!!!」と、おっしゃった、
で、お尋ねしてみた、
「三木市連合老人会は年に一度催し物大会を開くそうですね、最近知り合った隣町のジイチャンが、それにエントリーしましょうっておっしゃって、で、そのためには老人会に入会していないとダメらしい、で、このたびの入会申請になりました」と、わたし、
続けて…
「でも、エントリーするにはオーデションに合格しないとダメだとか、とても難関だそうですね」と、わたし、
「イヤ、各自治会からっは3組だけって枠があるので、順番があって、飛び込みはやはり…ムニャムナヤ…」

わたし、強いて、その大会に出たいわけじゃない、
老人会に参加申請はしたけれど、なんだか早くも、めんどくさいような気がしてきた、
どうしょっかなぁ~ですわ、
出たいお方を押しのけてまで、出演しようとは思わんです、そんなことしたら、“今虚無僧”の精神に反するからなぁ~~、

さて“フグ釣り”の話です、
特効餌の“川津エビ(瀬戸内海・播磨灘特産の小エビ)”の漁期は、今が最盛期なのです、
底引き網漁だ、真夜中の漁です、“エビ漕ぎ漁”って言いましてね、これ専門の漁師が居るらしい、
昨日6パック買い込みました、、1パック400円ほどです、これ以上買い込んでも家庭用冷蔵庫の冷凍室には入りきれない、スペースが足りません、限度いっぱいの購入です、

特効餌を買いこんだら、もう我慢がデケンようになってしもうた、
今週24(金)、ユリタロウに勤め先休暇とってもらって、いっしょに付いて出てもらおうと思う、
彼がいっしょなら、わたしは静かに竿先観ているだけで雑用から離れられる、
と、なると…、
電動リール専用バッテリーの問題が浮かび上がる、古くなって使い物ならんようになってしまっとる、
思い切って、本日略8千円で新品を購入しました、
コレがあれば、二人で2台の電動リールを朝から晩まで作動させることが可能だ、

わたし、電動リールは3台もっとる、
これからは、腰に負担を掛けない釣り方を研究せねばならん、
デカイ魚が掛かったら、魚とのやりとりは電動リールに任せて、わしゃ静かに様子を見物する、
この釣技、別名を“大名釣り”と言う、

バッテリー買ったら、なんとなくメゲタ腰にも気合が入ってきたぞ!!!

| | コメント (0)
|

説明責任

わたし、自分が住む町内の老人会が“どうなっとるのか”さっぱりわからんのです、在るのか無いのかさえもわからん、が、どうやら在るらしい、先日地区内にある整形外科医で腰のリハビリ治療受けていたら見覚えのあるバァさんが隣席で同じような治療を受けていて、バァさんから話しかけられた、
「お宅の前を通るといつも良い音が聴こえるけど、老人会で演奏されたらどう」と、
「エッ!!老人会ってあったの??」
「毎月1回自治会館に集まって遊んでます…歌や踊りやイロイロある…」

わが家は、自治会費の支払いを滞ったことはない、が、未だかって、老人会へ参加勧誘受けたことデンデンない、
そういえば、隣家の爺さんは時々ゲートボールの道具持って時々ブ~ラブラ歩いとる、子供らの通学時には交通整理のかっこうして子供らの通学道に立っとったりする、ひょっとしたら、アレがそうかも…

伽耶院のモミジ祭りに、境内で尺八ライブするつもりで、このところイロイロ計画を練っているのですが、最近、隣町・桜ヶ丘の唄大好き爺さんと知り合って、このお方Yさんと一緒にやりましょうとなった、で、ここ数回歌合せなどやっとるのですが…
…Y爺さんが、唄いながら、紅葉狩りに伽耶院を訪れた方々へ歌詞を書きだしたチラシを配り、わたし・波平は尺八を吹く(童謡唱歌)、って、段取りですがね…
ホンの数回の練習でスンナリ呼吸があってきて、Y爺さんがオモロがり、三木市の連合老人会の催しにも出ましょう、って言いだした、
が、わたし、上述のように未だ地区の老人会メンバーじゃない、
老人会の会員でないと参加資格がないそうな、
で、今日は、どうしたら入会させていただけるのか調べようと思っとる、
さて、どなたに、お尋ねしたらエエのやろ???
我が町内の老人会の世話役さんってダレや???

少し、肩身が狭いのです、
今までは、自治会から地区内清掃などの出動(?)要請があれば、何としてでも参加しとったのです、
が、つい先日の合同清掃日には出なかった、
わたしは未だ腰椎圧迫骨折が治りきっておらん、かみさんは抗がん剤治療中で体調絶不調、参加したくても参加デケンかった、
が、が、わたしの腰は完治しとらんが、ユックリなら歩けるし、ボヤァ~と立っとるだけなら、参加の意思ありの恰好くらいは充分デケタ、だのにサボった、
だのに、だのに…
三木市の連合老人会の催しに出たいから、老人会に入会させてくれ、の、申し出はいかがなものか???

Y爺さんは、やる気満々になっとる…
さて、どうしたものか…

“説明責任”、ですよね、
ダレに責められたわけでもない地区内清掃日の不参加、
自分の気持ちがひっかかる、なんで出てこんのだ?? って、問われれば言い訳がデケン、
気持ちが揺らぐのですわ…

なんという、肝っ玉の小さなヅヅイだこと…


| | コメント (2)
|

2014年10月18日 (土)

すこし“かまってもらう”だけで、お礼に1票

小渕経済産業大臣は辞任??
罷免???
どちらにしても、トカゲの尻尾キリになるのでしょうなぁ~、
スケープゴートという言葉もある、身代わり・いけにえ、の、意でしたね、

ナニかの不都合とか、事故とか、事件、災害など等が生じると、
本体が弱体化し潰れたりする、
が、逆に、これらを逆手に採って、
より一層本家・本体が強くなり周囲からの信頼を得たりする、
この手法が、トカゲの尻尾キリであり、また、贖罪の押しつけ、スケープゴートにしてしまうこと、

我が国は、不幸を逆手にとるのが得意な国だ、
大きな、大きな国難があった、先の第二次世界大戦だ、
我が国は、1国だけで、世界中を敵に回し戦争し、結果ミジメナ無条件降伏、
が、コレをキッカケに今の日本国がデケタ、
この際の、トカゲの尻尾が→戦死した兵士らと、多くの戦争被災者らだった、
スケープゴートでまず思いつくのは、特攻隊兵士、戦艦大和の出撃なんぞもこの類ですぜ、

大地震・大津波・原発ダウン・豪雨災害・火山噴火・巨大台風来襲…
どのような災害が生じようと、しのぎ切れる、と、今の日本国民は思っとる、
ホンマに大丈夫かいな???

政府がシッカリしとる、と、ナンジャカジャ言いながらではあるけれど…
内心では、お上がなんとかなさってくださるだろう、と、と、思っとる、

…と、いうより、
我が国では、民主国家のルールが守られている…と、国民皆が思っとる、
まさに、ココに我が国のチカラの原点がある…と、
この非常線に、小渕経済産業大臣はひっかかった、

ホントかウソか知らないけれど…
後援会も後援会ですよね、旅行や観劇会や、ナニかあるごとにお土産もらって、それらの見返しに清き1票だったのかい???
変だな、ひょっとしたら、選挙運動の買収とちゃうか???
と、みなさん思いながら、エエ想いをしとったのだ、
ふざけるのもエエ加減にせぇ!!!

もし、小渕大臣が辞任や罷免にならざるを得なくなったら、
後援会の面々から選挙権をはく奪した方がエエ、
逮捕して、牢屋へ放り込むべきだ、許すべきではない、断じて、断じて、


言うておきますが、
わしゃ、どこの後援会にも入っとらん、で、ナァ~ンもエエ目をしたことが無い、
…1度でエエから、甘い汁を、エエ目を、してみたいもんだ、
アァ~冗談ですよ、冗談、冗談、
少しはウラヤマシイの気持ちも無くはないけれど…
が、この際、あえて言うておきましょう、
波平の1票はお高くつきますぜ、半端な値では買えんだろうってことを、
だから、ダァ~レも買いに来ないのかな???

寂し~~い!!!

高齢者症候群の最たるものが、この“サビシ~~イ!!”の気持ちかな、
すこし“かまってもらう”だけで、お礼に1票さしあげます、

| | コメント (2)
|

2014年10月17日 (金)

風呂あがりの1曲

勤め人だった頃には考えられないことだ、昼食に倭そばを湯がいて食った後、風呂に入った、
急ぐ風呂じゃない時間つぶしに入ったのだ、フヤケルほどゆっくり浸って、フヤケテしもうて…
髭を剃った、

なかなか気分がよろしい、
パソコンに収めた尺八譜を開いたら「長崎は今日も雨だった」が目にとまった、
吹いてみた、

「長崎は今日も雨だった」

| | コメント (0)
|

目からウロコの話

今の日本社会は、“可哀そうなお年寄り”を支援すべきかどうか、の、岐路にあるのだそうです、
支援すれば、そのツケは若い人らの負担増になるから…

コレ、危険な“思想”だと思います、
高齢者が増えすぎて、社会がへたってきたので、高齢者を切り捨てる、
これを、これからの日本社会では、正義と位置づけよう…
ですよね、

わたしは、自分自身が74歳のジジイだから、こんな社会にはなってほしくないと痛切に思います、
少なくとも、わたしが生きている間は、と、愛妻が、生きとる間は…
アッハッハ、なんと自分勝手なことか…

要するに、1番の悪者は、お金持ちの高齢者なのですよね、
人はだれでも60歳の還暦に達したら、すべての財産は国庫へ返納(?)し、
以後、全員、国庫負担の低額生活保護を受けて、決められた居住空間に転居し、おとなしく尺八など吹きながら死期を待つ、
と、これなら…
若い人等は、ダレも、文句を言わんのだろうと思う、

が、現状では、ぎょうさんお金を持った年寄りが、高額(?)年金を得て、贅沢な生活をしとる…
許せん!!!
と、若い衆らには見えている、
ここに、そもそもの問題があるのですよね、

で、以下、目からウロコの話をしたい、
わたし・波平の、日常生活を少しお話ししたい、

昨日はどんなだったか…です
朝は、
前日の残りの味噌汁に、水道水を足し込んで沸かし、味噌汁味風味を楽しみながら即席ラーメンを湯がき食べました、卵をひとつ割って足しこみ食った、なんと、贅沢な…
あぁ、かみさんは低血圧症で、未だ大手術後の○○剤服用治療中で、食欲も無く陽が高くなるまで起きてこない、
昼は、
畑のおばさんがくれたサツマイモを吹かし食った、コレが昼食です、季節の味だ、メッチャ美味かった、なんと、贅沢な…、
晩は、
食品スーパーから久々にキャベツと、肉を少し買ってきて、お好み焼きして食った、焼酎を舐め飲みながらだ、
なんと、贅沢な…
今朝ですか??
昨夜のお好み焼きが、もう冷めとるけれど2枚残してある、朝から、こんなご馳走が食える、なんと、贅沢な…

昨日の日中のことですが、
朝方は、わたしは、パソコン遊びしとった、ユーチューブで「男なら」の演歌を繰り返し・繰り返し聴いて、尺八譜に採って吹いたりした、
昼からは、久しぶりに愛艇「はまちどり」をもやっとる漁港まで軽四で走り、フグ釣り用の仕掛けなどを積み込んだ、手作りの具です、決して買ったりしない、市販の釣り具は高価なのだ、
片道20㌔の行程だがわたしは燃費節約意識が旺盛だから時速45キロでしか走らない、トロトロ運転で後続車に申し訳ないことだ、で、お詫びの意を表するため、車の後部に枯葉マークを2枚貼りつけている、竹友Uは枯葉を4枚も貼りつけとるが、4枚も貼るとコレはこれでそれなりの効果があるようだ、が、わたしは2枚だけしか貼っとらんから、後続車が金魚の糞もどきに連なってきたら、車を道脇へ寄せて後続車に車線を空けるようにしている、

昨日は、時化模様の海で、漁港内に舫った(もやった)愛艇「はまちどり」も、常にプッカンプッカン揺れていた、しばらく乗っとったが、未だ腰椎圧迫骨折完治とは言い難い腰だ、ヤバそうに思えて降りたのだった、
ヤッパ少し変ですわ、腰の具合が…
帰路は釣り具店を3店ハシゴし、電動リール用のバッテリーで安いのはないか調べてまわった、
釣り竿を握り持つ際の腰の負担を電動リールでしのぎたい、が、バッテリーは高かった、買えなかった、
ついでに図書館へ寄って、貸し出し(予約)を願い出ていた「尺八民謡集・中」を借り受けてきた、
年金生活逼迫の折から、「本」購入の余力はないからなぁ~、内緒の話だが、「本」の中の採りたい個所は、パソコンへスキャナーで採り込んでしまうのだ、タダでこんな贅沢な遊び、もうしわけないなぁ~~、

エッ、どこが目からウロコなんや、って、ですか???
以上の話聴いて、諸兄らは、目からウロコ落ちなかったの???
わしゃ、そうとうアレコレ我慢・我慢の生活をしとるつもりなのですがねぇ~~~

イスラム国の高齢者福祉はどうなっとるのだろう???

| | コメント (0)
|

2014年10月16日 (木)

あぁ~、高齢者たちよ!!!

“高齢者の孤立”が問題になっとるそうな、男性に多いらしい、
歌を思い出しますなぁ~

♪♪
男なら 男なら
未練残すな 昔の夢に
もとをただせば 裸じゃないか
度胸ひとつで 押して行け
男ならやってみな  ♪♪

この曲、わたしの“今虚無僧”ファイルには未だ入っていませんわ、
五線譜も探したが無料のは見つからない、
ヨッシャ!!!
今日の仕事がデケタ!!!
耳コピーで尺八譜を採り起こしましょう!!!

と、もうひとつ別の仕事、
昨日、Y氏といっしょに伽耶院へ出かけ、庫裏の1室をお借りして、伽耶院・モミジ祭り用の“尺八ライブ”初打ち合わせと初稽古をした、
で、その際、氏にアカペラで「津軽山唄」「南部牛追い唄」「江差追分」を唄ってもらい、ソニーのICレコーダに収録させてもらった、
今日から、この録音3曲の、氏の添い吹き用・尺八伴奏譜を起こす作業に突入する!!!
本格民謡のアカペラから→添い吹き尺八譜を起こすのは初めての試みになる、
デケルかな???

と、と、もうひとつ、
艇友で、音楽の友達(氏はフルートの名手)でもあるベレッタ氏の事業のこと、
氏はヨーロッパ・ウイーンで斎苑事業をしとられるのだが、オモロイ事業だってことで、最近オーストリア国営放送がニュース番組で、氏の斎苑事業を取り上げ紹介したそうな、で、この報道逆輸入で日本でも広がりを見せ始めたらしい、
オーストリアってナニ語を話すの??
わたし視聴してもさっぱりわからんが、ナニかおもろそう、
ベートーベンやシューベルトやモーツアルトなど楽聖等が眠る墓苑のなかで、アナタも一緒に眠りませんか、の、事業らしい、尺八趣味の者ら用のスぺースがとってあるかのかどうかは確かめてはいない、
もしよろしかったら、コレですわ、

あぁ~、高齢者たちよ!!!
あの世へ渡ったら、音楽でも聴いて楽しく過ごしたらいかが、ってことで、ちょっと紹介、
わたしは、五線譜音楽好かんでもないけれど、そこまでの気にはなれん、
天蓋かぶった虚無僧がやってきたりしたら、安眠中の楽聖らが”お化けが出た!!”って、ビックリ飛び起きたりするかもだし…

ここまでは採れたゾ!!!(午後0時10分)
足踏みで拍子取りならが吹いたのだ、”ぺったんぺったん”の音が入ってしまった、

| | コメント (1)
|

2014年10月15日 (水)

秋ですなぁ~~ (含む・アメジジングの吹き直し)

毎朝ナンゾ・オモロイことないかいな???
と、ニュース検索するのですが…
今朝、波平受信機にヒットしたのは2件、
A) 韓国の現代自動車(ヒュンダイ)がソウルの1等地にサムスンと競り合い、本社用地ように1兆700億円で購入、
B) なぜ時代劇は凋落するのか、

A)ですが、
昨年だったかな、東京築地市場で正月用の大間マグロが巨額で落札されたことを思い出した、確か1億円をだいぶ超えていたですよね、でも、これは、落札した店にとって、すばらしい広告になったと思う、“元を取った”のではないかな、
ヒュンダイは、サムスンと競り合い、“サムソンに競り勝つ”ことに、価値を観ていたのだと思うが、
いっちゃぁ悪いが、どうかと思うなぁ~、
評価額の3倍だったらしい、落札が報じられて、株価がガタッと落ちたなったようですな、
本社家屋建設工事が始まったら、またまた株価downだな、
うぬ!!
ドデカイの建ててテナント業に専念カナ??
いっそのこと、超ドデカイ超高層の駐車専用ビルにしたらどうか、皆があんぐり大口開けて空を仰ぐだろう、

B)ですが、
NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」の視聴率は15・6㌫ほどらしい、
コレ、“低い”のか“まぁまぁ”なのか、わたしとしては、“へぇ~そんなに高いの!!”ですわ、
チャンネル合わせたら、いつも“ガナリ声”が飛び出してくるやないですか、
で、即、チャンネル・カットです、
ガァガァ大声でわめき散らすばかりのドラマなんぞ観たくもない、

時代劇もイロイロだ、
① やたら剣術の強い侍が出てきて、悪役をバッサバッサ切り殺す
② 日吉丸→秀吉などの、立身出世
③ 幕末維新がらみ
④ 赤穂浪士
⑤ 十人の侍
もう他には無いのかな???
ホンモノ(?)時代劇が観たいですなぁ~、
「なぜ時代劇は滅びるのか」(新潮新書)が発刊されたそうな、さっそく図書館へ借り出し注文しておこう、

柿が色づいてきて、居付きのカラスが我が家の柿の木を狙っとるのです、渋柿ですがね、熟してくるとメッチャ美味しいのです、が、カラスに先に食われてしまう、
で、昨日は、未だ熟し切らない寸前の実を採り込みました、少しはそのままカラスの取り分に残してあるよ、
実に大粒の実でしてね、コレですわ、
Pa150056_2

どれもヘタが残してあるでしょう、このヘタ部分を縄のネジレに突っ込み引っ掛けて軒下に釣るし→干し柿にします、
が、少し早めに採り込みましたのでね、こうして笊に入れて、日向に置いています、
で、シッカリ色付いてきたら、皮を剥いて、上述の要領で軒下に釣るし干すのです、
ホ~~ラ・メッチャ美味しい干し柿になりますぜ!!!

秋ですなぁ~~、


一昨日アップした「アメイジング・グレイス」がどうにも気に入らないので吹きなおしました、

| | コメント (2)
|

2014年10月14日 (火)

聴くと勘が狂ってしまうかもですよ

昨日当ブログにアップの“伽耶院野外ライブ・プログラム”の続きです、
昨日の残り部分を、細かく千切りながらのアップです、吹くのは一気にですが、千切りながら収録しました、
記録の意味でのアップです、

反省です、
やはり、音程が不安定です、テンポも早くなったり遅すぎたり…
気分吹きとでも言っておきましょう、

お聴きいただくのは構いませんが、まじめに聴くと勘が狂ってしまうかもですよ、
ワシャ責任とれんですぜ、

「月の沙漠」「七つの子」

「ないしょの話」「通りゃんせ」

「叱られて」

「里の秋」「赤とんぼ」

「みかんの花咲く丘」

「アニーローリー」「オーバーザレインボー」

「夜空のトランペット」

「アメイジング・グレイス」

| | コメント (1)
|

夢と現実

<鮮明に覚えている間に書きだしておこう>

友人らと細い道を上っていた、石段があったり滑りやすい地道だったりしたし、柵が幾つも行く手を阻んでいて、スキマを見つけてくぐったり、よじりあがって跨ぎ越したりした、
とにかく一刻も早く駅舎へ着きたかった、

どうやら駅舎へ行けけるかもの横道を見つけ急ぎ行くと改札があった、
どこまで行きたいと伝えた覚えはない、
が、切符代は17円だと駅員は言う、
いまどきこんなに安い電車賃なんぞあったんかいな、と、ビックリでポケットを探ったらナニやカヤ出てきて、たまたま十円硬貨もあった、1円玉は無かったがなんとか切符を買った、

プラットホームへ行くに、これがまた難儀だった、
ようやくプラットホームが見えてきたが、ちょうど電車が発車し始めたときだった、
が、大丈夫、反対車線の電車だった、下り線の電車に乗りたかった、

下り線へ行くに道がわからん、
で、上り線のホームから車線へ降りて線路をまたぎ下り線のホームを目指したが、何本もの複数車線があって、電車や汽車やとにかくアンチックな列車が轟々と走っていて、そこを横断し下り線へ着いたのだった、
1両だけの古びた電車が駅に付いた、あわてて乗り込んだが、わたしが乗ると扉が閉まった、友人が扉をこじ開けて乗り込んだらまた扉が閉まる、もう一人の友人があわててまたまた扉をこじ開けて乗り込んだ、が、この友人は荷物を駅のベンチに残し置いて乗り込んでしまった、

…記憶を頼りに、とにかく忘れぬ間に書きだしとこうと、あとさき構わずパソコン・キーを打っっているが、なんでこんなに鮮明に夢のなかのことを覚えているのだろう…

電車に乗ると、運転手が振り返り、どこまで行くのかを問うてきた、
「須磨浦公園まで」と答えた、なぜかわからんが、そこへ行かねばならんような気がしてならんかった、
「あそこまでは五十年掛かる…」と、運転手、
乗ったのは下り電車だ、50年若返るならオモロイかも、と、思った、
50年若返ってシッカリ音楽の勉強がしたかった、

着いて、若返って、勉強したようには思えない、
…トイレに行きたくなり、ココで不用意に目覚めてしもうた、
残念だ、
夢から覚めるまえに、勉強したことを忘れぬようワクチンでも打ってもらっておけば、ひょっとしたら、(音楽の)勉強した成果が忘れず持ち帰れたかもと思う、残念でならん、

アッ!!!
もう一つ、オモロイ途中経過がある、
ようやくたどり着いた下り線のホームで、友人とわたしの3名は弁当を食べたのだった、
どこで買ったのか全然記憶ないが、とてつもなく大きな弁当箱だった、フタを開けるとオカズがナァ~ンもなかった、ご飯だけだった、数口ご飯を食べたらもう無かった、ご飯の陰になっとってわからんかったが、弁当箱にはドデカイ赤玉ねぎがそのままマルッポはいっていた、幾つも幾つも…
これは土産になるな、と、持参の袋を大きく開けてそのドデカイ赤玉ねぎを入れた、と、友人が、俺のもお前にやろうと言う、で、コレも、もらって袋に入れた、
が、目覚めて探すが、この赤玉ねぎを入れた袋も、夢の世界から持ち帰るのを忘れたようだ、
残念、

<以下は、正気になっての話になる>

今、午前5時前だが、台風はわが家からはだいぶ遠ざかったようだ、
シーンと静まった秋の夜明け前、虫の音がかまびすしい、
台風が過ぎて、落ち着いた朝を迎える、

未だ、台風の猛威の中で難儀を極めている土地のみなさまには申し訳ないが、
次の想いが湧き起こるのを押さえ得ない、

我が国は、この大自然の猛威が時折襲い掛かるからこそ、平和なのかも…と、

国が乱れると、時の政府は、国民の関心を外へ向けさせるべく、隣国敵視の方向へ国民を誘導したりする、
が、が、我が国は、大自然が襲い掛かるがゆえに、
国民はごく自然に大自然被害地復興に大活躍の自衛隊をありがたく思い、自衛隊の拡充を良しと思ったりする、
政府は、国民の政権批判の目を、ごくごく自然に、大自然の猛威の方向へ向けさせて、結果、政権安定だ、
ただひとつ原発ダウンは、ややこしいことになっとるけれど…

とにかく、我が国にとって、
ときおりの大自然の猛威に身をさらすのは、あんがいエエことみたいだな、と、


| | コメント (0)
|

2014年10月13日 (月)

こんな感じ

伽耶院・「モミジ祭り」野外ライブ・プログラムの素吹きです、メドレーでキッチリ吹くと丁度1時間のプログラム、
ココにアップのは、各曲1番だけのメドレー、一気吹きです、

ダメだ、アップでけん、
容量が49.8MBあった、

ファイルが大きすぎて、ケチョン、ケチョンにちょん切らないとアップでけん、
で、ファイル分割の試みたが、めんどくさくなってしもうた、
なにせ朝から吹いとるからなぁ~、疲れてしもうた、
でも前半部分だけだけれど、アップしてみてみようか…
こんな感じですわ、

「月の沙漠」以降は吹きなおすことにして、14日午前8時いったん削除しました、

| | コメント (6)
|

野外ライブ準備中

かみさんだが、
「おたくのご主人は毎日“すること”があって、よろしいですわねぇ~~」
って、たびたび言われるそうだ、

ナンボ、仏間を閉め切って吹いていても、尺八音が通りまで漏れ出る、
わが家の前は、老人らの散歩コースになっとるからなぁ~、

わが家前の通りは、かろうじて車が2台通れるが双方走りながらはヤバイ、
その狭い路を隔てて我が家の畑、老後生活用に大決心で買ったのだった、
かみさんは、しょっちゅう畑に出てナニやカヤしとる、
で、路を通る人が、上述のような言葉を投げかける、
かみさんは慌てて家に戻り、
「音が漏れていますよ!!!」って、わたしに注意する、

最近、カラオケをバックに尺八を吹く稽古をしている、で、カラオケを鳴らす分、以前より漏れ音が大きい、
同じ個所を、幾度も幾度も繰り返すから、かみさんの耳がタコになった、
彼女は無意識で、その部分を鼻歌したりの症状(?)が出て苦しんどる、
鼻歌しながら…
「ナンの歌なの、コレ???」と、かみさん、
「三橋美智也の○○やないか」と、わたし、

腰椎圧迫骨折で、9月・10月は、“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア)は休憩だ、
が、11月からは再開のつもり、

また11月は、地元天台寺院・伽耶院の「モミジ祭り」がある、15(土)から~24(月)の間、
この期間中、わたし、同寺院境内で尺八ライブをやろうと思っとる、

最近桜ヶ丘のY爺さんと懇意になった、
民謡をウナルのが大好き爺さんで、他の歌もけっこうお上手だ、
で、今年の伽耶院野外ライブは、このY爺さんといっしょにやるつもりだ、
カラオケは使わないで、わたしが尺八を吹き、Y爺さんが大声で歌う、の、アカペラモドキ方式とする、
ターゲットは、寺院来訪の“モミジ刈り”客らだ、

期間中は寺院内にけっこう多くの屋台(三木市商工会議所・食の会の面々)が出る、
屋店が並ぶ前の芝生に、野外イベント用の大笠を用意してもらい、ここを舞台にしようと思う、
既に、打ち合わせは済ませてある、

いつもの“今虚無僧”活動は室内でのことだが、このたびは野外だ、
で、歌詞を映し出すプロジェクターや簡易スクリーンが使えない、
で、で、歌詞を用紙に書きだし、これを、みなさんへ配布しようと思う、
Y爺さんが、唄いながら、配布する段取りだ、

「kayainnraibu.pdf」をダウンロード


昨日作ったばかりで未調整(検討中)の段階、
今日は、ゲネプロつもりで試し吹いてみようと思っとる、
我が家玄関前の細道だが…
常の日なら、漏れ音聴きの方々で交通渋滞し、例の交通整理のお巡りさんが駆けつけて…
…なんで、わしゃ、すぐにこんな大仰なこと想うのだろう???
今日は、デェ~ジョウブ、台風19号来襲の日、散歩客らも運休だろう、

あぁ~
最後に<余興>とある民謡と洋物曲だが、
みなさん方と一緒に唄うのは無理、わたしとY爺さんとのデユエットになる、


<追記午前11時>
三木市は気性(気象)穏やかな性分らしい、妙に静かですぜ、雨も今は降っとらん、
さて、
ファイルアップしたプログラムを試し吹きました、
連続吹生き続けで(民謡の部分を別にして)1時間のプログラムのつもりだった、
スゴイですなぁ~、ドンぴしゃり1時間です、1分と狂っとらん、
馴れってのはバカにならんよなぁ~、


| | コメント (0)
|

2014年10月12日 (日)

アサギマダラ来着!!!

本日、アサギマダラのツガイが、我が家の畑のフジバカマに来着しました、
感動だ、感動だ!!!

Pa120054_6


ナヌ!!!
なんで感動するの、って、ですか、
リンクしておきますから、なんで感動するのか確かめくださいな、
実にスゴイ蝶なのです、

我が家の畑のフジバカマは、この蝶のために植えているのです、

アサギマダラ
フジバカマ

| | コメント (2)
|

8:2

毎年10月の第2月曜日は、※伽耶院(三木市志染町大谷)で恒例の「採燈大護摩」営まれることになっとるのです、
コレ明日13日のことだよ、台風19号の影響が心配です、
明日は朝からずっと雨模様かも、
催しは午後からが本場だけれど、ダンダン本降りになったりしたらどないしょ!!!
三木市内の気象予測

わたしは、見物に行くだけだから雨が降ってきたら逃げ帰りますが、催しはナニセ山伏さんらの修行の場でもあるから、少々の天候悪化なんぞ平気の平気、山伏さんは小雨くらいで音を上げたりしないのだ、
ご苦労さんですなぁ~、やせ我慢だろうけれど…
わたしは、雨支度して、(圧迫骨折した腰椎まわりに)大仰にコルセット巻き付けて、杖ついて…
知り合いのお方が山伏さんに化けて(?)参加なさっとるのですわ、半分隠居の産婦人科Dr、ホラ貝先生です、
上手に吹かれますよ、

昨日、わたし、(来月の当寺院境内での)“モミジ祭り”のことで、庫裡(クリ・住職ご一家の居住場所)を訪ねましたが、住職さんと大黒さん(住職さんの奥様のことをこうお呼びします)が、大護摩法会の準備にてんてこ舞いなさっとった、
「山伏さんらがぎょうさんでお経ウナルのだから、きっとご利益があるでしょうよ、ホトケさんも皆さんらのホラ貝は聴かないわけにはいかんと思うな」って、お話ししたら、大黒さんが
「わたしもそう思います、キット大丈夫です!!!」
って、ニコニコなさっとった、
さすがですなぁ~、大寺院の大黒様ともなれば、肝っ玉が座っとる、余裕しゃくしゃく、

“モミジ祭り”は、11月15日(土)から~同24日(月)の間、
境内に屋台などが出るのです、
近隣の方々がぎょうさんモミジ見物にやってこられる、
屋台は、三木市商工会議所・食の会の方々だ、
わたしは、この屋台が立ち並ぶ前の芝生で尺八の野外ライブをやるつもりです、
コレやり始めてもう何年にもなる、で、今年もやろうと思い、その打ち合わせに出かけたのだった、
尺八ライブは、付録みたいな位置づけです、他に和太鼓団体がでたり、地元高校生らによるお茶会があったり、骨董市があったり、ハープの演奏や、本格的声楽音楽があったりする、
が、本番出し物は、それぞれ日が決まっとるし短時間だ、
で、わたしは、期間中ヅル~~~と、エエ天気の時、自分勝手に他の出し物の隙間をぬって、遠慮がちに(ホンマかいな??)童謡唱歌を吹こうかと思っとる、
尺八仲間や、地区の唄大好きジイチャンにも、二三…
「いっしょにやろうや!!」って、声掛けしていましてね、
「オモロソウや!!!」って、ことになっとる、
もちろん、主催側(三木市商工会議・伽耶院)の許可・応援は得てあります、


昨日で、“今虚無僧”関係先各所へ、先のドタキャンのお詫びと、来月(11月)から再開のことを、ほぼ連絡しおえました、
今まで気が付かんかったけれど、高齢者の腰椎圧迫骨折って意外と多いですな、
ホラ、年寄りがトボトボと交差点を歩くじゃないですか、
“もっと早う歩け!!!”って思うのに、やけにトボトボと歩いたりしていますよね、
腰椎圧迫骨折のジジイだと思うなぁ~、
中風ズズイかな???
8:2、くらいのような気がする、

※伽耶院 

| | コメント (0)
|

2014年10月11日 (土)

採譜の稽古「おさげと花と地蔵さんと」

真っ白の状態から、カラオケ聴いて尺八譜を採取・起こす稽古をしているわけだけれど、
この過程で、カラオケと吹き合わせる自分の尺八の調律レベルが、ヤッパ少し調律不完全だと分かってきた、
と、コレが気になって、カラオケ聴いても、音がコレダ!!!って、確信もっては採れなくなってしもうた、

調律不完全と言っても、竹自体は調律デケとるはずだ、
竹友・栗栖如堂氏作の秀逸なる1管だ、律に狂いなんぞあるはずない!!!
が、わたしの“吹きクセ”が律を狂わす、コレが原因だと思う、
が、が、ナニがどうであれ、「チ」の音が20セント弱は高いような気がしてならん、

と、こんななかで、三橋美智也の「おさげと花と地蔵さんと」を採ってみた、
2日ほどで採れた、
だいぶスピードアップして採れるようになった、

三橋美智也の生カラオケを音律調整ソフトで4律下げ、上述の少し「チ」高の1尺八寸んで吹き合わせて採った、
で、本来なら採ったのを、今一度元に戻して(逆に同上ソフトで4利下げて)アップすべきだが、そうすると全体の音が変になってしまう、
で、で、採ったとき、そのままのアップにした、

例によって、吹奏の上手下手には耳をふさいで出来具合を点検してほしい、


<ご参考までに1番だけ歌詞を>

指をまるめて のぞいたら
黙ってみんな 泣いていた
日昏(ひぐ)れの空の その向こう
さようなら
呼べば遠くで さようなら
おさげと 花と 地蔵さんと

| | コメント (0)
|

ニュース

http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fnews.bbc.co.uk%2F2%2Fhi%2Fsouth_asia%2F7834402.stm
マララ・ユサフザイが11歳の時に書いたブログだそうです、ウイキペディアのサイトに紹介されていたので閲覧してみました、翻訳ソフトでロン!!ですわ、
マララ・ユサフザイがノーベル平和賞をとられたのはもうご存知ですよね、

11歳でこの知力、すごいですネ、
今は17歳だそうな、写真で見ると実に知的な面立ちの女性だ、
現代社会の救世主のような気がする、

我が国の某小説家が平和賞を獲得するかものウワさが年々強まってきて、ひょっとしたらの気持ちがあった、
が、彼女には敵わんですなぁ~、
あぁ、わたし、村上さんの小説は何冊か読んではみましたが、どうも好かんです、氏の小説は賢い賢い読者向きだと思う、わたしにはあまりおもろくない、読み進む間にバカにされとるような気がしたりするからなぁ~、

あぁ~
マララさん平和賞受賞のニュースは、今朝の日経新聞紙上で見つけました、

と、
同紙朝刊にトヨタ自動車が新型プレジャーボート・ポーナム31発売したの記事が載っとった、
コレですわ、

かっこええ艇ですなぁ~~~
ほしいですなぁ~~~~
2970万円だとか、
コレにアレコレ装備を満載追加すると4千万円ほどになるのだと思いますよ、
日本には、こんなのを気軽に購入するお方がぎょうさん居られる、
うらやましいですなぁ~、
わたし、この艇がメッチャ欲しい、
この艇なら、腰砕け隠居の腰椎でも沖へ出られる、
4千万円ですけれど…
ほんの少し引いてくれたら、わたし、即金で購入しますよ、
“4千万円”から、“万”の字を1字引き去ってくれたら…たったそれだけで、即金、即金!!!

| | コメント (0)
|

2014年10月10日 (金)

次の挑戦、と、こころ(心)

耳コピーは、やればデケル、が、何日も掛かる、
「十三の夜」「哀愁波止場」を耳コピーしたが、めっちゃシンドかった、
で、もう止めといた方がエエ…

が、難儀なことに、「おさげと花と地蔵さん」を採ってみたくなってしもうた、
三橋美智也の曲ですわ、何日掛かりますかねぇ~~~、
この曲の五線譜、市販譜面本にも掲載が無いのでは…
耳コピーでしか採れない曲かも…
コレですわ、


さて、魚釣りのこと…
来週半ばまでは、たとえ腰がダウンしてなくても、沖へ出るのは無理でしょう、
絶好の釣り日和だったら、気持ちが騒いで落ち着かない、
が、ダメ時化の天気だと、落ち着いて尺八が吹ける、小説だって読める、

タコ釣りの最盛期はもう過ぎているけれど、デンデン釣れないわけではない、釣り方によっては釣れる、
ユリタロウが、今、超高性能なタコ釣り仕掛けを開発中だ、ガシラ釣り仕掛けも…

“釣りキチ”は、釣り場を離れているときが本領発揮の場で、実際の魚釣りは案外下手なのだ、
総じてバカなのに、自分は魚魚らより賢いと思っとる、

物事を考えたり哲学したり、は、脳ミソでするのだ、と、ダレが決めましたか???
脳ミソなんぞ、からだのどこにもないのに、けっこう賢いものらはぎょうさん居る、
ナマコなんぞとても賢いと思いますよ、
柿の木や、カボチャの蔓や、ダイコンなど等の植物なんぞに脳ミソってありましたか???
彼らはナァ~ンも考えていませんか???
そんなこたぁ~ない、農家のみなさんや、植木職人の方々らは、彼らの想いを推し量り、機嫌を取りつつ、彼らの考えに負けましとして知恵をしぼったりするのでしょう???
ましてや、魚魚らは、海中を自在に動き回るハシコイ動物だ、我々には無いウロコだってある、ウロコの1枚1枚はひょっとしたら脳味噌より数燈倍も感度がエエ臓器かも…彼らがバカ丸出しの釣りキチより余程賢いとしてもなんら不思議ではない、

魚釣り仕掛けの考案は、釣りキチの特権、
仕掛け考案中は、心ココに在らず、すでに水辺に在る、
心は既に艇に乗って沖を走っており、その心の魚探には魚群反応が映り出ていて、竿を握る手には魚信が伝わっとる、
眼は、夢みる目付きなっとって、耳も、口も、全身が現世とは別の世界、脱泡ドラッグも真っ青の世界、

台風来襲で、体調養生中のわたしとしては、他の釣りキチらがわたしの分まで釣り荒らすかもの心配がない分、気持ちは平らたく平穏ですわ、
が、が、わたしも“釣りキチ”のひとり、心は勝手に魚釣りのことを想ってしまう、

電動リール用の、バッテリーを更新購入しようと思っとる、次回、釣り具屋から安売り特売日の案内が来たら本気で考えるつもりだ、
体調はだいぶ戻ってきた、来月からはフグ釣りにも挑戦したい、
フグ釣り特攻餌の川津エビの買いだめが必要…このエビは今10月が最盛期(漁期)、
自室に釣り竿を立て並べている、
“釣りキチ”の心がウズク!!!


| | コメント (2)
|

2014年10月 9日 (木)

ご慈悲ですからお許しを

韓国ソウル中央地検が産経新聞の前ソウル支局長を在宅起訴したと報じられている、
この際、モトになった両方の記事を読み確かめたい,
が、探しても、出てこないですわ…
が、が、探しまくったら出てきたゾ!!!
で、両方読んでみたけれど、ナァ~ンだ、つまらん、

昨夕の皆既月食コレはオモロかった、かみさんと二人ポケエ~と眺めとった、

今週末~連休は、台風19号ですな、
今朝現在の台風19号は中心気圧900Hpで瞬間風速85メートルだそうな、時速にすると、
85×60秒×60分=306000メートル、
時速306キロ、セスナ機よりだいぶ速い、
まっすく日本列島見据えて北上中、
ヤバイ!!!

図書館から借り出した民謡尺八集2冊ですが…
掲載曲をデンブ頭の中へ覚え込もうとしたけれど(ウソだぁ~)
デケンかった(あったりまえだ!!!)
で、スキャナァ~で読んで、ノート・パソに覚えさせようと思っとる、これからその作業にかかる、
コレッテ著作権侵害になるのかな???
「本」を本屋から買って、それを書棚に置いておくなら、お金出して買うのだから著作権料は支払った計算になっとるのだよね、
が、タダで公営図書館から借り出し、それを、全部マル覚えするに代えて、とりあえず自分のノート・パソ、に、スキャン収納したら…
犯罪だ!!逮捕だ“”
…てんで、ドコゾの中央検察庁から睨まれ、在宅起訴され、事情聴取されたりして…
「お前は、あの大事故の際、7時間も行く方くらましてドコに行っとった!!!」
じゃないよ、…そういうことだったらしい、と、いう話を報じた新聞があるって話を、サイトに書いたら在宅起訴されたってことらしいな、
ヤバイ世の中だ、
うかうかスキャナ―読みしたりしたら、命取りになるかも…
が、しかし、わしゃ頭が弱いから、とりあえずはハソコンに覚え込ませるしかない、

あぁ~神様、お許しを!!!
あとでスキャン画面を観て、楽しみ吹くだけです、どうか、ご慈悲ですからお許しを…、

誰か、どこかの年寄りらに聴かせたくなって、出かけて、吹いたりするかもだけれど、どうかお目こぼしを…


| | コメント (2)
|

2014年10月 8日 (水)

「哀愁波止場」ー最終版ー

「哀愁波止場」だが、もう関わるのは止めようと思うのだが、脳ミソの中で、ずっと鳴り続けていて、納まりがつかん、
で、またまた、ユーチューブ音源を聴き直し、採取した尺八譜と照合しなおした、

 唄い出しの音を思い切って半律下げてみました
 唄に入って3小節目の納めのところは、よく聴きなおすと、音の採り漏れがあり、修正しました、
 同じく唄に入って7小節目、歌詞で言うと「泣ァくばぁかり~」のコブシ回しにヤッパ音の採り外しがあるように思われ、この小節内2か所を修正したら納まりが良くなりました、

これで、ユーチューブ音源と吹き合わせると、なんとか治まったように思います、
が、ここからが問題です、

出だしの音は、当初“この音だ”と、採った音から、このたび半律落としたのです、
五線譜ではキット、この半律落とした音が記されていると思いますが、
が、彼女は、どちらかというと半律高め近く、まで律を上げて歌っている、
総じて言えることですが、
彼女は、歌詞の内容に添って、かすかに音律を高めに唄ったり低めに唄ったりなさっておられる、これは、わたしのような素人採譜子からはきわめて難儀なことになります、
唄い出しの声がそれです、かすかに律を高めに唄われている、
出だしから4小節目・歌詞で言うと「誰ァれもい~ない~~~」の最後の「…い~~~」も同様です、

この歌には連譜がとても多い、連譜部分ですがダラリと彼女は唄わない、連譜の中から肝要な音を抽出し、そこを非常に丁寧に唄っとられる、コレもまた、素人採譜子には迷いの元になる、

修正しカラオケと吹き合わせて、これで満足できたわけじゃない、依然として、たとえば唄い出しの音は半律高くあるべきかもの不安がある、
わたしは、半律落とした譜だとしたうえで、吹き合わせる当たって、ここはカリ吹き(高め)に吹いた、

彼女のバックの楽団は、彼女の声にピッタシのピッチの音を出すべく、楽器調整が大変だったのではないだろうか、
とにかく、わたしの地無し尺八では、彼女の唄声を掴み切ることは不可能だというしかない、

軽ァるい気持ちで、食らいついた曲だった、
こんなに、シンドイ想いをすることになろうとは思っていなかった、

が、おかげで、なんとなくスキルアップにつながったような気がする、

「哀愁波止場」

夜の波止場にゃ 誰ァれもいない
霧にブイの灯 泣くばかり
おどま盆ぎり盆ぎり
盆からさきゃ おらんと…
あの人の好きな歌
波がつぶやく淋しさよ

| | コメント (2)
|

ハラール

今朝早く、なにげにテレビを観ていたらイスラム教社会の食の禁忌・ハラールの話をしていた、
イスラム教の世界ではアルコールが禁止されていて、食事の調理の際にもアルコールの使用はデッタイ禁止なのだとか、
が、研究者が居て、アルコールを使わないのにアルコールを使ったと同じような味を出す味噌(ミソ)を開発したそうな、
イスラム圏にコレが広く受け入れられたら、スッゴイ商売になるだろうとか…

タコ(蛸)ですが、キリスト教やユダヤ教などでは悪魔の魚って言うそうですね、
デッタイ食べたりしない、
海の動物でウロコの無いのはけがらわしいとされるらしい、
イカもウロコがない、イルカやクジラもウロコがない、エビやカニも甲羅はあるがウロコじゃない、

ヒンズー教にも食の禁忌はいろいろある、

日本の一般的な食習慣の中にもイロイロありますよね、

猫や犬は食べませんなぁ~、きもちが悪い、
わたし、以前、焼き鳥屋でスズメの丸焼き出されて…毛をむしられたスズメが頭・くちばしもそのままでタレ漬けて丸焼きにされとった、
「頭が美味いから食ってみろ!!」
で、食ったがどうにもこうにも喉を通らなかった、
コレ以来、焼き鳥店へはデッタイ入らないですわ、

メダカなんぞはごく簡単に養殖デケル、が、コレ食わんですな、
わしゃ、メダカだと判ったら、もしメダカの佃煮なんぞ出されても箸が出ないと思う、

食アレルギーに難儀のお方が多いですな、
わが家にやってくる檀家寺の住職さんはイノシシやシカ肉が好物らしい、
真言宗の大きなお寺ですぜ、とんでもない坊さんですな、
仏教は獣の肉なんぞ食ったらバチガ当たるのとちゃうか、
寺の檀家に鉄砲撃ちが居られて、その季節になると、イノシシやシカの肉が届けられるそうな、

住職の下に何人か小坊主さん(子供じゃないよ、大人の坊さん)が居られて、常は我が家へはこの小坊主さんがやって来られるが、この小坊主さん極めてキツイ食アレルギーのお方だ、時に法事の席でお膳の席に座ることがあってこれが難儀なことらしい、

見かけによらず勉強家でいらしゃる、先日彼岸法会で来宅され、きわめて極めて短いハショッタお経をうなられた、ホンノ3分ほどのお経ですわ、挨拶と、読経と、お叱りの言葉は、短いほどありがたいですな、
で、後は茶を飲みながら雑談だ、
コレがオモロイ、話題を投げかけたら、とうとうと神戸市・長田区のアノ小学生殺害事件について自分の思いを話された、
変な話じゃないですぜ、もう完全な仏教的な法話になっとった、
ご自分の話が法話になっとるなんて思ってはおらなかったのじゃないかな、ごく自然に思うがママにお話になったが、わたし、話のお相手していて気持ちがフワ~と温かくなった、

アレレ話がどこかでカーブしてしまったですね、
ナニを話ししていたのだったかな???

わたし、ナァ~ンも食アレルギーはありません、
特にアルコールが大好きであります!!!
タコ???
コレは苦手だ、向き合って勝負したら、こちらの腰がヘタッテしもうた、

| | コメント (0)
|

2014年10月 7日 (火)

ワシャ・ダメだ!!!!

美空ひばりの「哀愁波止場」の尺八吹きはもうアキラメます、
どうしても、彼女の唄声に合わせて吹きこなすことがデケン、
今日も、しつこく挑戦してみたがダメですわ、
最後に、尺八だけで素吹きしてみましたが、疲れがそのまま出てしもうた、
あぁ~ワシャ・ダメだ!!!!

2尺チョイ長の地無し延べ虚無僧竹で吹く「哀愁波止場」です、
譜採りは間違っとらんと思うのだが、なんでか、ピッタシにならん、
ひょっとして、出だしの音から狂っていますか???
コレですが……

| | コメント (0)
|

そのうち、なんとか

以下は、尺八の話です、少し専門的になりますが…

常用竹・1尺8寸の「レ」が少し低いので、第2孔(音孔)を少しイジッテみようかと思った、

が、その前にチューナーでシッカリ確かめおこうと、パソのチューナー・ソフトで計ってみた、

吹きクセによって音程が意識せぬまま不用意に上下していることがあるので、時々チューナーで音律の点検をした方がエエのですよね、
が、無精して、コレ、久しく試みていませんでした、以前はたびたびやっとったのに…

で、またまたビックリです、
いつの間にか、わたしは、メリ吹きになっとった、
尺八を構える際、管尻を向こう側へ突き出すような感じで今は吹いています、
が、以前は、管尻をもっと下げて吹いとったのだった、
尺八をほぼ水平近くまで揚げて吹くと、どうしてもメリ吹き角度になります、
ピッチは442だと思っとった、
が、今の角度では440だった、

と、もうひとつ、
「レ」は低くなかった、「チ」がなんと20セントほども高かった、
ほぼ調律デケタ竹だとはいえ、地無しの虚無僧竹です、もともとかすかに「チ」の律は高かったのだ、
地無しの虚無僧竹は、ほぼ例外なく「チ」が高いのです、

早まって第2孔をイジルところだった、ヤバかったなぁ~~~、


都山流の“尺八民謡譜”集が上・中・下、と、市販本で発行されている、
上・下の2冊を図書館から借り出し得た、
なぜか、“中”を所蔵する図書館が見つからない、で、再度検索中だ、“中”巻には「阿波踊り」も収録してあるらしい、
借り出した民謡譜面本をめくりながら、民謡もぎょうさんあるなぁ~~、と、今更ながら、己の知識不足に呆れている、
いささか遅きに失したきらいはあるが、片端から吹きまくってみようと思っとる、もちろん河童爺渡来の譜も…

吹きまくっていたら…
そのうち、ナァ~~ルダァロォ~~オ~~~~♪♪♪notenotenote


| | コメント (5)
|

古“青”はヤバイ

突然の腰椎圧迫骨折で、先月は、約束していたすべての“今虚無僧”をドタキャンだった、
で、今月ですが、再開は、やはり無理、

再開は、来月(十一月)からにしたいと思います、

実は、もう年だなぁ~て弱気になってしもうて、これを機会に、ボラン活動から撤退しようかと思っとった、

自分に、これから先ナニがデケルか???
年金飯食って、寝て過ごすことだけか????

腰椎圧迫骨折の劇痛のなか、2週間近くも静かに天井向いて寝ていたが…
が、この時でも、ワシャ、天井向いて尺八を構え、民謡尺八の稽古をしていた、

そうかぁ~、未だ、自分には気力が残っとる!!!

昨日、掛かりつけ医の元へ、2週ごとの受診に出かけたのだが、診察室に研修医が1名同席しとった、
“※北播磨総合医療センター”の研修生が地域医療の実地研修に来とった、
わたし、彼・研修生に質問、
「北播磨には緩和病棟がありましたね、わたし、お役に立てないかと思っとるのですよ…」と、
とうとう、口に出して言うてしもうた!!!

“今虚無僧”活動を始めた最初から、ターミナルケァに参加が念頭にあった、
が、落ちこぼれサラリーマンのなれの果てのわたしには、おこがましいことだ、
が、が、自分の老後の遊び目的だけで(福祉)ボランティアの真似ごとをしてよいものだろうか???
真似ごとではなく、本物でありたい!!!
(播磨総合医療センターの3階は“ガンなどによる緩和病棟”になっとる)

と、もうひとつ、
“地区自治会(老人会)の各種催”から“今虚無僧”出動要請が受け得るように頑張りたい、
アチコチの地区自治会から「波平出て来い!!」って言うてほしい、

が、が…
未だ、腰をかがめて立ったり座ったりするのが辛いのです、
腰に負担がかかるような体勢はヤバイ、重たい物を持つなどはダメ、
ゆっくりゆっくりなら歩ける、遠距離はダメ、
横断歩道の信号機、“青”が新しいか古いかが大問題、
新鮮“青”で道路横断、古“青”はヤバイ、

古いのは、なんでも使い物(者)にならん!!!

※北播磨総合医療センター

| | コメント (0)
|

2014年10月 6日 (月)

<前稿の続きです、尺八の話>


とか言いつつ…

昨日自分では一応仕上げたつもりの「哀愁波止場」の試し吹きしましたらね、
またまた、重大な誤りが発見デケました、

採譜の際に合わせ吹いて音確認に使ったのは2尺延べ竹でした、もちろん地無し竹です、
が、この竹は2尺よりチョイ長いんですよね、
簡単に言えば調律出来ていない不調律な竹ですわ、
どちらかといえば2尺1寸寄りの音律竹です、
このことを心得たつもりで採譜の伝手にコレ使って採譜したのでしたが、音、取りに、難儀を極めたのは、コレが最大の原因だったかもですわ、

結果、採った尺八譜を2尺管でカラオケ音源と合わせると、なんか変、
律が妙にアンバランスな譜になっとる、

わたしの持っとる尺八のなかでは1尺8寸(これも地無し竹)が最も調律デケとるに近い竹だ、
で、カラオケ音源を2律あげたり3律あげたりして、この1尺8寸で合わせますとね、高すぎる譜採り部分や、低すぎる譜採り部分が見つかりました、
おおむねカラオケ音源を2律アップ再生し、この1尺8寸で合わせるとまぁまぁのところまで、今一度譜を書き替えました、

が、ここからが、またまた別の発見です、
何度も言いますが、この1尺8寸も厳格に言うと正律菅じゃない、カラオケ音源と合わせると変な感じだ、
で、カラオケ音源を“2律と18セントアップ”して再生し、コレに合わせるとなんとかなりそうだってわかった、

が、わたし、思います、
わたしの1尺8寸はこんなに律は狂っておらん、コレ、自信がある、442ピッチの管だ、
ひょっとしたら、カラオケ音源の方が、ピッチ440かそれよりチョイ下にしとるのとちゃうかと思う、

ともう1点、わたしの1尺八寸は、「レ」がチョイ低いと思われる、
自分で少しだけ、音孔第2孔をさわってみようかと思う、

| | コメント (0)
|

沖を想う

艇は兵庫県の高砂フィシャリーナにもやっているが、管理は、釣り弟子のユリタロウにゆだねている、
彼、昨日、18号台風に備えて、係留モヤイの点検に出かけてくれたようだ、

播磨灘は、今、ハマチ・メジロのシーズン、もう10日もしたら、ブリが釣れはじめるかも…、
ブリ釣りの特攻餌・コノシロの群れが魚探に少し顕れるようになったらしい、
が、この傷めた腰では、ブリ釣りはダメでしょうよ、今年のブリ釣りはあきらめます、

今月末から11月、そして12月半ばまではフグ釣りシーズン、
播磨灘の天然礁・鹿ノ瀬の海苔網ブイに艇をモヤイつけて釣ります、電動リールを使用します、
静かな釣りです、ゴッツイおもろい!!!
これには出たいです、

が、この腰だ、単独釣行は無理、
この海域は潮の流れがけっこう速く、常に小波が立っとるのです、
ここで海苔網ブイに艇をモヤイつける作業は、この腰で単身では不可能、
艇を海苔網ブイへ向けて、潮行きと風向きと推し量り、ゆっくり近づけて、で、“ココゾ”と思う時に、運転席から飛び出し、艇の最先端は身をひるがえし、4㍍ほどの長さの先端に引っ掛け具を着けた長竿を操り、先端の引っ掛け具で海苔網ブイの要所をとらえます、
コレ、言うは易く行うは難儀なのですぜ、今の腰での独り作業では無理でしょうよ、

わしゃ、沖へ魚釣りに出ることがデケンようになったら、家に飼っとるメダカ釣って遊ぶつもりではあるけれど…、
そんなことで我慢デケルかな???
ヤッパ無理して沖へ出て、フグ釣りなんぞに挑戦し、フグ毒ならぬ海苔網ブイへの艇モヤイ付に失敗し、ドボン落水であの世へ直行って感じかもなぁ~~、
フグ釣り海域は、淡路島からも本州側からも、ほぼ8・9キロも離れた沖合だよ、
潮行き早いこの海域で、単独・ドボンとなら、もうデッタイに助からんですわ、


さて、竹のこと…
今日からは、しばらく民謡譜に向き合ってみようと思っとる、
図書館から民謡譜がぎょうさん載った尺八本を2冊借り出しましたのでね、
借り出し「本」を相手に、“コロガシ手”の稽古から始めてみようかな、

| | コメント (0)
|

2014年10月 5日 (日)

降参しました、

美空ひばりの「哀愁波止場」(ユーチューブ音源)から…尺八譜を起こす試みに挑戦していましたが、
降参することにしました、

ひばりが唄うのを聴いていると、すごく簡単な曲に聴こえる、
が、いったん採譜するとなると、世の中は一転します、
こんなに採譜が難しい曲は珍しいのではないでしょうか、

まず、何拍子の音符を書きこんだらエエのかわからん!!!
ひばりは、実に正確に唄っているように聴こえる、
が、コレはとんでもない誤解・錯覚でした、
 歌詞・唄い出しは、三泊だと思う、が、聴きようによっては3拍半に聴こえる
 この次のフレーズ・歌詞(「誰ァれも居ない」)の出だしは3拍だと思う、が、2泊半かも、
ことさように、音符を小節にどう納めたらエエのかそれすら判然としない、

拍の採り方が、ひばり独特の“こぶし”まわしに振り回される、
必死に、ひばりの歌声を聴こうとするが…
3連譜・4連譜・5連譜。・6連譜と思われる配譜が随所に散らばっていて、
もうわたしの耳は破裂状態になってしもうた、
曲中に“五ツ木の子守唄”が、少し入っている、
が、この挿入歌の“納め方部分”が尋常じゃない、わたしのボケ耳では正体が見えない、

が、実に不思議なことながら、何度も聴いている間にすっかり自分で歌えるようになってしもうた、
で、今晩は、焼酎の肴に唄ってやろうか、と、思わないでもない、

譜に採りきれないのに、歌うことはデケル、
なんでやろ???

コレッテ錯覚ですよね、
カラオケに添って、カラオケ画面に次々出て来る歌詞をなぞってなら歌える、
が、コレッテ、真似唄いであって、真にうたっとるとは言い難い、
わしゃ、下手でもエエから、真に自力で唄いたい!!!
アァ~、言い間違えた、
“真に自力で、尺八吹きたい!!!”

誤解錯覚こと、さらに、すこし…
気が狂いそうになりながらだが、自分では100点満点の採譜がデケタと思う、
が、しかし、明日、見直せば、またまた、とんでもない採り誤りが見つかると思う、
恥ずかしくて、採った譜面アップなんぞデケン、音源アップも止めていた方がエエ、
わしゃ、降参した、

| | コメント (4)
|

年、取りすぎたようだ

小学生だった頃、小さなオルガンが教室ごとに1台あったように思う、
先生の声に合わせドレミハを声出して歌った、音符が読めたわけではなく、先生の声に唱和しただけ、

中学生になってからは図画と音楽は選択教科だった、図画を選んだ、画用紙にナニかを写生し水彩絵の具を塗ったが、仕上げた絵は1枚も無い、

尺八は大学生の時に邦楽クラブがあって入部したのが始まりだ、
父の友人に兵庫県警の刑事が居られて、虚無僧さんだった、このお方が父に尺八を与え、稽古を勧められたのが、そのままほったらかされた状態になっとった、これがキッカケだ

学生の時の稽古は遊びだった、が、その後本気になったりしたが続かなかった、
再開したのは定年退職後だ、断絶期間は30数年、
断絶の間に尺八は1本を残し全部割れたり虫食いになったりだ、
この残った1本は年に数度取り出して遊びで吹いていたものだった、

竹歴を問われると返事に困る、
ほぼ断絶の期間を数えると50年を超える、が、本気の期間はごく短期間でしかない、
初歩の者だってことは白状しておいた方がエエ、

“芸は身を助ける”という“ことわざ”がある、
→→それだけ困窮した生活状況だってことで、決して優雅な境遇をいうたものではない、
⇒⇒“芸が身を助けるほどの不幸せ”が本意、
わたし、もう年老いて、腰椎圧迫骨折で老人ホームなどへの“尺八吹奏ボランティア”活動もままならなくなってしもうた、尺八吹いて、どう身を助けたものか…

って、ことで
これからは、民謡尺八を吹くことを目指そうと思う、
どのような民謡にでも、唄い手が上手でも下手でも、
⇒即座に、適当に、“尺八で添い吹き”がデケルようになりたい!!!

唄に添って、譜面なしで即座に添い吹きする、これって、音楽の基本中の基本ですよね、
だのに、なんで今までこのことに気づかなかったのだろう????
ややこしいJPなどは無理、が、民謡にならひょっとして…

手始めに、藤田まことの「十三の夜」と、美空ひばりの「哀愁波止場」を取り上げた、
この2曲を耳コピーで尺八譜に採り起こすことからスタートだ、
試み始めて…
今更ながら、自分の音楽の力の貧弱さにビックリだ、
音程を聴き分けるチカラがわたしには足らなすぎる、
テンポ(拍子)を掴み切ること、これ、なんと難しいか…

美空ひばりの偉大さに改めて仰天だ、
彼女は「哀愁波止場」を唄うに、優にオタマジャクシの域を超えて唄っとる、
域を越えた唄声は、コレを、いったん楽譜の域へ引き戻さねば、採譜は不可能だ、
楽譜を読み取る力だけが音楽才能ではない、自然界には様々な音がある、音楽がある、
どのような音でも音楽として楽譜に引き込む力があって始めて、下手な民謡にでも即座に添い吹き可能ってことになるような気がする、

美空ひばりの「哀愁波止場」だが…
譜面に無い、譜面には表し得ない微妙な節回しが、実に生き生きとキワだって聴こえてくる、
このキワダチに耳がとられてしまって、耳が迷う、
又、譜面を超えるテンポで、拍子で、歌詞が唄い込まれてゆく、音符と音符が彼女の唄声で縫い合わされてゆく、
たとえば、楽譜に書くと3拍子だと思う、が、彼女は3拍子を8・9分目ほどで切り上げ、残る2・1分目を次の歌詞へのつなぎに使ったりする、
と、なると…、単細胞の頭で拍子を数えつつ採譜しようと身構えているわたしはどうなるのだ!!!
ナンボ聴いても音譜の長さが聴き分けられない、…の、迷いの中でモガクしかない、
唄声から→楽譜の音律を探し当てる作業にしても、聴けば聞くほどに、微妙な節回しに耳がとられて音律採りに迷いまくる、
結果、ワシャ、どうしたらエエのかわからんようになる、

あぁ~難儀だ!!!

| | コメント (2)
|

2014年10月 4日 (土)

おお~~狂っとる!!!

朝いちばんに、昨日アップした「十三の夜」のカラオケ合わせ吹き、と、「哀愁波止場」の素吹き、を、聴き返しビックリしてひっくり返った、

ナンジャコレ!!

昨日も早朝から、採譜の稽古だってんで、イヤホンを耳に突っ込んで、ユーチュー音源を聴き続けていたのだった、
見事に、耳が迷ってしまって、デンデン正しく音律が把握デケとらん、
耳が、もう疲れで、呆けてしまっとるのに、ガムシャラに律を確かめようとする、
と、ますます、耳が狂ってしまって、自分では狂いのことがわからんようになっとる!!!

今朝一番に、聴きなおし、ホント、そのままデングリ返るくらいビックリした、

で、再度、初めから採譜をやり直しつつあります、
で、少しは改善したかも、ココにアップしてみましょう、
とりあえずは、またまた、「十三の夜、です、

「十三の夜」

使用竹は、明暗師匠手作りの1尺9寸・素朴そのままの地無し延べ竹(唄口も単に削っただけ)中穴も節を抜いただけの素竹です、

18号台風がやってきそうですね、
最近、腰椎養生のため、まったく沖釣りから遠ざかっています
艇は、釣り弟子・ユリタロウに管理を任せてある、大丈夫だろう、
が、彼、勤め人だ、この土日は沖へ出たらヤバイかも、
まさか、沖へは出とらんと思うが少し心配、

| | コメント (2)
|

2014年10月 3日 (金)

年寄りの冷や水ですが、以下、スキルアップ挑戦の中間報告


「十三の夜」

ユーチューブ音源に合わすにはホントは2尺2寸の尺八が必要だと思います、
アップのコレは、音律調整ソフトで、カラオケ音源を1律あげ、譜面を逆に1律下げたのを用意し、吹き合わせました、半音・メリ音が多くなって吹きにくいですわ、上手下手は言わんでくださいね、

「哀愁波止場」

美空ひばりの、ユーチューブ音源を5律下げたのを聴いて1尺8寸の音と照らし合わせながらの採譜です、
これも、可能ならカラオケ音源と合わせたいが、採譜をそのままで合わすには2尺3寸の尺八が必要です、
とりあえず、2尺1寸で吹いてみました、コレ、今、スキルアップのための挑戦中間報告のつもりです、

| | コメント (2)
|

年寄りの冷や水??? …スキルアップに挑戦

今まで、音源から尺八譜採取したことが無かったわけじゃない、
が、ごく簡単な童謡だったり、少し長い曲でも“ヒント”が得られた場合だけだった、

ヒントとは、
五線譜の有料販売案内サイトに掲載されたその曲の“チラリ見せ”画面だ、
故意に有料でしか全体は閲覧でけんように作られた画面がある、購買意欲をそそるように用意された画面がある、
この画面から判読可能な部分を読み取って、残る(有料)部分をナントカして埋める類の採譜だ、
(少しだけでもヒントがあると、あとの穴埋め採譜が格段にやりやすい)

が、このたびの藤田まことの「十三の夜」からの採譜は、上述のヒントあり採譜とは別種のものだった、
ヒント全く無しの状態からの採譜(耳コピー)だった、
ホボ1週間かったが、なんとか70点台の採譜はデケタと思う、
今のわたしのチカラではこのあたりが限度だろう、
これ以上こだわって頑張ったら、泥沼にはまり込んで抜け出し得なくなるかも、
で、この曲の採譜は、いちおうこのあたりまでとしたい、
(採取譜出来具合報告・確認のため、後刻、音源をアップしたい)


さて、これからは、どうしようか???
すぐにでも民謡稽古にとりかかりたいが、イマイチ稽古の方向性が掴めない、
「津軽山唄」「阿波踊り」「江差追分」を少し覗き見したが、立ち往生してしまった、
立ち往生したが、すこし解ったことがある、
 民謡は同名曲でも、唄い手ごとにテンポもリズムも音程キーも微妙に異なっているってこと
 この差異があるために、定まった譜面が用意されていないってこと
 尺八を吹く際は、為に、“唄い手の唄”ごとに個々に聴き取って、添い吹きせざるを得ないってこと、
※要するに
  ⇒“唄い手の唄を瞬時に耳コピーする”“スキル(能力・技能)”が欲しい!!

で、いったん民謡から離れ、耳コピーの”“スキル”と向き合ったのが、上述の「十三の夜」だった、
で、で、1週間掛かったが、わたしにでも、時間さえあれば耳コピも可能かも、と、思うに至った、

もう少し、このスキルを磨かないと、どうしようもないような気がする、
スキル・アップを謀って(?)みたい!!!

…と、アレコレ考えて…
そうだ!!!
“美空ひばり”だ、と、思い当たった、

「哀愁波止場」だ!!!
この曲、未だ尺八に採れていない、アチコチ探しても、無料の五線譜は無かった曲だ、チラリ見せ画面も探り当て得ない、もう、自力で美空ひばりが唄うのを聴いて、耳コピーから→尺八譜を起こすしかない!!!

先ず、
1. 歌詞を、1節ずつ千切って、すべて、ひらがなでダラダラと縦書きしました
2. ユーチュー音源を聴きつつ、書き出したひらがなダラダラ歌詞の横へ拍を表す点印を打った
3. 4拍ずつを1区切りとし、小節に歌詞を割り振った
4. ユーチュー音源のパーカッション部分を注意深く聴き、唄の出だし拍子は表からだと聞き分けた
5. 4分4拍子の曲だと判定

さてさて、ココからが先が難儀ですなぁ~、

次に、
① この音源を何尺何寸の竹で採るかを探った
② 律調整ソフトで音源音律を5律下げ、1尺8寸で採ると採譜しやすそうだと判定

今は、この段階です、

この曲の尺八譜採取、わたしに、デケルかどうか、デケルようにも思うし、ダメかもの思いもある、
藤田まことの「十三の夜」で鍛えた(?)つもりの“スキル”は、美空ひばりに通じるだろうか???

「哀愁波止場」の尺八譜採取に何日掛かるのだろう???

今、10月3日(金)午前5時半、ナンボなんでも未だ尺八吹き散らかすには時間が早すぎる、
尺八吹き散らかして音源と照合する耳コピー作業をするには早する時間だ、
残念ですなぁ~、
もし、わたしに絶対音感があれば、尺八吹いて音源音と、照合の必要はないわけだ、
竹友。河童爺氏は、ひょっとしたら絶対音感をお持ちではなかろうか???
ワシャ、氏の爪の垢を煎じて吞みたい!!!

参考 美空ひばり「哀愁波止場」ユーチューブから

| | コメント (0)
|

2014年10月 2日 (木)

無駄な努力か??? <追記>

藤田まこと作詞・作曲・唄、の、「十三の夜(じゅうそう)」の尺八譜を、ユーチューブ音源から起こし採ってみようと挑戦し、今日でもう6日目になりました、
が、未だに完成しない、

今もなお頑張っていますが、
が、本気になって頑張るほどに難しさが分かってきた、

ビックリですなぁ~~

音源から楽譜を起こすこと、コレ、わたしには夢のような世界だが…
世のプロ音楽家たちは、みなさん、この能力をお持ちなんですよね、
それと、もうひとり、河童爺氏、
この方らにとっては、決して特殊な能力でも何でもない普通のことなのですよね、
わたしには、とても不思議に思われてならんですわ、

今到達したあたりを聴いていただきましょうか、
と、思って、吹いて録音したら、また、不具合個所が見つかった、
ダメだコリャ××××

今日も、コレだけで、日が暮れそうですわ、


<追記>

唄声に合わせ、キーをそのキーで吹くためには、わたしの手元にある寸法の尺八ではヤッパ無理があります、
藤田まことの声に合わせて吹くには2尺2寸の尺八が欲しい、
が、わたしは2尺1寸までしか持っとらん、
で、しょうがないから、1律下げた譜に書き直し2尺1寸で吹きますが、尺八では吹き辛い半音がやたら出てきて使い物になりませんわ、

デジタル頭を捻り遣って、
1. カラオケ音源(藤田まことが唄っている)を4律上げて再生し、
2. これに吹きなれた1尺8寸で吹き合わせて録音し、
3. その録音を再度4律下げたのを専用ソフトで移転創作し、
4. コレ聴きなおしますとね、
尺八音をイジクリまわさした分、ケッタイナくぐもった音になってしまう、

唄声に合わして気分出して吹きたい、このためには律イジリなどは避けたい、
ヤッパ、唄が中心の合奏を志すには、長短の尺八を用意する必要がありますなぁ~、

| | コメント (4)
|

2014年10月 1日 (水)

川津エビ

瀬戸内海播磨灘特産の小エビで※川津エビ(サルエビ)というのがある、だいたい6月~10月いっぱいまでが漁期、播磨灘は鹿ノ瀬を中心にその一帯、泥質海底を小型漁船で“泥コギ網”を曳いて獲る、
兵庫県漁業調整規則というのがあって、ココへ申請し認可得た漁民だけが操業を許されていることになっとるから、今現在、鹿の瀬一帯で、何隻の漁船がこの操業をやっとるかは県(兵庫県)へ問い合わせるとわかると思うがそこまでは調べない、

以前、海を私物化し、我が物顔に無茶苦茶操業する漁船に怒りを覚え、抗議したことがある、
漁師だったら、海を私物化し、ナニをやっても構わんのか!!!
どうなっとるのだ!!!
と、と、とうとう元締め的位置にある兵庫県の漁業調整規則云々の部局まで足を運んで、質問したことがあった、
調べるほどに、諸制度はほぼ漁業者よりに組み立てられており、一般人の抗議など蹴っ飛ばす組み立てになっとった、で、残念ながら、尻尾巻いて撤退した、

何隻ほどが、この“泥コギ漁”をしているのだろう???

コレ、これから“冬場のフグ釣り”の特効餌なのですわ、

フグと言えばトラフグですよね、
が、コレは、特殊な“ひっかけ針”でシャクリ引っかけて釣ります、ひっかけ針の近くへトラフグを招きよせ、寄ってきたところを気合いもろともシャクリ上げてひっかけますが、根気の釣りでしてね、非常に難しい、
で、我々、趣味のツリキチ等は、トラフグはアキラメ、ショウサイフグ(名古屋河豚)を狙います、
このショウサイフグは餌で釣ります、その餌に川津エビを使うわけだ、エエ値ですわ、高いのです、
酒の肴にピッタシの小エビです、
ある種贅沢な食材です、

以下は、ボヤキと愚痴のパホーマンスで言うのですが、
我が家から軽四でそれぞれ数分の位置に4つの大型スーパーがある、
主婦の日常生活での買い物の距離的範囲は、おおむね1キロ範囲じゃないかな、
上述の4つのスーパー店は我が家から約3キロの円内だ、
A店B店はトーホーストア、C・D店は神戸生協店、
各店舗周辺住民の層ですが
A店周辺住民には、貧乏人が多いと思う、わが家もそのうちです、
B・C店周辺は、中間レベル貧乏人、
D店周辺は、お金持ちだ、豪壮な邸宅が多い、車も高級車バッカシで軽々しい軽四じゃない、

“川津エビ”ですが、贅沢な食材、貧乏人はダメ、
で、Dスーパー店では、時期になると棚に並びます、が、他のABC店には原則並ばない、
時々、B店に並ぶことがある、
わが家は高級金持ち好みのD店には常はデッタイ行きません、
概ねA店(貧乏専用??)です、
が、昨日は少し事情があって、かみさんはB店へ買い出しに行き、珍しく、棚に川津エビが並んどるのを見つけ
3パック買ってきてくれた、3パックあれば、フグ釣り1回分の餌にはなる、

なにせ今は腰椎養生中ですからね、今は、沖へは出られない、今月(十月)も無理かも、
が、なんとか、11月に入ったら、フグ釣りに出たい!!!

フグ釣りの際は、電動リールを使います、
静かに座って、で、電動リールで釣ることが可能、

あぁ、言い忘れていた、
このショウサイフグ釣りは東京湾でも盛んらしい、
が、東京湾ではカットウ釣りと言って、餌釣りではなく、小ぶりな引っ掛け釣りです、
昨年、釣り友・ユリタロウが東京出張で東京湾のカットウ釣り仕掛けを買ってきて、で、播磨灘で試し釣りしましたが、播磨灘では全く役に立たんかった、
魚釣りの具・仕掛け・餌の類は、海域ごとに特化していましてね、これらを調べたらオモロイですぜ、
関西と関東では、魚釣りの釣り針の形状に、微妙な差があるってことご存知でしたか???
関西の釣り針は、観た感じ、やさしくツルリとした形状です
関東の釣り針は、四角張って、肩ひじ張った感じの針が多いです、


腰椎養生の関係で、このところ、まったく魚釣りできていません、
今日も、又、藤田まことの「十三の夜」と向き合います、尺八咥えて…


| | コメント (0)
|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »