« 伽耶院ライブ報告 その1 | トップページ | 伽耶院ライブ報告 その2 »

2014年11月16日 (日)

フヮ~~~と嬉しい

今日は魚釣り的に言うと長潮前の小潮日、
海域にもよりましょうが、瀬戸内海・播磨灘では、長潮の前日・前々日の二日間は魚釣りしても貧果の日だ、
まずボーズ(坊主・釣果無しの意)になるだろうの日、
が、日曜日です、魚釣りに出るお方は多いに違いない、

わたしは、(“伽耶院・モミジ祭り期間中は”)伽耶院境内で尺八野外ライブすることに決めていますのでね、
なんぼ海が凪いでいても、魚釣りには出ません、

この時期には、コノシロ(魚の名)の大群が兵庫県は播磨町・二見沖へやってきて、これを追ってメジロ・ブリが来るのだった、が、どうしたことか、今年は、コノシロの群れがやって来ない、で、ブリらも来ない、
で、わたしの“山ごもり(?)”の決心も揺るがない、

ピリッと締まった気持ちで今朝も早々と目覚めました、
今日も、がんばって野外ラブに挑戦します、

昨日は、なんとなく“場馴れ”に難があった、
“野外ライブ”の際の“息遣い”は、室内の、それも自宅仏間での息遣いとは別ですわ、
“いつもの息遣い”を想い出して、平静を保とうとしても無理ですなぁ~
やっぱ、その場、その場、に、ピッタシの息遣いがあるような気がする、
要するに⇒“場馴れ”です、
“野外での息遣い”を会得したい!!!

と、もうひとつ、
“波平ボランタリーの尺八の日だ”ってんで、室内会場に集まっていただいた方々の前で吹くのと、
と、
“天気がエエし伽耶院の紅葉(もみじ)でも観に行こうか”
って、やって来られた方々の前で、野外で、断りもしないで尺八吹くの、と、と、と…

あまりにも、“場”が違いすぎますよね、

歌詞を書いた歌詞用紙を用意したのだが、それ、手に採って見てはくださるのだが…
いっしょに唱和してくださるお方は、まず居られないですわ、
吹いていて、
A) 無視されとるなぁ~と感じたりする
B) 聴き込んでおられる…のだなぁ~、の、感じもある

が、いっしょに唄ってみようのお方はなかった、
それならそれで、かまわんのですが…
わたしは、いっしょに“くちずさんでもらおう”の気持ちで吹いていますのでね、
ピッタシ感がなぁ~
で、今日は、
無理には唱和(いっしょに唄う)を勧めない気持ちの中で吹こうと思う、
無視を承知で、聴き込まれるのを承知で、可能な限り静かに吹いてみたい、

これ、唄好き爺さん(仲間のYさん)理解してくださるだろうか???
少し心配です、

フワ~と嬉しい気分がこみ上げることがあるよ、
A<B、が、実感できた時ですわ、
パラパラの小さな拍手がある、と、釣られて、時に、拍手の輪が広がったりする、
フヮ~~~と嬉しい!!!

|
|

« 伽耶院ライブ報告 その1 | トップページ | 伽耶院ライブ報告 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伽耶院ライブ報告 その1 | トップページ | 伽耶院ライブ報告 その2 »