« 「高原の旅愁」 | トップページ | 「宗谷岬」 »

2014年11月 9日 (日)

超忙しい日

昨日は昼前から艇へ出かけるつもりだった、が、出そびれてしまった、
“出そびれる”
⇒気持ちが萎えること、
これが最近はたびたび生じます、

昨日“出そびれ”た際、
“今日(昨日のこと)は出かけるのはやめて、明日の朝(今朝のこと)出ることにしようと思った、
ソレ、まさに“今”のことなのだが…
なんだか気が重いのですよね、

気象庁の雨雲レーダーサイトを観ると、間もなく弱雨が降り始めるらしい、海は凪いでいるようだけれど…
と、この予報は、昨日から変わっていません、
昨日から承知していたと同じ予報だ、
が、わたしの気持ちの方が、変化し→萎えてしまっとる、

出かける目的は、
電動リール専用のバッテリーを艇へ運んで置くこと、と、新たに作ったフグ釣り仕掛けを艇に積んでおくことだった、
と、と、ついでにコノシロ(ブリ釣りの際に使う生餌)魚群の動きを確かめておこうと思っとった、

前者の
バッテリーとフグ仕掛のことは、“腰折れに伴う重たい物は少しずつ運び込む”の意だが…
実は、もうひとつ隠れた思惑があった、
“物忘れ対策”です、
なんでもかでも、最近は“忘れてしまう”、
気持ちだけが勝手に沖へ突っ走り、必要な道具の持参を忘れてしまうかも…、
で、必要な物は(覚えている間に)事前に運び込んでおこうと思っとった、

後者の
コノシロのことは、魚群を見つけ得ても、ソレ掴まえて、生餌にし、“ブり釣り”しよう、の、気持ちは未だ宙ぶらりんの状態です、
“折れた腰”がブリの強烈な引きに耐え得ないことはわかっとるからなぁ~、

あぁ~、グチグチ愚痴っとる間に、もう五時半になってしもうた…
魚釣りガラミで港へ走る時間は、既に過ぎつつある…
萎えていた気持ちが→萎えたまま固まりつつある…
もう固めてしまいましょう、今日、艇へ出かけるのは止めますわ、

で、また仏間に篭って…
尺八の独り吹きにホボ丸一日を費やすことになる…
明日の、特養施設への“今虚無僧”に備え、“今虚無僧”の技を磨きます、

通所・デイサービス施設への“今虚無僧”は気持ちが楽なのです、
が、特別養護老人ホームへの“今虚無僧”は、半端な気持ちでは対応できません、気が重いです、
気持ちも、体調も、半端では対応デケンのです、

“まわりのアレコレを気遣う心”は、健常者に備わった一般的なものかと想う、
が、しかし、高齢になり、心も身体も衰え萎えてくると、と、
⇒“まわりを気遣う心”はナエ・シボンでくる…ような気がする、

メッチャわがままになり、ガンコになり、自分のことだけしか考えない、
“自尊心”だけが、やたらデカイ顔して座っとる、
…の、状態になるみたいだ、

明日訪問する特別養護老人ホームは、きわめて大きな施設でしてね、
究極の老人らがお世話になっている施設だ、
自尊心の集団の場だ、そして、自尊心すら消えかけた老人らがつどう場でもある、
この方々約50名の前で、わたし独りで約1時間チョイの尺八吹奏、
童謡唱歌を吹きますが、明日は、日本民謡のひと節・ふた節もお聴かせしてみたい、と、思っとる、
とにかく、気持ちを落ち着けて、尺八の音色に、節に、集中して吹きます、

以前は、わたし、緊張してアガッテてしまうことがあった、
が、最近は、(集中しすぎて)アガル余裕がなくなってしまったみたい、
で、終えて帰宅すると、ものの見事に、ドスンと疲れ切って居ます、

今日は、その、明日に備えて、万全の体調管理が必要な日だった、
魚釣りのことなんぞ、ナンボのもんじゃい!!!
わしゃ、今日は、超忙しいのだった、

|
|

« 「高原の旅愁」 | トップページ | 「宗谷岬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「高原の旅愁」 | トップページ | 「宗谷岬」 »