« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

白鳥のバレー???

「シューベルトのセレナーデ」は既に尺八譜に直し採ってあるのだが、主旋律部分だけしか採れていないので、虫食いみたいな譜になっとるのだ、前奏・間奏部分が欠けておるわけだ、
これでは、尺八1本で吹き楽しむに都合がわるい、
で、ベタァ~と、絶え間なく吹けるように、譜を整え直そうと思う、
本日はコレが仕事になる、

今日で1月も終わりですネ、
昨日は行きつけの食品スーパーへかみさんに付いて行って、節分豆まき用の豆を買ってきた、
春が待ち遠しいですなぁ~~、

あぁ、“食品スーパー”へ行くと、わたしは真っ直ぐ“フレッシュ・フィッシュ”コーナーへ行きます、
かみさんほったらかして…
で、魚を観ている、

昨日は採れとれワカメがエエ値で出とった、
一昨日、わたしが採ってきたワカメなら、ココへ並べたら千円は優に超えている、
ウン、やる気が出てきたぞ!!!
また、ワカメを採ってくるぞォ~~~~

“キビナゴ”が出とった、
東日本の方々はご存知ない魚かな???
鉛筆半分くらいの小魚で主に九州や四国南部出採れる魚だ、コレが獲れはじめると春がくる、
ホタルイカも出とった、これも春先の魚だ、傷みやすいので昔は産地でしか、たとえば富山とか山陰とかでしか食べ得なかった珍味だ、冷凍技術が進歩して、安売りスーパーにも並ぶようになった、

あぁ、瀬戸内海に入り込んだ大きなクジラ、どこをほっつき泳いでいるのだろう???
体調が10メートルもあるらしいが…
コヤツが毎食・腹いっぱいイカナゴを食い漁ったら、今年のイカナゴ漁は壊滅になるよ、
こやつひとり(?)だけじゃなく、こやつの仲間らがキット入ってきているに違いないじゃないですか、
なんぎですなぁ~~

採ってきたワカメですけれど…
ワカメうどんにしたり、味噌汁の具にしたり、ポン酢に浸して食ったりした、
で、もう全部食ってしまった、
いや、まったく、実に珍味だった!!!
わたし、歯抜けだったじゃないですか、これって歯にやさしかった、

さぁ~て、これから、冒頭の白鳥踊りしますわ…
「シューベルト・セレナーデ」と、向き合いますってことですぜ、
白鳥の歌なのですよね、この曲は…
本日の興行・出し物は
歯抜け腰椎圧迫骨折ズズイが吹く尺八は白鳥のバレーだぞ!!!
どうじゃ、まいったか!!!

| | コメント (0)
|

2015年1月30日 (金)

「Down by the salley gardens」



途中4分6になったり、の箇所がある、前奏・間奏・後奏部分もいっしょくたに吹いた、

Down by the salley gardens my love and I did meet;
She passed the salley gardens with little snow-white feet.
She bid me take love easy, as the leaves grow on the tree;
But I, being young and foolish, with her would not agree.

わしゃゲェ国語は苦手だ、
基本的には何のことかさっぱり分からん、
が、しゃぁない、コレはアイルランドの民謡で歌詞は韻を踏んどるらしいので、そのまま書き出した、
あぁ、Salleyはヤナギ(柳)の木のことらしい、

_20150130_3


| | コメント (4)
|

「シエナンドー」と「sumer is icume in(夏は来たりぬ)」

3本セットの前歯(刺し歯)脱落を急きょ修復し、さっそく試し吹きました、

「シエナンドー」…アメリカ民謡

おおシエナンドー お前の娘が好きだ
波立河を離れ
河を越え俺は彼女を連れて行く
俺は出かけるよ
広いミヅリー河を越えて
(http://www.worldfolksong.com/songbook/usa/shenandoah.htmから歌詞頂戴しました)

「sumer is icume in(夏は来たりぬ)」…イギリス民謡、世界最古のカノン曲だそうな、

夏が来た
高らかに歌えクックー
種は育ち草は繁り
今、木は葉をつける
歌えクックー
雌羊は子羊のあとでメーと鳴き
雌牛は子牛のあとでモーと鳴く
去勢牛は踊り跳ね、雄ヤギはおならする
楽しく歌えクックー
クックー クックー
あなたはよくクックーと歌い
今は決してやめない
(http://maucamedus.net/sumer.html から歌詞頂戴しました)

_20150130


_20150130_2


| | コメント (0)
|

大きな仕事(?)

今日は大きな仕事(?)がある、

左上あごの門歯(門歯以下2歯…計3歯がセットで刺し歯になっとる)のですが、昨日の魚釣りの際、昼食用に用意したアンパン食ったら、ら、ナンジャラ・ホイ、脱落・抜け落ちてしもうた、
ハズミでかどうかわからんが、右上顎最前列門歯がこれまた前へ斜に傾いてしまった、
120円の粒あんのアンパンだ、やわらかです、豆腐みたいなやわらかだ、
だのに…

この状態で尺八が吹けるかどうか…
吹き試しますとね…なんとか吹けなくもないのです、
さすが波平ドンだ、なかなかの者じゃねぇ~~~
が、音程・音色、特に音色がダメ、整え得ません、音量、これもダメ、そうじてケッタイナ感じ、
ようするに、今の状態では、尺八吹奏は困難だってこと、
歯医者の元へ駆け込むしかないなぁ~~、

さて、さて…
このような難儀な状況の中なのに…
(尺八譜に採って)試し吹きたい曲はあとからあとから、オレも、オレも、と、首を出すのだよなぁ~、

1)アイルランドの民謡で「The F0ggy Dew」
2)同国民謡「Down By the Sally Gardens」
…と、カノン曲のことが気になり始めましてね…
3)「ヨハン・パッヘルベルのカノン」
4)「Sumer is icumen in」…世界最古のカノン曲らしい

4)が、いちばん採りやすいように思う、今日は、まずこれから“尺八化け”させましようかねぇ~

わしゃ、音楽の勉強は尋常小学校で唱歌を先生のオルガンで歌ったことがあるだけで、デンデン勉強したことないのです、
いちばん最初にならった歌は「赤ちゃんのお耳」だった、これ未だに覚えていますわ、

 赤ちゃんのお耳は 小さなお耳
 ふっくらかわいい かたつむり
 右と左に 一ぴきずつよ
 おっと二つ かわいいお耳

わしゃ、歯はぎょうさん抜け落ちてしもうた、
が、
耳は、遠くなって軟調気味だけれど、未だ、ダマシ・ダマシ使っとる、

| | コメント (0)
|

2015年1月29日 (木)

ワカメ採り、と、どうしまよう???

沖へ出ていました、
予想のとおりナァ~ンも釣れませんでした、

大きなクジラ(体調約10㍍)が湾内(二見人口島の隙間湾)に入り込み、湾内に居た小魚らがビックラこいて、いっせいに外へ逃げ出したらしい、
で、逃げた小魚(イワシなど)が、通称・“魚のアパート”と呼ばれる瀬にあつまり、コレを狙ったアレコレが集まり、遊漁船も釣り客満載でソレッってことで集まり、あっという間にデンブ釣り上げてしまった、
と、ベテランのボート釣り師が言うていた、
3日間ほどでピタッと釣れなくなったそうな、

わたし、今日は、ナァ~ンも知らずに、その釣れ止まったポイントで竿を出していたのだった、
まったく、完全に丸ボーズです、

魚釣りをアキラメ、ワカメ採りを試みました、
新ワカメには未だ早すぎるようでした、
で、新ワカメではないけれど、美味しそうなワカメを少し採ってきました、
これから熱湯で湯がいて、アレコレ・レシピに変身させようと想います、

沖での昼食用にアンパンを持参していました、
パンに異物が混入していました、
ナンジャコレ???
よく見たら、わたしの刺し歯が、外れ落ちたものでした、

左上あごの歯はすでに抜け落ちでしまっとる区画もあって、今、3本セットの刺し歯が脱落したことで、左上あごには最奥の2本があるだけになってしもうた、

また、右上顎の最前列1番目の門歯が、これまたグラグラで既に前に傾斜しヤバい状態だ、

こんなことで、尺八が吹けるはずがない!!!

どうしましょう???

| | コメント (2)
|

娑婆社会の反射的感傷

今日の気象状況ですが、Yahooの地域別予報(我が家のある三木市)で観ると、早朝はマイナス3度、
海はベタ凪だと思いますが、この寒さではなぁ~、

潮は長潮、魚釣りにはイマイチ適さない日ですが、ワカメ採りならデンデン大丈夫、
だけれど…この寒さではなぁ~

使っていた空調機がとうとう壊れてしまって…
なにせ、30年ほども使っとるからなぁ~
そこへ、たまたま、ジョウシン(家電量販店)から空調機安売り・特売のハガキが来ましてね、
購入し、一昨日据え付け工事が完了し、今、コレ、動かしていますがね…
良く効きますなぁ~~、室内は快適温度ですわ、作動音もウソみたいに静かだ、
(新機種発売前の旧型売れ残り商品の安売り処分なのだね、ウソみたいに安かった)

この空調機を背負って海へ魚釣りに行けたら…
なんて思いつつ、外へ寒さを確かめに出てみたですがね…
ビックリするほど寒かった、

が、室内へ戻ると快適だ、またぞろ海へ思い切って出たくなった、
現在、どしょっかなぁ~、の、迷いの最中、

さぁ~て、世界の抒情唄探索旅ですが、
 ギリシャの「ギャロギャロ」を尺八譜に採りたいが、五線譜が見つからない、で、あきらめました、
 アメリカへ渡って、「シェナンドー」って曲、すでに尺八譜に採り終えました、3つのバージョンで…
 アイルランドへすっ飛び「The Foggy Dew」、コレをこれから尺八譜へ移そうと思う、

気持ちが世界中を飛び回り、目先がクルクル回る、わしゃ目が回ってひっくり返るかも…

どうしょっかなぁ~、
やっぱ、海へ出てみようかなぁ~、
やめようかなぁ~~~

今、まだAM5:13、外はまだ暗い、6時半頃にならんと夜は明けません、
そのころ、わたし、海へ出るかor出ないか、の、決心をしようかと思う、

それまでは、アイルランドの民謡「The Foggy Dew」の尺八譜移転に取り組んでみましょう、

世界は超激しく動いている、ギリシャの「ギャロギャロ」に目が向いたのも、同国の総選挙で反緊縮派が勝ったニュースがキッカケだった、
人質騒動だ、イスラム社会の唄が気になる…
わたしの浮世離れの抒情唄旅も、想えば、今現在の娑婆社会の反射的感傷から出とるような気がする、


| | コメント (0)
|

2015年1月28日 (水)

「カチューシャ」「Down by the Bay」

「カチューシャ」 2律下げて吹きなおしました、

「Down by the Bay」

「Down by the Bay」は、ギリシャの民謡「ギャロギャロ」って曲が想い出されてならん、
歌詞がオモロイのだが、ココでは揚げない、
和訳がどうも気に入らんので…

_20150128


_20150128_2


| | コメント (0)
|

明日はまたズッコケかなぁ~

Photo

愛艇「はまちどり」は、図の上部やや左寄りの“播磨町”の文字斜め下“本荘”すぐあたりに係留です、

“東播磨港”って表示がありますね、人口島に囲われた水域ですが、けっこう大きな港になっとるですよ、
ココに体調約10㍍ほどのクジラが昨年暮れ頃から入り込んでいて、出会った艇らがビックリ仰天、
わたしも、観たかった、が、もう港外へ出てしまったようだ、
小型漁船の網にでも入ったりしたらヤバイですぜ、

“鹿ノ瀬”って青色の区画がありますね、
“鹿ノ瀬”の“ノ”の字の上側の青色区画際がわたしのフグ釣りポイント、
真鯛釣りは、図の左上部あたりに“上島”がありますでしょう、この上島から西南瀬(左斜め下)約4マイルです、が、図の外になってしまうなぁ~、

魚が釣れるポイントは“瀬”と言うて、極狭いポイントでしか釣れません、
“瀬”をどれだけ知っているか、が、釣果を左右します、
瀬は季節ごとに変わる、その時、どの瀬に魚が群がっとるのか、これを探し出す、
これがまた楽しい、

図の左下隅っこ辺りに“No5”とした赤い浮標印がありますでしょう、
3月下旬あたりから4月5月にかけて、大きな真鯛が釣れるポインです、
漫然とこのあたりで釣り糸たらしても釣れない、ここの、ごく狭いピンポイントへ艇を絶妙に操船し得て、初めて釣れる、

今、1月下旬で釣り物が最も少ない時期でしてね、
わたし、昨日、魚釣りじゃなく、ワカメを取って遊ぶためのワカメ採り仕掛けを作りました、
2種作った、
A) 海底に生えているワカメを採る仕掛け
…仕掛けに尻手綱付けて海底に投げ込みワカメをひっかけ採ります、
B) 護岸に自生しているワカメを切り採る仕掛けです…長い竹竿の先端にノコギリ状の切り取り具を付け、これで護岸岸壁に自生のワカメを採ります、
P1280106
A・B、とも、写真に写っているでしょう、

漁師さんらが養殖しているワカメを泥棒したりしませんよ、
天然のワカメを少し採ります、
ご馳走でっせ!!!

明日は凪ぐようだからワカメ採りに出ようかと思っとるのです、
が、
まだ、ワカメ採りには少し時期が早いかも…
魚釣りはしばらくパスですわ、ボーズばっかしで嫌になった、
とか、言いながら、一応はメバル狙いのつもりですがね、
ボーズになる確率は90㌫以上、
ワカメも採れるかどうかコレも分からん、

| | コメント (0)
|

心情

“イスラム国(?)”標榜の社会では、どのような歌がうたわれているのでしょう???
戦意高揚のための歌がキット多いのだろうと思いますが…
が、かつての我が国の軍歌とは趣が違うようですなぁ~、
アラーの神を讃える歌が中心かな???

“ナシード”と、言うらしい、
楽器を使わぬ声だけで歌うらしい、

ネットで探るとイロイロ出てきて、ウイルス感染を恐れながら試し聴いているのですが、
きれいな曲もある、
コレなどは、どうだろう、なかなかの合唱だと思うが…
あぁ、ウイルス云々のことは、わたし責任もてませんよ…

http://www.nicozon.net/player.html?video_id=sm5092535&k=1422473321.0.1.8D_5KJGPN8CxxEI2vd2Fg71ppv0.aHR0cDovLzQ5LjIxMi4xNTkuMTgyL3JlZGlyZWN0L2luZGV4Lmh0bWw_dmlkZW9faWQ9c201MDkyNTM1..

音階は西欧社会の五線譜に乗る音階ですなぁ~、要するに誰にでも歌える唄ですわ、
尺八でも吹奏可能です、
が、が、耳コピーの力がわたし貧弱すぎて採譜することデケン、残念だ、

イスラム社会は、さっぱりわけのわからん、神ががり的な国のように思えますが…
なかでも“イスラム国(?)”標榜の社会は、不気味で恐ろしくて…

が、が、神のもとで、あるいは仏の慈悲のなかで生かしていただいているって気持ち、
コレ、敬虔な生き方ってことなのですよね、

わが家には仏壇があります、神棚もある、
わたし、手を合わせて拝みますよ、
加えて、わたしは尺八を吹くじゃないですか、
古典尺八・明暗流ですのでね、吹奏前に般若心経を唱える習わしです…サボッテ唱えないこと再々ですが
真面目なわたしを見たら、イスラム社会の人は気味悪がるのだろうなぁ~~
不気味だ、って、思うのでは???

わが家は(一応)真言宗信者ってことになっとるのですが、お経に光明真言というのがある、

ぎゃあてい ぎゃぁてい はらそうぎゃてい ぼォじィそわか
とか
おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まにはんどま しんばら はらばりたや うん
とかを、幾度も唱えます、

意味ですか???
わしゃ、さっぱりわからん、
が、唱えると、仏様の前へ伺候させていただいているような気分になる、
イスラム社会の人が、この様子を見たら、気味悪がられるでしょうなぁ~、

我が国の抒情唄の究極は、突き詰めたら⇒声明(しょうみょう)になると思いますよ、
読経のことですわ、唱えるに節をつけます、
節にはそれなりに音符が付けられています、ドレミハ…が付いている、

我が国・日本の古来からのドレミハ…ですが
十二律あって、
壱越, 断金, 平 調, 勝 絶, 下 無, 双 調, 鳬 鐘, 黄 鐘, 鸞 鐘, 盤 渉, 神 仙, 上 無, 壱 越
です、
ハ長調の五線譜第2線の音は⇒双 調(そうじょう)といって、尺八譜では「レ」の音です、
ちなみに般若心経を唱える際の出だしの音の高さは双 調からのことが多い、ドレミハで言うと“ソ”の音になる、Gの音、

話が、ややこしくなってきましたね、

イスラム社会にも抒情歌(唄)はちゃんとあるに違いないってこと、
われわれ日本社会には理解しがたいにせよ…
だってこと、

が、が、“人質”をとって、云々は、コレは人間がすべきことじゃない、
この心情だけは理解したいとは思わない、

| | コメント (1)
|

2015年1月27日 (火)

ギリシャ方々の…

ギリシャの総選挙では反緊縮政策主張派が勝ったそうですね、
国民のみなさんは、どのようなお気持ちなのだろう???

と、なると…
わたし・波平的には、ギリシャ方々の心情を、昔からの民謡を聴くことで覗き見してみたい、
尺八譜に採って吹いてもみたい、

“ギリシャ・民謡”とパソコン・検索窓に打ち込んでロン!!!
「ギャロギャロ」って曲がユーチューブで聴ける、と、わかった、
軽快な楽しい曲ですわ、
が、楽譜が見つからない、

さらに探っていたら、「ナバロンの要塞」の主題歌に使われているのがわかった、
が、この楽譜も(無料閲覧可能なのは)無い、

更に、さらに、探るなかで「Down by the Bay」って曲に遭遇、
この「Down…」は、「ギャロギャロ」曲の簡易系じゃないのかな???
似ていますです、

で、今日は、「Down by the Bay」と、遊ぼうと思う、

さて、
「ナバロンの要塞」って映画は実話かと思っとった、が、そうじゃないようですな、
が、我が国には、対馬北端に崖のなかに、実際に、巨大は大砲がすえられていた、
崖の中に大きな穴を掘って、その中から対馬海峡を睨らんでいた、
コレは事実ですよ、
実に巨大な大砲で朝鮮半島まで射程内だった、
45口径40.6cmカノン砲、コレ、当時世界最大の砲台だったらしい、

今は史跡になっとって、
わたし、10年前、愛艇で日本列島1周航海の際、海上からも、そして艇を比田勝港に着け、ここから上陸し、陸上からもこの砲台跡を訪れました、

実戦では、1発も発射しなかったようですわ、
が、これが、対馬海峡を睨んでいたからでしょうか、先の大戦中、日本海側は大きな戦争被害を受けずにすんだ、
平和の砲台ってことかな、もし、この砲台を映画にしたら、穏やか~な曲になるかもね、
今、ですか??
この砲台跡の近くに大規模な自衛隊のレーダー基地がありますわ、

後刻、また、「Down by the Bay」をアップのつもりです、

| | コメント (1)
|

2015年1月26日 (月)

「カチューシャ」


_20150126_2

01271
01272_3

雨が降っている、散歩にも出られない、
暇が、暇が…増えるじゃないですか、
で、もう1曲、「カチューシャ」をやってみた、

ついでに、わたしの、稽古場を撮影、
仏間・仏壇真ん前が稽古場です、
赤提灯は普段は居間にぶら下げとるのだが、撮影の為にここへ移動、某氏からのいただきものです、
提灯の横にぶら下がっとるのは“切干大根”
ダイコンもなっている紐も、このようにしつらえたのも、すべて妹の旦那の仕事です、
ダイコンも当然自家菜園産、
彼・旦那は工芸竹細工の腕を持っていて、ほぼプロの腕、

| | コメント (6)
|

「悲しき天使」

_20150126

原曲は約百年前のロシアの民謡らしい、
当初、ややこしい難儀な難しい五線譜に噛みついて往生した、
で、けっきょくこのバージョンに落ち着いた、
メリー・ポプキンのあの甘い唄声からする印象が消えてしもうて残念だ、

| | コメント (0)
|

世界中の抒情唄を探す旅

隠居生活は、ひと口で言うと、後ろ向き生活ってことかな、
将来を夢見て、前むいてナニかに励むってことが無い生活、
わたし、尺八稽古で日々過ごしていますが…
上達して⇒プロになりたいなどはもう思わない、
その実は、すでに尺八吹奏ボランティアのプロのつもりですがね…

毎日毎日の尺八稽古は、ホント、楽しいからやっとるのです、
最近は、世界中の抒情唄を探す旅に出ていて、ホント・ホント、世界中を(唄の)旅しとるような気分、
今日ですか???
今日は(百年前の)ロシアを旅していましてね、「悲しき天使」(原曲はロシア民謡)を尺八譜に採って吹いて遊ぼうと思っとる、

超有名な曲で世界中に広がっている曲ですわ、日本では「悲しき天使」って題だが、ホントは「Those Were The days」,と言うらしい、
既にあらかた尺八譜へ採り終えましたがね、例によって、尺八(楽器)性能が足を引っ張ります、
オクターブ天地ひっくリ返しながら吹くことになる、が、曲趣は捉え得る、
後刻、採った尺八譜と、わたしの尺八音源とをアップしたいと思っとる、

“世界中の抒情唄を探す旅”ですが…
残念ながらイスラム社会の唄がよくわからんですなぁ~、
さっぱりわからん、


さて、さて、
シリアで人質になったお二人、お1人は殺害されたらしい、
どうなっとるのや???

もし、集団的自衛権が本格始動していたら…
日本政府は、シリア政府に、自衛隊の派遣受け入れを要請したでしょうか???
米国でもビビッテ(?)地上軍の派兵はしておらん、空爆だけでしたよね、

以下は、わたし・波平の得意な誤解錯覚上での話ですが…
イスラム過激派の自爆テロですが…
コレッテ、ひょっとしたら元祖は我が国の特攻隊ではないのかな???
イスラム過激派が、今の世界に反抗する図は、かつての日本の戦争突入を思い出さなくもない、
言うておきますが、印象レベルの、それも誤解錯覚上での話ですよ、

我が国のすぐ近くにもヤバイ国がありますね、
我が国は北朝鮮を未だ国だとは認めていないのだけれど、そうとばかりはいうておれん現状がある、

朝鮮半島の北部一帯を実効支配する勢力があって、今現在、ここに日本人が幾人も拉致されている、
見え見えの人質身代金請求は無いようだが、日本政府は未だ手をこまねいていて、打つ手に窮している、

もしここへ、拉致された方々の救出に自衛隊を派遣するとなら…
韓国政府に自衛隊派遣の受け入れ承諾を申し出ることになるのかな???
集団的自衛権の行使は、派遣先の国の政府の事前承認を得なければならんのですよね、
空から、テポドンが落ちてくるかも…、

あぁ、朝鮮半島(南北)の唄探しも難しいですわ、「アリラン」「トラジ」くらいかな…
目と鼻の先の隣国の抒情唄のことが、たった二つしかわからん、
こんなことって不自然すぎませんか???

韓国の方々は、「アリラン」は世界的な名歌だって信じておられるって話がある、
ホントかな???
好き嫌いのことだから、そう信じておられたって、いっこうにかまいませんが、
どうでしょうなぁ~~~、
世界には、すばらしい唄がぎょうさん、ぎょうさんありますぜ、
なんぼでも探せば探すほど次から次に顔を出します、
わしゃ、とんでもないことに(世界中の抒情唄を探す旅)首を突っ込んでしまったのかも、かも…

| | コメント (0)
|

2015年1月25日 (日)

ヌートリア釣り???

P1220096_2

コレ最近話題の外来種・ヌートリアですよね、
写真ではわかり辛いですが体調50センチほどかと見えました、
場所はわたしの愛艇「はまちどり」をもやっている播磨フィシャリーナの桟橋対岸、

最近、桟橋からなんぼ海底を覗き込んでもナマコがデンデン居ない、
ひょっとしたらコヤツが犯人かも???
ほぼ完全な草食系だと言われていますが、ウソだと思う、ナマコも好物じゃないのかな???
ナマコを芋と間違えて食っとるのかも、

桟橋から声掛けましたが、が、大人物(?)というか、横柄なヤツというか…
口ひげ1本動かさないで知らんふりですわ、距離は12・3㍍です、
ノソッと動いて、スルリと海に入りラッコそっくりに泳いで去った、
わしゃ、無視されるのは慣れとるけれど…ケシカラン・ヤツだなぁ~って思った、

さて、昨日の釣果です、
真鯛(約30㎝1尾・ガシラ2尾…です、
ユリタロウとわたしの二人でこの釣果、
朝7時出港~午後5時帰港、

艇で二人が終日それぞれの竿先を見つめ暮らしたのだった…

二人の間はヌートリアと対面の両者間隔約12・3メートルに比べると極端に短いです、
1メートル程度かな、
この距離を隔てて二人が洋上で10時間を過ごす、

ナンジカジャ、話題にもならぬことを互いに顔も合わさずぶつぶつ話し合って、
と、いうか、つぶやいて、と、いうか…
視線の先は常に竿先ですから、たがいに顔をあわせ、目を見て、話すってことじゃない、
で、
わたしが、真鯛とガシラを各1尾、
ユリタロウがガシラ1尾、
釣った、

アァ~おもしろかった!!!
そんなわけないやろ!!!!!!

今日は、また、艇へ出かけて、燃料補充と、昨日の釣りのあと始末、
昨日は帰港したらすぐに陽が落ちて夜になってしもた、
掃除も何もせずに、ふたりともショゲて帰宅したのよなぁ~、だ、

わしゃ、既に今年になって真鯛を何尾か釣っている、
が、彼は、まだだ、
釣果は…、釣果というのも恥ずかしいが、デンブ彼が持ち帰った、
彼、家を出る際、今日は間違いない、大漁だ、って、大法螺拭いて出てきたらしいからなぁ~~、

| | コメント (0)
|

2015年1月24日 (土)

我が国は十字軍の手先ですか???

イスラム国(?)での人質事件で「十字軍」云々の言葉が使われましたね、

彼らからは、我が国日本はイスラムに敵対する十字軍メンバーに見えるようですね、
が、わたしは、観方を誤っている、と、思う、

日本の近世における行動を巨視的に観たら、今のイスラム国(?)の行動とある種・重なりませんか???

西欧列強の前に立ちはだかって、自分を主張し、世界中を敵に回し、戦争したのは、まぎれも無く日本ですよ、
今のイスラム国(?)の立場に似たものが感じられませんか???

彼ら・イスラム国(?)メンバーらは、かつての日本の行動を、どう見ているのでしょうね???
第二次世界大戦当時の日本・Aと、今現在の日本・Bと、は、まったく別だ、って判断かな???
今現在の日本・Bは、西欧列強や米国の傀儡になり下がり、もはや十字軍の手先になった、との見方でしょうか???

そうじゃないよなぁ~、
良し悪しは別にして、今の日本の行動をよく観察したら、安倍総理の動きはダレが見たって、かつての“日本の矜持(?)を取り戻そう”の動きに、アガキに観れるのでは、と、思うがなぁ~、
方向性の良し悪しは別にしての話ですぜ、

と、なると、日本の立場は、印象的には、いわゆる十字軍に対抗する勢力そのものであって、コレはイスラム国(?)の目指すところと、ある種似た印象があってしかるべきだ、…と、思うがなぁ~

イスラム国は、我が国を完全に敵に回しては損だと思うが、わたしの錯覚でしょうか、
念のために言うておきますが、
わたしは、今のイスラム国の行動は無茶苦茶だと思う、テロだと思う、これはダメだ、と、思っとる、

が、“イスラム法社会を造ろう(?)”の気持ちは、どうなのだろう???
よくわからんが、あんがい許されてよいことではないでしょうかねぇ~~、
わたし、イスラム世界はナァ~ンも知らないのですが、人々の相互扶助の精神はキリスト教社会のソレとくらべたらだいぶ分厚いようなことじゃないのかな???

少し話の方向を変えますが…
今、我が国では集団的自衛権が云々の議論が盛んですよね、自衛隊が他国へ出て行くについては云々の話ですよね、自衛隊がイスラム国に出撃するって構図はあり得るのだろうか???

またまた、話の方向を変えますが…
お二人は、単なる旅行者じゃない、やめておけばエエのに、危険を承知で彼の地へ勝手に不法入国(?)されたのですよね、情報を掴みにフリージャーナリストとして、ネタ探しに…
で、拘束され、今回の騒ぎになっとる、
すくなくとも、北朝鮮に拉致された方々とは、同列にはならんと思うがどうなのだろう、

“?”マークを付けながらの誤解錯覚話をしたわけですが…
政府(機能)がこの事件に関わって、本来(?)の仕事(?)が手抜きになっとるのでは…と、思ったり、

尺八隠居の誤解錯覚のつぶやきだ、ナニ言う多って、ダァ~レも注意して読む人なんか居られんだろう、
と、思いつつしゃべくりましたが、コレでもだいぶ遠慮しながら話したのですぜ、

あぁ、今日は、これから支度して沖へ出ます、
昨日夕刻前に釣弟子・ユリタロウから
「波平さん、明日(本日のこと)は凪みたいだから沖へ出ませんか??」
の、連絡があり、わたし独りならシンドイが、彼が同行なら、と、釣り行きを承諾したですわ、

釣れるかどうか、ですが…
釣れると思いますよ、大漁かも…

出撃前の“夢”は最大限に膨張しとる、
が、だんだん萎んで、帰宅時には釣果ゼロだった、
なんてこと、これ、ごく普通の話、
やっぱイスラム国とダブりますなぁ~、
日本人を人質に取って身代金よこせなんぞ言うようでは、彼の国(?)は、すでに斜に傾いてしもうとる、と、ワシャ思うよ、
身代金取れないと思いますよ、
日本人の心をもてあそび、これからイロイロ損することになると思うよ、

| | コメント (0)
|

2015年1月23日 (金)

さまよえる小羊  「夢やぶれて」

昨日は、わが家地区・老人会(むつみ会)の新年会だった、
缶ビール1本・お弁当・お菓子が少し、
毎月1回“誕生会”と称して集まって、地区内のゴミ出しルールをまもりましょうとか、健康体操とか、カラオケ会のこととか、とか、の話があるようだ、
わたし、今回が実質・初めての参加だったのでイマイチ様子は確かでないが…

で、これらの議事(?)が終わった後、新年会でもあったから、議事が終わった後、御馳走までの時間帯に、わたし・波平の出番が来て尺八を吹かせていただいた、
与えられた時間は当初10分程度だったようだ、
が、吹いても、吹いても、ダァ~レも止める人がなくて、みなさん珍しがってお聴きになるので、ズルズルとそのまま吹き続け、結局略1時間も吹いたような気がする、

パソコンを開き、画面に尺八譜を出す、
また、このパソコン操作で、歌詞を、持ち込んだ簡易スクリーンに瞬時に映しだす、
時々、思わぬ曲のリクエストがあって…、でも、すべてのリクエストに対応デケタ、

「どんな仕組みになっとるのや???」の好奇心爺さんが出てこられてパソコンを覗き込まれたり、
ちょっとワシにも吹かせてくれって出てこられて、尺八を手にとられて、火吹き竹奏法を試みる爺さん、などなどがあったりした、

なかに、音楽に達者なジイサンが居られて、
わたしの吹奏音のなかに音程の狂ったところが1か所あったよ、と、教えてくださった、
「レ」の半音のところだった、わたしは低く吹きすぎていたようだ、かすかに高めに吹くと、それでエエとウナズいてくださった、唱歌「ふるさと」に「レ」の半音箇所が1か所あるのだよなぁ~、

さて、先日来、スーザンボイル(英国・スコットランドの奇跡の歌手)の「I Dreamed a Dream(夢やぶれて)」を尺八譜に採って吹いてみようと挑戦中だ、
今日は、がんばって試し吹きをココにアップしてみたいが、デケルかどうか未だわからん、

幸い、無料で閲覧の五線譜を発見デケて、尺八譜に採ったのだが、どうも気に入らない、
スーザンボイルの唄声とマッチングしない、
で、探りに探って、ようやく我慢デケル程度まで尺八譜をイジッテみた、これでエエことにしたいの整備がデケタ、が、まだまだ、彼女の唄声にピッタシの譜にならん、
なんでや???

彼女は、唄の心まで深く深く理解して歌っておられるような気がする、
彼女は(先天的に)歌の“コード進行”をとらえ、コレに添って唄いこなしておられるような気がする、
“コード進行”“コードネーム”
これって、尺八1本を自分独りで吹き楽しむわたしには、無関係な知識(楽理)だと思っとった、
が、頭のなかにコード進行に添ったウナリ音が聴こえていたら、吹きだす尺八音はきっと別の音になるだろうと
、と、思えるようになった、
残念だ、もう、今からでは勉強始めるに時間が無い、
わが家には、楽器は尺八だけしかない、和音研究をなすすべもない、

“今虚無僧”ヅヅイ波平、あぁ~さまよえる小羊かな、


10:18 試し吹き「夢やぶれて」 
…こんな下手吹き聴いたらホントに夢破れるかもよ、
ワッシャしらねぇ~~

| | コメント (2)
|

2015年1月22日 (木)

灯油缶

今日は、わたしの住む自治会・老人会(むつみ会)の新年会の日、
昨年の暮れ・12月に、わたしは初めてこの会に参加し会員になったのでした、
で、今日は、明けて今年初めての新年会、

昨年暮れの、新入会員としてのご挨拶で、わたし、ほんの数分、尺八吹いたのだった、
で、で、新年会ではもう少し吹くように、と、会長から指示されとる、

で、で、で…
今日は、予定議事が終わった後、もし、時間が与えられるなら、シッカリ吹きたいと思っとる、
カラオケ好きな方等が多そうだから、オモロイかも、

老人会の概要です、
地区内に、734所帯・住人1801名、内・老人会に参加している老人は66名、
6班あって、わたしは第6班(15名)、
隣家のオッサンも会員でわたしより5歳年上、わたしは第6班15名の中で若い方から数えて3番目、

ふだん“今虚無僧”で出かける老人ホームでは、わしゃ、老人らから青年扱いされとる、
が、むつみ会では、そこまで(若者)の扱いはされない、

このところ、イギリス・スコットランド出身の女性歌手・スーザン・ボイルさんと遊んでいますが…
彼女の唄の研究しとるってことだよ、惚れてしもうたのだ…
惚れた彼女は現在53歳、わたしより21歳年下だ、

わたしは、FB(フエイスブック)もやっとって…
FBの仕組み上、“友達”登録デケタお方等の“つぶやき”を、互いに“のぞき合う”のだが…
今現在で、わたしの(FB上での)友達は、なんと150名にもなっとる、
でんでん出会ったことも無い方々がほとんどで、架空の…、想像上の方々…とのネット交流ですわ、
あぁ、約10足らずの方には少し面識がある、

で、つい最近、友達登録を願い出て、ようやくご承認いただいたお方のことですが…
なんと、なんと、わたしより50歳年下の男性です、
尺八の新進プロ奏者、音楽全般の専門家、

わしゃ、スーザン・ボイルさんの唄声を聴いたり、若い衆の尺八聴いたりで、けっこう忙しいのだ、

オモロイですなぁ~
歳の差を感じません、みなさん、今の自分と同年齢のような気がする、
そうだよなぁ~~、
実年齢では差があっても、“今を生きている”ってことでは、何ら差が無い、
ネット交流のオモロさでしょうね、互いに、相手を夢の位置に押し上げている、


年明けて、もうひと月が経とうとしている…
2月になると、いきなり節分がきて、立春だ、
すこし陽が長くなりましたね、
庭に植えたロウバイ(蝋梅)が満開です、実梅の枝に新芽が目立つようになった、

万事前向きでしょうか???

否、腰の具合がヨロシクないなぁ~~、
暖房用の灯油ですが、18㍑ポリ容器で、(灯油の)安売スタンドへ買いに行きますが…
わたしコレやるとダメですわ、
で、重たい物を持つのは、かみさんの仕事になってしもうた、
かみさんの体調ですか???
未だ大手術後の療養期間中なのです、今年70のバァさんに、灯油缶など持たせたくないのですがねぇ~~、

| | コメント (2)
|

2015年1月21日 (水)

夜明け前・6時5分記  同9:12「記翼をください」

スーザンボイルのアルバムにある「Wings To Fly」は、「翼をください」なのですよね、
わたし、スーザンボイルがコレ歌うのを聴いて、あぁこの曲は、元はスコットランドで生まれた唄だったか、と、思った、
が、そうじゃない、作曲も作詞も日本人だ、コレは1970年にデケタ日本の唄ですわ、

「翼をください」なら、すでに尺八譜に採ってありましてね、わたし、何度か吹いています、
その時は、やたら気取った歌だなぁ~、と、思っとった、
が、スーザンボイルの大空に突き抜けるような、吸い込まれるような唄声を聴いて、
印象がひっくり返った、
彼女が唄うと、曲が大きく、大きくなった、

♪♪…in to the sky…♪♪

スカイ、の、澄んだ声にはなんとも言い得ぬ大きなものを感じます、
宗教的なナニかが無ければこのようには歌えないのでは…

日本人の(唄の)心は、スコットランドの方々と非常に似ている、
…と、わたし、想います、
明治維新のころ、五線譜音楽を日本へ輸入するに際し、スコットランドの曲を多く唱歌(教育)に取りこんだのだった、
「蛍の光」の原曲はスコットランドの民謡「Auld Lang Syne /オールド・ラング・サイン」だ、詩はロバートバーンズ、我が国最初の「小学唱歌初編」に掲載された歌、
イギリス(国)は、イングランド・スコットランド・アイルランド・ウエールズの集合体なのですよね、
日本への五線譜移入は、イギリスのこれら全体からのものだった、

「ビルマの竪琴」って映画が昔・在りましたよね、第二次世界大戦の敗戦直前の戦場で、日本軍とイギリス軍が対峙し、日本軍は全滅覚悟で突撃しようとした、
と、日本軍を包囲する英軍から兵士らの大合唱が聴こえてきた、「埴生の宿」を英語で歌っていた、
日本軍兵士らは、日本語で応じ、唱和した、三日前に日本は降伏していたのだった…
コレは映画での話ですが、実際の戦場でも同様のことがあったようですよ、
実際には、歌い終わった後、又、双方から激しく発砲しあい、悲惨な銃撃戦になったらしい、

昔は、一方的に、イギリスなどから音楽が入ってきた、
今は、日本人の作詞作曲の歌が、(イギリスはスコットランドの奇跡の歌姫・スーザンボイルが歌い)世界中の人々が聴くことになった、
この歌、イスラム国の方々にも聴いてほしい、イスラムの方々の心の構造はどうなっとるのだろう???
邦人2名が、ヤバイ状態にあるらしい、

今日は、「翼をください」を吹いて遊ぼうと思う、
未だ夜明け前・6時5分、記、

AM 9:12 
「翼をください」

今日は引き続き「夢やぶれて」もやってみようと思う、

| | コメント (0)
|

2015年1月20日 (火)

「Cry Me a Piver」

スーザン・ボイルの「夢やぶれて」を尺八譜に採りました、

失った艇のアンカー、付け替えました、
腰が悲鳴を上げる、ヤバイ、ヤバイ、

今日は最高の釣り日和なのに沖へ釣りに出られん、
“今虚無僧日”だから…

スーザン・ボイルの最初のアルバムを紐解きますとね、
「Cry Me a Piver」ってのがあった、
気に入りました、
「夢やぶれて」の稽古途中ですが、さっそく、コレ、尺八譜に直し採って吹きました、

歌詞をそのまま揚げておきましょう、
わっしゃ、ゲェ~国語はわからんが、そのまま揚げておきましょう、

尺八譜??
アップは控えますわ、こんな国際歌手の唄いじくって、その筋から手が回ったら難儀だ、
下手吹き(音源)だけにしますわ、

 
Now you say you’re lonely
You cry the whole night thorough
Well, you can cry me a river
Cry me a river
I cried a river over you

大昔、太公望ってお方が居られて、メッチャ出世なさったのだが、
出世した後に、彼・太公望を捨てて逃げた昔の女房が、よりを戻してほしいというて帰ってきた、
太公望は言うた「覆水盆に返らず」(ひっくり返った茶碗の水は、元へもどらない)と、
「Cry Me a Piver」は、そういう気分の唄みたいですな、

わたし???
ヨリを戻してくれなんぞ、言うたことない、
そんなエエ女に出会ったことが無い、
あぁ、ひとり居った…
その女、未だに我が家に居付いとる、

| | コメント (0)
|

2015年1月19日 (月)

スーザン・ボイル

スーザン・ボイル(Susan Boyle)の「The Gift」(夢の贈り物)を
⇒尺八譜に採りたいと思っていましてね、
で、無料楽譜を探しますが見つけ得ません、
有料でなら簡単に入手可能、が、高価なのですわ、
http://www.gakufu.ne.jp/search/keyword.php?affiliate_id=70524&keyword=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB
年金ヅヅイの会計ではとてもじゃないが手が出ない、

彼女の唄の楽譜は、デケタラ全部尺八譜に採って吹いてみたい、

彼女の唄の楽譜がぎょうさん載った歌曲集(本)って出ていないのかな???
今日は図書館へ行って司書の方に相談してみようと思う、

彼女の最初のデビュー曲「I Dreamed a Dream」(夢やぶれて)は、なんとか五線譜入手がデケタ、
今日はコレを尺八譜に直してみよう、

彼女・スーザン・ボイルさん
 容姿からは、天童ヨシミさんと、ダブってしまう
 唄声からは、倍賞千恵子さんと、ダブる
 清純で美しい、コレ、辻井伸行さんとダブる

倍賞千恵子さんが、もし、英語で唄っていたら、スーザン・ボイルさんのような世界的歌姫になっておいでだったと思いますなぁ~、
が、残念ながら、彼女(倍賞千恵子さん)のすばらしさは、日本語発音のすばらしさにある、
この才能は英語ではどうかな、

わたし・波平の下手尺八で、スーザン・ボイルさんの唄を追いかけて…
で、せっかくの彼女の唄声イメージをぶっ壊す、
これって、ある種の犯罪かも、

(スーザン・ボイルさんの唄)どれ聴いても、“極限の美”って感じです、
辻井伸行さんのピアノを聴いている時に似た感動が湧き出てきます、
https://www.youtube.com/watch?v=6uLHsxCxVgY&list=PLu8t5gdMih14UezznUmoQDagQ8quhyLT1&index=6

| | コメント (0)
|

2015年1月18日 (日)

ワッカラ~~ン!!!

民主党代表選挙は今日でしたね、
A) 党再生の出発点になるか、
B) さらなる凋落の始まりになるか

選挙戦と言ったって、たがいに足を引っ張り合いしただけでしょう、
オ~ラ~の出とるお方が居られんのが残念ですな、

一方では自民党がやけに元気だ、

公明党は野党じゃない、与党側にくっついてヨイショだろう…
野党がどこに居るのか虫めがねで探しましょうか、

まちがいなく我が国は変貌の期にあるのでしょうなぁ~~、

これから先、数年もすれば、随分今とは違った世情の国になっとると思う、
(丁)立派な国になっとる、
(半)ダメな国になっとる、
サイコロ・バクチだよな、丁半どちらに賭けますか???

ひょっとしたら、
どこかの国に攻め込まれて…
北海道はロシアに、沖縄は中国に、対馬や隠岐の島は韓国に占領されいたり…かもな、

この逆はあり得ると思いますか???
A) 北方領土を奪回し、ついでに樺太まで強奪し得ている
B) 台湾が(中国からの圧力に反抗し)我が国に併合を求めてくる
C) 韓国で、日本国への合体要請するか否かの国民投票が実施され、で、日本国への併合が決まる
D) グアムが日本領土になり、米軍基地が事実上我が国の傭兵基地になりさがる
E) 中国共産党が腐敗・腐敗で自滅し、大規模な民俗独立運動が生じ、ぎょうさんな国々分かれる
F) 北朝鮮が大昔の任那(ミマナ・朝鮮半島の南端にあった大昔の日本領土?)になる

最悪は
(ア) 国内のアチコチ原発がまたぞろ次々メルトダウン
(イ) 富士山が大噴火、南海トラフが大きく動き日本列島が沈没

ワッカラン…ですよねぇ~~

が、そのころには、ワッシャあの世へ移住しとる、と、思う、
関係ナァ~イ…だよな
わたしって、無責任ですか???

今日は、これから、思い切って沖へ魚釣りに出てみます、
釣れるかどうか…
そんなこと、ワッカラ~~ン!!!

| | コメント (3)
|

2015年1月17日 (土)

「津軽のふるさと」「スワニー」

和製ロック「僕はキット旅に出る」は、わたしの吹奏力では無理ですわ、匙を投げます、
ヤァ~メタ!!!

縺れた神経を解かないとどうにもならん、
わたし、ふるさとガラミの唄がだい好きだ、
日米ふるさと(我が国、と、アメリカ)の曲でモツレ気分をほどきましょう、

「津軽のふるさと」 カラオケ・バックに吹くのは、波平ドンとしては珍しいことだ、

「スワニー」 黒人霊歌だ、難しいなぁ~~、


明日・日曜日は、出来たら沖へ魚釣りに出てみたい、と、思っとる、
数日前から天気図では凪だと睨んでいた、
が、今日(土曜日)になって、すこし天気図に変化が出て明日はベタ凪というわけにはいかんようだ、
今晩から明朝にかけて、さらに悪い方へ天気図が動くなら、またまた釣り行きは断念せざるを得ない、
尺八を吹いていても、コレが気になってしかたがない、

| | コメント (2)
|

「しあわせを運べるように」

今日は1月17日、20年前の今日、阪神淡路大震災が起きた、
この日を境に、わたしの人生にも大きな変化が生じた、
わが家は神戸市内の激震地域からは少し離れた三木市内のあるのだが、家は立てつけが歪み襖や扉が動かなくなった、床も傾斜してしまって、お好み焼きなどすると鉄板の上を油が斜に流れる、
家に引き込んだ水道管が庭でブチ切れ、大変なことになったりしたのだった、
が、幸い怪我もなく、当座の暮らしにもさしたることなく過ごし得て、先年、家も思い切ってリホーム工事を終えている、

当時、未だ神戸市の下っ端・現役職員だったわたしはそれなりに使い倒され、ホントにぶっ倒れ、約10日間ほど避難所お世話勤務から離れざるを得なかった、
勤務中、突然片耳がまったく聞こえなくなり、ナンジャコレ?? と、思いつつ勤務から離れることができずにいたが、片耳だけでは不便でかなわず受診して、突発性難聴になっていたと判った、この症状は10日間も放置していたら症状が固定し治せなくなるらしい、わたしは、未だに片耳が聴き辛い、
年取って…今や両耳とも難聴度がすすんでいる、もう今となっては、難聴なんてナンジャラ・ホイの心境だが…

さて、今日は、阪神淡路大震災の復興支援歌「しあわせを運べるように」をとりあげよう、

震災発生から約2週間後に神戸市の小学校の音楽教師・臼井真氏が作曲・作詞、
新潟中越地震・東日本大震災の際には、この歌が神戸から被災地へ届けられ、以来、次第にメジャーになった、
が、「花は咲く」(東日本大震災の復興支援歌)はご存知でも、この神戸発の「しあわせを運べるように」はご存知ないお方がおられるのではなかろうか、
実は、わたし自身、つい最近までこの歌のこと知らなかったのだし…

尺八譜に採りましたので、吹いてみましょうかねぇ~、歌詞もアップしましょう、

著作権料・印税はすべて東日本大震災復興支援に寄付されているそうな、
わたしも、今までに幾度か救援募金に対応させてもらっとる、
で、当ブログにこの曲アップのことお許しいただきたいと思う、

今、午前5時6分だ、あの地震は午前5時46分に起きたのだった、
あの時、わたしは、自宅玄関たたきでごろ寝していた、
で、助かった、
前夜、しこたま三ノ宮JR近くで酒を飲んで、ベロベロにヨッパライ、自宅にたどり着いて玄関でそのままの姿で寝込んでしまったようだ、
もし、いつものように2階の寝床で休んでいたら、棚からの落下物で大ケガしていたこと間違いない、

今、5時10分を過ぎた、
アレは、こんな感じの日に生じた地震だったのだな~~、

後刻、吹いてみようと思うが、とりあえず採った尺八譜だけでも先にアップしてみましょうかねぇ~~、
後刻なんて悠長な気持ちになれんのだ、いつなんどき揺れるかもわからんからなぁ~、

 地震にも負けない 強い心をもって
 亡くなった方々のぶんも 毎日を大切に生きてゆこう
 傷ついた神戸を 元の姿にもどそう
 支え合う心と明日への 希望を胸に
 響きわたれぼくたちの歌 生まれ変わる神戸のまちに
 届けたいわたしたちの歌 しあわせ運べるように

Photo

「しあわせを運べるように」

1オクターブ上げて吹いていますよ、尺八の楽器性能ってホント難儀ですわ、

| | コメント (0)
|

2015年1月16日 (金)

閑話休題

Finale(音楽ソフト)が欲しいなぁ~、スッゴク欲しい!!!
が、約6万円もする、
Finale(ソフト)は、尺八譜にも使えるのかな???

12・3インチ画面のタブレット・パソ、これもスッゴク欲しい、

腰椎圧迫骨折の後遺症かな???
灯油暖房機用の灯油ポリ容器(18㍑)を持ち運んだら…
数日間は腰がダル痛い、両足がシビレてしまって歩き辛い、
なんでやろ???
と、思っとったのですわ、やっと、腰のせいだと判った、

ノートパソコン、重たいなぁ~、…10数年前のパソを“今虚無僧用”で持ち回っとるのだ
簡易スクリーン、これも腰にこたえる、プロジェクターも…
で、軽ァるいタブレットパソなどが欲しい、
…欲を言えば切が無い、


…閑話休題…

今日は、フッと足元を見たい気持ちになりましてね…
で、今までに採譜したイロイロな曲のファイルを眺めていたら、コレに目がとまりました、
「陸軍分列行進曲」です、

海軍の「軍艦マーチ」はパチンコ屋でもチンッジャラ・チンジャラ鳴っとった、
が、陸軍の「陸軍分列行進曲」は聴かないなぁ~、もう最近の人らはご存知ない、
むかし明治神宮外苑競技場で学徒出陣式が行われた際、学徒らはこの曲のなかで行進した、
多くは戦地に倒れられた、

吹きたくなった、
尺八愛好家らにはすぐ解る、とても難しい譜まわりになっとる、
たどたどしい吹奏で申し訳ないが吹いてみましょう、
採った譜面もついでにアップしておきます、

今日は、洋物・ゲェ国の歌はひと休みだ、
「陸軍分列行進曲」

コレ吹くといつまでも吹き続けたい気持ちなる、出征し戦いに倒れた方々を想うと、ぶっ倒れるまで吹き続けたくなる…
Photo

| | コメント (2)
|

2015年1月15日 (木)

「夜のタンゴ」

スピッツの「僕はキット旅に出る」に手こずっていましてね、
で、こんな時に、草どんから、
「『夜のタンゴ』をやってみろ!!!」
って、コメントが届いた、

で、やってみたら、ら、コレッテ意外と簡単だった、
とりあえずコレ吹いてみますね、

「夜のタンゴ」

_20150115


| | コメント (2)
|

わしゃ、ナニやっとるんだろう???

人生はよく旅にたとえられる、
険しい山、深い谷、大きな川、果てしない海、
が、わしゃボンヤリしとったら、いつの間にか年月が過ぎ、歳食って、ヅヅイになっとった、

ボンヤリ旅、いつまで…???

「僕はきっと旅に出る」って曲(ロック)がある、
スピッツというロック・グループの曲、
作曲はバンドリーダーの草野正宗さん、今年47歳になるらしい、

ゲェ~国の曲(唄)バッカじゃなく、大日本帝国(ナンジャソレ!!)の…
今現在売り出し中の唄も尺八吹きしてみましょうかねぇ~、

メロデイは単調だ、歌詞もロックと言うには場違いなショゲタ感じの情けない文句だな、
ロック調の伴奏がなければ、もの哀しい静かな曲になりますよ、草食系の唄だ、
尺八で吹けばさらに、気弱な歌になるかもだけれど、吹いてみましょうかねぇ~~

エエ歳して、わしゃ、ナニやっとるんだろう???

今朝はAM3時起床、で、尺八譜をこしらえた、すでに完成だ、
が、未だ尺八吹き散らかす時間じゃない、
後刻、試し吹きますです、

あぁ~、譜採りに疲れてしもうた、
少し休憩しますわ、

| | コメント (0)
|

2015年1月14日 (水)

「La Cumparsita.」

「ナンンジャコレ!!!」って、思われたのではないかな???
タンゴの曲「ラ・クンパルシータ」のつもりです、

がんばってみたけれど、尺八ではいまいち雰囲気が出ませんわ、
そもそも、音域が尺八で吹奏可能な域を超えている、
譜面赤色の箇所は大甲音(五線譜上第4間より上の音)が欲しいところです、
1音ごとに吹くと吹けなくもない、が、曲に乗って吹くのは無理です、

ラテン曲は中東やイスラムの曲とは違って、日本人の感性にも合うかも…
が、若い人らの感性にはってことでしょうな、ヅヅイの感性には無理だと思う、
ラテン系音楽もいろいろな種類がある、
サラサという種の音楽もある、
キューバが国際社会に復帰かぁ~、米国と国交再開ですよね、
サラサが上陸してきますぜ、と、思います、

ラテン音楽かぁ~~、言い過ぎかもしれんが、セックス・アピールの曲だよな、
ヅヅイになってしまっては、もう関係ない曲(勉強デケル曲じゃない)のような気がする、

_20150114


| | コメント (2)
|

ヅヅイの贅沢

今日の播磨灘は凪いでいると思う、
昨夜就寝前には、沖へ出よう、と、思っとった、
が、起きたら、気持ちが消えとった、ヤァ~~メタ、ですわ、
気力の維持がねぇ~、続かない…

未だ夜中の午前4時、飼い犬・ショウタと外へ出てみた、
寒い!!!
空の様子は、と、仰ぎ見る、
空全体がまだら模様のウロコ状の雲で覆われているような感じ、
沖は寒いに違いない、ヤッパ、釣りに出るのは止めましょう、

昨日はキューバの曲「ラ・コンパルシータ」を尺八譜に採って稽古した、
少し吹いて、すぐに休みます、で、また、少し吹く、の、断続的な稽古、
ナニかにハッと気が付くのは、休んでいる時の方が多い、

休んでいるとき、ですが…
“頭の中を空っぽにする”
の、徹底的な休憩、これがまた必要なのだよなぁ~~、
稽古の間のエセ休憩じゃなく、純粋な空っぽ休憩のこと、

わたし的には、これが魚釣りだ、
時間があっても無くても、四六時中、港へ走り、桟橋に繋いである愛艇の中で、アレいじったり、コレいじったり、ゴソゴソしとるのです、
魚釣り気分です、頭の中はホボ空っぽ⇒コレ、まさに釣りキチの釣り、
クソ寒い時に、むりやり沖へ走り出なくても、わしゃ四六時中魚釣りしとるようなもんだってこと、

あぁ、「ラ・コンパルシータ」ですけれど…
どう頑張っても、譜面のとおりには吹けません、
尺八の楽器としての性能限界を超えています、
で、譜面をすこし触ることにした、譜に工夫を加えると吹けなくもない、
(ピアノ譜を尺八で吹こうとしとるのです)
今日は、コレをアップしようと思います、

実は昨日から、タンゴからさらに進んで、サルサ(ラテン音楽)を聴き込んでいるのです、
聴いて、聴いて…耳をサルサに慣らそうと努力中です、
奇異な感じしか得られない段階から⇒脱出デケルかな???

隠居ヅヅイの贅沢でしょうなぁ~、
こんな時間の使い方、昔は想像だにしなかった、

| | コメント (0)
|

2015年1月13日 (火)

尺八根性

アメリカとキューバが国交を開く、と、どうなるか???
野球と音楽、この二つが大きく変化する、…と、わたしは思う、

特に、音楽の世界に大きな変化が顕れるだろうと思う、

自由社会から久しくポンヤにされ、パラパゴス化されてきたキュウバのラテン系音楽が、息を吹き返すに違いない、
“リズム感”では、キューバ音楽は世界の頂点にあるからなぁ~~

まずアメリカの音楽が、キューバ音楽の洗礼を受ける、
やがて、我が国の音楽にもその影響が波及する、
AKB48が、キューバ音楽のリズム感の前にはドンクサク感じられたりするのでは…

尺八の世界にも影響は顕れるでしょうか???
顕れる、と、思いますよ、いつかは…ってことですがね
後世になってみないとわからんけれど…

こんなのをパソコン検査し、片端から聴いているのですが、尺八世界に凝り固まったヅヅイの耳には、ヤタラせわしい賑やかなゴチャ・ゴチャ音に聴こえることだ、
http://matome.naver.jp/odai/2139269055082015901
尺八隠居の貧弱な音楽感性では消化デケそうにないなぁ~~、異次元の世界の音に聴こえる、

が、ワシャ暇なのだ、挑戦してみましょう、
「La Cumparsita・ラ コンパルシータ」って曲がありましたね、
無料入手可能な楽譜を発見し、たった今(午前5時チョイ前)ダウンロード完了、
音符が下第1間~上第5線まで散らばっとる、
尺八で吹奏デケル範囲を超えている、
上第5線は「ハ」のメリ音の大甲音、ワシャこんなところの音なんか吹いたことないですわ、

とにかく、採譜だけはしてみましょうかねぇ~~、
で、吹けるところだけでも吹いてみましょう、
尺八がこんな曲に付き合わされて、「もう、やめてぇ~~~」と、悲鳴を上げるかも…

あぁ、今日も“今虚無僧”日なのですが、今日は特養じゃなく、デイサービスセンター訪問です、
特養に比べたらだんぜん吹きやすいです、

昨日は出立前に、風呂を沸かし、頭を洗い、髭を剃り、身を清めて、下着からすべて着替え、心身共に気合を入れ直して向かったのだった、
が、我が実力は、呆けバァさんの雑談前には無力(?)だった、残念だ、
が、が、
一応は略1時間の吹奏で頑張ったのですぜ、雑談中のバァさんらも、曲に添って鼻歌を唄いながらシャベクッたりしとったのだ、してやったりの気持ちもあったのだよ、
バァさんらのゲタゲタ笑いの雑談は半端じゃなかった、
が、ワッシャの、尺八根性だって半端じゃないのだ!!!

| | コメント (4)
|

2015年1月12日 (月)

ボランティアかぁ~~ 「ダヒルサヨ」

今日は「Dahil Sa Iyo(ダヒル・サヨ)」に挑戦しようと思う
「二木絋三のうた物語(ブログ)」最新版にアップの曲だ、
フィリピンで、昔、恋愛映画が撮影されて、その主題歌がコレだそうな、
原曲はフィリピンの古い子守唄だとか、

なんだか、わたし、霞食って唄三昧しとる仙人のようになってきた印象がありますな、

と、こんな中、ホント久し振りに、今日は午後から某・特別養護老人ホームで“今虚無僧”します、
今週は3回、来週は2回、今月は計5回の今虚無僧になります、

余力は、まだ残っていますから、新たなボラン訪問先を開拓しようか…、
と、だいぶ考えたのですが、積極的な営業(?)は止めることにした、

わたしの人生って、もう残り少なくなっとるのですよね、
暮れから正月にかけて、喪中連絡、寒中見舞い(訃報がらみの)、に、接する間、
ボランティアどころじゃないのかも…ですわ、


ところで、
ボランテアの究極の発展形は、政治家になって、国民のために心身を投げ出すことでしょうなぁ~~、

今、民主党代表選挙が行われているけれど、18日が投開票日だそうだけれど…
なんだか“医者の俥”を想いますなぁ~
その心は、⇒悪い方へ、悪い方へ走る、

あぁ、人偏の付いた“俥”ですよ、人力車です、
むかし、お医者さんは、患者の元へ往診するに、お抱え車夫に人力車をひかせて乗って行った、
人力車が大急ぎで走る先は、ヤバクなった患者宅ですわ、
医者の乗った人力車は、(患者の様態が)悪い方へ悪い方へ血相変えて走ります、

今の、民主党代表選挙のお三人は、容態悪化の民主党を助ける医者になり得るかどうか…
お三人とも、懸命に走っておられるが、いまどき、人力車で走ったって、間に合わんだろう、
スーパーDr・小沢一郎氏でも引っぱり込んだらどうか???
暴論ですよね、劇薬にすぎますよね、
が、それなりに効くと思いますがねぇ~~、

ボランティアかぁ~~~

「ダヒルサヨ」

_20150112


| | コメント (0)
|

2015年1月11日 (日)

「ヨルダンの流れ」

「Roll Jordan roll,」
Roll Jordan roll, Roll Jordan,
Roll Jordan roll, Roll Jordan,
I want to go to heaven when I die,
To hear Jordan roll.

上は「ヨルダンの流れ(Roll Jordan roll,)」の歌詞1番だ、
Rollは「流れ」とするより、ウネリと訳したほうがエエですな、

アメリカの黒人奴隷の間で唄われ、奴隷解放のシンボル的な歌になっとったようだ、
いわゆる黒人霊歌のひとつで、ココがジャズの原点のひとつでもある、
曲趣は実に重たい、が、重たくは唄わない、陽気に唄うのだ、尺八も明るく吹きたい、
(尺八の)音色などにこだわらず気持ちを上向きにして吹いてみた、

あぁ、アメリカの奴隷黒人がヨルダン川を見知って居たわけじゃなかろう、
黒人霊歌に唄われる川は、ミシシッピー河であったり、スワニー河であったり、テネシー河であったりしたわけだ、
どの曲も妙に明るい、これが、かえって胸にグッと来ますですな、

下手な吹奏でごめんなさい、

_20150111_2

| | コメント (0)
|

今日もまた投げ出すかも

11月末頃から賀状ガラミの喪中連絡が舞い込み始める、
年が明けて3日過ぎた頃からは、(実は昨年亡くなったとの)寒中見舞いが届き始める、
正月は、我々高齢者には、“おめでたい”の気分じゃない、
(年賀状は)“元気にやっとるよ!!”の方が多いわけだけれど…
ヤレヤレの安堵はあるが、めでたいなぁ~~の喜び気分とは言い難い、

50年ほども交友があった親しいお方の奥様から寒中見舞いが届きましてね、
わたし、沈み込んでいるのです、
住所録から彼の名を削除しました、

さて、昨日の課題曲、3曲、
「リリーマルレーン」「マイム・マイム」「ヨルダンの流れ」
尺八譜に採りましてね、
で、吹いて録音し、再生しますとね…
気の抜けた情けない音色ですわ、
幾度吹き改めてもダメ、吹きなおすほどに無理吹きになり、音楽から離れる、
投げ出しました、
ダメですわ、ダメ、ダメ、

アチコチの国の抒情唄(歌)を探し出し、尺八で吹いて楽しんでいるわけですが…
わたしの実に勝手な変コツ遊び…ですよね、
当ブログをご閲覧いただいている方々で、この遊びに共感のお方があるようには思えない、
「付き合いきれんなぁ~~」ではないでしょうか???

アレコレ想います、
イロイロな唄があるなぁ~と、そして…
 唄に国境はありますな、インド曲などはワシャわからんです
 唄の心は、国というより人種・民族に偏重みたいだな
 が、我が国はイギリスの(唄)心が、いつの間にか刷り込まれているようだ
など等

と、もうひとつ、尺八って楽器は、
 吹く際の息遣いの微細な迷いがそのまま⇒音色に顕れる
 体調が悪いとダメ
 気持ちが安定していないとダメ

今日は、又、昨日投げ出した上述3曲を吹いてみようと思っとりますが、
どんな音色になりますかねぇ~~
わたし、気持ちが不安定ですわ、
こんな時に無理吹きすると、嫌な音が身体に染みつくような気がする、
今日もまた投げ出すかも…

| | コメント (0)
|

2015年1月10日 (土)

海況と今日の課題曲

愛艇の船尾船底に取りつけた海水温検知器が壊れて計れない、
兵庫県水産技術センターのサイトで播磨灘の海水温変化を観ると、今年は例年比1度ほど低くなっとる、
同上・センターの発表によると、今年のイカナゴ漁は良くないようだ、
コレですわ、
http://www.hyogo-suigi.jp/ki/pdf/SG-14-01.pdf

明石タコも良くないと思いますよ、タコは水温低下に超弱い、

一昨日、愛艇へ出かけて、又、燃料補充してきましてね、で、ついでに、釣り仕掛けのアレコレを厳寒期用のに取り換えてきた、
釣り糸の号数を極限まで補足するのが今の時期の心得だ、

次の魚釣り日和は14・5日あたりになりますが、潮満が良くないなぁ、
この両日は潮がほとんど動かない、
ソレを承知で、沖へ出て、ナァ~ンも釣れなくて…の、日になると思う、
丸ボーズを承知でってのは、気合が入りませんなぁ~~、
朝起きて、出るのはヤ~メタに、なるかも、

さて、さて、明後日以降から、尺八吹奏ボランテイア(“今虚無僧”)の再開だ、
月に5回以内のペースでやっとるのですが…
回数を増やそうか、どうしようか、の、迷いのなかだ、

三木市内に“介護サービス”機関(施設)が52か所あります、
これ以外に、障害者施設や、長期療養型病院(介護療養型医療施設)、各地域自治会にはそれぞれに老人部会がある、これらをすべて合わせたら100を超えるのでは、と、思う、
“今虚無僧”活動の潜在的お客さんです、

もし、お客さんの方から、「来てくださいな」の声掛けがいただけたら、
わたし、二つ返事で引き受けます、もう数か所だけなら…
が、(“今虚無僧”活動は)商売でやっとるわけじゃない、
自分を叱咤激励し、与えられた仕事かも、の、気持ちでやっとる、
やればやるだけ、労力も自負負担も増えますわ、
で、施設への積極的な働きかけには二の足三の足、

店((今虚無僧店)は頑張って開いとるのだが、客が来ない、…ですわ、

で、今日は次の3曲に挑戦、
A) 「リリーマルレーン」…連合軍からドイツへ流した曲、
B) 「マイム・マイム」…フオークダンス(イスラエル)の
C) 「ヨルダンの流れ」…(黒人霊歌)

| | コメント (2)
|

2015年1月 9日 (金)

「ダニーボーイ」を吹きなおしました、と、「Waltzing Matilda」

昨日のアップは、ピアノ伴奏から、およそ2小節半も先走りの外れ吹奏になっとったのです、
が、なんだか合奏になっとった、
ふしぎですなぁ~~
が、聴く人が聴いたら、狂っとる、と、すぐにお分かりだったに相違ない、
あまりにも恥ずかしいから、
昨日アップの合奏音源と尺八譜は今朝削除しました、

吹き直しの「ダニーボーイ」です、(コレを朝から吹き続けていて、疲れてしまった)


で、今日は、もう1曲、オーストラリアの曲を勉強です、

「Waltzing Matilda」

オーストラリアの第二の国歌の位置にある曲だ、映画のテーマ曲にもなっとるよ、
ここにわかりやすい解説があります、
http://www.tapthepop.net/kiyoshi/8219
ページを読み下りますと、潜水艦の写真や他の写真がこの曲の動画に誘導してくれる、
片端からクリックしてこの曲に聴き入ります、勉強ですわ、
この曲は、オーストラリア国民の心意気を示すものであるらしい、
ユーチューブを検索しますとね、実にぎょうさん登録されとりますなぁ~~、

今日は、「ダニーボーイ」の稽古ですっかり疲れてしまった、
わたし、地無し延べ竹(虚無僧竹)で吹いて居ますのでね、律のことが気に掛かり始めると、もう何度吹きなおしても気に入らないところがあって、キリがないのですわ、
1音、1音、創りながら吹いているのですよ、

譜面のアップは今回は疲れたから、やめますわ、


| | コメント (0)
|

2015年1月 8日 (木)

曲の緩急 「ダニーボーイ」

竹友T氏が、「ダニーボーイ」のピアノ伴奏(音源ファイル)をメール添付で届けてくださった、
で、昨日は、コレに合わせて、尺八を吹こうと稽古して、イロイロ思うところがありました、

メロディーから離れすぎていて、合わせ吹くに難儀な伴奏だったのです、
難儀は、ピアノ演奏の曲中の緩急だった、実に自由気ままなテンポでピアノを弾いている、
自由気ままなテンポ移動に合わせ尺八を吹く、コレ、意外と難しかったのです、

曲中の緩急は、音の強弱と同様に曲趣を生かす大きな要因だ、
強弱のことは、今は論じないでおきましょう、
さて、緩急のこと、
は、素人的に考えて…
A)曲中・特定フレーズの緩急 …♪=120が、♪=60になったりする
B)特定フレーズ中での部分的な緩急 …ワン・フレーズ単位では元のテンポが保たれる
C)上述Bより更に局所的な緩急 …音と音との間の微細な間の採り方

今回の「ダニーボーイ」のピアノ伴奏ですが、上述Bの緩急が随所にあったのです、
伴奏ピアノ演奏者の曲理解が色濃く出た演奏になっとる、
って、ことは…メロデイ部分吹奏者は、伴奏者と同じ曲趣理解の場で吹くことが求められる、
…って、ことになりますよね、
わしゃ、ド素人尺八吹きだ、そう言われたって、専門家と同じ理解レベルで吹くなんて無理ですわ、

わたし、デイサービスセンタなどへ出かけては、尺八吹いて老人らに唄ってもらっとる、
わたし、老人らの気持ちに合わせて尺八を吹こうとしていましてね、
これって、ある種尺八譜面を離れた吹き方になっとるですよ、
曲中の緩急も強弱も、そもそも曲の選択も、音楽理解レベルも…
すべては場に集まられた老人らの気持ち第一主義ですわ、
ただし、わたしの気持ちの中では…ってことですよ、

で、実際にはどうなっとるかですが…

尺八に合わせて唄って欲しいのに、老人らが尺八に聴き込んでしまわれて、なんだかわたしの尺八演奏会のような感じになったりすることが多いのです、
こうなると、わたしは、老人らが好まれるであろう曲の選択に一生懸命にならざるを得ない、
知らん間に、老人らにイロイロ話しかけていて、雑談に大きな比重が移っていたりする、

思うのですよね、
雑談が中心か、尺八吹奏が中心か、の、ゴッチャゴチャですけれど、
これって、ある種の合奏ですよね、

場の老人らは、わたしのことを、どんなズズイなんやろ??? …と、思い、
わたしは、老人らがどんな曲を聴いてみたいとお想いかを探っている、
曲を雑談の中に挟んで、気持ちの行き来があるじゃないですか、

あぁ~
昨日は1日、既存の「ダニーボーイ」のピアノ伴奏と向き合っていました、
上にグダグダ愚痴ったように、未だに、うまく吹き合わせ得ないのですが、思い切ってアップしてみましょうかねぇ~~、
が、未だ夜明け前の午前6時、アップはお日様が高くお昇りになって後になりますが…

notenote9日午前5じ50分・たった今、TYD氏から長打したコメントを拝見し、わたしの大きな誤りに気づきました、で、いったんアップの音源・尺八譜を削除します、
あぁ恥ずかしいdowndowndown

本日(9日)今一度吹き直しを試みます、

どうかお許しください、
TYDさん、ありがとうございます、

| | コメント (2)
|

2015年1月 7日 (水)

神への冒涜(ぼうとく・神をけがすの意)

次の播磨灘の釣り日和は13日(火)・14日(水)だと思う、
が、両日とも小潮日で、魚の食いが最も悪い釣果ゼロになるだろう、の、魚釣りには適さない日だ、
こんな潮行きのトロイ日に、1昨日出た潮行きのゆるい海域へ向かったりしたら、ほぼ確実に丸ボーズかも、

トロ~~とするのは潮行きだけじゃない、人間だって同様だ、

この際、若い衆らに言うておきますが…
こんな日に、彼女へ攻勢を掛けようなどはやめておいた方がエエ、大潮日を待つ方がエエ、

お見合いの際に、相手方へ提出する履歴書を「釣り書き」って言いますよね、
コレ、ある種、相手の気持ちを釣り上げるための“釣り餌”ですよ、
彼女は、元来釣り上げる物なのですよ、魚釣りもお見合いも同じようなもんだ、

“物”だなんて…、魚と同じだなんて…
ちょっと言うてみたまでで、わしゃ、(彼女が)物だなんて本気で思ったりはしとらんよ、
“わが屋のかみさん”ですが、わたしはデッタイに物だなんて思っとらん、
が、かみさんは、わたしのことを物だ、と、思っとる節がある、木偶(でく)の棒だって…


<さて、黒人霊歌のこと>

重たいですなぁ~~、わたしには…消化しきれませんです…

「聖者の行進」、
アート・ブレイキのトランペット聴いたら、もう泣きたくなる、
これ聴いて、あとで尺八なんぞ吹けると思いますか???
ダメだ、とてもじゃないがわたしにはダメ・ダメ…不可能、

他になんぞ、吹けそうな黒人霊歌は無いかな???

「時には母の無い子のように(Sometimes I Feel like A Motherless Child)」
ルイ・アームストロングのトランペット・あのダミ声の唄、
聴いてしもうた…
ヤッパダメだ、こんなのを聴いてしまったら、とてもじゃないが尺八を手に取る気にもならん、

ルイ・アームストロングのトランペットの“音の支え”は神業ですな、
すばらしいの頂点を遥かに超えた高みにある、吹奏技術の域を超えている、

わたしには、黒人霊歌を学ぶ(吹く)力が無いですわ、
無理です、人間修行が足らなすぎる、

こんなジャンルに挑戦するのはヤ~~~メタ!!!

たまたま、竹友・TYD氏が、メール添付で「ダニーボーイ」の伴奏音源を届けてくださった、
わたし、竹1本のアカペラ素吹きが常なのですが…
今日は、頂戴した伴奏音源に合奏する試みに挑戦してみようかと思う、

「ダニーボーイ」が軽いってことじゃないですぜ、
ウヌ、ヤッパ軽いのかな??
なにせ、黒人霊歌は超重たいですわ、重すぎる、
薄ボケた年金ヅヅイがオモロがって吹いたりするのは、神への冒涜になる、
そんな気がする、

| | コメント (0)
|

2015年1月 6日 (火)

「深き河」

深い河、私のふるさとはヨルダン川の彼方にある
深い河、主よ 
私は向こう側の集会場に行きたいのです
深い河、私のふるさとはヨルダン川の彼方にある
深い河、主よ 
私は向こう側の集会場に行きたいのです

Photo


ヨルダン川、イスラエル・ヨルダンの国境を流れる川、川の中でも別格だね、キリストが洗礼を受けた川、
アメリカの黒人霊歌のなかでも又・別格の歌、
ユーチューブでいろいろ聴いてみましたが、難しいです、
正直言って、曲趣がわたしにはなかなか掴み辛い、
尺八譜に採ってコレを吹きましたが、エエ加減な耳コピーで譜を触っています、
尺八譜面はわたしの自分勝手な譜ですよ、間違っていますですよ、

黒人霊歌かぁ~、
重たいですなぁ~~~

| | コメント (4)
|

初釣り釣果など

昨年は米国で黒人差別反対のデモが幾度も報じられましたね、
そもそも、およそ3百年もの間、アフリカから黒人を奴隷として輸入してきたアメリカだ、
未だに、“黒人差別”が米国社会から消え去らない…

「アメイジング・グレイス」
「深い河・Deep River」
……
知らない歌も多い、へぇ~、これって黒人霊歌だったのかぁ~~、の、曲もある、
無料で閲覧可能な楽譜を探して⇒尺八吹きしてみましょうかねぇ~~、
今日は「深い河」を採ってみよう、
例によって、後刻、試し吹きをアップのつもりです、


<さて、昨日の初釣り釣果>

言うまでもないことながら、貧果でした、
が、丸坊主(魚っ気(毛)丸で無し…お坊さんの剃り頭⇒貧果ゼロ)ってわけでもなかった、
P1050093_3


P1050091_2

小豆島の東南端っこ・風の子島あたりでは真鯛がけっこう釣れているようですがね、ここは遠すぎて、わたしの艇では少し無理ですわ、走って走れない距離ではないけれど、片道1時間半はかかる、エンジンほぼ全開で、
昨日の凪なら燃料200㍑満タンにしていたから、無理すれば走れたのだが、そんなことは年金会計ズズイのデケル範囲を超えています、
写真の場所は家島諸島の最東端・上島の沖合です、採石でエグラレタ島影が写真にあるでしょう、男鹿島を東南方向から観たのです、ベッタ・ベッタの鏡のような海でした、竿先も静かで魚らも静かで釣れんかった、
ボヤァ~と艇でしとったらコレだけ釣れた、
写真の一番大きな真鯛は35センチほどでした、
刺身で食ったですが超美味しかった、
貧果だったけれど、エエ初釣りがデケタ、わしゃ満足ですわ、

| | コメント (2)
|

2015年1月 5日 (月)

初釣り

今日は月例13.71日、満月が月齢15日だから、明日がまん丸のお月さんだ、
今・午前4時だが、飼い犬ショウタを連れて彼のオシッコ散歩に付き合って空を見上げたら、中天から約45度傾いた西空に、見た目まん丸のお月様が居られた、
月の出は毎日40数分ずつ遅れる、今朝観る西空のお月様は、昨夜の午後5時チョイ前に東からお昇りなったのだった、で、今日は午後6時半前に西地平線へお隠れになり、で、で、明日は午後6時に東地平線からお顔を出される、
人間娑婆社会がどうであれ、お日様、お月様は悠然と現存なさっとる、

さて、娑婆社会のこと、
昨日の気象庁は、播磨灘の波の高さのことを完全に読み間違えていたですよ、
気象庁は、昼前から白波の見える時化海になるって言っていたのに、実際は終日ベタ凪の海だったじゃないか!!!
気象予報の責任者出て来い???
税金泥棒メ!!!
ちょっと、言いすぎたかな…、

もう気象庁の予報なんぞ信用してやらん!!!
とか、言いながら、今日の予報を観ると、昨日の誤報を反省してか、
⇒ベッタ・ベッタの凪だっていうている、
まことに勝手なことながら、本日の予報は信用させていただきますわ、
が、予報に反し時化てきたりしたら、わしゃ怒るよ、
責任者出てこい!!! ですぜ、

今日はほぼ真ん丸のお月様、魚釣り的には“大潮”の日、干満差が大きく、潮汐流が、きわめて強い日、
こんな日に、播磨灘・鹿ノ瀬へ出てフグ釣りしようものなら、80号のオモリを付けてもタナ(底)が取れんです、潮行きが早すぎて、とてもじゃないがフグ釣りは無理、

で、播磨灘でも潮汐流の穏やかな海域へ向かいます、走ります、
艇の係留地(港)から、西南西方向へ約15マイルを突っ走る、
20ノットで走ると約45分の位置、家島諸島際東端・上島の南約4マイルの通称上島の沖の瀬へ、

ベテランでないと、この瀬には行くのは難しいのですぜ、
が、わたしは、ドンぴしゃり、狙ったピンポイント絶好位置へ艇を操船する、
わしゃデッタイの自信がある、超ベテランの波平さんだよ、

昨日、燃料補充しておいた、ドラム缶1本分の燃料を積んでいる計算だ、
家から砥石を持参し、艇の出刃包丁3本を研いでおいた、
釣り仕掛けの総点検をした、

さぁ~、今日はナニが釣れますかねぇ~~、

昨年暮れ、クリスマスのころ、イカナゴの産卵だ、
産卵後、今日で約2週間、稚魚は生まれたらすぐに海面まで浮き上がら浮遊する習性、小さな粒粒みたいなもんだ、未だ魚魚が餌に食うほどの大きさも無い、
って、ことは、今は、イカナゴ稚魚を模した疑似餌釣りの時期じゃないってこと、
魚釣り仕掛けに迷う時期だってこと、
が、わしゃ、長年の経験から釣り方を知っとる、…の、つもり、

今日は、尺八の稽古は休憩ですわ、

ここまでしゃべったのだ、
丸ボーズだったなんて、釣果報告したくないなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2015年1月 4日 (日)

「ドナドナ」 音源追記あり

天気図的には今日の播磨灘は凪いで居なければならんはずなのに、わたしが常に観ているコレでは(午前4時現在画面では)おもしろくないことになっとる、
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/28/6310/28216.html
フグ釣り海域は播磨灘のほぼど真ん中で、時化波が立ちやすい個所なのですわ、
ヤバイかも、
フグ釣りに出ようか止めようか迷っています、

今、午前4時過ぎ、
フグ釣りに出るなら、午前6時には、家を出なければならん、
どうしましょうかねぇ~~、

さて、FB(フエイスブック)を閲覧していたら、若い尺八吹き(専門家)が「都山流譜の古典尺八本曲集を発見した!!!」って、ビックリ調で語っておられるのがあった、
わたし、大昔、自分で本屋から購入し、ソレ、持っていますわ、
わたしって、若い人等から観れば、生きて尺八吹く化石ヅヅイになっとったのだなぁ~~、
ビックリですわ、

ビックリのことなら、昨日ブログった「SEKAI NO OWARI(Dragon Night)」(紅白で唄われた変な反戦歌?)のこと、
こんな歌が、今の社会に興味をもたれている、
ビックリですよね、

戦争は、石器時代の大昔から人間社会にはつきものだ、
互いに殺しあっては戦い疲れて反省する、の、繰り返し、
って、ことは、石器時代の大昔から、「反戦歌」はあったに違いないってこと、
代表的な曲だと言うのは間違いかもだが、「ドナドナ」って曲がある、
仔牛の歌だ、仔牛が荷馬車に乗せられて市場へ売られてゆく、哀しそうな目をした仔牛…
ユダヤ人が収容所へ…、の、ことなのだそうな、
ある種、究極の反戦歌、と、も、言えそうな気がする、

が、この歌が歌われたのは、ナチスの時代じゃない、もっと以前の第一次世界大戦勃発の、その前年のことだ、
社会の人々は、漠然と、やがて起こる戦争を肌に感じ、こんな歌が生まれた…
今、紅白で、変てこな反戦歌が唄われ、CDがぎょうさん売れているそうな…

わたし、今日は、釣り行きしようかどうか未だ迷っているけれど、
どちらになっても、今日の課題曲はこの「ドナドナ」にしようと思う、
河童爺氏が既に尺八譜に採っておられる、で、吹こうと思えば、すぐに吹けます、
ありがたいですなぁ~~、

♪♪ドナドナ・ド~ナ、ドォ~~~ナァ~~~♪♪♪…

さぁ~て、やっぱ、フグと勝負してこようかな、
否、その前に、時化波との戦いがある、
勝ち目はないよ、
艇までは出かけてみますが、沖へ出るかどうかは夜明けの海のご機嫌次第だ、

追記

午前5時20分、釣り行き断念しました、
すでに準備万端デケとった、すでに軽四に諸道具積み込みも終えていた、
が、断念です、荷を降ろしました、

追記 2

On a wagon bound for market
There's a calf with a mournful eye.
High above him there's a swallow
Winging swiftly through the sky.

ドナドナは「Dana Dana」と書くらしい、1938年にユダヤ系アメリカ人の作曲だそうな、
わたし、英語なんかわからん、50数年前の大昔、学校で少し習ったような気がするが、以来1度も実際に使うことなく74になった、今年の誕生日で75だ、
で、わからんが、この歌の日本語歌詞は助長に流れて気に入らない、
原詩の哀しみ(?)を故意に薄めようとの作為がオモロない、
で、原詩をそのまま揚げてみた、

尺八譜は、幸い竹友・河童爺氏が音源耳コピーで採譜なさったのがある、
で、これを少し勝手に触って吹いた、
ドナドナってところが最初にあった方がエエような気がするから、

隣室に居たかみさんが「懐かしい歌を吹いてますね、♪ドナ・ドナ・ドーナァ~ドォナァ~♪
と、口ずさんだ、
オオォ!!!
下手尺八だが、「ドナドナ」だって判ったらしい、

| | コメント (0)
|

2015年1月 3日 (土)

「ダニーボーイ」

♪♪♪
今宵は百万年に一度太陽が夜に遊びに訪れる日
終わりの来ないような戦いも今宵は休戦の証の炎をともす
人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
だけど僕の「正義」がきっと彼を傷付けていたんだね … ♪♪♪


SEKAI NO OWARI「Dragon Night」(今回の紅白で唄われた歌)が話題になっとるようですね、CDが良く売れているらしい、
わたし、紅白はまったく視聴していなかった、風呂に入って紅白が始まる前にもう床に入ってしまった、
でも、最近の巷の歌事情がどうなっとるのかは、できれば知っておきたい、
で、で、この歌・SEKAI NO OWARI「Dragon Night」をユーチューブで聴いてみました、

すっごく早口で、歌詞が聴き取れません、
が、ようやく最初の方の少しだけ聴き取ったのが冒頭の詩(?)ですわ、
ナンジャコレ???
付いて行けんですなぁ~、

とてもじゃないが、こんなのは尺八では吹けませんわ、もう降参です、


第一次世界大戦勃発の前年に生まれた唄に「ダニーボーイ」って歌がある、
「ロンドンデリーの歌」の替え歌になっとるのだが、反戦歌になっとって、戦場へ赴き消息の途絶えた息子をおもう親心が唄われている、
イギリスはアイルランドの歌、なかにし礼の日本語訳がある、

1 おおダニーボーイ いとしきわが子よ
  いずこに今日は眠る いくさに疲れた体を
  やすめるすべはあるか
  おまえに心を痛めて 眠れぬ夜を過ごす
  老いたるこの母の胸に おおダニーボーイ
  おおダニーボーイ 帰れ

2 おおダニーボーイ いとしきわが子よ
  たよりもすでに途絶え はるかなその地のはてにも
  花咲く春はくるか
  祖国に命をあずけた おまえの無事を祈る
  老いたるこの母の胸に おおダニーボーイ
  おおダニーボーイ 帰れ

吹いてみよう、
「ダニーボーイ」を吹くのである、「ロンドンデリーの歌」を吹くのではない、

Photo

| | コメント (2)
|

2015年1月 2日 (金)

今年はどんな年 [

今年はどんな年になりますかねぇ~、
幸い今のところ我が国には新たな大災害は発生していない、

大災害は、ヤッパ生じるでしょうなぁ~~、
自然災害、人的原因による災害、どちらもキット生じるに違いない、

早い話が、いつなんどき自動車事故を起こしてしまうか、予想がデケン、

わたし、道路標識に表示されている最高速度より幾分遅い速度でしか運転しません、
いっしょに乗って居るかみさんが、
「なんでこんなにゆっくり走るの??」って、言う、
いわれて、わたし、自分がゆっくり走っていることに気が付いた、

愛艇を駆って、沖へ出て、魚釣りする機会が多い、
ヤバイですなぁ~~~、
腰椎圧迫骨折を起こしたのは、沖で、超重たい碇(イカリ・アンカー)上げの作業中だった、
片腕でアンカー(イカリ)を瞬時支え持った時に、第一腰椎の圧迫骨折を起こしてしまったのだった、
身体が老いているのを、ついつい忘れとった、

身体のこともさりながら、“呆け”のことがある、
物忘れがだんだんひどくなってきている、
コレ、とても不安です、

今年は、どんな年になりますかねぇ~、
いつ頃からか宝くじは買わないようになっとる、
巨額賞金が当たったりは、もうデッタイにあり得ない、

あぁ、自分の身の回りのことから、目を安倍総理に向けましょうか、

安倍総理が、調子に乗ってますますカリスマ度を増すような気がする、
ヒットラーモドキの極右になり、大日本帝国万歳の舵切りへとなるように想う、
この道しかない!!!
この道しかない!!!
ホンマかいな???

わたし、尺八をとおし、世界各国の抒情唄を遊び吹いて居るが、隣国・韓国・北朝鮮・中国そしてロシアの民謡・童謡には、どうにも馴染み難い、心を通わせ難い、
このような隣国に囲まれた中で、もめ事なく平和に過ごし続けるのは、やっぱ、難しいような気がする、
安倍総理の、血気盛んが気にかかる、

余分なことながら…些細なことかもしれんが…
軽減税率ですが、軽減税律設定に見合う反射的効果で
→10㌫越えの税律を背負わされる分野も生じるってことだよな、
国民の目をゴマカス“朝三暮四”の見せかけ議論が始まるよ、

わしゃ、イスラム国の指導者と、安倍総理が、重なって観えたりするのだよなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2015年1月 1日 (木)

老人のボヤキ・ボログ 「The Water is Wide」 

飼い犬・ショウタ(シーズー犬・老犬)が玄関に向かってワンワン、
郵便屋さんが玄関にやって来られたようだ、

毎年、家族そろって(かみさんと、ショウタと、わたし・波平)近くの神社へ初詣をしとった、
が、今年は、やたら寒いので、ヤァ~メタ、

元旦の朝から、イングランドの民謡・「スカボローフェア」を初吹きしたのだった、
が、これからもう一曲、スコットランドの曲「The Water Is Wide」を尺八譜に採って、で、吹いてみよう、
で、で、
この後は、魚釣りの仕掛け造り(“針結び”)をしようと思う、

“針結び”ですけれど…
わたしの住む播州地区は釣針の全国有数の釣り針産地でしてね、日本中の釣り針の90㌫はココで造られているのです、
わたしはこの地区にある(株)土肥富に、30数年前に釣り針を特注で3万本発注し、未だにその針を使っているのですが、残りがもう1袋(200本)になってしもうた、
“都針11号”を赤色に仕上げた波平専用針ですわ、
まとめて製造メイカーへ発注しますとね、1本あたりの単価が、ウソみたいに安くなるのです、
あぁ、ついでながら…
釣り針は、石器時代の大昔から、形はおなじ「し」の字型ですよね、
が、実に、コレ最先端科学の製品でしてね、いわゆる日本刀と似たような繊細な技術の塊なのです、
単に針金を曲げただけではないです、針の先端・腰・袖…、そして針の形は、釣る魚の種類ごとに最適の「し」の字に造られています、あの「し」の字の釣り針は特許の塊になっとるのです、我が国は世界中に釣り針を輸出していましてね、ほぼ独占の状態になっとるのではないのかな、

釣り針の話を本気で始めたら、ブログ記事では追いつかんです、
釣り糸に針を結ぶ技術、と、コレを→最適の釣り仕掛けに仕上げる技術、
これも、話し始めたらキリがないなぁ~~、

狙う曲の無料楽譜を探し出し、→尺八譜へ移し採る楽しみ、
と、
釣り針をひとつひとつ、思いを込めて釣り糸に結び付け→釣り仕掛けを作る楽しみ、

尺八を吹き
魚を釣る、

わしゃ、すでに長いこと生きてきたけれど…
こんなことやっとたら、いつも幸せぇ~~な気分だし、
ひょっとしたら、もうしばらくは長生きしたりするかもな、
なにせストレスってのがナァ~ンも無い、貧乏で、お小遣いが無いのが苦痛だけれど…

昼前に、すこし外を散歩したら、右足がケイレンし→コブラガエリになった、
両足の足の裏がシビレてしまって、足の指に痛みが走る、糖尿病のせいだと思う、
体調壊すとたちまち不整脈、
パンをムシリ食ったら、ら…なんと、前歯(門歯の1本)が外向きに曲がってしもうた、
こりゃダメだ、尺八が吹き辛いですわ、
大丈夫かいな???
長生きなんぞ、望み薄とちゃうか???

あぁ、頂戴した年賀状に、「ブログ見てます」って添え書きのが幾枚もあった、
親戚の方で、思いもせぬお方が、開き観てオモロがっとられるようで、わしゃ変な気持になっとる、
高齢のお方ならかまわんことにする、
が、特に、十台・二十台の若者らには読んでほしくないですなぁ~、
老人のボヤキ・ボログなんぞ読んでいたのでは、六な大人にはなれんと思うから…

「The Water is Wide」 スコットランド民謡


上のと、下のとの、どうでしょう???
わたしは下の方が気に入っとるのです、

その水辺は広く 向こう岸へ渡れない
僕には飛んでゆく翼も無い
二人を運ぶボートがあれば
恋人と僕で漕いでゆくのに

_20150101

The_waater_is_wide_2


| | コメント (0)
|

「スカボローフエア」 下手音源アップ

昨日(昨年・大晦日に)「スカボローフエア」を尺八譜に採取し、年を越しました、
イングランドの古い、古い唄ですわ、スカボローは街の名、フェアは市場の意です、

ゲエ国(イングランド)の古い、古い民謡に興味を持って、自分の国の紅白には興味がない変なヅヅイだね、

恋人に捨てられた男が、未練たらしく、彼女を想い唄うのですわ、

スカーバラの市へ行くのかい?
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
そこに住むある人によろしく言ってくれ、
彼女はかつての恋人だったから

カンブリックのシャツを作れと伝えてくれ、
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム、
縫い目も細かい針仕事もなしで、
そうしたら彼女は私の恋人。

古い唄だから、いろいろな歌詞があるらしい、上に揚げたのはウイキぺディアにあった歌詞の一部です、

メッチャ編曲・編曲の曲でもあるようだ、
ドレが原曲に近いかのは、もう学問の分野らしい、なにせ16・7世紀頃からの唄、

パソコン検索でひっかかった楽譜を片端からプリントアウトし、尺八譜に直し採っていますが、様々ですな、どれを吹いて遊ぼうかな???
いちばんシンプルなのを試し吹いてみましょうか、ついでに尺八譜もアップで…
後刻になりますが…(今はまだ深夜時間なので…)


我が家の正月は、ジジ・ババ二人がボヤァ~~、と、しとるだけですわ、
子供が居ないから孫らの帰省ってことも無いわけで、ダァ~レもやってきませんわ、
安穏な老後、静かな暮らし…かな???
尺八がジャカマシイけれど…


今年も、かみさんとふたり、元気で過ごしたいな、
ウヌ!!!
スカボロー・フェア???

「スカボローフエア」

2

| | コメント (0)
|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »