« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

時と永遠

昨日は、釣弟子・ユリタロウ入道といっしょに沖へ出たのですがね、
出港したのは早朝4時前で海はまだ暗かった、夜間航行燈を点じてゆっくり離岸、
次第に夜は明けてくる、次第に艇速度を上げる、
タコ海域は陸から約2マイル(1マイルは2キロ弱)沖、
瀬戸内海・播磨灘水深は一帯が約30㍍ほど、が、なかに更に浅い海域があり水深6~10㍍前後、
ココが、タコ(蛸)釣り海域、
タコ海域に着くころには夜が明けていた、

太く長い海底曳きずり用の、チーンを海底へ垂らしこむ、
いつもはわたし独りでこのチカラ仕事もやっとるのだが、ユリ入道が同船の際だけは、ユリの仕事になる、
「波平さん、コレはなんぼなんでも重すぎる、こんなの独りでやっとたら、また腰が骨折しますよォ~~」
体格の良い大入道のユリタロウだが、弁理士さんの頭デッカチだ、体力はあまりなさそう、ヤバイなぁ~、可哀そうだなぁ~、と、思いつつ、チェーンの上げ下げ調整号令を出す、

結局タコは5ハイしか捕れなかった、


さて、以下は、タコ云々の話じゃない、もっと、高尚(?)な話、
“時と永遠”の話、
…ウヌ!! どこかで聞いたことある言葉だな???

超・早朝からのタコ釣りだってことで、昨日は朝2時半に目覚まし時計をセットして寝ていたのだった、
リンガラ・リンガラと、目覚ましが叫び立てて、ワシャ目が覚めて、
で、即刻飛び起きた…つもり、
が、壁に貼りつけた時計をみると、すでに15分経って、2時45分になっとった、
大急ぎで湯を沸かした、
即席ラーメンで、腹ごしらえのつもり、

オールー電化にしていましてね、手鍋に水道水を入れて、調理台の所定場所へ置き、スイッチ・オン、
と、とたんに湯が沸いたのです、

スイッチ・オンした途端に、ほんとビックリの速度で湯が沸いた!!!

わたし、ビックリし、目が覚めました、

ボヤァ~~としていたのだった、
スイッチオンして、そのまま、そこに立って暫時ボヤァ~っとしとったに違いない、
ナァ~ンも意識せずに…
この間、時間だけが勝手に進んで、で、結果、湯が沸いた、の、だった、

年寄りは、「最近。日が経つの速いなぁ~」って言いますよね、

1年が経つのが速い速い、つい先日まで未だ幼なかった孫が、いつの間にか中学生になっとる、
と、思ったら、ら、エッ!!! 大学生になったのだって!!!
いつのまに、そんなに月日が経っていたのだろう???

要するに、ボヤ~と、しとる間に、月日が経って行くのだなぁ~、ってこと、
コレ、痛切に、実感した一瞬でした、

即席ラーメン用の、湯を沸かしながら、わしゃ、鋭く(?)天地の道理を、”時の流れ”の在りようを悟った!!!

“時と永遠”は、神と人間をつなぐ“ボヤ~~の道”だった、

わしゃ、ホント、ひっくり返るほどビックリしたのです、
スイッチを入れた途端に湯が沸いた、

| | コメント (0)
|

2015年5月30日 (土)

タコに負けた

釣り弟子・ユリタロウが、勢い込んで、「さぁ~タコ釣りに出ましょう」と、言うてきた、
で、今朝は、早朝3時家を出て、沖のタコ海域には4時半に到着、
頑張ったが、5ハイしか釣れなかった、

それから、播磨灘を縦横に走り回り、真鯛・サバ・アジを狙ったが、ダメ、釣れない、

せめてキスでも釣って帰ろうと、
キスを20尾ほど釣った、
ベラやフグも釣れて、
フグだけはわたしが素早くサバイておいた、
可食部位だけを素早くサバキます、素早いですよ、3秒とは言い難いが、5秒とは掛からんですぜ、

我が家の家庭用冷蔵庫には、フグも、タコも、キスも、居ます、泳いではおらん、食われる順を待っとる、
で、今日の釣果…釣果なんて大げさに言うのは恥ずかしいが、
ぜんぶユリタロウが持って帰った、

あぁ~疲れた、って言うとった、

彼、前夜は深夜11時半に帰宅??
艇係留のマリーナへ午前3時45分集合でした、
彼の自宅からマリーナまではこの道路ガラ空き時間でも小1時間かかる、
って、ことは、彼に寝る時間あったのかな???
彼が同船の際は、力仕事はすべて彼に押し付けますのでね、
あぁ~疲れた、に、なるでしょうよ、

しかし、今日は、貧果だったなぁ~、
タコに負けた、負けた、

| | コメント (0)
|

2015年5月29日 (金)

お詫び、と、すこしの喜び

「エーデルワイス」  …すこしの喜び…

愛犬ショウタの容態がすこし持ち直したような気がして、嬉しいのです、

<お詫び>

釣友のユリタロウは実は法律家でしてね、魚釣りより、六法全書が好きなオッサン、
漁業権のことについてもものすごく詳しいのです、
その彼から、今日のブログ「漁業研修に給付」について、クレームが来ました、
間違いが多い、全文削除するがよろしかろうと、

わたし、の、言いたかったのは…
⇒研修を受けたくらいでは、そう簡単には漁業者にはなれませんぜ、ってことでした、

が、この背景をお話しするに、漁業権のことや漁業調整委員会・同規則、などについて触れざるを得ず、触れるにあたって、出来るだけ簡単に、普通の言葉で、と、思うあまり、誤解を招くような書き方になったのでした、
ユリタロウは、全文を、いったん削除したほうがエエ、と言う、

で、そうしようかと、思いましたが、もう多数のお方が閲覧くださった後でもある、
全文削除はやめて、以上のような状態だってこと、法律的には不正確な瑕疵ある記述になっとるってこと、を、ココに申し上げて、お詫びさせていただこうかと思う、

実は、この問題を詳細に論じはじめると、膨大な論文になってしまうのです、
コレを避けるために、簡単に、簡単に、と、不正確な言葉を使ってしまった、
大いに反省しています、

今日の論旨は、再度申しますが、“漁業者になるのは簡単ではない”のことでした、
ここのところを、読みとっていただけたら、と、願っております、
要するに、要するに、
⇒漁協の正規組合員になるのは、実は、とっても難しいのですぜ、ってことですわ、
このひとことに尽きるのです、

ごめんなさい、


| | コメント (4)
|

漁村研修に給付

政府は、地方創生を掲げ、都市部から地方への人材分散を進めつつある、と、して、
たとえば、京都府では「漁村研修に給付」の制度を用意したようだ、
コレ、昨日の日経新聞夕刊1面の大見出し記事からの引用、

方向性としては、そういうことだと思う、
が、漁業は漁業権により保護されている、この保護がくせものです、コレがあることによって、漁業に関しては、職業の自由は事実上無いに等しいのです、
漁業権の認可を得なければ、漁業を営むことはできない仕組みになっとる、部外者には認可されないから…

たとえば、都市部に住んでいて、漁業地へ通勤する形で、漁業を始めようとしても、コレでは漁業権の認可は得られないのが普通、
当該漁村に定住しなければならん、の、不文律がある、
その漁村で個人食品店を代々経営していた者が、大規模スーパー進出で漁業に転向ならどうか、漁業権は認可されるか???
認可されないと思いますよ、通常では、現に漁業を営んでいる家族の息子、それも長男で、既に何年も親父といっしょに漁業従事の経験がある、そのような場合に限り、漁業権の認可が行われる仕組みになっとる…ようでしてね、
この門の狭さ加減は全国各地の漁協ごとに様々ですわ、要するに漁業者になるってのは、きわめて狭い門になっとるのですわ、

漁業者(漁業権の認可を得ている者)に雇用されて、事実上の漁業に従事することはデケル、たとえば漁船に乗っていっしょに網上げなどに従事することはデケル、そのための研修を経て居れば、それなりの給与が与えられると思う、
が、自分が漁業権を得て、主体的に漁業に従事することは、まず不可能かと思う、非常に門は狭いと知っておくべきだ、
が、ココのところのシッカリシタ説明が添えられた“「漁村研修に給付」の制度”などの紹介は、わたし未だに見たことが無いですわ、

地方創生の大きな目標、コレに絡む様々なアレコレ、
あぁ~娑婆社会だなぁ~、って、想いますなぁ~~

タコ漁も漁業権の対象ですぜ、
一般市民がタコ釣りするのは、法に触れるらしいですぜ、
海上保安庁の巡視船が、プレジャボートを取り締まります、タコ海域から追い払います、
わたしは、蛸壺漁の海域から離れたタコの居そうにない沖まで出て、タコ釣りするのですよ、

漁業法を根底から見直さなければ、漁村の創生はむつかしかろうと思いますなぁ~、

言いたくないですが、自然のままの海岸は、大阪湾や播磨灘北部一帯にはもうありませんわ、
コンクリート護岸バッカです、その護岸にさえ一般市民は近づけません、
だって、大きな工場の敷地になっとって、敷地内には入らせてもらえない、
漁業者が、漁協が、工場に、あるいは海面埋め立て事業者に、当該海域の漁業権を売り払った結果がコレですわ、あぁ、莫大な補償金かな…

わたし、間違ったこと言っていますか???
すぐにでも漁業者になれる、とかの、勧誘には注意が必要だってことですぜ、
そう簡単には漁師にはなれないってこと、これは知っておくべきですよ、

魚釣り好きな若い衆が、サラリーマン止めて、漁師になると言う、
わたし、彼に、すこし話しましたがね、
「えッ!!今の家のローンまだ残っとるのに…」
とか、言うとった、
漁港すぐ近くに、他の漁師さん等と同じ場所に住む覚悟も無くて、漁師になろうなんて、ナニ考えとるのや!!!
って、カツを入れましたがね、
地方創生の勧誘ですが、ヤバイですなぁ~~、

| | コメント (0)
|

2015年5月28日 (木)

終活吹き「城ケ島の雨」


愛犬ショウタの容態がもう“イケナイ”のです、

両眼は数日前から真っ白になっていて、ナァ~ンも見えていない、
耳も完全にダウン状態、まったく聴こえていない、
が、長年の身に付いた習慣で、室内は自由に歩けていた、

面白いですよ、歩く際は、真っ直ぐ歩いて直角に曲がります、
目的の位置へピタッと行き着く、
元へ戻る際も真っ直ぐと直角の歩行でした、
が、が、もうコレもダメ、身を起こすことが難儀な状態、
もう、ナァ~ンも食べません、今朝からは水も飲めていない、

ショウタに聴かせたいと思って…
耳は聴こえなくても、彼には聴こえるはずだ、
「城ケ島の雨」を吹いてみた、

彼、撫ぜてやると、かすかにシッポを振りますです、
ワシャ、涙を押さえて吹いたのですわ、

オッ!!!
むくっと動いたぞ!!!

| | コメント (2)
|

タコと向き合う

蛸壺やはかなき夢を夏の月 芭蕉

芭蕉・笈の小文のこのくだりを読みますとね、芭蕉は須磨と明石の境に在る鉢伏山の中腹にある宿に泊まったらしい、
そこで、飯継ぎ女の話を聴いて、この句を詠んだ、
否、鉢伏山じゃない、明石天文台の在るアタリだったかな、否・否、柿本神社の在るアタリかな??? 
この句の石碑は 柿本神社に在りますわ、

3・40年も以前のことになりますが、明石の漁具店から素焼きのタコつぼを買ってきて庭に数個転がしていた、
あぁ、わたし、河童も大好きで土産店で河童を見つけたら買ってきていて、で、河童らも蛸壺同様、庭のアチコチニ寝転がっとる、

蛸壺は、昔は素焼きの壺だった、キット赤粘土で焼いたのだね、赤土色の壺の首に縄を結わえ、数珠つなぎにして海へ沈めておきます、と、タコが寝床と間違ってツボに入り込む、入り込んで寝てしまいます、
で、翌朝、タコが未だ蛸壺の中で寝入っている間に、縄を手繰り込んでタコを捉えます、
陽が高くの昇ってしまったら、タコはタコ壺から出て、餌を獲りに出歩きます、
完全に夜が明けてしまう以前に、漁師さんはタコ壺漁をします、
 最近は、寝坊な漁師が増えたのだと思う、日中で、蛸壺を上げ下げしとるのを見かける、
 タコも、また怠けタコが増えたのだろうか、随分遅くまで寝ている者(?)も居るみたい、

とにかく、今も、このタコ壺漁は盛んでしてね、が、壺は重たい素焼き壺から軽い素材のプラスチック製だ、ぎょうさん繋いで海底へ沈めてある、繋いだ両端には海面に発泡スチロールで浮かせた小旗がついとって、漁師さんは潮下から順に専用ウインチでタコ壺を巻き上げます、
蛸壺が巻き上げられてきて、漁船に引き上げられたら、ビックリしてなかから飛び出ます、と、既に、そこは漁船の生簀(イケス)、

わたしら(遊漁者・趣味の釣り人)は、このタコ壺漁は禁じられている、しません、
が、実は、内緒で、わたし、手もちのタコつぼを(庭にコロガせてあったのを)持ち出して、自艇・「はまちどり」、を、つないだ浮桟橋から海底へ垂らし込んである、
きっと、ココを定宿にしているタコが居ると思う、
わたし、タコをコレで捕えたりはしません、そんなことしたら釣り師じゃなくなる、
時々、昼間に、タコが入って居ないときに、引き揚げて中を掃除したりしている、タコが安眠デケルように…
こういう掃除は実に楽しい、

釣り師の矜持です、
“釣(つり)して綱(こう)せず”です、
釣り師は、魚釣りはしても、魚を網で獲ったりはしない、ってこと、

論語の中にある孔子の言葉ですけどね、網(あみ)or綱(つな)、これがハッキリしていません、
昔の字が古すぎて、網か綱か、判別デケンようですわ、

タコ壺漁は、素焼きの壺をツナ(綱)で数珠つなぎにした、いわば、はえ縄漁の1種でしてね、趣味の釣り師は、この延(はえ)縄漁もしません、ツナ(綱)せず…ですわ
はえ縄漁や、網漁は、仕事で魚を獲ることだ、聖なる、神聖なる、遊魚とは言い難いってこと、

趣味で始めた魚釣りだった…が、
熱中し過ぎて、上津になり過ぎて…で、ぎょうさん釣っては、釣った魚を魚屋へ持ち込んだり、高級料亭へ持ち込んでお金に代えたりする人が居られる、

タダの1尾でも、釣った魚を⇒お金に代えたとたん、そのお方の魚釣りはもう“遊びではなくなる”、
だからどうだっていうのや!!!
わかってほしいなぁ~~
人生の半分を捨てたに等しいバカな所業だってことなのです!!!

人生は、仕事と、遊びでなりたっとる、
日本人の多くは、仕事>遊び、で、なければならん、と、おもっとる、
が、そうでしょうか???

せっかく、この世に生まれたからは、人生を謳歌し、有意義な人間生活でありたい…ですよね、
ソレッテ、遊びの範疇のことじゃないでしょうか???
遊び>仕事
の方が、人生有意義じゃないのかな???

昨日は、タコが目覚めて、タコ壺から出てきたばかりのところを狙って、出てきたタコの目の前で疑似餌(タコ・テンヤ)を動かせたのです、
タコが、美味しそうな餌と勘違いして、疑似餌に乗っかかり抑え込む、と、と、この気配をワシャ感じ取って、糸を大きく煽り、疑似餌に潜ませてあった引っ掛け針でタコを引っ掛け召し取ります、
スッゴク大きなタコがね、
「まいった~~~」って、八本の手足を大きく広げて揚がってきます、

昨日とらまえたタコらは、もう、わが家に居ません、ご近所の皆さん宅へ遊びにゆかせました、

♪♪青き眼をしたお人形は~~~アメリカ生まれのセールロイド…♪♪

♪♪赤い服着たタコちゃんは~~~明石の海の、ごォ~馳走だ、ごォ~馳走だ…♪♪

| | コメント (0)
|

2015年5月27日 (水)

変な釣り師

おはようございます、
午前1時前です、
既に起床です、

あぁ~どうしようもなく長い1日がこれからはじまる…
が、日・月・年、は、ものすごい速度で過ぎて行く…

我が家の愛犬ショウタは、つい先日誕生日を迎え13歳になった、
未だ幼かったころの愛くるしさそのままで迎えた13歳だ、今もなお…
が、実は、彼、全身を悪性リンパ腫に侵され、獣医からはサジ投げ判定を受けている状態、
獣医さんの世界にも先端医療があって人間同様の医療が受けられる、
が、が、実費診療、
我が家では、コレ不可能、

かみさんは、もうヘトヘトなのですわ、わたしも気になって仕方がない、
が、わたしは、なんでか、平気な面もある、コレ、また不思議…
が、が、
フット、気になると、彼の顔を診たくなり、とうとう起き出してしまった、
頭を撫ぜてやるだけなのですがね、
彼は、応じますわ、わかっとるようだ、

あぁ~、この時間からの1日は長いなぁ~~
わたし、思い切って、沖へ出ますわ、
タコのグニャ・グニャと睨みあってこようかな

再々思い出します、「梁塵秘抄」(りょうじんひしょう・平安時代の歌謡集)のあの1句を…

「鵜飼はいとほしや 万劫年経る亀殺し また鵜の首を結ひ
 現世はかくてもありぬべし 後生わが身をいかにせん」

鵜飼の鵜の餌に、亀をぶっ殺して、その肉を食わせている、
で、こんな殺生ばかりやっとッて、あの世へ渡ったら、ら、キット地獄かなぁ~~、って、思っとるの唄ですわ、
コレ、わたし・波平のことですぜ、
なんやかや、言いながら、ワシャ、魚魚やタコやナマコや…アレコレを殺しまくっとるのですわ、
ナニが、“今虚無僧”なんかであるものか!!!
来世はキット地獄でしょうよ、  

海は、魚釣りは、波平ドンの逃げ場なのだ、
沖へ舟(ボート)で出ますとね、“空と海との境に浮かんどるのだなぁ~”って、実感・実感、
水平線が、大きな大きな円形をなしているのがわかりますよ、
グル~~と、身体を回して見渡すのです、

タコ、釣りに行ってきま~す!!!

今日は、ワシャ鵜飼もどきの、タコ釣り虚無僧ですだ!!!

タコは釣れない方が、エエのですわ、
釣れたら、〆て持ち帰りますが、タコを〆る際は、タコの目と目との間のみけんの真ん中に出刃を刺し込みます、
ワシャ、できれば、こんなことしたくないのですわ、
変な釣り師ですなぁ~~~


<追記>

午後3時、帰宅、

釣果……タコ6パイ、内・巨大なタコが2ハイ、
      大きなキス15匹、

<ウワサ調査>
 ゴマサバが釣れはじめたようだ、マルアジのエエ型を釣った人が居るらしい、
 キスは大丈夫釣れます、タコが本格化し始めたかな、

 

| | コメント (0)
|

2015年5月26日 (火)

カラッポにならん、酒瓶

午後4時10分、“今虚無僧”から帰宅、
1時間15分ほどの本番、約30名のご老人らだった、

最前列のバァチャンが、声は小さかったがシッカリと歌われて、尺八が吹きやすかった、
すっかり真夏モード、扇風機が回っていた、

午前中にビール6本セットを買ってきている、本物じゃない、が、偽物ってことでもないのだと思う、6本セットで、本物は千円を超えていたが、買ったのは700円だった、
コレ飲んで、休もうと思う、

あぁ~シンド!!!
全力投球し過ぎるのかな…

これから、チビチビ夕飯時まで飲み始めたりしたら、ナンボ、酒があっても足りませんわ、
実に困ったもんだ、
入院中の竹友が、「明けない夜は無い」とか言って、我慢・我慢の療養中だが、わたしの場合は、さしずめ「夕方が来ない昼間はない」ってことかな、飲み過ぎないように、少しずつ飲みますから、デンデン酔っぱらった気分にならん、
難儀なことだ、

カラッポにならん、酒瓶は無い、
あぁ~、実に、難儀、

| | コメント (0)
|

1音を、すこし並べて童謡唱歌

平和とは、戦争と戦争の隙間のことで、特に“平和”があるわけじゃない、…との考え方がある、
この考え方が、むしろ通常で、我が国以外の国々での常識であろうかと思う、

が、我が国では、真逆だ、
戦争とは、平和と平和の間の隙間のことで、戦争は平和を潰すかにみえるが、が、かならず正義が勝つ、
“ほったらかしていても、かならず正義が勝つ”

我が国でも、平和ボケ(?)を危ぶむ者らが出てきて、「平和安全法制」が論議され始めた、
国民を護るために“隙間の無い”防衛体制を敷く云々…

昨日「陸軍分列行進曲」を尺八譜に採って試し吹いたのだった、
 西南戦争時の田原坂での激闘が、発端で生まれた曲だ、
 陸上自衛隊閲兵式などで現に演奏されている、と、聴いている、

昨日の、(音源アップ)ボログに、閲覧子・ハッピーさんが、コメントを送ってくださった、
過分なお言葉を頂戴し、穴があったら入りたい心地だ、

わたしには、もう、尺八を吹くことくらいしかデケン、
再来月に後期高齢者の歳になるヅヅイだ、今朝も又・不整脈の中、目覚めたのである、

今日も、“今虚無僧”で頑張ろうと思う、
こんな曲は吹いたりしない、童謡唱歌を吹くだけだ、

音楽の力は、曲の、歌詞の、云々にあるわけじゃない、
つまるところタダの1音あるに尽きる、その1音を、すこし並べて童謡唱歌、
って、な、感じがする今日この頃だ、

| | コメント (0)
|

2015年5月25日 (月)

「陸軍分列行進曲」

今日は、朝から概ねこの曲に食らいついています、
途中で、かみさんが、イロイロな御用を命ずる、で、それらを片付けながらの喰らい付きです、
御用ですか???
1. 朝のゴミ出し、…今日は燃えるゴミを出す日だった、
2. 愛犬ショウタのオシッコ散歩のお供、
3. 高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種が75歳なのでタダになるらしい、で、その申込み、
4. その他…なぁ~んもしとらん、

「陸軍分列行進曲」は「ニ」長調譜をひねくり回して、移調を様々工夫して試してみた結果、移調せずに、直にそのまま1尺8寸で吹く方がエエと判った、
あぁ~しんどかった、
テンポが♪=120以上だよ、
とてもじゃないが、わたしが行進する速度じゃない、
尺八の音孔の開け閉めの速度もこの速度、…追いつかないのですわ、
指が面食らって迷い狂う、

エイヤ!!!
と、吹いてみたですが、滅茶苦茶だ、
と、と、採った尺八譜も掲出しますね、
不出来ですが、今日の頑張りです、

「陸軍分列行進曲」

Photo


<お詫びに>

中途半端な滅茶苦茶「分列行進」おきかせしたお詫びをします、
コレ、今朝のわが家庭で収録した夜明直後(午前4時半)の音です、
最後の方で、キジの鳴き声が入っていますわ、
あっ!!!
間違いでした、このファイルを貼り付けていたら、たった今、近くでキジ(雉)が鳴いたのだった、

| | コメント (1)
|

軍歌の中心

今日は早朝から「陸軍分列行進曲」を尺八で吹いてやろうと、五線譜と睨みあっとります、
尺八吹きにとって、こんな難儀な曲も珍しいですぜ、
尺八1本で吹き切るのは極めて難儀な曲です、
なんとか尺八でも吹奏デケルよう尺八専用の移調譜を調達したいわけですわ、

実は、ハ長調譜を1オクターブひっくり返した、尺八譜を既に採っていましてね、
あぁ、“1オクターブひっくり返し”の意ですが、
五線譜中各所に、下第1間に♭を背負ったお玉ジャクシがありましてね、この位置のこの音は、尺八では低音すぎて吹き得ない音なのです、で、そのままその譜を1オクターブ上にあるとみなして読むことで、対応しようってことですわ、

これで、なんとか吹けなくもないのですが…
吹き辛い半音・メリ音がぎょうさん出てきて、音孔押さえの指繰りが不器用なわたしには吹き辛い譜揃えなのです、

で、今日は、イロイロ考えて、♯ひとつのト長調譜に移調したのを→尺八譜に採ってみようかと思う、
別に五線譜を書き換えるわけじゃない、ハ長調譜から採った尺八譜を、5律上げた尺八譜に並べなおすだけ、
「ハ」の半音を→「ツ」の全音に書き替えて吹いたら、ひょっとしたら、少しは吹きやすくなるかもと思って、ってこと、

尺八や、五線譜きらいなお方には“ナンノコッチャ”の話になったですね、ゴメンネ、

が、ひとつ、言いたいことが在りましてね、
多くの方々がこの「陸軍分列行進曲」の元で出陣し戦死されたってこと、これが言いたい、
幸いにも生き残られた方々・ジイチャンの胸に、この曲は、どう響きますかね、
英気あふれた若かりし頃の一風景が蘇るのでしようか…
妻子を残して徴兵に応じざるを得なかったあのころを思いだされるのでしょうか…

軍歌と言うと、「愛国行進曲」とか、「軍艦マーチ」とか、♪徐州・徐州と人馬は進む…♪の「麦と兵隊」とか、とか…の歌を想うじゃないですか、
が、軍歌の中心の中心は、この「陸軍分列行進曲」なのですよね、

明治神宮外苑球戯場で学徒出陣式があった、
学徒らは、この「陸軍分列行進曲」の中を行進し戦地へ赴き、多くは戦死した、
今でも、陸上自衛隊の分裂行進の際にはこの曲が使われているようですよ、

“今虚無僧”で、ご老人らに曲のリクエストを求めますとね、時々、軍歌を所望されます、
わたしからは軍歌を吹くことは無い、が、所望されると吹きます、
が、この「陸軍分列行進曲」をと、リクエストされることは無いなぁ~、
何故でしょうなぁ~、
胸奥に深く沈殿しすぎて、軽々しくは言及し得えなくなっとるのでは…

とにかく、尺八で吹くには難儀な曲だ、
この際、頑張って、尺八譜をナントカしたい、と、思っていましてね、

もし、ナントカできそうなら、後刻、試し吹いてみますね、

どんな曲や、って、お方が居られるに違いない、
ココをクリックしていただけるとユーチューブの音が出ます、
https://www.youtube.com/watch?v=SpfFSkv4iko


追記・
「ニ」長調譜を1尺8寸で吹くのがピッタシです、「ツ」の大甲音がでるけれど、なんとかなる、

| | コメント (2)
|

2015年5月24日 (日)

冥利(みょうり)

昨日の“今虚無僧”で、おいとまするとき、施設長さんが…
「また、(お願いの)お電話させていただきますね…」と、おっしゃった、
「ハイ、どうぞ…」と、返事、

実は、昨日の訪問は、昨年11月以来6か月ぶりのことだった、
先々月、不意にお電話いただいて、昨日の訪問になったのだった、
それまでは、毎月欠かさず訪問していたが、なぜか要請が途絶え、そのまま半年過ぎていた、

老人らは、(訪問が途絶えたのは)わたしの体調のせいだと思って居られたようだった、
「もう、お身体の方はエエのですか…」の言葉を頂戴した、
「ハイハイ、もう大丈夫、お久しぶりですなぁ~」
と、できるだけみなさんと視線を合わせるようにします、これ、いつものこと、

オオッ、今日は、シベリア抑留ジイチャンが居られるぞ!!!

昨年の春以来、急にお見掛けしなくなり、てっきりお亡くなりになったのだと思っていた、
少年兵志願で満州に出兵、シベリア抑留を経て、今に至った爺っちゃん、

久しくボラン訪問続けていますとね、不意にお見掛けしなくなるお方が出ます、
お亡くなりになったのかなぁ~、と、思う、が、確かめないことにしています、

シベリア・ジイチャンと顔が合って、で、反射的に、歌大好きのバァチャンの顔を探した、居られなかった、
このお方はお亡くなりになったこと、ほぼ間違いない、
あの方、この方…と、気になるお方のことを思う、
音程狂いで唄われるバァチャンが何時のころからか居られなくなっている、ホッとしたりする、

童謡唱歌を吹きますが、歌詞を簡易スクリーンへ投影した途端に声出しするバァチャンが居られて、コレが他のご老人らの“唄い出し音取り”になって、難儀でした、
「お山の杉の子」の際は、結局、わたしは尺八吹くのをやめて、みなさんの声に合わせ、わたしもいっしょに唄った、
ナンジャソレ!!!

ご老人らは、どんなお気持ちで唄われるのでしょうなぁ~、
単にその唄を知っているからだけではないこと、コレ、確かでしょうよ、
大仰に言えば、ご自分の人生を唄われとる、
意識せずとも、ご自身の来し方を振り返りながらのことに間違いないですわ、
更に更に大仰に言えば、ご老人らの終活に、尺八吹きでお付き合いさせてもらっとるってこと、

アレコレしゃべりながら場を進めますが…
興に乗って、雑談会みたいになったりする、
それまでナァ~ンも話さなかった頑ななジイチャンが、シベリア抑留の話をしたりがあって、上述のジイチャンは以来、存在感を増された、

お見掛けしなくなった上述・歌大好きバァチャンですけれど、まったくの盲目になられていました、
が、“昔とったきねづか”と言うのかな、教師なさっとったようで、童謡唱歌は1番から最後までどれも完璧に覚えて居られた、「浦島太郎」も「一寸法師」も♪京の五条の橋の上…♪の「牛若丸」も…
特にお好きだったのは「七里ヶ浜の哀歌」(真白き富士の根)だった、
毎回、この歌を必ず最終6番まで唄われた、1.2番までは他のご老人らの声も聴こえる、が、やがて、このバァチャンおひとりの声になる、彼女・盲目の目に涙をうかべて、深々と唄われるのを全員で拝聴するの図だった、
バァチャンは、涙に耐えて、キチンと最後まで唄われるのだった、

場で、不意にひとことふたこと、話の中に加わるお方がある、
“心が動いた”って、わたし想う、
尺八吹きの冥利に尽きます(みょうり・尺八吹きやっとってエカったの意)、

昨日も“冥利尽き”だった、
シベリア・ジイチャンですけれど、だんだん耳が遠くなって、もう完全な筆談になっておられる、
が、場が終わって、諸道具の片づけをしていたら、ジンチャン、わたしの元へヨボヨボやってきて
「よう聴こえた、エエ音やった!!!」と、おっしゃった、
介護職員さんらの話では、まったく聞こえておられないと思いますよ、だったが…

| | コメント (0)
|

2015年5月23日 (土)

「浦島太郎」「靴が鳴る」

毎日可能な限り少しずつ終活録音して行くつもりです、

「浦島太郎」

「靴が鳴る」

| | コメント (3)
|

おててつないで

当初、この方々は地域のお仲間らだろうと思っとったのだった、が、違ったみたい、
90を超えたジイチャン・バァーチャン等だった、
穏やかに談笑されていた、
大きな丸テーブル、
介護職員さんらが、テーブルにお茶とおヤツ(お菓子)を運んでくる、

約1時間半の“今虚無僧”本番を終え、わたしは諸道具のあと片づけをしていた、

ここは三木市内でも古くから開けた土地だ、ご老人らは農家のご隠居さんたち、互いにお知り合い同士だろうと思っていた、
聞くともなしに聞いていて、アレレ???
老人らは、互いに自分の歳や体調を伝え合っておられる、
お互いにお名前もわからん初対面の関係だったみたい、

わたしは、話の中のジイチャンへ声を掛けた、
「お父さん!!! ようモテとるなぁ~、どないなっとるのや!!!」
バァチャンらが、囃し立てた、
老人らの話し声が生き生きしている、

フワ~と、わたし胸が熱くなった、
老人らが“今虚無僧”の後、打ち解けあって、話をしておられる!!!

この曲で終えることにしましょう、と、「靴が鳴る」を吹いたのだった、
思いもかけずジイチャンの大きな歌声が交じり聴こえたのだった、

♪おててつないで 野道を行けば みんな可愛い 小鳥になって♪♪

昨日は、ホコホコ気分で帰宅した、
図書館経由で帰宅したので午後5時を過ぎていた、

ホコホコ気分の中、ウイスキー・オンザロック、五臓六腑に沁み渡る、
ダラダラ飲んで、そのまま夕食、
かみさんがフグ汁をこしらえていた、先日釣ってきたフグだ、


今日もまた、“今虚無僧”、
今日は今日の風が吹く、

あぁ、ワシャ風が吹くのは好まん、風の無いベタ凪の海がエエ、

デッタイ内緒の話ですけれど…
“今虚無僧”の予約を受ける際は、“魚釣り潮満”のエエ日は、空けてあるのですわ、
あぁ~、海へ魚釣りに出たいなぁ~、の、日に、尺八吹きに老人ホームへ向かうのって、ヤッパ気が乗りにくいからなぁ~、
波平どんは、実に自分勝手なヅヅイなのだ、ナンボ頑張っても1銭にもならんボラン活動より、頑張れば、ぎょうさん釣れる魚釣りの方がヤッパおもろい、自分を押さえつけてまでボラン活動するほど悟ったヅヅイじゃない、

“今虚無僧” < “魚釣り”  …ですわ、


| | コメント (0)
|

2015年5月22日 (金)

終活を始めます

おもしろがって、思いつくままに、尺八吹いては録音アップしていますが…
が…
アップしたら、すぐにファイルから音源削除していましてね、
自分のファイルにはナァ~ンも残っとらんのです、

ファイルには無くても、ブログ上には在りますから、別段不自由は感じませんしね…

聴きなおすと、と、ダメだ、ダメだ、なんて下手なのだ!!!
バッカシです、
アップした途端にブログ上のもすぐに削除したくなっとるのです、

が、今日からは我慢して、削除はしないで自分の音源ファイルも残しておこうかと思う、
残す作業を始めようと思う、
消し去りたいのを我慢し切れるかどうかわからんけれど…
もう、現実から逃げるのが面倒になったってことかな???

遺産整理????

「おぼろ月夜」

「宵待ち草」

「やしの実」

「夏は来ぬ」

いやだなぁ~、もう、削除したくなっとりますよ……

| | コメント (1)
|

歯が痒い

釣り針ですけれど、ハリを→“針”と書くと、真っ直ぐな縫い針を想う、なんかピタッとこない、
で、“鈎or鉤”と書いてハリと読む、と、と、ピタッと納得、以下、この字“鈎”を使いますね、

“釣り鈎”の形ですけれど…
我が国では「し」の字型だっていう、欧米では「J」型だという、
韓国や、ヒンズー社会や、イスラム社会では言う時は、どんな文字(?)表現をするのでしょうなぁ~~、

“釣り鈎”の最重要ポイントは、
「し」の文字の“跳ねあがり”だ、上へ向かって跳ねあがっとる、
次に、その“跳ねあがり”の先端が尖っていて突き刺さるようになっとる、

たったこれだけの“簡単な構造”なのですが、原始時代以後、研究に研究が重ねられていて、
最大研究は、ハリ先にカエシ(返し)を付けたことかな、
「し」の字型の大小や、長短、(跳ね上げ)フトコロの巾など等、改良点はぎょうさんあるよ、
関東と、関西では、釣り人らの使う釣り針の形が微細に違うのをご存知でしょうか???
「し」の文字の形が、関東では角バッテいる、関西ではスンナリやわらかい、

わたし、だいぶ昔になりますが、このあたりを考えたことが在る、ココに要点をまとめています、
http://homepage1.nifty.com/hamatidori/151225uoturibunka5.htm
ご興味がおありでしたらお目を通してほしいですなぁ~、
パソコンに、フエイスブックと言うのがあって、わたし、これも楽しんでいるのですが、ここで釣友・Bどんが、ルアー専用ハリのフック(フトコロ・懐)が云々の話をしとった、で、昔の考察を思い出した、

“釣りバリ(鈎)の科学的研究”は、わたしごときには難しいと思う、
が、魚釣り趣味の目線からなら、ナンボでも論じ得るように思う、“釣り竿”についても話はまったく同様、

すぐに歯が脱落し、口中既に歯がまばらにしか無い状態で、タコも食えん状態だ、
昨日は、
 朝は、即席ラーメンとタマゴと小芋のグニャグニャ
 昼は、カステラ・アンコロ饅頭・パン・バナナ
 夜は、御粥・味噌汁・豆腐・納豆・山芋・ETC(酒のことだよ)

今月の“今虚無僧”は後残り3回、今日・明日、中二日でもう一回、

歯の最終治療は、この3回が終わった後の29日の予定、
Drにボラン日程を伝え、昨日、コレに耐え得る仮歯をくっつけてもらった、

歯科Drは、素晴らしいお方でご趣味が魚釣りでいらっしゃる、
治療椅子に座り天井に大口開けての会話は非常に難しい、歯がゆくてならん、
あぁ、歯が痒いわけじゃない、念のために…

| | コメント (1)
|

2015年5月21日 (木)

因幡の白兎


コレは寝過ぎたシクジッタ!!!
タコに出し抜かれた!!!

今日もタコに挑戦しようと思っとった、
が、目覚めたら、もう5時を過ぎていた、

タコの目覚めは早い、ダメだこりゃ!!!
が、昨日、艇のあと始末もせずに、帰宅している、
どうしても艇まで行かなきゃならん!!!

タコにも、寝坊なヅヅイが居るかも、かも、

行ってきまぁ~す、
午前5時50分、

沖へ出られるのは7時過ぎになる、港へ着くのが7時頃かな、

| | コメント (1)
|

2015年5月20日 (水)

気合だ、気合だ!!!

今日は下りの中潮1日目、高砂沖の潮は早朝は緩やかに西へ流れる、満ち潮だ、西流だ、
この海域では、明石海峡を東から→西へ流れる潮(海水の流れ・動き)を“満ち潮流”と言う、流れ行く方向を指して“西流”という、
“風”の場合は、吹いてくる方が北からなら北風と呼ぶ、“海水)の場合は流れゆく方を指して言い、北から南への流れなら南流と呼ぶ、風と海流や潮流は逆の言い方になるってこと、なお海流と潮流(潮汐流)は言い分けるのだが、コレは今は触れないでおく、

ひとつだけ、言っておきたい、
大昔、大和朝廷は中国は唐の国へ“遣唐使”を派遣した、船は“海流の流れ”と、風向きを読んで、日本⇔中国大陸を航行した、
が、が、日本と、中国とでは、海水の流れ、風向き、を、言う際、言い方が違っていた、遣唐使船はこのために難破することが多かったようだ、

さて、今日は、これから急ぎ用意してタコ釣りに出ようと思う、
またまたボーズかもだが…
タコ釣り海域(東播磨沖)では、朝7時前までは引き潮で東から西へ、潮止まりを経て、満ち潮の、東から西へ流れにかわる、
この海域は明石海峡からほぼ20マイルほど西側だ、明石海峡での潮の動きに時間差が生じる、
あぁ~、このあたりの話をもっとシッカリしてみたいなぁ~、
が、それしていたら、タコ釣り時間を過ぎてしまう、で、潮の話はココまで、

昨日、かみさんが買い物から帰宅し、明石産の活マルアジが出とったよ、と、言う、
ヒョッとしたら、鹿ノ瀬西・灯台付近にアジが回ってきたかも、
気になって仕方がない、
今日は、アジ釣りには挑戦する気は無い、が、海へ出れば、このあたりの情報も掴み得るかも、
グニャグニャは嫌いだ、が、こうタコに馬鹿にされてばかりでは播磨灘の驚き樽、波平(釣り師)の名がスタル、タコをやっつけたい、

播磨灘を広く覆っていた海苔網はすべて撤去され、もう夏の海になってきた、

今、PM3時半、これから急ぎ即席ラーメン書き込んで海へ向かう、
昔は、気合入れに、酒で即席ラーメンをゆがいたりしたのだった、
が、今は、もう、この元気は無い、
が、が、ドンブリが真っ赤になるほど“一味辛子”を振りかける、
気合だ!!!
気合だ!!!!


| | コメント (4)
|

2015年5月19日 (火)

自己流五線譜移管尺八譜吹き

最近“ハッピー”を名乗るお方から度々コメントいただいている、
お目に掛かったこと無いし、どんなお方かワカランけれど、随分音楽にお詳しいお方のようだ、
わたし、このようなお方と今までお付き合いしたことまったく無い、
わたしの“自己流五線譜移管尺八譜吹き”を、こんなお方に聴いてもらったことデンデン・まったく無い、

思い切って、お届けしてみようかと思う、
ハッピーさんのお耳に届くだろうか???

「G線上のアリア」

「ショパン・即興幻想曲」 間違いがあるけれど…

| | コメント (1)
|

なんで、こんなに

なんで、こんなに老いてしもうたのか不思議でかなわん、
油断だったなぁ~~~、
今更、嘆いてどうする!!!

昨日、浅田真央さんが、現役復帰の発表をされていましたよね、
未だ、と、いうか既にというか…24歳だそうな、

分家のオジサンが亡くなったのは、もう何年前になるのだろう???
父は、このお方のこと、弟のようにおもっとった、で、棺を覗き込み、むせび泣いとったのを覚えている、
父が亡くなって既に20年、と、なると、叔父が亡くなったのは、もう30年も昔のことか…

この叔父の母親が先日不意に夢に現れ出ましてね、で、目覚めてから、やっと、この叔父のおっかさんだったことに気付きました、このお方が亡くなったのは、もう70年ほども昔だよ、わたし未だ幼かった、お顔を覚えていたのがコレまた不思議???

嫌ですなぁ~、こういうことがありますとね、ズルズルと、亡くなった方々へ想いが走る、走りだすと止まらない、

わたしには子供が居なくて、で、ずっと、側に愛犬が居る、
犬の寿命は短くてせいぜい15年ほど、
って、ことは、飼った犬が何匹も居たわけで、彼らは好き勝手にわたしの夢に出てくる、

今は、シーズー犬・省太が居ましてね、つい先日13歳になった、
彼、体調が良くない、病院通いだ、健康保険未加入でしてね、10割負担です、で、自ずと限度がある、どうにもならんので、獣医の薬が切れた後、薬なしで好きなものを食べさせていたら、だんだん元気が戻ってきた、
言っちゃあ悪いが、獣医の薬って効くのかな???
彼の大好物は卵焼きとチーズ、と、薬代わりに“樺のアミタケ茶”を飲ませとるが、コレ漢方薬ですが、不思議と効くみたい、で、わたしもいっしょに飲んでいますがね、わたしの場合は訊いているのかいないのかさっぱりわからん、

あぁ、わたしが「メダカ釣り」の達人だってこと、閲覧子の諸兄らはご存知でしょうか???
ヒメダカをぎょうさん飼っていましてね、家族あつかいです、

庭や畑に、おもしろがって果樹を植えていますが、これらもある種の家族かな???
なにせ年数がタップリ経っていますから、桃栗三年柿八年などの年を完全にクリアしとって、どれもこれも季節季節に実をつけます、
梅の木なんぞは、いつの間にか老木になっていますわ、あまり実を付けなくなったなぁ~、

庭ですが猫の額ほどで狭い狭い、畑と言うても駐車場横の小さい場所、植木と言うても、どれもこれも小さな樹です、
実がなりますとね、採って食べたりしますが、概ね小鳥らの御飯になる、
去年は、柿は不作だった、今年はどうかな???
桃は、ひとつか、ふたつ食べ得るかどうかだ、あとは、知らん間に虫々や小鳥らがツツキ食ってしまう、
栗は、昨年は、泥棒被害にあった、不愉快ですなぁ~、でも、クリご飯が楽しめた、

天気が良い日は、頑張って散歩します、約1時間半、
随分歩行速度が遅くなった、
途中、必ず1度は(野道ながら)左右を確かめ、用を足します、あぁ~、歳だなぁ~、と、思いながら…
バスや電車には、必ずトイレを設置すべし、の、法令、コレ、急いでほしいですなぁ~~
設置要請・署名活動したら、アッと言う間にスッゲェ~数、集まると思いますよ、

“グランドゴルフ”を楽しんでいた老人会メンバーらが、グランド側の地区自治会館のトイレ使用を止められてしもうて、で、“グランドゴルフ”がデケンようになったらしい、
わたしはコノ(“グランドゴルフ”)の趣味は無いから関係ないのだが…
なんでやろ??? 老人らの行儀が悪かったのかなぁ~~???

あぁ、左上アゴの刺し歯が、またまた、グンラグラしとって、今にも脱落・抜け落ちそうだ、
なんで、こんなに、老いてしまったのだろう…

| | コメント (0)
|

2015年5月18日 (月)

なんか知らんが、残念だ!!!

橋下市長の健闘をたたえ、わたし、氏へ、この2曲を贈ります、
実に別れがたく思うわけですよ、
なんか知らんが、残念だ!!!

「別れのブルース.」

「エチュード」

| | コメント (3)
|

重荷

大阪の住民投票、すごかったですなぁ~~、
民主主義かぁ~

大阪は、これから、どうなるのでしょう???
“このまま”ですよね、大阪都構想は否決された、

世は高齢社会だ、大阪市民らは「住めばミヤコ(都)」の気分のなかで住んでおられた、

「大阪都構想」 VS 「住めばミヤコ(都)」

勝負にならん、民主主義云々以前のはなしだったのでは???

税金が半分になる、医療費はタダになる、なら、違ったかも、
ヤヤコシそう、税金は半分にならんし、医療費もタダにはならん、

橋下氏が、穏やかに、
「どうです皆さん、子供や若い衆らのために、ひとつ頑張ってみませんか??」
なら、市民らは、
「ようわからんが、エエようになるなら、そうしてもらおうか…」に、なったのかも、
が、橋下氏はワメキたてた、反感を買いすぎた、
「僕の言うことを聞け!!!」だった、
「僕は、あんたらのためを思って、いうとるのや…」だった、

音楽を聴く気の無い方々に、音楽を聴いてもらうのは、
⇒難しいのですぜ、
チケット買って、音楽聴きに来た方々に、音楽聴いてもらう、
⇒これは意外と簡単です、

<少し話を横道しますよ…>

尺八なんぞ聴く気もなく、老人ホームに連れてこられた半呆け老人らに、尺八を聴いていただく、
⇒コレ、非常に難しいのですぜ、

ホームを訪れて、老人らが集まっとる部屋に、設営・諸道具持って入りますとね、
老人らがジロっと、わたしを見ます、
“なんやアイツ!!! 挨拶もなしに…、俺らをバカにしたような顔で…”ですわ、
「あんた、何しに来た!!!」と、老人、
「尺八吹きに来た」と返事、
「モタモタすな!!!さっさとやれ!!!」の声、
コレ、実話ですよ、

さすがに、最近は、違います、わたしも賢くなった、

わたし、老人らの部屋へ入る際は、部屋の入口に起立し、大きな声であいさつします、
「こんにちは、また、来たよ、ありがとうね!!!」と、
大仰に、大仰に、最敬礼する、みなさんの顔を見渡す、出来るだけ視線を合わせる、
で、部屋に入り、場の準備(設営)をします、
無言準備はダメ、大きな声を出しながらの準備、
老人らの自尊心を損なったらダメ、下から下からのタイコモチになりきります、

終える際は
「ありがとう、ありがとう、みなさんのおかげで、また、楽しいエエ時間が持てた、ありがとうね」
と言う、尺八を両手で捧げ持ち大仰にペコペコ頭を下げて、場を締めくくる、
部屋を出る際も、またまた、最敬礼でお礼を述べる、

やり過ぎでしょうか???

白状します、
わたし、シンドイのです、このパホーマンスは正直言うて重荷になっとるのです、
が…
場を終えて、帰宅し、この重荷を降ろしますとね、なんか清々しいエエ心地だ、

かみさんがね、わたしの極めて自分勝手な孤高な性分をヨ~ク知っとるから…
「もう無理するの止めたら…」と、言う、
で、このひとことで、“イイヤ、もうしばらくは頑張ろう”と、思う、

今朝5時前の庭音です、音を絞ってください、暗騒音は少し離れた道路の走行音、

| | コメント (5)
|

2015年5月17日 (日)

わたしの宝物

P5170137


P5170139


この他にも持っとるのですが、最近使っとるのは、これらの竹です、
1尺7寸・同8寸・同9寸・2尺・2尺3寸、まで、バカ長いのも映っていますが、わたしには未だコレ吹き得ません、
 7寸・9寸は、江夏白龍師(わたしの明暗流師匠の作・加古川の土手に生えとった竹)
 8寸は、竹友・栗栖如堂氏の作、氏から無理やりおねだりして貰い受けた、
 2尺は、竹友・小沼静童氏の作、これも彼からひったくったのだった、
 2尺3寸・同7寸、白龍師のお手元にあったのを貰い受けた、氏のご友人の作だとうかがっとる、

歌口がそれなりに補強されとるのは1尺8寸と2尺だけ、他のは単に刃物で竹を斜に切っただけ、
すべてが完全な地無しでしてね、中穴を覗きますと、ノミの削り跡が生々しいです、節すらも未だだいぶ残っとるのがある、

調律ですか???
わたし、調律笛ナンカ持っとらん、
ピッチ???
なんやそれ!!!

以下は、試し吹きです、上手下手は言わないでネ、

「青い目をしたお人形」1尺7寸

「赤とんぼ.」1尺8寸 あぁ、昨日アップの「初恋」はこれで吹いとります、

「赤い靴」2尺

| | コメント (3)
|

初夏の気分

午前4時45分、もう外は明るい、今日の天気は良さそうですネ、

今朝のわが家の音をお聴きかせしてみましょうかねぇ~、
庭へ出て、ICレコーダーで朝の音を録りました、

最後アタリ、ホトトギスの声が聴こえますよ、
今朝はホトトギスの声がしないなぁ~、と、思っていたら空高くホトトギスが飛んで行った、こやつはアタフタと飛ぶので観たらすぐにわかります、
蛙の声も様々でしょう、ウグイスガよう鳴いとる、

コレ、収録したのは5時半です、
そうだ、採ってみようと思って、庭へ出ました、
4時頃から小鳥らは起き出します、朝の音は時時刻刻と変わります、コレは朝5時半の音、

さぁ~て、今日は、魚釣り的に言いますと、ここ瀬戸内海・播磨灘では、絶好の釣り日和です、
が、今日は日曜日…でしたね、
って、ことは、世間様の、現役働き手の方々の日だってこと、
世間様にご迷惑かけつつ生きているわたしのようなヅヅイは、日曜は出来るだけ釣り場に出るのを遠慮します、控えます、海は広いのですが、釣り場は狭いのです、
要するに、混みあったとこで釣るのはオモロないってことですわ、

脱落、脱落の刺し歯ですが、
昨日、くっつけ直してもらった“左上アゴの門歯を含む3本セットの刺し歯”のことですが…
コレ、今朝も未だ安泰です、くっついとる、脱落しとらん、

食事の際などは、随分ここに気を付けながら食べるのです、
ご飯も、噛まずに食えるオカユ・モドキにしています、
オカズもやわらかい物だけ、豆腐とか、その他グニャグニャしたや柔らかい物、
隣町・稲美町の友人(お百姓さん)にナマコをお届けしたさい、たまたま彼は小芋を掘り出し、畑横の小川でソレを水洗いし、泥をぬぐいさる作業をしとった、で、ナマコと交換で仰山もらってきたのだった、
コレ、柔らかいですわ、歯に極めてやさしい、口に入れると、歯で噛まんでもグニャとなる、美味しい、
今朝も、コレ、食べようと思う、オカユと…

尺八吹く元気が出るかな???

いつの間にか、初夏の気分ですなぁ~、


| | コメント (1)
|

2015年5月16日 (土)

「初恋」


櫻井正隆氏がコレを見事に尺八吹奏なさっとるのを聴いて、わたしも、と、思いましてね、
手元に持っとる赤本(「歌謡曲のすべて上」)の五線譜から尺八譜を起こし採り、試し吹いてみました、
カラオケをダウンロードし、律調整の上、合わせ吹いてみようかと思ったですが、マンズ合わないと思います、
わしゃ、テンポ取るのが下手ですのでね、
内緒でコッソリ試みてはみますがね…

はぁ~、外れ落ちていた左上アゴの前歯セットは今朝仮修復し、今のところ安泰です、
で、この間に、吹いておかねばと、あわてて採譜し、あわてて試し吹いたのです、

あぁ、彼女(初恋のひと)には、別途、元譜の五線譜と、手書きの尺八譜を、メール・添付で送ろうと思う、
彼女は、五線譜も尺八譜も大丈夫だ、オモロがるかも…

| | コメント (4)
|

下宿

歯医者さんへ日参です、
左上アゴの門歯を含む3本セットの刺し歯が、すぐに外れ落ちる、
もう歳ですのでね、修復(治療)は無理かも、

前歯の無い状態で(尺八)吹くのはむつかしいですなぁ~、
吹き得ないわけじゃない、が、音が定まりません、特にメリ・カリや半音が難儀、
前歯が在る状態とは別の“新たな吹き方”を探っています、
が、いまだわからない、

昨日、歯科医院・待合室で順番待ちをしていたら…
ジイチャンが入ってきて…
受付カウンターで「ムニャムニャ・ムニャムニャ」言う、
聞くともなく聞いていたが、ナニを言うとるのかさっぱりワッカラン、
受付嬢が「で、どうされました??」と質問、
と、また、「…ムニャムニャ・…ムニャムニャ」を繰り返す、
何度か目の受付嬢の質問に
「…奥歯がグラグラ」
やっと、来院の原因が判明、あぁ~、やれやれ…で、関係ないわたしもホットした、

と、と、待合室に居た某老人が、
「歯は大丈夫、…ムニャムニャ」と、はっきりした声でひとりごちた、
わたし、その老人を見やって、視線が合った、
ら、その老人、わたしに、「歯だけは大丈夫全部完ぺき」と、言い、口を大きく開けて、歯を見せてカチカチ噛み鳴らて見せた、
思わず「完璧歯が、なんでココに来とるのや???」と、質問、
「健康診断や、船に乗っとった、もう降りた」
「ほう~船乗りさんか」と、わたし、
外洋航行の大型船には船医が乗っとる、が、歯医者は乗っとらん、で、船員らは歯の健康には気を使うと聞いている、
「航海??機械???」と、わたし、
「商船大学で航海、地球を49周まわった、降りて学校で教えとった、もう止めた」
打てば響くの簡潔即答、
先ほどのムニャムニャ老人のこと、この船乗り氏からは、“なんじゃこやつは!!!”だったみたい、

もっと、この船乗りOBと話がしたかったなぁ~、
が、すぐに老人の名が呼ばれて、診療室へお入りになった、
と、間もなく、わたしの名も呼ばれた、
ほぼ同時に、待合室で顔を合わせた、互いに目礼して別れた、

あぁ、この老人とは、もうひと言、話を交わしていたぞ、
シャレた帽子をかぶっておられた、鳥の羽が斜に刺してあった、
「シャレタ帽子ですなぁ~、ナニの羽??」と、わたし、
「カラスの羽や、路に落ちていた」と、老人、
ウ~ンまいった!!!
粋なヅヅイやこと、自信満々、視線シッカリ、心に余裕って感じ、

あぁ、つい先日(5月10日)、片手にお花を握って、朝から晩まで徘徊する老人が居られて、保護させてもらった話をしましたよね、
“老人”と、ひと口に言いますが…
よく観ると、実にオモロイですぜ、みなさん、ドッサリ、人生って荷を背負っとるからなぁ~~~

それにしてもナサケナイですなぁ~、
今日も又、脱落サシ歯にぎって、歯科医受診だ、はめ込み治しても、また、すぐに脱落するに決まっとる、
名医なのですがねぇ~、なにせ、患者がナットランのだ!!!
かみさんがね、
「帰ってこなくてエエよ、下宿させてもらったら…」って言う、

| | コメント (2)
|

2015年5月15日 (金)

内緒の話

わたしは40前から、ずっと近所の先生(Dr)の世話になっとって、この先生(Dr)が居られなんだら、もうあの世住まいだったろうと思っとる、

2週間ごとに受診し、血圧を計ってもらって「フンフン、だいじょうぶですよ」と言うてもらって、処方薬を頂戴してくる、
2か月目くらいの間隔で、血液検査をしましょうとなる、
その都度アレコレ言われて、ソレ聴きながらズルズル老いてきた、

この先生(Dr)に診てもらっとる、の、実感がある、

大学を終えられ、研修医というか、インターンというかのことを終えられて、すぐそのまま開業されたのだった、
見るからに若造で、大丈夫かいな??? だった、
今はもう、市の医師会長や、その他・介護分野の最重鎮でいらっしゃる、

父も母も晩年はこのDrの世話になった、
かみさんも、このDrから“胃がん”宣告され、言われるままに転院し、乗り越えて、で、今が在る、

先生(Dr)は、全生活を地域医療・介護に当てられていて…
まことに、失礼ながら…
日進月歩の医学の進歩に、シッカリついて行けているのかな???
駆けずり回るばっかしで、はたして勉強をなさる時間がとれているのかな???
の、想いが、瞬時よぎることがある、

先生は、患者を診て、これはヤバイ!!! を、感知なさる、と、と…
すぐに大病院受診をお勧めになる、手配なさる、紹介状をお書きになる、
わたしは、幾度も、この感知にひっかかり、都度も紹介状を持たされ、指示に添って大病院を受診した、
で、そのまま入院したのは1度だけ、
あとは大病院から、またこのDrのもとへ戻された、

先生の元には、既に、大病院からの連絡が届いており…
これ以後、処方薬が変更されたりした、
「薬を変えましょう、いつも薬は必要なかったらしい、別の(薬)を出しましょう…」と、Dr,
「ハイハイ…」と、わたし、
このDr、大丈夫かいな??? の、思いが瞬時走るのはこういう時だ、
が、が…
ヤバイところを助かった、の、感謝の念が、フワ~とわたしを包むのも、こういう時だ、

大病院では、ダァ~レもわたしを見なかった、
血液を抜かれ、尿をとられ、アレコレの最新検査機器の前に据えられた、
毎回・毎回、長時間ほったらかされ(待ち時間)た、

この間、検査技師も、病院のDrも、ダァ~レもわたしを見なかった、
彼らはパソコン画面と、最新装備のアレコレに視線を集中させとった、患者は待たせて当然なのだった、

病院Drは、検査結果をわたしに告げるに…
(院内各所から上がってきた)パソコン画面の数値を注視し、わたしを見なかった、
わたしは、そんなDrの横顔を見ながら話を聴いた、

あぁ~、“ふれあい”の社会かな……

で、掛かりつけの主治医の元へ戻されて、先生(Dr)が、シッカリとわたしを見て…
「…いつも薬は必要なかったらしい、別の(薬)を出しておきましょう…」と言う、

わたしは、先生(Dr)は、勉強デケとるのかいな?? 大丈夫かいな??? 
と、思いつつ…
診てもらっとる”と、感謝、感謝、

で、今が、在る、

あぁ、先生が、コレ、読んだりなさったら…
わたし、額を床に付けて、失礼なこと言うたお詫びをせなならん、
エエですか、ココだけの内緒の話でっせ!!!

| | コメント (1)
|

2015年5月14日 (木)

では、では…

竹友が、大病患って入院中で、苦しんで居る、
気になって仕方がない、
アレコレ想っていたら、時間がヅルヅル経ってしまって、
で、タコ釣りに出る時間を過ぎてしまった、

これから、大慌てで準備して出かけます、
釣果などは、後刻、夕方の、ブログアップにしようと思う、

では、では…

| | コメント (3)
|

2015年5月13日 (水)

所在ない午後

わたしの左上アゴ・門歯を含む前歯3本は、セットの刺し歯仕様になっていて…
コレが、チョットしたことですぐに脱落・抜け落ちてしまうのです、
で、その都度・都度、はめ込み治してもらっとるのですが…
また、抜け落ちて、
で、今日朝一番に歯医者受診し、はめ込み完了です、
で、で、お昼ごはんを二口ほど恐る恐る食べたら、また、抜けた、
ナンジャソレ!!!

今日午前中の受診で、次回(抜け落ちたら)は土台からやり直しましょう、と、Drに言われとって、
で、午後診が始まる時間(午後4時~)になったら、また、歯医者さんへ行きますが、
土台からの治療となると、ナンボほどかかるのだろう???
ちなみに、今日午前中の治療費は金50円也だった、

口腔中の現状ですが、
左側は、上アゴが上述の状態で、下アゴ側はいちおう揃っとる、健全歯ではないけれど、
右側は、下アゴが糸切歯以降奥歯まで既にゼロ・無い・生えておらん、上アゴ側は在るには在る、
要するに、左右ともに、上があると下が無い、下があると上が無い、

食事の際、ご飯を口に入れても、舌うえで転がすだけで、咀嚼することがデケン、
ウイスキー、焼酎、ビール等は大丈夫!!!
が、肴が難儀、タコ・ナマコはでんでんダメ、竹の子もダメ、いつだっかトウフを食ったら歯が抜けた、

特に、尺八吹奏が難儀、口元・歌口が狂ってしもうて、音が定まらない、尺八が吹けない、

以前は、尺八を吹く際は立奏が常だった、が、腰椎圧迫骨折以降は座奏になった、
そして、このたびの前歯脱落だ、

だんだん生きるのが“めんどくさく”なりつつある、

生きる楽しみは無いかいな??? 
…と…
明日は、また沖へタコのご機嫌伺いに出てみようかと思う、
…が…
タコ等が「爺さん、懲りずにまた出てきたぞ!!!」って、バカにするのだろうか…

前回、沖へ出たのは、先週8日の金曜日だった、
ワカメを1株、タコと間違って海底から引き揚げたのだった、
と、岸辺、桟橋下からナマコをひとつ拾ってきた、

ワカメは、これ以来、毎日、食っとって、で、食いつくした、無くなった、葉の部分も茎の部分も…
ナマコはハラワタ抜いた状態で冷凍してある、歯が丈夫な、ナマコが食えそうなお方がやって来られたら、進呈させていただこうと思っとる、

艇に、ワカメの引っ掛け具を積んでいる、
太い丈夫な針金をホームセンターで買ってきて、コレを捻じ曲げて⇒かぎ状に形を作りオモリを背負わせた物だ、
尻手綱付けて海底を曳きずたら、また、ワカメがひっかかるかも知れない、
タコが、ワカメに乗っかって、様子見に上がってきたら、ワシャ素早くタモで掬いとらえてやろうと思う、

楽しみが在るような無いような、所在ない(※退屈な)午後
…歯がなくて尺八が吹けない、意…

| | コメント (0)
|

今が最盛期 2

>翁長(沖縄県)知事は11日、5月27日から10日間の日程で、ハワイとアメリカ・ワシントンを訪れると発表…

の、報道がありますね、

“ハワイと…”と、ある、なんでハワイへ???
はは~ん、あそび(観光旅行)気分もあるのかな??? 
勘ぐりが過ぎますよね、
氏は、一生懸命なのだ、
ハワイでも、ネジレタ論を更にねじ繰りまくったろ!!! って、でしょうか???

ワシントンで会談に応じるお方(政府要人)が居られるでしょうか???
翁長の主張に同調されるお方って、ダレ???
米政府の要人なら、会談申し込みを受けても…
「米国政府としては、日本国の内政に直接かかわるかの疑念を抱かせる会談には応じられません」
って、ことになるのでは…

たとえホンノ少しでも、翁長(沖縄県)知事の話を聞き入れたりしたら、ら、
途端に、アベチャンの立場が揺らいで、で…
以後の、日米関係は、瓦解方向へ急激に傾くでしょうよ、

TPP交渉は、翁長知事のやり方を真似て、各業界トップが、ハワイ経由でワシントンへ出向き、米国政府要人へ会談を申し込み、の、図になりますよね、
「日本政府の(国内業界の要請を軽視した)交渉には、貴国は応じないでいただきたい、応じるにしても、貴国は、我々日本国内業界の気持ちを充分に斟酌なさった後にしてもらいたい…云々」
の、ロビー活動(?)に、走ることになる、
国:国のTPP交渉なんてすっ飛んでしまうよ!!!

翁長知事は、「オレは沖縄の代表だ、知事だ!!!」っておっしゃる、
が、アベチャンが、日本政府が、我が国の総理であり、沖縄は日本政府の1行政単位、で、あることを忘れとる、
沖縄県民は不幸ですなぁ、
翁長知事は沖縄県民らを日本国から連れ出して、何処へ拉致(?)しようとしているのだろう???
ハワイですか???
グアムへ、ですか???
ワシントンへ、でしょうか???
このたびの氏の訪米は、ハワイ経由でしたね、
ハワイへ着いて、アチコチを観光しまくり、適所を見つけて…、
「ここらあたりに辺野古代わりの基地を造るべきだ」なんて言うのかな???

西宮市民は、あの泣きじゃくりの、ケッタイなのを、県議会へ議員に選出したのだった、
沖縄県民は、ハワイ経由でワシントンへ泣き言を告げに行くのを、知事に選んだ、
わたし、変なことを言うていますか???

翁長知事が、“これが県民の真意だ、考え直してくれまいか、と、政府を責める”コレはこれで正しいかもと思う、
が、訪米して云々のこの旅のご計画には、ワシャ呆れてしもうたのだ、
ナニ考えとるのや、このオッサンは!!!
 泣きじゃくりの、あのへんなオッサンがダブって見える
 どこかの告げ口大統領が重なる


| | コメント (0)
|

2015年5月12日 (火)

今が最盛期

沖縄・翁長知事は今月27日から訪米なさるそうですね、
米国にケンカ売りに行くってこと???
「沖縄から米軍は出て行け!!!」
って、言うのかな???

沖縄は、日本(国)じゃないぞ!!!
かな???
沖縄は、日本や米国の言いなりにはならんぞ!!!
かな????

米国政府は会談に応じるでしょうか???
ダレが???
翁長知事のこと、どんな評価の中で、会談申し出を受けることになるのかな???、

米国は、1神教の社会、契約社会ですよね、
“沖縄県人の気持ちを推し量ってくれ”なんて言うたら笑われると思いますよ、
笑われるだけならまだエエ方だ、
ナニを言いに来たのか、まったく理解してもらえないのでは???

沖縄は、日本国から分離・独立を志向している、と、される可能性が強いかも、

コレ、中国が見逃すはずないでしょうよ、
まず、福建省が沖縄との友好関係を大々的にアピールし始めると思いますなぁ~、
沖縄での辺野古米軍基地建設反対の活動資金はダレが負担しますか???
中国でしょうよ、出し惜しみしたりはしないでしょうよ、
福建省ガラミで出せば翁長知事は得意顔でニコニコして受け取るでしょうよ、

リコール制度があります、
住民の3分1以上の有権者の署名があれば、知事の解職を問う住民投票が行われる、
で、解職賛成が過半数を超えれば知事は失職する、
が、こんな流れになる可能性はあるでしょうか???

沖縄の日本国からの分離独立を主張する運動なら、可能性はあるでしょうなぁ~、
運動資金は中国がナンボでも出すでしょうから…

翁長知事は間違っている、と、わたし思います、

訪米なさっても、米国政府は、観光客がひとりやってきた、程度の軽ぁ~るい対応だと思うなぁ~
で、コラ、アカン、話が通じない、と、お気付きになられたら、ソレが収穫ってことかな、
翁長知事は、県議時代や那覇市長時代には、辺野古移設推進派だったそうじゃないですか、
米国は、氏のことを、論を曲げたお方だって評価するのではないかな、

とにかく、世間を騒がせるお方であること、コレ、ダレが見ても確かですな、

西宮市民は、あの泣きじゃくりの変なオッサンを県議会議員に推した、
沖縄県民は、世間騒がせな視野狭いオッサンを知事に推した、
の、ですよね、
違ってますか???

「尺八ズズイが、ナニ言うのか」って、ですか???
台風6号が沖縄を襲いつつあるみたいだ、って、ことですだ!!!
翁長台風は今が最盛期、すぐに勢力ダウンんで消えるでしょうよ、…と、思いますなぁ~

| | コメント (0)
|

2015年5月11日 (月)

オンザロック

特別養護老人ホームで尺八吹奏ボランティアしてきたのですがね、
40名ほどのご老人で、介護度4・5の方々ですわ、ごく少数3レべルが居られる、
以前は、ストレッチャーに寝たままで会場へ来られていたのだが、最近は、可能な限り車椅子をお使いだ、

いっしょに歌うなんぞは無理です、
意識があるのか無いのか、まだら意識状態のお方等がけっこう多い、
が、ホントは、シッカリ意識がおありなのだよなぁ~、

介護職員さん等を含めると50名近い方たちの前での本番1時間でした、
わたし、場では、出来るだけ大きな声で皆さんに話しかけます、大仰な身振りで…
で、尺八を吹く、
カラオケなんぞは使用しません、
今日は、1尺7寸・8寸・二尺、の、3本を使い分けました、

開始から、3分の2ほど経ったあたりから、老人らの独り言や、言い争いや、職員さん等間の雑談が無くなります、
尺八の方へ注意が集まってくるのを感じます、コレ、いつもの展開です、
涙を流すお方が出てきましてね、真剣に聴き入っておられるのが伝わってくる、
わたし、姿勢を正し、背筋をまっすぐ伸ばし、意識して腹からの息でゆっくり静かに吹くのです、

40名ほどのご老人ですが、実際に声を出して唄われるのは5名程度です、
逆にホントに寝てしまっとるお方が10名は居られる、
寝込んでしまって、車椅子から転げ落ちそうになると、職員さんが飛んできて身体を支えるのです、

尺八を吹いていて、聴きながら寝てしまうお方が在る、
どんな夢をご覧になっとるのでしょうね、
わたし、場のご老人らが寝てしまわれること、これ、超嬉しいのですわ、
お心に、真っ直ぐ尺八の音が届いている、
コレ、間違いないです、

たった1時間の尺八吹奏ボランティアです、
が、ココ、特養での“今虚無僧”がいちばん重労働です、

ナニと向き合って吹くのだろう???
ご老人らが40名???
そうじゃない、わたし・波平が、“たった独り”目の前に座とるような気がする、
変ですか???
が、そんな気がしてならんのです、
神さん、仏さんは、ゴマカセ得ても、自分だけはでったいにゴマカセ得ません、
コヤツが目の前に座っとるのです、
わしゃ疲れた、

グラスに冷蔵庫の角氷を入れ、ウイスキーを注いで…
オンザロックで、ご苦労さんをやりつつ、コレ打ち込んでいます、

明日は、通所デイケア・センターでの”今虚無僧”だ、
コレは、気持ちが随分違います、楽です、
遊びの気持ちで吹くことが可能です、

介護度4・5のご老人らと、真正面から向き合うのって、半端な気持ちではデケンのですぜ!!!


| | コメント (1)
|

尿意爆発

2週間おきに掛かりつけ医へ受診に出向き、都度都度に2週間分の処方を得ます、
33年間もずっとこの調子ですわ…まったく途切れなくです

試しに、(医師に内緒で)勝手に服用を止めてみたことがあった、
半日(朝・昼の2回)やめたら体調が狂ってしもて…
夜の分も服薬を止めたりしたら、もうダメ、寝て居られない、
循環器系の薬ですのでね、ヤバイです、
わたし外国旅行は、だから、危険でデケンのです、
薬をドッサリ艇に積み込んで日本列島を大きく単独周航したりしましたが…
周航中、常に主治医に体調報告しながらの旅だったです、

先月末から五月にかけては連休があるので、いつもは2週間分の薬ですが、連休分、長期間の処方を受けていました、それも切れたので、受診に出向き、新たに次の分の処方を受けてきた、
「先生(Dr)、先生は、この連休中、ナニなさっとられたの??」と、わたし、
「ずっと仕事をしていました」と、Dr、
「末期の癌患者さんが5人、他の急患が3人…わたしにも趣味がないわけじゃないけれど…」と、Dr、

しょうもないこと、お尋ねした、の、思いが瞬時走った、が、…さらに
「人生は“仕事”と“遊び”でデケトルとは、先生は思ったりなさらんの???」
と、愚問を投げてしもうた…

「ハイ、娘と娘婿(二人とも医者)がココを継いでくれること、既に決まっていますから、そうなったら…」
「そうなったら……任せきりにしないと…、余計な口出しは…ムニャムナヤ」
ハハ~ン、ここが先生(Dr)の悩みなのだな!!!
で、いつまでも、頑張っとられるわけだ、
未だ70前の未だ元気な先生だ、長年三木市の医師会長さんをなさっとるお方、

わたしの“今虚無僧”活動を支えていてくだるお方でもありましてね、
わたしが“今虚無僧”で持ち回っとるプロジェクターはこの先生が個人的に寄付くださったものですわ、
で、わたし、活動の状況を時折ご報告させてもらっとるのです、
ダジャレ交じりで少し話すだけですけれど…

今月の“今虚無僧”は計5回、11・12・22・23・26日、
今日はエエ天気で動きやすい、
が、明日は、雨風が強そう、
“今虚無僧”は結構荷がありましてね、雨風の中、腰折れ波平ひとり、雨風の中での荷運びは難儀なのですわ、
老人ホームの介護職員さん等は薄給ですなぁ~、月給は少ないですなぁ~、
このためかなぁ~、余分な動きはなさらんです、

波平が雨風の中、軽四に、この日使う荷のアレコレ(簡易スクリーンやプロジェクターなど等)積んでホーム玄関へ着いても…
なかから見つけて、自主的出てきて、荷運びを手付だってくださるお方、コレ、無いのですよねぇ~~~
自然の流れの中では、まず、無いなぁ~、
同業の河童爺氏の場合は、職員さん等が、お手伝いなさるようだ、羨ましいですなぁ~、
氏とわたしとでは、人間のデキが違うのでしょうなぁ~、
が、ひょっとしたら、施設の公立・私立の違いにもよるかも、

わたしの場合は、今日と23日は私立の特養ですが、他は皆、市社協直営のデイケアー・サービスセンターです、
職員さん等は公務員ってことかな、公務員の匂いがします、
昔は、老人を施設に迎えることを、入所させる、入所措置を採る、と、言うたようですね、

“今虚無僧”活動も、体力的に、今年いっぱいかなぁ~、なんて思うこの頃です、
毎回、午後2時頃から約1時間半の興行(?)ですが、この日は、朝から水分摂取をできるだけ控えるのでっせ、
本番中に、急に尿意爆発なんぞは、かなわんですからなぁ~、

| | コメント (0)
|

2015年5月10日 (日)

“今虚無僧”の真価

浅い眠りから逃げるように起き出しました、
変な夢バッカ観ていました、

仲間らと、遠出の旅をしとって、雨が降ってきて、大急ぎで港へ降りたら、ぎょうさんの人が行列して並んでいて、とにかくわたしらも行列に加わったのだが、仲間らとはぐれてしまった、
だんだん行列が、わたしの番に近づいてきて、大きなクルーズ船の乗船順を待つ行列だったのだが、わたしは乗船切符を持ってなくて、財布にはお金が無いし…
と、眠りが浅かったからでしょうか、ココまで夢見て、目が覚めました、
疲れました、

常に場面が動いていて、いつもナニかにせっつかれていた、
昨日夕方の花泥棒ジイチャンとの“ふれあい(?)”が、
⇒わたしの繊細(?)な心を揺すった、と、しか思えないですわ、

わたし、交番へ行って、詰めていたお巡りさんへ申し出たのですわ、
カクカクの老人が朝から晩まで歩き回っておられて、庭に咲いている花を勝手にもぎり取ったりするのだが、調べて欲しいと…
と、交番のお巡りさんは、
まず、わたしのことを“変なことを言いに来た呆け老人かも”と思ったようでしてね、
わたしを職務質問し始めましてね、
年齢、名前、住所、電話番号、携帯電話番号、生年月日等をしつこく問い正しました、
呆けズズイかもと思っとるな、と、思ったから、ナニ問われてもスラスラと即答しましてね、
で、やっと、わたしが交番を訪れたワケを話す順が来た、

と、またまた、老人が歩き回る時間帯、最後に老人を観たのは何時だったか、何日前に気が付いたのか、今までに何度花を取られたのか、花を取る現場を本当に観たのか、ホントに現場を観たのは誰と誰か、など等を問われた、
言外に、そんなつまらんことを大仰に言いに来るな!!!
って、さとされましてね、
で、わたしは、ついに言うたのです、
「なんなら、わたし被害届を提出させていただきましょうか??」と、
「被害届を出したら、本気で聴いてくださるのかな??」と、

と、話していたお巡りさんが凄い剣幕で怒りましてね、
老人に馬鹿にされたと思ったようでしてね、
はぁ、難儀でした、交番を訪れた用事をキチンと話すのに、随分とシンドイ思いをしました、

で、ようやく、とにかく、現地調査してみましょう、と、なって、
どこらあたりを歩きまわっとるのか、とにかく、とにかく…と、なって、
わたしの先導で、お巡りさん二人がパトカーでわが家までやって来た、

今日は、すでに我が家の前を、わたしの現認だけでも5回も通りすぎていて、最後に観たときは、ジイチャンは疲れてヘトヘトのようだったし、時間も遅いから(夕刻6時チョイ過ぎ)し、もう歩いては来ないだろうと、と、話していたら、ら…、
ナント、そのジイチャンが向こうからホトホト歩いてきましてね、
で、さっそくお巡りさん二人が職務質問したですわ、

職務質問しても、ジイチャンなかなか手ごわくて、名前も、住所も、ノラリクラリで質問に応じない、
後でわかったことですが、認知症で呆けてしまとって、自分でナァ~ンもわからんようになっとられたのですな、
近所の人が出てきて、ジイチャンを観て、「あぁ~あの人や、怪しい奴や!!」ですわ、

ホントは、このようなジイチャンでも、安心して散歩がデケル街であるべきなのですよね、

が、このジイチャンがやってきたら、家に閉じ篭り、ジイチャンの通り過ぎるのを待っているお家もあったようです、そのお家のバァチャンは「怖くてこわくて、あたし独りだし…」だった、
「やさし気なジイチャンですわ、だいじょうぶですよ」と、わたしお話ししたのだった、

逮捕するような事件があったわけじゃない、
ジイチャンは、今日も又、徘徊・散歩なさるのでは、と、思う、
わたし、彼が我が家の前を歩いたら、声掛けしようかと思っとる、
なんだか“今虚無僧”の真価を問われているような気がするわけですよ…


| | コメント (3)
|

2015年5月 9日 (土)

どっちも、どっち

個人情報になりますから、詳しくは言えませんが、花泥棒をとっ掴まえました、
認知症のジイチャンでした、

ジイチャンが、片手にお花を握りもって、思いつめた顔つきで足早に我が家の前を歩くのですよね、
日に何度も何度も、我が家の前を歩きます、片手にお花を握って…、

今日、わたし、このジイチャンが我が家の前を歩くのを5回観ました、6回目に現地調査に来たお巡りさんが職務質問し保護しました、
わたし、交番へ届け出たのです、
で、現地確認にお巡りさんがお越しになったその時に、このジイチャン、また我が家の方へ歩いて来たのだった、

お巡りさんが職務質問しても、ノラリクラリで手ごわかた、
が、その実は、名前も、住所も、なんで散歩しまくるのかも、なぁ~んもわかっとらんのだった、

これも後でわかったことですが、昨日は、朝から家を出て、深夜1時頃、保護されて、ようやく自宅へ帰ったらしい、

奥さんは普通のお方だった、日々、介護に大変だとのことだった、

わたし、ジイチャンが可哀そうになりましてね、ついジイチャンを抱きかかえ、
「オイ、がんばろうな!! エエかみさんが居てくれてよかったなぁ~、ちゃんと、かみさんの言うこと聞こうな」
と、話しかけた、
ジイチャンは、「うんうん」と、嬉しそうな顔だった、
お巡りさんは、呆れ顔して、わたしらをご覧になっとった、

我が家は駐車場横に芍薬(シャクヤク)の花を咲かせていましてね、
ジイチャン、花首から花をモギリとって、コレ片手にスタスタ・スタスタ、果てしない散歩をなさっとった、
と、思えるのです、
なんと言うたらエエのでしょうなぁ~、言葉が見つからんですな、

また明日も、このジイチャン、我が家の前を散歩なさるのでしょうか???
保護するすべはないのかな???
お身体は極めて健康そのものだと思う、なにせ、1日中、毎日、歩き回り、身体を鍛えておられる、

わたし、毎日毎日、家で尺八吹いとって、我が家の前を行く人は、
「ここの家のヅヅイ大丈夫かいな???」
と、思っとるかも、

そのうち、お巡りさんがやってきて…

“どっちも、どっち”って、感じがあるなぁ~、

| | コメント (1)
|

天下国家とタコのこと

イギリスの総選挙で現政権与党の保守党が単独過半数を得た、の、ニュースが報じられていますね、
日経新聞では、1面・同3面で報じられている、
が…、
1面の大見出しは、“トヨタ3期連続最高益”だった、
この横っちょに、申し訳なさそうに“英保守党が過半数”とある、

去年、スコットランドの独立を問う選挙が報じられましたね、
コレを思い出した、

英国は、イングランド・ウエールズ・スコットランド・北アイルランドの四つの連合で英国という一つの国になっとるのだった、
地図上では英国は二つの島の国に観える、が、小さい方の島・アイルランド島は、北の隅っこだけが英国領土で、残り部分はアイルランドという別の国ですわ、
で、このような中で、本島の北側のスコットランド州が、英国から離れて独立国家になりたがっとっるわけだ、
今回の選挙では、スコットランドの独立志向の党が大きく議席を得とる、

英国が、まさか、かつてのソ連のように、分裂してしまうなどとは思えないが、が、分裂の可能性はある、
現に、現政権はEU離脱を考えたりしとる党でもある、

非難を受けるかもしれませんが…我が国のことですが
 かすかにでしょうが、“沖縄独立”を夢見る方らが居られるのでは…
 ひょっとしたら、“大阪都構想”も、この類に数え得るのでは???

<さて昨日の播磨灘でのこと>

タコ釣りに出て、またもや撃沈されてしもうた、
巨大なタコかな???
と、思ってってテグスを手繰ったら、握りこぶし二つ分ほどの石と、この石に根を絡ませた大きなワカメの房があがってきた、

昨日の釣りはワカメ釣りだったってこと、
それと、艇係留桟橋の下にナマコが寝転がっていたから、タモで掬い取った、
で、ワカメと、ナマコ、が、昨日の釣果、

帰港し、艇を浮桟橋に括り付けたら、ら…
ガラケイがベルベル鳴って、ユリタロウから「タコ釣れましたかぁ~」だった、
「明日の土曜日、いっしょにタコ釣りに出ませんかぁ~」だった、
「デンデン釣れん!!! ダメ!!!」と、返事、

“土曜日にタコ釣りに出ようかな~”だったら、少なくとも数日前にはそう言うて伝えておいてほしい、
そういう気持ちがあるなら、わしゃ、自分独りで、沖に出たりはしなかった、
ひきずりチェーンですが、太い重たいチェーンでしてね、長さが約6メートルもあるのです、
潮行きが遅い時は、4メートルほどは宙吊りにぶら下げて、残る2メートルを海底にひきずります、
潮行きが速い時は、6メートル全部を海底につけてひきずる、と、こういう仕掛けですわ、
水深と潮の流速と風向きなど等で、度々チエーンを上げ下げしながらの釣りなのですわ、
75の腰椎骨折ヅヅイがヘッピリ腰でやる釣りじゃないのだよなぁ~、
で、結果、昨日は、ワシャ撃沈されたってこと、

ユリタロウがチーンは任せなさいしましょう、と、言うたって、
連日のタコ釣りはキツイです、
ワシャ今日は、終日、長椅子にグニァ~で過ごします、
タコみたいに…

| | コメント (2)
|

2015年5月 8日 (金)

コード(音楽理論)

音楽に“コード”ってのがありますな、
ソレが、わたし、ワッカラン、
たしか、三つの音を同時に出して、和音の感じをアレコレ言うたものですよね、
が、尺八の場合は、一度に出せる音は“ひとつ”だけだ、
尺八1本で独奏の場合…波平吹きの場合、コードは、どうかかわってくるのでしょうなぁ~~、

五線譜から⇒尺八譜を起こす際、
 元譜と完全和音になっとる尺八譜を起こす…同律譜にする
 半音(黒鍵がらみ)違いの尺八譜に直し採る
 1律違い…
 2律違い…
 3律違い…
 ………

と、した際でも、五線譜から離れて、尺八1本で吹く際は、なぁ~んもコードなんぞ関係ないですよね、
五線譜そのままのカラオケ鳴らして、不安定関係にある律違いで採った尺八譜を吹いたりしたら…
そりゃ駄目ですわ、
が、こういう場合は、
わたしは、五線譜カラオケをパソコン操作で、尺八譜と同律まで上下させて、両者同律で合わせ吹奏しますです、
で、ヤッパ、コード何度は関係無いってことになる、

3音を同時に鳴らすを、⇒三音を短時間に横に並べて鳴らしたら、この際の、メジャー・マイナー関係のことにおき替えたら、ら…
ら、どうなっとるのだろう???
と、思ったりするが、コレはコレで、メロデイであり、リズムだって言うのですよね、

音の強弱関係は主にリズムの在り方とつながっとって、先走りしたり、蹴躓くような感じがあったりも、この分野ですかねぇ~、
わたしは、間延びリズム派のヅヅイですがね、チャキチャキしたリズムは苦手ですがね…

少しくらいは、音楽理論を学びたいですなぁ~、
と、思って、が、が、ナニをどう勉強したらエエのかさっぱり分からんですわ、
せめて五線譜の読み方だけでも読み間違えないようにしたいのですが…

で、「Im Gttinng Sentimenntal Over Yiu」のピアノ譜を改めて見直したら、
ウヌ!!!
ひょっとしたら、この曲は、2分2拍子の曲でしたか???
五線譜の書き出し最初の「C」の文字に縦線が入っとる…
なんじゃこれ???
で、今ひとつ、別の同曲譜面見たら、「C」の右横に括弧が付いとる、

いや~参ったなぁ~~、2分2の曲だったのですなぁ~~、
ハッピーさんからシンコペーションのこと、教わらなければ、ワッカランままだった、

これから、準備して、タコ釣りに出ますわ、
今日は沖で、タコ相手に、コード云々を考えますわ、
…ウソですよ、
そもそも考える基礎がまったく無いですわ、

| | コメント (5)
|

2015年5月 7日 (木)

60年ほど遅すぎた

ウーン、わたし、音楽理論はデンデン学んでいないので、以下幼稚なことをいうても叱らないでくださいよ、
わたし間違った理解の中にある公算が非常に強いですよ…

さて、ハッピーさんからコメントいただいた“シンコペーション”のことですがね、
ナンジャソレ???
と、思って、わからんまま探っているところなのですがね…
正直言うて、ますますわからんようになってきたです、

「Im Gttinng Sentimenntal Over Yiu」ですが、この曲、まさに“シンコペーション”の塊みたいな曲なのだった、

単なる4分4の曲じゃないですな、わたしのようなド素人は2分2の曲だと、とらえた方がエエような感じかな、
通常の“強・弱・中強・弱”の拍子じゃなく、それぞれの拍子の中で更に、表拍子と、と、裏拍子とをシッカリとらえ、すこしハヅミかげんの心地で吹奏する必要があったみたい、

急所に、「ツ」の半音が座っとって、ド素人には、ココを大げさにシッカリ吹く方がエエかも、実際は3連譜の頭に在るだけなのだけれど…
で、わたし、3連譜の頭のコヤツを、
⇒心地、間延びさせたアクセントつけて吹てみたりしてアレコレ試したりしとるのだが、
が、残念だなぁ~~、「ツ」の半音は、尺八では弱弱しくしか吹き得ないのですわ、
鋭く、気合を入れてコヤツを吹けたら、随分違ったものになると思うのですがねぇ~~、

と、もうひとつ、別の疑問がある、
“音を強く”あるいは“音を弱く”の、ことですが…
それって、単に、音量のことでしょうか???
音量は小さくても、アクセントに工夫を凝らして、強い印象で吹き得垂れエエのでは、と、思うのですが、
このあたりはどうなのだろう???
音には、温かみを与えたり、冷たさを与えて、吹いたりもあってよかろうと思うし…

あぁ~、この曲の趣ですが…
なんといいましょうか、独特な愛へのこだわりがあるみたいですなぁ~、
考えれば考えるほど難しいです、
“愛”ってナンヤロ???
と、わたし、コノ分野にも極めて疎いですから、さらに、さらに、対応が難しい、

って、ことで、もう、この曲の稽古は“サジ投げ”しようかと思う、
ド素人、の、半呆けヅヅイには、無理な曲だったようですわ、
取り組むのが60年ほど遅すぎたみたい
アァ~難儀だ、

| | コメント (1)
|

「さくら貝の歌」

「Im Gttinng Sentimenntal Over Yiu」を、今、研究(?)中なのですがね…
いまいち、“シンコペーション”ってのがよくわっとらんのだ、
小節内にあるそのシンコペはわかる、が、次の小節に及ぶシンコペ(効果)が解らん、
明らかなスラ~はないのに、影響が及ぶような気がしてならん、

と、まぁ四苦八苦中なのですがね…

我が国の歌で、「Im Gttinng…」に匹敵するのはどの曲だろう、と、思いましてね、
「さくら貝の歌」が、テーマ似ていそうな気がする、
で、試しに吹いてみたのです、カラオケを入れて…
ご指摘頂戴する前に言うておきますがね、「ハ」の半音がメッチャ高すぎますわ、
カラオケに合わせるのは難しいや!!!
吹いとったら、シンコペも、音程合わせも、ナニもかも、滅茶苦茶だ、ダメだなぁ~~~

「さくら貝の歌」

| | コメント (3)
|

見当識

「Im Gttinng Sentimenntal Over Yiu」を、尺八で吹く無謀を試みて…
で、ハッピーさんからコメントを頂戴した、
ご指導のこと、ある程度、わたし理解でける、

尺八吹いてもエエ時間になったら、ご指導に添って吹いてみようと思っとる、
時間のことですが、仏間を締め切って音漏れを遮断したなかで吹きますが、安普請の家でしてね、どうしても音が漏れ出ます、
で、午前8時半以前にはデッタイ吹かないことにしとるのです、

それにしても…
なんで、わたし、コンナ曲(ジャズ系統)に、心を捕られるのだろう???
不思議ですなぁ~、妙に自分にそぐわしいような気がしてならんのですよね、

音楽の勉強がしたいですなぁ~、
カラオケ教室なんかじゃなくて、五線譜の読み方をしっかり学びたい、作曲がデケルようになりたい、
ナニをバカ言うているのだろう???

最近ますます物忘れがひどくなっていましてね、“見当識”が狂い始めているのを自覚しています、
今日は確か5月7日・木曜日ですよね、
が、
“ウヌッ!! 今日は何曜日だったかな???”
と、今日も、幾度も、かみさんに聞きただすことになると思う、コレ、間違いないですわ、

毎食後、掛かりつけ医処方の薬をのみますが…、
A)のんだか、B)未だのんどらんか、判らんようになる、
癇に障って、かみさんに…
「オイ、パッパがお薬“のんだ”か、未だ“のんどらん”か、シッカリ見とれ!!」と、わたし、
「あたし、面倒見切れません!!!」と、かみさん、

連休が終わりましたね、
若い衆らは職場へ戻られる、
と、海の魚釣り好ポイントは、わたしらヅヅイの出番になる、

明日は…、またぞろ、タコ狙いで出て、で、釣れなければ、又々、フグを釣ってこようと思う、
今日は…、尺八で我慢する、来週からの“今虚無僧”プログラムのリニューアルがある、

播磨灘の冬の海には、広く一面に海苔網が敷設してあるのですが、コレ、5月中旬に撤去されます、
まさに今この(撤去の)時期になったってこと、
海も、夏の海に様変わりするってこと、
アジや、サバが、釣れる夏の海がワシャ大好きなのですわ、

明日は、デンデン、なぁ~んも釣れないかもだけれど…
とにかく沖へ出ようと思う、
そうしないと、身体が怠けてダメになる気がする、

| | コメント (0)
|

2015年5月 6日 (水)

「Im Gttinng Sentimental Over Yiu」

わたしに最も似合わない曲ってどんな曲でしょうなぁ~???
コレかも、かも…

「ナンジャコレ!!!」
って、ですか????

笑ってやってください、

わしゃ、この曲で歌っとるような青春には縁がなかったからなぁ~、
気分が出せんのですわ、お耳を汚して、ゴメンネ、

「Im Gttinng Sentimenntal Over Yiu」

| | コメント (2)
|

花泥棒ヅヅイ

今日は連休最後の日ですね、
わたしは関係ない、だってエブリデイ・サンデイだもの…
日々、なんとかすごしているわけだけれど…“今”という時代(?)を過ごしているわけじゃない、
概ね、アレコレ思い出の時間の中で過ごしとる、

<4月30日>
安倍総理が、29日、アメリカ議会で演説されたのだった、それをこの日(30日)ネットで全文を読んだ、
「You’ve Got A Friend(君のともだち)」が演説中に出てきて…
アメリカには日本と言う友達がいる、日本にはアメリカと言う友達がいる、ですよね、
で、尺八で、吹いてみたくなって、
五線譜から尺八譜への採取と試し吹きに、ひたすら熱中した、
が、なかなか思うようにはならん…
「こりゃダメだ、難しすぎる」と、思う頃には、冷めて、我に還っていて…、
自分には“ホントのFriend”って居ないなぁ~、と…、
わたしに、「You’ve Got A Friend(君のともだち)」ってあるのだろうか、と、…

<5月1日>
概ね、「You’ve Got A Friend(君のともだち)」で過ごした、
愛犬ショウタの体調がすぐれなくて、ワシャ心配で、心配で…
と、我が家の庭先の花を散歩中にモギリ採る“不埒なズズイ”のことが気になって、気になって…

<5月2日>
タコ釣り仕掛けを用意して、試し釣りに沖へ出て、クッタクタに疲れた、
タコは獲れなんだ、代わりにフグを少し釣った、夕飯に吸い物の具に化けて出た、
本当は、テッサで食べたいのだが、フグ・サシは結構歯を強く使いますのでね…

<5月3日>
フグ釣りに疲れてしまって終日長椅子に寝っ転がり、グデェ~、と、しとった、
寝転がって文庫本小説を読んどッた、「米露開戦1・2」T・クランシー著、

<5月4日>
だんだん疲れが深みに入ってきた、が、妹が住まいを引っ越したので、引っ越し先へ様子見に行った、
三田の“田舎”へ移つた、と、思って出かけたら、なんと、三田はスゲェ~ハイテクな大都会だった、
住まいは、ハイテクのど真ん中の中古戸建で、ダンナと二人住まいにしては超贅沢だと思った、

<5月5日>
まだ三日前のタコ釣りの疲れが残っとる、
三田へ、引っ越し見舞いに行ったりして、疲れ増幅、またまた、長椅子(ソファ~)の寝っ転がっていた、
「米露開戦3・4」を読了、わたし、メッチャ早読みですわ、

<5月6日・今日>
今朝は珍しく4時まで寝ていました、
今日は、来週からの“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア活動)の衣替えをしようかと思う、
今月の“今虚無僧”は来週以降に5回です、
季節変動に合わせてプログラムを更新しつつ頑張っとるのです、

と、もうひとつ、
例の、“花泥棒ヅヅイ”のこと、
近隣周辺を、片手に花を握って、グルグル歩き回る不可解な半呆け(?)ヅヅイが居られましてね、
我が家のチッチャナ畑に入って、咲かせている花をモギリ採られるのですわ、それ握って、そこらじゅうを歩き回る、
今日は、わたしも、体力回復だ、爺さんが我が家の前を通られたら、ら、徹底的に後に付いて歩いてどこのお宅のジイチャンか見つけようと思う、
花を握って歩くなんて粋な感じでもある、花盗人は、捕えたくないですわ、
が、勝手に花をモギリとられるのはかなわん、お家の方に事情をお話しできたらなぁ~、と、思っとる、


| | コメント (0)
|

2015年5月 5日 (火)

陸の世間

兵庫県宝塚市の山奥に妹夫婦が住まっていましてね、
もう歳で、完全なる隠居住まいですわ、子供らは既に所帯もって他所に住んどる、
妹は、わたしより三つ年下で既に古希を超えている、旦那はもう80近い歳だ、

山奥の高台住まいは身体にきつすぎましてね、ふたりは、このたび山を下りました、

住まいは、山奥、それも庭に出ると、時に、雲海が眼下に観えたりする高台だったのです、
で、ふもとの三田の街へ引っ越した、
昨日、わたしとかみさんは、引っ越し先へお祝いに行ってきた、

びっくりしたですなぁ~、妹ら夫婦は
山奥の隠居住まいから⇒都会のど真ん中へ引っ越したのだった、

三田は、田舎の山ばっかの辺鄙な所だと、わしゃ思っとった、
が、なんと、ビル群乱立の、戸建豪邸ビッシリの、スゲェ~大都会になっとった、

住人らは総じて金持ちが多いような気がする、どっちを向いても、貧乏じみた感じが無い、
なんでもありそう、
巨大なアウトレットがあって、車の渋滞が半端じゃない、

三田(市)に無いのは、地下鉄と空港くらいかな、これも整備されるのだろうなぁ~、
完全に大阪経済圏に組み込まれとる、…と、思った、
阪急電車・阪神電車・大阪市営地下鉄が、延伸してくるだろうなぁ~、と、思った、
と、なると、今ある神戸電鉄(昔は神有電車と言うた)三田線はどうなるのだろう、

この電車(神戸電鉄)、実は、ある種の山岳電車でしてね、
狭軌です、山の坂道をトロトロ走る、乗り心地があまりよろしくない、
始発駅は神戸市兵庫区内・新開地(地下駅)、神戸の中心地・三ノ宮からはだいぶ離れとる、

神戸電鉄には2路線あって、粟生線と、有馬・三田線、
粟生線はすでに廃線の危機にある、この流れはもうどうしようもない、
有馬・三田線は今のところ大丈夫のようだ、
が、が、三田(市)は完全に大阪経済圏の都市、
三田の住民の大部分は、神戸へではなく、大阪へ通勤したい、…のだ、と、思う、
と、なると…神戸電鉄はどうなるのだろう???

三田の街を車で走りますとね、ホント、大都会の中を走っとる気がしました、
それって、ひと口に言うと、どういうこと??
すぐに、東西南北がワカランようになるってことです、
道路標識をひとつでも見落とすと、もうダメ、道に迷ってしまいます、

迷ってしまいましてね、なかなか、妹宅へ行きつけなかった、
で、帰路は、何度も、妹や、妹の旦那から、道順を教わった、
が、妹と、ダンナです、ふたりは教えようとする道順が違うのですわ、
教わる方もです、わたしと、わたしのかみさんです、
ふたり:ふたり、
が、二つの路線を、こんがらがりながら、教え、教わったのだった、
で、帰路も道を間違えましてね、変な山道へ迷い込んでしもうた、
三田は、山の中に突如としてデケタ都会モドキの新都市なのだなぁ~、…と、思った、

道順、未だに、わかっとらんのです、
あぁ~むつかしい、

わたし、沖を走っとって、方向を間違えたりはデッタイしないです、
が、陸の世間を渡り走ろうとすると、と、道に迷う、


| | コメント (1)
|

2015年5月 4日 (月)

タコの腰

一昨日沖へ出てタコ釣りの稽古したのだった、
腰に注意しながら…

タコ釣り稽古の後、
艇を瀬際に移動させ、アンカーを投入し、ベラ釣りを試みた、
が、釣れてくるのはフグ、フグ・フグ・フグ…
毒の強い種のフグは即刻ご帰還いただいて、食べ得る種だけをイケスに捕り込みます、

ベラ釣りのつもりだったから、フグにハリスを度々食いちぎられて往生した、
なんとかフグの襲来から逃れたい、と、幾度も場所移動しその都度、アンカーの上げ下ろしをした、
2回もアンカーが根に引っ掛かり、引き揚げようとしても揚がらなかった、ウインチの力だけでは、どうしてもアンカーが揚がらない、
エンジンを掛け、力任せにアンカーを引っ張って“逆さアンカー”にして引き揚げた、
コレ、細い補助綱を力任せにぶち切ってアンカーを回収する手法(※図参照)です、

“逆さアンカー”では、アンカー本体は艇船首真下までは引き上げ得るのだが…
こやつを“艇内へ捕りこむ”のが超難儀、
波に揺れる艇の最先端に立ち、左腕で船べり掴んで身体を支え、右腕1本で船首下にぶら下がるアンカーを艇内へ引き上げます、
で、ぶち切った“補助綱”を再度結わい付け、適所に艇を移動させ、又、アンカーを投入する、
この作業を2度行った、

腰椎圧迫骨折・再発ギリギリの危険作業ですわ、

今まで、わたし、腰椎圧迫骨折を2度経験している、
最初は飼い犬とぶつかり合いの遊びしていて、激しく転倒し、動けなくなった、
2度目は沖でタコ釣りの重たいチエーンの上下を、身体を斜に構えた状態で行い発症した、

2度目の時は、艇内で動けなくなりましてね、ホォ~~ラ難儀だった、
ナントカ帰港し、桟橋に艇を着けはしたが、艇から桟橋へ降りることがデケンかった、
呻きつつ艇から降りて、桟橋をニジリ歩み、軽四に乗って帰宅した、
この後も3日間、まさか腰椎圧迫骨折だとは思ってなくて、ギックリ腰だと思とって…我慢しとった、
で、さらに悪化で、整形受診で、デッタイ安静を言われた時には、もう完全に動けなくなっとって…

この時の発症原因がタコ釣りチエーン・アンカーの上げ下げですわ、
艇尾からこの作業(チエーンの上げ下げ)を、身体を斜の構えの中、腕だけの力で行ったのだった、
で、腰椎圧迫骨折、
艇のウインチは艇の先端部にある、で、艇の後部からチエーン・アンカーを上げ下げする際、ウインチは使えない、で、で、で…非力なヅヅイが無理挑戦し、自分の腰を壊してしもうたのだった、

わかってもらえますよね、昨日のブログは、この反省から思いついた新技法なのですわ、

とにかく、一昨日は、“逆さアンカー”と“新技法によるチエーン・アンカー操作”で…
腰椎圧迫骨折・再々発のギリギリ挑戦だったってこと、

昨日は身体が疲れきっていて、終日、長椅子にゴロリ寝転がっとッた、

今日は、なんとか動けそうです、
タコ釣りも、高齢者にはキツイですなぁ~~、
タコの腰はどうか、って、ですか???

タコに腰ってあったかな???

_20150504_2
<アンカーが根掛かりしたら>
エンジン掛けて力任せに引っ張り、B=C間の綱(ここは細めの綱にしてある)をブチ切ります、
と、アンカーは、Aを上にして揚がってくる、
が、逆さになって揚がってきたアンカーを艇内にとりこむのが超難儀、

| | コメント (4)
|

2015年5月 3日 (日)

マダコ(真蛸)釣り

タコはいつもハダカ(裸)だ、スッポンポン暮らしだ、
で、寒さに弱く、水温が低い間は釣れない、水温が温む頃から釣れはじめる、
昨日、試し釣りに出ました、が、釣れませんでした、

タコ専門の漁師はタコ壺漁です、が、この漁のほかに、漁船の流し釣りで疑似針(タコテンヤ)釣り(漁)もやっとる、
昨日は、この船釣りタコ漁の漁船が4・5隻沖で頑張っとッた、
が、あまり釣れているようには見えなかった、

タコの大好物はカニだ、弱ったカニが、潮に押されて海底を転がる、と、タコがたちまち見つけて襲い掛かる、押さえつけて甲羅をかみ砕き食べてしまう、
と、コレを、イメージしてタコを釣り上げる、
タコテンヤという疑似ハリ仕掛で、引っ掛け釣ります、

播磨灘は潮の干満による潮汐流がシッカリありますのでね、
この、潮汐流のなかで、如何に上手に船を御し得るか、が、タコ釣りの上手・下手につながります、

実は、昨日は、この船(24Ft船外機艇)の制御の稽古だったのです、
タコ釣りそのものは、未だ時期的に早すぎる、今少し海水温が上がる6月からが本番です、
今年は、わたし、タコ釣りに関願してやろう、と、思っていましてね、
で、昨日は、かねてから考えていた“波平流タコ釣り”の操船を試してみたわけだ、

タコは、釣れませんでした、
が、艇の操船は、考えていたそのままに実行デケタ、大成功!!!
この調子なら、時期が来たら、タコ爆釣になるかもです、
それが、以下の、上段・下段図、

細かなことは、書き出したらキリがありません、
大きくは2点かな、
1. まず、“疑似ハリ仕掛”の選択
2. 水中アンカー・曳きずりチエーンの選択と制作、

上述1・2の以前に、釣るポイント(海域)の選択がある、
と、潮満、と、時間帯のことがある、
凪日でないとダメですしね、大雨のあとはだめ、タコは真水に弱いのです、

今後、タコ釣りへ出る都度・都度に、試行錯誤を繰り返すことになると思います、
今日のところは、これくらいにしましょうかねぇ~、

あぁ~、下の図・波平流の最大の特徴は、(海底曳きずりの)チエーンを艇先端から垂らし込む点です、
水深と潮の流れの勢いあわせ、常にチエーンを上げ下げ調整する必要があるのです、
チエーンは長く、とても重たい、ウインチを用いなければ上げ下げは不可能、
ウインチは船首に据えてある、
艇尾からチエーンを垂らしこむと、艇首のウインチが使用できない、

これを、図(下段図)の想定のなか確かめたら、思った通りの“艇構え”が可能だって判った、
コレで、潮流の向きも、風向きも、海底深度も、対応可能、
シッカリと艇を御し、タコと向き合える自信が付きました、

_20150503


| | コメント (2)
|

2015年5月 2日 (土)

高気圧

気象庁の天気図観たら、1018Hpの高気圧中心が岡山県山奥・新見あたりにあるようだ、
それがダンダン南東へ移動し、今日夜には和歌山県は紀伊半島南端付近へ来るみたい、

今日は思い切って沖へ出てタコと遊んで来ようかと思っとる、
で、気象状況を天気図見て素人判断しとるのですが…

長年の経験から(ほぼ半世紀以上)、
高気圧の中心が真上に在るときは、間違いなく天気はエエのですが、沖で魚釣りの際は、風向きが舞々コンコンになって、風向が安定せず、魚釣りがし難いのですわ、

低気圧場合は、この中心へ向かって風が反時計回りに吹く、
高気圧の場合はこの逆で、高気圧の中心から反時計回りに風が吹き出る、
要するに、高気圧の中心が真上を静かに移動する際は、風向きが安定しないってこと、

今日朝方は、A)北北東の風、
中心が真上来ると、B)無風、
中心が過ぎると、C)南西から南南西そしてやがて南風

海に小さなボートで浮かんでいますとね、実に複雑な風向きになります、一定しない風があるのですわ、

今日は、タコと、皐月(さつき・5月)の風と、遊びます、

もしナニか釣れたら、タコが釣れたりしたら、艇からガラケイでブログりましょうかねぇ~

行ってきまぁ~すnotenote happy01


| | コメント (2)
|

2015年5月 1日 (金)

ご覧になりますか???

省太(ショータ・シーズー老犬)の体調がよくないのです、
今夜は、わたしが看病しとる、かみさんは連日の看病疲れでへばってしもうた、

わたし、深夜0時過ぎから、ショウタに付き添っていましてね、
苦しそうです、フンフン甘え声だしていて、寝てくれません、切ない目だ、

獣医にも診てもらっとって、都度都度にウン万円のビックリ医療費が掛かります、
十割負担です、犬には、健康保険が効かないのですよね、

昨年暮れに、獣医さんが申されました、ショウタを受診に連れて行った我がかみさんに、
「次回受診の際は、ご主人(わたし・波平)とご一緒にお越しくださいムニャムナヤ…」と、

本気で治療をお望みですか、それとも、尊厳死をお望みですか…
どの程度の治療をお望みでしょう…負担可能な治療代は如何ほどまで??
と、問いかけられたってことですわ、

が、すでに、年金・財布の限界を超えていましてね、どうにもならん、

獣医さんの診たてでは、今年の年明け頃までだろう、とのことだった、
“樺のアミタケ(漢方薬)”を取り寄せました、
煎じて飲ませていますが、コレが効いたようで、ショウタは未だに生きている、
イヌ(犬)用の漢方薬じゃないですぜ、人間様のレッキとした漢方薬ですよ、

獣医さんからは、薬浴剤や、ちょっとした薬だけの補充購入です、
何度も言いますが10割の実費負担、
実費負担とは言いますが、わたし、その“実費”が如何ほどか、デンデンわかっとらん、


安倍総理の米国議会での演説は評判よろしいですな、
で、演説中に触れられた「You’ve Got A Friend」を、
波平流の尺八譜に採って、試し吹きしとるのですが…
わたし的には、コレでマァよろしかろう、なのですが…
他のお方がお聴きになったら
“ヤメテクレ!!! 聴かさないでくれ!!!”
に、なるだろうと思う、
で、音源アップは止めますわ、

波平流にイジッタ手書きの汚い譜ですが…
ご覧になりますか???
言うておきますが、わたし、なぁ~んも判らんままイジッテいますからね、
コレが「You’ve Got A Friend」だって思わないでくださいよ、
_20150501_2


| | コメント (7)
|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »