« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

彼女の本丸・ゲージ

我が家は玄関の土間(タイル)がいちばん涼しいようだ、“おはる”は土間に下りて腹をベタ~とタイルに付けて腹這いになる、
で、彼女の本丸・ゲージを、居間から→玄関土間へ移した、
と、この作業をし終えて、“おはる”を呼ぶがどこに居るのか顕れない、
で、部屋を探すが居ない、玄関扉開いていた、外へ出たのかも、
が、庭を探すがどこにも居ない、

家の中にも庭にもいない、家の周囲を探したが居ない、
わたしと、かみさんと、血相変えてそこらじゅうを走り回ったが見つからなかった、
かみさんが警察へ走り、わたしは、引き続いて家の周辺を必死に探しまわった、
カンカン照りの中、丸一時間必死にそこらじゅうを駆けまわった、
が、見つからなかった、

このままだと、ぶっ倒れるかも、と、思い、自宅へ戻り、念には念を入れようと、ネズミ1匹が入れそうなスキマを片端から調べてみた、
“おはる”はシーズーとポメラニアンのハーフ犬だ、2キロも無いチイチャな幼犬、

なんと、台所の醤油瓶や酢の瓶などを立て並べていた隙間に入り込んでいた、
入り込んだが抜け出られなくなっとッた、

居なくなって、わたしと、かみさん、心臓が止まる思いをした、

玄関土間に移動させていた、彼女の本丸・ゲージを、
また、玄関土間から→元の位置・居間へ戻した、

| | コメント (0)
|

「調子」「虚鈴」

「調子」

「虚鈴」

8月地蔵盆の夜、三木市の天台寺院・伽耶院で行われる万燈会法要で献奏する「調子」「虚鈴」です、
これを、夜7時過ぎに多宝塔の縁に上がって献奏します、

「調子」「虚鈴」もう一度「調子」を、

尺八仲間に協力を呼びかけ、いっしょに多宝塔の縁に上がって連奏します、
琴古流の者・上田流の者・都山流の者・そしてわたし独りが明暗流だ、
で、この2曲をどう吹くかですが、言い出しベェ~のわたし・波平の流儀に合わせてもらっとります、
わたしは、京都明暗時對山派の流れの末徒で、未だ未熟者ではありますが、いちおうわたしの吹き方に合わせていただくってことで、仲間らに無理を言うています、

師から教わったことを、わたし波平が各流派にも判っていただけるように譜面化しお手渡ししています、
この場限りと言うことで、コレに合わせていただいている、
で、ココでアップのものは、そのサンプル吹奏です、たった今、わたしが吹いてみたのです、

当日は何名の連奏になるのかは未だに未定です、隠居等ばかしですが結構各自いそがしいらしい、
あつまる尺八仲間らは、概ね、暗譜吹奏が可能なものらばっかしですが、当日は早めに集まって幾度か連奏し、気合合わせをします、で、そのまま本番へ向かいます、

わたしも、今日から、8月23・24のレンチャン本番へ向け、毎日、この2曲の稽古に励むことになります、


| | コメント (0)
|

わたしの独占

4日続けて動き回った、三日目はタコ釣りの後、船検があった、早朝4時に家を出て~午後4時頃帰宅のハードだった、

「春子」が我が家へ来たのは1日目のこと、わたしの75の誕生日だったから忘れることは無い、

4日目の昨日は、家の衣替え(冬モード⇒夏モード)をした、アレコレ結構力仕事があった、
疲れてしまって、午後5時半頃、横になりそのまま寝てしまった、
変な夢ばっかり見ていた、見飽きて起きたら4時半だった、ぶっ倒れるように寝て起きるまで11時間の睡眠だった、
熟睡していたわけではない、浅い眠り、起きているのか寝ているのか、どちかというと、寝ている方かな、の、睡眠、

今日は静かに過ごそうと思う、
今、5時10分、
これから、おはるを連れて庭へ出ようと思う、
……
やぶ蚊に襲われて5分間ほどで退散、
居間にもどり蚊取り線香を点ける、

わたしが座る椅子の右側にくっ付けてもう1脚置き、その上に座らせている、
わたしの膝へ来たり、右の椅子へ戻ったり、くるくる回り動いている、が、椅子から下へは自分では下り得ない、
顔をよく見ると受け口のワンだ、わたしの右腕をペロペロ舐めている、温かいベロだ、
ヤヤッ机の淵を齧り始めたぞ!!!

今日は、2曲稽古のつもりだ、「悲しい酒」「矢切の渡し」
メイン・メロデイを稽古しようとではない、老人らが歌い始めたら、途中でわたしは、メイン・メロから外れて伴奏を吹きたいと思っていて、その稽古のつもりがある、頭の中にメイン・メロディを流し、ソレを意識しながら伴奏を吹く、この試行錯誤、
ちなみに、このような演歌は、まず現場では吹くことは無い、吹くのは童謡唱歌です、
が、時に、地域自治会・老人会などから声が掛かり出かけることがある、その時の対応にこんなことができたらなぁ~と、おもっとる、

と、今日から、古典本曲「調子」「虚鈴」の本格的稽古に入ろうと思う、
8月地蔵盆の伽耶院万燈会でこの2曲を吹く、
陽が落ち暗闇が覆う大木に囲われた山中の寺院、その多宝塔の縁に上がり、尺八仲間らとこの2曲を吹く、
多宝塔前では、故人を追悼し偲ぶ6千本の蝋燭が灯される、この間の献奏だ、
気持ちに乱れがあってはならん、今日から気持ちを鎮めてこの2曲と向き合う、

りゃりゃ!!!
横に居る“おはる”が…、りゃりゃ、椅子の上でオシッコしてしまった、
が、大丈夫、椅子の上にオシッコ・シートを敷いてある、

わたしは早寝・早起き、かみさんはこの逆、
で、今の時間、“おはる”は、わたしの独占だ、

| | コメント (0)
|

2015年7月30日 (木)

「春子」 3

「春子」(おはる)が家族になって、わが家は、今、ある種の緊張状態のなかにある、
様子をうかがいあっていて、気持ちの程を確かめあっていて…
ウカウカしておれない、

カンカン照りが、ス~~と陰ってきて、遠くでゴロゴロと雷の音、
気配を感じ、おはるが落ち着かない、

雷雨にはならなかった、又、日差しが戻った、

かみさんには懐くようになっているが、その分、わたしには警戒するようになっている、
「おはる!」と呼びかけると、テーブル椅子の下に隠れる、

もう少し陽が落ちたら、庭の芝生に連れ出そうと思う、
未だ、野外に出たことの無いワンである、
手入れの不充分な雑草だらけ芝生、狭い庭だ、が、ここは彼女・春子の家、

| | コメント (0)
|

| | コメント (0)
|

「春子」 2

亡くなったショウタ(シーズー犬)が未だ幼かったとき使ったことのある小型犬用の室内ゲージを物置小屋から探し出し、又、組み立て、居間の中ほどに置いた、
が、「おはる」は入りたがらない、抱き入れるとかぼそい声で鳴く、
しばらくの間、“彼女の場”として置いておくことにしたが、早晩カタズけることになりそうだ、
テレビ前に置いた藤の長いすの下に隠れている、

かみさんには懐くようになった、
が、わたしには、未だ懐かない、むしろ離れたがる、

生後5か月近くも、ペットショップのゲージで過ごしてきたワンだ、
生まれてすぐ母犬から離され、ゲージ生活となったが、延々と売れ残ってしまったワンだ、
心の傷がいたいたしい、、

実は、ペットショップで抱き上げた際は、猛烈に喜んで、わたしの顔中を舐めまわしたのだった、
連れ帰った際も、まとわりついていたのに…
だんだん、離れるようになり、急激にかみさんの方へ傾斜、
我が家の主が判ったようだ、

ショウタの前には、ボルゾイ犬を飼っていた、「花」って名だった、
かみさんは、「春子」を呼ぶに、{ショウタ!!}と呼んだり、「おはな!!!」と呼んだりする、その都度「アッ間違えた『おはるチャン』」と呼び直す、
わたしも同じようなことだ、
当の「春子」は、まさか自分の名が「春子」だなんで思ってはおらん、

電気代節約のため、空調機はスイッチ・OFFが常態だった、
が、「おはる」が来てから、ONが常態になった、


昨日は、愛艇の船検の日であった、
検査官がやってきて、細かくアレコレを点検してくれた、
夜間航行燈の点灯確認、エンジンの作動点検、その他すべてを実に細かく細かく点検なさった、
どこも全く正常で、安全基準を大幅に超えた艇であることが、検査官氏にもわかっていただけた、と、思う、
それにしても、神経質な点検だった、
まさか、昨日の当ブログの船検不要論を、ご覧になってのことでは無かろうとは思うが、それにしても、細かすぎる点検であった、

点検を済ませ、「ハイ、これで船検は終了です」と、言い、後ろも振り向かずに独りでスタスタと桟橋を戻られた、
「なんて、失礼なオッサンだ!!!」
わたしは、オッサンの後ろから、おっかけるような感じで追いかけ、検査官氏の車が駐車場を出る際、タイミングを計り出入り口の自動扉を開錠した、
不愉快だった、
船検が他でもあったのだろうと思う、それで、帰りを急がれたのかも、
そういうことにしておこう、

|
|

2015年7月29日 (水)

「春子」

愛犬ショウタが先月亡くなって、寂しくてしょうがなかった、
昨日、近くのペットショップへ行って、ちっちゃなハーフ犬を連れ帰った、
「春子」って名にした、メス・ワンだ、

ペットショップで、ワンらと目が合うのが辛かった、あのワンも、このワンも、みな連れて帰りたかった、
連れ帰ったのは、生後既に5か月近くになる、メス・ワンだ、
結構高額だった、

このワンに決めたのは、可愛いワンだったかではあるが、既に生後既に5か月近くにもなっていて…
要するに売れ残っていて…
このままだと、殺処分になるのではと思うと、と、連れ帰らざるを得なかったのである、

どのワンも可愛かった、この可愛いワンらは、キット誰かが買うに違いなかろうと思うにつけ、目が「春子」に向いて離れなかった、「春子」は今年の春先に生まれている、で、こう名付けた、

生後5か月近くも、名も付けられもせず、ペットショップのゲージの中だけで生きてきたワンだ、
わが家へ連れ帰っても、環境変化に戸惑っている様子がうかがえる、
「春子」が自分の名だと、わかるようになるのはいつのことだろう???

水を飲むにも、ペットショップでは自動給水器から飲んでいたのだ、椀に入れた水を飲む習慣がないワンだ、
わが家へ連れ帰って何時間もの間、彼女「春子」は水を飲むことがデケンかった、
もう今は大丈夫だ、

同時に買って来たドックフードを与えるとガッツイて食べた、腹ペコだったようだ、あたえるとナンボでも食べる、
食べ過ぎを恐れ、我慢させた、
小型犬であることが売れるか否かのキーポイント、与える食事も少なく制限されていたのだろうか、

わたしは昨日誕生日で75になった、かみさんは少し年下だがバァさんだ、
小型犬は15年は生きる、
と、わたしは、90歳だ、
もう、犬を飼える歳ではない、
が、が、が…
そうだろうか???

そうじゃなかろうと思う、

わたしが彼女「春子」の面倒をみるなんてことは、おこがましいことだ、
面倒をみてもらうのは、わたしや、かみさんの方だ、
「春子」といっしょに、シッカリと、向後の人生を楽しみたい、

2キロにも満たない小さなワンだ、
が、随分賢そうだ、
今、真夜中の午前2時前、未だ、彼女「春子」は自分が「春子」になったことに納得しとらんようだ、

早くゲージの中の生活から抜け出し、世界を広げてほしい、

あぁ、今日は、愛艇「はまちどり」の船検の日だ、午後1時半過ぎに検査官が艇の検査にやって来る、
それまでの間、沖へ出て、タコに面倒をみてもらおうかと思う、
地合いは午前6時~同9時だと思う、10や20は釣れると思う、

|
|

2015年7月28日 (火)

ワシャ、彼の1番弟子だ!!!

心から親友だと思う友人が二人居る、
もう、出会うことはかなわない二人、
だから心に強く残っているのかな…

カツヒロ君、…幼友達だ、小学校2年生から3年制へ進む春休みに別れて以来、1度も出会う機会が無いまま彼は亡くなった、
竹泉君、…尺八友達だ、もうだいぶ前から、30年ほども前から音信不通・消息がつかめない、

逢いたいなぁ~、

一昨日、竹泉君の一番弟子だった、某氏から、「昔人発見」と題したメールが届いた、
未だ自分(某氏)のことを覚えているだろうか???
の、気持ちがおありだったようだ、
メールは、わたしを昔へいざなう昔話から始まっていた、

わたしは、氏の名前と、「昔人発見」の文字を見た途端、もう昔の時間に還っていた、わかっとった、

某氏は、きわめて実直な、真っ直ぐなお方だった、
親友・竹泉君の自慢の1弟子だった、あぁ、2番3番…は無しですわ、ひょっとしたら居られるかもわからんが、
居られても、竹泉君の消息がつかめなくなった後のことでしょうよ、

1番弟子の某氏と近々出会うことが出来そうで嬉しいことだ、
尺八を吹き合わせようと思う、

竹泉君の竹音を未だに覚えている、
1番弟子の某氏の竹音は、極めて師の竹泉君に似た音色だった、
吹き合わせしたら、涙が出るかもな、と、思う、

わたしの尺八人生には、この1番弟子の師匠・竹泉氏がドカッと座っとるのです、
わたしが1番弟子で、1番弟子氏は2番弟子ということかもです、
近々出会った際、
「あのなぁ~、あんたは1番弟子じゃない、1番はこの波平で、あんたは2番弟子ですぞ!!」
と、言うてやろう、と、思っとる、

竹泉氏とは四六時中つるんでいたのだった、
住まいがごく近かったせいもある、
風邪をひいて高熱で寝込んでいても、彼は平気であがり込んで枕元で尺八を吹いた、
「風邪くらいのことで、男が寝込むなんて許せない!!!」と、デカイ声で、隣室に居る母に怒鳴りつける剣幕だった、彼は気合の塊のような九州男児だった、

兵庫県垂水区に外人居留地まがいのジェイムス山って外人が多く住む一角がある、この隣接区画にわたしも彼も住んでいて、夜、尺八を携えてジェイムス山の一角に登り、てっぺんで尺八の吹き比べをした、ロングトーンの稽古であった、
彼・竹泉君が吹くと、下界の犬どもが調子を合わせて遠吠えをした、わたしが吹くと犬らは黙ってしまう、
彼が吹くと、必ず合わせて遠吠えを始める、わたしが吹くと鳴き止む、
何度も何度も、二人で夜のジェイムス山へ上った、やがて、わたしが吹いても犬が鳴くようになった、少し上手になったような気がした、

神戸ではヤバイ、他の他都市でなら大丈夫だ、ってことで…
二人で、他都市の筝曲家を探し出し、いきなり訪問し、「1曲ご指南くださいませんか…」の旅(?)を計画したことが在る、どこだったかに出かけたが忘れた、無謀もここまでくれば常軌を脱したキチガイ沙汰だ、が、ホントのことだ、コレがおもろくて、わたし、ひとりでコレ実行したこともある、覚えている、九州へ行った、
実に気合を込めて稽古し、勇躍出掛けたのだった、出かけた先で断られたことは1度も無かった、
仕掛けがあった、根回しである、内緒で根回しがしてあった、当時三曲合奏を教えていただいていた山崎美也先生のお弟子筋で、ココへ試しにお出かけなさいと、先に☎が通じていた、
実態は、糸方先生にご足労をおかけしないよう、我が方から糸方先生の稽古場へ出掛けたにすぎなかったってこと、が、気持ちだけは、道場破りそのものだった、

今日も、“今虚無僧”だ、
気合だ、気合だ!!!
どこかで、往年の、道場破りの気持ちがウズイテいるから、こんなことがデケルのだと思っている、
ヤッパ、心に、竹泉君が座っとる、

|
|

2015年7月27日 (月)

IT機器の更新

NTTからパソコン・ルーターまわりの機器を新しいのに交換してあげましょうか???
と、連絡があった、

つい先日、わたしの下手尺八をユーチューブにアップしたが、実はこの動画採りには随分苦労があったのです、
パソコン作動が安定せず、すぐに回線が途絶えてしまうし、無線ランを使おうとしても、隣室へはもう電波が届かない、また、それ以前にパソコン起動や作動がやたら遅いのが不思議でならんかったのです、

が、今日のNTTの電話で、ルーターまわりの機材や、無線ルーターが、古すぎて骨董品になっとったことが分かった、知らんかったなあ~~、

いやまったく、なんでもかでも古くなって目が回ります、
先日はTV画面に幅広の黒いが映り出るままだったTVを、我慢がデケンようになって、買い替えました、
その前に音ばっかしで用をなさん空調機を買い替えた、
つい先日、風呂の給湯器がリコール対象製品だったことがわかって、緊急修理になった、
腕時計が動かなくなた、しかなく、安物を買った、
ガラケー(携帯電話)がアット言う間に電池切れになる、電池交換にドコモショップへ行ったら、もうこの機種の電池は在庫が無いだった、で、仕方なく、新たのを買った、
艇の50メガ無線機は壊れたままだ、釣り具や小物が次々破損する、荷運び用台車(ガラガラ)が壊れた、

マトモなものもないこと無い、在る、財布がある、ポイント・カードで分厚くなっとる、
受診券・図書館カード…
が、金券がなぁ~、コレで、マトモだとは言わないようなぁ~~~、

IT機器の更新が楽しみだ、来月3日の設定・稼働の予定、
これ以降は容易にユーチューアップが可能になるかも、かも…

|
|

オモロイ型人間

わたし、明日28日、75歳の誕生日を迎えます、
もう押しも押されぬジイチャンだ、
75歳になると自動的に国民健康保険から脱会させられ、後期高齢者医療広域連合ってところに振り分けられる、その保険証が届いた、一部負担金の割合は1割、いつまでもダラダラ生きていて申し訳ないですなぁ~、
高額な医療はもうエエ、薬もジェネリックもので充分だ、

さてさて、向後、どのように生きてゆきましょうかねぇ~、
老人(福祉)ホームなどへの尺八吹奏ボランティア活動をまだつづけていますが、が、これにも限度ってものがありますよね、

「播磨フィシャリーナ」に、愛艇・「はまちどり」を係留していて、常時浮桟橋にくくりつけプッカン・プッカン浮かばせていますがね、艇の底に貝や海藻がくっ付いて、エンジン回しても走り辛くなるのです、艇の底にくっ付いた貝などで、すこし走ると泡が生じ、空気泡のなかでエンジン・ペラが空回りするような状態になる、これを専門用語でキャビテイションと言いましてね、これが難儀なのです、

で、毎年1回艇を陸揚げし、艇の底の貝などを掻き落とし、専用の塗料を塗り替えます、塗料は海水に少しずつ溶け出し、貝が艇の底にくっ付こうとしても、くっついたところが溶けてしまって貝は外れ落ちざるを得ない、
自然に海水に溶け出す塗料ですからね、溶け出した分、海水を汚す、自然破壊の原因になっとります、
我が国産の船底塗料はさほどでもない、が、彼の国産の塗料は自然破壊が怖いですなぁ~、
が、が、値に比して実に良く効くのですよね、
わたし、どうしましょうかねぇ~、やっぱ、安いほうがエエ、

艇の陸揚げはマリーナ内の施設で行います、施設管理は94歳の漁師OBジイチャンだ、
「ジイチャン、揚げたいのやが空いた日はあるか???」と、わたし、
昨日のことです、
「コレ観てくれ」と、じいちゃん、
電話などでは通じにくい、揚陸施設の真ん前がジイチャンの住まいで、直接ココへ訪れて、玄関の壁にぶら下がっているカレンダーの書き込みをみながらの交渉です、書き込みの無い日が空き日だ、
8月の5日6日に決まった、5日が雨なら6日に艇の底の塗り替えをしようってこと、朝6時に艇を引き揚げ、午後7時までに一連の作業を終えて艇を海へ戻します、艇の揚陸料・使用料1万円也、

「あんた、どこの人や??」とジイチャン、
既に何度も出会っているのだが、出会う都度繰り返す会話…、
ほれ、あそこに(艇を)つないどる「はまちどり」や、と、わたし、
「『はまちどり』か、エエ名や、何処から来た???」と、ジイチャン、
「三木や、ここから1時間ほどや」と、わたし、
で、ダラダラ雑談がはじまる、ジイチャンは話し相手が欲しいようだ、わたしを離そうとしない、
話題は、いつもの“男の遊び”のこと、
「男はなゼニ使って遊ばなアカン…」
この話、前にも聴いたぞ!!!

フット、想い直したような真顔になって…
「あんた、どこか来た???」
「三木から来た…」

なんとこの漁師OBのジイチャン、クラッシック音楽趣味の人間だった、最近は聴きに行けなくなって残念だと言う、
本格的演奏会を聴きにアチコチへ出掛けていたそうな、

未だ、小さな漁船を港に浮かべていて、早朝の潮満を見てタコを釣り、家の前に“干しダコ”を幾つもぶら下げている、ワカメも干している、
「タコ要らんか??? ワカメは??」とジイチャン、
「要らん、自分で釣ってくる、ワカメも自分で採る」と、わたし、
で、またまた、タコ釣り談義、
「タコ釣りはな、デッタイの法則がある…」と、ジイチャン、
こういうのは、わたし、聞き逃しません、
機を見て、ジイチャンは横から道具場を引き寄せ、
「コレ400円や、よう釣れるぞ!!!」と、手製の具を採りだした、
「要らん、わしゃぎょうさん持っとる」と、わたし、

趣味人間はオモロイですなぁ~~、

こういうオモロイ型の隠居等が合い寄ると、いろいろな遊びが出てくるようだ、
艇底の塗り替え作業をオモロソウやと思ってくれたお方がありましてね、わたしの音楽仲間に…
手伝ってやろうか!!!
で、わたし、大助かりですわ!!!

|
|

2015年7月26日 (日)

検査料金はボッタクリだ!!!

明日・明後日は、レンチャンの“今虚無僧”です、台風12号襲来のなかで…
で、明々後日は、小型船舶検査機構による愛艇・「はまちどり」(24Ft船外機艇)の中間検査予定日になっとる、

台風襲来前は“嵐の前の静けさ”が必ずある、昨日が実はその日だったのです、
公の天気予報では、気を緩めるな!!!オオカミが来るぞ!!!
って、感じで、「海はベッタリの釣り日和になるでしょう…」などとはデッタイに言わない、
が、釣りバカは、昨日の凪を見逃さない、

昨日は早朝5時35分頃、港を出たら、そこらじゅうにタコ釣りの舟が、舟が…ウワ~~~と、散らばっとッた、
海一面にタコ釣り船・舟…
今季最大の隻数だったと思いますよ、とても数えきれませんが、が、ザット周囲を見渡しただけでも5百隻は優に超えていた、播磨灘北部一帯はタコ・タコ・タコ…
わたしら(昨日は竹友Dどんと同船)も1時間ほどタコ釣りしてみよう、と、なって、8ハイほど釣った、チイチャナ子タコは海に戻しましたからね、と、採り込み寸前でにげられたのが大分あったですな、

わたしらは、昨日は、アジ釣りのつもりだったから、6時半にはタコ釣りは切り上げ、アジ釣りに転向した、
が、他のタコ釣り船・艇は、昼前までは、あるいは昼過ぎても、タコ釣りしとったのだと思う、
上手・下手の差はある、特にタコ釣りには、この上手下手の差が極端に顕れます、
平均して、1隻あたり30~50ハイは釣っていただろうと思う、
500隻×50ハイ=25000ハイ…釣り上げられたタコの数、

昨日の、播磨灘周辺の家庭では、夕飯のお膳に、タコ・タコ・タコ…

わが家は、夕飯のお膳に、タコ・アジ・タコ・アジ・タコ・アジ…

マルアジですが、ふたりで40尾足らずだった、貧果だった、
釣った場所は、播磨灘のド真ん中、周囲360度、どの陸地から測っても10キロ以上沖に出た海域、
鹿ノ瀬・西の浮灯台の付近になります、
午後12過ぎまで頑張って潮止まりになって、で、引き上げた、

釣ったタコと、アジはすべて、竹友・Dドンが〆(シメ)ました、
わたしは、タコが大嫌いです、あの姿で、あの手足で、自分の腕に吸い付かれたら、わたしはもう悲鳴を上げるのです、おっそろしくて…、
タコを〆るには、包丁を、両眼の真ん中に刺し込むのです、と、瞬時にタコは真っ青になります、最後の力をふりしぼり抵抗します、そこを更に残酷に包丁で眉間をエグルのです、
わたしには、とても出来ない芸当ですわ、

カンカン照りの中でした、艇の上は日陰なんぞありません、早朝5時半から~艇を降りる午後1時過ぎまで、真夏のカンカン照りの中でした、
二人ともへとへとに疲れました、

今日は、わたし、ひとりで、また艇まで出かけます、
艇のあと始末と、明後日の艇の中間検査を受ける準備です、
昨日も、このあたりのこと少し書きましたが、小型船舶検査機構は、廃止してもエエ機関だと思いますよ、
廃止して困るのは、検査代を徴収し、それで飯くっとる方々だけでしょうよ、
世界を見渡しても、我が国のこの機関と同様の組織で、国民が海へ接するのを阻んでいる国は皆無じゃないのかな、
わかりやすくは、自動車の車検と同様なのだけれど…この車検制度もキツ過ぎますよねぇ~、

船体検査受けるには、常時積んでおかねばならない装備などが決められていて、
たとえば消火設備、バケツを積んであることが、必要です、
が、が、赤い色をしたバケツでなとダメ、青白・白色のバケツがなんぼ積んであっても船体検査には合格しません、
同じようなことが、アレコレありましてね、疑問に思うことがぎょうさん在ります、

検査官は権威顔でやってきて、アレは在るか、コレは備わっとるか、と、現物を確認し、去ってゆきます、
この間、約、5分~10分間かな、
これだけで、わたしの艇の場合、検査手数料1万4千900円徴収されるのですよ、
なんで、こんなに手数料が掛かるのでしょう???
2・3千円もあれば充分すぎると思いますがねぇ~、

|
|

2015年7月25日 (土)

観てきました、

観てきました、汚れた海だったです、しばらくの間は子供に海水浴はさせたくないなぁ~、汚れ過ぎです、
ゴミがぎょうさん漂っていてゲンナリですわ、

朝5時半現在で、播磨灘の二見沖~明石沖のタコ釣り海域は“タコ釣り”船・船・船…数えきれない数ですわ、
ザット観で4・5百隻かな、

岸から2マイルほど出たあたりで、タコ釣り仲間に加わりました、艇先端から海底曳きづり用のチェーンを下ろし、潮で流れる艇を制御します、潮の流れより、幾分ゆっくりと艇を流します、この調整がタコ釣りの一番難しいところです、
竹友D氏とわたしの二人で8ハイ釣りました、
この後、更に沖出しし、鹿ノ瀬・西のポイントへ向かった、
二人で、マルアジを約40尾ほど釣った、

今日は長潮直前の小潮日だ、魚釣りするには、最も敬遠される(嫌がられる)釣果が得難い日なのですわ、
こんな日に、大雨後のいまいち雰囲気の良くない日に、コレだけ釣れば大漁でしょうよ、

大きなサワラが跳ねるのを見ました、
ハマチの雰囲気は無かったなぁ~、

小さな艇です、直射日光を全身に浴びながらの真夏の海です、慣れた者でないと、ひっくり返る危険があります、
午前5時半~正午までの釣りでした、
2㍑のスポーツ飲料を飲みほしました、

余談ながら…
29日に、船体検査を(日本小型船舶検査機構)を受けねばならんことになっとります、
合格しておかないと、巡視船に逮捕されます、とっ捕まります
検査機構は、お役人の天下り場所になっとるような気がする、
我が国は海洋国家だ、このような規制は撤廃すべきだ、
くわしいことは承知していないが、米国では、日本のような、検査精度は無いと聞いている、
他の国でも我が国のような気世がある例をわたしは知らない、廃止すべきでしょうなぁ~、と、思います、

尺八稽古の元気が残っとらん、
ダメだぁ~~

|
|

海の様子を見てこようと思う

海の様子を見てこようと思う、昼までは凪いで居ると思う、が、気象は不安定な感じだ、
午前3時現在、海から約20㌔離れたココ三木市では風速約4・5㍍の風がある、明け方から急速に弱まると思うが沖縄南方の低気圧の動きがわからん、

台風が去って後の雨が凄かった、河川から海へ多量の濁水が入り閉鎖海域の播磨灘は濁っている、氾濫気味の河川から多量の遺物が漂う海だと思う、魚が釣れるかどうかわからん、

長年の勘からは少しは釣れると思う、が、短時間の釣りなると思う、

時々海に出て様子を身体に感じさせておかないと、勘が狂って、使い物にならなくなる、
で、とにかく海へ出ようと思う、

大阪湾の須磨・長田の4・5マイル沖に横瀬ポイントがある、この北側淡路島寄りに口ノ瀬がある、ココまで行けばマアジが釣れると思う、が、が、ココまでは、艇の係留地から略20マイル近くある、燃料が100㍑近く必要だ、
もし、走れそうな海なら、鹿ノ瀬・西の丸アジポイントへ出るつもりだ、約、8マイル沖である、

午前3時半記

|
|

2015年7月24日 (金)

夏と尺八

無線ランを仏間まで届かすべく、ルーター関連機器の設置場所を少しばかり移動させたのです、で、この時、機材から接続ラインをいったん全て外しました、
で、位置移動後ラインをつなぎ直したら、またまた、光電話がダウン、通話デケンようになった、

機材は4機、それぞれに突っ込み穴が複数ある、ラインを外す際、配線は完璧に覚えていた、が、つなぎ直す際は、完璧に忘れていた、どこと、どこを、繋ぐのだったかな???

今回またまた、不通になって…、
なんぼラインの接続端子を突っ込み治してもダメで、ダメ、ダメ…
配線が間違っとるのだ、
考えて、考えて…午後1時、完全修復、実に、5時間もの激闘でした、

もう尺八稽古用の元気を、使い果たした、
が、が、が、
がんばるぞ!!!

さぁ~吹いてみよう ♪♪♪♪♪♪

ナニを考えて稽古しとるのか、明かしましょうか、
どんな歌や、曲を聴いても、即座に、添い吹きでけるようになりたい、…の、稽古です、

はじめて聴く曲でも、あぁ~エエ歌やなぁ~~、と、と、思うのは…
耳が、脳ミソが、知らず知らずの間に手拍子打っているのだと思う、
身体が、心が、その曲を受け入れているわけだ、
コレッテ、鼻唄が歌えなくもない状態だと思う、
なら、尺八でそれなりに即座添い吹きがデケて不思議じゃない、と、と、おもうのですねぇ~~~^
だって、わたし、曲を聴いた途端に、“エエ曲だなぁ~って思う力”が、ありますわ、

上手に吹こうじゃない、曲趣に添って、♪♪ピーポー・ピーポー・プ~プ~♪♪ してみたいだけ、
メロデイが正確に取れなくてもかまわん、単純なピーポー・ピーポー・プ~プ~だけでエエ、
添い吹きでけるようになりたい、
どのような稽古が必要なのでしょうなぁ~~、

「矢切の渡し」に聴き入っていますが、イマイチ、路が見えません、
「悲しい酒」に聴き入っていますが、ダメ、
中途半端に覚えている(それぞれの曲の)譜面が脳内を勝手に浮き、沈み、する、
これが邪魔っ気で、伴奏稽古の急所が掴めない、
何処へ配線ラインをつないだらエエのかワッカラン!!!

 年金や 夏と尺八 どう繋ぐ   波平

|
|

ルーターも老いた

憲法学者が集団的自衛権行使(安保関連法案)を、憲法違反だと決めつけて以来、国民の多くが、本気でこの法案の強行採決に危惧の念をいだくようになった…ですよね、
わたしもそのひとり、
が、危惧の念は、
法案そのものよりも、野党のエエ加減さにウンザリということにあるのじゃないか???
公明党のエエ加減さも含めてですぜ、

だいぶ前になるなぁ~、公明党の発案で、国民に2万円(定額給付金)をばらまいたことがありましたね、
今回は、やはり公明党の発案で、プレミアム商品券をばらまいた、
わたし、前回は、ソニーのICレコーダーを購入しました、
今回は、プレミアム商品券を二口購入した、わが家に近い酒の廉価販売店で酒を買うつもり、
お金を、汗せずにタナボタで貰ったようもんだ、嬉しいですよ、
が、政府の施策としては、このような国民ダマシは間違っている、

この国民ダマシと、横並びに、集団的自衛権がある、
“ダマシ”はダメだ、
憲法改正をめざすか、個別的自衛権の限界探究であるべきだ、
政府は甘言を並べ、集団的自衛権は憲法違反じゃない、と、言う、
ダマそうとする、

攻められて、国家存立の危機に至った時、反撃せずしてどうしますか、
わたしは、これは、当然そうあるべきだと思う、
現憲法は、反撃をも禁じている、…と、文面からは読まざるを得ない、

こう読まざるを得ないけれど…、読み方を捻じ曲げなければ、ヤバイことになりませんか???
と、首相は言い切るべきだ、
捻じ曲げる程度を、法案にしてみましたが、いかがでしょうか、
と、言うべきだ、

事実、現在首相がやっとる実態は、まさに、このことですよね、
が、首相は、憲法の捻じ曲げ判読じゃない!!!
との、立場を崩さない、
ここが、ダマシになっとる、
2万円ばらまきと、プレミアム商品券になっとる、

日本国がホントにヤバイことになったら、このダマシからホコロビ始めるような気がする、
「千丈の堤も蟻の1穴より」(わずかな間違いから大事に至る意)と、いうことわざがある、
巨大な軍備を整え、国を完璧に護ったつもりでも、チッチャナ1匹の蟻が通り抜けたら、たちまちその穴は大きくなり、巨大な軍備なんぞ根っこから崩れるだろう、って、意味ですぜ、

我が国・国民は、ダマシの甘言のなかで、見かけ平穏に酔っている、
…ような気がする、

こんなこと、尺八ヅヅイが言うようなことじゃない、
選挙権が18歳からになったのだ、彼らが、言うべきことだと思う、

いっそのこと、国会を解散し、国の施策を決めた方がエエ、
郵便局をドウコウするの比じゃないだろう、国の存亡にかかわる国防のことは…
が、ダメだよなぁ~、
今、総選挙なら、野党はペチャンコになって、消えてしまうかも、
こんな時に、総選挙を恐れる野党であったこと、コレが最大の不幸かもですよね、

ヤッパ、尺八ヅヅイの言うべきことじゃないな、
削除しようかと、と、思ったが…
エイヤッ!!!
と、アップですわ、

実は、昨日、もう1口、“プレミアム商品券”を買っておこうと思って、市役所へ行ったのですわ、
ら、ら…
「“プレミアム商品券”は売りきれました」と、貼り紙があった、
アァ~残念、

パソコンを、有線稼働じゃなく、無線ラン稼働に設定しましたらネ、5㍍ほどしか離れていない隣室・仏間に入り、フスマなどをピタッと閉じますとね、無線電波が急に弱まって不具合が生じます、
使用しているワイヤレス・ブロードバンド・アクセス、ルーターは、15年前、はじめてパソコン購入と同時にしばらく使っていたのを、再度採りだして起動させたのです、このルーターも老いたのかなぁ~、

|
|

2015年7月23日 (木)

光通話修復完了!!!

通話ができなくなったのは、なんと、ケーブル端子を充分に押し込んでいないダケだった、
専門技術者が来訪され、アッと言う間もなく、修理完了でした、

|
|

メイドイン・チャイナ

電話(光電話)が通じなくなって、考えて、考えて、でも、自力では修復でけそうにない、
で、とうとう、NTTに携帯電話を使って泣きつきました、

「光通話対応機の『AD100SE』が故障した、と、しか思えない、どうしましょう???」

こちから調べてみます、少しお待ちください、すぐに折り返し今お使いの携帯電話へお返事します、

10分ほど経った後、
「そちらへお伺いさせていただきます」と、連絡があった、

<以下は、わたしの思いです>

この対応機は、バージョンアップの都度都度に、NTTからの遠隔操作で自動的にバージョンアップされていたはずの機種なのです、
で、NTTは遠隔操作で故障具合をさぐって、で、ソフトの修復をなさってくださるだろうと思っていた、が、試みて修復できなかったのかな、

パソコンは動いている、無線ランで使えている、と、いうてある、
この光通話対応機『AD100SE』の不具合だとしか思えない、

かかりの技術者が来てくださるようだ、ありがたいが、なんだかオッソロシイことだ、
修復費・巨額請求だったら、どうしましょうかねぇ~~~、

小さな弁当箱のようなIT機ですわ、

修理は、初期化して所定のソフトをダウンロード、かな???
なら、NTTからの遠隔操作で可能だったはずだ、
この機を棚から落下させたりで壊したなら、実費請求になるのでしょうが、わたしはそんなことしていませんわ、
が、電源コンセットを刺し込んだり抜いたりを幾度も試みています、コレが、ソフト破損につながったような気がする、
詳しく調べるよりも、新機と交換のほうが手早く、経費も掛からんのではなかろうか、と、思う、
小さな字で、メイドインチャイナの文字がある、

尺八吹く気になれん、
今日中にお伺いする、とのことだ、
ボヤ~と、待つしかない、

|
|

情報時代

パソコンを無線ランの設定にしたら、光電話がつながらなくなった、
ルーターまわりの電源接続タイミングの不具合だろうと思うが、幾度調整しても復旧しない、無線ランの設定を外し、以前の元の状態に戻してもダメだ、
残る手段は、携帯電話でNTTに問うてみるしかないが、わたしの携帯電話の契約はメール中心の設定になとって、音声通話は秒単位んで20円かかることになっとる、難儀だ、

常時天気図を眺めている、が、素人には前線の位置までは予想デケン、今日はアジ釣りのつもりだった、

トウモロコシを駐車場横の菜園に数本植えていて採って食べた、甘く美味しいトウモロコシだった、
が、わたしの歯は、食パン食い千切ると外れる仕掛けになっとる、
いつぞやはアイスクリームを舐めたら、歯がビックリして落ちた、
トウモロコシに噛みついたりしたら無事で済むはずがない、
粒粒をどう食うか、コレ、難儀なことだった、

ご飯も粒粒なのだった、ご飯を小さな手鍋に採り、オカユモドキにいたします、で、ススリ食う、
ラーメン・ソーメン・うどん、は、きわめて食いやすい、歯にやさしい、
食パンは千切ってから口に入れます、噛みついて引き千切ったりは厳禁だ、歯が負けて脱落する、

歯は、奥歯は、抜け穴のまま放置の状態が多いのです、
ナマコとか、タコとか…無理、無理、スイカや、トマトや、モモは大丈夫、が、キュウリは難儀、歯の無い部分にキュウリが来ると歯茎が痛い、
野菜類はジュースにする、毎朝、かみさんが「ハイ、どうぞ」って美味しいジュースを作ってくれる、

浴室の天井にネズミが居た形跡が見つかりましてね、で、殺鼠剤を買ってきて設置しました、
が、食うに固そうな豆状の物だった、
わたしじゃない、ネズミが食う、食ったら、(薬の効果で陽のあたる)明るい個所へ出たくなるらしい、

ショウタ(愛犬・シーズー犬)が居なくなって、わが家やの庭を野良猫が歩くようになった、
可愛げのない猫、歩きながら、うっとうしい目付きでわたしを見る、
ショウタが居たときには、猫は歩かなかった、

我が家の前を、毎日ジョギングする老人が居られて、「ショウタ君、ショウタ君、ショウタ君…」と、声掛けしながら我が家の前を走られる、
ショウタは待ち構えていて「ワンワン」言う、
ショウタが体調を崩し、外へ出られなくなって、亡くなって…
でも、老人は、走りながら「ショウタ君、ショウタ君、ショウタ君…」と、声掛けなさる、
かみさんが、老人が走り来られるのを待ち受けましてね、老人に、ショウタが亡くなったことをお伝えし、親しくお声掛けいただいたお礼を申し上げた、
以来、氏は我が家の前を走る際、かみさんを見かけたら、「おとうさんはお元気??」と、声掛けなさるらしい、
わたし、氏に出会うといつも「お元気ですなぁ~」と言いますのでね…、
「お元気…」が、合言葉になった感がありますなぁ~、
お名前も、お住まいも存じ上げないが、明るいお顔の元気ジイチャンですわ、

あぁ、少し前まで、必ず片手に花を握り持って、グルグル歩き回る老人が居られたが最近は見かけなくなった、
チョット見には怪しげなオッサンでしてね、我が家の庭へ入り込み、植えていたシャクヤクの花を手でモギリ千切りソレ持って歩き周ったりしたので、注意したのですわ、ら、見かけなくなった、
気になりますなぁ~、ご自宅で謹慎されとるのかなぁ~、シッカリ顔の認知症ジイチャン、

時々、フッと気付くのですよね、
あれ、最近、あのお方、見かけなくなったなぁ~、と、

先日、救急車がサイレンの音を消し、わが家の間をゆっくり通った、
近所に急患が出たのだと思う、アレは、現場に着くと速度を落としサイレンを消しますわ、
で、
一昨日、ダレが乗ったかわかった、助かったそうな、
乳母車に愛犬を乗せて散歩なさるジイチャンだった、バァチャンが紐付けて散歩なさっとって、わかった、もうご主人は退院なさっとるらしい、

光電話の復旧、なんとかせなならん、
なんとか、って、なんや???
どないしたらエエのかさっぱりワッカラン!!!

|
|

2015年7月22日 (水)

途切れ気味

無線ランは繋がっとるのですが、が、なぜか安定しないのです、
ルーター関連製品は無線ラン用のもすべて15年目前の商品ですのでね、くたびれているのでしょうか???
ユーチューに動画捕りこもうとしても、途中で切れてしまう、
1曲だけ、「青春日記」だけアップ、あとはうまく捕り込めなかった、
ユーチューブに出しながらの稽古は緊張感があってエエかもと思っとるのですが、こうたびたび接続が中断したらヤットレンですわ、

思い出した、15年前も、同じようなことで、有線接続にしたのだった、

頭の中の配線ですか???
これもなぁ~、途切れ気味ですだ、

今日は、もう尺八吹くのは止めますわ、

|
|

“ボランティア現場吹き”の研究

パソコンの無線ラン設定に成功です、
今まで、有線でパソコンを使っていました、
が、コレではパソコンの室内移動が難しい、移動させ得ない、
ユーチューブに動画をアップしたくても、パソコン・ケーブルが居間の隅までしか届かん、尺八稽古場所(仏間)まで届かん、
で、急きょ、大昔の無線ルーターを取り出し、再起動させました、
接続方法を忘れていて往生した、
成功です、これで、パソコンを仏間へ持ち込めます、

昼からは、立て続けにナニか吹いてみようと思う、

目下の課題は、
A) 間延びテンポの修正
B) 伴奏譜の適時採り込み

老人ホームでアレコレ吹く際、老人らのノリ具合に応じ、適時、メインメロ吹いたり、伴奏演奏に転じたりしたい、
上記のA・Bを乗り越え得たら、この課題に向き合えそうな気がする、
ユーチューに動画アップも、すべてこの見地からの試し吹きです、
緊張感を持った稽古ってことになるかな…、
で、ケッタイナ吹き方になりますが、メインメロと伴奏との、関係探りながらの吹奏ですネので、ケッタイな感じになる、
が、コレ、編曲なんぞとは別の話ですぜ、次元の違うもっと低位(?)の、“ボランティア現場吹き”の研究です、

音楽に堪能なお方からみればお笑いでしょうなぁ~、
ナニやっとるのや!!!
かも…
が、わたしは、大真面目なのでっせ、”75の手習いです”

あぁ~、お昼になった、暫時休憩しましょうかねぇ~、
隠居商売、なんでこんなに忙しいのやろ???
ワシャ、ナニやっとるのやろ????

|
|

48日目

老醜という言葉がある、
嫌な言葉だが、的を得た言葉でもある、

“いつまでも若々しく生きていたい”が、これって、無理、
身体も、心も、年とったら老いる、
歳相応に老いるのは、ごく自然なことだ、

昨日、はじめて、ユーチューブに、尺八動画をアップしたのだった、
老醜に満ちた波平が映って居た、
観たお方から、「…さすがに老いましたね」と、コメントを頂戴した、
ストレートな物言いだ、
「ハイ、ドスンと老いました、呆け寸前のご老体です」
と、返コメ、

コメント氏は豪傑肌の業界マン、わたしより略20ほどもお若く、別嬪の嫁を大切になさる人望豊かなお方、
「貴兄も、別嬪の嫁を大切になさいよ」
と、わたし、返コメに追記、
可愛らしい別嬪の奥さんをお持ちで、いつもご一緒されている、
が、最近は豪傑氏の勝手行動がまさっとる、の、かも、かも…
釣果自慢の写真アップに彼女のお姿を見なくなった、

老醜かぁ~、

老いて、老醜にまみれる、これって仕方がない、
が、が、が、
なんと、ワシャ、いつも、愛とか恋とかの歌を吹いとるのだった、
懐古の曲とか、追悼の曲とか、も、吹くけれど…
軍歌も、霊歌も、吹くけれど…
どの曲にも、何処を探したって、老醜ってのは無いですなぁ~~~

魚釣りが好きで、ご老体にムチ打って、小艇を操って、遥か沖へ突っ走ります、
地球は丸い、遥か沖合に漁船が浮かんでいても、地球の丸さの影響で水平線上には顕れません、小さな漁船程度だと3マイルまで近づかないと水平線の下に隠れてしまって観ることがデケン、
魚釣りのポイントは、(アジ釣り海域)は7マイル沖、
真っ直ぐ、高速で波蹴立てて突っ走ります、ご老体にムチ打って…
老醜ですか???
どこかに置き忘れていますわ、

昨日、動画アップしたのは「男の純情」(古賀政雄の曲)です、
初登場の動画でナニ吹こうか、と、瞬時迷った、
自分に正直でいようと思い、この曲を選んだ、

「お上手ですなぁ~」などの言葉は聴きたくない、バカにされとる気がするだけだ、
「…さすがに老いましたね」も、聴かずもがなのこと、こういわれて嬉しくなったりはあり得ない、

老醜かぁ~~、

わたし、“今虚無僧”で老人ホームを訪問し、老醜社会にやたら馴染んでいる、馴染み過ぎていると思う、
地区の老人会メンバーでもある、
あぁ、次回の老人集会では、尺八を聴かせろ、と、会長から指示があった、
「カラタチの花」を、素吹きしようと思っとる、

変な天気だこと、また、大粒な雨がドシャ・ドシャ降り始めた、
雷の気配、
愛犬ショウタはカミナリが大嫌いだった、
が、ショウタは居ない、今日は彼が亡くなって48日目になる、


|
|

2015年7月21日 (火)

ユーチューブ登場

つい今しがた、生まれて初めてユーチューブに投稿してみたです、
案外簡単に投稿デケルのですなぁ~、ビックリした、

オモロそうだから、これから、好き勝手の波平流で尺八1本の素吹きを載せて自己研鑽の場にしようかと思う、

それにしても、あまりの簡単な仕組みにビックリです、
パソコンを調べたら、カメラらしき小穴があったので、試したら、なんとパソコン前の波平が映った、
おもしろそう…
試し吹きしたら、マイクもセットしとらんのに勝手に録音されとった、

「男の純情」です、
ギターでつまびく古賀政雄110名曲集の五線譜を吹いて居ます、

「サヨンの鐘」の楽譜を探していましてね、この本に在るを知って、図書館から借り出したのですわ、
明日は、この曲を吹こうかな、
楽しみが増えたぞ!!!

あぁ、試しに聴いてみてやろうのお方が、もし、居られたら、
ユーチューブの検索窓に「隠居波平」と打ってロンしてみてください、
仏間までパソコン・ケーブルが届かない、居間の隅っこで吹きました、
帽子は、舞台衣装のつもりですぜ、
ネ、なかなかやるもんでしょう!!!

|
|

タ~ララ、ララララ

新国立競技場が安倍首相の決断で→全面的にゼロからの見直しになりましたね、
ゼロから…だって!!!

突出した行動を首相自らが行う…コレ、元首相・菅直人氏と酷似していません???
事故現場に、単身乗り込んで指揮をとる手法、
下の者らに、文句を言わせないやりかた、

下村文部大臣が、
「首相から、ゼロからの無直しも含めた再検討はできないのか、と、言われました…」
と、なら、わかる、
大臣が、「世論と、首相の指示の元、わたしの進退をかけて、ゼロから調整に当たります…云々」
と、なら、わかる、

首相が安保関連法案審議で質問に“丁寧に”答える、
“へぇ~そこまで考えていたのかぁ~”
質問者や、国民はビックリ・ガラミで勉強する、
与党議員や、政府役人らも、キット同然でしょうよ、
この法案は安倍総理が居なかったら生まれなかった、
だから、ダレもが「なんやソレ???」と思っとる、

首相には、オ~ラが漂っとる、だんだんカリスマ性が出てきたぞ!!!
政界のドンなのですよね、

お上のなさることに間違いがあるはずはない、と、思いたいですなぁ~


あぁ、昨日も、朝から晩まで尺八の稽古をしていました、
「ギターでつまびく古賀政男110名曲集」を読んでいましてね、
“読む”ってのは、“五線譜を読む”です、五線譜を→尺八譜に変換し→試し吹く、の、です、
こんなことするしか、他にすることがない、と、いうことでもある、
が、コレやっとるやら、他に、なぁ~んもする余裕がない、と、これも事実、

なんと、フォルクローレにも挑戦中なのですぜ、
昨日は「泣きながら」って曲を尺八で吹いてみた、
フォルクローレの代表曲のひとつだそうな、そして、編曲や歌詞付で著作権侵害が争われた曲でもあるらしい、
未だ現役バリバリの曲ですからね、こんな曲を、勝手に尺八譜に採って、ブログ・アップしたりはやめましょうかねぇ~、
場所的にはどうかと思うが、自宅・仏間で吹く曲ですわ、
仏さん等がビックリ聴いとると思う、否、腰振って踊ったりしとるかな???

♪♪♪ タ~ララ、ララララ、タタタラ、タタタラ、ター~~ ♪♪♪
って、感じの曲ですわ、

|
|

2015年7月20日 (月)

商品券

夜が明けてきた、午前5時、もう雨は上がったが怪しげな風がある、
久しぶりに小鳥らの鳴き声を聴いている、

安全保障関連法案が衆院から参院へ送られた、
 安倍総理は国民にさらに丁寧に説明すると再三再四発言している
 「支持率を犠牲にしても、国民のために必要なことはやって来たのが我が党の誇るべき歴史だ」と自民党・高村副総裁は述べたそうな、

法案成立はもう間違いない、

発効後、自衛隊が出動するのは、いつだろう???

義経の鵯越の逆落とし以来、我が国は奇襲攻撃が得意だ、真珠湾の奇襲攻撃もこの手だった、
きっと、国民は、事後に出動を知るのだと思う、

「丁寧に説明してきた、これからも丁寧に説明する」、…と、再三再四言われ続けられて、
だんだん、そうかぁ~、と、思うようになった、

「支持率を犠牲にしても、国民のために必要なことはやるべきことはやる」…と、胸張っていわれれば、
お上が、下々のためにさることだ、ありがたいなあ~、と、思う、

経済は上向き、国内は平穏で安定、給与も上がり、ボーナスも増えた、と、報じられる、
ナンカ変だ、ウソの、錯覚の場へ押し込められている、
だって、ますます身を縮めながらの生活だ、コレ、わたしのことですよ、

食品スーパーへ、かみさんにくっ付いてでかけます、
以前はこんなことしなかった、
が、最近は、ほぼ必ず一緒に出かけます、
新聞折り込みを丁寧に検索し、安売り食材を探します、ポインの高い日に、特売の日に、ふたりで出掛けて、狙いの食材だけを買う、少し多めにです、
で、食いつなぐ…

先日、市役所から、「プレミアム付き商品券」を買って来た、
が、この商品券は医療機関では使えない、
ホントに、市民のためを思う施策なら、少なくとも市民病院でも使えるようにすべきだ!!!

長年通い慣れた内科開業医の元へ、2週間ごとに通院し、処方薬を買ってくる、
歳だから1割負担、ありがたいことだ、
が、が、もっと、ありがたくなりたい、
受付で、
「今日はポイント倍の日とチャウか??? 」と、言いながら、市役所から買って来た商品券をさし出した、
と、と…、パートの受け付けおばさんが悲しそうな顔をした、
わたしを、本物の、呆けズズイだと思われたのかも…、
「冗談だよ、冗談、冗談…」と慌ててお詫びした、

通院先は、市の医師会長の診療所、
会長Dr先生の前では、こんな冗談言いませんよ、

|
|

2015年7月19日 (日)

エエかいな

今日のこのブログは、2005年4月20日のブログ開始以降、5449本目の掲載になります、

計算上では10年4ケ月の間、毎日1本半アップしてきたことになる、

ブログの前は、自前・ホームページてした、
60歳定年退職の年から始めました、
マウスをはじめて動かして… “ナンジャこりゃ”だった、
すぐにホームページ「游々波平釣り日誌」を立ち上げ、以後、毎週1本のペースでアップ、
毎日掲載になって、で、ブログへ乗り換え、今になっとります、

イロイロあった、以前は、アチコチに連載コラムを掲載したこともある、
が、最近は、もうそういうことも無くなった、

いつまで、ブログを書き続けることになるのでしょうなぁ~~、
先が見えてこないですなぁ~、

昨日、某・サークルの方々とご一緒に昼食を摂っていて…
「波平さんは贅沢だ、もうあまり欲張ったらアカン…」
と、いわれた、
「自分勝手バッカシしとったら、おくさんに逃げられまっせ!!!」
と、警告された、
「自分なんかは、毎日コレ(小指)の機嫌を取るのに大変なんや、掃除したり、庭の草取りしたり、料理もするし、皿洗いもする、波平さんは、ナァ~ンもしとらんのとチャウか!!!」
だった、
「エエか、三日続けて家空けたら、離婚の条件になりまっせ!!!」
だった、

ジジババ・サークルだ、このジイタン、モテモテなのだろうと思う、
外泊は三日までかぁ~~~
わたし???
ゼロ拍ですわ、でんでんモテないようにも思わんけれど…負け惜しみ
わしゃ、もうご機嫌とりは嫌です、超下手です、

やっとわかった!!!
わしゃ、“ボヤク”のは大好きなのだった、で、で、ダラダラと“ボヤキ散らす”わけだ、

いやまったく不思議ですなぁ~、
わたし、ボヤキを書き散らすのって、まったく苦にならんのです、
死ぬまでブログルかもですよ、
エエかいな…

|
|

2015年7月18日 (土)

船底塗り替え

年に1度の、愛艇の船底掃除・塗装塗り替えのこと、

1、 上架場所は、播磨フィシャリーナ内の上架施設、
2、 必要品⇒専用塗料・塗装用ヘラ・マスキングテープ・貝等掻き落としヘラ、高圧ホース、等、
3、 作業・助っ人数名、
4.エンジンメンテも行いたい、

1.上架場所、
 漁師OB・94歳のジイチャンが管理人だ、 近日中に使用許可を願い出る、8月上旬を予定、
2.必要品
 専用塗料は既に購入してある、その他も近日中に手配する、
3.助っ人、は、大丈夫お願いできそうだ、
4.馴染みの業者に依頼する、

愛艇の船底の現状況を確かめたい、
下のような、船底確認用の特殊用具(木の棒に手鏡を紐で縛り付けた)を作った、
上手くゆけば、無理して潜って確かめるまでもない、
棒鏡の横の段ボール箱には、船底塗料が2缶入っとります、

明日以降、ベタなぎの日に今一度アジ釣りに出たい、
台風通過直後は異物が漂っていてヤバイ、河川からの濁水で播磨灘は濁っている、
二三日様子を観て後、沖へ出ることにしたい、

尺八???
現在、スキルアップを謀るべく、酸欠になるほどの猛練習中、
バッカじゃなかろうか!!!

P7180155

|
|

あまもり

いつもなら、やかましいほど小鳥の鳴き声が聴こえるのに…昨日は、ぜんぜん聴こえなかった、
蝉が鳴き始めていたのだが、雨が降り始めてからは聴こえない、
チョウチョウ(蝶)は雨に弱いようだ、雨の日はデンデン見かけない、

わたし、いつも、虫取り網を持ってチョウ(蝶)を捕っとるのです、梅の木やアンズの木に群がり来るチョウ(蝶)を捉えてやっつけます、可愛くないなぁ~、きれいでもない、害虫です、
蝶は果樹の葉に卵を産み付けます、卵は毛虫になり果樹の葉っぱを片端から食べてしまう、と、梅などがデケンようになる、捕っても、捕っても、蝶は飛んでくる、わたしは、虫取り網を振り回す、…の、図

カエルの声も聴こえない、ヤッパ、雨宿りしているのでしょうかねぇ~、

雨は降り続いています、勢いがすこし弱まった、雨漏りが…居間の天井からポッタン・ポッタンの水滴が止まった、
洗面器に受けていましたが、音が気になるのでタオルを敷いていた、タオルが浸るほど雨水が溜まった、
雨漏りはこの1ケ所だけですけどね、

昔を思い出します、幼いころは戦災住宅(神戸はB29の爆撃で焼け野原になり、終戦直後から被災者用に粗末な木造の公営住宅が大量に造られた)に住んでいました、
よく雨漏りがして、で、わたしは、天井裏に上がって雨受けの容器をならべる役目だった、未だ幼かったから、天井裏に上がって遊ぶような感覚だったなぁ~、
畳に落ちるのを受けるようなことでは、受けきれなかったのですわ、
天井裏にあがりますとね、瓦が敷いてあるはずなのに、隙間から外の光が差し込んでいた、
座敷から天井板を仰ぎ見たら、雨漏り跡がイロイロな模様になっとッた、

今、住んでいるのはローンで建てた2階建の鉄骨プレハブです、
雨漏りする居間は1階、
どうなっとるのでしょう、2階には雨漏りしない、な、の、に、1階の居間に雨漏りだ、
晴れた日に、屋根に上がたりして、そこらじゅうを調べますが、雨漏りの原因がわからん、
1階と2階の間の隙間に潜りこんで調べたら雨漏りの跡が判ると思う、
が、わたしはもう幼くない、木偶の棒の枯れ木ですわ、デケませんわ、洗面器をポッタン・ポッタンの箇所へ置くのが精いっぱいです、
洗面器に敷いたタオルを、昔を思い出しながら絞っとるのですわ、

あのころは、天井裏を走るネズミの音が常に聴こえていた、
ネズミ捕りの籠をしかけると捕れていて、籠にヒモ付けてそのまま野池に放り込んだもんだ、平気だった、
このネズミを狙って、青大将(大きなヘビ)が天井に居付いて居たりしたが、これも平気だったなぁ~、
ハエ獲り用の両面ネチャネチャのテープが台所にぶら下がっとッた、
夜は必ず蚊帳(カヤ)を釣って、コレへ素早く潜りこんだ、
ホタルの頃は、カヤのなかに蛍を放って、寝たもんだ、

長いこと、生きてきたなぁ~、

あぁ、水道がなくて、バケツもって井戸へ行き、ガッチャン・ガッチャン、組み上げポンプを押して水を汲み上げた、汲み上げる前に、ポンプに誘い水を少し注さないとダメだった、
昨日隣家からスイカのお裾分けを頂戴した、食いながら、昔、この井戸に、スイカを紐で縛って垂らしこみ、冷やしたりしたのを想い出したのだった、

アぁ、余計なことを思い出したぞ、
父はスイカが大好きだった、父は猛烈な勢いで食った、
勢いよく猛烈が過ぎて、胃痙攣をおこした、たびたびだ、
スイカを食うと父の胃痙攣を思い出すのが常だった、
が、昨日は思い出さなかった、父が亡くなって20年が過ぎている、


雨があがったら、カンカン照りの真夏かぁ~、

月日の経つのは速いですネ、ほんと、アッと言う間も無いですな、


<余談ながら>
なんぼ戦争の時だったとしても、大都市民間人に対する無差別爆撃や原爆投下は犯罪だ、と、わたしは思って居る、

|
|

2015年7月17日 (金)

向き合っとる

新国立競技場は巨額すぎるってことで、見直しになったようですね、
まだまだ経費は膨らむだろう、とか、だったから…
そりゃ無茶苦茶だ、と、思っておった、

先日、安藤忠雄氏が「経費のことは知らんかった…」と、TVで、煮え切らぬ弁明をしておられた、
経費のことに思いが及ばなかったなんて、信じられないですわ、
氏のこと、なんだかキライになってしもうた、

今の日本で、エッポクメイキングなことをナニかやろうとしたら、
キット“なん癖”付ける者らが、つぶすことになるのでしょうなぁ~、
例の“あの新聞”が書きたてて、扇動するのだと思う、

“あの新聞”ぶっ潰せ!!!
なんて言うたら、またまた言論の自由がドウダコウダになって…
どえらいことになるのでしょうなぁ~、
で、“あの新聞”が、好き勝手に書くこと、わたし容認します、
キライだから、読みませんがね、

泰山鳴動して、見直しして…
結果、⇒安物“新国立競技場”がデケて、ネズミが1匹出てくるのだ…
“大山鳴動してネズミ1匹”って言葉があります、

“安物買いのゼニ失い”まず、間違いないでしょうなぁ~、

安保法制の強行採決の騒ぎを、この新国立競技場へ目を誘導する、
と、いうことかな???
スケープゴートが、出ても、ほったらかされる、

舛添知事の出番は、いつになりますかね、
ゼネコン業界は、このまま黙っているのかな???
ダレが、見直しの、有識者代表になるのでしょうなぁ~、また、安藤氏でしょうか???
イチロー氏なんか、最適な人材だと思うがどうでしょうなぁ~、

スゴイ雨ですなぁ~、
期待(?)しとったわけじゃない、
我が家の居間には風呂場の洗面器ががんばっとる、
天井からの雨漏り、ポッタン・ポッタン、と、向き合っとる、
♪=30程度の、ゆっくりテンポ、
この程度なら、拍子に合わせて尺八吹くことOKだ!!!

どこかの国が岩礁埋め立てて軍事基地を建設だ、
どれくらい費用が掛かっていますかね、
新国立競技場より安いのかな???
そんなことないよなぁ~、
あぁ、ビックリの競技場造って、あの国を牽制するものオモロイと思うがなぁ~~、

台風被害ですが、
雨漏り家屋の件数は数えないのかな???

|
|

この感覚

「60を越えて演奏が良くなった人なんていないですよ…」

コレ、某尺八家の言葉です、製管師でもある有名なお方で、ブログをお持ちで、少しずつ読んでいますが極めてオモロイ、…の、なかに、この言葉がありました、

今月75歳の誕生日を迎える定年退職後からの尺八吹きですわ、
本気で尺八を吹くようになったのはごく最近のことですよ、

本気になるのが遅すぎたようですなぁ~、

わたし、調子(テンポ)取りが下手なのです、リズム感覚が鈍い、
“リズム感覚”・“テンポ感覚”の、改造に取り組んでいましてね、
だのに、この言葉ですよ、
ガックリですわ、

“いつやるか?? 今でしょう!!!”

わたし・波平の“今”、
60歳をこえること15歳の“今”

“リズム感覚”・“テンポ感覚”を研ごうとしています、

研げますかね???

わたし、魚釣り趣味があって、釣り針はいつも研ぎますですよ、ハリ先は常に鋭く研ぐ、
これは、釣り師の心構えの中の重大事です、

“リズム感覚・テンポ感覚”を研ぐには、どうしたらエエのかな???

わたし、不整脈の持病があって、メキシチールという不整脈治療剤を日に3回必ず服用しています、
欠かすとダメ、心臓が駆け出したり、止まりそうになったりする、
4分4・♪=80とか、とか、の、曲にピタッと来る、メキシチールがあったら、わたし、ソレ舐めたり飲んだりしたいですわ、

音楽家って、曲の譜面に向かったら、心臓がその曲の拍子に合わせて動き始めるのでしょうか???
曲趣に合わせて嬉しくなったり、恋しくなったりするのかな???
わたし、このあたりがサッパリわからん、

リズムから少し遅れ気味に歌ったりする歌手が居ますよね、
やめてほしいですなぁ~~、
わしゃ、ますますわからんようになる、

ユーチューブに合わせて吹く練習を始めているのです、
鳴り終えているのに、わたしは未だ吹いていたり、この逆だったり…

身体で拍子をとるのを止めた、足で拍子をとるなどはやめた、
感覚だけで曲を掴んで吹こうと、と、しとるのです、
歌手の歌声を聴いて、これを頼りに吹く稽古に挑戦中です、
“ヅラシて”歌うのは止めてもらいたいです、
が、上手な歌手ほど、リズムやテンポをもてあそびますな、

台風11号が我が家の真上だ、7月17日、午前5時10分、
怪しげな風、激雨、
震災後(阪神淡路大震災)、家が少しねじれましてね、リホームしたけれど激しい雨が降ると、居間に雨漏りするようになった、
激しい雨勢だ、やがて、水滴が天井に顕れるだろうと思う、

オモロイですなぁ~、生きているってこと、実感デケル、
この感覚を、ワシャ、尺八に採り込みたい!!!

|
|

2015年7月16日 (木)

並んだ

“浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ”…(石川五右衛門)ですよね、

ダァ~レも、戦争に関わりたくない、ですよね、

戦うと…平和がつぶれるのか???
平和を守るために…戦うのか???

平和が常態で…戦争は異常なのか、

戦争が常態で…平和が異常なのか、

野党は、“戦わずに”…平和を護ろう、と、している
与党は、“戦って” …平和を護ろう、と、している

“平和ボケ”…我が国は“平和ボケ”しとるのかな???

波平は、右か、左か、
さぁ~て、どちらを向きましょうかねぇ~~、


先日、市役所から後期高齢者医療被保険者証が送られてきた、
役立たずのまま長生きして申し訳ないなぁ~、と、思った、

その市役所へ、昨日は、「プレミアム付き商品券」を買いに行きました、
コンナ施策がまかりとおる国なのですよね、我が国は…

三木市の人口は8万人ほどです、が、昨日はナント、千人を超える購入希望者が交付窓口へ押しかけていて、ビックリしました、午前9時頃現在に押しかけていた人数ですがね…

わたし、おおよその人数とか、車の台数とか、遥か彼方に観える船の隻数とかを言い当てるのが得意でしてね、午前9時現在で千人を超える人が業務開始を待って市役所エントランスに並んだのでした、明らかに千人を超えていました、

わたし、感動しました、千人を超えるかもの市民らでした
自主的に並んだのです、実に整然と並んだ、

列を整理する市役所のガードマンが1名目に付いた、
ジイチャンでした、誠実そうなお方だったがウロウロするばかりで、もうお手上げ状態だった、
こんななか、整然と並んで9時の業務開始を待ったのだった、

わたし、この集団の中に午前8時半から~ほぼ10時前まで居ました、列に中で並んでいた、
確かに、列を乱す者らもギョウサン居た、制する者も居た、
が、怒鳴り合う声は1度も聴かなかったのです、

護りたいですなぁ~、
他のどこかの国で、なら、どうなったでしょうなぁ~、

追記・
この窓口(三木市役所3回特設コーナー)で発行した商品券枚数は、市のホームページで確かめると5千セットを超えていた、
市役所の係員は数名だった、長机二つを並べ、机上に「プレミアム付き商品券」を積み上げ、ニコニコしながら、市民確認をして後、万札を受けとり、商品券を手渡していた、
特段の警護体制があったようには思えなかった、

|
|

2015年7月15日 (水)

息の音を制御したい

「???」

吹奏音(息の音)を入れずにマイクする工夫をしていましてね、
今回は、ドア~の開閉時に衝撃音が出るのを防止する衝撃吸収材にマイク集音部を埋め込んでみた、
写真がソレです、コレを尺八の横脇少し前に据えて吹いてみたのです、、
P7150154_2


|
|

天命

愛艇「はまちどり」は艇長24FtのFRp製で、140Hpの船外機仕様のプレジャーボート、
播磨灘の某・漁港内・浮桟橋に係留し、常時海に浮かべてある状態、

常時海に浮かべていますとね、船底にフジツボや貝や海藻が付着し不具合が生じます、
エンジン掛けて走っても速度が出ないし、まっすぐ走れなくなる、
で、年に1度は、艇を陸上に揚げて、船底にくっ付いた“フジツボや貝や海藻”を削り落とします、
ペンキ(船底塗料)を縫って、“フジツボや貝や海藻”がくっつかないようにします、

この一連の作業が実に難儀でしてね、お金持ちはこれら一連の作業は専門業者へ委託する、
が、貧乏釣り師は、自分で、やっつける、
わたし、昨年・腰椎圧迫骨折のヅヅイ…この作業、難儀なのだ、
が、が、頑張って、自力でやっつけよう、と、思っている、
幸い、手伝ってやろう、と言うてくれるお方があって、嬉しいことだ、

昨日は、船底に塗る塗料を2缶発注しました、中国産の“シージェット・033”という特殊塗料、
海水中に徐々に溶けだして、フジツボや貝の付着をさまたげる働きをする塗料、

昨年は5月に塗り替えたのだった、今、7月、
さてさて、船底は今どんな具合になっとるのだろう、
フジツボや貝がイッパイくっ付いているのだろうか???

実は、あんがい未だ大丈夫なような気がしましてね、
もうしばらくは、このままでもエエかも、と、思ったりしていましてね、
で、潜って、実態を観て観よう、確かめてみようと思います、

海水温も高くなってきているから大丈夫だと思う、
海水へ入るのは簡単です、裸になって、パンツひとつになって、艇から転げ落ちればエエ、
が、船底へ潜って、現認して、で、海から艇へ生還デケルかどうか…
コレが問題です、

艇を係留している個所は、けっこう水深がありましてね、試しに、長い脚立を艇尾から垂らしこんだが海底へ届かなかった、
もう、海に浮かんだ状態から、腕力だけで、艇へ這い上がるのは無理なのです、
なんぼ腕力に自信があるお方でも60・70の歳ではまず無理、わたしは、なりたての75歳、
ダレカに引っ張り上げてもらわんと、とても自力だけでは艇や浮桟橋へは這い上がれません、

台風一過の19日(日曜日)、幸い、竹友D氏が、アジ釣りに同船してやってもエエと言うてくれとる、

D氏、大丈夫かな…
海中でアップ・アップの波平を引っ張り上げようとして、
1. 艇内で、氏が胸でも痛くなってひっくり返ったら、万事休(窮)すだ
2. 氏が海へドボンと転げ落ちたら、これも又・万事休しますな
3. 日曜日のマリーナ施設内だ、大声揚げれば大丈夫だろう、

あぁ~、たのしい人生だった!!!
…なら、これも天命、

|
|

2015年7月14日 (火)

ナマズのまご(孫)

尺八の話ですが…
“今虚無僧”での尺八の話ですが…
童謡唱歌を吹いていますが、どの曲も、歌詞部分(メイン・メロデイ)を単純に吹いているのです、
これが、なんか物足りなく思えるようになってきましてね、
どうしましょう???

お年寄りが声出して唱和される、と、わたしは、もうメイン・メロディの直吹きから脱して、“合の手吹き”にしたいのですわ、
これって音楽的な才能があるお方には、ごく自然にデケルようですな、
が、わたしには、その才能がない、
どうしましょう???

最初の歌の出だしには、歌の最後の数小節を吹きます、歌詞の1番から→2番へ進む際の、1番の歌詞の最後部分を少し吹く、…と、いっしょに唱和してもらいやすくなる、
この、やりかたは、何処へ行っても通じます、
時に、わたし自身が声出して唄ってみます、で、尺八を少し吹いて…
で、で、上述の方式、すなわち1番の歌詞の最後部分を前奏の代わりに吹き、合図に「ハイ」と声で合図して吹き進みます、
あぁ、正規の楽譜の、前奏や、間奏、そして後奏、は、全部省きます、

実は、つい先日のことですが…
ウクレレの人が弾いておられる楽譜を後ろから覗き見させてもらいましてね、ローマ字のABCD…だけしか書かれていない譜面だった、ビックリした、

わたし、音楽には“コード”ってのがあって、A・B・C・D…で書くのだってことは知っていました、
が、コード記号だけで演奏するのを現認したのは初めてだった、
ギターのお方の楽譜も同じだった、わたしビックリです、
楽譜とは、ピアノ譜のようなものバッカだと思い込んでいたのです、

ビックリするわたしに、気付かれたのでしょうか、アドバイスなさってくださったお方があった、
「尺八の譜面にコードを書き添えると吹きやすくなりますよ、(楽譜が混んでいて吹き辛く)難しい部分はコードで逃げます…」と、

コードは、縦向きに〇(丸)が三つ重なっとる物だって思っとった、

尺八では、三つの音を同時には吹けません、ひとつずつしか吹けません、関係ないですわ、

五線譜のなかからメロデイ部分を採る際、時に、三つ重ねのお玉杓子に出会うことがある、
わけがわからんまま一番上の譜だけ採っていました、
コレだったのですよね、

ヨッシャ!!!
ややこしい、吹き辛い、“ロツレチ(尺八音譜)の混みあった箇所は、
→その部分のコードの最上段のお玉杓子を吹いたらエエのやな!!!
コレ、間違っていますか???

4分4の楽譜で音譜が混みあっていて吹き辛い小節は、
1拍目と、3拍目だけ、を、コード化し、
最上段の音だけを、ピ~・ポ~、と、間延びの2拍にのばして、吹く、
コレ、間違った理解でしょうか???

恥さらしの話になりました、わたしのレベルはこの程度です、
どうしましょう???

わしゃ魚釣り仕掛けの工夫なら慣れとる、
が、オタマジャクは魚じゃない、こやつは蛙の子、

♩♩ ナマズのまご(孫)ではないわいな~~♩♩♩

|
|

2015年7月13日 (月)

今日は特養の番

今日は我が家からいちばん近い某・老人ホームへ“今虚無僧”の日です、ほんと近いのですよ、
我が家から直線距離で5百㍍ほどかな、
クネクネ曲がった道を行きますから結構離れているような感じがあるが、もっと近いのかも、
道が結構上がり下りの急な道でしてね、老人の足では難儀です、

この施設の建設が始まった時、こんな場所にナニが出来るのだろう、と、眺めとったら、ら、ダンダン綺麗な洋風の“お城”のような建物が顕れたのだった、老人ホームだった、

母が、ずっと眺めていて、「あたしも、あんなところへ入ってみたい…」という、
で、入居できるかどうか、お尋ねしたら、建設途上の未完成の時でもあって、最初のお客さんだったのかな、
スル~と、入居がデケタのだった、

当時、母は、自分でシッカリ歩けました、歩こうと思えば…です、
が、自らは大仰に老人ぶって歩こうとはしなかった、
が、が、ココへ入居させてもらって、母は、わが家と、老人ホームの間を行き来して楽しもうと思っとったみたいです、
が、が、が、ホレ、直線距離は近くても急な勾配のあるクネクネ道だ、途中までは歩いたことがあったようだが、通って楽しむなどは無理、
母は、思惑が外れて、たびたび、わたしや、嫁(わたしのかみさん)をアッシー君にこき使いました、
母から☎連絡がたびたびあって、難儀だった、
で、わたし、母に、携帯式の無線機を渡しました、
交通整理のガードマンが道路のアッチ側と、コッチ側とに分かれて、相互に連絡し合っていますよね、あの無線機です、これでなら、施設の電話を使わなくても十円玉を投入しなくても、直に、わが家と通話ができる、
なにせ、直線距離が近い、充分に通話ができました、

通話が出来すぎたのでした、母はナニニもすることがなくて、しょっちゅう、無線機を使うのですよね、
こりゃたまらん、で、可哀そうだが無線機を引き上げました、

アレレ、わたし、ナニを話そうとしていたのかな???

わが家からごく近いホームへ、“今虚無僧”します、の、話だった、

あぁ~、この携帯用無線機ですが、艇に積み込んで非常用の通信に使おうとしたけれど、ダメでした、
海は広いですなぁ~、シッカリ観えている距離でも、ガードマン・携帯無線では通じなかった、
今は、携帯電話がある、ほぼ、コレで播磨灘一帯は送受信OKです、
上述の話は、もう随分以前のことになります、あのころは、携帯電話などなかった、

“今虚無僧”は大広間で行います、大人数ですよ、約1時間です、
演歌などはやりません、純粋に、童謡唱歌だけです、ゆっくりした老人時間のなかで…
車イスで、聴きながら寝込んでしまうお方がけっこうありましてね、転げ落ちそうになる、
と、職員さんが飛んでこられる、
尺八を吹いていて、聴いておられたご老人が気持ちよさそうに寝てしまう、コレッテ、拍手喝采受けるよりも、わたしは嬉しいのですぜ、
だって、下手な尺八聴きながら寝るなんてデケンですよね???
聴いて居たら気持ち良くなって、いつの間にか寝てしまった、
“今虚無僧”の目指すところはココですだ、


大きな総合(?)施設でしてね、
わたしは、毎月第二月曜日に、奇数月は特養ホームへ、偶数月はグループホームへ、“今虚無僧”で伺います、
で、今日は特養の番ですわ、

|
|

2015年7月12日 (日)

怪しげな天気

どうも、“つりキチ”の根性というか、体調というかのものは、歳食うと、だんだん、魚魚のソレと似てくるような気がする、
今日は、ナンカ変な風が吹きますなぁ~、
わたしの住まう三木市の上空の雲行ですが、怪しげですわ、油断ならん感じがする、
海も時化模様だと思う、魚魚らもキット機嫌が悪かろうと思う、

明日ですか???
ますます油断ならん天気になりそう、
魚魚らも、わたし・波平も、スッキリしなくて、機嫌は最低ですわ、
バイオリズムdowndowndown

あぁ、
わたしは自分で言うのも変ですが、きわめて愛妻家だ、と、思っとる、
が、かみさんは、“ホッタラカサレテいる”と、思っとるようだ、

天気がこんな具合だし、ドンヨリのウツウツ気分じゃないですか、
わたし機嫌が悪くて、冷たい目をしてかみさん睨んで、文句を言うたのですよね、
ら、ら、もうダメ、
わたし、シマッタ、と、思ったが、もうダメ、

それから何時間も経って、かみさんがボソッと言うた、
「あたし、もう、パッパといっしょに居るのがシンドクなった」
と、

ドキ!!!
ですよね、
だいぶ時間が経っとって、わたし、怒ったのを忘れていた、
油断しきとったから、かみさんに心臓をえぐられて、ただ、ポカァ~ンとするしかなかった、

その後、まぁ、なんとか、おさまってはいますがね、
エネルギーが、ス~~~と、どこかへ流れ失せてしまって、もうアカン、どうにもならん、
焼酎飲む気にもなれませんわ、

尺八???
デンデン吹く元気ありません、

怪しげな天気ですなぁ~~、

彼女は、お出かけになっとって、わたし、ショウタも居ないし、ひとりでボヤァ~としとるのですわ、

|
|

地区内清掃日

今日は、自治会の地区内環境整備の日でしてね、朝6時から一斉に地区内の清掃が始まります、

バブルのなさかの開発された住宅地でしてね、昔は、穏やかな丘陵地だった、ブルドーザーが入って住宅地に変えた、地区内は全部戸建住宅です、
わが家はこの開発地の端っこで、向かいは昔の雑木林、開発前は“マムシ谷”と呼ばれていたところです、
移り住んだ頃はたびたびマムシを見かけた、が、さすがに最近は見ませんなぁ、
30歳の時でした、もう45年間も住んでいることになる、

が、が、付き合いが狭いですなぁ~、未だに隣接するお宅の家族構成すら判然しないです、裏側のお宅の奥さんにどこかで出会っても、わたしワッカラン、生活道路が違っていて、さっぱり、ゼンゼン、完璧に、わっからん、

わが家は、子供が居ないので、子供を介しての近所付き合いがない、父や母が老いて、ほっとけなくて連れてきて一緒に住んだりしたが、父母を介しての近所付き合いも無い、ナァ~ンも無い
が、常に飼い犬を介しての顔見知りはあった、が、ショウタが亡くなってはやひと月が経った、
さびしいですなぁ~~、

ショウタの首輪が未だに玄関の所定位置に置いてある、
飯椀も所定位置だ、ショウタが好きなものが入っとる、
食事していて…あぁ、コレはショウタの好物だった、と、思うと、たまらない、で、入れてしまう、

回状がまわり、出欠が取られる、
近隣の者ら同士が顔を見合わせる絶好の機会でもある、
が、「仕事で忙しいので」とか言うて、出てこられないお宅もある、

内緒の話ですが、自治会と、地区内老人会とは、あまり仲が良くありません、
つい先日の老人会の集まりで、
“われわれ老人は、常時、地区内環境整備に目を向けよう”の、話があった、
老人は、やっぱ社会の重荷なのですよね、老人が大きな顔をしたらアカン、
こそっと、イジケテ静かに老後を過ごす工夫はないものか…

市役所から昨日、“後期高齢者医療被保険者証”が届きました、
今月、わたし75歳になる、

6時になったら、清掃作業に出かけます、今、5時15分、
常の散歩には杖を持参だ、が、今日は、杖に代えて⇒ガンジキとカナバサミ、

なんぼベタ凪の釣り日和でも、わたしは、自治会の地区内清掃日には参加するのでっせ、
時々、海の誘惑に負けたりするけれど…
ナンジャソレ!!!

|
|

2015年7月11日 (土)

国立競技場が観える

新国立競技場の現案の建設は、ビックリの巨額ですネ、
間違いなく国費の使い過ぎだ、やがて国民の生活に悪い影響が出る、

この案に代わる新たな案を検討していたのでは、間に合わないらしい、
原案で突っ走るしか他に道は無い、
アァ~ソォ~~~
で、ますます、間違いを積み重ねるわけだ、

わたし75歳、新国立競技場の完成を見ることができるだろうか???
ひょっとしたら見られるかもわからん、
が、コレを造ったことから生じるであろう困難・難儀のアレコレは、あの世から観るしかないと思う、

わしゃ、あの世から、そんなもん、観たくもない!!!

檀家寺から、お盆法会の日程連絡が届きました、お坊さんが我が家へも周ってこられて、仏壇前で短い棚経をあげてくださいます、
わたしと、かみさんは、坊さんの後ろに神妙に座って、お経を聴きながら合掌したり、焼香したりする、
わが家は真言宗ですわ、この宗派のお経は、何度聞いてもナニいうとるのかさっぱりわからん、

父は阪神淡路大震災の年に亡くなりました、
葬儀を終え、住職さんにお茶を差し上げ、お休みいただいていた際、
「お経ですが、わたし聴いていても、デンデンわからん、が、あの世へ行くと判るようになりますかね??」
と、いうようなことを、ご住職に問いかけたことがある、
「生きていても、わからんのに、死んでわかるはずがない!!!」
と、即座に、大きな声で、ご住職はおしゃった、
ソレ聴いて、なんだかスッゴク神妙な気持ちになったのを思い出す、

新国立競技場ですけれど、お経みたいなものかも知れませんね、
この建設案を決めた会議に参加の各委員は、お経を意味もわからず唱え拝むような感覚で、新国立競技場を捉えていなさったのだと思いますなぁ~、

現実離れの巨大施設ですなぁ~~
あぁ~アリガタイことだ、
ナム~~~~

誤解の無いように…
わたし、本気で、アリガタイって、思っとるわけじゃないですぜ!!!
現実離れも甚だしい、と、言うとるのですぜ、

歳くって、ヨボヨボになり、老人ホームのお世話になるようになって…
と、尺八ヅヅイがやってきて、童謡唱歌を吹くものだから、ついつい、幼かった頃の思い出に浸ったりする
現実離れの時間、
あぁ~、すっごく立派な国立競技場が観える、

|
|

2015年7月10日 (金)

干からびるのは嫌だ

昨日は、午後からは気晴らしに港へ走り、愛艇へ燃料ガソリンを40㍑補充してきました、
ついでに、船底塗装塗り替えの下準備もしてきた、

艇体はFRP製ですが、常時海に浮かべていますので船底に牡蠣や紫イガイなど等が付いて、船底のスベスベが付着貝のために凸凹になってしもうていて、走りにくくなっとるのです、
で、(年に1度は)艇を陸揚げし、船底に小貝などが付着せぬよう専用の特殊な塗料を塗りなおします、船底塗装の塗り替えです、

どの漁港にもこの作業用の設備がありましてね、
わたしの艇をもやっている播磨灘一帯の漁港では年中漁船が思い思いに漁船を陸揚げし、この船底塗装の塗り替え作業をやっとる、
いちばん混雑するのは、海苔網漁の時期が終わった直後の5月かな、海苔網で使っていた専用漁船が一斉に船底塗装の塗り替えをする、
で、われわれプレジャーボートは、漁港のこの塗り替え作業場を利用するのに、5月は避ける、
施設利用料は、1日1万円~2万円、です、

現役漁師を退いたジイチャンが、この作業場管理をしていましてね、艇を陸上に引き上げるウインチを操作してくれます、
「ジイチャン、近々、頼もうかと思っとるよ」と、わたし、
「おう、これから天気のエエ日が続くようになる」と、ジイチャン、
“天気のエエ日”とは船底塗装作業に“ピッタシの日”の意ですぜ、
晴れていて風がある方がエエ、無風のカンカン照りではやっとれん、

ジイチャンと雑談、
「男は金を使わなあかん、金は使わなアカン、男のからだはそうなっとる」と、ジイチャン、
作業場で、船底塗装作業中の老人を指さして、
「あの人もエエ歳や、1千万出してアレ(プレジャーボート)買うて、鯛釣りしとる、たいしたやつや」
この(作業場管理の)ジイチャンですけれど、94歳なのですわ、
漁港の制服から透けて見える身体はとてもじゃないが94歳だなんて思えない、
あぁ、漁港の制服ですが、シャツにステテコ、です、
「あんた(わたし・波平のこと)はまだ若い、わし手伝うてやるから頑張れ」と、ジイチャン、

わたし、今日は、某・デイサービスセンターへ出掛け“今虚無僧”しますけれど…
失礼ながら、くたびれ老人らばっかしですわ、が、世の中には、こんな老人も居るのですよね、
このジイチャンに接したら、ダレだって、自分も頑張らねば、と、思わざるを得ませんわ、

船底塗装の塗り替え作業ってのは、正直言って、わたしのような老人にはキツすぎるのです、へたしたらひっくり返ります、
で、わたし、専門業者に頼もうか、と、思案しとったのです、約7万円ほど掛かります、
昨年は発注したのです、総経費が10万円近く掛かったのです、艇を陸揚げしたついでに、エンジン整備なども行いますからその経費も加算される、

わたし、今年は、出来ても出来なくても、このジイチャンの観る前で、この塗り替え作業に挑戦してみようかと思う、
コリャだめだ、自分独りではどうにもならん、と、思ったら、そのときアキラメたらええ、
わしゃ、なぁ~んもせずに、干からびるのは嫌だ!!!

あぁ、誤解の無いように、
わたしの艇は中古のオンボロ艇で、捨て値の安物です、

|
|

2015年7月 9日 (木)

それじゃ~ダメじゃん!!!

最近アルことがあって、心にシコリが出来ていて、穏やかな気持ちになれんのです、
心が乱れますとね、たちまち尺八の音色に顕れます、
コレッテ、どうしようもなく、心、そのままが出てしまう、
こんなことで、明日10日(金曜)の“今虚無僧”勤まるでしょうか???
明日は、施設利用を嫌がる某・ジイチャンが、「尺八を聴きに行きましょう」の誘い水で、はじめて施設へお越しになる日なのですわ、

わたし、なんとかして、心に平静を取り戻したい、

 音楽は、心に力を与える、心を奮い立たせる力を持っとる
 ネジレタ心を解く力が音楽にはある
 ジイチャンは、尺八を聴こうとしてやって来られる
 わたしの心は乱れている…

そうだ!!!
そうだった!!!!!
わしゃ、“今虚無僧”なのだった!!!!!!

古典尺八本曲の中に「紫乃曲・別名紫鈴慕」って、のがあった、

一休さんの作曲、と、伝えられる曲でしてね、茫洋とした曲です、
この曲は、いかに“のんびり”と、“悠々”と吹けるかが問われます、
この曲を吹いて、
この曲を、心を真っ直ぐにする砥石に使ってみましょうかねぇ~、
尺八を吹ける時間になったら、わたし、今日は終日この曲を吹き続けようかと思う、

さてさて、尺八時間になるまで、読書としましょう、
昨日、竹友が「コレ、おもろいでぇ~」と1冊の「本」を貸してくれた、
井上陽水のお嬢さんが書いた「本」だ、
わたし、超速読の性質でしてね、アッと言う間に読んでしまいます、
で、すぐに忘れます、
それじゃ~ダメじゃん!!!

追記

「長い猫と不思議な家族」を1時間かけて読了、
著者は⇒井上陽水氏のお嬢さんで芸名伊布サラサさん、
読了後、最近の彼女の姿をネットで検索、作詞家・歌手、で、ご活躍中らしい、
31歳になられ、二人のお子さんの母親になっとられるそうな、
彼女の曲も数曲試聴した、
今後のご活躍が楽しみだ、

追記 2

午前8時半、「紫乃曲」

久し振りに吹きました、今朝のスタートライン、いきなりの収録です、
未だ、テライがあり過ぎる、息に無駄があり過ぎる、

|
|

2015年7月 8日 (水)

お心に届く音、出せるでしょうか

午前4時半現在、未だ雨は降っとらん、が、もうしばらくしたら降り始めるのではなかろうか、気象庁の雨雲レーダー(画面)を眺めてそう思う、
既に夜明、小鳥たちが起き出している、鳴き語が聴こえる、

行きつけの…、“行きつけの”って言い方はどうかな???
毎月“今虚無僧”で通っている…、あぁ、“通っている”も、ナンカいまいちピッタシこない言い方だ、
我が家からいちばん近い某・デイサービスセンター、三木市市社協直営店…
レレッ!! 直営店だなんて…
老人ホームは、お店じゃないよね、
くたびれた老人並べて売り出したって、ダァ~レも買に来ないですわ、

とにかく、そういう老人施設から電話があって、伺う約束の日を今週の10日にしてほしい、と、連絡を受けた、
毎月4.5回だけの“今虚無僧”です、時に魚釣りに出たりアレコレのことが在ったりはするけれど、概ねエブリデイ・サンディですだ、10日に変更のこと、「ハイハイ…」と軽くお受けした、
その後の、連絡氏の言葉が、超嬉しかった、

「どうしても施設へ来るのを嫌がられるオジイサンが居られましてね、『尺八が聴けますよ』って、この日、お誘いしたいのです、突然の日程変更で申し訳ありませんが…」

この言葉、最高に嬉しかった!!!

ボランティア活動をしますとね、受けた施設事務室へ申し出て、ボランテアサービスを受けた旨の確認印を押してもらう、
その押印の数が溜まってくると、市から表彰してもられる、必要経費の一部補助がしてもらえる、と、こういう仕組みがあるらしい、の、です、
この仕組みの説明会がたびたび開かれていて、わたしにも参加要請の連絡がある、
が、わたし、ハンコを押してもらうのが目的で“今虚無僧”活動することになるような気がして、この仕組みは、ボランティア精神をある種“汚す”ものだ、と、思っとる、
わたし、ハンコなんぞ押してもらわなくても大丈夫です、
上述のような言葉を聴かせてもらえればそれだけで充分だ、

“今虚無僧”では、童謡唱歌を独りで(尺八)吹く、だけ、です、
「ふるさと」とか、「めだかの学校」「夕焼け小焼け」など等、
尺八だけの1本吹き、

ときに、出しゃばりオヨネが居て、変な歌のリクエストがあったりする、
最近では「越天楽」をやってほしい、と、リクエストがあった、
で、吹きましたよ、
吹いてみて、この曲、場にピッタシの曲だったことに気付きました、
みなさん、何とも言えぬ、お顔をなさっとった、
老いの心に染み入る曲かもですぜ、

終えて、持ち込んだ諸道具(簡易スクリーン等)を片付けていますとね、
わたしに、ひと言掛けてみよう、の、老人がら次々近づいて来られて…
近々と見て目礼だけのお方…
「楽しかった」とつぶやくお方…
黙ったままチョットわたしに触るお方…
施設事務で、ボランティア実施確認の印をもらうのとは、デンデン違うエエ心地ですわ、

わたしに、事務室へ確認の押印を求める気持ちがあったら、ひょっとしたら、老人らからのこの微細なサインは頂戴デケンのでは、

10日(金曜日)、施設利用を嫌がるガンコ爺さんは、出てこられるだろうか???

わたし、思い出しています、
母は、施設利用にまったく抵抗感がなかった、「あんなところへ入ってみたい…」と言うていた、で、入れていただいて、自分から率先して、みなさんのテーブルを拭いたり、手芸を皆さんへお教えしたりしとった、
が、父は、施設の話をすると、血相をかえて嫌がり、怒鳴った、

父は息子(わたし・波平)宅で寝たきりで嫁の世話のもと逝った、
母は悠々と施設での生活を楽しみつつ逝った、

10日(金曜日)かぁ~、
わたし、心を引き締めて、全力で尺八を吹きますだ、
ジイチャンのお心に届く音、出せるでしょうか???


|
|

2015年7月 7日 (火)

三つの内の二つに挑戦、

曲を吹いて収録の際、三つ、気がかりなことがある、

1. 収録音の大きさが、低音>高音、アンバランスなこと
2. 息の音が入ってしまうこと
3. 音の出所がわからん、歌口から?管尻から?尺八に開けた音孔から?

今回は、この三点の内、2と3の、対応に工夫し、写真のような中で吹いてみたのです、
どうでしょうなぁ~、
吹き間違いがありますが、それは、聴き流してくださいな、
あぁ、1、に、ついては、高額なマイクならOKなのはわかっとる、が、手が出ない、

黄色いナニかを、あと付けのデジタルマイク(プラグイン・パワ)にかぶせていますが、台所掃除用のフワフワした食器洗いスポンジですわ、聴き直しますが、雑音カットに効いていますかね???

マイクの設置位置は、尺八構えた際の横側かすか前です、

「花笠踊り・斉太郎節・ソーラン節」

P7070153


P7070151

|
|

また、今日が始まる

気の小さな、孤高で狭量なジジイです、…わたしのことですよ
この歳になると、嫌でも自分のことが判ってくる、

友人の多いヅヅイだ、と、…思われたりしますが、
が、コレは大違い、実態は、“閉じこもり症候群”のヅヅイ、

ホント、世間狭いのですよ、
“魚釣り”ですが…古来太公望の大昔から、孤独慰めの世界です、
“尺八”ですが…自宅仏間だ、“今虚無僧”はわたし独りの単独行、

尺八仲間らとは、D氏と魚釣り同行で出会うだけ、
先月1度いっしょに沖へ出た際、氏はタコをひとつお釣りになった、今年になって出会った尺八仲間はこのD氏ダケ、

ボログの世界がある、日々の想いを書き散らし、ストレス解消です、
が、が、閲覧くださってもコメントしてはくださらん、
の、なかで、時に、コメントが入る、コレ、超嬉しい、
だのに、昨日、コメント受信拒否設定した、の、だった、
残念でならん!!!

”あんた、ナニか勘違いされとるよ”、の、メールが届く、
が、が、勘違いは充分に承知の上ですだ、ごめんなさい、

ウツウツとした、勘違い(?)のなか、わたしには、“魚釣り”という逃げ場があったのだった、
昨日は短いボログをアップの後、午前3時過ぎに家を出て港へ走った、
徐々に夜が明ける、

さて、蛸壺(タコツボ)の話、
蛸壺漁のタコツボは、幾つもを1本のロープでつなぎ、ソレが海底に並び沈められている、
ロープの両端には、海面に浮かび出る目印の小旗が付けられていて、うっすら明けてきた海面に、その小旗がマバラに浮かんでいる、
ボート(※当ブログ最上段・表題掲示欄写真)を走らせ、沖のポイントへ向かう、
この目印小旗をエンジンに巻き込むと大変だ、(タコツボ海域は)スローで走る、タコらは未だ仕掛けられた蛸壺のなかで眠っている時間だ、
タコらは、蛸壺にロープが結わえてあるのを知らんのだ、はかなき夢をみながら、タコツボのなかで眠っとる、

タコツボや はかなき夢を 夏の月   芭蕉、

タコツボ漁の海域を突き抜け、いっきに加速、21ノット、
目指すは、“鹿ノ瀬・象の鼻”(播磨灘ド真中の天然漁礁・瀬の南端部分に象の鼻をおもわせる形の箇所がある)、
午前5時半~同10時までの釣りでした、マルアジ約80尾の釣果、
釣果を入れたクーラーは腰椎圧迫骨折のわたしには重すぎて持てませんでした、
港へ戻り、難儀していたら、若い衆が気の毒がってヒョイと持ち上げ、軽四まで運んでくれました、
帰宅後、アッと言う間に、アジらは各家のお膳に泳いで行きました、

おわり、

また、今日が始まる、

|
|

2015年7月 6日 (月)

当ブログをご閲覧くださる皆様へおわび

<おわび>

今までに2度ばかり、“コメント受付拒否”の設定を行ったことがあります、
“迷惑なコメント”を打ち込んで遊ばれるお方があって、困ったからでした、

コメントを打ち込んでくださったら、そのまま即掲出の設定にしていました、
コメント氏からのお言葉は、すべてありがたく頂戴していたのでした、
返コメも、ほぼ必ずお返しするよう心がけていました、
が、やっぱ、歳のせいでしょうか、少し疲れました、

申し訳ないですが、
以後は、当分の間、わたしの気力が戻るまで、コメント受付拒否の設定にさせていただきます、
なお、わたしへのメールも、当ブログから直に頂戴できる設定にしていましたが、これも、カットさせていただきました、

善意の皆様方には、ホント失礼極まりないことだ、
心から、お詫び申し上げます、そして、なんとかご理解くださるようお願いします、
わたしの気力が回復しましたら、
ら、また、設定を元に戻したいと、と、思っています、

申し訳ございませんdowndowndown

|
|

2015年7月 5日 (日)

ヒョウタンこすり

昨日は、さることに、想いが傾いて…“混沌とした想いの中”ですごした1日だった、

さるお方から、珍しくブログ更新が無いが、どうかしたの???
と、問われて、やっと、ブログ更新を忘れていたことに気が付いた、

“混沌とした想いの中”って、

わたしは、“今虚無僧”で、我が家周辺の老人(福祉)施設で、童謡唱歌吹いて回っとる、
メイン・メロディを吹いとるのですわ、
が、老人らが歌い始められて、場が、盛り上がってきたら、ら…
メイン・メロディ部は老人らに譲り、わたしは伴奏側にまわりたい、

老人らの歌声の“合の手”伴奏をしたい、
コレ、わたしの長年の夢でしてね、
で、昨日は、その端緒を掴んだ気がしたのです、

昨日、生まれて初めて“グイロ”に触れました、
波目を付けたヒョウタン楽器です、波目部分を箸状の棒でコスッテ音を出します、

歌に合わせて、コスル役をあてがわれましてね、やってみたのです、
下手でした、
「ダメ、もっとシャープに、このように…」と、リーダー氏、
なるほど、リーダー氏の音は生きている、合の手になっとる!!!

わたし、この曲中、パーカッション部に加えてもらって、フクロウの鳴き声をホンノ数回、♪ホー・ホー♪、と、吹くことになっとった、
それくらいならデケルと、思っとった、が、音程がダメだの判定だった、
で、で、ヒョウタンをあてがわれた、
が、コレも使い物にならんかった、

“メイン・メロディ吹き”にバッカ意識が傾き、歪んでいたのだった、
意識転換です、
急激に五線譜2列目以下の伴奏(?)譜に目が向くのを感じます、

五線譜では、メイン・メロデイは最上段に、伴奏楽器は楽器別にその下段に並列記載されとる、
2列目以下の譜に目が魅かれる、
こんなところに、老人らの歌声の伴奏のキーがあった!!!

五線譜で、楽器別に複数行並列の在る譜面を終日眺めていました、

2列目以下の譜を吹こうとなら、それなりの呼吸・気合・間取がありそうだと気付きました、
簡単に言えば太鼓叩きなどの難しさがダンダンわかってきたってこと、
ヒントを見つけました、
伴奏は、メインメロデイを聴きながら演奏せなアカンようだって、
アッタリマエですよね、

メイン・メロディにではなく、歌声に合わせた方がよさそうだ、
誰かが歌詞を歌う、コレを中心に他の楽器が合わせ演奏する、
と、これは、正しいのかどうか???
が、この方向でやってみようかと思う、
老人らが歌い始めたら⇒歌声にあわせ伴奏吹きしたいのだった、

常に使っている尺八譜には、歌詞は書き添えていなかったのです、
尺八譜へ、歌詞を、赤色で書きこむ作業を開始しました、
簡単だと思っていた、が、が、スッゴク難しい、ビックリしています、
わたし、今まで、こんなことにすら気付いていなかった、

すっかり、ブログの更新のことを忘れていました、
せめて“ヒョウタンこすり”くらいは、デケルようになりたい!!!


| | コメント (4)
|

2015年7月 3日 (金)

スカッ屁

なでしこジャパンの試合のTV実況放送を観ていました、

わが家のテレビは、ひと月ほど前から故障していて、画面のド真ん中にガムテープ巾の黒い縦線が出るようになっています、コレ修理すると約7万円かそれ以上掛かるらしい、古い型なので修理可能かどうかも定かでないとか、
観にくくてしょうがない、が、試合の進行状況はわかりました、

ヤバイ場面が幾度もあった、が、デンデン負ける気がしなかった、

澤選手は控えにいて、昨日は試合には出なかった、
これが、フイールド選手らを逆に勇気づけているように思われた、

監督も、澤選手も、“勝てる”と、思っていてくれている、
の、オ~ラが出ていた、
壊れた画面のTVを通しても、オ~ラを感じた、
選手らはこの中で走りまくっていた、

オウンゴールと言うそうですね、
川澄選手がゴールへ向かって走った時、もうゴールへ球を蹴り込んだような気がした、
イングランド選手が身体を投げ出して防御したが及ばなかった、

なでしこ、
撫子の花…花言葉で可憐・貞節だそうな、
選手らにピッタシですな、

昨日、このブログで、青葉木菟(あおばずく)の話をしたのだった、
梟(ふくろう)は冬の季語、が、青葉木菟(あおばずく)は夏の季語、
“あおばずく”と、“ふくろう”とは同じふくろう科の鳥だとか、

わたし、今度、小さな音楽サークルに参加することになって、リーダー氏から、6曲の五線譜を渡されている、
このうちの1曲に「青葉城恋歌」がある、
二胡・ベースギター・キーボー・パーカッション、
ボーカルは誰の訳だろう、尺八吹きながらでは歌えないよなぁ~、

この曲、わたしの初参加・演奏曲になりそうだ、

尺八は、パーカカッションの中に入って、“ふくろう”鳴き声を吹きます、
4分4拍子、62小節、♩=80、演奏時間4分越えの曲、
ここで3度ばかり、8分音符を“ホーホーホー”と、吹く役割、
曲中全部合わせて10秒にも満たないと思います、

試合の実況中継が終り、報道記者が市民にマイクを向けている、
多くの方々が、「試合から元気をもらった…云々」と、話されている、
わたしに、もし、マイクが向けられたら、「ふくろう吹きに元気をもらった」って、言うと思う、

リーダー氏から、「どの曲も、メイン・メロデイはシッカリ演奏し得るようになっとくことが必要ですよ」
と、言われている、

フクロウになりきってやろう、と、思う、

今日は、「レ」の半音吹きを徹底して稽古のつもりだ、
“スカッ屁”のような音になるのだよなぁ~、
リーダー氏がお聴きになったら、どうおっしゃるだろう…

| | コメント (0)
|

2015年7月 2日 (木)

青葉木菟(あおばずく)

昨日、明石へ出掛ける用事があって、ついでに明石市内にある兵庫県立図書館へ立ち寄った、「古賀正男110名曲集」を借り出したいと思っていたが、ココには無かった、
司書氏(女性)に検索してもらって、神戸市立図書館に収蔵されていることが分かった、
で、今日は、我が町・三木市立図書館へ行って、この「本」の神戸市立図書館からの借り出し手続きをお願いしてこようと思う、三木市立図書館・新館が完成し、今月1日から業務再開のはずだ、どんな新館になっとるのだろう、

あぁ、「サヨンの鐘」の譜などをみたい、と、思っとる、

それにしても…
明石の兵庫県立図書館は使い難い、駐車場が無いのが辛い、
隣接して、明石公園の駐車場がある、30分までは無料、が、越えるといきなり510円、さらに5時間を超えると1時間ごとに百円追加、この状態で、館内閲覧室で調べものするなんぞ年金隠居には無理、
昨日は在館25分ほどで飛び出ました、ヤバかった、危うく510円取られるところだった、
あぁ、
三木市立図書館では、市役所の大きな無料駐車場が使えます、所蔵本は少ないけれど駐車場がある、
なさけないような、うれしいような…

話は変わりますが、
この図書館の対面に三木市文化会館がある、大ホール・小ホール・コミュニティホール等々、ほぼ完璧なスバラシイ施設、が、利用料金がねぇ~、
格安値で利用できる音楽稽古専用の小部屋が欲しいです、格安値って無料のことですぜ、
公的認可システムをつくって、認可を受けた者に無料で施設利用をさせてはどうでしょう、
尺八(吹奏)ボランティアも、認可対象者にするってことで…
こういう施設が…、こういう考えが…、今の社会には無いのですよネ、
三木市は、ゴルフ場と大型パチンコ店ぎょうさんの街でしょうかねぇ~、

世の中には貧乏人が多い、が、大金持も多いのでは???

ライオンズクラブ・キワニスクラブ・ロータリークラブなどのクラブではなくても、個人でもかまわん、
お金の使い道に困ったら、ご相談ねがいたいものですなぁ~、
この種のご相談なら、わたし、たちどころに最善案をご提示します、
まず、波平ドンへの、正調(調律済)尺八(1尺3寸から~2尺4寸まで、各寸束にして)の寄付をお勧めします、
これがあれば、民謡でも、詩吟でも、アンサンブルでも対応可能だ、

ギリシャが、借金返せなくて、デホルトするそうじゃないですか、
新幹線の火災事故、年金隠居の生活苦かららしいじゃないですか、
ダレかさん、も、ほっといたらヤバクないですか???

食うに困ったら、ナマコやタコを掴まえて食っとったらエエ、
が、歯がダメだ、こやつら食うのは極めて難儀、
虚無僧の本領を発揮し、胸前に「明暗」の小箱(偈箱)をぶら下げて街中を喜捨請い歩きしたらエエ、
が、杖をつきながらではなぁ~、
尺八は両手で支え持って吹くのでっせ、どうしますか、

あぁ~~、ショウタが居らん、
亡くなる半月ほど前から、彼は目がまったく見えなくなっていた、悪性リンパ腫だった、
が、家の中のレイアウトは全部彼の頭の中に健在だった、
彼は、家の中を歩くに、直角・直角に歩いた、突き当たる寸前に直角に曲がり、目的場所に行くのだった、
亡くなる数日前から歩けなくなり、そして、立てなくなり、横になって、わたしの側に居たが、気付いて彼を見やると、呼吸で上下していたお腹の動きが止まっていた、

落ち込んでばかりでどうする!!!

このたび、わたし、某アンサンブル(※ブログアップ許可が未だ得られていないので…)に加わり、フクロウの鳴き声を尺八で吹かせていただくことになった、
「青葉城恋歌」パーカッションで「レ」の甲(F♯)単音を計2回吹く、
頑張ろうと思う、

「青葉木菟(あおばずく) アンサンブルの なかで鳴け」  
ナンジャコレ!!!

| | コメント (0)
|

2015年7月 1日 (水)

「シチリアーナ」

雨が降ったり止んだり、ずっと重たい気分、怪しげな空だこと、
ドナウ河の流れも、調子が悪いや!!!

ドナウの稽古の合間・合間にあちらへ立ち寄ったり、こちらへ立ち寄ったり、

なにげに「シチリアーナ」に立ち寄った、のですわ、
途中の吹き間違いはお愛想、
わしゃ、完璧は求めない、ええかげんでしかよう吹かん、

| | コメント (0)
|

今日、今日より明日、明日より明後日、明後日より明々後日…

雨音のなか、またまた超早起き、
気象庁の雨雲レーダー・ライブを閲覧すると、ものすごい雨雲が我が頭の上を覆っている、

安物ですが大きな気圧計を持っていましてね、なんと、991Hp(ヘクトパスカル)です、
こんな低い気圧なんて、あまり経験が無いですぜ、
台風9号が南方洋上に発生していますが、7月1日AM3時現在で中心気圧は998Hp、
今日は、全国各地で、ナニか、ものすごいことになりそうな気がする、

の、なかで…
今日も、仏間を締め切って…あぁ、今日は、雨音が尺八音を隠してくれるかな…
「ドナウ河のさざなみ」を稽古しようと思う、

稽古して、稽古して、昨日より今日、今日より明日、明日より明後日、明後日より明々後日…

この曲は、これからの波平のテーマ曲にしようかと思う、
暗譜で吹き切ってみたいものだ、
「ドナウ河…」を流し吹きながら、額に△の亡者印を付け、ワシャ三途の川を渡ってやろうかと思う、
地獄の閻魔さんもビックリするだろう、

今朝は2時から起きていますがね、
仏間を締め切っても、こんな時間から尺八吹くわけにはいかん、
で、耳にイヤホン突っ込んで、ユーチューで、コレ聴いている、
https://www.youtube.com/watch?v=JPX_1nowjSI
「ドナウ河のさざなみ」を聴きながら、ブログっとる、

海が好きだから、晩年は海辺に居を移したいと思っとった、
が、今の住まいは海辺から20㌔山奥で、家の前は雑木林、
人生ってのは、思うようにはならんものですな、

ドナウ河って、どこらあたりを流れとるの???
ウイキペディアで調べました、
ドイツが源流で、黒海に流れ込むヨーロッパ第二の河らしい、

もうひとつの曲「美しく青きドナウ」を聴いてみる、
また、「ドナウ河のさざなみ」を聴きなおす、

あぁ~、夜が明け始めてきましたね、
今、雨の中、鶯の鳴き声が聴こえています、

今月28日(火)御年75歳になる、
未だ元気で、こうして、ゆっくりした日々が過ごせている、

不満がある、
ひと月ほど前から、テレビ画面が壊れて、画面中央にガムテープ幅の黒い縦線が出るようになっている、
観にくくてしょうがない、コレが我慢ならん、
が、ナニが映っているかはわかる、買い替えたいなぁ~、
が、不満不満のなかで我慢している、

イロイロ考えてみるが、ヤッパ、わたしは幸せなのだと思う、
テレビ画面に縦線が映るくらいは我慢せなならんだろうと思っている、


| | コメント (2)
|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »