« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

「Green Fields」

昨日は、わたしにしては珍しく家庭菜園で農作業(?)しましたよ、駐車場横の空きスペースを家庭菜園にしとるのです、

わたしが老いる分、かみさんも不思議とバァさんになってきて、で、チッチャナ菜園ですが、かみさんだけではシンドクなってきたみたい、
家庭菜園はかみさんの聖域なのだ、が、時に、「ナァ~ンも手伝ってくれない…」と、抗議される、
で、手伝う、昨日はクリ(栗)の手伝いもやった、
法面(のりめん・斜面)の多い土地でしてね、オモロがって栗の木を植えたら、3年後から大きな栗が穫れるようになったのです、桃・栗3年、柿8年って言いますよね、

栗ですけど、ホッタラカシておきますとね、自然に無くなります、つい先日はカボチャが盗まれた、
アッタマにきていましてね、
もし、わたしがドロボウの現場を見つけたら、玄関の傘立てに供え置いた木刀つかんで飛び出すかも、
で、返り討ちになるかも、かも…おだやかではないですなぁ~~、

ドロボウさんに、
「やぁ、こんにちは、エエ物が盗れましたか、おめでとう、ところで、あなたはドロボウさんですよね???」
てなこと、ニコニコ顔で言えるかな???

わたしは魚釣りヅヅイだよ、魚釣り趣味の者は総じて短気者だ、
魚が、今掛かるか、今掛かるか、と、イライラしながら、竿先を眺めとるのです、
で、竿先に魚信が顕れたら、ナァ~ンも考えずに、竿を煽ります、エイヤッ!!! です、
泥棒を見つけたら傘立てから木刀を引っこ抜き、エイヤッ!! 
…かも、
ヤバイですよねぇ~、


あぁ~、
今日は、ナァ~ンも予定がありません、明日はあるけれど…
AM2時チョイに起床、ネットサーフインで「Green Fields」に行きついて、聴いていて、
で、今日はこの曲を尺八で吹いて遊ぼうと決めた、
8分6拍子・変ホ長調の曲、今朝のわたしの気分にピッタシの曲、
既に尺八譜に移し採り終え、朝ごはんも済ませた、
試し吹きました、コレです、

「Green Fields」

拍子(8分6)の稽古にエエかと思って、挑戦してみたのですが…
やっぱ、緩んだ箇所が数か所ありますね、ダメですなぁ~、
半拍子も吹きすぎたら、合奏なんぞデケンわなdowndown

今朝は、今(午前9時半)まで、コレばっかやっとった、

午後は、「浜辺の歌」を稽古しようかな、

| | コメント (0)
|

2015年9月29日 (火)

自分の事は自分でする

このブログを始めて10年になる、今日は5557本目のアップになるようだ、

「“今虚無僧”波平ナニを吹く」
と、題し、“尺八吹奏ボランティア活動”を続けてきたのだった、
が、75歳・後期高齢者になって、諸道具引っ担いで老人ホーム等巡回するのがシンドクなってきた、
もう、このあたりで“ボランティア活動”は終えてもよかろうか、と、思う、

老人施設を訪問して想うことは…
“老人らは甘えとられる”ってことだった、この想いは年々強くなる、
この観方は、施設訪問ボランティアが持つべきものじゃない!!!
わたしは、去るべきだと思うようになった、

歳食ったら、身体も心もボロボロになる、コレは仕方がないことだ、
が、可能な限り、自分の事は自分でするようにしたい、
出来ないところだけ、援助を受けるようにしたい、
援助の足らずは困る、が、援助のし過ぎもデッタイ良くない、

折れかけた、あるいは、折れてしまった心の…“自立”を願っての“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア)だった、
コレを、わたしは"自分の仕事"かもと思ってやってきた、決して遊びの延長でやっとったわけではない、
竹友に、尺八吹奏ボランティア活動をなさっていて、アチコチ施設から大変喜ばれておられるお方がある、
が、氏は「私は自分が楽しみながら、楽しいから、この活動をやっとる」と、おっしゃる、
が、が、わたしは「自分はシンドク・苦しくても、コレが今の自分の仕事だ、と、思ってやっとる」と、言う、
幾度もこの竹友とは、語り合った、が、いつも平行線だ、気持ちの持ちように大きな差がある、

実際の、尺八吹奏本番での、“盛り上がり”を思うに、
わたしは、完全に、竹友氏に負けている、と、思う、竹友氏の本番は楽しくてにぎやかに違いない、
が、わたしの場合は、尺八の音を聴きながら寝てしまう老人が居たりする、老人らに一緒に歌うことを故意には勧めない、ただダラダラと“童謡唱歌”を吹くだけだ、

“可能な限り、自分の事は自分でする”
と、この気持ちを、今一度、ご老人らに思い出してもらいたい、
と、願っての“今虚無僧”だった、
が、ここらで、いったんこの仕事を終えようと思う、
で、あとは、気ままに尺八吹いて遊ぶことにする、

11月下旬の地元寺院・伽耶院境内での野外ライブを少しやって、コレを機に“今虚無僧”を店じまいにしようと思う、
イロイロなことがあったなぁ~~

| | コメント (2)
|

2015年9月28日 (月)

地合(ジアイ)に生きる

“バイオリズム”ってのがありますよね…
科学的に証明されていて、だれでもこのリズムで生きている…らしい、
三つのリズムで構成させているのだとか、

 身体のリズム:23日周期
 感情のリズム:28日周期
 知性のリズム:33日周期

リズムっていうと、音楽を想いますよね、その音楽には三要素ってのがあって、

 リズム
 メロディー
 ハーモニー

わたし、今、低調期にあるようですわ、鬱の状態、やる気が萎えた状態、シンドーイ気分、

あぁ~、
“魚釣り”には、“地合(ジアイ)”ってのがあります、

魚が釣れる時間帯は不思議と決まっていて、この“地合の時間帯”に入ると魚が釣れはじめます、
魚の動きが活発化し、競って餌を食うようになるのです、
⇒ で、良く釣れます、

釣り人は、“釣キチ”は、ってことですが…
この時間帯(地合)を知っていて、この時間帯に釣り竿を出します、糸を垂れます、
ちなみに、今日の瀬戸内海・播磨灘は二見人口島沖合の“某(魚釣り)ポイントでの地合は、
午前4時半~々5時半、ですわ、
コレ、ブログっている、今現在がまさにこの時刻です、今、午前4時45分、

“地合”は、潮の動きに強く関連して生じます、
満ち潮・引き潮のなかで生じる魚魚らの“バイオリズム”ってことかな、

人間の赤ちゃんが生まれる時間帯ですが、自然分娩に限ってのことですが…
大潮日の満潮時であることが多いらしいですよ、
人間だけじゃなく、生物は皆、お月さまが満月の、あるいは新月の、海で言うと“大潮日の満潮時刻直前”に産卵し、そして卵から孵るらしいですよ、
生物が高等になると他の環境にも影響されたりするようだが、たとえば“魚”などは、ほぼこの大潮日の満潮時直前の産卵らしいです、

今日は、今年の秋ど真中の、まんまる満月の日、
で、今日のジアイ(地合)は、今(午前4時半~々5時半)なのだが、コレは我慢し…
わたし、午後1時半から~々2時半の、下げ潮のジアイ(地合)に、チョイと沖へ様子見に出てみようかと思う、

実は、昨日、妹の旦那と二人で沖へ出ましてね、メチャクチャぎょうさん釣って帰ったのです、
で、今日は、沖へ出ても、なるべく釣らないようにしようと思う、
が、メジロかブリが釣れたら、1・2本は持って帰ろうかな、
サビキで釣ります、
道糸10号、ハリス8号の超太仕掛けです、メジロならコレで獲れます、大きなブリだとコレでは無理、

魚釣りのことを考えていたら、すこし、バイオリズムが上向いてきた感じがあるなぁ、
そらそうだわな、今の時刻は、地合時刻ど真中だ、
釣キチなら”やる気”起こしてアッタリマエだ!!!


| | コメント (5)
|

2015年9月27日 (日)

今日は、養生(洋上)へ

昨日は三木市老人クラブ連合会の第6回芸能発表会に参加し、「からたちの花」「靴が鳴る」を尺八独奏してきた、
与えられた出番時間は5分、

わたしは尺八と譜面台を左右に持ち舞台に出たが、舞台に上がってビックリした、
本格的な劇場造りの舞台(三木市立吉川公民館)だった、奥行き深い舞台だ、客席はほぼ満員、
マイクは舞台の中央に用意されていたが、わたしはずっと前へ進み、マイクも前へ移動させていただいた、
で、上の2曲を吹いた、

「からたちの花」は、みなさん静かにお聴きになった、
「もう1曲『靴が鳴る』を吹かせていただきます、皆様方もごいっしょにどうぞ」
と、声掛けし『靴が鳴る』を吹いた、
各席から手拍子が湧き、唱和なさる声が出た、吹いていて気持ちよかった、

「からたちの花」「靴が鳴る」の2曲を選んだには、それなりに、こだわりがあった、

「からたちの花」(作詞・北原白秋、作曲・山田幸作)、
老人らは、各自、それぞれの道を歩んできたのだった、
その道って「からたちの道」だったのでは???
実に身に迫る歌詞だ、
あぁ~長い道のりだった、山があり谷があった、
…曲は実に変則的な造りになっとるのです、
4分3と4分2拍子が目まぐるしく転換します、1音・1音が、人生の歩みに、心につながります、

「靴が鳴る」
♪♪お手(てて)つないで 野道を行(ゆ)けば みんな可愛(かわ)い 小鳥になつて…♪♪
わたし、老人ホームを尺八吹奏ボランティアで巡回したりしとりますが、訪問先ではエンデイングにこの歌を吹くのです、と、みなさんとても楽し気に手拍子打って唱和なさいます、
長い道のりを歩み通して、で、今がある、この気持ちを、心を、この曲が解き放つような気がする、
みなさん楽しげにお歌いになります、

わたし、吹き終えて舞台を下がる前に、“今虚無僧”(尺八吹奏ボランティア活動)の簡単な紹介をし、
“お声掛けください”と、PRしたかった、…が、止めました、
わたし、少し疲れたようだ、
ボランティア活動も、終活の頃かも、と、思い始めている、


今日は、養生(洋上)へ出るつもりだ、

| | コメント (0)
|

2015年9月26日 (土)

国政と老人クラブ

安倍総理の昨日の記者会見をTVで視聴しました、

総理は、安保関連法制は「平和安全法制」だと言い、
「もし、戦争法案であるならば、世界中から反対の声が寄せられることでありましょう。しかし、この法制については、世界のたくさんの国々から支持する声が寄せられています」と、言うておられた、
そらそうだわなぁ~、
反対の声をあげたりしたら、即、内政干渉だって非難されるだろうし、日本を敵だと言うに等しいじゃないですか、

わたし、法案通過は、まぁ仕方ないなぁ~、と、思っとるのですが…
ヤバイかも、の、気持ちが拭いきれませんです、
対抗馬なく総理は続投が決まった、とってもヤバイ気がする、
野党がだらしなさすぎる、ココが最もヤバイ、
野党から→与党へ鞍替えする方等が出てきそうだ、ヤバイ、
“寄らば大樹の陰”“虎の威を借るキツネ”ですわな、

総理の政治信条がスケスケに出とった、「衣の袖から鎧が見え」た、
「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」って感じかな、
なんぼ説明してもわからん奴にはわからん、
下々らは、お上に従っておればよろしい、
コレって、我が国の、昔からの平和(?)の基礎・根っこでしょうよ、


今日は、“三木市老人クラブ連合会の第6回芸能発表会”の日でしてね、各地区からジイチャン・バァチャンらがぎょうさん出てきます、高齢社会だ、ジイチャン・バァチャンがゴロゴロ・ウジャウジャしとる、
わたしは20番中の4番目の出番です、与えられた時間は5分、
舞台へ出て、クシャミひとつしたらそれでお終い、って、こと??

まる1日を費やしますがね、隠居の時間は、超々安いですわ、
会場まで軽四で走って1時間チョイ掛かります、三木市も広いね、
「からたちの花」を尺八1本で素吹き・独奏します、
暗譜吹きで充分だって思ってはいますが、譜面出して譜面を見ながら吹こうと思います、
暗譜で吹くと、目の付け所に迷うのです、
で、目を閉じて吹きますとね、コレは老人には無理ですわ…
まっすぐ立っていることができなくてふらついてしまう、

ナニかの追悼の会などで、司会者が「黙とう」って号令をかける、
コレは、高齢社会ではヤメタ方がエエ、
本気で1分間、黙とうしたら、ダレカが倒れる危険がある、3分間も本気で黙とうさせたりしたら、そのままアッチ側へ行きかねないですぜ、


| | コメント (0)
|

2015年9月25日 (金)

修身斉家治国平天下(シュウシン セイカ チコク ヘイテンカ)

体調ですが、“まぁまぁだ”、と、思っていますがね、
が、並行して、老いたなぁ~、の、実感もまた顕在化し、色濃くなってきた、“まぁまぁだ”なんかじゃない!!!

空き地を挟んだ我が屋の裏側のお宅から、
「お宅の“屋根の雨トユ”が外れていますよ」と,声を掛けられ、
わたし脚立から屋根へ這い上がって修理しましたが、“アァ~ダメだ”って思ったですわ、
作業中の、立ったり、座ったり、の、この動作がデケンのです、
で、応急修理だけで下界へ降りた、屋根から→脚立へ→そして下界へ、です、

10年前に、愛艇を駆って、日本列島1周航海した時は、それなりの体調だった、コレは確かだ、
艇から落水した際の不意の事故に備えて、艇から故意に落水し、海中から艇へ這い上がる稽古をしたりした、
ナイフを握って海中に潜り込み、艇のペラに捕り付く稽古をやったりした、コレは、現実に幾度も潜ったのですよ、
あぁ、潜り慣れて、行程中の五島列島では潜ってサザエ採って食べたりした、

アレコレの稽古をしたなぁ~、重たい物を持ちすぎて、で、おかげで右腕のどの腱かわからんが切れてしまって“力”が入らなくなったのだった、以来、今でも、すこし無理をすると、すぐに右腕がバカになり使い物にならなくなります、
対馬から播磨灘の母港へ帰港する際、この右腕バカの状態になっとって、単身航海に不安があった、
が、たまたま、艇友・アキどんが、わたしの冒険航海をオモロがって、対馬に様子見にやってきたので、彼・アキどんに艇の操船をゆだね任せて、無事帰港し得たのだった、
右腕は未だにこの状態でしてね、実はせいぜい尺八を構え持つのが精いっぱいなのです、艇へ20㍑のガソリン携行缶で燃料補給しますが、右腕では20㍑が持てないですわ、瞬間的には持てなくもない、が、数分間はダメ、そんなことしたら、以後数週間は尺八も持てなくなる、

右腕で身体を支えられない状態で、脚立から→屋根へ這い上り、雨トユの修理ですぜ、高所恐怖症なのに…、
脚立を数段昇ったら、身体がガタガタするのですわ、
そんなダンナを、軽蔑の目で、かみさんが下から見ていましてね、
「変わってあげようか???」って言う、
彼女は身軽ですわ、高い方の脚立(高いのと、低いのと、二つある)にスルスルあがり、最上段に平気で立ちます、が、残念ながら背が低く、脚立の最上段につま立ちしても屋根へ這い上れない、
おもしろがって…
「大丈夫?? あたしが変わってあげようか???」って言う、

アレッ!!!
わたし、今日は、”国家”、の、ことを言おうとオモットッタのだった、
またまた、早くから起きていましてね、
で、コレ(平和安全法制等の整備について - 内閣官房)、読んでいたのだった、
オモロイですなぁ~~~、


| | コメント (2)
|

2015年9月24日 (木)

「勇敢なるスコットランド」 音源付き

シルバーウイークが終わりましたね、
五月のゴールデンウイーク、そしてこのたびのシルバーウイーク、あとは年末年始のお休みだけれど…
年末年始の連休はナンテ言いました???
シャレタ言い方が欲しいですな、

ラグビーがスコットランドに負けたそうですね、
日本は女子の部が強いのだけれど、コレからは女子ラグビーが注目されそうな感じがあるなぁ~、
今の注目選手はどんなお方だろう???
どんなルーチーン・ポーズをなさるのだろう???

“スコットランド“
ココは、わが国の、ある種の、“心の故郷”だと思いますよ、
“スコットランド“の歌は、日本人の琴線にピッタシです、
「蛍の光」はスコットランドの民謡ですしね、
他にも、イロイロあります、わたし、かたはしから尺八譜に採って、吹いて遊んでいますがね、

「アニーローリー」
「故郷の空」
「アフトン川の流れ」
「勇敢なるスコットランド」
などなど…

あぁ、最後の「勇敢なるスコットランド」ですが…
軍隊が進撃する際、部隊の先頭でバグパイプを吹く者が居るじゃないですか、あの時に吹く曲ですわ、
昨夜のラグビー戦でも、スコットランド側スタンドで高らかに演奏されていたに違いない、
コレ鳴らされたら、我が方はもうダメでしょうよ、太刀打ちデケンでしょうよ、彼らは、コレ聴くと、メッチャ勇気が湧き出るようだからなぁ~、

ネットで、スコットランド側の応援の様子を報じたのが無いか探しますが、見つからんです、
この曲「勇敢なるスコットランド」を歌うスタンドの様子を視聴したいですなぁ~、
日本の報道マンはナニをしとるのや!!!
スコットランドの方々の高揚ぶりを報じなくてなんとしょ、日本人は器量が小さいのかな???

今日は、尺八吹いてもエエ時間になったら、ワシャ、この曲「勇敢なるスコットランド」を吹こうと思う、スコットランドにエールを贈りたい、

コレですわ、

| | コメント (0)
|

2015年9月23日 (水)

我が愛する街、兵庫県三木市の歌ですよ、

順不同で並べてもエエのだけれど…
いちばん吹くに難儀だったのがこの曲ですわ、中盤付近でゴマカシ吹きしとる、ナットラン!!!
「負けないで」

次に難儀は
「ほほ笑み」

そして、コレ
「ずっと、ず~と、Forever」

ココまでが、最近の歌ですがね、もっと、古い新民謡がある、
まずは、コレ・代表的な曲
「みき音頭」

三木市は金物の街なのです、ゴルフ場の街だと思っとるお方も多いと思うが…
「三木金物音頭」

と、もう一曲ある、こちらの方が良く知られているみたい、
「三木金物小唄」

最後になりましたが、勇壮な歌をご紹介します、これが三木市の歌だぞ!!!
「三木市歌」

いっきに吹いたら疲れてしもうた、アァ~歳だ~~~、
ダメだ、こりゃ~~~

ホントは、もっと、他の曲を稽古するつもりが、ここまででシンドクなってしもうた、

| | コメント (0)
|

いったん締めくくる

現役サラリーマンから⇒OB生活(隠居)になって、日常を自宅で過ごすことが多くなり…、
玄関のピンポーン訪問、と、☎番に難儀した、
 ピンポーンが鳴って玄関へ出てみると⇒訪問販売や宗教がらみ集会へのお誘いだった、
 ☎がベルベルなって受話器を取ると⇒出資勧誘や、リホームのお勧めだった、

未だにこの状況は変わらない、が、慣れて、ことわり上手になった、
が、相手側もそれなりに上手になっていて、油断ならん、

玄関に設置の訪問押しボタンが半分故障し…、
ピンポーンは大仰に鳴る、が、室内からの返事機能が壊れてしまって、やむを得ず玄関へ顔を出さねばならん、
☎のベルベルには、とにかく受話器を取らねばならん、
難儀だ、

<勧誘者 VS 波平>
 わたしの気持ちが安定し、機嫌が良い時には、やさしく対応、
 機嫌が悪い時には、素見な対応、

昨日は、尺八稽古中に、録音最中に、ピンポーン訪問があった、
家の外壁塗装のお勧めだった、お断りすると、泣きつかれた、
「無料でよろしから塗り替え工事をさせてください」だった、
「コチラさんで塗り替えさせていただくと、周辺で、外壁塗装工事の勧誘がやり易くなるのです、どうかお願いですから“無料”でよろしいからやらせてください」だった、
わたし、コレ聞いて瞬間湯沸かし器になってしもうた、怒り沸騰だ!!!
「わが家をダシにして、お近くのお家へそんなことしたりは許せん!!!」
と、声を荒げ…そうになった、が、が、そこはグッと我慢し、ニコニコ顔で丁重にお断りした、
「工事の勧誘も大変ですなぁ~、が、わが家はこのままでじゅうぶんですわ、ゴメンネ」

向かっ腹がたって、尺八録音がもう続けられなかった、
“三木市応援歌”を吹いて収録中だった、以下の曲群だ、
 「ずっと、ず~と Forever」
 「ほほ笑み」
 「負けないで」
既に収録を終えていた分も、聴きなおすと、荒んだ気分で聴きなおすことになって…
削除したくなり、一気に全部削除した、

わたしの今日の仕事は、この三曲と、次の曲群(4曲)の尺八音収録だ、
 「三木市歌」
 「みき音頭」
 「三木金物音頭」
 「三木金物小唄」

すべてを収録し終えたら、CDに落し採り、コレにそれぞれの(計7曲)の尺八譜面を添えて
⇒三木市文化振興財団へ提出させていただこうと思っとる、
7曲中の4曲の五線譜は同財団が用意してくださったのだった、コレへのわたしなりのお礼のつもりだが、わたしが吹いたCDや尺八譜など“そんなもの”何の価値も無いことは判っとる、
「そんなもん、要りませんわ」と、受け取ってもらえないかも、の、覚悟で持参する、
わたしも又むりやり勧誘の類だろうか???

あぁ、後刻、収録し終えたら、当ブログでも音源アップをしてみたい、
聴く、聴かないは、言うまでもなく閲覧諸氏の勝手、
後は、ボラン訪問先で、吹く機会があればなぁ~、と、思っているがどうなるかはワッカラン、

終活の気持ちがある、
来たる11月中下旬の伽耶院モミジ祭りでの境内ライブを機に、“今虚無僧”活動をいったん締めくくろうと思っとる、この後は純粋に自分の楽しみで尺八を吹きたい、

| | コメント (0)
|

2015年9月22日 (火)

外れるかも…

世阿弥の「花鏡」に“せぬ隙(ひま)”の妙が解かれている、
わたし、コレを、⇒ 間(ま)のことだ、と、思っていた、
音楽でいうと、休止符のこと、だ、と、思っていた、
この理解は間違ってはいない、と、思う、

ひょっとしたら…
絵画にもコレがあるのかも…
たとえば人物画の背景は“せぬ隙(ひま)”に相当するのではないか、

極端に考えると…
アレコレすべてに“せぬ隙(ひま)”はあるような気がする、
たとえば、このたびの参院での安保関連法案強行採決の前の与野党の立居振舞を観ると…
騒ぎ立てる野党議員面々の前で、ドカッと席に座っている安倍総理に“せぬ隙(ひま)”が見えたような気がした、

安倍総理が、この最終局面で…
「みなさん、この法案はデッタイに成立させねばならないのです、どうかご理解ください!!!」
と、大声で叫んでいたりしていたら…
党の党議拘束下に在った与党議員らの中に造反者が出たかもわからんような気がする、
が、安倍総理はドカッと“せぬ隙(ひま)”を決め込んでいた、万感を胸に秘めた姿で…

“ナニかを成す際”には、自分の身体を動かして行う、
が、身体は、コレを行おうと、の、“心”で動かされている、
その“心”は、ナニカのフッとした隙間から生れ出る、
“せぬ隙(ひま)”が“命”を生み出す、ような、気がする、

ナンジャソレ???
おまえはナニを言うとるのか…って、ですか???
音楽の、五線譜の“休止符”のことを言うとるのです、
曲は“休止符”と“音”とでデケとる、…コレは判っていただけますよね、
が、この休止符ですが…
休止符だからその間に音は出ていないのか、と、いうと、コレが実はシッカリと音が出ているのですわ、
休止符中の音です、コレ、を、“伴奏”というのですわ、
セカンド譜と、言うたりもする、
と、コレ、わたしの理解ですがね、間違っていますかね???

いやぁ~、“休止符”を吹くってのは、実に難しいですなぁ~、
友人がメロデイ、と、セカンド譜、を、並べて作曲ソフトに打ち込んで、
⇒MIDI仕立てに整えて、わたしに、
「コレをシッカリ聴いて、セカンド譜の吹き方を勉強セェ~~」
と、指導してくれている、
わたし、そのMIDIを、メインメロデイ・セカンド譜、併記の譜面をみながら、聴いてみて…
なるほど“せぬ隙(ひま)”って、の、は、こういうことだったか!!!
と、目からウロコが落ちた、
ウロコは確かに落ちた、が、わたしの目玉は節穴みたいだ、

ナンノコッチャ??? って、ですか???
早い話が、“拍子ピッタシにセカンド譜を合わせ吹く”コレが未だにデケンってことですわ、

今日の話、なんのことか、ご理解いただけたでしょうか、
“ワッカラン”ですよね、
話しているわたし本人がこんがらがっとるのです、判る方が、むしろ変なのです、

MIDIを何度も何度も聴いています、耳にタコがデケタ、が、未だ、わたし、ワッカラン、
が、何百回か聴いたら、ひょっとしたら、判るようになるかも、
希望的観測ですけどね、
外れるかも…


| | コメント (0)
|

2015年9月21日 (月)

今日はゲネプロの日

“魚釣り”ですけれど、他の人からは “釣りバカ”に観えるのですよね、
「ドコが面白いのや???」 …と、

 魚がハリに掛かって竿が曲がる、やりとりする
 大自然のなかで、1日、ゆっくり過ごす
 釣ってきた魚を美味しく料理して食べる

わたし、(魚釣りの)ドコがオモロイの?? …って、問われても、
サテ、どう返事したものか、…と、悩んでしまう、
いちばんピッタシの返事は、
⇒わたしの“避難所”です、かな…
“逃げ場”“休息場”、自分の隠れ場と言った方がエエかも、
世間様らのイジメから逃げている間、知らん間に、魚釣りの場が自分の安息の場になっとった、

わたしの住まう兵庫県・三木市に“三木市応援歌”って、の、がある、
主題は、この“イジメ”、イジメに負けるな!!”元気を出そう!!! 
 「ずっと、ず~と Forever」
 「ほほ笑み」
 「負けないで」

わたし、 “今虚無僧”の際に使ってみたい、と、思っとるのですが…
吹くほどに哀しくなってしまって、落ち込んでしまう、老人福祉施設で吹くのは難しいですなぁ~、

三木市には、このほかにも、
 「三木市歌」
 「みき音頭」
 「三木金物音頭」
 「三木金物小唄」
が、ある、この他にも、掘りだせば民謡の類などもイロイロあるに違いない、
が、わたし、 “今虚無僧”活動と、“魚釣り”で精一杯だ、キットどなたかが研究なさっとるに違いないが、三木市振興財団のこの種の仕事のお方にもお尋ねしてみたが、情報は得られなかった、

上述の各曲ですが、この場(ブログ)で紹介(尺八音源アップも)デケルけれど、我が町自慢はお聴き苦しいと思うから、やめときましょう、

あぁ、来たる11月7日(土)8日(日)は“三木金物祭り”の日です、
コレは、お越しになるとエエ、デッタイに、オモロイ、楽しい、と、思いますよ、
会場には特設ステージが設けられ、楽しい催しがイロイロ企画されている、特設ステージの差配はFMミッキーがなさっとる、市内で活動している団体は、出演希望を申し出ることがデケル、が、今年の分は既に受付終了しとる、

わたし、今週はやたら忙しいですわ、世間様らは連休で暇だろうけれど、隠居業は忙しいのだ、
お彼岸の墓参りや芸術(?)の秋が本番だからなぁ~、
今日は、地区内公民館・体育館で芸能大会のゲネプロ(本番前のリハーサル)がある、
本番は今週末26日(土)、全市の大会で、“三木市老人会・芸能発表会”、
今日は、わが地区内だけでの本番前のお披露目の場、
わたしは、「カラタチの花」と「靴が鳴る」を尺八1本で素吹きする、
もし、アンコールの声が掛かったら…あり得ないと思うけど、
ら、「さくら貝の歌」を、吹こうかと想っとる、

| | コメント (0)
|

2015年9月20日 (日)

安保関連法案が可決成立しましたね、
民主主義のルール・多数決のルールで法案成立は決まった、
 憲法9条を厳格に解釈しとったら国が守れない…与党、
 安保関連法案は憲法9条に違反している…野党、
多数の与党が勝った、

憲法9条を“超緩やかに解釈する”ことになった、
が、酒やタバコは20歳からのままらしい…
憲法は、緩やかに考えるのだ、“酒やタバコ”など些細なことは縛りを取り去ったらどうや、
税金の徴収だって緩やかに考えたらエエ、年金から採りたてるヤボなことはやめてほしい、
“法律の適用”は雪崩(ナダレ)崩れるかも、かも、と、思ったり…
無免許運転もOK、NHK視聴料も払ってもはらわなくてもドッチでもエエ、
裁判もエエかげんで誤魔化したらエエ…で、悪がはびこり、社会が活性化する(?)かも、
外国(敵?)から護れても、国内部から乱れつぶれてゆく…の、かも、
まぁ~そんなことにはならんだろうけれど…

一昨日の釣果を書いていなかった、
豆アジとツバスが釣れました、マダコは釣り時期が過ぎたようです、
播磨灘二見沖の10番ブイ東のポイントで、メジロが釣れています、
わたし等は、体力的にメジロとのやりとりはシンドイので、岸辺近く(岸辺から約1マイル沖)でツバスを釣ります、潮満からいうと、今週木曜以降~今月末が、ツバス・ハマチ釣りの好機だと思います、
が、わたしはこのところ尺八の用事がやたら増えてしまって、沖へ魚釣りに出辛くなってしもうた、

その尺八商売ですけれど…
商売だなんてウソですよ、アチコチから呼ばれたりする都度、軽四のガソリン代が難儀だ、年金隠居の単独負担で行うボランには限度があります、

さてさて…
わたし、シャニムニ五線譜から尺八専用譜を直し採っていましてね、もうビックリの曲数になっとる、2000曲は確実に超えていますわ、が、これが、事実上無価値になるかもわからんようにな形勢になってきた、
わたし、五線譜を直に読んで尺八吹くことにしようかと思う、
この方が、他楽器と合奏したり、伴奏吹きしたりするには確実に便利だからです、
気が付いたら、知らん間に五線譜がほぼそのまま読めるようになっとるような気がしましてね、
で、ためしてみたら、直読みでも吹けそうな気がしないでもない、
これって、今まで苦労して採ってきた尺八譜が無価値に暴落ってことですよね、
今日は「北酒場」の五線譜直読みにとりかかっていますが、大概の曲のメロデイはウスボンヤリではあっても、すでに頭に入っとるじゃないですか、で、ボヤ~と、五線譜眺めながら吹くだけのことになる、
とか言いながら、実戦の場(本番)では、未だしばらくは尺八譜を用いますがね、

| | コメント (2)
|

2015年9月19日 (土)

申し訳ないなぁ~って思っとる

阪神淡路大震災の時の復興支援歌「しあわせ運べるように」の尺八譜を調整し、仲間らと、吹き合わせてみて…
“むつかしいなぁ~”って思った、
尺八で合奏するのはあきらめた方がエエかも…と

仲間らは地歌の世界にどっぷり浸りこんでいますのでね、五線譜曲は苦手なのですわ、
わたしも、根っこは地歌です、五線譜世界を覗き見しよう、と、努力はするけれど、ヤッパ苦手意識はぬぐいきれない、
が、断念したわけじゃない、音楽の基本は“気持ち”だ、下手上手は横に置いて、気持ちで吹きます、
今のところ、合唱断行のつもりですぜ、
どうなるかワッカランけれど…

<と、ここで、すこし横道へ脱線…>

わたし、常は“尺八吹奏ボランティア”で、住まいの三木市内で老人ホームなどの福祉施設を周っとるのですが、
実は、三木市にも、“元気を出しましょう”の歌がある、
昔の歌では…「三木音頭」・「三木金物音頭」・「三木金物小唄」
今様歌では…「負けないで」・「ほほ笑み」・「ずっと、ずっと、Forever」
この内の、
最後の曲「ずっと、ずっと、Forever」ですが、園田涼さんの作曲です、
園田さんは、未だ30前のお方で、三木市出身です、氏が通っていた小学校は我が家もその校区内ですわ、
氏のご実家は我が家から歩いてホンの数分の位置だと思う、存知あげませんけどね、

園田涼さんのこと、(当ブログ閲覧中の)みなさんはご存知ですか???
綺麗な曲をぎょうさん作曲なさっとますよ、
辻井伸行さん、と、、園田涼さんは、我が国の宝でしょうなぁ~、
園田涼さんの曲に「あぜ道」ってのがありますが、わたしが常に散歩しているあたりの歌だと思いますわ、

「三木音頭」・「三木金物音頭」・「三木金物小唄」は、すでに、わたし、尺八譜に採っています、
が、「負けないで」・「ほほ笑み」・「ずっと、ずっと、Forever」は未だ採れていない、
園田涼さんの曲のアレコレも、尺八で吹いてみたいが尺八譜に採れとらん、採りたい、
五線譜が観たいなぁ~、
で、今日はまた、
図書館へ行ったり、三木市文化会館(三木市文化振興財団)を訪ねたりしようかと思っとります、
年金生活だ、お小遣いが無い、申し訳ないがタダでみせて欲しのですわ、
ホント、申し訳ないなぁ~って思っとるのですよ、

| | コメント (0)
|

2015年9月18日 (金)

伴奏譜

昨日、また、図書館から「本」を借り出した、
<ピアノ伴奏付>「日本童謡唱歌全集」足羽章編
全270曲収録、

わたし、すでに主な童謡唱歌は、都山流・鈴木帝山編「尺八童謡歌謡曲集」を中心にして…
コレに収録されていないのはアチコチから…
又、自分でもキタナイ手書き譜だが尺八譜に直し採って持っている、
が、
上述・「日本童謡唱歌全集」足羽章編を、開き観ると、知らなかった曲がだいぶあった、
借り出し本だ、2週間後には返還しなければならん、それまでに、できるだけ尺八譜へ採取しようと思っとる、

この「本」を借り出したのは、実は“伴奏が付いている”からだった、
どの曲も完璧な伴奏譜が添えられている、
「本」の編者・足羽章氏が付けられた伴奏だろうか???
そうじゃないと思う、足羽章氏は忠実に原曲を取集されたのだと思う、
わたしは、それぞれの曲が、どういう伴奏の元で生きてきたか、コレを知りたいと思ってこの「本」を借り出したのだった、

ここで始めて出会った曲がある、これはこれで面白い曲だなぁ~、と、思う、
が、中心は、すでに既知の曲の、伴奏のありように興味がある、

「赤ちゃんのお耳」という曲がある、
この曲は、わたしが小学校入学前の、幼稚園(?)で習った初めての歌だ、
終戦直後の疎開先でのことだった、
当時、幼稚園があったわけじゃない、小学校入学前の数日、子供らを学校へ慣らすために父兄同伴で集められた時だったように記憶するが、詳細は定かでない、が、とにかくわたしが最初に習った歌はコレだった、
場の様子を未だに思い出すことができる、前後のことはなぁ~んもわからんが…

今までこの曲の五線譜に出会えなかった、で、うろ覚えのメロデイを自分で尺八譜に直し採っていたが、今、「本」を開き観てピッタシだった、
なんだか妙な言い方だが、わたし、今までの75年間、ひょっとしたら、このメロデイのなかで生きてきたのかなって思う、

セカンド譜が添えられ、しっかりした伴奏が付いていた、
スゴイ曲だ!!!

今日は、これから魚釣りに出るつもりだが、午後には時間はわからんが帰宅する、
またまた、この曲のページを開き、五線譜から湧き出る曲に、幼児のころを重ね遊ぼうかと想う、
コード吹きがデケンのが残念だ、
尺八は一度にひとつしか音が出せんからなぁ~、

| | コメント (0)
|

2015年9月17日 (木)

「からたちの花」


来週月曜、地区内公民館・体育館で、我が自治会老人会の“芸人代表(?)”で、尺八を2曲吹くことになっとる、
「からたちの花」「靴が鳴る」を吹こうと思う、
で、5日後の土曜日に、三木市吉川公民館であって三木市老人会の芸能発表会がある、ココが本番でしてね、同じ曲を吹くことになる、
ついで、この流れの中ってことになるのだと思うが…
10月にもまた地区内十三の老人会で芸能発表会が催され、わたし、知らん間にここへもエントリーしとることになっとったらしい、昨日、老人会長さんから“ナニか吹け”と命ぜられた、
「ナニ吹きますか」と、会長さん、いきなりの問いかけだった、
「さぁ~、どうしましょう??」と、わたし、
「10分間しか無いのやけど…」と、会長さん、
「10分もあれば充分や…」と、わたし、知らん間に、出演に同意してしもうたことになった、
「10分だけやったら嫌や、と、断わられるかもと心配しとった」と、会長さん、
「ほな、気分でナニか吹くってことでエエか」と念押しがあって、「ハイ」と返事、

10月の分は、ナニを吹くか、コレから考える、
が、来週分の2曲はすでに曲名を届け出てある、
頑張らねば!!!!

| | コメント (0)
|

芋粥釣り

雨が降ったり止んだりだ、昨日も、今(9月17日・午前4時半)も…
今日の雨はこれからダンダン強くなるようだ…

気象庁の雨雲レーダー・ライブ映像を、常に空模様と対比しつつ
…沖の波の様子などを思い浮かべながら…
四六時中空を仰いで観察していますのでね、…他にすること無いのか!!!

(他には尺八吹くだけだ、尺八吹いては、魚釣りを想い、空を仰いでおるってことですわ)

で、昨日のことですが…、
午前11時前には、雨雲が途切れる時間帯がありそうだ…と、雨雲ライブ映像が言うているような気がした、

播磨灘の潮行き(潮流予測図)と重ね合わせると、午後12時半過ぎから絶好の潮行きになると読めた、

冷蔵庫から冷凍保管中のパンを少し取り出し、買い溜めバナナを1本もぎり取って、艇へ走った、
沖へ出たのがPM12時半ですわ、ポイントで暫時潮が動き始めるのを待ち、
潮が動き始めて、予側とおりのポイントにナブラが出始め、仕掛けを投入したら、即、マルアジが釣れた、
ハリス5号のサビキ釣りです、
と、いきなり強いアタリがあって、糸がナンボでも出る、巨大なエイがかかったようだ、
それから15分間ほどチカラ任せの綱引きをやったが、とうとうハリスがブチ切れて逃げられた、

30㎝ほどのマルアが、ハリス4本のサビキ仕掛けで、1度に2尾3尾と釣れるので休む間がない、
2時間ほど釣って竿を納めた、4・50尾は釣ったと思うが数えるのも面倒だった、

艇の周辺はナブラだらけで、カモメが何羽も舞っていた、
カモメらは、海面から跳ねあがるご馳走に夢中になっとる、小イワシや豆アジをとっ掴まえる、

小雨が降っとって、周辺見渡しても水平線と地平線だけで、他にダ~レも、1隻も居なかった、
もう竿を納めようと思いつつ、竿を出してしまう、と、釣れる、
ナンボでも釣れる、
魚釣りをやっとると、時にこういうことが生じるのですよね、
釣って、かたはしから生簀へ放り込みます、
が、釣り過ぎて、生簀のなかが酸欠になったみたい、せっかく釣ったマルアジが、酸欠でひっくり返ってしまった、
コレに気が付いたのが遅かった、
帰宅後刺身にして食ったがけっこう美味しかったですよ、

当分の間、わが家は、アジばっか食っとることになりますなぁ~、
活〆しとらんマルアジですわ、他家へ差し上げるのも失礼な気がする、自分で食いつくすしかない、
とか言いながら、事情を言うて、だいぶアチコチへ貰ってもらったですがね、
そうまずくはないですよ、結構おいしいのですよ、
が、そのうち食い飽きるでしょうな、芥川竜之介の短編小説に「芋粥※」ってのがある、コレを想い出した、

※ 「芋粥」が大好きで、生涯に1度は飽きるほど食ってみたい、と、おもっとッた男が、実際に大量の芋粥を目の前にして食い気が失せた、って、筋立ての小説、

あぁ、播磨灘の海は、もう、冬支度が始まっています、海苔網敷設の用意が始まっています、

| | コメント (3)
|

2015年9月16日 (水)

スリップ・スリップ

60年前の自分に戻ってみた、タイムスリップ、

昨日、母校(高等学校)に隣接した地区の自治会館で尺八仲間らと出会う機会があり、ついでに、60年ぶりに母校を訪ねた、
往時は、山陽電鉄で通学していたが、今は、その駅舎は地下鉄駅になっており、位置も移動している、
周辺は阪神淡路大震災当時破壊されつくした区画でもあり街並みの様子も変わっている、地下鉄駅を降り、地上へ出て暗然とした、しばしたたずみ、思う方向へ足を運んだ、
ナニか記憶に残るものはないだろうか…無かった、

母校のある位置は判る、歩むべき方向は判っている、
方向に間違いはないはずだ、が、見覚えのある道ではない、
と、歩んでいる間に方向がわからなくなった、路に迷った、
高齢老人がユックリ歩いておられて、
「○○高校へ行きたいのですが、どのあたりになりましょうか???」
「いっしょに参りましょう、わたし、その前を通って家へもどります」

道々、街の変わりようのことなど語りあった、
「ほら、ココが”○○高校”です」と、老人、
まったく見覚えのない洋風建物の前だった、
いっきに別世界に迷い込んだ、

老人と別れて、校内へ入ってみた、がらんとした校内だった、誰にも出会わない、
わたしの記憶するものはナァ~ンも無い、
それでも位置関係がおぼろにわかってきて、どうやら校舎は往時の位置から少し南側へ移動して立て直されているようだと思えてきた、
往時は、図書館は、校舎から離れた少し小高いところに別に建てられていた、
白い綺麗な建物だった…記憶を追って校内の小高い場所を探すが、ワッカラン、

ダァ~レも居ない、出会わない、9月15日・火曜日の午前10時半だ、変だ、ナンカ妙だ、
と、校舎のすぐ横をあるいていたら、声が聴こえた、窓から覗くと教室だった、授業中だった、
授業時間中だったわけだ、で、校舎の外周辺にはダァレ~も居ないのだった、

校舎内へ入り事務室を訪ねた、
「あのォ~~、わたし、この近くに用事があって、ついでに60年ぶりに母校を訪ねた卒業生ですが…」
女性事務員がビックリ顔で応対してくれて、
「ご案内させていただきましょう…」
「さっぱり様子が変わってしまって…たしか別棟で図書館がありましたが、アレも無くなりましたか???」
「あぁ、あそこだけが昔のままです、もう図書館には使われてはいませんが…、どうぞ、こちらです」
案内されて、石段の下に着き、上を指さし「ホラあそこです」と事務員、

記憶の中では白い大きな建物であった、が、意外と小さな建物だった、
わたし、往時は幾度も授業をサボッてココへ入り込んでいた、故意に授業をさぼったわけじゃない、気が付いたら休み時間が終わって次の授業が始まっていて、教室へ戻るに戻られず、そのまま図書館で過ごしていて、で、たびたび補導されたのだった、
わたしは、この頃が、いちばん読者癖が強かった、小説類もアレコレ読んだような気がするが忘れた、記憶に残るのは生まれて初めて「本」にショックを受けた時のことだ、「共産党宣言」を読んで、ビックリしったのがこの図書館でのことだった、で、夢中なったりしたのだった、
不思議なことだ、なぜ、この高等学校にマルクス・レーニンの関連図書が仰山整備されていたのだろう、ひょっとしたら、先の大戦当時から既に整備されていたのだろうか???

思い出すなぁ~、わたし夢中になって、「本」を借り出し自宅で読みふけっていて…、父が、息子が“赤に染まった”と仰天し、ものすごい剣幕で怒った、父は本気で怒っていた、
わたしは、以来、この種の本から遠ざかった、わたしの人生はこの時“方向が”ネジレタのかもしれない、
なんか“バカバカしい”気分、この気分は、以来、わたしの終生の習い性になってしまった、
未だに、ナニゴトかに出会うと“バカバカしいことだ”と、思ってしまう、で、投げ出してしまう、

石段を上がって図書館へ着くと、なかから女性コーラスの声が聴こえた、入ってみると、ピアノが置かれ30名ほどの中年の女性が合唱の稽古中だった、発声練習中だった、声を聴いて、指導者が発声の注意・指導をなさる様子を観ていて、自分のある種荒んだ気持ちが和んでゆくのを感じた、嬉しさがこみ上げてきた、
ここは、どうやら“本気の場所”のようだ、と、思った、
練習の邪魔をしてはならん、と、思った、
わたしに気付き、練習中の数名が会釈された、わたしは、静かに答礼し、場を去った、

学校を去り、尺八仲間らと学校に隣接の地区自治会館で尺八の稽古をした、「しあわせ運べるように」の尺八3部合奏の稽古だ、
仲間らは皆同年配の後期高齢者らだ、この曲は、(本格的音楽には縁のない)ド素人の尺八ヅヅイらには、難しすぎる曲かも、尺八譜の整備はわたしが某氏の指導の下で行った、が、まだまだ修正すべき個所が多いようだ、

タイムスリップから、今に戻ってみれば…
戻れとらんなぁ~、
未だに、スリップ・スリップのど真ん中、と、そんな気がしてならん、


| | コメント (0)
|

2015年9月15日 (火)

来週は秋のお彼岸

昨日は、某・特養で“今虚無僧”の日でした、

アチコチの老人(福祉)施設へ出掛けて尺八吹奏ボランティア(“今虚無僧”)やっとりますが…
“特別養護老人ホーム”での活動が、いちばん難しいですなぁ~~、

“特別養護老人ホーム”にも、イロイロあるような気がします、
昨日出向いていた特養は、介護度の高い方々が多い施設でした、ホントなら療養施設(病院)でお世話すべき方々も、ココでは特別態勢を用意し、対応なさっとりましてね、実は、わたしの母もココにお世話になっていたので、よく知っているのです、

介護度が天井に突き当たってしまった、コレから先は、お彼岸へどうぞ、の、方々も、職員の手厚い介護で、部屋を出て、尺八を聴きに広間へ出て来られとる、

わたし、ダジャレ言いながら、設営し、
挨拶も自己紹介もナァ~ンも無しで、約1時間、童謡唱歌を吹きます、
みなさん、けっこういっしょにお歌いになりますですよ、
大きな声では歌わない、つぶやく様な感じで…
口も動かさず、ただ身体のどこかが…注意して観察すれば、で、ですが、歌にあわせて拍子とっている、
これを、歌っておいでだ、と、言わずしてなんとしょ!!!

昨日は、こういうご老人らが約50名でした、

みなさん、わたしを観ておられる、視力が有るのか無いのかわからんが観ておられる、
わたしも、できたら、個々に視線を合わせたい、
わたし、できるだけ皆さんと1度は個々に視線を合わせるようにしていますがね、視線が合うと、能面だったお顔がやわらかく解けます、うれしいですなぁ~、コレ、ボランティア冥利に尽きますですよ、

道具を出して、設営しているとき、「おとうちゃん…」と、ツブヤキながらわたしに抱きつこうとなさったバァチャンが居られた、職員のお方が制せられた、が、わたし、軽くバァちゃんを両手で迎えました、
職員さんが、「おとうちゃん(ご主人さん)と間違われいるのです…」と、おっしゃった、
このバァチャン、きっと、いつもご主人と一緒にお過ごしなのでしょうなぁ~、これって、錯覚の世界でしょうかねぇ~、そうじゃない、コレがホントの現実の世界でしょうよ、

あぁ、今日も夜が明けてきた、今、午前6時15分前、
来週は秋のお彼岸でしたね、

| | コメント (0)
|

2015年9月14日 (月)

許せんですなぁ~~

救援物資が届けられても、ソレを狙う泥棒が居る、
あたかも救援物資を届けに来たような顔をして空の車で乗りつけ、持ち去ってしまったりする、
その荷を、被災地から盗んできた物資だと知りながら安値で引きとる者が居る、
被災地の救援物資や、三食をあてに、路上生活者が集まってくる、

大雨による堤防決壊で被災されたお家へ、避難所に移られて留守になっとるのを幸いにドロボウが入るそうですね、

被災者の方々は、やがて自衛団を組織し、留守になっとるママの被災地を巡回し、救助物資の管理を自分たちで行うようになりますわ、
もう、そうなっとる頃かな…
警察やボランティア任せにデケン気持ちが膨らんでくるのです、
被災地を歩く者らが皆怪しく見えてくる、
観光目的に写真機もってうろつく人がおられますからなぁ~、許せんですなぁ~~、

わたし、わかりますわ、
20年前の阪神淡路大震災時の、神戸の街がそうでしたから…

わたし、当時はまだ市の職員でした、
で、避難所の管理のお手伝いなどを命ぜられて従事しとった、ボランティアでやっとったわけじゃない、市の職員のひとりとして避難所管理の手伝いをしとった、結構激務でしたよ、ぶっ倒れて1週間ほど寝たきりで、で、起きて即現場復帰で、で、突発性難聴になってなってしもうて…が、これで休んだことないよ、

あぁ、避難所は市が管理しますが、それはタテマエのこと、実質上の避難者管理はそこへ避難してこられた方々が中心になります、住民らによる自主的な運営です、純粋無垢な住民自治の世界が生まれます、
避難してこられた方々は、自主的に自警団を組織され、互いに助け合って救援物資などを“かすめ取られ”ないよう寝ずの番をされたのだった、市内には幾か所もの避難者が開かれていた、が、どの避難所も同様だったのではないかな、
わたしは、某・区内の3か所の現場避難所をお手伝いしただけだ、他の避難所のことはあまり知りません、

大地震で発生した火事で燃えてしまった自宅だが、ナニか残っていないか、と、みなさんは自宅の跡地を幾度も幾度も訪れるのだった、が、めぼしい物は、盗まれていた…

大災害が発生したら、大勢のボランティアが駆けつけます、
ボランティアの力があってはじめて、復興の緒につける、コレは間違いない、
が、被災地を援助する仕組みは、未だ未成熟だ、
ホントは、いちはやく自治体や政府が、特別法の元で、ある種の戒厳令の保護の元で、超法規的に緊急時の対策を嵩じなければならんのだろうと思う、
が、今は、避難勧告・避難指示だすくらいでしかない、避難所の扉を開けて避難民らを受け入れるだけだ、
避難された方々の留守宅は、ほったらかされたままだ、

安保法制の整備を論じている今、なぜ、自然大災害発生時の特別法整備の必要性が話題に上がらんのか、わたしは不思議でしょうがない、
“生活のムニャムナヤ”、とか名乗る党があったりするじゃないですか、が、どこを向いているのかなぁ~~、
あぁ、東日本大震災発生の際、この地を地盤とする有力な国会議員がどう動くか気になったりしたけれど、どこへ隠れたのか長い期間所在がわからんかったのでしたよね、
ナヌ!!あのお方、ムニャムニャ党に…???

「しあわせ運べるように」…阪神淡路大震災時の復興支援歌
「花は咲く」…東日本大震災時の復興支援歌
今回の大雨災害の歌…どんな歌が生まれるのだろう、

明日・15日は、神戸市邦楽クラブの稽古の日、
面々は来る11月8日の「相楽園」での定期演奏会へ向けて猛稽古(?)中なのだ、
で、ここで、15日から「しあわせ運べるように」の稽古スタートだ、
この曲の混成4部合唱譜を、許しを得て、わたし、尺八3部合奏譜に採りましてね、
全員で合奏のつもりです、が、難しすぎるかも、3部合奏が無理なら2部合奏、それも合わんようだったら、1部だけを全員で吹くつもりです、
尺八趣味の者らには、五線譜曲が極めて難しいのです、難儀ですなぁ~、頑張るつもりですが、どうなるかワッカラン、

| | コメント (0)
|

2015年9月13日 (日)

釣りは、この世界

ネッバコイ雨ですなぁ~、気象庁の雨雲レーダーで観ると、今、北海道を覆っている、
札幌あたりが強い雨雲で覆われている、利尻島・礼文島・稚内・宗谷の空に分厚い雨雲が迫っている、
河川は大丈夫か、尻別川・石狩川・留萌川・雨塩川…湧別川…
オホーツク海側・太平洋側へも大雨は降るだろう、函館・室蘭あたりにもだいぶ降りそうなレーダー雨雲がある、
あぁ、わが家・近畿地方も未だ雨模様で、現に雨が降っとる、が、午後からが止みそうだ、

潮満の良い日なので沖へ魚釣りに出たいと思っていたが、この天気での釣りは辛い、中止とする、

今週以降月末までに計8日間は尺八の用事がある、尺八三昧の隠居生活だってことだが、今は、絶好の魚釣り時期でもあって、気持ちが騒ぐ、今期は未だにハマチ1本獲っておらん、

尺八関係の仲間らが、わたしの釣り趣味を知って、釣れて行け、と、言う、
釣り仲間が増えるのは願ってもないことだが、わたしの魚釣り趣味は、“病膏肓に入る”の類になっとって、そう易々とド素人が付いて出て真似デケルようなものじゃない、が、ソレ言うても判ってもらえんだろう、

ベタ凪の日を選んでお連れしようかと思うが、なかなか日程が合わない、

そもそも、魚釣りに出ようのことなら、他の用事やアレコレは捨て去って、魚釣りに突進の心構えが必要だ、
が、まずこの段階で、多くの方々は間違っとる、
わたしなんぞは、潮満の良い日は、初手から尺八ボラン要請があってもお受けしとらん、
潮満の良い日は既に予約アリの印を予定表に書き込んである、

魚釣りの世界は、現世とは、ある種離れた彼岸の世界でもある、
言うなれば現役とOBの世界の違いと言うてもよかろうかと思う、
とか、いいながら、わたしは、サラリーマン現役の頃から、魚釣り趣味にドツプリ浸かとった、
わたし・波平は、現世から逃げつつ、魚釣りに過ごしきた気合の入った(?)オッサンである、今やヅヅイになってしもうたが…
って、ことで、ド素人氏らが、そう易々と、わたしについて魚釣り世界に入れると想ったら大間違いだ、

アレコレの予定の隙間に、わたしからの魚釣り案内があれば応じてみてもよい、
と、その軽い覚悟(?)が、が、
わたしから観れば、魚釣り人の、ありようからは外れている、
魚釣りは、いわゆる“釣キチ”の世界なのだ、

魚釣りは、古来より、大昔から…、現世逃避の場であった、
これから、魚釣りを志そうの者らは、まず、この基本(?)から入るべきだ、
…と、想う、この頃である、

老いて、怠惰な日々の中、フト横を観れば、魚釣りヅヅイ・波平が居った、
“連れてってもらおうかな”の、気持ちが、押さえ得なくなった…
“ナニモカモほったらかして”
と、こういうお方をお連れしたいのだよなぁ~~、
釣りは、この世界なのですわ、

| | コメント (2)
|

2015年9月12日 (土)

緊急時のこと

淀川が決壊したら大阪はアッと言う間に水浸しなって都市機能はマヒするみたいですね、
どうしますか!!!
淀川もパンパンの状態でヤバかったのではないのかな???
大阪って地形は、大昔は海だったり、巨大な湖だったりが陸地になったところでしょう、

大地震で、津波で、と、思っていたら、ら、なんと空からの大雨で河川氾濫で、大惨事だ、

昨日は、竹友らと、11月の定期演奏会に「しあわせ運べるように」を吹こうと相談し稽古しとった、
1部2部3部の合奏を試し吹きしたりしたが、この曲は阪神淡路大震災の時の震災復興歌ですわ、
で、仲間らと「オイオイ、今度は地震じゃなく大雨災害やなぁ~」などと話ししたりした、
この曲には、中ほどに、地震発生を模したビックリ音を出す箇所があって、尺八でココをどう吹くかが課題のひとつなのだけれど、大雨の堤防決壊の音ってのは、どんな音で表現しますかね、

いやまったく無残ですなぁ~~、
TVの実況中継を観ていましたが、大きな豪邸がオモチャみたいに水に流されている、
ヘリコプターが飛んできて人を綱で吊るしあげて救助しとる、
ヘリコプターが飛ぶに電線がジャマでしたなぁ~、
なんで、まず電線を切り落としてから救助しないのか、って、思いましたが、勝手に許可なしに切ったりしたら、コレはこれなりに、後日、責められることになるのでしょうなぁ~、
早急に、こういう場合(ヘリコプターによる救助活動のため)には、電線は切ってよろしい、の、法整備が必要でしょうよ、安保法制の整備も必要でしょうけれど…

ヘリコプターですけれど、操縦の上手なヘリと、なんかモタモタしとるヘリとがあった、
ヘリの性能ですけれど、こういう救助活動に特化した機種が望まれます、
オスプレイが飛んでくるかもと思いましたが、飛んでこなかった、

犬を抱っこして救助されたお方もあった、このことで、アレコレの意見があるようですね、
わたしなら、どうするかなぁ~、と、想うのですが、抱っこしていっしょに生死をともにするだろうと思いますよ、
その場にならんと、ホントのことはわからんけれど…

もう随分前の話になりますが、若い衆とふたりでボートで外洋(トカラ遠征)へ出ていて、帰路、九州と四国の中間の豊後水道南方航行中に台風発生を知り大急ぎで母港へ向け帰還中、母港直前で台風に追いつかれ、大しけの中でメーデー(SOS)を発信したことがありました、(大丈夫だと思っていた艇燃料が切れてしまった)、
若い衆は、救命胴衣を着けなかった、なんぼ、着けるように言うても大丈夫艇はひっくり返らん、と、言うて着けようとしない、わたし、とうとう本気で怒鳴りました、
「ワシャもう充分生きた、おまえはまだ若い、お前を死なすわけにはいかん!!!」
彼、ビックリ顔で、救命胴衣を着けてくれた、
彼ですが、こんな時化では艇はひっくり返らんと、わたしを安心させよう、落ち着かせようと思って、故意に救命胴衣を着けなかったのです、わたし、コレが嫌というほどわかっとった、が、わたし、この時は本気で怒鳴りました、

救助船に曳航されて、母港へ生還しました、
思い出すなぁ~、母港桟橋で仲間らが出迎えてくれていた、
わたし、艇の拡声器から、凱旋ミュージックを高らかと鳴らして接岸した、

♪♪むかしむかし浦島は、助けたカメに連れらてぇ~、龍宮城へきてみればぁ~♪♪

※右サイドバー・姉妹サイトに「トカラ周航記」


| | コメント (0)
|

2015年9月11日 (金)

わしゃバカだ、これ間違いない!!!

関東平野や東北地方南部に降った大雨は、今、9月11日午前6時の気象庁・雨雲レーダーサイトで観ると、降り止んでいるような気がする、鬼怒川の水位は下がったでしょうかねぇ~、

鬼怒川は利根川の上流に当たる、
ってことは、濁水は、千葉・茨木の県堺の銚子・犬吠埼(利根川河口)から鹿島灘へ流れ出ることになる、
濁水は九十九里浜へではなく、鹿島灘へ流れ出るでしょうよ、

第三管区海上保安庁のサイトを観ると、黒潮が犬吠埼沖20マイルを約2ノットの速さで東北東へ流れている、
東北東より幾分か北寄りに流れているようだが、北陸沿岸への影響はまずなさそうだ、
濁水と一緒に大量の大型浮遊物(ゴミ)が流れ出ているに違いないですからね、漁船などへの影響が半端じゃないと思うのですよね、
特にプレジャーボートは、しばらくは東京湾内や、犬吠埼周辺へは出ない方がエエ、プロペラが異物を噛んでエンジンをぶっ壊す恐れがある、わたし幾度もこの難儀に泣いている、

念のため、同上サイトで、東京湾環境保全調査のページを閲覧するが、8月上旬のデーターしか出とらんですな、
このたびの大雨による東京班への影響調査が出るのはだいぶ後のことになるのかなぁ~、
心配ですなぁ~~、

湾内の水質調査は、原油輸送の大型タンカーの事故などでの大量の油の流出にかかる調査が中心になっとるようで、このたびのような大雨による河川からの濁水やゴミのことは、調査の対象からすこし外れているみたい、特段の備えがないのでしょうか???
瀬戸内海・播磨灘では、水産庁の特殊船が海に浮かぶ大型浮遊物を掃除しているようですがね、
東京湾内へ流れ出たゴミは、このたびは半端じゃないと思うなぁ~、
東京湾は完全な閉鎖海域だ、湾内に流れ出たゴミは湾内の船舶航行に邪魔し続けることになると思いますよ、

わたし、自艇(28ftプレジャーボート)で単独日本1周航海しとりますのでね、海流や、海に浮かぶ大型ごみのことが気になって仕方がないのです、

あぁ、わたしの魚釣りテリトリーは瀬戸内海・播磨灘ですが、ここも、このところの大雨続きでサッパリですわ、
濁っていましてね、で、先日沖へ出たら、とてつもないドデカイ・クラゲが居ましたよ、ビゼンクラゲです、
気持ちが悪いですなぁ~、汚れた海では釣趣が萎えて、面白くありません、

今日の播磨灘は晴れでベタ凪です、が、釣りに出るのはイヤですわ、
今日も、又、尺八吹いて過ごしますわ、懲りない、と、いうか、バカだというか…
終日、とぎれとぎれに休んでは、思いに任せてプー・プー吹いとるのです、1日中です、
やっぱ、バカだと言うしかないですな、


| | コメント (0)
|

2015年9月10日 (木)

「大利根無情」

利根川水系が決壊するのであろう、と、わたし心配していた、
今それが現実になったようだ、鬼怒川が決壊し、民家が濁流に押し流されている様子が実況中継されている、
無残だ!!!
どうしたらよいのだ!!!
救助ヘリコプタの動きがもどかしい、

わたし、胸がザワザワする、落ち着いておれん、
利根川が暴れとる!!!

利根川を歌ったのに2曲ある、その内のひとつ、「大利根無情」を2尺・地無し管で吹く、
わたしに、今、できることはコレしかない、

「大利根無情」

| | コメント (0)
|

どうなっとるのかなぁ~

今、9月10日午前4時、来週は秋の彼岸、夜明が遅くなって外は未だ暗い、
…の、なか、関東平野・栃木あたりで台風18号によるスゴイ雨が降っているらしい、
ひょっとしたら今日のニュースはとんでもないことを報じるのではないか、

関東大震災がいつまた襲って来るかは、いつも話題になっとッる、
が、大雨災害は想定外だったのでは???

報道機関はナニしとるのだろう、今、雨が降っている全域が利根川流域だぞ!!!

利根川は、昔は、東京湾へ流れ込んでいた、が、江戸時代以後人工的に流れが捻じ曲げられて千葉と茨木の県境・銚子市から直に外洋へ流れ出ている、流域途中に霞ケ浦がある、今、このあたりはどのような様子だろう???
報道機関は報じない、ナニやっとるのだろう???

東京湾は完全な閉鎖水域だ、荒川・多摩川など1級河川の様子はどうなのだろう、全量が東京湾へ注いでいる、
東京湾はこれら関東平野全域から流れきた雨水やゴミを受けきれるだろうか???

東京湾はスッゴク濁ってきたのではないか???
濁水と共に多量のゴミが流れ混んで、船舶の航行に支障が出ているに違いない、
浦賀水道は航行可能なのだろうか???
報道機関は、JR駅の混雑や、街中の様子をあるいはヤラセかとも思える画像にしつらえて報じるが、東京湾の様子は報じない、大丈夫なのだろうか???

大都市では街なかで小川の流れを観るなんてデケンですよね、小川は完全に蓋をされ、小川の上は道路になっとる、建物が立っていたりする、人々は川の流れを忘れている、
が、今、その地下に押し込められた川は、はち切れそうになっとるに違いない、
大丈夫なのだろうか???
報道機関は街中のマンホールの蓋がボコボコと水を吐き出す様子しか報じない、
トンデモナイことが生じなければよろしいが…、

兵庫県三木市のわが家は静かですわ、雨は降り止んでいます、
春子(愛犬・未だ子犬)もスヤスヤ寝とる、
このたびの大雨で、また、雨漏りするだろうと思っていたが、大丈夫だった、
が、
ここしばらく大雨が断続的に続いたせいで瀬戸内海・播磨灘は濁ったままになっとって、魚釣りするにイマイチ気分がよくないですわ、来週半ばにならんとダメだと思うなぁ~、
あぁ、瀬戸内海も閉鎖海域です、特に播磨灘はこの性向が強い、大雨で海水の塩分濃度も下がっているのではないでしょうかねぇ~、魚魚やタコタコらも往生しとると思いますよ、

今日は、ナニして遊ぼうかなぁ~、
尺八吹くしか、他にすること無いのだし…
仏壇のご先祖らも,
「またまた尺八吹くのかよォ~」って言うかもな、

| | コメント (0)
|

2015年9月 9日 (水)

「しあわせ運べるように」(試作・尺八3部合奏譜の試し吹き)

遊びの類ですから、あまり真剣にお聴きいただくと往生しますが…
「しあわせ運べるように」を、尺八8寸だけで吹きこなすことがデケンか、の、挑戦です、
以下の吹奏譜は、わたしだけで調整したものではありません、わたしには未だ力が及ばない部分がある、友人の力を少し拝借して、今、調整途上のあるものです、
どんな具合か初回の試し吹きです、上述の助っ人・友人への、メッセージのつもりもあって吹いています、
途中の吹き誤りは聞き逃してください、

「しあわせ運べるように 1部」

「しあわせ運べるように 2部」

「しあわせ運べるように 3部」

これを、実際に3管で合奏するとどうなるでしょうなぁ~、
実は、30名ほどでの大合奏をかんがえとるのですが…

| | コメント (0)
|

社会の断面

「…二度とこのようなことが起きないよう原因究明と再発防止を徹底していきたい」
決まり文句ですよねぇ~~

司法試験…で、これを聞こうとは思わなんだなぁ~~

で、一件落着したら、ら、
「…(忘れないよう後世に)語り継がねばならない」

責任とって辞職せよ、と、迫る場(記者会見)に、
「正常に戻すことが、コレからのわたしの責任の取り方だ…」

訴追されたら、
「未だ訴状を見ていないのでコメントできない」

隠れ逃げる手もある、
「所在がわからず本人と連絡がつかない…」

とっ捕まって、ブルーシートで囲われて警察車に乗せられ、顔を上着で覆い隠す、
このあたりで第一幕の終りかな、

第二幕は、
「○○✖✖であることが、警察からの情報であきらかになりました」
警察が情報を小出しにして、マスコミを操る構図、
否、一般市民社会を警察はこうして操っとる、

司法試験の試験問題漏えい事件、石川五右衛門も真っ青だね、
「浜の真砂は尽きるとも、世にドロボウ(盗人)の種は尽きマジ」

いちばんの大泥棒は、“天下取り”でしょうな、
安倍総理が、また、安倍総理になったのですよね、再選された、

野田聖子氏が頑張ったがダメだった、アカンかった、
彼女が撤退の記者会見でみせた顔ですが、政治家然とした顔だったですな、ヒラリー氏や、メルケル氏や、クネ氏に等に、まけとらん顔です、彼女、これからどのような要職につかれますかねぇ~~、

雨、よう降りますなぁ~~、
気が狂ったように降りますな、大丈夫でしょうか???

我が家の三木市にも降っていますが、飼い犬・春子と朝の散歩ができました、春子はスッゴイお転婆で、雨の中でも駆け回るのです、

「しあわせ運べるように」の尺八譜調整に未だに取り組んでいます、
調整し終えても、実演デケルかどうかはワッカラン、
が、それには関係なく、尺八3部合奏にしつらえる工夫に挑戦中だ、

 譜作りの工夫中に、なんか聴こえてくるような気がする、
 曲趣に溺れて我を忘れた感がある、
 深みにはまりつつあるみたいだ、
 はまり込んでしまいたい、の、気持ちがある、
 はまり込み得たら曲が生きて聴こえてくるような気がする、
 が、未だ、五里霧中でほとんどナァ~ンもワッカラン、
 コレッテ、年金隠居の究極の遊びかも、と、思ったりしとる、


| | コメント (0)
|

2015年9月 8日 (火)

「森の水車」


故意に滅茶苦茶ふいたわけではないよ、
一生懸命吹いたのだ、が、テンポがヅヅイには早すぎて目が回るのです、

ホントは、もっと早く軽快に水車を回したい、が、わたし・波平ヅヅイにコレが精いっぱい、
所々で喘ぎ喘ぎの無茶吹きになっとる、

こんなの、お聴きになって不整脈発症したって、ワシャ知らんよ!!!
昨晩から、ワシャ少し不整脈なのだ、ウナサレテ良く眠れなんだ、
止まりそうな心臓でようやるもんじゃのォ~~

| | コメント (0)
|

D♭

長調の曲と短調の曲があって、前者は陽気、後者は陰気、…が、ホントかな???
西欧人にはそう聴こえるらしい、

が、世界中、たとえば、アフリカ・アジア・東南アジア・太平洋に浮かぶ島々、南米諸国など等に住む者らにも、この聴こえ方は共通すると言えるかどうか、
われわれ日本人の耳ですが、長調の曲と短調の曲の聴き分けは、西欧人と同じといえるかどうか???

なんだか音楽文化を押し付けられているような気がしますなぁ~、

我が国の音楽聴く耳はもう完全に西欧化してしまっとるのだろうか???
若い人等の耳には、日本古来の音楽文化は馴染まなくなった、三味線や箏や尺八などの曲はもう陳腐になったの???
尺八古典本曲などは、尺八趣味の者らにさえ、受け入れられ難くなってきた、
わたし、尺八吹奏ボランティアしているわけですが…
老人ホーム等へ出掛けて童謡唱歌を吹いとるのです、尺八古典本曲を吹く機会は皆無だ、ときに思い切って1曲吹くことがありますが、みなさんケッタイな表情をなさいます、ナンジャコレって感じだ、

「しあわせ運べるように」の元譜の終曲音がね⇒D♭なのですわ、
西欧風にいいますと、きわめて治まりの悪い音だってことになるのでは???
想うのですよね、作曲者先生は“日本人の心を唄おうとなさったようだ”と、
作曲者が西欧人だったら、曲の最後の音をD♭で終えるなんて我慢ならんのではないか、と、
尺八譜で言いますと「レ」の半音です、(五線譜で言うと「ド」の♯、「レ」の♭)、

わたしの理解が足らないのだ、と、思います、
曲は終盤転調されて♭5つの変二長調で終わっとる、
単音でD♭を聴くと、納まり悪く聴こえるが、変二長調の曲なかで聴くと違和感が消えとる、
が、ヤッパ、ナンカ変な感じがある、転調されたままで終わることから生まれた曲趣だと思う、
よく言えば心に鋭く食い込むインパクトってことになるのかな、が、ある、

この歌は全国各地で歌われている、東日本大震災の際、神戸から被災地へこの曲が贈られたとか聞いた、歌詞の“神戸”を被災地名に言い換えればどこででも通用する歌になる、
歌は世界中に広がっとるらしい、古典的五線譜感覚の長調・短調感覚の世界にもってことですぜ、D♭で終わる歌が広く唄われているってことですよね、
これって、大仰に言えば、日本人の心が世界にも通用しとるってことでもある、

D♭かぁ~~

D♭音とは⇒五線譜では「ド」の♯、「レ」の♭音のこと、

今日は、また、某・デイサービスセンターへ出掛け、童謡唱歌を吹いてきます、
どの曲も、キッチリ音で納まる曲バッカですがね、


| | コメント (0)
|

2015年9月 7日 (月)

「しあわせ運べるように 2部」


迷いはじめたらキリがない、このあたりではどうだろう、
元譜作者の高橋徹先生の混成四部合唱譜から尺八2重奏譜をとったのだが、こんなことはそもそもが無謀な試みだ、が、尺八趣味の仲間らが、集って、震災から見事に復興した神戸の街を吹き揚げようの試みだ、許してほしい、
ベテラン・ドラムスの無償応援が欲しいなぁ~、


♪ 同曲1部は一昨々日(9月4日)アップ、

| | コメント (2)
|

さぁ~て、今日は

裏があり表がある、電気にはプラスとマイナス、コンピューターは0(ゼロ)と1との世界、男と女が居て出会って初めて命が存在し得る、

指定暴力団・山口組が分裂しそうな雲行きらしい、神戸派VS名古屋派???
維新の会が分裂かぁ~、
与党内だって、常に分裂の可能性がある、総裁選だって分裂防止のガス抜きだよな、

橋下氏が、盛んに“大阪”という地名にこだわる気持ちが判るような気がする、
日本は、昔から、関西と関東と、二つの価値観が生きている、このバランスは生かすべきだ、
今は、なんだか、やたら関東的(東京的)価値観が幅コイテいるような気がする、
このあたりを、わかりやすくする意味で、党名に“おおさか”を、かぶせるのは、“的を得とる”ような気がする、

橋下氏の政治感覚が、今の日本の政治は、東京感覚(関東感覚?)に偏し過ぎている、と、思えるのであろう、
この感覚、ダレがみても、“まさに然り”というしかないのはなかろうか、

昨日「東京五輪音頭」を尺八で吹いて遊んでいたのだが…、
2020年のオリンピックも大阪ではなく東京で開催される、
で、東京は、コレに備えて、アレコレの整備が進められる、
が、日本国のもう一つの中心・関西は、大阪は、ほっとかされる、の、で、しょうなぁ~
と、尺八吹きながら、なんか変だな、って、思った、

この際、甲子園球場をオリンピック協賛の位置づけで、新たに建て替えたらどうでしょう???
今年の高校野球が雨天で試合中断したりしたではないですか、球場に屋根を付けたらどうや!!!
新国立競技場を建て替えるに、一時は3000億を超える国費が用意されたわけだ、が、現実にはそれから1000億ほど安いのを立てることになったのですよね、なら、使わずに済んだ1000億を関西に回したらどうや!!!
と、なんで、ダレも言わないのだろう???

それで、甲子園球場に屋根付けたらエエやないか、
と、尺八吹きながら思いましたが、変でしょうかねぇ~、

わたし、橋下氏が、党名に“おおさか”の地名をかぶせたい気持ち、ヨォ~クわかります、
もしもですよ、橋下氏の“おおさか維新の会”が、国政に睨みを利かせていたら、甲子園球場に屋根が付けられ得た、と、思いますがねぇ~、

さぁ~て、今日は、ナニして隠居時間を潰しましょうかねぇ~、
わたし、他のお方から「お元気ですなぁ~」と言われたりすることが多いですが…
実態は、細く消えかかったローソク、
このクソ暑かった猛暑の中、腰回りにホカホカ懐炉を何枚も貼り付けていた、秋が深まり、冬になると、と、身体中各所にホカホカ・カイロだぜ、ワイルドだろう!!!
日中すぐに眠たくなって何度もコマ切れに昼寝する、不整脈が怖くて運動がし難く…、なのに、独りで沖へ出て魚釣りする、が、不思議と沖では不整脈が暴れ出したことが無い、
歯がボロボロで、食パン齧るのもヤバイ、そうめんやうどんなら大丈夫、タコ釣ってきても噛めませんわ、
アぁ、アイスクリーム舐め食って刺し歯が抜け下りたことがある、アイスクリームの冷たさに歯がビックしたのだと思う、が、詰めたいビールや、オンザックではびくともしない、デェ丈夫、
テレビ観る際は耳にイヤホン突っ込む、聴こえないから、なのに…尺八吹いとる、
五線譜には天眼鏡、お玉杓子がどのあたりを泳いでいるのか判然としない、
残り時間が少なくなったなぁ~、の、実感がある、
大切な残り時間だ、
さぁ~て、今日は、ナニして遊びましょうかねぇ~~~、

| | コメント (0)
|

2015年9月 6日 (日)

「東京五輪音頭」・追記・追記2

五輪エンブレムが無残なことになって…
で、フッと、大昔の「東京五輪音頭」を思い出しましてね、
2020年用の音頭(?)が、今後、作曲され歌われるようになるのでしょなぁ~、と、思った、
(前回の東京五輪は1964年10月だった・古賀政雄の作曲)

昔のこの曲を吹いてみようと思いましてね、
ネットで無料閲覧可能なサイトを探すが見つかりません、
で、手元の持っている譜面集を探すと載っていました、が、前奏・間奏部分が載っとらん、
アレコレ工夫して、で、自分にでも吹けそうな尺八譜をこしらえました、
実に10時間近い難儀な作業だった、ホントですぜ、

取った譜では、誰かに一緒に歌ってもらえる譜になっとらん、
プロのソプラノ歌手でもダメだろうと思いますよ、
最高音が上第3間のC(ド)、最低音が第3線のA(シ)です、
最低音は歌える、が、最高音が歌いきれない、ですよね、

で、この尺八譜を吹いて、老人ホームでお年寄りらにいっしょに歌ってもらうには、長尺管を用いらねばならん、
計算上では2尺5寸管で吹くとみなさん方に歌ってもらえる音域に納め得る、
わたし、尺八は最長寸でも2尺1寸までしか持っとらん、

とりあえず2尺1寸で吹いてみますから、どなたか、この音で歌が唄えるかどうかお試しくださいませんか???
前奏・間奏付の、完璧尺八譜ですぜ、(補償デケンですよ・迷いながらの採譜箇所が数か所ある)、
なにせ、老人ホームで使えなければ意味がないのでね、

「しあわせを運べるように」

幾度吹きなおしても必ずどこかで間違える、もう疲れてしまって、ダンダン疲れが音に出る、
約2時間強吹き続けた、最後がコレですわ、ズズイ、もうクタバリそうだ、
サァ、殺せ!!!


先の太平洋戦争で日本は徹底的に破壊され無残な敗戦を喫したのだった、
が、頑張って復興し、オリンピックを招致でけるようになった、
と、この曲は、ある種の我が国の復興を祝い歌った歌だったのだ、
わたし、このところ、阪神淡路大震災の復興支援歌を尺八で吹こうと尺八二重奏譜の用意に夢中になっとる、
この、気持ちに、コレ「東京五輪音頭」引っ掛かった、って、わけですわ、
あぁ~シンド、

わしゃ、ナニやってんだか!!!

追記、

聴きなしますとね、自分でもダメだなぁ~、ですわ、
聴くに堪えんですな、
で、今も、譜を移調して、更に吹き易いようにし立て直し、それを吹き倒してやっろうと、がむしゃらに挑戦中なのです、
で、もう、疲れてしまって、2尺1寸管が吹けなくなって、
で、で、これから常用の1尺8寸に持ち替えてナントカ吹ききってしまおうと、頑張っとるところです、

ナンボ、隠居の時間が有り余っとるにしても、こんな使い方していてエエのかな???
昨日、あるお方から、
「波平さんは、尺八吹いて、魚釣りに行って、他にナニしとるの???」
って問われたから、「他にはナァ~ンもしとらん」ってお答えしたら、
「うらやましいですなぁ~~~」って、感嘆されたのだった、
でもなぁ~、ワシャ、時間がナンボあっても足らんですわ、
尺八と、魚釣りだけで他にナァ~ンもする余裕がないですわ、

「東京五輪音頭8寸」

なんぼなんでもやり過ぎだ、こんなことでヅヅイがぶっ倒れたら、世間様がどうおっしゃるだろう???
この辺で打ち止めにしま~す、
今、午後2時45分、コレからはbeerの時間でワシャ更に忙しくなる、

| | コメント (0)
|

2015年9月 5日 (土)

天下・国家

「百年兵を養うは、ただ平和を守るためである」
コレ、山本五十六(帝国海軍連合艦隊司令長官)の言葉だそうですね、

中国が兵を養っとりますな、抗日戦争勝利70年式典、すごいですね、
養っとるのですよね、
養っとるつもりなのですよね、

おっとろしやぁ~~~

で、どこかの国の大統領が、尻尾を振っとる、の、ですよね、
違ったかな???
よっぽど、日本が嫌いみたいですな、
こまったもんだ、

それはそうと、あの軍事パレードに参加・出演した軍隊は、今、元の駐屯地に帰還中なのでしょうなぁ~、
随分な出費なのでしょうなぁ~~、
国立劇場云々や、エンブレム云々の無駄出費の比じゃないと思う、
人民元をまた引き下げましょうか、

でも、この抗日式典で得たものも、ナニか、あったってことでしょうね、
で、なければ、やった価値が無い、

その最大のものは、米国が中国の軍備の巨大さに気付き、ビビッタかも、で、しょうよ、
日本が、委縮し、中国へ尻尾を振るようになるかも、かも、で、しょうよ、
管・内閣官房長官が、
めんどくさそうな表情で習近平主席の演説にケチを付けましたね、
TV画面でソレ言う様子を観ていましたが、屁でもないような平気な顔でボソボソとナニカ言うとった、

山本五十六氏、国を護れなくて残念だったろうなぁ~、
わたしの住む兵庫県三木市にも陸軍特攻隊の飛行機基地があったようですよ、
昨日、テレビでそういう番組があったが、シンドウて、寝てしまったのですわ、歳ですなぁ~、
録画してあるよ、いつか観てみようとは思う、が、観ないかもしれない、

いつの間にか、蝉の声が聴こえなくなっとる、
秋が吹かまってきた、秋のお彼岸がもうそこまで来とる、

| | コメント (0)
|

2015年9月 4日 (金)

「しあわせ運べるように」

神戸市邦楽クラブは、あの阪神淡路大震災の年に、神戸の街に元気を取り戻そう、と、尺八趣味の者らが集まってデケタ会ですだ、
第1回演奏会は、被災地のド真ん中・神戸市長田区、の、消防署会議室をお借りしたのだった、
各種福祉施設を会員らが手分けして周り歩き、多くのご老人らを会場にお招きしての会だった、
以来、毎年、震災復興応援を掲げて定期演奏会をやっとる、
あぁ~、もう20年になるなぁ~~、

今年もやりまっせ!!!
来たる11月8日、JR元町駅すく北側の「相楽園会館」で挙行です、

丸20年経ったのだった、
で、今年は、「しあわせ運べるように」を会員全員で合奏し、お越しいただいた方々にも参加していただいて、
大きな声でいっしょに歌っていただこう、と、思っとるのです、

で、この曲を、尺八で吹けるように採ってみたのです、
尺八譜へ採った元譜は、原作曲者・臼井真先生の譜から、高橋徹先生が編曲された“混成4部合唱・吹奏楽付き”です、
わたし、この編曲者先生にお願いし、尺八用に採譜し定期演奏会で吹くお許しが得られたので、コレを尺八2部合奏曲にしつらえました、アップのは1部の素吹きです、

わたしは、ずぶのド素人です、編曲と言えるようなレベルのモノが作れたりはしないです、とにかく、尺八で吹きたいから、なんとかならんかやってみただけ、
いやまったく尺八という楽器は、楽器性能が極めてお粗末にデケトルのです、
音域幅も狭いし、安定した音程も極めて得難いし、加えて、クラブ員らは全員“ヘタの横好き”で、吹奏技術が、なぁ~~、五線譜曲が吹けるレベルじゃないかもな、
の、者らが、ダンゴになっていっしょに吹きますのでね、“吹きやすいように”が第一番の課題です、

と、いうことで、お聴きいただければ、すぐにお分かりになると思いますが、ナンジャコレになっとると思いますよ、、
元譜ですが、終盤に転調してある、が、ここが尺八では対応しきれません、が、投げ出すのもシャクだ、で、やむを得ず奥の手を出しました、“尺八にはイザの時に、“首を振る荒業”があります、これを屈指しての吹奏です、
ドンナモンジャロ???


「しあわせ運べるように」

| | コメント (2)
|

デケルかな???

昨日は魚釣りに出ようと思っていたが、あいにくの雨で断念した、
で、今日、これから出てこようと思う、

釣れなければよろしいが…

釣れるのに、あとの処分の難儀を思って、釣らないで我慢するのって、コレはなかなかデケンことだ、
ツイツイ夢中になって釣ってッしまう、
昔、魚釣りの元祖・太公望は、終日釣り糸垂れていたが、釣れたら困るから、「し」の字型の釣りハリは使わず、曲がっとらん真っ直ぐな直ハリを使っていたらしい、ホントかな???

それでも、結構釣れたような気がしますがねぇ~、短い爪楊枝のような小さな棒の真ん中あたりに釣り糸を結び付けます、で、そのハリを魚が呑み込んだら、腹の中で棒が左右に突っ張るじゃないですか、で、結構釣れると思いますよ、
で、で、太公望氏は釣果をぎょうさん持って家に帰ったら、かみさんがまた魚を持って帰った旦那を責めたのだと思う、
「もう、お魚は持って帰らないで」って言ったでしょう!!!」

なんど、言うても、太公望氏は魚をぎょうさん釣って来るのだった、
で、で、で、
かみさんは、とうとう太公望氏を捨てて去ってしまった、

後年、やもめになった太公望氏はスルスルと出世し、ドエライ人になった、
と、去ったかみさんが、太公望氏を訪ねてきて
「よりをもどしましょう」と、言うた、
この時、太公望氏はナント言うか、当ブログ閲覧諸氏はご存知ですか???
「覆水は収め難し」と言うたのですわ、「覆水盆に返らず」です、

我が家ですか???
かみさんは、未だ家に居ますわ、
わたし、できるだけ釣らないように心掛けます、

デケルかな???

| | コメント (0)
|

2015年9月 3日 (木)

メトロ稽古

気持ちの整理というか、気持ちを平常心に戻したいと思う、
沖へ出て養生してこようと思っとった、
が、早朝からの雨だ、だんだんコレが強くなる気配、

気が萎えて、またまた、仏間に篭ってこんなことをやっとる、
曲のテンポ保持、拍子を正確に、の、稽古です、

吹いてのち、録音を聴き確かめての自己採点です、
「城ケ島の雨」…61点
 55点とした方が良いかも、明らかに聴き苦しい拍子はずれがある、
「さくら貝の歌」…65点
 拍子に気が取られて、曲趣に添い得ていない、

白状しますね、
メトロノームのデスプレイ表示ソフトをダウンロードしましてね、これを視ながら、拍子取りの稽古をしとるのです、
持病の不整脈のせいかなぁ~~遅れたり、先走りしたり…が、治らない、

「城ケ島の雨」

「さくら貝の歌」

| | コメント (0)
|

やたら真面目な話

最近の若い尺八奏者は、小・中・高で、五線譜の基礎を学んでいる、楽器もナニかできるようになっとる、
この上で大学・音楽部で尺八を選び、趣味で、あるいはプロとして、吹奏するようになった若い尺八吹奏家が居る、
この“若い尺八吹奏家”の技量は半端じゃない、
わたしら高齢者の尺八趣味ヅヅイとは別の人種というべきだ、彼らは立派な音楽家になっとる、

再度比較してみよう
A)波平的・高齢尺八趣味ヅヅイ
…五線譜を読めない者らが大半だ、和音のなんたるかを知らず、音程・拍子の基礎的把握が出来ていない、
B)最近の若い尺八家
…五線譜の基礎知識がある、コード知識があり、音程・拍子把握に欠けるところがない、洋楽器のナニかができる者らがほとんどだ、

“神戸市邦楽クラブ”ってのが、阪神淡路大震災の年に生まれたのだった、
以来20年、毎年神戸市内各所で震災復興支援を掲げて定期演奏会を催してきた、
ことしもまた11月8日に、JR元町駅北の「相楽園会館」で催される、
演奏会は無料、(相楽園はツツジ真っ盛りの時で入園料が必要、ただし県内在住65歳以上は無料)、

と、今年の神戸市邦楽クラブ定期演奏会で「しあわせを運べるように」をクラブ員全員で吹奏しようじゃないかって話になってきた、
すでに「花は咲く」(東北大震災復興支援歌)」は幾度も定期演奏会でご来場の皆様方の歌声のなか、吹奏してきたが、肝心のこの曲「しあわせを運べるように」は吹奏したことが無い、
理由は、あまりにも身近すぎて、真に迫り過ぎて、使い辛かった、と、しか言いようがないなぁ~、
と、もう一つ、我々高齢尺八趣味ヅヅイらには吹奏し辛い難度高い曲だったってこともある、
が、大地震から20年を経て神戸は復興を成し遂げた、
今年は、この曲をクラブ員全員で吹奏しよう、と、現在稽古に頑張っとるってこと、

“吹奏し辛い難度高い曲”のことですがね、元々の臼井先生作の原曲はイロイロな形に編曲され、いくつものバージョンがあるのです、なかに、混成四部合唱になっとるのがある、コレを取り上げたいわけだ、
が、が、最上段にお話ししたことがある、われわれ高齢ヅヅイ尺八家(?)には、混成四部合唱五線譜の直吹きは難儀だ、で、われわれクラブ員でも吹き得るように少し編曲しましてね、で、で、吹こうというわけです、
が、が、が…、さるお方が申されました、
既に20年もの間、市民の耳に馴染んできた唄を下手に編曲したりするのはゆるされんぞ!!! と、
これ、わかっとる、充分承知しとる、が、ヤッパ、吹かないわけにはいかん!!!

さいわい、この間の事情を混成四部合唱五線譜作者先生にお話ししたら、ご理解いただけたのでした、
が、可能な限り、市民の皆さんに馴染みの歌であるべきだ、
で、いま、格闘中ってことですわ、
どうなるかわからんけれど、投げ出したくないぁ~~、

あぁ、今日は、やたら真面目な話にナッチャッタ!!!

| | コメント (0)
|

2015年9月 2日 (水)

ヤッタゼ・ベイビー!!!

18歳で選挙権なのでしたね、で、酒・タバコも18歳からにしまひようか、の、方向らしい、
賛否両論があるようですが…
法制適用の区切りはデンブ18歳にした方がエエと思う、もちろん少年法の適用年齢もです、
AKBのメンバーの平均年齢をネットサーフィンしたら⇒17.97歳だとあった、

我が家の生後5か月の子犬(春子)との付き合いはありますが…、
これ以外の付き合いは、皆、皆、年寄りらバッカシです、
例外は、行きつけ開業医の受付おばちゃん(50代??)、と、買い物に出た際のレジ嬢(何歳??)くらいかな、

二十歳代やこれ以下の年代の人と出会うことも話すことも皆無です、
ここ何ケ月も、ひょっとしたら何年も、出会ったり話したりはしとらん、
今年5月に姪の結婚披露宴に呼ばれたが、姪は既に40歳を超えて落ち着いた顔をしとった、
姪の、わたしを見る目が、年寄りをいたわる目付きだった、

TVで高校野球を観たりしたが、付き合いとは言いませんよね、
TVの“思い出の歌番組”に昔の歌手が出てくる、音程外れで歌う、哀しいね、
ナニガシかの出演料が欲しくて出てくるのかな???

天皇陛下はご体調も良くないようだが頑張っておられる、まことに畏れ多いことだ、
隣国の大統領63歳、北は32歳、安倍晋三60歳、橋下徹46歳、浅田真央24歳、清宮幸太郎は高校1年生、我が家の春子は生後5ケ月、春子は既に“お座り”と“お手”を覚えた、

わたし、他の方から「若いなぁ~」ってしょっちゅう言われます、
老人ホームで尺八吹いていたら、って、ことですけどね…
言うてくださるのは、90前後のジイチャン・ばぁちゃん、ら、バッカシですけどね、
わたしを「まだまだ、若いなぁ~」っておっしゃる“ジイチャン・ばぁちゃん”こそが、わたしからはスッゴク“お若く”観えましてね、コレ、変ですかね???
わたし、“完全に負けとる”って、思います、で、頑張らねば、と、ハッスルするわけだ、

今日は、 “某・○○地区福祉センター”、はじめて訪問の施設です、
どんな方々と出会うことになるのかなぁ~~、
トロ~とした目付きの老人らに迎えられて大部屋へ入ります、
が、去る際は、生き生きした目で見送られる、これが、ボランタリー活動の醍醐味ですわ、
わしゃ、年食ってきたけれど、まだ、若い!!!

ヤッタ(ル)ゼ・ベイビー!!!

大橋巨泉が流行らせた言葉らしいですな、彼、81歳、

| | コメント (2)
|

2015年9月 1日 (火)

「ハッピバースデー・トウ・ユー」

“五輪エンブレム”が、パクリじゃないかって話題になっていますよね、
難儀ですなぁ~、
と、昨日の日経新聞夕刊(14面・下段)に、
「ハッピバースデー・トウ・ユー」の著作権が米国で訴訟になっていて、この9月にも結審するかも、の、記事があった、
ビックリですなぁ~~、

芸能人の変なパホーマンスや、流行り言葉を、素早く意匠権登録しといたら、著作権登録しといたら、それらの使用料がドカドカ入ってきて、人生豪華に遊び暮らせる…ような気がしますなぁ~、

安倍総理がナニか発言する際の口癖に「…に、於いて云々」がありますが、コレなんぞ会話の著作権にならんのかな???
スギちゃんの「…だぜ、ワイルドだろう!!」
エドはるみの「グー」
予備校の先生からタレントになられた林先生の「いつやるか、今でしょう!!!」
コレなんぞも、いっぱい飲み会で、ふざけて真似する者があったら、即、著作権侵害で告訴したらどうや!!!
冗談ですよ、
わたし本気でこんなことを考えたり、しとらんですよ、
が、「ハッピバースデー・トウ・ユー」はこのレベルのような気がしないでもないなぁ~~、

わたし、老人ホームなどで、尺八吹奏ボタン…じゃなかった、ボラン、正しくはボランティアしとるけれど…
編曲の名人ですぜ、真っ直ぐ間違わないで吹いているつもりでも、拍子間違いや、譜の吹き間違いバッカだ、
コレッテ立派な編曲でしょうよ、まじめにやっとる分、編曲の意志ありとされかねない、
ご老人らの中に、音楽関係の仕事をなさっていたお方が居られたりしますとね、時に鋭い指摘がありますわ、
「(ドコソコ)の、音が狂っとる!!!」
で、「ゴメンネ、コレでどうや???」
と、吹きなおしますとね、「アカン!!!」
ジイチャンが納得するまで、ダジャレ言いながら吹きなおします、
ピタッと、正しい音程で吹けますとね、ジイチャンは大仰に納得したの素振りだ、
このやりとりが、他の老人らには、きわめて面白いようでしてね、幾度も、この場を経験していますです、
こんなこと、自慢の種にはならんのだが、が、誰かが、「音が変だ」って言い出したら、シメタ!!!って思いますわ、
これをキッカケに、ホントの真面目な、本気の会話がデケル!!!

あぁ、ボランティアは上手である必要はないです、
が、本気であることがデッタイ必要だと思いますなぁ~、
本気で、チカラいっぱいの技量で吹くわけです、で、だから、音程狂いの指摘が得られる、会話がデケル、
なんか、わたし、変なことを言うていますか、
自分でナニを言うているのかワッカランようになってきましたが…

あぁ、「ハッピーバースデー・トウ・ユー」の話だった、
我が家へ新たに参入した、ペットショップから先日購入してきたメスワンの「ハッピバースデー」は今年の3月だそうですわ、春に生まれたのだね、今、生後5か月目になったようだ、
で、名前を「春子」にしていますがね、
「春ちゃん」って呼びますとね、尻尾振って飛んできます、


| | コメント (2)
|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »