« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

大きな目標

今、午前4時15分前、
起きたのは午前2時15分だった、屋外9度、屋内17度、

また「コーヒー・ルンバ」五線譜と向き合っていた、
ワッカランことだらけで、もう半分以上投げ出しています、
わたしには、セカンド譜作りは無理だ、
イヤ~~、音楽ってのは難しい!!!

心を、気持ち、を、伝えるに、“言葉”がある、
言葉は
⇒文字に書き出すことがデケル、手紙になったり、小説がデケタり、詩になったりする、
が、言葉や文字では、あらわし得ないナニかが(気分・気持・印象など等が)ある、
⇒⇒⇒絵画・音楽・宗教などが受け持つ、

例が適当でないかもだが、たとえば、“魚釣り”のこと…
“魚釣り”の楽しさを、言葉で、文字で、絵画で、音楽で、はたまた宗教で、説明し得るかどうか、
デケンでしょうよ、
が、水辺へ、お連れして、釣り竿持たせて、1尾釣らせたら、
瞬時に、理解していただける、で、しょうよ、

わたし、音楽のことを考えていて、
要するに、どんな曲にでも、気軽に尺八で伴奏デケンものか、と、思案していて…
で、音楽ってものが、ものすごく、奥深いものだって思ってしまって、
いやぁ~、音楽理論ってのは、難しい、ワッカラン、

が、が、が……
どんな音楽でも、難しいもクソもなしに、理屈なんか関係なしに、聴いていて、手拍子を打ちたくなれば打てばエエ、
♪♪サノサッサ♪♪
と、合いの手を入れたければ、入れたらエエ、
コレが、いわゆる“伴奏”でしょうなぁ~、“セカンド譜”というてもエエ、

わたし、ゆくゆくは、古典尺本曲に、セカンド譜を付けてみたいのですわ、
このところ毎年・8月地蔵盆には、地元寺院の伽耶院・万燈会で、古典尺八本曲「調子」「虚鈴」を仲間らと共に献笛させていただいとるが、このとき、セカンド譜を加えてみたいのですよねぇ~、
仲間らにメインメロデイ(古典尺八本曲に、この言い方はダメかも)を吹いてもらって、わたしは、セカンド譜を吹く、
コレ今年の大きな、大きな目標です、

もうすこし頑張って勉強してみましょうかねぇ~~、

| | コメント (1)
|

2016年3月30日 (水)

破門されるかもな

午前2時半、屋外8度、屋内16度、
やっぱ空調機を入れないとヤットレン寒さ、
明後日から4月なのに…

未だ風邪ヒキ体調が続いている、声も鼻声のままだ…
屋外散歩も控えていて、でも、昨日は、廉価超格安酒販売店へは出かけた、ウイスキー2リットル瓶1本買ってきた、
採ってきた播磨灘天然ワカメを肴にコレを舐め呑んで午後6時半に就寝、
で、今朝は、午前2時半の起床、

飼い犬・春子だが、彼女は、かみさんに付き合って遅くまで起きている、
わたし・波平に付き合って、午前2時半に起床、
毎日、ゆっくり休む間がない、
あぁ~かわいそう、

今日の予定は、イギリス民謡「ピクニック」の尺八用セカンド譜(パート譜)を作ってみたい、と、思っとる、
今、作業中、

手元に用意した五線譜がどうも腑に落ちない、
パソコン検索をしまくって、“音楽研究所”のコノ画面を得た、
で、“腑”が落ちた。
手元に用意した五線譜には調合が記されていなかったのだった、ハ長調の曲だと思っていた、
が、五線譜の中で「シ」の譜には、必ず♭記号が付記されてあった、
こういうのは、どうなのでしょうなぁ~、曲の基音が違ってくるような気がしますがねぇ~、

上記“音楽研究所”の五線譜にはコードが付記されていた、
助かりますなぁ~、コード勉強の手がかりになる、
トニック・コードから始まって、すぐにサブドミナントになり、それが少しヒネッタコードになっとる、ディミッシュ・トライアド(Bdim)、なんじゃコレ???

と、ミミズが這うような、と、言いましょうか、波平流に言うと、ナマコが這いずるような感じで、この曲の尺八パート譜作りを試みます、メロデイは吹きません、尺八で伴奏吹きをしてやろう、の、伴奏譜作りです、
今日は、コレで、日が暮れると、と、思いますわ、

音楽知識があるお方からすると、まことに、幼稚な、馬鹿丸出しのことだと思う、
こんなことで、よくもまぁ~、音楽が好きだなんて言うて…アァ~恥ずかしい!!!

コードがシッカリ頭に入ったら、尺八古典本曲の縦書き譜面に、コード記号を書きつけてやろうかなって思っとるのだ!!!
が、そんなことしたら、破門されるかもな、

わたし、五線譜をそれなりに眺めるようになって、今年で3年目です、
若いころから、五線譜ってものがあるのは知っとった、ドレミハくらいは読めていました、が、本気になって五線譜を観るようになって…
アレレ!!!
わしゃ、五線譜のことがサッパリわかっとらん!!!
と、気が付いた、

未だに、サッパリわかっとらん、が、続いています、


| | コメント (1)
|

2016年3月29日 (火)

変なセカンド譜+変なワカメレシピ=下痢・腹下し

昨日のブログに竹友・河童氏からコメントを頂戴した、
返・コメを書き始めたら、ら、ずるずると長文になった、
で、今日のブログに、コレ、そのまま使うことにした、


「返・コメ」以下のとおり、

>和音を使った二部合唱曲の二部のパート譜の様なものかと…

その通りだと思いますよ、
が、セカンド譜(パート譜とも言う)は、”二部合唱曲の二部”より、さらに引いた位置にあるように思います、

和音を使った、に、ついてもギターでのコード伴奏とはひと味違う、

(セカンド譜)作ってはみたものの、とてもじゃないがご覧に入れ得るようなものじゃないですわ、

(どの曲でも)概ね小節単位にT・S・D、と、その系列コード構成音がアトランダムに、あるいは順番に横並び並べられたりして、1曲を成している、
わたし、ワッカランママ、この曲(「コーヒールンバ)))のメロデイ譜のコードを探って、その構成音をロングトーン譜に取り入れて、適当に小節を埋めてみたりしています、
無理には採り込みません、メインメロデイが4拍子譜や、長めの休止符の時を中心に、譜を並べるわけです、
メインメロデイが一息ついている間の、美人局(つつもたせ)のつもりです、ドラムスに毛が生えたような感じであればOKかなと思っとる、

わたし、ワッカランママしゃべっとるのですよ、信じないでダサイね、以下もおなじです…

この曲は、激しいリズムの曲ではありますが…
極めて温厚なおとなしい曲のように思う、
Am・Emのトニック・コードが非常に多く使われていて、
なかに、中盤サビ部分に、ホンノ少しだけ、SD・D、の、G・Dm・B、が、顔を出している、

ずっと、五線譜とにらみ合っていましてね、
どこから包丁入れてサバイテやろうか、と、コレまさに“下手な考え休むに似たり”って、感じかなぁ~、
と、こんなことやっとる間に、今日もまた“お陽様、西々”で、暮れてゆくのですわ、

あぁ、昨日は、海へ出て“ワカメ”を採ってきましてね、
二階のベランダにロープ張って、これに引っ掛けて、“乾燥ワカメ”を製造中ですわ、
根株の部分は、熱湯ぶっかけて、それを細かく刻み叩き、グニャ・グニャ・ドロドロにしましてね、
これ、そのまま今日の昼ごはんにぶっかけて、納豆代わりに食ってみよう、と、思っとります、
波平特性の花見ワカメ・特性レシピですわ、
食えるかな???

変なセカンド譜+変なワカメレシピ=下痢・腹下し…かもよ

| | コメント (1)
|

2016年3月28日 (月)

歳取り過ぎました

先月末に風邪をひいて以来、未だに鼻水・クシャミ・咳が続いている、この調子だと、来月・4月まで引っ張りそうだ、
自宅で静かにすごしていると、症状は治まっている、が、少し動くとぶり返す、
先週、久しぶりに沖へ魚釣りに出て、沖でこの症状でどうにもナランだった、マリーナ桟橋へ着いて、艇の後始末もなぁ~んもする元気がなく、モヤイ綱で艇を桟橋へ括り付けただけで帰宅したのだった、
で、そのまま放置の状態が続いていた、
燃料タンクはガス欠寸前だった、が、そのまま放置…

さすがに気になって、昨日、燃料補給・後始末(かたずけ・掃除)に出かけたが、レギュラーガソリン20㍑携行缶ふたつを運んだだけで、又々、ダウン、鼻水体調になった、

今日はベタ凪の海なのですよねぇ~、
今、パソコン前に座っていますがね、鼻水カミながらでしてね…
ダメですなぁ~~

ダメのことなら、昨日の大相撲はダメですなぁ~、
白鵬は、もう、相撲界から去ってもらった方がエエと思う、
立ち合い時の“右張り手”と“左ひじうち”、これはヤクザノ喧嘩手法でしょう!!!
とても横綱の相撲とは言い難い、
昨日は、ダマシの変化で勝った、みっともないですなぁ~~、
白鵬が土俵に上がったら、客席の観戦者らは、総員、後ろ向きになるってのはどうでしょうなぁ~、
わたしは、TV観戦ですが、白鵬が土俵に上がったらテレビ前から離れていますよ、だいぶ以前からそうしています、観戦していて気分が悪い、なら、観ない方がエエ、

さてさて、また、尺八の話

どんな曲でも“伴奏”ってのがある、
これの究極が、大オーケストラでしょうなぁ~、すごい人数の者らがひとつの曲をイロイロな楽器で演奏し、ひとつの音楽を作り上げる、各楽器は、時に主になり、時に脇になり、ひとつのテーマを皆で創りあげる、

極小の伴奏は、箸で茶碗のふちを叩きつつ、ご機嫌で唄うかたちでしょうか、

イロイロナ歌や曲をユーチューブなどで聴きながら、
もし、自在に、これに合わせて尺八吹いてジャズ・セッション(共に演奏し楽しむ意)し得たら、どんなに楽しいでしょう、と、思うのですよね、
ジャズセッション、と、までは無理でも、メインメロデイに沿って、適当に合いの手をこしらえて吹き得たら、どんなにたのしいだろ、と、と、思うのですよねぇ~~、
コレ、いわゆる“セカンド譜”ッテことでしてね、
わたし、昨日、ガムシャラにですが、「コーヒールンバ」のセカンド譜をこしらえました、
滅茶苦茶流で作ってみた、吹くに堪えない楽譜ですわ、もちろん様にナットラン、とてもじゃないがこんなのは楽譜とは言い難い、

コードを、もっと勉強しなければどうにもならんってことがダンダンわかってきた、
時間が足らんですなぁ~、
わたし、歳取り過ぎましたなぁ~、

| | コメント (3)
|

2016年3月27日 (日)

今朝の朝刊から

今朝の日経新聞は読みごたえがあった、
イロイロあるが…
“22頁・読書版”の「武満徹・音楽創造への旅」・立花隆著に目が釘付けになった、
図書館に貸し出し予約をお願いしようと思う、

安全保障関連法が29日から施行される、で、この関連記事がけっこうオモロかった、
ウヌ!! 
不遜だ、国家のことをナンと持っとるのだ!!!!

責めないでほしい、“オモロイ”とは、音楽的に…ってこと、
“国を護る”
この価値観、感覚、民族意識の在り様などなど…
法制整備以後、どのよう変化しまようかねぇ~~~、


<少し横道へ逸れます>

昔の歌です、
「廣瀬中佐」「橘中佐」「水師営の会見」「日本海海戦」「桜井の別れ」「鎌倉」「児島高徳」「大塔宮」「那須与一」「青葉の笛」「鵯越」

古すぎましたか、なら…
「軍艦マーチ」「月月火水木金金」「同期の桜」「麦と兵隊」「ラナウル小唄」「若鷹の歌」「歩兵の本領」そして「海行かば」「陸軍分裂行進曲」…

これから先の日本社会に、どのような曲が、歌が、流行ってゆくのでしょうなぁ~~~
上述の歌群の中で、今もシッカリ・現役の曲が2曲ある、
「軍艦マーチ」「陸軍分裂行進曲」、
「陸軍分裂行進曲」は年配のお方でもご存じないお方が居られますよね、
先の大戦時、東京神宮球場で学徒出陣式があった、この曲の中、学徒らは分列行進し、戦地へ赴いた、
今現在でも、陸上自衛隊の分列行進の際には、ほぼ必ずこの曲が使われているみたいですよ、

わたし、老人ホームへ度々尺八吹奏ボランティアで出かけていたのだった、最近は怠けているけれど…
特養施設などへ出かけますとね…
広間へ、介護職員が、ストレッチャーに寝たままの老人を、次々と押して来る、
尺八を吹いても一緒に唄う人はほとんど居られない、たいがいのお方は目をつむっておられて、寝ているのか起きているのかもワッカラン、
が、「海行かば」を吹きますとね、眼ねていたはずの老人の目に涙が溢れる、
老人らに間違いなく大受けする曲がもう1曲ある、…
「仰げば尊し」です、
話が長くなる、今日はここまでにしましょう、


| | コメント (2)
|

2016年3月26日 (土)

文句のひとつふたつ言うてみたい

午前2時半起床、外気温1度、室内13度、寒いですなぁ~、

愛犬・春子を連れて散歩、今日で春子は満1歳、誕生日だってこと、
昨年の6月、ペットショップで出会ったのだった、
春3月・桜直前の生まれだと知って春子と名付けた、

ヒンヤリした空の真上に、まん丸な月が複数浮かんでいた、
わたし、ひどい乱視なのですわ、

今日は月暦18日、満月の月暦15日から3日経っている、
眼鏡をかけて月を見たら、少し右下が欠けて見えたはず、
15夜・満月の日は、月は午後6時に東地平線から顔を出す、
以後、毎日、すこしずつ遅れて出るようになり、昨晩は午後8時頃の月の出だった、で、今朝午前3時頃には中天(真上)にあった、

海の潮の干潮・満潮は、海水が月の引力で引っ張られて生じる現象だ、
月が空の真上にあるとき、
⇒真下の海水はお月様に引っ張られて盛り上がっとる理屈になる、

が、実際は、
月が真上に来た時が、干潮です、
月が地平線付近に居たら、その時が満潮、

どうやら月からの引力にはタイムラグが働くらしい、
わたしは、月の位置を観たら、播磨灘の潮行きが判ります、
明石海峡では、海水がどのような感じで動いているか判断がデケル、
あぁ~この程度の判断は、専業漁師なら誰でも知っとることですぜ、コレ知らなかったら漁師とは言えないでしょうよ、

わたし、播磨灘でボート釣りを楽しむようになって既に50年、
四季折々に、播磨灘のどのあたりに、どんな魚が、どんな気分で泳いでいるのか、おおよそのことは判ります、

が、歳には勝てんですなぁ~、
わが家の2階への階段も必ず手すりに掴まりながらのことになった、
突然足に痛みが走り“ガクッ”となったりするからなぁ~

沖へ魚釣りに出たい、
自宅で、オモチャのような“軽ァ~るい”ダンベルを振り回していますがね、
大丈夫かいな???

あぁ、今朝の日経新聞に、介護保険の保険料が云々の解説記事が載っとった、
高収入のお方らには、高額保険料をお納めいただこう、の、内容だった、
コレ、まったく、わたしには関係ない話、
が、人の財布を当てにするなって、文句のひとつふたつ言うてみたいですなぁ~、

| | コメント (2)
|

2016年3月25日 (金)

「ALFIE(アルフィー)」

わたし、ナニやっとるのでしょうなぁ~~

今日はこんな曲を仏間吹きして遊んでいます、

この曲、意味深な曲のようですぜ、
“生きるって、どういうこと???”
などと,グダグダ文句の歌詞だ、
神がどうだこうだ、とか、愛があれば云々だとか、とか…

が、エエ曲ですなぁ~

童謡唱歌や、演歌カラオケ党には受け入れられないかもだけれど…
案外、古典尺八本曲族には好くお方が居たりするかも、かも…
ダメかな???

| | コメント (0)
|

あぁ~、悩ましい

「彼岸の小鳥殺し」と言うのですよね、
「暑さ寒さは彼岸まで」とは言うても、彼岸過ぎてのこの寒さ…
兵庫県三木市の午前4時半の外気温4度、風が無いからさほど寒さは感じないが、愛犬・春子との早朝散歩に防寒着は欠かせない、

昨日は、母校・長田高校の甲子園試合をTV視聴、
それなりに興奮もし、感激もあり、又、久しぶりに校歌を歌ったりした、
尺八でも吹いたりしたのだった、
校歌作曲は、あの第二国歌といわれる「海行かば」の作曲者・信時潔氏だ、
歌詞は詩人・富田砕花、
逍遙歌もあって、作曲はわたしの担任恩師(数学科)・和田先生、作詞、これも当時の国語担任先生(お名前を忘れた)だったと思う、

わたしが在校当時、生徒会に♪音楽に堪能なものが居て、“生徒愛唱歌集”が編纂されたのだった、わたしは凡々のその他大勢組だ、関わっとらん、
デケタ歌集の配布を受けたダケ、
が、この歌集が、わたしの今につながっていて、常に手元に置いてある、
全・百曲掲載、シッカリした五線譜だ、
わたし、すべて尺八譜へ採取してある、掲載曲は今でも充分役に立つ、

Foster4曲を含め、外国の曲(歌)が内40曲を占めている、
わたし、この選曲には未だに凄さを感じる、
編纂・選曲に関わったのはたしか同じクラスの者だったと思う、皆からあいつは音楽に詳しいと一目置かれていた好男子だった、
あぁ~、だんだん思い出してきたぞ!!!

わたし、この頃から少し、尺八を触り始めていたのだった、
父の友人に尺八趣味の刑事が居て、非番の際は虚無僧をなさっとった、
で、父は勧められて尺八を1本持っとった、これをわたし息子が真似吹きしたのだね、未だ高校進学前の中学生の頃だ、

家に鶏を飼っていて、その鶏小屋の屋根に寝そべって、鉱石ラジヲ(自分で組み立てたのだよ)にレシーバーをつないでアレコレ聴いていた、
ら、突然宮城道雄の曲が流れたのだった、
今、思うとあれは「ロンドンの雨」(宮城道雄作曲)だったと思う、心臓がドッキンドッキンしたのを覚えている、
わが家には、ラジオはあったが、蓄音機は無かった、楽器は尺八1本だけ、
以来、ほぼ60年、で、今が在る、

納 浩一著「ジャズ スタンダード バイブル 227曲」を閲覧したい、
ネット検索したら、某・公立図書館にあるようだ、借り出し依頼が可能だろうか???

「ブーベの恋人」の楽譜を観たい、
ほんの少額で簡単にネット・ダウンが可能だ、
が、少額でも度々ではヤットレン、この曲、妙に心を揺さぶるものがある、上述図書館本にも掲載されとらん、

あぁ~、悩ましい!!!

| | コメント (0)
|

2016年3月24日 (木)

母校の歌

「長田高校 校歌」

「長田高校 逍遙歌」

21世紀枠で母校・長田高校が甲子園出場、今日の第三試合に出場、
3:2で負けた、
が、素晴らしい試合だった、

| | コメント (0)
|

今日この頃だぁ~~

老人ホームで“尺八吹奏ボランティア”をしていた、
何年間も…

“特別養護老人ホーム”や、“グループホーム”や、“身障者施設”を重点的に巡回したりしたのだった、

わたしはこの“尺八吹奏ボランティア”活動を⇒“今虚無僧”と称していた、
今もなお、この標榜は下ろしていない、

が、多少の変化はある、
奉仕活動に専念から⇒音楽を今少し純粋に楽しみたくなってきた、

老人ホームなど、福祉施設への訪問活動に焦点を合わせますとね、吹く曲の傾向が偏ってしまって…
例えば、ジャズや、フオルクローレや、シャンソンや、アレコレのラテン音楽は場違いなものになる、

純粋に、自分を押し殺し、奉仕活動に殉ずる“今虚無僧”活動から、自分なりにハミダシたくなった、

今は、もう、単独で福祉施設へ、尺八吹奏ボランティアで出かけることはしていません、
これからの残る余生は、もっと自由に、純粋な気持ちで♪(音楽)を楽しみたい、と、思うのです、

世界中のあらゆるジャンルの音楽を研究(?)しています、
研究だなんて…
言い過ぎも極端だ、ヒドイもんだ、
その実は、気の向くまま、思いつくまま、に、あの曲、この曲、を、ユーチューブで聴いて、ヨッシャ、この曲を尺八譜に採って、試し吹いてやろう、です、

毎日、毎日、コレをやっとる…採取した曲数はもう何百曲にもなっとる、
コレやっとる間に
音楽は、“アンサンブル”ことがデケル、と、気が付きましてね、
メインメロデイを聴きながら、自分はセカンド譜を、伴奏部を吹いて楽しむ方が、よりオモロイことに気が付きました、

が、音楽知識がわたしには足らなすぎる、瞬時にハモルことなんかデケン、
が、音楽を聴いて、楽しい音楽だなぁ~、とか、エエ音楽だなぁ~~、
とか、とか、思うのは、間違いなく自分の心がその音楽を聴いてハモットルからですよね、

ハモッテ鳴っている自分の心の動きを、尺八で吹き出し得たら…
と、思うのですよねぇ~

こんなラチもないことを思っとる今日この頃だぁ~~

| | コメント (1)
|

2016年3月23日 (水)

全部他家へ嫁入り

昨日は、ヤッパ、沖へ出ましてね、で、午後2時頃になって、また急に体調が崩れて急ぎ撤退しました、
朝方はやはり寒い、で、魚釣り用の厳寒防寒着だった、が、陽が上がり気温上昇で防寒着は脱いだのだったが下着から着替えるのは無理だった、汗だくで釣り竿握っトッタ、で、ダウンだ、
鼻水タラタラ、クシャミ連発、咳が出て止まらない…

魚釣りポイントには、魚釣りボートが50隻近く群れ集まっていた、
互いに衝突しないようギリギリ操船しながらの魚釣り、
鼻水をかむ間に操船がおろそかになる、ヤバイ!!!
魚釣りを断念し、釣りポイントから離脱し、帰港しましたが、全速力21ノットで突っ走って約40分もかかる沖合です、鼻水かみでチッシュの箱がひとつ空になった、

80センチほどもある良く肥えたスズキが3本釣れた、
ハリス5号の特殊サビキで釣ります、
大きなメバルも釣れていました、

今日も、出れば釣れると思う、
が、さすがに今日は静かに過ごします、体力的に無理、

沖へ出ますとね、知り合いの釣りキチ艇と次々出会います、互いに大声を掛け合う、
わたしへの声掛けが、最近、少しづつ変化してきた、
「波平さん!!どうでっか!!!お元気そうじゃないですか!!!!」
「ありがとう!!! まだ、ナァ~ンも釣れとらんよ~~」と、わたし、
「頑張ってくださぁ~い!!!」と、励まし、いたわりの声、

昼12時前に、わたし、釣り場ポイントから離れ、アンカーを打ち込んで、30分間ほど昼休憩しました、
持参のおにぎり(3ケ)・バナナ1本、ペットボトルに水道水を持参、必ず飲料水は大目に持参しとる、
チョコレートをひと粒舐めて気合を入れなおします、
アンカーを抜いて釣り場ポイントへ、
中休みまでにメバル2尾(大きかった)と、スズキ1本、中休み昼食後にスズキ2本、

帰港後、艇の後始末をする元気が、もう残っていなかった、
完全にほったらかしの状態で、帰宅、
今日は、出かける元気がない、
早い内に、後始末(掃除や再整備)の要あり、

昨日の“魚釣り顛末”でした、

釣果???
既に全部他家へ嫁入りさせました、


| | コメント (1)
|

2016年3月22日 (火)

未だお顔をお出しにならん

昨日の大相撲“琴奨菊vs稀勢の里”戦は、
稀勢の里が、立ち合いに変化し、右へ身をかわし、突っ込んだ琴奨菊が落ちて負けた、
稀勢の里は逃げて勝った、
評価が分かれているようですな、

 稀勢の里に、勝負への執念が芽生えた
 逃げる気持ちがある、精神面で未だ未熟

琴奨菊は、言うとるようだ、
 負けたのは自分が悪い、
 あぁいう形でしか勝てないのじゃないかな…
と、反省したり、愚痴ったり、だ、とか…

(以上は、今朝の日経新聞から趣旨抜粋)

稀勢の里、29歳、
琴奨菊、32歳、
お二人は、未だ若いですなぁ~、

比較するのも変だが…
金正恩33歳、清原和博48歳、浅田真央25歳、澤穂希37歳、舞の海秀平48歳、安倍晋三61歳
かく言う“はまちどり波平”は御年75歳、
なんじゃそれ!!!

迷い迷いの75歳ですわ、今朝もまた迷っとる…
天気予報では、今日の播磨灘は凪いでいるらしい、が、今日より明日23日の方がより凪ぐようだ、
沖へ魚釣りに出たい気持ちがある、が、が、気力がいまいち盛り上がらない、
午前2時半起床、愛犬・春子を連れて、早朝の散歩、
無風だった、が、少し寒い、
どうしょっかなぁ~~、

昨日は、急な腹痛で下痢が続いた、ナニに当たったのだろう、今朝はもう治まっているが…
かみさんは、わたしが不摂生すぎるからだ、と、言うが…

昨日の午後は2件の用事を済ませた、
1.三木市の図書館へ出向いて、借り出したい楽譜本を司書氏に検索していただいたら、国会図書館にあるということだった、
「どうなさいますか、借り出し申請なさいますか??」
なんぼ何でも、そこまでして、楽譜(ジャズ)を見る気もないですわ、
2.愛車の軽四・日産ルークスにリコール通知が来て、補修予約し、昨日、指定時刻に車を持ち込んだ、
約1時間で終わります、とのことで、1時間後に受け取りに行くと…
「(リコール)対象箇所の油漏れはしていませんでしたので、御車はリコール対象車ではありませんでした、ご安心ください」とのことだった、
ナンジャソレ!!!

どうしょかなぁ~~~
今、午前4時半、
お日様も、ナニカに迷っておられるのでしょうかねぇ~、
未だお顔をお出しにならんが…

| | コメント (0)
|

2016年3月21日 (月)

フイガロの結婚

生きている間に、1度だけでエエから、歌舞伎座で本物歌舞伎を観てみたい、と、思っとる、

生きている間に、1度だけでエエから、ウイーン国立歌劇場で本物オペラを観劇してみたい、と、思っとる、

生きている間に、1度だけでエエから、大相撲を土俵際で観戦してみたい、と、思っとる、

キット、ナァ~ンもないままあの世へ旅立つに違いない、

今日の大相撲は、琴奨菊と稀勢の里、戦がありますね、
必ず、TV、観戦しようと思っとる、
これくらいなら、叶えることデケル、

今日の日経新聞・24・25ページ「特集」は、ウイーン国立歌劇場特集だった、
2度読み返しました、でも、まだ読み足らない、
で、今、耳にイヤホン突っ込んで、ユーチューブで、モツアルトの「フイガロの結婚」第1幕(全編)を聴いています、43分59秒の曲だ、
歌詞ですが、ゲェ~国じゃないですか、さっぱりワッカラン、が、オモロイ、聴きあきない、

オッ!!!
今、オペラ歌手が、少し、ドジッタぞ゙!!!
おもろいですなぁ~!!!
見事だ、すぐに立ち直る、
ずっと、聴き続けているのです…

途中で、聴き覚えのある曲が出てきますな、
♪♪ララッラ、ラッララ、ラララッラ~~♪♪~~~

こんなのを観劇中に、オシッコに立ちたくなったりしたらどうしますか、
やっぱ、わたしには、もう、本物観劇は無理ですわ、

第1幕が終わりました、
続いて第2幕47分50秒が始まりました、これも聴きます、
エーリヒ・クライバー¬指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です、


少し話題を変えましょう、
やっぱ、耳にイヤホン突っ込んだままですがね、

1. 昨日、やっと、「ラ・クンパルシータ」の尺八譜を調整しました、
自分用に適当に譜をイジクッタってこと、
稽古して、いずれ、音源アップしてみたいですなぁ~、

2.昨日、久しぶりに艇を出しました、人口島の水路の奥のマリーナに係留していますが、つなぎとめているロープをほどき、少し出て走ってみた、
で、ワカメ釣りをしましてね、バケツに2杯ワカメを釣り(?)ました、
太い針金をホームセンターで買ってきて、コレねじ曲げ、小さなガンジキを作り、オモリをくっつけて尻手綱を付け、海へ投げ込みます、で、艇・エンジンをニュウトラルにして、艇の動きを潮にゆだね、海底をガンジキで探り曳釣り(?)ます、ワカメが引っ掛かると、「オッ!!!ワカメがつれたぞ!!!」の、手ごたえがある、


長年、魚釣りをしていますのでね、どのあたりにワカメが自生しとるか、見当がついとるのです、
昨日は、なかでも、いちばん近場でのワカメ釣りだった、
ほんのすこし体を動かしただけですけれど…
ダメですなぁ~、鼻ミスが出て、咳が出て…
あぁ~ヤバイ、と、引き上げました、
今朝はまた、鼻水体調で、耳にはイヤホンですわ、

「フイガロの結婚」は第4幕までありますわ、

| | コメント (0)
|

2016年3月20日 (日)

焼酎がもう残り少なくなった

午前2時起床、バイク音がして、新聞受けに朝刊が届く、待ちかねて読む、
1面のルポ記事に、スウエ-デンでは「1日6時間労働」が広がっている、と、ある、
6時間労働の方が、集中力が働いて、かえって労働効率があがるらしい、
わたしには、もう関係ないことだけれど…

午前2時に起床から6時間となら午前8時だ、
世の中の人々が起床し、さぁこれから働こうかの時間、
わたしは、ひとやすみしたくなっとる時間、

新聞読んだ後は、ユチューブで“オカリナ演奏”を集中的に聴いていた、
聴きながら、グーグル・ニュースや他のアレコレを梯子閲覧する、
と、尺八譜に採ってみたい曲に付き当たった、「ANGUSTIA」、
スペイン語で“苦悩”って意味らしい、
尺八譜に採ってみたい、
また、図書館へ行って、この楽譜が載っている楽譜本を探すことになりそうだ、

愛艇「はまちどり」の係留地・兵庫県・高砂沖の気象状況をネット検索、
少し波が出るようだ、が、明日は凪ぐかも、
が、が、明日は愛車がリコール対象車になったとの通知が届き、で、補修予約をした日だ、

未だに体調は不完全、風邪が抜けきっておらん…
歳のせいかなぁ~

習慣でこうして毎日ブログっているが、特に、書きたいことがあるわけではない、
単に、早起き後のダラダラ時間の、時間つぶしに過ぎない、
が、気になることを少し…
 昨日の琴奨菊・稀勢の里の相撲は見応えがあった
 中国が北朝鮮へ侵入制圧し、中国版“クリミア編入”が、ある得る気がしてならん、007の録画観すぎかな、でも、事実は小説より奇なりっていうからなぁ~、
 
ANGUSTIA(苦悩)かぁ~~、
妙に魅かれる曲ですなぁ~~、

わたし、貧乏なことと、歳食ってしまったこと、の、他、なぁ~んも“苦悩”なんぞありませんがね…
 あぁ、風邪ヒキのことがあった
 つい先日買ったばかりの焼酎がもう残り少なくなった

| | コメント (0)
|

2016年3月19日 (土)

母校・甲子園出場

母校が、春の選抜(野球)に出場することになっとりましてね、
わたし、兵庫県立長田高校の11回生ですがね、同期の者らがワイワイ騒いでいるのです、

寄付カンパの要請があって、わたし、ひと口だけでしたが、応じました、
テレビ観戦しようと思っとります、
甲子園へは行かないです、難儀ですなぁ~、急にモヨオスあのことが…
オシッコのことです…、
観戦していて、トイレに立っても、間に合わんと思う…

幾人もの同期生が甲子園に駆けつけるようだ、盛り上がっとるのです、
の、
世話人のなかで中心的なジイチャン、
これが、未だ、母親の面倒を、介護をしつつのことなのだよねぇ~、
同期生だから、わたしと同年の後期高齢者、今年の誕生日で76歳になりますわ、

“保育所落ちた日本死ね”
が、話題になっとりますよね、

”親が生きとる日本死ね“
なんか、変ですな、言い換えましょう、

“親が生きとる、倅(せがれ)の俺も生きとる、俺の子も生きとる、子の子も生きとる、子の子の子も生きとる…日本死ね”
ますます、変ですな、言い換えましょう、

思いつかんですわ!!!!

わたし、ナニを言おうとしているのでしょう???

百歳を超えた親の介護をしとる息子(75歳)が、息子の仲間らが…
後輩らの甲子園での活躍に青春の血潮(熱血・熱情)をたぎらせとる、
コレが言いたい、

わたし・波平の、血潮だって、未だ冷め切ってはおらん、青春の血潮ですぞ!!
日々、常に、世界中の叙情歌(唄)を下手だとはいえ、尺八譜に採って、吹きまくっとるのだ、
散歩の際、杖持参で、外見ヨボヨボだけれど、心は超熱いぞ!!!

そして…
わたしの両親も、かみさんの両親も、既にあの世住まいだけれど、ひょっとしたら、ら…
あの世で血潮をたぎらせているのかも、と、思う…
仏間で尺八吹いていても、なんか、仏壇が聴いている、の、感じがありますぜ、
ましてや…
超々高齢になったとはいえ、いまだこの世に居る者らの血潮が熱くたぎってないなんて、どうして想えましょうか!!!

上述同期生(世話役氏)から状況連絡メールが頻繁に届きます、その都度都度、わたし、彼の熱情に打たれます、
コヤツ、すごいジジイだなぁ~と…思う、
母親の介護で、彼、母親とどんな話をしとるのだろう???
母校・長田高校・野球部の話なんかもしとるに違いないと思うよ、


| | コメント (0)
|

2016年3月18日 (金)

十六分音符

昨日、琴奨菊が負けてしもうた、勝負だから負けるときもある、が、頑張ってほしいですなぁ~~、
またまたモンゴル大相撲になるのかなぁ~~~、と、思うと“日本”の元気が萎んでしまうヨ、

“ふれあい”の大切さが盛んに話題になりますが…
大相撲は、まさに肌“ふれあい”の競技ですよね、
“逆ふれあい”かな???
相手力士を押し出し、投げ飛ばし、土俵下へ付き飛ばしたりする、白鵬などは、相手力士を張り手でドツクじゃないですか、ひじうちをかましたり“逆ふれあい”もエエとこだ、

が、が、力士らは、それぞれの部屋で互いにぶつかり合って稽古に励むのですよね、
互いに研磨しあう、
と、コレは、“ふれあい”の範疇でしょうなぁ~、互いにぶつかり合って互いを磨くわけだ、

清原元選手が保釈された、体調の優れぬご高齢の実父が身元引受人だとか、
更生でけるでしょうか???
“ふれあい”???

話がバラバラになりますが…
わたしも、昨日は、オトッツァン、オッカサン、と、触れ合ってきました、
墓参りに行って墓掃除などした、墓石をぬぐって綺麗にした、カラスの糞かなぁ~、墓石が汚れとった、
戒名が彫り込んであって、享年○○歳とか書いてある、墓石をぬぐいながら、思わず、「結構長生きしとったのやナァ~」と、つぶやいたら、ら、墓石から返事がありましてね、「お前もエエ歳になったなぁ~」と、おとっつあんが言うた、
コレもある種の“ふれあい”かな、

昨日は、「ラ・クンパルシータ」と、ふれあっていました、
コレ、もう著作権切れの曲だと思う、
わたし、某・無料五線譜から⇒尺八用の譜面を起こしましたが、けっこうシンドイ仕事でしたよ、
で、ここにアップしたいと思ったりしますが、著作権ってのがわたしワッカラン、

ダウンロードした某・無料五線譜を、わたしが勝手に尺八譜へ採りなおすのは大丈夫、かまわんと思うのですよね、が、それをブログにアップする、と、コレが、ワッカラン、大丈夫でしょうか???
わたし、尺八用に、元譜をすこしイジッテいます、
十六分音符・同休止符が、それもオクターブ違いの譜が込み合った楽譜だ、これをタンギング奏法で吹きまくる曲だ、
尺八で吹き得るようにするには、それなりの工夫が必要だった、

わたしは、勝手に編曲をしたってことになりますよね、
編曲だなんて、わたしに、そんな大それたことする能力なんかありませんわ、でもなぁ~、吹きやすいように譜を書き換えたのだった、

実は、もう少し、更に、工夫しなければ、尺八では吹奏が困難です、
今日は、コレ、を、考えようかと思っとる、
“主要テーマ”ここは意外と容易に吹奏可能だ、
が、続くサビ部分、ここが、工夫の対象です、
尺八で吹奏するに、いちばん効果的な容(かたち)で、サビ部分を吹き抜けたい、
難しそうなことを言いますが、その実は簡単なことなのです、
16分音符をひっくるめてまとめてスベェ~と、尺八特有のロングトーンで吹いてしまおうってこと、

セカンド譜も創りたいなぁ~、が、わたしには無理、
が、この曲は休止符の在り方が実に生きている、
休止符の箇所でなんか工夫したら、オモロイかもと思ったりもする、


| | コメント (2)
|

2016年3月17日 (木)

彼岸法会

わたし勝負ごとは苦手です、ナニしても負ける、まず勝つことなんかない、
75のこの歳になって、未だに競馬・競輪・競艇は、現場を観に行ったこと1度も無い、野球も試合を観に行ったこと無い、他のナニかの競技もです、サッカーとかも一度も試合を観に行ったこと無い、大相撲も…、あぁ、琴奨菊はエエ感じで勝ち進んでいるようですね、

プロ野球が野球とばくで揺れていますね、
昔の清原選手のような花形選手・スター選手はごく1部だ、彼らは野球で充分食って行ける、が、二軍選手などは、生活が苦しいのでしょうねぇ~、気持も荒んでいるのかな、なんだか気の毒に思えてしかたがない、

昔、パチンコはしたことがある、麻雀にも引っ張り込まれたことがある、囲碁・将棋はほんの少しだけ、碁盤を持っとる、が、もう20年近く触っとらん、

勝負事が嫌いです、とにかくナニやっても弱い…、負けてバッカシ、
そのせいでしょうか、株取引にもかかわったことが無い、
魚釣り、これは、魚魚との勝負って感じもある、が、釣れなくてもかまわんの気持ちが常にあるから、勝負のようで勝負でない、

尺八、これも真剣にやるとなると、ヤッパ勝負感覚が無いとダメだと思う、プロの世界は勝負の世界だろうと思う、
順プロの世界も、アマチュアで凝り性な者らも…
わたし波平は最後の“アマチュアで凝り性”の類だと思うが、ほとんど外部と付き合いがなく、自宅仏間で尺八吹いて遊ぶだけだ、
音源をブログアプしたり、ときに、老人(福祉)施設へ童謡唱歌を吹きに行ったりはあるけれど、勝負感覚はないなぁ~、施設へ付いても、わたしペコペコしていましてね、ご老人らのご機嫌を伺うに一生懸命、ただそれだけ、ご老人らに受けなければドッスン落ち込んで帰ることになる、とても疲れます、

ダメですなぁ~~、

今朝も早起き、午前2時前に起床、
で、アルゼンチン・タンゴの「ラ・クンパルシータ」をネット検索し、無料楽譜を見つけダウロードしましたがね、
今、暗然とした気分でソレ眺めていましてね、
激しい曲ですよね、勝負がらみの響きがある、わたしの苦手な雰囲気の曲だ、尺八譜に採りなおして、吹いても、気分がよくなるとは思えないのですよねぇ~、
わたしは、ダラ~とした負け負けムードの曲が好みですわ、

あぁ、今日はお寺さんが彼岸法会にやってこられる日だ、タクシーに乗って来られたリ、大型スクータで来られたリ、高級車を自分で運転してこられたリしますが…
が、仏壇前でのお経は3分足らずです、はしょった寸つまりの読経をひとくだりだけ、終えると直ぐに席を立たれます、で、次の檀家へお向かいになる、巡回なさる、
あぁ、お経も、尺八に採譜できますよ、コレすなわち古典尺八本曲の世界です、
五線譜・世界からはだいぶ離れた世界でしてね、律も拍子も、別物ですわ、
お燐(リン)がチーンですわ、お線香がモヤァ~の世界、
冗談ですよ、古典尺八本曲の世界こそが、本物の音楽です、とか、言うたりして…

今日は、お墓参りもしましょうかねえ~、


追記(午前6時)
 
とか、ゴチャゴチャ言いながら、「ラ・クンパルシータ」の尺八譜を作りました、
五線譜から採取しただけだけれど、並みの採譜では採り切れないですなぁ~、
わたし専用の譜面になりました、他の人がご覧になっても、この作八譜では”クンパレ”ないと思う、
尺八には馴染まない曲だ、シッカリ尺八譜へ採るのは難儀だ、で、ゴマカシの専用譜になった、
アァ~シンド、
作ったけれど、試し吹く気になれん
とか、とか、言いながら…

| | コメント (4)
|

2016年3月16日 (水)

「いそしぎ」

“イソシギ”海鳥の一種、チドリ(千鳥)とは種が違うらしい、
シギもチドリも、やたら種類が多く、素人にはまず見分けられない、
瀬戸内海にもぎょうさんいます、大群をなして海面を飛び回っています、シギには違いなさそうだがわたしには詳しくはワッカラン、

わたしの愛艇は、「はまちどり」って名前ですがね、、実は、艇の名はこのイソシギ・ハマシギを念頭に置いて、付けたのでした、
「土佐日記」の冒頭に、船出前の宴に集まった者らが、酔っ払って砂浜で足を千鳥足にふらつく情景を描いたくだりがある、
コレ、まさに、わたしのことかと思ったのですよね、
で、艇の名を「はまちどり」と付けたのでした、

土佐日記の、そのくだりを抜粋してみますね、
「…講師、馬のはなむけに出でませり、ありとある上下、童まで酔ひしれて、一文字をだに知らぬ者、しが足は十文字に踏みでぞ遊ぶ…」
以下、概略です、船出に際し…
「…講師(国分寺の僧侶)が餞別を持ってきてくれた、で、集まっていた者らが船出の宴の酒に酔いしれて、千鳥が砂浜を遊び歩くように、足を十文字にフラフラと歩いている…」
ねッ!!!
楽しそうじゃないですか、で、愛艇の艇名を「はまちどり」と付けました、

「いそしぎ」ですが、曲名は、正確には「The Shadow of Your Smile」です、
尺八遊びも結構忙しいや!!!


| | コメント (0)
|

終活に挑戦

極めてあらっほい吹奏です、
これから、少しずつ研いでゆこうかと思っとります、

わたしが、“棺桶の中から尺八を吹く”の件ですが、あらかじめ生きている間に録音しておいて、音楽仲間にこれに合わせて演奏をお願いするとの意味です、
その際のわたしの演奏は、メインメドレーではなく、セカンド譜にしようと思っていますがね、
今日は、メインメロを吹いてみました、

この曲は、アンサンブルが実に美しい曲だ、
各パートが呼吸をあわせて、それぞれが十分に生き得る曲になっとりますわ、

わたしは、これから、自分の第一・メロ吹き録音に合わせて、セカンド譜をくっつける試みを、始めようかと思う、
この試み、まだまだ先のことになりそうに思いますがね、
だって、メインメロも、今回アップの低レベルだ、もっともっと磨かないと様にならんですよね、


「G線上のアリア」

音源削除しました、(16日午後4時54分)
今少し、稽古し、研いでから、のアップにしたいと思います、
死に急ぐのは止めようかと…

| | コメント (0)
|

交換条件

今朝も早起きで「G線上のアリア」(300年前のバッハ作曲)と向き合っていました、
今、午前7時、チョット休憩しましょうかねぇ~、

灯油暖房機の油を補給するために室外へ出たら超寒かった、室外温度ゼロ度でした、室内は20度を切っている、わたし、パソコン前に分厚い外出用の暖房着を着こんで座っとる、

さて、
就活が一般的だけれど…わたしにはその就活は用が無い、
終活、これですわ、
音楽仲間に、わたしのあの世への旅立ちの際、「G線上のアリア」をやって、あの世への旅立ちを祝ってほしい、
と、言うてありましてね、わたし、棺桶の中から尺八吹くから、と、伝えてある、

棺桶の中から、尺八でこの曲を吹き、仲間と“コラボり”たい、ってこと、

この曲は、バイオリンの曲ですわ、
G線ってのは、バイオリンに張られている弦のことで、E線、A線、D線、G線の4本張られていて、G線ってのは一番低い音の部分を請け負う弦らしい、
バイオリンのG線1本だけで弾くことができる曲になっとって、で、曲名にそれが使われている、

バイオリンのG線だけで弾けるのなら、尺八1本で吹けなくもなかろう…と、思いましてね、
それに、この曲、わたし大好きですわ、
わたしの葬儀の際には、是非コレで仲間らとコラボロウかと思うわけです、

そう思うと、気合が入りますなぁ、

何度も楽譜をにらみ、ユチューのバイオリン独奏を幾度も聴き込み、「G線上のアリア」の尺八化を目指しています、
デケそうな気がしてきたです、
頑張ろうと思います、

実は、もう一曲、終活にピッタシ、の、曲がありましてね、ショパンの「エチュード」・別名「別れの曲」です、
コレもやりたいが、葬儀場が音楽会場になってしまうのもいかがかと思うし…

一方的に、某・音楽仲間に、「頼むでぇ~」と伝えてあるが、本気で受け止めてくれたかどうかはワッカラン、
次回出会ったら、
「あんたの方が、もし先やったら、僕があんたの希望曲を吹かせてもらうから…」と、
交換条件を提示してみようかと思う、

さぁ~がんばるぞ!!!

| | コメント (0)
|

2016年3月15日 (火)

尺八1本携えて

○白鵬・●琴勇輝、だったようですね、
白鵬は“左の張り手に右のかち上げ”で琴勇輝の体を浮かせ押し出した、と、今朝の日経スポーツ欄にある、

“左の張り手に右のかち上げ”が白鵬の得意技、
ダレカレ無しに、この手を使う、
禁じ手ではないとは言うもの、なんか大相撲にはふさわしくないですなぁ~、
わたしは、白鵬の相撲は好きじゃない、

対戦者は、空手の受けを稽古して臨んだらどうでしょうなぁ~、
で、土俵の中で、張り手と、ひじ打ちの対戦をする、
時には足払いに見せて、足蹴りをお見舞いしたらどうか、回し蹴りの大外払いだってあり得るのでは???

白鵬の相撲は嫌いです、見たくありません、
白鵬が土俵に上がったら、観客らは一斉に立ち上がって後ろ向きになるってのはどうだろう、背中に「殴り合いは観たくない」の大きなワッペン張って…
キット、警備員につまみ出されますよね、
つまみだされようじゃアァ~りませんか、わたしは、白鵬の張り手・かち上げは嫌いだ、

それに引き換え、米国のトランプ候補、TV視聴・見応えがありますな、
どこかのヤクザが吠えまくっとるような感じがある、
トランプ氏が大統領になって…
北へ向かって、ヤクザ口調で「斬首作戦の餌食にしたるドォ!!!」と、ひと声吠えたら、
どうなるでしょうなぁ~、

世界中の国々が、トランプ氏に戦線恐々になって…
わが国なんぞは、トランプ氏の思うがままに席巻されて、シャブリつくされたりするのかも…

<余談ですが…>
わたし、尺八の趣味と、魚釣りの趣味がある、
こうして、ダラダラ文章をブログル、コレも、ひょっとしたら趣味のひとつかも、
それぞれに順位を付けますとね、
1番が、魚釣り、
2番が、ダラダラ書き散らし、及び、アレコレその他、
3番が、暇つぶしの尺八
です、
未だ二十歳代の頃、いっとき夢中になって尺八稽古したことがあった、が、サラリーマンになって30数年間尺八からほぼ完全に遠ざかっていた、が、退職しエブリデイ・サンデイになって、暇つぶしに尺八を再開した、

暇つぶしに再開しただけの尺八ですけどね、
今、思うと、老後・生き甲斐のど真ん中に尺八が座っとる、
趣味判定順位を繰り上げましょうかねぇ~、1番より上位のゼロ(0)番ってことに…

世界中の叙情歌(唄)を尺八譜に直し採って試し吹く遊び、
これって、世界旅行のツァ~参加よりも勝っていると思いますよ、叙情歌(唄)には国々の風土がそのまま匂い立っています、そして心がコモっとる、
昔の曲から~最近の曲まで、自由自在に時空を超えたスリーディー旅行ですぜ、しかも、タダですわ、
今日の旅ですか???
300百年前のドイツです、バッハの「G線上のアリア」へ尺八1本携えて旅します、

| | コメント (2)
|

2016年3月14日 (月)

白星発進

琴奨菊が初日白星発進ですね、
相撲は一瞬の勝負だ、勝つときはもあれば、負けるときもある、
が、勝ちは勝ち、負けは負け、
琴奨菊は初日白星、
わたし、琴奨菊の大ファンですわ、

勝負のことなら、
1、 米国大統領選挙のトランプの動向
2、 夏の参院選の与党・野党対決
3、 負けてしまった“なでしこ”

1、 2、は、尺八ヅヅイが論評するようなことじゃない、
3、は、わたし、試合実況を視聴し、試合開始のとたん、“あぁ~これはダメダ、負ける”と、思った、

話は変わって、
昨日は、久しぶりに、沖へマダイ釣りに出ましたがね、

 マダイが釣れ始めた、の、情報、
 ユリタロウが、一緒に沖へ出てくれる
の、ことがあったから、風邪が未だ治りききれていない状態だが沖へ出たのですがね、
沖で、やっぱ体調が崩れた、
鼻水がダラダラ、クシャミ連発、咳が出てきた、熱も出て頭痛が始まった、
まだ、マダイが1尾、ハネ(小ぶりなスズキ)2本、だけしか釣れていなかったが、撤退しました、

艇内で、アレコレ話をしながら釣りしているわけだけれど…
彼・ユリタロウは朝日新聞の購読は止め、地元紙の神戸新聞購読に切り替えたらしい、
「日経新聞にした方がエエよ」と、わたし、
「日経と、日経産業新聞」は事務所で読みます、と、彼、
「そらそうだわな、神戸新聞だけで弁理士商売ヤットレンわな」とわたし、

今朝、ネット検索で、内田樹澈氏のブログを閲覧しました、
オモロイですなぁ~、
いつも氏のブログは興味深く読んでいますです、

| | コメント (0)
|

2016年3月13日 (日)

ダメだと思うけれど…

思うに…
A)芸術にはいろいろあるが、音楽ほど、精緻で、厳しい、世界は他には無いのでは、と、思う、
B)が、音楽ほど、軽ぁ~るく、エエ加減な接し方がデケルでける世界も、他にはあるまいと思う、
C)もうひとつ、音楽ほど、生れついた才能に左右される世界も、コレまた、他にはあるまいかと思ったりする、

ここに、3名の音楽関係者が居たとする、
A)理論派で、音楽理論に詳しく、作曲や編曲の才能があり、さまざまなジャンルの音楽を研究している、
B)根っからの音楽好きで、カラオケ大好き、演歌や童謡唱歌をたくさん知っていて、ほとんど楽譜も見ないでサラッと、弾くことができる、
C)絶対音感の持ち主で、正確な音程、正確極まりない拍子把握ができる、歌っても、ナニカ楽器を弾いても、すぐに曲趣を捉え、それなりのレベルで演奏ができる、

おもしろいですなぁ~、
この3名が、アンサンブル()音楽用語で合奏の意)を組んで演奏する、と、どうなると思われますか???
イ) それぞれの個性をそれぞれが発揮し、絶妙な、アンサンブルが生まれる
ロ) それぞれが自分の好き嫌いに固執し、自分以外の特質に違和感を感じ、変なチグハグが生じ、アンサンブルする際に、互いに不満を抑えるのにシンドイ気分がある、
と、ここに、
ハ)ってのがありましてね…合奏練習をする都度、毎回のことですが、
イ)と、なったり
ロ)と、なったりします

ビートルズは4名編成、ダークダックスも4名、分裂騒動があったスマップは5名、あぁ、ジャズバンドの山下洋輔トリオは3名、が。この3名長続きしませんな、しょちゅうメンバー交代がある、

あぁ、ここまで書き散らしたら、出発の時間が来た、今、午前5時、
今日はこれから、沖の様子を確かめに出てみようかと思う、
ボーズ覚悟で、今年初のマダイ釣りのツモリです、
ダメだと思うけれど…


| | コメント (1)
|

2016年3月12日 (土)

存在の種(タネ)すら無かった

今朝の日経新聞朝刊にヤマハ発動機のスポーツ・ボートの記事があった、
水上スキーを楽しむに特化したボートだが、その価格が半端じゃない、1183万円だとか、

ひょっとしたら、この遊び(水上スキー)は究極の遊びかも、快感・快感かも、
(ウエイクボードというて、水上スキーで、羽を背負って空中に舞い上がるのもある)

わたしだって、やってみたい、が、なんぼなんでも75歳のヅヅイでは無理でしょうよ、
(ユックリ目に引っ張ってもらって、ふんわり舞い上がるだけならデケン相談でもなさそうに思える)

が、ヤッパ無理かな、わたし、脚立に上がるのも怖い性質ですわ、快感なんぞ得られたりしないと思う)

わたしの愛艇「はまちどり」の係留マリーナにも、この水上スキー専用ボートが数隻係留されていますわ、
若いピチピチのネェチャンらが、若いムッチョ衆(男性)とやってきて、キャァキャア言いながら騒ぎまくっとる、
いやぁ~、実に、楽しそうですわ、
わたし、近づいたりしません、嫌われるに決まっとるから…
だって、わたしの目は、親のすねカジル道楽息子らを見る目になっとる、と、思う…
こういう若い衆らが、自費で、超高価な専用艇を購入デケタとは思えない、

以前、アレッ、事故ったのかな???
と、思って、海上に漂っているこの種の艇の様子見に近寄って、途中で“ハッ”と思って、近づくのを止めたことがある、
水上スキー艇は、海上で動きを止めて、プカァ~と浮かんでいるだけのことが多いのですわ、ナニしとるのでしょうなぁ、遠目には、トラブって、難儀しているような感じに見えるのですよね、

「東日本大震災」がらみの記事も今日で一段落、ですよね、
明日からは、桜の開花が、記事タネかな…

米韓軍事演習、断首作戦 VS 北ミサイル、国県の和解、原発稼働差し止め、山口組抗争…
楽しい記事は、桜の開花ダケかいな???

あぁ、尺八の吹きまくり、も、ええかげんにしないとなぁ~~、
自分でも、波平は大丈夫かいな???
と、思ったりする…
とか、言いながら、今日は、音丸の「船頭かわいや」を吹いてみようと思っとるよ、
この曲、ウエイクボードの連中は知らんだろう、
彼らの両親が未だ生まれる前の流行歌だ、
ウエイクボードの連中なんぞ、どこにもその存在の種すら無かった、の、唄だ、


| | コメント (0)
|

2016年3月11日 (金)

仏間遊びです

春の彼岸が近づきましたね、
2月末に風邪をひいて以来、未だにスッキリしません、
昨日久しぶりに港へ走り艇の掃除などしてきましたが、いましばらく沖へ出るのは我慢しましょかねぇ~、

以下、気の向くままに吹き散らしてみました、
風が冷たく、散歩へ出る気もしないので…

「When You wish Upon A Star」

「Autumn Leaves」

「サマータイム」

「テネシーワルツ」

「コロラドの月」

「スワニー」

「金髪のジェニー」

「シェナンドウー」

| | コメント (0)
|

赤ナマコが居た

高浜原発が地裁の運転差し止めを食らって停止した、
で、関電は電気代の値下げは、ヤァ~~メタ、と、言うた、

運転差し止めの理由は、
「危惧すべき点や疑問が残るのに、…安全性の説明を尽くしていない」

福島では原発がメルトダウンしたのだった、それも炉心の融解で…
核燃料は制御を失った状態で、地底へ地底へと落ち込み続けているのかな???
地底で再度臨界状態に達し、地下マグマと合体して吹き出してきたりしたらどうなるのや???

意味ありげな解説付きで、福島周辺の放射線量の報道がなされる、
常に、人体に影響ないレベル、の、言葉が添えられる、

原発周辺の地底温度変化が、未だ、1度も公表されていないような気がする、大丈夫なのだろうか???
壊れた原発の周辺を深く掘って氷の壁で囲む工事が進行しているようだ、
が、土壌温度が高くてヤバイから冷やそうとの目的があるのでは、と、思ったりする、
あぁ~、わたし、科学的な知識はほぼゼロですからね、信じないでくださいよ、

が、核燃料棒が集まると核融合が始まり、高温になって、で、発電していたのですよね、
で、今は、その核燃料棒が制御不能な状態で、炉心を突き抜けて地底へ落ち込み、未だ、どのような状況下にあるのか分っとらんのですよね、

だのに、安全性は確保された、とかで、再稼働が行われた、

「危惧すべき点や疑問が残るのに、…安全性の説明を尽くしていない」
わたしも、そう思う、


あぁ、昨日は、久しぶりに艇「はまちどり」の掃除に出かけてきた、
艇係留の桟橋の下に、大きな赤ナマコが居たから、タモで掬い捕(?)ってきた、
食品スーパーに出したら、キット、千円近くはすると思う代物ですわ、デカイです、
料理して、ひときれ口にホウバッタのですがね、
ナマコを噛む歯が…
わたし、硬い物を噛み食べる奥歯が老化で脱落・歯抜けなのだった、
ナマコは噛まないと美味しくありません、キャツはホオバッテいるだけでは美味しくない、とろけたりはしない、
上物なのですがねぇ~、どうしようもないですな、どうしましょう???

関電と、ナマコと、ナンの関係があるのや???
そんなことワッカラン、

艇係留の場所からすぐ近くに電源開発機構の石炭火力発電所がある、
同じ構内に関電の火力発電所が10年前まで稼働しとった、
で、10年前までは超高い煙突が2本あった、が、今は1本だけ、
関電は、また、ここに、石油火力発電所を再建設するらしい、
原発にしても石炭・石油発電所にしても、常に海に面して建設され、全面の海へは常時温排水が排出されている、
付近海域は常に海水温度が高くなっとって、魚魚らの生態系にゆがみが生じている、
最近の播磨灘は、もう昔の海ではありません、極めて人為的な生態系無茶苦茶の海になってきています、
なんぎですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2016年3月10日 (木)

はだかのまま、平気で昼寝

以前幾度か取材仕込みに応じたことのあるボート雑誌の記者から、久しぶりに、取材させて欲しいとの連絡が入った、
わたし、未だに、ボート釣りを楽しんでいますから、現役といっても良かろうかと思ったりするが、その実はもう静かなズズイのヨタヨタ釣りですわ、
で、「もう、わたしは、取材の対象にはなり得ないですよ、過去の人かもよ…」と返事、

が、そちらの近くに出かける用事もあるから…とかで、出会うことになった、

取材の「テーマ」は、“沖でボートから落水”がテーマだとか、特集記事になるらしい、
わたし、以前、単独外洋航行を試みるにあたり、幾度も、自ら艇から故意に落水し、対処のしかた試したりしたのだった、で、フッと、波平のバカを思い出されたらしい、
「はまちどり」艇には、他の艇で考えられない、老人特有の保安対策の工夫を施していましてね、これも写真に撮っておきたいとのことでもあった、
出会うのは明後日(土曜日)だ、愛艇「はまちどり」の係留桟橋で出会う、

今日はこれから、艇まで出かけて、少し、艇の掃除などをしてこようかと思う、
で、かみさんに、そう言うて…
つい口が滑って…
「わざわざパッパのところなんぞに来る必要はないのになぁ~、どこぞで、自分が、ボートから海へ転げ落ちてみたら、なんぼでも書ける…」と、
「また、そんなキツイことを…、そんなことをお話したらダメよ!!!」と、かみさん、

いやまったく、ボート族で、自ら落水実験をしてみた人って、不思議と居ないのですよねぇ~、

艇係留の桟橋の今日の海水温は8度程度だと思う、以下かも、
落水実験したりしませんよ、海中でモタモタしたら、そのまま死んでしまいかねない水温だ、
あぁ、ナマコが海中で昼寝しとったら、採ってこよう、
キャツは、はだかのまま、平気で昼寝しとる、

| | コメント (5)
|

アレも、コレも、気に食わん

尺八の独り稽古をしていて…
どうしても思った音が出ない、音に冴えが無い、
録音して聴きなおすと、浮ついた、徹しない、迷いの音だ、
ダメですなぁ~、頑張って、吹くほどに崩れる、ダメ、ダメ…

「スターダスト」を吹きながら、自分の尺八の音色・音質の悪さに、うんざりしとるのです、

ジャズと、他の五線譜音楽との差は、“音質・音色”評価の仕方にあるような気がしてならん、
ジャズは尺八古典本曲と似とるなぁ~~、の、想いがだんだん強まってきた、

音楽は、音程が狂っとっても、はたまた拍子がデタラメでも、音が生きていて、音色に冴えがあったら、それでエエような気がする、
コレ、変ですか???

あぁ、以前は、エエ音で吹けていたのか、と、問われたら、ら…
返事のしようがないですわ、
以前の自分の吹奏(尺八)音は、思いだしたくありません、
評価しがたいほど、ヘタクソだったことはマンズ間違いないからなぁ~、

五線譜音楽を好んで吹くようになって以来、
A) 正しい音程
B) 拍子をピタット
の、二つに、こだわり過ぎて、音色・音質のことがおろそかになっとる、
コレは確かだ、

「スターダスト」を本気で吹こうとして、自分の実際の吹奏力の貧弱さに呆れて、うんざりしとるのです、
ダメだ、ダメ、わしゃ、思いあがったらアカン、下手は下手、頑張ってもダメ!!!
ジャズを吹こうとしたら、あまりにも、自分の吹奏音の“音色・音質”の貧弱さに呆れ、落ち込んでしもうた、
自分は老いてしまった、稽古して上達するのを期待デケル歳ではなくなっとる!!!

サンダース氏(米国大統領選挙民主党候補者)は、今年、75歳におなりになるそうな、
すごいなぁ~、この歳になって、まだ米国大統領を目指しますか、
“歳には勝てん”を、知らんのか!!!

高浜原発が運転差し止めになった、
と、途端に、関電は、電気料金値下げは難しくなった、の、コメントを出した、
気に食わん物言いですなぁ~、狭量なもの言いだ、

“なでしこ”のこと…、必死で頑張っても、負けるときには負けるのですよね、
で、世間は監督を首にするの???

アレも、コレも、気に食わんですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2016年3月 9日 (水)

正気に戻したらなあかん、と、思うらしい…

竹友がアルトサックスの五線譜を送ってくれました、
「スターダスト」の楽譜です、
あぁ、この曲「スターダスト」(ジャズ)は、楽器ごとに、様々にアレンジされとって…
なにせジャズですからね、アドリブも半端じゃないわけだ、実に様々な楽譜がありますわ、

若かった頃の、恋の、それも失恋の想いを、甘く思い出す歌ですのでね、
人それぞれに恋の想い出はあるわけで…
で、楽譜は、なんぼでも演奏する者が変わるたびに“ジャズ変化”することになるのかなぁ~、

竹友が送ってくれた楽譜は実に良くできています、
いやぁ~実にスバラシイ!!!!

#記号二つの曲ですがね、尺八では楽器性能上、このままでは吹き辛いので、2度落として八長調譜に直し採って吹きます、
竹友は、伴奏用のカラオケも贈ってくれている、
で、このカラオケ音源もパソコンで移調調整し、これとセッション(合奏)して楽しみます、

様子を、収録してアップしてみたいのですが、だいぶ稽古してから後のことになりますわ、今すぐは無理です、
稽古の余地がだいぶある、これから数日間は、コレバッカシ吹いて過ごすことになりそうな気がします、

あぁ、こんなことで、夢中になっていますとね、
かみさんが、
「パッパは、五線譜中毒になっとるの??? 大丈夫???」
って、心配します、
愛犬・春子がね、心配そうな顔で、わたしの顔を舐めに来ます、
オトッツアン、気が狂っとる、正気に戻したらなあかん、と、思うらしい…

| | コメント (0)
|

2016年3月 8日 (火)

「スターダスト」

叙情歌(唄・曲)で最高のテーマはヤッパ“恋”でしょうなぁ~、
成就した恋の唄はダメ、だって、長年連れ添っていたら恋心も剥げてしまう
失恋の唄がエエ、
年取るほどに昇華され、熟成し、ほのかに甘い香りがする、
コレ、わたしの実感です!!!

ジャズを叙情歌(唄)ジャンルに入れるのは変ですか???
デンデン変じゃないよね、ジャズは叙情歌(唄)のど真ん中に座っとる、

ジャズの中に失恋の甘い恋の歌があるのです、
「STAR DUST(スターダスト)」って曲がある、1927年のジャズだ、
わしゃ、これこそが恋の歌の最高峰・叙情歌(唄)だと思う、

“ダレソレの「STAR DUST」”と、言わないと、通じが悪いかも、
原作曲はHoagy Carmichael、
だが、以来、様々にリカバーされとる、
ザ・ピーナッツも歌っとる、グレンミラーも、ルイアームストロングも、ナットキングコールも…
そして、波平だって尺八で…ナンチャッテ

この曲、尺八古典本曲の味わいがある、テンポはModeratoの曲、が、尺八では吹く際は尺八の呼吸・超スロー(Lento)で吹いてみたい、いわゆる滅茶苦茶流で…

「スターダスト」

| | コメント (0)
|

2016年3月 7日 (月)

泥付け編曲(?)

音楽理論を馬鹿にしているわけでは決してない、単に、勉強デケトランだけです、お許し願いたい、
今日も滅茶苦茶流を試みてあそんでいます、

アイルランドの民謡に「サリー・ガーデン」って唄がある、
若いころの恋の唄だ、実らなかった恋の…
好きですなぁ~、こういう曲は…
だって、“実らなかった恋心”の経験は、年老いるほどに新鮮味を帯びて蘇ったりする、
ある種の罪悪感と共に…
若いお方には信じられないと思うが…

昨日、竹友のコンサートを聴きに行ったのだった、
この竹友はほぼ50年数来の友でしてね、50年前、わたしは未だ二十歳台だったのだった、
往時を想いだしましてね、
で、この曲を吹いてみた、

が、が、オモロイですなぁ~、吹くほどに編曲しわたし独りだけの曲にしたくなった、
曲自体は短いフレーズの繰り返しです、
繰り返しの合間に、好き勝手な小細工を挿入しました、泥臭くしたッテことですわ、

「サリー・ガーデン」泥編曲(?)

| | コメント (0)
|

随分ヨボヨボ

 「保育園落ちた 日本死ね」の、報道で、
A)二つのことを思ったのだった、
A-(1)
A-(2)

そして、今、“コレ(「…日本死ね」)”が新たな展開(社会現象)を生みはじめたようだ、

B)「(♯保育園落ちたの)私だ」…()内に、様々な態様が特記されるなど、に、


A-(1)
女性は結婚したら、専業主婦に落ち着き、子育てに専念するのが一番良い…のかも
わたし波平は古い昔のヅヅイだなぁ~~
「…日本死ね」にはこの視点が希薄(欠落?)なのでは???
稼ぎ仕事の方が、子育てよりも、重視され推奨される社会、コレこそが問題なのではないか、
A-(2)
幼稚園と保育園、…幼稚園は不要だ、小学校以前は保育園だけで充分だ、と、思う、

B)…「…の、私だ」の、広がり、社会現象、
社会はグローバル化してきた、と、思っていた、グローバルの中に上手く包み込まれる術を心得るべきか、と
が、ヤッパ、自分自身のコト、コレこそが大切なのだった、
法の原点には、“公共の福祉に反しない限り云々”がある、
が、場合によれば、公共の福祉に反してでも、“わたし(私)”はわたしでありたい、の、価値観が芽生えてきた、
社会はますます複雑化する方向が鮮明になってきたみたい、

わたし波平自身の場合を考えてみた、
「…の、私だ」の“…”部分に、ナニを書き込みましょうかねぇ~、
1.「尺八を、もっと好き勝手に吹いていたいの、私だ」
現況がすでにこの状態をクリア~しとりますわ、吹きたければ吹いたらエエ、
2.「もっと好き勝手に魚釣りしたいの、私だ」
なら、そうすればエエ、今、ダレに制約されとるわけでもない、の、だった、
3.「もう歳は採りたくないの、私だ」
いつまでも若いままでありたい、在りたかった…
が、こればかりは、政府にたて突いても、どうにもならん、
難儀だ、残念だ、


<余談>

昨日は、竹友のコンサートを聴きに行きました、
JR高砂駅の近くに、兵庫県高砂総合庁舎がありましてね、この1階ロビーの一角で“アマチュア演奏家の集い”をやっとったのです、13組の本物アマチュアが出演された、竹友は6番目に登場し、奥さんの箏で尺八を吹いた、随分稽古したのだと思う、緊張の中、頑張って吹いていた、上出来だった、

番組の中ほどで、会場に集まった方らと全員で唄おう、の、場があった、
わたしも声出して唄った、となりにお座りだったジイチャンも歌っておられた、
なかに、「贈る言葉」があった、が、ジイチャンばぁちゃんらは唄えた、が、親御さんらに連れられて参加しとった小学生・中学生らには、既に古い歌になっとるようで、歌声が無かった、
世話方は、大変なご苦労だと思う、が、非常に良い音楽会だ、と、思った、
わたしも、できれば参加したいなぁ~、もうすこし若ければ…
わたし、他の方から観れば、随分ヨボヨボのヅヅイに観えるようだ、
迷惑をかけすぎるのはよろしくないですよね、

| | コメント (0)
|

2016年3月 6日 (日)

やたら懐かしい気分

今日は午後からコンサートを聴きに行こうと思っとる、竹友が奥さんの箏で宮城道雄作曲の「春の夜」を吹く、

わたし、若いころ、二十歳代の頃だが…夢中になって尺八を稽古していたのだった、
お世話になっていた三絃師匠が御高齢になって、で、稽古が途絶え、そのまま尺八から遠ざかった、
お師匠さんは三絃・箏の超・達人でいらした、わたしは尺八で師匠の三絃・箏のお相手をさせていただく中で尺八を教わっていた、

遠ざかって…
サラリーマン生活を通算40年近く続ける間、すっかり尺八から離れていた、

退職し、年金生活になって、また尺八を手にするようになった、
邦楽界はすっかり様変わりし、浦島太郎の心境だった、
尺八を手にしても、昔の自分は既に消え去っており、戸惑いがあった、
以来、10数年経った今でも、未だ“戸惑い”がある、
再開後は、明暗流(古典尺八・對山派)を、高砂のお住いの江夏白龍師からしばらく手ほどきしていただいた、

今朝起きて、今日の竹友のコンサートのことを思い、たしか彼は「楓の花」を吹くとか言うとったな、と、思って、
で、三曲(箏・三絃・尺八)関係の譜面棚から、かつて夢中になって稽古したことのある「楓の花」の譜面を取り出し、黙読した、
この曲は大きな曲で、演奏時間は約20分、読むほどにのめり込み、譜面に書き込んであるアレコレが、あぁ~そうだった、この箇所は、いつも難儀したのだったなぁ~、などと思い出したりした…
松阪検校の作曲で明治新曲のひとつ、派手派手で、明るく若い気分ムンムンの曲、不思議と読めますわ、するする読めます、尺八を手にしたら即吹けそうに思う、

で、コンサートの案内をもう一度確認しておこう、場所や、時間を確かめておこう、と、案内を見直した、
あれれ、演奏予定曲は「楓の花」じゃなかった「春の夜」だった、「楓花」は彼・竹友の芸名(?)かも、

で、また、譜面棚から「春の夜」を取り出して黙読、
宮城道雄の作曲、「楓の花」も邦楽界では新しい感じの曲だが、「春の夜」は、また一段と現代的な匂いムンムンの曲、
オーバーな言い方になるが、「春の海」と似た趣の曲、
五線譜に取り直して、数種の洋楽器でアンサンブったら、結構今の社会にフイッとするかもと思ったりする、

黙読だけでは物足らず、少し吹いてみた

「春の夜」出だし部分…一部わざと甲乙逆に吹いています、唄への沿い吹きのつもりで

「春の夜」手事の一部を抜粋吹きしてみた

今、3月6日、朝9時、庭の梅が満開だ、
「春の夜」じゃない、「春の朝」だね、
昔の若かった頃を思い出し、やたら懐かしい気分ですだ、


| | コメント (0)
|

2016年3月 5日 (土)

「阿弥陀堂だより・風のワルツ」 加古隆作曲


息継ぎのまずさ、指繰りのまずさ、が、気になる、
でも、気持をこめて吹いたつもり、

滅茶苦茶というか、無茶苦茶というか、の、変な作曲や、アレコレ曲のド勝手沿い吹きを試みたりバッカでは、気が狂ってしまいかねないから、時には、こういうのも吹いたりする、

| | コメント (0)
|

風邪ヒキ券??

今朝はユーチューブで「加古 隆」の曲をハシゴしています、この方の曲はどれもこれも実にすばらしい、
なかでも映画「阿弥陀堂だより」のタイトルバックに使われている曲「風のワルツ」、これが実に実にすばらしい、
例によって、尺八で吹いてみたいと思って、で、既に尺八譜に直し採っていますから、夜が明けて尺八吹いてもエエ時間になったらまた吹いてみようと思う、
コレ吹けば、何とか“昨夜来のネジレ気分”が治まるような気がする、

(風邪ヒキが治りかけているのに、コジレそうで嫌な予感がある、なんとかしたい)

“ネジレ気分”の原因は判っとる、
1. 辺野古訴訟・国と沖縄県の和解成立
2. “なでしこ”が中国に惨敗

1. 和解成立
北朝鮮のダマシ交渉手法を安倍政権は真似ようとしているな、と、思った、
沖縄知事に引き際の見せかけチャンスを与え、手土産持(交付金積み上げ)たせて、治めるつもりか、
2.“なでしこ”惨敗
午後7時半開始の試合は、わたし、いつもならもう熟睡の時間帯だ、が、頑張って起きていてTV観戦、
試合開始と同時に、あぁ~ダメダ、と、思った、なでしこ選手の動きがあきらかに中国に劣っている、
と、すんなり1点取られた、で、TVを切った,この調子だと3・4点取られるだろうと思った、
今朝確かめたら1-2で敗れていた、必死で頑張ったのだと思う、
ナニが“なでしこ選手”の動きを縛りあげたのだろう???

トランプ氏の指名争い、北朝鮮国連決議、関電原発再開の度重なる不手際…
マイナス金利、民主と維新の合体、ベッキーの不倫、清原選手の生き様などなど…
国内外に不穏な空気が漂っていますなぁ~、
大丈夫かいな???
大丈夫じゃない、と、思いますよ~

あぁ、わたしの風邪ヒキですが、原因は判っています、
先週、木曜日に、市内の某天然温泉に入浴補助券(300円券)を使って、昼間からやたら長時間入浴したのが原因だと思う、
三木市内の高齢者には、市のお情けで、コレ(風邪ヒキ券?)が配布されとるのです、
慣れないことはしたらダメですな、自宅の風呂で我慢我慢、

| | コメント (0)
|

2016年3月 4日 (金)

合いの手のコツ

音楽は12律の枠にはめ込まれてしもうた、
アンサンブル、これが音楽の中心に座ってしもうた、
ド下手な者の出番がなくなった、オモロないですなぁ~

自分独りで自宅仏間に引き籠り尺八吹いて楽しむだけなら、好き放題にケッタイナ音を気のすむまま吹いていたらエエ、
が、この場合でも、ひとつだけ、制約を設けたい、“楽譜に残す”これは必要だと思う、
五線譜様式にこだわる必要はない、自分で解読できたらそれでエエ、

「釣りの趣」は、今後、また気が向いたら、あとを続けようと思う、忘れればそれまでのこと、
要するに、極めてエエ加減、後期高齢者は、命そのものがすでにエエ加減なのだ、こだわらない、
波平流滅茶苦茶作曲は、隠居ヅヅイの暇つぶし以外の何物でもない、
さぁ~て、今日は、ナニして、暇をつぶしましょうかねぇ~、

昨日から、実は、「シクラメンのかおり」を稽古しています、
稽古といっても、メロデイを吹こうとしているわけじゃない、我流の邪魔吹き(?)を試みているのです、
ナンジャソレ???
布施明がバンド演奏をバックに歌っとるのをユーチューブで聴きながら…
尺八で、沿い吹きしてやろう、の、稽古なのです、
コレッって、“セカンド譜”というたりするのですよね、

わたし、独りで老人ホームなどへ尺八吹奏ボランタリーで出かけたりしていました、
で、ご老人らに唄っていただいて、わたしは、尺八でその曲のメロデイ部を吹いていました、
尺八でもご老人と同様のメロデイ部を吹いていたってこと、
と、時に、唄っておられた老人が、唄うのを止めて尺八に聴き入ってしまったりなさる、
唄っていなかった他のご老人らが、唄っている老人に「唄うのは止めろ!!!」と制止なさったりする、
コレッテ、興ざめになってしもうて…
で、わたしとしては、ご老人らが気持ちよく歌い始められたら、メロデイ部の尺八吹奏は止めて、とっさにご老人の唄声の伴奏にまわりたい、セカンド譜吹きを適当にあしらって吹きつつ、ご老人の歌を盛り上げたい、
と、ずっと、この気持ちがあったのです、

で、滅茶苦茶自分勝手流作曲を志したこの際、この、即興“沿い吹き(合いの手吹き)”がデケンかどうか、を、探ってみようかと、と、思いましてね、手探り挑戦を始めました、
今の段階ですか???
正真正銘のメッチャックチャです、ぶっ壊し以外のナニモノでもない、
“コード”理論が理解し得ていたら、稽古すべき方向くらいはわかるのであろうと思う、が、が、わしゃ、そんなことには関わってはおらん、
なんとか、波平流“ド勝手アンサンブル”を、工夫デケンものか、と、思う、
民謡でいう“合いの手”の、“コツ”を探したい、

あぁ~、忙しい!!!


追記

ユーチューブから歌手が歌っているのを丸ごとダウンロードしましてね、
これを1尺8寸管のキーに変換しました、
ソレを鳴らし、歌手が歌う声を聴きながら、沿い吹きを試みています、
メロデイをなぞるのではなく、セカンドを吹く気持で…
が、才能がデンデン足らんようだ、文字通り滅茶苦茶吹きにしかならんですなぁ~、
吹きながら思います、
ジャカマシイ!!! って、 
音を出すな!!!!って、

ただ、これだけを繰り返している、
繰り返すほどに、自分の音楽祭の貧弱さに打ちひしがれることであります

ナニか得るところがあるでしょうか???
たしかに暇つぶしにはなっていますがね、

まぁ、とにかく、しばらく続けてみます、

なんぞ、思いつくことがあるかも知れないから…
が、思いついたら、ら、それでセカンド譜が吹けますか???
そんな都合のエエ話はないですよねぇ~~~、
究極の隠居遊びかもな

| | コメント (0)
|

2016年3月 3日 (木)

「釣りの趣・第1楽章」


Photo

飾らずに、わたし波平の釣りをそのまま尺八で吹きますとね、こうなるのですわ、

こんなのは、音楽でも何でもない、
バッカじゃないか!!!

が、コレが波平の釣りですわ、
この環境の中へ、わたしは逃げ込んで暫時の休憩を取ってきた、
で、なんとか今まで生き得ている、

真っ暗闇のような、救いがないような、混沌とした中へ釣り糸を垂れて、ココに救いを得てきました、

「釣りの趣」なんでいうと、明るい、楽しい、雰囲気をご想像なさるお方が多い、と、思う、
が、そうでもないのだよなぁ~、
少なくとも、わたしには…
ココへ潜り込めば、間違いなく、わたしはゆっくり休めたのですわ、
変でしょうか???
そうでもないと思うがなぁ~~
ダレにだって、逃げ場があったのじゃないの????

| | コメント (4)
|

ごめんなさい

風邪ヒキ後、今日で7日目、ほぼ完治、
代わって、かみさんの風邪症状が本格化してきた、
愛犬・春子は大丈夫、元気で跳ね回っとる、

春子は昨年の3月生まれだ、で、単純に「春子」と名付けた、今月で満1歳、
小型犬は得てして長生きだ、と、わたしら夫婦が先に逝く公算が大きい、
子犬を飼うのは止めようと思っていたが、飼ってしまった、
飼ってみて想う、われわれ夫婦は春子に飼われているのかも、と、

さて、つい先日のこと、竹友から、彼の母校(中学校時代)校歌の尺八譜移転を依頼され、応じたのだった、
と、村の真言寺院経営の幼稚園の園歌の五線譜が追って送られてきて、コレも尺八譜への移転を要請され、応じた、
なんてことない作業(?)だった、
と、この作業を期に、“ナニカが腹の底に淀んだ”のを感じた、

他愛のない2曲であった、が、簡素で素晴らしい2曲だった、
竹友もわたしと同じ老人で、生まれ故郷にそのまま居ついた老人だ、次回の村の集まりで吹くつもりらしい、彼なら心を込めて吹くことが可能だと思う、まっすぐな爺さんだ、

が、腹の底に淀んだのはナニ???

風邪気味が本格風邪になり、高熱で、フーラフ~ラしながらではあったが、腹底の淀みを確かめた、
腹底の淀みから返事があった、淀みは言うた、
「滅茶苦茶でエエから、とにかく吹き散らしてみたらどうか」と、

“無茶苦茶吹き(作曲)”を、はじめることにしよう、と、決めた、
昨日までに、既に4曲アップした、
今日は5曲目のメチャクチャ(滅茶苦茶)に挑戦してみたい、
課題は既に決めている、“魚釣り気分”を尺八譜にしてみたい、と、コレだ…

書棚から伊藤圭一著「釣りの風景」を取り出して読み返している、
魚釣りをテーマにした「本」には最近こそご無沙汰だが、数十年来読み漁っていてその大概は読み捨てている、が、捨てがたく書棚に残るのも多い、なかでも、この著作は魚釣りの詩情豊かさを語るにおいては他に類を見ない「本」だ、
魚釣りに技術論は不要、“本物の魚釣り気分”を書くに、伊藤圭一著「釣りの風景」を超えるものには、わたし、未だに1度もであっていない、

読み返すほどに、胸中に釣り気分が湧き出てくるのを覚える、この気分を尺八譜へ移し採りたい、
が、どうしたらエエのかワッカラン、配線がつながっとらん、採れない、
もどかしいですなぁ~、

ハッ、と、気付いたことがある、
無理やりに、メロデイを探ろうとするからダメなのかも、と、
“釣り気分”が、はたして、メロデイ化に馴染むだろうか???
が、音楽は、“音”だ、
釣り気分を1音だけで顕そうとしたら、どの音を使ったらエエの…???
と、ここまで考えて、気持ちが定まった、
なぁ~んだ、無茶苦茶流でよかったのだった、
今日は、1音だけの棒吹きを探りに探って、これを第5曲目の作曲作品にしようかと思う、

わけのわからんことのダラダラ書き、お目通しいただいたお方にお詫びをひとこと、
ごめんなさいdown

| | コメント (0)
|

2016年3月 2日 (水)

「波平家の梅ノ木」


P3020009_3


小さなテーブルをココにおいて机代わりにしています、真正面に梅ノ木が見えます、
コレへミツバチが来たり、メジロがきたりします、今、6分咲きかな、
この梅ノ木を尺八で吹いてみたらこんな感じかなって思って…

たった今いきなり吹いて、で、紙に譜を書きつけたダケのこと、
作曲なんてレベルの代物じゃない、
無茶苦茶・波平流の第4弾ですだ、
Img001_3

| | コメント (0)
|

煙がモワァ~

“トヨタ自動車とヤンマー、マリン事業で業務提携…次世代船体を共同開発”…今朝の日経新聞11面記事
さっそくネット検索、スゴイ高性能な艇になっとるような気がする、欲しいなぁ~、
高嶺の花かぁ~~

フル装備のプレジャーボートは、即、軍用に使用可能だと思いますよ、
魚探はそのまま敵潜水艦の探知に使える、レーダーやGPS関連機能はミサイル迎撃用に対応可能なレベルだと思う、

だが、ボートは、海面に浮かべた状態で使用するのですよね、波に翻弄されながら…

海中を自在に航行でける海中ドローン(潜水)艇(プレジャーボート)があってよかろうかと思う、

次世代の魚釣りは、魚の住む海中まで潜水艇で潜って、魚釣りすることになるのではないでしょうかねぇ~~
海上保安庁もウカウカしとれん、守備範囲を海中まで広げなければ…
潜水艦を装備し、潜りの(違法)魚釣り艇を摘発だ、

昔はのんびりした魚釣りが楽しめたなぁ~、波に浮かんで、プッカン・プッカンしながら魚を釣ったりしたのだった、
…って、昔を懐かしがったりして
これ、何年後のこと???

意外と近い将来、小型潜水艇が現実化するであろうことは容易に想像できますわな、

先の太平洋戦争の際、わが帝国海軍は真珠湾沖に忍び入った大型潜水艦から、魚雷型特殊潜航艇を海中発進させた、1941年12月7日のことだったそうな、真珠湾攻撃の1日前ですわ、

冒頭のトヨタとヤンマーが業務提携、その気になれば、アッという間に、プレジャー用魚釣り潜水艇がデケルような気がする、
欲しいですなぁ~、

潜水艇に乗って、乙姫様の居られる竜宮へ行きたい!!!!
玉手箱もらって、煙がモワァ~
あぁ~究極の釣り師の姿かな!!!

<余談・浦島礁>
日本海・丹後半島・経が岬沖約10マイルに浦島礁がある、ここに竜宮城現存???
右サイドバー・“日本列島魚釣り周航記”の「岬波1・22頁」に周航往時の記録がある、

<余談2>
滅茶苦茶作曲第4弾はナニにしましょうかねぇ~、

| | コメント (0)
|

2016年3月 1日 (火)

無茶苦茶吹きの第3弾

「播磨灘」

コレが音楽か???
メチャクチャや!!!

でも、かまわんのです、どうせわたし・波平だけしか吹くことのない曲だ、
ああ~、一応きちんと尺八譜にしてあるのですよ、いつでも再度吹くことが可能です、

愛艇「はまちどり」(24Ft 140HP船外機仕様)艇を持っていて、およそ50数年間、播磨灘での沖釣りを楽しんで今に至ったのだ、
ワシャ、本物の釣キチですわ、

マイ・テリトリー・播磨灘を曲にしたらこうなったってこと、
ダレか、文句あっか!!!

わが国は島国、周辺は海だ、
播磨灘はなかでも特別の海域、我が国の歴史のど真ん中の海、

古典尺本曲に「霧海ジ」って曲がある、
出だし部分をここから少しパックっている、
播磨灘を吹くにあたり、謹んで身を清めて吹きたいと思ったから…
「霧海ジ」から吹き始めないと、「播磨灘」は吹けなかった、
仏間に籠り、まず「霧海ジ」を吹き、そして、その心で「播磨灘」を一気に作ったのですよ、

| | コメント (3)
|

究極の贅沢遊びかも

先週金曜日に風邪症状が出て、翌土曜日に内科受診、今日は発症日から数えて5日目、
未だに体調が戻らない、
咳が出るようになった、ティッシュペーパーが手放せない、微熱がある、薬を服用後は車の運転はしないでください、と、ある、

明日は某老人施設へボランティア吹奏に出かける日、このままでは無理だと思う、
インフルエンザではないことは確かなのだが、こんな体調で老人施設をボラン訪問するなどはデッタイに避けねばならん、

「本」でも読んで、静かに過ごすしかないわけだが気力が萎えていてその気になれない、
薬のせいで眠いのだと思う、横になればすぐに寝入る、が、半睡眠の状態で、ナニやカニやの葛藤の中でモガク自分と戦うことになる、安静が安静にならん、

音楽知識まったくゼロの状態の中、たまたま尺八を吹くことだけ覚え、今は、コレが余生の杖になっとる、
尺八・杖を頼りに、なんでもかでも、手あたり次第、尺八譜へ採譜し試し吹いて遊んでいるが…、
遊びの対象が、音楽ジャンルが、ダンダン拡散し、五線譜の世界をはみ出すに至って…
要するに“音楽ってのは無茶苦茶”でもオモロければエエってことだな、と、思うようになった、

試してみようか、と、思うようになり…
2曲ばかり作曲してみた、
「柴山港の唄」
「志染の春」

今日は、三曲目に挑戦、「播磨灘」を尺八譜に書き出してみたい、気の向くままに譜並べをしてみたい、
生きているからは、吐く息・吸う息があり、常時不正脈に悩まされてはいるがそれなりの脈動もある、
無茶苦茶吹きで満足なら、充分可能だと思う、

最初の曲「柴山港の唄」だが…
出だしのフレーズは、赤子が誕生後、最小の「オギャァ~~、オギャァ~~」を譜取りしたつもりだ、
♪ チ ハ ハ(メ)・チ ハ ハ(メ)…♪
で、ココからスタートしたら、想いが急角度で高揚し抑えがたくなった、で、そのまま、吹き切った、
と、ただそれだけ曲、
こんなのを曲だなんて…が、構わんことにする、

二曲目の「志染の春」だが
わが家は三木市の志染町にありましてね、周辺は未だ自然豊かなのですわ、
風邪で鼻汁をすすりながらガラス戸越しに庭の梅の木を眺めていますとね、小鳥の鳴き声を真似吹いてみたくなったのでした、
出だしは、カラスの鳴き声のツモリです、以下、ウグイスやホトトギスやメジロなどなど…
小鳥の鳴き声は、耳コピーに自信はないですが、ドレミハ…で歌っとるわけじゃない、コレは確かですな、
注意して聴くと、オクターブ違いの声の組み合わせが多いような気がする、と、間のありかた、かな、
あとは成り行きですわ、好き勝手に吹いただけのこと、

西欧の五線譜音楽には公式のようなものがあって、音の高低、拍子のあり方、などなどが、詳細に研究され数式化され、感情との対比が決めつけられたようなクサリで縛られまくっとる、
わしゃ、勉強したい気持ちはあるが、今更、もうどうでもエエような気がして、こちらが勝る、頭が悪すぎる、
好き勝手な滅茶苦茶作曲、と、これなら…大丈夫、
この遊びって、ひょっとしたら究極の贅沢遊びかも、と、思ったりする、


| | コメント (0)
|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »