« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

稽古に疲れてしもうた

プロ楽団なら、演奏直前に配布された楽譜を見て、いきなりピタット演奏が可能だそうです、
が、ド素人の、わたしなどは、デンデン、こんなことは不可能、
で、時間をかけて少しずつ稽古します、

A)楽譜を見ながら、楽譜に、自分なりのイロイロな印や、記号を書きつけながら、何度も何度も稽古します、

が、稽古には、今、ひとつ、別の(稽古)方法がある、

B)楽譜を見る前に、どんな曲かを、ユーチューブで幾度も幾度も聴いて覚えてしまうのです、
この場合は、もう楽譜はバサ~と眺め見るだけ、

音楽に接する態度としては、A*B、どちらが正しいのでしよう???

と、もうひとつ、別次元の構え方がある、

阿波踊りの伴奏曲(「ぞめき囃子」)を稽古していて気が付きましたが、
ダンス音楽などは、
 ダンスが中心ですか??…ダンスに合わせて演奏する
 曲が中心ですか??  …曲に合わせてダンスする

映画のテーマ曲などは、映画の台本に沿った作曲ですよね、
いろいろ考えると、どうも、音楽は二次的な位置づけの中にあるようだ、
ダンスが中心になっとるようだってこと、

わたし、運動神経がメッチャ悪い、身体の動きが超トロイ、
ダンスなんぞ、したことないし、盆踊りなんぞ参加したことない、
ゴルフのクラブを数回振ったことが在るが、下に置いた球に当たらんかった、
そうなのです、わたし、拍子を採るのが、超下手ですわ、
拍子のズボラな尺八古典本曲をゴマカシ吹くことはデケル、
が、オタマジャクシが飛び跳ねる五線譜曲は、いつまでたっても、上手く吹きこなし得ない、
どうしましょう???

どうしましょう???
って、波平どんに問われたって、
閲覧中の皆さんらは返事にお困りですよねぇ~、
「ナニを馬鹿なこと言うとるのや!!」て、な、ことかな???
が、
わたしにとっては、コレって、生死にかかわる重大事ですぜ、

それほどでもないかぁ~~
アァ~シンド、
稽古に疲れてしもうた、

| | コメント (0)
|

どうなったってかまわんけれど…

今まで政府の総務省事務次官だったお人を、首相が説き伏せて、東京都知事に任命するからには、「地方自治法」を改正し、首都を政府直轄にするそれなりの問題意識が無ければならん、
だって、東京都を⇒東京省、にするのと同じじゃないですか!!!

国家体制の大変革でっせ、わかっとるのかな???
コレって、なんだか戦時体制のような気がしますが、どうでしょう???

小池氏の都知事選出馬も、ホントは好ましくないです、
彼女は与党の国会議員だ、天下って地方自治の頂点に座るってのは、わが国の地方自治体制の在り方からは好ましくないのではなかろうか、

東京都庁の知事室や知事室につながる廊下などには、舛添氏購入の裸婦会ナンゾか掛かっているのかなぁ~、
小池氏がもし知事におなりなら、裸婦絵がどうしましょう???
彼女は独身でいらっしゃる、舛添氏好みの裸婦なんぞ捨て去ったほうがエエ、

あぁ、東京五輪関連ですが、スポーツ界は、男性より女性ががんばっとる感じが濃厚ですね、
美人の都知事はそれなりに、映えるかもですよね、
わたし、彼女の応援しとるつもりはありませんよ、
反対だってことでもないよ、が、少し心配しとる、大丈夫かいな???
石原大臣が「電話しても彼女は電話に出ない」と、ぼやいているとかの報道がある、
振られたのだね、
小泉親子が、猛烈応援を始めそうな気がしますなぁ~、

さて、国際情勢、
英国のEU離脱騒ぎですが、EUを落ち目になった古代ローマ帝国になぞらえる見方があるようですね、なるほどなあ~、って、感じですなぁ~、
ある種、的を得た見方だと思いますわ、

トランプ氏が、俺が大統領になったら、TPPなんぞ蹴っ飛ばす、と、言うたとか、とか、
ホンマかいな???
TPPってのは、貿易の関税などのことですよね、
自国の遅れた技術や能力が、他国の安い商品の輸入で、押さえつけられる、
で、他国からの輸入の際には高い関税掛けて輸入し難くし、
で、で、逆に、他国へ輸出の際は、他国を脅し圧力掛けて、輸入関税や各種規制を下げさせる、
トランプ氏は、輸入時の自国の関税に関心があるのか、輸出時の他国の関税に関心があるのか、どちらでしょうなぁ~、
まさか、他国の関税を軍事圧力で脅し、下げさせようッテことではないでしょうな、
わが国なんぞは、脅されたラ、すぐに尻尾を巻きますわ、

嫌な、おっさんですなぁ~、
米国ってのは、この種のおっさんがぎょうさん居るのですよね、
だって、トランプ氏の評判はけっこうエエのでしょう???

| | コメント (2)
|

2016年6月29日 (水)

わしゃダメダdown

沖は凪いでいたと思う、風は無さそうだった、
が、ツユ雨がシトシト降っとった、
魚釣りに出る気力が沸かなかった、

いつものように仏間に籠って尺八の稽古をしていた、
尺八は吹かず、ただ、歌手が歌っとるユーチューブを、幾度も、幾度も、イヤホンで聴いていた、

A/楽譜を観て吹く稽古
B/ユーチューブを聴くだけの稽古、

A⇒が、正しい、と、思う、
B⇒は、マヤカシの稽古だ、自分を麻薬でダマス趣がある、

が、しばらく、Bに、挑戦してみようと思う、

ユーチューブは聴いても、コレに採りこまれないように気を付けていた、
自分を捨て、失ってまで、音楽にのめり込む気はさらさらない、
が、今は、ユーチューブを耳にタコができるまで聴いてみようかと思っとる、

もう呆け始めた頭だ、耳も呆け始めていて、たよりないこと実に甚だしい、
聴きに聴いているが、全然楽しくない、
こんな音楽に染まりたくない、の、気持ちが、強まるばかりで、耳にタコが育ち難い、
ナント、頑固なヅヅイだこと、
わしゃダメダdown

| | コメント (0)
|

ルール

新聞もTVも、コマーシャル収入や、視聴率云々のことが真っ先にあるのですよねぇ、
記事が、報道内容が、コマーシャル収入や、視聴率アップにつながるかどうか…

英国のEU離脱に絡む報道も、
ナニを記事にしたら、どんな映像を流したら、ら、読者・視聴者らが喜ぶか…

実際に、英国内で、EU世界で生じていることが知りたいですなぁ~、

信頼置ける第三者、の、話が聞きたい、
が、ケッタイナ、逆切れ弁護士なんぞは嫌だよ、

国民投票をやり直ししますか???
やり直した国民投票に不満があると、又、三度目の国民投票をするの???
キリがないですよね、

野球のルールですが、
ストライク3つで、アウト、になる、
が、
ボールなら、4球まで許される、ボヤァ~と突っ立ていただけで出塁デケル、

やり直し国民投票は何回まで許されますかねぇ~

“選ぶ”と、いうことの意味、
A) たとえ間違っていても、選んだ道に進むべき、…で、しょうか???
B) 即座に正道へ戻るべき…で、しょうか????

コト(事)によりますよねぇ~、
このたびの、EU離脱選択は、
A型、でしょうか、
B型、でしょうか、

政治の在り方は、多数決が原点だ、
国民投票は政治の直接選挙の最たるものだ、
多数決に従ずして正義は生まれ得ない、の、ですよね、
たとえ選んだ総統がヒットラーでも…

英国は、選んだ離脱の道を進むべきかと思う、コレ、波平ドンの想いです、
少なくとも、しばらくは、進んでみて、以後のことを考えるべきかとワシャ思う、
国民投票の結果を疑いダラダラ過ごして、正義が行われる、とは、どうしても、わたしには想えない、

歴史にゆだねるしかない、と、想う、

あぁ、参院選挙・都知事選、も、またしかりかぁ~、
が、現世では往々にして、けったいな、オッサン・オバハンが当選するのだよなぁ~、

| | コメント (0)
|

2016年6月28日 (火)

対岸の火事???

対岸の火事ですよね、英国のEU離脱騒ぎは、
エエカイナ???

ワッカランですなぁ~~

EUに似た組織にNATOがありますね、ソ連のワルシャワ機構に向き合う軍事組織、
英国のEU離脱は、NATO組織に、どう影響しますかね???
ソ連が分解し、ロシアになって、もうどうでもよくなったのかな??
ワッカランナァ~~、

英国陸軍はバクパイプを吹き鳴らすじゃないですか、勇ましいですなぁ~、
曲名が「勇敢なるスコットランド」だ、
そのスコットランド、は、英国から離脱したがっとるのですよね、
複雑ですなぁ~、

明治維新の昔から、英国はいろいろな面でわが国の模範だった、
で、このたびの離脱騒ぎも、キット、わが国は模範にするのでしょうなあ~、
トランプがこれ以上エエ加減なことを言うたら、日米安否体制からの離脱が取りざたされるようになるでしょうよ、

レベルは違うと思いますが、英国と米国との間にも、EU関係とは別に、日米安保のような関係があるのだろうと思うけれど、これも、今後ネジレルのかなぁ~、
中国が変な銀行作った際、英国は賛成し出資したのではなかったかな、米国が嫌がるのに…、
わが国は、米国言いなりだから、参加しなかったですよね、

自由な民主主義の模範国家が、国民投票で離脱を決めて、で、直後に、国民投票のやり直しを模索するざまだ、ええ加減を絵に描いた図だ、“自由な模範的・民主主義”が、聴いてあきれる、
英国は未だに人種差別の国なのだった、アングロサクソンの国で、貴族階級が厳然と存在し、二院制はとはいえ、下院は貴族でないと議員資格が無い階級社会、
離脱騒ぎは、中東難民の流入を拒否したいから、これが最大の理由ですよね、

宗教面でも、ローマ法王系じゃなく、これに対抗する(?)イギリス独自の組織ですわ、
イスラムの、スンニー・シーア、を、思うじゃないですか、
プーチン氏が、ヨッシャ、オレの出番が来たぞ、
と…トンビが油揚げの心境かもな、

ヒマヒマ隠居は六なことを考えないですなぁ~、
対岸の火事かぁ~、
木枯紋次郎なら言うでしょうよ、
「あっしには、関わりのねぇ~ことでござんす」

| | コメント (0)
|

2016年6月27日 (月)

腹が減って寝ておれん

“木から落ちても猿はサル、議員は落選すればただの人”

民進党の岡田代表は、接戦地区の応援に出かけ、言わずもがなの弱音を吐いていますね、
応援の某氏が落選なら、自分も党代表から⇒降りる、タダの議員になる、と、発言なさったようだ、
気持ちが下向きだ、足引っ張りの応援だよなぁ~~、
もう少し、元気の出る応援の言葉ってなかったのかな、

昨夜は、異例の深夜まで起きていましてね、で、今朝は遅くまで寝ていた、
起きてもヤッパよれよれヅヅイだった、

音楽演奏趣味の者らが一様に落ち込む穴があるのですよねぇ~、
自分の下手さを、素直に自覚することから逃げたい気持ちがある、
で、ハッと気づいて、ダメダコリャ!!!
穴に落ち込んでショゲル、
コレですわ、

わたし、今でこそ、五線譜を見れば、スルスルと尺八譜へ書き換えることがデケル、
この間に、メロデイの流れを感じ取って、あぁ~エエ曲だって思ったりする、
が、ここまでですわ、

移し採った尺八譜が、吹きこなせるかというと、コレは全く別次元の話、
ダメだってこと、
そらそうだよなぁ~、

音楽はある種の麻薬かも、やり始めたらキリがなくなる、

音楽は“命”と一緒、“人間の心”と同じですからね、
出力100Wほどのアンプ形式の墓石があったら、エエのに…
わたし、墓石の下から尺八吹きまくって遊びまっせ、身体は死んでも魂は生きとるぞ!!!
ジャカマシイ墓石だなぁ~なんて、ことになるかもよ、

あぁ、今日は、ブログのサーバーがダウンしとって、今まで(昼・12時半)動かなかったのですわ、
なんぼ何でも、昼まで寝とったわけじゃない、
ほんなもん、腹が減って寝ておれんですわ、


| | コメント (0)
|

2016年6月26日 (日)

日本文化は守りたい

第二次世界大戦後、ソ連と、アメリカが、対立したのだった、
その中間に、欧州各国があった、
それらがEUって組織を作り、一定の均衡が保たれ、今に至った、

世界は複雑化しつつある、
ナニがどうなるか、わかったもんじゃない!!!
イギリスは、わが身の保身を選び、“EU離脱”の方向を選んだ、かつては海外進出を国是とした国が鎖国を選んだ、
わが国は、ナニを選び、どう身を処しましょうかねぇ~、ただ翻弄され、気が付くとホンハイ買収されとった、ってなことになるのかもかも…

英国は離脱方向が決まったのち、まず米国と、今まで同様の関係保持確認の動きをしたようですね、
保身を図りながら、離脱から生ずるマイナス面からどう身を護るか、プラス面をしっかり握りながら…
セコイ保身術に長けた指導者(後任首相)をどう選ぶか、
なんなら、わが国から某氏(?)を助っ人に派遣してさしあげたらどうでしょう、氏は、フランス語にも英語にも堪能なお方らしいし、欧州の政治・外交・安全保障の研究家でいらっしゃる、まさに適任でしょうよ、

さて、離脱は、
国交断絶とは違う、もちろん開戦通告なんかじゃない、
が、似ている、

開票作業が進み、離脱方向が見え始めたら、ら、株価が大きく動き始めた、通貨相場が激しく震え円が急騰した、
この変動のなかで、儲ける人が居て、損をする人が出る、

商売は、貿易は、買う人:売る人、の双方が互いに得心しあって成り立つが…
とはいっても、よくよく考えれば、両方がプラスの関係はなかなかむつかしい、
むしろあり得ない、と、言うた方がエエ、
今後も、離脱交渉の中、英国とEU側で、損得の激しいせめぎあいがあるのだと思う、

さてさて、今、わが国では参議院選挙真っ最中だ、くしくも、この激動の国際状況を見ながらの選挙権になってきた、
わが国は、島国だ、イギリスと、どこか似たところがある、
明治維新の時、欧米諸国のエエトコ採りをして成長してきたわが国だ、が、英国から受けた影響は特に大きい、
「蛍の光」はスコットランドからの輸入曲だ、イギリス人と、日本人は、童謡唱歌のレベルでいうと、実によく似た心の動きであると言い切ってよかろうと思う、音楽の基本旋律が、両国はピッタシ同じの関係になっとるよ、
って、ことは…
このたびの、英国のEU離脱は、日本人にとっては、まさにわが国の事のような印象(?)を生んでいる、
わが国・日本の人たちは、そのほとんどが、英国側からEUを見るのではなかろうか、ひょっとしたら、EU側に立って英国を見る人って居ないかも、居てもごく少数じゃなかろうか…と、

参院選で、野党が、集団的自衛権の廃止、憲法を守る云々、を、盛んに呼びかけている、
イギリスのEU離脱を、わが国に引き当てれば、どういうことになるのだろう???
まさかとは思うが、安保体制からの脱却???
野党の選挙戦での主張にはなんとなくコレにつながる匂いがある、

安保体制からの脱却・離脱しても、即座に中国軍隊が攻め寄せたりはしないだろうと思う、
が、日本国土は、中国共産党の資金で買い漁られ、中国国営企業が洪水の勢いで日本国内に居を構え、日本の勤勉・高度な技術を、支配する…ような気がする、
日本文化は守りたいなぁ~、わしゃ、尺八趣味のヅヅイだもんな、
アレ???
尺八は中国からの伝来でしたか???

| | コメント (3)
|

2016年6月25日 (土)

やっぱ、オモロがっとるようだ

今朝も早起きでしてね、

思うがままのダラダラ書きを楽しんで、そのままアップしていました、
ごめんなさいdown

思わぬ誤解錯覚を生じかねないかものことに触れてしまっトッタ、
あわてて、削除させていただいた、
わたし、呆けが始まったかな???

呆けの自覚ですが、コレが有るのですよねぇ~、
で、当ブログも、そろそろページを閉じた方かも、の、ことを思う今日この頃です、

さてと、ダラダラ書きを書き散らしても、田舎の隠居ヅヅイのボヤキでしかない、と、
おさめていただけるようなこと、に、絞って、
さて、ナニを書こうかな???

そうだ!!!
イギリスを書いてみましょうか、

イギリスってのは、行ったこともないけれど、
あぁ~、わたし、旅行会社のツァ~旅は一度も参加したことないです、すべて地図上だけでの旅行ですわ、
イングランド・スコットランド・ウエールス・北アイルランド、の連合国家ですよねぇ~、
“国”とは何ぞや、の、国感覚がわが国とはだいぶ違うようですな、
わが国では、国の憲法がどうだこうだ、の、論議が盛んだ、
憲法を改正したら国のかたちが変わってしまう、と、大騒ぎだ、
が、なんと、イギリスには、憲法ナンゾありませんわ、今あるがママが、イギリスでは憲法ですわ、
で、その、“今あるがママ”が、今回大きく舵を切った、EUからの離脱が決まった、

この影響ですけれど、欧州分裂だって、ことになるわけですよね、
以前、ソ連が分裂した、今回はEU分裂、次回は何処でしょうなぁ~、中国の1党独裁国家の分裂が避けられないと思うけれど、それって、波平ドン生存中のことになるのかなぁ~、
楽しみなような、オッソロシイような…

その前に、参院選挙の動向、都知事選のゴタゴタ、
モメルのがオモロイと言うているのではありませんよ、
いずれもが、人間の業の極みのなせるコトのような気がして、それなりに…
アッハッハ、やっぱ、オモロがっとるのだ、
ナンジソレ!!!

| | コメント (0)
|

2016年6月24日 (金)

以前から、こんなに重かったのかなぁ

日経新聞朝刊(6月24日)を読んでいる、

1面左下隅の“春秋”欄に
⇒「…誰かを攻撃し、憎悪をあおり、熱狂をつくり、権力を握る…選挙戦が…息を吹き返しつつある云々」
の記載がある、
米国・トランプ氏の選挙戦を評したもの、で、しょうなぁ、

欄は、さらに続けて
⇒日本も今選挙の季節…候補者たちがマイクを握る、憎悪をあおる芝居めいた言葉…云々、

英国ではEU離脱を問う国民投票が行われている、
⇒激動する社会にどう対応すべきか、離脱か、残留か、
  議員らは所属党派を超え、個々の考えで議論している、
※上述の、攻撃・憎悪・熱狂とは少し違うようだ、

見比べると…
わが国のセコイ選挙が哀しく見えてなさけない、

日経しか購読し得ていないから、他紙の参院選序盤情勢判断がワッカラン、
日経では「自民、単独過半数に迫る」とある、


以下に、波平的観察を少しダラダラ書きしてみたい、

英国では、(EU)離脱か、残留か、を、問う国民投票だ、
今回のわが国の参院選も、その正体は、憲法改正か、否か、の、国民投票でもあろうかと思う、

安倍氏は経済が第一と言う、
他党との合同討論の場でも、安倍氏は、経済や子育て云々に議論を誘導し、憲法論議を正面に出さない、
が、ココを、鋭く突く、野党は無い、無いに等しい、
野党は、今回選挙を憲法改正の可否に誘導すべきだのに、”カスっ屁”もどきの問題提起で終わっとる、

わが国は、明らかに、英国の民主主義に大きく遅れている、
英国は、全国民を挙げて、真正面から、国の進むべき道を議論している、


余談、
「阿波踊り」を尺八バージョンでやってみたい、と、アレコレを試行中だ、
の、なかで…
各地に残る“民謡”のことが気になってきた、
この民謡世界に、これから首を突っ込むのは、もう歳でもあるからやめたほうがエエと思ってはいるが…
さて、どうしましょうかねぇ~、

昨日は午後から港へ走り、愛艇に20㍑携行缶で計80㍑補給してきた、
愕然としながら…
20㍑携行缶って、以前から、こんなに重かったのかなぁ、気が付かんかったなぁ~~~、


<追記・PM5:07>

イギリスって国はヤヤコシイ、
イングランド・スコットランド・ウエールズ・北アイルランド、の・連合国、
日本的に言えば…本州・北海道・九州・四国、の、連合国が日本ってことになるのかな、
EU離脱かぁ~~

こんな社会変化のなかで、環太平洋連携協定(TPP)が成立し得ますかね???

トランプ氏が米国大統領になったりしたら…

アレモコレも、なるようにしか、ナランわけだけれど…

地震のことも、原発メルトダウンのことも、最近の気象状況も…

都知事選挙、ダレが立候補するのやら…
実に些細なことに思えますなぁ~、
そのお方、第三者の次の第四者、と、でもお呼びしましょうかねぇ~、

| | コメント (1)
|

2016年6月23日 (木)

舟が…

4B・6Bの鉛筆を使っている、尺八楽譜を書きつけるにはピッタシだ、軽いタッチで色濃く書けるし、消しゴムで消せる、極めて使い勝手がエエ、
が、すぐにチビル、切り出しナイフで削る、短くなる、
用紙は一番安いA4版コピー用紙(500枚セット)を使っとる、書き損じバッカシだ、買い足す、
消費活動活性化に協力しとることになりますかねぇ~、
消費税アップが延期になって助かる、

魚釣り時の“餌”代、コレは高価だ、
手のひらにチョコット、で、1500円、
魚釣り用具・“仕掛け”の購入費、コレはさらに半端な値段じゃない、

“タコ釣り仕掛け”は、ひとつ1500円ほどする、
良く釣れる仕掛けだと、同じような真似仕掛けが他店で売り出される、
と、値は下がる、
毎年新型が登場し、初売り値は1500円ほどからスタート、
わたし、今期は既に4組購入した、
内3組は、根掛かりで紛失です、予備を購入しておきたいが、安値のを探します、

キチンとした釣り具販売店で買うと消費税が取られる、
が、半分道楽でやっとるオッサンの店では、おっさんがオモロガッテ自分で仕掛けを手作りする、良く売れると値がつり上がってくる、オイオイ、と、思うが、まぁメデタイことだとして、苦情を言うたりはしない、
こういう店では、生き餌も扱っているが、餌を買って消費税を払ったことは無いなぁ~、消費税相当分はオッサンが目分量で量を減らしとるのかな、
生き餌ですからね、長期間売れ残っとるのは生き生きしとらん、と、おっさんは、同じ値でも、いつもより多めに餌箱へ入れてくれる、

今日は午後から、港へ走り、愛艇に燃料補給をしてこようかと思う、
前回、ガス欠寸前だったがそのままにしてある、
20㍑携行管を二つ持っていて、これで、レギュラーガソリンを運び補給する、サイフに難儀、
ついでに、艇内で尺八稽古をしてこようかと思う、チッチャナ中古艇だが、身をかがめると入り込めるほどのキャビンがある、この雨模様の天候だ、付近にお人は居らんだろう、迷惑無しで吹けるかも、

 「阿波踊り」の波平バージョン、
 付録に用意した「阿波の恋歌」
 「ふるさと」「里の秋」のメドレー
 「いい日旅立ち」
 他、アレコレ、
いずれも、アンサンブル仕立てになっとるのだぜ、
わしゃ、忙しくてかなわん…

艇内で阿波踊りの稽古???
そりゃ無理だ、舟がひっくり返る、

| | コメント (1)
|

2016年6月22日 (水)

デフ、と、イン、

これ、わかっとるようで、ワカットランですよ、

デフレーション:インフレーション、

安倍総理(自民党)は
⇒「デフレから脱却して経済を成長させるのが第一の目標だ」という、
民進党の岡田氏は
⇒「金融・財政だけでは限界がある、政策の展開が必要だ」という、

デフレーション……物価が下がり、貨幣価値が上がる現象
インフレーション……物価が上がり、貨幣価値が下の現象

デフ
生産しても売れなくなる、生産価格より売値が下になったりする、賃金下落、リストラにつながる、

イン
生産したらすぐに売れる、作る量を増やすが、すぐに売れる、従業員を増やす、賃金上昇、

が、が、が…
リストラが生じるか、雇用増大になるか、は、現役世代の話、
今は、超高齢社会、
わたしのような、後期高齢者には、リストラも雇用増大も、関係ない話だぜ!!!

安倍総理は3パーセントのインフレが必要、と、言う、
なら、年金生活者に与える年金額も、3パーセントの付加給付が必要となるよ、
ニワトリが先か、タマゴが先か、
まず、年金支給額を先に3パーセント上げてみてはどうか、
年金生活者らは、支給された年金は、すぐに使うでしょうよ、すぐに…
と、年金生活の人数分、物価上昇圧力(3%インフレ圧力)が掛かるでしょうよ、

現役世代と:年金世代、では、“デフ:イン”関係は逆転するのですよねぇ~、
社会は高齢社会になった、今後も、この方向は継続する、強まる、

※ インフレ圧力を“よし”とする議論には、高齢者への配慮が必要だ!!!

このあたりのことを、候補者のダレが、本気で言い出すか、
野党の働きどころは、この辺りにあるような気がします、

18歳の投票動向も気になる、
が、
新たに投票参加する18歳人数より ≼≼≼ 長生きで年々増える年寄人数
の、方が多いですよ、
人口ピラミッド観たら一目瞭然じゃないですか、


ガソリン価格が“デフレ下がって”、わしゃ、とっても嬉しかった、
年金で細々クラス高齢者にはデフレ社会が暮らしやすい、

とんでもない社会になったもんだ、

| | コメント (0)
|

2016年6月21日 (火)

だいぶ遅れてまっせ

今、午前4時半ですが雨がドシャドシャ降っている、

舛添氏の報道は視聴率が高いようですね、
昨日は登庁最後の日だったとか、退庁挨拶があるのかないのか…、
無かったようですね、

マスコミは、これからも、氏の様子を追っかけるのでしょうなぁ~、
氏は、堪え得ますかねぇ~、

この騒ぎのおかげで参院選の争点がボヤケた、と、見る向きがあるようですね、
岡田氏が「アベノミクスの失敗が明らかだ!!!」というが、どこがどう明らかなのかわかり難い、
安倍氏がたちどころに反撃し、岡田氏の話下手を抑え込んでしまう、
野党のブザマ姿だけが印象に残る、

某討論会番組で小沢一郎氏が司会者にキツイ質問受け、憤慨なさとった、
ソコッって、氏の逆鱗(逆さウロコ)個所ですよねぇ~、わかる、わかる、
と、18歳の初の投票の影響、コレ、やたら大仰に報じられるけれど…、
なんか変だなぁ~
18歳の青年らの“政治参加意欲”の在りどころに触れた真剣な番組は、無いじゃないですか、
仮説投票所を設けて、投票の稽古かい、
ナンジャソレ!!!
バカバカしいにもほどがある、

タレントとか、スポーツ選手とか、は、当選しやすいのですよね、
が、音楽関係者で参議院議員って居られたかな???
指原莉乃さんあたりが立候補したら、きっと、盛り上がると思いますがネェ~、
彼女は演説も大丈夫ですぜ、すごい人物だと思いますよ、
ダレやソレ???
あなた、だいぶ遅れてまっせ!!!

| | コメント (0)
|

2016年6月20日 (月)

ヤバイ!!!

あぁ~、もう気が狂いそう…
ヤバイ!!!

あいかわらず“阿波踊り”に噛みついていますがね、嚙み切れません、
噛み切る???
ナンジャソレ!!!

昨日、いちおう尺八譜へ採取しおえたつもりの“有名連”の一連の音源を、今一度聴き直しましたらね、
聴きモラシ個所が随分多く発見できました、
で、そこらあたりを注意深く採取し直す過程で、頭がパンクしそうになってしもうた、

囃子の部分ですがね、ココは通称「ぞめき」と呼ばれるようですが、簡単な個所かと思ったらとんでもない、
半端じゃないですわ、
4小節ごとに、4分4が⇒4分5にひっくり返る、表拍子が途端に裏拍子になっとる、
が、完璧なひっくり返りではない、4分4そのままだと聴いてもさして支障はない、が、微妙に半拍ヒックリ返っています、これをどう譜面に書きましょうかねぇ~、
悩みましたが、4分4で押し通すことにします、

阿波踊りの踊りは知りませんが、踊りの振り付けは、4小節を基準に踊られとるのかな???
躍っていて、4小節ごとにチョイ・アクセントをつける感じがする、スベェ~の採譜だと、本格派がお聴きになったら、偽物に聴こえるかも、踊りにくくなっとるカモ、

同じ小節のなかで、あるいは前後に接した数小節の間に、拍子に、けつまずく様な、滑って転がりかねないような、いちじるしいテンポ変化がある、

いちばんの難儀は、音律が五線譜の所定場所に収まり切れないこと、
特にEの音、「ミ」の音が、上下2・30セントから、時には50セント近くも気分によって動きまくっとる、こんなのは、五線譜上ではどう記載したらエエのかわたしにはワッカラン、

囃子音を中心にして、曲中に、民謡や、「よしこの(あわのとさまぁ~♪)」の唄が入りますが、唄のなかでのあしらい譜というか、セカンド譜と言うか、の、コノ在り方が、これまた、歌う人ごとに、別仕立てせざるを得ないようですなぁ~、

だんだん早く演奏し、最後ははじけるような感じで、Fine,
が、わたしは、この速度はダメ、ユックリのままでしか吹けませんわ、

「ぞめき」には、いちおう基本形があるようですね、基本形にそぐわしい篠笛譜もあるようだ、
採取してみましたが、突っ込んで研究するのは、もうやめますわ、
気が狂ってしもうたら、元も子も無い、
ひょっとしたら、この踊りに夢中になって、狂ったお方が居られたりするような気がする、
メデタイような、哀しいような…
バカバカしいような…


追記
いくつかのパターンを取捨選択デケルように、採取してみた、
わたしの誤解偏見かもだが、”ぞめき”部分は飽きない程度に、アレコレ吹き上げてもオモロソウだ、
が、残念だが、尺八では、味が濃すぎて洒落味が出ない、出し切れない、尺八の出番は唄部分の少しにした方が良さそうだ、
いつものことだが、午後3時になると、体力・気力がガタンと落ちる、
今、3時7分前、これから、は、酒舐め時間、

| | コメント (0)
|

なんか変

「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」
と、麻生太郎さんが言うたそうな、

わたし、来月76歳になりますけれど、気持ちは麻生さんと同じです、
生き続けて90になってしまったら、ら、どうしましょうかねぇ~、困ってしまうなぁ~、
今でも、わたし、長生きしすぎている、と、本気で思っていますですよ、
年金生活ではありますが、なんとか自立できている、
で、まぁ自分を許そうか、と…

ご近所の様子を窺いますとね、
わたしより高齢のご夫婦が、100歳超えた母親の介護をなさっとったりする、
これはもう残酷と言ったほうがエエですわ、
老老介護はホント難儀すぎます、
“保育所”と“老人ホーム”
どちらも、実に、難儀ですなぁ~、

でもなぁ~、90にもなったら、
⇒自分で進退を考えろ!!!
は、これまた残酷すぎますよね、
麻生氏の言葉には、この匂いがある、
国の財務大臣が言うて良い言葉ではない!!!

わが家の軽四は、例の燃費ゴマカシの車種ですわ、
わたしが乗ると、やたらガソリンが早く無くなる、
運転が荒いからだ!!!
と、いつも、わたし、かみさんから叱られていました、
三菱さんに慰謝料もよこせ!!!
って、言いたいですわ、
長生きしたら、それ相当分被害額は増えることになる、
早く死ななきゃ損をする、
この理屈ナンカ変だな???

今日もまた、“阿波踊り”の別の“連”の音源探して、“耳コピー”してみましょうかねぇ~、
音源を⇒パソコンへ取り込んで⇒イヤホン耳に突っ込んで⇒ソレ聴きながら⇒尺八譜を起こします、
身体が自然と“阿波踊り揺れ”するじゃないですか、
スポーツになっとる
コレもなんか変だな、

| | コメント (0)
|

2016年6月19日 (日)

いやぁ~まいった!!!

ナンジャコレ!!!
とんでもない所へ首を突っ込んでしまったようだ、

阿波踊りの、尺八バージョンを創ろう、と、思って作業に取り掛かった、
当初は、簡単だ、と、オモットッタ、

が、少し、作業をし始めて…
ウン??
ナンジャコレ????

で、アァ~そういうことか、と、合点し、最初に戻って、再開、
と、また、ナンジャコレ????

少し進んだかと、と、思ったら、デングリ返って、また、最初へもどる、の、繰り返し、
延々と、この段階で、前へ進めない、

阿波踊りは、五線譜へは移し採れない、と、思うに至りました、
が、波平我流の尺八譜へなら、採れるかも、かも、
が、それでは、五線譜で演奏する洋楽器、例えばキーボードやギターなどと、いっしょにコラボれない、合奏できません、
何としても、洋楽器も交えた仕様の阿波踊りバージョンを仕上げたい、
そして、それはジャズ仕様のようなものではなく、古典色然とした本物色ムンムンの分厚く熱い阿波踊りでありたい、

どこがどう難しいのか、を、少しお話ししてみますね、
が、以下は、「某・連」の、
前歌代わりの「祖谷の粉ひき唄」⇒「ぞめき・囃子」を経て⇒「よしこの」⇒「後奏」、
を、聴いた、わたしの印象です、
多分にわたしの誤解錯覚が入っていますのでね、あまり本気にしないでくださいね、

拍子がね、そもそも五線譜には馴染みません、
簡単に言うと、8分6の楽譜を4分2の譜で書き込む技が必要です、そして随時この中で長短変化する、ちょうど阿波踊りの男踊りのように、時には女踊りのように、
篠笛のメロデイも旋律の流れによって、上向旋律、下向旋律の流れの中、微妙に♭が出たり引っ込んだりする、移調モドキの変化のなかを自在に流れている、
はずみ音が随所に入る、が、その存在感に、拍を伴ったり、拍子外であったりの機微があって、コレがまた奇妙にピッタシ感をというか、存在感を主張する、
流れのなかで、テンポ変化の巾がまた半端じゃない、
鳴り物ですが、時々、裏拍子が絶妙な気合のなかで鳴っている、間拍子の掛け合いが生き生きしとる、軽妙ですなぁ~篠笛がこの表裏のひっくり返りの間のなかを、平気で何気なくの感じで跨いでいる、
聴けば聴くほど、感心し、聴き入ってしまう、
と、今は、この段階です、
要するに、門前に立ちすくみ、邸内からもれ聴こえてくる音楽に耳を傾けている段階だってこと、

聴きに聴いて、で、いっきに、採譜してやろうと思いながら…

| | コメント (0)
|

2016年6月18日 (土)

ヒマヒマ構え

“老いては子に従え”という言葉がある、
⇒年寄りは余計なことを言うたらアカン、若い衆らの荷物にならんようにしとれ!!!

“負うた子に教えられ”というのもある、
⇒対岸へ川を歩み渡る際、子供を背負って渡ったのだね、背中に背負った子が「おとうちゃん、コッチよりアッチ方が浅そうだぜ!!」と親に教えている図だ、

18歳で選挙権を得る、
が、東京都知事に立候補デケルのは30歳以上、参議院選の場合も30歳、衆議院選挙は25歳、

タバコと酒は20から、

結婚は、未成年者(20以下)の場合は親の同意が無ければダメ、
入籍届は、ってことだけで、事実上の結婚生活は好きにしたらええ、
しかし、男性は18、女性は16歳以上でなければ、ヤメトケ、と、なっとる、
この際、
男女とも、15歳で成人ってことにしたらどうでしょう、
イノベーション・イノベーションで、社会が活性化することデッタイ間違いないと思う、

逆に、高齢者には、
アレコレから卒業(半強制的にでも)の仕組みが、あった方がエエと思う

余談です、
昨日は「阿波踊り」の尺八バージョンを創るのに、アレコレ夢中になって過ごしました、
難しいですなぁ~、ダメです、
難し過ぎる、資料が手に入らん、
あの独特な“囃子リズム”にしても、正確な五線譜が欲しいです、
無料で、って、ことですよ、キット、キチントした五線譜資料があるのだと思うが、わたしには手が届かん、
♪♪チャンカチャンカ・チャンカチャンカ♪♪の囃子リズムが、時々、隙間をぬって変身しとるようだ、これが奇妙に気分転換になっとるらしい、こういう小細工は日本人特有の感覚かも、オモロイなぁ~~、
ココで、フッと、一瞬正気に返り、すぐに、また踊りに没入だ、このあたりのことをシッカリ把握してみたいが、なかなかむつかしい、
あぁ、この小細工(?)は趣旨も形も違うけれど「祖谷の粉ひき唄」になかにもありますよ、1小節だけ4分2が4分3になっとる、オモロイなぁ~、

歌詞ですが、イロイロあるようですなぁ~、
♪♪ひょうたんばかりが浮きものか、わたしも、この頃浮いてきた、アァ~ラ・エライヤッチャ・エライヤッチャ・ヨイヨイ・ヨイヨイ♪♪
シビレますなぁ~~、実に楽しい、

とてもじゃないが、隠居のヒマヒマ構えでは、こんな巨大な曲の研究は不可能ですわ、

今日は、ナニして遊ぼうかなぁ~~、

週刊文春・最新号が気になっとります、ナニか書いてありますかねぇ~、

| | コメント (0)
|

2016年6月17日 (金)

「手水舎(ちょうずや)」


「手水舎(ちょうずや)」

Photo

お寺や神社に参詣しますと、手水を使って、手や口を、身を心を、清めますよね、
どうしたわけでしょう、不思議なことがあるものだ、
夢を観ましてね、
何処のお寺かワッカランが手水舎で、わたし手水を使っていました、
メロデイが沸いてきて、浮かんだメロデイに身をゆだねていました、

ゆだねながら…
こんなことでエエのかな???
自分に、お参りする資格あったかな???

フッと、正気に返りましてね、目覚めました、
メロデイが頭に残っとった、

起きて愛犬・春子と早朝の散歩、
散歩しながら、
あぁそうだ、あのメロデイ、譜に書き採れるかな???
で、
帰宅後、思い出そうとするが、もう思い浮かばない、
ジクジタル思いの中、未だ微かに残る印象だけを頼りに、譜に並べてみました、
こんな感じだったかな、と、思う、

バカバカしいが…今朝は
寸時、神妙な心地になったりしたヨゴレ・ヅヅイでした、

あそこは地元天台寺院・伽耶院だったような気がする、

| | コメント (0)
|

工夫中

“阿波踊り”の尺八参入バージョンを創りたい、

阿波踊りのリズムは「ぞめき」っていうそうですね、

♪♪チャンチャカチャンチヤン、チャンチャカチャンチヤン…♪♪

この2分1囃子が、延々と続く中で、篠笛が軽快にコミカルなメロデイを吹く、
三味線、太鼓、鉦鼓…、
の、なかで、「阿波よしこの」「吉野川」「祖谷の粉ひき唄」「阿波の麦打ち唄」などが…
ピッタシ感丸々で生き生きと奏でられる、男踊り・女踊り、と、相まって、観る阿呆どももいっしょにシビレてしまう、

真似て、やってみようかと思いましてね、工夫中なのですがね、変にネジッた編曲はしたくない、
今、いろいろ工夫しとるところですが…
取り掛かってみると、なんと、奥深い曲ですなぁ~、
今、数歩後ろへ退いて、また、全体像を観察中です、
いつも後ろへバッカ下がっとるような気もするけれど…
この曲の巨大な世界にビックリです、

掛け声ですが、
 エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ
 ヤットサー ア、ヤットヤット
の、大別して、2種があるようですね、
夜目遠目傘の内で、女性が高い声でコレ歌うの聴いたら、世の男性はもう我慢がデケンですな、踊りに飛び込んで体いっぱい動かして踊りまくるしかないよなぁ~、

既に、わたしなりの試作譜(尺八譜)を用意しています、
尺八は、楽器性能は貧弱だけれど、どの音楽ジャンルにでも首を突っ込むことが可能だ、
そのまま振り回すと指揮棒にもなるし、コレで太鼓叩けばバチに使える、篠笛の真似吹きも、「祖谷の粉ひき唄」の添い吹きもOKだ、もちろんゾメキも…

今日は、この試作した尺八譜を⇒五線譜へ移してみようかと思っとる、
コレで、今日の仕事がデケタ、

と、もうひとつ、ナイショの仕事がある、
政治的なき機微に触れることだから、問われても、明らかにはできません、
と、あの人なら言うのだろうなぁ~、
わたしの場合は、明かしても構わん、が、今少し、工夫を加えて後に“聴いて”みて欲しい、
アレッ、明かしてしもうた、
曲をネ、試作中・工夫中なのですわ、

| | コメント (0)
|

2016年6月16日 (木)

暇つぶしです

「星空のブルース」 トランペットの曲だ、尺八ではなぁ~

「セントルイス・ブルース」 コレもトランペット曲
ルイ・アームストングはこんな吹き方しとらん、

「ショパン・幻想即興曲」 前奏(?)はテンポが速すぎてどうにもならん、ユックリのところだけです

どうにも暇すぎて、ナニか吹いていないと、呆けてしまう、
思い付きで、整理中の譜面からアトランダムに掴みあげて吹いて遊んでいます、

| | コメント (0)
|

メチャクチャだぁ~~

なんとか治まった感じですね、
それにしても(舛添氏の進退劇は)見苦しかったというべきが、オモロかったというべきか、
オモロかっただなんて…
“事実は小説より奇なり”と、言いますけれど、このたびのような“事実”をダレが想像し得たでしょう、
でも、まぁ~良かった、
週刊文春が問題提起していなければ、いつまでも、こんな変なネジレ秀才に東京都はもてあそばれるところだった、都議会は都民を代表して週刊文春に感謝状を出したらどうでしょう、
…冗談ですよ、

が、今日発売の週刊文春には、またまた、ビックリの関連記事が掲載されとるとかの、この社のPRがありますな、

近々、参院選挙があるわけだけれど、”週刊文春党”を立ち上げて、候補者擁立したら当選すると思いますよ、
某宗教がバックの党が与党に組しているのですよね、雑誌社がバックの党があってもエエような気がする、正義の心情を核にした雑誌社だってことで、通るかもよ、
と、これも冗談ですよ、

わが国は、かろうじて、変なおっさんを排除デケタ、
アメリカは、今、変なおっさん・トランプ氏に牛耳られようとしている、

アメリカの大統領が乗っ取られたら…、
この地球はどうなるのでしょうなぁ~~~
半端なことでは治まらんでしょう、
乱れに乱れて…
乱れの始まりは、きっと、トランプ氏に対抗しようという動きになって顕れる、これは間違いないでしょう、
各国は、トランプに対抗でける、変な程度がトランプに勝る“変な変な”おっさんを頭(大統領など)に据えることになり…
おっさん等が、仮にどこかへ集まって会談したりしたら、いきなり殴り合うようなことになったりして…
腹いせに、核ミサイルぶっ放して…

と、思ったりしますが…
が、こんな想像なんて、まだまだ超えた超絶“事実”が待っとる、
の、で、しょうなぁ~~~、

それにしても、秀才頭のネジレおっさん、は、怖いですなぁ~、
都議会の議員さんらと、舛添氏が、TV画面に交互に映り出るじゃないですか、
言っちゃぁ~失礼かもですが、バカと、秀才が、交互に映り出てくる感じがあって、それなりに見ごたえがあったですなぁ~、
どちらが秀才で、どちらがバカに見えたかはわたし言うていませんぜ、
が、ダレかが、ダレかを馬鹿にし、翻弄している図に観えたことは、この際ハッキリ言うておきましょうかねぇ~、
一般傍聴席に週刊文集の人、居られたのかなぁ???

あぁ~、またまた、わしゃ、変なコトを書き散らしたのかも…


今朝も早起きでしてね、
今(午前7時チョイ前)まで、すでに採取した(日本を含む世界中の曲・歌々の)尺八譜の整理をしていました、
整理???
整理のつもりで採取譜面を取り出して…
取り出す前はそれなりに分別保管していたのに、触っている間にバンラバラになってしもうて…
もう整理がつかんようになってしもうた、
弱ったな、
メチャクチャだぁ~~

| | コメント (0)
|

2016年6月15日 (水)

素吹きですけれど

アンサンブルのなかで力いっぱい吹いてみたいのですがねぇ~、
そんなことは夢のまた夢、
で、カラオケバックに吹こうかなと思うけれど、なかなか気に入りのカラオケが無い、
カラオケ音源ってのは、一杯飲みながら、声出して歌う際のバックですよね、尺八バックは想定外じゃないのかな…と、思ったり、

「G線上のアリア」

「THE Water is Wide」

「あざみの歌」

「影を慕いて」


ネッ!!!
尺八だけでの気合で吹くと、こうなってしまうのですわ、
変でしょう、これでは、ダメですよね、

| | コメント (0)
|

メトロノーム

今日は朝一番に愚痴っぽいダラダラ・ボログを書いたので、気が逸れてしまって、音楽の話がし辛いですわ、
とか、言いながら…
邦楽:洋楽、を、へだてる壁についての話です、
ド素人尺八ヅヅイの想いのままを書き散らしてみます、

TV時代劇では、剣術の使い手のことを「ヤットウの先生」と言いますよね、
“ヤッ”とか、“トウ”とか、の掛け声を挙げて、剣術の稽古をする、で、「ヤットウの先生」、
西欧社会で、フエンシング稽古の際、同じような掛け声を出して稽古するのかな???
声は出さないのではないでしょうか、

野球練習の際、「声を出せ!!!」と、指導される、
“声を出しながら練習する”この練習法は、外国でも同じなのかな???

わが国の“気合”のことを考えています、
“気合を入れる”コレは、実は、邦楽の世界でも同じです、

音楽の場合は、気合は“拍子”に直結する、拍子の表拍子につながる、
拍子には、表と裏がある、
わが国では、表拍子重視の音楽が中心になる、

拍子に似たものに“間(ま)”がある、
五線譜では休止符のこと、
が、邦楽の間は、洋楽の休止符とは、少し違う、
間の長さも拍子で数えるけれど、間は間だ、ココには表も裏もない、ただの空(くう)、無(ム)とでいうべきでしょうか、

音楽は“音”が中心だ、音律の高い音、低い音、音の大きさ、が、中心だ、
音は、イロイロ研究されて、コード理論が発達し、どの曲もコード進行の網で覆われている、
が、が、休止符には、コード名が付されていない、
が、が、が、邦楽における“間(ま)”は、ある種のコード感覚の中にあって、曲中で無限の存在感を誇っている、

邦楽:洋楽、と、ナニゲニ言うていますけれど…
この二つ、ナニをもってこう呼び分けましょうか、
わたし、ボンヤリ、と、ええ加減な使い分けをしています、
古のわが国の音楽は邦楽でしょうよ、と、演歌やJ-POPも、わたしはこう呼ぼうかと思っとる、
演歌やJ-POPも、あきらかに邦楽臭ムンムン、だ、と、わたしには聴こえるのですよね、
臭・匂いの芯に、拍子が、間(ま)が、すなわち、“気合の在り方”がある、

むかしのわが国の音楽演奏には指揮者が居ません、現今の箏・三絃・尺八(明暗流含む)などでも指揮者はいない、法螺貝吹きならしつつ歩む山伏衆に指揮棒振るおっさんは居ない、歌舞伎・文楽にも指揮者はいない、能・仕舞も同然だ、
が、気合を合わせて演奏します、気合は、指揮者に代わる役を果たしている、
が、が…
気合と、指揮者と、は、似て非なるものだ、

わたし、地区の老人らのド素人(洋)楽団に参加し、尺八気合で合奏参加しようとしたら、まったくコレが不可能だった、
ひっくりかえるほどビックリした、
と、この話を竹友にしたのでした、
竹友は、数日後、自分が持っていたメトロノームを持参し、
「コレで稽古せぇ~!!!」と言うた、
メトロ吹きしてみて、初めて、わたし、“気合”と、“メトロノーム”の違いが理解デケタ、

オモロイですなぁ~、
こんな話、わたし、オモロガッテ話していますが、閲覧氏らにはどうなのだろう???

| | コメント (0)
|

決まり文句

舛添氏は辞任しない意向のようですね、
打たれ強いお方ですなぁ~、
秀才でいらっしゃることは間違いない、洞察力もきっと超スゴイのだと思う、
ひょっとしたら、自分は、すでに神様の域だと思っとられるのかも、

東京地検特捜部の出番が来たような気がしますなぁ~、
関係先へ強制捜査に入る準備が進んでいるのではないでしょうかねぇ~、
ココで地検特捜部が動かなかったら…都民は、国民は納得しないでしょう、

“アリ(蟻)の1穴(アリのいっけつ)”と、いう言葉がある、
どれほど堅固に作られた堤でも、アリが明けた小さな穴から崩壊が始まる、
氏がなんぼ頑固に保身を謀っても、もうダメでしょうよ、

なぬ!!!
「今後は、給与を全額返上し、都民のためにタダ働きします…」
ナンジャコレ???
ぎょうさん月給をもらいながらでも、身銭切らずに、好き放題しとった…の、ですよね、
給与がゼロで、今度は、どこから銭を都合してくるつもりかな???
身銭を切るつもりなんぞ、カラッキシないくせに、
婚外子の養育費もケチっているそうじゃないですか、前婦の片山さつき議員の話に確かそんなことが在ったですぜ、

地検特捜部、の、動きのほかに、都庁職員の皆さんの動きが気になります、
職員の方々は、“他人事だ”と、思っておられるのかな???
ボヤァ~と、しとるのかな???
辞任を固辞し居座る舛添氏に、コレからも、忠誠を尽くすつもりでしょうか???
労働基本権(ストライキ)は公務員の場合には一定の制約がある、
が、しかし、間違った上司の指揮命令に従うことまで強制されているわけではない、
東京都庁・職員労働組合の出番がきていると思う、

“木枯らし紋次郎”って、TVのヤクザ・ドラマが昔あった、
かっこ良かったなぁ~、大好きでいつも楽しみに視聴していました、
決まり文句があった、
「あっしには関わりのねぇことでござんす」

舛添氏がらみの愚痴・ボヤキは、もうやめようと思いながら、またブログっちゃった、
もう、こんなこと、つぶやかさないでほしいですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2016年6月14日 (火)

お邪魔虫???

“邦楽:洋楽”と、言うとき、の、“邦楽”って、ナニ???
日本のいわゆる伝統音楽のなかにも、世界のあらゆるジャンルの音楽要素が取り込まれるようになって…
今時、ナニを持って“邦楽”をことさらに意識する意味があるのか、ですよね、
が、ヤッパ、
日本のチマタ(巷)に流れる音楽は、ゲェ~国の音楽とは1線を画しているように思えてならん、

わたしは、父の友人が尺八趣味のお方で、この縁で、真似吹くようになったのでした、
成長して後、生田流の三絃師匠の下へ地歌合奏の指導を受けに通いました、
九州系生田流の大家でいらしたお方です、
生田流には、京流・大阪流・名古屋流・東京流・そして九州流、が、ある、
同じ曲を弾いても、趣が違います、九州流は演奏テンポがゆったりし、味わい深く演奏するのが特色だ、
わたしの尺八は、この影響の強く受けています、
演奏速度(テンポ)は、特急列車・急行列車・各駅停車のドン行列車、の、差があります、
わたしは、ドン行派だ、

今らか、約1年前、地元の公民館を訪れた際でした、
器楽演奏の稽古音が聴こえてきましてね、恐る恐る部屋を覗き見しました、
と、わたしとホボ同年齢と思しき爺さん婆さんらが、ウクレレや、ギターや、マンドリンや、キーボード等などで、楽しそうに演奏稽古しとった、簡易なドラムセットを満ち込んでパーカッションもやっとった、
あとさき考えもせず、部屋へ入って、「参加させてほしい」とお願いしたのだった、

みなさんが稽古なさっているレベルなら、即座に、尺八で対応(合奏)デケルと思っていた、
で、参加し、少し吹いて、愕然とした、
みなさんの(合奏の)呼吸と、わたしの呼吸とは別物だった、
みなさんの合奏にデンデンついて行けなかった、

合奏稽古は、毎週1回約2時間、全員そろってやっとる、で、毎週、わたしも尺八で参加、
だが、どうしても合わせ吹くことがデケン、吹けない、
この状態が、なんと、半年間も続きました、
半年後になって、やっと、合わせ吹けるような気がしてきた、
が、依然として不自然さがぬぐいきれない、自然体で呼吸を合わせることができない、
入会後、今は、11か月目に入っています、
自然体の吹奏に近づきつつある、が、未だ、邦楽:洋楽の間の壁を乗り越え得ていない、

この壁は、ムツカシイ楽理ナンゾとは別物です、
かっこう良く言えば文化の違いかと思う、
最近になって、ようやく、この邦・洋を隔てる“壁・文化差”が、すこし観えてきたような気がします、
で、整理したい、と、この、講(“邦楽:洋楽”)を起こしました、

尺八仲間の多くが、この、壁の前で立ち往生します、
手を差し伸べたいと思うから…
余計なおせっかい、お邪魔虫であるだけかも、ですが…

| | コメント (0)
|

2016年6月13日 (月)

文化のカベ(壁)

前稿の話ですが…
今日は、音楽の話を、邦楽:洋楽の差などの話をしたいと思ったのだった、
と、
ソレッって日常の日々の暮らしに直結で、ひとことで言うと、“文化”(差・壁)のことだ、

フト、わが身のありようを思うとき、母や父のことが脳裏に浮かびましてね、
で、ヅルヅルと、昔の話を語ってしまったのだった、

大人たちがゲートル巻いて戦闘帽かぶっていた姿をよく覚えています、
親戚のおじさんが刀を腰に下げた姿を覚えている、
分家の兄ちゃんは飛行兵で特攻隊員だった、出撃直前に終戦で命が助かった、が、先年亡くなった、
防空頭巾(ぼうくうずきん・敵機襲来の際、コレをかぶって頭部を守ります)をかぶって育ったのだった、
神戸の大空襲を経験している、神戸の街の上空でB29とわが国の戦闘機の戦闘があって戦闘機が撃ち落されたのを見ています、
こんな文化(?)を背負って、育ち、今に至っとる、
そして、邦:洋、音楽の差について思いを馳せ、語ってみようか、と、思ったのだった、

戦争かぁ~、音楽かぁ~、
「大脱走」って映画がありましたね、
「グレンミラー物語」って映画、コレも実にオモロかった、戦争当時の映画です、
テーマソングを尺八譜に採取しています、
少し、素吹きしてみましょうか、

なにせ、上述・出自(でじ・生い立ち)のヅヅイが吹くのだ、
文化のカベに立ち向かって吹くってことですよ、

「大脱走」 逃げる”、が、気持ちは攻撃なのですよね

「セントルイスブルース」 泥臭い吹奏でゴメンネ


| | コメント (0)
|

邦楽:洋楽

午前1時15分です、もう起床しています、起きだしている、
生活リズムが崩れているのは承知です、が、今のわたしには、このリズムが最適だ、
でも、なんか変ですよねぇ~

さて、今日は、ナニをダラダラ書きしましょうか…
邦楽:洋楽、に、ついての想いを、すこし話してみますね、

まず結論から、
邦楽:洋楽、の違いは⇒“文化の違い”だと思います、

少し横道へ入りますよ、

母は“謡曲”が趣味で、いつも小声で謡っていました、
父は学校の先生だった、“公民(教科)”の先生だった、

“公民”は社会科とか道徳とか、の、分野ですが、本当は、父の専門は“陽明学”でした、
コレ、儒教の一種で朱子学の類ですわ、
父は明治40年の生まれでしてね、山陰の小さな漁村のセガレでした、が、船酔い性だったので漁師が継げなかった、で、単身村を出て学問の道へ進んだようだ、
で、当時の最も斬新な学問(?)分野のひとつ“日本人”としての精神探求の道へ進んだのだった、
西欧文化に対応して、武士道を見直そう、の、学問です、

武士道を解いた「本」に「葉隠」と言うのがありましてね、陽明学は、コレとは少し違いますが、ほぼこの類に並ぶ“心学”です、
明治以降、日本国・国民の精神の在り方を探求しよう、の、考えが、当時の日本には強くあったようですな、
で、陽明学は、当時の日本国の根っこの学問でもあったわけだ、
父は、コレを学び学校の教師になったってこと、
が、今、思えば、ずいぶん偏った、ある種狂気の学問(?)だったのですよねぇ~、
で、わたしは、この、父・母の長男ですわ、
で、で、なんと趣味が古典尺八だ、ヤッパなんか変だよなぁ~~
わたしの頭の中には、ずいぶん偏った時代遅れの遺物が住んでいるのかも、かも…です、

わが家にはまともな家財はナァ~ンもなかったが、父の書物だけは随分たくさんありました、
わたし、高校生時代に、これらをほんの少し読みましたが、バカバカしくなって以後は全く読んでいません、
父も、まったく過去のこととして振り返らなかった、書物は既にすべて廃棄しています、1冊も残っていません、
父は、敗戦直後の教壇に立って、生徒らの前でボロボロ涙を出して泣いたそうです、
実はその時・生徒だったお方が、わたしが初めて勤務に就いた時の職場に居られましてね、なんと、勤務の机が向き合っていたのでした、わたしが、あの時の先公の息子らしいと、すぐにわかったらしい、父のことを語ってくれました、

さて、本題に戻ります、
邦楽、と、洋楽、に、ついての話です、
と、言うたものの…
わたし・波平は、上述から推測すると、ある種偏った話にならざるを得ないと思うのですよね、
もう、話すのはやめようかな、と、思ったり…
あぁ~、急に筆が重くなっちゃった、今日は、もう筆を置きますわ、

父は、生徒さんらに、天皇陛下の為に死んで来いとでも言うたのかなぁ~、

| | コメント (1)
|

2016年6月12日 (日)

「悲しい酒」

今日は、ある事情があって、心騒ぐ日になってしまっとる、のです、
か弱い、波平ヅヅイの心が、波立ち、揺れていましてね…
ホントは別のことをしたいのだけれど、その気になれん、
で、こんな曲でも吹いてみようかと…

1尺八寸栗栖如堂管です、地無し延べのスッポンポンの虚無僧竹です、
聴き直すと、律外れが随所にある、が、竹のせいではない、わたしが下手だってこと、

老人ホームへ、吹奏ボランの際は、こんなのは吹きません、

| | コメント (0)
|

「切手の無い贈り物.」

竹友Kが届けてくれた譜の試し吹きです、
6寸管で吹いてみました、

山崎竹隠・管で古管造りだった、五線譜対応が不可能だった、そのまま保管するのも残念なので我流で竹友W氏の力を借りて調律しなおしました、
どうでしょう、ヤッパ変でしょうか???

あぁ、Kさんゴメンネ、譜を少し、イジクリましたよ、

自宅仏間吹きですが、音量が気になって、短時間に一発収録したものです、

| | コメント (0)
|

邦楽、洋楽

田舎の尺八ズズイのわたしだけれど…
世界中の音楽を探りまくっていましてね、手当たり次第、尺八譜へ採取して遊んでいます、
イロイロなジャンルがありますわ、バッハの昔から今現在まで、メチャクチャだ、

わけも分からず、かたはしから尺八譜へ採取して、少し吹いてみるのです、
なにせ、暇はぎょうさんある、なんぼやっとっても飽きないです、けっこうオモロイ、

で、“日本の音楽(邦楽) VS 世界の音楽(洋楽)”、の、ことを考える今日この頃なのです

今から1年前のことでした、
自治会・公民館内に、市立図書館の分館がありましてね、ココへ出かけて偶然に楽器演奏の稽古音を聴きました、ほぼ同年齢の老人らが館内で合奏稽古中だった、
お願いして、わたしも加えていただきました、今から1年前のことです、

わたし、尺八は若いころから吹いていて、すでに半世紀を超えています、
譜(尺八譜)さえあれば、すぐに吹くことが可能です、初見でOKだ、
が、なんと、なんと、
加えていただいた田舎の老人らの小さな楽団で合わせ吹こうとすると、と、これが全くデケンかったのです、
みなさんと、吹奏がデケルようになるまで、丸々半年かかりました、
明かしますが、この半年の間、呻吟(シンギン・苦しみうめくこと)の毎日だったのです、
毎週1回の合奏稽古、が、わたしは参加し得なかった、ただ苦しみウメキ続けていました、

先々週のことでした、ある老人(福祉)施設へ、楽団でボラン訪問しましてね、
…わたし、入会後11月経っている…
会場で、わたしの真ん前に陣どんっていたジイチャンの様子が、曲が進むにつれ、だんだん変わってきましてね、
「コンドルは飛んでいく」の演奏が終わった時、ジンチャン、立ち上がって
「スバラシイ!!! 良かった!!!」と、大声をあげられた、
「エエ席に座れてよかった」と、おじいちゃんはわたしをまっすぐ見ながら拍手なさった、

この曲は、尺八の出番が多く、わたし、思いっきり吹き上げたのでした、
仲間らの各楽器前にはマイクが据えてありました、拡大音がスピーから出ていた、
が、わたしの前にはマイクは無しだ、いつもはマイクを用意してもらうのですが、この日はマイクの本数が足らんかった、で、気持ち、頑張って、遠慮なく吹き上げたのだった、

わたし、すこし、邦楽、洋楽の違いが判りかけてきたような気がします、
以後、思うところを、少しずつお話ししてみたい、と、考えています、

あの老人の拍手は、視線は、わたしの心に応えました、
「気持ちが繋がった!!!」
と、想ったなぁ~、

| | コメント (0)
|

2016年6月11日 (土)

昨日はエエ凪ヤッタ

newmoon広域暴力団山口組が分裂し、国内治安を脅かしている、
newmoonまもなくEUが分裂するかも、と、報じられている、
newmoonスマップの分列騒ぎは治まった、が、火種は残ったままらしい、
newmoonトランプ氏が米国大統領になったら、直後、尖閣列島に中国群は上陸し、ついで沖縄にも…

上述のなかで、二つのことが特に気になる、
“EU分裂”
“トランプ”

“EU”って、ナンヤ???
“トランプ”なんやそれ???
知っているようで知らんのですね、

が、報道機関は、適切な解説報道をしてくれない、
どこそこの警察関係者が、女の子のスカート下を盗撮したとかとかなど、は、シッカリ報道するけれど…

波平のような半呆けヅヅイが、愚痴ったり、ボヤイたりしても、どうなるものではない、
書き散らかそうかと、思いましたが、止めましょう、

あぁ、昨日はエエ凪ヤッタ、
沖へ出たのだけれど…
で、けっこう昨日は釣れたのだけれど…
なにせ年金暮らしの中から(艇の船外機回す)ガソリン買いますのでね、いつもカツカツしか燃料補給し得ていない、
帰港の際は、もう燃料切れスレスレです、
特に昨日はヤバかった、
波で艇が揺れたら、艇内のガソリン・タンクもいっしょに揺れるわけで…
艇のガソリン・タンクは底が平らな造りになっとるよ、平たいタライに薄くガソリンが漂っとる感じかな、
で、コレが揺れますとね、タンクの底に設けてあるガソリン送管口が空気や水を噛むのです、
長年使っていると、ガソリン・タンクには、避けようもなく底に薄く水の層がデケトルのです、
無事に帰港しましたがね…
わしゃベテランですからね、
ホンマかいな???


| | コメント (2)
|

2016年6月10日 (金)

後期高齢者・年金ズズイの矜持

落ち目になった人を、さらに、イジメたりはいかがなものか、と、自制の気持ちが強いのですが、
が、波平流の視点を、書きつけてみたい気持ちの方が強いわけです、

最後に、以下、ひとこと書きつけましょう、
コレで、この舛添テーマは終えるつもりです、

政治家は、公約を選挙戦で述べて、この施政方針に賛同する有権者の票を頂戴して、
で、当選し、その職に就く、の、ですよね、
舛添氏には、今、この機に至っても、さらに続投してやり遂げたい“都政上のナニか”が、あるのかな???

「今までのこと、悪かったと真摯に反省し、以後は都民のために生まれ変わった気持ちで都政にまい進してまります…」
と、彼は、ナニを質問されても、コレしか言わない、
彼は、続投して、ナニをやり遂げたいのでしょう???
肝心のココが、さっぱりワッカラン!!

これ以上、彼に都知事でいられたら、とんでもないことになりそうだ、
の、気持ちバッカシが膨らんでいる、

彼、都庁舎へ、まじめ顔して出勤し、都職員のみなさんに、
「わたし、これからナニしたらよろしいか??? 頑張りますから、みなさんのお考えをお聴かせください」
と、でも言うつもりなのかな???

購入し、未だ、都庁に持参していない絵画を、都庁内の廊下やロビーに掛けまくるつもりかな???

この他に、ナニか、都知事としてやり遂げたい事があるのかな???
あるなら、それを、必死になって、この際は言いまくるべきでしょう、
「わたしは、カクカクのことをやり遂げたい、わたしが都知事で居なければ、このことは実現デケン!!」
と、必死になって都民や都議会にうったえるべきだ、

が、彼には、こんなナニかがあるとは思えない、
やり遂げたいナニかを持たぬ、セコイだけのおっさんは、都知事には不適だと思う、

岡目八目(おかめハチもく)という言葉がある、
後期高齢者・年金生活の尺八ヅヅイに、も、それなりの矜持がある、
世の中に、必要かも、の、隠居目の“視点”の書き散らし、
コレ、まさに“矜持”の、いたすところだ!!!

| | コメント (0)
|

2016年6月 9日 (木)

…と、ワシャ思う、

舛添氏が都知事になって以来、都の職員はどのように変化したのだろう…
不安ですなぁ~

絵画を購入し、それを知事室や、都庁舎内のアチコチに掛けているそうですね、
庁舎をまるで自宅のように使っとる、私物化そのものではないですか、
で、コレを持って、彼は、公用に使用しとる、と、変なことを言うとる、

彼は、庁舎へ出勤(?)の際、もちろん公用車で出勤だと思うが、ついでに家族を同乗させ、まず家族のお出かけ先に立ち寄り、その後に、庁舎へ向かったりしとらんのだろうか、彼のことだ、充分可能性がありますな、
なんで、公用車の運行記録を提出しないのだろう???

庁舎へ出勤し、都職員を威張り散らして使いまくっとる、の、ではないでしょうかねぇ~、
別嬪女性を指名し、身の回りの世話をさせたりしとるような気がする、彼、ずいぶん好色な性質のようだから、
例えば、庁舎内で昼食の際ですが、彼一人でボソボソと自宅から持参の弁当食っとる図は思い浮かべることデケンじゃないですか、
彼の庁舎内での言動を、つぶさに調査したらどうでしょう、とんでもないことになっとるのではないのかな、
コレ、プライバシイ侵害になりますかね、
ならんと、思いますよ、
だって、都民の生活の安全は、彼の日常の行動と切り離せないでしょう、

彼に勝手気ままな行動を許しきたのですよね、
毎週湯河原へ公用車で送迎させてきた、の、は、副知事さんですか???
それとも…
公用車の運行を指示する立場の責任者はダレなのだ!!!
トップの都政への関心を封じるために、故意に、知事を湯河原へ毎週通わせたのかな、

知事は、非常にゆったりした勤務状態だったようですね、
都のキャリア官僚がそのように仕組んでいたのかな???
この辺りも、シッカリ、調査してほしいですなぁ~、

報じられていることから、憶測するかぎり、舛添ってオッサンはとんでもないオッサンだと思う、
が、この陰に隠れた、都政のゆがみコソが超怖い、
キット、変なことになっとるに違いない、

…と、ワシャ思う、


あぁ、今朝は、ついサッキまで、音楽の話をしたいと思っとったのだった、
ゴロツキおっさんは、波平の音楽心まで汚しとる、
許せん!!!

| | コメント (0)
|

2016年6月 8日 (水)

神様の話

こんな自己本位のセコイ男が都知事だったとは…過去形、
に、したいですね、

人間社会は、よくも悪しくもピラミッド社会だ、
娑婆にはイロイロなピラミッドが混在しているが、その頂点には、神様・仏さまにお座りいただく
ことに、なっとる、の、ですよね、

ココに、舛添何某が座っとる、の、???

あぁ~、総論的に言うと、神様・仏さまは、愛に満ちた善良なお方らバッカシかというと、そうでもないのだよね、

キリスト教の神様はイエス様だと、思っておられるお方が多いように思いますが、それは違いますよ、
イエス様は神の子と呼ばれたりしますが神様そのものではない、キリスト教の神様は“ヤハウエ様”ですわ、キリスト様は、ヤハウエ様のお子に当たるお方だとされています、
イスラム教の神様はアッラー様でしたよね、ヤハウエ様をイスラム社会ではアッラー様とお呼びするのです、アッラー様とヤハウエ様は同じお方です、

話は、飛びますが…
わが国の神様はどなたでしょう、わが国には神社がアチコチにあって、どの神社の神様がどれくらいお偉いお方なのかワッカッラですな、
お寺がぎょうさんある、お寺はひっくるめてお釈迦さまがトップかというとそうでもないようですよ、
仏教の究極は“無”ですわ、“空”ですわ、なぁ~んも無い、
“ナ~ンも無い”ってことはどういうことかとイロイロ研究されていて、この研究論文がお経ですわ、

話を、今一度、飛躍させますよ、
あの習近平氏がトップの中国の神様はどなたでしょう、
習近平氏が神様だと思いますよ、
中国は宗教自由の国ってことにはなっとるようですが、この自由は中国共産党・施政下の自由ってことで、中国共産党こそがトップで神様の位置、…の、トップは、今、習近平様でしたよね、

さて、東京都の神様は誰でしょう???
舛添要一様ですわ、
神様は、何事も好き勝手なさってよろしいのです、
シモジモ等は神様にお供え物をお持ちし、ご機嫌を取ります、
政治資金???
ナンジャソレ!!!
お供え物の類ですよね、
公用車、マンガの「本」、テンプラ店でご馳走食ったの???
それで、どこが悪いのや???
わしゃ、東京都の神様だぞ!!!

| | コメント (2)
|

2016年6月 7日 (火)

ゴメンネ

どうにも腹の虫が治まりませんですなぁ~、

「みなさんの信頼を取りもどすべく、生まれ変わった気持ちで、都政に取り組んでまりたい…」

このお方、顔を洗って出直した方がエエ、
知事の職を汚しまくっとる、

即座に辞職し、自分を鍛え直し、
“周辺の方々から信頼のおける人になられた”と評価されるようになったら、
ら、出直されるがよろしかろうと思う、

このたびの調査結果を踏まえ、コレをきっかけに、氏は、辞任なさるのであろうと、と、思っておった、
が、氏は、想定外のバカ者だった、
そこらの“ならず者ら”にも、劣っているのではないか、

都議会の鼎の軽重が問われるところですな、

以上、愚痴・ボヤキの追加です、

あぁ、わたし、波平ですが、もう、世間様・シャバ社会からすっかり足を洗っていて、
で、辞任するとなら、アッチの彼岸へ逝くしかない、
ご迷惑かもですが、もうしばらく、尺八吹いて遊んでいたい、
ゴメンネdowndownsleepy


| | コメント (2)
|

まじめに読んだりはしないでね

昨日の舛添氏の第三者調査公開記者会見、ビックリシタですなぁ~、
なんと幼稚な…

こんなオッサンが東京都知事なのだった、

問われているのは、彼への政治家としての“信”でしょう、
彼は、自分で…、
“わたしは都民からの信頼を失っている”と、語っとる、
だから、第三者に調べてもらっとる、と…

調べてもらったのは、
⇒舛添は、“信頼の置ける政治家かどうか”ですよね、

が、記者で、調査した弁護士に
「調査の結果、氏を“信頼デケル政治家”だと思われましたか???」
と、問うた者はひとりも居らんかった!!!

知事も知事なら、記者も記者だ、
ナンジャコレ!!!

彼は、今、保身に必死なのですよね、
これからの都議会で、質問責めにどう言い逃れようかと…

「生まれ変わった気持ちで…」
生まれ変わってほしくないですなぁ~、こんなオッサンは、

わたし、言いすぎていますよね、
わたしだって、言い逃れの手法は心得ていますわ、
いつもの手法を使いましょうかねぇ~
と、いうことで…

以上は、すべて、
わたしの誤解偏見から出た言葉ですよ、
愚痴・ボヤキの類ですよ、
まじめに読んだりはしないでねdowndown

| | コメント (0)
|

2016年6月 6日 (月)

貧乏だ、が、コレでエエ

ユーチューブから音源を頂戴し、移調ソフトで1尺8寸(尺八)に変換し、イヤホンを耳穴に突っ込んでコレを聴きながら、合いの手譜(セカンド譜)を作ります、
尺八を、小さく吹き合わせながら、です、
自分勝手に、好き放題に、アレコレ試してみる、コード云々などは考えず、自分の感覚だけで…
飽きませんなぁ~
こうして今日も恙なく(つつがなく)過ごせたらワシャ幸せだ、不満なんぞない、

「青葉城恋歌」を、イジクリまくって、ようやく、この辺りで完成かな…と、なった、

さぁ、スポーツしてきましょうかねぇ~、
(田植え準備に)田んぼに水がハラレました、そのあぜ道を散歩します、
ガラケイ(携帯電話)と、ステッキ持参で…
約、1時間半もの散歩ですぜ、
ゆっくり、ゆっくりです、
帰宅したら、お昼ごはん、

ワシャ、貧乏だ、が、コレでエエ、と、想っとる、

あぁ、今日は、愛犬ショウタの命日だったようだ、
かみさんが、そう言いながら仏壇にショウタの好物をお供えし、おこぼれを春子(愛犬)が賞味、

| | コメント (1)
|

カジカ

古澤襄氏がお亡くなりになった、
氏の「杜父魚ブログ」は、わたし度々閲覧させてもらっとった、お亡くなりになって残念だ、
ひとつ大切な火が消えた、

「杜父魚ブログ」は⇒“トフギョ”ブログ、と、読むのだろうか???
“カジカ”ブログ、と、読むのだろうか???
わたしは、“カジカ”と読みたい、

“カジカ”は、俳句ではちょうど今頃の季語だ、
わたしは兵庫県三木市に住んでいますが、周辺を水田に囲まれた自然豊かな土地柄だ、
つい数日前から、稲作準備が始まり、田に水が引き込まれつつある、
今日あたりは、どの田にも水が張られているだろうと思う、
カジカ(河鹿)の鳴き声が聴こえてくる、と、思う、すでに少し聴こえます、

河鹿は蛙のことだ、小さな蛙でエエ声出して鳴くらしい、
蛙の鳴き声には、澄んだ声から低音の野太い声までいろいろある、ドレが河鹿の声だろう???
杜父魚と書くと蛙じゃないよね、淡水魚でカジカって魚が居る、コレが声あげて鳴くとは思えない、鰍と書いたりする、
昆虫のカマキリのことをカジカと言ったりするそうだが、カマキリって鳴きますかね???

イロイロな鳴き声がありますなぁ~、
それぞれが、何やカヤの想いを胸に、声を上げているのだと思う、

あぁ、今、カァ~カァ~、の、カラスの声が聴こえています、
わが家では、パソコン前に座っとっても、いろいろな鳥の鳴き声が聴こえてきますよ、
ウグイス・ホトトギス・カラス・メジロ・ジョウビタキ・キジ・ヒバリ・ツバメ…
今年は妙にツバメが少ない、

鳥たちも、あそこの家(波平家)には、鳥が居るに違いない、と、想っとる、の、かなぁ~
まさか、ヅヅイが尺八吹いているとは、思わんだろう、
変な鳴き声あげる鳥だなぁ~、って、思っとるのかも、

| | コメント (0)
|

2016年6月 5日 (日)

地位協定

沖縄の米軍基地の地位協定が見直されるようですね、
この見直しが沖縄の方々の意に沿うようなことであればよろしいが…

このあたりのことを、波平的に、以下、少し解いてみましょうか、
尺八ヅヅイの誤解と偏見になるホドキですからね、オモロガッテお目通しくださる段には構いませんが、本気にしたらダメですぜ、

さて、誤解偏見の始まりです、

アメリカは五線譜の国です、
アメリカには、クラッシク音楽、黒人音楽、多種多様な人種の音楽、が、混在している、
常時、あらゆるジャンルの音楽がガンガン鳴っている国だ、

アメリカの尺八愛好家はとても多いのですよ、
彼らは、古典尺八本曲を実に上手に吹奏デケます、
ひょっとしたら日本国内の尺八よりレベルは高いかもわからん、
だって、彼らの多くはシッカリした五線譜知識を基礎に、研究心を持って尺八に取り組んでおられる、ここがわが国とだいぶ違う、
学校での音楽知識が云々の話ではないです、
生まれて後、社会生活の中で自然に耳にする音楽が、わが国の同様環境とは違った類の豊かな(音楽的には)環境のように思える、勘違いかもわからんが…
とにかく、あらゆるジャンルの音楽に親しみつつ育ち、ここから前衛的な音楽家が出てきたりする、

わが国はどうでしょうね、
恥ずかしながら、わが国の音楽は明治維新後に初めて五線譜と出会ったのだった、
イギリスのヨナ抜き五線譜でした、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド、の7音階(ド~シの7音)五線譜ではなく、
“ファ”と“シ”が無い、5音階の五線譜音楽が導入されたのでした、
童謡唱歌の多くはこの類の音楽です、日本の流行歌・演歌も多くが5音階でデケタ曲だ、
未だにこの影響下にあるといってよろしいわけです、

の、なかにあって、沖縄の音楽はどうかと言いますとね、
日本本土のヨナ抜き5音階とはまた違った形の“フ・ム”抜きの5音階です、
ヒィ(ド)・フウ(レ)・ミイ(ミ)・ヨオ(ファ)・イツ(ソ)・ム(ラ)、ナナ(シ)、の、7音から、
フウ(レ)とム(ラ)を抜き取った5音階で沖縄の音楽はデケトルのです、

どういことかと言いますとね、
音楽は、“人の心”なのですわ、
アメリカの音楽と、日本本土の音楽と、沖縄の音楽と、は、一緒じゃないってこと、
“価値観を共有する…云々”の話がありますよね、
まさに、ココです、
馴染む音楽は、姿を変えれば⇒“心”です、音楽は“心”の動きそのものといってよろしいです、
どの曲を好むかの話ではなく、音楽の根底をなしている、“音の音階の使い方”が、アメリカと、日本本土と、沖縄と、では、違っとると言うこと、ココが問題です、
沖縄の方々の心の痛み、を、日本本土や、アメリカが、どれほど理解し得ているのかってこと、

沖縄の方々は、沖縄の旋律を聴くと、心が休まるのだ、と、思いますよ、
が、
日本本土の人が、沖縄の旋律を聴くと、なぜが“妙な心地”がするのを避けようがない、
ましてや、
アメリカの人が、沖縄の旋律を聴いたら、ドナイ感じますかね???

音楽には、この音階のありようが一番根っこにある、
そして、さらに、コード進行(音の組み合わせ方・展開の仕方)に、種々の差がある、個性がある、

音楽の世界から、沖縄の米軍基地の地位協定を観ますとね、イロイロな音楽が聴こえてきます、
立場が違っても、皆が、同じ気分で聴ける地位協定って、デケますかね???
非常に難しかろうと思いますよ、

今日は、長い話になったですなぁ~、

| | コメント (0)
|

2016年6月 4日 (土)

千尋の谷

“獅子は我が子を千尋の谷へ突き落す”と、言う、
自力で這いあがってきた生命力の強い子だけを育てるのだ、と、言う、

名前が大和君、名前もメッチャすばらしい、
這いあがってきましたねぇ~~、
わたし、感動しました、

お父さんが、記者会見の場で見せた態度に好感が持てました、
舛添さんとは違いますわ、アッタリマエのことながら…

今後、この親子にどんな人生が待っとるのでしょう???
それって素晴らしい人生だと思う、
捨てられたトラウマ???
ナンジャソレ!!!
そんなレベルの話じゃない、
父親・お父さんの態度をTVで観て、わたし、安心しました、

さて、
耄碌ヅヅイの“尺八・ベンチャー活動”、
頑張っとるのですよ、
とうとう「阿波よしこの」を、「祖谷の粉ひき唄」を前奏代わりに使って、洋楽器(尺八含む)アンサンブル譜にまとめました、極めて初歩のレベルですけどね、
が、ヤッタァ~!!!
です、
が、が、残念ながら、実際に演奏するのは不可能だと思う、わたしの空想上の(楽団)演奏だけです、
同じ年頃の方々と、時に集まってアンサンブルことが在りますが、で、それ用に調整したのでしたが…、
仲間のダァ~レも、本格・民謡などウナッたことは無いからなぁ~、

でも、とにかく、これで、いったんアンサンブル譜の作成からは撤退します、

足腰がね、萎えてきましてね、
だって、早朝から夕刻まで、イヤホンを耳に突っ込んで机の前に座っとる、
フッと思い立って海へ逃げたりしますが、メッチャ疲れます、体力が落ちているみたい、
音楽ってのは、やたら、時間を食う遊びですなぁ~~、

| | コメント (4)
|

2016年6月 3日 (金)

ワシャ、ナニやってんだか????

尺八ヅヅイのベンチャー活動ですが、ここ半月ほどに間に、6曲を新たにアンサンブル譜に仕上げました、
「里の秋」「あざみの歌」「ふるさと」「旅の夜風」「君をのせて」「アメイジング・グレイス」
既存の稽古済曲群に新たにコレらを加えたい、と、思っとるのです、

スゴイ!!!
が、スゴイことなんかない!!!
見直す都度、修正したい個所が次々出てくる、
その都度、頭を抱えて、塞ぎ込んだり、舞い上がったり…

もうダメ、気が狂いそう、
あと1曲だけナントカ仕上げて、いったんアンサンブル譜の調整は終わりにしよう、と、思う、
来る8月23日・地蔵盆23日の夕刻、地元天台寺院伽耶院での夜間野外ライブ演奏用の曲群調整なのです、

お盆の寺院境内で演奏するにふさわしい曲でなければならん、
が、静かな曲ばっかしでは寂しい、
1曲、賑やかなのをやりたい、
最後の1曲には阿波踊りの曲(「阿波よしこの」)、を、考えています、


「祖谷の粉ひき唄」に続けて、阿波バヤシ、そして、阿波踊りの唄(篠笛部を尺八で)へ、引っ張りたい、
と、思っとる、
これから、取り掛かりますが…
アンサンブル譜に調整し得ても、まんず実際には使用デケンと思う、
曲自体は簡単なのだが、仲間らが、この曲の採用には同意してくれないような気がする、
が、とにかくやってみようと思う、

あぁ~、忙しい!!!
言うておきますが、
すべて、わたしの独り相撲、デンデン採用されない可能性が9割以上ですわ、
ワシャ、ナニやってんだか????

| | コメント (0)
|

ウソだよなぁ~、

舛添都知事は“ウソ”言うていますよね、
“ウソ”はバレますよ、
バレたら、またウソをつきます、
で、ウソ・ウソ・ウソ…
ウソつくのに慣れてしまって…平気な顔だ、

女にもウソをつくのが上手なのでしょうなぁ~、
結婚・離婚・結婚・離婚・結婚ですか…
呆れて物が言えんですなぁ~~、

まだまだ都民の皆さんはダマされ続けるのでしょうなぁ~、

が、氏の記者会見はオモロイ、
第三者の目に元検事の弁護士2名かぁ~、
名前は明かされとらん、
どんな面のヅヅイか見てみてみたい、

「旅の夜風」って演歌、ご存知ですよね、
1938年の松竹映画「愛染かつら」の主題曲で、霧島昇とミス・コロンビアが歌っとった、
ミス・コロンビアですが…、ダレかわからんかったようですな、長らく覆面歌手だったらしい、
第三者の元検事の二人も覆面のまま、このまま隠れたままになるのでしょうなぁ~、
あぁ、鞍馬天狗も覆面しとった、子供番組のヒーロー・スーパーマンも覆面しとるし、最近ではクマモンも覆面の類ですよね、
舛添氏ご当人も分厚い面の皮で、覆面そのものだ、ご立派なお方ですなぁ~、

あぁ、わたしは1940年生まれですわ、ミス・コロンビアのことは知りません、が、コロンビア・ローズなら知っとる、
「東京のバスガール」を歌っとった、
あぁ、あぁ~、ふいに「ガード下の靴磨き」の歌を思い出した、宮城まり子が歌っとった、この歌は好きだったなぁ~、
調べたら1955年8月の発売だったらしい、わたし、高校1年生だった、で、覚えとるのだよなぁ~、
吹いてみましょうかねぇ~、

「ガード下の靴磨き」

| | コメント (0)
|

2016年6月 2日 (木)

ベンチャー活動

童謡唱歌や抒情味あふれる曲々を
⇒小楽団のアンサンブルで奏でてみたい、
と、思って…

“作曲ソフト(ヤマハ)”をイジクッテいますがね、

所要時間の7・8割は、このソフトの作動要領に迷って、迷って儚く(はかなく)消えてゆきます、
時間バッカシ無駄に消えてゆくのにもう我慢デケン、
で、で、今は、限定的な使用です、

A) 五線譜打ち込み、
B) 印刷、
C) MIDI音の確認

わたしに作曲能力があるわけじゃない、
すでに在る童謡唱歌などの譜をこのソフトに打ち込み、これに少し編曲の手を加えることで、
数人が、それぞれ違った楽器を持ちより、いっしょに、アンサンブルまがいの演奏がデケンだろうか、です、
⇒伴奏(3種)・パーカッション・セカンド譜・サード譜・メロデイ譜・ボーカル

曲を分解し、
参集者個々の演奏能力に配慮した、譜揃え・仕立に組み替えます、
わたしの尺八は、セカンドです、

今やっとるのは、来る8月23日地蔵盆の夕方、地元の天台寺院・伽耶院での、夜間照明下の野外ライブ演奏(約1時間)の際の演奏曲編成です、
わたしが演奏曲群を決めるわけじゃない、皆に提案する用意をしとるのです、できれば10曲提案したいと思っとる、
既に数曲創ったのですが、なんぼ頑張っても、採り上げてもらえるのはせいぜい2曲だろうと思う、

今日は「アメイジング・グレイス」に挑戦しようかと思う、
「G線上のアリア」ジブリ曲の「君をのせて」を用意してみたが、この2曲は、わたしを含め、われわれド素人仲間らには、演奏が少し難しすぎるような気がする、
で、この分野は「アメイジング・グレイス」にしようかと思う、
天台宗古刹寺院の地蔵盆夕べのライブ音楽会です、
ゲェ~国のキリスト教がらみのこの曲の演奏が奇異に感じられるようなら演奏デケン、
この課題を残したままの調整になります、

火星の接近が報じられ、夜空を見上げましてね、赤いちいさな星を観ました、
で、そうだ、「アメイジング・グレイス」をやってみよう、
…と、想ったのですわ、

さぁ~、今日も頑張るぞォ~~~!!!

尺八ヅヅイのベンチャー活動、斯くの如し、

| | コメント (1)
|

2016年6月 1日 (水)

赤い星

消費税アップが延期になったそうですね、
リーマンショックが云々の話…コレってどういうことだったのかな???
たしか、住宅ローンが払えなくなって、家から立ち退く羽目になった映像がTVでたびたび流れたような気がする、
映像の家がみな大きく立派だったから、米国人の“貧乏”ってのはすごいなぁ~、と、思ったことを覚えている、あれって、何年ほど前の話でしたかね???

以前から、自分の記憶力には自信が無いのですが、最近はますます、この傾向が進んできた、
先日、後期高齢者の自動車免許更新講習を受けましたが、いきなり「今日は何年の何月何日が判りますか??」
と質問されて、戸惑いました、
自分の歳すらも、もう考えたくない、子が無いから、孫もいませんし、腕時計や手帳も普段は身に付けません、今日が何年の何月何日何曜日であろうと無かろうと、わたしにはもうデンデンかかわりが無い、

先日、隣家のご主人が昼寝しすぎて、起きたときテッキリ朝だと思って、いつものように朝食のつもりでパンを食っていたら、だんだん外が暗くなてきて、ナァ~ンだ、夕方だったのか!!! だったらしい、
わたしも、時々、コレありますわ、
つい先日、二階の寝室で寝ていて、もう朝だろうと思って起きたら、かみさんが下から上がってきた、
「何時頃や??」
と、問うと、「10時…」という、
あぁ、よく寝た、もう10時かぁ~、と、トイレに立ったら、なんか変だった、
未だ、今日の午後10時だった、

あぁ、昨晩と言うか…昨日と言うか…
午後10過ぎ頃トイレに立ったとき、うわさの最接近の火星を観ました、南東の約45度の空に浮かんでいた、
赤い星で気味が悪かった、

今の時刻ですか???
午前2時半です、コレでも睡眠時間は約8時間、これ以上寝ると呆けると思うから起きています、

今日は、どの曲を料理しましょうかねぇ~、「阿波よしこの」って阿波踊りの曲がある、これをアンサンブル方式で、洋楽仕立てにしたいのですが…
太鼓・篠笛・三味線の味わい、を、⇒マンドリン・ウクレレ・ギター・キーボー、尺八、パーカッション
等などでどう料理しましょうかねぇ~、地区の公民館に阿波踊りのサークルがある、明後日金曜日が定例稽古日のようだ、で、この曲の料理は、まずコレ(阿波踊りサークル)の様子をのぞき見してきてから、の、ことにしようかと思っとる、
と、なると…
今日は「旅の夜風」にしようかな、
気の向くままに…

| | コメント (3)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »