« 暇つぶしです | トップページ | 「手水舎(ちょうずや)」 »

2016年6月17日 (金)

工夫中

“阿波踊り”の尺八参入バージョンを創りたい、

阿波踊りのリズムは「ぞめき」っていうそうですね、

♪♪チャンチャカチャンチヤン、チャンチャカチャンチヤン…♪♪

この2分1囃子が、延々と続く中で、篠笛が軽快にコミカルなメロデイを吹く、
三味線、太鼓、鉦鼓…、
の、なかで、「阿波よしこの」「吉野川」「祖谷の粉ひき唄」「阿波の麦打ち唄」などが…
ピッタシ感丸々で生き生きと奏でられる、男踊り・女踊り、と、相まって、観る阿呆どももいっしょにシビレてしまう、

真似て、やってみようかと思いましてね、工夫中なのですがね、変にネジッた編曲はしたくない、
今、いろいろ工夫しとるところですが…
取り掛かってみると、なんと、奥深い曲ですなぁ~、
今、数歩後ろへ退いて、また、全体像を観察中です、
いつも後ろへバッカ下がっとるような気もするけれど…
この曲の巨大な世界にビックリです、

掛け声ですが、
 エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ
 ヤットサー ア、ヤットヤット
の、大別して、2種があるようですね、
夜目遠目傘の内で、女性が高い声でコレ歌うの聴いたら、世の男性はもう我慢がデケンですな、踊りに飛び込んで体いっぱい動かして踊りまくるしかないよなぁ~、

既に、わたしなりの試作譜(尺八譜)を用意しています、
尺八は、楽器性能は貧弱だけれど、どの音楽ジャンルにでも首を突っ込むことが可能だ、
そのまま振り回すと指揮棒にもなるし、コレで太鼓叩けばバチに使える、篠笛の真似吹きも、「祖谷の粉ひき唄」の添い吹きもOKだ、もちろんゾメキも…

今日は、この試作した尺八譜を⇒五線譜へ移してみようかと思っとる、
コレで、今日の仕事がデケタ、

と、もうひとつ、ナイショの仕事がある、
政治的なき機微に触れることだから、問われても、明らかにはできません、
と、あの人なら言うのだろうなぁ~、
わたしの場合は、明かしても構わん、が、今少し、工夫を加えて後に“聴いて”みて欲しい、
アレッ、明かしてしもうた、
曲をネ、試作中・工夫中なのですわ、

|
|

« 暇つぶしです | トップページ | 「手水舎(ちょうずや)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暇つぶしです | トップページ | 「手水舎(ちょうずや)」 »