« ナニ、言うとるの??? | トップページ | 無茶苦茶、ゴリ押し »

2016年7月18日 (月)

「ポケモンGO」

アメリカで「ポケモンGO」という携帯スマートフォンを使った仮想ゲームが爆発的に広がっているようですね、
ゲームの楽しみ方など詳しいコトは承知していませんが、が、どうやらGPS機能(地図検査)を使ったゲームらしい、
わたし、この遊び、なんとなくわかります、
だって、わたしは既にこの遊びの進化型の魚釣り(ゲーム???)にハマリ込んでいますのでね、

最近のプレジャー・ボートでの沖釣りは、まさにコノ「ポケモンGO」の現実版ですわ、
艇(プレジャー・ボート)には、“GPSと連動した魚群探知機”を積んていましてね、沖へ出て、魚釣りポイントで、このGPS魚探をスイッチオンすると、画面に魚群が写り出ます、以前はモヤァ~とした画像だった、が、最近は艇の周辺海底が3D仕様で立体的に画像表示され、どのくらいの大きさの魚が海底の瀬のどのあたりを泳いでいるかが写り出ます、この画像を見れば魚の種類が判ります、
で、艇から魚釣り仕掛けを垂らし込み、釣りあげるってわけです、

「ポケモンGO」は仮想の遊びですよね、
が、プレジャー・ボートで実際に沖へ出て、GPS魚探で魚を見つけ、釣り上げるのは、現実の遊びです、

GPS魚探ですが、年々機能が充実度を増している、実に細かなことが画像から判読できますよ、
わたし、2月3月の早春の海で、沖へ出て、新ワカメを採ってきて、刺身風に料理して楽しんだりしていますが、海底に自生しているワカメはこのGPS魚探で見つけるのですぜ、ドンぴしゃり、ワカメの自生の様子が画像で把握できます、

が、例えば、カレイとか、タコとか、は、画像には映りませんわ、海底の一部に化け切っているから、判別デケン、
が、が、しかし、経験上、海底画像を見れば、彼らが居そうなところかどうか、タコが住まっていそうなところかどうかの判断が可能です、
例えば、真鯛、これなんぞは、100%画像からの判読が可能です、画像にどのような感じで画像が出たら真鯛が釣れるか、コレ100%解読デケル、

今日は、妹の主人と、これからアジ釣りに出ますが、これも、GPS魚探で、魚群を探し見つけて釣ります、
GPS魚探には、播磨灘の細やかな海図が写り出ます、経験上、どのあたりにアジがこの時期に群れているか、わたし、大体わかっとる、
で、その位置へ艇を向けますが、が、自然界は、いつも息をして動いとるのですよねぇ~
大まかな、位置は経験上で掴み得ていますが、が、
その時々で、魚魚らは、自然界の息吹のなか、住みどころを変えている、
まさにコレ「ポケモンGO」の遊びですわ、

比喩が飛びすぎるかもしれませんが…
楽譜(五線譜)を観て、頭のなかでオタマジャクシ(♪♪♬)を泳がせます、読みます、
読むほどに“メロデイ”が浮かび出ます、
コレも、ある種の「ポケモンGO」かもしれませんね、
この五線譜には、どのような“ポケモン”が潜んでいるのだろう???
の、遊びです、
実際に尺八を手にして吹てみる、五線譜は⇒音になって響き出る、ポケモンが正体を現す、
嬉しいですなぁ~、

|
|

« ナニ、言うとるの??? | トップページ | 無茶苦茶、ゴリ押し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナニ、言うとるの??? | トップページ | 無茶苦茶、ゴリ押し »