« 元気モリモリか、シンミリか、 | トップページ | 仏間吹き「影を慕いて」 »

2016年7月24日 (日)

「元気モリモリか、シンミリか」 その2

今朝、ボログ・アップした「元気モリモリか、シンミリか」には、未だ話半分のモドカシサがあります、
で、今少し、話を補足しておきたい、ご勘弁願ください、

老人福祉施設などへの“音楽演奏ボランティア活動”の、心構えのことです、

わたしは、究極の場を想定してきました、…過去形です、
“ターミナルアー(終末期の医療および介護)”の場での“音楽演奏ブランティア活動”はどうようなものであるべきか、を、常に考えていたってことです、
これを、模索する中で、デイサービス施設などで尺八吹奏ボランティア活動をやってきました、

が、今は、自分が後期高齢者の年齢になり、アレコレ体調変化を自覚せざるを得なくなり、心構えを緩めました、
“自分自身が、楽しんで吹奏デケルかどうか”、
を、来演要請を、お受けするかどうか、の、判断基準にしています、
心構えを緩めた、

が、が、
心の内では、常に、申し訳ないなぁ~、の、気持ちがある、
自分だけ楽しく吹けたら、それで、エエ、なんて…これは、間違っとるかも
の、思いが、いつもわたしにのしかかる、

が、間違ったことをしとる気持ちはない、
許されてもよかろうか、の、油断のなかで、尺八を吹かせていただいとる、

全面的に、撤退すべき時期かな、の、想いが膨らみつつあります、
施設利用中の“ご老人らの心の奥”に、そぐわしくない吹奏は間違っとる、
この思いとの葛藤のなかでの吹奏だ、

“曲の選定”
真剣に考えると、身動きが取れなくなりますなぁ~、

コレ、
若いお方らには、ナンの話か、ワッカランのでは、と、思ったりしますがね、

|
|

« 元気モリモリか、シンミリか、 | トップページ | 仏間吹き「影を慕いて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気モリモリか、シンミリか、 | トップページ | 仏間吹き「影を慕いて」 »